ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

楽天主義

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

楽天主義

優れた経営者や団体のトップからは、概ね、こう聞いたように思う。
「最善を期待するが、最悪を想定している」
会社が、何か素晴らしい製品を開発し、いよいよ、それを市場に出す時、ヒットすれば良いと思いはするが、良い経営者は、全く売れないことを想定するものだ。
あるいは、新入社員を雇った時、やはり優秀な経営者は、それらの新入社員に対し、期待はするが、あてにはしないのである。
確かに、経営者に限らず、駄目なやつというのは、この反対をやっている。
つまり、駄目なやつは、最善を想定し、他人をあてにする。

ところで、引き寄せの法則のスタンダードでは、最善を想定するものではなかったのかと思うかもしれない。
まあ、最終的にはそうかもしれないが、何が起こるかは分からないし、人間には、どうしようもないことがあるのも確かなのだ。
ここらへんの理解が鈍い者が、うまく引き寄せが出来ないのだと思う。
つまり、目先のことに一喜一憂するようではいけないのである。
これに関し、有名な評論家だった竹村健一さんが、著書にこんなことを書いておられたのをよく覚えている。
女性に振られた時の心構えだ。
「おお!神様は私に、新しい女性と愛し合う機会を与えられた。今度の彼女は前よりもっと美人に違いない」
こういうのを、プラス思考、積極思考、楽天思考と言うのである。
ユダヤの教えにも、こんなものがある。
脚を1本折った時には、「2本でなくて良かった」。
脚を2本折った時には、「死ななくて良かった」。
こういったことは、理屈で習得しようとすると難しいので、上の、竹村健一さんのか、ユダヤ式かを覚えておくか、もっと良いものがあれば、それを覚えておくと良いと思う。
もし、彼女が全く出来ないなら、
「神様は私に、一体どれだけ素晴らしい女性を与えようとしておられるのだろうと考えると恐ろしいほどだ。おお!それはきっと、初音ミクさんのような人だ。何とも畏れ多いが、それが神様の思し召しだ。では、有り難くいただこう!」
とでも思うと良いだろう。

大体、願いが、何の支障もなくスンナリ叶ってしまったら、本当の楽しさは味わえない。
ゲームを考えてみればよく解ると思う。
この世界で一番楽しいことは、「予期せぬことが起こること」なのだ。
起こるままにまかせ、自由自在に対応していけば、面白いことだらけになる。
荘子も、黒住宗忠も、ヘレン・ケラーも、それは保証していると思う。








夢の中でこそ高貴に

夜見る夢は、いかに美しくても、他愛ない幻だと思われている場合が多いだろう。
だが、荘子は、自分が蝶になった夢を見た時、人間である荘子が夢で蝶になったのか、蝶が夢で荘子という人間になっているのかは不明であると言い、書の中の人物に、「私もお前も、間違いなく夢を見ているのだ」と言わせている。
江戸川乱歩は、色紙にサインする際、「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」(現実が夢で、夜の夢こそ本当なのだ)と書いたという。
アメリカ人のダリル・アンカと精神交流する宇宙生命体バシャールは、「どちらかというと夢の方が現実」と言ったようだ。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、「目覚めは長く、夢は短い。この他に何の違いもない」と言う。ニサルガダッタ・マハラジもまた、「人生は1つの夢とみなされるべき」と言った。

我々はよく、「夢なんだから、何をしてもいいんだ」と、放埓な行動をしようとするかもしれない。まあ、確かに、現実でもそのように振舞う者もいるのだが、これが夢となると、それこそ、好き勝手、やりたい放題で、傍若無人(ぼうじゃくぶじん)になろうとする。なぜなら、何をしても罰せられないからだ。夢の中での行いを裁く法などない。
とんでもない話で、夢の中でこそ、我々は美しく振舞わねばならない。なぜなら、夢の中では、振る舞いこそ精神であるからだ。他人に裁かれないからこそ、そこに本当の自分の姿が現れるのだ。
だが、実際は、夢の中でも、思い通りに何でもできる訳ではない。気付いているだろうか?夢の中の方が、魂の高貴な部分の影響が大きいのだ。悪いことをしようとすると、ほとんど上手く行かないのである。
もちろん、現実(目覚め)でも、正しい行いをしなければならないが、物質世界ではやむにやまれぬ制限があり、そうしたくてもできないことも多い。例えば、病気の浮浪者を見て、憐れに思っても、家に連れ帰ったりはおろか、親切にすることもできない。しかし、夢の中でなら、その気にさえなれば、何でもしてやれる。そして、夢の中では、高貴な行いというのは、スムーズに行える場合が多い。
夢の中で、良い行いのはずだが、どうしても上手くいかないという場合は、何かの警告なのである。学校や会社になかなか行けないという場合は、学校や会社に対する考え方を変えた方が良いのかもしれない。

さて、この現実もまた夢であるとしよう。実際そうなのだ。
だが、夢だからこそ高貴であらねばならない。現象そのものに大した意味はないのは、夜の夢も同じだ。五感で感じるものは幻に過ぎない。だから、何があっても恐れることはない。動じてはならない。そして、心もまた幻想かもしれないが、物質よりはリアルなのだ。そして、心を支配する何かが本物なのだ。それを、現実世界の中で垣間見ることがある。それは、昔から、天使とか、光とか呼ばれた。『歓喜の歌』の、楽園の乙女、神の火花と表現されたものがそうだ。
その光をつかめれば、現実という夢はあなたの意のままなのである。

小夜(さや)が今は祈っている。
そして何かを求めようとしている。
霧の中にある見えない光を。
そう光なのだ。
それは瞬間に消える光。
淡く、そして遠い。
~『BLOOD-C』(角川ホラー文庫。藤咲淳一著。Production I.G/CLAMP原作)より~

五感は幻想。純粋観念こそが真実。
~ヘレン・ケラーの言葉。『楽天主義』より~

Nowhere Man, please listen,
You don't know what you're missing,
Nowhere Man, the world is at your command.
ひとりぼっちの男よ、聞くのだ
きみは大切なものを失っていることに気付いていない
ひとりぼっちの男よ、世界はきみの意のままなのだ
~ビートルズ『Nowhere Man』より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード