ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

星の王子様

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

目に見えない大切なものは何かの解答

この世界のシステムで、ある程度うまくいくと、「見えないもの」を信じなくなる。
それに、「見えないものを信じていない」態度が、この世界のシステムでうまくやっていく方法なのだ。
この世界でうまくやると、お金が入ってくるので、歳を取ってくると、それが有り難く思えてくるのだ。
感動とトキメキがなくなってくると、お金ほど頼りになるものはないと、ますます思えてくるからだろう。

『星の王子様』で、薔薇が言ったのだったっけ(?)・・・有名な、「本当に大切なものは目に見えない」という言葉がある。
目に見えない大切なものって何だろう?
重力ほど大切なものはなく、これは確かに目には見えないが、その効果の方は、いくらでも見える。
思いやりは、目に見えないどころか、見える方が良い。いくら、「あなたのためを思ってます」と言ったところで、飢えてる人に対し「神の恵みを」と思うより、食べ物をあげた方が良いだろう。
崖にぶら下がって落ちそうな人に対し、ひっそり「あなたが幸福であることを祈ります」って思うんじゃなくて助けてやれーってね(笑)。

目に見えないものが、神の助けだとしたら、神の助けはどうすれば得られるのだろう?
サミュエル・スマイルズの有名な『自助論』は、「神は自分を助ける者を助ける」から始まっていて、以下読む必要がない(笑)。
つまりは、自分で自分を助ける自助の人であれば神様が助けてくれ、自分で自分を助けない人は神様は助けてくれないって訳だ。
一方、法然や親鸞は、人間には何の力もなく、自分も他人も救えない。だから、全部、阿弥陀如来にまかせ、念仏を唱えてさえいれば良いのだよ・・・ということなのだが、怠惰な人にこれを聞かせるとエラいことになる・・・が、やっぱりそう言うしかないのだ。
『荘子』も、阿弥陀如来こそ出てこないが、全てなりゆきにまかせ、作為を捨てれば(自助なんてものも捨てるのだろうか)、うまくいくかどうかは分からないが、安らかでいられるらしい。
まあ、普通の人は、安らかさよりお金が欲しいのだろうし、お金がないと安らかでいられないと思っているのだろう。
だが、EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソードを教えてくれたアレクサンダー・ロイド博士(彼はEAメソードなんて言ってないが)は、「100万ドル欲しい」というある女性に対し、「何でそんなもの欲しいの?」と聞いたら、その女性は「安らかになれるから」と答え、そうしたらロイドは「欲しいのは安らぎで、金じゃないでしょ?」と指摘し、女性は納得したらしい。

言葉遊びは、そのうち飽きるので、結論を言えば、スティーブ・ジョブズが教えてくれている。
それは、「つながると信じること」だ。
ジョブズは、里親が一生かけて蓄えた資産が、自分の大学の学費に消えてしまうことに耐えられず大学をやめたが、興味があったカリグラフィーの講座だけは、違法に勝手に受講した。それが何になるのかは分からなかった(何になるとも思っていなかったというのが正しいのだろう)が、後にマッキントッシュパソコンを作る時に大いに役に立った。
今やっていることが、将来どうつながるか、何につながるかは分からない。
しかし、「信じるしかない」とジョブズは言う。
いや、もっと大雑把に、いい加減に、「何かを信じろ」と言ったような気もする。
信じればいいってモンじゃない・・・いや、いいってモンなんだ。

何千も何万も紡いで繋ぐ
すればいいってモンじゃない
いや、いいってモンなんだ!
~『リバースユニバース』(作詞・作曲・編曲:ナユタン星人。歌:初音ミク)より~

この歌もだが、ボカロ曲というのは、いろんな歌がつながっていることが多くなってきた。
脳内では、ニューロンが1体多に無限に並行につながっていく。
脳は、宇宙の構造をそのまま現している。
宇宙はつながることで生まれる。
ボカロ曲そのものだ。
しかし、ジョブズの言うように、運命(じゃじゃじゃじゃーん)という意味では、何が何とどうつながるかは分からない。
つながると信じて何かをするしかないのだよ、人間は。
だから、Excel VBAをやろうよ(笑)。
将来、何かにつながるかもしれないけれど、いますぐ役に立つからね。
それで言えば、JavaScriptやPythonとなると、何につながるかは分からないが、何かにはつながるんじゃないかな?

目に見えない大切なこととは、つながるってことだ。
つながると信じることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分でものを考えることを放棄する

人間は、公平、平等じゃないといけない・・・だから、人種差別、性差別、容姿の優劣での差別はいけない。
また、凶器を携帯してはならない、児童性愛はいけない。
全て正論ではあるのだろうが、それを理屈で考えてしまうから、変な方に行ってしまう。
理屈で考えていると、どうしても、理屈さえ合っていれば良いと考えるようになっていくものだ。
そして、理屈ってのは、目に見えるようなものにしか適用できないので、つまるところ、見える部分だけ綺麗にすりゃ良いってことになるのだ。
だが、ものごとの本当に重要なことは、隠れているし、目に見えない。

テグジュペリの『星の王子様』に、「本当に大切なことは目に見えない」と書かれていて、確かにその通りだと感動するのに、「本当に大切なことは目に見えない」って、どういうことか、理屈で考えるという奇妙なことをする。その結果、「さっぱり分からない」。
もし、テグジュペリが生きていたら、
「テグジュペリよ、『本当に大切なことは目に見えない』とはどういうことか、俺に分かるように言え。目に見えるように図示しなさい」
と言いそうな連中が多いから、世の中、変なのだ。

一方、理屈は大事だという面もあるのだろう。
ところで、理屈と反対・・・ということでもないと思うが、それに対抗する人間の知性として、直感というものがある。
だが、直観は知性ではないと思っている人もいるだろう。
つまり、物事を判断したり、決定するのは、あくまで理屈であり、直観で決めるなどけしからんと思っている人だが、実際は、重要なことが、案外、直観で決められている。
それで、一応、直観も知性とする。
確かに、社会全体、直観を怪しげなものとして扱う風潮が強いので、直観でこうだと分かっても、それを理屈で言わないといけない。
しかし、その直観が優れているほど、理屈での説明は難しく、無理に理屈で言うと、おかしな話になってしまう。つまり、「こじつけ」になるのだ。
まあ、ドワンゴ会長の川上量生さんのように、そのこじつけの上手い人が経営者で成功するのかもしれない。
とはいえ、川上さんだって、優れた直観の人なのであると思う。

実際は、こういうことではないかと思う。
直観は理屈と比較にならないほど大きな知性なのだ。
その大きなものを、小さなもので説明するのは無理があるに決まっているので、直感を理屈で説明しようとすると、おかしなことになるのは当然である。
直観の優れている人でも、話はしないといけないが、その話の中には、理屈での粗(あら。欠点)は沢山ある。
理屈一辺倒の人は、その粗を見つけては、鬼の首を取ったように、自分の方が優っていると主張する。
それが、社会の中で行われていることだ。
ところが、理屈一辺倒の人は、肝心なところで、理屈に合わないことをするのだから可笑しい。

矢追純一さんって、UFOで有名なジャーナリストをご存知と思う。
彼が、BLOGOSのインタビューで、次のようなことを言っている。

僕は小さい時に、自分でものを考えることを放棄したんです。頭も悪いから。自分で考えたことが、その通りになるということはほとんど無いんだと気づいたん だね。それから左脳は眠らせて右脳で、一種のインスピレーションで生きていこうと決めたんです。こういう風になりたいとか計画を立てたことはありません。

矢追さんは、おかしなことも一杯言っている・・・つまり、理屈での粗はあるかもしれないが、普通の人とは比較にならない活躍をし、80歳になる今でも全く現役のようだ。世界中の要人に友人も多い。
矢追さんは、「僕は頭が悪い」と述べているが、これも、理屈の頭が悪いと言っているのであり、理屈の頭なんて、天才といったところで大したことはない。
アインシュタインが、「僕は難しいことは一切苦手」と言って、エレベーターの操縦が出来ずに、無学な2度目の奥さんにやってもらっていたというが、アインシュタインと矢追さんって、似ているのかもしれない。
昨夜書いた、丹波哲郎さんも、理屈ではおかしなところもあっても、直感を大事にしていて、やっぱり、世界中に友達が多かったらしい。
誰もが恐れ敬うショーン・コネリーに対しても、全くこだわらず、「ショーン」と呼んで、喧嘩もしていたようだ。
ショーン・コネリーも、そんな人には友達になるのだろう。
やはり、人間は、矢追さんや丹波さんのような生き方をするのが良いのではないかと思う。
上の矢追さんの言葉は、覚えておく価値があると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

進化の度合いは静かさに現れる

人間の進化の度合いは、あらゆる意味で静かさに現れる。
私が勤務する会社にも、休憩室(リラックスルーム)とかいうところがある。
そこには、缶コーヒーや缶ジュースなどの自動販売機があるのだが、取り出し口に覆い扉が付いていて、全ての人がそこから缶ジュースなどを勢い良く取り出すので、その度に、覆い扉が叩きつけられるように閉まる音が鳴り響いている。
なんで、もっと静かに取り出せないのかと思うのだが、皆、音を立てないと損だとばかりに、部屋中に騒音を響かせるのだ。
また、その部屋の椅子はキャスター付きでないのだが、音を立てないよう配慮しながら引いたり戻したりする者は皆無で、あちこちで、椅子の脚が床をひっかく音が鳴り響いている。
電車の中でも、物凄い音で咳払いしたり、喉を鳴らす者がいる。
それは大概、中年以降の男性に多いが、若い人も、イヤホンで音楽を聴きながら、床をかかとで鳴らし続けたり、カバンを指で叩き続けるような者もいる。

こういった騒音を立てまくる連中というのは、本当に可哀想なのである。
また、音としてはそううるさくないかもしれないが、夏であれば、団扇や扇をずっと動かしている者や、椅子に座っていても、立っていても、ずっと身体を動かしている者、あるいは、やはり電車の席で、カバンの中をいつまでも(座ってから降りるまで何十分でも)ガサゴソと漁り回している者(中年以降のオバさんに多い)とか、とにかく、落ち着きのない者が多い。
スマートフォンの上にずっと指をせわしく這わせ回し続ける者は、人間ではなく、猿にしか見えない。

こういった、音を立て続け、せわしく、落ち着きなく動き続ける者が、人々の役に立つことはない(むしろ迷惑をかけ続ける)ので、豊かになることはないし、日々健康は損なわれ、精神は崩れていく。
進化のレベルから言えば、やはり、人間よりは猿に近いのである。
猿は、自分が強いこと、偉いことを訴えるために、うるさい音を立てるものなのであるが、猿なら、他に方法がないから仕方がない。しかし、人間はそうではないのだから、猿と同じことをやっているのは、あまりに惨めなのである。

進化した人間ほど音を立てない。
高度な人間は歩いている時も足音がない。
呼吸の音も聴こえない。
愚かな者は、どうしても咳をしなければならない訳でもないのに、やたらと咳をし、その度に遠慮なく大きな音を出し、つばを撒き散らすが、優れた人間なら、やむなく咳をする場合でも、ハンカチか少なくとも手で口を押さえ、なるべく音を出さないよう気を使う。

昨夜も書いたが、力ある人間は肛門が閉まっているので、座っていても立っていても身体が安定して動かず、特に際立った人間であれば、まるで彫像のようだ。
高度な人間は、注目を集めることを好まない。
しかし、下劣な人間は、『星の王子様』に出てくる、自分が感心されることにしか興味がないおかしな男のように、他人の目を引きたがる。
高い段階に進歩した人間は、自分よりさらに上位の見えない存在に心を向けているので、他人のやることに関心がない。

心の状態は身体に現れる。
身体がいつもだらしなく動いているなら、心もそうなのだ。
始終やかましい音を立てている者は、心の中も騒がしい。
人間のゴールは、静かな心、不動の心なのであるから、うるさい、落ち着きのない人間がいかに幼稚な者であるかが分かるだろう。

そして、音を立てず、身体的にでも静止することを心がけていれば、心もそうなる。
心が静かで不動なら、能力は高くなり、偉大な力と一致し、直観は冴え、望まずとも幸運に恵まれ、必要なら金だって雪崩のように押し寄せてくる。
そのためには、昨夜も書いた通り、気がつくたびに肛門を締める練習をし、ついに、常時、肛門が締まっているようになれば、あらゆる良きものを具えた存在となるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

『絵のない絵本』、『銀河鉄道の夜』、『星の王子様』に秘められたもの

自分の姿を見るためには鏡を使うか、カメラで撮影して見なければならない。
ところが、思い出の記憶には、自分の視点で見ているものと共に、自分を含めた光景というものもある。
辛い記憶には自分視点のものが多いが、楽しい記憶には、自分が思い出の世界に含まれていることが多い。
ただ、あまりに辛い思い出の場合は、そこに自分が見えていたりするものだ。

また、こんなことがある。
興味のある人物と対話していると、相手の意識の中にある自分の姿が浮かんでくることがよくある。
相手にとって、自分がどう見えているか、それに対して相手がどう感じているかが分かる気がするのである。
これは、一般には想像であるということになるが、相手の視点に立つと、自分では分からない自分のことが分かることすらあるのである。
普通の考えからすれば、それは不思議な、あるいは、奇妙なことだ。
しかし、私は思うのだ。
「相手の視点に立って」などとよく言うが、これは、「自意識に囚われるな」と言った方が良いのかもしれないと。

さらに、こんな感覚も理解できるかもしれない。
小説や映画を熱中して読んだり見たりしていると、自分が登場人物になりきってしまうことがある。
その時、登場人物の意識と自分の意識に区別はなくなり、自分はその登場人物の視点で見、感じ、考えているのだ。

これらは、人間の想像力というものの作用と考えることができるのだろうが、想像力とは、我々が普通に考えるより、神秘的で超越的なものかもしれない。
大切な想像力を、妄想や迷妄にしてはならない。
真の想像とは、うんうん唸りながら考えるようなことではない。
真の想像とは、自然に起こるものだ。

ところで私は、子供の時、何より面白い遊びと思っていたのは、他人の意識に乗り移ることだった。
しかし、他人の意識を想像し、その人として見、感じ、考えることは、実は、あまりに奇妙で、なぜか心が騒ぐので、長くは続けられないのだった。
そして、思ったのだ。
「他の人には意識はない。あるように見えるだけだ。意識は僕しか持っていない」
おそらく、それは正しいのだろう。
世界の中、この宇宙で、意識を持っているのは自分だけだ。
他の人も意識を有しているように見えるのは、映画や小説の中の人物に意識があると思うことと同じだ。
しかし、最近になって分かったのは、他の人も、私の意識を共有しているということだ。
そして、本当は、自分の意識といった、個人の意識なんてものはなく、自分もまた、1つの意識を共有しているに違いない。
そうであれば、最初のところに書いた、思い出の中に自分がいたり、対話している相手の意識の中にある自分が見えるというのは不思議なことではなく、自然なことだ。

その大きな1つの意識のことを、とりあえず、普遍意識と言おう。
アンデルセンの『絵のない絵本』で、月が語ることは、アンデルセンが普遍意識の視点で思ったことなのだろう。
飛行機乗りだったサン・テグジュペリは、空から地上の人間のことを考える時には、自然に普遍意識に戻り、そこで思ったことを『星の王子様』の小さな王子様に投影させたのだろう。
また、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』では、悲しみと共に、土と草の上で眠ってしまったジョバンニは、カムパネルラの心と共鳴して普遍意識になり、本当に宇宙に旅立ったもので、それは賢治自身の体験でもあるのだと思う。
彼らを生年(あるいは没年)の順に言うと、こうなる。
・ハンス・クリスチャン・アンデルセン(1805年4月2日 - 1875年8月4日)
・宮沢賢治(1896年8月27日 - 1933年9月21日)
・アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900年6月29日 - 1944年7月31日)
彼らの書いた、『絵のない絵本』、『銀河鉄道の夜』、『星の王子様』を、何百回でも読みたいと思うのは不思議なことではない。
読者は、これらの作品の、特に1人ではないのだが、容易に作中の人物の心と同調することができ、個人としての自分を超越し、普遍意識に触れるのである。

以下の最後にご紹介したのは、『イーハトーヴ交響曲』の第5楽章『銀河鉄道の夜』のMP3ミュージックである。PCやスマートフォンにダウンロードしたり、Amazonクラウドにファイルを置いたままで聴ける。オーケストラと合唱、そして、初音ミクの歌声が美しい。本当に、『銀河鉄道の夜』が現出したのだと感じる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

聖なる物語の交響詩

一見、子供向けのおとぎ話のようだが、大人が読んでも良いし、実際に、子供にも大人にも読まれているというお話がある。
ギリシャ神話や旧約聖書、古事記もそうであるし、法華経や観無量寿経といった仏教の経典も、中身は実はそんなものである。
『バガヴァッド・ギーター』という聖典も、『マハーバーラタ』という詩で書かれた物語の一部である。
ただ、これらは、あまりに長い時が経ってしまったため、解り難かったり、仏典のように、学者のような人達が難しい理屈を述べて一般の人の手の届かないものにしてしまったようなものもある。

それで、これらの古いお話を、子供でも読める現代的なものに書き改めたものがあり、中には大変に素晴らしいものがあるが、書き手の自我が含まれてしまい、曇りを持ってしまったものもあるだろうと思う。
しかし、我が国の『古事記』に関しては、明治から昭和の児童文学者の鈴木三重吉が、子供でも読めながら、格調高く美しい文章で『古事記物語』を書き、現代に至るもロングセラーを続けているし、また、福永武彦さんも、やはり子供でも読み易く素晴らしい『古事記物語』を書かれている。このどちらが良いかと聞かれたら本当に困るのである。鈴木三重吉さんの文章の美しさは絶品であるが、福永武彦さんの躍動感溢れるリズムは、彼が天才的な作家なのであろうと思う。

現代の作品にも、そのように、子供でも大人でも読めるが、言葉で言えない美しいものを秘めた作品がある。
本当はもっと沢山あるのかもしれないが、アンデルセンの『絵のない絵本』と、サン・テグジュペリの『星の王子様』が代表的なものではないかと思う。
もちろん、他にも沢山あるのだろうし、そんなものの中には、さほど有名でないというものもあるだろう。
そして、我が国の『銀河鉄道の夜』は最高傑作の1つと言って良いのだと思う。
これらは、現代の聖典であり、神に選ばれた作家が天啓を得て書いたものだろうと思う。
外国のものにも勿論、読むべき価値があるが、それが自国のものであればさらに良い点が多いだろうと思う。

これらの作品には、多くの絵が描かれている。
特に、アンデルセンの『絵のない絵本』は、世界中の画家が題材にし、多くの素晴らしい絵が描かれてきた。
また、『絵のない絵本』は、素晴らしい音楽になっている。
チェコの作曲家ノヴァーク(Novak)による『永遠の憧れ』(Eternal Longing)は、『絵のない絵本』の第28夜の、渡りをする群から遅れて孤独に目的の地を目指す白鳥の姿を交響詩で描いたものらしい。
これらからも、アンデルセンの作品の素晴らしさがうかがえるように思うのである。
だが、『銀河鉄道の夜』も本当に素晴らしいものだ。
そして、この『銀河鉄道の夜』に、冨田勲さんが素晴らしい交響曲を制作し、2つの大学の男性合唱団と女性合唱団、それに、少年少女合唱団。そして、初音ミクがソリスト(フランス語。独唱者)として歌う、優雅で荘厳な交響詩は、これ以上はないという出来であると思う。
これは、非常に稀なことであり、我々日本人は幸運であると思う。
この『銀河鉄道の夜』の交響詩は、『イーハトーヴ交響曲』の第5楽章だが、他の楽曲も素晴らしいので、良ければお聴きになっていただきたく思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ