ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

星の王子さま

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

極道の妻の教え

昨夜も書いたが、 岡田虎二郎(啓蒙家。1872~1920)が、「 念仏を唱えるだけで、一切の問題が解決し救われる」と言ったことは重要なことだと思う。
岡田虎二郎ほどの人物が言ったから・・・という面も確かにあるのだが、それよりも、誰でも知っている事実を、あえて指摘されて、はっとする感じがするのである。
たとえば、「本当に大切なものは目に見えない」というようなものだ。
これは、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『星の王子さま』の中の有名な言葉だが、世間的な考え方に染まった人なら、
「本当に大切なものは目に見えないだって?そんな馬鹿なことがあるかい。目に見えるものが大切に決まってるだろ」
とでも言うだろう。
しかし、人間らしい知性の欠片でも残っている人なら、その言葉の美しさにはっとするのである。

だが、法然は表向きには、念仏は、死んだ後に極楽浄土に生まれるための手段であると説いた。
しかし、それは当然だと思う。
もし、念仏を唱えれば、病気が治るとか、良い結婚相手が見つかるとか、お金が儲かるなどと言ったら、愚か者が、「金が入ってきますように」と思いながら、数分、必死で念仏を唱えた後、数日してお金が入って来ないと、「なんだ!念仏なんて効き目がないじゃないか」と言い出すのである。
岡田虎二郎も法然も、「一回、あるいは、ちょっと念仏を唱えれば、一切の問題が解決し救われる」と言ったのではない。
常住坐臥(じょうじゅうざが)、念仏を唱えよと言ったのである。
常住坐臥(じょうじゅうざが)とは、「日常、座っているときでも寝ているときでも、いつも。ふだんの生活で。四六時中」という意味である。
もちろん、厳密にそんなことが出来るわけではないが、そんな意思を持っていることが大切ということだと思う。

ただ、当然分かることであるが、別に、念仏に呪術のような力があるわけではない。
それに関しては、岡田虎二郎も、虎二郎の意思を受け継ぐ弟子も、あっけらかんと「何でも良い」と言う。
そもそも、虎二郎が四六時中やることを勧めたのは「腹に力を入れる」ことだった。
中村天風の場合は、四六時中、肛門を引き締めよと教えた。
だが、常に腹に力を入れるとか、常に肛門を引き締めるというのは、なかなかやれないのである。
ところが、念仏のように、言葉で唱えることは、比較的やり易い。
そして、別に念仏である必要はなく、短く、リズムがあり、敬虔さ、高貴さ、生命力のある言葉が良い。
それで言えば、念仏もそうなのだが、仏教の真言は、敬って仏を褒め称える言葉であり、活気やリズムがあり、そして、高貴なサンスクリット語を元にしていることから、唱える言葉として理想的である。
沢山ある真言から、好きなものを選べばさらに良い。
その際、「私の家は真言宗だから大日如来の真言が良いだろうか」とか「浄土真宗の家だから、やはり念仏かな」といったことは、考える必要がない。
葬式の時などは、周囲に合わせておけば良いが、自分が常に唱える真言は、自分で選ぶと良い。
どれを選ぼうが同じなのである。その意味では「家が浄土宗なので念仏を」でも全く構わない。

私の場合、四六時中どころか、本当にたまに真言を唱えただけであった。
だが、たまには唱えていたのである。
それでも、驚くべき効果があり、奇跡としか思えないことが数多く起こり、いつも良い想いばかりさせてもらってきた。
こう言うと、「じゃあ、たまにで良いのですね(笑)」と反応する者が、おそらくいることが残念なのである。
そういった、ひねた、薄汚れた、下種な、悪霊に憑りつかれた心を持った者が多く、そのままでは、そんな者達は、惨めな死に方をするしかない。
だが、そんな者達でも、真言を唱え続ければ救われるのである。
法然や親鸞が、並々ならぬ苦心をしたのは、そんな者達に念仏を唱えさせることであった。

あるヤクザ映画で、高位のヤクザの年配の妻が、「神仏に手を合わせる気持ちがなくなったら終わりですよ」と言ったのを、私は憶えている。
逆に、それを忘れない限り、神仏は見捨てない。
私は、人間的に低レベルなため、結果としては、たまにであったが、どこかで、「常に」唱える気があったのだと思う。
しかし、常に、腹に力を入れるとか、肛門を引き締める気には、なかなかなれないと思う。
そんなわけで、「真言を唱えるだけで、一切の問題が解決し救われる」のである。








良き友、良き恋人

あまりよく覚えていないが、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『星の王子さま』には、「変な大人」が沢山出てくる。
例えば、子供が、自分の友達のことを大人に説明する場合、その子がどんな子か(駆けっこが速い、チョコレートが好き)を説明しても駄目で、「お父さんは弁護士」とか「最近の試験の成績は学年10番」というふうに言わないと、全く伝わらない。
それで言えば、親が娘に、「結婚したい人がいるの」と言われ、娘に「相手はどんな男かい?」と尋ねた場合、娘が「彼は初音ミクのファンで」と言ったら確実に親の機嫌を損ねる(笑)。そんな時は、「彼は〇〇大卒で、△△社に勤めている」と言うと、親は、「なるほど」となるわけである。

そんな大人の「常識」に合った言動をする子供が「良い子」で優等生で、親や教師のお気に入りなわけである。
そんな子供になってしまった時に、生きるのをやめるのである。そんな子供は、自分が「生きてる気がしない」し、感受性が強い上に考え過ぎる子供だと「僕は命に嫌われている」と思うのである。
変な大人達は、なぜ変になったかというと、親や学校や会社や世間やマスコミに、変な決まり文句を毎日聞かされ続けたからである。
例えば、「オオタニサン32号!日本の誇り」とかね(笑)。
「〇〇校合格」「1日2時間勉強する」「売上げ3千万円絶対達成」「ワクチン供給が急務」等々、頭の中は、下らない情報や観念でいっぱいである。
なぜ、これらがいけないのか?
これらが必要な場合だってあるだろ?
などと言うのは、もうかなり変なのである。
これらの言い方は、善の概念、優劣の判断の基準を作り、それに合わないものを悪いと感じることにより、簡単に言えば・・・変になるんだ(笑)。

いずれにしろ、変な大人は元気がなくなり、病気になり、運が悪くなり、醜くなり、気分が悪くなり、超能力が使えない。
まあ、そんなこと(世間の変な常識が人間を駄目にする)に気付いた人も昔から沢山いて、そんな人達は、肯定的な言葉を唱えること・・・つまり、アファーメーション(肯定的確言)や、プラスの自己暗示を行うという、画期的方法を考え、それは、うまくいくように思えた。
うまくいかないとしても、「マイナスよりゃマシさ」と納得した。
実際、本来はそれでうまくいくのだが、それは、世捨て人の場合だ。
つまり、学校や会社やマスコミや世間の声を聞かずに済む人なら、それでうまくいくが、アファーメーションより、はるかに多くのマイナスの言葉を聞かされていたら、かえってアファーメーションが毒になる。そして、残念ながら、世捨て人にならない限り、そうなる。
それに、アファーメーションは、なかなか続かない。
もっとも美しいアファーメーションと言われる、エミール・クーエの自己暗示の言葉「私は毎日、あらゆる面でますます良くなっていく」は、もう全く続かないだろう。
長いし、ややこしいし、面白くないし(笑)、日本語ではリズムがないし(翻訳が下手?)、神秘的じゃない。

だが、心配はいらない。
我々には真言がある。
真言を唱えれば、全て解決する。
敬虔さを感じさせ、心に反発が起こらず、魂に共鳴する真言を唱えれば、生命を取り戻す。
『星の王子さま』に出てくる変な大人にはならずに済む。
念仏が葬式に使われない時代は、「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」で良かったが、今は、これらの真言は貴いものではあるが、とりあえず避けた方が良くはないかと私は思う。
そこで、観世音菩薩真言「オン、アロリキャ、ソワカ」や「南無観世音菩薩」、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」、大日如来真言「オン、アビラウンケン」を唱えると良い。
もちろん、他の仏や菩薩や明王の真言で、お好きなものがあれば、それを唱えても全く同じである。
弥勒ファンなら、「オーン、マイトレーヤ、スヴァーハー」「南無弥勒菩薩」が良いだろう。
ちょっと長いが、般若心経の呪文、
「ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウギャテイ、ボウジ、ソワカ」(中国語版)
あるいは、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」(サンスクリット語版)
を唱えると良い。
長いと言っても、魂的なリズムがあり、楽しく唱えられ、多く唱えることで神秘力を獲得出来るだろう。
真言は、本来の宗教である高次元の科学だ。
これ(真言)以外のことで、人間を向上させ、宿命に打ち勝ち、大切な命を守り育てる方法はない。
釈迦は「念仏だけが残る」と言ったとされるが、むしろ、この言葉は葬られかけたのだと思う。しかし、幸いなことに、この重要なメッセージを受け取ることが出来た。
だが、この念仏は、真言という意味であると思う。
ヨハネ福音書の「言葉は神であった」も、現代においては、真言で実現すると思われる。
もし、子供の友達や、娘さんの彼が、自主的に、心の中で、丁寧に真言を唱えている人なら、それは神様や仏様に等しいのであるから、非常に幸いである。
お寺の息子が良い?(笑)
そうかもしれないが、あくまで、自主的に唱えている場合である。
お坊様すら、強制されて唱えている場合があるが、そんなお坊様は超能力を得られないのである。
あくまで自主的に。








神の視点とは

リチャード・バックの小説『かもめのジョナサン』は、絶賛する人もいれば、全く価値を認めない人もいる。
ところで、『かもめのジョナサン』と、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの『星の王子さま』から、似た視点を感じるには、まさに、この2作品の著者が共に飛行機乗りで、「高空の視点」を持っているからのように思える。

私は、『かもめのジョナサン』は、かなり前に一度読んだだけなのだが、最も印象深く憶えている言葉は、
「最も高く飛ぶかもめが、最も遠くを見通す」
だ。
全くその通りだと思ったのだ。
それは、物理的な高さを指すだけでなく、むしろ、精神的な高さのことだ。
では、精神的な高さとは何かというと、「神との近さ」だ。
1953年の傑作SF映画『宇宙戦争』で、火星人の飛行船に向かって歩きながら、コリンズ牧師は言う。
「我々より進んでいるなら、より神に近いはずだ」
精神的に進んでいるなら、その通りだ。
しかし、テクノロジーの進歩が、必ずしも精神的進歩を示すとは限らない。
コリンズ牧師は、火星人の飛行船のエネルギー光線を受け、消滅してしまう。
(私は、2005年の映画『宇宙戦争』は、悪くはないが、1953年の作品の方がはるかに優れていると思う)

では、高い、あるいは、より神に近い精神を持つ心は何を願うのだろうか?
他のかもめ達より高く飛んだジョナサンは、何を求めていたのだろう?
確かに、ジョナサンは、「かもめの可能性」を探求していたが、その結果、もたらされるものは、「皆が仲良くあること」だ。
なぜなら、皆が本当に高ければ、争う必要などないからだ。
この仲良くは、慣れ合いを指す「グループ内での仲良く」とはまるで違い、むしろ、正反対だ。
「グループ内での仲良し」は、グループ外の者や他グループを攻撃し、排除する。
グループという概念のない仲良し・・・それが「皆が仲良く」だ。
尚、より高い力を発揮するために協力する「チーム」はグループとは全く違うものである。

漫画・アニメ作品『まちカドまぞく』で、ポンコツ魔族(女子高生としてもポンコツ)のシャミ子(優子)に、超強力な魔法少女(女子高生としても優秀)な桃が逆らえないのは、シャミ子の願いが「皆が仲良くなりますように」だからだ。
小説・アニメ・漫画作品『灼眼のシャナ』で、ごく平凡な男子高校生、坂井佑二に、異世界の創造神「祭礼の蛇」がすっかり惚れ込んで一体化したのもまた、この2人(坂井佑二と祭礼の蛇)の願いが、紅世の輩、フレイムヘイズ、人間の区別なく、皆が仲良くなる世界を望んでいたからである(と思う)。
つまり、神の視点に立てば、その願いは「皆が(誰も例外なく)仲良く」である・・・と言って、そう間違えてはいないと思う。
「皆が仲良く」と思い、それを目指すなら、即ち、自分が神である。
そのような者に不可能などあり得ない。
今後の世界は、それを示す世の中になると思う。
「この人を愛す、でも、あの人は嫌い」は、責めはしないが、人の視点であり、その傾向が強いほど、無力と苦難を味わうしかないだろう。








本当の目標、偽の目標

夢想家と呼ばれるような人がいる。
空想している時間が多い人のことだ。
空想は、来るべき未来の思考シミュレーション(予測実験)で、子供のうちは、そのシミュレーションの練習だ。
だから、子供のうちは、ある程度は勝手気ままな空想をするのも良いが、それでも、子供のうちから、現実に基いた空想をするよう導いた方が良い。
大人が空想をするのも悪くはないが、現実に基かない空想を長時間・・・ことによれば1日中やっている者は、社会的に無価値であるし、幸福になれない。

『星の王子さま』に、現実に基かない空想に耽る愚かな大人たちが沢山出てくるだろう。
自分が「やんや」の喝采を浴びていると空想しているが、誰も彼を見ていないし、喝采を受ける価値など何もない哀れな大人。
別の愚かな大人は、世の中が自分の命令に従っていると空想しているが、彼の命令など誰にも聞こえない。
こんな大人が、我々の周りにも沢山いる。

空想自体は、悪くはなく、美しいものでさえあるのに、なぜ、愚かな夢想家としか言えない空想家がいるのだろう。
「馬鹿と天才は紙一重」と言うが、現実に基かない空想をする者が馬鹿で、現実に基いた壮大な空想をする者が天才だ。
精神病院の中で「俺はキリストだ」と言う馬鹿がいれば、人々には妄想としか思えない空想をしているが、それが実際には現実に基いていて、世界を変えるのが天才だ。
では、現実に基くか、そうでないかの違いは何だろう?
それは、「明確な目標」を持っているかいないかだ。
精神病院の中で、「私は宇宙の帝王である」と言い続けている者には、明確な目標がない。
だが、時には、平凡な人からは「狂人」「いつもおかしな夢を見ている人」と言われても、生命力に溢れ、世界に変革を起こす者は、明確な目標を持っている。

ところで、「俺はロックスターになる」という、一見、明確な目標を持った少年が沢山いる。
大多数は、自分がちやほやされて贅沢をしたいためにロックスターになるというものだ。
それは、明確な目標とは言えない、ただの空想だ。
だから、実際にロックスターになれない。
もう一方の、本当に明確な目標としてのロックスターを目指す少年には、何らかの高貴な想いがある。
その高貴な想いとは何かと言われても、それは、本人にしか分からない。
それがあるから、彼は本当にロックスターになる。
なぜ、そんな高貴な想いを持っているかというと、才能に恵まれたというよりは、何かに欠けているからなのだ。
普通の人なら持っているはずの何かが欠けている、あるいは、失われている。
明確な目標というものは、喉が渇いていないのに美味しいジュースを求めるのではなく、乾いている時に水を求めるようなものなのだ。
丁度、意外なことに、人気女優というのは、子供の時に、親にすら好かれていないと思っていて、人に好かれることに飢えているような人が多いのである。
渇きや飢えを満たすような目標には、生き甲斐があり、そして、叶う。
スティーブ・ジョブズが「ハングリーであれ、愚かであれ」と言ったのは、彼は、そのことに気付いていたからだ。








好奇心

人間が疲れるのは、興味のないことをやっている時である。
例えば、退屈な授業に出ているとか、付き合いで趣味に合わないテレビを見たり、音楽を聴いている時などだ。
そんな時、身体も頭も使っていなくても、どっと疲れる。
疲れるというのは、エネルギーの供給が止まっている、あるいは、かなり制限されている状態だ。
そんな時は、あらゆる能力が低下しているばかりか、幸運を呼ぶことも出来ない。
幸運を呼び込むのだって、エネルギーが必要だからだ。
元気がない時はツキもなく、元気がある時はツイているものだ。
そして、若さもエネルギーであり、エネルギーが少ないと老化する。

興味がないことが多過ぎると、エネルギーを得難い。
多くのことに興味があるほど、つまり、好奇心が強いほど、エネルギーを得られる。
面白いものがないと思ったら、自分で探しにいかないといけない。
面白いものは、待っててもやって来ない。
誰かが、面白いものを持ってきてくれたりはしない。

楽器の演奏や絵を描くことが楽しい頃があったとしても、飽きてしまっているのに、そのまま惰性で演奏したり描いたりしたら、エネルギーは奪われ続け、生命力が枯渇する。
もう一度、面白くなるように工夫するか、別の面白いものを探すべきである。

淀川長治さんは、アラン・ドロン主演の『太陽がいっぱい』を400回以上観て、見るたびに、必ず涙を流したらしい。
つまり、いくら観ても飽きず、常に、興味を持って観賞することが出来たのだ。
だから、心に闇を持つ淀川さんは、決して恵まれてはいなかったが、89歳で亡くなる前日まで、テレビで映画解説を行うことが出来たのだろう。

別に、そのことでプロにならなくても良いから、好きなものを持っていなければならない。
『星の王子さま』に、大人の世界では、友達を紹介する時、「サッカーが好き」なんて紹介の仕方は駄目で、職業や地位を言うと歓迎されるといったものがあったが、それは「死の世界」である。
「何が好き?」と訊かれて、「初音ミクさん」と即答する者には可能性がある。
私は、訊かれる前に、そう答えるが。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード