ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

新型コロナウイルス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

コロナを神の使いにするのも悪魔の手先にするのも自分次第

新型コロナウイルスは、今も世界的に感染拡大中で、日本においても、実際は収束に向かってはいないと思う。
そして、必要なのは、ロックダウンでも、(飲食店等の)営業自粛でもなく、他人とくっつかないことだ。

いまだ、コロナの害は「血栓だけ」ということが明言されず、大衆は不安定な状況に置かれているのは、まあ、ロクな理由ではないが、もう言わない(笑)。
一応、個人的としておくが、私の絶対確実なコロナ対策は、ビタミンC(1日3g以上)、納豆(毎日欠かさず)、満腹するまで食べない、そして、運動(毎日)だ。
嫌いでなければ、コーヒー、赤ワインも効果的と思う。

コロナ発生は、中国のせいかもしれないが、こんなことが起こったのは偶然ではない。
人類に必要だから、パンデミック(世界的な流行)が起こったのだ。
では、このパンデミックで、天は人類にどんなメッセージを伝えようとしているのか?
私なりの解釈では、「人に近付くな」だ。
特に、周波数が低い者から高い者への接触は、極力控えねばならない。
例えば、親から子、教師から生徒、上司から部下だ。

自分が行きたい場所に他の人が居れば、待つ。
また、自分が他の人を待たせていることを自覚する。
そして、譲り合う。
それが出来れば、他人とそれほど接触することはない。
親や教師や上司は、自分が行きたいところに子や生徒や部下が居ても待たないし、子や生徒や部下を待たせていることを自覚しない。
だから、親は子に、教師は生徒に、上司は部下に近付くなと言ったのだ。
他人に近寄らないということは、他人を敬うということだ。

いくら「ソーシャルディスタンスが必要」などと言われても、他人に近寄らないことを意識的にしている者は、ほとんどいない。
だから、まだまだまだまだまだまだ、感染は広がるだろう。
プラスの意味で他人と距離を置くことが出来るようになれば、必要がなくなったコロナはすぐに消え去る。

会社に行く必要はほとんどない。
これまで、人々の心身の健康を損なわせてきたのは集合労働で、その代表的なものが会社だ。
会社に行かなくなれば、皆、心も身体も健康になる。
いつまでも集合労働を改善しなかったことも、コロナが出現した理由である。
ところが、農業、漁業、清掃業、工場労働等に従事する人達や、その他、身体を使って働く人たちが感染したという話は少ないと思う。
これらの仕事では、意味もなく他人にくっつくことはないからだ。

私は、全く他人に近付きたくはないのだが、親の付き添いで病院に行くと、必ず他人と密着状態になる。
あるいは、スーパーに買い物に行っても、必ずぴったりとくっつかれる。
よって、病院や、販売・飲食店の感染は決して後を絶たない。
私のように、他人を避けてすらそうなのだから、他の人達は尚更そうだろう。
こんな人間達は、居なくていいからコロナが来たのである。

ライブ会場は、他人と距離を取ることを意識してさせられるので、本来は、感染が起こり難いのだが、ライブ本番とは別のところで感染するのだろう。
もしかしたら、ライブ本番で他人とくっつけない分、その後でくっつきたがる者が多いのかもしれない。

それから、周囲に人がいる所で、誰も聞きたくもない声を上げる者は、たとえ子供でも、自分が愚か者だと強制的に自覚させられるようになる。
例えば、夜も遅いのに、道で大声を上げる子供は迷惑なのであるが、今は、親が一緒になって騒いでいることが多い。
これらの親子に対しては、いずれコロナが何かするかもしれない。

1人の静かな時間を持つようになれば、人間は進化する。
引き寄せの力も強くなり、願いを実現して、人生を楽しいものに出来るだろう。
コロナを神の使いにするか、悪魔の手先にするかは、自分次第である。
確かに、複雑な状況にある人(あった人)も沢山いることは分かっている。
だが、いかなる場合でも、人間に出来ることは、気持ちを切り替え、「しゃんとする」ことだけだ。
これだけが、世界を正しいものに出来るのである。

ついでに、興味があれば、プログラミングの勉強でもすればどうだろう?
リモートで働ける機会が増えるだろうし、リモート社会ではITに強いことはとても有利だ。
そして、ITを理解するためには、プログラミングを習得することが大きなアドバンテージになることは確かであると思う。








天使の配下につくか悪魔の配下につくか、今が決心のしどころ

昨夜、気紛れに、1962年の日本のSF映画『妖星ゴラス』を見たら、まさに、今の人類の状況にぴったりの作品だった。
映画のストーリーは簡単に言えば、地球より小さいが、質量は地球の6000倍以上という黒色矮星(白色矮星が冷えて観測不能になった天体)が地球衝突コースで接近し、地球のごく近くを通過するだけでも地球環境は破壊されるという状況の中、地球が助かる方法は、ゴラスを破壊するか、地球が逃げるしかない。
ゴラス破壊は不可能であり、南極に、巨大なロケット噴射口を作り、地球がゴラスから逃げるしかなくなった。
その中で、あらゆる利害関係を超え、人類存続のために世界中が一致協力するというものだ。
この映画は、信じられないほど品質が高く、今見ても十分に通用する。特撮監督は、あの円谷英二氏であった。
この映画の後、ハリウッドでは、『ディープ・インパクト』や『アルマゲドン』という、巨大小惑星が地球に衝突しようとする中で、アメリカと旧ソ連が、やむなく手を握って、小惑星の軌道を変えようとするものが作られたが、元祖は、この『妖星ゴラス』と言えるかもしれない。

上の3つの映画では、地球の危機に際し、世界中、あるいは、冷戦中の大国が協力し合うという、現実ではちょっと考えられないことをフィクションの形で実現した訳である。
しかし、今の新型コロナウイルスに関しては、どの国も自国ファーストに追われ、国際協力となるとお寒いばかりか、露骨に敵対する(アメリカと中国)こともある。
黒色矮星や巨大隕石が地球を滅ぼす危機が来ても、アメリカと中国、あるいは、これにロシアが加わって全面協力するというのは、ちょっと想像し難いのである。

新型コロナウイルスの起源については、いろいろな説があるが、それが、陰謀(生物兵器等)なら陰謀で、重大なミスが原因であるならそれで、それらは結果に過ぎず、いずれにしろ、新型コロナウイルスは人間の心が生み出したものである。
科学的にも、いかなる出来事も人間の心の関与なしに起こることはないという考え方が支持されつつあるが、コロナはまさに、現在の人類の心を反映していると感じられる。
簡単に言えば、あまりに利己的であるという理由で、遠ざけられるべき人間が、思いやりあるまともな人間に平気で近寄り、また、強制的に近くに来させるという、看過(見逃すこと)し難いが、どうにもならなかった状況を破壊するために生まれたのが新型コロナウイルスかもしれない。そして、実際、その役に立っているのである。
無論、今は、愛すべき、まともな人達にも感染被害は大きいのだが、少なくとも、天使と悪魔の接触は激減しているのである。
接触してはならない者同士が接触せざるを得ないという間違った状態を、人類自ら解決出来ない限り、このウイルスは増殖し続け、さらに、ウイルスは凶悪に変異し、強制的に人類を選別することになるだろう。
言うなれば、審判の時が来たのである。
悪魔達は自分で食料を作ったり、物資を運んだり出来ないので、天使の配下の人間と接触出来なければ滅ぶ。
悪魔の配下から去るなら、生きられるかもしれないが、望み薄かもしれない。
どちら陣営につくか決めていない人は、決心のしどころである。








分かり易いコロナへの万全対策(私見と言えば私見)

私が間違っている部分もあるだろうが、大方で正しいと思うのは、新型コロナウイルスの害は、ほぼ、血栓(血液が固まったもの)が出来て、血流が阻害されることだけだ。
しかし、専門家や厚労省は、難しいことばかり言い、結局、誰も、有益なことは何も解らないのだ。
けれども、新型コロナウイルスの症状は、ほぼ全て血栓で説明出来ると思う。

血栓といえば、中年以上の、特に男性が多く出来るものだが、若者や子供にだって、血栓症の人はいて、そんな子供や若者が感染すると重篤化するのだと思う。
だから、若い人も、血栓対策は普段からしておくと良い(と言っても簡単なことである)。

調べると、血栓は、血管が健康でないと出来やすいものらしい。
よって、新型コロナウイルスの対策としては、「血管の健康化」と、「血栓を溶かす」の2つだ。
これは、普通は簡単だ。

まず、血管の健康化は、ビタミンCを摂って、血管の材料であるコラーゲンの生成を活発化すれば良い。
ビタミンCは、免疫を高め、ウイルスを抑止するので(これもほぼ正しいと私は思う)、一石二鳥である。
それに、有り難いことに、ビタミンCは超安価である。
私は、毎日3g以上のビタミンC摂取を欠かさない。

次に、血栓を溶かすことであるが、これは、納豆菌が出すナットウキナーゼが血栓を溶かすことが知られていると思うので、納豆を食べれば良い。
納豆は、たんぱく源としても優れた超健康食である。
納豆が嫌いというのは勿体ない。
ただ、どうしても嫌いな人や、稀に、体質に合わない人もいる。
しかし、そもそも、人間の体内には、tPAという血栓を溶かす酵素があるので、これを活性化すれば良い。
そのためには、運動が良いと言われている。
しかし、運動と言ったら、多くの人は、筋トレだのランニングだの、競歩的なウォーキングだの、続くはずのないきつい運動ばかり出してきたがる。
また、私がお薦めしている腕振り運動を薦める偉い人が増えてきたと思ったら、彼らのは、自分独自の腕振り運動である場合が多く、これがまたシンドい(笑)。
つまり、3分とか5分で、汗をかくほどの運動をやらせたがる訳だ。
どうも、「シンドくないものは運動ではない」という、学校教育やスポ根の観念が染みついているのだろう。

私が薦める腕振り運動は、極めて楽だが、回数だけは要求する。
とはいえ、かかる時間は、せいぜい、10分~30分だ。
余計なものを食べたり、エッチな同人誌でオナニーする時間を回せば、マイナスが減って良いことだらけではないか(笑)。
運動ってのはね、短時間はあはあ言ってやって、「これで終わり」にしてしまい、後は不健康なことをするのでは意味がないのだ。
しかも、巷で知られる運動は、不自然で身体が歪む場合も多いように思うのである。
軽いが効果的な運動を長時間行い、身体も心も隅々まで調整する運動が良いと私は思う。

腕振り運動に関しては、【最新、腕振り運動のやり方 】 をご参照いただきたい。
腕振り運動にもいろいろあるが、これは、電子工学の世界的権威であった関英男博士が、台湾の易筋経の先生から教わったものだ。
関博士は、これで自分の胃がんを治すだけでなく、多くの人が難病・奇病を治した実例も記録しておられた。
腕振り運動は、足の親指で床を押さえ、腹と肛門を引き締めながら行うことで、むしろ、下半身の運動になって、腹や脚が引き締まり、上体は、すらりとした身体になると思う。
無論、ある程度の食の慎みは必要である。
どんなに良い運動をしても、飽食・美食を尽くしていては、あまり効果はないと思う。
とはいえ、あまりに少食であったり、美味しいものを一切食べないといった、ストイック過ぎるのも感心しない。

新型コロナウイルス対策で最も成功しているのは台湾であると思うが、これは、台湾政府が有能であったことと共に、台湾が腕振り運動の本場であることも関係があるのかもしれないと思う。

ただ、あえて言えば、普段、よく歩いていれば、特に運動の必要はない。
だが、今は暑いし、歩く機会がない人も少なくないと思う。
競歩的な不自然なウォーキングは薦める気はないが、普通に歩ける道が少ないというのも実感している。
しかし、腕振り運動をしっかりやっておけば問題ない。
後、さらに強健になりたければ、大東流合気柔術式の四股をお勧めする。
これは、相撲の四股とは違い、楽なものである。
やり方は、『佐川幸義 神業の合気』に、写真入りで解説されている。
佐川幸義が超人的な武術家であったことは、確かであると思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
どうすれば、楽しく機械学習型AIの作り方を習得出来るかを考えました。
まず、誰でも解る、足し算、掛け算、素数判定、偶数奇数判定で、無料の優秀なAI構築ツールであるソニーNNCの使い方をマスターします。
そして、誰でも面白くも奇妙に思う「モンティ・ホール問題」「囚人のジレンマ」、やや頭を使うオリジナルゲーム「シュレディンガーのエイリアン」、その他、「東大入試数学問題予測」などをテーマに、楽しく、AI構築のセンスを身に付けていただきたいと思います。
本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

猛威を振るう新型コロナウイルスに対し「具体的に」何をするか

新型コロナウイルス感染は、数だけで言えば、4月の緊急事態宣言時の新規感染は最高で1日720人だったのが、2日連続で1500人を超えてきた。
新規感染者の大半は若者で、軽症者が多く、重症者数・死亡者数は少ないと楽観視する者もいたが、若い軽症者が多いからこそ、感染拡大は速く、いずれ高齢者にも感染が広がるのであり、実際、重症者は増えている。
政府に有効な策はない上、Go Toトラベルキャンペーンは確実に感染者を増やしていると思われ、今の1日1500人(新規感染者)どころか、5000人くらいに達するのはすぐかもしれない。

一方、都市封鎖や、会社出勤や学校登校を制限せず、大規模なイベントを除き自粛を行わなかったスウェーデンは、一頃は、日本の報道ではコロナ対応の失敗国のように扱っていたが、今は完全に収束に向かい、1日の新規感染者は数十人程度になってきた。
ただ、スウェーデンは死者が多く、その大半は養護施設の高齢者で、そこには対応の不備があったことはスウェーデン政府も認めているが、医療体制には常に余裕があり、経済損失も予想ほどの被害はなかったようである(感染拡大時に他国から敬遠され貿易が停滞したことはあった)。

日本で問題なのは、政府は、ありきたりなことを言うだけで有効な対策を出せず、国民は何をしたら良いか分からず、「運まかせ」の不安な状態にあることだ。
その中で、私個人は、コロナに関しては、完全に安心している。

コロナ感染時の被害の大半は、血管が血栓(血液のかたまり)で塞がれて血流が悪くなることだけであると私は理解している。
よって、免疫力を高めつつ、血栓を作らない、出来ても溶かすということが出来れば、何も心配ないのではと思う。

以下は、あくまで私の個人的見解であり、意見を異にする人はスルーして欲しい。
ただし、個人的には確信を持っている。

免疫に関しては、ビタミンCが有効であり、ビタミンCは多ければ多いほど良い。
具体的には、1日3g以上の摂取が望ましい。
ノーベル賞受賞(化学賞と平和賞)の生化学者ライナス・ポーリングは、1日10g以上のビタミンC摂取を推奨し、癌患者などには30gの摂取を薦め、良い成果を上げたと言われる(少なくとも悪化はなかったと思う)。
ビタミンCによる免疫力向上に関しては、おそらく、調べればエビデンス(証拠・根拠)は簡単に見つかると思う。
血栓を作らないためには、血管の健康も重要だが、そのためにもビタミンCは有効と思う。
もちろん、他のビタミンも必要であるが、まずは、ビタミンCを多量摂取することが薦められる。
幸いにしてビタミンCは超安価である。
超安価であることが、世の中(マスコミや医療関係等)でビタミンCが宣伝されない理由であると指摘する者も多い。確かに、安価に健康になってしまったら、医療、薬品、健康食品業界が大変だが、そういったことは深入りせずにおこう。

血栓を溶かすのは、体内にあるt-PAという酵素であるが、これを活性化させるのは、コーヒーと軽い運動であるという意見があり、私も、調査の結果、それを正しいと認識している。
コーヒーは、好き嫌いもあるだろうが、インスタントで良いから1日3杯程度飲むと良いと思う。
運動に関しては、よく歩くことが一番であるが、暑い時期でもあり、それが難しければ、私が最近ご紹介している腕振り運動や、大東流合気柔術式四股、あるいは、足踏み運動をすれば良いと思う。
そして、他にも、血栓を溶かす効果が大きいとされるのが、ナットウキナーゼという酵素で、これは、納豆菌が出すので、納豆を食べれば良く、以前から、納豆は脳梗塞(これは脳血管の血栓で起こる)の予防に大いに注目されている。
加えて、脳の血流を良くすることから、知的能力の向上効果もあるとする意見もある。
コロナ感染でも、脳梗塞の症状が現れることが多いのも、やはり、コロナウイルスが血栓を作るからである。
また、コロナに感染すると呼吸困難に陥るのも、肺静脈に血栓が出来、血が流れ難くなり、血液が酸素を運搬しないという簡単な理屈である。

後、免疫力を高める効果が高いと言われるものに、ポリフェノールがあり、緑茶、紅茶、カカオ(ココアやチョコレートの主原料)、赤ワインなどに多く含まれている。

個人的には、1日3g以上のビタミンC摂取と、コーヒーを飲み、運動をすることにより、仮に感染したところで、不安は全くない。
実際、家族の付き添いで、現実的には過密な病院・医院には数多く行っており、4月に感染の疑いを持ったが、全く心配はしなかった。家族にも、1日2gのビタミンC摂取を行わせている。













当ブログ著者、KayのAI学習・実践書です。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要で、自分で実用的なAIを作れるようになるための本です。
興味深いテーマでAIを体験しつつ学べます。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

今は「コロナ後の世界」である

新型コロナウイルスの感染者数についてよく報道されるのは良いが、それで大騒ぎしたり、深刻ぶって話すのはおかしなことであるはずだ。
なぜなら、もうずっと前に、「今後はコロナと共存する」と解っていたはずではないか?
新型コロナウイルスは、消えてなくなることはなく、未来永劫、このウイルスは変異を繰り返しながら存在し続ける。

新型コロナウイルスが存在することが前提の世界が、「コロナ後の世界」であり、これは、「コロナ前の世界」と全く異なる。
ところが、どういう訳か、テレビや新聞では、コロナがない世界が来るような奇妙な幻想を追いかけているようにしか思えない。
今が「コロナ後の世界」である認識があれば、もう問題はないはずである。
今、いろんなことで問題が起こっているのは、今が「コロナ後の世界」であることを前提にしていないからだ。

本来、コロナウイルスがいても、マスクなんか必要ない。
くしゃみをすることは全然悪くないが、遠慮もなく大きなくしゃみをどこにでも吐き出す馬鹿がいるせいで、皆がマスクをするだけである。
全員が、他人を敬い、慎んでくしゃみをするようになれば、誰もマスクなんてしなくていい。
無遠慮なくしゃみをしてはいけない理由は、別に、コロナウイルスを飛散させないためでなく、誰も他人のくしゃみなど聞きたくないからだ。
まあ、美少女のくしゃみなら聞きたい気もするが、美少女は慎み深くくしゃみをするものだ。
また、誰も、他人の・・・特に、野太く汚い(笑)オッサンやにーちゃんの大きな声など聞きたくないのに、そんな者達が平気で大声を張り上げるので、皆がマスクをしなければならないのである。

2016年の9月のことだった。
私は、初めて、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2016」に行ったのだが、そこで驚いたのは、観客のマナーが良いことだった。
狭い通路で出会うと、皆が、相手に道を譲っていた。
席に座っている人の前を通る時は、皆、座っている人に声をかけ、座っている人も、脚が長い人は気持ち良い態度で立って通らせていた。
私は、「やはりミクさんファンはマナーが抜群なのだ」と感動した。
同じ年の11月には、東京渋谷のBUNKAMURAオーチャードホールに、その年の5月に亡くなられた冨田勲さんの遺作となった、初音ミクさん主演のバレエと交響曲である「ドクター・コッぺリウス」を観劇に行ったが、ここも、マジカルミライ2016と同じで、どこでも皆が譲り合い、気遣いし合う素晴らしい場所であった。
ところが、2017年の「マジカルミライ2017」では、かなりおかしくなっていた。
椅子で脚を投げ出して座り、腕組みをして目を閉じて寝ている若者がいたし、ライブ中、明らかに周囲に迷惑な挙動をする者も見られた。
それは、2018、2019も続いていたように思う。
思えば、これがコロナの前兆であったと私は思っている。

皆が、2016年の「マジカルミライ2016」や「ドクター・コッぺリウス」の会場におられた人達のようであれば、新型コロナウイルスが発生することはなかったし、皆が、あの人達のように他人を敬うようになれば、ウイルスがいたって平気なのである。
人の心がそのまま宇宙の心であり、人の心が世界を創っているという説があり、古くは、仏教ではそう言われていたし、近年では、量子物理学者にも、そのように考える人が増えていると思う。
全ては人間次第であるし、本来、自分と他人の区別はなく、つまるところ、自分次第なのである。













当ブログ著者、KayのAI書。
自分でAIを作れるようになり、AIを自分の武器にしましょう。
そのために、数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です(でも、拒否はしないで下さい)。
実用的なAIを作るには、Excelが使える程度のスキルと共に、データをうまく構築するセンスと、問題を予測問題に捉え直すセンスが大切です。
そんなセンスが身に付くよう、いろいろ考え、工夫をしました。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ますので、楽しく実践いただければと思います。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード