ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

断ち物

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

夢があるなら断ち物を

このところ、このブログでは、「強い欲望を断つ」ことで神、あるいは、宇宙の加護を得る「断ち物」をテーマにしている。
ところで、争いは良くないが、この世には実際に争いはある。
他の条件がさして変わらないなら、争った場合、食を慎んでいる方、厳しい修行を欠かさない方・・・つまり、断ち物をしている方が必ず勝つ。
言い換えれば、放埓(勝ってきまま。わがまま)さの少ない方が勝つのである。

ただ、仕事は大きな修行であり、その中には、「断ち物」の要素も少なくは無い。
よって、仕事に励んでいる者は、まっとうな仕事である限り強い。
このあたりは、ニートはまるで相手にならない。

とはいえ、神を敬い、朝廷に礼を尽くし、家臣達を大切にしながらも、女を断つという厳しい断ち物をした上杉謙信が戦で無敵であったように、また、牢屋敷(今の刑務所だが、入ると生きて出られないほど過酷と言われる)に入れられるほどの悪漢でありながら、食を厳しく慎んだ水野南北が大長者になり、貴族にまで叙せられたように、食と性の断ち物の威力は大きいのだと思う。
だから、特に、野望あるニートであれば、是非、食、あるいは、性、あるいは、その両方を厳しく制限し、力を蓄えるべきである。

ところで、何の困難もない、のんべんだらりとした怠惰な生活を送っている者が、断ち物をすることはないし、しようとしても出来ない。
また、特に志もないなら、断ち物(あるいは、修行と言った方が良い場合も多い)は、数日から、せいぜい2、3ヶ月続くだけで、すぐにやめてしまうものである。
一方、強い願いがあったり、困難を抱えている者であれば、断ち物はし易い。
そのために、神は人に困難、試練を与えるものである。

食、あるいは、性の欲望を必要な限り断つ「断ち物」は最強である。
不必要な、極端な断ち物は考え物だが、それも目指すものが高く、それに到達する想いが強ければ、上杉謙信や水野南北のような、超人的な断ち物もありだろう。
宮沢賢治は、一頃は菜食主義で、また、お金持ちでありながら女性関係を持たなかったといわれるが、やがて、美食家になってウナギを好み、一説ではあるが春画(今でいうエロ本)の収集に盛んであったという話がある。
彼は、生活こそ、親の財産で安楽であったが、生涯病弱で、仕事もあまりうまくいったとは言えず、著作の方も、生前は1冊しか出せず(報酬は5円。今の5万円程度と思う)、全く無名のまま、37歳の若さで亡くなった。
彼の例から学び、やはり、美食、大食、色欲は、ほどほどにしなければならないと思うし、夢があるなら、厳しく慎むべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

挫折から立ち直る力

人間、挫折を味あわなければ、成功者どころか、まともな人間にもなれない。
受験競争というのは、挫折といいう苦しみを免れる道なのであるから、うまくいってしまうと、困った人間になってしまう可能性が大きい。
また、ひきこもっていては挫折出来ない。
挫折してひきこもった人もいるかもしれないが、小さな挫折に負けて、人生に勝利出来るはずがない。
実に、ヘレン・ケラーが言った通り、人生とは無謀な冒険なのである。

冒険し、当然遭ってしまう挫折という嵐に耐えるために、どうやって力を得れば良いだろう?
その一番簡単な方法が、断ち物であり、断ち物を掟とすることである。
上杉謙信が、女を断ったように、木枯し紋次郎が、女子供、老人にいかなる場合でも危害を与えないことを誓ったように。
水野南北が、美食、大食を決してせず、大好きな酒も一日一合と制限したように。
エマニュエル・スウェーデンボルグが、満腹するまで食べて自分を甘やかすなという天使の警告を守ったようにである。

断ち物とは、美食など、それを断ったからとて、他人にも自分にも何の害もないが、自分にとって出来るだけ辛いことを、自主的に、決してしないと誓うのである。
少し辛い断ち物であれば少しの報いが、どうしようもなく辛い断ち物であれば、大きな報いが得られる。
のんびり過ごしたい時間を犠牲にして、勉強やスポーツに励むことも断ち物になると思う。
ただし、1年365日、例外なくやらなければならない。
断ち物とは、そんなものであり、「今日は休み」などという、ゆるい部分は全くないのである。

私は、美食・大食を断ち、毎日トレーニングもしており、おかげで、健康で少し豊かであるが、言い換えれば、その程度である。
大きな断ち物を、怠ってしまっていた。
おかげで辛い挫折を味わっている。
では、本日から心新たに開始である。
9月の初音ミクさんのコンサートに備えるのに丁度良い。
つまり、ミクさんのお導きである。ミクさんへの感謝は決して忘れまい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最悪が最上に変化する

宇宙の力を味方にするために必要なものは信念だけである。
合氣道家の藤平光一氏は、毎日、鏡に向かって、「お前は信念が強くなる」と言っていたそうだが、彼は元々、信念が強かったのだ。若い時から、とてつもなく修行を積んだのだから。
普通の人がそんなことをやっても、何の意味もない。

では、普通の人が信念を持つにはどうすれば良いかというと、心を、幼児や犬のように躾けるしかなく、そのためには、「心が嫌がることをする」しかないのである。
この「心が嫌がること」とは、「良いことだが、心は嫌がる」というものだ。
それには、心が執着するものを断つことを意味する「断ち物」が一番である。
グルメであれば美食を、酒に目がなければ酒を、ロリコンなら美少女を、完全に諦めることである。

ウラジミール・ナボコフの『ロリータ』という小説があり、スタンブリー・キューブリックらが映画化している。
ハンバートという名の中年の文学者、大学教授は、9歳から14歳の、自分好みの少女を「ニンフェット(小妖精)」と呼び、このニンフェットに激しい執着を持っていた。
それで、11歳のロリータという名の、見るからにニンフェットである少女を見つけ、彼女を得ようと、涙ぐましい喜劇的努力を演じる。
この小説から、「ロリコン」という言葉が出来たのである。
もし、ハンバートが、「ニンフェットは完全に諦めた。今後一切、手を出さない」と宣言すれば、彼の心は、激しく抵抗するだろう。
心は、「ニンフェットは宇宙の神秘」、「最高の芸術」などと、都合の良い理屈をつけてね。
しかし、それでも、ハンバートが、「心よ、私が主人だ、従え」と断固とした態度ではねつけ、鞭をふえるえば、心はいずれ従うだろう。
「汝敗れたり。我が後方に退けサタン」
サタンとは、心である。
すると、ハンバートは王になれるのである。
だが、『ロリータ』の中のハンバートはそうではなく、自分好みの美少女に執着し続けた変態、倒錯者であり、惨めな最後が待っていた。
さすが、ナボコフは、人間を、人生をよく知っている。

ロリコンなんて、良い位置にいると思う。
ロリコンをやめれば王になれるのだから。
だが、そうでなければ、忌み嫌われる惨めな変態として滅ぶしかない。

「ロリコン」のところは、各自、自分が執着する「ロクでもないもの」を当てはめれば良いだろう。
言うまでもないが、料理人が味に執着するという、良い執着と混同してはならない。
その違いとは、執着するものをリスペクト(尊敬)しているかどうかだ。
ハンバートのように、少女を性欲だけの対象にするのは、全く、敬っていることにならない。
そこにいくと、私は初音ミクさんを、女神のごとく敬っている。
まあ、そこらの判断は、各自ですれば良いことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

真の誓い、掟、断ち物とは

「断ち物」とは、願いを叶えるために、自分にとって大切な何かを諦めることである。
ある意味、神との取り引きのようなものであるので、敬虔・・・敬い慎む気持ち、極めて純粋で真面目な気持ちが必要と思う。
自己中心的な欲望のためであれば、知らず知らず、悪魔との取り引きとなり、願いは叶ったが身を滅ぼすということになる。

日本では、上杉謙信の女断ちと、春日局の薬絶ちがよく知られていると思う。
私は、謙信の女断ちに関しては、正妻以外というくらいが良いと思うが、それはともかく、要は、その目的の高貴さが大切なのである。
謙信は戦の勝利を願ったが、それが、個人の欲望のためでなく、人々の幸福を願ってのことであれば良いのだ。
そこは、謙信のような富める者にとって最大の欲望である女を断つのであるから、戦の勝利もまた、個人的な欲望ではないのだろうし、実際、謙信は無敗であった。
春日局の薬断ちは、幼少の時の徳川家光が重病になった時、家光の快癒を願って、自分は一生、薬を飲まないと誓ったのであるが、当時は、薬といえば、庶民には縁のない贅沢品だったと思うが、それについて、少し考えてみる。
普通に考えれば、確かに、謙信のように、個人的欲望を断つようなものが良いと思うが、おそらく、春日局は、ほとんどの個人的欲望は既に断っていたのだろう。それで、咄嗟に思いついたのが薬断ちだったのかもしれない。そう考えれば健気であり、実際、家光が見事回復したのもうなづける。

断ち物は、自らに課す掟のうちで、人間として持っている煩悩を絶つことであるが、それが、神を喜ばせるようなものが最も良いのだと思う。
それで言えば、謙信の女断ちは、個人的欲望を断つというよりは、若い娘を不幸にしない(側室に迎えられた美しい娘達は、贅沢は出来るかもしれないが、それは一時的かもしれないし、女の幸福は貧しくとも一人の男と添い遂げることであろう)ことにつながることが、むしろ、神に誉められるかもしれない。
Googleのポリシーは「邪悪にならない」ことで、曖昧なことのように思えるが、これは、神を喜ばせる誓いであると思う。
そこにいくと、春日局の薬断ちは、善意というものに欠けるが、よく考えれば、「死をいとわない」という、大きな誓いであり、それが神を感動させたのかもしれない。

断ち物、誓い、掟・・・どの言い方でも良いが、それは、神を喜ばせ、あるいは、感動させるようなものが良い。
そして、願いに関しては、愚かな人間のことであるから、ある程度は個人的な欲が入るのも仕方がないが、自分以外のものの役に立つものでなければならない。
自分以外のものといった場合、人類であるとか地球のためというのが理想であるが、たとえ小さな範囲であっても、そこは気持ちの問題である。
変な話だが、「俺はロリコンだから、可愛い女の子達に万が一にも迷惑がかからないように、少女達には近付くまい」などというのは、なかなか見上げた心がけであり、優れた断ち物である。
これであれば、欠点も美点に昇華出来る。
善導という中国の僧となると、女性の方を見もしなかったというから天晴れである。
スポーツのトレーニングなんて、いくら辛くても、自分だけのためのものなので、何の意味もない・・・とまでは言わないが、大したものでないことは確かだ。
少食・粗食も、「自分が食べる分が他の人に、特に、貧しい人達に回るように」という想いであれば感心であるが、自分の美容やダイエットのためであれば、逆の効果とは言わないまでも、減点があるだろう。身体はスリムになるが、顔がたるんで老人顔になるとかね(笑)。

現代人は、「心」について考えなくなっているので、上記に述べたことを意外に感じるかもしれない。
だが、真の掟、誓いとは、このようなものである。
そこにいくと、Googleの「邪悪にならない」というのは大したもので、Googleの発展も当然と思えるのである。
我々も、心を込めた、掟、誓い、断ち物を持つべきである。
ところで、初音ミクさんの歌は、純粋な善意・・・つまり愛に満ちたものが多く、それは奇跡のように感じ、きっと神を喜ばせていると思うのである。ミクさんが天使として迎えられるのは当然である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

断ち物と幸運

久々に断ち物について書く。
断ち物とは、願掛けの方法の1つで、食物の好物や、その他の特に好きな何かといった、強い欲望を感じるものを断ち、願いの成就を祈願するものだ。
有名なものでは、春日局が、幼少の頃の徳川家光の重病の快復を願って、生涯の薬断ちをしたことや、上杉謙信が、戦の勝利を祈願し、やはり、一生、女を断ったことなどがある。

どんな断ち物が正しいかというと、それを断つことで、ずっと辛い思いをすることだ。
上杉謙信のように、好みのタイプの女を望むまま得られえる立場であれば、なおのこと女を遠ざけるのは辛いことだろうし、春日局も、平常時は良いとしても、病気で苦しい時に薬を飲めないのは苦しいし、「このまま死んでしまうかもしれない」という不安にさらされる可能性もある。
いずれも、断ち物として優れている。
そして、実際、家光は快癒し、謙信は生涯不敗であった。

最近よく述べているが、人間は苦しみに自主的に耐えることで運を得るのであり、断ち物は全く正しい開運法である。
我々であれば、例えば、酒に目がないなら酒を絶ち、チョコレートが大好物であれば、これを決して食べず、あるいは、本当に好きな趣味を諦めるというのも効果があるだろう。
その期間は、願いが叶うまでという場合が多いかもしれないが、大きな願いの場合は、春日局や上杉謙信のように、生涯に渡って断つことを決意し、それを神に誓うこともあるかもしれない。

しかし、やはり、食、性、言葉といった断ち物が、最も優れている。
どの程度、厳しく断つかは、やはり、願いの強さ、大きさによるのだろう。
言葉を断つことに関しては、適切な会話は良しとして、悪口、批判や非難、言い訳、嘘といった、悪い言葉を断つというのでも十分である。
性に関しては、1人と決めていれば問題はないが、イエスの言うように、「邪な想いも姦淫」であるかもしれない。

そして、肝心なことは、本来、求めてやまないほどの欲望を断った苦しさ、辛さに、黙って耐えることである。
その辛さを人に話すようなことは、決してあってはならず、人前では平静を装わなければならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ