ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

斎藤一人

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

力ある信念を持つ易しい方法

引き寄せは、信念の強さ・・・つまり、信じて疑わない心が起こす。
それを端的に表した言葉が、イエスが言った、
「山に向かって、海に入れと言い、そうなると信じて疑わないならそうなる」
であろう。
また、イエスは、
「出来れば…と言うのか?信じる者には何でも出来る」
と言い、人間の内なる万能の力は、信じることで発動するのだと示した。
さらに、引き寄せの具体的な方法は、
「願いはすでに叶ったと思え。そうすれば叶う」
であると教えている。

ところが、人間にとって、信じることは大変に難しい。
だから、信念の強い者は称賛されるのである。
これについて、私は、あるセミナーで、こんな話を聞いた。
「大概の子供は親の言うことを信じる。だから、子供にスプーンを持たせ、親が『曲がるよ』と言えば、子供はスプーンを曲げることが出来る」
ただし、それは、親の言葉にブレがない場合で、親の言葉にゆらぎがあると、子供はそれを敏感に察する。
そして、大抵の親の言葉は、レーザーのように真っすぐではなく、乱れがある。

力を求める者、志ある者は、信念を求めてさ迷い、そして、残念ながら多くは挫折する。
わずかの、幸運に恵まれた者だけが、純度の高い信念を得る。
ところで、何度も書いたが、私は、子供の時から、あり得ない奇跡を何度も起こしている。それは、限定的にだが、強い信念を持つことが出来たからである。
その限定的な信念を持つ方法を普遍化すれば良い。
それで、奇跡を自在にコントロール出来る。
そして、そのやり方は2つあることが分かった。
1つは、純粋に私が子供の時にやっていたもので、ヒトラーやナポレオンが使っていたものだが、彼らは最後は破滅している。
私は、偶然、それを思い出したが、これは、今のところ、公開しない方が良いと思っている。
もう1つは、斎藤一人さんが教えているものの強化版だ。
たとえば、斎藤さんで言えば、「俺は16の時から商売をしているのだから、金がないとおかしい」と思い、心を「俺は金がある」という一方向に向けるのである。
この「Xだから、Yでないとおかしい」というパターンで、人は、引き寄せに必要なだけの信念を持てる。
Xは、何でも良い。
「俺はいい男だから、可愛い彼女がいないとおかしい」
で良いが、「俺はいい男」の客観的真偽はどうでも良い。人間は己惚れ屋だから、自分を、いい男、いい女と肯定的に言うのは易しい。
Xは、肯定的であり、それほど抵抗がないことであれば何でも良いが、当然のこと、あるいは、事実であれば、さらに完璧だ。
たとえば、斎藤さんが16歳から商売をやっているというのは、事実であるから、疑いようがない。
家柄が良い者、親が偉大な者であれば、「私は〇〇家の者であるから」とか「私は〇〇の息子(娘)であるから」と言うのが、極めて良いXになる場合がある。

だが、人間の性質上、もっと良いXを設定する方法がある。
それは、何かを、毎日続け、それをXとすることだ。
私の場合は、こんなことがあった。
昔、私はTM(超越瞑想)を毎日、数か月やっていた。ほぼ1日も欠かさず、毎日2回、20分ずつやっていた。
つまり、その時の私にとってのXは「TMをやっている」である。
そんな中、私は、交通違反(運転中の信号無視)で警官に捕まった。
一瞬、動揺したが、私は「私はTMをやっているのだから大丈夫だ」と思った。
すると、あり得ないことだが、警官は何もせずに去った。
このように、毎日、欠かさず、何かを行い、「だから、こうでないとおかしい」と思えば、容易くそうなる。
毎日行うことは、肯定的で、良いと思えることであれば、何でも良い。
ただ、しんどいと思いながら、嫌々やっていることでは、あまりうまくいかないだろう。

江戸時代、ある修行を積んだ武士が、一人の町人に目を留めた。
ただ者とは思えない。
そこで、武士は、その町人に言った。
「お前は何者だ。その立ち居振る舞い、お前がただ者でないことは分かっている」
だが、その町人は、自分はただの商人だと言う。
ただ、その町人は、幼い時からの臆病を治そうと、毎日、夕刻に墓場に行くことを長年、日課にしていると言う。
それで、意識はしていないかもしれないが、「私は毎夕、墓場に行っているので、心が落ち着いていないとおかしい」という信念が出来ていたのかもしれない。
透明な信念を持つ人間はただ者ではなく、彼は意図せずとも、世界を支配しているのである。








もはや、ごく明瞭な引き寄せの方法

斎藤一人さんの講演動画を見たことがきっかけで、引き寄せのやり方が完全に分かった。
私の場合、特に子供の時に、あり得ない奇跡を、ほとんど気紛れに起こした記憶がはっきりしているので、それと照らし合わせると、ほぼ間違いないことが分かる。
斎藤さんの場合は、意図的にやっているのではなく、人々を混乱させる役割もあるのではないかと思う。その役割が宿命なのかもしれない。
だから、お互いが矛盾するような本を際限なく出しているのではないかと私は思う。まあ、私がそう思うだけかもしれないが。

「北風と太陽」のお話は、引き寄せのヒントでもあった。
北風が無理矢理、旅人のコートを脱がせようとしても、旅人はしっかりコートを押さえてしまい、逆効果だ。
しかし、太陽が温めれば、旅人は自然にコートを脱ぐ。
なにごとも、無理矢理、力づくで、直接的にやるのではなく、間接的に、ワン・クッション置いてやった方が良いという教えだ。
これは引き寄せも同じである。
たとえば、金持ちになりたい場合、「俺は金持ちだ」と念じても、「俺は金持ちになった」と過去完了形で祈っても、「俺は金持ちになりつつある」と現在進行形で自己暗示を行っても、ほぼ、うまくいかない。
しかし、「俺はトイレ掃除を毎日やっているので、金持ちにならないとおかしい」と間接的に唱えれば、金持ちになれることへの信念が高まる。
また、「金持ちにならないとおかしい」のような言い方は、「トイレ掃除をしているから」という前提条件があれば、強く唱えても抵抗がない。

これは、昔から、多くの国で、生贄の儀式が流行った理由でもある。
生贄の儀式は、実際、高い確率で効果があったのである。
ただし、今日の科学時代においては、生贄が残酷であるという理由ではなく、生贄の儀式を行う必要は全くないという理解により、生贄の儀式は愚か者のやることであることがはっきりしている。
だが、迷信深い時代では、「生贄を捧げたのだから、雨が降らないとおかしい」と思うことに、強い道理を感じたのだ。
『虚構推理』というアニメ(原作は小説)で、かつては水神(すいじん)と崇められた大蛇が、
「生贄というなら、見目好い生娘と相場が決まっているではないか?娘をよこせ!」
と、半分ギャグで言うが、いかなる国でも、人々は、最も良い生贄は、美しい生娘だと当然のように考えた。それで、世界各地で、村の中で一番の若く清純な美少女を生贄にし、
「かくも美しい若い生娘を捧げたのだ。神は雨を降らせてくれるはず。いや、降らせてくれないとおかしい」
と思い、人々の集合無意識は雨を降らせたのである。
実際は、個人でだって、潜在意識をクリアにすれば集合無意識に働きかけ、天気を変えることも不可能ではない。
それが、ユングの有名なレインメーカー(雨乞師)の話だ。

私が最近、ずっと教えている方法で、確実に引き寄せが出来る。
ところで・・・
以下で示唆することは、言わない方が良いことだ。
おそらく、斎藤さんも言うまい。
ヒトラーが使った手だと言えば、何か感じるかもしれない。
ビル・ゲイツやイーロン・マスクも、知らないことはないと思う。特にマスクは。
私も、子供の時は使ったが、良い意味で、子供だから無事だったのである。
また、子供の時に知ったおかげで、おかしな野望を持たずに済んだ。
マスクも子供の時に知ったが、彼は、私と違い、野望を持つ宿命にあったのだ。
しかし、気付く人もいるのではと思う。
そんなこともあることを、大サービスで言っておく。
だが、上に述べた普通の方法(いや、十分特別だが)があれば十分である。
とはいえ、宇宙の力の強大さを感じる上で、そんなヒントを持っていても良いかもしれないと思う。
特に、今の時代は。








思い込みの魔力

1959年頃のアメリカの話だが、ある37歳の男が癌になり、医者は数か月で死ぬと確信したが、5か月後、男は完全に回復し、退院した。
医者には、彼が治った理由が分からなかった。
だが、男には、こんなことがあったのだ。
男は、癌が進行する中、国務長官ジョン・フォスター・ダレスが癌で死亡したという新聞記事を読んだ。
記事には、
「ダレスは、食事が進まず体重が減り、そのためついに癌で死亡した」
と書かれていた。
それを見た男は、
「熱心に食べることが、癌を悪化させず、回復を早める方法だ」
と勘違いして、猛然と食べ、そして、見事、癌を克服したのである。
(『トーチェ氏の心の法則』より)

癌が治ると信じて、その信念を潜在意識に刻み込むと、癌は治るかもしれない。
しかし、それは非常に難しい。
アファーメーションや祈りで、癌が治ると信じようとしても、なかなかうまくいかないと思う。
しかし、人間は、変なことを、コロっと信じてしまうものなのだ。
たとえば、斎藤一人さんが「光り物を身に付けると運が良くなる」と言うのを聞いて、それが本当だと思い込み、その気になって光るネックレスか何かを付けて、幸運が舞い込むことがある。
だが、それではまだ足りない。
光るネックレスやブレスや指輪を付けたなら、
「光り物を付けているのだから、幸運がこないとおかしい」
と積極的に思うのだ。
その方が、思い込み易いと思える。
ついでに言うと、「幸運になる」でも別に良いが、具体的な願いを決めても良い。
例えば、その願いが彼氏が出来ることなら、
「これで彼氏が出来ないのはおかしい」
と言っても良い。こっちの方が、集中力が高まるのではないかと思う。
そして、願いを叶えるキーとすることは、別に、光り物を付けることでなくても、自分が思いこみ易ければ何でも良い。
たとえば、さっき述べた癌になった男のように、「沢山食べているのだから、病気が治らないとおかしい」と言っても良い。

私は昔、『灼眼のシャナ』というアニメで、 近衛史菜(このえふみな)という名の美少女が、細い銀のチェーンブレスを付けているのを見て、さっそく真似し(笑)、「これで良いことがあるぞ」と思ったら、全くその通りだった。今なら、「史菜さんと同じものを付けて、良いことがないとおかしい」と思うことだろう。頭の単純さは美徳である(笑)。








なぜ腰回しダイエットは効果があるのか

引き寄せの究極の公式は、
「XだからYである」
だ。
例文として、
「俺はいい男だからモテる」
としよう。
X:俺はいい男
Y:モテる
Xは何でも良いし、客観的真偽もどうでも良い。ただ抵抗がなければ良いのである。
たとえば、この場合なら、Xは、「秋田県出身だから」「身長160cmだから」「青山学院大卒だから」「唇が格好良いから」、その他無限に考えられる。

普通の引き寄せがうまくいかないのは、Yを信じる必要があるからだ。
この場合であれば「俺はモテる」を信じる必要がある。
そこで、「俺はモテる」と繰り返し唱えたり、自分がモテている場面をイメージする。
しかし、そんなこと、信じられるはずがない。
なぜなら、モテないからこそ「モテる」を引き寄せたい、実現したいのだから、現時点で「モテる」は嘘だと知っているからだ。
だが、Xを信じるのは容易い。
「俺はいい男だから」「私はいい女だから」と言うのは、別に抵抗ない。簡単に思い込める。
もし抵抗があったら、純然たる事実「俺は月給20万円だから」「俺はナイキのスニーカーを履いてるから」等にすれば良い。
ただし、Xは肯定的であることが必要だ。実際は、肯定的であることが「必要」と言うよりは「望ましい」程度だが、あえてマイナスなことを設定する必要はない。
「XだからY」という形にすれば、無理にYを信じようとしなくても、Yを受け入れることが出来る。
ここで、斎藤一人さんが講演で言われていたように、
「こんなにいい女なんだから彼氏がいないのはおかしい」
という言い方にすれば、さらに良いだろう。
これを、脳、あるいは、潜在意識に向かって言うのである。
脳、あるいは、潜在意識は無限の力を持っているので、受け入れたYは自動的に現実になる。

世の中に「腰回しダイエット」というものがあることをご存じだろうか?
まあ、立って、フラフープでもやるように腰を回すのである。ただし、実際にフラフープをやるよりはゆっくり回す場合が多い。
YouTube動画などで「1日3分で腰がくびれます」なんてことを言っているが、それは科学的に言って難しいし、実際、うまくいった人はほぼ皆無だ。
ただし、極めて弱い効果ならある。つまり、全くの嘘ではない。1日3分で、ちょっとはくびれる。0.01mmくらいは(笑)。
だが、
「私は毎日腰回し運動をやっているのだから、ウエストがぎゅっと細くならないとおかしい」
と脳(あるいは潜在意識)に言えば、脳(あるいは潜在意識)は、嫌でも、あなたの理想通りの腰にしてくれる。
この原理があるから、腰回しダイエットで大儲けした人もいるのである。








願いを叶える言葉の公式

斎藤一人さんのシンプルな脳理論を、不思議だが極めて有意義な現象に当てはめてみると、これまでと違った解釈が出来、それを応用すれば、自分でも、不思議なことが簡単に出来ると思う。
あるいは、私は、元々が不思議な現象を数多く起こしたが、そのやり方をパターン化し、もっと簡単に、もっと高度な引き寄せや現実創造を、自分で行ったり、また、他の人にも出来るようにすることが可能と思う。

まず1つ目の面白い現象だ。
魔法使いとまで言われた精神科医ミルトン・エリクソンのところに、手が付けられない不良男子高校生が連れて来られた。
エリクソンはその男子高校生に、
「君が礼儀正しくなったら、皆、驚くだろうね?」
と言うと、男子高校生は、
「そりゃ、驚くさ」
と応えた。
エリクソンは、それ以外何も言わず、男子高校生を連れて来た教員は、エリクソンが彼を見捨てたと思った。
しかし、その男子高校生はすぐに礼儀正しい生徒になった。
さて、何が起こったのか?
若者の問題の多くは、注目を集めることが出来ないことだ。
注目を集めるには、皆を驚かせれば良い。
それで、この不良男子高校生は、これまでは、悪いことをすることで、それ(皆を驚かせること)を実現しようとしたが、そのやり方ではむしろ、誰にも目を背けられることになり、それで彼は苦しんでいた。
ところが、エリクソンは、「君が礼儀正しくなれば、皆を驚かせる」という案を提示し、自分もそれを肯定的に感じた。
そして、この男子高校生は、普通の若者と同様、自分は注目を集めるべき存在であるとは思っていたのだ。
それなら、礼儀正しくなれば良い。
つまり、「俺が礼儀正しくしたら、注目されないのはおかしい」と脳にインプットしたのである。
実は、「礼儀正しくすれば」の部分は、何でも良いのである。
ただし、肯定的なことである必要はある。例えば「親切になれば」「髪型を清潔にすれば」などである。
脳は、「Xなら、Yでないとおかしい」という誘導に従う傾向がある。
たとえば、「5kg痩せたら、素敵な彼が出来ないとおかしい」と脳に言えば、万能の脳は、望み通りの彼氏を連れて来る。
まあ、「5kg痩せたら」のところは、「私は可愛いから」でも何でも良いし、本当に可愛いかどうかは、まあ、どうでも良い(笑)。
ただ、最初のうちは、自分で納得し易い条件を設定した方が良い。
だから、「私は可愛い」と厚顔無恥に言えることは実は良いことで、昔から、「自信は美徳」と言うのである。

もう一例は、エリクソンの娘の話で、彼女は高校教師だった。
エリクソンの娘は、勤務している高校の最悪の不良に、町のスーパーの駐車場で会ってしまう。
プロレスラーのような巨漢の不良が、近付いてきて、ニヤニヤ笑いながら言う。
「俺がアンタを殴ったらどうなると思う?」
少し前に、この不良にこう言われた男性教師は、
「君は停学になるぞ」
と答え、その直後、この不良に殴られたその教師は病院送りとなり、本当に、この不良は停学になった。
ところが、彼女は、不良の目を睨みながら、
「お前を絶対に殺してやる」
と叫んだ。
それ以降、この不良は、卒業するまで、彼女の忠実な僕となり、他の不良からも彼女を守った。
まず、彼女が、不良にとって予想外の反応をしたことが重要だ。
それで、一瞬、不良の意識が吹っ飛び、無意識状態になった。
無意識は言葉に逆らわない。
それで、「彼女を殴れば殺される」が成立する。
そして、彼女は、この不良に何か言ったのだろう。
「自分を守れば、お前は学校の中で生き残れる」
彼は、退学になりたくはない。本当は卒業したいのだ。
それで、彼の脳には、「この先生を守れば、俺は卒業出来ないとおかしい」とインプットされたのである。
これも、本来は、「この先生を守れば」という条件は何でも良く、単に、上で述べた「Xであるから、Yでないとおかしい」と脳に言えば良いだけである。
たとえば、「毎日1時間勉強したら、卒業出来ないとおかしい」で十分である。
これもやはり、このように、肯定的な条件である必要があるが、もっと簡単なものでも良い。例えば、胸ポケットにハンカチを入れれば・・・などである。

あなたも、脳に対し、「Xだから、Yでないとおかしい」と言うのだ。
「俺はいい男だから、可愛い彼女が出来ないとおかしい」といったようにだ。
客観的にいい男かどうかは、どうでも良い。言った者勝ちである。
とはいえ、可愛い彼女が出来るのは、いい男に決まっているので、彼女が出来ると同時に、いい男にもなるだろう。
大切なことは「でないとおかしい」と言うことで、誰もそう言わないから、思うようにならないのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード