ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

数息観

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本物の修行はどれも、ただ1つのことをしている

太古から伝えられてきた、悟りを得たり、潜在能力を引き出したり、超人に近付くための修行や訓練は全て、「繰り返し注意を引き戻す」の一言で言い表せる。
得られる成果は神秘であっても、修行や訓練には、何ら謎や秘密はない。
呼吸に繰り返し注意を引き戻したり、不断に呪文や念仏を称えようとしたり、常に肛門を引き締めるよう努力したりは、ただ、「繰り返し注意を引き戻す」ことをしているだけなのである。
だから、やり方は無限にあり、大事なことは、ただ純粋に、「自分がやり易いかどうか」だけだ。
全く、気が抜けてしまうような事実だが、もはや、「3000年の歴史」だの「権威ある伝統の技法」、あるいは、「特別な人間のみに伝えられた門外不出の秘法」なんて馬鹿なことを、真に受ける必要はない。
それに、せっかく修行しても、教団のやり方では熱意がもてないために成果を得られない・・・なんて者は多いはずなのだ。
その場合は、熱意が持てる別のやり方を採用すれば良いのである。

何でも良い。
「オーム(アウム)」を称えながら、額に意識を集中する訓練はとても良い。
しかし、称えるのは「オーム」でも「アウム」でも良いし、声に出して称えても、心で称えても構わない。
ただ、確かに、「オーム」「アウム」は称え易い。人間が称え易い言葉を選んだからだ。その称え易さの中には、何らかの意味はあるかもしれないが、いずれにせよ、大切なことは、称え易いということである。

念仏には欠点があるかもしれない。
「南無阿弥陀仏」と称える時、西方極楽浄土が遠いどこかにあり、阿弥陀如来はそんな遠いところにいると思えば、心が外に向き、注意が飛んで行ってしまうからだ。
それで、一休は、「極楽浄土は西にあるのではない南にある」と言ったが、この「南」とは、「皆身」であり、全ての人の内にあるのだという意味だ。
極楽浄土は自分の中にあり、純粋な心が仏であることは、経典(無量寿経)に、はっきり書かれているのである。

「しかし、注意を引き戻す訓練をしたって、実際に戦わなければ強くなれないし、仙人にもなれない」
と言うならその通りだが、注意を引き戻す訓練を続ければ、冒険のためのエネルギーを得られるし、それがなければ、戦う気にもなれないだろう。

腕振り運動は身体の機能を整える優れた効果があると共に、数を数えることが大切だ。
腕を振りながら数を数えることで、注意は効果的に引き戻される。
「あれ、今260だっけ?いや、まだ160かな」なんて言っているようではだめだ。
意識を持ってやらなければならない。
それを、自分で数を数えず、音楽をかけて、それが終わるまでやるという者もいるが、その場合は、腕を振る動作をよく意識してやらないと、心がさ迷ってしまうことになる。
自分の呼吸を意識する訓練だって、禅では、数息観と言って、呼吸を1から10まで数えることを繰り返すものがあるが、それでも、うっかり50や100まで数えてしまうことがある。
まして、数を数えないと、止め処ない想いや妄想が広がってしまうことになる。
数息観だけでも、しっかりやれば、解脱に近付いたり、超能力が身に付いたりするのである。

後は、やるかやらないかだけである。
現代的で科学的な方法を望むなら、元Googleの技術者のチャディー・メン・タンが研究開発したSIY(サーチ・インサイド・ユアセルフ)のやり方を取り入れると良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

腕振り運動が最後の希望

世の中には、本当に駄目な、どうしようもない人が確かにいる。
そうは言っても、自分がそう思われていないということではないだろう。
誰もが知っているような偉い人は、自分が経営する会社では、「人生とは」「教育とは」と立派なことを言っているが、自分の息子はニートだなんてことはよくある。それって、父親が「本当に駄目で、どうしようもない」ってことなんだろう。
しかし、話をややこしくしないために、自分のことは棚に上げて、とにかく、駄目でどうしようもない人ってのは確かにいるって事実を、まず述べたのだ。
ビートルズの『ひとりぼっちのあいつ(Nowhere Man)』で歌われている、そのNowhere Manのような人だ。
「自分の主張を持たず」「目標もない」「妄想の世界に住んでいる」ようなやつだ。
だが、ジョンやポールだって、「君や僕のようなやつさ」と言うのだから、よく分かっているんだが、偉大な彼らのことは知ったことじゃない。

どんな駄目なやつでも、早寝早起きして、少食・粗食をすれば駄目でなくなるのだが、彼らは絶対にそれはしないのだろう。
それなら、せめて、腕振り運動をしてくれれば良いのだが、多分、それもしてくれないのだ。
朝晩、せめて300回ずつ、できれば、500回ずつやってくれたら、なんとかなるのだが、やってくれる希望はないに違いない。
強制する訳にはいかないし、そもそも、強制してやらせても意味はない。
どうしてもやらないなら、それが運命と諦めるしかない。悲しいものである。

だが、君や僕はそうではない。そこで、腕振り運動について、もう少し書いてみる。

有体に言えば、向上したり、恵みを得るためには、腕振り運動でも何でも良い。
例えば、瞑想、筋トレ、読書、お祈り、聖歌を歌う・・・本当に何でも良く、何でも同じなのだ。
毎日、同じ時刻に、決めただけ実行すれば、必ずや良くなる。
問題は、毎日、決めた時刻に決めただけを、1年365日、1日も欠かさずにやることだ。それを一生続けるつもりでやらなければならない。
それには、根気も必要だが、現実的には、ある程度の楽しさも必要だ。
苦痛に思うこと、全然面白くないことを長く続けることはできない。
また、面白過ぎることというのは、物質面・肉体面に依存するので、肝心な内面、精神、霊的なものが磨かれ向上することはない。
そもそも、楽し過ぎることは、飽きるのも早いものだ。

続け易いものとは、一定のリズムで繰り返すものだ。
その意味では、禅の数息観という、座禅をして吐く息の数を数えるというのは良い方法だ。
しかし、やってみると分かるが、すぐに数が分からなくなる。
10まで数えたら1に戻るはずが、気がついたら100まで数えていたりする。
それは雑念のせいであるが、雑念とはどうしても起こるものである。
数息観は、よほどムードのある場所(お寺等)で、複数でやらないと、雑念のせいで続かないと思う。

TM(超越瞑想)では、雑念を問題としない。TMとは、心の中でマントラを繰り返すものであるが、雑念が起こってマントラが止まっても、気がついたらマントラを再開すれば良いだけである。
しかし、マントラが心を静め、深い意識に導く効果が低いと、やっぱり続けられない。そして、ほとんどの人が、やはり、それほど長い期間、継続できないのである。
心だけで行う行為は、どうしても雑念の影響が大きく、継続が難しいのだろう。

やはり、運動という要素が入らないと、継続は難しい。
しかし、負荷の大きな運動は、試合に勝って賞賛とか賞金を得るといった実利的な目的がなければ続けられないし、それも、いつまでもやれるものではない。
ところが、腕振り運動は、負荷が少なく、また、軽いとはいえ、それなりの運動であるので、血液の循環量も適度に上がり気持ちが良い。
そして、数を数えることで、適度な集中が起こる。
数息観のように呼吸の数を数えることと比べ、運動の数を数えるというのは、かなり容易いのである。
あらゆる点から考え、腕振り運動は、最も継続しやすいものである。
腕振り運動は、動禅と言われることもあるが、座禅に動きのメリットをうまく加えているという意味で、適切な言い方と思う。
しかも、腕振り運動は、仙骨や背骨を調整し、さらには、両手の平から特殊な気を発して、それが体内に蓄積されて、神経や細胞を活性化し、若返らせてくれるのである。
毎日、必ずやる何かを1つとなると、これ以上はないと思う。

たまたま腕振り運動に巡り合い、それを継続できるというだけで、稀に見る幸運なのである。
人間は、自由になると、放埓(勝手きまま)に生き、結果、年と共に衰えるだけで、全てにおいて堕落する一方だ。だから、何か自分を引き上げる方法が必要で、いくらかの人々はそれを真剣に探しているに関わらず、それが見つからず、挙句、デタラメなものを掴んでしまうのだ。
腕振り運動に巡り合ったからには、根気強くやり抜いていただきたいと思うのである。
しかも、これは熟練すればするほど、効果が高く、さらに、楽しくもなるのである。

1日の腕を振る回数万円が年収になると思ってやっていただきたい。
「アホらしい」と思うか、大真面目にやるかで運命は変わる。
こんな馬鹿げたことに、真剣になれるのも、腕振り運動の良いところである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

腕振り運動と並ぶ秘法「数息観」

私がよくこのブログでご紹介し、お奨めもしているスワイソウ(腕振り運動)は、単なる健康法でもなければ、ましてや、筋力トレーニングでもない。
内なる神と和し(親しみ)、一致するための、最も簡単な秘法である。
神と一体化するのであるから(と言っても、実際は最初から一体化しており、離れたことはないのであるが)、結果として、自ずから不可能はなくなる。
だから、これだけに熱心に取り組めば良いのであるが、相乗効果と言うこともあるので、他の優れた行法である「数息観」というものをご紹介しよう。
「数息観なら知ってる」と言う方も多いと思うが、正しいやり方を知っている人は少ない(ほとんどいないと私は思う)。
私もかつて、間違ったやり方を長くやり、効果がないばかりか、もしかしたら、マイナスの影響があったのではないかと思う。
そこで、数息観の正しいやり方をご説明したい。

数息観とは、座って、ただ、自分の呼吸を数えるだけの行である。
座り方は、ちゃんとしてさえいれば、好きな座り方をして良い。
ただ、「我ここにあり」といった感じで胸を張る、高慢な姿は良くない。
呼吸は、吐く時に数えるのが良いと思う。
「ひとーつ」「ふたーつ」と数え、「とお(十)」まで行ったら、また「ひとーつ」に戻る。
言うまでもなく、数は心の中で数える。
そして、大切なことは、「呼吸は自然に行い、意図的に長く伸ばすようなことをしてはいけない」ということだ。
だが、呼吸を数えていると、どうしても呼吸を支配してしまう。
そこを、呼吸が自然なまま、ただ数を数えるように工夫するのだ。
呼吸は、自然な状態では、自我意識で行っているのではなく、内なる神が支配している。
心臓の鼓動や胃の消化など、他の生命活動もそうなのであるが、呼吸だけは自我が支配できてしまう。
しかし、その呼吸を意識しながらも、神に任せ切り、一切手出ししないことで、自我が神に対して遜(へりくだ)る訓練をするのが数息観なのだ。
行の趣旨は、腕振り運動と全く同じなのである。

呼吸を「数えさせていただいている」と思うことで、「息をさせていただいている」ことを感じていけば、やがて、ただ、神の行為である呼吸を静かに観照できるようになるだろう。
観照とは、「主観をまじえないで物事を冷静に観察して、意味を明らかに知ること」、つまり、「あるがままにまかせる」ということだ。
呼吸を観照できれば、全てを観照することができるようになり、そうなれば、人間として最も好ましい特質である受容性を持てるようになるのだ。
人間の偉大さ、力とは、受容性の大きさなのである。
そして、受容性が大きければ、決して傷付くことは無いし、鬼神もひれ伏して従うのである。

身体を動かす腕振り運動の方がやりやすいとは思うが、数息観が向いている人もいるかもしれないし、立てない状況であれば、腕振り運動はやりにくいかもしれない(実際は、脚が悪いなら、椅子に座ってやっても良い)。
だが、数息観なら、思考活動をしていなければ、本当にいつでも、どこでもできるというメリットもある。
よろしければ、励行をお奨めする。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ