ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

政木和三

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

絶望的状況を引き寄せないために

インドの聖者ラマナ・マハルシは、聖典というものについて、
「いかなる聖典も、つまるところは、心を静かにしろと書かれている。よって、それが解れば、もう聖典を読む必要はない」
と述べている。
ラマナ・マハルシの教えの全ても、ただ、「心を静かにする」ことだけである。
また、彼と同時代の聖者、ニサルガダッタ・マハラジも、
「苦しむ人間の心とは、コップの中の水のように、かき混ぜると、いつまでも動き続ける。対して、ハチミツのような、かき混ぜても動かない心を持てば平和である」
と述べる。

これらは全く正しく、心理学者の岸田秀氏は沢山の著書で、結局のところ、揺らぐ自我・・・つまり、荒れ狂う心が苦しみの原因であると述べているのだと思うが、岸田氏は、それを克服することなど不可能であると断言しているのだと思う。
自我が安定した人間など、この世におらず、どれほど不動心に見える、立派な、修練を積んだと思われる人間も、所詮、自我は不安定で、すぐに揺らぐものである・・・ということと思う。
まあ、敢えて例外を挙げるなら、最初に述べたラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジが、安定した自我の持ち主・・・というより、マハルシの言うことから考えると、揺らぐべき自我が消失した人間ということになる。
マハラジも、「世間的に言うなら、私は既に死んでいる」と述べたようだが、それはやはり、「私には自我がない」ということと思う。
しかし、マハラジの弟子のラメッシ・バルセカールによれば、マハラジだって怒りっぽかったし、マハルシも自我は持っていたと言う。
だが、怒った直後にマハラジは機嫌が良くなったことを指摘している。
つまり、聖者だって自我が揺れることもあるが、すぐに、静かな状態に戻るから聖者なのである。

だが、悲しいかな、凡人は、岸田氏が言うように、決して、自我が安定することはなく、生涯、心の苦しみから逃れられない。
・・・と私は思っていたが、案外に簡単に、苦しみを克服出来るかもしれない。
それには、次の、宇宙の絶対的真理を受け入れると良い。
それは、気分が良ければ、さらに気分が良くなることが起こり、気分が悪ければ、さらに気分が悪くなることが起こるということだ。
気分が良いとは、心が静かな状態だ。
決して、気分が良いとは、「イエイ!イエイ!」と狂乱している状態でもなければ、復讐を成し遂げて狂喜する状態でもない。
そのような快楽は、必ず苦しみと共にあり、しかも、快楽はすぐに消えるが苦しみは残る。そして、快楽が過ぎた後の不安や恐怖は半端ない。
一方、気分が悪いというのは、まさしく、自我が揺れている状態、心が荒れ狂った状態だ。
気分が良ければ・・・心が静かでやすらかであれば、良いことが起こる。
気分が悪ければ・・・心が騒いで乱れているなら、悪いことが起こる。
そうであれば、常に心を監視し、心が荒れることを許さないようになる。
なぜ、好き好んで、悪い出来事を起こす必要があるのか?
今、気分が悪いなと気付いたら、簡単にはガッツポーズを連発すれば良いのである。

要は、人間として立派か立派でないかの問題ではなく、損得の問題であり、楽で幸福でいたいなら、なんとしても、気分が良くなければならない。
そうではなく、心を荒れさせたままで、悪い出来事を次々引き寄せて、さらに悪い気分になるのは馬鹿である。
それどころか、凡人は、心が揺らぎ乱れると、わざわざ、さらに心を荒れさせるのである。
だが、宇宙の法則を知ったからには、他のことは一切しなくていいから、自分の気分を良くすることだけは責任を持たないといけない。

けれども、人間には、どうしても、心が騒いでしまうことがあるだろう。
極端な話で言えば、自分の子供が誘拐された時や、強盗にナイフを突きつけられた時などである。
昔のアメリカで、懲らしめのために、縛り上げた父親の前で、娘を集団レイプするようなことが行われたらしいが、それで平然としていられる父親はいない。
もっとありふれたことで言えば、好きな女の子が別の男とデートしているのを見た時である。
だが、それらの出来事が起こったのも、敢えて言えば、悪い気分で過ごしてきたことが原因なのである。
悪いことをしたのではなく、たとえ善良なことだけしていても、気分が悪ければ、悪い出来事を引き寄せてしまう。
だから、悲惨な状況を引き寄せないためにも、気分を良くすることは極めて大事なのである。
では、不幸にも、どうにもならないような悪い状況になった時、どうすれば良いだろう。
もちろん、答は良い気分になることだが、上に挙げたような状況では、それこそ、聖者でもない限り、気持ちを切り替えるのは難しい。
こんな話がある。
ある人の赤ん坊が大怪我をして瀕死の状態になり、医師にも見捨てられてしまった。
相談された政木和三氏は、こう答えた。
「赤ん坊は助からない。諦めなさい。その上で、『赤ん坊が元気になりました。ありがとうございます』と祈りなさい」
赤ん坊の両親が、その通りにした結果、赤ん坊は奇跡の回復を見せた。
いざとなれば、私にも同じことが出来るかは分からないが、そんな状況を作らないよう、良い気分になることに全力を尽くすべきだろう。
他のことはしなくて良い。
心を荒れさせている暇などないのである。








医療は信用しないが全く健康不安はない

「なぜそう思いますか?」
と尋ねられた時、
「私の勘(直観)です」
と答えるのは、良くない。
それで通用するほど信用のある人間はいない。
そもそも、「私の勘です」で答になると思うような傲慢な人間を信用出来るはずがない。
だが、内心で自分の直観を信じるのは良いことだ。

新型コロナウイルスも、癌も、大抵の疾患(病気)は、ビタミンCを多量に摂っておけば大丈夫だということに関してはどうだろう?
むろん、ある程度の情報を集め、それを分析・吟味することは必要である。
しかし、あるところまで来たら、直観に頼るしかなくなるかもしれない。
これに関し、私は、大抵の医者が、そうとは(ビタミンCが大抵の疾患に有効)認めないことで、却って、ビタミンCの有効性が信じられるのである。
なぜなら、医者と話したら、ほとんどの場合、直観的に、その医者を信用出来ないと感じたし、その直観の正しさは常に証明されたと思えるからだ。
加えて、私は、医者に治療出来なかった私の疾患を、ビタミンCの大量摂取で治したからである。
ビタミンCの効用について、多少の理論も調べたが、これに関する、医学的、分子生物学的な説明はかなり曖昧と思われ、また、学者ごとの意見が全く違う場合もあったので、あくまで参考程度にした。
ちなみに、ビタミンCは、超安価である。

私が治した私の病気の代表的なものは、メニエール病と乾癬だ。
尚、感染に関しては、7割程度の治癒で完全ではないが、時と共にますます良くなっている。
私は現在、完全な健康体であるが、10年以上、医者にかかったことはないし、医療のアドバイスに従ったこともない。
また、風邪薬を除き、薬品を摂取したことはない。
風邪薬を、稀にだが飲むのは、単に楽だからだが、本当は良くない。

新型コロナウイルスの害は、ほとんどの場合、血管中に血栓(血液が凝固したもの)が出来て血流が阻害されることだけだ。
私は、脳血栓の予防として、毎日、納豆を食べている(納豆菌が出すナットウキナーゼ酵素が血栓を溶かす)ので、血栓に関しては心配はないし、その上、ビタミンCで免疫力を上げると共に、血管を丈夫にしているので、対策は万全である(ビタミンCが、血管を修復するコラーゲンの合成を促進する)。
ではなぜ、こんな良いことを、医療や政府が言わないのかというと、それはもう、どうでも良い。
端から信用してないので。
当然、ワクチンも決して体内に入れない。
ところで、真偽の証明はしないので、そのつもりで聞いていただきたいが、私は、政木和三氏が発明した、神経派磁力線発生器を、医者がお手上げの末期癌や、その他の重度の疾患に対し使用したところ、直接には確認していないものも含め、完全に回復したと思われることが何度かあった。
少しも良くならなかったことは、一度もなかったと思う。
だが、この神経派磁力線発生器は、販売業者が薬事法に触れるような販売をしたために、販売禁止になり(これに関しては販売業者のミスであった)、その後、政木氏が亡くなったことで、製造・販売はされなくなった。
しかし、株式会社セルパワーが、神経派磁力線発生器を完全に復元したと思える製品を、製造・販売しているようだ。
★株式会社セルパワー 公式サイト
尚、この装置は、健康機器であり、医療機器ではない。

以上は、あくまで個人的見解であり、正しいと主張する気はない。
しかし、個人的には十分に確信している。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、難しいAI理論は解らないが、Excelくらいは使え、自分で実用AIを作れるようになりたい。
この本は、そんなニーズにも応えるように書かれています。
数学、プログラミング、AI理論についても、最低限の解説はしてありますが、そこはスルーしていただいても問題はありません。
本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

引き寄せの目標額の決め方

引き寄せで得る目標額の設定をどうするかお話しよう。
原理的には1憶円でも10憶円でも入るが、もちろん、現実はそうではない。
しかし、本当に必要な額は必ず入る。
問題は、間違った目標額を設定すると、もう全く入らないことだ。
短大を出たばかりの可愛い女の子に、目標額(年収)を書いてもらったら「5千万円」だった。
こりゃ駄目だが(笑)、その理由も述べる。

例えば、目標額を1憶円としよう。
1憶円なら、よほどの大金持ちを除き、誰でも欲しい(笑)。
では、早速、手に入れ方といこう。
それは、1憶円手に入ったら、何に使うかを考えることだ。
だが、大抵の人は、ロクなことを思いつかないし、無理に考えたところで、少しもワクワクしないと思う。
それなら、今は1憶円の器でないのだ。
1憶円を得ても良い人なら、どんな事業を始めるとか、何に投資するとか、すぐに具体的な考えが起こり、トキメくはずだ。

「いや、俺はSF90ストラダーレ(フェラーリ)が本当に欲しい」という人もいるかもしれないが、じゃあ、それ買ってどうするかだ。
それに乗っている時の本当に楽しい気分を味わえるなら、本当に手に入るだろう。
つまり、純粋に楽しいのなら問題ないが、見栄みたいなものの場合、本当に気分良くはならない。
私も、メルセデスAMG GT3を買って、初音ミクさんの痛車にしたいとちょっとは思うが、その後、どうするかは考えられない。
多分、3日で飽きると思う。

目標額を設定したら、それをどうやって手に入れようなんてつまらないことは考えてはいけない。
手に入って当然と思って超然とし、「是非、こう使おう」と考えていい気分になるなら、それを得た時の波動が出ているので、自然に手に入る。
しかし、若い独身の人の多くは、月に100万円入ったって、せいぜいが、遊びやファッションに使い、下手に本当に入ったら、生活が乱れ、身体を壊す(そんな人を実際に知っている)。
ところが、本当に月100万円くらい必要な、それなりの年齢の人(子供2人を大学に入れたら、それくらいないと余裕のある生活が出来ない)の多くが、借金を抱え汲々とした未来しか想像出来ないのだ。
そんな人こそ、月100万入るのは当たり前と思って超然とし、「余裕だなあ」といい気分になれば、必要なお金は引き寄せられる。

政木和三さんが生きておられた時、政木さんは食事をしながら私にこう言われた。
「私ね、お金なんてちっとも欲しくないんですよ。でも入ってくるものは仕方がなくて、1憶円納税しなきゃいけないんですよ」
ただ、政木さんは、大きなお金もちゃんと使えたし、実際、使っておられたと思う。
また、政木さんは、近くにおられた奥さんに聞こえないよう小声で言われていたものだ。
「私は女性なんていらないんです。でも、百人の女性が身をまかせてくると思っているから、そうなってしまいます」
もちろん、事実関係は知らないが、いずれにしろ、もう時効だろう(笑)。
参考になればと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
インターネットにつながった、Excel2016以上(おそらく2010/2013でも大丈夫ですが確認していません)がインストールされた、Windows8.1/10(64bit)があり、Excelが使えれば、この本の興味深い実習を行うことで、あなたも、実用AIを自分で作れるようになると思います。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です(もちろん、興味があれば、やっていただくことを推奨しますが)。
無料の優秀なAIツールである、ソニーNNC(Windowsアプリ版)をインストールして下さい。
本書のほぼ全ての実習を行えるデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

人生を変える易しいやり方

我々は、人間のふりをした神様のようなものらしい。
ふりをしていると言うよりは、意図的に万能の力があることを忘れているのだと言って良いかもしれない。
なぜ、そんなことをしているのかは、はっきりとは分からないが、「面白いから」と説明する人がいる。
「いや、貧乏だし、モテないし、面白くないぞ」と言う人もいるだろうが(笑)、イギリスの作家コリン・ウィルソンも、ある時期まではそうだったらしい。
ウィルソンは、あまりに面白くないので、19歳の時、ついに、青酸カリのびんを開け、その猛毒をまさに口に入れようとした時、何かを感じてやめたようだ。
ウィルソンは、おそらく、H.G.ウェルズ(イギリスのSF作家。『宇宙戦争』『タイムマシン』等の著者)を最高の作家と考えていたのだと思うが、ウェルズの自伝的小説である『ポリー氏の人生』(今年2月、ようやく翻訳が出版された)にあった「人生が気にいらないなら、変えてしまえば良い」という言葉を思い出し、それを、座右の銘とまでしたと思われる。以降、ウィルソンは人生が面白くなったようで、それからまもなく、『アウトサイダー』で、一夜にして世界的作家になってしまった。

我々は目的があって人間のふりをしているのだから、そうそう神のごとき力を発揮する訳にはいかないし、出来ないようになっているのだろう。
例えば、本来で言えば、(我々は神のようなものなのだから)ピアノを習ったことがなくても、名演奏をする能力があるが、そうはいかない。
しかし、稀に、そんな真似をする人もいて、私もそんな人に、2人ほど会ったことがある。
1人は政木和三さんで、ピアノを習ったことは一度もないし、普段、弾いてもいないが、それは見事な腕前で演奏した(自分で作曲・演奏したCDも出している)。
もう1人は画家、写真家、ミュージシャン、神道家の方で、やはり、楽器の演奏を習ったとか練習したことはないが、音楽でもプロとして活躍している。
私は幸い、その2人とじっくり2人で話したことがあるのだが、揃って、「君にだって出来るよ」と当然のように言ってくれた・・・だが、私はやったことはないが(笑)。

政木さんは、やり方は、「欲望をぽーんと捨てる」ことであると言い、画家の方の人は、単に「今すぐ出来る」と言われた。
ただ、一般向けには、政木さんは、脳波をシータ波に下げることで可能になると言い、彼は、子供の時、腹式呼吸の練習によって出来るようになったと言うが、それは時間がかかってシンドいので、政木さんは、パラメモリという装置を発明し、パラメモリはその後、アルファシータやバイオソニックと名を変えて商品化された。
しかし、それらは今は販売されておらず、モノであるからには耐用年数もあるが、J-DATA社の佐々木耕司社長が、スマートフォン用アプリ(GeniLax)として再現し、無料で公開してくれている。
◆GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ

ただ、政木さんは、「欲望があるうちは効果がない」と言われた通り、この装置で上手いことやってやろうと思っているうちは駄目と思う。
そして今は、欲望まみれの時代で、儲かれば何をやっても良い経済最優先の時代である。
だから、新型コロナウイルスみたいな手に負えないものも出てくるのではないだろうか。

まあ、プロになるには少なくとも10年や20年は練習しないといけないと言われるピアノですら、瞬間にプロ並に演奏出来るようになる可能性があるなら、プログラミングなど、お茶の子さいさいであろう(もっとも、著名なコンピューター科学者ピーター・ノーヴィグは、プログラミングの習得にも10年かかると言っているが)。
その他のことも同様である。
欲望をぽーんと捨ててやってみようではないか。
スマホがあれば、GeniLaxが無料で使えるので、ハードルは下がっている。
なんとかなるぜ、世の中は・・・である(笑)。
ただ、GeniLaxは、iPhoneの場合、iOS11には未対応とあるので、それ以降のバージョンでは使えないのかもしれない。
Android版も、以前は、他のアプリと並行で動いたが、私が2018年に購入したAndroid6.0のものでは、それが出来ない。それで、Nexus7で使っている。
GeniLax専用に古いAndroid機を買う価値もあると思う(SIMフリー機を買い、SIMカードを入れなくても、Wifiでアプリをインストールすれば良いと思う)。













当ブログ著者、KayのAI書。
今や、AIを実用的に作るために、数学、プログラミング、AI理論は不要です。
確かに、数学やプログラミングは偏見を持たずに取り組めば面白いところもあるのですが、我々が脳の構造自体を知る必要がないように、AI理論を知る必要はなく、また、それは難しいものです。
ただ、人間の知性の使い方をちゃんと知っておくと良いように、AIも、ちゃんとした使い方を知っておくと、簡単にAIを活用出来るでしょう。
この本では、いかにもコンピューターや数学の専門家が持ち出したがるような常識的に我々に縁のないテーマではなく、普通に理解出来るテーマを使って入門し、その後、普通に考えて面白いと思えるテーマにAIで挑みます。
ほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料でダウンロード出来ます。

引きこもりが自信を持てた奇妙な方法

コインを投げると、表と裏は、同数出る。
1回投げて、表が出る可能性は1/2。
2回投げて、2回、表が出る可能性は1/4。
3回投げて、3回、表が出る可能性は1/8。
つまり、n回投げて、n回全部表である可能性は、1/(2のn乗)。
10回とも表が出る可能性は、1/(2の10乗)=1/1024。
10回連続で表が出るというのは、奇跡というほどではないかもしれないが、それをいつでも意図的に出来れば、超能力を持っていると言えると思う。
尚、年末ジャンボ宝くじで1億円を当てる可能性は、コイン投げで連続20回表を出す確率とそれほど変わらない。
だから、20回連続で表を出せば、イカサマをやっているのでない限り、それは尋常な事態ではない。

で、とりあえず、コイン投げで、だいたいいつでも、10回連続表を出せるなら、超能力と呼ぶかどうかはともかく、世界を意思の力だけでコントロール出来る力があると思って良い。
そのような人間がいることは、科学的な実験で確認されたことはないと思うが、私は、そのようなことが出来た。
実際には、コイン投げで10回連続で表を出したのではなく、3回投げて2回、表か裏かを当てれば勝ちというゲームで、無限に勝ち続けたのだ。
それで、自分は世界を自由に動かせる可能性があると思うと、あまり世の中が恐くなくなった。
そして、何でも上手く・・・とはいかないまでも、人生から苦労が消えたのである。
まあ、うまくいかないこともあるが、道徳的、倫理的に問題がないことは、大抵うまくいったと思う。
また、アメリカのCIAやロシアのCBPに拉致される可能性のあるようなことも出来ない・・・と思う(笑)。
宝くじも、買う気が起こったことはないので、試していない。

政木和三さんは、脳波がシータ波になれば、その程度のことは出来ると、私に言われていた。
そのために、机の引き出しにスプーンを入れておき、たまに確認し、それが曲がっていたら、脳波がシータ波になったのだと言われていた。
他にも、いろんなやり方があるが、自分で工夫し、そのような能力を得ると、引きこもりであっても、人生は気楽なものになると思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
少なくとも高校程度の数学なら自由自在、Pythonプログラミングはかなり出来る、あるいは、出来るようになる自信がある・・・訳ではない。
しかし、機械学習・ディープラーングの概念だけ解ったような気になるのではなく、実際にAIを作れるようになりたい。
それなら、迷わず本書を選んで欲しいと思います。
また、機械学習の本によく載っている、数字の画像が、1から9までのどれかとか、全然興味を持てないテーマに嫌気が差している。
私もそう思っていましたので、この本を書きました。
私が最初に考えたのは、「モンティ・ホール問題」という、簡単なゲームなのに、大勢の数学者や博士や大学が間違った問題をAIにやらせることでした。
お堅い方法で勉強したい人には、正直、不向きかもしれませんが、楽しく学習したい人にはお薦めしたいと思います。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード