ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

政木和三

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

金持ちになる呪文とそれを唱える意外な秘訣

『ヒマラヤ聖者の生活探求』という本の中に、ある古い廟(びょう。寺院のこと)のお話がある。
建てられてから数千年も経っているのに、建てられたばかりのようであるという。
どこかが壊れてしまっても、勝手に元通りになってしまうのだそうだ。
この廟の中では、「生命、愛、調和」という言葉しか使われない。
「生命」には「愛」と「調和」も含むので、本来は、1つでも良いのではと思うが、いろんな意味で・・・例えば、人間には、それぞれ性向があるので、同じでありながら、ちょっと表現が違う言葉を用意した方が良い・・・とかいうこともあるだろう。

イエスも言ったように、肉体は神の住む神殿(神殿も廟と言う)である。
生命とか、愛という言葉を、頭の中で常につぶやけば、肉体に関しても、無限の平癒の力が働く。
また、常日頃、「不死身」という言葉を頭の中でつぶやき続け、何度も至近距離から発砲されたにも関わらず怪我1つしなかった刑事もいたらしい。
「永遠」「無限」も、「不死身」を意味するので、好みによれば、こちらを用いれば良い。
そして、最大の効果をもたらすポイントは、やはり、「1つの言葉を」「感情を込めず淡々と」繰り返すことである。

政木和三さんと一緒に食事をしていた時、政木さんは、「私はお金なんてちっとも欲しくないのですが」と前置きした後、「入ってくるものは仕方がないです」と言われた。
当時、政木さんは1年に1億円ほど納税していたらしい。
「入ってくるものは仕方がない」
これは、感情を込めずに淡々とつぶやくことが出来るうまい言い方である。
そして、近くにいる奥さんにはばかりながら、「私は女なんてどうでも良いのですが」と断りつつ、「来るものは仕方ないですね」と、珍しく笑いながら言われた(滅多に笑わない人だった)。
なるほど、モテたければ、「好かれるものは仕方がない」とでもつぶやけば良いのだろう。
普段は、「大丈夫」「絶好調」といった言葉を常に心でつぶやきながら、パートタイムで「好かれるものは仕方がない」とつぶやくのはありで、そんな臨時の言葉が即効を持つかどうかは、やはり、普段、「たった1つの言葉」をきちんと唱えているかどうかにかかっている。
たとえば、格好良くなりたければ、1日3回「なんて格好いいんだ」とつぶやければ良い。
この言葉は、E.E.スミスの、1937年から始まったSFであるレンズマン・シリーズの2作目、1939年の『グレー・レンズマン』で、グレー・レンズマンに昇格したキニスンが、鏡に映った、初めてグレー・レンズマンの制服を着た自分を見た時に、思わず言った言葉だ。
優れた小説は、アファーメーションの宝庫である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

アファーメーションの科学的根拠

まだ引退はしていないそうだが、井川慶(いがわけい)さんという悲運のプロ野球投手がいた。
井川さんが阪神のエースで日本屈指の投手だった2006年、松坂大輔さんがボストン・レッドソックスに入り、井川さんはニューヨーク・ヤンキースに入った。
松坂さんが6年5200万ドルと、当時としては超高額の契約だったので、ややかすむが、それでも井川さんも5年2000万ドルの高額契約で、活躍が期待された。
ところが、松坂さんはすぐにスーパースターになったが、井川さんはメジャーで2勝しか出来なかった。
その2勝のうちの1勝が、別の先発投手がアクシデントで降板し、緊急登板した時のものだった。
井川さんとしては、準備していない中での、実際上の先発登板なのだから、本当は投げたくなかったに違いない。
身体を壊さないよう、常にランナーを背負っている時の小さなフォームであるクイックモーション・・・いわゆる、セットポジションで投げた。
ところが、このクイックモーションから投げる球が実に良く、面白いようにバッターを打ち取っていく。
井川さんは、日本では「剛速球投手」であり、メジャーでも速い方だろうが、「そこそこ速い」に過ぎず、コースが甘ければ、メジャーのバッターには打ち易い球だったと思う。
しかもコントロールは悪いのに、本人は思いっきり投げたがるので、「そりゃあ打たれる」(『涼宮ハルヒの憂鬱』で、ハルヒの直球だけの剛速球についてキョンが言った言葉)。
井川さんは、力を抜いて投げれば、違った結果になっていたのだと思う。
あの野茂英雄さんだって、案外に、迫力あるトルネード投法より、ランナーを背負ってセットポジションで投げた時の方が良い球を投げていたかもしれない。
特に、井川さんは、全力で投げる時は上半身だけで投げているので、メジャーでは通用しない。
野茂さんだって、メジャーではそれほど速い訳ではないが、フォームではストレートと区別のつかない、そして、かなり速いフォークがあるからこそ勝てたが、井川さんの売り物はストレートだけだ。
佐々木主浩さんだって、やはり高速フォークがあったからこそメジャーでもかなり活躍出来たのだ。

イチローだって、その気になればホームランを打てるが、力を抜いて打っているから超人的なバッターになれたのであるはずだ。
人間の脳は、10兆ものニューロンが並列的に、つまり、それぞれ独自に働くという、とてつもないもので、これは、コンピューターには到底真似出来ない。
だからこそ、人間は「微妙」を使えるのであり、それが人間最大の力なのである。
全力投球というのは、ニューロン全てを同じように動かすという勿体ないことをしているのであるが、イチローは、ニューロンに絶妙なパターンを作れるようになったからスーパーバッターなのである。
発明家の政木和三さんは、50歳過ぎてゴルフを始め、60歳を過ぎても、ドライバーで軽々と340ヤード(実際は370ヤード)を飛ばすことが出来、新聞にも載ったことがあるが、私は政木さんに直接、「コツは力を抜くこと」と教わった。
力を抜くことで、全身に「微妙」が宿り、バランスの取れたスイングになるのだが、イチローのバッティングがまさにそれだろう。

あるいは、人間が力を抜くことで、潜在力が発揮されると言うことも出来る。
神にまかせることで、人間には到底不可能な力が出てくるのである。
そのためには、神に任せるための特別な言葉を持ち、それを常に唱えることだ。
私がいつも言うアファーメーションとは、そのようなものがベストだ。
極端には、ニサルガダッタ・マハラジの「私は至高の実在である」だし、L.F.ロースンの「神の他に何もない」だろう。
だが、聖書の言葉、「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでもできる」が、最も効果を上げ易いと思う。
ポール・マッカートニーの有名な歌のタイトルでもある『レット・イット・ビー』は、聖母マリアの言葉としているが、「あるがまま」という意味で、これも素晴らしいアファーメーションである。
特別な言葉、アファーメーションの効果は、科学的、あるいは、宗教科学的根拠も十分なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

馬鹿げた夢が叶う時とは

百万円望んで一千万円得てしまうこともあれば、一千万円を狙ったのに百万円しか入ってこないこともある。
一千万円と思って一千万円の時は印象が強くて記憶に残るが、そうあることではない。
圧倒的に多いのは、一千万円を願って百万円か、あるいは、もっと少ない場合だ。
じゃあ、最初から目標を3千万円にすれば3百万円になるかというと、なぜか30万円になったりする。
3億円とかにすると、1円も入ってこないことになりかねない。
ところが、3百億円くらいにしたら、何千万も入ってきたりすることもある。

これらは、心というか、脳の性質を表している。
1つ1つ説明すると長くなるが、確実に言えることは、欲をかくと駄目なことだ。
そして、極端に目標を大きくして、ファンタジー(お伽噺)になってしまえば、案外うまくいく。
ギリギリで国内予選を勝ち抜いてオリンピックに出たら、金メダルを取ってしまった者というのは、ファンタジーとしての金メダルを目標にしていたのであり、金メダルを熱望していた訳ではない。

政木和三さんが、目標を持つなら、一生かかっても達成不可能な大きな目標を作れと言われていたのも、それなら最初から欲望がなく、目標が他人事に思えて力が抜けるということもあるのだろう。
桁外れな目標に欲望を持ってしまうのは、精神が幼いか馬鹿なのだ。
月給20万円の人にとって年収10億円というのは夢物語だが、そんな年棒を取っている野球選手やサッカー選手を見て、「じゃあ俺も」と思うのは、幼稚な馬鹿だ。
ただ、馬鹿なだけなら、案外良いのだが、悪いところだけ大人だったりするから、今の20万円の月給すら危うくなる。

昨日も書いたが、「俺が年収10億円になったら楽しいだろうな」と思うと、それがファンタジーになってしまう。
そうしたら、1億円くらいにはなるかもしれない。
まあ、実際には、1億円になったとしても、楽しいというよりは大変なだけだが、そこは、目標達成までに、減額されたり、時間がかかったりして、自動的に調整される。
あるいは、西田文郎氏の「かもの法則」で、「10億円になるかも」と思うと、やっぱり上と同じようになってしまう。
叶うファンタジーと叶わないファンタジーがある。
叶わないファンタジーの寿命は短い。
生命力あるファンタジーを作ることが出来れば、それが現実になる。
なぜなら、現実というのは生命力あるファンタジーだからだ。
時々、脳の欠陥で、ファンタジーに簡単に生命を与えてしまえる人がいる。
そんな人を天才とか魔女とか言うのだが、あまり楽しいものではない。
ファンタジーが現実になり易いが、外部に形を取った霊的な力により、強制的な制限がかかることが多い。
ただ、そんな人も、精神が発達すれば、本当の天才になる(普通の人になってしまうことも多いが)。
そんな天才の精神構造は参考になるのである。
意外だが、ジョージ・ワシントンがそんな人だったし、リンカーンがそれに近かったと思う。
アメリカって、どこか狂気なのであるが、だから面白いということもある。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

あなたの人間性は何点か

人間性を測定するという話がある。
エンリケ・バリオスの世界的ベストセラー『アミ 小さな宇宙人』シリーズで、あまりはっきりとは覚えていないが、人間性を1000点満点で測定する装置を宇宙人が持っていて、惑星が壊滅の危機を迎えると、宇宙人の宇宙船が救助に来るが、助けてもらえるのは人間性が高い者だけなのだそうだ。
確か、700点以上だと、かなり進化した宇宙人レベルだったように思う。
デヴィッド・アール・ホーキングのキネシオロジーテストは、あらゆることの真実性を測定するが、人間個人や会社等の団体の精神性も測定出来、信用に値するかの境目は200のようだ。
かつて、ナチスと宥和政策(外交上の譲歩により平和を維持する)をとったイギリスのチェンバレン首相は、誰もが尊敬する立派な人だったが、彼の数値は185で、彼が世界を危機に陥れた。
一方、政治家としては終わっていると言われ、世間の評価が低かったチャーチルの数値は510と高く、彼が世界を救った。ヒトラーは125である。
今で言えば、北朝鮮と融和制作を取る韓国の文大統領がチェンバレンで、トランプがチャーチル・・・と言えるかどうかは分からないが、さあ、どうだろう?

政木和三さんも、振り子を使う政木フーチパターンで人間性を測定していた。
政木フーチパターンでは、生命力の強さを振り子の振れの大きさ(振幅)で、人間性を振り子の振れ方(真っ直ぐか、斜めか、あるいは、円を描くか等)で判定した。

尚、キネシオロジーテストは、数値200以上の者でないと正しい測定値が出ないようだ。
政木フーチパターンも、当然ながら測定する者の精神性が影響し、これを行う者は、無の状態になる必要がある。
ちなみに、キネシオロジーテストは2人でやるもものだが、1人Oリングテストで代用可能なことは、ホーキング博士が著書に書いている。

昔、『アミ 小さな宇宙人』を読んだ時は、私は「私は700以上あるかなあ」とか思い、正直言って自信があったが、今は、謙虚でも何でもなく、200は全然ないだろうなあと冷静に思う。
ヒトラーに劣る可能性も高い。力がないから、それほどの災厄を招かないだけでね。
今の日本で、何か社会問題が起こると、ネットで意見が取り上げられる人気者の芸能人や文化人のようなインフルエンサーってのは、本当はレベルが低いだろうなあと思う。

だいたい間違いないのが、レベルが低いほど、不安を感じる度合いが大きく、心がぐらぐら揺れていることだ。
もっとも、精神分析学者の岸田秀さんの本によれば、大物も含め、自我が揺らいでいない人はいないらしいが。
では、その自我(個我)と真の自分を同一視しなければ良いのだろう。
難しいかもしれないが、それを達成出来れば人間性も上がり、地球の危機の時にも、別に宇宙人に助けて欲しいとも思わないのかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

願望を叶える体内に内蔵されたメカニズム

潜在意識に願望を送り込めば、その願望は実現する。
潜在意識に願望を送り込むには、普段の意識である顕在意識が弱くなっていなければならない。
ところが、願望を思い浮かべながら顕在意識を消すというのが至難の技で、それをするために沢山の方法が考案され、涙ぐましい努力が続けられてきたのである。

眠りかけのうとうとした状態や、目が醒めたばかりのぼんやりした状態では、顕在意識が弱いので、そんな時に願望を言葉やイメージにすれば良いという話があるが、そんな状態で願望のことを考えることは難しい。
そもそも、願望のことを考えられるなら、既に十分に顕在意識が強くなっているのである。

脳波がアルファー波の状態では顕在意識は弱く、シータ波なら顕在意識は消えているというので、脳波をアルファー波やシータ波に下げる機器を使うというのは、良い方法だと思われた。
それには、橋本健氏が発明したアルファコイルや、政木和三氏が発明したパラメモリ、アルファシータ、そして、それと同じ原理で作られたバイオソニックなどが使われた。
また、パラメモリと同じことをスマートフォンで実現するアプリGeniLaxを、株式会社ジェイデータの佐々木耕司社長が開発し、無料で公開して下さっている。
だが、欲望を持てば、どんなものを使っても、脳波はやっぱりベータ波に戻る。
上記の装置やアプリは、ストレスを低減するには良いものだが、願望達成のためには、あまり役に立たないと思う。

しかし、呼吸を微かにすれば、速やかに顕在意識は退き、潜在意識が表出するのである。
しかも、意思により呼吸を微かにするのであるから、弱い顕在意識と強い潜在意識が協力関係を築いていることから、最低限の思考は保持されていて、顕在意識は潜在意識に願望を伝えることが出来るのである。
ところで、渡部昇一氏が大島淳一名義で書いた『あなたはこうして成功する』という、ジョセフ・マーフィーとの対談という形で書かれた本(実際にマーフィーと対談した訳ではない)で、マーフィーに「この本が悪人の手に渡らないことを祈っている」と言わせているが、それは無用な心配である。
呼吸が微かであれば邪まなことは考えられないし、邪まなことを考えれば、呼吸は荒くなるからである。
ところが、岡田虎二郎は、人間は腹から力が抜けた時によからぬことを考えると言ったらしいが、それが本当だとしても、長時間、腹に力を入れていることは出来ない。
とはいえ、虎二郎の言うことにも道理はある。
呼吸を微かにすると、腹ともつながりのある、体内に隠されたある精妙なメカニズムを動かすのだが、そのメカニズムこそ、高次の能力を発動させる秘密の体内装置だからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ