ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

政木和三

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人生を変える易しいやり方

我々は、人間のふりをした神様のようなものらしい。
ふりをしていると言うよりは、意図的に万能の力があることを忘れているのだと言って良いかもしれない。
なぜ、そんなことをしているのかは、はっきりとは分からないが、「面白いから」と説明する人がいる。
「いや、貧乏だし、モテないし、面白くないぞ」と言う人もいるだろうが(笑)、イギリスの作家コリン・ウィルソンも、ある時期まではそうだったらしい。
ウィルソンは、あまりに面白くないので、19歳の時、ついに、青酸カリのびんを開け、その猛毒をまさに口に入れようとした時、何かを感じてやめたようだ。
ウィルソンは、おそらく、H.G.ウェルズ(イギリスのSF作家。『宇宙戦争』『タイムマシン』等の著者)を最高の作家と考えていたのだと思うが、ウェルズの自伝的小説である『ポリー氏の人生』(今年2月、ようやく翻訳が出版された)にあった「人生が気にいらないなら、変えてしまえば良い」という言葉を思い出し、それを、座右の銘とまでしたと思われる。以降、ウィルソンは人生が面白くなったようで、それからまもなく、『アウトサイダー』で、一夜にして世界的作家になってしまった。

我々は目的があって人間のふりをしているのだから、そうそう神のごとき力を発揮する訳にはいかないし、出来ないようになっているのだろう。
例えば、本来で言えば、(我々は神のようなものなのだから)ピアノを習ったことがなくても、名演奏をする能力があるが、そうはいかない。
しかし、稀に、そんな真似をする人もいて、私もそんな人に、2人ほど会ったことがある。
1人は政木和三さんで、ピアノを習ったことは一度もないし、普段、弾いてもいないが、それは見事な腕前で演奏した(自分で作曲・演奏したCDも出している)。
もう1人は画家、写真家、ミュージシャン、神道家の方で、やはり、楽器の演奏を習ったとか練習したことはないが、音楽でもプロとして活躍している。
私は幸い、その2人とじっくり2人で話したことがあるのだが、揃って、「君にだって出来るよ」と当然のように言ってくれた・・・だが、私はやったことはないが(笑)。

政木さんは、やり方は、「欲望をぽーんと捨てる」ことであると言い、画家の方の人は、単に「今すぐ出来る」と言われた。
ただ、一般向けには、政木さんは、脳波をシータ波に下げることで可能になると言い、彼は、子供の時、腹式呼吸の練習によって出来るようになったと言うが、それは時間がかかってシンドいので、政木さんは、パラメモリという装置を発明し、パラメモリはその後、アルファシータやバイオソニックと名を変えて商品化された。
しかし、それらは今は販売されておらず、モノであるからには耐用年数もあるが、J-DATA社の佐々木耕司社長が、スマートフォン用アプリ(GeniLax)として再現し、無料で公開してくれている。
◆GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ

ただ、政木さんは、「欲望があるうちは効果がない」と言われた通り、この装置で上手いことやってやろうと思っているうちは駄目と思う。
そして今は、欲望まみれの時代で、儲かれば何をやっても良い経済最優先の時代である。
だから、新型コロナウイルスみたいな手に負えないものも出てくるのではないだろうか。

まあ、プロになるには少なくとも10年や20年は練習しないといけないと言われるピアノですら、瞬間にプロ並に演奏出来るようになる可能性があるなら、プログラミングなど、お茶の子さいさいであろう(もっとも、著名なコンピューター科学者ピーター・ノーヴィグは、プログラミングの習得にも10年かかると言っているが)。
その他のことも同様である。
欲望をぽーんと捨ててやってみようではないか。
スマホがあれば、GeniLaxが無料で使えるので、ハードルは下がっている。
なんとかなるぜ、世の中は・・・である(笑)。
ただ、GeniLaxは、iPhoneの場合、iOS11には未対応とあるので、それ以降のバージョンでは使えないのかもしれない。
Android版も、以前は、他のアプリと並行で動いたが、私が2018年に購入したAndroid6.0のものでは、それが出来ない。それで、Nexus7で使っている。
GeniLax専用に古いAndroid機を買う価値もあると思う(SIMフリー機を買い、SIMカードを入れなくても、Wifiでアプリをインストールすれば良いと思う)。













当ブログ著者、KayのAI書。
今や、AIを実用的に作るために、数学、プログラミング、AI理論は不要です。
確かに、数学やプログラミングは偏見を持たずに取り組めば面白いところもあるのですが、我々が脳の構造自体を知る必要がないように、AI理論を知る必要はなく、また、それは難しいものです。
ただ、人間の知性の使い方をちゃんと知っておくと良いように、AIも、ちゃんとした使い方を知っておくと、簡単にAIを活用出来るでしょう。
この本では、いかにもコンピューターや数学の専門家が持ち出したがるような常識的に我々に縁のないテーマではなく、普通に理解出来るテーマを使って入門し、その後、普通に考えて面白いと思えるテーマにAIで挑みます。
ほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料でダウンロード出来ます。

引きこもりが自信を持てた奇妙な方法

コインを投げると、表と裏は、同数出る。
1回投げて、表が出る可能性は1/2。
2回投げて、2回、表が出る可能性は1/4。
3回投げて、3回、表が出る可能性は1/8。
つまり、n回投げて、n回全部表である可能性は、1/(2のn乗)。
10回とも表が出る可能性は、1/(2の10乗)=1/1024。
10回連続で表が出るというのは、奇跡というほどではないかもしれないが、それをいつでも意図的に出来れば、超能力を持っていると言えると思う。
尚、年末ジャンボ宝くじで1億円を当てる可能性は、コイン投げで連続20回表を出す確率とそれほど変わらない。
だから、20回連続で表を出せば、イカサマをやっているのでない限り、それは尋常な事態ではない。

で、とりあえず、コイン投げで、だいたいいつでも、10回連続表を出せるなら、超能力と呼ぶかどうかはともかく、世界を意思の力だけでコントロール出来る力があると思って良い。
そのような人間がいることは、科学的な実験で確認されたことはないと思うが、私は、そのようなことが出来た。
実際には、コイン投げで10回連続で表を出したのではなく、3回投げて2回、表か裏かを当てれば勝ちというゲームで、無限に勝ち続けたのだ。
それで、自分は世界を自由に動かせる可能性があると思うと、あまり世の中が恐くなくなった。
そして、何でも上手く・・・とはいかないまでも、人生から苦労が消えたのである。
まあ、うまくいかないこともあるが、道徳的、倫理的に問題がないことは、大抵うまくいったと思う。
また、アメリカのCIAやロシアのCBPに拉致される可能性のあるようなことも出来ない・・・と思う(笑)。
宝くじも、買う気が起こったことはないので、試していない。

政木和三さんは、脳波がシータ波になれば、その程度のことは出来ると、私に言われていた。
そのために、机の引き出しにスプーンを入れておき、たまに確認し、それが曲がっていたら、脳波がシータ波になったのだと言われていた。
他にも、いろんなやり方があるが、自分で工夫し、そのような能力を得ると、引きこもりであっても、人生は気楽なものになると思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
少なくとも高校程度の数学なら自由自在、Pythonプログラミングはかなり出来る、あるいは、出来るようになる自信がある・・・訳ではない。
しかし、機械学習・ディープラーングの概念だけ解ったような気になるのではなく、実際にAIを作れるようになりたい。
それなら、迷わず本書を選んで欲しいと思います。
また、機械学習の本によく載っている、数字の画像が、1から9までのどれかとか、全然興味を持てないテーマに嫌気が差している。
私もそう思っていましたので、この本を書きました。
私が最初に考えたのは、「モンティ・ホール問題」という、簡単なゲームなのに、大勢の数学者や博士や大学が間違った問題をAIにやらせることでした。
お堅い方法で勉強したい人には、正直、不向きかもしれませんが、楽しく学習したい人にはお薦めしたいと思います。

簡単に欲望を捨て無我になる秘訣

人間が、自己の最高の実力、あるいは、実力以上の力、さらには、超能力を発揮するのはどんな状態の時か?
それは、奇跡的な幸運や、あるいは、奇跡そのものを起こす時の人間の状態とも一致すると思われる。
それがどんな状態かと言うと、一言で言えば「無の境地」である。無我とか忘我とか没我とも言うし、至高体験とか大洋感情、そして、近年では、フローとかゾーンといった言い方もされるようになった。
古代から、シャーマンや苦行者が求めていた状態が、それであると言って良いと思う。

発明家の政木和三さんは、子供の時に、毎日、腹式呼吸の訓練を続け、1分で1回の呼吸になった時に、その状態(無我、ゾーン)に入り、全く勉強したことはなかったが、母親が読んでいたお経の意味が自然に解ったと言う。
政木さんは後に、無我になるには、脳波をシータ波に下げれば良いと気付き、簡単に脳波をシータ波に下げる装置「パラメモリ」を開発し、販売した。
現在、パラメモリと同じ効果がある、GeniLax(ジニラックス)というスマートフォンアプリ(Android、iOS用。iOS11には未対応)を、J-DATA株式会社が開発し、無償で公開してくれている。

だが、結局のところ、政木さんは、超能力を発揮する状態になるのに最も大切なことは、欲望を捨てることだと言われたのだと思う。
つまり、欲望があるうちは、いくら、パラメモリやGeniLaxを使っても、脳波はシータ波にならず、無我にならない。
だから、奇跡も起きない。
しかし、人間が欲望を捨てるのは、極めて難しい。
将棋や囲碁の名人は、対局中、脳波はシータ波になっていることが多いと言われる。
だが、やはり、「勝とう」という欲望があるうちは、脳波はシータ波にならず、無我でなく、つまり、超人的能力を発揮することはない。
そういえば、関沢新一さんが作詞した、美空びばりさんの曲『柔』(現在まで195万枚超の売上)の歌詞の最初は、
「勝つと思うな 思えば負けよ」
であったが、関沢新一さんは、本物の武道家に極意を聞いたのだという話がある。
そして、この後の歌詞が、
「負けてもともと」
であるように、諦めというのとは違う謙虚さが必要なのだと思う。

政木さんは私に、「欲望をぽーんと捨てなさい」とは言われたが、どうもこいつ(私のこと)は駄目だと思われたに違いない。
そこで、親切にも、もっと簡単な方法を、こっそり教えてくれた。
それを披露するので、各自、工夫して使っていただきたい。
政木さんは、こう言われた。
「私はね、お金なんてちっとも欲しくないんです。でも、どんどん入ってきてしまうんです」
政木さんは、当時、1年で1億円超を納税されておられた。













当ブログオーナー、KayのAI書。
自分でニューラルネットワークや深層学習フレームワークを開発しようという人(天才級に頭が良い人です)には、全く無用な本です。
AIを使いたい(作りたい)が、線形代数や編微分やPythonプログラミングに熟達する気はなく、AnacondaやJupyter Notebookのインストールや、それらの中のライブラリの不整合等で苦労する趣味のない方で、Excelなら最低限使える(あるいは使えるようになる)方には、この本がベストと思います。
Chapter.1なら中学生でも出来ると思います。その後も、なるたけ、面白いと思えるテーマを集めたつもりです。

「一万時間の法則」が必要なことを「ゼロ時間」で行う人達

ピアノなんて無縁のまま年配になっても、1曲だけ、かなりの腕前で弾けるようにはなれるものらしく、実際、そんなレッスンをしてくれるピアノ教師が人気があるらしい。それで言えば、ピアノって、それほど難しいものではなく、時間さえあれば、いくつになっても割と弾けるようになれるのかもしれない。
何かの本で読んだが、ある数学者は、ピアノを習ったことはないが、かなりの腕前で演奏出来るのだそうだ。
私が何度か会ったことがある、発明家の政木和三さんも、一度もピアノの練習をしたことがないのに、ある時、突然弾けるようになり、またそれが相当な腕前だった。政木さんは、年に100回ほども講演をする人だったが、講演中に、その素晴らしい腕前のピアノ演奏を披露することもよくあったらしいし、自分で作曲した曲のピアノ演奏のCDも出しておられた。また、一度だけお会いしたことがあるが、画家の榊原匡章さんは音楽家でも通っているが(他にも沢山のことが出来るようだ)、彼も、不意に楽器(シンセサイザーだったと思う)の演奏が出来るようになったそうだが、彼は私に、「あなたもすぐ出来るようになる」と言ってくれたのである。

楽器に限らず、何でも同じと思う。
それで言えば、プログラミングなんてお茶の子さいさいである(笑)。
ある詐欺師の印象的な話を覚えているが、その詐欺師は、弁護士に化ければ堂々と高度な法律の相談を受け、大学の物理学教授として堂々と講義を行い、医者になりすました時は手術を行ってちゃんと怪我を治した。
その詐欺師は、単に優秀だとか、努力家であるというより、人間の本来の能力を引き出す方法を知っていたのだと思う。

本来は、「一万時間の法則」によれば、一万時間の訓練を要することを、短時間、あるいは、ゼロ時間でマスターしてしまう能力はどうすれば引き出せるのかというと、1つには、当然だが、その能力を必要とする状況に置かれることである。
そして、やはり、重要なことは、無になること、つまり、無我、忘我、没我の状態になることである。
政木和三さんも、よくそう言われていたが、無我の状態というのは、脳波で言えばシータ波であるらしい。
政木さんは、脳波をシータ波に導く装置である「パラメモリ(後に、アルファシータ、バイオソニックなどという名になった)」を発明し、この装置は一般に販売されていたが、J-DATA株式会社が、それと同じ機能を持つスマートフォンアプリ「GeniLax」を無償公開してくれているので、興味があれば、Google PlayやApp Storeで入手出来る(iOS11には未対応)。
とはいえ、GeniLaxを使っても、欲望があれば無我にはなれないようである。
逆に言えば、これも政木さんに教わったが、「要望をぽーんと捨てれば」、即座に超人になれるのである。













当ブログオーナー、KayのAI書。
一般の機械学習・ディープラーニングの本では、機械学習・ディープラーニングそのものだけを、詳しく、難しく(笑)解説するものが多いと思います。
しかし、この本では、AIを使うために、「どう計画を立てるか」「どんなデータをどう集めるか」から始め、AIを作り、機械学習・ディープラーニングをやらせた後で、「それをどう検証するか」といった、実用のために本当に大切なことを取り上げ、丁寧に解説しました。
その中で、AIに問題を解かせる上で最も重要な「問題を推測問題として捉え直す」センスを得ることに力を入れました。
EXcelが使えれば、数学もプログラミングも不要な、素人向けの本でありながら、本当にAIが使えるようになる実用書であろうと努めました。この点、機械学習・ディープラーニングの分野で、非常にユニークな本だと思います。

奇跡の祝詞「いろは歌」

「いろは歌」というものがある。
47文字のかなを重複なしに使って作った七五調の歌だ。
子供の時、唱えたことがある人が多いと思う。

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

「わかよたれそ」のところだけ6文字である。
これを漢字で、次のように書くようだ。

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰(たれ)ぞ 常ならむ
有為(うい)の奥山 今日(きょう)越えて
浅き夢見じ 酔(え)ひもせず

仏教の深遠な思想が感じられる。
ところで、これを唱えると、神の加護を得られるという話がある。
保江邦夫氏の著書『神様につながった電話』で、合気道家で書家である山本光輝氏の、こんな話が紹介されていた。
仙台で山本氏が書家として講演会をしていたら、リンゴ農家の人が、山本氏に、収穫期に台風が来て困っているので、なんとかならないかと相談して来たという。
書家で合気道家の山本氏に対し、場違いな相談であったが、山本氏は「いろは歌」を紙に書き、「これを朝夕、畑で読んだらリンゴは絶対落ちない」と断言した。
正直、山本氏の口から出まかせであった。
すると、その秋、大台風が青森を直撃し、山本氏は真っ青になった。
しかも、あのリンゴ農家の人から電話があり、「すぐ来い」と言う。
山本氏は訴訟覚悟で行ったが、全てのリンゴ畑が壊滅状態の中で、その農家のリンゴ畑だけは、1個のリンゴも落ちていなかった。

「いろは歌」は、「いろは祝詞」という祝詞とも考えられている。
ところで、私は、「いろは歌」を「歌える」。
1996年に、政木和三氏が自身で作曲し、自身でピアノ演奏をした『日月光』というCDを出しているが、そのカップリング曲で、政木氏が作詞した『輪廻』という曲の最後のところが「いろは歌」なのだ。
歌っているのは、なんと、中国の天才音楽家、ウー・ルーチン氏だ。
ウー・ルーチン氏が歌うことになった経緯は、私は、政木氏から直接聞いたので、その通りに書く。
ウー・ルーチン氏の方から、自分に歌わせてくれるよう要請があったそうだ。
すると、政木氏は、ウー・ルーチン氏に、歌手の菅原洋一氏から日本語の歌を学ぶよう言い、ウー・ルーチン氏はそれに従ったという。
だから、私は、ウー・ルーチン氏が歌う通りに覚えている。
だが、このCDは絶版だし、Amazonでも扱っていない。
当然ながら著作権有効期間なので、コピーも配布出来ず、残念に思う。
だが、「いろは歌」を唱えるだけで良いであろう。

尚、政木和三氏が発明した記憶力増強装置「パラメモリ」と同じ効果があるスマホアプリ「GeniLax (Genius and Relax、「ジニラックス」)」が、株式会社ジェイデータから無償提供されている。Android、iOS用それぞれがあり、「GeniLax」で検索すると見つかる(iOS11には未対応)。













当ブログオーナー、KayのAI書。来る5月30日発売。
AIで自分の世界を拡張する・・・そんな時代になると思います。
それが、権力者やエリートだけの特権になっては、人類の格差はさらに大きくなり、ディストピアになってしまうかもしれません。
また、政府がAIに弱い日本が、AIを自在に使うアメリカ、中国、ロシアに蹂躙される予感もあります。
この本は、Excelが使える程度のスキルがあれば、誰でも自分でAIを作れるようになることを意図し、AIにおいて、数学やプログラミングよりも重要な、問題を推測問題に捉え直す力を得られることを目指しました。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード