ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

政木和三

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

力を抜く

今の大相撲は、横綱が率先して稽古をしなければならないような雰囲気になっているのだと思う。
これでは、本当に強い横綱は出ないと思う。
おそらく、戦前とか、もっと昔の横綱は、部屋の力士達が練習している間、悠然と座っていたと思うのだ。
なぜなら、横綱というものは、普通の力士が努力してなれるものではなく、極意を掴んだ者であるはずだからだ。
その極意とは、力を抜くことである。
横綱は、1人で稽古をすることも多かったと思う。稽古の様子を見せないためだ。
分からない者にとっては、力を抜く稽古は誤解されるからだ。
合気道の塩田剛三は、極意は確かに力を抜くことだが、力を抜くことを分かるためには、まず力を出す修行が必要なので、若い連中は徹底的にしごいたという。
しかし、それはどうかと思う。
政木和三さんは、50歳を過ぎてからゴルフを始め、関西シニアで優勝したり、年齢以下のスコアで回ってギネス認定されたこともあるらしい。
そして、トッププロでもなかなか出せない370ヤードを飛ばしたりであったが、その極意は、やはり、力を抜くことであると、何度も言っておられた。
しかし、政木さんは別に、「力を抜くことを分かるためには、まずは力を出す修行」などとは言わず、最初から力を抜くことを勧めた。確かに、なかなか出来ないが、それは、「飛ばすためには力が必要」という固定観念のためで、意識を変えれば、すぐに飛ばせると思う。

個人的には、昔やったセールスの仕事も同じと思う。
売ろう売ろうと思うとさっぱり売れないが、売ろうという意識を捨てて、ふわっと客のところに行くと売れ、私は、駆け出しの時にベテランセールスマン達を抜いてセールスコンテストで優勝した。
まあ、その後、売ろうとして売れなくなってしまったが、これもやはり、力を抜かないとうまくいかないことを示していたのである。

このブログで、腕振り運動や佐川流四股をよく勧めているが、どうしても、普通の人がこれらをやる時、腕や脚の筋肉が疲れたり、汗をかくように、力を入れてやる人が多いはずである。
運動というのは、シンドいもの、キツいもの、辛いものだという固定観念を持つよう、学校やテレビで洗脳されているからだ。
また、これらの運動を、「老人向け」と、頭から馬鹿にする人も多いと思う。
だが、これらの運動は、力を抜き、楽々と長時間やってこそ、辛い運動をはるかに超える成果を出せる。
実のところ、腕振り運動や四股に限らず、腕立て伏せやスクワットでも、楽な方法でやった方が効果があると思う。
もちろん、辛い運動が好きというのは、個人の趣味であり、それに難癖をつける気はさらさらないが、他人に強要してはならない。
楽な運動で、十分な、そして、マッチョマンになるのとは全く違う、本当に素晴らしい成果を得られると思う。








黒住宗忠が朝一番に必ず言った言葉

私は、近年の日本で本当に神的な力を持っていたのは、黒住宗忠(1780~1850)であったと思う。
黒住宗忠の関係について、私には、こんな思い出がある。
私は、政木和三さんが存命であった時、岡山の林原生物科学研究所の中にあった政木研究所に政木さんを訪ねた際、政木さんから、当時、既に絶版であった、政木さんの著書『精神文明と奇跡』を直接いただいた。
政木さんの前に出現した、素晴らしい観音像、大黒天像、えずび像のカラー写真が掲載された貴重な書で、表紙、裏表紙の絵は横尾忠則さんが、この本のために描かれたという豪華な本だと思う。
そして、この本の目次の前の冒頭部分に、黒住教第六代教主、黒住宗晴さんが「警告の書」と題した文を寄せられている。

※余談
政木さんの研究所には4人で尋ねたが、私だけその本をもらえた理由は、おそらくこうである。
私が政木さんと話していた時、不意に脈絡なく、政木さんに「政木先生は横尾忠則さんをご存じですか?」と尋ねると、政木さんは黙って壁を見た。すると、そこには、政木さんの見事な肖像画が飾られていて、銘を見ると「横尾忠則」と書かれていた。
なぜ私に、急に横尾忠則さんのことが思い浮かんだのかは分からない。

黒住宗忠の伝記として、最も純麗なものは、吉川弘文館の『人物叢書 黒住宗忠』(原敬吾著)であると思う。
私が購入した古書は、昭和48年(1973年)の6刷で、初版は昭和35年(1960年)である。
尚、1987年に新版が出ており、現在も販売されているが、おそらく、書の中身は同じと思う。
文章は口語であるが、黒住宗忠の言葉は文語で引用されている。しかし、そう難しくはないと思う。

ところで、今でも、いろいろな人が、「ありがとう」「ありがたい」という言葉を口や心で言うと、良いこと、あるいは、奇跡が起こるという話を、よくしていると思う。
それを、昔にすでに言っていたのが黒住宗忠であった。
こんな話が、上記の『人物叢書 黒住宗忠』に書かれている(149頁)。
宗忠の弟子の直原伊八郎が、宗忠と一緒に寝泊まりした時のことだ。
朝、目が覚めた宗忠は、起き上がると、雨戸を1枚空け、「あゝ、有り難い」と言ったという。
伊八郎は、後に、誰かへの手紙の中で、
「くれぐれも、ただ、有り難いと言うことを忘れないよう。私は毎朝、必ず言っている」
と書いている。
また、宗忠の門人が、宗忠に、
「寝ても覚めても有り難いという心が起こりません。どうすれば良いですか?」
と尋ねると、宗忠は、
「たとえ真似でも、口先でも良いから、いつでも、有り難いと言いなさい」
と教えている。
そして、こんな話がある。
岡山藩の身分の高い武士が、らい病(ハンセン氏病)に罹り、噂に高い宗忠を訪ねてアドヴァイスを求めた。
すると、宗忠は、
「ただ一心に、有り難いと百回唱えなされ」
と答えた。
武士は言われた通りやってみたが、1週間経っても効果がなかった。
そこで、もう一度、宗忠を訪ねると、宗忠は、
「一心不乱に千回」
と言うので、武士はやってみたが、やはり回復しない。
そこで、また行くと、宗忠は、
「一万回」
と言うので、その通りにやると、1週間後、武士は吐血して、疲労のため熟睡し、翌朝目が覚めると、らい病は治り、皮膚はすっかりきれいになっていた。

一万回は難しいかもしれないが、出来る範囲で、「ありがたい」あるいは「ありがとう」と唱えると、問題が解決していったと言う人もいる。
ウォーキングなど、軽い運動をしている時に唱えるのが特に有効と言う人もいる。
腕振り運動は、数を数えながらやるのが原則であるが、「ありがたい」と唱えながらであるなら良いと思う。
やってみてはと思う。








力を抜くことと永遠の生命

14日連続で、腕振り運動1万回を継続中だが、昨日から、腕の付け根あたりが痛い。
腕を振るのに、力が入り過ぎていたようだ。
腕振り運動の理想は、完全に力を抜き、自然に腕を振ることだから、それは良くない。
まあ、昨日は、かなり寒いところで腕振り運動を行ったので、ついつい、温まろうという意識が働き、力が入ってしまったのだろう。

武道でも、ダンスでも、あるいは、スポーツでも、極意は力を抜くことだ。
まして、腕振り運動は、余計な力が入らないよう、よくよく気をつけないといけない。
力を抜くことに関し、政木和三さんのゴルフを思い出す。
政木さんは、50歳を過ぎてゴルフを始めたが、関西シニア選手権ではプロに混じって優勝し、また、エージシュート(年齢以下のスコアで回る)を達成しギネス認定もされた。
私は、ゴルフはほとんど知らないが、政木さんは370ヤードという、プロでも滅多に出せない飛距離を出したらしい。しかし、370ヤードでは誰も信じないので、1割ほど減らして340ヤードとして、新聞に掲載されたと本人から聞いたが、嘘ではないと思う。
政木さんは、力を入れてクラブを振るのではなく、振り上げたクラブを自然落下させてボールに当てるのだと言われていた。私は読んでいないが、彼が書いたゴルフの本にも、そう書いていると思う。

これは、本で読んだだけだが、合氣道家の藤平光一さんは、小指1本でアメリカ人の大男数人と押し合いをし、全く負けなかったが、これもやはり、藤平さんの力が抜けているから出来ることのようだ。

腕振り運動は、最も正統的なやり方では、腕を後ろに振る時に、やや力を入れ、前に振る時には力を抜いて惰性で振る。
だが、後ろに振る時も余計な力が入ってはいけない。
私は、今日、丁度、腕も痛かったので、痛くないよう、なるべく力を入れないように振ると、腰の微妙な動きで腕が振れることが分かった。
それだと、腕は全く痛くない・・・つまり、ほとんど力が抜けている。
すぐに同じようには出来ないかもしれないが、とにかく、余計な力を入れず、なるべく力を抜き、それでいて、滑らかに振れるよう工夫すれば、理想的な振り方になると思う。
理想的な振り方になれば、関英男博士の言うGTP(グラビトン粒子)、即ち、気功の気や、ヨガのプラーナと同じものが豊富に出て、生命力を増大させると推測する。

余談だが、生命力の極致とでもいうものを描いた、タツノコプロダクションのSFアニメ『キャシャーンSins』という作品がある。
永遠の生命力を持つ美しい存在であるキャシャーンやルナの他にも、ロボット犬フレンダ―や、ロボットの青年ジンという、強い生命力を持つ者が僅かに存在する。
彼らは、朽ちて滅ぶ者達と、明らかに違うものがあるが、腕振り運動は、その秘密を解明し、それを得る鍵でもあるのだと思う。








馬鹿に倣う

人生で重要なことはさほど多くはなく、少しの大切なことを知れば、自由自在に生きられるものだと思う。
そして、何が本当に大切か知りたいなら、馬鹿に倣うことだ。
「前へ倣え」ではなく「馬鹿に倣え」であえる。
インドの優れたお寺では、僧の中に飛び切りの馬鹿がいたら喜び、一生懸命、その馬鹿僧の真似をするらしい。
そもそも、修行の目的なんてのは、馬鹿になることだ。
江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠は、有名な観想家(顔や身体の相で鑑定する占い師)に、「恐れ入りますが、あなたには阿呆の相がある」と言われたら、「長年、阿呆になる修行に励んで参ったが、いよいよ成果が出て来たか」と大喜びしたらしい。

で、馬鹿を観察したら、こんなことが分かる。
馬鹿は、たった1つの特技を持ち、魂の声に従うということだ。
馬鹿は、1つのことしか出来ないが、それに集中するので、かなり力がつく。上手くなるのに頭が必要なことはそうはないからね。

馬鹿の真似をして超人になった人と言えば、最近も述べたが、こんな人達がいる。
政木和三さんは、小学生の時、腹式呼吸の訓練を何か月もやって、1分で1回の呼吸が出来るようになった。すると、習ったこともないお経の意味が分かり、練習したこともないピアノを弾けるようになった。
上の黒住宗忠は、3か月間、1日平均630本の「大祓祝詞」を上げた(常識的には絶対不可能だ)。
それで、黒住宗忠は、イエス並の奇跡を起こせるようになった。
空海は、100万回、虚空蔵菩薩の真言を唱え、超天才になった。
これらのようなことは、よほどの馬鹿でないと出来ないが、頭脳明晰な彼らが、そんな馬鹿をやったのだ。

参考にすべき素晴らしい馬鹿の見本が、映画『フォレスト・ガンプ』の主人公フォレスト・ガンプだ。
彼は、IQ(知能指数)が75しかなく、おまけに、脚が悪くて脚装具(下肢装具)を付けていた。
そんなフォレストは、いじめの標的にされたが、ある日、フォレストが大勢のいじめっ子達に掴まりそうになった時、唯一の友達だったガールフレンドのジェニーが「逃げて!」と叫んだことから、フォレストは必死で逃げ、脚装具なしで走れるようになり、さらに、逃げて逃げて逃げまくるうちに、走ることが得意になり、大学アメリカンフットボールのスターになり、講義に1回も出ずに修士号を取った。
フォレストが従軍し、ベトナム戦争に行った時、こんなことが起こる。
彼がいた部隊が敵の急襲を受け、惨劇の状況になった。
フォレストは馬鹿だから、怪我で動けない仲間を見ると、1人も残さず、担ぎ上げて安全と思える場所に運んだ。
その中に、脚を吹っ飛ばされた上官がいたが、その上官はフォレストの助けを拒否した。そこで死にたかったのだ。だが、フォレストは魂の声に従って彼を救い、彼とは生涯の縁が出来た。
この時の働きで、フォレストは大統領から勲章を受ける。

唯一の特技である走ることと、魂の声に従うことで、フォレストは成功し続け、お金持ちにもなった。
そのフォレストが、ある時、ひたすら走り始める。
やがて、大勢の人達が彼と一緒に走り始め、全米が彼に注目する。
テレビのインタビュアがフォレストに尋ねる。
「あなたが走るポリシーは?」
だが、馬鹿なフォレストに、そんなものはない。だから、「わかんないよ」と答える。
彼は、魂の声に従っただけだ。
あなたも、フォレストを観察すると良いと思う。
馬鹿ほど、観察のし甲斐のあるものはない。
私も、今、馬鹿らしく、毎日何千回も腕振り運動をしている。
ポリシー?
分かんないよ(笑)








超人達の修行

超人的な人間は、一定の期間、長時間の修行をしていることが多い。
その修行は、一回一回は誰でも出来ることだが、それを極めて長時間行っている。

政木和三さんの場合、小学5年生くらいの時だったと思うが、吃音を治す目的で、腹式呼吸を毎日、何時間もやったらしい。
やがて1分で1回の呼吸が出来るようになると、政木さんは普通の人間を超えていた。
母親が読むお経の意味が即座に分かって母親に教えてあげたり、一度も練習したことがないピアノを弾けるようになっていた。
他にも、いろいろなことが出来るようになっていたのだと思う。
超人、政木和三が誕生したのは、その時かもしれない。

江戸末期の神道家、黒住宗忠(1780~1850)は、近代の人であり、彼が興した黒住教の黒住神社は続いていて、黒住宗忠に関する記録はしっかり残っていると思うが、彼は超人的な伝聞の非常に多い人と思う。
その黒住宗忠は1827年の3月8日から5月22日まで、神道の祝詞である「大祓祝詞(おおはらえのことば)」を1日平均630本上げたとある。正直、これはどう考えても不可能としか思えない数である。
春日大社の宮司(神社の長)であった葉室頼明氏(1827~2009)も、いつの頃か忘れたが、「大祓祝詞」をひらがな書きして1日中上げていたようだ。彼は形成外科医として奇跡的な手術を行えるようになり、その後、医者をやめて神職に就いている。

ラマナ・マハルシは、17歳の時に、不意に悟りを開いたが、その直後、家を出てアルナチャラという山に行ってそこに住んだ。そこでまず、2年間の沈黙の行を行ったといわれる(正確にはもっと短い期間ではあったらしい)。
空海は、延々と虚空蔵菩薩の真言を唱える(100万回)求聞持聡明法でやはり超人化している。

このような例は、探せばいくらでもあるし、おおよそ、超人的な人物はある期間、何らかの単純な繰り返しによる修行を行っていると思う。
その気になれば自分にも出来そうなものから、極めて過酷なものまであるが、何かの行を収めれば、きっと、それに応じた成果が得られるだろう。

私も十年ほど前、「大祓祝詞」を1日6~7時間上げることに挑んでいたが、唱えることがストレスになってしまい、かえって心が病んだように思えた。そうなったのは、私がそれに適していなかったのだろう。
また私は、別に超人になったわけではないが、ある年の年末から、翌年5月末まで、自主的に、1日も休まず、朝7時半から夜0時近くまで働いて倒れたことがあるが、やり方は間違っていたにせよ、この時から、業務系システムなら高度で最適なものを楽々作れるようになったと思う。限定超人である(笑)。

私も何かやりたいものだと思っているが、過酷なものは無理である(笑)。
4日前から、腕振り運動を本格的に始めたが、3600回、4700回、4700回ときて、昨日は5000回行った。
関英男博士の記録によれば、難病であっても、1日2000回、特に重い場合でも4000回で治っているようである。
続けば良いと思うが、今日あたり、これを記録するExcdel表を作ろうと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード