ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

政木和三

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

霊の領域に挑む

故・政木和三氏は講演で、自身が開発した神経波磁力線発生器について、「これでどんな病気でも治る」と断言しておられた。
この発言が法的にどうかということはあるが、この装置は、実際、そう言えるほどの成果を出していた。
私も、友人の叔父さんの、余命一か月と言われていた胃癌が10日で消滅したという報告を聞いたし、私自身も、医者が「絶対治らない」と断言した肉体の損傷が完全に回復するのを見たことがある。
残念ながら、神経波磁力線発生器は現在、販売されていないが、これを再現した装置に関しては、このブログの2022年1月9日の記事、
【リンク】偉大なる代替医療
に記載した。

ところで、私が一時期だけ関わった整体療法家が、こんなことを言われていた。
「ほとんどの病気は、少食で健康的なものを食べ、整体で身体を調整すれば、急速に治る。しかし、潜在意識に原因がある病気は、精神療法で潜在意識を調整しなければならないので、私はそれも出来るようになった。それで、もうどんな病気でも治せると思ったが、どうしても治らない人が数パーセントいた。これは、霊の領域にまで踏み込んで治す必要があることが分かり、これもやっと治せるようになった」
心理学者のアレクサンダー・ロイド博士のヒーリングコードと呼ばれる治療法は潜在意識を扱うのだと思われ、これにより、医療ではお手上げの病気も治っているらしい。
だが、ロイド博士によれば、潜在意識を原因とする病気は、個人的なものだけでなく、先祖の記憶をDNAとして引き継いだ場合もあるらしい。
これに関しては、信じない人もいると思うが、私は、こんな話により信じている。
神経科学者のジェームズ・ファロン博士は、脳科学の権威の観点からも、自分の脳がサイコパス(脳の欠陥により共感を感じることが出来ず、良心を持たない人)の特徴を強く備えており、客観的にも、自分がサイコパスであることを認めているが、自分の家系には、定期的に猟奇殺人を行った人がおり、自分がそれを引き継いでいると思えるといったことを、TEDでも話していた。
これが、特定の潜在意識の記憶をDNAによって受け継ぐことがあるという可能性を示していると思う。

さて、私は、幼い時からの皮膚病で、ある時期まではアトピー性皮膚炎であったが、10年ほど前に乾癬(かんせん)に変わったのだと思う。
乾癬に変わった当時は酷い状態だったが、少食と多量のビタミンC摂取と腕振り運動などで7割くらいまで抑え、治りはしないまでも、何とか普通の生活を送れていた。
しかし、昨年(2021年)10月初旬にひどいアレルギー性皮膚炎になり、これも何とか収まってきたと思えた12月の初旬、最盛期の乾癬がぶり返してきた。
あまりの辛さに、「乾癬で自殺した人の気持ちが分かる」などと思ったが、井本邦昭氏(井本整体主催。医学博士)の『すごい熱刺激』を読み、蒸しタオルによる熱刺激療法を行ったら、症状が劇的に改善した。これは本当に驚いた。
全身、爬虫類の肌のようにザラザラになっていたのが、スベスベの綺麗な肌の部分が多くなった。
ところが、不思議なことに、スベスベの綺麗な肌になった部分に、まだまだ痒みがある。ただし、以前のように、掻いてもただれることがないのだが、とにかく痒く、7年ほど前は、かゆみ止めの薬(抗ヒスタミン剤)を飲めば痒みは収まったが、今回は全く効かない。
熱刺激療法は2週間ほど、毎日2時間行っているが、治癒状態はこんな感じで停滞気味だ。だが、とにかく、生活に支障はないので、やはり、熱刺激療法は凄いと思う。
しかし、ヒーリングコードなど、得意の精神療法も、ほとんど効果がない。
つまり、私の皮膚病は、潜在意識レベルではなく、霊の領域のものだろう。
アニメ・漫画の『見える子ちゃん』のヒロイン、四谷みこ(高校1年生)のような子がいたら、私にヤバい霊がくっついているのが見えるかもしれない(笑)。

真言密教の高僧で、多くの人の難病や不運を加持祈祷の力で解消した織田隆弘氏も、「観音様でも業を断ち切ることは出来ない」と著書に書かれていたが、それで言えば、私の皮膚病も、なかなか治らないかもしれない。
しかし、この状況は、いよいよ霊の領域に踏み込むべきサインかもしれない。








偉大なる代替医療

代替医療(だいたいいりょう。医療の代わりに用いられる医療)とか民間療法と呼ばれるものには、医学を凌ぐような優れたものもあれば、デタラメなものもあると思う。
ただ、医療が否定している、あるいは、積極的に無視されていても優れたものもあると思う。
逆に、医療がとんでもなく酷いものであるという主張もあり、その中には、論理的でエビデンスのあるものもあると思う。

私が、これまで見た代替医療に属すと思われるもので、最も優れていたのは、故・政木和三さんが発明した神経波磁力線発生器と思う。
縦横高さ30cm×20cm×20cm(大体である)の装置に、直径20cmほどのドーナツ型のコイル(Mリングと呼ぶ)がつながれ、このコイルを患部に当て、特殊なリズムの強力な磁力線を送る。
私の友人の叔父さんが、末期の胃癌で、医者に、余命1か月と言われていた。
その叔父さんが、この装置を使うと、即座に体調に変化があり、十日後に検査すると、癌が消えていたと言う。
検査後の医者との対談に立ち会った友人の話では、医者は盛んに首をひねり、「元々の検査に間違いがあった」と言ったそうだ。もちろん、そんな馬鹿なことはあるまい。
また、私の父親は、無意識の状態で長期入院していたが、ひどい床ずれになってしまい、腰の肉が腐り、腰に不気味なほど大きな穴が空いてしまった。
放置した医療の不手際と言うだけでなく、床ずれを防ぐため、家族が父親の寝ている向きを変えようとしたら、それを止められたこともあった。
医者は、もう治らないと断言した。
そこで、神経波磁力線発生器をこっそり病院に持ち込み、医者や看護師が見ていないところで使っていた。
すると、みるみる腰に肉が着き、完全に元の状態に戻ってしまった。
この装置で治したと言うと、医者は黙っていたそうだ。

ただ、この神経波磁力線発生器は、販売業者の法律違反行為があったりで、販売禁止になり、政木和三さんも亡くなられてしまい、現在では、存在する装置も経年劣化しているはずだ。
私の家の装置も、数年前に壊れ、使えない状態だ。
神経波磁力線発生器を再現したという装置を、私は3つ知っているが、そのうちの1つは、効果が少ない粗悪品と聞く。残りの2つは良いと思うが、私は確認していない。

1つは、株式会社セルパワーの「セルパワー」
1つは、株式会社ケネストの「復刻版 超強力磁力線発生器 試作品」である。

尚、政木和三さんの神経波磁力線発生器の修理を、北野電機にて受け付けているらしい。

神経波磁力線発生器をクリニックで採用して、大きな治療成果を上げた医者もいた。
私が知る例では、「EM-X」との組み合わせで、やはり、末期癌を治した人がいた。
ただ、かなり回復はしたが、助からなかった癌患者も1人知っている。
また、あるビジネスマンは、学生時代のスポーツの影響で、腕が肩より上に挙げられなかったが、この装置を15分、肩に当てたら、簡単に上がるようになり、その場で装置を注文した。

ところで、面白いことに(?)、私は、この装置を持っていながら、自分に関する効果を全く体験していない。
装置が正常に動いていた時も、皮膚病(今は乾癬だが、昔はアトピーだったと思う)を患っていたが(幼い時から治ったことはない)、全く効かなかった。
頭痛がする時や、風邪をひいた時、また、メニエール病になった時にも使ったが、効き目はほぼなかったと思う。

ところが、私の皮膚病である乾癬(かんせん)に関しては、今、蒸しタオルによる熱刺激療法で、驚くべき成果を上げている。
現在、治療を始めて10日目くらいだが、上半身の胴体に関しては、ザラザラボコボコだった肌が完全にスベスベになり、本当に驚いている。
ただ、肌はスベスベなのに、痒みはあるという不思議な状態だ。
脚に関しては、今も、見るも無残な(笑)グロテスクさだが、触ると、スベスベであることに気付く。不気味な色が消えれば良いだけだ。
そして、おかしなことに、脚は痒くないのである。ただ、掻くと気持ち良いので、あまり掻かないよう注意しないといけない。
尚、痒くてもスベスベの部分は、かなり掻いても肌がほとんど荒れない。つまり、痒いということは、本来は、掻くことを身体が求めているのかもしれない。掻くことによって、異物を取り除く働きがあるのと、重病(癌など)のサインであるようだ。
尚、もう何年も前から、身体の一部の肌に特異な異形が発生し、最近、それが大きく酷くなり、かなりヤバいと思っていた。
それは、熱刺激でもなかなか治らないが、この数日、ついに、小さくなり始めた。
熱刺激は凄いのではないかと思う。
やり方を書いた、医師で医学博士の井本邦昭氏の『すごい熱刺激』を下に紹介しておく。紙の本とKindle版(電子書籍)がある。








偉人に低レベルな人向きのアファーメーションを教わる

人間は、鷹揚(おうよう。鷹が飛ぶようにゆったりしていること)な信念・・・つまり、余計な精神力を必要としない信念を持ったことが現実になる。
とはいえ、そのように滑らかで軽やかな信念を自在に持つことは出来ない。
心とは自由にならないものだからだ。
だが、言葉は自分の自由になり、「私は金持ちだ」「私は魅力的だ」と言うことは出来るので、このような言葉を繰り返して唱えれば、いずれは、この言葉通りの信念を持てるかもしれない。
しかし、いつまでも、唱えることに力みが必要で、ゆったり言うことが出来ないと、やがて、唱えることに疲れ、(唱えることが)続かない。

よく、「自分以外のもののために唱えれば続く」と言われ、それなら、「皆が幸福に」と唱えれば、皆の中に自分も含まれるのでOKとなるが、自分が一番可愛いということを偽って唱えても、やっぱり続かないのである。後ろめたさのために嘘が続かないというのは、自分の中に誠実があるということなので、喜ぶべきかもしれないが、とにかく、このやり方も駄目である。
まあ、「皆が幸福になど、馬鹿らしくて言えるか!」と言うサイコパス的な人は論外であるが(笑)。

アファーメーションも、自分に合った言葉を使う必要があるのだ。
有名な人が書いた本に載っているアファーメーションでも、自分に合わなければ効果がないばかりか、下手したら逆効果だ。

それで、政木和三さんが私に個人的に教えてくれた言葉は、私のような程度の低い人には向いているのである。
程度の低い人用とはいえ、肝心なところは押さえてある。
それはこうで、お金と女(男)についてである(笑)。
「私はお金なんてちっとも欲しくないんです。でも、いくらでも入って来るものは仕方がないんです」
「私は女なんてちっとも欲しくないんです。だけど身をまかせたがる女がいっぱいいてどうしようもないんです」
「私は男なんてちっとも欲しくないんです。だけど私のために何でもしたがる男がいくらでもいてどうしようもないんです」
前半に嘘があるではないかと思うだろうが、これはついて良い嘘で、こう唱えることで、欲望を少しでも放棄するから、後半にパワーが入るのである。
まさに、政木さんは「欲望をぽーんと手放すと全て可能になる」といつも言っていたのである。
尚、唱えると、本当に女(男)がいっぱい来るので、ほどほどに・・・








2つの型破りな成功法「政木式」「五島式」

願いの叶え方として、私には、政木和三さんに直接教わったやり方がある。
それは何度かこのブログにも書いた。
しかし、もう1つ、非常に感銘を受けたやり方があり、それは、昨年(2020年)6月に亡くなられた、ノストラダムスの予言で有名な五島勉さんの著書『死活の書』に書かれているものだ。

そして、よく考えたら、この2つは、根本的には同じだと分かる。

政木さんのは、「欲望否定法」だ。
例えば、お金が欲しいとする。
その場合、まず、お金が欲しいことを否定する。
政木さんはよく、
「私は、お金なんて、全然欲しくないんですよ」
と言っておられた。
しかし、続けて、
「でも、入ってくるものは仕方がないのです」
と、事実はこうだよと言う。
相当、頭の良い人でないと思いつかない無意識発動法だ。
ちなみに、女性にモテたい場合は、
「私は女なんて全くいらないのですね」
「でも、百人もの女が来るのだから仕方がないのです」
である。

五島さんのは、「欲望超否定法」だ。
やはり、お金が欲しいとしよう。
そしたら、こう考えるのである。
「俺のような駄目なやつに金が稼げるはずがない。最低限も得られず、野垂れ死にに違いない」
そして、可愛いあの子が欲しい場合は、こうである。
「俺なんかが相手にされるはずがない。不釣り合いもいいところだ」

政木法は、自分に嘘をつくのだが、これは良い嘘のつき方である。
だが、真面目に嘘をつかないと、うまくいかない。
五島法は、「自分は取るに足らない者」という謙虚さが必要で、己惚れ屋には向かない。
五島法は、政木法の発展形で、より強力なのだが、まるで初めて飛ばす新型ロケットに乗るような危うさがある。

そういえば、最近人気の若き天才経済学者の成田悠輔さん(東大首席卒業。MIT博士。イエール大助教授)が、
「金がなくなったら死ねばいい」
と言われていたが、これは五島式の精神と同じと感じた。

五島式は本に書かれているが、政木式は、直接的には本に書かれていない。しかし、エッセンスは、政木さんのどの本にも書かれている。








今こそ政木式成功法

アレクサンダー・ロイド博士の「ヒーリングコード」と「エネルギー療法」は、やはり効果的と思う。
私は、これで、重度のアレルギー皮膚疾患を2日で、また、深刻な肩こりを数時間で治した。
いずれも、憶えるのに3分かからないが、書籍『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』の入手のし易さからいえば、この本に載っている「エネルギー療法」に取り組まれることをお勧めする。
私は、これをやっているうちに、以前購入したQ-Linkペンダントを使おうという気になった。別に、必ずしも使う必要はないと思うが、悪いものではない。

また、政木和三さんから直接教わった成功法を思い出したが、これが本当に良いものだと気付いた。
お金に関し、政木さんは「私はお金なんてちっとも欲しくないのです」と言っておられた。
そして、「でも、入ってくるものは仕方がないのです。おかげで1憶円納税する羽目になってます」と言う。
「ちっとも欲しくない」と徹する必要はないかもしれないが、「どちらでも良い」という態度で良いと思う。
普通の人が「ちっとも欲しくない」と言ったら、強い嘘になってしまうということもある。
政木さんは、「欲望をぽーんと手放すとうまくいきます」と言っておられたが、「ちっとも欲しくない」が、完全に欲望を手放すことなら、「どちらでも良い」は、概ね、欲望を手放した状態である。
女性に関しても、政木さんは、近くにおられた奥さんに聞こえないように小声で、
「私は、女なんてちっとも欲しくないのです。でも、寄って来る女が百人もいるから困るのです」
と言う。
1憶円、百人・・・さすが、大物は、態度は慎ましくても、発想が違うと思った。
私なら五人くらいでいいし(笑)。

政木さんのやり方は、「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」と相性が良いのだ。
つまり、普通の成功法では、目標の達成を志すことがストレスになるから、目標が遠のくのだが、「ヒーリングコード」や「エネルギー療法」は、ストレスを消す方法だから、うまくいくのである。
そして、目標を立て、それを維持するにも、政木さんのやり方なら、緊張しないので、ストレスがたまらない。
本質的に、よく似ているのである。
「ヒーリングコード」あるいは「エネルギー療法」(両方でも良い)をやりながら、政木式でやればうまくと思う。












プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード