ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

政木和三

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

一行文で個室待遇

昔、船井幸雄さんの本を読んだ中で、印象深く憶えている言葉がある。
それは、
「現状肯定。過去オール善」
だ。
私は、若い頃から、引き寄せの力をそこそこ持っていたので、役職もない若いシステムエンジニアであった時から、大企業の中で広い個室を持って悠々としていた。
可愛い女の子も2人付けてもらって。
1人は、友人の社長のところでバイトをしていた可愛い女子大生を入社させてもらったのだった。
別部署の人が来ると、そんな役員並の扱いに驚かれたものだ。
だが、そんなことは誰でも簡単に出来ることだ。
私は、この個室のホワイトボードに、「現状肯定。過去オール善」と書いて、毎日眺めていた。

現状肯定とは、最も端的に言えば、現状に満足することだ。
船井さんは、不満をバネに頑張るというのは上手な生き方ではないと本に書いていたと思う。
つまり、どんな状況だろうが、現状に満足している者の方が、何ごともうまくいくということだ。
ところが、大抵の人間は、現状に不満だらけなのだ。それだと、人生はもっと悪くなりかねない。
はた目には、かなり良い状態なのに、不満たらたらの人も多い。
そんな人は、遠からず惨めな状態に陥る危険が高い。

だが、現状肯定と言うと、「否定ではないけれど・・・」という消極的な満足になり勝ちだろう。
だから、今は、「現状は完璧」と言うのである。

次に、「過去オール善」であるが、これは、「過去を後悔しない、嘆かない」と言うことである。
どんなに悪い過去であったとしても、それを良かったと心から思うのである。
たとえ、ゲーム三昧で遊び惚けた過去であっても、犯罪を犯した過去であっても、それでも、良かったと思うのは難しいが、それを後悔したり嘆いたりしても、何も良いことはなく、運命がさらに低下するだけである。
しかし、人様に迷惑をかけた過去を後悔しないというのも、なかなか納得出来ないかもしれない。
そこで、これも、今は、「過去は幻」と言うのである。
実際は、過去は存在しない。それをあると思うのは、ただ、幻を見ているだけなのだ。
続けて言えば、
「現状は完璧。過去は幻」
である。
これだけ知っていたら、ある程度のことなら、何でも自由になる。
まあ、私のように。ショボいかもしれないが(笑)。

船井幸雄さんには会ったことも無かったが、政木和三さんからよく聞いていた。
政木さんは、「船井君は我の塊。我がなくなれば、もっと大きくなれるんだが」と言われていた。
ただ、政木さんも、昔は自分も同じであったと言われていた。
「現状は完璧。過去は幻」は、我がなくならないと、完全に受け入れられない。
しかし、これを毎日思うと、我が弱くなり、引き寄せの力が強くなる。
アファーメーションにしても効果が高い。
私は、これの前バージョンの「現状肯定。過去オール善」で、そこそこやっていた。
どちらでも、お気に入りの方を憶えておくことをお奨めする。








引き寄せるために使った苦しい方便

引き寄せの方法は、根本を言えばたった1つで、新約聖書の福音書でイエスがそれを民衆に教える様子が書かれている。
その方法とは、「願いはすでに叶えられたと思え」である。

政木和三さんはよく、こんなことを言われていた。
「神は人の願いを聞かない。だが、どうしても叶えて欲しいなら、過去完了形で願え」
そして、具体的な例として、好んで話したのが次の話だ。
ある夫婦の赤ん坊が死にそうになっていて、ほぼ絶望的であった。
その夫婦は、政木さんに電話をして、赤ん坊を助けて欲しいと言った。
政木さんはこう答えた。
「赤ん坊は助かりません。諦めなさい。その上で、こう祈れ。『赤ん坊の命が助かりました。ありがとうございます』」
夫婦が言われた通りにしたところ、赤ん坊は助かった。
諦めながら「助かってありがとうございます」とは変な話だと思うはずだ。
本当は、願いが叶ったと思えば叶うのだから、赤ん坊が助かったと思うだけで良い。
だが、それだけ言うと、夫婦は、赤ん坊が助かることに執着してしまう。
執着は、願いが叶うことを妨げるのだ。
そこで、夫婦には、「赤ん坊は助からない」と言って諦めさせたのである。
ある意味、政木さんはテクニックというか方便を使ったのだが、政木さんも苦しかっただろう。
そして、願いが叶ったことを信じるためには、「ありがとうございます」と先に感謝するのが良い方法である。

願いが叶ったと信じることはとても難しい。
なぜ難しいのかと言うと、「叶った」と思っても、エゴが「そんなの叶うわけないだろ」と疑いの声や思いを発し、信じる心をぐらつかせるからだ。
「銀行預金が1憶円になった」と信じようとしても、エゴは、「どうやって1憶円得るのだ。無理に決まってるだろ」と言うだろう。
そこで、「どうやってなど知らん。だが1憶あるのだ」と本当に思うならそうなる。
しかし、それはやはり難しい。

ビル・ゲイツが大学生時代に愛読したという『ザ・マスター・キー』の16週のレッスンにこう書かれている。

わたしたちが万物の根源物質である宇宙精神と一体であると認識することでもたらされます。
(中略)
そのような心の姿勢を生み出すことに成功したら、願望がすでに実現された事実であると認識するのは容易です。

『ザ・マスター・キー』には、何度も「宇宙精神」という言葉が出て来る。
この本は、宇宙精神とは何で、それと自分が一体であるということを理解するために読めば良いのだが、そんなアドバイスなしに、この長い本を読んでも、なかなか成果は出ないのではないかと思う。
引き寄せの本はどれも長く、余分なことが書かれ過ぎているので、引き寄せが出来るようにならないという弊害はあると思う。
そして、『ザ・マスター・キー』の宇宙精神の説明は決してうまくない。そもそも、ちゃんと書かれていないと思う。
良い本ではあるが、多分、原本は隠されてしまっていて、見つからないのではないかと思う。

まとめて言おう。
引き寄せはこうやれば出来る。
「願いはすでに叶ったと思う。そして、欲望を捨てれば叶う」
これだけである。
だが、「願いが叶ったと思うこと」そして「欲望を捨てること」が、とてつもなく難しい。
エゴが、この2つに徹底的に抵抗するからだ。
銀行預金が1憶円になったと思おうとしたら、エゴはこう反発する。
「そんなの無理だろう」「実際は預金は10万円しかないじゃないか」
そして、欲望を捨てたくても、エゴは、「欲しい欲しい」と言うだろう。

さあ、どう解決するか?
やり方は分かっている。
まず、誰も、こんな認識が抜けている。
1憶円を願った瞬間に、すでに、1憶円は「本当に」ある。
つまり、願いは、願った瞬間に、既に「本当に」叶っているのである。
こう言われたら、100人中100人が「そんなわけないだろ」と言う。
それなのに、願いが叶ったと信じられるわけがないじゃないか?
この大矛盾に気付くべきなのだ。
「願った瞬間に叶う」は、方便・・・つまり、引き寄せのテクニックでも何でもない。
ただの事実なのだ。
だが、やはり、「願ったが、俺の預金は10万円だ」と言う。
いや、そう思うから10万円に戻っただけなのだ。
ところで、やっぱり1憶円欲しいかね?
「そりゃ欲しい」と言うなら、それが間違いだと気付かないだろうか?
だって、1憶円持っている人が1憶円欲しがるかね?
欲望なんて、あえて捨てなくても、1憶円得てしまえば、欲望を持ちたくても持てない。
「いや10憶だ」と言うなら10憶願えば良い。それだけのことだ。1憶も10憶も100億も変わらない。
だが、10億だと、慣れない人はエゴの抵抗が半端ないので、まずは、それなりの額にした方が無難というだけのことだ。

引き寄せが下手な人は、「1憶円得る。そしてそれが消える」を何度も繰り返しているのである。
そこで、1憶円があることを前提に考えないといけない。
ベンツを買おうとか、マンションを買おうと思わないといけない。
そんなことを気楽に考えていたら、エゴの抵抗が少なくなり、いずれ、抵抗してこなくなる。
そうしたら、願いが叶った状態のまま世界は続くのである。
別に、「銀行預金が1憶円になって安心だ」でも良いのだが、それだと、せっかく1憶円を得た瞬間、「銀行預金が1憶円になった空想をする」に現実が変わってしまうのである。その証拠に、少しも安心感が起こらない。








「願った瞬間に叶う」を分かるように説明&練習法

引き寄せに関するとっておきの話になると思う。
一般的に引き寄せでは、「願い、必要な時間が経過後、実現する」となる。
だが、主流となりつつある考え方は、「願う、即、実現する」である。
どうやって引き寄せるかといったことは問題にならない。
願ったら、もう、叶っているのである。
これを、スピリチュアル界隈では「既にある」と言うらしい。
そして、いかなる願いも叶う。
願いさえすれば、どんなに大きな願いでも、既に叶っているのである。
引き寄せマスターとの会話は、いつもこうなる。
「一生遊んで暮らせるお金が欲しいですね」
「もうありますよ」

これは完全に正しい。
だが、こんな反論があるだろう。
「私は一億円の銀行預金を望んだ。しかし、銀行預金は相変わらず10万円だ」
「私は、あの人を彼女にしたい。しかし、現実は少しも親しくない」
これらに対し、(自称?)引き寄せマスター達が回答する動画を、いくつか見たことがある。
「太陽はちゃんとあるのに、顔をそっちに向けないと太陽がないと思ってしまう。顔を向ければ良い」
みたいなことを言う人がいた。
「分かるかボケ!」である(笑)。
私はちゃんと説明しますと言って、長々と退屈な話をした挙句、全く説得力がなかった人もいたっけ(笑)。
中には、なかなか良いと思えることを言っていたのもあったが、後で考えると、全く覚えていない・・・つまり、一瞬、分かったような気にさせるのが上手いだけだろう。

まあ、早い話が、納得出来ないのは聞き手の問題ということなのだろう。
だが、その問題を解決するために質問しているはずなのだが・・・(笑)。

こんな説明があった。
「量子力学の量子もつれと同じで、叶っている状態と叶っていない状態が同時に存在している」
はい、では、叶った状態に固定する方法を教えてくれないと困る(笑)。
まあ、その答も言うのだが、全部、誤魔化しにしか思えない・・・というか、はっきり誤魔化ししか言えないのだろう。

だが、答は1行で済む。
「叶った瞬間、叶っていない状態になった(戻った)」
である。
少しだけ詳しく言えば、
「1憶円の銀行預金を願った瞬間、銀行預金は1憶円になった。しかし、そんなことあるわけないと思った瞬間、10万円に戻った」
である。
では、どうすれば、1憶円のままになるか?
「そんなこと、あるわけない」と思わなければ良いのである。

私は、画家で写真家で音楽家で神道家(全部プロで、かなり稼いでいる)という人に会ったことがある。
彼は、絵を描きながら演奏旅行中だった。
キーボードを横に並べて両手で弾くという流行りの奏法で演奏するのだが、楽器の練習をしたことは一度もないと言う。
まあ、私は、政木和三さんという、ある日突然、ピアノをプロの腕前で弾けるようになった人を知っているから、別に驚きはしなかった。
彼に、「私もやりたい」と言ったら、彼は、「すぐに出来ます」と言う。
その通りだ。
しかし、私は、「私には無理だ」と思うから、やっぱり無理なのだ。
それに対し、彼は、「演奏する」から先は何も考えなかったので、その通りの状態が続いているだけだ。

つまり、「考えなければ良い」のである。
政木和三さんがピアノを弾けるようになったのは小学5年生くらいの時で、その頃、政木さんは腹式呼吸の訓練をして、1分で1回の呼吸が出来るようになっていた。そんな呼吸をしている時は思考は消えているが、政木さんは、腹式呼吸の訓練を通して、思考を消すコツを掴んだのだろう。
政木さんも、たまに、少しだけだが、演奏が下手になることがあるらしい。
それは、ほんの少しだが「上手く弾いてやろう」と思った時だ。
つまり「上手く弾きたい」と思ったら、それに対する「下手に弾く」という思考が生まれ、そっちが実現するのだ。

政木さんは私に、「欲望をぽーんと捨てなさい」と言ったが、そうすれば、思考は消えるのである。
訓練の仕方もいろいろ教わった。
もちろん、本来は訓練など必要ない。
しかし、現代人は考える癖が強過ぎるから、少しは訓練しないと駄目なのだ。
訓練方法の1つは、超難しい知恵の輪を外すことだ。
何も考えずにやったら外れるから、確かにうまい訓練である。








あらゆる優れた教えは引き寄せの役に立つ

キリスト教の聖書は、旧約聖書だろうが新約聖書だろうが、引き寄せの最高の教科書でもあることは、現在では完全に分かっている。
実のところ、仏教の経典もそうだし、その他の宗教の聖典もそうであるに違いない。
さらには、欲望を捨てよと教える聖者達・・・例えば、ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジらの教えですら、強力な引き寄せの教えにもなっている。
その理由は簡単だ。
引き寄せは、潜在意識の力によって引き起こされるが、潜在意識の力が発揮されるのは思考が弱まった時(消えた時がMAX)である。
ところが、ラマナ・マハルシはこう言っていた。
「あらゆる聖典は、心を静かにしろと書かれている」
「心を静かにする」とは、思考を弱くすることであり、心が「完全に」静かになった状態とは、思考が消えた状態である。
よって、聖典の目的は、引き寄せの状態になることと同じである。
そもそもが、引き寄せは欲望をぎらぎらさせている時はうまくいかず、無欲な精神状態の時にうまくいくのである。
例えば、こんな話が参考になる。
度の過ぎたような女好きな男というのは、どんな場所のどんな時代にもいる。
ところが、そんな女好きな男の中でも、次々といい女(好みの女という意味だが)を手に入れる男というのは、女を得る際には、必ず、無欲な精神状態になることが必要であることを知っているのである。
これについては、私は、政木和三さんからやり方を教わっている(笑)。
それは、こう思うことである(もちろん、女がいい男を得るのも全く同じである)。
政木さんから聞いた通りで言えば、
「私は女なんてちっとも欲しくないんです。でも、私に身をまかせる女が百人いると思っているから、そうなっちゃうんです。来るものは仕方ないんです」
である。
ちなみに、お金に関して言えば、
「私はお金なんてちっとも欲しくないんです。でも入ってくるものは仕方ないんです。おかげで税金を一億円も払う羽目になるのです」
と言われていた。

さて、昨日も書いたが、武道の達人は、勝利を引き寄せる最上の方法は命を捨てることと心得ている。
命を捨てれば、思考なんてしている場合ではなく、完全に消えてしまうからだ。
しかし、普通は、命を少し捧げれば、ほとんどの願いは叶う。
水野南北が、「運は全て、食の多少で決まる」と断言した意味もそれで、食べる量を減らせば、それで自分の命を捧げて減らすのであるから、その分思考は弱まり、必ず願いは叶う。
しかし、現実には、たっぷり食べている者でも大きな願いを叶えている者は多いので、別の方法もあることが分かる。
その中で、即時に効果があるのは、呼吸を少なくすることだ。
体調と相談してやる必要があるが、緊急に願いを叶える必要がある時、不意に「息を止めろ」という声が浮かぶ人がいる。
息を止め続ければ死ぬが、死に近付くことで思考が消え、それによって、潜在意識が活発に働き、願いが叶うのである。
息を止めるのでも良いが、もっと穏やかにやりたい場合には、常に呼吸を静かにし、特に大きな願いを叶えたい時や、早く願いを叶えたい時は、非常に微かな呼吸を出来るだけ続けるという方法がある。
ただ、呼吸制御は健康に影響を与える場合もあるので、あくまで自己責任で行うことになる。








呼吸法で引き寄せを行う(朝の記事の補足)

悟りを開くと、物事の区別くらいはするかもしれないが、優劣はつけない。
その区別もしているかどうか分からないほどで、例えば、自分の親や子と他人とを、それほど区別せず、同じように見ている。
必要な買い物くらいはするが、見せびらかすためや満悦するために買うことはないので、一切の広告宣伝に全く影響されない。
だから、実際は、どんな引き寄せでも出来るが、大金を持ったり、豪邸や高級車を得ようとはしない。
不幸な人に寄りそうことはしても、必ずしも救わない。
イエスは、人々を目覚めさせ、人類を救うために、あえて神のような力を見せたが、その目的を果たすために死ぬことになっていた。

ラマナ・マハルシは、悟りを開くには、心を滅ぼす必要があると言った。
呼吸の制御で、一時的に悟りに近付いても(心が希薄になっても)、呼吸が元に戻れば、心は戻って来る。
だが、悟りを開き、心を完全に消したら、上に述べたような状態になるのであるが、それは、俗人的には楽しいことではない。
だから、ラマナ・マハルシは、呼吸の制御の価値をやや低く述べたが、引き寄せ自在になって、俗人的な意味で人生を楽しむためには、呼吸の制御は有益なのである。
今朝も言った通り、呼吸数を減らすことで、心をクリアにし、引き寄せ自在になる。
それには、ある程度の訓練をして、必要な時間、呼吸数をかなり少なくすることが必要だ。
だが、呼吸が元に戻れば、やはり凡人である。

あの政木和三さんだって、確かに、小学生の時、1分で1回の呼吸が出来るようになり、ほとんど超人化したが、性格は悪かったと自分で言われていた。
政木さんは、一時的に心が消えた状態の時は、大発明をしたり、予言をしたり、その他にも、様々な超能力を発揮したが、普段は我の強い、レベルの低い人間だったという。
また、こんな話もある。
ラマナ・マハルシと同時代の聖者として知られるニサルガダッタ・マハラジの弟子、ラメッシ・バルセカールは、師のマハラジは明らかに心(自我)があったし、それは、ラマナ・マハルシも同じであると言ったらしい。
そして、私も、政木和三さんとは、何度もゆっくり話したが、微かながら、やはり、政木さんにも心はあったと思う。
だから、普通の人と比べれば、全く控え目なのだが、自慢もすれば、エッチな話もするのである。

だから、我々は、マハルシのように、呼吸の制御を軽く見ず、これに励んで、引き寄せの力を高め、人生を楽しむと良いと思う。
そうすれば、後で、悟りにも近付き易くなると思う。
呼吸制御の方法に関しては、朝の記事の該当部分を引用すると、

----- 引用開始 -----
呼吸数を減らすコツは、やや多めに息を吸い、細く長く吐くことである。
訓練という意味では、心の中で「ナ」と言って息を吸い、「ダーーーーーム」で細く長く息を吐くと良い。
また、様々な加速学習の研究では、息を吸っていったん止めると、記憶力などの能力が向上することが分かっているという。
それも取り入れると良いかもしれない。
----- 引用終了 -----

となる。
他に、W.E.バトラーの『魔法入門』や『魔法修行』には、「4の呼吸」といって、4つ数えながら息を吸い、2つ数える間止め、4つで吐き、また、2つの間止めるというものがある。
加速学習関連では、4つ数えながら吸い、4つ止め、4つで吐くとか(吐いた後では息を止めない)、同じことを6つでやるというものもあったが、手元に本がない。
しかし、これらは、ゆっくり静かに呼吸し、呼吸数を減らすことをし易くするための工夫であるというだけのことだ。
私の場合は、最初は、上に書いた「ナ・ダーム」の呼吸をしていたが、今は、少し多く吸って、細く長く吐くということを、いつでもどこでもやっている。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード