ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

政木和三

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

一言で言えば「捨てろ」

昨夜、午後11時過ぎから、『人生を変える魔法の物語(原題:The Magic Story)』を一通り読んだ。
30分程度で読んだと思う。久し振りで読んだが、意味が分かってきたこともあり、面白かった。

人間が、力と幸運を得るには、昔風に言えば、良い背後霊についてもらうことだ。
政木和三さんの言い方では、優れた第二、第三の生命体(自分自身は第一生命体)についてもらうこと。
そして、『人生を変える魔法の物語』に書かれている表現では、「プラスの自分」についてもらうことだ。「プラスの自分」は原書では「プラスの生命体」で、政木和三さんの教えと同じなのだと思う。
『ローム太霊講話集』で、太霊ロームは、「釈迦やイエスは、背後霊との提携について教えるべきだった」と言っていたらしいが、イエスは、悪い背後霊(あるいは、第二第三の生命体)である悪霊を、それに憑りつかれた人から度々追い出している。
そして、確かに、直接は言わなかったかもしれないが、釈迦やイエスの教えを守れば、結果、優れた背後霊(第二第三の生命体)がついてくれるのだと思う。

良い第二第三の生命体についてもらうには、自分自身である第一生命体がしっかりしないといけないが、「しっかりする」とは、正直であるとか誠実である、公平であるといった、基本的なことはもちろん必要であるが、何と言っても、前抜き、積極的、プラス思考であることが大切である。
そのためには、積極的、前向きな人間の代表格であるトランプ大統領がこよなく尊敬するノーマン・ヴィンセント・ピールの著作『積極的考え方の力』を読むと良い。
尚、余計なことかもしれないが、私は、この本の現時点(2021年4月)での一番新しい翻訳本があまり好きでない。桑名一央(相沢勉)訳が良いと思う。ただし、あくまで主観である。

ピールの基本的な方法は、聖書の言葉を唱えることだ。
代表的なものは、
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」
「もし神が我々の味方なら、誰が我々に敵しえようか?」
である。
こう唱えることが祈りであると言える。
そして、こう祈ることで、神の力を持つ第二第三の生命体が来るのではないだろうか。
神が直接助けるのではなく、その代理として、輝く宇宙エネルギーであるところの、優れた第二第三の生命体が、こまごまと世話をしてれるのではないだろうか。

一方、業が深かったりで救いようがない劣悪な人間でも救ってくれるものが念仏だと言われる。
これは、自分を消す手段なのだ。
自分である第一生命体が立派になれば良いのだが、優れた第一生命体は、上で述べた通り、前向き、積極的な魂である。
だが、第一生命体を最も輝かせるのは、自我が消えた・・・いわゆる無になることである。
念仏を唱え続けると、自我が消え無になる。
ただ、それには、よほどの時間、唱えないといけないのだと思う。
一方、「論理的に無になり易い言葉」というものがある。
何の意味もない言葉を唱えれば、思考が生まれないので、無になるという原理である。
そんな言葉として、「ナ・ダーム」という言葉がある。
何の意味もない上、唱え易い言葉であり、「ナ・ダーム」と唱えることで、どんどん思念が消えていき、無に近付く。
TM(超越瞑想)も同じ原理を採用していると思われ、ごく短い、何の意味もない言葉(TMでは「マントラ」と呼ぶ)を唱えることで、想念を消すのである。
TMの場合は、1人1人に別の言葉を教えるが、おそらく、言葉の種類は、それほど多くはないのだと思う。
誰かがマントラは単に年齢で決まると暴露していたと思うが、いずれにしろ、効果的な方法ではあると思う。

ところで、自我を消す最強の方法は、政木和三さんが教えてくれたように「欲望をぽーんと手放す」ことである。
自分の最も強い欲望を手放すのが一番効果がある。
酒が何より好きで浴びるほど飲みたい人であれば、自分の意思で断固として禁酒すれば、無になる大きなチャンスになる。
アイドルオタクであれば、アイドルファンを一切やめるのである。
ただし、欲望ではなく純粋に好きなもの・・・例えば、芸術や武道といったものをやめてはならない。
あくまで、「自我の欲望」、つまり、「自分しか気持ち良くしないもの」を捨てるのである。
美食家であれば、豪華な料理に目を向けなければ良いのだし、ロリコンであれば可愛い女の子のことを考えなければ良いのである。
厳しいことのように感じるかもしれないが、欲望を肥大化させてしまった者には必要かもしれない。
つまり、いくら前向き、積極的であろうとしても、「欲しい欲しい」という欲望が、自我を肥大させ、第一生命体を駄目にしてしまうのである。
「欲望をぽーんと手放す」、一言で言うなら「捨てろ」である。








お札の話

私は「お札(ふだ)」というものの力を割と信じている。
お札は、力ある霊能者に筆で書いてもらわないといけないのかというと、もちろん、それに越したことはなかろうが、『ローム太霊講話集』(霞が関書房)という本に、印刷されたお札でも効果があると書かれていたのを妙に憶えている。
妙に憶えていることは、経験上、かなり正しいと思う。
『ローム太霊講話集』も、不思議な縁で入手した本だった。
お札が効果があると思う理由には、こんな経験にも拠っている。
昔、私の家が、あるきっかけで霊的に悪いものに憑かれたような感じがあり、家族が重病になったり大事故に遭ったり、悪いことが重なった。
まあ、偶然のアンラッキーが続いた時が、悪徳宗教の狙いどころかもしれないが(笑)、幸い、そんな災難には遭わなかった。
しかし、ついに、決定的なことがあった(ゴクリ)。
私が、夜、寝床で、眠っているのか目覚めているのか分からないような中で、青い骸骨に首を絞められるといったことが、よく起こるようになり、私もやつれてしまった。
他にも、スイッチを入れていないテレビやストーブが急に付いたりすることもよく起こったが、これは電磁波で説明出来る可能性があるし、ごく個人的には私の超能力のせいかもしれないと感じた。
まあ、私が高校生の時の話で、元気だったから、私自身はさほどのことはなかったが。
それで、神社の神主さんにお祓いをしていただき、お札を何枚かもらい、それを、私が良くない気配を感じるところに貼ったら、悪いことがピタリと止んでしまった。

私にとっては、お札だけでなく、神社のお守りやアミュレットやタリスマンといったお守りも、いつも役立ってくれたように思う。
物理学者の保江邦夫さんの本『神様につながった電話』で読んだが、大阪のサムハラ神社で販売されている指輪の威力は凄いらしく、これに関する奇跡話は数多いそうだが、そもそも、サムハラ神社やサムハラのお札の奇跡話は古くから沢山あるらしい。
ただ、今では、サムハラ神社の指輪は入手が非常に困難であるらしい。
私は別に、その指輪を入手しようとは思わないが、サムハラのお札が付いた雑誌(下で紹介している)を買って、そのお札を金属製名刺ケースに入れ、旅行の時などにはバッグに入れている。すると、大抵、快適な旅になる。

他にも、高貴な内容の本には、お守りのような効果があると思う。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』の5巻によれば、「神」という字が多く書かれている本には強い力があるらしく、それで言えば、聖書が一番だし、『古事記』にも神という言葉は多い。
まあ、信じない人には可笑しい話かもしれないがね(笑)。
非常に強い力を感じたのは、政木和三さんの著書『精神エネルギー』だが、不思議なことに、この本のカバーは破れていたはずなのに、いつか治ってしまっていた。これは本当だ。
林原生物化学研究所の中の政木研究所で、政木さんに直接もらった政木さんの著書『現代文明と奇跡』は勿体なくて持ち歩けないが(笑)。
まあしかし、政木さんの本はどれも効果があると思うが、ただ、政木さんに、ある政木さんの本は良くないと言われた。とはいえ、政木和三著になっている本はどれも良い(その「良くない」本は著者名に「政木」が入っていない)。
また、足立育朗さんの『波動の法則』には、科学的実験で確認されていると思うが、力のある図形が沢山書かれているので、私は電子版と共に紙の本も持っている。
それと、足立育朗さんの妹さんで画家の足立幸子さんの本にも、足立幸子さんが描かれた絵が掲載されており、これらの絵にも効果があると思う。
もちろん、保証のしようもないが、経験的、直観的、あるいは、気分的には(笑)、確かに効果があると感じる。












『マジック・ストーリー』を効果的に読むには

『マジック・ストーリー』という本がある。
原題は、そのまま『The Magic Story』で、翻訳には、
(1)『マジック・ストーリー』(ソフトバンククリエイティブ)紙の本。絶版
(2)『人生を変える魔法の物語』(Rico Success Classics※個人出版と思われる)Kindle書:399円
の2つがある。
『人生を変える魔法の物語』は個人出版とはいえ、優秀な翻訳家が訳したものだ。

この本は2部に分かれる。
1部では、現代(と言っても1900年頃)の話だ。
『マジック・ストーリー』という10分程で語れる短い物語があり、その物語を聞けば、どんな駄目人間も、たちまち成功する。
仕事がない者は、ただちに良い仕事が入り、ツキがなかった者が、たちまち幸運に恵まれる。
それよりも、自信がなく消極的で愚痴ばかりこぼしている人間が、その物語を聞けば、自信に満ち、積極的になる。
不可能はなくなる訳だ。
なぜ「物語を聞けば」というように「聞く」のかというと、別に聞かないといけない訳ではなく、むしろ、読んだ方が良いが、それが書かれた本は古く、既に出版されておらず、1人の男がそれをたまたま見つけ、それを読んだら、たちまち成功したので、その男がいろんな人に、その物語を語って聞かせていたのである。
物語を聞いた人は、皆、たちまち成功した。
そして、2部が、その物語である。
もちろん、これは、あくまで設定であるが、この設定により、『マジック・ストーリー』がどんな性質のものかを読者が把握出来、面白さも増している。

著者は1861年生まれの作家、フレデリック・ヴァン・レンスラー・ダイ。
元々は優秀な弁護士だったが、大病にかかり、病床で物書きを始めると、作家が自分の天職だと確信した彼は小説家として大成功する。
その中で、フレデリックは自分の成功哲学を、小説家らしく、楽しい印象的な物語として著したのが、『マジック・ストーリー』だ。
『マジック・ストーリー』は1899年に出版され、たちまち世界的ブームを巻き起こした。

ところが、私は、2種類の翻訳を何度も読んだが、どうもピンと来ない。
そして、2つとも、原文の「plus-entity」を「プラスの自分」、「minus-entity」を「マイナスの自分」と訳していたのが拙いのだと気付いた。
entity(エンティティ)とは「実在」「存在」という意味だが、様々な分野で、様々な意味で使われる、かなり微妙な言葉だ。
実際のところ、「plus-entity」は「善霊」、「minus-entity」は「悪霊(あるいは邪霊)」と言った方が当を得ている気もするが、それではちょっと妙な雰囲気になりかねない。
そこで、政木和三さんが使っていた「第二生命体」「第三生命体」という言葉を使うと良いのだと思う。
「真の自分」は「第一生命体」
「外から来て、真の自分である第一生命体と融合する生命体」が「第二生命体や第三生命体」
そして、
「plus-entity」は「良い生命体」
「minus-entity」は「悪い生命体」
だ。
つまり、良い生命体が、第二第三の生命体として第一生命体と融合するか、あるいは、悪い生命体がそうなるかで運命が決まるのである。
ただし、『マジック・ストーリー』では、第一生命体と融合するものとして、第二生命体までしか考えていないが、それはそれで良いと思う。
問題は、良い第二生命体を、どう呼ぶかであり、その最も簡単な方法が『マジック・ストーリー』を読むことである。

この理解を持って読めば、『マジック・ストーリー』は確かに威力を発揮する、最高クラスの引き寄せ書と思う。








お祓いの原理と方法

日本人は無宗教だと言いながら、厄除け、厄祓い(厄払い)、お祓いは、少しも特殊でも珍しくもないのだから不思議だ。
およそ信仰など持ってなさそうな男が、「最近、妹に悪いことが起こるので、あちこちの神社に厄除けの祈願に行っている」などと言うが、それを聞いても、別にビックリもしない。
外国人の、日本文化に関する研究者の中には、「日本は無宗教と言われるが、そうではなく、日本の神道は空気のように自然な宗教なのであり、無いように見えても必要不可欠なものである」と見事に見抜く者がいるが、まさにその通りと思う。

その日本で、知的・理性的とも宗教的とも言い難いが、いわば無意識的に重んじられるのが、厄除け、厄祓いなどの「お祓い」である。
そして、お祓いの原理は分からないながら、実際に効くように思われるのである。
人や土地や建物、あるいは、あらゆるものに、「障(さわ)り」というものが憑くことがあり、それが、運命に悪影響を与えるのである。
そして、障るものは、神だと言われている。
キリスト教的な神様の観念が強い現代人なら、「なんで神様が障るのだ?」と思うだろう。
しかし、自然宗教とも言える神道では、風や火や雨といった自然現象や、屋根や戸口やトイレといった建物の一部や設備、さらに、包丁や農耕具といったあらゆる物の神様がいて、それらの神様が、何らかの理由で、時に人間にとって有り難くないと思えることをするかもしれないのである。
悪い影響を与える死霊や動物霊を取り除くというのがお祓いなのであるが、日本では、そんな死霊や動物霊を、「悪霊」とは言わず、あくまで「神様」として扱うのが本来的なのだと思う。
西洋でも「悪魔祓い」という考え方はあるが。西洋の悪魔は完全な悪者で、神などと言うことは決してない。

だが、東洋だろうが西洋だろうが、運命に悪い影響を及ぼす霊的な存在は、取り除くか浄化するのが良いと考えるところは一致していると思う。
そして、その通りである。

少し、原理的な話をしようと思うが、もちろん、公認された話ではない。
政木和三さんは、人間には、複数の「生命体」と呼ばれる生命エネルギーがあると言う。
「第一生命体」と言うものが、その人間の本体の生命体と思われる。
そして、「第二生命体」が、最も大きな影響を与える生命エネルギーで、さらに、「第三生命体」「第四生命体」と、程度の大小はあっても、やはり、その人間の人間性や運命に影響を与える。
尚、いくつの生命体があるのかというと、「第二生命体」「第三生命体」あたりまでは必ずあるのだと思われる。
例えば、政木さんの話では、現役プロレスラーだった時のアントニオ猪木さんは、第一生命体は実は、女性のような優しい生命体で、普段の猪木さんは大人しい優しい人なのだが、第二か第三かは忘れたが、ヘラクレスの生命体がついていて、リングに上がると途方もない強さを発揮するのだと言う。
第二生命体や第三生命体、それ以下の生命体は、入れ替わることがある。
知的な生命体が入ると頭脳明晰になるし、芸術家の生命体が入ると、急に絵が上手くなったり、芸術が理解出来るようになる。
逆に、凶悪な生命体が入ると、暴力を振るいたくなったり、野蛮な、あるいは、残酷なことをしたくなる。

だから、好ましくない生命体には出て行っていただき、好ましい生命体に入ってもらいたいと思うのである。
そして、それは、我々の本体である第一生命体次第なのだ。
第二以下の生命体の影響で、酒好きだったり飽食に耽ったり、性的な誘惑に弱くても、第一生命体である真の自己が強い意思を持って、高貴な心を持とうと決心すれば、良い生命体が入り、悪い生命体が出ていく。
『マジック・ストーリー(翻訳には『人生を変える魔法の物語』がある)』では、翻訳では、良い生命体を「プラスの自分」、悪い生命体を「マイナスの自分」と呼んでいるが、原作通り「プラス・エンティティ(プラスの生命体)」、「マイナス・エンティティ(マイナスの生命体)」と呼んだ方が良いと思う。
この本にも、自分の意思によって、プラスの生命体かマイナスの生命体が入り、それによって運命が大きく変わることが面白く描いている。
完全な書き方ではないが、面白いし、大いに参考になるだろう。

結局のところ、真の自己である第一生命体が、どうやって優れた良い生命体を迎えるか、悪い生命体を追い出すかで、運命は決まるのかもしれない。
これについては、いろいろ良い手立てを語れると思うので、今後、述べていこうと思う。








宇宙人とコンタクトするには

YouTubeで、宇宙人や神霊からの情報を、ごく普通に公開発信している人がよくいる。
で、それらの動画を見てみると、案外(と言うのは失礼か)、内容が良かったりする。
私は、ワンダーちゃんが好きなので(笑)、「ワンダーウォール!」をチャンネル登録して、時々、見ている。
【YouTube】ワンダーウォール!

YouTubeに投稿された宇宙人メッセージの多くが、チャネリング(概ねテレパシー通信による)で、ジョージ・アダムスキーのように、肉体的に宇宙人と会って話したという例は、私が知る限り皆無である。もっとも、私は、YouTubeをそれほど沢山見ている訳ではないが。
バシャールが有名になるまでは、宇宙人とのコンタクト(接触)は、物体としてのUFOに乗ってやって来た宇宙人と肉体同士で接触するというのが一般的な観念だったし、私もそうだった。
しかし、私は、アメリカのチャネラーであるリサ・ロイヤルの『宇宙人 内なる訪問者』という本を読み、宇宙人は潜在意識からコンタクトしてくると書かれてあるのを見て、それはあり得ると思った。
ところで、その頃、私は超一級の宇宙人コンタクティーに会っている。
工学博士で発明家の政木和三氏だ。
政木氏は、著書で、宇宙人からの手紙も公開していたが、接触の方法については書かれていない。
それで、会った時にいろいろ聞いてみたが、政木氏は、はぐらかす様子はなかったが、特殊な接触方法で、私はあまり理解出来なかった。
しかし、『空飛ぶ円盤と超科学』の村田正雄氏や、現在、ご活躍中の物理学者、保江邦夫氏らが他の星(共に金星に行かれている)に行かれたのと同じ方法のように思えた。
つまり、3次元より高い次元で宇宙人に会うのである。
政木氏は、その時、私に、「皆、宇宙人なのですよ」と言われたが、私は、あまりピンとこなかった。

宇宙人と接触した話では、世界的画家の横尾忠則氏が、著書に、宇宙人と会った時のことを書かれていて、一見、肉体レベルでの接触のように思われるが、これも、横尾氏の意識が高次元に移って宇宙人と会ったようにも思われる。
横尾氏は、エンリケ・バリオスの有名な『アミ 小さな宇宙人』か、その続巻だったか忘れたが、本のカバーに賛辞を書かれていたと思う。
それで、私は、当時、林原生物化学研究所にあった政木氏の研究所を訪れた際、何の脈絡もなく、唐突に、「政木先生は、横尾忠則さんをご存じですか?」と尋ねたら、政木氏は、横の壁を見る。
そこには、見事な政木氏の肖像画が飾られていた。その画の銘は「横尾忠則」だった。
そして、政木氏は、横尾氏が装丁を制作してくれた政木氏の著書『精神文明と奇跡』を私にくれた。これは、今では古書も高価な本で、私は今も大切にしている。
ところで、政木氏は、「横尾さんは宇宙人ですよ」と言う。
私は少し混乱したが、上に書いたように、政木氏が「皆、宇宙人なのですよ」と言われたのを思い出し、それは、横尾氏の潜在意識が宇宙意識とよく通じているという意味だと分かった。

それで、どうすれば、潜在意識と宇宙意識の通路が開かれ、宇宙人とコンタクト出来るのかというと、やはり、潜在意識をクリアにする必要があるのだろう。
ほとんどの人が、学校やマスコミにより、嘘の情報を繰り返し教え込まれたので、潜在意識はゴミやガラクタがいっぱいで、宇宙意識と通じない。
そこで、潜在意識の偏見を消さないといけないが、これは大変に難しく、アインシュタインすら「自分には無理だ」と言った。
だが、1つの方法として、高貴な真言や呪文を常に真摯に唱えることによって、高次の存在が手助けしてくれるのではないかと思う。
般若心経の呪文、如来・菩薩の真言、祝詞、それに、『アジマリカン』などで、自分に合うものを唱えれば良いと思う。
そうすれば、引き寄せを行うための知恵も内側から現れ、うまくいくのではないかと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード