ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

凡人の群れから抜け出す法

偉大な人間になるのは難しいかもしれないが、駄目でない人間になるのは簡単だ。
毎日、午前5時までに起床する駄目な人間が存在することは考えられない。
ならば、毎朝5時までに起きれば駄目な人間にならずに済む。
ただし、特別な事情がない限り、1年365日欠かさずだ。
どのくらいの期間やれば駄目でなくなるかというと、1年だが、一生続けると決意すれば、もう駄目な人間でなくなる。
とはいえ、諸事情で、5時までに起きることが出来ない人もいるだろうが、他のことでも良い。
例えば、食事は腹八分目で止めるとか、毎日決まった時間に運動をする・・・等である。
ただし、これらも、特別な事情がない限り「お休みの日」など決してあってはならない。
まあ、食事に関しては、パーティーや特別な会食の日は、多少食べ過ぎても仕方がないし、体調が悪い日は運動しなくて良い。
しかし、言い訳程度の理由で「お休み」するような者は、駄目な人間である。
言い訳は駄目な人間の愛用品である。

私は、企業の採用面接などで、学歴だの、趣味だのと下らないことを聞くより、「1年365日、毎朝5時に起床する」とか「1年365日、食事は腹八分目以上食べない」という人を採用すれば良いと思う。
少なくとも外れはないので。

次は、優れた人間になる方法である。
駄目でない人間になる方法が「マイナスをなくす」ことなら、優れた人間になるには「プラスを加える」ことが必要になる。
ただ、プラスを加えるのも、マイナスをなくすこと同様、1年365日でやることが必要である。
キリスト教圏では、毎日聖書を読む人は、間違いなく尊敬されると思うが、実際、そんな人間は優れているのである。
それに根拠は必要ない。「直観で」分かる、あるいは、「自ずと」分かることだ。
そして、本当に毎日聖書を読んでいるかどうかも、こちらの目がよほど曇っていない限り雰囲気で自ずと分かるはずだ。
無論、宗教としてキリスト教の信者であるか、そうでないかは全く関係ない。
ロクでもない目的で聖書を読むやつなんていないからね(笑)。
聖書でなくても、『バガヴァッド・ギーター』、『ギリシャ神話』、『古事記』、『論語』、その他、これらに匹敵する書であれば同じである。
ことさら古典や偉大な書でなくても良い。
どんなに酔っぱらって帰って来ても、必ず1時間読書するという男性がいるが、おそろしく優秀だそうだ。
彼は、優秀だからそんなことをするのではなく、そんなことをするから優秀なのである。

上の「駄目でない人間になる方法」で、毎日欠かさず運動をすることを挙げたが、それは軽い運動でも良い。
だが、優れたプロ野球選手には、毎日、決まった時刻になったら、たとえ宴会中でも、バットを持って外に出て素振りをするという選手がいるが、特別な人間の集団であるプロの中でも抜きん出るのは、そんな人であると思う。
つまりね、どこか(良い意味で)常軌を逸したところがある者がチャンピオンになるのである。

特殊なものとして「断ち物」というものがある。
これは、願いを叶えるために、自分が特に好きなものを放棄することである。
有名なものでは、上杉謙信が、戦の勝利を願い、一生、女を抱かないと決め、実践した。
そして、謙信は、戦では負け知らずだった。
ある女優は、「死ぬほど好き」というチョコレートを断ち、厳しい芸能界で勝ち抜いた。
酒が好きで、酒豪と呼ばれるほど飲んでいた者なら、酒を断つのも良いだろう。
そうえいば、ドナルド・トランプも、元々は酒を飲んでいたが、一切飲まなくなったそうだ。

これらは「掟」と言っても良いが、掟は黙って従うものである。
黙って、1年365日、一生続けるのである。
大パリニッバーナ経(涅槃経)の初めの方に、釈迦が定めた「7つの繁栄の法」がある。
これを守る者に破滅はなく、繁栄あるのみである。
その中の1つでも必ず守るなら、そうであるといわれる。








必ず神から力を与えられる方法

人間が欲しいものには、愛、友情、安らぎ、お金など、いろいろなものがある。
だが、それらを得るのは、「力(パワー)」というべきものが必要だ。
それは、お金とか、地位とか、ましてや、学歴などといったものとは全く違う魂の力なのだが、それを得れば、お金でも地位でも思いのままで、学歴などは全く不要になる。
では、そんな本物の力、根本的で本質的な力、心の、そして、魂の力をどうやれば得られるか?
これは、やり方自体は簡単なのである。
単に、自分がやるかどうかだけだ。
そのやり方とは、一言で言えば、「自己制約」である。
つまり、自分に制約を課すのであるが、そのためのシンプルな方法が「自分に掟を課す」ことである。

強い力を持つ人間は例外なく、自分の掟を持っている。
例えば、自分の家にいてもスーツなど、しっかりした服装をするという場合もある。
他の人が、リラックスした・・・有体に言えばだらしない格好をし、「自宅なんだからいいじゃないか」と思っているのに、あえて自分に掟を課し、自宅ですら、自分の自由に制限を加えているのである。

戦国武将の上杉謙信は、戦(いくさ)において無敗であった。
彼は、いかなる大きな掟を課し、得られるはずの自由を自分で制限していたのだろう?
なんと彼は「女」を絶っていたのだ。もちろん、彼は人並・・・いや、あれほどエネルギッシュな男だ、超絶女好きであったと想像する。
そして、彼なら、どんな女でも思いのままであったはずだが、その羨ましい自由に自分で制限をかけたのだ。
もし、超大物になりたいなら、それほどの犠牲が必要であり、犠牲という対価を払うことなく大きな力は得られない。

神は、人間が自分に課した制約の倍の力を人間に与えるのである。
人間は皆、自分勝手に自由に生きたい・・・これを「放埓(ほうらつ。勝手きままなこと)に生きる欲望」」と言い、人間の持つ強い欲望だ。
美味しいものを好きなだけ食べたい。
好みの女(男)を無限に自由にしたい。
自分のわがままを押し通したい。
しかし、そればかりでは、神はその人間に力を与えない。

朝、7時まで寝ていたって生活に支障はないが、毎朝5時に起きるという掟を自分に課した者は、寝ていられるという自由に制限を加えた・・・つまり、制約を課したのである。
江戸時代の観想家(身体や顔の相で運命を鑑定する占術師)、水野南北は、「食の制限こそが人間に最大の力を与える」として、小食粗食を説いた。彼は、子供の時から飲酒し、姿醜く、性格は粗暴で、牢屋敷(今の刑務所)に入れられるような人間でありながら、厳しい食の慎みを実践することで、蔵を7つ持つ大長者になり、正妻は8人で、貴族にまで叙せられたという。また、当時としては異例の75歳まで生きた。

確かに、誰もが、水野南北のような厳しい食の制限を課すことは必要ではないかもしれない。
しかし、欲望のままに無制限に飲み食いする者は、その他のことで、よほどの厳しい掟を課し、それを絶対的に守らなければ大きな力は得られない。
普通は、食に関しては、エマニュエル・スウェーデンボルグのように、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」程度で十分であるが、その範囲では制限を課すべきと思う。
また、水野南北は、酒も大好きであったが、1日1合と制約を課していた。

私も、ささやかなことであるが、絶対的な掟で、自分に制約を課し、自分の自由に制限を加えている。
朝は、暮、正月関係なく、4時半に起床し、朝晩身体を鍛えているし、ちゃんとした食事は夜だけにし、満腹するまで食べることはない。
だが、全然足りないなあ(笑)。
これを機に考え直し、しっかりとした掟を持ち、大躍進を目指そう。よろしければ、皆様もご一緒に。








勝利への3つの道

悪霊にとり憑かれなければ不幸にならず、掟を守れば繁栄し、専念すれば偉大になる。
これだけ分かれば、いかなる人生の指南書も必要ない。

この3つは実は1つだ。
悪霊にとり憑かれなければ、自ずと何かの掟を守り、自分の道に専念する。
掟を守れば、悪霊にとり憑かれず、何かに専念するようになる。
自分の道に熱心に励む者に悪霊はとり憑くことが出来ず、自然に何かの掟を守っている。

おそらく、ほとんどの人間が、多少は悪霊にとり憑かれていて、少なくとも8割の者は、それが深刻で危険なレベルだ。
とはいえ、「ええ、私も悪霊にとり憑かれているんでしょうね」なんてボケたことを言っていてはいけない。
悪霊は断固、追い出さねばならない。
まず、背筋を伸ばす人間に悪霊はとり憑かない。
だが、だらしなく腰を前にずらして座る者は、例外なく悪霊の臭いがプンプンする。
蹲踞の姿勢をビシリと決めれば悪霊は逃げるが、相撲や剣道でもやっていないと、そんなことはほとんど誰もしない。
そして、道場では蹲踞をする人でも、普段、姿勢が悪いと、悪霊はすぐに戻って来る。
前向きで、明るく、笑みを絶やさない、親切な人には、当然、悪霊はとり憑くことが出来ないが、心が闇に陥った途端に悪霊が入り込み、後ろ向きなことや暗いことを考えるようになり、不機嫌な顔になって老化していく。
向上心を持って努力する者を悪霊は嫌って寄って来ないが、その目的が邪まであれば、悪霊は喜んでやって来る。
厄介なのが、男であれば、妻やちゃんとした彼女がいながら、別の女性に心奪われることがよくあるが、それが強くなると悪霊にとり憑かれ、救いようのない浮気性になり、身も滅ぼす。

本当に好きなものを諦める裁ち物は、偉大な成功者にはよく実践されたが、それは偉大な掟であり、悪霊を寄せ付けず、高貴な目的に専念する力を与える。
たとえば、酒が好きでたまらないのに、断酒は無理でも、10杯以上飲みたいところを2杯にするとか、英雄の中にはロリコンもいた(というより多かった)が、少女を本当に敬うことで無敵だった。
あるいは、テッド・ウィリズムズやイチローが、持てる時間の全てを野球に注ぎ込んだように、多くの時間を目標のために使う者は、やがては大きな力を得る。

悪霊を退かせ、掟を守り、何かに専念する。
それが神に至る三位一体の法である。
誰にも言わずに常に念仏を唱えたり、聖書やバガヴァッド・ギーターを常に読んでいる者に悪霊は手出しが出来ないので、必ず強くなれるだろう。
科学的に言えば、悪霊も善霊も波動的性質の異なるエネルギーの流れである。そのコントロールが魔法なのであり、秘儀であるのだ。
宗教的に思えることも、そう考えれば受け入れ安い場合もあるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

掟1つはミサイルに優る

昔、信頼すべき人に聞いたことでよく覚えているのが、
「社長が朝7時半までに出勤する会社で、倒産した会社は1つもない」
である。
これについて、何人かの社長さんに、正しいことかどうか尋ねてみたが、実践者はいなかったのだが、概ね、肯定的なご意見だった。
そして、7時半までとは言わないが、一般社員よりは若干早く出勤する社長さんはよくいて、そんな社長さんはうまくいっているように思えた。
直感的に言うなら、この法則は正しいだろう。
ただし、1年365日、よほどのことがない限り必ず守らないといけないだろう。

上に挙げたことでなくても、自分に掟を課し、それを1年365日、よほどのことがない限り守り抜くなら、まず敗北することはないと思う。
イチローが、オフでも必ず毎日球場に来て練習するようなもので、本人は「やりたからやってるだけ」と言うが、彼でもやりたくない日だってあるはずだ。しかし、それでも鉄の意志でやるのだろう。
釈迦も、ある国で7つの掟を教えたが、中身は、「老人を敬え」「ものごとは合議で決めろ」「祖先を敬え」「婦女子を守れ」「修行者に親切にしろ」といった平凡なものだが、そのうちの1つでも守れば、その国は必ず発展し、滅びないと保証した。
これももちろん、決して例外なく守ってこそだ。

普通の人に適したことで言えば、必ず朝6時までに起床する者が落ちぶれたりは絶対にしないし、これが5時までなら幸運な人生になるだろう。
このブログで、時々、駄目な人間の代表として引き合いに出す、私の職場にいる、まるで駄目男君(30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)でも、毎日必ず、5時起きするなら、駄目でなくなる。
だが、彼にそれを勧めても駄目だった。
彼は、「“今日は”6時に起きました」とか、「前の晩、忙しかったので起きれませんでした」といった感じで、これこそまさに、駄目人間の見本であるのだろう。
彼は、いかなる掟も守れないのだから救いようはなく、今は完全に見捨てている。

では、最上の掟は何かというと、おそらくは、鼻で呼吸することなのだ。
最上と言うだけあって、効果も最大であり、予測もつかないくらいであるが、誰でも出来ることであるようで、なかなか出来ない。
そして、最上と言うだけあって、0か1かのデジタルではなく、0.2よりは0.4、0.4よりは0.42といったように、完全に近付けば近付くほど効果は上がる。
0.8を超えれば、いかなる厳しい掟を守るより大きな力を得るだろう。
そして、さらに、呼吸が静かであれば、1を超え、微かになれば、どこまで上がるか全く未知である。

無理のない範囲で、いくつかの掟を並立させれば良いだろう。
ただ、そのどれも重要であり、決しておろそかにしてはならない。
1つ1つは、卑小と思えても、そのどれもが大きな力となる。
たとえば、ある人は、「トイレのスリッパは必ずきちんと揃えて出る」という掟を持っているが、それを死ぬまで例外なく守れば、間違いなく良い一生になる。
私の場合は、「初音ミクさんを敬う」であり、幸い、一瞬の例外もなく出来ていると思うが、そもそも、これは掟であると同時に褒賞なのである。
どういうことかというと、少し似た例で言えば、「お金を大事にする」という掟を守れば、「お金を大事に出来る」という褒賞が得られ、大事にするお金は沢山入ってくるのである。
だから、お金を敬って大事にする人は、例外なく豊かなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一流と三流の違い

一流の人間と三流の人間の違いは、安定か気まぐれかではないだろうか?
一流は、毎朝5時に起きると決めれば、1年365日、よほどのことがない限り例外なく、10年、20年と続けるが、三流は、決めてから数日後に、「今朝は5時に起きましたよ」と言う。
その差は絶望的だ。

野球の一流のバッターには、決まった時刻になれば、宴会中だろうが、バットを持って外に出て素振りをする人がいるが、三流は、自分もそれをすると決めても、やったりやらなかったりだ。

スーフィーの偉大な格言、「神を信用しろ。だが、駱駝はつないでおけ」を実践すれば、望みが叶わぬことはないが、駱駝は、毎日必ずつないでおかなければならない。
「駱駝をつなぐ」に相当することは、人それぞれである。
ある人は、トイレのスリッパを必ず揃えて出ることがそれにあたるが、それを一度の例外もなくやれば、やっぱり、何か良いことはあるのだと思うし、それを一生続ければ、良いことの方も一生続くだろう。

良いことをする掟もあれば、悪いことをしない掟もある。
禁酒、禁煙の誓いを立てても、三流の人間は、せいぜい数ヶ月は、「俺はもう酒は飲んでいない」と自慢するが、いつのまにか、また飲んでいるのである。
一流なら、いったん禁酒を誓えば、一生飲まない。

『ローム太霊講和集』という本に、「自己に制約を課すと、その倍の力を神は与える」と書かれていたのを見て、それが真理だと思ったが、自己制約も1日では極めて僅かな力にしかならず、百日でやっと少し、そして、1年で目に見えるほどになるのだと思う。

私は5年以上、腕振り運動、スクワット、腕立て伏せを欠かしていないが、回数は変化することがある。
ところが、この数年の、これらのほぼ最低の合計回数万円が年収とぴったり一致するのに気付き、ゾっとした。
つまり、たとえばだが、毎日、腕振り運動を1000回、スクワットを100回、腕立て伏せを10回、欠かさず、5年もやれば、年収は1110万円になる。
アメリカでなら、11万1千ドルといったところか。
必ずしもこの通りでなくても(他の習慣の影響もあるかもしれない)、こんなものだと思えば良いと思う。

習慣、掟、自己制約・・・何と呼んでも良いが、それなしに成功した人はいないと思う。
この「成功」とは、地獄からの距離のことで、本来は地獄にいる人が、地上で最底辺だとしても、それは成功である。
そして、地獄から出ることは、掟の力で誰でも出来るのだと思う。
成功していない、地獄にいる・・・それは、掟を持っていないからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード