あなたの心の中に宿っているマイナス因子(数百とある)が消えるごとに、人生の問題は消えていく。
これまで、人付き合いが苦手であっても、どんな人とでも気楽に付き合え、良い交友関係が作れるようになる。
判断は正しくなり、失敗をしなくなるし、好きな異性と、自然に容易く恋愛関係になることも出来る。
長年、医者にかかっても、薬を飲み続けても治らなかった病気も治る。
キリストのような人格に近付き、誰にでも尊敬され、黙っていても人目を引くが、それで緊張することもない。
記憶力は良くなり、IQも高くなるので、難しいと言われる問題を、正しいタイミングで上手く処理出来、自分や他の人々の利益に貢献し、自ずと経済的に豊かになるだろう。
あなたの心の中のマイナス因子を十分に消すことが出来れば。

真言を唱えたり、お経を読んだり、祝詞を上げたり、聖書の言葉を唱えると、少しずつではあるが、心の中のマイナス因子を消していける。
なぜかと言うと、真言や聖書の言葉などは、遠い昔から、立派な人々が、心を静かにして長い時間唱えたもので、それらは、人類共通の意識である集合意識の深いところで、不滅のエネルギーとして存在している。
あなたが、例えば、念仏を唱えると、そんな深いところにある念仏のエネルギーと共鳴し、火花を発する。その火花がマイナス因子を清めるのだ。
ただ、その様子をもし視覚化することが出来れば、初めのうちは、あなたの真言や祝詞の力は弱く、それでも確実に火花は発しはするが、マイナス因子が浄化される程度が小さいことが分かる。
けれども、それでも、確かに浄化するのである。

大きく浄化するためには、昔、フロイトも気付いていたが、心の中のマイナス因子を探し、辛くても、それをしっかりと味わうと良い。
フロイトは、そんなマイナス因子を抑圧と呼んだが、昔、自分が受けたストレスが抑圧となって心の奥に押し込まれて、見えなくなってしまったのだ。
そんなマイナス因子…フロイトの言う抑圧を見つけるためには、旅をして探すのも有効で、「自分探しの旅」は、あながち間違いではないが、運まかせなところもあるし、また、辛い経験になることもある。
筒井康隆さんの『悪夢の真相』では、中学生の女の子が、なぜか、般若の面が怖くて仕方がないのだが、子供の時に住んでいた村に行って、その謎が解ける。
マイナス因子が心の中に入る時のことは、忘れてしまうものなのだ。
その少女は、その村で、幼馴染の少女に会うが、その幼馴染の少女は、「あなた!あのことを覚えていないの?」と驚くのだ。
だが、その時の現場を見ると、少女は思い出し、ショックのために気を失う。
しかし、マイナス因子をしっかり見つめると、それは急速に消えていく。
こういったやり方は、運が必要で、とても難しく、時に辛く、時間がかかることもあるが、これを合理的に行う方法も研究されている。
しかし、現在はまだ、一般の医学や心理療法では、それを実用的に行えるほどの技術は、ほとんどない。

それで言えば、真言を粘り強く唱えること(お経、祝詞、聖書の言葉等も同じ)が良いかもしれない。
昔から、真言を何十万回と唱えることで神通力(超能力)を得たり、キリストのような存在になった者がいるのであり、同じことをやる限り、必ずそうなるのである。
※『悪夢の真相』は、角川文庫『時をかける少女』に収録されている。