ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

成功哲学

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

気分さえ良ければ

文明の発達と共に、仕事はもちろん、生活全般すら、機械的、人工的、非人間的になる傾向はあると思う。
その中で、あらゆることが競争的になり、自分と他人、他人と他人を比較し、ランキング付けし、優劣をつけるようになった。
それにより、「幸福=成功」と考えるようになり、どうやれば成功出来るか、他人に優ることが出来るか、他者(人、会社、国)に勝てるかの関心が高まり、成功哲学の人気が高まった。

そして、どうすれば成功出来るかというと、
・積極的・前向きに考える。いわゆるポジティブ・シンキング
・大きく考える
が支持されてきた。
しかし、これらは、一部のエネルギッシュな人間には役に立ったが、凡人には、ほとんど成果がなかった。
すると、
・利他的になれば成功する
という、宗教的な要素を取り入れた考え方が一部で人気が出た。
しかし、これも、高貴な感じはしながらも、実際の成果はほとんど出ないことが分かった。
珍しいところでは、
・超マイナス思考
と言って、最悪を想定しておいて進むという考え方を唱える者もいて、経営者や政治家など、頭が良い現実主義者には共感する者も多かった。

他にも、小さなブームを起こした考え方は、無数と言って良いほどある。
だが、真理が分かって来た。
それは、
・気分が良ければうまくいく
だった。
これで、あらゆる宗教の教え、賢帝の教え、大思想家の教え、成功哲学も統一でき、初めて実用的になったと思う。
逆に、これがないと、いかなる貴い教えも役に立たない。
釈迦の八聖道は、これで気分が良くなる可能性はあるが、気分が良くないなら、やっても幸福になれない。
倫理道徳を説く論語も、無為自然を説く老荘思想も、うまく使えば気分が良くなるが、そうでないなら、役に立たないただの「お勉強」だ。
積極的に考えること、大きく考えること、利他的になることも、それらで気分を良くすることが出来れば効果があるが、気分が良くならないなら、いくらやっても効果がなく、逆に、イヤイヤやって気分が悪くなれば、マイナスの影響が出る。
どんなことも、無理にやらされて不幸になる人が多いのは、そのためだ。

超マイナス思考は、「中島みゆき思考」と言われることもあり、「落ち込んでいたら、さらに落ち込ませて地獄に突き落とすことで、かえって気分をさっぱりさせる」ことで、効果がある場合もあるが、多くは、そのまま最悪の気分になり、救いようがない状態になった。

1万時間修練すれば一流になるという「1万時間の法則」は、イチローやテッド・ウィリアムズ(メジャー屈指のバッターの1人)のように、本当に好きで楽しくやれれば大成功するが、普通は、「気分が悪いまま100時間くらいやったところで脱落し、その後の人生も真っ暗」である。

大切なことはただ1つ。
良い気分になることだけである。
この世界は、「気分が良ければさらに良いことが、気分が悪ければさらに悪いことが起こる」仕組みになっているのである。
気分を良くするには、手っ取り早くは、無理にでも笑顔になり、ガッツポーズをすることだ。
少し練習が必要なやり方としては、今持っているものに感謝することで気分が良くなるというものがある。
例えば、着る服があること、乗る車があること、住む家があることなどに感謝することだ。
今持っている車がポンコツでも、それを持っていることに感謝すると気分が良くなり、そうすると、すぐに新しい車が手に入る。
高度なやり方としては、イエス・キリストが教えたように、既に願いが叶ったと思い、その喜びを味わうことで最高の気分になる。すると、願いは叶う。
全ては気分である。
競争など、本当は必要がない。
気分を良くすること以外、何もする必要はないが、気分を良くすることだけは自分の責任である。
あらゆる教えは、「気分を良くするには」の観点で学べば有益である。
いかなるつまらない教えも、この観点から学べば聖典であり、いかに高邁な教えも、この観点がなければ三文小説の値打ちもない。








行動、努力は全く不要

心がどうやって生じるのかは謎だ。しかし、確かに存在する。
現代ではまだまだ一般的な、デカルト的物質科学によれば、心は、脳の電気的、化学的作用であり、別に神秘的なものではない。
ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者が、堂々、そう断言するのを聞いたこともある(個人的にはショックであった)。
量子力学分野の量子脳理論では、心は脳の量子力学的機能で生じるようだが、これはまだ仮説で、やはり、脳が主体であるのだと思われる。ロジャー・ペンローズのツイスター理論などがある。
新しいところでは、電子が心を持っているので、その総体である人間に心があるのは当然という論もある。数学者の岸根卓郎氏や、物理学者の山田廣成氏らが、そのようなことを言っている。
面白いのが、形態波動エネルギー研究所の足立育朗氏が、超高度生命体から得た情報によれば、魂を構成しているのは、電子なしの原子核、つまり、陽子と中性子であるのだそうだ。

興味があれば、上記を参考に調べていただければと思うが、むしろ重要なことは、心は、精神的にイメージを作るだけでなく、物質世界を作ることである。
もちろん、これはまだ一般的ではないかもしれないが、最先端の科学では、そう考え始めているのではないかと思う。

心が世界を作るということは、かなり昔から賢者達が当然のこととしていた。
現代では、ナポレオン・ヒルが百年近く前から、それを確認済の事実として述べ、彼の論は、主に、事業家の間で実践され、それが成功哲学と呼ばれている。
ヒルの他にも、ジェームズ・アレン、ジョセフ・マーフィー、ラルフ・ウォルドー・トライン、その他、著名な成功哲学の指導者がいるが、彼らの成功哲学は、知っている人は知っているが、関心のない人は、ほとんど知らないといったものだ。
日本でも、明治・大正の時代に、岡田虎二郎が独自に実践的な成功哲学を構築し指導していた。
その中で、虎二郎は、「努力、克己、忍耐は全く不要」と言ったが、このことが、成功哲学を分けるものであると思われる。
つまり、心が世界を作ることは認めながら、行動や努力が必要と考える指導者もいれば、そうでないと言う指導者もいる。
もっと細かく言えば、多大な行動や努力を必要とするというものから、一切の行動や努力は不要というものまである。
そして、つまるところ、努力とは何か、行動とは何か論にまで及んでしまい、ややこしい話になってしまうのだが、もう言ってしまえば、行動、努力は一切不要である。
このことを「基本的に行動や努力は不要」とか「一般的に言う行動や努力は不要」と言った、必要あってのことであろうが、逃げを打った曖昧なことを言う指導者も多い。
だが、そんな訳の分からない言い方を好まないなら、やはり、行動、努力は全く不要である。
「では、ずっと寝ていればいいのか?」といったことを言い出す者は、そもそも、真面目でないのだから、放っておけば良い。
というより、ずっと寝ている方が、よほど、行動、努力であると思える。
喉が渇いた時に水を飲むことは、厳密に言えば行動であるが、努力とは言わないとは思う。しかし、そんな愚にもつかないことを言い出すのは、やはり真面目でないのである。

ところで、多くの成功哲学(潜在意識の法則や引き寄せを含む)の決定的な欠陥が、心が世界を作ると言いながら、心の最大の機能である感情を扱い損ねたことだった。
簡単に言えば、成功法則で最も大切なことは、気分であるということだ。
いや、言われなかった訳でないし、特に、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』では、最重要なこととして述べられているが、この本の読者すら、多くは、それを見逃す。
なぜなら、これまでの世界の権力者達が、庶民の気分というものを徹底的に無視、あるいは、抹殺してきたからである。
それで、一般の人間は、自分の気分を重視することを否定的に捉えるようになってしまったのである。
だが、宗教的なもの、哲学的なもの、科学的なものを含め、心が世界を作ることについて学ぶ場合、気分が一番ということを基本に置かないと何も分からないと思う。
















引き寄せも、かけた時間次第

引き寄せの法則、潜在意識の活用による成功法則などと呼ばれる成功哲学、願望達成術は、長く残っている有名なものは、ほぼ全て真理であるし、ちょっと人気が出てすぐ消えていくようなものですら、そんなにひどいものはないように思う。
ところが、これといった成果を収められない人が多いのだと思う。

成果が出ないただ1つの理由は、単に、時間をかけていないだけである。
だが、そう言うと、「いや、何十年も、いろんな成功法則の本をはしごしてきた」と言う人がいると思う。
けれども、30冊の本を1回ずつ読んだところで、1冊読むのにかかる実質時間を、かなり長めに20時間と考えても、たった600時間である。
また、それらの本に書かれてる実践となると、1冊につき10時間なら、かなりマシと思うので、最大300時間。
合わせて900時間。
これでも、相当時間をかけている方だろうが、こんな時間のかけ方でうまくいくはずがない。
それにもし、900時間でも本当にかけたのなら、最低限の成果は出ているはずである。
かなり自在に引き寄せが出来るようになるのは、やはり「1万時間の法則」の通り、1万時間・・・1日3時間で9年、5時間で5年半である。
ただし、先にも述べた通り、900時間でも最低限(それでもかなり)の成果は出るので、1日1時間でも、わずか2年半である。そして、普通の人は、この程度もやらないのである。

まず、引き寄せ関連の本は、有名なものなら、どれも同じである。
以前も述べた、私が超大手教育会社の人に聞いた話であるが、東大生をアルバイトに雇ったところ、その東大生は仕事でも非常に優秀で、合理的にテキパキとこなして高い成果を上げていた。
超大手教育会社の人は、この東大生なら受験のやり方も合理的だったに違いないと思い、どんな勉強のやり方をしたか尋ねたところ、その東大生は、「(人気のある参考書なら)どの参考書も書いてあることは同じなので、1冊覚えてしまえばいいのです。それで誰でも受かります」と、超シンプルに期待通りの明解な答を言ってくれた。

成功哲学・成功法則も全く同じである。
有名なものは全部同じであり、どれでもいいから、1冊に決めて、暗記するまで読めば良いのである。
それが最短時間で引き寄せの法則をマスターする方法だ。

ちなみに、人気のある成功哲学の本と言えば、
ナポレオン・ヒル
クラウド・ブリステル
ノーマン・ヴィンセント・ピール
ジョセフ・マーフィー
らが有名で、これらの著者のものを選べば間違いないと思うし、半世紀以上のロングセラーなら、極めて優れたものばかりと思う。
ただ、あくまで私見であるが、ピールの『積極的考え方の力』の最新訳はちょっとひどいので、出来れば、旧版の桑名一央(相沢勉)訳を読むのが良いと思う。








一意専心、脇目も振らず

成功哲学には、夢や目標は沢山あって良い、あるいは、沢山なければならないと説くものがよくあると思う。
複数の有名な成功プログラムでは、夢や目標を沢山書き出すことをやらせるものもある。
しかしそれは、百害、千害あって一利なしである。
目標は1つでなければならない。
普通の人は。
確かに、常人の十倍のエネルギーがあるなら、目標は十あって良いが、それでも、十分に大きな目標を1つ持つ方が良い。

沢山夢があることは良いことであるという話に、アニメの『美少女戦士セーラームーン』のヒロイン、セーラームーンこと月野うさぎが、自分の夢を、
「漫画家、デザイナー、スチュワーデス、保母さん、花嫁・・・」
と挙げているものがあるが、言うまでもなく、これは微笑ましくはあっても、幼い子供の夢である。
成功プログラムの中には、そんな子供の心、子供の豊かな想像力を取り戻すために、沢山の夢や目標を考えるといったものもあったが、想像力と幼さは何の関係もない。
子供は子供の想像力を持てば良いが、大人は大人の想像力を持つべきである。
その成功プログラムの開発者は熱心なキリスト教徒であることで知られているので、イエスの「幼子のごとくならなければ天国に行けない」という言葉を大誤解しているのだろう。
それは、世界的な成功プログラムであるが、ちょっと面白い話がある。
その成功プログラムの利用者には、世界的な有名人が実名で「私も愛用者です」「この有名人も使っています」と宣伝されてるが、それらの有名人の多くは、他の成功プログラムの宣伝にも登場しているし、中には、「この人、いくつ成功プログラムやってるの?」と疑問を感じさせたのだが、なんと、自分でも成功プログラムを作って販売していた(笑)。

成功プログラムは、お気に入りが1つあれば十分である。
その1つをしっかりやるのもなかなか難しいのだから。
成功哲学、成功法則は、少なくとも半世紀以上、消えずに残っているものなら、どれも同じと言って間違いない。
ジェームズ・アレンでも、ジョセフ・マーフィーでも、ナポレオン・ヒルでも、ただ好みで決めれば良い。
なぜなら、書いてある通りにやって成功するはずがなく、結局は自分流を編み出さなければ、小さな成功すら出来ないのだから。
それでもあえて言えば、一番薄っぺらい『マスターの教え』か『マジック・ストーリー』が良い。
本で学ぶこととしては、これら以上のことはないのだから。
そして、この量でないと、普通の人(IQ200以下のこと)は無理。
尚、この2つの本は、みかけは随分違うが、同じことを書いているのであるし、最もまともなことが書かれていると思う。

成功哲学から重要なエッセンスを取り出すには時間がかかる。
10のものを、あっちに行ったりこっちに来たりしていると、時間は10倍かかる。10年で成功出来るはずが100年かかることになる。
もちろん、知恵を与えてくれる良い本は多く、それは沢山読めば良いが、それらは成功のノウハウ書ではない。
目標も、10あれば、エネルギーは10に分散し、大抵、エネルギー不足で、大きな成果を得られない。
やる気はあるのだが、沢山の目標を持つ者の特徴は「善戦マン」であることで、ちょっとした成果を出したり、いいところまでは行くのだが、結局、大したことは何も出来ないのである。
脇目も振らず一意専心し、しっかり大きな成果を上げた後で次の目標に向かうべきなのである。
そして、女のこと(女であれば男のこと)といった個人的なものは、とりあえず諦めよ。これが出来るかどうかが成功か失敗の分かれ目だ。
それに、個人的なものは、1つの大きな目標を追っている者に、大抵は自然に与えられるのである。
与えられないなら、それなりのまっとうな理由がある。
そのあたりは、なりゆきにまかせるか、神に委ねるしかない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

時間をかけることも楽しいはずだ

子供に、「魔法を教えてあげる」と言えば、喜ぶかもしれない(教える方にもよるし、ヒネた子は駄目だが)。
しかし、「修行は、土日も休まずにやるものだし、何十年もかかる」と言ったら、ガッカリして諦める子もいるだろう。特に、小さい大人でしかなくなった子供は。
実際、魔法なんてのは、同じことを延々と続けることなのだが。
魔法じゃなくても、サッカー選手や歌手、作家や画家、あるいは、ピアニストになるのに必要な時間の見積りは、大人も、大人に影響された子供も、あまりに少ない。
生まれつき可愛い子がアイドル歌手になるのだって、思っているよりは、ずっと時間がかかる。

ジョセフ・マーフィー、ナポレオン・ヒル、ポール・マイヤーらの成功哲学は、効果があると言う人はいるが、それよりはるかに多くの、効果がないと言う人がいる。
効果がないと言う人は、かける時間が少な過ぎるのである。
まあ、「簡単」、「即座に」っていうデタラメな本が沢山出ているのだが、それらの本の安っぽさが分からないはずがないと思うのだが。
良い成功哲学の本は、読めば自然に行動するように書かれている。しかし、そうなるためには、少なくとも10回は読まなくてはならないが、効果がないと言う人は、せいぜいが1回か2回、ひどいのになると、半分も読まずに効果が出ないなんて文句を言っているのだろう。

そして、何を成功と言うかだろう。
ひきこもりで働いたことがない者が、すぐに社長や仕事のリーダーやコンサルタントになれるはずがない。
身体を少々鍛えた程度や、まして、ロクに鍛えたことのない者が、すぐにプロレスラーになれるはずがない。
科学の基礎を長時間学んだことのない者が、すぐに科学者になれるはずがない。
沢山の本を読み、沢山の苦しい経験をしたことがない者が作家になれるはずがない。
そりゃ、30歳を過ぎて初めて筆を取った大画家もいるが、彼等は、少なくとも数年は、起きている間はほとんどずっと絵を描いていたのだ。
普通の人は、健康になり、少なくとも一人、信頼出来る友達が出来、隠し事をしなくてもいい彼氏や彼女が出来、そして、余裕のある暮らしが出来れば成功なのだ。
まして、ひきこもりのニートであれば、それほど嫌な思いをせずに、十分生活出来るお金を安定して稼げるようになれば、奇跡的な大成功と言える。
そして、そんな成功にも、やはり時間がかかるのである。

歳を取ると、肩が痛い、腰が痛いと言う人は多いが、そんな人達は、いつまでも、何年経っても、そういい続けているし、どんどん悪くなってさえいる。
それらは治るのだが、時間がかかるのだ。
だが、巷には、「即行治る」「すぐに嘘のように治る」なんて本が沢山あるが、まあ、即行で治ったような気になる程度だろう。実際は、少しも良くなっていないし、下手すれば悪化する。
だが、腰を治したければ、腰を前後左右にゆっくり動かす運動をすれば良いだけだが、毎日欠かさず10分を1年から3年続ける必要がある場合が多いだろう。それでも、治ってしまえば天国だ。
私は17歳の時に腰を痛めてから、ずっと良くならなかったが、そんな運動を1日トータルで10~20分やれば、気が付けば完全に治っていた。しかし、やはり2、3年かかっている。だが、過ぎてしまえば、あっという間だ。
そして、何事も、毎日欠かさずに長い時間をかければ、数倍の期間で達成することが可能だろう。
要は、トータルの時間で決まるからだ。
一流の人物であれば、生活しながら修行するのではなく、修行しながら生活するというほど、毎日長時間やっている。
プロスポーツ選手であれば、生活そのものがそれぞれのスポーツ(サッカー、野球等)だろう。長く活躍する選手なら、どれほど生まれつきの才能があろうと、そうである。一方、ちょっと活躍していい気になって、スポーツに時間をかけなくなったら、あっという間に引退だ。

『13歳のハローワーク』なんて本があるが、私の職業に関する限り、あの本は役に立たないばかりか、害であると思う。
おそらく、どの職業でも同じだろう。
少なくとも、あの本は、それぞれの職業の肝心な部分は全部外していると言える。
きっと、上っ面の調査で書かれた本なのだろうと思う。
それよりも、子供達には、私が上に述べたことを教えた方が良いだろう。
だがそれは、時間をかける楽しさを知る者にしか教えられない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード