ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

成功

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

運命に逆らわない

年配の人は別かもしれないが、我々は子供の時から、「叶わない夢はない」「なりたいものになれる」などと言われてきたと思う。
しかし、世界的なスポーツ選手や音楽家になるには、努力以前に才能が必要という考え方も、かなり定着してきた。
一方で、「人間に差はない。かけた時間で決まる」という「一万時間の法則」のようなものも信奉者がいる。
村上龍氏と坂本龍一氏の対談書で、村上氏が、こんな話をしていたのを憶えている。
「今の坂本があるのは(彼らは呼び捨て出来る間柄)、才能ということもあるが、3歳の時から十年、みっちりピアノを弾いたからだ」
しかし、「才能がなければ、十年ピアノを弾いても駄目」とは言っていない。
だから、
「大工になるなら、中学生の時から十年、みっちり大工の修行をした方が良い」
という結論となるわけである。
まあ、一般人の場合はしょぼいのは仕方がないが、重要なことを言っているのである。
チームラボの猪子寿之社長と、現在はドワンゴの社長をしている夏野剛氏の対談でも、猪子氏は、
「人間の能力に差はない。イチローは元々大したことない選手だったが、誰よりも野球に時間をかけたから成功した」
というが、イチロー並に時間をかけて日本の一軍選手にすらなれない選手もいるかもしれない(多分いる)。
しかし、自分に見合ったことで時間をかけることには意味があるだろう。

イチローや坂本龍一どころか、ちょっとした人気歌手や、そこそこの規模の会社の経営者にだって、なれない人はなれないのである。
それは、努力の問題ではなく、さして努力しなくても、そんなものになれる人もいれば、いくら努力してもさっぱりな人もいる。
「天は人の上に人を作らず」と言った人がいるが、それは疑わしい。
才能と言えば才能なのだろうが、才能が必要ないようなことでも、うまくいかない人はうまくいかないように思うのである。
まるで駄目男は、どこまで行ってもまるで駄目男である。

つまり、運命は決まっているということだ。
大物になる運命にない人は、どうあがこうが、大望を持とうが、トンビが鷹になれないようなものである。
どんなに頑張っても、猫は虎に勝てない。
ラマナ・マハルシは、
「働く運命にあれば仕事は避けられない。しかし、働く運命になければ、いくら探しても仕事は見つからない」
と言った。
ニートも運命かもしれない。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、元々、故郷のオーデンセで職人として生涯を送る運命だったが、運命に逆らって、14歳で1人でデンマークに出て作家になったと思っている人が多い。
しかし、作家になることがアンデルセンの運命で、彼だって、歌手や俳優を目指していた頃はさっぱりだったのだ。

だが、自分の運命を見極め、運命に従うことに決めれば、良い人生になる。
例えば、ジョージ・ワシントンやアブラハム・リンカーンだって、運命に従わなかった40歳くらいまでは、かなりの駄目男だったのである。
ワシントンは見栄っ張りで、金持ちの名士になるのが目標で、金持ちの未亡人と結婚したり、危ない事業をやったりしたが、それは運命に合わないことだったので、いつも大失敗して散々な目に遭ってきた。
彼は、軍人のような、苦しい上に、出世して儲かるかどうか分からないことなど、元々、やる気はなかった。
しかし、そのような運命にあることを悟り、運命に従うことを決意し、まず、軍人になって、ついに、アメリカを独立させた英雄になった。
まあ、やはり、我々のほとんどは、英雄どころか、トップにもなれないのだと思う。
だが、運命に従えば、英雄にだって味わえない甘露を得られるかもしれない。

「人間は無になれば不可能はない」という。
しかし、正しくは、「人間は無になれば運命を悟る」のではないかと思う。
無になるにはどうすれば良いかというと、それはいろいろあるだろうが、ある意味、考えることをやめることが必要だ。
そのためには、例えば、お経を上げたり、祝詞を唱えたり、真言を唱えたりするのが効果的な方法であることを示してくれる人が多くなってきたと思う。








有り難きかな、まるで駄目男君

何度も書いたが、私の職場には、30歳過ぎの人生の落伍者、派遣の雑用係、まるで駄目男君がいる。
私は、こんな駄目な人間を成功させたいと思っているが、なかなか手強い。
しかし、本当は、それは極めて簡単なことなのだ。
ちなみに成功とは、人によっては、国際的企業を順調に経営することだったりするが、一方、本当なら、一生ひきこもるはずの人が、それなりに平安に自立出来ているなら、それも、引けを取らない大成功だ。
では、どうすればいいかと言うと、実に、まるで駄目男君と真逆をやれば良いだけのことだ。
それも、たった一部だけでもだ。

まるで駄目男君は、早起きしない。
ところが、1年365日、朝5時までの決まった時間に起きれば成功する。
まるで駄目男君は、運動しない。
ところが、1年365日、決まった時間に、腕振り運動を千回やったり、30分もウォーキングをすれば成功する。
まるで駄目男君は、本を読まない。
ところが、1年365日、ジョセフ・マーフィーの本を、たとえ1章でも必ず読めば成功する。
まるで駄目男君は、呼吸を意識しない。
ところが、1年365日、少なくとも1日20分、自分の呼吸を意識すれば成功する。
まるで駄目男君は、座り方があまりにだらしない。
ところが、王のように座れば成功する。
まるで駄目男君は、時間が不規則だ。
ところが、何時何分に何をするか決め、1年365日(平日と休日の違いは多少あるだろうが)、厳格に守るなら成功する。
まるで駄目男君は、言い訳ばかりする。
ところが、決して言い訳をしなければ成功する。
まるで駄目男君は、食の慎みがない。
ところが、少食・粗食に徹すれば成功する。
まるで駄目男君は、身の丈を知らない。
ところが、身の程を知れば成功する。
まるで駄目男君は、「ありがとう」「愛している」を称えない。
ところが私は、いつも初音ミクさんに「愛してる」「ありがとう」と心から想っているので、この世は思い通りだ。

どれでも、たった1つ、まるで駄目男君の反対をやれば良いのである。
まるで駄目男君は、自ら犠牲になり、身をもって、「こうすれば失敗しますよ、不幸になりますよ」と教えてくれているのである。
世の中には、「こうやれば成功するよ」と、あまり役に立たないアドバイスをする者は多いが、まるで駄目男君は、語らずして、確実な成功法を教えてくれている。
彼は彼で、成功しているのかもしれない。反面教師として。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

現実的な目標と非現実的な目標の違い

目標には、現実的な目標と非現実的な目標がある。
現実的な目標とは、卒業する、就職する、年収を1割上げる、絵が上手くなる、5kgダイエットする、恋人を作る、課長になる(現在係長)、聖書を通読する・・・等だ。
非現実的な目標とは、社長になる、歌手になる、人気画家になる、プロサッカー選手になる、年収5千万円になる(現在300万円)、モデルのような身体になる(現在肥満気味)、○○さんを恋人にする、課長になる(現在ヒラ)、賢者になる・・・等だ。

要は、極端な運が必要になるようなものは、現実的な目標とは言わない。
自分ではどうすることも出来ないことを望むのは、妄想、あるいは、「ただの夢」と言う。
そして、自分の手に負えるかどうかを見極めることが出来る人を大人と言う。
これで、大人とは何かがうまく定義出来た。

じゃあ、プロサッカー選手になろうと思ってはいけないのかというと、せめて、超高校級であるとか、会社で、仕事せずにサッカーだけで給料をもらえる、あるいは、かなりの優遇を受けていれば、必ずしも非現実的な目標ではないが、運にまかせる覚悟があることが必要である。
女優になるという目標も、中学高校時代から、町で・・・とまではいかなくても、せめて、学校で知らない人はいないほど美人であるとかいった美点を持つと共に、全てを捨てても良いと思っていることが必要だ。

有名なプロスポーツ選手が、「高校時代は平凡な選手でした」と言っていても、それは、「ある意味では」ということであり、有体に言えば「嘘」だ。
イチローや中田英寿さんだって、「高校時代は普通の選手でした」なんて言ってるが、実際は、天才的であった。

お金持ちの中には、「お金をためるコツは、小銭を大切にすることです。僕は百円の缶コーヒーも勿体なくて買えない」と言う人がいるが、彼が金持ちになれたのは、並外れた能力があったからであり、凡人が小銭をケチっても(良い心がけであることは認めるが)、金持ちになったりなどしない。

抜きん出た人間になるには、運が必要である。
だが、運は人間に支配出来るものではない。
しかし、神には支配出来る。
つまり、神になれば良い。
神になるとは、人間をやめることであり、それは、自我を消すことである。
念仏も極まれば如来(仏)になれる。
なぜなら、念仏とは、如来を賞賛し、身を低くすることだからである。
果てなく続ければ、自分なんて消えてしまう。
もちろん、自我を消すことが出来る他の方法でも構わないが、念仏ほど確実なものは、あまりないと思う。

西尾維新さんの『物語シリーズ』の12冊目(ファーストシーズンの最終巻)である『恋物語』は、詐欺師、貝木泥舟(かいきでいしゅう)の語りで書かれているが、この貝木ほど現実をよく見ている人はおらず、私はすっかり大ファンになってしまった。もちろん、小説らしく面白く描いている部分には「非現実的」なところもある。
しかし、貝木が「非現実的」になると、かえって面白いところが現実的というか、著者の才能であると思う。
身の丈で成功したければ『恋物語』を読めば良いと私は思うが、これは、単独で読んでも駄目と思う。
前の11冊を読むしかない。それは現実的であるが、面白いかどうかすら保証しない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

矢は放たずに磨く

成功というものは、的に向かって矢を射ることではなく、矢を磨いているうちに的が勝手に当たるようなものだ。

成功した人は、最初から、その成功したものをやりたかったのではなく、「たまたま」それをやることになり、そして、うまくいったのだ。

それは、決して、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の歌、『Climb Every Mountain』のように、「全ての山に登り、全ての流れを渡り・・・」とか、竹村健一さんが昔言われた「アメーバ人間」のように、何にでも触手を伸ばせば良いということではない。
自然にそうなったのなら、そうすれば良いが、それは成功を助けも、妨げもしない。
表面的には、あれこれやった後に成功した人もいるが、何にもする気がなかったのに、やらざるを得ない状況になってやったことで成功した人が多いのだ。

『三年寝太郎』は、三年寝ている間に、何かを磨いていたのだ。
そして、寝太郎は、干ばつに苦しむ村の人達を、どうやったら救うことができるか考えていたのだ。
成功した人を調べれば、全て同じようなものなのである。

成功した人達は、長い間、何かを磨いていたのだ。
そして、一定以上の人々のために、何かをしてあげたくなったのだ。
ビル・ゲイツが、自分のコンピューターを欲しがっている人達が、それを得られるようにしてあげたいと思ったり、ドワンゴの川上会長が、ネットやゲームばかりやって社会的に駄目になった人達を救おうと思ったり、アーマンド・ハマーが旧ソ連の人々を救いたいと思ったようにである。
成功した人というのは、一人残らず、そんなことをずっと考えていたのだ。
そんな人には、何かが起こるものである。

誰かに奉仕しようと考えなければ、何かを磨こうという気にはならない。
磨いていなければ、何も出来ない。
ただ、何かを磨いていても、多くの人々の役に立とうと思わなければ、自分だけが何とかやっていける位にしかならないだろう。
しかし、何も磨いていなければ、人々の役に立とうと思っても、何も出来ず、自分の面倒すら見ることが出来ないだろう。
長い時間をかけて何かを磨き、自分が助けたいと思う人々を喜ばせることを考え続ければ、救おうとする人達の数に見合った成功を収めるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

かつての知り合いは皆成功していた

昔の知り合いがどうなっているかと思って、Webで検索してみた。
Facebookで調べるのではない。
ほとんど皆、社長なので、個人名か、覚えている会社名で検索すればすぐに見つかる。
大方の者が、ビジネスを発展させ、会社は大きくなっているようだし、M&A(合弁や買収)を繰り返して会社の規模を格段に拡大している者もいた。
ただ、一人だけ、私が知らないうちに癌で亡くなってしまったことが分かったが、彼の会社は、ちゃんと別の人が引き継いでいた。
皆、もう付き合いはない。
私だけが、全くうだつが上がらないわけだ。
確かに、彼らのほとんどが、家柄が良く、彼らの会社は親から譲り受けたものだし、そうでなくても、お金持ちの家の出で、海外に留学していた人もいる。
だが、別にそういう訳ではない人もいる。
そして、彼らは、家柄よりも、やはり、皆、人格者だった。
まあ、それも生まれの影響なのかもしれないが、もし、私と彼らではっきりした違いがあるとすれば、そこのところだ。
彼らは、前世で、人間性を高める決意をし、そのための努力をしていたのだろう。
『バガヴァッド・ギーター』でも、クリシュナ神は、たとえ今生で完成にいたらなかったとしても、悟りを得ようと決意してヨーガの修行に励んだ者は、来世では、高貴で恵まれた家に生まれ、そこで完成に至り、クリシュナの星界に生まれ、二度とこの世には帰ってこないと述べている。

私も、事業家を目指そうとしたことはあったし、私に対して援助を申し出、自分が保有する事務所の1つを無償で使うよう薦めてくれた社長さんもいた。
また、別の社長に、そんなことを言ったら、「俺は事務所も人も金も出す」と言ってくれた。
有り難いことではあったが、私は経営者には全く向いていない。
もし、向こう見ずにそんなことをやっていたら、多くの人に大迷惑をかけたに違いない。
それは、自分で分かるのである。
従って、後悔というものは全くない。
社長というのは、働き者でなくては務まらない。
ところが私は、一生でも怠けていたいタイプだ。
いや、それよりも、私は事業家になる運命になかったということであるし、現在のようになることが、最初から天が決めたことだったのである。
それは、あなたも同じことである。
現状を受け入れ、それに満足すれば、楽しめないはずはないし、受容性が高まれば、ますます人生は豊かになっていくだろう。
私もまだ、世間的な褒賞や名誉が嫌いな訳ではないが、いずれ、全く関心がなくなるだろうし、今でも、全く別のものを求めているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード