ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

愛と誠

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

痛みを感じなくなるには

末期癌による臨死状態から蘇生し、宇宙の真理を悟ることで癌が治ってしまった女性が書いた本が世界的ベストセラーになり、彼女は講演や対談に大忙しになったが、世界中の人々が彼女に切実に尋ねるのは、「どうしたら私も幸せになれるか?」だ。
その女性は、「こうしたら幸せになれますよ」とずっと言い続けているに関わらず・・・だ。
人々が求めているものは、「これを押せば幸せになれますよ」というボタンだ。
だが、そんなものを提供してくれるのは新興宗教だけだ。偽物のボタンしかくれないが、しばらくの間は大喜びしていられる。

人々は何を言いたいのだろう?
「まだ私のところに、少なくとも資産一千億円の王子様がプロポーズに来ません」
「15歳の美しい処女が『私を食べて』って言ってきません」
くるかバーカである(笑)。
偉大なミュージシャンが言ってたものだ。
「街角でハーモニカを吹いてるだけで満足出来るようなやつじゃないとミュージシャンになんてなれないんだ」
ところが、いるんだよね、駅の近くでハーモニカの音を響かせているにーちゃんが。
どのくらい上手いのか、私には分からないが、まあ、煩いことは間違いない。
地獄少女ではないが、みんな「いっぺん死んでみる」ことが必要だ。

だけど、真実はやはり、上のミュージシャンが言った通りだ。
「はい、その通りです。僕は毎日、コンビニの玉子サンドが食べられたら満足です。それだけで満足出来るんです。満足です・・・だけど・・・」
まあ、これが凡人ってやつだ。全然満足してないのだ。
本当に満足してるなら、ある日、その玉子サンドが売り切れで買えなくても、さして気にしないものだ。

最初に取り上げた、臨死体験の女性は、「ただ自分を愛することだけが大事」と言ったが、1つ抜けている。
自分を愛するためには、捨てるものが必要なのだ。
彼女は、なぜかくも幸せになったかというと、ほとんど捨てたからだ。
あのミュージシャンは何を捨てたのだろうか?

『愛と誠』という漫画で、全身に鞭を受けながら平気な顔でいる太賀誠に、その鞭を振るっている、感情が全くないような冷血非道な男すら怖れを感じる場面がある。
誠は言う。
「ちっとも痛くねーんだよ。痛いなんてのは欲しがり屋の言うことだ」
不満、屈辱、心の痛みを感じる間はまだまだである。
つまり、必要なだけ捨てていない。
捨てられないなら、それと心中することだ。玉子サンドとね(笑)。

最近の若者は、すぐに「ムカつくう!」と言うが、ムカつく間はムカつかされることばかり起こるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

さあ、ご一緒に。地を這う君達。

今朝の朝日新聞の一面は、右上に、兵庫県加古川市の中学2年生の女子生徒がいじめを訴えながら学校が相手にせず、女子生徒が自殺したという記事が。
その下に、女子フィギュアスケート全日本選手権で優勝した宮原知子さんがオリンピック代表に決定したという記事があった。
この2つを同じ面で取り上げる朝日新聞の感覚も何だが、同じ人間でありながら、こうも違いがあるという現実に私は呆然としていた。

仲間であるべきクラスメイトや、頼りにすべき教師に虐げられ、遠ざけられて排除され、孤独と無力感の中で無念を道連れに自死した少女と、喝采を送る大観衆に笑顔で手を振る宮原さん。
もちろん、私には、いずれも分からないが、断然親近感を感じるのは前者だ。
栄光とか称賛には縁がないが、世界の隅っこにしか居場所がないというのは、分からないでもない。
この少女は、世界の隅っこも与えられなかったのだろうが。
私の栄光らしきものを探せば、昔、セールスコンテンストで新人の身で奇跡の逆転優勝をしたことがあるが、所詮、押し売りのチャンピオンになっただけのことで、世界の中央近くに居場所のある立派な人なら決してやらないことだ。
考えてみれば、思い出せば首が縮み、恥ずかしい思い出だというのが本当だ。

それはともかくだが、新聞では、教師や学校が、女子生徒のいじめの訴えを無視し、何もしなかったことを問題視していたが、確かにそれは良いことではないが、問題はそこではないのだ。
教師や学校に、問題を解決する能力なんてハナからない。
必要なことは、問題を解決する能力のある者が、女子生徒の要請に応じて出動出来ることなのだ。
黄金バットのようにね。
例えば、それがこの私でも良い。
だが、校長以上の権限は必ずいただく。私は校長より優れているのだから当たり前である。

まあ、何の問題解決にもならない仮定の話はやめるが、私が望むことは、弱い者が自力で力を得ることである。
それはきっと、全然きれいな力ではないし、醜悪で邪悪かもしれない。
それでも、力を持たねばならない。
宮原で何となく思い出したが、昔、梶原一騎さん原作の漫画『愛と誠』に登場した、高原由紀といういわくのある美少女女子高生がいた。
捨て子で、孤児院で育つが、反抗的なこともあり、孤児院の運営者にいじめられ、殺されかけたこともある。
さらに、その中で大きな裏切りに遭い、すっかり心がねじれ、やがて女子少年院に入れられるザマとなるが、そこでも、なまじ可愛いのでいじめられ、酷い目に遭う毎日だった。
だが、由紀は闘志を燃やし、ナイフ投げの修行を始める。
きっと、とり憑かれたように、狂気となって練習したのだろう。
その様は、練習の鬼で屈指のメジャーリーガーであったテッド・ウィリアムズ並か、それ以上かもしれない。
そして、由紀のナイフ投げが達人級になった時、彼女をいじめていた者達は、皆、彼女に平伏した。嗚呼、愉快だ!
原作者の梶原一騎さんは、おそらく、伝え聞く通り、人間的にいろいろ問題はあったかもしれないが(実際に逮捕、投獄されている)、酷い屈辱とか人間の深い恨みについてはよく知っていたのだと思う。自身も少年院に入っていたようだ。そんな暗い経験や、世間に対する復讐心がエネルギーになり、才能を発揮して大作家になったのだろう。
まあ、ナイフ投げというのは漫画の世界のお話だし、仮に本当にそんな技芸があったとしても、今の時代には合わないだろうが、やるべきことは、高原由紀と同じである。

堀辺正史さんという格闘家は、喧嘩の修行のために、ヤクザの出入り(集団の決闘)を見学させてもらっていたというから、大したものだと思う。
そんな中、堀辺さんが見た、小柄で歳を取った、少しも強そうでないが、名の知られた喧嘩の名人のオッサンの技とは、突っ込んでくる相手の足元にスライディングしてキックを放ち、相手の脚を折るというものだった。
なんと馬鹿な、ダサい、最低の技だが、そのオッサンは、この技を磨き抜き、恐れられていたのだ。
私は、こんなクズ野郎が大好きだ。
私には、そんな技もないのだから、敬意すら感じる。
そのヤクザのオッサン、そう遠くなく、殺されるか、不具者になるまで叩きのめされ、いずれにしても野垂れ死ににしたのだと思う。
それで、満足したとは言わないが、まあ、やるだけやったとは、ちょっとは思えたのではないだろうか?
自分に与えられた才能や居場所はその程度で、それだけは使ったのだから。
私は、一応はプログラミングの能力を磨いたが、そのヤクザのオッサンや高原由紀ほどではない。
死ぬ時に後悔したくなくば、何か、死ぬ気で磨かねばならない。
さあ、ご一緒に。世界の隅っこの、ちっとも立派でない方々よ。










↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

いじめと弱者の論理での対抗法

大手新聞に、いじめられている子供に向け、毎日、有名人達のメッセージが出ているのだが、これが実に下らない。
彼らの言うことは、いかに慎ましさを装っていても、強者の論理、上から目線である。何の役にも立たない。
私は、こんな時こそ、梶原一騎さんに何か言って欲しかったものだと思う。
梶原一騎さんは、1987年に50歳で亡くなった漫画原作者だが、いまだ、『巨人の星』『あしたのジョー』『タイガーマスク』といった作品の人気は衰えず、作品の映画化、漫画の再連載やリニューアル連載、キャラクターのCM採用などが、永遠に続くような雰囲気だ。
梶原一騎さんは、人間的には問題のある人だった。
アントニオ猪木さんをやくざと共謀して監禁脅迫し、刑務所に入れられたこともあるが、そういったあからさまな悪事だけでなく、誰も逆らえないほど売れていた頃の傲慢横暴振りも凄いものだったらしい。
ところが、彼の作品の登場人物達は、よく見ると、弱者の論理で生きている。
いや、タイガーマスクや矢吹丈なんて凄い強いじゃないかと言われるかもしれないが、そうではない。彼らは、最も弱い立場でいじめられたから、やむなく強くなったのだ。
だが、そうはいっても、我々がこれら漫画の主人公達のように、思うように強くなることは出来ない。
しかし、弱者の論理の中に、得るべきものは必ずある。
梶原一騎さんの漫画には少年院がよく出てくる。彼自身が少年院に入れられたことがあるので、リアリティは抜群である。そこでのいじめは、凄惨である。現在はともかく、昔であれば、公表されていないだけで、大怪我や身体的・精神的障害や、ひょっとしたら死に至ったケースなんて結構あったと思う。
その中で梶原さんとて、相当「やられた」経験もあるような気がする。
そんな梶原さんの作品に、『愛と誠』というものがある。
その中で、高原由紀という名の、高校2年生の絶世の美少女が登場するが、これがまた、いわくのある人物だった。
彼女は捨て子で、孤児院で育つが、反抗的な性格で、園長らに殺されそうになる。
小学生の時、ひどい裏切りに遭い、人間不信に陥った彼女は、ますます心を閉ざすことになる。
平坂読さんの『僕は友達が少ない』で、同じ高校2年生の美少女、三日月夜空は、エア友達という架空の友達を作って「トモちゃん」という名前をつけ、そのトモちゃんが唯一の友達という、なんとも哀しい(今流には「残念な」)子だが、彼女が「トモちゃんは、可愛くて優しくて、そして・・・絶対に裏切らないのだ」と言うところに、何か高原由紀と通じるものを感じる。人間とは、容易く裏切るものだ。
やがて、女子少年院に入れられることになった高原由紀であるが、そこでひどいいじめに遭う。その理由には、なまじ顔が可愛いからというものがあった。
さて、そこで、彼女が何をしたかだが、ナイフ投げの特訓だった。
「そのナイフ、どうやって手に入れたの?」なんて聞いてはならない。志あれば道あり・・・と言っても説得力はないが、まあ、そんなものである。
彼女は、ナイフ投げに打ち込み、百発百中の超人的な腕前になった時、支配者に君臨し、実社会(彼女にとっては普通の高校)に戻ってからもそうだった。
ここらは、『あしたのジョー』で、矢吹丈が、独房室で、丹下段平に教わった左ジャブ(ショートパンチ)の特訓に明け暮れていたのとも通じる。
別に、ナイフ投げやボクシングをやれというのではないが、要は、世間の価値評価に関係なく、これはと思うものをやればいいのである。ちなみに、私はナイフ投げを本当にやったものだ。五寸釘を大量に買ってきて、お尻のところを金槌で潰したり紐を巻いたりし、先端を鉄ヤスリで鋭利に磨き、手裏剣よろしく7メートル先の木版に投げ、かなりビシリと刺さるまでになった。幸い実戦で使うことはなかったが、危ないヤツである。まあ、中学生の時のことだ。使いたかった相手は、いじめっこ達よりは、教師であった。
実際に使うかどうかはともかく、いざという時の手段を持っていたり、自分にしか出来ない何かを持っていると、精神的にも違う。
武道家で喧嘩のスペシャリストである堀辺正史さんの本を読み、敵のテンプル(こめかみ)に掌底(しょうてい)を打ち込む攻撃もかなり練習したものだ。力道山が木村政彦をKOしたのもこれであった。
世間でどう言われるかなど気にせず、自分の気に入ったものを毎日磨き上げることである。
また、別にいじめや暴力的被害でなくても、まずい状況になれば、呪文を唱えると良い。
威力のある呪文は「アジマリカン」である。「アーン」だけでも悪を祓う。声に出さなくても、心で唱えても効果は同じである。
『エメラルド・タブレット』にも、力の呪文、「ジーン・ウール」が教えられている。
もしよければ、『古事記』を読むことだ。最初のあたりに、神様の名前が沢山出てくる。面倒臭がらずによく見ると、その名前一つ一つに霊妙な響きがあることが分かる。これについては、霊覚のある人の書を読んで研究しても良いが、理屈ではなく、ただ『古事記』を読めば、自然に分かるだろう。

















↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ