ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

悪霊

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

勝利への3つの道

悪霊にとり憑かれなければ不幸にならず、掟を守れば繁栄し、専念すれば偉大になる。
これだけ分かれば、いかなる人生の指南書も必要ない。

この3つは実は1つだ。
悪霊にとり憑かれなければ、自ずと何かの掟を守り、自分の道に専念する。
掟を守れば、悪霊にとり憑かれず、何かに専念するようになる。
自分の道に熱心に励む者に悪霊はとり憑くことが出来ず、自然に何かの掟を守っている。

おそらく、ほとんどの人間が、多少は悪霊にとり憑かれていて、少なくとも8割の者は、それが深刻で危険なレベルだ。
とはいえ、「ええ、私も悪霊にとり憑かれているんでしょうね」なんてボケたことを言っていてはいけない。
悪霊は断固、追い出さねばならない。
まず、背筋を伸ばす人間に悪霊はとり憑かない。
だが、だらしなく腰を前にずらして座る者は、例外なく悪霊の臭いがプンプンする。
蹲踞の姿勢をビシリと決めれば悪霊は逃げるが、相撲や剣道でもやっていないと、そんなことはほとんど誰もしない。
そして、道場では蹲踞をする人でも、普段、姿勢が悪いと、悪霊はすぐに戻って来る。
前向きで、明るく、笑みを絶やさない、親切な人には、当然、悪霊はとり憑くことが出来ないが、心が闇に陥った途端に悪霊が入り込み、後ろ向きなことや暗いことを考えるようになり、不機嫌な顔になって老化していく。
向上心を持って努力する者を悪霊は嫌って寄って来ないが、その目的が邪まであれば、悪霊は喜んでやって来る。
厄介なのが、男であれば、妻やちゃんとした彼女がいながら、別の女性に心奪われることがよくあるが、それが強くなると悪霊にとり憑かれ、救いようのない浮気性になり、身も滅ぼす。

本当に好きなものを諦める裁ち物は、偉大な成功者にはよく実践されたが、それは偉大な掟であり、悪霊を寄せ付けず、高貴な目的に専念する力を与える。
たとえば、酒が好きでたまらないのに、断酒は無理でも、10杯以上飲みたいところを2杯にするとか、英雄の中にはロリコンもいた(というより多かった)が、少女を本当に敬うことで無敵だった。
あるいは、テッド・ウィリズムズやイチローが、持てる時間の全てを野球に注ぎ込んだように、多くの時間を目標のために使う者は、やがては大きな力を得る。

悪霊を退かせ、掟を守り、何かに専念する。
それが神に至る三位一体の法である。
誰にも言わずに常に念仏を唱えたり、聖書やバガヴァッド・ギーターを常に読んでいる者に悪霊は手出しが出来ないので、必ず強くなれるだろう。
科学的に言えば、悪霊も善霊も波動的性質の異なるエネルギーの流れである。そのコントロールが魔法なのであり、秘儀であるのだ。
宗教的に思えることも、そう考えれば受け入れ安い場合もあるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

実力的には貧困という自覚

それなりに良い家に生まれ、それなりに良い学校を出て、それなりに良い会社に入って・・・という生き方をしている人なら、日本にも貧困層がいるってことを頭では分かっているとしても、実感はないと思う。

昔読んだ、一流セールスマンが書いた本に、そのセールスマンが子供の時、学校でただ一人、家が貧しくて靴を履かずに学校に通った悔しさをバネに、セールスマンで成功したとか書いてあったが、彼は今は70代以上と思う。
今は、一目で分かる貧困はいないと思う。
実際、私には、こんなことがあった。
私が小学生の時、よく遊んでいたクラスメイトの家に、ちょっと寄った時のことだ。
その子の家が、それが家とは信じられないくらいボロボロの建物だったことに、私は呆然となった。
その子は、靴も服も普通の子と変わらなかったので、それまで分からなかったが、私は、その時、貧乏というものを目の当たりにして実感したのだった。

私は、ニート明けに初めて就いた仕事がフルコミッション(完全歩合制)のセールスマンで、私の場合に限って言うと、それはとてもヤクザな仕事だった。
どんな家にでも飛び込み、安くもない商品を売り込まなければならなかった。
だが、そんなふうに、街の隅々の家を回ると、時々、明らかに「まともな家」とは言えない、あばや家とでも言うのか・・・そんな家ばかりの場所に巡り遭うことがあった。
そんな家の呼び鈴を鳴らし、中から、とても可愛いセーラー服の女の子が、寂しそうな顔で出てきた時には、何とも言えない気分だった。
だが、セールスの会社では言われたものだ。
「どんなボロボロの家にだって、我々の商品を買う程度のお金は絶対にある。遠慮せずに売り込みなさい」
ってね。
まあ、安い商品なら30万円くらいからなので、そうかもしれないが、ニート明けのか弱い私に、そんなことは出来なかった。

年収が200万円以下なら、そんなボロ家に住むような人達の仲間入りになるかもしれない。
でも、私は、自分の本当の実力なんて、それ以下ではないかと思えてならないのだ。
今、自分が豊かなのは、たまたまで、運が良いだけだ。
いや、私だけではない。
私が勤めている会社の中には、結構な給料をもらっていると思うが、個人的な実力では、貧困クラスという者は沢山いるし、彼等は解雇されたら、特に40代以上なら、本当に貧困になるしかないだろう。
実際、つい最近まで、大企業の役職者で年収一千万円以上だった人が、会社を辞めたり、解雇され、貧困層に転落したなんて話は珍しくもない。
だから、私が、自分の実力は貧困者と同等以下と思うのは、謙虚でも何でもなく、単に、ちょっと現実が見えているだけだろう。

人間、所詮、運である。
そして、個人的には、悪運は悪霊のためであると思っている・・・いや、確信がある。
こう言うと、非科学的なようであるが、まあ、私なりに科学的、論理的に理解しているのである。
だが、常に念仏(あるいは尊い真言や呪文)を称えていれば、そうそう悪いことにはならないだろう。
これも、理屈と情報と経験からも、かなり確かと思う。
ただ、理屈じゃなく、直観的にピンとくるなら、そうしていただきたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

全ては負の生命体(悪霊)の仕業

非常に簡単に言えば、あなたの頭が悪かったり、運が悪かったり、人間関係が悪かったり、良い職場に入れず給料が低かったり、性格が悪かったり、上司や同僚やクラスメイトや教師にいじめられたり、引きこもってニートだったりしたら、それらは全て悪霊のせいである。
悪霊は、『マジック・ストーリー』の原文では「マイナス・エンティティ(負の生命体)」(これの反対がプラス・エンティティ)と表現され、政木和三さんは、動物霊等の低級霊や邪悪な浮遊霊といった言い方をしていたと思う。
要は、悪霊とか低級霊というのは、不調和な、あるいは、歪な生命体(生命エネルギー、意思を持った波動エネルギー)などといったものだが、悪霊とか低級霊という言い方が、うまく「名が体を表している」ので、この言い方を引き続き、使わせていただく。

政木和三さんの話だが、プロレスラーだったアントニオ猪木さんは、本人の霊(第1生命体)は、女性的で優しいのだが、リングに上がったらヘラクレスの霊がつき、強力なエネルギーを持つ超能力者になったのらしい。
確かに、アクラム・ペールワンやローラン・ボックなどの一癖も二癖もある強豪との真剣勝負では、それが分かるような気がする。ドイツでのローラン・ボックとの試合は、再起不能なまでに壊されても不思議はなかったが、堂々互角に戦い、判定負けに持ち込んでいたが、あの形式の試合に慣れれば、猪木さんも勝てるようになったと思う。
このように、悪霊ではなく、強く優れた霊と融合することが大切である。

個人的な印象では、ヒラリー・クリントンは、邪悪で強い悪霊にとり憑かれているが、ドナルド・トランプに関しては、そうではないと思えるのだ。よく分からないが、事実は自ずと明らかになるだろう。

とにもかくにも、自分に憑いた悪霊を祓わなければ、苦しいままで良くならない。
政木和三さんは、良い第2生命体がつくよう祈るといった方法を述べていたが、正直言って、「第2生命体」といった言葉がしっくりこないと思う。
神道の拝詞(はいし)はどれも素晴らしいが、いかんせん、難し過ぎて覚えられない。
聖書の言葉(詩篇等)は、キリスト教圏以外の悪霊に効果があるのだろうか?

肩が重かったり、首が慢性的に凝っていたり、やたら色情を起こすようであれば、悪霊にとり憑かれていると思って良いかもしれない。
そもそも、悪霊はどこにでもいる。
マイナスの想いに耽ったり、疲れていたり、強い恨みや妬みを持ったら、たやすくとり憑かれるのかもしれない。

要は、高級霊に意識を向ければ良いのである。
高級霊の最高位が、神仏である。
象徴には違いないが、阿弥陀如来は、その中でも最高の存在なので、念仏を称えれば、まず間違いない。
象徴も、捉え方次第で本物になる。
この世界は物質だけで成り立っているのではなく、むしろ、精神の方がはるかに広大なのだからだ。
物質より上位の精神の世界の中で最高位の阿弥陀如来の名を呼ぶ念仏には不可能はないのだが、宗教的な偏見を持ってしまっているかもしれない。
しかし、それでも構わないし、むしろ、その観念の良い部分はそのまま生かした方が良い。
とにかく、何も考えずに念仏を称えたら良いというのは、宗教的な話ではなく、科学的、論理的な話である。
自我よりはるかに高い存在を認め、それに常に意識を向けて自我が退けば、自我にくっついている悪霊は、くっつく的が小さくなってしまうのだから、どこかに行くしかなくなる。

確かに、強制的に自我を消すような、厳しい修行や、恥ずかしい修行というものもある。
しかし、そんなものは普通の人には出来ないし、やってしまう者というのは、かえって自我を強くしてしまって、強い悪霊にとり憑かれてしまうのだから始末に負えない。
変なセミナーに行って、一見、力がついたような人は、実はとても(悪い意味で)恐ろしいのである。
そんなことより、日頃から常に念仏を称えることである。
岡田虎二郎や中村天風は、常に腹に力を込めたり、肛門を締めるよう教えたが、それだけでは難しいので、念仏と併用するのは良いが、まずは念仏であると思う。
もちろん、他にいくらでも方法はあるが、我が国では、法然や親鸞がせっかく良い方法を残してくれたのだから、有り難く使わせていただくのが良いと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

悪霊を封じるには

悪霊・・・と言ったら、迷信と思われるかもしれないし、迷信という部分も確かにあるのだが、他に良い言い方がないので、一応、悪霊としておく。
悪霊というのは、見えないだけでなく、五感の全てでほとんど感じられない存在で、ある種の意思、波動、エネルギーといったものであるが、我々もまた、物質的存在であると共に霊的存在であり、その霊的な面にマイナスの影響を与えるものを悪霊と言う。
非物質的存在である霊に起こった影響は物質的にも現れる。いずれにしても、悪霊の働きかけは無視出来ない。

合気道の達人で神道家の佐々木の将人(まさんど)さんは、悪霊を封じる呪文として「アジマリカン」を使うよう教えている。
その根拠は述べていないが、根拠を知らなくても効力があるから、特に言わないのだろう。
また、佐々木の将人さんの神道の師と思える山蔭神道の山蔭基央さんは、英訳もされている著書『神道の神秘』で、この「アジマリカン」の呪文を取り上げておられるが、やはりその意味などは述べていない。一般には秘なるものなのかもしれない。
しかし、やはり、誰が唱えても力があるのだろう。
また、仙骨療法であるMRTの創始者の内海康満さんは、著書の中で、『ローム太霊講和集』の中にもあったある呪文を紹介され、危険な状況で唱えると効果があると述べておられる。
その呪文をここで書いて良いものかどうか分からないので、ご興味があれば、下に紹介した内海氏の著書か『ローム太霊講和集』を参照されたい。

悪霊に対しても、「南無阿弥陀仏」の念仏は最上の効力を持つと思う。
何と言っても、念仏を称える者を、仏、菩薩、天の神、地の神が守るからである。
このあたりは、親鸞の『現世利益和讃』に明記されている。
理屈で言えば、自分より高次の存在に崇高なイメージと共に意識を向けることで、宇宙全体の高次エネルギーが反応すると共に、念仏によって、余計な思考が消え、悪霊の影響を受けなくなるのである。
「南無阿弥陀仏」については、『浄土三部経』や、龍樹の『十住毘婆沙論』に、「南無観世音菩薩」については、『法華経』の25章『観音経』に記述がある。
しかし、そのようなものを読まなくても、ただ称えれば良い。

人生の不具合は悪霊の影響によるものが甚だ多い・・・いや、自分の思考を含め、全て忌むべき出来事は悪霊の影響とも言える。
このあたりは、ルドルフ・シュタイナーの著書からも分かるかもしれないが、シュタイナーの著書は恐ろしく抽象的で分かり難い。
私も散々、悪霊には苦しめられてきたと思うが、念仏などの真言のおかげで、一切の障りはない。
トラインの著書にも、悪霊の影響を受けてはいけないことが書かれているが、トラインは、悪霊に対し、良い想いで対抗すべしとしているのだと思う。
しかし、それは甚だ難しく、我々は、念仏、真言、呪文の力を借りるべきと思う。
また、念仏などを称えれば、自然、少しは落ち着いた心にもなっていくと思う。

















↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「無性に嫌い」「どうしようもなく好き」が起こる秘密

親や子を嫌ってはいけないとか、ましてや、憎んではいけないなどと言われる。
そんなことはない。
嫌いなら嫌うしかないし、憎むなら、どうしたって憎むのだ。
むしろ、道徳的、倫理的に、無理に嫌悪や憎悪があることを否定する方が、よほど害が大きい。
親子の場合について述べたが、夫婦、恋人、友人、その他全ての人間関係で同様だ。

嫌いなら、どうせなら徹底的に嫌えば良いし、憎むなら、どこまでも憎むが良い。
それ自体は決して止めない(止められない)。
ただ、1つ知っておくとよい。
ひどく嫌うのもそうだが、抗い難いほど好きになるのも、実は、「仕組まれたこと」なのだ。
これは、ほとんどの人が知らない、この世の秘密だ。
誰が仕組むかというと、多くの場合は霊である。
かなりの影響力のある人の場合は、人間の策略によって、誰かを好きになったり、嫌いになったりさせられる。
そんな策略を仕事にする人もいるが、そんな仕事は、貧しい国に多い。そして、わが国も、そんな仕事が多くなってきた。
ビジネスや政治の重要人物をコントロールしたり、失脚させるためと言えば、そんな仕事がある理由はなんとなく想像が出来ると思う。
そんな仕事は、難しくはあるが、技術さえあれば、ほとんど失敗しない。恐ろしいことだが。

しかし、普通の人が、無性に誰かを嫌ったり、逆に、どうしようもなく誰かを好きになるのは、霊の仕業だ。
そして、多くの場合は、悪霊の働きなのである。
信念のない人間ほど、霊は簡単に、殺したいほど憎ませたり、全てを捨てても良いと思うほど好きにさせることが出来るのである。

「あんないい娘が、なんで、あんなひどい男を好きになるのだ」とか、「あんな立派な男性が、どうして、あんな悪い女に夢中になるんだ」という話は、枚挙(まいきょ)に遑(いとま)がない(沢山あり過ぎて、いちいち数えられない)。
それを考えても、悪霊の活動が、いかに活発か分かるだろう。

だから、あなたが、誰を耐え難いほど嫌いだろうが、あるいは、誰をどれほど熱烈に好きだろうが、それは仕方がない。自分で止めることは絶対に出来ない。
だが、仕組まれたことだと意識するのだ。
すると、自分の心に働きかける、妖しげな力を感じるだろう。
そうしたら、後は、自分の心の力で対抗することだって出来る。
だが、悪霊に操られない、ほぼ唯一の方法は、心を強くすること・・・強い信念を持つことだ。
ところで、強い信念とは何だろう?
それは実に、「私は悪霊より強く、悪霊に影響されず、自分の理想から目を逸らさない」という態度を決然と保つことだ。
だから、あなたは、毎朝、毎晩、こう言うのだ。
「私は悪霊より強く、悪霊の支配は決して受けない。私は私の理想から決して目を逸らさない」
この通りでも良いし、多少変えても良い。
そして、日常でも、思い出す度に心でそう言うのだ。
すると、あなたは、人生を自在に支配出来るだろう。
また、信念が強ければ、人間の工作員の支配だって見破り、工作員を減給させたり、失業させたり、あるいは、自信喪失させること出来るのである。
鍵は、気高く、明るい理想を持っているか否かである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ