ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

念仏

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

繰り返す力

人間は、「私は○○だから大丈夫」という公式を持てば、秘めた力を発揮出来る。
それは愉快なほどだ。
多くの成功した人達は、このことを、
「大丈夫」
「だから大丈夫」
「ストーリーを持った人間は強い」
と、バラバラに言うので、普通の人は効果を出せない。
だが、これらを合わせて、「私は○○だから大丈夫」というルールを確立すれば力が湧き出る。
○○の部分は何でも良い。
「私は東大卒だから大丈夫」
「私は毎日聖書を読んでいるから大丈夫」
「私は××家の出身だから大丈夫」
「私は(手相の)生命線がつながっているから大丈夫」
こじつけだろうが、全く構わない。
勝利者はこじつけがうまいという事実すらある。
著名な心理学者の河合隼雄氏は、「死んだらみんな月に行くのだから、みんなとまた会えるから大丈夫」と言う女子小学生のことを誉めていたことがあった。
もちろん、この子の公式(河合氏は「ストーリー」と表現)は変わっていくのだろうが、その時はその時で、別の何かを持てば良いのである。

江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠が好きだったという、こんな話がある。
ある若者は仙人になりたがっていた。
そこで、ある男が「自分は仙人になる方法を知っている」と嘘を言って若者を騙し、それをいつか教えてやるからと言って、若者をいいように使っていた。
若者が「いい加減、教えて下さい」と言うと、騙していた男は、若者を木に登らせ、高い枝にぶら下がるよう言い、若者は従った。
そして、若者は「手を離せば仙人になれる」と言われ、躊躇なく手を離すと、仙人になって、自分を騙したはずの男に感謝しながら飛んで行った。
言うまでもなく象徴的な話だが、邪念のない信念は奇跡だって起こす。

ただ、ほとんどの「私は○○だから大丈夫」という公式は、世間や他人によって壊される。
「俺は東大卒だから大丈夫」と思ってても、遅かれ早かれ、そんなものは大したものでないことを教えられる。
ただ、本人さえ、揺るぎなく、この公式を保ち続ければ大丈夫なのだが、それは極めて難しい。
なぜなら、ほとんどの人間が作る公式は、過去に由来し、それは「形だけのもの」「死んだもの」だからだ。
「私は東大卒」と言っても、東大に入って卒業したのは、大抵は20代前半の若い時であり、時が経ってしまえば、それはもう、色褪せた死んだ過去だ。
だが、「私は毎日聖書を読んでいる」なら、それは今のことであり、生命力があって、自分に力を与えてくれる。
インドでは、神の名を唱える「ナーマスマラナ」の伝統の行法に従って、神の名(インドでは、ラーマやクリシュナなどが人気がある)を常に唱える者は、階層に関係なく、不思議に幸運に恵まれ、災難を回避している。
日本では、それは念仏という形で生き続けているが、昔から実践者は少ないので、不幸が多い。
「神の名を唱えているから大丈夫」「念仏を唱えているから大丈夫」は、今でも、科学的に十分な範囲で説明出来ると思う。
無論、科学とは関係なく、伝統的、あるいは、宗教的、あるいは、直感的に捉えて、公式を確立すれば、確実に力を得る。
念仏と言っても、「南無妙法蓮華経」のように、神仏の名ではなく経典の名を唱えるのでも良い。経典は仏そのものであるからだ。
宗教的という部分もあるかもしれないが、これなら、お金はかからないし、悪い宗教に騙されない。

ただ、大切なことは、やらされるのではなく、自主的にやらないと、効果がないというのではないが、そもそも続かない。
そして、自主的にやっていれば、最初は甘い妄想の部分があっても、現実の問題を解決するうちに、どんどん強くなっていくのである。
ところが、自主的で熱心であれば、妄想の部分も、案外うまくいってしまうのである。
それは、親が子供のファンタジーを、ある程度は叶えたり、守ったりするのと同じようなものである。
宇宙を動かす主から見れば、人間は自分の子供のようなものであるからだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

超瞑想法のあっけないカラクリ

私は昔、TM(超越瞑想)という有名な瞑想法をやっていたことがある。
今でも、ハリウッドの超大物俳優や超大物監督、あるいは、人類の半分が知っているような超大物ミュージシャンらが、自分もやっていることを公表したり、推奨することもあるようだ。

TMには、何の意味もないが、抜群の効果を発揮することもある。
それは、こういうことだ。
「イワシの頭も信心から」には、心理学的な根拠があり、量子物理学や未発達の精神科学により、さらに根拠が与えられるかもしれない。
そうなれば、「イワシの頭も信心から」は原理になる。
そして、TMというのは、この「イワシの頭も信心から」という原理を高度に活用する、実に上手い方法なのだと思う。
その意味では、TMを考案したグル・デヴってインドの人は、とても賢い人かもしれない。

TMに何の意味もないことは、検索すれば解ると思う。
その情報が英語サイトにあっても、Google翻訳で十分と思う。
特に、私のように、TMをやったことがある人にとってはね。
ただ、昔とはいえ、TMをやる時、何かの契約書にサインさせられていて、その中に、そんなことを公表してはけないという項目があったかもしれないので、書かないでおく。
まあ、今では、私はTM主催団体の会員ではないのだから、契約は無効とは思うが。

私は、TMの効果をつくづく実感したことが一度ある。
それは、ある緊急事態が起こった時で、私は、当然、大変なパニックに陥るはずの状況だった。
だが、その時、こんな考えが浮かんだのだ。
「俺はTMをやっているから大丈夫だ」
すると、すっと心が落ち着いて、解決するはずのない問題があっけなく片付いた。
全く、イエスやラマナ・マハルシが言ったように、心配さえしなければ、この世に問題はない。
人間の敵は不安、あるいは、恐怖だけなのである。
単に、「大丈夫」という言葉を唱えても、もちろん有効だが、これほど魔法のように上手くいくことはないだろう。

「○○だから大丈夫」
人間は、この公式を確立すれば、魔法使い、仙人、超人になるのである。
TMは、この公式になり易いのだ。
だから、凄まじい効果を上げても、驚くことはない。
例えば、「あなたのお腹には大きな光がある。その光があるから大丈夫」と言われ、そう思えるなら、本当に大丈夫になる。

それなら、毎日、出来るだけ多く念仏を唱え、「私は念仏を唱えているから大丈夫」と思えば、確実に大丈夫なのである。
それだけで十分であるが、心の片隅に、こんな想いを持っておくと、更に有効かもしれない。
「南無阿弥陀仏」であれば、浄土三部経(無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経)、あるいは、龍樹の十住毘婆沙論(じゅうじゅうびばしゃろん)にかけて。
「南無観世音菩薩」であれば、法華経の第25品『観音経』にかけて。
つまり、仏典の権威を借りるのである。
だから、別に、実際に読む必要は無い。
経典に書かれていることが良いのか悪いのかは解らないが、象徴的に書かれていることは確かで、その真意を読み取れる人は、今ではほぼいないと考えて良い。
解説書は沢山あるが、おそらく、どれもとんでもなく的外れだろう。
だが、その権威は、人類の集合無意識に肯定的に浸透したイメージから来るものであり、その威力は大したものである。
だから、毎日、念仏を唱えている限り、科学的に言っても、何の心配もいらないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

余計なことを考えないために

1997年のビデオアニメ『レイアース』は、私はレーザーディスクで何度も観たが、その中で、こんな場面を妙に覚えている。
3人の中学3年生の少女達を残し、町中から(実際には世界中から)全ての人間が消えてしまう(壮大だ)。
周囲に誰もいない状況に、光(ひかる)という少女が、「もし、他の場所も同じ状況だったら・・・」と言い始めた時、風(ふう)という名の頭の良い少女が、光の言葉を封じ、落ち着いた声で、
「こんな時は何も考えない方がいいです。どうしても怖い考えになりますから」
と言う。
そんな異常事態の中で、これほど冷静になれるとは、大した中学3年生だ。

そうなのだ。
考えるべきことは考えないといけないが、不幸や不運の原因は、大抵、「余計なことを考えること」だ。
考えても仕方がないことは考えないようになれば、それほど不幸になることはない。
天才発明家で、問題解決学のエキスパートだった中山正和氏が、般若心経の呪文を唱えることを薦めていた理由が、それを唱えることで、余計なことを考えなくて済むからだった。
それでいえば、別に、念仏でも、他の呪文でも構わない。
もちろん、念仏や呪文には、それぞれ特別な意味があるのだが、それは今回は置いておく。
余計なことを考えないために呪文や念仏を唱えるだけでも、ほとんどの問題は解決するが、実際は、それ以上の恵みがある。だが、欲張らないことだ。

著名な投資家のマックス・ギュンターの本に書かれていたが、彼が世界最高と認める投資家が一言で述べていた投資のコツが素晴らしい。
それは、「欲張らないこと」だ。
そこそこ儲ければ良いのであり、大儲けを狙うと、大損する。
多少の損を受け入れないと(投資の世界では損切りと言う)、やはり、大損になってしまう。
だから、欲張らず、適度に儲け、少しで済むうちに損をしておく。
欲張らずに、それを積み重ねた彼が、どれほどでも欲張れる財産を作ったのだ。
そして、念仏を唱えたり、聖なる呪文を唱えながら欲張ることは難しい。
よって、それだけで、大抵のことはうまくいく。
そして、呪文や念仏に不可思議な加護があることも認めるしかない。
だから、常に、お気に入りの呪文や念仏を唱えることは、そうでないより良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

お利口さんは生きるのを止めた人

梶原一騎さんという、一世を風靡した漫画原作者は、おそらく、いろいろ問題の多かった人だったのだろうが、人気の高さが示す通り、面白いお話を作る作家で、天才と言って良いかもしれない。
その梶原さんの空手漫画だったと思うが、ちょっと忘れられない場面がある。
負傷したヤクザの親分が、広い庭に掘った大きな穴に汚物を入れさせ、その中に平然と飛び込む。
驚く主人公の空手家に対し、親分は、
「わしも理屈は解らんが、こうすると確実に早く治る」
と言い、
「先生(空手家のこと)も一緒にどうかね?」
と誘うが、空手家(彼も相当豪胆な男ではあるが)はたじろいで辞退する。
「梶原一騎、またデタラメを!」と思った読者も多かっただろうが、有名な気功や仙道の研究家である高藤聡一郎さんの本で、台湾だったか韓国だったか忘れたが、昔のアジアの国で、怪我をした部分に、汚物を貼り付ける習慣のある地方の人々のことが書かれていたのを覚えている。
本来で言えば、当然、そんなことをすれば、傷口からばい菌が入り、とんでもないことになりそうだが、そこでは、それで早く治ってしまうと信じられているのだった。

さすがに真似する気にはならないし、非科学的と非難されるかもしれないが、案外効果的なことが多いのではないかと思う。
傷から細菌が入ると、免疫作用が起こるが、大量の細菌を送り込むことで、強い免疫力を起こさせると共に、生体に「早く修復しないと大変だ」と思わせる効果でもあるのかなあとも思う。
これも、必ずしもお薦め出来ることではないだろうが、斉藤啓一さんの『ファウスト博士の超人覚醒法』という本で、虚弱でほとんど運動も出来ない少女に、厳しい労働をさせることで、少女の身体が回復したというのも、似た原理なのかもしれない。
精神的に落ち込んだ人に対し、優しく接するのではなく、敢えて厳しくしてやった方が回復が早いと言ったら、少しピンと来るかもしれない。

だから、身体も心も甘やかしちゃ駄目だ・・・ということを言いたいのではなかったが、まあ、そんなことも言えるだろう。
とはいえ、怪我をした身体を汚物の中に浸すというのは、さすがに身の毛もよだつが、あの漫画のヤクザの親分が言った「理屈は解らんが治りが早い」という言い分がやっぱり良い。
確かに良いことでも、理屈は解らない、あるいは、解り難いことは沢山ある。
念仏というのも、そんなところがある。
経典や、法然や親鸞の本を見ても、理屈では納得出来ないのだが、確かに不可思議な効果がある。
ポール・マッカートニの『レット・イット・ビー』で、「苦難に苦しんでいると、聖母マリアが現れて、貴い言葉をかけて下さった。『レット・イット・ビー(あるがままに』と」と歌われるが、その言葉に従うと、きっと問題は問題でなくなるのだろう。
そして、私の場合、困難を抱えていると、ひたすら念仏を唱えていると、おそらくいつも、問題は元々なかったかのように消えてしまう。
自己暗示みたいなものかもしれないが、自分であれこれつまらないことをして墓穴を掘るよりは間違いないように思う。
経典や、それに対する、法然、親鸞の解釈によれば、念仏を唱えれば、諸仏や、観音、勢至といった菩薩が真摯に手助けしてくれるというが、まあ、それは象徴的な意味だとしても、だいたい、そう考えて悪くはないだろう。

いずれにしても、少しもお利口なお話ではなかったが、お利口なことは大抵役立たずで、理屈抜きでやめておいた方が良いことばかりだ。
こちらは、「理屈は解らない」ではなく、「理屈はいらない」のである。
『愛のほほえみ』というイタリア映画で、オルガという名の可愛らしい10歳位の少女が、「私、やっちゃいけないって言われることは全部やりたいの」という「名セリフ」を言うのを覚えているが、彼女は生きている。
お利口さんになるのは、生きるのを止めることなのだろう。
理屈抜きで(直観)でね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

夏休みの早朝

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』で、ジョバンニが「幸い(幸福)って何だろう?」と、自分やカムパネルラに問う場面がある。
ジョバンニは、それは、他の人の幸い(幸福)のために生きることであると言い、カムパネルラもそれに同意したと思う。
ただし、それは、いきなり出てきた疑問と答ではなく、ジョバンニの最近の辛い現実と、銀河鉄道に乗ってから起きた、様々な経験から起こった疑問と答であったはずだ。

幸せというなら、子供の時の夏休みの朝に感じたことはないだろうか?
子供達に、惰眠を貪らせないという配慮からか、我が国では、夏休みに、子供達に早朝ラジオ体操への参加を義務付けることが多いが、確かに、これをしないと、遅くまで寝ている子が多くなるに違いない。
そして、早起きは、身体に良いとかより、確かにもっと素敵なことがある。
『アラビアのロレンス』で知られる、トーマス・エドワード・ロレンスが『知恵の七柱』の中で、砂漠の朝の神秘的な体験について語るところがあるらしい(私は『知恵の七柱』自体は読んでおらず、コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』での引用で読んだ)。
その神秘体験こそ、幸福そのものであるが、なぜ、そんなことが起こるのかというと、脳が半分眠っているからである。
それは、夏休みに早起きした子供達にも、よくある状態のはずなのだ。
私もそうだったし、ロレンスの体験について見ると、私も同じだったと感じるのである。
それはどんな体験かというと、世界の意味をピュアに感じるとでもいうものではないかと思う。

だが、ロレンスは、早朝ならいつでも、そんな体験が出来ると言うのではなく、「稀に」と言っているが、子供達は、夏休みの朝、割合に頻繁に体験していると思う。
けれども、あまりよく覚えていないのだ。
では、ロレンスと夏休みの子供達では何が違うかというと、ロレンスに限らず、大人は、目覚めるとすぐに思考を働かせることだ。
実際、ロレンスは、それが起こるのは、「考え続けて疲れた朝」であることを挙げている。それによって、思考がなかなかやって来ないということだろう。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジは、人間にとって、最も貴い「存在の体験」は、やはり、目覚めて、思考がやってくるまでの間と述べていた。

だが、その幸せの体験は、いつでも出来る。
アイルランドの詩人W.B.イェイツは、「憎むのをやめた時に、それが起こり易い」と言った。
しかし、総じて言えば、絶対にこうなのだ。
それは、「心配をしない時」だ。
イエスが「汝、思い煩うことなかれ」と言った通りである。
疲れて、思考が起こらない朝は、心配していないのだ。
江戸時代末期の神道家、黒住宗忠は、長く病に伏せって、死を覚悟した時、その体験が起こり、病気が治ってしまった。
宗忠は、その体験を、早く皆に伝えたいと思ったが、それを言葉で表現することは難しかったと思う。
宗忠は、いろんな心配で病気になり、自分は死ぬんじゃないかと心配したが、生きることを諦めて心配することをやめた時に、幸せが起こったのだ。
ジョバンニも、銀河鉄道の中で、一切の心配が消えたのだ。

一切の心配を消す方法の1つが念仏である。
実際、末期の癌で、もうすぐ死ぬという人が、『歎異抄』を読みながら念仏を唱えていたら、一切の心配がなくなって、見事な往生を遂げたというような話は多い。
もっと早く念仏を唱え始めていたら、癌も治ったかもしれないが、それは本人にとって、さほどの問題ではないかもしれない。
なぜ、念仏で心配が消えるのかと言うと、念仏とは、阿弥陀如来に象徴される無限の知恵と力に一切をまかせて安心することだからである。
正直、宗教やお坊様が話される念仏では、ピンと来ない場合が多いような気がする。
また、法然の『選択本願念仏集』では少し難しいかもしれないが、親鸞の弟子、唯円が書いた『歎異抄』なら、これの変な解説を読まなければ、念仏の意味が分かるのではないかと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド