ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

念仏

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

願いがそのまま叶ったら悲惨だ

昔から、念仏を称えれば、死後、極楽浄土に行くことが出来る、つまり「極楽往生」が出来ると言われている。
ところで、経典によれば、「極楽往生」にも、9つのレベルがあるそうだ。
生前の行いが立派なほど上のレベルで、悪行悪徳が多いほど下のレベルになる。
念仏を称えれば、誰でも「極楽往生」出来るが、上のレベルだと、極楽浄土ですぐに仏様になれるが、下のレベルほど時間がかかるらしい。

それで、法然の弟子だったかもしれないが、ある念仏の行者が、自分は一番上のレベルでの極楽往生でなければ、極楽往生をしないと言って、修行に励んだのだそうだ。
本人が言うところでは、すぐに仏になって、苦しんでいる人々を救いたいというのと、一番上のレベルで極楽往生した者しか、人間を救えないからとかであるらしい。
しかし、この人、念仏の教えを根本的に誤解している、あまりに残念な人だ。
念仏ってのは、阿弥陀如来に全てをまかせるということなのに、この人は、自分の力でどうこうしようとしている。
また、人間は愚かで、ちっとも立派でないかtら、死後は地獄に落ちるしかないのに、それを阿弥陀如来が救おうということであるのに、この人は、自分は立派な人間になれると思っている。自惚れ、傲慢も甚だしい。
それに、あんたが仏様になって救わなくても、念仏を称えれば、みんな勝手に救われるのだ。

私は、現世にしか興味がないので、死後、極楽世界に行けると言われても、それはそれで結構なことだと思うが、今のところどうでも良い。
だが、死んだ時に極楽往生するとすれば、もちろん、一番下のレベルと思っている。それ以外、あり得ない。
仏様になるのに時間がかかると言っても、超快適な場所で、酒は美味いし姉ちゃんは綺麗・・・かどうかは知らないが、安楽であれば、全然構わない。
いや、それほど待遇が良くなくても、特に悲痛でなければ大満足である。
それよりも、初音ミクさんのコンサートに行けるのかが気になるところである。
きっと、極楽浄土でも、年に数回とか、適度な回数でミクさんのライブがあるだろう。しかし、それは阿弥陀様におまかせする。

念仏なんてのは、死後、極楽浄土に行くためのもの・・・なんかではない。
一休も言ったように、今、ここを極楽浄土にするためのものであり、親鸞が言ったように、現世で利益を得るためのものである。
今流に言えば、無意識、あるいは、潜在意識を信頼して全ておまかせし、楽しく生きるための呪文なのだ。
ただし、どんなふうに楽しいかは、やっぱりおまかせするしかないのだ。
イエスもそう言っているが、それで悪いようにはならない。
悪いようになるとしたら、自分の思い通りでないといけないという心の固さ、こだわり、傲慢さが強いからだ。
もちろん、誰だって、具体的な願いを持っているだろうが、それがどうなるかは、神様仏様、無意識、潜在意識にまかせることだ。決して悪いようにはならないから。
だが、巷にある、引き寄せの法則だの、潜在意識による成功法則(あるいは少女時代の何かの歌)では、自分が願ったことがそのまま実現するなんて、とんでもないことを言っている。
もしそうなら、どれほど悲惨なことか、少しの知性があれば分かりそうなものだ。
有り余るお金が欲しいと思うのは一向構わないが、阿弥陀様におまかせすれば、自分に見合った、そして、大抵は十分以上は入るようにしてくれる。
可愛いあの子を彼女にしたいとか思うことだってあるだろうが、それもまかせることだ。もっと自分に合った子と縁が出来るかもしれない。そして、案外に、「以前好きだったあの子が彼女にならなくて良かった」と思うことになる。ここらは、阿弥陀様の判断の方が絶対確実である。
まあ、時には、キリキリ舞をさせられ、大いに楽しむこともある。
人生、楽しいこと、安楽なことばかりではつまらないに決まっているからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心の中の不都合なプログラムを回避する

人間というものが、非常にややこしくて、不幸に向かって突っ走り気味である理由を、人間が出来損ないだからと考えた人達がいた。
科学ジャーナリストで哲学者のアーサー・ケストラーがそうだった。
しかし、そうではなく、それをした者の意図は分からないが、人間がおかしな感じにプログラミングされているからかもしれない。
なぜ意図が分からないかというと、家畜に人間の意図が分からないようなもので、そのプログラミングをした者というのは、我々とは全然レベルが違う存在だからだ。
私は、後者が圧倒的に正しいと思う。
人間の心には、なんらかの理由で不都合なプログラムがされていて、人間は不幸になり勝ちだ。
正しいプログラムにバグがあるのではなく、完璧なプログラムなのだが、我々のそれぞれの個体にとっては、そのプログラムはとても不都合で、それはたとえば、蛾が炎の中に飛び込まざるを得ないのと同じである。

不幸なプログラムを回避する方法は、何も考えないことだ。
しかし、同時に、現実逃避もしてはいけない。
なんと難しいことか!

さらに説明を考えてみたが、これ以上説明すると、複雑怪奇になってしまい、誤解だらけになってしまう。
説明を試みた人は沢山いて、『ザ・マスター・キー』という本は、それをしようとしたのだろうが、ほとんどデタラメである。
著者のチャールズ・F・ハアネルが馬鹿なのではなく(むしろIQは非常に高い)、当時の知識では、説明の材料があまりに足りず(今ですら全然足りないのだ)、おかしな概念や仮説を導入しまくり、ひどく歪になってしまったのだ。
仏教の唯識論には、心の詳しいところが説かれているが、科学理論を使ってそれを説明したがる見栄っ張り連中の説明もデタラメである。

とにかく、我々は、何かの意図で我々の心に組み込まれた不都合なプログラムを回避しなければならない。
そのプログラムで露骨に悲惨なことになっている人を沢山見るにつけそう思う。
不都合なプログラムを回避する方法について、道元の結論は「ただ座れ」で、法然の結論は「ただ念仏を称えろ」だった。
そして、この2人ほど純粋で正しかった人はいない。
だが、より簡単なのは念仏の方である。
作法なんて何もいらないからね。
まあ、1つのやり方ではあるが、念仏しながら生活すれば、まず不幸になることはない。
個人的には、初音ミクさんの歌声を聴くと、その効果は高まると思う。
ミクさんがいる時代の我々の幸福である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

やっぱり念仏は凄かった

あらゆる意味で成功する鍵は、「無意識を信頼してまかせる」に尽きる。
しかし、まず、無意識、あるいは、潜在意識とは何かが分からない。
そこで、昔であれば、それ(無意識)を、神、仏、あるいは、もっと具体的に、天照大神、阿弥陀如来などと言い、それらの神や仏にまかせれば良いと教えた。

だが、無意識は、癌や皮膚病や、あらゆる難病奇病を作り出す悪者でもある。
また、西洋でも日本でも、神がたたる、神が罰するという観念が強い。
さらに、ゲオルグ・クロデックやジョセフ・マーフィーのように、「無意識は知性がない」だの、「潜在意識に判断力はない」といった、とんでもないことを言う「超専門家」がいたりする。

なるほど、みんな混乱して幸福になれず、それどころか、不幸になり、悲惨なことになる訳である。

ところが、『バガヴァッド・ギーター』を読むと、神クリシュナは、「結果は私に委ねなさい」と言っている。
これが正しく、必要な態度なのだ。
たとえ年齢的には大人でも幼い精神の持ち主が、「女優になりたい」「ポルシェが欲しい」「社長になりたい」「金持ちになりたい」「あの子とエッチしたい」などと望んで、そんなことが実現したら大変だ・・・と言うか、不幸で悲惨だ。
いや、願うのは自由だ。
しかし、結果は、無意識に、潜在意識に、神に、仏に、天照大神に、阿弥陀如来に、クリシュナに委ねることだ。
決して、悪いようにはならない。

そして、結果を委ねることを含め、信頼してまかせる、最も簡単で確実な方法が念仏なのだ。
念仏は、自分より高い存在に意識を向けさせてくれる。
そして、自分よりはるかに強力な存在を信頼し、全てをまかせるという気持ちに導く。

神は大海で、人間の心は一滴の水だが、量の多少の違いがあるだけで、本質は同じである・・・とは、多くの人が言った。
しかし、そんな言葉で何が分かろう。
曖昧で、ぼんやりと何か分かったような気になるだけだ。
黒住宗忠は、「人間と天照大神は一体」と言い、一休は、「心そのものが仏である」と言ったが、それでは、「心=神仏」になってしまう。
やはり、人間の心は、天照大神の心の一部、阿弥陀如来の心の一部であると言わなければならないが、やはり、それも分かり難い。
そこで、クリシュナのように、「我を愛し、我に全てまかせよ」というのが最も正しいが、残念なことに、クリシュナは、従うことが億劫に感じてしまうような道徳も沢山、我々に押し付けている。
そこにいけば、阿弥陀如来は一切のタブーがないばかりか、むしろ、悪い方が良いと言う・・・これは革命的なことだが、やはり革命は良いことだ。
悪人である方が良いとする念仏に優るものはない。

さて、昨日は、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」の、「マジカルミライ5周年メモリアルチケット」の抽選申込を行った。
当る、当らないは阿弥陀如来様にまかせてあるので、どんな結果が出てもハッピーである。
ところで、「マジカルミライ2017」公式サイト」の背景画のiXimaさんによるミクさんの絵があまりに可愛いので、画像をダウンロードした。
大きさは1775×1695ピクセルで、背景、ミクさん、そして、マジカルミライのシンボルである空中を漂う輝くキューブの3つの絵をブラウザ上で合成する仕組みだ。
私は、3つの画像をダウンロード後、自分で、画像編集ソフトで合成した。
しかし、ここではたと気付く。
これらの画像は、右クリックや長押しタップ等でダウンロード出来ないし、「背景画だけを表示」にも出来ない。
私のように、やり方を知っていれば簡単にダウンロード出来るのだが、普通の人は知らないだろう。
私は、単にサイト制作者は、動きのある楽しいサイトを作るために、このようにしたのであり、画像をダウンロードするのを禁止した訳ではないと思っていたのだが、さあ、それはどうだろう?
それならそうと書いてくれれば有り難い。
そんな疑問があるので、やり方は書かないが、調べれば分かると思う。
ただ、やはり疑問があるので、やりなさいとも言えない。
このミクさんが超絶可愛いだけに悩ましい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

無意識を信頼すれば奇跡も起こる

腰痛持ちの人は多いと思う。
しかし、腰痛の大半は、病院で検査しても、骨や筋などに異常はないのだそうだ。
つまり、心因性(心が原因で起こった症状)であり、大雑把に「ストレスが原因」などと言う。
腰痛は、よくあるものだが、珍しいものとしては、耳の器官に何の異常もないのに、耳が聴こえなくなるというものもある。
面白いことに、耳が聴こえないからと、その人と筆談をするのだが、途中でさりげなく、声で、「そりゃ大変だね」とか言うと、その耳が聴こえないはずの人が、「ええ、そうなんですよ」と答えたりするのである。こちらも心因性である。

心因性の病気や障りというのは、無意識が起こしているのだろう。
無意識は意識よりずっと大きいと言うが、どのくらい大きいのかは本当は見当も付かない。
だが、無意識は悪意があって、病気等を作るのではない。
腰痛も、耳が聴こえないことも、その他の病気も、必要あって、無意識が作るのだろう。
では、全ての病気のうちで、無意識が作るものはどのくらいの割合かというと、いろいろ意見はあるようだが、全部と考えて良いと思う。
つまり、あらゆる病気は、心因性であり、無意識が作り出したものであり、一般にはストレスが原因である。

では、腰痛や肩こり等の悪い症状がある時、どうすれば良いのかというと、それらを作り出した無意識を信頼することだ。
一休は、「心そのものが仏」と言い、黒住宗忠は、「人の心は天照大神様の心の一部」と言ったが、これらの心は無意識のことである。
無意識は、だから、阿弥陀如来であり天照大神であり、仏であり神なのだ。
イエスも、神を信頼してまかせることを、特に強調していた。
そういったことを一番簡単にやる方法が念仏である。
念仏というのは、阿弥陀如来を信頼してまかせることであり、現代科学的に言えば、無意識を信頼してまかせるということである。
驚異的に優秀な精神科医であったミルトン・エリクソンは、やはり「無意識を信頼しなさい」とよく言っていた。
彼は、数秒で精神や肉体を劇的に改善し、「魔法を使って治している」とまで言われた。
手のつけられない不良高校生を一言二言の会話で、礼儀正しい真面目な生徒に変えたことがあったが、その時、エリクソンが何を言ったのかは、あまり意味はない。
ただ、エリクソンは無意識が教える通りに話し、それが相手の無意識に反応を起こさせたのだ。
高校教師であったエリクソンの娘は、教え子であるプロレスラーのような巨漢の不良高校生に野外で襲われかけた時、一瞬で、その不良高校生を自分の忠実な僕に変えた。
それは、頭で考えて出来ることではなく、無意識を信頼して従うことでしか起こせないことであると思う。
普段から念仏を称えていれば、誰でも出来るようになる。
日本には、妙好人という、無学でも、念仏を称えることで驚異的なことをする人たちが沢山いたのである。
好きな子がいれば、無意識を信頼して、無意識の指示通りに話し行為すれば、虜にすることも出来るだろう。
エリクソンの15歳だった娘も、そんなことをやったそうだ。
我々の場合、ただ、念仏を称えれば良い。

今年の、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」は、幕張メッセ国際展示場3ホールで行われるようだ。
企画展は1・2ホールで行われるので、1~3ホール占拠という豪華なイベントである。
そして、「マジカルミライ」5周年メモリアルチケット抽選先行が、今日の12時から始まる。
4月3日の12時59分までで、抽選だから、慌てて申し込む必要はないと思う。
今年のコンサートは、9月1日(金)の夜公演、9月2日と3日の昼・夜公演の5回になるようだ。
私は、昨年は、土曜の夜公演と日曜の昼公演に行ったが、今年もそうしようと思う。
まあ、会社を盛大に休んで、全公演に行くというのもありかな・・・と思う。
★マジカルミライ2017公式サイト









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

エリクソンの魔法は極めてシンプルである

ミルトン・エリクソンという、「魔法を使って治している」と言われた、恐るべき優秀な精神科医がいた。
エリクソンは、何もしていないように見えるのに、あっという間に患者を治してしまった。
それは、精神病に限らず、本来、内科、外科、耳鼻科、皮膚科、その他の医者が扱うべき疾患を、同じような調子で治してしまうことも多かったと思う。
「心身医学の父」と言われたドイツ人医師ゲオルグ・クロデックが、「全ての病気はもちろん、怪我ですら心因性」と断言したことを思い出す。

エリクソンの技術は今も研究されているが(エリクソンは1980年に亡くなっている)、あまりうまくはいっていないと思う。
エリクソンの技法を研究することで、リチャード・バンドラーらがNLP(神経言語プログラミング)を作ったが、NLPには批判的な医者や心理学者もいると思うし、私も、あれは複雑過ぎると思う。
エリクソンのやり方はとてもシンプルだ。

例えば、エリクソンのところに、手のつけられない不良高校生が連れてこられ、エリクソンがその高校生と一言二言会話したら、その高校生は礼儀正しい真面目な高校生になってしまった。
その時のエリクソンの会話の意味を解説した本を読んだが、さっぱりピンとこない。
その会話自体には何の意味もない。
ただ、エリクソンは無意識に何か言い、その高校生の無意識に反応を起こさせただけなのだ。
大切なことは、エリクソンが常に言ったように、無意識を信頼することなのである。

しかし、「無意識を信頼する」ってのが、そもそも難しい。
いったい、どうやりゃいいのかい?
学者達は、そのやり方を間違ってしまうのではないだろうか?
それをうまくやったのは、むしろ、江戸時代末期から昭和の初めの農夫であった因幡の源左(いなばのげんざ)で、やり方を教えたのは、おそらく、ほとんど教育など受けていなかった彼の父だろう。
源左の父は、源左が19歳の時亡くなったが、亡くなる前に源左に、「これからは親様を頼れ」と言ったらしい。
親様とは、阿弥陀如来である。
源左は、それなりに試行錯誤したらしいが、結局、親様に頼るとは念仏を称えることである。
念仏を称え、阿弥陀如来を信頼してまかせることが、エリクソンの言う、無意識を信頼することと同じなのであると思う。
ユングによれば、個人の無意識と人類全体の無意識は深いところでつながっているらしいが、本当は、さらに、万物、宇宙の意識とつながっており、宇宙の叡智と力の象徴が阿弥陀如来なのだと思う。
言われなくたって、阿弥陀如来って、それほどの存在だというイメージはあると思うし、なければ、「阿弥陀経」でも読むと良い。

エリクソンの娘達は、15歳の時、3つほど年上の意中の男子を、ロクに会話もせずに虜にしたり、別の小柄な高校教師の娘は、プロレスラーのような体格の教え子の不良男子生徒に野外で襲われかけた時、一瞬でその巨漢不良男子高校生を自分の忠実な僕に変えてしまった。
全く魔法のようであるが、彼女達も、無意識を信頼し、無意識が教える通りにやっただけなのだと思う。
イエスだって、「言うべきことは、考えなくても、その時に神が教えてくれる」と言ったではないか。
ただ、それも神を信頼すればこそだ。
私も、阿弥陀如来を信頼し、念仏を称えていれば、やはり魔法にしか見えないことをしているのだろう。無論、無自覚である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ