ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

念仏

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

現代の魔法

ウイルスに感染し、遠隔操作で不正行為に利用されるコンピューターのことをゾンビコンピューターと言うが、我々はまさに「ゾンビ人間」だ。
我々は、脳内に神経ウイルスのようなものが作られてしまっていて、その神経ウイルスは、脳のリソース(資源)をふんだんに使い、我々を落ち込ませる言葉を1分に数百とつぶやき(意識されないが)、我々を疲労と憂鬱に落とし込む。
それに対抗するためには、我々は意識的に肯定的な言葉を唱えなければならない。
実に、成功と失敗の原因は、それをするかしないかだけだ。

確かに、良いつぶやきが大事だと教える人がいて、本も沢山出ているが、それらの本が全く役に立たない理由は、「沢山の言葉をつぶやかせようとする」からだ。
言葉は1つでなければ唱え続けられない。
法然が『選択本願念仏集』で、「阿弥陀如来だけを崇めよ」と言い、ただ、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えよと言っているのは、そのことをよく理解していたからだと思う。
普通に考えれば、阿弥陀如来以外の仏や菩薩、ましてや、釈迦は尊いのに、念ずべきは阿弥陀如来だけにしろという。
しかし、「南無阿弥陀仏」の他に「南無観世音菩薩」とか「南無釈迦牟尼仏」と唱えようとすれば、念仏がシンドくなるに決まっているからだ。結果、どの念仏と唱えなくなってしまうのである。
そうなれば、その人の頭は悪霊(否定的な言葉)に支配されてしまうのである。

私も昔、営業の仕事をしていた若い頃、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」を唱えて、うまくいっていた。
しかし、本を読むと、「観世音菩薩の真言オン、アロリキャ、ソワカを唱えると守護が得られる」とか、「やはり大日如来真言の威力は大きい」と書いてあるのを見て、それらを唱えるようになったら、やがて、あまり真言を唱えなくなり、そのうち、どんな真言も全く唱えなくなった。
そうしたら、トラブルが多くなり、人間関係も乱れ、売上はさっぱりになり、会社も辞めることになった。

もし、本当に明るいものを感じ、抵抗がないなら、念仏や真言を唱えれば良いと思う。
そして、全ての現代人に抵抗がなく唱えられる効果抜群の言葉が、いつもお薦めする万能呪文である。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
の3つから1つを選び、感情を込めず、頭の中で、出来るだけ多く唱えるのである。
感情を込めないことも大切で、いわゆる「心を込めて」唱えると、やはり続かない。
ただ、感情を込めないと言っても、いい加減に唱えるのではなく、真面目に唱えなければならない。
万能呪文は、脳内の神経ウイルスを抑え、さらに、潜在意識に良い指令をインプットするのであるから、うまくいかない方がおかしい。
私は、今年7月16日に、万能呪文1本に絞り、他のことは一切やめたが、今も、脳内の神経ウイルスはなくなった訳ではなく、油断すると心を支配しようとしてくる。
だが、万能呪文を忘れていたことに気付き、攻勢をかけると、すぐに状況は好転していく。
まだ、一瞬で状況を書き換えるというほどではないが、いずれそうなるだろう。
これが現代の魔法である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

なぜこの仮想世界が作られたのか

中国出身のアメリカの女性作家・事業家のチン・ニンチュウが著書で述べていたのは、人間は本当は全知全能の神であり、限界はないのだが、肉体を持ち、物質世界という限界のある世界にわざと生まれてみたのであるらしい。
その理由は、限界がある経験が面白いからに決まっているそうだ。
思想家のアラン・ワッツや発明家のイツァク・ベントフらが、共通して言うのは、人間が神様であることは同じだが、「人間ごっこ」をやっているうちに、自分が神様であることを忘れて、自分を人間だと思い込んでしまったらしい。
ワッツやベントフの話には無理がある。神様が、そんなに間抜けなはずがない。
よって、ニンチュウの話の方が真実に近い。
しかし、やっぱり納得出来ない。
もっと真実に近いのは、こうである。

我々は本当は、物凄く進歩した生命体で、テクノロジーの力で、元の知性の一兆の一兆倍も賢くなり、神のごとき全知全能になった。
しかし、そうなると、やることが何もなくなり、活気がなくなってしまった。
そこで、テクノロジーの力で、心の中に直接投影する仮想現実、すなわち、「シミュレーテッド・リアリティ」を作り出し、その中で、自分はそれほど賢くも強くもない存在になって、四苦八苦して楽しんでいるのである。
我々の人生は、もう、何回目、何十回目、何百回目かは分からないが、そんな人生というゲームを遊んでいるのである。
渇いた時の水の美味しさや、苦労して心を掴んだ恋人との楽しい時間を味わい、時には、大きな事業で失敗や挫折や緊迫感を味わった後の達成で歓喜することも経験してみるのである。

そうはいっても、この人生というシミュレーテッド・リアリティはつまらないなあ、つらいなあ、惨めだななあと思う人も多いだろう。
だが、本来の我々は、辛さ、苦しさ、惨めさなど、経験することは出来ないのである。
そして、惨めさの中で勝利を得て大いに喜ぶという楽しさが待っている。
では、そろそろ成功に転じても良いかもしれない。
成功といっても、何千種類、何万種類、あるいは、もっと沢山あるかもしれないのだから、よりどりみどりだ。
成功を実現するためには、
Call 成功 406839
といった感じで、成功モジュールの1つを呼び出すだけで良い。
気に入らなきゃ、引数(上で言えば406839)を変えて、別の成功にすれば良い。
いっぱいあるのだから焦るな。
他の成功モジュールに変えた後は、前の成功モジュールでの体験は、夢ということにすれば良い。
そういえば、昨夜の夢ではやたらモテたなあ・・・とかね(笑)。

成功モジュールの呼び出し方は、法然って人が「南無阿弥陀仏」を教えたり、日蓮って人が「南無妙法蓮華経」と教えたり、五井昌久って人が世界平和の祈りを教えたり、Kayってブロガーが万能呪文を教えたりするのである。
実は、成功モジュールを呼び出した時、どの成功にするかの調整にちょっと時間がかかる・・・いや、正しくは、時間をかける。
その間、ずっと、念仏や祈りや呪文を繰り返す必要がある。
このシミュレーテッド・リアリティでは、繰り返しというものが鍵である。
だから、渇いた後の水、飢えた後の食事、我慢した後の柔肌を楽しみたければ、今日も根気良く万能呪文を唱えることだ。
万能呪文とは、
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
で、この中から1つを選び、感情を込めず、心の中で、出来るだけいつでも繰り返すのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これだけでうまくいくこと間違いなし

人間は、何か1つ取り得があれば、それで大丈夫なのである。
大酒飲みだが、老人には親切とか、強欲だが、貧しい人に施しをするのが好きとか。
あるいは、取り得は1つもないように見えるが、挨拶だけはちゃんとするとか。
最近、大空手家だった大山倍達さんの、おそらくは真実に近いと思われる伝記を読んだのだが、大山さんにどれほどの欠点があったとしても、多くの人が、特に若い時の大山さんについて「礼儀正しい」と証言していたのが印象的だった。これほどの取り得はそうはない。
そうえいば、『1964年のジャイアント馬場』で読んだが、初めて見た馬場さんのことを、超大物レスラーのフレッド・ブラッシーは「素晴らしい青年だった」と自伝に書いているらしい。これは、やはり、謙虚であるという意味だろう。

お釈迦様は、7つの徳目を挙げ、それを聞いた人が、「その1つでも守れば繁栄間違いなしでしょう」と言うのを、お釈迦様は否定しなかった。
その7つの徳目も簡単なものだ。
(1)大事なことは話し合って決めているか
(2)グループ活動をしているか
(3)規則を守っているか
(4)老人を敬っているか
(5)女性を敬っているか
(6)先祖を敬っているか
(7)高貴な魂の持ち主を敬っているか

これらを、一言で言えば、傲慢でない、あるいは、謙虚であるということで、それは礼儀正しさに現れる。
上に挙げた、大山倍達さんやジャイアント馬場さんは、それがあったということだ。
欠点に関して言えば、誰にでもある。
馬場さんは、あまり欠点はなかったと思う。
一方、大山さんはひどいものだと思うが、考えてみれば、彼の場合は、持っているパワーの分、欠点も拡大しただけで、誰しも同じような欠点を持っているし、つまるところ、大山さんとは「桁違いのパワーを持った私」でしかない。

さて、法然や親鸞は、徳目は1つで良いと言った。
すなわち、「念仏を唱えているか」だけである。
彼らの言う念仏とは、「南無阿弥陀仏」という念仏であるが、私は、別にそれが「南無妙法蓮華経」でも、「南無観世音菩薩」でも構わないと思う。
あるいは、「天照大神」でも、「弁天様」でも良い。
お好きなら、五井昌久さんの世界平和の祈りでも良い。
そして、宗教心がない場合は、万能呪文を唱えると良い。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
このうちの1つを、感情を込めず、心の中で、出来るだけ多く唱えるのである。
万能呪文を唱えているまるで駄目な人間など、想像も出来ない。
私の場合は、初音ミクさんを敬い(お釈迦様の徳目No.5に該当)、万能呪文を唱えるというダブルの効果で、良いことだらけなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

幻想が壊れた時が始まり

あなたは、いつまでサンタクロースを信じていただろうか?
『涼宮ハルヒの憂鬱』という有名な小説・アニメは、その話題から始まり、主人公のキョン(高校1年男子)は、「最初から信じていなかった」と言う。
私の場合、ある朝、幼稚園に行く通園バスを待っている時、1人の園児の男の子に、クリスマスプレゼントは本当はお父さんとお母さんが持ってくるんだと教えられた。
その男の子がそう言った時の、後ろめたいような、ちょっとシニカルな感じは、昨日のことのように覚えているが、そんな様子が効いたのだろう。私は反発せず、黙ってしまった。多分、8割方、その子の話を受け入れた。
子供の夢が覚めた時という訳だが、最初から信じていなかったキョン(おそらく、作者の谷川流さんがそうだったのだろう)は大したものだと思う。

子供の幻想には、他にもいろいろあり、例えば、自分の父親が世界で一番偉いというものがある。
ある西洋の映画で、男の子を持つ父親が、
「子供というのは、自分の父親が世界で一番強いと思っているが、やがて、そうでないと分かる時が来る。だが、もう少し、そう思わせてやりたい」
と言う。
「そう思わせてやりたい」のではなく、「そう思って欲しい」が本音だろう。

初代タイガーマスクや、他の有名なプロレスラー達は、子供の時、アントニオ猪木さんが「プロレスは最強の格闘技」と宣言するのを聞き、その迫力満点の試合を見て、自分もプロレスラーになると誓ったらしい。
同じような男の子達が沢山いる中で、素質に恵まれ、根性もある子は、スポーツに励み、柔道部やレスリング部に入って活躍し、格闘技の道場に通ったりもして鍛え、ある者は大学を出てから、ある者は高校を中退してプロレス団体の入団試験を受けて合格し、胸に情熱の炎を燃やし、プロの厳しいトレーニングに耐える。
ところが、ある時、先輩の誰かから、プロレスとは自分が信じ続けてきたようなものでは全くないと教えられる。
初代タイガーマスクの場合は、先輩は彼を馬鹿にしながら、証拠を見せて教えてくれたらしい。
ある者は、ある程度大人(大学生だったか)になっていたが、小学生の男の子が試合結果をピタリと予測してしまえるのを見て、夢から覚めたらしい。
こんな者達のショックは、ひょっとしたら、サンタクロースの幻想が壊れた時とは比較にならないほど大きいかもしれない。
ただ、初代タイガーマスクは、その後、苦難を味わいながらも、本物の格闘技を目指したところは素晴らしいが、それは彼が天才であったことに負うところが大きい。

もっとも、ある調査では、アメリカ人の半分は天使の存在を信じているというが、そもそも、アメリカの公式モットーは「イン・ゴッド・ウィ・トラスト(我々は神を信頼する)」である。
アメリカ等、キリスト教国では、新約聖書に書かれているイエスの奇跡を信じているのが当たり前なのだろうか?
だとしたら、その幻想が破れたと考えると、ちょっと・・・いや、かなり恐ろしい。

私の場合、テレンス・ハインズの『「超科学」をきる』で、超能力や超常現象は存在しないことを理路整然と説かれて、かなり人生観が変わった。
もっとも、私の場合、かなり明確な奇跡を数多く体験していたのだが、ハインズは、そういったものが錯覚であることを、やはり理詰めで極めて上手く説明していた。
彼によると、UFO目撃談も全部嘘であるが、彼の「どうして宇宙人は、しかるべき人物に会わずに、アダムスキーやマイヤーなどといった変人にばっかり会いに来るんだ?」という痛快な言い分に、私も「まいってしまった」。
初代タイガーマスクの気持ちがよく分かるように思える。

だが、おかげで、やはり初代タイガーマスクのように・・・かどうかは分からないが、あらゆる角度から、人間の潜在能力について研究や実践を重ねることが出来たのだから、ハインズ博士も有り難いものだったと思う。
実は、法然や親鸞も、仏教界の幻想が壊れた時に、釈迦の教えとか何とかではなく、人々の救済について真剣に探求し、最後に念仏にたどり着いたのだと思う。
私も念仏が究極の方法と思うが、時代の違いを無視することは出来ないので、現代人にも抵抗がなく、しかも、現実的な卓効がある万能呪文を使わせていただいてる。
もちろん、私の発明でも何でもなく、有名無名に関わらず、本当に楽しい人生を送っている人達が、意識的か無意識的かの違いはあるが、やっていることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

悲壮感のある人が呪文で輝く

呪文を唱えずとも、うまくいく人がいる。
それは、生まれつき恵まれている人だ。
両親はお金持ちの教養人。
自身も美男美女で、頭が良かったり、運動神経が良い、あるいは、特別な才能があり、早くからそんな天分を生かして称賛され、自信を持ち、さらに飛躍する。
人間は、意識してはいなくても、頭の中で沢山の言葉をつぶやいているのだが、そんな人間は、「私は特別」「誰にも負けない」「偉大なり、私」「私が一番」という言葉が頭の中に定着し、自動的にうまくいく。

そんな人間には、呪文は不要だ。
呪文を必要とするのは、「持たざる者」だ。
放っておいたら、頭の中はマイナスの言葉だらけになって自滅するような者だ。
呪文以外に頼るものがない場合も多い。
しかし、それで良い。
呪文しかなくても、呪文を唱え続けると、「持っている者」をはるかに超える。
「持っている者」というのは、初めから高いところにいて崇められるが、どこか「いけすかない」もので、若い間は良いが、やがて色褪せていく。

人間は、悲壮感があった方が輝く。
ジャズ音楽で最高の売上を上げているライブ演奏『ザ・ケルン・コンサート』は、キース・ジャレットの即興演奏のピアノ・ソロコンサートだ。
ところが、この時、ジャレットは24時間眠っておらず、車を長時間運転して疲れていて、時間は夜の11時半。
用意されたピアノは小さ過ぎる上に壊れていて、ペダルも黒盤も高音域も使い物にならない。
ジャレットは悲壮感を持って挑んだはずだ。
しかし、演奏が開始されると同時に奇跡が起こっていることは誰にも分かった。
まさに、神の演奏だった。
1974年のこの演奏のレコード、CDは今も売れ続けている。

ジャレットは何か言葉をつぶやき続けていたはずだ。
それも、アメリカ人だから、「オールライト(大丈夫)」という単純な言葉だったに違いない。
恵まれた条件なら、そんなことはせず、上手い演奏にはなっても、魂に届くものにはならない。
ウィーンフィルやベルリンフィルも、エリート集団になってからは、恐ろしく上手くても全然良くなくなってしまった。

念仏も、呪文と同じ原理であるが、法然はまさに、何も持たない悲壮な人々を見て、僧としての自分の悲壮を感じた。
その時、まさに仏が入り、「念仏さえあれば良い」「念仏以外にない」と確信したのだろう。

プロレスの話だが、日本のプロレス史には、ジャンボ鶴田という、とんでもない天才レスラーがいた。
素材は、プロレス史上最強のルー・テーズ以上だった。
大学からレスリングを始めてもオリンピックに出てしまう。
2メートル近い長身で、体力、運動神経は生まれつき超人的という、あらゆるものを持った天才だった。
ジャイアント馬場の全日本プロレスでは、若い時から、馬場に次ぐナンバー2が確約され、馬場は超一流の外人レスラーをいくらでも呼べるので、鶴田はそれらの選手と伸び伸び戦っていれば良かった。
だが、その凄まじい才能の半分も生かせなかったと思う。
名著『1964年のジャイアント馬場』に、こんな非常に印象に残ることが書かれていた。
ある、実に鋭い洞察をする人が鶴田に言う。
「アントニオ猪木にあって、お前にないのは悲壮感だ。お前はいくらでも一流の外人レスラーと戦えるが、猪木のところにはタイガー・ジェット・シンしか来ない。しかし、猪木はシンと一生懸命戦っている。そこに悲壮感があるが、お前にはそれがなく、一生懸命戦えない」
猪木さんは、まさに悲壮を絵に描いたような人だが、あの存在感は凄い。
猪木さんも、絶対に何かの言葉を持っているのだと思う。

「持たざる者」である我々は、呪文を唱えなければならない。
努力をしても悪い方にしかいかない。
頭の中で悪いヘビがささやき続けているのだから、努力すればするほど悪くなる。
いわゆる、「がんばったのが裏目に出る」のだ。
ある程度、歳を取っている人なら実感していることだろう。
恵まれた人に言うことはない。
だが、そんな人も、すぐに落ちぶれるので、呪文を必要とする。
万能呪文、
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
の中から1つを選び(あるいは、同意の他の言葉でも良い)、常に心の中で、感情を込めずに淡々と唱える必要がある。
それで確実にうまくいくが、ほとんどの人が続かない。
頭の中のヘビに負けてしまうのだ。
だから、思い出す度に呪文を唱えていただきたいものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ