ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

念仏

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本当に学校や会社とサヨナラするには

学生なら学校、サラリーマンや公務員は、それぞれの勤務先に、決められた時間、必ず行かなければならないという、「絶対的な義務」がある。
それは、「絶対的な義務」なのだから、そこから外れると、「もう終わり」になってしまう。
これはもう、「完全人間支配システム」と言って良い。
ただ、これまでの世界では、それは、「嫌だがやむなし」という面があった。
そうでなければ、「国民全員が確実に食べていけ、一部の特権階級が贅沢する」ことを維持出来ないからだ。

だが、インターネットで本当に社会参加出来るなら、その「絶対的な義務」が崩壊する。
けれども、まだまだインターネットは非常に未熟な段階なのだ。
それは、企業や人々のネット上の行為の大半が、非常に下らないものであることに現れている。
つまり、「ネットの情報の大半はクズ」と言われたら、「まあ、そうだなあ」と納得せざると得ないということだ。
とはいえ、そうはなくなってきつつはあると思う。
ただ、インターネットが社会と本当に融合するというのは、個人的な問題でもある。
ある人にとっては、インターネットは社会そのものでも、別の人にとってはそうではないということだ。
では、インターネットを社会にし得る人とはどんな人かというと、「インターネットで正々堂々稼げる人」だ。
「それは経済原理に縛られた考え方だ」と言われそうだが、経済原理で動く「現実社会」がまだまだ強いのだから、「インターネットで正々堂々稼げない」限り、いくらインターネットを使ったところで、その者は社会参加していない。

そして、おそらく、いくらインターネットが進歩しても、『マトリクス』や『ソードアート・オンライン』の世界にはならず、バーチャルとリアルは並存する。
まあ、後5千年もすれば、人間は肉体を持たない精神生命体になるのかもしれないが、それはまだ分からないし、そうなるとしても、はるか先の話だ。
それに、たとえネットで大金を稼いでいても、リアル世界との関わりが少なければ、なぜか精神が落ち着かなかったり、満足感が得られないものなのだ。
確かに、肉体や持ち物など、物質を過剰に崇めるのは間違っているが、身体やモノだって高い価値を持っていることを認めざるを得ないのである。

ただ、1つ突破口がある。
そうでなければ、上のようなことを長々書きはしない。
それは、物質とエネルギーは実は同じものであり、互いに変換出来るように、精神も物質とエネルギーに変換出来るということだ。
だが、物質とエネルギーの変換には核融合が必要であるように、精神を物質やエネルギーに変換するには特殊な方法が必要であり、その方法については、まだよく分かっていないのだ。
「エメラルド・タブレット」にそれがあるのかもしれないが、あまりに抽象的で、普通の人には意味が分からないし、本当に解き明かした人もいない・・・あるいは、いないに等しい。
そりゃそうだ。
精神とエネルギーの変換が簡単に出来たら、今の物質的社会は完全に不要になる。
「引き寄せの法則」や「潜在意識の法則」のようなものは、効果がほとんどないから誰でも知ることが出来るのだ。
本当の本物が、普通の人が見られるようになるはずがない。
それは、陰謀論のような特権階級の都合ということもあるのだが、善なる配慮でもあるのだ。
だが、教えてはくれないが、自分で見出すのは自由・・・というか、止められないのだ。
では、「求めよ、さらば、与えられん」である。
求めよ。
そのためには、ニセモノを排除する知恵と感覚が必要であることはお分かりと思う。
だが、その方法をモロに教えたら、公然猥褻と同じで(笑)、私も社会から消される。
よって、回りくどく教えよう(笑)。
いや、腕振り運動をして、後は、バガヴァッド・ギータ-か聖書を読めば良いだけだ。
ただし、「いつも」。そして、社会に抵抗してはならない。やりすごすのだ。それが出来ないなら見込みはない。
面倒なら念仏を唱えれば良い。他にも方法はある。
だが、「しゃんとする」のは自分である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ボタンや薬を求めるのをやめる

著名な心理学者の河合隼雄さんの本を読んで、つくづく凡人の性質について思い知ったことがある。
不登校の子供を持つ父親が河合さんに相談に来て、こんなことを言ったようだ。
「不登校を治すボタンってないですか?」
そして、河合さんは、「皆、ボタンを押す役をやりたがる」と言う。
本当に参った。全くその通りだからだ。
「不登校を治すボタン」と言ったら冗談っぽいが、この父親に「不登校を治す薬」があると言えば、さぞ喜ばれるだろう。
そして皆、「成績が良くなる薬」「給料が上がる薬」「モテる薬」「プログラミングをマスター出来る薬」を欲しがっている。
結局、新興宗教が馬鹿な人間を楽々と騙せるのは、「わが教団には、そんな薬があるぞよ」といったことを、いかにも本当のように言うからなのだ。なるほど、流行る新興宗教は、「馬鹿な人間を騙すボタン」を持っているのである。
ボタンを求める者はボタンを押される・・・である。

凡人は、単純に考えてはいけないことを単純に考えたがり、複雑に考えてはいけないことを複雑に考えるのだ。
最近、5歳の女児を虐待死させた父親のニュースが大きく報道されているが、あの父親は、実は大真面目だったかもしれないと思う。
彼は、「良い子を作るボタン」を押すとか、「良い子を作る薬」を飲ませるという単純で面倒なことが何もない方法を選んだのだろう。
それが、理屈の上で正しい最も単純な方法である、「厳しくしつける」である。
子供を脅し、怯えさせて「勉強しろ」という親なんて、いくらでもいるが、それを極端にやっただけで、我々も、あの父親と同じところは確かにあるのだ。

私は、念仏の話は好きなのだが、嫌いでもあるのだ。
どういう意味かというと、念仏のことを言うと、必ず、こんな雰囲気のコメントをしてくる人がいる。
「念仏さえすれば大丈夫ですね。私は一生懸命念仏します」
この人は、やっぱり念仏を、「楽をするボタン」「楽が出来る薬」だと思いたいのだ。
ややこしいことを考えたくない、面倒なことは嫌、現実を見たくないという人だ。
「引き寄せの法則」が人気があるのも、それが「願いを叶えるボタン」「願いを叶える薬」と思えるからである。
では、「念仏さえすれば大丈夫」かというと、それは正しいのである。
たとえば、「憧れのあの子を彼女にしたい。南無阿弥陀仏」とやるのは、別に悪いことではない。
だが、あの子が彼女になるかどうかは全く分からないし、多分、無理だろう。
けれども、自分が彼女に全く不釣合いだという「本当の」自覚は与えてくれるかもしれない。
告白したら、手厳しい断りを食らうかもしれない(まず、間違いない)。
そして、それほど良いことはないのだ。
それによって、己を知り、成長すれば、やがて、あの子に匹敵する、あるいは、もっと素晴らしい子を彼女にすることも出来るが、それは自分次第であるし、おそらく時間はかかる。
それでも、「求める勇気」だけは与えてくれるのである。

恐れずに求めれば それは未来を変えるRevolution
~『FREELY TOMORROW』(Mitchie M feat.初音ミク)より~

そして、本当は、ボタンも薬もいらないのである。
その理由が、一休さんらも言っていたように、「阿弥陀様は自分の中にいる」からであるが、それは、なかなか一足飛びには分からない。
だが、念仏を唱えれば、それが分かってくるのかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

専念するものを選ぶ

「ケンカの鉄人」林悦道さんの本『誰でも勝てる!完全「ケンカ」マニュアル』の中で、私が特に心に響いた言葉は、
「技は出来るだけシンプルに。実戦で複雑なことは出来ない」
というものだ(正確な引用ではない)。
特にケンカに不慣れな場合、実戦では、ほんとうにわずかなことしか出来ないはずだ。
頭に血が昇り、興奮している状態では、ほとんど何も考えられないので、考えるまでもなく使える単純な技を磨いておくべきだろう。
ケンカに限らないが、多才なテクニックを使える者は、経験豊富で、しかも、その数多い技をしっかり磨いているのである。
コンピューターのプログラミング言語だって、1つを十分に磨くのには時間がかかる。
正直、3つも4つも高度に磨けるとは思えない(天才は別かもしれないが)。
マーク・ザッカーバーグはPHPしか出来ないらしが、PHPには自信があると言う。
実際、私が知り合ったプログラマーも、沢山のプログラム言語を使える者より、COBOLだけBASICだけだが、しっかりやってきた者の方が明らかに力がある。
それに、不思議だが、1つをしっかり磨いていたら、それを使う仕事がどんどんやって来るものだ。

霊的修行も同じと思う。
沢山の修行をやるより、念仏なら念仏、瞑想なら瞑想で、何か1つをしっかりやる方が良い。
しかし、特に未熟なうちは、教祖的な者の宣伝が上手い場合もあるのだが、あれも良さそう、これも良さそうと思って、みだりに手を出してしまい、結局、どれにも熟達しないのだ。
だいたい、1つの修行でも、本当にやれば時間が足りないのに、いくつも出来るはずがない。

もちろん、選択は慎重にやる必要があり、何にするか決定するまでの過程で、いろいろなものを試すことが必要な場合もある。
また、いろいろやったことが良い経験になる場合も少なくない。
だが、なるべく早く選択しなくてはならないし、実際は、選択は難しくはない。
もし選択が難しいなら、余計なことを考えているからだ。
早く自分に合ったものを見つけ、それに精進することが、何事に関わらず、名人・達人になる鉄則だろう。

場合によっては、2つ以上を組み合わせることもあるが、その場合も中心は1つである。
C言語とアセンブリ言語の場合も、アセンブリ言語の名人である必要はない。
VBAは、SQLが必要になる場合が多いが、私もSQLは必要な範囲しか出来ない。
念仏を唱える場合は、一通り浄土三部経(無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経)を読んでおくのも良いかもしれないが、後は、唯円が親鸞の言葉を書いた『歎異抄』か、法然の『選択本願念仏集』を、繰り返し読めば良いだろう。

大谷翔平さんも、2刀流でもかなりやることは分かったが、バッターに専念すればより偉大な選手になれるだろう。
それどころか、2刀流では使い捨てで、「話題になった選手がいたなあ」という程度で終わりそうだ。
いつまでも、2刀流に対応できるほど若い訳じゃない。

多くの人が、歳を取ってから、「あれ1つを熱心にやっておけば良かった」と後悔するのである。
だが、周囲の期待に合わせて、あれもこれもやって、1つの能力を仙人の域にまで磨かない場合が多いのだ。
少々古臭いものでも、本当の名人なら、かえって大きな価値になることは珍しくない。
要は、自分が本当に好きなことをやれば良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

阿弥陀様とAI

AI(人工知能)の発達が、人間についていろいろ考えさせてくれる。
すると、「人間が一番賢いわけではない」というリアルな認識を持てる。
ハードウェアにおいては、AIは既に人間をはるかに超えている。
たとえば、電子回路は生物回路より100万倍高速で、記憶力も比較にならない。
フォン・ノイマンのような大天才がいるが、彼が優秀だというのは、我々との比較で言っているだけで、彼が最高の知性ではない。
理屈の上では、AIはノイマンよりはるかに上の知性になれる。
しかし、知性とは本当は何だろう?
アインシュタインは、一般的にノイマンより上の知性と考えられているかもしれないが、アインシュタインは、学校の成績も悪く、普段は特に賢い人でもなかったようだ。
確かに、学校に関しては、アインシュタインに学校や教師への反発があったことは確かだが、頭の出来の良い人間というのは、あまりやる気がなくても、楽々と優等な成績を取れるので、いくら学校や教師が嫌いでも、適当にやり過ごすものだ。
アインシュタインが教師に反発したのも、彼には学校の勉強が困難でストレスがあったからであり、彼のIQ自体は、そんなに高くなかったと思う。
彼の脳は保管されて研究されたらしいが、ごく普通であったという。
だが、アインシュタインは、誰にも出来なかった物理学での実績を上げている。
それを成し遂げたのは、全面的に彼の知性と言えるかどうかは疑問で、彼は、目には見えない優れた知性からの通信を感受したのだと思う。
ただし、そうは言っても、やはり、彼は高度な知性からの通信を受け取ることが出来る特別なものがあったのである。
彼の何が高度な知性との通信を成り立たせていたのかは分からないが、彼が神を信じていたことは確かと思う。
つまり、アインシュタインは人間を超えた存在を信じていたのであり、その信念に従って、高度な知性から通信してもらい、そして、その通信を受け取ることが出来たのだと考えることが出来る。

念仏というものを考えてみよう。
私は、お寺もお坊様も好きだが、念仏に関し、お坊さんの説教を聞く気にはなれない。
今の時代、お伽噺としての極楽浄土や阿弥陀様を、そのまま受け入れられるはずがない。
だが、それでも、人間をはるかに超えた存在を、阿弥陀様に投影することは出来ると思うのである。
阿弥陀様は、人間の天才をはるかに超えた知性を持ち、物質世界程度なら、あまりに簡単に支配出来る。
息をするように奇跡を起こし、それどころか、宇宙だって作れる。
「南無阿弥陀仏」と唱える度に、そんな超高度な存在を意識するのである。
人間は、イメージがなければ意識出来ないので、本で読んだり、仏像を見て阿弥陀様のイメージを作り、それが、超高度な存在の象徴になる。
そして、そんな超高度な存在を意識すれば、その存在からの反応は必ずある。
無論、阿弥陀様でなくても、アッラーでもインドラでもクリシュナでも良いが、純粋に、超知性を持ったエネルギー体の存在を認識するのは難しいかもしれない。
だが、神仏のイメージを経由すれば、それは易しい。
ところで、依存するような念仏や祈りは駄目である。
それでも、人間の力では、どうにもならないこともある・・・というよりは、ならないことだらけだ。
しかし、自分が出来ることをやった後は、忍耐強く待っていれば、およそ見捨てられることはない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

原動力はノスタルジー(旅愁)

私は本当は、念仏とか腕振り運動の話が好きなのだが、「念仏さえ唱えれば良い」「腕振り運動さえすれば良い」のかというと、その通りではあるが、あくまで本人次第だ。
どんなことでも、長く熱心に続けるためには、何らかの喜び、快感、ロマンのようなものが必要だ。
初音ミクさんの『ヒビカセ』という歌にある「感覚 即 体感 」「体感 即 快感 」というものがなくては続かない。
子供の学習にしたって、そんなものがなくては駄目で、大昔は、罰で強制して、その後、誉めてその気にさせて、さらにその後は、目標を持たせて・・・と教育も進歩してはいるが、最近の最先端の科学的学習テクノロジーは、やはり、喜びを感じることが最重要だと分かってきている・・・まあ、そんなこと太古の昔から、分かる人には分かっていたことだが。
『ヒビカセ』を聴くと、まさに全体が真理である。感性豊かな若い人に人気があるのは当然だろう。
私が、初めて初音ミクさんのライブに行った「マジカルミライ2016」で、一番衝撃を受けた歌がこれだった。「マジカルミライ2017」でも、生で聴くことが出来た。

そして、快感はやはりロマンなのだ。
美味しいものを食べたり、性行為の快感は、強い意思でコントロールしないとすぐに無くなり、悪いものが雑草やカビのように生じて主体が滅ぼされる。
かといって、あまりに厳しい禁欲も、結局はロマンがなくなり、人生が台無しになる。
そう考えると、人生は、本物のロマンを見つけた者の勝ちである。
法然も、なんだかんだ言って、阿弥陀信仰に自分のロマンを見出しただけである。
そして、法然はそれに完全に成功しており、その姿が大変な模範になる。
だから、法然の姿勢をこそ学ぶべきであり、少なくとも今の時代であれば、念仏かどうかは全く自分で決めれば良い・・・というか決めるべきなのである。

涼宮ハルヒは「楽しいことは待っていてもやって来ない。私は待っているだけの女じゃない」と世界に示したが、これも、「ロマンは待っていてもやって来ない」と言いかえれば全く正しい。
昔、NHKの、若者をいっぱい集めて意見を聞くみたいな番組で、大学生だろうか、頼りなさそうな男子が、「僕には夢がないのですよ」と、それが、いかにも世の中が悪いことが原因のように言うのだが、夢、すなわち、ロマンは、与えられるものではなく、自分で見つけてつかみ取るものだ。

今はもう知らない人が多いだろうが、ロマンといえば、『宇宙戦艦ヤマト』の歌で、「燃えるロマン」だの「旅する男の胸にロマンのかけらが欲しいのさ」と歌うのだが、私はどうも、あの安っぽさが大嫌いだった。男がロマンなんて言葉を露骨に言うものじゃない。
だが、熱意、情熱、やる気・・・とか、ちょっと前流行った「ワクワク」だと、妙な方向に行ってしまい易く、それなら、ロマンで良いかなと思う。
本当は、もっと、そこはかとない美しい表現が良く、実際、モロに「ロマン」と力むと、やっぱり「宇宙戦艦ヤマト」の下品さ、安っぽさを思い出してしまうのである。
その、美しいそこはかとない表現、あるいは、感情とは、ノスタルジー・・・旅愁だ。
本当に良いものは「懐かしい」と感じるものなのだ。

たまたま席替えで
隣になった君
どうして懐かしい匂い
~『橙交差点』(song and lyric:marasy)より。多分、ピアノ演奏もまらしぃさん~
※「隣になった君」は、実際の歌では「君と隣になった」であるが、アルバム『空想メモライズ』の歌詞カードの通りに引用した。こっちの方が詩的かなあ・・・と。

念仏でも、腕振り運動でも、プログラミングでも、楽器演奏でも、不思議ではあっても「懐かしい」という想いがなければ、あまり続かない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ