ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

徳川家康

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

家康の勝利の秘法

呼吸が微かになれば、健康になり、事故にも遭わない。
元気も出て、静かだが揺るぎない本当の勇気を持てる。
そして、望まずとも幸運に恵まれ、必要なお金はいくらでも出来る。
さらに・・・
徳川家康は、天下取りの秘訣は、「身の程を知る」だと言った。
家康が知るはずがないが、デルフォイ(古代ギリシャの都市)のアポローン神殿の入り口に、3つの神のお告げが書かれている。いわゆる「デルフォイの神託」だ。
「身の程を知れ」
「過ぎたるは及ばざるがごとし」
「無理な誓いをするな」

家康は、この第一である「身の程を知れ」の重要さを思い知っていた。
これを守れば天下無敵であるが、人間とはそれが出来ない。
人間とは間違うものであるが、最も面倒が間違いが、自惚れである。

人間は誰もが、自分の能力と容姿に対し、大変な自惚れを持っている。
それは、たとえ劣等感の塊のような者ですらそうなのである。
私は小学4年生の時と二十歳の時に、卑小だが、それを知る出来事があったと、最近気付いた。

小学4年生の時、1人の男子生徒と一緒に学校から帰っている途中だった。
クラスが違う子だが、なぜ仲が良くなったのか覚えていない。
勉強も運動も出来そうな、そして、活発で格好の良い子だった。
その子は、私より少し背が低かった。
しかし、ある時、彼は、「身長は僕が君より低いが、脚の長さは勝っている」と言う。
私は、どうでも良かったので、「そんなものかな」程度に思っていた。
私だって、脚が長い方が良いらしいことは分かっていたが、彼は格好良いので、そうなのかもしれないとも思った。
私はふと、道路脇の、歩道と車道を別けるために付けられた、鉄柱に貼られた黄色いワイヤーロープを、私は時々、またいで向こう側に行くことを思い出した。今考えると、良いことではないのだろうが・・・
そこで私は彼に、「これ、またげるかい?」と言って、早速、私がまたいで見せた。
私は軽々とまたげた。
それを見て彼は、「なんだ、そんなの簡単さ」と言って、自分もやってみるが、彼がワイヤーロープをまたぐと、地面に足がつかず、よろけて危うくこけそうになった。
彼は不恰好に片足を浮かせてやっと向こう側にいく。
私は「なんだ、全然長くないじゃないか」と言ったが、彼は何も言わなかった。
次は、二十歳の時だ。
大学生の私は、カメラ屋(今は少ないが、当時はよくあった)でバイトしていたが、よくやってくるカメラ好きの高校生の男子と仲良くなった。
彼も、白いマフラーが似合う、なかなかイケてる男子で、やはり私より少し背は低いが、すらりとして格好良かった。
そんな彼が、ある時、やはり、脚の長さは自分が私に勝ると言ってきた。
私も、脚の長さには関心のある年頃なので、そうであったら不愉快とは思うが、なるほど、そうかもしれないと思った。
そこで、大鏡のある場所で、見比べてみることにした。
2人とも似たようなジーンズとスニーカーだったので丁度良かった。
2人の全身が見える大きな鏡の前で、2人が並んで、少し脚を開いた格好で立つと、圧倒的に私の方が長かった。
私が「全然違うじゃないか」と言うと、彼も赤くなって苦笑しながら、思わずといった感じで「全然違う」と反復したのを覚えている。

昨日、電車の中で、2人の男性が、入れ替わりに、私の隣に座った。
2人とも、思いっきりふんぞり返り、ひざを前に突き出すようにように座るので、私より膝が前に出ている。
まあ、脚は長い方のようだ。
そして、私の隣では、こんな座り方をする者が多いので、私はちょっとうんざりしている。
彼らは、「俺の方が脚が長いぞ」と主張したいのだろうが、何かの拍子に腰を引くと、膝先は、最初から目一杯腰を引いて座っている私よりはるかに後ろになる。
そして、こんなことがあった。
ある日、電車の中で、西洋人の二人の女性が座っていたが、その脚の長いことは凄かった。
黒人と白人の若い女性の二人連れであったが、後で立つと、2人とも軽く180cmを超えていた(かがまないとドアを通れないので間違いないだろう)だけでなく、膝が座席の手すりよりはるかに上にあり、私だって、そこまではない。
ところが、彼女の横に座った若い男性が、やっぱりふんぞり返り、彼女と張り合うかのように膝を突き出していた。
もう恥ずかしいから止めなさいと思ったが、その男性の顔は、マジで「脚の長さは負けてない」と言いたそうな鼻息が荒い感じだった。

微かな呼吸をするようになれば、そんな愚を犯さないようになる。
すると、自分らしい魅力が輝くし、天使が守ってくれるようになる。
そうなれば、もう何の不安もないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

そんなものだよ

幼い時から、家族でどこに行くにも自動車でというのが当たり前の人が多くなった。
確かに、今どき、車がない家は少ない。
では、車がない家の子供が、自分を不幸だと思っているかというと、他の家には車があって、他の子達が、自分には得られない利便を得ているのを知ったり、さらに、それを自慢されたり、家に車がないことを馬鹿にされた時に初めて不幸に感じるのである。
そうでなければ、何とも思わないだろう。

『涼宮ハルヒ』シリーズの小説のヒロインである女子高生、涼宮ハルヒが、ある時、こんな告白をする。
自分の母親は料理がひどく下手なのだが、子供の時には、何となく、母親が作る料理の味が変だとは思っていたが、別に何とも思っていなかった。
外で食べると確かに、とても美味しいが、それは、「外だから」という理由で納得出来た。
しかし、ある時、自分で作ってみたら、母親が作るのより全然美味しかったので、やっと、母親は料理が下手だと分かった。
つまり、母親の料理が下手でも、それを知らなかった頃のハルヒは、それが当たり前で、不満もなく、自分を不幸だと思っていなかったのだ。

『ポケットモンスター』の悪役、ロケット団の女性キャラ、ムサシは、子供の時、家が貧しく、寿司(握り寿司)というのは氷で出来ていると思っていた・・・つまり、親が氷で寿司を作り、「これが寿司だ」と言ってムサシに与えていたのだった。
だが、ムサシは、本物の寿司を食べるまでは、それは悲惨なことではなく、当たり前のことだった。

何ごともそうである。
幸、不幸なんて、他と比べない限り、ないものだ。
私は、赤ん坊の頃からかもしれないが、アトピーか乾癬か分からないが皮膚病でずっと痒いのだが、子供の時は、それを当たり前に考えていて、それほど辛くなかった。
考えてみれば、ハルヒの母親の料理のようなものだ。
そして、実は、高校生くらいになってからなのだが、他の者達は、自分のように痒くないのだということが少しずつ分かってきて、それから自分には、欠点、あるいは、弱点があると思ったのだ。

もちろん、全てに無知であってはならないし、比較して知性を得、賢くなる必要はある。
しかし、我々は、あまりに比較し過ぎている・・・というか、「比較させられている」のである。

忘れちゃいけないこと以外は どうでもよくなりゃいいのに
~『すろぉもぉしょん』(作詞・作曲・編曲:ピノキオP、歌:初音ミク)より~

徳川家康は、天下取りの秘訣は、「身の程を知れ」と共に、「上を見るな」だと言ったという話がある。
しかし、上の『すろぉもぉしょん』の方が分かり易い。
あるいは、初音ミクさんも「マジカルミライ2016」で歌った、BUMP OF CHIKENの『Ray』のように、

◯×△どれかなんて 皆と比べてどうかなんて
確かめる間も無い程 生きるのは最高だ
~『Ray』(作詞・作曲:藤原基央、編曲:BUMP OF CHICKEN)より~

であれば良いのだろう。
言い換えれば、生きるのが辛いのは、「◯×△どれか」とか「皆と比べてどうか」を考え過ぎているのである。

彼女や彼氏がいないのも、お金がないのも、気にしなければ全然不幸じゃないというわけだ。
そんなものだよ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

8時間睡眠

本当に久し振りに8時間寝た。
まあ、単に寝過ごしただけなのだが。
「初音ミクシンフォニー」で、初音ミクさんが東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で歌った、Mitchie Mさんの作品『ビバハピ』の、「クタクタ 睡眠は8時間」を思い出す。
16歳のミクさんは、やはり8時間眠った方が良い。
そして、私も時には8時間睡眠は悪くない。気分がとても良い。
普段の私の睡眠時間は4時間半で、本来、これは1年365日、全く変わらない。
夢の中で、「○○と△△は違うのよ」と、何度も少女が言ったのだが、○○と△△を見事に忘れている。
果たして思い出せるだろうか?(多分、無理だ)。

身体は、甘やかしてはならないが、慈しまなければならない。
少なくとも、いじめ過ぎてはならない。
私は、一頃、超少食を実践していたが、それで良い面もあったが、結局、低体温になってしまった。
冬は寒いし、肌が乾燥し易くなった。
宮沢賢治は、元々、病弱であったが、37歳で病死したのは、やはり一頃、無理な食の節制をしたからではないかという説がある。
賢治は、後にはグルメ・・・というほどではないだろうが、ウナギを好んで食べていたというが、ほどほどであれば良いのだと思う。

肉体の鍛錬も、少年漫画のスポ根もののように無理をすれば、実際は身体を痛める。
大昔の『タイガーマスク』のアニメで、「虎の穴」と呼ばれる、プロレスラー養成の秘密組織ですら、タイガーマスクが卒業した数年後には、「しごきなど時代遅れ。今は科学的に訓練する時代である」などと言われていたことをご存知だろうか。
食に関しては、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」ことが大切だが、それ以上は必要ない。
まあ、食も仕事も鍛錬も、一度、極端を経験するのも良いところはあるが、取り返しのつかないことにもなりかねない。
徳川家康が言ったように「ほどほどに」が大切である。
孔子も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と言ったらしいが、大切なことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

避けられぬ戦いに勝つには

ビジネスでも、戦争でも、スポーツでも、恋愛でも、勝つか負けるかは、「戦いっぷり」で決まる。
実際には、人間のいかなる行為も戦いである。
人間は、戦いを避けられない。
崇高な恋愛と言ったところで、恋にライバルはつきものだし、いかに優しい人であっても、ライバルに譲るような者は、元々が相手に相応しくない。
かといって、自分の欲望のために手段を選ばないような者も、最後はロクなことにならない。
それが、この世の理(ことわり)だ。
どんな結末を見るかは、「戦いっぷり」で決まる。

「戦いっぷり」と聴いて、すぐにピンとくる者は幸いだが、そうでない場合が多いだろう。
良い闘いっぷりとは、立派さ、高貴さ、品格・・・と、抽象的な言い方になってしまうが、別に難しいことではない。
自分で、「私の戦い方は美しい。立派に戦っている」と思えれば、それで良いのである。
逆に言えば、自分を欺かなければならない戦いっぷりに、立派さ、高貴さ、品格はない。

私は昔、フルコミッション(完全歩合制)セールスマンの駆け出しだった時、ベテランの強豪セールスマン達に勝ってセールスコンテンストで優勝したことがあったが、その時、私には、勝利の欲望はなかったように思う。
ただ、健気に、立派に戦おうとしていたのだ。
きっと、その戦いっぷりは美しかったに違いない。
だから、奇跡的な勝利を得たのだ。実際、その時の私は神がかっていた。
しかし、その勝利により、欲望を持って勝とうと思うようになってしまった。
そんな戦いっぷりは、薄汚く、高貴でない。つまり、醜い。
そうなると、もうさっぱり売れなくなった。
やがて、少しは持ち直したが、結局、その仕事(扱い商品)では、高貴な気持ちで戦えないことを悟って、その仕事を辞めたのである。

徳川家康は、三方ヶ原の戦いで大敗した時、戦いっぷりの大切さを思い知ったはずだ。
家康は、邪まな想いで戦いに臨んだのである。
家康は、その過ちを生涯、忘れないため、「しかみ像」と呼ばれる肖像画を描かせたのである。
以降、家康は、自分の本心(心の中の神と言ってよかろう)が、高貴と感じるような戦いしかしなかった。
そうであれば、百戦百勝である。

人間の日々の営みは、いかにきれいごとを言っても、全て戦いなのである。
この世は地獄であるからだ。
マザー・テレサとて、自分の行いが戦いであることを認めていた。
必要なら、世間的で醜い駆け引きだって行った。
自分の戦いから逃げることは、もっと醜いのであり、戦いっぷりは地に落ちる。
だが、その醜い中でも、彼女は、何らかの高貴さを忘れなかったのだ。


KJJ 市役所発行 不穏な書類

ああ どうしてこんな結末
もう何にも見えないよ
~『世田谷ナイトサファリ』(作詞・作曲・編曲:みきとP、歌:初音ミク)より~
※KJJは、どこかの地名(市名)の略語と思えるが、どこか不明(吉祥寺説あり)。


この歌のように言う者は、戦うべき時に戦いから逃げたか、自分の心を欺く戦いをしたのである。

尻尾を巻いて逃げる負け犬になってはならない。
かといって、自分(神性なる自己)を欺くことは決して出来ない。
いかなる望みも、戦った末に勝ち取るのである。
そして、美しく戦った者だけが勝つのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人類最高の格言

ギリシャのデルフォイにあるアポロン神殿の入り口に「汝自身を知れ」と書かれていることは、多くの人が知っているのに、この人類最高の格言が生かされることは稀だ。

徳川家康は、「天下を取る秘訣は?」と聞かれ、「身の程を知れ」だと教えたという話がある。
それは、どういう意味だろう?
おそらくだが、家康は、自分が最低最悪の人間だということを、心の底から自覚していたのだ。
そして、あなたも、それが出来れば、天下人に値する器が出来るということだと思う。
ましてや、普通の成功など、お茶の子さいさいだ。

ところで、家康は、実は、優柔不断で、ものごとを先延ばしにすることが多かったらしい。
信念が強い訳でも、特に決断力が強い訳でもなかった。
おそらく、自信家などではなかったと思う。

家康の「身の程を知れ」と、アポロン神殿の「汝自身を知れ」は同じであると思う。
しかし、身の程を知ること・・・、つまり、自分が愚か者であることを理解する者の、なんと稀なことか?
そりゃ、口先だけで、「私は駄目なやつです」、「俺はウンコです」と言う者は少なくないが、心の底からそれを思い知る者は滅多にいないのだ。
ドワンゴの川上量生会長が、「人間は多少の知性があるので、いつか、自分がどうしようもない馬鹿だと思い知る時が来る」といったことをブログに書かれていたが、彼はそれが出来たから成功したのだろう。
だが、普通の人は、死ぬまでに、それが出来ないのだ。

それどころか、世間では、「君はちっとも駄目じゃない」、「君は本当は素晴らしい」などと下らないことを言う。
まあ、子供のうちはそう思わせておき、大人になって、その救い難い妄想である、「私は本当は立派」という想いを叩き壊されれば良いのだが、いくつになっても、根拠のない「私は素晴らしい」という幻想を持ったままの者が大半なのだと思う。

家康は、自分の愚かさのために、部下の多くを失った時、「嗚呼、俺は本当に最低だ」と心の底から悟ったのだ。
しかし、痛い目に遭って悟るのは、まだマシなのだ。
凡人は、痛い目に遭ってすら、まだ、自分は立派だと思っているのだ。

私は、初音ミクさんの『心臓デモクラシー』を聴き、「嗚呼、これこそ私の人生だった」と思った。
そうだ、「恥と惨めさ」が私の人生だ。
そして、きっと、多くの人も同じなのだ。
だから、ミクさんが歌うこの歌を聴き、涙が零れたら、きっと、全てが廻り出すだろう。

哭(な)いていた 唯 哭いていた
他人眼(ひとめ)につかない世界で
其(そ)して恥を知り 惨めになれば
全てが廻りだした
~『心臓デモクラシー』(作詞、作曲、編曲:みきとP、歌:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ