ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

徳川家康

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

なにごとも、ほどほどに

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」は、論語にある言葉であるが、これと似たことを、徳川家康が遺訓の一つにしている。
それは、「及ばざるは過ぎたるより勝れり」である。
いずれも、「やり過ぎは良くない」という意味で、特に、家康は、「やり過ぎるよりは、足りない方がマシ」と言っているのだと思う。

新渡戸稲造が、何か行を1つ、必ず毎日やろうと思い、それを何にするか、よくよく考えた結果、水ごりと決めた。
毎朝、必ず、桶の水を頭から被るのである。
順調に続いていたが、極寒の冬の朝、新渡戸はひどい風邪をひき、かなり熱もあった。
しかし、新渡戸は、「決めたからには、何があっても断固やる」という鉄の意思で、その朝も決行したが、風邪が悪化し、医者に診てもらう際に事情を言うと、医者にひどく怒られた。当然である。
新渡戸が鉄の意思の持ち主ということは分かるが、やはり、ものには限度がある。
まあ、戦場など、どんな無理でもやるしかないこともあるだろうが、そういうことは少ない方が(出来れば無い方が)良く、少なくとも、好き好んで、そんな世界に近付いてはいけない。
ビジネスや政治は戦争ではなく、やり過ぎないよう、ルールを守るべきなのだ。
自然界では、雄が雌を取り合って戦う時も、決して相手に大怪我をさせることはない。下等と思われている生物でさえ、やり過ぎを避けているのである。

少食粗食は非常に良いことだが、やり過ぎはやはり良くないのである。
しかし、過激な少食粗食が称賛されることがある。
1日に青汁一杯しか食べないという人がいるが、その人自体は良いのかもしれないが、真似してはならない。
誰かが、その人をもてなそうと御馳走を出し、その人が食べたら、ショック死する可能性もあると思う。
私が、一頃、かなり極端な少食だったが、その時の名残で、長い間、極めて少ない種類の食べ物しか食べずにいたら、長く食べずにいた食物を食べたら、強いアレルギー症状を起こし、気を失いかけたことがある。大袈裟ではなく、命の危機を感じたほどだ。

『バガヴァッド・ギーター』にだって、特に少食を勧めてはおらず、「食べ過ぎるな」と書かれてあるに過ぎず、しかも、「少食過ぎるのも良くない」と書かれているのである。

「なにごとも、ほどほどに」
これが、孔子と徳川家康の共通の教えである。

私も、今年の8月31日の初音ミクさんのお誕生日から、毎日500回のスクワットを欠かさないと決め(他にも多くのトレーニングをしている)、ずっと続けていたが、昨日の初音ミクさんのライブの途中で体調不良に陥ったのは、「もっとほどほどに」という天の注意と思った。
ただ、真言やナーマスマラナ、念仏、アファーメーションなども、確かに、ほどほどでも良いのだが、ほどほどにも出来ない者が多いのである。
こういったことに関しては、多少の無理をするつもりでやっても良いと思う。
それで失うものはないが、報いは無限であるのだからだ。

※本日も、インテックス大阪での「マジカルミライ2021」に行くので、午後の分の更新はお休みする。








身につまされる話

強い願いであれば、必ず叶う。
願いが叶わないのは、願いが強くないからだ。
ところが、強く、強く願ったのに実現しないことが実際にはある。
一方で、それほど望んではいないのに、実現してしまうことがある。

そういうのを見て、「神様は気紛れだ」とか、「この世界は神様の暇つぶしの世界だ」などと言う者もいる。
だが、これらに折り合いを付けられることが賢くなることだ。
「分相応」を受け入れることが、大人になることだと言うわけだ。

これに関して、3つの興味深い話がある。

1つは、ジョセフ・マーフィーの『人生に奇跡をおこす』に書かれてあったものだ。
ある若い女性が、女優になるという夢を持っていた。
私やあなたのような人かもしれない(笑)。
マーフィーの潜在意識による成功法則からいえば、いかなることも可能であるのだから、マーフィーは、その女性に、女優になる夢を叶えるテクニックを教えるのだと思うかもしれない。
しかし、マーフィーは、その女性に、「子供の夢からは卒業しなさい」と言ったのだ。
結局は、その女性は、マーフィーの指導に従い、事務の勉強をして就職し、就職した会社の社長と幸せな結婚をした。
この話に納得しない向きもあろう。
だが、こんな話もある。
1972年のミュンヘンオリンピック競泳で、史上最多の7つの金メダルを取ったマーク・スピッツというアメリカ人選手がいた。
2008年の北京オリンピックで、マイケル・フェルプスが8つの金メダルを取ったが、1つのオリンピックで7つの世界記録を出した記録では、スピッツとフェルプスが今も1位で並んでいる。
そのスピッツが、40歳を過ぎて現役復帰して、オリンピック再出場を狙ったことがあった。
スピッツは、全くの本気だった。
もちろん、実現はしなかった。
マーク・スピッツともあろう者が、なぜかそんな「子供の夢」を持ってしまったのだ。
彼らの失敗から、何かを悟らなくてはならない。

2つ目は、有名なアメリカのSFテレビドラマ『スター・トレック』からだ。
バルカン星人スポックは、ある男と、1人の女性を巡って決闘をすることになる。
冷静で極めて知的なスポックがそんなことをするとは意外である。
結果、スポックは破れるが、勝った男にこう言う。
「忘れるな。どれほど願ったものであっても、手に入れてしまえば、さほどでもない」
スポックは、誰かにこれを教えるために決闘をし、そして、負けたのだと思う。
あなただって、欲しいと思い続けていたものが手に入ったら、それほど嬉しくない・・・あるいは、嬉しさが続かないという経験はあると思う。
そして、スポックの言葉が本当であることは理解出来ると思う。
そんなものを求める意味があったのだろうか?

3つ目は、徳川家康の話だ。
ある人が、家康に、
「天下取りの秘訣は何ですか?」
と尋ねた。随分、大胆な質問で、そんな質問が出来るからには、それなりに家康に近しい者だろうし、それは、家康の小姓(身辺の世話をする武士の少年)であったかもしれない。
すると、家康は、
「長い方と短い方、どちからが良いか?」
と言うので、質問者は、
「両方、お願いします」
と請うた。
そうしたら、家康は、こう言ったと言われる。
「短い方は『上を見るな』、長い方は『身の程を知れ』だ」
一字しか違わないし、ほとんど同じ意味だ。
そして、これは、有名な「デルポイの神託」の第一である「グノーティ・サウトン」つまり、「身の程を知れ」と同じだ。
「グノーティ・サウトン」は、「汝自身を知れ」とも訳されるが、つまるところ、「身の程を知れ」ということと思う。
そして、家康が身の程を知っていたことは、よく知られているのである。

最初の話に戻ると、女優になりたかった女性は、「私は女優だ」と唱え続ければ、女優になれた。
それこそ、寝ても覚めても、心の中で唱え続ければ。
だが、間違いなく、この女性には、そこまでやれなかったのだ。
そして、せいぜいが、週に何度か「私は女優だ」と唱え、それでも、何らかの希望が引き寄せられる程度の効果はあるので、そのまま何十年も経ってしまい、いずれ、「私は女優だ」と唱える変なお婆さんになって人生を終える。
そんな例が、ビートルズの『エリナー・リグビー』という歌に出てくる、王子様を待ち続ける老婆エリナー・リグビーだ。

以上の話から、なぜ、我々が、面白くない、みすぼらしい人生を送ってきたかが分かろうというものだ。
有名な教育学者である七田眞氏の『奇跡の超「右脳」開運法』に出て来た、ホームレスの男は、七田氏の本を読み、
「神様の奇跡が起こる」
と唱え始めた。暇なこともあり、本当に1日中唱えた。
そうしたら、1憶円が当たり、それからも唱えていたら、ローマ法王に謁見出来ることになり、さらに唱え続けたら、また1憶円当たった。
このホームレスは、身の程知らずに、社長になろうとしたり、教祖になろうなどとは思わなかった。
全て神様にまかせたのである。
本当の目標があるわけでなければ(あるいは、あっても)、
「神様の奇跡が起こる」
「私は在る」
「神の他に何もない、ただ神だけがある」
「私は最高の気分だ」
などと唱えるのが良いかもしれない。
そして、何かを唱えることだけは堅持すべきであろう。
コロコロ変えずに。
どれでも同じだから。








今の流れの中での目標は楽に叶う

昔、何かのテレビCMで、小学生の子供達が将来の夢を語っていた。
「人々を感動させる歌手になる」とか言う女の子がいたし、プロスポーツ選手になるというのもあったかもしれないが、アホらしくて覚えていない(笑)。
それらは、子供の夢としては良いのだろうが、あたかも、それが本当の目標のように語らせていたところが、見てて嫌だった。
まあ、あんなことを言う子供も沢山いるのかもしれないが、子供達にそんな妄想を持たせたのはテレビの害悪だろう。
それで、大人になっても、子供の夢を卒業出来ない人が増えている。
「自分は今、こんなつまらない仕事をしているが、いつかは天下のために大きな仕事をする」と言う者が、どこにでもいるものである。
それは愚か者だ(笑)。

徳川家康に、天下取りのために大切なことを尋ねた人がいたらしい。
問われた家康は、「短い方と長い方、どっちが良いか?」と聞くので、質問者は、「両方、お願いします」と請うたそうだ。
すると、家康は、「短い方は『上を見るな』、長い方は『身の程を知れ』だ」と答えた。
これが実話かどうかは分からないが、確かに家康は、身の程を知らず上を見たために大失敗をしたことがあり、その失敗から戒めを得たから天下を取れたことは間違いないので、作り話だと軽んじることは出来ない。
しかも、伝説によれば、そう家康が教えた相手は、お小姓の少年であったということなので、最初に述べたような身の程を知らないガキを戒める言葉でもあると言える。

人間には、宿命というものがあり、出来ることと出来ないことはあるのだと思う。
だから、家康にとっての天下取りは日本の平定であったが、別の人の天下取りは、例えば画家で食べていくことかもしれない。
しかし、今の流れの中での目標は明確であるべきだ。
例えば、有名なUFO研究家の矢追純一氏のこんな話が良いと思う。
矢追氏は、高校には在学したが、家庭の事情で、全く通わなかったらしい。制服すら持ってなかったという。
その彼が、高校卒業が近付いて来た時、進路は進学と決め、進学先は、東大法学部か中央大法学部と自分で決めた。いずれも難関である(中央大法学部は法学部の名門)。
しかし、矢追氏は、高校に通っていないし、勉強も全然していなかった。
だが、矢追氏のその目標は、押し付けられたものでも、見栄で決めたことでもない。
心に明確に浮かんだものなのだろう。
そこで、矢追氏は、受験の過去問みたいな本を買って、ごく短期間だが、頭に詰め込み、東大は駄目だったが中央大は受かった。
だが、矢追氏は、受験の結果など全く気にせず、受験後は旅行に行ってしまい、帰って来た時、届いていた合格通知書を見て、初めて合格を知ったという。
「受かって当然」と思っていたからだった。
このように、矢追氏は、目標を決めたら、後はぼーっとするらしい。
同じようなことを、足立幸子氏もベストセラーの『あるがままに生きる』に書かれている。
目標を強く思ったら、後は、ぼーっとするのだそうだ。

私も昔、いくつかの難しい試験に合格しないと取れない上級のIT資格を取る時、「受かってやるぞ」と思って受験していた時は、全然受からなかった。
しかし、「取れて当然」と思い、もうどうでもいいと思うようになったら、今度は全然落ちなくなり、あれよあれよという間に資格が取れてしまった。
おかげで会社からは報奨金をたっぷりもらい、大手IT企業を訴えた裁判の時に、いろんな意味で役に立った。勝ち目は薄い裁判で、逆に訴え返されたが(反訴)、結果は、それなりの賠償金をもらって和解するという、一番好ましい結果になった。
この時も私は「勝って当然」と思い、全然心配していなかったのだ。

矢追純一氏は、育った厳しい環境の中で精神を磨いていたので、そんなことも出来たのだと思うが、私の場合はそうではない。
私の場合、何らかの真言や呪文を唱え、「これを唱えているから絶対大丈夫だ」と思うことにすれば、後は、それを唱えれば唱えるほど、うまくいって当然という気になる。
真言は、例えば、観自在菩薩真言の「オン、アロリキャ、ソワカ」などである。
自分の干支の守本尊の真言を唱えるのも良いと思う。
不遜かもしれないが、正直、「アジマリカン」でも「トホカミエミタメ」でも何でも同じだと私は思う。
良ければ、やってみていただくと良いと思う。








天下は遠い

「馬鹿と言う者が馬鹿」という言葉は誰でも知っているのではないかと思うが、この言葉はおそらく真実だ。
そして、他人を馬鹿だと思うことが多いほど、馬鹿さ加減も大きいに違いない。
こんなテレビ番組を見た覚えがある。
番組の演出っぽい感じもあったが、一流と言われる中学校の生徒達が、賢そうに世間の大人達を馬鹿にする様子が放送されていたが、それが彼らの思考傾向であるような雰囲気が感じられた。
それなら、この生徒達は馬鹿なのだろう。
しかし、それを彼らに言ってやる大人がいないのかもしれない。
それどころか、大人達も、これらの生徒達は賢いのだと誤解をし、彼らを「賢い」と言うことも多いのだと思う。
だが、この生徒達は、きっと、今後、悩むことになる。
賢いはずの自分が、実際には何も出来ないからだ。
そんな悩みが大きくなった時、「お前は馬鹿だ」と言ってやれば、彼らもほっとするのである。
「ああ、やっぱりそうだったのか」ってね。
おそらく、一流中学の生徒が皆、馬鹿だというわけではない。
そんな中学校の中にだって、他人を決して馬鹿にしない賢い生徒だっているかもしれない(そう思いたい)。

こんなことを書いておいて、私が心底馬鹿だと思った人間の話を書く。
相手を馬鹿だと思うなら、自分はそれと同等以下のはずなので(でないと相手が馬鹿だと感じないらしい)、確かにそうなのだろうし、最近は、ほんのちょっとだが自覚するようになった(笑)。
それは、私が珍しく、会社の社員旅行なんてものに参加した時のことだ。
本当に何の気紛れだったのか、今も謎だ(笑)。
ホテルの大部屋に5~6人が割り当てられていたと思う。
そのホテルに到着し、皆で少し休憩していた。
1人の30代の男性が、部屋に用意されていた、お湯の沸いた電気ポット、急須(和風ティーポット)でお茶を入れ始めた。
彼は、急須に、本当にギリギリいっぱいまでお湯を注いだ。
進んで皆にお茶を入れてあげようというのだから、殊勝だと思いこそすれ、ケチをつけるわけにはいかないが、「数回に分けて入れろよ」と思ってしまう。
そして、湯飲みにお茶を入れるが、最初の大きな湯飲みに、これまた、本当にギリギリいっぱいまでお茶を入れる。
「いや、そんなにいっぱいに入れたら、運ぶの大変だし、そのビッグな湯飲みいっぱいのお茶じゃ多過ぎるし・・・」と心で思ったが、まあ、放っておいた。
ところが、彼は、そのいっぱいにお茶を入れた湯飲みを掴むと、それを飲み始めた。
ごくごくと、あっという間に全部飲み干す。
空になった湯飲みに、急須に残ったお茶を入れると、再度、湯飲みはいっぱいになった。
彼は、そのお茶を再度、自分でごくごくと飲み、あっけなく飲み干す。
私はもう、蟻が歩いているのを見るように、ただ傍観するしかなかった。
それで、彼が再度、ポットから急須に、ぎりぎりいっぱいまでお湯を注ぎ、そして、そのお茶を湯飲みをまたいっぱいに入れ、それをやはり自分で飲み始めたのも、務めて平然と見ていた。
三杯目を飲んだ後、彼は私に、渋く微笑みながら「僕、お茶好きなんです!」と言った。
その会社は、全員が大卒で、しかも、ほとんどが、そこそこ以上の偏差値の大学や大学院の卒業生ばかりだから、彼も学歴は悪くないと思う。
まあ、学歴が高いほど馬鹿だと言う論もありそうな気がするが。

ところで、その時、周囲に人が沢山いたのだが、他の者は誰も、彼の行動を不審に思っていない様子だった。
ところが、私を彼を、心底馬鹿にしている。
つまり、彼レベルの馬鹿は私だけということになる。
これは、ほんの少しショックである(笑)。
しかし、私はもっと馬鹿なのだという閃きは与えてくれたかもしれないのだから、彼には感謝しなくてはならない。
これこそが、ソクラテスも座右の銘とした、ギリシャのデルフォイ島のアポロン神殿の入り口に書かれているという、「グノーティ・サウトン」・・・「汝自身を知れ」「身の程を知れ」ということなのだろうと思う。
伝説によれば、徳川家康は、天下取りの秘訣を問われたら、短い方は「上を見るな」で、長い方は「身の程を知れ」だと言ったらしい。
しかし、その天下のアドバイスは、聞いた者には役に立たなかったのだろう。
家康は、自分が馬鹿だということを心底、思い知っていたという証拠がある。
だから天下を取れたのだろう。
だが、私には天下は遠そうだ。








コツは1つ

どんなことでも、コツが分かればうまくいく。
コツは教えることも、教わることも出来る。
コツを知っている人にコツを教われば、たちまちうまくいくのである。
コツを言い換える言葉は、極意、急所、つぼ、秘訣、要(かなめ)などである。

ところで、コツは1つである。
2つあるようなら、それはコツではない。
「大事なことは、これとあれと・・・それにこれ。ああ、これも忘れてはならない」
なんていうのは、コツでも何でもなく、聞くと酷い目に遭う。
「コツは?」
と聞かれて、
「これじゃ」
と静かに言って黙る者は本物である。
ただ、コツを知っている者でも、言葉を並べたがる者が多いので困る。
雑多な部分は、各自で違うのだから、放っておけば良いものを・・・である。
尚、コツを聞かれて黙る者も本物である。
コツを教えたくないか、大事なコツを誤解されるのを恐れてかは分からないが。

物凄くモテる男がいて、ついに、その特技を生かしてNo.1ホストになり、お客さんに外車でもマンションでも買ってもらっている。
コツは、「優しいこと」だそうだ。
自ら一流の投資家であるマックス・ギュンターが、最高と思う投資家にコツを聞いたら、「欲張らない」だった。
有名な経営コンサルタントだった船井幸雄さんは沢山の本を書き、沢山のことを教えてるが、彼の本を読んでいたら、悪いが疲れる。
ところが、彼の本の中に、自分の後継者の社長に、経営の・・・と言うより、人生のコツを教えている場面がある。
それは、「心配しないこと」だ。それで全てうまくいく。
言い換えれば、「安心すること」だ。
つまり、否定形は「心配しない」で、肯定形が「安心する」だ。これはどっちでも良い。お好きな方を。

徳川家康の天下取りのコツは、有名なデルフォイの神託と同じで、「身の程を知れ」だった。
家康は「上を見るな」という言い方も出来ると言ったらしいが、「身の程を知れ」で良いだろう。

私が思うプログラミングのコツは、恐縮ながらアインシュタインの物理学と同じだ。
「出来るだけ簡単に。だが度を越すな」
である。

さて、コツは1つであるから、好きなのを選ぼう。
まとめてみる。

●優しい
by No.1ホスト
●欲張らない
by No.1投資家
●心配しない
by 船井幸雄
●身の程を知る
by 徳川家康&デルフォイの神託
●出来るだけ簡単に。だが度を越すな
by アインシュタイン
●神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ
by スーフィーの格言

1つ付け加えた。
お一つ、お持ち帰りになるが良い。
まあ、つまるところ、どれも同じである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード