ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

引き寄せ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

まずは目標を決める

アメリカの作家マイク・ハーナッキーは、素晴らしい成功法則の書『成功の扉』を書き、ベストセラーになった。
ところが、読者から、「願望が実現しない」と抗議の電話があったそうだ。
そこで、ハーナッキーが話を聞き、ハーナッキーは、「願いの実現のために必要な、たった1本の電話もかけていない」ことを指摘したようだ。
そんな簡単なこともしない怠惰さに苦言を呈した訳である。
笑えないだろうか?
その読者は、自分の願いを叶えるためには簡単な電話もしないのに、ベストセラー作家に抗議するという難しい電話はかけたのだから。

問題の核心は、この読者が叶えたいと思っていた目標が間違っていたことだ。
つまり、心から叶えたい夢ではなかったということである。
こんな話がある。
アメリカの著名な引き寄せの講師がセミナーの中で、受講者の女性に願いを聞いたら、彼女は「100万ドル」と言う。
ところが、そのセミナー講師が、ある簡単な方法で、この女性に心の安らぎを与えたら、その女性は100万ドルなど、どうでもよくなった。
つまり、彼女は、本当は、100万ドルより、心の安らぎを求めていたのだ。

ちなみに書いておくと、マイク・ハーナッキーの方法も、このセミナー講師の方法も、共に1行で書ける。
ハーナッキーの方は、
「願いを叶えるために必要なことは全て自主的にやると決意する」
で、セミナー講師の方は、
「胸の前で両手を重ね、その手をゆっくり回す(普通は時計方向だが、反対でも良い)」
だ。

ほとんどの人は、自分の本当の望みを知らない。
だから、引き寄せの法則があると知ると、お金や恋人を求める。
しかし、魂というものは、そんなものは求めないものだ。
ところが、
「いや、俺は金に窮している。金が本当に必要だ」
「もう30歳もとおに過ぎたのよ。早く結婚したいわ」
と言う人もいると思う。
これらは切実な願いで嘘ではない。
だが、この2人の場合、それぞれ、「貧乏」と「旦那が出来ない状況」を引き寄せているのであり、本心の願い自体は叶えているのである。
つまり、彼らは、本心では、「お金を嫌っている」「男の性質を嫌っている」のである。
多分、親や学校の教育のせいだろう。

だけど、それらの、「心の問題」を解決するのは至難の技で、正直なところ、一生かかったってうまくいかない。
しかし、解決策は簡単だ。
「お金の心配はしない」「結婚の心配はしない」
と決意すれば良いのである。
早い話、「忘れなさい」である。
そして、「私の真の目標が見つかりますように」と願えば良い。

昔、ある中国人が、大金を持って日本に来て事業を始めたが、大失敗して多額の借金を背負った。
さらに交通事故で脚を折り、まだ35歳なのに髪も薄くなる中で、クリスチャンになっていた彼は神に祈る。
「神様、これまでの失敗は私の責任です。でも、これからの人生は、あなたに責任を取って欲しい。まず、一生をかけられる仕事を下さい」
翌日、百科事典セールスの会社からスカウトが来たそうだ。
それから彼は成功一直線となり、世界一のセールスマンになった。
もちろん、日本人の多くはクリスチャンではないので、いろいろ工夫して欲しい。
例えば、これが良いと思うが、宇宙に向かって、「価値ある目標を与えよ」とかね。
正しい目標が決まれば、引き寄せるのは簡単である。













当ブログ著者、KayのAI書。
何事も体験です。自分でやってみればすぐに分かりますし、それは大抵楽しいものです。
AIも同じです。
この本は、面白いテーマにAIを使って挑むという楽しい体験を通し、自分で実用AIを作れるようになることを目的としています。
AI構築には、無料の優秀なディープラーニング型AI構築アプリ(Windows8.1/10用)である、ソニーのNNCを使用します。
本書のほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロードすることが出来ます。

達人達が言う引き寄せの神髄は1つだけ

私は、宇宙語を話す芸術家の知り合いがいた・・・と言うと、怪しそうだが(笑)、本当だ。
もちろん、有名な宇宙生命体バシャールなども同じだが、本当に宇宙人とチャネリングしているのか、本人の潜在意識が話しているだけなのかは分からない。
しかし、潜在意識そのものが宇宙人のようなものだし(宇宙とつながっているという言い方の方が良いかもしれないが)、大事なことは、それが本物の宇宙語か、チャネリングかといったことより、その内容の高さで判断すれば良いということだ。
優れた内容であれば、たとえ、本人の潜在意識であっても、それはそれで有難く参考にすれば良い。
そして、私が聞いたものも内容は素晴らしかったが、かなり長いものであったので、1つだけ取り上げる。
それは、「願いを宇宙に投げよ」というものだ。
以下に、解り易く述べる。

新しいタイプの、本物の引き寄せは、根本的には全てこれであることが最近解った。
例えば、足立育郎氏の『波動の法則』では、こう表現されている。
プログラムして(願いを具体的な言葉にして)、決意する(宇宙に投げる)。
ベルベル・モーアの『その望みは宇宙がかなえてくれる』『星からの宅配便』(原書は同じ)では、もろに「私にぴったりの彼氏お願いしまーす」と宇宙に頼むのである(笑)。
別の優れたセミナー講師の場合は、「願いを具体的にして紙に書き」「叶って当然と思う」とあった。
UFO研究家の矢追純一氏はもっと凄く(ぶっ飛んだ人だ)、高校には全く通わず(妹2人を食べさせるためにバイト三昧だった)、勉強も全くせずに、難関の中央大学法学部を受験したのだが、合格と決めて、心配せずに受験後は旅行に行ったら、やはり合格だった。これも、足立氏的に言えば、プログラムし(目的は中央大入試合格)、決意する(入学を決意する)であると思う。
もっとも、矢追氏は、目的を決めたら、後は、ぼーっとするのだそうだ。この点は、足立氏の妹の足立幸子氏が全く同じことを著書に書いている。
「決意」と言ったら、気負うイメージがあるかもしれないが、矢追氏や足立幸子氏にとっては「ぼーっとする」ことが決意である。

このように、神髄として、全く同じ引き寄せの方法を語る優れた人達が沢山いるし、やってみたら必ずうまくいくので、間違いのない方法だろう。
例えば、ExcelとVBAをマスターして、良い立場で働きたいとする。
この場合は、プログラム(目的)は、「ExcelとVBAをマスターする」で、決意(宇宙に投げる)が「これを使って活躍する」である。
プログラムの段階でやめてしまうので、願いが叶わない人が多いのである。
足立氏も、決意の大切さを重ねて書いていたように思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
これほど素早く、AIを「実体験」できる本はないのではと思います。
一歩一歩理解を重ねてからAIを使うのではなく、まず、いきなりAIを使うところから始めます。
スキーの練習をしてからゲレンデに出るのではなく、いきなりゲレンデに出る訳です。ただし、非常にゆるやかな斜面からですが、それでも、ただの練習と比べたら楽しいはずです。
このように、今はもう、AIは、そのくらい簡単で、誰でも作れる時代なのです。
本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

引き寄せの目標額の決め方

引き寄せで得る目標額の設定をどうするかお話しよう。
原理的には1憶円でも10憶円でも入るが、もちろん、現実はそうではない。
しかし、本当に必要な額は必ず入る。
問題は、間違った目標額を設定すると、もう全く入らないことだ。
短大を出たばかりの可愛い女の子に、目標額(年収)を書いてもらったら「5千万円」だった。
こりゃ駄目だが(笑)、その理由も述べる。

例えば、目標額を1憶円としよう。
1憶円なら、よほどの大金持ちを除き、誰でも欲しい(笑)。
では、早速、手に入れ方といこう。
それは、1憶円手に入ったら、何に使うかを考えることだ。
だが、大抵の人は、ロクなことを思いつかないし、無理に考えたところで、少しもワクワクしないと思う。
それなら、今は1憶円の器でないのだ。
1憶円を得ても良い人なら、どんな事業を始めるとか、何に投資するとか、すぐに具体的な考えが起こり、トキメくはずだ。

「いや、俺はSF90ストラダーレ(フェラーリ)が本当に欲しい」という人もいるかもしれないが、じゃあ、それ買ってどうするかだ。
それに乗っている時の本当に楽しい気分を味わえるなら、本当に手に入るだろう。
つまり、純粋に楽しいのなら問題ないが、見栄みたいなものの場合、本当に気分良くはならない。
私も、メルセデスAMG GT3を買って、初音ミクさんの痛車にしたいとちょっとは思うが、その後、どうするかは考えられない。
多分、3日で飽きると思う。

目標額を設定したら、それをどうやって手に入れようなんてつまらないことは考えてはいけない。
手に入って当然と思って超然とし、「是非、こう使おう」と考えていい気分になるなら、それを得た時の波動が出ているので、自然に手に入る。
しかし、若い独身の人の多くは、月に100万円入ったって、せいぜいが、遊びやファッションに使い、下手に本当に入ったら、生活が乱れ、身体を壊す(そんな人を実際に知っている)。
ところが、本当に月100万円くらい必要な、それなりの年齢の人(子供2人を大学に入れたら、それくらいないと余裕のある生活が出来ない)の多くが、借金を抱え汲々とした未来しか想像出来ないのだ。
そんな人こそ、月100万入るのは当たり前と思って超然とし、「余裕だなあ」といい気分になれば、必要なお金は引き寄せられる。

政木和三さんが生きておられた時、政木さんは食事をしながら私にこう言われた。
「私ね、お金なんてちっとも欲しくないんですよ。でも入ってくるものは仕方がなくて、1憶円納税しなきゃいけないんですよ」
ただ、政木さんは、大きなお金もちゃんと使えたし、実際、使っておられたと思う。
また、政木さんは、近くにおられた奥さんに聞こえないよう小声で言われていたものだ。
「私は女性なんていらないんです。でも、百人の女性が身をまかせてくると思っているから、そうなってしまいます」
もちろん、事実関係は知らないが、いずれにしろ、もう時効だろう(笑)。
参考になればと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
インターネットにつながった、Excel2016以上(おそらく2010/2013でも大丈夫ですが確認していません)がインストールされた、Windows8.1/10(64bit)があり、Excelが使えれば、この本の興味深い実習を行うことで、あなたも、実用AIを自分で作れるようになると思います。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です(もちろん、興味があれば、やっていただくことを推奨しますが)。
無料の優秀なAIツールである、ソニーNNC(Windowsアプリ版)をインストールして下さい。
本書のほぼ全ての実習を行えるデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

学校、会社、デートを楽しくする心の技術

今回も、新しい職場、新しい学校に入る時の心構えについて書こうと思う。
(尚、実は、以下に述べるノウハウは、既に在籍している学校、職場に関しても全く有効であることが分かると思う)
新しい場所に入ろうとする時、人間は2通りに別れるように思う。
1つは、不安になるタイプ。
もう1つは、楽しみに思うタイプ。
当然、それらが混じり合うものであるが、不安が強い者と期待感が強い者がいるはずだ。
そして、期待が大きく、ワクワクするなら非常に良いのだが、不安が強過ぎて恐怖を感じるなら問題だ。
小学校入学を前にした子供はワクワクするものだと思っている大人が多いはずだが、実際にそうでないといけない。

本来の子供がそうであるように、学校や職場に入る前は、ワクワクするか、少なくとも、楽しみで期待を持たなければならない。
もし、そうでないなら、大人であれば、自分で期待を高めければならない。
というのは、入った後にどうなるかは、入る前の予測通りになる傾向が高いからだ。
楽しいことを期待すると楽しくなるし、嫌な目に遭うことを予測すると嫌な体験をすることになる。

これは、明るい期待を思うと、明るい波動が出て、暗い予測をすると、暗い波動が出るからだ。
そして、その波動通りの現実を引き寄せる。

クリスマスの朝や、郊外に旅行に出かける前の、普通の子供のようでなければならない。
そんな時、子供は「面白いに決まっている」と信じて疑っていない。
つまり、楽しいことが起こると決めつけているのである。

もっと単純で解り易い言い方をするなら、あなたは「いい気分」でいなければならない。
いい気分でいることが、あなたの義務であるようなものである。
初デートの時は、男の子も女の子も、不安も大きいものだが、楽しいはずで、それは、ワクワクする気分に現れる。
気分が良ければ、デートは楽しいものになるが、気分が良くないなら、後で後悔するデートになる。
だから、ドキドキするのは構わないが(と言うより良いのだが)、デートの前は気分を上げないといけない。

別に難しいことではない。
学校や会社などに入る前は、学校や職場でいい気分になる状況を想像すれば良いだけである。
気分はその通りの波動を出し、気分通りの状況を引き寄せる。
先輩や同僚が親切で、明るい和やかな雰囲気であることを想像し、いい気分になれば、その気分の波動に共振した現実が構築されるのである。
全く想像と同じではないかもしれないが、気分は確実に現実に反映される。

新しい場所でうまくやっていくための武器を磨いたなら、それは非常に良いことであるが、その武器を、同僚や先輩と戦うことに使おうなどと思ってはならない。
つまり、いきなり光線銃を突き付けて、「仲よくしろ」「優しくしろ」「俺に従え」という態度をしてはならない。
その武器もまた、いい気分を作る材料にすれば良いのだ。
「私にはこの武器がある。これを先輩や同僚は褒めてくれ、私は一目置かれるだろう。だが私は謙虚な態度を忘れないので、愛され、さらに高く評価されるはずだ」
と思えば、気分は向上するのである。
そう思って、その武器をさらに磨けば、ますます気分が上がり、入社日が楽しみになるだろう。

また、波動を精妙にするとっておきの秘法も役に立つ。
昨日の繰り返しだが、最も効果的なものの1つが、この呼吸法だ。
(1)息をゆっくり吐きながら、心で「私はこれではない」と唱える。
(2)息を普通に(あるいは少し速く)吸いながら、心で「私は誰か?」と唱える。
(3)息を止め、心で「私は至高の実在である」と唱える。
この呼吸を十分にしておけば、人々は、訳も分からず、あなたを敬い丁重に扱うようになる。
そりゃそうだ。至高の実在の波動に近付くのだから。













当ブログ著者、KayのAI書。
実用AIを作ることは、実は誰でも出来ることが分かり、その実際のノウハウを明かす本です。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です。
用意しました興味深い問題をAIで解決する楽しい体験を通じ、あなたは実用AIを作るセンスを身に付け、これからのAI時代に備えることが出来ます。

リンゴ、猫、お金の引き寄せ方

ある格式高い本に、こんなことが書いてあった。
「リンゴを得るにはリンゴと合体すれば良い」
不親切な記述と言わざるをえないが、それは、神髄のみを述べているからで、言っていることはとても正しい。
解り易く説明しよう。
我々は、リンゴと合体出来ない。
なぜかというと、簡単に言えば、リンゴが出している波動の周波数と、我々が出している波動の周波数が違うからだ。
もう少し細かく言うと、リンゴを構成する分子が出している波動の周波数と、人間を構成する分子が出している波動の周波数が違うからだ。
(これ以上は細かく言わない)
1個のリンゴは、構成する分子が出している波動の周波数が合っているので、くっついている。
もちろん、リンゴ同士でも周波数は少し異なるし、1個のリンゴでも、切れば、周波数が変わり、くっつかない。
とはいえ、リンゴ同士の周波数は近いので、一緒に置いておくと、不思議な同期現象が起こる。
人間同士も周波数が異なるが、周波数が近い人間同士が一緒にいると、他人と思えないように親密になる。

人間は、リンゴのことを考えると、リンゴの周波数を出せる。
リンゴの映像を想像したり、リンゴという言葉を口や心で言うことで、リンゴの周波数が出る。
その時、心の中でリンゴと合体した状態と言える。
すると、途中のプロセスは飛ばすが(空間の電子が作用するのだと思われる)、リンゴが引き寄せられるのである。

私は子供の時、庭に座って猫のことを考えていると、しばらくすると、猫がどんどん集まってきて、庭が猫でいっぱいになった。
猫は盛んに私に密着し、私の膝の上に乗り、私と合体したがっているようだった。
ひょっとしたら、私は、普通の猫よりも猫らしい周波数を発していたのかもしれない。
猫になり切るほど、猫の周波数を出せるのである。

では、お金を引き寄せる時だが、紙としての1万円札を引き寄せても、継続的に入ってこない。
あくまで、権威ある交換の象徴としてのお金をイメージしなければならない。
お金と言うより貨幣なのであるが、普段、貨幣という言葉を使わないので、ピンと来ないかもしれない。
そこで、富とか豊かさについて考え、想像すれば良い。
例えば、高級乗用車から漂う豊かな雰囲気を心で味わうのである。
すると、豊かさの波動が発せられ、それをなるべく長い時間続けると、豊かさが引き寄せられる。
豊かさだけでなく、いかなるものも同じである。
ただし、波動はなるべく精妙でなければ、媒介されない。
よって、欲深い想いをせず、しみじみとした、安らかな、じわっとくる喜びを感じながら想像しなければ、引き寄せられない。













当ブログ著者、KayのAI書。
他の機械学習、ディープラーニングの本が難し過ぎて手に負えなかった人にもお薦め出来ると思います。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です。
本書の、ほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。
興味深いテーマも沢山用意しました。
楽しみながら実用AIの作り方を身に付けていただければと思います。
ごく簡単とは言いませんが、Chapter.1あたりは、高校生でも出来ると思いますし、実際、高校、大学のテキストとして使うことも考えて書きました。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード