ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

引き寄せ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

一語の神

今は、「引き寄せ」という言い方をすることが多いが、本来の概念では「魔法」と言うべきものが、「引き寄せ」とか「潜在意識の法則」とか「超能力」とか「霊能力」として、その使い方が本に書かれている。中には、人気があって、かなり売れているものもある。
ただ、残念なことに、使い方の説明に1分以上かかるものは(つまり、一冊の本になった時点で)使えないのだ。
なぜなら、魔法は考えたら使えないからだ。
使うのに説明を必要とするということは、頭を使うということであるが、思考を通して行うことは魔法ではない。
魔法は、ただ一言で教えられる。
それは、「神の名を唱えよ」だ。

ところが、私は、神(あるいは仏)の名を1つも知らなかった。
二十歳過ぎた頃にも、「天照大神(あまてらすおほみかみ)」を読めなかったし、何となく、阿弥陀とか観音という言葉は知っていても、それらの仏の名前を正しくは知らなかった。
本来は、子供の時から知っている神仏の名を唱えるのが一番であるが、私には、そのようなものがなかったのである。
とはいえ、日本語というのは、一語一語が神なのであり、おそらく、太古の昔、日本人の祖先は、単純な言葉の1つ、あるいは、いくつかを組み合わせて(おそらくは心で)唱えるだけで、岩を浮かせるようなことを軽々と行ったのだと思う。
だから、子供でも、「えい」とか「やー」とか「たー」といった、お決まりの愛用の掛け声を使う子は、その言葉の神が手助けしてくれ、驚くようなことをしているのかもしれない。
実際、私も、ここでも何度も書いたが、子供の時から、およそあり得ない奇跡を何度も起こしてきたのは、いつも(掛け声などで)使う特定の言葉に宿った神の力によるのだと思う。
一語であっても、神であるからには、強い力を持ち、昨日も書いたが、「ア(アー)」だけでも、唱えれば、悩みが消えてしまう。
もちろん、それぞれの言葉の神には個性もあるだろうが、やり方が違うだけで、普通のことであれば、何でも出来るのだと思う。

その中で、調べていたら、「トホカミヱヒタメ」という、8つの言葉が表す8柱の神を唱えるのは良いことであると思った。
よく「トホカミエミタメ」と言われているが、正しくは、「トホカミヱヒタメ」である。
私のように、子供の時に馴染みの神の名を持たなかった者で、どうも親しみの湧く神や仏の名前がない場合、たった一語の神の名を、心で丁寧に唱えれば良いと思う。それだけで、必ず恵があるだろう。
あるいは、「トホカミヱヒタメ」の8柱の神の名を唱えると良いだろう。








真言で願いを叶える方法

この世界は、コンピューターが創る仮想世界かもしれない。
つまり、映画『マトリックス』やアニメ『ソードアート・オンライン』のような世界だ。
もしそうなら、手順さえ存在すれば、世界を自由に変えることは容易い。
その手順のことを、『波動の法則』の中で、著者の足立育朗氏は、「プログラムする」と書かれていた。
そうはっきり書いているわけではないが、そう考えて良いと思う。
なら、『波動の法則』や、その続刊の『波動の法則 実践体験報告』を見れば、その手順が分かるが・・・実際は、わざとかもしれないが、足立氏はぼんやりとした書き方をされている。
しかし、シンプルに言い直すと、足立氏の「プログラムする」は、ほぼ、「決意する」ということだと言って良いと思う。
「プログラムして宇宙に投げるとその通りになる」なんて、まあ、本当に分かり難い、ぼんやりとした言い方だ(笑)。

さて、では、この世で最も重要な真言でプログラムする方法を述べる。
まずは、お気に入りの真言がなければならない。
特になければ、観世音菩薩真言「オン、アロリキャ、ソワカ」が良いかもしれない。
もちろん、自分が好きなものなら何でも良い。
そして、願い事があれば、それを成すと決意する。
例えば、就職したければ、就職したと過去完了形で思う。
目標は明確でないといけないが、言葉でごちゃごちゃ言ってはならない。
超短い言葉で「就職した」「病気が治った」「彼女が出来た」「受験に受かった」などだ。
本当の願いなら、簡単にイメージが湧くはずだ。
例えばだが、「彼女」と言ったら、「16歳でツインテールの歌うことが好きな可愛い少女」とかね(笑)。
だが、以降は、言葉は使わない。
言葉は、ただ真言だけだ。
願いを真言にそっと乗せて、ただ真言を心で唱えるのである。
いつでも、どこでも、1日中、真言を唱えようと思うのだ。
そして、そうするよう努めるのだ。
なかなか出来ないだろうが、気持ちは、1日中唱えようとするのである。
だが、必死になる必要はない。
とは言っても、いい加減でもいけない。
気楽にやって良いが、不真面目ではいけない。
不真面目、真摯でないこと・・・これこそが悪なのである。

あたらめて言葉にすると、プログラムする方法も結構ややこしいが、実際は簡単なのである。
「願いをそっと真言に乗せ、ただ真言を唱える」
これだけ憶えておけば良い。
引き寄せというだけでも、これ以上はないのである。

尚、私としては、『波動の法則』は紙の本で、『波動の法則 実践体験報告』はKindle版をお勧めする。
Kindle版の『波動の法則』は文章部分も画像で、小さな端末では読み難いからだ。
しかし、実際は、自分で好きな方を選ぶと良い。








強く思ってぼーっとする

書籍『強くなる暝想法』(1982)は、1939年生まれで、2012年に亡くなられた、成功哲学や引き寄せ分野で有名なお坊さんであった、無能唱元(むのうしょうげん)氏の引き寄せの本で、本のカバーに、糸川英夫博士の推薦の言葉が書かれている。
糸川博士と言えば、小惑星探査機はやぶさが着陸した小惑星イトカワの名前は糸川博士の名をつけられたのだが、この小惑星はアメリカのMITの研究チームが発見したものながら、日本より海外で高く評価されている糸川博士に敬意を表して、その名を冠したようである。
また、世界的音楽家の冨田勲氏の遺作となった、初音ミクさんがバレエをしながら歌う交響曲『ドクター・コッぺリウス』のコッぺリウス博士のモデルは糸川博士である。

ちょっと長々と説明してしまったが、このような重みある引き寄せの本である『強くなる瞑想法』だが、私は中身をほとんど覚えておらず、ただ、本のカバーに書かれていた大作詞家、阿久悠(あくゆう。1937~2007)氏の短いコメントで語られてしまった引き寄せ法の方を憶えている。
やり方はこうだ。
「息を吸って止め、自分の曲がヒットしている様子をイメージし、息を吐いて忘れる」
これは「瞑想」であると書かれているが、阿久氏は、瞑想せずに作った曲がヒットしたことはないと言う。
簡単なようで、難しい・・・というか、やり方がよく分らない瞑想だ。
まず、「曲がヒットしている様子」のイメージが曖昧だ。
人気歌手がステージで歌い、観客が熱狂している様子であるとか、ヒットチャートが掲載された雑誌のランキング1位に自分の曲が記載されているとかが考えられるが、阿久氏が実際にどうやったのかは分からない。
しかし、自分でこの瞑想を実行する場合は、各自、自分の成功シーンを考えれば良いことである。
ただ、やはりそこで、「あまりうまくない」様子をイメージする人も多いと思う。
合気道家の佐々木の将人(まさんど)氏は、金が欲しければ札束をイメージすれば良いと、昔、本に書かれていたが、今、札束をイメージ出来る人は少ないかもしれない。
私は一度、一億円の現金を見たことがあるが(23kgあるらしい)、珍しいので、もう忘れた(笑)。
佐々木氏は、数字ではイメージが難しいので、札束が良いと書かれていたのだと思う。
とはいえ、今の若い人は、数字の方がイメージし易いかもしれない。
そこで、銀行預金残高をイメージすれば良いかもしれない。
そして、阿久氏のやり方で、もっと難しいのは、イメージした後、「忘れる」ことである。
これに関しては、足立幸子氏の『あるがままに生きる』に「強く意識し、その後、ぼーっとする」と書かれていたのが、それに該当する、もっと易しいやり方だと思う。
例えば、足立氏は画家なので、絵を描く際には、
「今からこの大きさの紙に、こういうテーマの絵を描く」
と瞬間強烈に思って、少しぼーっとすると言う。
ただ、これも、本の中で、いろんな表現をされている。
まあ、これは、あくまで足立氏のやり方ということで参考にすれば良いのだろう。
しかし、このブログのコメントでもいただくことがあるが、世の中には、1つの方法だけを提示され、そのやり方をこと細かく指示されないと怒る人もいる(笑)。
おそらく、絶対、成功しない人であるが、今の人は、大なり小なり、そんなところがあり、それが極端な人がいるということだろう。
それも、学校やテレビの弊害と思われる。

新車が欲しければ、新車を運転している様子を強くイメージし、その後、ぼーっとすれば良いのかもしれない。
ただ、新車と言えば、特に海外の成功法則では、ベンツやポルシェといった高級車をイメージしなければならないような言い方をしているものが多いが、普通は、あまり欲張らない方が良いと思う。
しかし、身の丈に合った新車を買うくらいのお金はあっても、使う気にならない人が多いのであるからややこしいのだが(笑)。
そこで、いろいろ練習してみると良いと思う。
少なくとも、百回や二百回は練習した方が良いが、そうやって練習すれば、自分に合ったやり方のコツが掴めると思う。
空手のキックやピアノ演奏でも、何百何千と練習して、やっとうまくなるのと同じである。

で、強く意識したり、イメージしたり、思ったりした後、ぼーっとすれば良いのであるが、うまくぼーっとするのは、昨日も書いた通り、薄目をすれば良いのである。
例えば、お金がなければ、「銀行預金残高が1千万円を超えた」と強く思い、その後、薄目になってぼーっとするのである(笑)。
ただ、幼稚な人の中には、副次的にしか過ぎないことを目標にする人が多いように思う。
例えば、「美味しいステーキを食べている」とか「可愛いあの子とエッチなことをしている」とか「イケメンの彼氏がいて、何でも言うことをきいてくれる」といったようなものだ。
こんな人は、まず、社会で修行して自己確立しなければならないのだろう。
そうすれば、もっとまともな目標を持てるようになる。
もちろん、謙虚に、「そうか、ちゃんとした目標を持てばいいのか」と思うなら大丈夫だが、幼稚な人間は、「これのどこが悪いのか」とか言い出すから始末が悪い(笑)。そんな者は、ちゃんといした目標を持つことが出来ないのだ。
所詮、人間は、ある程度の円熟みたいなものは必要である。
そのようなものを得るために、学生が、スポーツ会系などでの、多少理不尽な経験をすることなども、案外に良いものであると思う。








西洋流引き寄せの欠点

引き寄せの法則では、叶えたい願望を出来るだけ具体的にするよう言われる。
例えば、お金であれば、具体的金額と、入手期限だ。
これが西洋の成功哲学の大きな特徴なのであるが、なぜ、そうしないといけないのかというと、だいたい次の通りとなる。

(1)目標を明確にするため。
(2)緊張を高めるため。
(3)イメージし易くするため。

(1)であるが、自動車でどこかに行く時、具体的な目的地をはっきりさせないと到着しないのと同様に、具体的な目標が定まらないと目標は達成されないという理屈である。
(3)については、西洋流ではないはずの、合気道家で神道家の佐々木の将人(まさんど)氏も、「金が欲しい時、具体的な金額の札束を思い浮かべた方がリアリティがある」と、これを肯定していた。
だが、数値目標や達成期限に抵抗を感じる人が多いのではないかと思う。
私もそうなのだが、実は、数値目標と達成期限を決めることでうまくいったことがある。
セールスマンをやっていた、それも、駆け出しの頃、セールスコンテストで、売上金額と達成期限を設定したところ、金額も期限もピタリで達成し、セールスコンテストで優勝した。
しかし、その緊張感は、あまり楽しいものではなく、その後、やる気がなくなってしまった。
一言で言うと「しんどい」のである。
それを続けるには、よほどの執念が必要だが、たとえエネルギーがあっても、そんなことをやればやるほど疲弊するように思う。
また、セールスコンテストのように、条件がはっきりしている場合は良いが、やりがいある目標というのは、案外に未知の部分が多いので、目標を立てると、固定観念とか制限といったものが出来てしまうのではないだろうか。

ベルベル・モーアの『その望みは宇宙がかなえてくれる』に面白い話がある。
著者のモーア(女性)は、彼氏を宇宙に注文する際、望みの彼氏の条件として、「ベジタリアン」「太極拳が出来る」「タバコを吸わない」他の具体的条件を上げ、期限も何月何日と決めた。
すると、確かに、期限通りに条件通りの彼氏が出来た。
しかし、すぐ別れた。自分に合ってなかったのだ。
そこで、宇宙に注文し直した。
「私にぴったりの彼氏、頂戴」
今度はうまくいった。

世界的に有名なロンダ・バーンの引き寄せ書『ザ・シークレット』でも、目標金額や入手期限を設定することや、具体的イメージを絵に描いたり、ビジョン・ボード(ボードに、具体的目標を書いた紙や、望みのものに出来るだけ近い写真・絵を貼る)を作れと言うが、ビジョン・ボードでは期限が曖昧な成功事例を取り上げていたり、ある面では明確(彼女が5人欲しいなど)ながら、別の面では曖昧(どんな彼女がいつ出来るか)は問題にしていないなど、矛盾を感じたものだ。
『ザ・シークレット』は、面白いし、参考になるが、混乱させられた人も少なくないのではと思う。
一方、神道と最新テクノロジーから研究を行っている大野靖志氏の『和の成功法則』では、達成期限もビジョン・ボードも、さらには「ワクワク」も全部、明確な理由で否定するが、私には、こちらの方が納得し易かった。
つまり、やはり、それら(期限など)を設定すると、制限をかけてしまうのである。おそらく、それは窮屈で歪(いびつ)さも生むのだと思う。

私は昔、目標設定には数値や期限などの具体性を徹底して設定するという、ある世界的成功プログラムを購入し、そのプログラムの世界的セールスコンテストで優勝したセールスマンや、その人が所属する会社のトップと親しく付き合ったことがある。
しかし、そのセールスマンは、その会社をやめ、その会社の社長もぱっとせず、そもそも、その成功プログラムを開発した世界的成功者も、その実態は決して幸福ではなかった。

明確な目標は必要である。
しかし、特に未熟なうちに目標を具体化すると、やっぱりおかしなことになる。
研究の結果、願望を叶えるのに必要なものは「決心すること」だと分かっている。
そして、期限を決めて緊張するのではなく、ソフトタッチが必要なことは、数日前の記事、「【4月26日】ソフトタッチこそが極意」で説明した。
要は、上で述べた、ベルベル・モーアのように、宇宙に向かって「私にぴったりの彼氏ちょうだい」というノリが良いのだと思う。
ただ、モーアも、期限の設定や具体性は否定していなかったように思うが、彼女は、その後、あまり活躍せず、若くして亡くなっているように思う。
緊張や制限を避け、ゆったりとした気持ちでやることが必要である。
「画家になる」「可愛い彼女を作る」「健康になる」と、軽く決意すると良いのだと思う。








オタクになることを薦める理由

私が好きな成功哲学書『人生を変える魔法の物語』(原題:The Magic Story)は、著者のフレデリック・ヴァン・レンスラー・ダイが、一種の天啓を得て書いたのではないかと思う。
この本は、いわゆる「引き寄せ本」とも言えるが、他のものと比べてユニークで、神秘的な真理をついている上に、とても短い。
だが、これを読んで分かったことは、所詮、世の中でうまくやっていくには、特技とか技術といったものが必要だと言うことだ。
ただし、特技は、必ずしも凄いものである必要はない。
一頃は、テレビで見ない日はないと言われた人気評論家だった竹村健一さんは、
「僕は英語を武器にやってきた。でも、僕の英語なんて素人に毛が生えた程度ですよ」
と本に書かれていた。
その怪しい英語を生かすことが大切で、TOEIC満点だの、外大卒とか言っても、その外国語を生かせなければ意味がない。
私の知り合いには、私が聞いてても下手と思う英語で立派にビジネスをやっている人がいる。
ただ、英語そのものは下手で良くても、経験や人間性が必要で、逆に、TOEIC満点でも全く役立たずで、下手にビジネスの現場に行かせたら、感性や習慣が異なる外国の顧客との間で大トラブルになることもある。

写真、絵、楽器演奏、武道、何でも生かし方次第だ。
スーパーセールスマンだった夏目志郎さんの本にあった例では、日本でセールスマンをしているが、さっぱり売れなかった、あるイギリス人セールスマンは、ピアノの腕を生かして売れるようになったというものがある。
また、やはりさっぱり売れなかったが、女性にはモテモテのセールスマンの場合、モテるということは、人を惹きつける魅力はあるのだから、それを生かし、何と、夏目さんの地位を追い抜いたという。
そのような人達には、セールスの技術があったかどうかは疑わしいが、それでもうまくいったのである。

プログラマーやシステムエンジニアで、占いやオカルトに詳しい人がいて、それで仕事をうまくやっている人もいる。
どういうことかと言うと、受託前のプレゼンの段階で、お客さんは、「あっちのシステムエンジニアは難しくて分からない話をするが、こっちのシステムエンジニアは占いの話をして面白い。では、こっちだ」となる訳だ。いや、人間なんて、そんなところも実際あるのだ。
もちろん、お堅いユーザー相手では駄目だろうし、あくまで、決定権者と直接話が出来る場合である。
ところで、システム開発なんて、お客さんとそれくらい仲良くなれば、非常に楽なのである。
私がコンサルの仕事を得る時、そんな「柔らかい」話をしないことはないし、一緒にしては悪いが、占い師と契約している大企業だって少なくはない。

マイクロソフト日本法人の社長だった成毛眞さんは『定年まで待つな! 一生稼げる逆転のキャリア戦略』の中で、今、特技がなくても、また、歳を取っていても、10年もやれば相当な特技になるので、今からでもやるよう薦めているが、全くそうだと思う。
そして、生かせる特技というのは、自分の好きなことでないといけないし、そもそも、好きでないと10年続かない。
例えば、ExcelやAccessのVBAプログラミングなら、うまくいけば、数ヵ月でそこそこの武器になり、後は、やればやるほど強力な武器になっていく。
英語だって、ビジネス会話は無理でも、マニュアルの翻訳みたいな仕事なら沢山あり、中学英語が分かれば時間をかければ出来るものもあるし、そんな実戦をやっているうちに、読み書きの英語がどんどん上手くなる。

ヨガ、気功、アロマテラピー、ダイエット・・・世の中で必要とされる特技は無限にあり、探せば、これまで夢にも思わなかったもので、自分に合ったものが沢山ある。
ただ、やるからには、「呆れ返る」ほどの知識を持つべきだろう。
どんなことでも、一流は、凄い知識がある。
例えば、プログラミングでは、単にプログラミングの知識だけでなく、一流は、一見、仕事には関係の無さそうな、コンピューターの歴史や意外なトピックに、驚くほど詳しいことが多い。
ビル・ゲイツだって「優秀なプログラマーは、あらゆることを話題に出来る」と言っていたことがある。

早い話が、何かのオタクになれば良いのである。
ゲームオタク、アニメオタクでありながら、現実で役に立たないというのは、おそらく、オタクとして大したことがないのではないか?
あるスキーオタクのプログラマーは、スキーシーズンは山にこもって仕事をしない。それで通用する腕前になったのには、スキーオタクであることが大いに関係していると思う。
きっと、山の神や雪の神が、彼がスキーが出来るよう守護してくれているのである(個人的妄想)。
あらゆる物事はつながっており、オタクになるほど何かを究めれば、自ずと、他のことも出来るのである。
軍を率いた経験がない老子や宮本武蔵が戦略を語ったり、空海が土木事業を行ったようにである。
あるいは、政治経験のないトランプ大統領が、特に経済、そして外交、軍事で目覚ましい成果を上げたようにである。
そんな訳で、オタクになることを薦める。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード