ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

引きこもり

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人間関係における最強の処世術教えます

皆、程度の差こそあれ引きこもりだ。
自信があって、誰に対しても、何に対しても、恐れ知らずで積極的に見える人でも、内心はそれなりに不安を感じるものだ。
それは必要なことだ。
しかし、それが強過ぎ、どこにも行けなくなったり、誰とも関わりたくないようになればまずい。
世の中には、引きこもりの社会参加支援なんて活動をする団体や人たちがいるが、多分だが、それほど、あるいは、さっぱり成果が出ていないのではないかと思う。引きこもりは、まず、他人への恐怖心が強いのだと思うが、それを、勇気や根性で克服するのは難しい。

ところで、私は、引きこもりだった割には、他人を恐れない・・・と、今気付いた(笑)。
高い所は割に怖がる方だが、大物や偉い人、近寄りがたい人を恐れない。まあ、ヤバい人は、直観的に避けるがね。
とはいえ、別に私は、人が好きな訳ではなく、犬や猫どころか、カラスや亀の1/100ほども好きではない(笑)。
そこで、なぜ私が人を恐れないのかの秘密を教えよう。
ただ、まず、いかに相手を恐れないと言っても、尊大な態度はいけない。むしろ、表面的には恐れ入っている態度でいた方が間違いない。
で、なぜ私が人を恐れないのかというと、やはり、馬鹿だからだろう(笑)。
相手を怖がる理由は何だか分かるだろうか?
それは、相手が自分を嫌な目に遭わせると想像するからだ。それを、余計な考えと言う。私は、馬鹿なせいか、そんな想像をしないのである。何も考えていないのだ。
たとえ、実際は、そんなこと(相手が自分に危害を加える)をするかもしれないとしても、最初から信用しなければ、被害は回避出来るのだ。私は、誰も信用していない。

私は、笹沢佐保さんの時代劇『木枯らし紋次郎』を、第2シリーズの『帰ってきた木枯らし紋次郎』まで含め20冊ほどを全部読んだが、その中の紋次郎のセリフ、
「あんたを別に疑ってはいやせんが、信用してもいやせん」
には非常に感動した。
こうであれば、相手に期待しないが、騙されることもない。
騙されるというのは、相手に甘い期待をするからで、それは文字通り自分が甘いのだ。

親しくなったら、その相手を、日常の些細なことでなら信用しても良いが、それでも、根本的には、相手を信用してはならない。過度に信用すべきでないのだ。
それは寂しいことだと言いたい者もいるだろうが、そうではない。
親しくたって、相手を裏切らねばならないこともあるのだ。残念ながら。
しかし、いくら親しくても、最初から相手を信用しなければ、その相手に裏切る苦しみを与えずに済むのだ。
親、きょうだいだって、あまり信用してはならない。
それは、冷たいことではなく、愛ゆえにそうするのだ・・・って、格好いいなあ(笑)。
しかし、本当にそうなのだ。
だが、信用しないとはいえ、疑いもしないのだ。
人間としては、それで十分なのである。

ある会社で、私の上司になった人が、私に、「君も私を信用してくれ」と言ったが、そんなことを言う者は、絶対に裏切る者である。
裏切らない人間は、「自分を信用しろ」とは言わない。
そもそも、「俺を信用しろ」と言うのは、信用してくれた方が騙し易いからだ。
まともな人間は、いかに親しくても、自分が相手を裏切る可能性があることを理解している。聖人じゃないのだから、当たり前だ。
そんな自分を信用しないでいてくれたら、いざ、本当に自分が裏切っても、相手のダメージは軽くて済む。
そして、「信用しろ」と言わない者ほど、裏切る時には葛藤してくれる。
そんな者に裏切られても、それほど恨む気にはならない。

誰も信用しない、だが、疑いもしない。
こうであれば、世の中はそんなに怖くない。
私のような引きこもりでも、なんとかやっていけるのである。













当ブログ著者、KayのAI書。
AIは、概論を読んでも、「分かったような気になるだけ」で何も分かりません。
自分で実用的なAIを作らなければ、肝心なことは決して分からないのです。しかし、作ってしまえば分かります。
そのために、数学も、プログラミングも、AI理論も必要ありません。
そして、おそらくですが、この本が、プログラムオタクでも数学オタクでもない普通の人が、最もスムーズに、自分で実用的なAIを作れるようになれる本です。
単に易しいだけでなく、楽しくなるよう、面白いテーマを採用したつもりです。
これからの時代、AIの本当の理解が必要です。是非、自分で実用的なAIを作れるようになっていただきたく思います。

若い層のお金の認識はかなり歪んでいる

少し前に、ある金持ちと話す機会があったが、彼の家は、少なくとも彼の祖父の代からの商売人で、彼は、子供の時から、金儲けを意識していた。
彼は、スポーツ選手には運動神経が必要なように、商売には金儲け神経とでもいうべきものが必要と言っていたが、私(Kay)にはそれが欠けていると言う。
確かにそうだが、その理由は、私の家は金儲けに縁がなく、私は金儲けを意識せずに育ったからだろう。
それを、この金持ちと話していて痛感する。

以前、私が勤めていた職場に、「まるで駄目男」とでも言うべき、本当に駄目な男がいた。
その彼が、ある時、こんなことを言っていたのを思い出す。
「僕は大した給料はもらってないですけどね」
給料が高くないのは分かるが、いくら何でも月給10万円はもらっているだろう。
しかし、彼の仕事は10万円にも全く匹敵しない。
だが、本人にその自覚がないので、そんな言葉が出るのだろう。

私は、引きこもり相手にIT職を志すためのセミナーをすることがあるが、ほとんどの生徒が、いったん就労して務まらずに無職を続けている人達だ。
それで話していて感じるのが、上の「まるで駄目男」と同じ、経済観念の欠如であるが、それは、引きこもりでなくても、会社の中で、不満たらたらで働く人達も同じなのである。
つまり、簡単に言えばこうだ。
自分の労働に対する対価の自己見積もりが高過ぎるのである。
例えば、本人は、「自分がこれだけやれば10万円分だ」と思っているものは、実際は500円も怪しい・・・といった感じである。
昔、好況な時代は、サラリーマンは机を温めていれば給料がもらえるのを、当たり前だと感じていたし、企業にも、その余裕があった。
現代の駄目な社員や、就労出来ない引きこもりは、その時代のサラリーマンの感覚がある。
会社の中で不満だらけの社員というのは、自分の仕事に較べ、給料が安いと思っているのだが、それは、報酬の常識を知らないからだろう。

なぜ、そんなことが起こるのかというと、親の育て方の問題もあると思う。
子供にお小遣いをあげる時、労働報酬のように与える親であれば、子供はお金の観念を正しく持てる。
義務を果さなかったり、最低限の成果を上げられない時は、おこづかいをやらない、あるいは、減額するということを実際に行う親を持つ子は幸いだ。
しかし、日本では、大半の子供は、「お小遣いはもらえて当たり前」、「自分のお小遣いは少なくて不満」、「お小遣いに対する義務や労働はなくて当たり前」と思っている。
あるいは、自分が親に対してにっこりすれば、それが価値になると大誤解しているガキ(笑)も少なくないと思う。または、試験の成績が良ければ、それでお小遣いに匹敵すると思っているのかもしれない。実際、学歴が高い社員は不満が多い。
子供を馬鹿に育ててはいけない。
で、この私も、お小遣いはもらって当然と思っていた・・・大学生になってもだから、これは異常なのであり、最初のところで述べた金持ちが言った「金儲け神経」が発達しなかったのは当然である。

『まちカドまぞく』という漫画・アニメで、主人公、優子の母親が優子に言う。
「いままで、あなたのお小遣い、月120円のところを、なんと・・・500円に大幅アップです」
それを聞き、優子は、
「いいんですか!?そんなにいっぱい」
と仰天する。
優子は、15歳の高校1年生である。
それでいまどき月120円のお小遣いはありえないし、月500円でもそうだ。
しかし、考えれば、それで良いのだし、優子が極めて健全で心優しい理由も、そこらにあると思える。
優子はその後、バイトに励むが、アメリカでは、高校生にもなれば親は子供にお小遣いを与えず、バイトをするのが普通かもしれない。

私が社会人になって、最初にやった仕事がフルコミッション(完全歩合制)のセールスだったが、まあ、ブラック企業だった(笑)。
(そもそも、売らなければ最低賃金も払わないフルコミッションセールスは違法だ)
先輩セールスマンの中に、昔、1日10時間、休日なしで1ヶ月働き、コミッションである給料が5千円ということがあったらしい。
その先輩も、その時は年収1千万円を超えていた。
私も、そのようなブラック・セールスを2年やったので、隠し持つオカルト能力(笑)のおかげで、働かずにお金を引き寄せる不思議な能力が身についた。
どこかで、健全な経済観念を持つ必要がある。
そこで、私は、引きこもりに、アフィリエイトをさせようと思っている。
SNSに広告を貼り、報酬を得るという仕組みだ。
それで、月数百円しか、あるいは、それすら稼げないことで、自分の経済的価値を認識してもらうのも良いかと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
AIは計算が苦手。
AIは、ある数字が、素数か、偶数か奇数か分からない。
AIは、数学者も博士も一流大学も解らなかった難問「モンティ・ホール問題」を楽々解いてしまう(モンティ・ホール問題自体は単純です)。
AIは、経済学の難問「囚人のジレンマ」の最強の手を解明する?
・・・これらを、ただ文章で読むだけでなく、自分でAIを作って実験・確認出来ます。
そのために、数学もプログラミングもAI理論も不要です(必要最低限のことは易しく解説します)。
全ての実験を行うためのデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料でダウンロード出来ます。

社会で楽々と生きる基本原理

人間は、どの道、社会で生きていくしかない。
よほどの資産家で働く必要がなかったり、高収入な夫に嫁いだ「奥様」の場合は、一般とは形は変わるだろうが、それでも、特にある程度の年齢を過ぎれば、社会と関わりを持たない訳にはいかない。
まして、働かないと食べていけない普通の人の場合は、社会の中で、うまくやっていけるのと、社会が敵に思えるのとでは、人生の有り様・・・特に楽しさや充実度がまるで違ってしまう。
だが、真面目で、また、頭の良い優秀な人ほど、社会との折り合いが悪く、苦労するだけでなく、苦痛、さらには、社会を地獄と感じる場合も、決して少なくはない。

富裕層には、短絡的に、幸福になるには、医者になるか、高学歴になって、大企業に入社したり、官僚を目指すのが良いと考える人達が今でも多いが、それは好きにやってもらうしかない。

では、我々一般人が、社会で楽しく過ごすにはどうすれば良いかと言うと、自我を消すことである。
あらゆる不幸は自我が原因で起こるのだから、これがないと、海の中の魚や、空の鳥のように、悠然と自由に生きられる。
一方、強い自我を持っている人が、本当の望みである安らぎを得ることはない。
そこで、自我を消すノウハウが貴重であるということになるが、一見良さそうな宗教的テクニックというものは、「自我が消えるのではなく、脳機能を麻痺させる」ものである。
多くの宗教団体の目的は、信者の自我を消すことではなく、信者からお金を巻き上げることなのであるから。
金は取られて、自我は強いまま、しかも、自我を消すのはますます難しく・・・まさに、踏んだり蹴ったり、弱り目に祟り目である(笑)。

自我を消すと共に、有益な専門技能を持っていれば、一応は幸福であるが、自我を持たないと、およそいかなる専門技能でも、楽々と習得出来る。
自我を持たない人とは「自分がない人」「無私である人」と言われる。
ただし、自我を消すためには、一度、しっかりとした自我を確立しなければならない。
だが、多くは母親の影響で、いびつでグラグラな自我を持っている若者が非常に多いのである。
そんな若者は、歪んだ自我をそのまま肥大させる場合が多く、無法者になったり、引きこもりになったりする。
その場合は、仕方ないので、自分で自我を確立する必要がある。
その方法は、規則正しい生活と規律を守ることで、自分で自分に厳しく課すことしかない。失敗すれば、もう終りと考えて良い。
そして、ある程度、しっかりとした自我を築いてから、それを消していくのである。
自我を消すには、自分本位の考え方を捨てることで、本当のことを言えば、自然の中で生活するのが一番だ。
なぜなら、自然の前には、自分本位の考え方など、全く通用しないからだ。
つまり、自分の考え方に価値がないと気付くことが良いのであり、自分の頭など少しも大したものではなく、自然とか、自分より大きなものに対し、全面降伏すれば、それで自我は消える。
だが、自我は自殺しないとよく言われる。
つまり、自分を圧倒する大きな力と対峙し、自然死しない限り、自我は消えないのである。
宇宙飛行士が、宇宙から帰還したら別人格に変わるとよく言われるのは、宇宙で、自分の頭脳など、あまりに卑小であることを痛感し、自我が消えるからだ。
それが想像出来る人達が、高額であるに関わらず、民間宇宙飛行に参加するのである。
そんな訳で、せめて大自然に接することである。
その他のことは、また追々。













当ブログオーナー、KayのAI書。
一般の人が、この本以外の、多くの機械学習・ディープラーニング型AIへの取り組み方法では、次のことが起こります。

■必要なソフト(主に開発環境)のインストールが出来ない。
■AIの専門用語の意味が分からない。
■数学を必要とするAI理論を理解出来ない。
■ほぼ全員が、必要なレベルのPythonプログラミングをマスター出来ない。

本書のやり方では、Excelが使えれば、後は、ソニーの無料AIアプリNNCをインストール出来れば(難しくないはずです)、後は「普通に努力すれば」大丈夫と思います。その努力も、なるべく楽しくなるテーマを採用しました。
AIは誰でも作れるし、作らないといけない時代なので、これが今後のスタンダードになると考えています。

ヴァーチャル充のすゝめ

本格的に引きこもりの時代になってきた。
もちろん、引きこもりが楽しく生きる時代だ。
引きこもりにしか出来ない、人々、あるいは、世の中の役に立てることが増えてきたのだ。
これは、インターネットとAIの発達の良い面である。
少し前までは、たとえ天才であっても、引きこもりが能力を発揮することは難しく、引きこもりは不遇だった。
そして、世の中に存在を示せないまま50代、60代になった人もいる。だが、そんな人達だって、逆転出来るかもしれない。

人間には、ものを作るのが好きな人、直接販売等の交渉が好きな人、あるいは、マッサージ等の直接サービスを提供するのが好きな人がいる。
そんなリア充な人達は、もちろん、そのままリアル世界でがんばっていただきたい。そんな人達はもちろん、これからも沢山必要だ。
しかし、今後の時代は、創造的な引きこもり・・・即ち、ヴァーチャル充が必要不可欠であり、しかも、多く必要になる。
リアルな活動が向いてないからといって、本来は自分を卑下する必要はないのだが、これまでは、リアルな活動でしかお金を稼げず、生活していけないので、引きこもりは低い場所に身を置かざるを得なかった。
だが、武道家の多くは球技が苦手と聞くが、だからといって武道家が自分を恥じないように、引きこもりもバーチャルな世界で特技があれば、それで良いのである。
そもそも、あらゆる意味で(哲学的、宗教的、科学的等)、リアルとバーチャルの優劣はなくなってきている。
まあ、リアルとバーチャルの両方を股にかける変な人(笑)も多くなるが、それも単に1つの役割であり、リア充やヴァーチャル充より偉い訳ではなく、どちらかというと、器用貧乏という感じすらする・・・まあ、そんなこともないかもしれないが・・・

バーチャル充は、精神的に研ぎ澄まされるべきである。
例えば、ゲームに打ち込むことによって・・・別に冗談ではない。
ただし、惰性でゲームをやるだけでは、やはり駄目である。
ゲームも本当に達人になれば、他の者には得られない特別なものを得ているが、それが、他の人、あるいは、世界の役に立つのである。
ゲームに限らず、バーチャル充は、オタクでなければならない。
本当は、リア充もオタクであった方が良いのだが、日本の大企業とマスメディアの社会では、オタクは禁止され、学校で事実上殺されていたので、オタクスキルを伸ばすのが難しかった。
しかし、これからは、リア充もオタクになれば良いと思う。

ヴァーチャル充は、自分が英雄であることを自覚しなければならない。
これは突飛なことではない。
世界最高の賢者であったラルフ・ウォルドー・エマーソンは、『歴史』というエッセイの中で、英雄の物語を読む時は、それが、自分について書かれたものであると思わねばならないと書いている。
全くその通りだ。
だからまず、英雄の物語を読むと良い。物語の中の英雄こそが自分の本当の姿である。

今後は、ヴァーチャル充の有利さが際立ってくる。
なぜなら、世界は深層の心が生み出した幻想に過ぎず、ヴァーチャル充である引きこもりの方が、世界創造の場に近いからだ。

ただ、ナポレオン・ヒルも述べていた通り、性エネルギーの浪費を犯してはならない。
性エネルギーこそ、あらゆる創造力の源であり、それが足りないと、思考や行動の力が弱まる。
思考はもちろん、行動力もヴァーチャル充に必要だ。ただし、それは、会社や学校での行動とは全く異なり、パソコンやスマートフォンで出来ることが多い。
例えば、YouTubeやバーチャルYouTuber(VTuber)としての活動もそれに含まれるが、他にもいくらでもある。
今は、SNSで生計を立てている人も少なくないが、高収益であれば長時間労働だ。ただし、それは、会社や学校の仕事や勉強と違って、楽しいこと、面白いことをやれば良いのである。
そして、その多くは、リア充には不可能で、ヴァーチャル充にしか出来ないのである。
「神様の奇跡が起こる」などの口癖を忘れず、なるべく心配せずに励めば、引きこもりのヴァーチャル充にだって世界を動かせることが解るだろう。
それどころか、先程も少し示唆したが(ヴァーチャル充が有利になるという話で)、今後は、引きこもりのヴァーチャル充「こそが」世界を動かすかもしれないのである。
とはいえ、リア充とヴァーチャル充は敵同士ではない。お互い仲良く共存する世界こそが、人類が立派に存続していける未来世界なのである。








ジョセフ・マーフィーの成功法則は効果があることの証明

家に引きこもって、仕事にも学校にも行かない人が増え続け、相当な数になっているようだ。
自分も引きこもり気質だという大思想家の吉本隆明氏は、著書で、引きこもりは、誰とも会わずに出来る仕事を探した方が良いと書かれていて、それならば、今の時代、家でネットを使って稼げば良さそうなものであるし、そんな人もいるにはいるが、それは難しいことで、滅多にはいない。

私も引きこもり気質というか、若い頃は実際に行きこもっていて、そのまま引きこもっていてもおかしくなかったはずだが、なぜかブラックなセールスマンをやっていた。
休日なしで深夜まで働き、それでいて基本給もなく売らなければ収入なしで、通勤や営業の交通費も一切なしで、これは確かに、今ではブラックだが、昔は、そんな職場はよくあったと思う。もちろん、今でもあるだろう。
確かに厳しい仕事で、10人入ってくればひと月以内に9人が辞めた。数日で辞める人が多く、翌日来ない人も少なくなかった。
そんなところに、何を間違ったのか、引きこもりの私が入り、そして、勤め続けていた。
ところが、ブラックと言っても、職場は皆、良い人で、案外に楽しかったし、ブラックな苦しさも良い思い出になっている。
それは良い経験というだけでなく、実に良い経験だ。
私に、なんでそんなことが出来たのかというと、これは間違いなく、ジョセフ・マーフィーの潜在意識による成功法則の本を読んだからだろう。
そして、1年ほど真っ暗な職場で修行し、もう少しマシなセールスの職場に入った途端、強豪セールスマン達を抑えてセールスコンテンストで優勝したのも、ジョセフ・マーフィーの本を読んでいたからだ。
やがて、小さいながらブラックでない会社(自社ビルを持っていた)に入れたのも、マーフィーの本のおかげで、そこで、プログラミングを覚えてプログラマーになり、一部上場企業のSEになれたのも、やっぱり、マーフィーの本のおかげだ。
つまり、ジョセフ・マーフィーの成功法則は、やはり効果があるのだ。
その後は、大成功を目指すというより、働かずに趣味に生きるのが好きなので、ほとんど働かずに給料を貰っていたところは、小泉純一郎元総理のサラリーマン時代のようである(小泉氏は「人生いろいろ、会社もいろいろ」と言われていたが)。
モデルは、サラリーマン時代、出社と同時に遊びに出かけていた、大俳優の丹波哲郎氏だった。私も、ほとんど社内にいなかった。
ただし、働かないながら、有名人でも何でもない私が、結構な人数を相手に講演をしていたのだから面白い。
そんな珍しいことが出来たのも、やはり、マーフィーの本の教えのおかげだ。

そんな訳で、ジョセフ・マーフィーの本はお薦めするが、あの1冊の長さには、ちょっと疑問もある。
しかも、1冊を通じて、ほとんど同じ調子なので、飽きるかもしれない。
いや、先入観を与えるのも良くないのだが、あの長さが理由で、せっかく読み始めても、読むのをやめる人がいるかもしれない・・・いや、いた。
とりあえずは、多少の忍耐を発揮して通読することを薦めるが、その後は、気に入った部分だけ読めばよく、読まないくらいなら、最初の方だけしっかり読むと良い。

渡部昇一氏は、オックスフォード留学時代にマーフィーの本を読んだのが、あれほどの大批評家、大学者、大作家になった要因だと言われているが、ある時期までは、それを隠し、マーフィーの本は大島淳一というペンネームで書き、大島淳一が実は渡部昇一氏だと知った時は、私はかなり驚いた。
しかし、それで、マーフィーの成功法則の信憑性も高まったことだろう。

私は、引きこもり支援の活動を公的に行うことになり、それは一応は専門のITの啓蒙だが、マーフィーの本を読むのが手っ取り早いとも思える。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード