ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

引きこもり

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ヴァーチャル充のすゝめ

本格的に引きこもりの時代になってきた。
もちろん、引きこもりが楽しく生きる時代だ。
引きこもりにしか出来ない、人々、あるいは、世の中の役に立てることが増えてきたのだ。
これは、インターネットとAIの発達の良い面である。
少し前までは、たとえ天才であっても、引きこもりが能力を発揮することは難しく、引きこもりは不遇だった。
そして、世の中に存在を示せないまま50代、60代になった人もいる。だが、そんな人達だって、逆転出来るかもしれない。

人間には、ものを作るのが好きな人、直接販売等の交渉が好きな人、あるいは、マッサージ等の直接サービスを提供するのが好きな人がいる。
そんなリア充な人達は、もちろん、そのままリアル世界でがんばっていただきたい。そんな人達はもちろん、これからも沢山必要だ。
しかし、今後の時代は、創造的な引きこもり・・・即ち、ヴァーチャル充が必要不可欠であり、しかも、多く必要になる。
リアルな活動が向いてないからといって、本来は自分を卑下する必要はないのだが、これまでは、リアルな活動でしかお金を稼げず、生活していけないので、引きこもりは低い場所に身を置かざるを得なかった。
だが、武道家の多くは球技が苦手と聞くが、だからといって武道家が自分を恥じないように、引きこもりもバーチャルな世界で特技があれば、それで良いのである。
そもそも、あらゆる意味で(哲学的、宗教的、科学的等)、リアルとバーチャルの優劣はなくなってきている。
まあ、リアルとバーチャルの両方を股にかける変な人(笑)も多くなるが、それも単に1つの役割であり、リア充やヴァーチャル充より偉い訳ではなく、どちらかというと、器用貧乏という感じすらする・・・まあ、そんなこともないかもしれないが・・・

バーチャル充は、精神的に研ぎ澄まされるべきである。
例えば、ゲームに打ち込むことによって・・・別に冗談ではない。
ただし、惰性でゲームをやるだけでは、やはり駄目である。
ゲームも本当に達人になれば、他の者には得られない特別なものを得ているが、それが、他の人、あるいは、世界の役に立つのである。
ゲームに限らず、バーチャル充は、オタクでなければならない。
本当は、リア充もオタクであった方が良いのだが、日本の大企業とマスメディアの社会では、オタクは禁止され、学校で事実上殺されていたので、オタクスキルを伸ばすのが難しかった。
しかし、これからは、リア充もオタクになれば良いと思う。

ヴァーチャル充は、自分が英雄であることを自覚しなければならない。
これは突飛なことではない。
世界最高の賢者であったラルフ・ウォルドー・エマーソンは、『歴史』というエッセイの中で、英雄の物語を読む時は、それが、自分について書かれたものであると思わねばならないと書いている。
全くその通りだ。
だからまず、英雄の物語を読むと良い。物語の中の英雄こそが自分の本当の姿である。

今後は、ヴァーチャル充の有利さが際立ってくる。
なぜなら、世界は深層の心が生み出した幻想に過ぎず、ヴァーチャル充である引きこもりの方が、世界創造の場に近いからだ。

ただ、ナポレオン・ヒルも述べていた通り、性エネルギーの浪費を犯してはならない。
性エネルギーこそ、あらゆる創造力の源であり、それが足りないと、思考や行動の力が弱まる。
思考はもちろん、行動力もヴァーチャル充に必要だ。ただし、それは、会社や学校での行動とは全く異なり、パソコンやスマートフォンで出来ることが多い。
例えば、YouTubeやバーチャルYouTuber(VTuber)としての活動もそれに含まれるが、他にもいくらでもある。
今は、SNSで生計を立てている人も少なくないが、高収益であれば長時間労働だ。ただし、それは、会社や学校の仕事や勉強と違って、楽しいこと、面白いことをやれば良いのである。
そして、その多くは、リア充には不可能で、ヴァーチャル充にしか出来ないのである。
「神様の奇跡が起こる」などの口癖を忘れず、なるべく心配せずに励めば、引きこもりのヴァーチャル充にだって世界を動かせることが解るだろう。
それどころか、先程も少し示唆したが(ヴァーチャル充が有利になるという話で)、今後は、引きこもりのヴァーチャル充「こそが」世界を動かすかもしれないのである。
とはいえ、リア充とヴァーチャル充は敵同士ではない。お互い仲良く共存する世界こそが、人類が立派に存続していける未来世界なのである。











ジョセフ・マーフィーの成功法則は効果があることの証明

家に引きこもって、仕事にも学校にも行かない人が増え続け、相当な数になっているようだ。
自分も引きこもり気質だという大思想家の吉本隆明氏は、著書で、引きこもりは、誰とも会わずに出来る仕事を探した方が良いと書かれていて、それならば、今の時代、家でネットを使って稼げば良さそうなものであるし、そんな人もいるにはいるが、それは難しいことで、滅多にはいない。

私も引きこもり気質というか、若い頃は実際に行きこもっていて、そのまま引きこもっていてもおかしくなかったはずだが、なぜかブラックなセールスマンをやっていた。
休日なしで深夜まで働き、それでいて基本給もなく売らなければ収入なしで、通勤や営業の交通費も一切なしで、これは確かに、今ではブラックだが、昔は、そんな職場はよくあったと思う。もちろん、今でもあるだろう。
確かに厳しい仕事で、10人入ってくればひと月以内に9人が辞めた。数日で辞める人が多く、翌日来ない人も少なくなかった。
そんなところに、何を間違ったのか、引きこもりの私が入り、そして、勤め続けていた。
ところが、ブラックと言っても、職場は皆、良い人で、案外に楽しかったし、ブラックな苦しさも良い思い出になっている。
それは良い経験というだけでなく、実に良い経験だ。
私に、なんでそんなことが出来たのかというと、これは間違いなく、ジョセフ・マーフィーの潜在意識による成功法則の本を読んだからだろう。
そして、1年ほど真っ暗な職場で修行し、もう少しマシなセールスの職場に入った途端、強豪セールスマン達を抑えてセールスコンテンストで優勝したのも、ジョセフ・マーフィーの本を読んでいたからだ。
やがて、小さいながらブラックでない会社(自社ビルを持っていた)に入れたのも、マーフィーの本のおかげで、そこで、プログラミングを覚えてプログラマーになり、一部上場企業のSEになれたのも、やっぱり、マーフィーの本のおかげだ。
つまり、ジョセフ・マーフィーの成功法則は、やはり効果があるのだ。
その後は、大成功を目指すというより、働かずに趣味に生きるのが好きなので、ほとんど働かずに給料を貰っていたところは、小泉純一郎元総理のサラリーマン時代のようである(小泉氏は「人生いろいろ、会社もいろいろ」と言われていたが)。
モデルは、サラリーマン時代、出社と同時に遊びに出かけていた、大俳優の丹波哲郎氏だった。私も、ほとんど社内にいなかった。
ただし、働かないながら、有名人でも何でもない私が、結構な人数を相手に講演をしていたのだから面白い。
そんな珍しいことが出来たのも、やはり、マーフィーの本の教えのおかげだ。

そんな訳で、ジョセフ・マーフィーの本はお薦めするが、あの1冊の長さには、ちょっと疑問もある。
しかも、1冊を通じて、ほとんど同じ調子なので、飽きるかもしれない。
いや、先入観を与えるのも良くないのだが、あの長さが理由で、せっかく読み始めても、読むのをやめる人がいるかもしれない・・・いや、いた。
とりあえずは、多少の忍耐を発揮して通読することを薦めるが、その後は、気に入った部分だけ読めばよく、読まないくらいなら、最初の方だけしっかり読むと良い。

渡部昇一氏は、オックスフォード留学時代にマーフィーの本を読んだのが、あれほどの大批評家、大学者、大作家になった要因だと言われているが、ある時期までは、それを隠し、マーフィーの本は大島淳一というペンネームで書き、大島淳一が実は渡部昇一氏だと知った時は、私はかなり驚いた。
しかし、それで、マーフィーの成功法則の信憑性も高まったことだろう。

私は、引きこもり支援の活動を公的に行うことになり、それは一応は専門のITの啓蒙だが、マーフィーの本を読むのが手っ取り早いとも思える。








自信は美徳

出来た!
・自信は美徳
・自信があれば実力は後からついてくる
・自信は幻想で良い

何でも良いから、自信があれば勝ちである。
引きこもりは、なぜ引きこもるのかというと自信がないからだ。ただ、それだけである。
自信は、何か1つで良い。

確かに、東大を出た(入ったで十分だが)というのは自信になる。
だが、東大出身者は、偏差値の割には成功しない。
なぜかというと、自信はツールであって商品でも売り物でもないからだ。
東大卒を自信にするのは良いことだが、それを売り物にし、それだけが売り物になり、それにすがると、必ず、売り物というのはこき下ろされるのだから、東大卒の自信がなくなるだけでなく、それがアイデンティティーになってしまっている自分に自信を失くし・・・ジ・エンドだ。哀れとしか言いようがない。

昔の『空手バカ一代』という、実在した空手家の大山倍達を主人公にした伝記漫画(ただし、創作が多くて自伝とは言い難い)に、こんな場面がある。
大山が、庭で鍛錬をしていたが、その中で、左右の親指だけを地面につけた逆立ちをする。
そして、妻に言う。
「親指だけの逆立ちが出来る間は、どんな敵が来ようが、まあ、恐れることはない」
私は、なんと美しい言葉かと思った。
しかし、「親指だけの逆立ちが出来る=無敵」の根拠などない。
それは、大山さんの自信であり、根拠のない幻想・・・言ってしまえば妄想である。
しかし、その自信が、大山さんを強く支えていたのだ。
また、別の本で(書いたのはゴーストライターだろうが)、「親指だけの腕立て伏せ百回出来れば無敵」のようなことも書かれていた。
大山さんが、指と実力との関係に確信を持ち、その指が徹底して強い自分に自信を持っていたのは本当ではないかと思う。
大山さんが、喧嘩ファイトで相当な実力があったのは確かで、その力の源は、やはり自信なのだ。

私も、こんな思い出がある。
信号無視で警察に捕まったが、当時、毎日欠かさずTM(超越瞑想)をしていた私は、「TMをやっている俺に逆らえるはずがないじゃないか」という、妙としか言えないが、そんな自信が湧き上がってきた。
もちろん、無罪放免であった。
TM自体の効用については何も言わない(私は今はやっていない)。
しかし、自信があれば、超能力で警官も支配出来ることが分かった。
その自信をつけてくれたTMを作ったマハリシ・マヘーシュ・ヨーギは大物である(実際にTMを作ったのは、彼の師であるらしいが)。

引きこもりは、何とか、1つのプログラミング言語をがっしり習得し、「プログラミングが出来る俺はイケてる」という自信を持てば、どこでも生きていける。
実は私がそうだった。
昔の話であるが、私は、BASICをマスターしただけでは自信が出来なかったので、苦労してC言語をマスターした。すると、「C言語が出来る俺って格好良い」と思うことが出来て自信がつき、後は何でもうまくいった。他愛ないものよのう(笑)。
今なら、Excelマクロ(VBAプログラミング)を十分にマスターすれば良いと思う。
いや、実際は、PHPでもJavaでも、最近流行のPythonやJavaScriptでも良い。
しかし、Excelマクロはすぐに実用になり、便利である。
今後、AIを作るのにも役に立つ。だがまあ、何でも良い。
筋トレでも良いのである。








引きこもりだけが自分の世界を築く

若いうちから付き合いの良いやつは成功しない。
仲良しが沢山いて、一緒に遊ぶのが楽しくて、いつもワーワーやってるのは凡人である。
引きこもりでないと成功しない。
だが、引きこもれば成功するってものでもない。
何かにのめり込んだ結果、引きこもったやつが成功するのだ。
分かり易く言えば、オタクだけが成功するのである。
初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之さんも、若い時に、DTM(デスクトップ・ミュージック。パソコンによる音楽制作を意味する和製英語)にのめり込み、4畳半の部屋に機材を詰め込み、その上に板を置いて食事をしたという。高価だったMACのパソコンも48回ローンで買ったらしい。
相当なオタクだったのだと思う。
今をときめく猪子寿之氏率いるチームラボ株式会社も、社員募集要項のトップに、「オタクであること」と書かれていたことがあった。
猪子さんは初音ミクさんの熱狂的ファンであるようだ。

『BEATLESS』の用語(hIE、行動管理クラウド、AASC、アストライヤ等超高度AI、その他)をそのまま使った漫画『天動のシンギュラリティ』の主人公で「無駄にイケメンの変人」である男子高校生カイト君は、家に帰ると、可愛い妹のアカリ(中2?)の顔も見ずに部屋に閉じこもって魔法の研究に励む。周囲からはただのヒッキーオタクとしか見られていないが、長年毎日そんなことをしていれば、それは普通の人とは差がつく。
ちなみにこの漫画、女の子がやたら可愛いし美しい。いや、マジきれい。ヒロインのアイリスは謎めいていることもあり、ゾっとする神秘的美しさで、もう、レイシアそのもの(笑)。
「裸を見られるのって、恥ずかしいことなんですか?」と意に介さないところにもグっとくる。
カイト君の幼馴染、摩耶さんは「素っ裸より恥ずかしいカッコ」(見れば分かる)で暴れるが、知性派のお姉さんキャラでもある。そして、カイト君の妹アカリとその親友は超カワイくロリコンも満足…いや、何でもない(笑)。
それよりも、素晴らしい作品だ。『BEATLESS』が終わって寂しいと思っている人は読むように。

まあ、引きこもると言っても、ただ普通にパソコンゲームをしていて成功したり、実力がつくはずがない。
そこにはやはり、信念みたいなものが必要なんだろう。まあ、本当に好きな何かがあるってことだ。
ヒントは、カイト君のように「自分の世界」を持つことだ。カイト君も、「自分の世界を持っている人」は認めるようだ。
何もなければ、万能呪文を唱えれば、自ずと何かに出会うだろう。
我々がいるこの世界が、超高性能コンピューターが作っている仮想世界なのだ。
その中に「自分の世界」を持つことで面白くなるのである。
ただ、この仮想世界は、各人が「自分の世界」を持つことを、おそらく意図的に妨害する仕組みになっているが、そこは意思の力で突破しなければならない。
頑張りたまえ!









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

苦しい時にどうするか

優良な会社が傾く原因は人件費であることが多い。
会社の成長期、業績が上向いている時に、どんどん人を雇い、給料も上げていくと、会社には活気が生まれ、人間関係も良く、良好な収益が続く。
しかし、会社が安定期に入り、徐々に衰退期に入っていくと、人件費が重くのしかかる。
そうなると、会社幹部や経理部門には、「(自分以外の)誰がいらないか」が、はっきり見えてしまう。
昔であれば、冷酷・・・と言うか合理的にクビにしたし、それがやり難くなったら、パワハラで嫌がらせをして、自主的に退職するようなことをしたが、それも出来なくなると、追い出し部屋を作って、辞めて欲しい社員をそこにいれて、キツい肉体労働や、「恥ずかしい」仕事をさせる。
追い出し部屋というのは、本人が辞めたくなるように仕向けるよりは、「会社は君に辞めて欲しいのだ」という意思を示す意味が強い。
しかし、これもやり過ぎると、従業員に訴えられる。そして、社会の実体を知らない厚生労働省を始め、政府の役人は、とにかく労働者保護を打ち出せば評判が良くなるからと、何の策もないまま、「リストラは駄目」「従業員をいじめては駄目」と高圧的に構える。
すると、余計に会社の中はドロドロしてくるのだ。
本当のところは、多くの給料の高い役人や会社幹部が一番いらないのだが、そんな者達の立場は安泰である。

そんな状態では、従業員にも会社経営者にも、甘ったるい成功法則や成功哲学など、何の役にも立たない。
友愛みたいなものを掲げ、たまたまうまくいっていたリーダーも、全然力不足であることが明晰になる。

以上は、会社の話だが、これが家庭にそのままあてはまる。
一家の主が、仕事が順調で給料も上がり、自信がついてくると、なぜか息子が引きこもりになる。
しかし、主は、「息子や娘の2人や3人、俺が食わしてやる」と威勢が良いが、やがて、歳を取れば、自分が高い給料に見合わない、会社のお荷物になったことが分かってくる。
特別な能力を持たない者に対し、会社が求めるのは、所詮「馬力」みたいなものなのだ。
そして、調子に乗って購入した家や車や、その他、様々なものが負担になってくるが、何よりも重い負担は、子供達の生活費である。
心の中では、子供達にいなくなって欲しい、いるならいるで、相応の金を入れて欲しいと強く思うようになる。
それは子供達(と言っても、いいい歳をしたオッサンだが)への態度にも現れるようになり、子供が荒れることにもなる。

会社も家庭も、人間がやっているものだから、やはり似ているのである。
悪くなった時、どうするか?
最も拙いのは、そのまま継続することである。
何らかの変化が必要なのに、それをやるのは、恐いというか、おっくうなのである。
だが、そのままいけば、地獄行きは間違いない。
だから、悪くないことであれば、何かを変えなくてはならない。
例えば、その苦しい中で、社員の給料を、僅かで良いが、分かる程度には上げるとかである。
引きこもりの息子を留学させたり、自分の仕事を手伝わせたりと、いろいろやり方はあるものだ。
単に楽天的であるだけで、何もしなければやはり駄目なのだ。
自分が引きこもりの立場でも、やはり、何もしなければ悪くなる一方で、動かなくてはならない。
1つの動きが、何かを引き起こすのである。
「策多ければ勝ち、少なければ負ける」
ある優秀な戦国武将は、それを悟ったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード