ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

幸運

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

1億円を2度当てた原理を解く

日本プロ野球史上、ただ1人、三冠王を3度達成した落合博満さんが、テレビで、「全打席ホームランを狙ってた」と言っていたところを見たことがある。
つまり、彼にとって、ホームランは幸運でも奇跡でもない。

そこで面白いことに気付く。
「幸運=奇跡」だということだ。
つまり、
「幸運だが奇跡ではなかった」
「奇跡だが幸運ではなかった」
などということはない。
そう言うと、
「いや、二択問題で、当てずっぽうで当たったのは、幸運ではあったが、奇跡というほどでもない」
と言う人がいるかもしれない。
だが、それもやっぱり奇跡なのだ。
例えば、動作中の時限爆弾があり、赤と青の電線のいずれかを切れば止まるが、そうでない方を切れば即座に爆発する・・・なんて映画や小説がよくあるような気がする。
その時限爆弾が爆発寸前で、正義の探偵やスパイが、それなりの予測が立ったか、あるいは、全くの当てずっぽうかの別はあるのだが、とにかく、運を天にまかせて片方を切ると爆発しなかった。
これも二択だが、奇跡と言うしかない。

小説・アニメの『灼眼のシャナ』で、超人的戦士になったシャナが最初に戦ったのが、とんでもない強敵である天目一個(てんもくいっこ)だった。
天目一個のあまりの強さに、実力差を思い知るシャナは、度を越した大胆な戦法に出て、天目一個に打ち勝つ。
シャナのペンダントに封じられた魔神アラストールが言う。
「無茶をするやつだ。得たばかりのフレイヘイズ(シャナのような戦士のこと)を失ったと思ったぞ」
すると、シャナが静かに返す。
「勝ったのはたまたまだって解っている。でも、そうするよりなかった」
これも、幸運であり、奇跡である。

幸運、あるいは、奇跡は、狙って起こせるものではない。
言い換えれば、幸運、奇跡は、「予測出来ないもの」なのである。
例えば、大儲けを狙って馬券を買って当たったとしても、それは本来、幸運でも奇跡でもない。
そして、狙って買った馬券は当たらない。
狙った場合は、確率の支配下に置かれるからだ。
だが、当てるつもりなど全くなく、気紛れで買った馬券は、不思議なことに確率の法則に縛られず、当たってしまうことがよくある。
あるいは、拾った馬券が大当たりすることもある。

ここでよく取り上げる、「神様の奇跡が起こる」と唱え続けて、1億円を2度当てたホームレスは、完全に確率の法則から外れている。
ある日、たまたま頭に数字が浮かんだ時に、歩いていたら、たまたまロト6の売り場が目に入ったので、たまたま買っただけだ。
彼は、「神様の奇跡が起こる」と唱えたことで、「狙う」という意識が消えたのだ。
それで奇跡、つまり、幸運、つまり、自分の意志でなく、神の意思が実現したのだ。
イエスも言ったのである。
「私の想いではなく、あなた(神)の想いが実現しますように」

あなたの輝かしい勝利は、幸運であり奇跡である。
たまたま・・・と言っても良い。
だが、それは、勝利を狙わないから起こるのだ。
有名な『柔』という歌で、
「勝つと思うな 思えば負けよ」
という歌詞があるが、作詞した関沢新一氏は、実際、凄い人物であった。
彼は、この詩で、宇宙の法則、人生の真理を完璧に語ったのである。

幸運を狙わず、さりとて、投げやりにならず、自分に出来ることをする。
これが勝利の秘訣というか原理であり、世界的教育者、七田眞氏の本に書かれている、七田氏が絶対に事実と言う、上に挙げた1億円を2度当てたホームレスは正しいことをしたのである。







幸運の女神に目を止めてもらうには

投資家・事業家のマックス・ギュンターの『運とつきあう』には、成功者が成功した理由を正しく指摘している。
それは「たまたま」だ。
そして、ギュンターは、そのたまたまを増やすために、多くの人と交流することを薦めている。
また、優秀な科学者であるながら経営者でもある田坂広志氏も、著書『運気を磨く』で、「ある研究者」が、多くの成功者の自叙伝などを調べると、「たまたま」」「幸い」「偶然に」という言葉が多く使われていることを指摘したことを取り上げておられた。

NHK大河ドラマ『毛利元就』で、知将、尼子経久が、元就に「策、多ければ勝ち、少なければ負ける」と教える場面が印象的だったが、これも、
「うまい策をこらしたところで、うまくいくのはたまたまなのだから、そのたまたまを多く得るには、所詮、沢山の策を実行しなければならない」
という確率論を言っただけと思う。
私の知り合いの、教育会社の経営者も、
「受験で合格するのは、頭の良さではなく、解き方を知っている問題が出るか出ないかの確率に過ぎないのだから、出る可能性のある問題を黙って覚えれば良い」と言い、「事業の成功もたまたまなのだから、打てる手は全部打たねばならない」
と言っておられた。

塾の事業で成功した栗山天心氏は、このようなことを、
「棚がなければボタモチ落ちず」
と絶妙な表現をされておられた。
つまり、成功は「棚からボタモチ」というべき、「たまたま」であるが、その「たまたま」のボタモチも、棚があってこそ落ちてくるのだから、棚は作れということで、尼子経久の「策、多ければ勝ち、少なければ負ける」と全く同じである。

それなら、どうすれば良いかというと、頭の良い人には、いろいろ難しい方法もあるだろうが、私のような(阿呆な)者には、昨日も取り上げた、七田真氏の『奇跡の超「右脳」開運法』の中のホームレスの男のように、1日中「神様の奇跡が起こる」と唱えるのが良いだろう。
これならば誰でも出来るが、これだって、実は科学的なのだと思う。
「たまたま」成功した人も、よく調べると、実は「たまたま」うまくいく要因があるのだと思うが、それは、マックス・ギュンターが言う「多くの人に会った」という要因以上のことだ。
その要因とは、意外にも、ギュンターの本にも書かれているが「欲張りでなく」、どこか謙虚で控えめで、結果、なりゆきにまかせる一面もあるということだ。それでいて、根気強い。それは、傍目には、「馬鹿」に見えることが多い。良い言い方をするなら「愚直」である。
そんな性質や態度の中に、「たまたま」の偶然を引き寄せる力があるように思う。
それについて科学的な説明も可能と思われ、興味があればその方面の本を見ていただければ良いが、それよりも、幸運の女神は「愚直な者」が好きなのかもしれないのだと思う。
つまり、「神様の奇跡が起こる」というつぶやきを、1日中、何週間も繰り返すのは、「馬鹿」であるが、それは、幸運の女神に目を止めてもらうことが出来る「愛すべき馬鹿」なのだと思う。








死んだ者と生き残った者の違い

アンネ・フランクは、ナチス強制収容所で若くして死んだのだと思われる。
それは、運が悪かったとも言える。
また、ヴィクトール・フランクルは、強制収容所から奇跡の帰還を果したが、強制収容所では筆舌に尽くしがたい 苦しみを味わった。
死なずに済んだとはいえ、やはり、ツイてなかった。
運はただの偶然かもしれないが、そうでないとしたら、彼らに何の落ち度があったのだろう?
私は、フランクルの『夜と霧』は熱心に読んだが、『アンネの日記』は最初の方を少ししか読んでいない。
アンネ・フランクは、概ね、世界中で愛されているのだと思うが、私は、あまり好きだと思わなかった。
自慢癖があるし、駄目な男の子には優しくない。
もちろん、それが普通であるが、そんなことは、あまり知りたくない。

こんな話がある。
数十年くらい前のことと思うが、やや政情不穏な国で電車に乗っていた男性が、トイレに行ったら使用中だったので、別の車両のトイレに行った。
すると、彼が元居た車両が爆撃され、もし、トイレが空いていたら、彼は死んでいた。
その時、彼は、世の中の全ては偶然の連続であると悟ったらしい。
運も不運も、ただの偶然であるということだ。

一方、妖怪人間ベムは、正しいことをしていれば、いつか必ず人間になれると信じていた。
根拠は全くなかっただろうが。
しかし、見ている者は、それを好ましいと思うだけでなく、やはり、そうであるという、確証はないが確信は感じるのである。
その通りだ。
善いことをすれば良いことがある。
悪いことをすれば悪いことが返ってくる。
ヴィクトール・フランクルは、強制収容所の中で、自分が生きることに精一杯の時でも、理性や善意を失わなかった。
だから生き延びることが出来たのだと思う。
こう言ったら、「では死んだ人達には善意はなかったのか?」という極端なことを言う者がいるかもしれないが、無論、そんなはずはない。
意思の強さの問題があるし、ものごとの原因は複雑だ。
だが、守護天使に恥じない行いをしている限り、そして、何か1つでも、自分を磨くことを欠かさずやっている限り、自ずとうまくいくだろう。










↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

みんな後悔している?

宮本武蔵が言ったとされる「われ事において後悔せず」という言葉が好きな人は多いと思う。
だが、特に、歳を取った真面目な人ほど後悔していると思う。
何を後悔するのかというと、「機会を逃したこと」だが、それは、後で気付くことが多い。
つまり、成功のチャンスなんて、本当は誰にでもあり、自分にもあったが、自分はそれを流してしまったことに気付くのだ。
ほとんどの人が、そんなチャンスを逃したに違いない。
IA(イア)さんが歌う『Shooting Star』という歌には、「One Chance」という言葉が、何度も出てくる。
「One Chance つかみ取ろうよ 」
「One Chance 逃さないで 」
「One Chance 夢に負けない 」
「初音ミクWiki」によれば、『Shooting Star』の作詞と作曲は、日系アメリカ人の元女性歌手 KURIS氏 と、作曲家の YUICHI NAKASE氏とある。
編曲は、天才TeddyLoid氏だ。
この歌全体が、One Chanceに勇気を持って飛び込めって歌なんだが、下手に歳を取ってからIAのファンになって、この曲を聴くと切ないだろうなあと思う。
人生に、遅いとか、手遅れなんてものがあるのかどうかは解らないし、「生きている限り敗北していない」という言葉もあるが、逃したチャンスは戻ってこないことも確かだ。
こんな話もある。
ある身分の低い小作人だった男が、老齢で死に際に、息子だったか孫だったか忘れたが、「俺のような寂しい人生を送るな」と言い残したらしい。
この老人は後悔だらけだったのだが、中でも、若い時に、自分達を雇っていた屋敷のお嬢さんに憧れていたが、身分違いも甚だしいので、なんとかしようなどと全く思わなかったようだ。ところが、後で、そのお嬢さんが自分に気があったと分かった時の後悔は相当なものだったらしい。
なるほど、「寂しい人生」である。

結局、人生の先が見えた頃に、多くの人が「積極的に生きれば良かった」「自分らしく生きたかった」と言うのだ。
IAさんの別の歌『アメリカ ~We are all right!~』に出てくる「チャンス」という言葉は強烈だ。
「待ちかねてたチャンスだ 動けないはずが無いだろう? 」
「待ちかねてたチャンスさ 飛び込むに決まってんだろう! 」
作詞・作曲・編曲は、ボカロ界で米津玄師氏と並び称される天才じん氏(自然の敵P)だ。
じん氏は、歳も米津氏と同じで20代の若さなのに、やはりチャンスというか、運の大切さをよく知っているのだろう。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) - YouTube -
【IA OFFICIAL】アメリカ~We are all right!~ (MUSIC VIDEO) - YouTube -

著名な投資家マックス・ギュンターは『運とつきあう』の中で、成功者は、単に運が良かっただけだということを、解り易く理路整然と述べている。
言い換えれば、成功者は運を生かせた人達なのである。
そして、成功者は、自分は大したものでないことを解っているから、運を生かせるのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

それで、どうしたら運が来るのか

若い人にも悩みはあるだろうが、それは些細なものが多い。
些細とは、自分で頑張れば解決出来るとか、後で考えると笑い話になるようなものだ。
しかし、当事者としては、悩むのである。
けれども、歳を取ってからの悩みは深刻なものが多い。

だが、いずれの悩みでも、解決には「運」が必要な場合が多い。
例えば、中高生が、成績が悪くて悩んでいたら、しっかり勉強すれば改善するはずだが、他のことに気を取られて勉強が出来ないということが多いと思う。
ところが、不意に、好きな子と一緒に勉強をする機会が出来たり、抱えていた別の問題が自然に解決したりでほっとして勉強をやる気が出たりすることがあるが、そういった場合には「運」が関係しているのである。

私が、プログラマー・システムエンジニアになったのだって、際どい偶然がきっかけで、運としか言いようがない。
自分が努力せずに、運だけに頼るのも間違いかもしれないが、上の学生の例にもあるように、努力出来ることだって運の影響は大きい。

運を良くする方法は、書籍でも、沢山のものがある。
斎藤一人さんのように「ツイてる」と言えばツクという単純なものから、投資家のマックス・ギュンターのように、徹底した現実論・確率論で語る人もいる。
私も、興味があって、片っ端から調べたが、基本的に共通することは「欲張らない」ことで、一流投資家のマックス・ギュンターが最高の投資家の一人と考える投資家の座右の銘が「欲張らない」ことだった。彼の成果は、最高に欲張る人の希望値を超えているが、彼自体は欲張らないのだ。
しかし、欲張らないというのも難しく、好きなあの子と仲良くなりたいなんて欲張らなければ、事は進まない。
古い歌だが、石川ひとみの『まちぶせ』や、あみんの『待つわ』のようなのは(嗚呼、古い。しかし、今でも結構有名)、強奪を狙っている訳ではないが、「少し」欲張り過ぎだ。
これらの歌の「怖い」部分を落として、もう少しライト(軽量)に、明るくやれば、運も向いて来るように思うのだ。
そして、私は、長年振りに、天才発明家の中山正和さんの本を読むようになったが(電子書籍での復刻が進んでいる)、彼の、「般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)」の修行をやれば、確実にツクのである。
「般若波羅蜜多」とは、有名な短いお経の般若心経に書かれている、観自在菩薩が行った修行だが、何の修行かというと、中山さん的には「クヨクヨしないこと」である。
「クヨクヨしない練習」をすれば、必ずツクのである。
逆に言えば、みんな「クヨクヨするから」ツキがないのである。

そうは言っても、好きな人が、自分とは別の男(女)と歩いて(あるいはドライブして)いたら、そりゃあクヨクヨするし、リストラされそうだと(あるいはされたら)クヨクヨせずにいられないだろう。
そんな時は、中山さんは、般若心経の呪文を唱えれば良いと言うが、別に、念仏でも、別の呪文でも良いはずだ。
クヨクヨする代わりに唱えれば良いのだから。
般若心経の呪文は、ググればいくらでも出てくるが、あえて書くと、

中国語からの音写では、
羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
ぎゃてい ぎゃてい はらそうぎゃてい ぼうじそわか

あるいは、原語のサンスクリット語で、
ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー

となる。
意味は特にない。
これで何で運が良くなるかというと、ちゃんと原理はあるが、別に知らなくて良い。
知りたければ、中山さんの本を読むと良いだろう。そんなに難しくはない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード