ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

幸運

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

賢い高校生と愚かな高校生

真言を唱えている人間がいかに優れているかを示そうと思う。
例えば、高校生を例に考えよう。
まず、最も劣悪な高校生とは、どんな高校生だろう?
それは、奇声を上げる者、喚き騒ぐ者、意味のないおしゃべりを大声でずっとしている者・・・等である。
こんな者達は、高校生とはいえ、本当は、世の中に在ってはならない。
一方、優れた高校生とは、どのような者だろう。
確かに、一概に言えるわけではないだろうが、あり得ないほど優れた・・・と言うなら、心の中で優れた真言をずっと唱えている者である。
こんな高校生など滅多に居ないだろうが、もし居れば、貴重な存在であり、世の宝であり、若くてもリーダーである。
このことは、人間に本来備わった悟性による直観で正しいと感じる。

大人になっても奇声を上げ、喚き回る者は、あくまで神仏の慈悲によってだが、苦しみが与えられる。しかし、それでも変化がなければ、何らかの形で世から消えるしかない。
幸い、あまりに酷いレベルでないのなら、そこそこの苦しみが長く続けられるが、そうではなく、度を超していれば、極度の苦しみを与えることで、なんとか変化させようという力が働くだろう。
苦しみを終わらせたければ、真言を唱えれば良いのだが、なかなか、そのような縁に巡り合わない。
一方、静かに心で真言を唱え続ける者には、知恵が与えられ、知恵があるがゆえに安楽である。
ただし、特に知恵がある者の中には、運命によって、あえて苦しみを選び、世界や人々に貢献する者もいるのである。
だが、その運命になければ、世に出ることはない。

よって、僧侶や、それに相当する指導者であれば声で、そうでなければ、心で真言を数多く唱えることが、知恵を得るための、そして、結果として安楽を得るための、最も易しい方法なのである。
真言がなぜ効くのかの根拠は、ヒンズー教やマニ教、あるいは、古代仏教や、その他の宗教、密教、秘教の教えにあるが、調べてみたが難解なので、特に関心のある方のみ研究すれば良いと思う。
あるいは、現代科学の延長として、パイオニアとして、真言の力の解明を行うことも考えられるが、まだほとんど成果は出ていないし、そんなことをやっていると言う者にはロクでもない者も多いので、あくまで参考程度に聞くにとどめた方が良い。

毎日、長時間、心の中で丁寧に真言を唱えている者に、愚か者、運の悪い者が居るとは考えられない。
だが、普通の人が声を出して唱えていたら、小声の場合は良いかもしれないが、そんな者に、あまり賢い人はおらず、まして、耳障りな声であれば、愚か者であると思う。当然、運も悪い。
私は、これしか知らないからという理由で、以下のものを勧めている。
「南無阿弥陀仏」(参照:『選択本願念仏集』『歎異抄』)
「南無観世音菩薩」(参照:『法華経』25章『観音経』)
「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」(阿弥陀如来真言)
「オン、アロリキャ、ソワカ」(観世音菩薩真言)
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」(般若心経の呪文)
「オン、アビラウンケン」(大日如来真言)
優れたものであれば、どの真言も良く、優劣はない。
1つでも良く、心楽しい限り、いくつでも構わない。
ちなみに、自分が真言を唱えていることを、人に言う必要はないし、今の世の中、言わない方が良いかもしれない。
だが、唱えていれば、幸運に恵まれ、不思議な、そして、大きな力の援助があり、また、自然に、周囲から敬われるようになるだろう。皆、なぜかは分からないが、そんな者を敬わずにはいられないのである。








運を良くしてから始めないと楽しい思いは出来ない

ツイッター上でよく、「これからプログラミングの勉強します」とか「就職するので頑張ります」とツイートする人がいるが、彼らが今後、うまくいくか・・・と言うより、「良い思いが出来るのか」疑問に思うことがある。
どういうことかというと、それらのツイートには、「プログラミングが出来るようになったら良くなる」とか「就職して頑張ったら良くなる」という思い込みが見えるのだ。
そうではなく、「良い状態になったから勉強する」「良い状態になったから働く」でなければ、勉強や勤労が楽しいものにならないのである。
良い状態とは、「運が良い状態」だ。
運が良い時にプログラミングの勉強を始めたら、勉強がはかどるし、勉強をすることで良いことが起こる。
運が良い時に就職したら、職場で良いことが次々に起こって、良い思いが出来るのである。
運が悪い時にプログラミングの勉強をしても、挫折したり、悪いことが起こり易いし、むしろ、ITに弱くなってしまうかもしれない。
運が悪い時に就職したら、職場で嫌な思いをするかもしれない。
だから、まずは、運を良くしなければならない。

で、運を良くする方法は、有名な人や偉い人が、結構良いことも本に書いてくれているが、それらの本は、見栄や偏見が多過ぎて、とてもじゃないが役には立たないものが多い。
良い本であっても、1つの優れたアドバイスに対して、10の余計なことが書かれていて、ウブな読者は、その10に混乱させられて、肝心なことが出来ないのだ。

運を良くするためにすべきことは、たった1つ。
マントラ(真言や呪文等)を唱えることである。
これで終わり。
マントラは何でもよろしい。
「オン、アビラウンケン」でも、「南無阿弥陀仏」でも、「南無観世音菩薩」でも、「アジマリカン」でも、「トホカミエミタメ」でも。
あるいは、般若心経の呪文「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」でも。
差はない。
ある高位のお坊様の本に、「真言を唱えるべき時間は」とか、「真言を唱える時の心構えは」とか、「真言を唱える時の姿勢は」とか、いっぱい書かれていたが、全部、必要ない。
ただ、真言を唱えれば良い。
出来るだけ、数多く。
なぜ、そんなことが言えるのかと言うと、私は、まず、子供の時は、それで良い思いばかりしたし、社会人になってからも同じである。
特に、社会人になる前は、中学、高校時代は暗かったし、大学時代はニートだったが(笑)、中学から大学まではマントラを唱えてなかったのだ。
しかし、そんなニートの駄目人間が、いきなりブラック企業デビューしたのに(笑)、堂々通用した・・・というより、不思議ななりゆきで上手くいったのは、たまたま読んだ、中岡俊哉先生の本で、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」を覚え、それをずっと唱えていたからだ。
マントラを唱えると、冗談のようにうまくいった。
そして、直観的に、誰がやってもそうなるはずなのである。
マニュアルとしては、やはり、『歎異抄』をお勧めする。
霊験あらたかということの証拠としては、織田隆弘氏の『観音開運法』が参考になるが、個人的には、この本の細かな部分は、あくまで参考にする範囲に留めることをお勧めする。あくまで個人的にだが。
実は、マントラに関して、当を得たことを書いた良い本は、本当にない。
少しは良いことが書かれている本もあるのだろうが、1冊の本になった時点で長過ぎ、余計なことが9割になってしまうのだと思う。

講談社現代新書の『死と生の記録』に、念仏に関する良いお話が、少しだけだが、いくつか書かれている。
特に、肺病にかかって、余命5年を宣告された青年の話が良かった。
念仏だけで覚醒してしまったのだ。その後のことは書かれていないが、おそらく、病気は治ったのではないかと思う。ただし、そうでなくても、この青年は安らかだったはずである。








幸運はこんな心にやって来る

ナチスに迫害された生活や、強制収容所での実話を綴った書物として最も有名なものが、『アンネの日記』と『夜と霧』だと思う。
『アンネの日記』は14歳の普通の少女が書いたものだが、文学的でありながらしっかりとした内容と共に、あの状況で、明るさや道徳心を含めた、かなりの平常心を保っていることに驚く。
『夜と霧』は、オーストリアの精神科医で心理学者であるヴィクトール・フランクルが回想して書いたもので、彼が、地獄と言うに相応しい絶望的な状況の中で生き抜きながら、人間の心を失わずにいてくれたことで、私も、少しは人間を信頼しても良いような気になるのである。

ところで、一頃、アンニという名の、アンネ・フランクと同じ位の歳の少女が、やはり、アンネと似た状況の中で書いた『アンニの日記』が話題になったことがあった。
『アンニの日記』の文学的な価値は『アンネの日記』に劣らないとも言われ、やがて、『アンネの日記』同様、世界的ベストセラーになると言われたが、今では、ただひっそりと保管されているだけであるようだ。
これは、別に驚くに値せず、実を言えば、さらに別の、似た状況の中で書かれた、価値の高い日記や手記は、案外に多いのである。
『アンネの日記』の価値を全く疑うものではないが、やはり、これが脚光を浴びたのは、タイミングだったのである。
『禅とオートバイ修理技術』というベストセラーエッセイを書いたロバート・パーシングが述べていたが、自分の本がヒットしたのは、全くのタイミングで、本来は出版すら難しかったし、お情けで出版してくれた出版社も全く期待していなかったという。
それでいえば、『ハリーポッター』シリーズだって、どこの出版社も見向きもせず、そのまま埋もれたはずが、作者のJ.K.ローリングがたまたま原稿を持ち込んだ出版社の編集者の8歳の娘が、たまたまその原稿を読み、「続きを読みたい」と言ったことが出版のきっかけだった。
パーシングは、『アンクル・トムの小屋』だって、全く世に出なかった可能性の方が高いと言い、ひょっとしたら、これがヒットしたのも偶然中の偶然、つまり、奇跡だったかもしれない。
米津玄師さんだって、もう10年早く生まれてしまっていたら、あるいは、初音ミクさんがいてくれなかったら、もしかしたら、あの素晴らしい音楽の才能を世に示すことが出来たかどうか分からない。

世の中に、天才は案外沢山いるが、そのほとんどは世に出ないまま終わるのだと思う。
いや、そうではなく、実は誰もが天才なのだが、才能を発揮し、それを世に示すチャンスは、情報社会になって増えてきたとはいえ、やはり稀なことなのかもしれない。
作家で投資家であるマックス・ギュンターが『運とつきあう』で書いていたように、正直な成功者は皆、「自分が成功したのはたまたま」と言うのである。

サイコパスなどの精神的欠陥人間が成功することもあるし、それはそれで、何らかの意味はあるのかもしれない。
だが、道徳心を持った人間が、結局はうまくいくし、そうでない人間が成功しても、そう遠くなく破綻し、普通の人より哀れな状況に落ちる。
これは、理屈で考えてもそうなると思うが、直観的に誰もが分かることである。
もちろん、見かけの道徳心のことではない。
最初に述べた、『夜と霧』の著者フランクルが、こんな印象深いエピソードを記している。
彼と共に、ナチス強制収容所で酷い虐待を受けながら、共に、奇跡的に生きて帰れた男と道を歩いていた時のことだ。
作物を栽培している畑があったので、フランクルがそれを迂回しようとすると、その男は、このまま進むと言う。
もちろん、そんなことをしたら、畑を荒らし、作物を傷付けてしまう。
そんなことは、子供でも分かる。
しかし、その男は、自分達は、大変な理不尽を味わったのだから、当然、そうする権利があるのだと主張する。
フランクルは、決して、この男に人格的な欠陥があるとは述べなかった。
精神科医・心理学者であるフランクルには、この男の気持ちが理解出来るのである。
踏みにじられてきた人間の中には、他者を虐げることで気持ちを晴らしたい衝動を感じる者がいる。
だが、そんな気持ちを支配出来る人間に幸運はやって来る。
幸運は、流行の引き寄せの本に書かれているようなテクニックで掴めるものではない。
自分の世界を創造するのは心であり、幸運は、それを受けるに相応しい心にもたらされることは確かだと思う。








運が良くなる大物への甘え方

内輪のセミナーで、良い先生を呼んだ時、その先生が言われたことがある。
「大物には甘えなさい。大物は甘えればお宝をくれる」
私もそうだと思う。
甘えさせてくれないなら大物ではない。
だが、こちらも甘え上手でなければならない。
別に難しいことではなく、いつも変わらぬ、相応しい敬意を払うことだ。
史上最高のプロレスラー、ルー・テーズは十代の時、ジョージ・トラゴスという名レスラーの弟子になったが、周囲の人達はトラゴスの弟子になることに反対した。
トラゴスはレスラーとしては優れていたが、コーチとしてはひどく評判が悪く、弟子を大切にせず、潰してしまうことも多かったという。
だが、トラゴスはテーズの世話を熱心にしただけでなく、車で送り迎えすらしてくれたらしい。
80歳で自伝を書いた際、テーズは、それは自分がトラゴスを(そしてレスリングを)リスペクト(尊敬)していたからだろうと述べていた。
たまに敬意を払うとか、本人が居るところでだけ慇懃(いんぎん。丁寧で礼儀正しいこと)に振る舞えば良いというのではない。
本人が居ようが居まいが、いつでもどこでも、大絶賛するくらい(さすがに本人の前では照れるので控え目にやるだろうが)でないといけない。
まして、たとえわずかでも、陰口を利くようでは話にならない。
本当に敬っていれば、自ずと伝わり、そうであれば、大物というのは優しいものなのだ。

ところで、本物の大物は運が良い。
言い換えれば、いつも運が良いのが本当の大物だ。
そして、運が良い人にくっつくと、自分も運が良くなる。
だから、ますます、本物の大物に甘え、くっつくべきである。

だが、身近にそんな大物がいない場合は?
心配無用だ。
最大の大物は神様、仏様なのだから、神仏に甘え、崇めれば、お宝はくれるし、運も良くなる。
宗教的な信仰の熱心さとは必ずしも一致しないが、神様、仏様が好きな人というのは、運が良いものだ。
例えば、ラーマ神の熱烈なファンで何十万回も「ラーマ」の名を唱えたある人は、毒を飲んでも平気だったという話がある。
法然は、「南無阿弥陀仏」を1日6万回唱えるほど阿弥陀如来を敬い甘えて(念仏とは仏に甘えることである)いたので、危機的状況でも、いつも救われ、最後は暖かい布団の上で80歳で安らかに亡くなった。
もちろん、「神様の奇跡が起こる」という言葉も、丁寧に唱える限り、神を崇め、甘えることになり、きっと幸運に恵まれるだろうし、決定的な幸運が訪れるかもしれない。

美しい女神様が好きなら、インドのターラー女神(仏教ではターラー菩薩)を崇めると良いと思う。
私は、ターラー菩薩の44枚のカードを持っているが、ターラー菩薩は観世音菩薩の涙から生まれたと言われる16歳の美しい乙女の姿の菩薩様だ。
「ターラー」と名を唱えると良い。
心と身体に良い音の聖名であると思う。








幸運を呼ぶのは少食ではなく気分の良さ

江戸時代の観相家(顔や身体の形状で占う占術)、水野南北は、運命の法則について、こう断言している。
「食が少なければ幸運、食が多ければ衰運である。これに関し、万に1つの外れもない」
つまり、食べる量が少なければ少ないほど、あらゆる幸運が来るが、大食、美食であれば、あらゆる運に見放される。
水野南北は、若い時に、観相の達人の教えを受けると共に、あらゆる手段で実地研究を行い、かなりの精度で運勢の鑑定が出来るようになったが、どうしても外れる場合もあることを認め、悩んでいた。
しかし、ただ、食が多いか少ないかで鑑定すれば、決して外れることはなかった。

水野南北以外にも、時代を問わず、世界中に、少食こそ、健康や運勢を最も左右するものであると言う者はいる。
では、それが正しいのかというと、「たまたまそういう結果になる(食が少なければ幸運、多ければ不運)」というだけのことだ。
以下に述べる通り、理屈は簡単である。

食べるということは、睡眠には敵わないとしても、人間最大の欲望であると言える。
ナポレオン・ヒルは、「性欲が1番の欲望」、ディール・カーネギーは「自己重要感(自分は価値あると思うこと)こそが人間最大の欲望」と言ったが、それらがおかしいことは誰でも分かる。
空腹で苦しい時に、どれほどいい女がいたって、それほど興味はないし、同じく、空腹な人には、百個の勲章より一切れのパンが魅力的だ。
いかに、すらりと痩せてモテたいと言ったところで、限度を超えて食を拒否すると、幸運どころか、悪い状況になり、最悪の事態になってしまうことすらある。
そもそも、幸福な人の中にも大食の人はいくらでもいるし、食べなくてガリガリで不幸な人も数知れないのである。

つまり、少なくとも一般人にとっては、1番は睡眠、2番が食なのである。
だから、食を完全に断つことは、特殊な(大抵は不幸な)事情でもなければ不可能だ。
だが、ある程度の食の節制であれば、何か、楽しみとか、希望があれば可能である。
私も、ただ食べないことで、1年で30kg程度痩せたことがあるので、よく解る。

つまりは、食の慎みに耐えるには、それと同等の喜びが必要であり、そんな喜びは気分を良くしてくれる。
そして、いつも言う通り、この宇宙は、
「気分が良ければ良いことが、気分が悪ければ悪いことが起こる」
仕組みになっているのである。
つまり、真実は、水野南北が言うように、「運命は食が多いか少ないかで決まる」のではなく、「運命は気分が良いか悪いかで決まる」のである。
だから、食の慎みに耐えさせてくれるほどの、気分を良くしてくれる何かを見つけた人が、幸運を呼び、成功し、幸せになれるのである。

普段、よく笑い、ガッツポーズをすれば、異常な食欲に悩まされることはなく、腹八分目を守ることが出来る。
さらに、かなりの少食でも気にならないほど気分が良いなら、ほとんど魔法使いのようなことが出来るだろう。
とはいえ、『バガヴァッド・ギーター』にもあるように、食べ過ぎはいけないが、少食過ぎるのも良くないし、そもそもが、極端な食生活をする必要など全くないのである。
適度に美味しいものを適度に食べ、気分さえ良くしておけば、人生は、楽しいこと、面白いことだらけになる。
また、必ずしも菜食が良いのではなく、菜食でも気分が悪ければ悪いことが起き、肉食でも、気分が良ければ良いことが起こるのである。
このように、人間の運命は、全て気分にかかっている。
ただし、多少の少食・粗食なら楽に出来るだけの気分を良くするものを見つけるために、ある程度は食を慎み、すらりとした身体になりつつ、気分を良くするコツを掴み、幸運を引き寄せるのは良いことと思う。
まあ、笑顔とガッツポーズだけでも、かなり、その役に立つと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード