ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

幸運

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

簡単な簡単な超強運の秘訣

松下幸之助さんは、人間、あるいは、経営は運が大切だと言われていたらしいし、豊臣秀吉が、運の良い武将を抜擢したという話もあったと思う。
人間の一生なんて運で決まるようなところがあるし、運のない会社が発展するとは思えないが、会社の運とは社長の運だろう。
そして、運について書かれた本は非常に多く、それらの本は、運が良いと思われる著者が、自分や自分以外の運が良い人について考察し、運の良さの要因や、運が良くなる秘訣について書かれている。

どんな人が運が良いかについて、私には特に、2人の人が印象にある。
1人は、作家で投資家のマックス・ギュンターで、彼は自分も運が良かったのだと思うが、自分以外の強運の持ち主について徹底調査し、『運とつきあう』という本にまとめている。
ギュンターは、成功者が成功したのは全て「たまたま」だと言う。つまり、成功者はみんな、たまたま成功しただけだ。
しかし、その「たまたま」を呼ぶことも出来るのではないかということを、割と控え目に主張している。
この「たまたま」は、もちろん、幸運のことである。
彼の場合、何ごとにおいてもだろうが、運に関しても、調査が客観的で正確で、また、思い込みを避ける知性があるので、その控え目な論がかえって説得力を持っている。
彼が、本の中で取り上げた強運の持ち主に、バーナード・バルーク(1870~1965)という人物がいるが、その名を知る人は、あまり多くはないと思う。
だが、長きに渡って、大統領以上にアメリカ、そして、世界を動かした人物で、つまるところ、米国大統領を動かし続けた男なのだ。
それと共に、投資で空前の成功を収めた人物だ。
大統領も運がないと務まらないが、大統領以上となると尚更だし、投資も、能力と共に、所詮、運が必要だ。実際、バルークより能力が高い専門の投資家が大不況で資産を失う中で、バルークだけが大儲けしたのだ。
そして、本物のノウハウはシンプルだ。
バルークの幸運の秘訣は一言で言い表せる・・・本人が一言で言ったのだ。
その幸運の秘訣は「欲張らない」である。

もう1人は、国際的な大俳優だった丹波哲郎さんだ。
子供の時から生涯、ツキまくっていた人物であるが、彼自身は、自分の幸運を守護霊のおかげと言っていて、それはそれで本人が言うのだから間違いないだろうが、では、なぜ、丹波さんが、それほど守護霊のおかげをもらえたかについても、本人がちゃんと、確信を明確に述べている。
彼が、自分が守護霊によく護られている理由については、小学生の時の通信簿に書かれていた。
丹波さんは、「先生は、俺には褒めるところが何もないので、仕方なく書いたのだろう」と自嘲していたが、実際は重要なことだったわけだ。
それは、成績ではなく、いわゆる「性格欄」とか「所見欄」に書かれていたことで、「丹波君はこだわりがない」みたいなことが書かれていたようだ。
「こだわりがない」とは、簡単なのか難しいのか分からない言葉だが、やはり簡単だ。
「こだわりがない」とは「執着がない」とも言い換えられる。
確かにこれは、難しく言おうと思えば、いくらでも難しく言えるが、要は、こういうことだ。
「好き嫌いを言わない」
これだけだと言って良い。
もちろん、好き嫌いはあるだろうが、それこそ、自分の好き嫌いにこだわらない、執着しないのである。
つまり、好きなものを過度に追い求めようとせず、嫌いなものを過度に遠ざけようとしないのである。
しかし、これって、上のバルークの「欲張らない」と同じことなのだ。

そして、「欲張らない」も、もっと根本的なことが言えるのだ。
それは、「考えない」だ。
考えるから欲張るのだ。
大不況が来て株が大暴落する前でも、他の投資家達は、もっと株価が上がると期待し「欲張って」いたが、バルークは、「今でも十分儲かる」と株を売り払った。
それで、他の投資家達は資産を失ったが、バルークは大きな利益を確保したのだ。
バルークは、確かに欲張らなかったが、他の投資家達のように、「もっと儲けてやる」と考えなかったので、天の声のような直観のまま、さっさと株を売り払ったのだ。

人間、欲張らないことは難しい。
考えないこと・・・想念を起こさないことも難しいが、こちらはやりようがある。
そして、考えなければ欲張りようがない。
そんなわけで、このブログでは、考えない方法、想念を起こさない方法をいろいろ書いているのである。








心が活気付き幸運になる生き方

自動車の運転は、まだ慣れてなくて、多少たどたどしい時が面白いものだ。
だが、慣れてしまうと、多くの人は、運転が退屈になってしまう。
これは、何ごとも同じで、新鮮さがなくなると面白くなくなるのだ。
その理由について、英国の作家コリン・ウィルソンは、運転などの作業は、慣れてしまえば、自分の中のロボットが代行するからと説明し、それもある意味正しいが、もうウィルソンの理解を超えなければならない。
なぜ慣れたことが退屈かというと、余裕があるのでよそ事を考えるからだ。
よそ事というのは、過去に起こったことや、未来の空想である。
すると、心が「今」にいなくなってしまう。
この、心が「今」にいないことで、退屈・・・心がどんよりと活気がなくなるのである。
ところが、腕が痛いなどで、よそ事を考える余裕がなくなると、運転をしている「今」に集中するので、案外に悪い気分にはならないのである。

いわゆる、「マンネリ化」し、「刺激がなくなる」と、何ごとも面白くなくなる。
「マンネリ化」し、「刺激がなくなる」と、上の運転の場合と同じく、よそ事を考え、「今」に集中しなくなるからだ。
それで、たえず刺激を求め、新しいことをしたがるのだが、大抵の人は、間違った方法を取る。
自動車の運転で言えば、比較的良いやり方は、これまで走ったことのない場所に行き、新鮮な気持ちで運転することだ。
悪いやり方は、車をぶっ飛ばしたり、危険な運転をして刺激を求めたり、度々車を買い替えたり、車を買い替えないまでも、しょっちゅう内装を変えたりすることなどだ。そんなやり方では、すぐに飽きてしまう。
正しいやり方は1つで、車を大切にし、心を込めて運転することだ。
それには、たとえば、「車があってありがたいなあ」とか「運転は楽しいなあ」といったような素直な心を持つことだろう。
「ありがたいなあ」とか「うれしいなあ」という、穏やかな快の感情は、心を「今」に引き戻し、心が「今」にあると、心は活気があって、きれいに流れるのである。

人間は、心が「今」にあると、心の振動数が高く、活気があり、心の振動数が高く、活気があると、望まなくても幸運を引き寄せ、その気になれば、世界を自由に創造出来る。
だが、日常に流され、仕事も遊びも恋愛もマンネリ化すると、そのことに集中しなくなり、過去や未来の妄想をして「今」に生きなくなる。
すると、運が悪くなり、世界に支配されるようになってしまう。
それを避けるには、上で、車の運転について、「心を込めて運転する」と述べたように、何ごとも、心を込めてやることだ。
今あるものに対して「ありがたいなあ」とか「うれしいなあ」と思うことは、まさに、心を込めることだ。
これは、言葉に出したり、あるいは、頭の中で、「ありがたいなあ」とか「うれしいなあ」と言えば、そんな気持ちになるので、こんな言葉を口ぐせにすれば良いのである。

小さな子供が、テーブルや机の下に潜り込んで自己満足して喜んでいることがある。
そんな子供は、心を込めて潜り込んでいるのであり、義務感でやっているのではない。
「今、テーブルの下に潜り込んでいる」と強く実感し、「今」を生きているので、心は活気づき、楽しくて仕方がない。
骨董品愛好家は、好きな骨董品(たとえば湯飲み)を持って見ていると、「私は今、これを見ている。今、これに触っている」という感覚を強く感じているのである。

つまり、楽しいか楽しくないかは、全て「今」を感じているかどうかだけの問題なのである。
そして、今を感じていれば、引き寄せの力が働くのである。
このことにいつ気付くかで人生は決まるのである。








近くの者ほど頼りになる

選挙になると、政党やマスメディアが、
「社会を変えよう」
「そのために政治を変えよう」
「そのために国民に出来ることは投票です」
と言い、多くの国民がそれを真似る。
また、選挙とは関係なく、社会制度や政治を批判する者は多く、それで社会や政治が変わるとでも言うかのようである。

ところで、この世は、遠くのものより近くのものが頼りになる。
国連より国、国より地方自治体、地方自治体より勤務する会社、勤務する会社の中でも直属の上司、そして、直属の上司より自分(の能力)である。
会社等の組織に所属しないなら、最も頼るべきは自分(の能力で)あることが、よりはっきりする。
ここまでは頭で考えても分かる。
だが、国連の上に地球があり、地球の上に太陽系があるように、自分に関しても、身体より心が近く、心より魂が近い。
よって、最も頼るべきは魂であるが、その正体がはっきりしない。
だが、別に宗教家でなくても、昔から、真に力を必要とする人達は皆、神(あるいは仏)は自分の中にいるとか、心そのものが神であると、ごく普通に語ってきた。
つまり、一番のコア(核)は神であり、自分>身体>心>魂>神と、一番近くにあって、一番頼りになるのは神ということになる。
ただ、魂と神の区別については不明で、とりあえず、両者は同じもの(あるいは、とても近いもの)と考えても良いと思う。

遠さで言えば、心から上の存在は皆、大きさが違うように見えても、どれも大海に浮かぶ船のようなもので、運まかせとしか言えない。それは、偶然まかせということである。
つまり、ある意味、運が一番大切ということである。
運が良ければ、社会がどうであろうが、政治がどうであろうが、天変地異(自然界に起こる異変)がどうであろうが安全である。

そして、実験と検証の結果、運を良くするには神に意識を向ければ良いと分かっているが、神の正体がよく分らない。
しかし、神について分かることがある。
それは、自分より上位の存在であるということだ。
だから実際、自分の心とか、まして、身体を最上位に置く者は運が悪い。
自分の心や身体より上の存在があると思っている者は、それほど運が悪くないし、高い存在を意識する者ほど運は良い。
もちろん、心や身体、あるいは、社会を無視してはならないが、それらは、最低限、意識していれば問題ない。
高い存在を意識するには、その象徴である神仏の名、あるいは、「神」とか「仏」という言葉を唱えることが、最も直接的で簡単だ。
実際、念仏を唱えたり、神の名を唱えたり、神の名や神という言葉を含む祈り言葉を唱える者に、それほど運が悪い者はいない。
たとえば「神様の奇跡が起こる」とか「神に出来ないことはない」という言葉を唱える者は、それが多いほど運が良い。
「南無妙法蓮華経」だって、仏様の集合である『法華経』という経典を意識するのだから同じことである。
「最も重要な戒律は何か?」と問われたイエスは「自分の神を愛することだ」と答えたが、それを実践する良い方法が上に述べたことであると思う。








思い込みの魔力

1959年頃のアメリカの話だが、ある37歳の男が癌になり、医者は数か月で死ぬと確信したが、5か月後、男は完全に回復し、退院した。
医者には、彼が治った理由が分からなかった。
だが、男には、こんなことがあったのだ。
男は、癌が進行する中、国務長官ジョン・フォスター・ダレスが癌で死亡したという新聞記事を読んだ。
記事には、
「ダレスは、食事が進まず体重が減り、そのためついに癌で死亡した」
と書かれていた。
それを見た男は、
「熱心に食べることが、癌を悪化させず、回復を早める方法だ」
と勘違いして、猛然と食べ、そして、見事、癌を克服したのである。
(『トーチェ氏の心の法則』より)

癌が治ると信じて、その信念を潜在意識に刻み込むと、癌は治るかもしれない。
しかし、それは非常に難しい。
アファーメーションや祈りで、癌が治ると信じようとしても、なかなかうまくいかないと思う。
しかし、人間は、変なことを、コロっと信じてしまうものなのだ。
たとえば、斎藤一人さんが「光り物を身に付けると運が良くなる」と言うのを聞いて、それが本当だと思い込み、その気になって光るネックレスか何かを付けて、幸運が舞い込むことがある。
だが、それではまだ足りない。
光るネックレスやブレスや指輪を付けたなら、
「光り物を付けているのだから、幸運がこないとおかしい」
と積極的に思うのだ。
その方が、思い込み易いと思える。
ついでに言うと、「幸運になる」でも別に良いが、具体的な願いを決めても良い。
例えば、その願いが彼氏が出来ることなら、
「これで彼氏が出来ないのはおかしい」
と言っても良い。こっちの方が、集中力が高まるのではないかと思う。
そして、願いを叶えるキーとすることは、別に、光り物を付けることでなくても、自分が思いこみ易ければ何でも良い。
たとえば、さっき述べた癌になった男のように、「沢山食べているのだから、病気が治らないとおかしい」と言っても良い。

私は昔、『灼眼のシャナ』というアニメで、 近衛史菜(このえふみな)という名の美少女が、細い銀のチェーンブレスを付けているのを見て、さっそく真似し(笑)、「これで良いことがあるぞ」と思ったら、全くその通りだった。今なら、「史菜さんと同じものを付けて、良いことがないとおかしい」と思うことだろう。頭の単純さは美徳である(笑)。








増えた悩みを退治するには

『若きウェルテルの悩み』というゲーテの有名な小説があるが、ウェルテルという若い男の悩みとは何かというと、好きな女性に婚約者がいて、恋が叶わないということだ。それで、ウェルテルは自殺してしまう。
私は、それだけ知ったら、もう読む気がしない。
ウェルテルが好きなシャルロッテさんはいい女なのだろうが、もっといい女だっていくらでもいるんだから、他を当たれば良いだけの話なのにね。
しかし、そんなしょーもないことで悩めるのはなぜかという理由は、案外に重要だ。
その理由は、若い時は、悩みごとが少ないってことなのだ。
他に多くの懸案事項を抱えていたら、好きな人に振られたくらいで、そんなに悩まないに決まってるからね。

若い時は、一般的にだが、悩みは少ない。
だが、歳を取れば取るほど悩みは多くなる。
なぜ、そうなるのかというと、歳を取るほど、多くのもの(物質的なものばかりではない)を持つからだ。
それらを失うことを恐れることで悩みが生まれるのである。
そして、もっと歳を取ったら、健康、体力、気力、財力、人脈などが衰え、持っているものを維持出来なくなる。
それは、大金持ちでも同じだ。
だから、沢山持っている金持ちほど、悩みが多くなってしまう。
さらに、悩みが多くなると、以前は「若者の悩みだ」と笑っていたことより、もっとつまらないことで悩むようになる。
このカラクリも説明出来るが、面白くもないのでやめておく。しかし、何となくでも分かると思う。

それで、世の中には、「不要なものを手放しなさい」と教える人が多い。
その際に、「で、お金は私に渡しなさい」と言うわけである(笑)。
確かに、不要なものを手放すことは良いことだが、無理にやろうとして出来ることではない。
不要なものは、自然になくなるようであるべきだ。
そして、先にやるべきことがあるのではないか?

まずは、肩甲骨をほぐして血流を良くすることだ。これを「気の流れを良くする」と言う人もいるが、そう言っても構わない。
具体的には、腕振り運動を熱心にやることだ。
それで大抵、健康になるし、若々しくなるし、難病奇病が治ったという話も多い。
健康で若々しくなれば自信がつく。
それだけでも十分だが、もっと強く美しくなりたいと思ったら、私が勧めるナンバ四股か、あるいは、ナンバ歩きでよく歩くと良いと思う。
強靭で美しくなれば、さらに自信がつく。
自信がつけば、余計なものを欲しがらなくなるし、執着しなくなるので、何でも手放し易い。
大きな自信を持てば、身体以外は全部、不要になってしまう。

次に大事なことは、運が良いことだ。
運が悪いと、悩みは消えないからね。
別に、余計なものを持ったままでも、運は呼べる。
幸運を呼ぶためには、方法はいろいろあるように見えて、実は「きめつけ」しかない。
「俺は運が良い」と決めつけてしまうことだ。
その際、「私は〇〇だから運が良い」と、こじつけるものがあると容易くきめつけが出来る。
その〇〇は何でも良い。
TM(超越瞑想)をやっているからでも、聖書を読んでるからでも、「ありがたい」と唱えているからでも、新月生まれだからでも。
その中でも、日本人が成功し易いのは、実は、『古事記』を読むことや、「十言の神呪(とことのかじり。「アマテラスオホミカミ」と唱えること)」を行うことだと思う。
ただ、本当に、何でも良いのである。












プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード