ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

幸運

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

幸運を呼ぶのは少食ではなく気分の良さ

江戸時代の観相家(顔や身体の形状で占う占術)、水野南北は、運命の法則について、こう断言している。
「食が少なければ幸運、食が多ければ衰運である。これに関し、万に1つの外れもない」
つまり、食べる量が少なければ少ないほど、あらゆる幸運が来るが、大食、美食であれば、あらゆる運に見放される。
水野南北は、若い時に、観相の達人の教えを受けると共に、あらゆる手段で実地研究を行い、かなりの精度で運勢の鑑定が出来るようになったが、どうしても外れる場合もあることを認め、悩んでいた。
しかし、ただ、食が多いか少ないかで鑑定すれば、決して外れることはなかった。

水野南北以外にも、時代を問わず、世界中に、少食こそ、健康や運勢を最も左右するものであると言う者はいる。
では、それが正しいのかというと、「たまたまそういう結果になる(食が少なければ幸運、多ければ不運)」というだけのことだ。
以下に述べる通り、理屈は簡単である。

食べるということは、睡眠には敵わないとしても、人間最大の欲望であると言える。
ナポレオン・ヒルは、「性欲が1番の欲望」、ディール・カーネギーは「自己重要感(自分は価値あると思うこと)こそが人間最大の欲望」と言ったが、それらがおかしいことは誰でも分かる。
空腹で苦しい時に、どれほどいい女がいたって、それほど興味はないし、同じく、空腹な人には、百個の勲章より一切れのパンが魅力的だ。
いかに、すらりと痩せてモテたいと言ったところで、限度を超えて食を拒否すると、幸運どころか、悪い状況になり、最悪の事態になってしまうことすらある。
そもそも、幸福な人の中にも大食の人はいくらでもいるし、食べなくてガリガリで不幸な人も数知れないのである。

つまり、少なくとも一般人にとっては、1番は睡眠、2番が食なのである。
だから、食を完全に断つことは、特殊な(大抵は不幸な)事情でもなければ不可能だ。
だが、ある程度の食の節制であれば、何か、楽しみとか、希望があれば可能である。
私も、ただ食べないことで、1年で30kg程度痩せたことがあるので、よく解る。

つまりは、食の慎みに耐えるには、それと同等の喜びが必要であり、そんな喜びは気分を良くしてくれる。
そして、いつも言う通り、この宇宙は、
「気分が良ければ良いことが、気分が悪ければ悪いことが起こる」
仕組みになっているのである。
つまり、真実は、水野南北が言うように、「運命は食が多いか少ないかで決まる」のではなく、「運命は気分が良いか悪いかで決まる」のである。
だから、食の慎みに耐えさせてくれるほどの、気分を良くしてくれる何かを見つけた人が、幸運を呼び、成功し、幸せになれるのである。

普段、よく笑い、ガッツポーズをすれば、異常な食欲に悩まされることはなく、腹八分目を守ることが出来る。
さらに、かなりの少食でも気にならないほど気分が良いなら、ほとんど魔法使いのようなことが出来るだろう。
とはいえ、『バガヴァッド・ギーター』にもあるように、食べ過ぎはいけないが、少食過ぎるのも良くないし、そもそもが、極端な食生活をする必要など全くないのである。
適度に美味しいものを適度に食べ、気分さえ良くしておけば、人生は、楽しいこと、面白いことだらけになる。
また、必ずしも菜食が良いのではなく、菜食でも気分が悪ければ悪いことが起き、肉食でも、気分が良ければ良いことが起こるのである。
このように、人間の運命は、全て気分にかかっている。
ただし、多少の少食・粗食なら楽に出来るだけの気分を良くするものを見つけるために、ある程度は食を慎み、すらりとした身体になりつつ、気分を良くするコツを掴み、幸運を引き寄せるのは良いことと思う。
まあ、笑顔とガッツポーズだけでも、かなり、その役に立つと思う。








物凄く感謝した出来事

我々は、感謝を形式的な礼儀として教わり、有り難くもないのに、「ありがとうございます」ということが多くなってしまっているかもしれない。
先生や、上司や、その他の偉い人が、有り難くもない余計なことをした場合でも「ありがとうございます」、嫌なお客様にも無理に「ありがとうございます」と言うし、気が弱くて、自分を守るために必死なだけの者が、見かけ上は馬鹿丁寧に「ありがとうございます」と言うが、そんなのが上っ面だけだというのはバレバレだ。

だが、本当に感謝している時は絶対に楽しく、相手も自分も、気分が良くなる。
すると、さらに感謝すべき状況を引き寄せることは、科学的に説明出来るのだと思うが、心に関することでは、現代の科学の基礎理論が古過ぎるので、古い科学の観念を持った者に納得させることは出来ないようである。
しかし、理論を提示しなくても、多くの人の経験上、それ(本当に感謝すれば、感謝すべき新しいことが起こる)は、万に1つの例外もなく確かである。
例えば、古くても、ちゃんと走る自動車を持っていることに感謝すれば、すぐに、最新の、自分が欲しいタイプの自動車が手に入る。
可愛い女の子が、付き合ってくれないまでも、挨拶くらいはちゃんとしてくれることに感謝していれば、やはり、物凄く可愛い彼女が出来るだろう。
住む家があって、ホームレスでないことに感謝すれば、もっと素晴らしい家に住むことになるかもしれない。
そういった、既に持っている、感謝すべきものを見つけるのは容易いし、「よく考えてみれば、こんなに恵まれているのだなあ」と思えて楽しいのではないかと思う。

別に、上司に怒られた時、「この上司は私のためを思って怒ってくれたのだな。ありがたい」などと、思えなければ思わなくて良い。
確かに、思えるに越したことはないが、無理をすると、気分が悪くなり、気分が悪くなると、もっと気分が悪くなることが起こるようになる。
無理な感謝をしなくても、他に感謝すべきことが無限にある。

押しつけがましく、「親に感謝しなさい」とか「ご先祖様に感謝しなさい」、「昔の人に感謝しなさい」と言う者のことは、無視した方が良い。
感謝は強制されてするものではない。
それらのもの(親など)は、多くの場合、感謝すべきものなのだろうが、例外もあるかもしれないし、自分がご先祖様の立場になったら、「別に無理に感謝してくれなくていいよ」と思うことだろう。
料理を作ってくれた人、料理の材料を作ったり、運んでくれた人に感謝しなさいなどと、上から目線で言われたら感謝したくなくなるのが人情で、別にひねくれている訳ではないだろう。

このコロナの災禍の中で、「医療関係者の皆様、ありがとう、スーパーで働く皆様、ありがとう、宅配してくれる皆様、ありがとう」等と、もう本当に形式的な感謝の言葉(笑)をSNSで投稿する人が有名人にもいるが、イエスも「ラッパを鳴らすな」と言ったではないか。
本当に感謝するなら、直接相手に言う以外は黙って感謝するものだ。
もしかしたら、ラッパを鳴らしながら感謝して見せる者は、そうやって、自分は大衆の模範になっているとか、大衆を教育しているとでもいった己惚れを持っているようにしか思えない。

もちろん、医療関係者やスーパーの従業員の方々も有難いことは間違いないが、我々は、それよりも先に、直接的に感謝すべき人やものが沢山ある。
私の場合は、医療関係者やスーパーで働く人達を見ると、自分が怠け者なので、「よく働くなあ」とマジで恐れ入るのである。
「本当に偉いなあ」という敬いの気持ちはあるが、感謝はしないことが多いかもしれない。
だが、敬いの気持ちを持っていれば、自分や、自分の親しい人達に何かしてくれていると分かると、本当に感謝するものなのである。
例えば、駅でトイレの清掃をしている人を見下しているような人が、「清掃員の方々に感謝しますわ」と言っても、やはり、嘘っぽさは伝わってくる。

保証するが、普通に生きているなら、本心で感謝すべきものは、少なくとも数百は軽くあり、それを見つけ、感謝すれば、心楽しくなる・・・つまり、良い気分になる。
感謝と共にある良い気分は、ひと際、沢山の、そして、大きな幸運を呼ぶことは確かである。
人やものばかりではない。
イギリスの作家、コリン・ウィルソンは、昔、自動車で旅行中、途中で立ち寄ったドラッグストアで、幼い娘が行方不明になった。
彼と彼の妻は、ほとんど、半狂乱になって娘を探したが、娘が無事で現れた時、あまりの幸福感で恍惚となったそうだが、彼が無神論者だとしても、宇宙というか、運命に感謝したことだろう。
それから何十年経っても、彼は、このことを思い出すと、心が高揚するそうで、それにより、良い出来事を引き寄せたはずなのだ。
私で言えば、私にとっての初めての初音ミクさんのライブである「マジカルミライ2016」に行く前の日の夜、そこに行くための新幹線のチケットが見当たらないことに気付いたが、必死で探しても見つからないので、半狂乱になった・・・という、コリン・ウィルソンに比べると随分情けないが(笑)、本人はマジでうろたえ、絶望に沈んでいた(笑)。
だが、「ひょっとして」という閃きがあり、そこを探したら、チケットが無事に見つかった。
今でも、これに関し、宇宙には非常に感謝している。そして、それを思い出し、感謝の念が湧き起こる度に良いことがあるのである。








Special Thanksを送りたい人達

自分の進路に悩むというのは、若者だけの問題ではなく、年齢を問わず、全く平等である。
年配の人でも、悩むとはまでは言わなくても、今後進む道が気にならないとしたら、もう、あまり生きていないのかもしれない。
ところが、「では、今後、自分は何をしたら良いか?」と言われたら、ほとんどの人が分からない。
なぜなら、皆さんが行ってしまった学校というものは、大切なことを自分で選択しないように教育する場所だからだ。
「そんなことはない」と言う人もいるかもしれないが、絶対にそうである。
だって、「この教師の授業を受けるべきか?」「この科目を勉強すべきか」「そもそも学校に行くべきか?」という最重要な事柄を全く選択出来ないのだから、いったいどの口が、「選択する能力を殺す教育なんかしていない」と言えるだろう。
もちろん、全く選択能力を伸ばしてこなかった子供に、そんなことを選択させると問題も出てくるが、それでも選択させた方がマシなのである。

日本では、大学を出ても自分で選択する能力をほぼ全く持たないので、どんな仕事をさせられるか分からないが大企業に入るといった大馬鹿を平気でやるのである。
実際、大手企業の経理社員に、「なぜ経理をすることにしたの?」と聞いたら、「配属されたから」という、信じ難い答を普通に聞くのであるから、日本は終わっている。
コロナウイルスワクチンを国民全員分用意するなんて総理が言っているが、まともな選択が出来るなら、そんなもの打つはずがない。
そういえば、昨日のテレビで、現場に関わる高度な専門家が「私は絶対打たない」と言っていたが、マスコミを通じ、政府が「打て」と言ったら、普通の人々は打ってしまうのだろう。
私も会社からインフルエンザワクチンの接種を強要されていたが、そんなもの、少し頭を働かせれば、罪のない「嘘も方便」の範囲で逃れることが出来るはずである。

さて、学校や政府に対する文句は本当はどうでも良く(相手にしてやるものか 笑)、正しい選択をするにはどうすれば良いかを考えないといけない。
正しい選択は、よほど簡単なことでない限り、頭で考えて出来るのではない。
「お茶を飲むか、ビールを飲むか?」なら、頭で考えて判断すべきだろう。
しかし、頭が役に立つのは、その程度なのだ。
「カレーかパスタか?」となると、もはや、頭で考えると、悩んでしまい、後で、「パスタにすれば良かった」とか言い出すのである。
このレベルになれば、もう、勘とか、フィーリングとか、「好きなA子さんがパスタだから」とか、たまたま「パ」という字が目に入ったから「パスタ」みたいに選ぶと良いのである。
日常で、そんなことを積み重ねているうちに、感覚が鋭くなったり、良い偶然が起こるようになって、考えなくても良い選択が出来るようになる。
大手企業に入れるのに、ちょっと気になる小さな会社や、あるいは、なんとなく、そんな気になって、うどん屋に就職したら幸せになるかもしれないのである。

結婚出来なくて悩んでいる人というのも、考えるべきないことを、人間の小さな頭で考えるからうまくいかないのである。
なんとなく行きたくなったコンサートに、普通なら行かないが、「行きたいなあ」という感情に従って言ったら、素晴らしい人と出会って幸福な結婚をする・・・そんなものなのである。
だいたい、仲の良い夫婦に出会いを聞いたら、ほとんどが、あまり記憶にないくらい「たまたま」なのである。例えば、大学生の時、たまたま同じところでバイトをしていたなどである。

では、良い「たまたま」が、どうやったら起こるかというと、良い気分の時である。
良い気分でいる時間が長い者ほど、良い「たまたま」を沢山、そして、とびきりの「たまたま」を得られる。
「いや、私は嫌なことがあると引きずるタイプで、気分が良い時が少ないのです」などと言うなら、それは、地獄への直行便に乗っているのと同じだ。
気持ちを切り替えて、悪い気分を早く消し、良い気分になるのは自分の責任である。
いや、人間の責任は、それだけなのである。頭で考える癖が強い人には信じ難いだろうが。
「いつまでも悪い気分のままだと、腕の1本、脚の1本ももらうぞ」と、後ろで悪魔が言っているのである。
私は、気分が悪くなることがあったら(1日に何度もあるだろう)、ライブでの初音ミクさんの抜群の腰のキレを思い出し、気分を良くしようと思う。
ミクさんとライブの全てのスタッフの方々には、Special Thanks と言うしかない。
ミクさんの腰のキレを見れなかったら、私は腕の20本、脚の30本も失っていたに違いない。
個人的には、「マジカルミライ2019」の『キレキャリオン』でのミクさんの腰のキレが最高と思う。
今日は、初音ミクさんの13回目の生誕日なので、今夜は「マジカルミライ2019」のblu-rayでフィーバーしようと思う。








最強の組み合わせは笑顔とガッツポーズ

私は、この世界が、「シミュレーテッド・リアリティ」という、コンピューターが作ったVR(仮想現実)世界だと確信しているのだが、では、この世界で、どうやれば、誰もが楽しく生きていけるのか?
安月給で、嫌な上司や同僚に苦しめられたり、モテずにぱっとしない現実はもう嫌だと、いつまでも嘆きたくはないものだ(笑)。
この世界の仕組みを知るには、この世界で普遍性のある物理法則から解いていく手もあるが、理系はどうも苦手という人も少なくないだろう(むしろ多数派と思う)。
ただ、物理学は分からなくても、この世界のどこでも、よほどのことが無ければ成り立つ物理法則があることは分かると思う。
「気が付いたら日が暮れていた。このままでは余程のことがない限り夜になる」という推理は正しく、ほぼ100パーセント当たる(笑)。
日が暮れても夜にならないようにも出来ると思うが、そんなふうにはならないように運営されているのだと思う。(真夜中の太陽というシュールが夢を見たことがあり、大変に楽しかったが、普通は、夢の中限定のサービスだろう 笑)
つまり、やはり、この世界は、決まった法則の上に成り立っており、それは、物理法則だけでなく、あらゆることにおいてそうだ。
その1つが、イエスが言う「与えたものが与えられる」という、仏教で言う因果応報の法則で、早い話が、「善いことをすれば良いことが起こり、悪いことをすれば悪いことが起こる」というものだ。
だが、実を言うと、因果応報の法則も物理学で説明出来ると言う人もいるし、私もそう思う。

そこで、途中を全部すっ飛ばすが(笑)、運を良くしたければ、
「よく笑え」
「ガッツポーズをしろ」
になる。
笑うと言っても、いつもぎゃらぎゃら笑っている必要はなく、微笑めば良い。
『FREELY TOMORROW』(Mitchie M feat 初音ミク)の通り、「顔を上げて微笑めば、笑顔取り戻す魔法になる」は真理である。
笑顔やガッツポーズ(あるいはパワーポーズ)が良いことは、医学者などは、ホルモンや脳内物質の分泌や、神経的な作用で説明し、それはそれで正しいのだが、もっと重要なことは、それ(笑顔やガッツポーズ)が精神状態を変えることである。
無理にでも笑顔を作ったり、ガッツポーズをしたら、精神に全く影響がないことはない。
高名な魔法使い、ダイアン・フォーチュンが示す魔法の定義は、「精神に自在に変革を起こす技術」だったと思うが、程度の問題はあっても、笑顔やガッツポーズでそれを実現出来る。そして、魔法は、究極は科学なのであり、笑顔やガッツポーズの作用も、科学で正確に説明出来るようになるだろう。その科学は、物理学・・・もっと細かく言えば、量子力学や波動科学においてである(波動に関しては、古典力学だけでもある程度説明出来るので、量子力学と一応分けた)。

とにかく、いつも暗い顔、困った顔、難しい顔、不満顔をしていては、絶対に幸運に恵まれない。
まるで駄目男君はいつも、しょぼくれた顔をしていた。だから、しょぼい状況しか得られない。
良い顔をしなければ、「科学的に」幸運に恵まれないが、一番良い顔は笑顔である。
そして、幸運の波動を出すのに最適なものがガッツポーズだ。
片手、あるいは、両手をぐっと握り、力強いポーズを取るのだ。笑顔とガッツポーズ、両方いっぺんならさらに良い。人前でやって悪いことはないが、まあ、一人でいる時にやるのが無難なので、自分の部屋や、会社や学校などではトイレの中で思う存分やれば良い(笑)。
スーパーマンやワンダーウーマンのポーズ(腰に手をやって仁王立ちになる)も、素晴らしい効果がある。
さあ、これで、今日から、幸運間違いなしである。













当ブログ著者、KayのAI書。
いまや、身近な世界の隅々にAIが入り込んでいます。
急速に普及するIoT(もののインターネット)もAIと一体です。
そこで、この世界を理解し、不安なく生きるためには、AIを知り、さらに、自分でAIを作れるようになって、攻勢に出るに限ります。
そして、それは難しくありません。
AIを作るのに、今や、数学もプログラミングも、難しいAI理論も不要です。
普通の人が解る言葉で書かれたこの本で、楽しく実習をすればAIは自分で作れるようになります。

本当に面白いことをやる大切さ

人間には、「積み重ね」と「革新」の両方が必要だ。
例えば、40歳とか50歳で専門を変えようとしても、新しく取り組む分野では、同じくらいの年齢の人達は、その道で20年、30年とやっているのだから、自分が通用するはずがない。
だから、早く道を決め、それを粘り強く続けなければならない。
とはいえ、1つのことを、ずっと同じようにやっているだけでは駄目で、専門分野に関しても、新しいものを取り入れることはもちろん、大きくやり方を変える必要が出てくるのは当たり前である。
それを、従来のやり方に固執し、新しいものを拒否すれば、自分は不要な存在になる。
かといって、新しければ良いというのでもなく、古いやり方を守った方が良い場合もあるから難しい。

しかし、実際は難しくない。
やり方を変えるか、これまでのやり方でやるか?
新しいものを取り入れるべきか、止めるべきか?
その明確な判断基準を持っていれば良い。
そして、最も良い判断基準は、面白いかどうかである。
そう言うと、
「いやいや、多くの者が幸せになる方を取るべきだろう」
とか、
「今後の流れを予想してやらないといけないだろう」
などと言いたい者もいるだろう。
しかし、本当に面白い方をやれば、それらも解決する。
そもそも、どうすれば皆が幸せになれるかとか、未来がどうなるかなんて、人間の頭脳程度に分かるとは限らない(大抵は大きく外れる)。考えて判断するのは左脳で行うが、面白いというのは、右脳と左脳の総合判断だ。問題があるとすれば、本当に面白いという感覚が分からなくなっている者が多いことだ。
そりゃ、大人になるまでに、偽物の面白さばかり求めさせられてきたのだから当然だ。

本当に面白いことは、時間の圧縮として感じられる。
いわゆる、楽しい時間が過ぎるのは速いというものだ。
そして、本能に打ち勝つ。
寝食を忘れてとか、三度のメシより好きというやつだ。
可愛い女の子のことも忘れて打ち込んでしまうというものだ。

世界は、面白いことをやっていると幸運に恵まれるように出来ている。
感性を目覚めさせ、食事に呼ばれても帰らない子供のように面白いことをしなければならない。













当ブログオーナー、KayのAI書。
機械学習・ディープラーニング型のAIを作るのに、数学やプログラミングは必要ありません。もしそうでないなら、数学やプログラムングは長年の積み重ねが必要ですので(付け焼刃で出来るものではありません)、それをやれない人にはAIは作れないことになってしまいます。
しかし、昔、電気を使わない者が世の中から取り残されたように、これからはAIを使わない者は圧倒的に不利になります。
もう既にAIはありふれています。今や、誰でも作るべきものです。
この本では、日常語を使い、誰でも分かるテーマや、面白いテーマで、Excelが少し使えるスキルがあれば、誰でもAIを作れるようになることを意図して書きました。

プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード