ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

幸運

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

死んだ者と生き残った者の違い

アンネ・フランクは、ナチス強制収容所で若くして死んだのだと思われる。
それは、運が悪かったとも言える。
また、ヴィクトール・フランクルは、強制収容所から奇跡の帰還を果したが、強制収容所では筆舌に尽くしがたい 苦しみを味わった。
死なずに済んだとはいえ、やはり、ツイてなかった。
運はただの偶然かもしれないが、そうでないとしたら、彼らに何の落ち度があったのだろう?
私は、フランクルの『夜と霧』は熱心に読んだが、『アンネの日記』は最初の方を少ししか読んでいない。
アンネ・フランクは、概ね、世界中で愛されているのだと思うが、私は、あまり好きだと思わなかった。
自慢癖があるし、駄目な男の子には優しくない。
もちろん、それが普通であるが、そんなことは、あまり知りたくない。

こんな話がある。
数十年くらい前のことと思うが、やや政情不穏な国で電車に乗っていた男性が、トイレに行ったら使用中だったので、別の車両のトイレに行った。
すると、彼が元居た車両が爆撃され、もし、トイレが空いていたら、彼は死んでいた。
その時、彼は、世の中の全ては偶然の連続であると悟ったらしい。
運も不運も、ただの偶然であるということだ。

一方、妖怪人間ベムは、正しいことをしていれば、いつか必ず人間になれると信じていた。
根拠は全くなかっただろうが。
しかし、見ている者は、それを好ましいと思うだけでなく、やはり、そうであるという、確証はないが確信は感じるのである。
その通りだ。
善いことをすれば良いことがある。
悪いことをすれば悪いことが返ってくる。
ヴィクトール・フランクルは、強制収容所の中で、自分が生きることに精一杯の時でも、理性や善意を失わなかった。
だから生き延びることが出来たのだと思う。
こう言ったら、「では死んだ人達には善意はなかったのか?」という極端なことを言う者がいるかもしれないが、無論、そんなはずはない。
意思の強さの問題があるし、ものごとの原因は複雑だ。
だが、守護天使に恥じない行いをしている限り、そして、何か1つでも、自分を磨くことを欠かさずやっている限り、自ずとうまくいくだろう。










↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

みんな後悔している?

宮本武蔵が言ったとされる「われ事において後悔せず」という言葉が好きな人は多いと思う。
だが、特に、歳を取った真面目な人ほど後悔していると思う。
何を後悔するのかというと、「機会を逃したこと」だが、それは、後で気付くことが多い。
つまり、成功のチャンスなんて、本当は誰にでもあり、自分にもあったが、自分はそれを流してしまったことに気付くのだ。
ほとんどの人が、そんなチャンスを逃したに違いない。
IA(イア)さんが歌う『Shooting Star』という歌には、「One Chance」という言葉が、何度も出てくる。
「One Chance つかみ取ろうよ 」
「One Chance 逃さないで 」
「One Chance 夢に負けない 」
「初音ミクWiki」によれば、『Shooting Star』の作詞と作曲は、日系アメリカ人の元女性歌手 KURIS氏 と、作曲家の YUICHI NAKASE氏とある。
編曲は、天才TeddyLoid氏だ。
この歌全体が、One Chanceに勇気を持って飛び込めって歌なんだが、下手に歳を取ってからIAのファンになって、この曲を聴くと切ないだろうなあと思う。
人生に、遅いとか、手遅れなんてものがあるのかどうかは解らないし、「生きている限り敗北していない」という言葉もあるが、逃したチャンスは戻ってこないことも確かだ。
こんな話もある。
ある身分の低い小作人だった男が、老齢で死に際に、息子だったか孫だったか忘れたが、「俺のような寂しい人生を送るな」と言い残したらしい。
この老人は後悔だらけだったのだが、中でも、若い時に、自分達を雇っていた屋敷のお嬢さんに憧れていたが、身分違いも甚だしいので、なんとかしようなどと全く思わなかったようだ。ところが、後で、そのお嬢さんが自分に気があったと分かった時の後悔は相当なものだったらしい。
なるほど、「寂しい人生」である。

結局、人生の先が見えた頃に、多くの人が「積極的に生きれば良かった」「自分らしく生きたかった」と言うのだ。
IAさんの別の歌『アメリカ ~We are all right!~』に出てくる「チャンス」という言葉は強烈だ。
「待ちかねてたチャンスだ 動けないはずが無いだろう? 」
「待ちかねてたチャンスさ 飛び込むに決まってんだろう! 」
作詞・作曲・編曲は、ボカロ界で米津玄師氏と並び称される天才じん氏(自然の敵P)だ。
じん氏は、歳も米津氏と同じで20代の若さなのに、やはりチャンスというか、運の大切さをよく知っているのだろう。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) - YouTube -
【IA OFFICIAL】アメリカ~We are all right!~ (MUSIC VIDEO) - YouTube -

著名な投資家マックス・ギュンターは『運とつきあう』の中で、成功者は、単に運が良かっただけだということを、解り易く理路整然と述べている。
言い換えれば、成功者は運を生かせた人達なのである。
そして、成功者は、自分は大したものでないことを解っているから、運を生かせるのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

それで、どうしたら運が来るのか

若い人にも悩みはあるだろうが、それは些細なものが多い。
些細とは、自分で頑張れば解決出来るとか、後で考えると笑い話になるようなものだ。
しかし、当事者としては、悩むのである。
けれども、歳を取ってからの悩みは深刻なものが多い。

だが、いずれの悩みでも、解決には「運」が必要な場合が多い。
例えば、中高生が、成績が悪くて悩んでいたら、しっかり勉強すれば改善するはずだが、他のことに気を取られて勉強が出来ないということが多いと思う。
ところが、不意に、好きな子と一緒に勉強をする機会が出来たり、抱えていた別の問題が自然に解決したりでほっとして勉強をやる気が出たりすることがあるが、そういった場合には「運」が関係しているのである。

私が、プログラマー・システムエンジニアになったのだって、際どい偶然がきっかけで、運としか言いようがない。
自分が努力せずに、運だけに頼るのも間違いかもしれないが、上の学生の例にもあるように、努力出来ることだって運の影響は大きい。

運を良くする方法は、書籍でも、沢山のものがある。
斎藤一人さんのように「ツイてる」と言えばツクという単純なものから、投資家のマックス・ギュンターのように、徹底した現実論・確率論で語る人もいる。
私も、興味があって、片っ端から調べたが、基本的に共通することは「欲張らない」ことで、一流投資家のマックス・ギュンターが最高の投資家の一人と考える投資家の座右の銘が「欲張らない」ことだった。彼の成果は、最高に欲張る人の希望値を超えているが、彼自体は欲張らないのだ。
しかし、欲張らないというのも難しく、好きなあの子と仲良くなりたいなんて欲張らなければ、事は進まない。
古い歌だが、石川ひとみの『まちぶせ』や、あみんの『待つわ』のようなのは(嗚呼、古い。しかし、今でも結構有名)、強奪を狙っている訳ではないが、「少し」欲張り過ぎだ。
これらの歌の「怖い」部分を落として、もう少しライト(軽量)に、明るくやれば、運も向いて来るように思うのだ。
そして、私は、長年振りに、天才発明家の中山正和さんの本を読むようになったが(電子書籍での復刻が進んでいる)、彼の、「般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)」の修行をやれば、確実にツクのである。
「般若波羅蜜多」とは、有名な短いお経の般若心経に書かれている、観自在菩薩が行った修行だが、何の修行かというと、中山さん的には「クヨクヨしないこと」である。
「クヨクヨしない練習」をすれば、必ずツクのである。
逆に言えば、みんな「クヨクヨするから」ツキがないのである。

そうは言っても、好きな人が、自分とは別の男(女)と歩いて(あるいはドライブして)いたら、そりゃあクヨクヨするし、リストラされそうだと(あるいはされたら)クヨクヨせずにいられないだろう。
そんな時は、中山さんは、般若心経の呪文を唱えれば良いと言うが、別に、念仏でも、別の呪文でも良いはずだ。
クヨクヨする代わりに唱えれば良いのだから。
般若心経の呪文は、ググればいくらでも出てくるが、あえて書くと、

中国語からの音写では、
羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶
ぎゃてい ぎゃてい はらそうぎゃてい ぼうじそわか

あるいは、原語のサンスクリット語で、
ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー

となる。
意味は特にない。
これで何で運が良くなるかというと、ちゃんと原理はあるが、別に知らなくて良い。
知りたければ、中山さんの本を読むと良いだろう。そんなに難しくはない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

東大出身者が成功することが多い訳

今年の東大の入学式での祝辞の中で、言葉を飾らずに言えば、こんなことが言われていた。
「君達は、能力があったり、努力をしたから東大に入れたと思っているかもしれないが、単に恵まれていただけだ」
もちろん、そこそこ能力はあるのかもしれない。
自ら東大を大学院まで行って博士号も取っている人気者の脳科学者は、東大生はIQが高い凡人だと言い、やはり東大と東大大学院と進んで博士号を持つ人気科学者(やはり脳関係の科学)となると、そのIQですら、平均120程度と大したことはないと言う。

ただ、東大に入れたということは、大変にツイてるのだと思う。
あの祝辞では、そのツキを、自分のためだけでなく、ツイてない人のために使って欲しいといった話もあったが、それは、要望と言うより警告であると思う。
東大に入れたのが、自分の能力や努力のおかげと思っていると、ツキは消え、その後の人生は苦しくなる。
また、ツキを自分で独占しようとすると、不幸になるかどうかはともかく、ショボい人生になるのは確かだ。
もし、本当に頭が良いなら、論理的に考えてそうなることが解ると思う。

別に東大入学に限らない。
大きなこと、小さなことに限らず(東大入学自体は、広い世界から見れば、間違いなく小さなことだろう)、自分の成功は運が良かっただけだと悟り、恵まれた分を恵まれていない人のためにも使おうとしない限り、運に見捨てられる。
もちろん、どんな成功も、寝てて何もしなければやって来ない。
滅多にいないが、宝くじで高額当選をする人だって、少なくとも1枚は宝くじを買ったのである。
私なら、宝くじを買うことは、あまりに面倒で、やや恥ずかしくもあり、とても買う気にならないので、宝くじに当たることはない。
(ただし、毎日、そして、一生宝くじを買い続けたところで、高額当選する可能性は、ほぼないのも事実だが)

セレンディピティという言葉がある。
この言葉をややこしく説明する人が多いが、単に「幸運を掴み取る能力」のことだ。
東大入学生も、東大に入れたことに関しては、セレンディピティを発揮したと言えると思う。
その点では、他の人達より早く、この貴重な能力を多少なりとも得ているのであり、東大出身者(卒業しない場合も含め)が成功する場合が多いのもうなづける。
では、どうすればセレンディピティを得られるのだろう?
我らが初音ミクさんの「お父さん」である、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長の講演会で、伊藤社長は、「好きなことをすること」を上げておられた。
なぜかというと、好きなことなら、続けられる可能性が高いからだ。
続けることが出来れば上手くなる。
何かを上手くなればなるほど、幸運は掴み易くなるのも、理屈でだって解る。
ただし、続けられたのも、上手くなったのも、そして、それで何かで成功したとしても、それも、自分の能力や努力と言うよりは、恵まれていた・・・つまり、運が良かったのだと理解しないと、それ以上のツキは来なくなる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

運とは掴み取るもの

あなたにも、自慢出来ることの1つや2つあるだろう。
解り易いものなら、学歴(学位)やTOEICスコア、会社の肩書、スポーツや何かのコンテストのトロフィー、職業、免許、資格。
しかし、いかなるものであれ、それを得られたのは、あなたの努力というより、運だ。つまり、たまたま得られたのだ。
今年の東大の入学式で、上野千鶴子氏が「君達が東大に入れたのは単に運が良かったから」みたいなことを言い、東大生や東大卒業生はムっとし、東大生の親御さんは「うちの子がどれほどがんばったか・・・それをよくも」と憤ったかもしれない。
だが、憤った人は、東大入学(あるいは子女の東大入学)が人生のピークで、後は落ちるだけである。
対して、「なるほど!運だった」と思う人は、上がる一方である。

投資家のマックス・ギュンターは『運とつきあう』で、あらゆる成功者の成功の要因は運だと述べ、なるべく明確に証明もしている・・・つまり、エビデンス(証拠)を示している。
言うまでもなく、努力せずに成功した人はいないが、成功者1人の裏には、成功者と同等以上の能力があり、成功者に負けない努力をして駄目だった者が、数千人、数万人といるのだろうと思う。

だが、成功者の多くが、あまり露骨には言わないかもしれないが、自分が努力で成功したかのように言ったり示唆することが多く、さらに、努力の尊さを説き、「君達も努力さえすれば成功出来る」と言うことが多い。しかし、実際は、努力しても成功しなかった者の数が圧倒的なのである。
リー・アイアコッカが「いつの時代も勤勉が一番大切だ」みたいなことを言ったと思うが、それはそれで正しい。勤勉でないビジネスマンが長期に渡って成功することは絶対にない。しかし、勤勉でない人間なんて、ロクでもないものなのだ。
けれども、勤勉だけど成功しない者が圧倒的なのだ。
それで、「なぜ、あなたが成功しないのか・・・それはこの秘訣を知らないからである」みたいな、成功のノウハウ書が次々出てくるが、それらの本に書かれた方法で成功する者もいない。
何せ、成功の要因は、本当は運なのだから。

だが、自分の成果が運のおかげと認め、運に感謝する人は、運に恵まれ易い。
なぜかと言うと、本当は、運が巡ってこない人間はいないのだからだ。
その必ず来る運を逃さない心構えがある人、リスクを背負って運に賭ける人が成功するのだろう。


One Life この瞬間を
One Chance つかみ取ろうよ
・・・・・・
One Life 大切なもの
One Chance 逃さないで
・・・
スピード上げて
流れ星に 飛び乗ってみよう oh, oh, oh
すべてを託して 未来へ飛び出せ
※歌詞の3箇所を抜粋
~『Shooting Star』(作詞・作曲:KURIS・YUICHI NAKASE、編曲:TeddyLoid。歌:IA)より~

【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-

なるほど、昔から言う通り、運は流れ星(Shooting Star)なのである。
ビル・ゲイツは努力の大切さを説くが、飛行機はエコノミークラスに乗り、大衆食堂で食事する彼は、本当はどこかで解っているのだ。
実際、彼が運が良かったことは明白だ。
松下幸之助さんも、運の大切さを語っていたし、斉藤一人さんは、「私が成功したのは、頭が良かったからでも、頑張ったからでもなく、運が良かったから」と初期の著書では明言しておられた。
川上量生さんも、自分を「運だけで成功した経営者」と言ってた頃は凄かった。しかし、何年も前から危ういと思っていたが、そうなってしまったようだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ