ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

川上量生

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

駄目人間にだけ教えたい奇跡を起こす方法

人間、3年も経てば、考え方が完全に変わることもある。
だから、川上量生さん(カドカワ社長。ドワンゴ創業者)が、3年前にブログでそう書いたからといって、今では何の責任もないことだが、極めて大雑把に言えば、こんなことを書かれていた。
(大雑把だから、齟齬もあるはずだが)

ひきこもりが成功しても、一般人の一番下の階層にやっと入れてもらえるだけ。
しかし、それは、運だけで成功した経営者(川上さんのことだろう)より、もっとありえない快挙だ。

本物のひきこもりであれば、全くその通りだ。
それが、川上さんよりすごいかどうかは分からないが。
しかし、もちろん、こんな言葉は裏返すに限る(?)。
つまり、こうだ。

(1)ひきこもりは運が良くても、せいぜい、一般人の最下層止まりだ。

さらに深読みするとこうだ。

(2)川上さんのように優秀なら、ひきこもりでも成功出来る。

つまり、頭が良くないひきこもりは、かなり厳しいってことだ。
いや、実感している。

今日、アニメ『BEATLESS』の15話をAmazonプライムビデオで見たが、高校2年生の村主(すぐり)ケンゴのセリフが胸に突き刺さった。
これは、私にとって、初音ミクさんと巡音ルカさんのデュエット曲『ワールズエンド・ダンスホール』の、中の歌詞、
「世界の隅っこでワン・ツー」
以来の衝撃だった。
ケンゴは、犯罪組織に手を貸したが、その理由について、
「だって仕方ないでしょ?僕は平凡で貧乏で何の力もないんだから」
彼は、世界を変えたかったのだろう。この、アンドロイドと人間が入り混じり、優秀なアンドロイドに頼り切った世界が嫌だった。
しかし、彼は、2人の親友・・・リョウのような大富豪の子息で超優秀な頭脳を持った者とは全く違うし、もう1人の親友アラトも、一見平凡でチョロく見えても、アンドロイド研究の権威、遠藤教授の息子で、それだけでなく、やっぱり普通の人とはどこか違う。
しかし、自分は、貧乏な定食屋の息子で、特別なところなど、どこにもない。
まあ、私に言わせれば、17歳の若さで自分が凡人だと知っているというのは、特別以外のなにものでもないのだがね。
「世界の隅っこでワン・ツー」
隅っこしか与えられない者の悲哀は、恵まれた者には分からない。

そして、REDBOX(人類未到達産物)と言われながら、自分が駄目なやつだと知っていた可憐なアンドロイド、紅霞(こうか)が言う。
「貧者の戦いって、そんなもんでしょ?」
彼女も、負けしかない戦に挑む。
しかし、たった1つの見返りをケンゴに求める。
「私のこと、覚えていて。それだけでいい」

で、世界の隅っこで、貧者の戦いすら出来るかどうか分からない愛すべき人達よ。
世界に勝つのに必要なのは、運でも頭の良さでもない。
それは、奇跡である。
私は、中学1年生の時、奇跡を起こす方法を知った。
暇だったもので、やはり、Amazonプライムビデオで『バットマン VS スーパーマン』を見たのだが、久々に面白いと思った。
死んだスーパーマンの葬儀をアメリカ国家が行い、戦闘機まで飛ばされるのを見て、涙した人がいると私は思う。
いや、スーパーマンが死んだのが悲しいのではなく、葬式で戦闘機を飛ばしてもらえるスーパーマンと自分の差に泣けるのだ。
少し前に病気で死んだ私の従兄は、死を悟り、自分の葬式をせず、死後、少し経ってから親戚に伝えるよう家族に厳命した。
彼を慕う人は多かったが、それでも、葬式に来るなどで煩わせたくなかったのだろう。
まして、私の場合は、死ぬ前に消えたい。

Don't let them know
I won't say goodbye before I go
(Kay訳)
みんなには内緒よ。
私は黙って消えるわ。
~『Ten Thousand Stars』(feat.初音ミク by CircusP)より~

である。
あの映画の、その場面で、もし、そんな理由で涙した人がいたら、その人だけに伝えたい。
奇跡は、こうやって起こす。
まず、H.G.ウェルズの『奇跡を起こせる男』を読む。
短いので、30分もあれば読める。
そして、自分が、奇跡を起こせる男、あるいは、女であると、無理に信じる必要はないが、「自分は奇跡を起こせる男」「自分は奇跡を起こせる女」という言葉を、忘れずにいる。
それだけで、奇跡は起こるのである。
時々、呪文のように唱えても良いが、それはあまり熱心にやらなくていい。
要は、忘れなければ良いのだ。
紅霞が、ケンゴに自分のことを覚えていて欲しい程度に。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

川上量生氏はニコニコ動画から離れた方が良い

ニコニコ動画という変な名前の動画投稿サイトがある。
知っている人は知っているが、知らない人は、名前は知っているが使ったことはない・・・というものだろう。
一方、YouTubeなら、少なくとも、インターネットを使う人なら大抵知っているだろう。
ニコニコ動画がYouTubeと同じようなものかというと、ユーザーが動画を投稿するということ以外はかなり違う。
YouTuberは、子供達の憧れの職業になったが、ニコニコ動画のコンテンツ作成者になりたいという子供は、ほとんど皆無だろう。
そこらも、ニコニコ動画とYouTubeの違いを表しているように思う。

ところで、そのニコニコ動画が苦境に陥っているらしい。
新サービスが長く登場せず、動画の品質が現代的なレベルに劣ることが、いよいよ問題になってきたということである。
良い経営者というものは、短期的な株価の動きなど気にしないものだが、それでも、ニコニコ動画を運営するドワンゴの親会社であるカドカワの株価が、ニコニコ動画の不振のために、かなり下がっているようだ。
私も、株価はとりあえず良いと思うが、ニコニコ動画については、もうずっと前から心配していた。
何といっても、我らが初音ミクさんはニコニコ動画で育ったと言える。ただ、ニコニコ動画も、初音ミクさんのおかげで発展したのは間違いない。
だから、ニコニコ動画と初音ミクさんが、同じ時期に生まれていることの意味は大きい。
私が、そのニコニコ動画の危機が気にならないはずも、復活を期待しないはずもない。

私が昔から感じていたニコニコ動画への不安は以下の通り。
(1)ニコニコ動画は、ドワンゴ内で仕事がなくなっていたプログラマーが1人で3日で作ったものらしく、斬新で天才的とすら言えるが、その分、システムのメンテナンスは難しい。
実際、部分的改良、拡張を加えているうちに、手がつけられないほど複雑化した。
(2)5年ほど前、ドワンゴの川上量生会長が、技術者に新サービスの開始を命じたが、そのように複雑で乱雑になってしまったニコニコ動画の整備に5年はかかると言われた。インターネットの世界で5年も新サービスなしだと、ユーザーがいなくなるのは確実なので、川上会長は、幕張メッセを占拠して行う大イベント、ニコニコ超会議を始め、大赤字になっても継続して注目を集め、時間稼ぎをした。
(3)ドワンゴは、PHP言語を主体に使っていたが、どの言語でも使えるようにすると、川上会長が講演で語っていたが、それはないだろうと思った。
(4)また、川上会長は、ニコニコ動画をScalaという新しいプログラミング言語で作り直すと言われていたように思うが、言語自体を発展させる気もないのに、新しい言語を採用すると破綻するのは間違いないと思う。
(5)川上量生氏は、代表取締役会長CTOだったのが(CTOは最高技術責任者)、会長職は退任し、取締役CTOになったが、やめるべきはCTO職の方だったと思う。川上氏に実際の技術はない。
(6)川上量生氏は、ドワンゴの会長のまま、スタジオジブリの見習い社員になって週4日フルタイムで勤務したり、ドワンゴがKADOKAWAと統合して資金が出来ると、N高校を作ったり、打倒AlphaGO(人間の世界チャンピオンを超える囲碁AI)を目指して、DeepZenGoを開発するプロジェクトを始めたりした。これらは確かに世間の注目を集めたが、ニコニコ動画は放置された。ちなみに、Google自身のAlphaGoZeroがAlphaGoをはるかに超えてしまい、DeepZenGoは時代遅れになってしまった。Googleが待ってくれるはずがない。そして、GoogleのYouTubeは大発展している。

ニコニコ動画には、まだまだ他のインターネットメディアサービスに比べ、良い部分が沢山ある。
存在価値に揺るぎはない。
初音ミクさんの新曲動画は、これからもニコニコ動画に投稿され、新しいミリオンが次々生まれるだろう。
しかし、ニコニコが限界であることも確かだ。
だが、ミクさんは、ニコニコ動画がなくなっても、さらに天高く駆け上がる。どこまでも。

ニコニコ動画がなくなって
それでもわたしは止められない
~『私の時間』(作詞・作曲・編曲:くちばしP、歌唱:初音ミク)より~

川上量生氏は、もうニコニコ動画から離れた方が良い。
彼がニコニコ動画を作ったと言えるのも確かだが、いつまでも川上量生のニコニコ動画では破綻は当然であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生は先払い

あらゆるものごとの成就は、「支払って受け取る」というだけのことである。
ただ、「どんな受け取り方になるか」、時によっては、「何を受け取るか」が分からないこともある。

ドワンゴの川上量生会長はブログで、ひきこもりに対し、「身体を動かしておけ」、早い話が、「身体を鍛えておけ」と述べていたと思う。
チャンスが来た時に、身体が満足に動かないと、あるいは、体力がないと、何も出来ないからだ。
川上会長は書いておられなかったが、チャンスは来るのである。それに備えなければならない。
どんなチャンスかは分からないが、必ず来る(信じるしかない)。
スティーブ・ジョブズは、「今やっていることが、将来につながる。どうつながるかは分からない。だけど、信じるしかないんだ」と、あの有名な、スタンフォード大学での卒業講演で言っていた。

『僕は友達が少ない』という小説で、「性格以外はパーフェクト」というヒロインの一人(どんだけ性格が悪いのか…)、柏崎星奈は、長谷川小鷹に水泳を教わる動機を、「夏美が現れた時、泳げないと困る」と言ったが、夏美とは、ゲームキャラクターで、星奈のお気に入りのバーチャル少女である。
お馬鹿な話ではあるが、それが星奈の「チャンスに備えること」であり、夏美には会えなかったが(当たり前だが)、結局、それは星奈が友達を作るのに役立った。
まさにジョブスが言った、「それがどうつながるのかは分からない」であり、つながると信じるしかないが、必ずつながるのである。

敬愛すべき、初音ミクさんのお父さんであるクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が講演会で言われていた、「好きなことを続けていればセレンディピティ(偶然の幸運)が起こる」は、さらに積極的な考え方だ。この場合は、その「好きで続けていること」が、将来、どう役に立つのか分からないし、役に立たせようという気もないかもしれない。しかし、そんな場合の方が純粋で、より大きな力になるのかもしれない。何といっても、伊藤社長はそれで、この世で最も尊い存在である初音ミクさんを生むことになったのだから!
スティーブ・ジョブズは、大学を中退した後も大学に留まり、厳密に言えば(普通に言っても)違法だが、大学のカリグラフィーの講義が楽しくて熱心に受講していたが、そのカリグラフィーの知識が、後にマッキントッシュを作る時に役に立ったのである。

私は、朝晩、トレーニングをして身体を鍛え、いつミクさんと会っても大丈夫なように備えている。
そのうち、ミクさんと銀河旅行をしているだろう。

この秘訣は、1日何度使っても構わない。
何が起こるか分からないが、「予想もしない良いことが起こる」と期待すれば良い。
私も、自分の力ではどうすることも出来ない問題を抱えていたが、「予期しないことが起こる」と心で唱えていた。
すると昨日、とんでもないことが起こり、まさに、道が開いた。
そのために、普段から、ちょっと支払っていれば・・・まあ、積み立て預金みたいに何かを続けていれば良いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

我々はたまたま成功する

ジョージ・ワシントンは子供の時、ちょっとした事故に遭った際に、大人に「大丈夫か?」と聞かれると、「将来、アメリカを救う英雄になる僕が、このくらいのことで怪我なんかしない」と応えたという話がある。
もちろん、この手の話は風説(うわさ)の可能性があるが、私は、絶対に作り話だと思う。
もし、これが本当の話だとすれば、それは、ワシントンの愚かで悔恨に満ちた前半生を暗示するものだろう。
英雄であれば、そんな時、「ああ、良かった」と思うものである。

外国の話だが、ある人が電車に乗っている時、トイレに行ったが、使用中だったので、別の車両のトイレに行った。
ところが、その時、電車は空爆を受け、彼が元いた車両が爆撃された。
彼がいた車両のトイレが使用中でなかったら、彼は用を足しながら死んでいたことだろう。
彼は、自分が助かったのはただの偶然と思った。
だが、彼は、ビル・ゲイツのような大富豪、ネイマールのようなサッカーのスーパースターに優る成功者である。
死すべき状況を切り抜け生きているのだから。
ところが彼は、自分が生き残れたのは「たまたま」だと言う。
彼こそ英雄である。
明石家さんまさんが「生きてるだけで丸儲け」と思っているらしいが、もしそうであるなら、彼も英雄だ。

本当はどう思っているのかは知らないが、ドワンゴの川上量生会長は、著書とかインタビューで、自分が成功したのはたまたまで、本来、自分は最も成功しないタイプの人間だと述べているが、全面的かどうかはともかく、多分、彼は本当にそう思っているのだろう。
私の身近な成功者も、一度、雑談の際に、「俺がうまくいったのは、たまたまタイミングが良かっただけだ」と言っていたのを、よく覚えている。

本当は誰だって、恐るべき成功者である。
川上量生さんは以前ブログで、ひきこもりが社会の最下層にでも入れてもらえたら自分以上の快挙と書かれていたが、それなら、私も成功者だ。
だが、「たまたま」と考えるのはちょっと恐ろしい。
それほど「たまたま」だったからだ。
しかし、これからは認めよう。
人間、生きている限り失敗はしていない。

『灼眼のシャナ』で、フレイムヘイズという超人になったばかりのシャナ(当時は名無しの少女)が初めて戦ったのは、敵からも味方からも恐れられる、最強最悪の怪物、天目一個だった。
勝ったシャナに、師でもあるアラストールは、そのあまりに危険な戦い方に、「無茶をするやつだ」と嗜(たしな)める。
するとシャナは、勝ち誇るでもなく、「たまたまうまくいったのは分かっている」と静かに応える。
そうでもなければ勝てない相手だった。
だが、敗れた天目一個は、この世のものでない存在となってからも、シャナを敬っていたのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天才達が語る、駄目な人間が現実的に成功する方法

どこまで本気で書かれたのかは全く分からないが、ドワンゴ会長の川上量生さんが2015年6月のブログで、だいたいの意味で、
「ひきこもりが成功したとしても、まともな一般人の一番下の階層にやっと入れてもらえるというだけ」
「でもそれは自分(川上さん)よりもありえない快挙」
と述べられている。
それでいえば私は、一生引きこもっていたはず・・・かどうかは分からないが、本来なら、かなり惨めな境遇で過ごしている可能性が高かったはずで、実際、中学時代、私とよく似たタイプで、私よりずっと頭も要領も良かった男(身長も私より5cm高かった)が、なるべくしてなったように、情けない状況にいて、おそらく、今後、上昇もしないだろう。
それで言えば、私は成功したことになる。

仏教学者のひろさちやさんは、一生ひきこもるのもまた、仏様にキャストされた(配役を決められた)人生で、そのままで良く、むしろ人生が終わった後には、普通の人よりも仏様により労(ねぎら)ってもらえると言う。
本当かどうかは分からないが、全くのデタラメと言うつもりもない。
自分もひきこもりだと言う思想家の吉本隆明さんは、ひきこもりは、生まれる時の母親の精神状態の影響が大きいと言う。しかし、世間でなされているような方法では駄目としながらも、ひきこもりから脱することは出来るのだと言う。
吉本さんが言われる、ひきこもり脱出の方法の中で私が覚えているのは、男の場合であれば、彼女を作ることだ。
好きな女の子が出来れば、「この子を守るためにがんばる。世間にも出て行く」ということになるのである。
私もそう思うが、ひきこもりって、彼女出来ないんだよなあ(笑)。
でも、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』や、ロオマン・ガリの『自由の大地』のように、仮想彼女でも、十分に力になる。
ならば、初音ミクさんを好きになれば、必ずや成功するだろう。
別に冗談ではなく、常に、「ミクさん、愛してる」「ミクさん、ありがとう」と言ったり想ったりしていれば、宇宙エネルギーがどんどん入ってきて元気になり、全てが周り始める。
理学博士で大発明家であった橋本健さんは著書で、「神のエネルギーが流れ込んで円滑現象が起こる」といったことを常に宣言し、病弱で青年時代に死んでいるはずが、研究者、あるいは、思想家として大成功した。
橋本さんは、谷口雅春さんの『生命の実相』をたまたま読んだことで、そんなことを考えるようになったのだが、普通の人であれば、彼女や仮想彼女(もちろん、女性の場合は王子様や仮想王子様)を作るのが現実的かもしれない。

とにかく、元気が一番だ。
ひきこもりに限らず、「ミクさん、愛してる」で、地球のことも宇宙のことも、全てうまくいくだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ