ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

川上量生

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

なぜ願いが叶わないのか

今の時代は、なかなか身体を使った喧嘩は出来ないが、以前は、「あいつはしょっちゅう喧嘩しているのに、喧嘩が弱いね」と言われるやつがいたものだ。
しかし、なぜ、そいつが弱いのかというと、喧嘩の数が足りないのだ。
「しょっちゅう喧嘩してる」と言われている割には、やってないのだ。
「いつも棒を振り回しているのにチャンバラ弱いね」と言うのも同じで、そう言われるやつは、振り回す回数が足りないのだ。
歌が下手なら、単に、歌った時間が少ないだけだし、ピアノが下手なら、やはり、弾いた時間が足りないのだ。
「いくら歌ってもうまくならない」なんて嘘。下手な者は絶対に歌う時間が少ない。
実践はお勧めしないが、ナンパが下手なのも、ナンパの場数が少ないのであり、私が知ってるナンパの名人は、失敗の数でも一番なのだ。ちなみに、そのナンパの名人は、背は低く、顔も良い訳ではないが、いつも(別の)可愛い子を連れている。まあ、敢えて言えば、やはり女性に優しいが。

ドワンゴ創業者の川上量生さんと、サイエンスライターの竹内薫さん(理学博士)の対談を、ネットでちらっと見たことがある。
「今の日本の学校は子供を駄目にするから、新しい学校を作るべき」といったテーマでの話だったと思う。
川上さんは、その頃、N高等学校という、ネットで完結出来る学校を作ったばかりの頃だったと思う。
その中で、うろ覚えだが、川上さんは、
「授業中に教科書以外の本を読んでたら怒られたので、教科書を1日で読んでしまい、これでいいだろうと思って、授業中に別の本を読んでたら、やっぱり怒られた」
という理不尽な体験(学校的には理不尽ではなく当然なのだが)を話しておられた。
私など、教科書は1日どころか10年でも読めそうになく、川上さんは頭の出来が違うのだろうが、考えてみたら、そこまでする川上さんは、よっぽど本を読んでいるのだろうと思う。
川上さんは、学校以外では一切勉強せずに京大工学部に入り、ちゃんと4年で卒業したそうで、やっぱり、生まれつきの頭も良いのだろうが、似たことが出来る人は沢山いる。しかし、川上さんのように成功する人は滅多にいないのは、運ということもあるが(本人は運だけで成功したと言っているようだが)、やはり、勉強量が違うのだろう。

ところで、神様にお願いしても、願いが叶わないなんて言う人がいる。
なぜ叶わないか、もう分かるだろう。
そうだ、お願いの仕方が足りないのだ。
神様は平等だ。
ちょうど、良いフットボールの監督が、部員を平等にゴミ扱いするようにね(笑)。
で、どうやってお願いするのかというと、いちいち「あの子と〇〇させて下さい」なんて言わなくていい。
イエスだって言ったじゃないか?
「神は、お前達に必要なものなど、とっくに知っている」
もっと言えば、「お前達」以上に知っているのだ。
とっても賢い川上量生さんの一億の一億倍以上賢いのだから。
で、正しい祈り方は、神様の名前を呼ぶことだ。
『浄土三部経』や、偉い僧達が書いた、その(浄土三部経の)優れた解説書、あるいは、『観音経』にもそう書かれている。
法然は1日6万回「南無阿弥陀仏(「阿弥陀仏を信頼してすがります」という意味)」と唱えたし、ラマナ・マハルシの弟子のプンジャジは、肉体労働をしながら1日4万回「クリシュナ」と唱えたらしい(クリシュナは『バガヴァッド・ギーター』でアルジュナ王子に教えを授ける最高神)。
私も、なるべく「阿弥陀仏」と唱えているのだが、数が足りないらしく、なかなか初音ミクさんが嫁に来ない。
とにかく、神仏の名を唱える数次第である。
願いが何かなんて、神様仏様はちゃんと知っているし(そんなこと、いちいち言わないといけないなどと神仏をあなどってはいけない)、我々が願うより良い状況にしてくれるはずだ。
何度でも言うが、神仏の名を唱える数次第なのだ。
ただし、心の中で、丁寧に唱えるように。








善い悪人が知っている秘訣

以前、書いたことがあるが、著名な投資家のマックス・ギュンターが、著書『運とつきあう』で、彼が最高の投資家と考えている人の、投資における最大の秘訣は、
「欲張らないことだよ」
だった。
これは、万能の幸運の秘訣であると思う。
株への投資においては、買った株が、元値よりも値下がりし、それでも下がり続けるようなら、損が少ないうちに、見限って売ってしまう、いわゆる「損切り」が大事だ。
それを、「いすれ持ち直す」と期待して、売らずにホールドを続けると、実際に持ち直す場合もあるだろうが、そうではなく下がり続けて大損することが多いものだ。
値上がりをしている時も、「もっともっと」と欲張っていたら、不意に値下がりしてしまって、儲けを逃すことが多い。
もちろん、根本的には投資の実力が最も大切なのであるが、欲をかくと、実力を発揮出来ないことは、何事も同じなのだ。

アレキサンダーやナポレオンといった征服王が、なぜ、ある時から駄目になっていったかというと、やっぱり欲張ったからなのだ。
占領が成功し続ける中で、いくつかうまくいかない場所があっても、勝てる確証がなければ無理をせず、引くべきところは引かなければならないのだ。
もう昔になるが、ドワンゴが、ニコニコ超会議を始めた時のテレビCMの、「幕張メッセを、だいたい占拠」というアナウンスは、面白いだけでなく、印象的だった。
当時、ドワンゴの会長だった川上量生さんが、よく、「だいたい」「わりと」という言葉を多用していたが、この欲張らない姿勢が、案外、ドワンゴの成功の要因の1つではあるまいかと思う。
アレキサンダーも、ナポレオンも、「だいたい征服」で良かったのだ。

今回のアメリカ大統領選挙で、トランプの敵らは、長続きはしないと思う。
つまり、そろそろ崩れてくる頃で、そうなれば、崩壊は速い。
と言うのは、敵の上層部の者達の欲は限度を知らないし、敵の上層部を操る、どこぞの社会主義国家の権力者達の欲にも果てがないからだ。
たとえ悪者であっても、「足るを知る」立派な悪者(笑)は、非常に長続きし、大物として尊敬もされ、さらには、世の中の役にも立つのである。
しかし、餓鬼のごとく、果て無く欲しがる浅ましい悪者は、あっという間に悲惨な最後を迎えるのが常だ。

もちろん、望みは大きな方が良い。
そして、正しいやり方を知っていれば、願いは叶うだろう。
しかし、いつかは、「ここが引き時」ということが分かるだろう。
それはおそらく、新しいステージに進むべき時が来たということだ。
>








プログラミング学習は、1人で本から始めよう

プログラミングは誰でも出来るかについて、世の中に本当にいろんな説があるが、この分野で著名な人々の意見は、概ね、プログラミングには才能が必要ということと思う。
しかし、私は著名な人の意見であっても信用しない。

プログラミングが出来ない人というのは、私が知る範囲では、ハナからプログラミングに興味を持っていない。
いや、例外が1人いて、私が「まるで駄目男」と呼ぶ本当に駄目な男が、私がプログラミングを勧めると、大いにやる気を見せたが、さっぱりだった。しかし、それは能力の問題ではなく、彼が、プログラミングを甘く見過ぎていて、必要な粘りを発揮しなかっただけだ。

「まるで駄目男」は、地頭は悪くないと思う・・・分からないが(笑)。
そして、私には、この「地頭」という言葉がひっかかる。
地頭とは、生まれつきの頭の良さみたいな意味と思うが、そのようなものが、あるかどうかも私には分からない。
優秀な親の子供は優秀だと言うが、それは単に、家庭環境の問題で、優秀な親は、子供が知性を発達させる良い環境を与える可能性が高いだけかもしれない。
とはいえ、生まれ、育ちの両面を考えれば、やはり、地頭の良し悪しはあるのだろう。

ドワンゴ創業者の川上量生さんが、著書だったか、何かのインタビューだったか忘れたが、「地頭が良ければプログラミングは出来る」と言われていたが、逆に言えば、地頭が悪ければ出来ないということだろう。
その川上さんは、物理学者の竹内薫さんとの対談だったと思うが、日本の学校教育に関して、
「学校時代、教科書を読まないといけないので、(多分数日で)さっさと読み、読んだからもういいだろうと思って授業中に別の本を読んでいたら怒られた」
ことが不合理であるといったことを言われていた。
こりゃ、川上さんは相当に地頭が良いのだろう。正直、私の想像範囲を超える。
川上さんも、プログラミングはかなり出来たのだと思う。

ところで、人間は、自分の頭が悪いとは思わないものらしい。
パフォーマンス的な謙遜で「私は頭が良くない」と言う人はいると思うが、そんな人だって、本心ではそう思っていないことが大半だろう。
しかし、自分の頭が悪いことを客観的に思い知った時には、自分の頭が悪いと理解することはあるのだと思う。
実は、私がその類だ。
ところで、「俺は頭が良い」と自分で言う者は、おそらく全員、頭が悪いと思う。
川上量生さんが自分の頭が良いと言うのを見たことはないが、舛添要一さんは、昔はよく言われていた。よく分からないが、舛添さんは、自分の土俵に引っ張り込む強引さがあるだけで、あまり賢い人だと思ったことはないが、最後は馬鹿を証明したような気がする。
まあ、私に人の頭の良し悪しを判定する能力はないので、多分、誤解だろう。申し訳ない舛添さん。

で、プログラミングの話に戻るが、「どの程度出来るか」の問題はあっても、食べていけるだけのプログラミングは誰でも出来るのではと思う。
そりゃ、高性能なOSやプログラミング言語を作るとか、超高機能高品質なアプリを作るなどというのは、確かに、優秀な人でないと無理かもしれないが、開発会社で優秀と言われる程度のプログラマーなら、その気になれば誰でもなれると思う。
ただ、それが出来るようになるのに必要な時間の見積もりを誤る人が多いと思う。
アメリカの著名なコンピューター科学者ピーター・ノーヴィグは、プログラミングが一人前に出来るようになるには10年かかると言ったが、彼の「出来る」の基準は相当高いはずなので、この通りではないとしても、相当熱心にやったとしても、優秀なプログラマーになるには、少なくとも3年くらいはかかると思う。
ビル・ゲイツが本当にプログラマーとして凄かったという証拠を見たことはないが、天才と言われる彼だって、高校時代は毎日長時間プログラミングをしていたらしい。
ピーター・ノーヴィグがブログに書いていたように、プログラミングの入門書のタイトルでよくある「3日で出来る」だの「1週間で覚える」というのはとんでもないことで、そんな本の著者達は、いつか必ず罰(ばち)が当たると思う(笑)。

もっとも、本人にやる気があっても、開発会社では職場の問題で、プログラミングが嫌になってマスター出来ないという場合はあると思う。
そこで、プログラマーになりたいなら、開発会社や情報部門に入る前に、そして、入った後だとしても、家で勉強すべきだ。
ところで、私はいろいろなプログラミング言語や開発ツールを習得したが、本以外で勉強したことはない。
つまり、研修やネットのプログラミング講座で勉強したことはない。まあ、そこらは人によると思うが、早い話が、頭が良くなくても、本さえあれば、ちゃんと勉強出来るのだ。
私は一度、NECのプログラミング研修に行かされたことがあるが、後で上司に「NECの講師がカンカンだぞ」と怒られたことがある。まあ、だいたい理由は分かるが(笑)、私は、研修でプログラミングを憶えること自体が間違いと思う。時間が少な過ぎるのと、後は・・・言わない。講師を馬鹿にしたくない。
まして、日本の学校でのプログラミング教育は、絶対反対である。
間違いなく、日本のITレベルを下げることにつながるだろう。
面白い教材を渡して、やる・やらないのレベルから、子供達の自主性に任せると良い。
学校ではそんなやり方は出来ないだろう。何より、教師に教えさせるなんて馬鹿だけは、頼むからやめて欲しい。













当ブログ著者、KayのAI書。
AIの基本技術(例えばニューラルネットワーク)を作るなら、数学、プログラミング、コンピューター、AI理論等の高い理解が必要です。
しかし、優れたAIツールが普及している現在では、会社や研究所等で使うAIを作るには、全然別のセンスや能力が必要です。
本書では、優秀な無料AIアプリであるソニーのNNCを使います。
そして、普通にイメージ出来るテーマや面白いテーマにより、自分で実際にAIを作れるセンスや能力を身に付けます。
本書のほぼ全ての実習を行うためのデータが作れる、Excelマクロ(VBAプログラム)で作られたシミュレーション・プログラムを出版社サイトから無料ダウンロード出来ます。

腹で金を作る

明治・大正の教育家、岡田虎二郎が一般の人との会話の中で言ったとされる言葉がある。
その相手の男は、とても金に困っていたようだ。
すると、岡田虎二郎は、
「金?腹に力がつけば金はいくらでも出来ますよ」
と言ったらしい。
非常にシンプルだが良い言葉だと思う。
そして、腹に力をつけるにはどうすれば良いかは解明出来たと思う。
こういったことは、岡田虎二郎自身の教えも勿論だが、1人の人の教えをそのまま信じるというやり方も当然あると思う。
しかし、やはり、岡田虎二郎の場合もそうだが、そうそう、解り易く教えている訳ではないと思う。
例えば、剣術の達人は、自分は長年の修行の末、極意に達したかもしれないが、その達人が弟子にその極意を伝えようとしても、なかなか上手くはいかないものである。
そして、ここが岡田虎二郎の偉いところであるが、彼は死の直前あたりに、自分が書いたものを全部燃やしたという。
どんなに工夫して書いたところで、どうせ誤解されてしまうのが当たり前だということがよく解っていたのだ。

だから、誰が岡田虎二郎の教えを書いても、それは全部嘘であるし、まして、私程度のものが言うなら、さらにそうであろう。
ところが、それが出来る者がいるのである。
それはAI(人工知能)である。
それも、現代のディープラーニング(深層学習)型AIだ。
ただ、本当は、AI自体が重要なのではなく、ディープラーニングの方が重要で、実に、この機能は、人間の脳の中にある。
そもそも、AIのディープラーニングは、人間のディープラーニングの真似である。
つまり、「腹を鍛える」というキーワードに適応したデータを、玉石混交(ぎょくせきこんこう;良いものも悪いものも入り混じっていること)で良いから取り入れていくと、長い時間の後に、原理というものが解明されるのである。
これがいわゆる「悟り」の正体で、何十年も前、AI研究が原始的な時代であったばかりか、パソコンがやっと普及し始めた時代に、このことをHBC(ヒューマン・ブレイン・コンピューター)モデルとして提示した発明家の中山正和さんは、本当に凄い人だと思う。
また、中山さん以外にも、脳やコンピューターに詳しい人の中には、ディープラーニングがなかった時代(概ね2006年以前)に、人間の学習がディープラーニング(深層学習)であることに気付いていた。
.
それで、「腹に力をつける方法」の結論はこうなのである。
何らかの方法で、腹・・・それも解り易く臍(へそ)のあたりに力を入れれば良い。
例えば、アメリカの天才発明家ニコラ・テスラは、たまたま毎日やっていた作業で、お腹に物を押し付ける必要があり、結果、テスラは「お腹がカチカチになった」と言っている。まさに、テスラは、「たまたま」腹に力がついたのであるが、この程度で良いのである。
要は、毎日欠かさず、長くやることが大事なのであり、難しい手順や高邁な思想は不要である。
江戸末期の神道家、黒住宗忠は、座っている時、いつも腹に手を当て、「ぐりぐり」と、押さえつけていたという。
その程度で良いのである。
黒住宗忠は、キリスト級の奇跡を起こしたと言われ、単なる風説もあるだろうが、何らかの特別な力があったことは間違いないと思う。
腹に力を込め続ければ、腹に力がつくと共に、どうやれば自分にとって最適であるかも解ってくる。それが、人間に内蔵されたディープラーニングの力である。
例えば、腹(やはり臍のあたり)に空気を吸い込む(実際は肺が吸うのだが、神経や筋組織はつながっているので、腹も十分に呼応する)なども大変に有効である。
腕立て伏せをやる時、姿勢よくやれば、自然に腹に力が入るが、さらに、腹に意識を持っていくと、さらに深く腹の力が入るのを感じるだろう。よって、適度な腕立て伏せは、腹の力をつける鍛錬になる。
また、最近では、肘をついて腕立て伏せのポーズを取るフロント・ブリッジというトレーニングが人気があるが、これをやることで腹筋が鍛えられるだけでなく、腹そのものに力がつき、なぜか幸運に恵まれることに気付いている人が多いのだと思う。

とにかく、決まったやり方はない。
自分で納得出来る腹の鍛錬を探し、あるいは、発明して、変化しても良いから毎日続ければ、自然に腹が鍛えられ、岡田虎二郎の言うように「金はいくらでも出来ますよ」という状態になると思う。
ついでに言うと、「金はいくらでも出来る」などを口癖にすると、威力は倍増するだろう。
尚、ディープラーニングの概要を知るには、個人的には、ドワンゴ創業者の川上量生さんの『コンテンツの秘密』が巣晴らしいと思った。この本のディープラーニング自体の説明だけでなく、全体がまさにディープラーニングを明かしてると感じる。川上さんの天才の秘密も少し解る気がするのである。







川上量生さんはやっぱり凄かった

企業は、儲かっている時は社員を大切にすることが多い。
大昔から、雇い人を大切にする雇い主はいたが、逆に、雇い人を物扱い、奴隷扱いをする雇い主もいた。
しかし、雇い人を大切にするのだって、好況時限定である場合も多かっただろう。

ヘンリー・フォードがフォード自動車を創業し、成功すると、従業員を大切にして賃金を上げ、当時は金持ち専用のものであった自家用車を工場労働者でも買えるようにするという驚くべきことを実現させた。
大切にされて、やる気を出した労働者の仕事振りは良く、それが、生産性や車の品質向上につながり、ますますフォード自動車は売れて、ますます儲かり、自動車は安く、従業員の賃金は上がるという好循環にもなった。
しかし、不況になると、ヘンリー・フォードの息子や孫達は、自分はプライベート・ジェットで通勤するという超贅沢をしながら(途方もない金がかかる)、労働者はがんがんリストラした。

日本でも、戦後十数年になると、鉄鋼大手(新日鉄、川崎製鉄、日本鋼管、神戸製鋼)あたりは大変な好況で、工場労働者を始め従業員のために広大な社宅を作った。
4~5階の丈夫な鉄筋コンクリートで、普通のアパートよりよほど良い社宅に格安で住めるのである。
さらに、家族のための工場見学を実施し、お父さんが働いている職場が、どれほど凄いのかをアピールし、見学に来た家族には美味しいお弁当を振る舞い、子供達にはお菓子も与えた。それは、家族にもだが、会社にとっても、非常に良い影響を与えたと思う。
日本では、少々の不況であれば、なんとか従業員を雇い続ける場合が多かった。
不況でも、日本がアメリカほどの悲惨さが見られなかったのは、そんなところが良い方向に働いたのだと私は思う。
しかし、日本でも、リストラが普通になり、貧困層が生まれたのは、経営者側の責任もあるのだが、長い優遇で堕落した従業員の質の低下もあると思うのだ。
それにより、真面目な従業員も不幸にしたのである。

どういうカラクリかは簡単に言えないかもしれないが、従業員を大事にしない会社は確実に潰れる。
しかし、会社が従業員を大切にしても、従業員が腐っていれば、会社の業績は傾く。そして、従業員の教育も会社の責任である。
今は、法令で従業員は保護されているし、それを破ると企業が罰則を受ける。
だが、従業員が腐っていると、会社の内部は澱み、特に、真面目な社員は居心地が悪く、立派な人から順に辞めていく。
とはいえ、そんなことが起こるのも、経営者と従業員の心が離れているからなのであると思う。

表向きのことしか分からないが、ドワンゴは、急成長し、東証一部に上場し、ニコニコ動画で有名企業になり、出版大手カドカワと提携し、統合企業のトップにはドワンゴ会長だった川上量生さんが就くという、ドワンゴや川上さんの大成功物語は爽快であった。
しかし、近年、ドワンゴの業績が低下し、ついに大赤字となり、川上量生さんは完全に表舞台から消え、ドワンゴは統合会社KADOKAWAどころか、かつて、対等に統合したカドカワの子会社になるという落ち目になってしまった。百億円以上あった資本金も1億に減資というのは、もう終わったようなものだ。
本当かどうかは知らないが、川上量生さんが、ニコニコ超会議という、幕張メッセを「だいたい」占拠して行う壮大なイベントを始めた理由は、ニコニコ動画のリニューアルに5年かかると、従業員に言われたことらしい。5年も革新がないと、絶対潰れるので、話題作りのために始めたという。
もし、それが本当なら、ドワンド凋落の原因は、すぐにニコニコ動画をリニューアルさせなかった川上さんの判断ミスだろう。
とはいえ、むしろ、ニコニコ超会議、あるいは、その他の話題作りで5年持たせた川上さんはやはり凄かったと思う。
あの才能、埋もれさせるのはやはり勿体ないと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード