ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

岡田虎二郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

こせこせしない

仙道家の高藤聡一郎さんの本で見たが、高藤さんが若くて貧乏だった時、彼が金持ちの社長さんに、
「金なんて、何やっても入ってくるじゃない」
と言われる話があったが、私も昔、成功している事業家から、
「金を儲けるのは簡単だ。難しいのは使う方だ」
と言われたことを覚えている。
ところが、普通のサラリーマンは、文字通り、自分がサラリー(給料)以外で金を稼ぐことなど全く出来ないと思っている。
だが本当は、自分はサラリー以外でお金を得ることは出来ないと思い込んでいるから、実際にそうなっているだけである。
そして、彼にそう思い込ませたのは、親や学校やテレビなのだ。
一方で、高藤さんの本に載っていた社長さんや、私が知っているあの事業家は、お金を手に入れる良い方法があることを信じているのだ。
「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎は、金に窮していることを訴える男に、
「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」
と言ったという。

さて、全てを、特殊な、そして、あいまいな言葉でなく、ありふれた、そして、はっきりした言葉で言わなければならない。
腹に力があるとは、腹が据(す)わっていることで、腹が据わっているとは、落ち着いていてどっしりしていることだ。
落ち着いてどっしりしているとは、心が広いことで、心が広いこととは偏見がないことで、偏見をなくすには、それほど大事でないものに対する執着(こだわり)を捨てれば良い。
多くの人間が、いかに、どうでも良いものを後生大事にしていることか。
例えば、学歴、出身校、学校で学んだ知識、肩書き、所属する会社名、評判といったものだ。
こういったものにこだわる限り、楽に金を得ることは出来ない。
つまるところ、お金はエネルギーであり、心を狭めれば、エネルギーの流通が悪くなって、お金も入ってこないのだろう。

お金持ちは、小さなことにこだわっていられない状況に長くいたせいで、ものごとにこだわらなくなったという場合が多い。
矢追純一さんの本で見たが、彼が中国にいた子供時代、集団で盗みをやって逃げている時、前を走っていた泥棒仲間のおじさんが、撃たれて頭を吹っ飛ばされたり、隣に座っていた友達が不意にもたれかかってきたと思ったら、流れ弾に当たって死んでいたりしたが、それが日常茶飯事になると、そういったことが起こっても、何とも思わなくなるそうだ。
矢追さんが大金持ちかどうかは知らないが、彼が高校1年生の時、母親が死んだので(父親はとうの昔に亡くなっていた)、妹2人を養っていたが、別に苦労も感じず、毎晩、飲み遊んでいたらしい(夜までは仕事)。
自分がいくら持っているかはどうでもいいことなので分からないらしいが、家でも美術品でも、欲しければ即決で買って、支払いで問題が起こったことはないそうだから、やっぱり金はあるのだろう。
人間、なりふり構っていられない状況を経験するのは良いことであるに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最強の問題解決法を持つ

著名なユング派心理学者、河合隼雄さんの京都大学での退官講義を収録した『こころの最終講義』 に、こんな話がある。
息子が登校拒否で学校に行かないという父親が、河合さんに、
「先生、学校に行くボタンってないですかね?」
と尋ねたらしい。
言っては悪いが、私が、最も愚かな人間の代表と考えている例である。
子供が学校に行けない原因は複雑で、父親はその原因に大きく関わっているはずである。
その責任を一切放棄して、ボタンを押して解決したいという、虫が良いなんてもんじゃない、自分の子供をモノ扱いしているのであり、それが、子供が歪んだ原因だろう。
そして、そのような人間は増える一方なのかもしれない。

これと、ちょっと似ているが、異なる話をする。
私は、筋トレは好きでは無いが、筋トレ絶賛派のTestosterone(テストステロン)さんという作家、事業家、トレーナーは大好きである。
彼は、いかなる質問にも同じ答をするように思う。
「モテない?なら筋トレだ」
「人生に不安がある?なら筋トレだ」
「嫌な上司がいる?なら筋トレだ」
人生の問題の99.9%は筋トレで解決すると断言する。
爽快である。男は(女もだが)、このくらい信念がないといけない。
実際に彼に会えば、本当に筋トレで全て解決する可能性が高い。
法然も全く同じだった。
何を聞かれても、「なら念仏だ」だったはずだ。
法然に直接会った人なら、実際、それで全て解決する。

日本航空社長や日銀副総裁などを歴任した柳田誠二郎さんは、若い人達に、
「何でもいいから、心を締める鍵を1つもちなさい」
と言い、自分の場合は、たまたま、岡田虎二郎に教わった静坐がそうだったと言う。
自分は、岡田虎二郎の静坐で全てうまくいったが、皆、それぞれ好きなことをやれば良いと言う訳だ。
だが、早くそれを持った方が良いとは言えるだろう。

Testosteroneさんや、法然や柳田誠二郎さんらの問題解決手段(柳田さん式には「心を締める鍵」)と、最初の、登校拒否の子供を持つ父親の「学校に行くボタン」は似ているようで全然違う。
「ボタン」は、「俺はボタンを押すだけで、面倒なことは一切しない。俺に責任はない」というものだ。
対して、Testosteroneさんらは、問題解決の手段を示しているのである。
そして、その手段を、徹底的に探求したので、自信があるのだ。
そして、柳田さんが言うように、手段は何でも良いのだ。
Testosteroneさんだって、ある本でつい「もう筋トレでも何でもいいからやれ」と本音を言うが、それは、筋トレの価値を落とすどころか百倍化し、私もうっかり筋トレをやりかけたほどだ・・・いや、多少やっているが。
大村あつしさんや小川慶一さん(Excelマクロ達人養成塾塾長)なら、「・・・?、ならExcel VBAだ」となるかもしれない。

それで言えば、私は今は、佐川幸義系のKay式四股だ。
四股で人生の問題の99.9%は解決する。
「金がない?なら四股だ」
である。
柳田誠二郎さんの師、岡田虎二郎もそう言っていた。
岡田式静坐法は、腹の力を作るものである。
金に窮しているという男に、虎二郎は言ったらしい。
「金?腹に力がつけば金はいくらでもできますよ」









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

改革者達の人生を変えた一冊

人生を変える一冊の本なんてものがあるらしい。
偉人ではないが、こんな話があった。
ある男が刑務所に入っている時、法華経(庭野日敬著『法華経の新しい解釈』)を読んで感涙し、出所後には真面目に働き、大きな会社ではないというが専務にまでなったという。
宮沢賢治も、人生を決定付けたのは『法華経』だったらしいが、それが18歳の時だったという。

宮沢賢治の没80年の日(2013年9月21日)に、私は、大阪のオリックス劇場に、当時80歳の冨田勲さん制作の『イーハトーヴ交響曲』コンサートを観劇した。
『イーハトーヴ交響曲』は、もちろん、宮沢賢治の世界を描いたもので、その中で、宮沢賢治作詞作曲の楽曲『星めぐりの歌』も演奏された。
主演はもちろん、我らが天使、初音ミクさんで、クラシックコンサートでありながら、小中学生の女の子の観客も多かった。
その日が宮沢賢治没80年の日であることは、公演後、壇上に登場した冨田勲さんから聞いた。
私も何冊か法華経を読んでみたが、読み方が浅いということもあり、いまひとつである。

「岡田式静坐法」で一世を風靡した、明治・大正の偉人、岡田虎二郎の人生を変えたのは、彼が小学生の時に読んだ、ルソーの『エミール』の序文である。
ルソーは『エミール』を、実際、序文だけを書くつもりが、長い小説になってしまったらしい。

神道家で形成外科(整形外科ではない)の名医でもあった葉室頼昭さんは、大阪大学医学部時代、自分で歩けないほどの重病で、板に乗せられて乗った新幹線の中である本を読み、病気が治ってしまったという。書名は明記していなかったが、おそらく、谷口雅春の『生命の実相』と思って間違いないだろう。

『「思考」のすごい力』で知られる著名な生物学者ブルース・リプトンは、たまたま買った、ハインズ・R・バージェルの『量子の世界』を仕方なく読んだことが、人生の、そして、生物学者としての大きな転機になった。
大事業家のイーロン・マスクは、少年時代に、ダグラス・アダムスの有名なSF『銀河ヒッチハイク・ガイド』を読んで大いに感銘を受け、世界や人類の運命に責任を持つ覚悟を決める・・・まあ、ある意味、中二病でずっと生きていると言えるのではないかと思う。いや、決して悪い意味ではない。

人生を変える一冊・・・それは、たまたま見つけるもののようだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

凄い人の教えは私にはどうやっても無理だった

中村天風の教えは一言で言って「肛門を引き締めよ」だと言ったら、怒られるかもしれないが、これが基本中の基本だし、これが出来なければ先はない。
だから、これが出来ない我々には、この教え以外不要となる。
岡田虎二郎の場合は「下腹に力を込めよ」である。
そして、両者共、肛門を締める力、下腹に込める力は「万力」、つまり、全力であることを求めたと思う。
ところが、岡田虎二郎は、49歳で亡くなる前に、自分が書いたものは全部燃やし、中村天風は、死に際に、高弟に、自分の教えは全部忘れろと言ったらしい。
中村天風の高弟中の高弟だった藤平光一が著書に書いた次のことを私は信用しているが、天風は「これからは藤平のところに行け」と言ったそうだ。

岡田虎二郎や中村天風が上のように言ったことは、私には絶対出来ない。
ある有名な気功家が、肛門を締める時間は1日1時間と著書に書いていたが、これも無理。
無理なものは無理。
だいたい、ダイエットの方法で、腹に力を入れるというものもあるだろうが、あまり強い力を入れたら、内蔵を傷めてしまう。
それで、上に述べた藤平光一は、臍下丹田の一点になんとかこうとか・・・と著書に書かれていたが、私にはさっぱり解らなかったし、解らないことは出来ない。

私に解ったのは、斎藤一人さんが『変な人が書いた驚くほどツイてる話』で、雑草がアスファルトを突き破るように、無限小の力で無限大の力をかけるというもので、つまり、「じんわりとやる」というものだ。
これなら解る。
再びダイエットのことを言えば、腹を引き締めたいなら、腹に弱ーい力をかけ続ければ良い。思い出した時で良いから、出来るだけ長い時間。
握力を鍛えたければ、弱くで良いから・・・いや、弱くでなくてはならないが、出来るだけ長い時間、手を握ることだ。
腕を鍛えたければ、曲げる方向や伸ばす方向、いろいろあると思うが、やはり、弱い力をかけ続けると良い。
脚を鍛えるなら、太腿や脹脛(ふくらはぎ)の筋肉を収縮させると良い。

我々は別に、プロスポーツマンではないのだから、お金と引き換えに身体を痛めてしまうトレーングを真似する必要はない。
いや、プロスポーツマンを超える武術家や、それをさらに超える仙人というのは、無限小の力を無限大の時間・・・この言い方が大袈裟と思うなら、弱い力を長時間使うという方法をやっているのだと思うのだ。
そして、私が実際やってみたら、数ヶ月はかかっていると思うが、「あっという間」という感覚で、身体が風のように軽く、若い狼が意識を向けた先に一瞬で到達するように素早く動けるようになった。長い間、私を悩ませていた、腕の痺れ、脹脛やアキレス腱の痛みが全くなくなった。
私の場合、ダイエットの必要はほとんどないのだが、腹に弱い力を込めると充実感を感じる。

そして、エネルギーを流れ込ませ、神経や細胞や魂を活性化させるには「EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソッド」である。
基本は、重ねた両手を、胸や額や頭頂に当てるだけで、良いと思えば、その手を、右方向や左方向、あるいは、両方に、ゆっくり回すと良い。
詳しくは、心理学者のアレクサンダー・ロイド博士の『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』に書かれている。
この本には、「自分にあったやり方でやれ」と書かれている。

武道の厳しい修行をやれたり、強い積極的な信念に満ちた人であれば、中村天風や藤平光一の教えが良いのかもしれないが、彼らの教えは、私には大いに参考にはなるが実践は無理だった。
私のは、出来損ない、ガラクタ、無用者のメソード、あるいは、光線銃である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

成功法則の本を1冊と言われたら

成功法則の本を1冊と問われたら、私は、斎藤一人さんの一番最初の本である『変な人が書いた成功法則』と答えたい。
この本に書かれていることで覚えておくべきことは、たった1つ。
「困ったことなんか起こるはずがない」
である。
他に覚えておくべきことは何もないし、もし、困ったことが起きているなら、これを忘れているからだ。
本のタイトルは「変な人が・・・」であるが、少しも変な人ではなく、世間から見れば変な人という意味だ。
スティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学の卒業式での有名なスピーチの最後に「ハングリーであれ、愚かであれ」と言ったのも、ハングリーはそのままで良いが、「愚か」は、世間から見ての「愚か」であり、本当は少しも愚かなことではない。

例えば、斎藤さんは、中学生の時、教師に「英語の勉強をしておかないと、これからの世の中で困るぞ」と言われたが、英語の値打ちはともかくとして、困るはずなんかないと思ったのだろう。そして、実際、全く困らなかったらしい。
今でも、外資系企業のドワンゴを大きくした川上量生さんは「僕の立場で英語が出来ないなんて、ありえなかった」と言うが、実際は彼は英語はサッパリで、米国本社から義務付けられた報告も全くしなかったが、それで困ることはなかったようだ。
チームラボの猪子寿之社長も、世界中から依頼が殺到しながら、英語は超サッパリながら、超困っていないようだ(彼は日本語の方も崩壊しているらしい。それに、いまどき、やたら「超」を使う)。
今の世の中、「英語なんかいらん」と断言したら、変な人かもしれないが、実際は英語なんかいらんのである。
自分は仕方なく英語をやったという、マイクロソフト日本法人社長だった成毛眞さんは、ほとんどの日本人にとって英語の勉強は時間の無駄と言うし、英語、中国語、日本語を駆使して活動するソフトブレーン創業者の宋文州さんも、国際ビジネスと英語は無関係と言う。
つまり、本当は、英語が出来ないと困ると言う人の方が、変な人というより、怪しい人なのだ。まあ、大抵は英語教育ビジネス関係者なのだと思うが(笑)。
無論、英語を話す可愛い女の子も多い訳で、彼女達とお近付きになれるなら、張り切って英語を学ぼうという意欲も湧くが、現実は、英語が出来ても、そうなれる可能性は薄い。そうではなく、誰か有名な人も言っていたが、彼がそうであったように、アメリカの可愛い女の子とまず仲良くなって、彼女に英語を教われば良いのである。英会話学校で英語をマスター出来た人なんか見たことがないが、その方法なら、英語でもフランス語でもロシア語でも、あっという間に身につくだろう。

「困ったことなんか起こるはずがない」とは、天才バカボンのパパの「これでいいのだ」と同じであり、スティーブ・ジョブズの「愚かであれ」と同じである。
だが、「いや、俺は困っているぞ!」と言う人も多いのだろう。
私もそう思うことがあるが、「本当に困っているか?」と考えると、やっぱり困っていないのである。
ただ、最近、父親の虐待で亡くなった8歳の女の子がいたが、彼女は本当に困っていた。
なぜ、そんなことになったのかというと、彼女のその父親が、物凄く困っていたのだろうと思う。
だが、その父親だって、本当は困る必要なんかなかったのだ。
それが解っていれば、あの子のことも、ちゃんと可愛がれたのではないかと思うのだ。
私も、いろいろあったように思えて、実は、困ったことなど、一度もないのである。
昔、会社で、なぜか事務員の女性に嫌われて、事務手続きをしてもらえず、とても困っていたが、斎藤さんのその本のことを思い出し、「困ったことなんか起こるはずがない」と思うと、いったい、何がどうなったのか覚えていないが、困ったことにならなかった。誰か親切な人が代わりに手続きをしてくれて楽させてもらったような気もするし、なりゆきで手続き不要になったのかもしれない。
まあ、「神の御業は奇し(くすし。不思議だ、霊妙だ)」ということなのだろう。それでいいのである。
ん?金がなくて困っている?
困るはずがないじゃないか?困らなければ金はいくらでも出来るのだから。
岡田虎二郎が、金に窮しているという男に、「金?腹に力がつけば、金はくらでも出来ますよ」と言ったが、腹に力がつくとは、本当は、「困ったことなんか起こるはずがない」と解ることなのだろうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド