ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

岡田虎二郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

潜在意識の助けを受け入れるためのたとえ話

岡田式静坐法で知られた教育家の岡田虎二郎(1872~1920)は、真に霊的な偉人だった。
その岡田虎二郎のエピソードを、私はいくつか覚えているが、その中に、一般にも役に立つと思える話がある。
それは、ある男が、虎二郎に、金に窮していると打ち明けたところ、虎二郎は、
「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」
と言ったというものだ。
私は、この話を昔、本で読んだ時は、あまり意味が分からなかったが、印象には残っていた。
腹に力がつけば、金がいくらでも出来るとはどういう意味だろう?

虎二郎は、最初にも述べた通り、岡田式静坐法という心身療法を指導していた。
これは、一般には健康法と理解されることが多かったが、それだけのものではなかった。
そして、静坐とは、腹を作るものであり、虎二郎は、普段から、腹に力を込めるよう教えた。
腹に力を込めることで、腹に力がつくのである。
また、虎二郎は、こう述べた。
「悪い想いというのは、腹から力が抜けている時に起こる。よって、常に腹に力を込めなければならない」

確かに、人間は、悪い想いを起こさなければ、望まずとも幸運が訪れ、あらゆることがうまくいくのである。
そして、悪い想いとは、エゴ(自我)の想い全てである。
つまり、腹に力を込めれば、エゴの想いが全く起こらず、潜在意識の力が発揮され、あらゆることでうまくいく。

とはいえ、これは、中村天風が「常に肛門を引き締めよ」と言ったことと同様、実際にやるのは難しいというか、ほぼ不可能である。
1日1時時間でも、腹に力を込めたり、肛門を引き締めるだけでも大変で、ほとんどの人は続かないだろう。
虎二郎は、「努力、忍耐、克己は不要」と言った。
そして、教えも正しかったが、それでも、普通の人は、明らかについていけなかった。

では、金がなくて困っている者には、何を教えれば良いだろう。
あるいは、別に困ってはいなくても、金が不足だと思っているという場合も同じだ。
そう言ってくる者に、「では、何が望みだ?」と聞けば、彼らは何と答えるだろう。
それは、「もっとお金を」に決まっている。
それなら、答はこうなのである。
「もうすでにお金はあるのですよ」
だが、言われた者は「どこにもないじゃないですか」と訴えるだろう。
「すでにお金はある」という意味が分からない人が多い・・・いや、圧倒的だろう。
だが、それでも、何かピンと来ているはずなのだ。

では、こんな話ではどうだろう?
ジョセフ・マーフィーがよく使った話だ。
ある大学生に、父親が、卒業したら車を買ってやると約束した。
その父親は豊かで、車を買うなんて何でもないし、また、約束を破ることは決してない人物だった。
だから、そんな父親が車を買ってくれると約束してくれたら、もう車は手に入ったも同然なのである。
そんな場合、「既にあなたの車はあるのですよ」と言っても、何の問題もない。
その大学生が、わざわざ受け取りを拒否しない限り。
それと同じなのだ。
「もう既にお金がある」と言って、それをわざわざ否定しない限り、万能の潜在意識は嫌でもお金を引き寄せるのである。
この2つの話は同じなのだと、ちょっと自分に言い聞かせれば、それで済む話なのである。








真の賢者の教えはこれだけだった

シンプルに言えば、思考を消せば、世界は自分のものだ。
アメリカ最大の賢者エマーソンが、エッセイ『歴史』の冒頭の詩で、天球・・・つまり、宇宙が自分のものであると述べている通りである。

思考を消す、思考を止める、想念を起こさない、考えない・・・いろいろな言い方があるが、同じである。
「思考停止」するのは馬鹿だという観念があるかもしれないが、思考停止が馬鹿なのではなく、馬鹿なことを考える・・・つまり、妄想する者が馬鹿なのである。
そして、普通の人間の全ての思考は妄想である。
他人に本当に親切にする時、我々は考えない。
だ余計な親切をする時には考えているのである。
思考を消した人間のみが正しい精神を持つ。

考えることを諦めたくないと思っても、実は、人間は自分では考えていないことは科学的にも分かっている。
たとえば、AとBのどちらかを自分の意思で選ぶとし、自分でAを選んだつもりでも、自分の意思でAを選ぶより先に脳内でAが選択されていて、それを「私がAを選んだ」と錯覚しているだけだということは、実験で確認されているらしい。
つまり、考えは自動で起こるのであり、自分では何も考えていない。
そして、脳は、1日に何万回もの思考をする。自動的に、勝手にだ。
実際に、脳は休むことなく思考し続け、エネルギーを浪費している。眠っている間すら。
だから、何もしていなくても疲労困憊するのである。

何よりも、思考が潜在意識の活動を邪魔し、本来、願わずとも幸運に恵まれるはずが、嫌なことや辛いことばかりが起こり、人生を呪わしいものにしている。
お金に窮しているという話をある男から聞いた時、岡田虎二郎は、「金?金は腹に力がつけばいくらでも出来ますよ」と答えた。
大正時代だったと思うが、普通の庶民に「思考を消せ」と言っても難しいので、虎二郎は、「常に腹に力を込めよ」と教えたのだ。
腹に力を込めている間は思考は浮かばないからだ。
中村天風の場合は、常に肛門を引き締めよと言ったが、同じことだ。
足の親指に力を込めよと言う武術家もいるし、荘子も近いことを言っていたように思う。
面白いのは、人差し指がやり易くて都合が良いが、指を1本立てると思考は消える。
だから、倶胝という禅僧は、何を聞かれても指を1本立て、死ぬ時に、「師の天竜から教わった一本指の禅を一生で使い切れなかった」と言ったのだ。
ラマナ・マハルシは。「私」以外の想念を起こしてはならないと教えた。
「私」が一番初めの想念であり、それを捕まえておけば、他の想念は起こらないからだ。
だから、常に「私、私、・・・」と、心の中で唱えていれば、想念は起こらず、やがてエゴは死に、魂が輝く。
どんな方法でも良いが、想念を消せば幸せになれる。
理屈で考えている限り、わけが分からないと思う部分も多いだろうが、思考を拭い去り、高度な知性と一体化すれば直接的に分かるのである。








ぶらさがれば良い

私は、1番かどうかは知らないが、引き寄せの達人と言えば、間違いなく、UFO研究家として一世を風靡した矢追純一さんだと思う。
まあ、本人は引き寄せなんて言葉を使わないし、もしかしたら、引き寄せという概念に興味がないかもしれないが、言ってみれば、引き寄せだけで自由に生きてきた人だと思う。
尊敬というのもおかしいが、私が無条件で崇拝する人物がいるとしたら、この矢追さんである。
矢追さんは、高校に入学した頃、母親が亡くなった(父親は10歳くらいの時に亡くなっている)のだが、2人いた妹を自分で養ったらしい。
それで、高校には全く通わず、1日中働いていたが、別に辛くもなかったらしく、深夜に仕事が終わったら毎日飲みに行っていたと言う(改めて言っておくが高校生だ)。
全く勉強もせず、名門、中央大学法学部に現役で入学したが、受験の際は、合格と決めつけ、受験後は旅行に行き、帰って来た時に合格通知を見たと言う。
大学も4年できちんと卒業し、自分は何もしなかったが、おかしな流れで日本テレビに入社し、UFO特番やユリ・ゲラーの超能力番組等をヒットさせる名ディレクターになり、有名になった。

随分優秀な人だと思うかもしれないが、矢追さんは「僕は頭が悪いので、考えることを放棄した」と言う。
ただし、それ(頭が悪い)は誰に関しても言えることらしい。
だから、自分の頭に頼って頑張ったって駄目なんだと。
矢追さんは何かのインタビューで、「人間はパソコンみたいなものだが、大した性能のパソコンじゃない。だから、自分で計算するのをやめて、大きな流れに乗って、流れにまかせてしまえば上手くいく」といったようなことを語られていた。
矢追さんは、神様という言い方が好きでないようだが、やはり、私が崇敬する関英男博士(この人は、人が良過ぎて騙されやすかったのだと思う。それでかなり怪しいことも言ったのだと思う)は、「神様はスーパーコンピューターみたいなもので、我々は性能の低い端末だから、神様につながってさえいれば良い」、つまり、神様にまかせてしまえば良いといったことを言われていたと思う。
2400年前の中国の賢者、荘子の教えは「万物と共に流れよ」だった。

『燃えよドラゴン』での、ブルース・リーの有名な言葉「考えるな、感じろ」は、実際は、考えなければ自然に感じるのである。
それを言わないから、多くの人が「どうやれば感じることが出来るのだろう?」と「考えて」しまって駄目だったのだ。
いかなる賢者の論も、集約すれば「考えるな」になる。
伝説によれば、玄奘三蔵は、中国からチベット経由でインドに行くという、登山のプロでも難しいルートでインドに行き、帰ってきたが、出発の際、観世音菩薩に、般若心経の呪文を教わり、観世音菩薩の指示通り、それをずっと唱えていたらしい。
そんなもん唱えていたら、考えることなんて出来るはずがない。
それで、三蔵は、山賊も、獣も、雪も嵐も、その他あらゆる困難を乗り越えたのであるかもしれない。
岡田虎二郎が、「念仏をするなら、生活しながら念仏するのでは不十分で、念仏しながら生活するようでないといけない。静坐をするなら、生活しながら静坐するようでは不十分で、静坐しながら(実際は、腹に力を込めながら)生活するようでないといけない」と言った真意も「考えるな」ということと思う。
中村天風が「一瞬も怠らず、肛門を引き締めよ」と言ったのも全く同じだ。しかし、もちっと実現可能なことを教えろよとは言いたい(笑)。
とにかく、考えることをやめる方法を何か持てば良いのである。
矢追さんのように「僕は頭が悪いから」という理由付けをするのも手であると思うし、案外、一番簡単かもしれない(実際は、矢追さんはかなり頭が良い方だろう)。
仮に、自分のIQが200だとしても、宇宙のメインコンピューターの方はIQが(たとえばだが)1兆とか1京とかで、比較にもならないので、ただ、ぶら下がっていれば良いのである。








1日24時間やる気概

最近私は、可能であれば、何時間でも、立って、腕振り運動や四股(佐川幸義流の、ほとんど足踏みだが)を踏んでいたら、幽体や霊体に変化が起きたように感じる。
大東流合気柔術の先生であった、達人、佐川幸義のある弟子が寝食を忘れるほど四股を踏んでいたら、後から入門したのに関わらず、佐川以外の誰も彼を倒せなくなったという。

岡田虎二郎は、「念仏をするなら、生活しながら念仏をするのでは十分ではない。念仏をしながら生活するようでないといけない」と言ったらしいが、そんなことが可能だろうか?
実際には不可能だろう。
しかし、やろうと思えば良いのである。
親鸞は、念仏を唱えようと思えば良いのであり、実際に唱えなくても良いと言っている。
ただし、思いだけは、常に念仏を唱えようと思うことが大切だ。
私も、1日24時間、四股や腕振り運動をやろうと思ってみて、それがよく分った。
出来るだけ本当にやるのだが、実際にやっている時間は、せいぜい1日3時間というところと思う。
しかし、気持ちは1日24時間、やる気でいることだ。

1日24時間、念仏を唱えるべきだが、実際には唱えなくても良いと言われて、
「そうか、実際には唱えなくていいんだ。じゃあ、唱えた気にだけなろう」
と思うような者は、低レベルな何も成し得ない人間だ。
さりとて、「ずっと念仏を唱えないといけないのに、ほんのわずかしか出来ない私は駄目だ」と悲観したり、もっと唱えなければと、あまりに必死になる者も駄目なのだ。
念仏を例に挙げたが、何ごとも同じである。
どんなことも、1日24時間、本当にやるつもりでいてこそ本物になる。
佐川幸義も、四股を踏めと指示した弟子に対し、
「本当にやっているのか?ちっとも強くならないじゃないか?私なら、寝ないでやって2週間で結果を出すぞ」
と言ったが、もちろん、本当に寝ないで四股を踏めるわけがないが、そのつもりでやることが肝心だと言っているのである。

この「1日24時間やる気持ち」を持つことが出来れば、いかなることでも達成出来る。
仙人にだって大師にだってなれるだろう。
この気持ちをもってこそ、道は開ける。
まずは、やってみることである。








腹の据え方

ある男が、岡田虎二郎に、金に窮していることを訴えた。
この偉人に、何か一言、言って欲しかったのだろう。
虎二郎は、こう答えたらしい。
「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」

腹に力をつけるとは、どういう意味だろう?
岡田虎二郎は、「常に腹に力を込めよ」と教えていたが、それを、腹を引っ込めるとか、腹式呼吸をすることだと思う人が多い。
それはそれで間違いではないが、もちろん、根本的にはそうではない。
普通にだって、「腹をくくる」とか「腹を決める」と言うだろう。
あるいは、「腹を据(す)える」とも言う。
使い方としては、「腹を据えて取り組む」のように言う。
据えるとは、「しっかりと置く」「落ち着ける」という意味だ。
そして、虎二郎の言う「腹」とは、肉体の腹と言うよりは、心という意味だろう。
つまり、「腹に力がつく」とは、心が落ち着いていることで、一言で言うなら「不動心」だ。

ところで、肉体と心の関係は実に面白い。
まず、呼吸と心が似ている。
心が乱れている時は、呼吸も荒く、心が落ち着いていれば、呼吸も静かだ。
つまり、呼吸と心は同じところから出ており、呼吸を落ち着かせると、心も落ち着く。
よって、まずは、静かな呼吸をしなければならない。
静かというより、「微(かす)かな呼吸」を心掛けると良い。
まるで、誰かのすぐ近くに隠れていて、気付かれないよう、息を殺すようなものだ。

それだけでも、かなり力がつくが、十分ではない。
頭で考えると・・・つまり、意識を頭に置くと、思考が目まぐるしく起こり、落ち着かない。
胸で考えると、思考は起こらないが不安になる。
「胸の内に収めてくれ」とか言うだろう?
これは、「お前は、このことを知ってしまったが、考えないでくれ」という意味だ。
だが、「胸に一物」と言うように、胸に重いものがあると、苦しいし不安になる。
そこで、「腹に収める」のである。
胸はタンスの引き出しのようなもので実に狭い。
ところが、腹は宇宙の広さだ。途方もなく広くて、大問題と思っていることも、なきに等しい。
その広い腹に収めることを「腹を据える」と言うのである。

こう言うと難しく思うかもしれないが、難しいことは考えなくて良い。
単に腹式呼吸をすれば良い。
ただし、形式的にやるのではない。
「はい、吸って、吸ってー。はい、吐いて、吐いて」といったように、軽薄にやるのではないのだ。
背筋を伸ばし、「本気で」「気を込めて」腹に息を吸い込むのだ。
息を吸い込んだら、腹に力を込めて、しっかり止める。
腹の力だけで息を止めるのだ。
そして、しばらく経ったら、細く長く息を吐けば、想いは腹の宇宙が預かったままとなり、空気だけ出て行く。
この鍛錬をすると、腹に力がつくのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード