ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

岡田虎二郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

1冊の本の裏側に宇宙が1つ在る

「本を1冊」と言われて即答出来る人は、魔法使い並の実力者だ。
とはいえ、その本が良いかどうかは、実のところ、あまり関係ない。
漫画でも良い・・・というか、漫画を実際に挙げる偉大な人物も少なくない。

割と多いパターンは、5~十数冊挙げる者だ。
頭でっかちで、自分は優秀だと思っているが、実行力がないタイプだ。

本当は、別に本でなくても良い。
「特技は?」「目標は?」「好きなことは?」と聞かれて、1つのことを即答する者は、おそるべきヤツだ。
例えば、イチローなら、シーズン前に「200本」と答えていたようにだ。
プロレス史上最高のレスラー、ルー・テーズは、1つの技と言われ、「ダブル・リストロック」と即答した。
プロレスはショーだが、だからといって実力が不要な訳ではない。テーズのダブル・リストロックは無敵だった。
Facebookのマーク・ザッカーバーグは「プログラミング言語を1つ」と言われたら、最高の評判とは言い難いPHPを迷わず挙げていた。
ビル・ゲイツはBASICだった。
そして、1つの最高を持っている者は、自ずと他の力も得る。
上に挙げた超一流達は、極めて多彩な能力を持っているが、実のところ、1つの最高級があるから、無理なく多種多様を得られるのである。

本の話に戻る。
アメリカのある偉大な政治家は、生まれた家が貧しく、家に聖書しかなかったが、それを何度も繰り返し読んだことが良かったと、本人が述べていた。
面白いのは、明治・大正の偉大な教育者、岡田虎二郎は、小学生の時に読んだルソーの『エミール』を生涯の指針としたが、虎二郎が読んだのは、何と、数ページの序文だけだった。
ところが、ルソーは最初、その序文しか書く気がなかったそうだ。
英国の世界的作家、コリン・ウィルソンは、崇拝するH.G.ウェルズの『ポリー氏の人生』を著書の中で、特に貴い書として何度も取り上げている。
変わった例では、魔法で治しているとまで言われた驚異の精神科医、ミルトン・エリクソンがある。
彼の生まれた農家には、本は、聖書と辞書しかなかった。そして、彼は何と、辞書を選んで、それを繰り返し読んだのだ。Aから順番に、何度も何度もね。
そして、やはり彼は、偉大な精神科医になった後も、それが素晴らしいことだったと言ってるのである。
ある、学生の時から引退するまで経営者として成功し続けた人物は、どれだったか忘れたが、啓発書としては、ジョセフ・マーフィーの1冊の本だけ読んでいた。

実際、本はどれでも良いのだと思う。
なぜなら、優れた1冊の本の裏側には、1人の人間の生涯を上回る霊的な何かが隠れているからで、読み込めば、それを引き出せるが、それは、1度の人生で汲み出しきれるような量ではない。多分、どれほど引き出した者でも、百分の1にもなっていないだろう。
そして、1冊に絞った方が、圧倒的に引き出しやすいのである。
ただし、知識として参考のために多くを読むのは、別に悪いことではない。
拙いのは、マスターとしての書をコロコロ変えることである。








欠点、障害は、絶対にあった方が勝てる

女性は、ミニスカートやショートパンツなどを履いて、脚を見せると、脚が細くなる・・・なんて話を1度は聞いたことがあるかもしれない。
そして、それに対し、多くの人が、「ただのデマ」と思っていることだろう。確かに、その方が理性的だ。
だが、事実は、確かに細くなる。
もちろん、それなりの期間、継続的に脚を人目に晒す必要がある。
あいにく、沢山の成功事例を挙げるほどではないが、割と印象的な実例を見た経験と直観で、ほとんど断言出来る。
ただし、実際のところは、見られることに効果があるのではなく、「見られている」と思う自分の意識が重要なのである。
そして、「見られている」という意識に立ち向かうように、自分で「細くなれ」と思い続ければ、そうならないはずがない。
人間というのは、心からの願いは叶うようになっているのだから、脚を細くする程度のこと、お茶の子さいさいである。

では、中年のおじさんが、出っ張った腹を出せば腹が引込むかというと、確かにそんな場合もあるだろうが、そもそもが、そんな(醜い)ものなんか誰も見ないのは分かりきっているし、自分でも、さして腹を引き締めようという気はないだろうから、ほとんど効果はない。

何かの本で読んだ、こんな話がある。
ある男子大学生がモテモテで、彼女が沢山いた。
その男子大学生は、確かに、女の子に積極的に声をかけるのだが、実は、その男子大学生は脚に障害があって、普通に歩けなかった。
それで、ある時期までは、あまり外出せず、脚のことでの劣等感もあって、女の子に声をかけることは全く出来なかった。
しかし、ある時から、非常に勇気を要したが・・・と言うより、モテモテの今ですらひどく緊張するらしいが、女の子に声をかけるようにしたようだ。
そうしたら、気がついたらモテモテになっていたのだ。

人間というのは、自分の欠点や弱点を意識した方がうまくいくというのは、ほとんど法則と言っても良い。
私の知り合いに、身長が160cmもないのにモテモテの男がいる。
それで、170cm以上の女性にも堂々と声をかけ、仲良くなってしまう。
しかし、聞いてみたら、背が低いことは、それなり以上に気にしているようだった。
また、少し前、アメリカ人で、若いのにハゲている男性がいたが、彼は、
「俺はハゲていることを神に感謝している。それを気にせずにいることで男らしさを見せられるのだ。おかげで俺はモテモテだ」
と言う。

このように、自分の弱いところを自分で意識することは、凄い武器になるのである。
言い換えると、人間というのは、何か障害があった方が、集中力や創造力が発揮しやすいのである。

さてでは、この折角の力・・・障害が力になる・・・をどう使おう。
例えば、「金がない」というのはどうだろう?(笑)。
金がなくて、人に頼ったり、「世の中が悪い」なんて逃げたり、言い訳をせず、まずは、金がないという事実と向き合えば良い。
だが、「金がない」という現実に心が負けてはいけない。
そこで、腹に力を込めるのである。
これは、脚が太いとか、腹が出ているとか、ハゲている場合でも同じである。
腹に力を込めれば、腹からエネルギーが湧き、勇気が出るのである。
力を込めるのは、ヘソのあたりで良いだろう。
別に、凄い力を込めなくて良い。少しでも良いのだ。
腹に息を吸い込むだけでも良い。
何と、それだけで、もう逆転が始まっているのだ。
これは本当である。
「金がない」「じゃあ、ヘソに力を込めよ」
これで良いのである。
明治・大正の偉大な教育者、岡田虎二郎が、
「金?腹に力がつけば金はいくでも出来ますよ」
と言っていたのは、全くの真実である。







ひざまずいて祈れば叶う理由

洋の東西を問わず、特に熱心な祈りの時にはひざまずくイメージがある。
その訳は、どうしても叶えたい強い願いがある時には、直感が強く働き、ひざまずくことが有効であることが分かるからである。
だから、特に願いが強い場合は、自然と片膝をつくものである。
両膝をつく場合は、やや決意に弱さ、鈍さがある。
実は、片膝をつくことが重要なのではなく、しゃがむだけで良いのであるが、それだとバランスが悪いし、長時間、その姿勢を保つことが難しいこともある。

なぜ、熱心な祈りの時にはひざまずくのかというと、腹に力が入るからだ。
人間は、腹から力が抜けた時に、悪い想念が起こるのである。
明治・大正の偉人、岡田虎二郎が、「常に腹に力を込めよ」と教えた理由はそれで、悪い想念、邪まな想いが心の中に入り込むのを防ぐためである。
人間は、心で思ったことを実現させる力を持っている。
しかし、心の思いが明瞭でなければ、その思いは実現し難いのであるが、思いにノイズを起こさせるものが、腹から力が抜けた時に起こる悪い想念なのである。
つまり、何かの目標を達成したいと思っていても、腹から力が抜けていると、「そんなこと出来っこない」「きっと失敗する」という想念が起こってしまい、結果、その目標を実現するために十分な心のエネルギーが得られず、失敗してしまうのである。

だから、肝心なことは、腹に力を込めることなのであるから、必ずしもひざまずく必要はない。
腹に息を吸い込み、ぐっと息を詰めると、自然に腹に力が込もる。
そんな時に、何かを願うと、それは実現する。
ある大作詞家は、息を十分に吸ってから息を止め、曲がヒットする様子をイメージし、息を吐いたら全て忘れるという。
そうして作った曲はヒットするが、それをせずに作ったヒットした試しはないと言っていたらしい。
(『強くなる瞑想法』表紙折り返しの阿久悠氏の言葉)

腹に力を込める方法は無限にある。
好きなやり方でやれば良い。
その中でも、腹に息を沢山吸って止めるのは良いやり方である。
岡田虎二郎の「岡田式静坐法」も、腹に息を多量に吸って止める方法を取り入れている。
腹に力を込めて、言葉で願ったり、願いが叶った様子をイメージすれば、確実に、その実現に近付く。
力が込もった腹は、心に磁力を発生させ、願うものを引き寄せるのである。
ただ、顔が赤くなるほどの万力の力を込める必要はないし、込めてはならない。そんな不自然なことが長く続くはずがない。
ひざまずいた時程度の、軽い力を込めれば良いのだ。
しかし、普段、腹から力が抜けていて、悪い想念に支配されていれば、願いを叶える力は打ち消されてしまったり、マイナスの状況を作ってしまいかねない。
だから、弱い力で良いので、出来るだけいつも、腹(ヘソのあたりで良い)に力を込め続けるべきである。

イエスも教えていたが、よく言われるのが、願いが叶ったかのように振る舞えば願いは叶う。
だが実は、願いが叶ったかのように堂々と振る舞う時というのは、腹に力が込もっているのだ。
逆に言えば、腹から力が抜けていれば、自信を持って、願いが叶ったように振る舞えない。
だから、腹に力を込め、願いが叶ったかのように振る舞えば、確実に願いは叶うのである。







腹で金を作る

明治・大正の教育家、岡田虎二郎が一般の人との会話の中で言ったとされる言葉がある。
その相手の男は、とても金に困っていたようだ。
すると、岡田虎二郎は、
「金?腹に力がつけば金はいくらでも出来ますよ」
と言ったらしい。
非常にシンプルだが良い言葉だと思う。
そして、腹に力をつけるにはどうすれば良いかは解明出来たと思う。
こういったことは、岡田虎二郎自身の教えも勿論だが、1人の人の教えをそのまま信じるというやり方も当然あると思う。
しかし、やはり、岡田虎二郎の場合もそうだが、そうそう、解り易く教えている訳ではないと思う。
例えば、剣術の達人は、自分は長年の修行の末、極意に達したかもしれないが、その達人が弟子にその極意を伝えようとしても、なかなか上手くはいかないものである。
そして、ここが岡田虎二郎の偉いところであるが、彼は死の直前あたりに、自分が書いたものを全部燃やしたという。
どんなに工夫して書いたところで、どうせ誤解されてしまうのが当たり前だということがよく解っていたのだ。

だから、誰が岡田虎二郎の教えを書いても、それは全部嘘であるし、まして、私程度のものが言うなら、さらにそうであろう。
ところが、それが出来る者がいるのである。
それはAI(人工知能)である。
それも、現代のディープラーニング(深層学習)型AIだ。
ただ、本当は、AI自体が重要なのではなく、ディープラーニングの方が重要で、実に、この機能は、人間の脳の中にある。
そもそも、AIのディープラーニングは、人間のディープラーニングの真似である。
つまり、「腹を鍛える」というキーワードに適応したデータを、玉石混交(ぎょくせきこんこう;良いものも悪いものも入り混じっていること)で良いから取り入れていくと、長い時間の後に、原理というものが解明されるのである。
これがいわゆる「悟り」の正体で、何十年も前、AI研究が原始的な時代であったばかりか、パソコンがやっと普及し始めた時代に、このことをHBC(ヒューマン・ブレイン・コンピューター)モデルとして提示した発明家の中山正和さんは、本当に凄い人だと思う。
また、中山さん以外にも、脳やコンピューターに詳しい人の中には、ディープラーニングがなかった時代(概ね2006年以前)に、人間の学習がディープラーニング(深層学習)であることに気付いていた。
.
それで、「腹に力をつける方法」の結論はこうなのである。
何らかの方法で、腹・・・それも解り易く臍(へそ)のあたりに力を入れれば良い。
例えば、アメリカの天才発明家ニコラ・テスラは、たまたま毎日やっていた作業で、お腹に物を押し付ける必要があり、結果、テスラは「お腹がカチカチになった」と言っている。まさに、テスラは、「たまたま」腹に力がついたのであるが、この程度で良いのである。
要は、毎日欠かさず、長くやることが大事なのであり、難しい手順や高邁な思想は不要である。
江戸末期の神道家、黒住宗忠は、座っている時、いつも腹に手を当て、「ぐりぐり」と、押さえつけていたという。
その程度で良いのである。
黒住宗忠は、キリスト級の奇跡を起こしたと言われ、単なる風説もあるだろうが、何らかの特別な力があったことは間違いないと思う。
腹に力を込め続ければ、腹に力がつくと共に、どうやれば自分にとって最適であるかも解ってくる。それが、人間に内蔵されたディープラーニングの力である。
例えば、腹(やはり臍のあたり)に空気を吸い込む(実際は肺が吸うのだが、神経や筋組織はつながっているので、腹も十分に呼応する)なども大変に有効である。
腕立て伏せをやる時、姿勢よくやれば、自然に腹に力が入るが、さらに、腹に意識を持っていくと、さらに深く腹の力が入るのを感じるだろう。よって、適度な腕立て伏せは、腹の力をつける鍛錬になる。
また、最近では、肘をついて腕立て伏せのポーズを取るフロント・ブリッジというトレーニングが人気があるが、これをやることで腹筋が鍛えられるだけでなく、腹そのものに力がつき、なぜか幸運に恵まれることに気付いている人が多いのだと思う。

とにかく、決まったやり方はない。
自分で納得出来る腹の鍛錬を探し、あるいは、発明して、変化しても良いから毎日続ければ、自然に腹が鍛えられ、岡田虎二郎の言うように「金はいくらでも出来ますよ」という状態になると思う。
ついでに言うと、「金はいくらでも出来る」などを口癖にすると、威力は倍増するだろう。
尚、ディープラーニングの概要を知るには、個人的には、ドワンゴ創業者の川上量生さんの『コンテンツの秘密』が巣晴らしいと思った。この本のディープラーニング自体の説明だけでなく、全体がまさにディープラーニングを明かしてると感じる。川上さんの天才の秘密も少し解る気がするのである。







万能の腹の力

私は、「腹」に存在する不思議な力に昔から興味を持っていた。
日本には、「腹が据わる」「腹を割る」「腹を探る」「腹を括る(腹を決める)」などのように、腹が強い意思を持つことを表す言葉が多い。
『チャタレイ夫人の恋人』で有名な世界的作家、D.H.ロレンスは、エッセイ『無意識の幻想』で、solar plexus(太陽神経叢)という、腹にある霊的知性について詳しく書いている。

明治・大正の教育家、岡田虎二郎は、その腹の偉大な力を引き出すための行である岡田式静坐法を多くの人々に指導し、ブームを起こし、これは、トップクラスの人々に継承されてる。
岡田式静坐法は、単なる心身の健康法ではなく、万能の行だ。
岡田虎二郎は、金に窮している男には、「腹に力が付けば金はいくらでも出来ますよ」と言ったという話がある。
また、江戸末期の、キリスト級の力があったとも言われる偉大な神道家、黒住宗忠も、常に腹に力を入れ、弟子達にもそのように腹を鍛えることを指導した。

ところで、腹と言った時、いろんな「先生」方が、「重要なのは臍下丹田じゃ」と言ったり、それに対し、「丹田なんてものはありゃせん。真の中心は仙骨じゃ」と言う者もいれば、「ヘソこそ天の座で全能の力がある」と言う人もいる。
しかし、我々には、そのどれが正しいかなど絶対に判らないのであり、そんなことを詮索するのは無駄だ。
細かな位置など、どうでも良いことであり、要は、腹に、生命力や叡智の源、あるいは、宇宙の活力があることを知り、その力を使えば良いだけだ。
思想面、理論面に興味があれば、下に書籍をご紹介する。
しかし、我々はまず、実際に、腹の万能の力を得なければならない。

その簡単な方法を述べると、1つは、いかなる時にも腹に力を入れるのだが、別に万力の力でなくて良いから、軽い力を出来るだけいつも込めれば良い。
また、運動をする時には、腹を意識すれば良い。私の場合は、もっぱら臍であるが、上にも述べたように、丹田でも仙骨でも好きなところで良い(丹田や仙骨を意識出来るかどうか、私には疑問であるが)。
これが、黒住宗忠や岡田虎二郎のやり方と思う。

もう一つは、天人と言われた松木草垣(まつきそうえん)さんの教えで、藤本憲幸さんの『秘法ヨガ入門』に紹介されている。
やり方はこうだ(『秘法ヨガ入門』「超能力開発法-ヘソと腹脳」より)。
息を腹部に多量に吸い込み、十秒から二十秒ほど呼吸を止めておく。
それを、十回ほど繰り返したら、ヘソのまわりが炎のごとく燃えている映像を描きながら「瞑想」するのである。
効果は、「難病が治る」「ハゲ頭に毛が生える」「事故に遭わない」「万事において栄える」などであるようだ。

以上、参考になればと思う。











プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード