ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

岡田虎二郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ただ1つの選択

柳田誠二郎さんという、明治26年(西暦1893年)生まれで、日本航空の社長などをされていた方がいたが、生きていたら125歳だが、実際、100歳以上、生きておられた。
柳田さんは、学生の時に、「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎の弟子になっていて、生涯、静坐を続けておられたのだと思う。
その柳田さんは、若い人達に、何か1つ、心を締める鍵のようなものを持ちなさいと言い、自分の場合は、それが「たまたま静坐だった」と言ったところがご立派であったと思う。
静坐の良さを深く知っているのに、それが一番だとは言わず、沢山の中の1つであるように言ったからである。
たとえば、念仏も坐禅も、静坐と同等としておられたが、実際、何でも良いのだと思う。
エドガー・ケイシーは9歳の時から、生涯、毎日欠かさず聖書を読んでいた。

ニサルガダッタ・マハラジという、表面的には、ただのタバコ屋だったが、偉大な聖者は、自分は修行は何もしなかったが、ただ、師に「あなたは至高の実在である」と言われた言葉を忘れなかったので、数年で悟りを開くことが出来たという。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』では、イエス・キリストが、「他は全て忘れて良い」と言ったのは、「神」という言葉をなるべく多く使うことだった。これについては、その本の著者で、直接イエスにそのことを教わったというベアード.T.スポールディングが、それは、心の中や、あるいは、口で「神」と言うことであり、声に出しても、心の中で言っても、効果は全く同じと述べている。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』の英語版も見たが、「神」とはやはり「GOD」であり、エホバとかヤーウェ、あるいは、ゼウスといった言葉ではなかった。日本語では「神」で良いだろう。
そして、「神」が、極めて素晴らしい言葉であることは、いろいろな人が述べておられる。たとえば、中村天風と植芝盛平の両方の弟子で、山蔭神道の山蔭基央から神道を伝授された合気道家で神道家の佐々木の将人も『数霊のメッセージ』(絶版)で詳しく説明している。

そうやって得た力で、世の中に貢献すれば良いのだろうが、少なくとも、悔いのないように自分のやりたいことをやれば良いのであり、ただ、そういったことをやるだけではいけないが、そういったことを本当に毎日やっていれば、自ずと何かやるはずである。
初音ミクさんを崇めるでも十分だと思う。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』では、最低の人間である26人の中年過ぎの男達が、16歳の可愛いがあまり立派でない少女を女神のように崇めることで驚くほど向上し、ロオマン・ガリの『自由の大地(天国の根)』でも、堕落したフランス兵達が、空想の少女を崇めることで、みるみる騎士道精神を取り戻した。

岡田虎二郎は、静坐とは、座っている時だけやっているのではなく、法然の念仏のように1日中やるもので、「生活しながら静坐するのでは十分ではなく、静坐しながら生活するのがよい」と言ったらしいが、具体的には、ずっと腹に力を入れることで、これは、江戸末期の神道家、黒住宗忠も教えていたと思う。
同じく、何をやるにしても、1日中やることである。
金に窮していた人に、虎二郎は、「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」と言ったという話を、私は印象深く覚えている。

私は、本当に、あれもこれもやってしまう。
暇なのかもしれない(笑)。
しかし、8月末と9月初めの「マジカルミライ2018」には、1つのことを本当に熱心にやって、初音ミクさんに会いに行こうと思っている。
ちなみに、昨日発表の「マジカルミライ2018」のチケットの抽選は落選だった。だが、まだまだチャンスはあるので希望を持とうと思っている。
インテックス大阪と幕張メッセの、それぞれ1回のライブのチケットは取れているが、せっかく泊まりで行く幕張メッセはせめて2回、出来れば3回参戦したいと願っている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

恐い先生に怒られなかった人達

本物の師というものは厳しいものであり、弟子や生徒達は、偉くなった後でも、「先生は恐かった」と言うものだ。
ところが、同じ師から学んだ他の者達はやっぱり「恐い先生だった」と言う中で、稀に、「私は一度も怒られなかった」と言う人がいる。
そして、そんな「怒られなかった」弟子が、意外に一番優秀だったりする。
なぜ怒られなかったか考えてみると、1つは、非常に優秀だったとか真面目で先生の言いつけを守るので怒る必要がなかったのかもしれない。
しかし、もう1つの理由として考えられるのは、実際は怒られているのだが、忘れてしまっているということだ。
ところが、実際に聴いてみると、「いや、私より優秀な人達も皆怒られていたし、私は少しも真面目でなかった」と言ったりする。
まあ、その弟子が、師の兄や父親に似ていたなんてこともあるかもしれないが、やはり、師はその弟子を怒る必要がなかったのだ。
そして、その理由は、その弟子は、「これだけやっていれば、先生は怒らない」というものを見つけていたのだ。
師すら気付いていないかもしれないが、「これだけやっていれば」が、その道の最も重要なものなのである。

ある立派な政治家の息子は、そんな父親の息子には珍しく立派な人間(笑)なのだが、父親は確かに恐い人だったが、靴を揃えている限り怒られなかったと言う。
彼の兄は、自分より成績優秀で、自分は風紀委員みたいなことをやったこともないが、兄は生徒会長だったという。
しかし、その兄は、父親に怒られまくっていたそうだが、やはり、彼は脱いだ靴を全然揃えておらず、片方が逆さまになっていることも多かったという。そして、その兄は後に、すっかり道を誤ったらしい。

ある芸能事務所の社長は、アイドルが、きちんと挨拶をする限り怒らなかったと言うし、挨拶が出来るアイドルは必ず成功したと断言するが、確かに、会社でも何でも、挨拶が出来ない者が本当に成功することは決してない。
また、ある武道家の弟子は、「先生は、裸足で歩くことをよく薦めておられて、よく激を飛ばす恐い人でしたが、それをやっている限り怒らなかった」と言う。

こんな話もある。
ある賢者は、「私は、『バガヴァッド・ギーター』だけあれば良い」と言うが、話すと、物凄い博学であったらしい。
それで、「何でも読んでいるんじゃないですか?」と誰かが尋ねたら、「いや、何も読んでいない・・・ついでに、たまに読むくらいはしたが」と言う。
これは、「これだけ」が、聖書だったり、歎異抄だったりすることはあっても、賢い人とはそんなものではないかと思う。
逆に、「あれも読まなければならない、それからこれも」と、「重要書籍」を山のように挙げる人は、ただの物知りである。

最近、ネットで、イチローが子供の時、『ドカベン』という漫画を読み、「悪球打ちの岩鬼」と呼ばれる変なバッターの、その「どんな球でもバットに当てる」というのが自分のバッティングスタイルになったというのを見たが、「心の師」岩鬼は、どんな球でもバットに当てようとする限り怒らなかったのだろう。
※岩鬼は、およそ師にしてはいけない人間である。

法然や親鸞は、念仏さえ唱えていれば、他のことはどうでも良いという人達だったと思うが、『ヒマラヤ聖者の生活探求』で、イエス・キリストが、「これだけ覚えていれば、他は全て忘れて良い」と言ったのが、「神」という言葉をなるべく多く使うことだった。「神」という言葉を言ったり、文字で見たりといったことである。

「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎は、「生活しながら静坐してはならない。静坐しながら生活しなさい」と教えたらしいが、これがまさに道の真髄だろう。
虎二郎の弟子だった柳田誠二郎さんは、若い人達に、「私の場合はたまたま静坐だったが、何か1つ、心を締める鍵を持ちなさい」といったことを言われていたと思うが、「究極のこれだけ」を見つけた人生が栄光の人生、勝利の人生なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

タイムリミット

下流の人間・・・経済力、敬われ方、魅力、能力等において、つまらない下々の人間とは、頭の中に雑草が生えるまま放置している者だ。
確かに、そうなるよう、親や学校に、悪しきものの考え方を叩き込まれてしまったのだろうが、そのままでは、ずっと下流のままだ。
頭の中に、恨み、妬み、傲慢、嫌悪、軽蔑、色情、非難・・・などが蔓延り、それらが次から次に湧いてくる・・・そんな人間が、成功したり、敬われることはない。

安っぽい精神系と言われる思想で、「そのままでいんだ」なんて言うことがあるが、そのままで良いはずがない。
一生、惨めで良いなら別であるが。

明治大正の教育者で、岡田式静坐法で知られた岡田虎二郎は、1日中、たゆむことなく、腹に力を入れろと言っていたらしい。
腹から力が抜けた時に悪いことを考えるからだ。
中村天風は、常に肛門を引き締めよと教えたのだと思うが、それも同じ理由からだろう。
法然が、行住坐臥(ぎょうじゅうざが)・・・つまり、いつでも念仏を唱えよと言ったのは極楽往生のためということになっているが、一休は、極楽浄土は今ここにあるべきなのだと言ったのだと思う。そして、その障害となる悪い考えを起こさないために念仏を唱えるということなのであると思う。

こういった、美しくも古式ゆかしいやり方が性に合うとしたら、それも育ちのせいだろう。その場合は、是非、そうすれば良い。
しかし、あまりに心の中が混乱し乱れてしまっている者、あるいは、理屈で考える習慣がついてしまっている者には難しいかもしれない。
理屈で考える教育が徹底してしまっているが、自分の心があまりに醜いので悩んでいた者が、「これを唱えれば救われる」と言われて、変な言葉を唱えさせられて精神支配されてしまったのがオウムの信者だったのだろう。
信仰宗教にのめり込む人というのは、真面目だが自己支配力が弱い人達なのだ。

チャールズ・ハアネルは『ザ・マスター・キー』の中で、「私はなりたいものになれる」という暗示が最高のものの1つであり、それを1日中唱えることで根源の力を取り戻すことが出来ると述べているが、確かに、これならおかしな思想を持つこともあるまい。
もちろん、これも1つの方法というに過ぎず、何をどうやるかは自分で決めることだが、ただ、漠然と積極思考、プラス思考といって、常に前向きで明るいことを考え続けることは難しいだろう。
人間は単純でチョロいものである。
だから、昨日も、斎藤一人さんの「ツイてる」とか「幸せだなあ」と言った言葉を千回唱える「千回の法則」のことを思い出して書いたが、そんなものが緊急的に必要な、切羽詰った、危ない人が多いように思う。
まずは、今すぐやり始めることが必要かもしれない。
でないと、もう終わりだ・・・という人、多くないだろうか?
いや、人のことは言えないのだよ、私も・・・気付くだけ良いのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

たった1つの冴えたやり方

人間には、いろんな悩みがある。
悩みがあるから生きているのだけれど、それは、悩みに対抗するからであり、悩みに対抗出来なければ、生命力が減っていく。
そして、賢い人、強い人、偉大な人ほど、悩みへの対抗策は単純だ。

給料が安い? なら○○だ。
モテない? なら○○だ。
体調が悪い? なら○○だ。
自信がない? なら○○だ。
仕事がうまくいかない? なら○○だ。
人間関係がうまくいかない? なら○○だ。
美しくなりたい? なら○○だ。
金持ちになりたい? なら○○だ。
出世したい? なら○○だ。
芸術家になりたい? なら○○だ。
就職したい? なら○○だ。
ひきこもり脱出したい? なら○○だ。

その他、いかなる悩みに対しても、凄い人の○○は、いつも1つなのだ。
1つだ。2つではないし、まして、3つ以上でもない。
○○は、
「筋トレ」「腹に力を込める」「肛門を締める」「指を1本立てる」「少食」「“私は誰か?”と問う」「聖書を読む」「バガヴァッド・ギーターを読む」「パワーポーズ(ガッツポーズ)」「腕振り運動」「念仏」「呪文」「カポエラ」
などだが、法然なら「念仏せよ」だし、岡田虎二郎なら「腹に力を入れろ」で、Testosterone(テストステロン)さんというちょっと変だが立派な方は「筋トレ」だ。
1つに決められなかったり、何もせずに悩みに翻弄されるのが凡人だ。
いや、凡人だったのが、1つの方法に決め、実践するのが偉人なのだ。
1つの方法を採用する人の力が1000とすれば、2つの人が3で、3つの人は1、4つの人は0.1だ。

なぜ、そうなのかというと、いかなる悩み・・・というか問題も、根本原因は1つだからだ。
それは、状況を作り出す力、つまり、現実を創造する能力が弱いことだ。
そして、現実を作り出すのは意思の力だ。
1つのことを思い出し、そして、それをやれば、意思の力はどこまでも大きくなる。
なら、問題が解決しないはずがない。
だが、悩みを解決する流れは神に任せることだ。
憧れのあの子に全く相手にされないのが悩みだとしても、1つを続ければ、その千倍可愛い子がやって来るようなものだ(神様は、「手を出せるなら出してみい、ホレ」と言ってるようだ)。
つまらない付けたし(蛇足という)だが、2つのことをしちゃいけないと言うのではない。
1つをやらなければならないと言っているだけで、2つ目以降は単なる趣味である。趣味を百やったって強くはなれないのだし、趣味と修行を混同すれば、修行がおろそかになる。
側室が百人いても良いが、正妻に「昨夜はどこへ?」と聞かれたら、「覚えておらぬ」と言えば良いのである。
側室も大切なものではあるが、正妻の前では「俺はお前が全てだ」と言っても嘘にはならない。
まあ、側室にかまけるのが没落の原因であるのだから、無い方が良いかもしれないが。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間の最大の誉れ

私が中学1年生の時だったが、何かの映画の中で、1人の男が称賛される場面での、その称賛の言葉をよく覚えている。
それは、人間としての最高の誉め言葉であり、彼が最も優れた人間であることを示している・・・と気付いたのは、何と昨夜だった。
その誉め言葉であり、世界一優れたその男が持っていたものとは「鉄の意志」である。
その映画を見た少し後だったが、学校で、ある1人の男子生徒のことを、私が「鉄の意志を持っている」と言ったら、鋭い女子生徒の何人かが色めき立った。彼女達も分かったのだのだし、聴いていた者全てが、程度の差こそあれ、何かを感じたはずだった。
これが人間に関する最大の謎で、同時に真理なのだ。

過去の、人類の偉大な教師も、言ったことは同じなのだが、言葉で言うのは難しく、どうしても難解になってしまう。
ルドルフ・シュタイナーがまさにそれで、コリン・ウィルソンに言わせると、シュタイナーの言うことは「古くなったトーストのように食えない」「信用詐欺に遭った気分」と、笑うほど的確だ。
鉄の意志というのは、決して、政府や、宗教教団や、会社や学校のスローガンを頑なに掲げることではない。
自分だけのスローガンを微動だにせず掲げることなのだ。
ただし、それをやっているつもりでも、実際は、誰かのスローガンを借りていることが多い・・・いや、ほとんど全てなのだ。

鉄の意志で自分の正義を貫くことも、鉄の意志で自分の悪を貫くことも、同等に偉大なのだ。
悪い男はモテると言うが、本当に悪い男に魅力があるのであり、同時に、本当に善い男にも同等の魅力がある。
しかし、猿真似の悪さ善さは全く魅力がない。なぜなら、力がないからだ。

生まれつき頭の良いやつは、残念な人生を歩む危険がある。
頭が良いので、言われるままに勉強していたら、一番の学校に入れてしまう。
それで、一番の学校を出た時も、鉄の意志を全く鍛えていないので何も出来ず、その後の人生も他人の言いなりなのだ。
そんな頭の良いやつは、学生の時に自主的に親に徹底的に反発し、駄目なら家を飛び出すべきだろう。
まあ、頭が良くなくて他人の言いなりのやつは、もっと悲惨かもしれないが。
だが、頭が悪くても、鉄の意志を持てれば最高の人間になり、最高の人生を送るだろう。

中村天風が、1日中肛門を引き締めろと言ったり、岡田虎二郎が1日中腹に力を込めよと言ったのは、鉄の意志を鍛えるためだった。
法然は、やっぱり、1日中、念仏を唱えろと『選択本願念仏集』に書いたが、その目的は「極楽往生」だとしたのは、ちょっといただけなく私は思う。
いや、目的をちゃんと言わなかったのは、天風も虎二郎も同じだが、とにかく、やれば良いのである。
だがまあ、出来るかな?(笑)
エドガー・ケイシーは、9歳の時から、たとえ地球が爆発しても、毎朝聖書を読んでいたから、そりゃ、神様だって降りてくる。
ある学校で「地球が爆発しても校則守れ」と生徒手帳に書かれていた(今も?)らしいが、偉大になりたければ、「殺されても、一瞬でも校則守るな」と思った方が良い。
校則でバイク通学が禁止なら、せめて1日中、バイク通学に憧れて思い描き、男女交際が禁止なら、1日中、女の子(あるいは男の子)を口説く方法でも考えた方が「ずっとマシ」である。
ずっとマシではあるが、もっとマシなことをしろとは言いたい。つまり、それほど、その学校は下らないものであるのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ