ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

岡田虎二郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

一瞬で覚醒した50代後半の駄目男

『私はできる』というタイトルの本がある。
原題は『I Can the Key to Life's Golden Secrets』で、日本語では、「私はできる~人生の黄金の秘密を開ける鍵~」といった感じだろうか?
自己啓発分野で世界的に有名な心理学者ベン・スイートランドが書いた大ベストセラーで、1960年頃の本だが、今でもロングセラーを続けている。
ところで、私は、この本の「まえがき」を読んで、これだけで良いのではと思ってしまった。
「まえがき」は、Amazonサイトで「試し読み」で全文読めるし、KIndle版のサンプルの中にも全部入っている。

教育家で「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎は、小学4年生の時、学校でルソーの『エミール』を読んだことで人生の志を立てたと言う。
ところが、虎二郎が読んだのは、『エミール』の前書き(序)だけだったのだ。
こちらは、Amazonサイトでは岩波書店版の『エミール』の「試し読み」では、「解説」の部分が書かれていて、残念ながら「序」は読めない。
だが、ちゃんと買って「序」を読んでみたら、確かに素晴らしい。
調べたら、エミールは、元々は、「序」の部分だけ書く気だったらしい。

ベン・スイートランドは『私はできる』の「まえがき」だけを書く気だった訳ではないだろうが、私は「まえがき」だけで満足してしまった。
それはだいたい、こんな感じの内容である。
ベン・スイートランドの自己開発セミナーに毎週やって来る、50代後半の駄目男がいた。
会社をクビになり、無職で、奥さんに養われていた。
この駄目男は、セミナーの成果は全く出なかった。
ところがある日、セミナー教室の窓から見えるネオンサインの広告を見て、この駄目男は覚醒した。
そのネオンサインの広告の中に、AMERICAN(アメリカ人。アメリカの)という文字があったのだが、前半の「AMER」が建物で隠れていて、この駄目男には見えなかった。
つまり、この駄目男に見えていたのは「ICAN」で、スペースを1つ入れれば「I CAN(私はできる)」だ。
「I CAN(私はできる)」という文字を見て、この駄目男は駄目でなくなったのである。
自分はこれまで「私はできない」と考えていたが、「私はできる」と考えれば良いのである。
それが求めてやまなかった答だったのだ。
我々も同じである。
ある一定レベル以上のことは、「私にはできない」と考えるよう洗脳されていたのだ。
それを、「私はできる」に変えればいいだけだ。

それにはどうすれば良いか?
『ヒマラヤ聖者の生活探求』5巻に答がある。
著者のスポールディングは、4歳の時、大学予備校に連れて行かれ、教師に文字を見せられ「どう思う?」と聞かれた。
スポールディングが「分からない」と答えたら、教師は、「自分にはちゃんと分かっているという態度でいなさい」と言った。
おかげで、スポールディングは何でも分かるようになり、14歳で名門大学を卒業し、科学者にもなれた。

「態度は事実より重要」である。
「私はできる」という態度を取れば良い。
あるいは、口ぐせが人を作るのだから、「私はできる」を口ぐせにすれば良い。
両方やればさらに良いだろう。








引き寄せの陰謀論

いつも述べる、アファーメーション、自己暗示、呪文などによる引き寄せについて、世の中の現状と、簡単な歴史を述べる。
熱心に取り組む動機になればと思う。

世の中には、本当に駄目なやつがいる。
身体や知能の欠陥ではなく、精神的な原因で駄目なやつだ。
そもそも、身体や知能に欠陥があっても駄目でない人は沢山いる。
だが、小学校の時は超秀才であった者や、身体は非常に丈夫なのに、どうしようもなく駄目な者達が大勢いる。
いったい、どんな育ち方、生き方をすれば、ここまで駄目になるのかと驚くような駄目な者達。
なぜ、そんな者達が生まれたのかというと、間違った教育が、極端な形で作用してしまったのだと思う。
そんな者達は、社会でうまくやっていけないので、極端な場合、完全な引きこもりになり、そのまま、40代にもなれば、もうどうしようもなくなる。
時々、引きこもりの更生の訓練を実施する活動を見るが、うまくいかないと思う。

全く駄目な者達について書いたが、実は、ほとんどの人達が、そんな者達に似ているのである。
なぜなら、上にも述べたが、全く駄目な者達というのは、間違った教育が極端な形で作用してしまったのであるが、全員が同じ教育を受けているからである。

その中で、ポジティブ・シンキング(積極思考)、潜在意識による成功法則、引き寄せの法則は、人々を奴隷状態から解放する目的を持っていた。
いや、それ以前の、魔法結社、ニューソート(新しいタイプの宗教)、光明思想等もそうなのではと思う。
これらは、エリートだけを集めたのではなく、社会の底辺の者達も受け入れたのだ。
ところが、こんな話がある。
ある有名な引き寄せの法則の本は、全く役に立たない形に改変されてしまっているのである。
肝心な部分を削除し、余計な文章を加えることにより、それを読んでも、引き寄せが出来ないようになってしまった。
そういった、「元々は優れた引き寄せ書」の特徴は、その本の中に、矛盾し合う箇所が複数あり、読者を騙し、特に頭の良い読者は混乱するのである。
なぜ、そんなことが行われたのかは、あまりはっきり言えないが、まあ、どうでも良いことである。
我々は、正しいやり方を知れば良いだけだ。

宗教というのは、それが全て引き寄せの法則であるとは言わないが、引き寄せのようなものは十分に含んでいたのであるが、そこはだいたい省かれている。
聖書や仏典も、かなり書き換えられていると言われているが、そうなのかもしれない。

とはいえ、引き寄せの法則の本や、宗教書の中には、真理の欠片が残っている。
だが、それを調べることは、暗号解きのようなものになってしまうので、時間がかかり過ぎるし、無駄なことだ。
単に、正しい部分を見つければ良い。
その正しいものは「単語法」というもので、力ある言葉、あるいは、ごく短い文を、ひたすら反復するものである。
法然も、従来の仏教の教えを否定し、お釈迦様は念仏だけを残したとバラした。
まあ、法然はそれで酷い目にあったのだが、そこは真理を掴んでいた法然なので、なんだかんだで復活し、80歳で亡くなるまで活躍した。
彼の教えは、ひたすら念仏である。
日本で、明治から昭和初期に、ひたすら念仏で神秘的な力を持った妙好人という人々がいたが、こんな人達は消されて今はいない。
また、同じ時期に、岡田虎二郎という人が「岡田式静坐法」を広めたが、虎二郎は、静坐というよりは、別の凄いことを教えたのだと思う。
虎二郎は、死の直前、書いたものを全部燃やしたと言われるが、本当は、奪われたのかもしれない。

以上が、正しい引き寄せの方法が伝わっていない理由の陰謀論である(笑)。
どんな駄目人間でも、人間本来が持つ能力を取り戻し、駄目でなくなるのが、いつも述べているアファーメーション、自己暗示の、ひたすら反復なのである。
基本は、法然のやり方なのであるが、それを、自分の好きなアファーメーションや自己暗示でやれば良いと思う。








最初に重要なことが書かれている本を読む

「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎(1872~1920)は、学歴で言えば、今日でいう中卒であるが、30歳位の時に、個人でアメリカに行って学ぶという、当時としては極めて稀な経験をしている。
この渡米は、別に、アメリカの学校に行ったとかいうのではないだろうが、アメリカで多くの書物を読み、また、見分を広めたことは、並の留学より有益なことだったかもしれない。
アメリカから帰って来て後、岡田は、岡田式静坐法を開発し、普及に務めた。
岡田式静坐法は、岡田の弟子で、日本航空の社長や日銀の副総裁等を務めた柳田誠二郎氏によれば、座禅と同じようなものであるらしいが、私の解釈では、優れた瞑想効果により、心身を健康にすると共に、高度な引き寄せを可能にするものだったと思う。
実際、岡田は、岡田式静坐法は「腹を鍛える」ものであるとし、お金に困っているという男に、
「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」
と言ったようだ。

岡田式静坐のやり方そのものは、【Wikipedia】岡田式静坐法に詳しく書かれている。
考え方はいろいろであろうが、今、岡田式静坐法をそのままやるよりは、第一に、日常、ゆっくりとした呼吸をすることを心がければ良いのだと思う。
岡田は、1分で1回程度のゆっくりとした呼吸をしていたらしい。
神秘な能力を発揮する仙人となると、1時間に1回とか、1日に1回という呼吸をするという話もある。
発明家で工学博士の政木和三氏は、小学生の時に腹式呼吸の訓練をし、1分に1回の呼吸を身に付けると、様々なあり得ない現象を起こすようになった。
例えば、母親が読んでいたお経の意味を、勉強をした訳でもないのに突然に明瞭に理解出来たり、習ったことがないピアノを演奏出来るようになった。ピアノ演奏については、講演会でも時々披露し、自ら作曲した曲で、ピアノソロ演奏のCDまで出している。また、作詞作曲した曲を、中国の天才音楽家・舞踏家・歌手のウ―・ルーチンが歌ってCDにもしている。
他にも、ゆっくりとした呼吸をすることで、高度な能力、神秘な能力を開発し、稀な幸運を得て、それを生かした人が沢山いる。
関英男博士によれば、呼吸の数が少ないことが進化していることの証で、人類が高度な宇宙人と肩を並べる時には、呼吸数が現代人よりはるかに少なくなっていると述べていた。
呼吸のポイントとしては、吐く時に細く長く吐くことが重要と思う。

ところで、岡田が偉人になったきっかけは、小学生の時に、学校で、ルソーの『エミール』を読んだことだった。
それが、岡田の精神を覚醒させ、人生を変えたのだ。
ただし、岡田が読んだのは、『エミール』の前書きだけであったらしい。
実は、ルソーは、元々は、『エミール』の前書きの部分だけを、エッセイとして書く気であったらしいが、あんな大書になってしまった。
しかし、エッセンスはやはり、前書きにあると思う。
『エミール』に限らず、書物には、前の方に大切なことが書いてあるものが多い。
前書きや第一章以下は実は付け足しのようなものという本は、名著にも多いし、そもそも、本の種類にもよるが、要点を最初に述べるのが良い本であると思う。
私は、ニートであった19歳の時に、書店でジョセフ・マーフィーの本を見つけ、沢山のマーフィーの本の中から、『あなたも幸せになれる』(文庫版では『努力嫌いの成功法』。原題は『コズミック・エナージャイザー(宇宙の活力)』)を選んだのだが、幸いだったのは、この本も、第一章に重要なことが全て述べられていて、おかげで私は、すぐに引き寄せをマスター出来たことだ。
まあ、確かに、マーフィーの本は全て、最初の方に重要なことが書かれていて、後の方は、同じようなことが繰り返されている傾向がある。
クラウド・ブリストルの引き寄せの古典の名著『信念の魔術』も、最初の方でエッセンスは全て語られている。
アイザック・ニュートンは、本を読んで分からなくなると、いったん読むのをやめ、その後、また最初から読んだらしいが、本の多くが、最初に重要なことが書かれているので、良い読み方であると思われ、これが、ニュートンが天才になった秘訣かもしれない。








気分が良い時は心は静かである

日本航空の社長や日本銀行(にっぽんぎんこう)の副総裁を務めた柳田誠二郎氏(1893-1993)は、学生の時に、「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎(1873-1920)の弟子になり、生涯、岡田式静坐法を続け、また、岡田虎二郎に関する書籍を何冊か書いている。
そのどれかの本だったが、岡田虎二郎にある男性が、自分は金に困っていると言ったところ、岡田は確か、「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」と応えたようである。
「腹に力がつく」とは、何とも分かり難いのであるが、岡田式静坐法では、腹に力を込めて静坐するのであるが、岡田は、静坐とは、実際に座っている間だけでなく、1日中やるものであり、常に腹に力を入れていなければならないと教えたらしい。
これは、なかなか難しい。
中村天風は、1日中、肛門を引き締めよと教えたことが、中村天風の講演録にも書かれているが、これと似たものと思う。
しかし、こう断言して良いだろう。
そんなの、両方、不可能だ。
ある有名な気功家は、1日トータルで1時間、肛門を引き締めよと本に書いているが、これすら非常に難しい。
私もやってみたが、1日10分でも続かないと思う。
だが、中村天風は、それをやらないといけないと譲らない。

中村天風の高弟の1人で、神道の神官でもあった佐々木の将人(まさんど)氏は、そこまで無茶は言わなかったようだ。
彼は、武道において、人差し指が「師匠預けの指」として、使ってはならないこと、即ち、人差し指を開き、小指に力を入れることを教えたが、そうすると、肛門は自然に引き締まる。
だが、それとて、木刀を持っているような間のことで、普通の人は木刀を持つ機会はないし、カラオケでマイクを握る時は、小指を立てることすらあるくらいである。
一方、中村天風の別の高弟であった、藤平光一氏は、中村天風の教えを否定し(中村天風自身が、自分の教えは忘れろ、これからは藤平に聞けと言ったと、藤平氏の著書に書かれている)、藤平氏は、『氣の威力』などで、腹に力を入れてはいけないとも書いている。
もう、こうなると、我々は弄ばれているようで、何が何やら分からない(笑)。
私も、散々、困惑させられたが、ニサルガダッタ・マハラジによれば、そういった、困惑させる人は必要だし、困惑させられることも必要なのらしい。

だが私は、腹に力を入れるとか、肛門を引き締めるということの真意を理解するに至った。
無論、私なりの解釈であるが、それは、「気分を良くする」である。
気分が良い時、霊的な腹に力があり、肛門に位置する霊的機関のエネルギーは高まる。
そこで、最初の、岡田虎二党の教えを正しく言い直すと、こうなる。
「金?気分が良ければ、金はいくらでも出来ますよ」
偶然というよりは必然であろうが、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の神髄が、まさにこれである。
気分が良いとは、愉悦にあること、喜びに満ちていることである。
しかし、勘違いされることが多いが、それは、ハイであるといった、騒がしい状態ではない。
どちらかというと、非常に静かな状態、あるいは、徹底的に静かな状態なのだと思う。

「嘘も千回言えば真実になる」と言ったらしい人の言うことだから、どこまで信用して良いか分からないが、世界的な空手家であった、大山倍達氏の話が参考になる。
実際、以下は多分、作り話だとは思うが、似た体験はあったと思われるリアルさは感じるのだ。
大山氏が、真剣を持った剣の達人と素手で決闘した時のことだ。
大山氏は、死を完全に覚悟し、手足の1本でも残っていれば、相打ちに持ち込もうとだけ思い、突進していった後の記憶がないと言うが、気がついたら、剣の達人は伸びていて、自分は無傷だったという。
似たこんな話がある。
ボクシング世界タイトルの防衛回数で日本記録を持つ具志堅用高氏は、グスマンという世界チャンピオンを倒して世界チャンピオンになったのだが、グスマンのスパーリングを初めて見た時、そのあまりの強さに恐ろしくなり、緊張のあまり、試合の時、ゴングが鳴った後のことは覚えていないが、気がついたらグスマンは伸びていたという。まあ、これも、当時のマスコミが作っただけの話かもしれないが。
恐怖を持ったまま、心が揺れているままでは負けるが、それを飛び越えて無になった時に、無限の力を発揮するということと思う。

そして、気分が良いというのも、心がとても静かな状態なのだ。
だが、それを、今まで言われていたような、難行苦行の末に得るものと思ってはならない。
普通に気分が良ければ、心は静かになるのだ。
好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べた時に、ごく自然に得られる状態なのである。
ただ、音楽を聴いて馬鹿騒ぎをしたり、刺激的な食物を「がっつく」ような状態とは程遠い。
とはいえ、実に簡単なことである。
>








常識をぶっ飛ばすと古(いにしえ)の知恵を活かせる

法然(1133~1212年)や親鸞(1173~1263)は、ただ念仏を唱えよと教え、道元(1200~1253)は、とどのつまりは、ただ座れ(坐禅)と教えた。
その効果は、念仏は、死んだら極楽浄土に生まれるとこで、座禅は悟りを開くことだったと言われるが、一休(1393~1481)が、極楽浄土はどこか遠いところにあるのではなく、今ここに作りだせるものだと言ったことからも分かる通り、念仏も真の目的は悟りで、念仏と坐禅に違いはない。
こんなことを言うと、専門家に怒られそうだが、このくらい分かり易く言わないといけない。

で、念仏と坐禅のどちらが良いかというと、それは人の適性であり、本来は、家によって宗派を決める必要はない。

念仏というのは、言葉による悟りで、口や心で、「南無阿弥陀仏」と唱えるのが代表的だが、何でも良い。
「南無観世音菩薩」はもちろん、「南無妙法蓮華経」も同じ。
いや、般若心経などのお経を唱えるのも、さらには、日本の神道の祝詞を唱えるのも、キリスト教の「主の祈り」を唱えるのも、讃美歌を歌うのも、讃美歌的な『アヴェ・マリア』を歌うのも同じだ。
「アーメン」でも良いし、ラマナ・マハルシが教えた「私は誰か?」と問うても良い。
「アジマリカン」や「オーム(アウム)」や「阿吽(あうん)」などの呪文・真言でも良い。
「アマテラスオオミカミ」や「クリシュナ」などの神の名でも良い。
自分の気に入ったものを、口で心で唱える、歌うなどすれば良いのである。
それによって、余計な思考が消え、何も考えないことで、心の深層にある真の知恵である英知にアクセスすれば良い。
そうすれば、科学的に説明出来るかどうかは、今のところ微妙ではあるが、運を始め、全てが良くなり、早い話が幸福になる。

ところが、念仏・・・というか、口や心で何かを唱えることよりも、身体で何かするのが向いている人もいる。
道元も、そんな人が多いと分かったのだと思う。
それで「ただ座れ」と坐禅を勧め、道元は坐禅の細かい注意を教えたのだと思うが、それらの作法は二次的なもので、一応の注意・・・くらいで良いと言ったら、やはり専門家に怒られそうである(笑)。
明治・大正の時代に、岡田虎二郎(1872〜1920)が、「岡田式静坐法」を教えたが、これは、座り方が違うだけで、坐禅と全く同じである。西洋人の場合は椅子に座らせた。つまり、やはり、座り方自体も何でも良く、単に、当時の日本人は正座に慣れていたので、そのスタイルでやっただけだ。そして、とどのつまり、岡田虎二郎は、「1日中、腹に力を込めよ」と教えたように、座る必要すらなく、腹に力を込めれば良いだけである。
そうすると、「力を込める場所はどこか?」とか、その他、いろいろごちゃごちゃ言う人がいるが、どこでも好きな場所に力を入れれば良い。
現実的には、ヘソのあたりが入れやすいと思う。
ところが、中村天風(1876~1968)は、「1日中、肛門を引き締めよ」と言ったが、それも同じなのだ。
私の場合、ヘソに力を入れたり、肛門を引き締めたり、その両方を同時にやる。緩いものである(笑)。
それよりも、運動・・・腕振り運動でも、スクワットでも、四股でも、腕立て伏せでも・・・をする時、ヘソに力を入れると楽なので、そんな活用もしている。
坐禅・静坐も、念仏と同じく、思考を消し、英知に通じ、幸運、幸福を呼ぶものである。

人それぞれ適性があり、念仏でいくか坐禅でいくか選ぶと良いが、上に述べた通り、いずれも、広い範囲のやり方があり、何かが合うだろう。
それでうまくいくこと間違いなしであると思う。
セコい専門家がぐだぐだ言うのは・・・それはそれで、参考に有り難く聞く(読む)のも良いかもしれない。ただし、あくまで参考程度にするように。













当ブログオーナー、KayのAI書。
本書は、AIの研究者、AI研究開発企業の技術者になったり、検定や資格試験に合格するために書かれたものではありません。
便利な道具であるAIを、誰でも自分で作れるようになることを目的としました。
Excelが適度に使えれば、何の資格も必要ありません。
お絵かきソフトの本が、学術的なグラフィック理論やお絵かきソフトの開発法を知りたい人を対象にしているのではないのと同じです。
ただ、とっかかりの敷居を下げ、なるべく面白いテーマで、AIを作るコツを掴めればと思います。
AIは、もう誰でも作れる時代で、Googleが検索能力で人間を拡張したように、AIは推測能力で人間を拡張するのです。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード