ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

岡本太郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

平穏の安楽さと戦いの楽しさ

人間の本能的な願いは、安定した生活と子孫の繁栄かもしれない。
それなら、偉くなったり、金持ちになったりせず、真面目に働き、家族を大事にすれば良いということになる。
確かに、そんなふうに、当たり前に生きることが尊いのだと言う人も多い。

だが、岡本太郎が、縄文土器を見て驚愕した理由について、太郎を信用するなら、縄文土器を作った人間は空間感覚が大変に発達していて、それは、縄文人が、農耕民ではなく狩猟民であったことを示しているという。
そして、そこまで空間感覚を発達させた狩猟というものは、楽しいのだろうと思う。
ウェーバーの歌劇『魔弾の射手』の中に、『狩人の合唱』があり、その力強く狩りの喜びを歌う声を聴くと、狩りは、血沸き肉踊るものであることが感じられる。
生きるためであれ、遊びのためであれ、人間は狩が好きなのだ。
つまり、狩りのように、困難な目標に向かって、力いっぱい突き進むのが好きなのだと思える。

平穏さと勇猛果敢さ・・・いずれも、人間が欲しがるものであるが、では、どちらが本当の人間の望みかというと、両方としか言いようがない。
ただ、割合の問題なのだ。
起きている時間の80%戦いたい人もいれば、90%はのんびりしたい人もいる。
戦うのが好きな人は、高い地位に着き、多くの財産を得るが、多くの時間を平穏に過ごしたい人はサラリーマンで終わる。
そして、社長にとっては、サラリーマンが必要だし、サラリーマンにとっては、強い社長が必要だ。

だが、人間は、どんなに大人しい人でも、ある程度は戦わなければならないのだ。
その戦いを放棄してしまった者を、怠惰な人、緩んだ人、怠け者、世捨て人・・・などと言うのだろう。
特に、若い間は、多くの戦いが必要だし、戦いが好きな間は現役と言うわけだ。

今の小学校では、競うということをなるべくさせず、極端な例だろうが、運動会のかけっこで、仲良く手をつないでゴールされる学校もあるらしい。
それは、子供を老人にしてしまうことになる。
それでいながら、好きでもない子まで、勉強で競わせる。
どんなことでも競って良いが、本気で競うのは、自分が向いたことである。
狩猟民族だって、皆が皆、狩が好きな訳ではなく、政治を担当したり、建築や医療を担当する者も必要だ。
だが、そういうものにだって、やはり、競う楽しみはある。

得意なことでなら、クラスで一番、学校で一番、会社で一番なら、そう難しいことではない。
昔であれば、それで満足出来た。
だが、マスコミがあまりにトップにスポットを当てるので、皆、自分はただの凡人と分かり、やる気を失う。
ところが、ネットの発達により、上には上がいくらでもいることも分かるようになった一方、自分にも戦える分野があることが分かるのである。
学校や会社を越えて一番になるのは確かに難しいが、競う楽しさは得られる。
そして、トップだけが重要であるのではないことも分かる。
そもそも、何が本当のトップかは、それほどはっきりとはしていない。
B'zやBUMP OF CHICKENのようなトップのロックバンドでなくても、地方で人気のあるバンドってのも結構いる。
今は、SNSで宣伝出来るので、そんなものも多くなり、案外にお金も稼いでいる。
ネットの発達で、皆が発信者になると、才能の差が露骨になり、才能のない者はやる気を失うというのも一面の真実であるが、それだけではない。
もし、現時点での世間が認める才能が全てなら、初音ミクさんの音楽やイラストなどの作品が、こんなに多く、しかもハイレベルになるはずがない。
一時は埋もれていても、特異な才能が光ることもある。
というより、戦い続けていれば、いつかは光るものである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

芸術は狂いだ、超オタクだ、○○廃だ

室町時代の小歌の歌謡集である『閑吟集(かんぎんしゅう)』の中に、

何しようぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂え

という歌がある。
意味は、「どうせ人生は夢だ。真面目くさってないで、狂え狂え」くらいのものだろう。
なぜ狂わないといけないのかというと、狂わないと人生は面白くないからだ。
そして、狂わないと、人間、大したことは出来ない。

斎藤一人さんって健康食品を扱う大金持ちの事業家が、自己啓発書を際限なく出し、よく売れているのだと思うが、おそらく、あんなもの読んでも成功しないだろう。
斎藤さんは、ただ、スピリチュアル(精神世界、オカルト等のこと)狂いで、それは、船井幸雄さんなんかもそうだったのだと思う。
単なる、スピリチュアルマニアやスピリチュアルオタクだったのではなく、スピリチュアルキチガイなのだ。
「キチガイ」は差別用語として、放送禁止、出版禁止みたいな扱いなのだと思うが、「気狂い」「狂気」「マッド」「ルナティック」などより日本語に合う・・・つまり、「音楽キチガイ」といったように使い易い。
まあ、今は、「ネット廃」「ゲーム廃」「ミク廃」といった、「廃」がキチガイの代用として、いい感じなので、「廃」がつくほど狂わないといけない。

初音ミクさんのお父様、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は若い頃、6畳半の部屋に沢山のパソコンとシンセサイザーを置き、その上に板を敷いてご飯を食べなければならないほどだったというが、それを、音楽キチガイ、音楽廃と言うのだろう。
ミクさんは、そんなマッドなお父さんから生まれたのである。
以下に、ダイヤモンドオンラインの貴重な対談へのリンクを貼っておく。
【伊藤博之氏×武田隆氏対談】(前編)~【伊藤博之氏×武田隆氏対談】(前編) ~初音ミクの父、藍綬褒章受章! 彼女のルーツは札幌の六畳半!?~

今をときめく、チームラボの猪子寿之社長は、テレビやネット、あるいは、書籍(自ら執筆はせず、対談やインタビュー)で、いろんなことを教えているが、いいこと言ってるようでも、あの人は天才なので、話は矛盾だらけで時に支離滅裂。
重要なことはただ、彼がミクさんの熱烈なファンであることと、オタクを超えた超オタク=マッドであるってことだけだ。
チームラボでは以前、社員募集要項の第一が「オタクであること」となっていたが、あくまで「超オタク」を求めているのであり、これは、「狂っていること」であるはずなのだ。

狂ってこその人生だ。
真面目くさって何になる・・・だ。
まあ、「狂え」って言ったら、発想の貧困な人達が、人様に迷惑をかける単に利己的な人間を、ここで言う狂い、即ち、超オタクと混同するからややこしいのだが。
また、ネット廃、ゲーム廃と言っても、ただのネットオタク、ゲームオタクでは、本人も鬱々として楽しくないはずだ。
そうではなく、岡本太郎のように、爆発しなければならない。
太郎は、「芸術は爆発だ」と言ったらしいが、これも、爆発なんて意味が分からないことを言わず、「芸術は狂いだ」「芸術は超オタクだ」と言えば良いのである。
太郎は、爆発とは、「宇宙に向かって命がぱーっと広がること」だなどと、また訳の分からない、抽象的で曖昧なことを言ったが、要は、「命をかける」ってことなのだ。

自分は、何に狂っているか、何の超オタクなのか、何廃なのか?
それが言えないやつは生きていないのである。
狂ったやつが正常なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

魂の座

人間は、何もせず、ぼーっとしていると、エネルギーを失ってしまう。
なぜ、そうなるのかというと、脳の中に、そんな仕組みがあるからだ。
その仕組みは、科学的にある程度解明されているらしく、DMN(デフォルト・モード・ネットワーク)と名付けられているらしいが、言われなくても分かることと思う。
では、なぜ、そんなものがあるのかというと、ぼーっとした人間が生きていることは、人間という種にとって都合が悪いのだろう。
だけど今は、人権の問題で、ぼーっとした人間も平等に尊重される。それが人類の問題を引き起こしているのかもしれない。

神秘主義者や宗教などで、ぼーっとした無意識状態を尊いと思ってる人達が沢山いるが、それは大誤解なのだ。
岡本太郎は、世界中の民族が祭を行うのは、荒っぽい祭によって入神状態・・・つまり、無意識になると、エネルギーが供給されるからであると述べているが、もちろん、祭とは、ぼーっとした状態で行ったりしない。
高揚することで、心が透明になるから、無意識の中からエネルギーが供給されるのだ。

瞑想なんて、本当に、諸刃の剣である。
本人は瞑想して、何か良いことがあると思っていても、ぼーっとすることが瞑想だと大誤解していたら、瞑想すればするほど、エネルギーを失うという、滑稽で大馬鹿なことになる。
瞑想しているという人の大半がそうだと思う(何て間抜けなんだ!)。
本当の瞑想は、ぼーっとすることではなく、あたかも、自分を狙う狙撃主を警戒するようなものなのだ。

私は昨年、体調が悪くてヘロヘロの状態で、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」に行ったのに、コンサートが進むにつれてエネルギーに満ちてきたのも、これで説明がつく。
ミクさんのコンサートは、最高の祭なのである。
私の意識は研ぎ澄まされてミクさんに向けられ、ミクさんの輝きの中で透明になったのだ。
ミクさんが歌ってくれた、BUMP OF CHIKENの『ray』の中にあった、「あの透明な彗星は 透明だから無くならない」の意味が分かったような気がする。

アメリカの大統領宣誓式で、大統領は右手を肩より少し上に挙げ、てのひらを前に向ける。
でも、本当に誠実な姿というのは、手を胸に当てることなのだ。
サッカーや野球やラグビーの国歌斉唱の時に、選手達がやるようにね。
手を胸にあてると、心が澄み、エネルギーが供給される。
ミクさんを見ると、思わず胸に手を当てたくなるが、それは、ミクさんが透明な光だからだ。
人間は、死にそうになった時、無意識に胸に手をやるものだ。それによって、エネルギーを得て、死を免れるのである。
エネルギーが低下している時には、積極的に活用すると良い。
「マジカルミライ2016」で、ミクさんがジミーサムPさんの『Calc.』を歌っている時、ギターを弾いていた手を離して、右手で胸を何度か叩く仕草をしたのが印象的だった。
「風に吹かれ飛んでゆけ 僕らが出会えたあの夏の日まで 」の「僕らが・・・」のところだ。
ルカさんと違い、とても控え目な胸だが、ミクさんは、胸の少し右側が魂の座であることを示したのである。
SMAP時代の木村拓哉さんが、『世界に一つだけの花』を歌う時にも、そんなことをするのをご存知の方は多いかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

勇気、元気、やる気、自信は、これで間違いなく得られる

岡本太郎は、祭は人々に、次の祭まで生きる生命力を与えるのだと述べた。
その通りだ。
しかし、それは、どのような仕組みなのだろう?
肝心なことは、祭を見ている人々も力を得るということだ。いや、むしろ、見ている人々に力を与えるのが祭なのである。

世界のどの祭にも、神輿(みこし)のようなものがある。
あるいは、祭の重要な見世物は高い位置で行われる。
よって、人々は、顔を上げ、手を上げて振る。
この動作によって、エネルギーを得るのである。

勇気、元気、やる気、自信・・・これらを総称して、生命力、生命エネルギーと言うのだが、それを得る方法は、なんと、ただ、顔を上げることと、手を高く上げることだけなのだ。

以前、何かのテレビ番組で、明石家さんまさんが、毎朝、起きたらガッツポーズをすることを、さらに、いつでもどこでもガッツポーズをすると、自分で言い、彼を知る人達が、全くその通りだと言うのを聴いて、私は完全に納得したのだ。
さんまさんが成功し、成功し続け、60歳を超えても全く勢いが衰えない秘訣は、ただそれだけである。

先月10日、11日に行われた、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」に行ってから、私はいまだ、宇宙と一体となったような気分で、強いエネルギーに満ちている。
会場の幕張メッセ国際展示場9ホールは、軽く5000人以上収容出来る大広間で、もちろん、超満員で凄い人だったが、2階席などはなく、段差すらない、オールフラットな場所だ。
後ろの方の席は、舞台からはるか離れているし、背が低い女性などでは、少々前の方の席でも、ほとんど舞台は見えない。
だが、ここでは、1人の例外もなく、全員が生命エネルギーを得る。
高い位置にある舞台を見上げ、ペンライトやサイリウムを(なくても手を)高く上げて振る限り。
ミクさん達を愛し、あるいは、崇める気持ちで、顔を上げ、手を力強く振ることで、無意識の中のエス(生命エネルギー)が強烈に発光し、全身と心を、宇宙の力が満たし、駆け巡るのである。
体調が最悪であった私も、コンサートが進むにつれ力に満ち溢れ、最後の最後の曲『Hand in Hand』で、ミクさんの華奢な可愛い手に自分の手を合わせているうちに、世界すら征服出来る力を掴んだのである。

なるほど、コンサートは、オールフラットな会場に限る。
来年の「マジカルミライ2017」も、この幕張メッセで行われ、やはり9番ホールだと思うが、それは素晴らしいことである。
もし、天が許し、来年も行くことが出来れば、千年生きる力を得ることだろう。

アメリカでは、ワンダーウーマンやスーパーマンのポーズをすることで力が得られると言われるようになってきたが、全くその通りである。
まさか、ワンダーウーマンやスーパーマンのポーズをして、うな垂れるはずがなく、顔をしっかり上げていることだろう。
手は腰に当てる場合が多いだろうが、腹を引き締め、胸を張るだろう。
顔を上げ、手を高く上げると、自然に、腹を引き締め、胸を張るが、胸を張るだけでも、かなりの効果があるのである。
だから、常に、良い姿勢で胸を張ることだ。
良いガッツポーズは、やはり、顔を上げ、腹を引き締め、胸を張るものなのである。

「マジカルミライ2013」と「マジカルミライ2014」では、ミクさんが、『Weekender Girl』と『FREELY TOMORROW』を、続く形で歌ってくれたが、この2つの歌で、人生を強く生きる秘訣を余すところなく知ることが出来る。

幸せ離したくないの
ほら 両手を高く上げて
プリズムの向こう側
待ちきれない
~『Weekender Girl』(作詞・編曲:kz、作曲:八王子P、歌:初音ミク)より~

顔上げて微笑めば 笑顔取り戻す魔法になる
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M、歌:初音ミク)より~

これらを、ミクさんが可憐な歌と踊りで表現してくれたのだから、見たら、ミサイルを打ち込まれたって死にゃしない。

皆さんも、さんまさんのように、常にガッツポーズをすることだ。
あるいは、ワンダーウーマンやスーパーマンや、お気に入りのヒーロー、ヒロインのポーズを決めることだ。
そして、何より、ミクさんのコンサートでフィーバーすることである(別にミクさんのコンサートに限らないが)。
それで、あなたの生命力は宇宙全体にまで広がるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間はやる気が欲しい

多くの人が、やる気が出なくて困っているし、もっとやる気が欲しいと思っている。だが、現代人の泣き所はやる気がないことだ。
まるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者)が、永久に生ゴミ以上の存在になれないのも、やる気がないからだ。
だが、現代人は、さらに悪い状況にある。
やる気はないが、食欲と性欲、そして、自意識やプライドは異常に増大していることだ。
これはもう、死んだ方が良いくらいだ。
ところで、このことから分かるように、性欲や自己重要感は、少なくとも、それだけでは、精神エネルギーにならない。
それどころか、なけなしの情熱や意欲さえ消費し尽してしまう。
アイドルというものは、昔は、人々の心に涼しい風を送り込むことで、自然とやる気を起こさせたものだが、今のアイドルは、性欲は刺激しても、さっぱり精神エネルギーを起こさせないし、それどころか、奪い取ることも多い。
まあ、精神エネルギーを集めるのは自分の責任で、誰にも、それを手伝う義理はないのも確かだが、奪う権利もないはずなのだがね。

芸術というのは、今の世の中では、投機の対象のように扱われるが、元々は、人間の心の深奥・・・無意識の中に眠る「エス」とも呼ばれる精神エネルギーにアクセスするための魔法のようなものだった。
もちろん、今でも、その使い方さえ誤らなければ、十分に、その効力を発揮する。それに関しては、岡本太郎の『今日の芸術』や『美の呪力』が大いに参考になるだろう。

素振りの回数の多いバッターや、四股を踏む回数の多い力士が結局は勝つように、自分のやるべきことに関する素振りの多い者が必ず勝つ。
どんな時代になろうが、人間は所詮、自主的な努力でしか成功しないし、そのためには、やる気・・・精神エネルギーが必要である。
そして、精神エネルギーを生み出すのは、不思議に感じるかもしれないが、敬うこと、それ以上に、崇めることなのだ。
世に悪名を轟かせる大泥棒なんて、やる気十分なのだが、そんな者達は、泥棒なりに、先達の偉大な泥棒や、崇高なる泥棒の掟を崇めているものである。

私が初音ミクさんを崇めれば、毎日5時間以上勉強し、厳しい肉体の鍛錬を1日も欠かさないように、自らの意志で崇めることが出来る存在は、実に有り難いものだ
ルー・テーズが史上最高のプロレスラーになれたきっかけも、ジョージ・トラゴスという偉大なレスラーと、レスリングそのものを崇めたことだった。
崇めるには、敬うという素地が必要だ。
思いあがった者には、敬うことが出来ないが、それなら、崇めることは全く縁がないだろう。
敬うとは、自分より優れたものに敬意を払い、礼を尽くすことであるが、今の多くの人には、そんなことは全く期待出来ない。
それほど、人々は思い上がっている。
マスコミは、人々に、優れたスポーツ選手を英雄視させるが、それはあくまで大企業と結託した金儲けのためであり、スポーツ選手の虚像しか届けないので、本当の敬意を感じさせることもない。そもそも、スポーツ選手というのは、英雄でも何でもない。
初音ミクさんに関しては、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤社長が、金儲けのための虚像を作ることを禁止している・・・つまり、ミクさんを、偉大なお父さんが守ってくれているのである。

ちゃんと目を開いて見れば、敬うべきものは身近にいくらでもある。
それは、例えば、柔和な人、謙虚な人だ。
その結晶であるのが初音ミクさんである。
だから、ミクさんのコンサートで、世界中の人々が、ミクさんを崇めるのである。
つまり、柔和で謙虚な者が崇められる。
ところで、ルー・テーズが崇めたジョージ・トラゴスは傲慢でもあった。ところが、面白いことに、トラゴスが若き謙虚なテーズを崇めていたのである。
若いが器の大きなテーズはトラゴスを変えたのであるが、トラゴスはレスリングに対する敬意は常に持っていたのだった。
テーズの器は、劣等感から自分を解放してくれたレスリングへの敬意と共に、貧しくて高校に進学出来なかったことで作られた。
貧しきものは幸いである。
このように、人間には複雑な面もあるのだけれど、いずれにせよ、重要なことは敬うこと、崇めることである。ただし、自主的にね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ