ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

岡本太郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

狂気なき正義は無能。芸術は狂気だ。

あなたが、うまくいかなかったのは、狂気がなかったからかもしれない。
成功して金持ちになれなかったのも、モテなかったのも、優勝出来なかったのも、絵が上手くならなかったのも、結婚出来なかったのも、プログラミングが出来るようになれなかったのも、漫画家になれなかったのも、注文を取れなかったのも、彼を落とせなかったのも・・・狂気がなかったからに違いないのだ。
室町時代の小歌の歌謡集として有名な『閑吟集(かんぎんしゅう)』の中にある1つの歌の、このフレーズを一度は聞いたことがあると思う。
「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」
(何になろうか、まじめくさって、人間の一生なんて夢でしかない。ひたすら狂え。)
昔のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で、伊達政宗の父、伊達輝宗は、19歳の政宗に言う。
「わしには天下は取れなかったが、お前ならと思う。お前には、恐ろしさ、狂おしさがある」
つまり、現代的に言えば、政宗には、狂気の極みがある・・・つまり、徹底的に狂っている、ぶっ飛んでいるといった感じだ。
まじめくさった…保身に気を使う人間に大きなことは出来ない。

まあ、上に書いたようなことは、分からないわけではないと思うのではないだろうか?
だが、「では、どうやれば狂えるか」に関し、「狂い方が書かれた教科書はどこですか?」と言う、どうしようもない者が多いのだ。
教科書を否定してこそ狂いなのに(笑)。

『涼宮ハルヒの憂鬱』(谷川流著)で、高校1年生になった美少女、涼宮ハルヒが、入学式の後の、クラスでの自己紹介で言った言葉がよく知られている。
「ただの人間には興味がありません。この中に、宇宙人、未来人、超能力者、異世界人がいたら、私のところに来なさい」
なぜ、覚えられているかというと、ハルヒがぶっ飛んでいる…つまり、狂気を持っているからだ。
狂気を持った者は魅力的で、本当は皆、こんなふうに狂いたいのだ。だが、まじめくさって、面白くない人生を送ってしまうのである。

言うまでもなく、狂気にはリスクがある。
下手な狂気の果ては刑務所か精神病院と相場が決まっている。まあ、昔のように、いきなり消されることは少ないが(笑)。
小さく狂っただけで、つまはじき者、仲間外れ、弾圧の標的だ。
それを恐れて、皆、まじめくさるのだ。
確かに、狂気に飲まれてはならない。
溢れる狂気を持つなら、自分を捨て、命を捨てないといけない。でなければ、大物か小物かの違いはあるが、本質的にはヒトラーやスターリンだ。彼らは大きな狂気を持っていたが、その狂気に飲まれてしまった。
自分を握ったまま、命を握ったまま、大きな狂気を持ったので、狂気に負け、狂気に食われてしまったのだ。
自分を握っている、命を握っているとは、欲望に憑りつかれているということだ。
政木和三さんは私に、「人を超えたければ、欲望をぽーんと捨てなさい」と言った。
より丁寧に言うなら、「欲望をぽーんと捨てて狂いなさい」だ。
欲望を捨てても、狂いがなければ幽霊だ。
狂いがあっても、欲望を握っていたら独裁者にしかなれない。
パスカルの『パンセ』の中の有名な言葉、
「カなき正義は無能であり、正義なき力は圧制である」
の「力」は「狂気」と言い換えた方が現実的である。すなわち、
「狂気なき正義は無能であり、正義なき狂気は圧制である」
とした方が、真理が明瞭になる。
力とは狂気である。
スティーヴンソンの傑作『ジキル博士とハイド氏』は、世間で言われるような二重人格の悲劇ではない。
ハイド氏が正義なき狂気、ジキル博士は狂気なき正義だ。両方、良くない・・・そんな理解がないと、何のためにスティーヴンソンがこれを書いたのか分からない。

そして、正義とは、自分を捨てること、命を捨てることであることを、口だけ達者な文化人には分からない。

芸術は爆発?
岡本太郎の、なんというセンスのなさ。
芸術とは狂気だ。
命を捨てて狂うことが芸術だ。
岡本太郎を立てるなら、命を捨てて狂うことが爆発だが・・・やっぱり、ものごとはちゃんと分かるように言わないといけない。
まあ、コロンブスの卵と同じで、後から言うのは易しいが(笑)。

『臨済録』の、「仏に逢うては仏を斬る」がぶっ飛んでいて、とても良い。こんな感じだ。
禅も、その根本の仏教も、本当は、よく狂っていて、ぶっ飛んでいるのである。
でなければ、人を殺させないし、ましてや、生かすことは出来ない・・・一休の真似だが(笑)。
狂いの師匠に弟子入りしようなんてやつは駄目だ。
自分が狂いの開祖たらねばならない。








才能がない者が大逆転する方法

子供の夢というものがある。
サッカーや野球が好きな少年が、将来、それらの競技のプロになるというようなもので、叶う確率は、ほぼゼロなのだが、小中学生が、そんな夢を持ってやっているというのは悪いことではない。
それに、確率は低いとはいえ、全くゼロではないし、一流のプロでも、小学生や中校生の時、必ずしも天才的という程でもなかった者もいると思う。

今は少なくなったように思うが、昔は、ポップソングやアニメソングで、「叶わない夢はない」と高らかに歌う歌がヒットし、それに影響されて人生を誤った者も多いと思う。
しかし、高校生にもなり、多少は将来の進路も考えないといけない時に、希望はプロサッカー選手1本というのは困る。
そして、日本ではそうではないが、実際は、高校生なら、かなり具体的な将来のビジョンを持っているべきである。

もし、プロになりたいなら、プロやプロ候補とはどんなものかを、さっさと見に行けば良いのだし、そうすれば、すぐ諦めがつくだろうし、それをしていないという時点で、プロ向きとは言えないかもしれない。
会社員にも、いつかはスター歌手や、人気作家に・・・という妄想を持っている者も少なくないが、実際に、そんな(ただの会社員が歌手になった等)前例があるから厄介だった。
しかし、それはもう昔の話だ。
昔と違い、今は、音楽家志望、画家志望、作家志望等の者は、ネットに作品を公開し、そこからきっかけを掴めることもあるが、これには、もう1つの面がある。
即ち、才能のあるなしが、はっきりしてしまうことだ。
ところが、全然注目されない絵や小説や音楽を、いつまでもネットで発表し続け、諦めずに「いつかは」と思っている者はやはりいる。
若くて伸びしろがあるとしても、才能というか、センスのあるなしが、絶対とは言えないまでも、ネットでは明らかになるものである。

昔は、ゴッホやセザンヌ、その他大勢の天才画家達が、さっぱり認められず、ゴッホなどは、生前は1枚の絵も売れなかったが、当時は、特定の種類の者達が絵の評価をしていたという事情があったのであり、現代であれば、ゴッホもセザンヌも、若いうちから成功して金持ちになっていたと思う。
しかし、昔であろうが、今であろうが、才能のない者は駄目で、現代は、ネットが、才能がないことを残酷に突きつける。
まあ、才能があっても、トランプ支持者やワクチン否定派であれば、AIにネットから抹殺されるといった、新たな問題もあるかもしれないので、そこらは注意した方が良いかもしれない。

ここまでなら、割合に普通の話と思う。
だが、長年、ネット小説を書いても、全く注目されなかったとか、YouTubeの再生数がさっぱり伸びないといった場合でも、やりようがある。
ただし、そんな者達が、普通に作品を投稿したって駄目である。
どうすれば良いか?
変わったことをやれば良いのである。
ただし、その変わったことが、昨日も書いたが、「斜め上を行く」ものでなければならず、それは、誰にも予想出来ないものだということだ。
人に予想出来ることをやっては駄目なのだ。
これについては、私はたびたび引用する好きな話がある。
アメリカの小柄な女性高校教師の話だ。
彼女は、手の付けられない不良男子高校生の担任にさせられてしまう。
その不良は、怪力の持ち主でもあり、何人もの教師を病因送りにしていた。しかし、何かの事情で、停学にはなっても退学にはならずにいた。
その女性教師は、校外の人のいない駐車場で、その不良にバッタリ会ってしまう。
こんな時、この不良は、ニヤニヤしながら、教師にこう尋ねるのだ。
「俺があんたを殴ったらどうなると思う?」
これまでの教師は全て、
「停学か退学になる」
と答え、その答が正しいことを証明してしまった(笑)。
そして、そんな答は、この不良だって知ってる。
そんな答をしてどうする、馬鹿者(笑)。
だが、この女性教師は、スーパー精神科医ミルトン・エリクソンの娘だった。
彼女は、こう叫んだ。
「お前を殺してやる!」
間髪を入れず、
「そこに座れ!」
と命じ、予想外の言葉で説教した。
以降、卒業するまで、この不良(すぐ不良でなくなったが)は、彼女を他の不良達から守ってくれた。

画家であれば、作品を認められない、売れたいと思うだろう。
しかし、岡本太郎は、常にこう言った。
「認められなくていい。いや、認められてたまるか」
「売れなくていい。いや、売ってたまるか」
「嫌われてもいい。いや、嫌われなくてはならない」
これですら、斜め上を行くスピリットとしては、せいぜいが、ギリギリ合格というところかもしれない。

才能のない者lは、たとえば、野球の投手で、ナックルボール(特殊な変化球の1つ)だけで勝負するといったように、何か1つを磨く場合が多い。
これについても、好きな引用があるが、長くなるので省く。
だが、昨日も上げた、次の言葉を覚えておくと良い。

二つ目を捨てろ 予想外になれ
軌道を外れて...
~『キレキャリオン』(ポリスピカデリー feat.初音ミク)より~








あなたの顔も千年後は超イケメンかもしれない

自己肯定感とか自己重要感が欲しいという気持ちも分かるが、人工的な自己肯定感や自己重要感を持つと、それが壊れた時が大変だ。
そして、それは必ず壊れる。
岡本太郎のように、「俺が宇宙だ」とか「俺は親に生んでもらったのではなく、自分で生まれてきた」なんていう頭のおかしな人(笑)の真似をしても、普通はただの頭のおかしな人としか見られない。
では、精神病院の中には、「俺は宇宙の帝王だ」と主張する男や、「私はキリストの愛人よ」と言うオバサンが沢山いるのに、岡本太郎とどこが違うのだろう?
それは簡単な話で、精神病患者は優劣を立てるが、岡本太郎にはそれがない。
要するに、精神病患者は、「私はキリストの愛人だから偉い」という考えがあるが、岡本太郎にはそれがない。つまり、「俺は宇宙だ。だが、別に偉くない」というのが岡本太郎だ。
優劣を立てなければ、頭のおかしさだって偉大さになる。

何度か書いたことがあるが、私は小学4年生の時、クラス1、いや、学年1かもしれない美少女と、最底辺の女子を見比べ、
「同じ人間なのに、どうしてここまで違うのか?」
と真剣に悩み、自然に、「前世の行いのためだろうか?」と本当に思ったものだった。
でないと、理不尽過ぎる。
だが、私が、そのように、2人の女子に優劣をつける限り、私も自己肯定感、自己重要感を求め、自分が優れている理由を探さないといけないのだ。
その2人の女子は、全く等価なのである。
それが分からない者が、つまらない、作り物の自己肯定感、自己重要感を欲しがるのである。
だいたい、催眠術を使えば、この2人の女子の評価を反対に感じることは容易いのである。
手塚治虫の『ザ・クレーター』という作品の中の『巴の面』は、武士の時代のお話だが、巴姫という女は、心は優しいのに、ひどい醜女(ぶおんな)で不幸な生涯を送った。しかし、現在よりもずっと未来、若者の間では、巴姫のような顔が美女ともてはやされていた。
いや、そんな大袈裟なものでなくても、私は、アメリカなど、外国の映画のヒロインの中に、映画の中では美女ということになっていても、「金くれてもいらん」と思うようなのは珍しくもない。

『アラビアンナイト』のお話の1つに、この世の普通の男が、異界に行くと、そこでは、葬式でドンチャン騒ぎをして楽しんでいるのに驚き、「あなた方はなぜそんなに嬉しそうなのか?」と尋ねると、「葬式が楽しいのは当たり前ではないか」と言われてしまうお話がある。
ちなみに、私は、今なら、そんな世界に行っても、別に驚かない。
人の世の価値観は、場所により、時代により、あるいは、人により違うが、どれが優れているということもないのだ。

涼宮ハルヒが、普通でない人間を探していたのは、あくまで、この世界の価値観への反発で、本当は、普通の人間も、宇宙人も、未来人も、異世界人も、超能力者も、皆、同じである。
もちろん、好みというものはあり、好みの食べ物、好みの絵画、好みの音楽、好みの女、好みの男といったものはあるかもしれないが、自分の好みに合うことを「優れている」と勘違いすると、我々は力を失うのだ。
優等生は、「自分の点数は100点で、30点のやつより自分は遥かに優れている」と思った時から、超能力を失ったのである。
私は、手塚治虫の『ザ・クレーター』と、荘子(荘周)の『荘子』が、世間的発想を超え、超能力への扉を開く本と思う。








「お里」の話

ある画家が、こんなことを述べていた。
「貧しく育った画家には、豪華な屋敷の絵は描けないが、あばら家を、それは美しく描けるのだ」
単に、「あばら家が描ける」ではなく、「それは(非常にという意味)美しく描ける」と強調していたことが印象的だった。
また、これと関係するような話として、世界的版画家だった池田満寿夫さんが本に書いていた、こんなエピソードがある。
池田さんが、何人かの日本人画家と、西洋のどこかの国の展覧会に作品を出品した時のことだった。
池田さんは版画作品で、他の日本人画家達は油絵を出品したが、油絵の画家達は、日本国内では池田さんより高い地位にいた。
しかし、賞を取れたのは、池田さんだけだった。
その時、日本人画家の1人が池田さんに、
「お前が賞を取れたのは、版画であったことよりも、絵が小さかったからだ」
と言った。
池田さんの作品は、一辺十数センチだった。
そして、池田さんは納得したのだった。
日本人は小さな家、小さな部屋で育つだけでなく、道も建物も広場も、あらゆるものの大きさが、西洋と比べ小さい。
そんな日本人は、小さなスペースに沢山のものを詰め込むことが得意だ。
それで、やはり日本人の画家は、西洋人の画家のように、大きなキャンバスや大聖堂の壁などに雄大な絵を描くことは苦手だが、小さく精密で繊細な絵を描くことは得意なのである。

そういえば、岡本太郎さんも『今日の芸術』で、日本人画家には女性の裸体画をうまく描けない理由について、こんなことを書いていた。
当時(1950年頃)は、日本の家は今よりもっと小さく、家族全員が自分の部屋を持っているのは、金持ちだけだった。
しかし、もっと昔から、西洋人の家は庶民でも大きく、自分の部屋があり、その部屋も鍵付きが普通だった。
それで、昔は、エアコンも扇風機もなかったので、暑い夏は、女性も、鍵をかけた自分の部屋で裸になっていたらしい。
つまり、普通の部屋で裸になる習慣があるので、部屋の中の女性の裸体画が自然にあり得た。
しかし、岡本太郎流に言えば、ふすまの向こうで姉ちゃんが裸で寝転んでいるはずがなく、日本人には、風呂場でもない所での裸体像など、不自然過ぎたのだ。
そういえば、日本にだって、浴場や水浴用の桶の中にいる女性の裸体画なら、昔から少しはあったように思う。

さらに、横尾忠則さんが本に書いていたことを思い出すが、横尾さんの作品の原点は、横尾さんが子供の時に好きだったターザンの映画や、南洋一郎という作家の冒険小説であったようだ。
そして、横尾さんも、「十代の時に好きだったものを大事にしないといけない」といったことを書いていたと思う。

良い言い方かどうかはともかく、人間は、「お里は隠せない」のである。
子供の時、あまり豊かでなかった菅義偉さんが総理大臣だった時、海外のパーティーで居心地が悪そうだったのも、いろいろな意味で仕方がないことだ。

どんな仕事をするかを考える時も、自分の育ちや、子供の時に夢中になったことなどを振り返ることが必要かもしれない。
上の画家の話のように、1つの仕事であっても、自分に向く分野、向かない分野があり、全てではないにしろ、「お里次第」ということはあるだろう。
そして、もっと大切なことは、どんな場合も、人のお里を見下さないこと、そして、出来るだけ、自分のお里を否定しないことだ。








2種類の賢い人

今日(10月31日)はハロウィンで、ハロウィンとは何かと言うと、一般的認知ではオバケの仮装をする日だ(笑)。
ハロウィンはキリスト教とは関係がない。
最も簡単には、ハロウィンはケルト人の大晦日(1年の終わり。年の暮れ)である。
ところが、ケルト人とは何かという定義は難しい。
ところが、ところが(笑)、ケルト文化という確固としたものがあり、自分はケルト人だという強いアイデンティティーを持つ人は少なくないと思う。
そして、ケルト文学、ケルト音楽、ケルト神話、その他ケルト式の様々な工芸、芸術などのケルト文化があり、それらは愛好者が多く、実のところ、私も大好きである。まあ、あまり詳しくはないが。

私がハロウィンと聞いて、すぐ思い出すのは、レアード・コーニクの小説『白い家の少女』(1974)で、1977年に、当時14歳だったジョディ・フォスターの主演で、この小説にほぼ忠実に、カナダ、フランス、アメリカの合作映画が作られ、1977年に公開されている。
『白い家の少女』は、小説も映画も、リンという名の少女(映画ではジョディ・フォスターが演じた)の14歳の誕生日から始まるが、それが、10月31日のハロウィンの日だった。
イギリスから、作家の父親と共に移住してきたリンは、ハロウィンの習慣を知らなかった。
まあ、イギリスといい、アメリカ、その他の国といい、ハロウィンのイベントやパーティーの習慣のある場所もない場所もあり、当時は、インターネットなどない、世界事情はテレビや書籍でしか知ることが出来なかった時代である。

リンは、美少女という以外は、外見は普通だが、普通の少女・・・いや、少年も含め、普通の14歳とはかなり異なるところがあった。
それは、彼女が聡明だということだが、それは、学校の成績が良いなどといった意味ではなく、もっと根本的な意味でだ。
高名な作家であるリンの父は、高い知性を持っていたと思われるが、リンも遺伝的に頭が良いのだろう。
だが、それだけではない。
リンは学校に行っていなかった。
それは、父親がそうしたのだと思われるが、父親は、リンにその理由を話し、リンもそれを十分に納得していた。
リンのように賢い子にとって、学校は、害悪でしかない。
いや、別に賢い子でなくても、学校は、害の部分の方が大きいのだが、賢くない子にとっては、学校に行くのは、やむを得ないことかもしれない。
そして、リンの父親は、リンに学校が必要ないということ以上に、リンが学校に穢されて欲しくなかったのだろうし、今や、リン自身がそう思っている。

岡本太郎は、小学生の時、授業中、両耳を堅く両手で塞ぎ、自分の崇高な頭脳に、穢れた教師の言葉が入って来ないようにしたと言うが、リンは、両手で耳を塞ぐ以前に、学校に行かなかったのだ。
リンも岡本太郎も正しい。
馬鹿以外は、学校に行くべきではない。
学校に行けば(正確には学校に馴染めば)馬鹿になることは確実である。
アインシュタインも授業を聞かず、教師に返答を求められても黙っていたという。

そして、リンや岡本太郎やアインシュタインのような、賢くて個性的な子供を、大人は許さない。
学校は、彼らを徹底的に攻撃し、改造しようとする。
岡本太郎やアインシュタインは、それで苦しめられたが、リンの父親は、リンを、そんな目に遭わせたくなかった。きっと、自分がそんな目に遭ったのだろう。
そして、リンに「大人と戦え」と言ったのだ。「負けるな」ともね。
しかし、それは無謀というもので、リンは、いろいろ大変なことになってしまう。

リンの父やリン、そして、『白い家の少女』という作品には、欠けていることがあるのだ。
それは、高次の力・・・一般的には、神の力の活用法だ。
リンも、リンの父も、『白い家の少女』の作者も、そんなものに頼りたくなかったのかもしれない。
しかし、仮に天才としても、1人の人間の力など、たかが知れている。
岡本太郎もアインシュタインも、「高い力」のことは十分に認め、そして、助けを得ていたのだと思う。
レアード・コーニク(Laird Koenig)は、Wikipedia(英語版)によれば、94歳で存命のようだ。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード