ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

岡本太郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

喜びとは?

「よろこび」という漢字には、
喜び
歓び
悦び
慶び
があり、それぞれニュアンスが異なるらしい。
だが、これは、嬉しい、楽しい、面白いといった「快」の感情を示す言葉で、最もシンプルに言えば「良い気分」ということだと思われる。
とりあえず、最もよく使われる「喜び」と書くが、では、「喜び」とは何だろう?

「喜びとは」
「飲むことよ」
なんていう、日本酒のCMがあるが、沢山の人にそうあっていただかなくては酒造メーカーとしては困るだろうが(笑)、『ルパン三世 血の刻印』という映像作品で、ルパンが次元に、
「お前は何のために泥棒するんだ?」
と尋ねると、次元はあっさりと、
「美味い酒を飲むためさ」
と答え、ルパンは、
「そうじゃねえ・・・いや、俺もある意味そうなんだが、それだけじゃねえ」
とかいったことを言うが、「それだけじゃねえ」の中に、問題の核心があるのだろう。
まあ、そう難しいことではなく、「生き甲斐」とか「アイデンティティ」とかいうものだが、酒を飲むことにしろ、生き甲斐にしろ、それらがもたらすのは、やっぱり「喜び」だ。

ウェーバーの歌劇『魔弾の射手』の第三幕の中の『狩人の合唱』は、刈りの喜びを高らかに歌い上げる。
ここでは、刈りこそ、無上の喜びなのだ。
農耕は仕事であり、あまり楽しいと思わない場合もあろうが、刈りが楽しい理由は、スポーツの最も楽しい要素である「予測不能」ということが大きな喜びをもたらすのである。
サッカーで日本とブラジルが戦って、日本が勝つのは、ブラジルサポーターにとっては大きな落胆だが、日本のサポーターにとって、これほどの喜びはない。予測出来ないからね(笑)。

つまりね、本当の喜びとは「予測不能」なのである。
ウィリアム・バトラー・イェイツの戯曲『カルヴァリー』の中で、ローマ兵は、
「サイコロが我々の神である。予測出来ないことでさえあれば、起こることが最善」
と言い、イエス・キリストをも屈服させる。
まあ、あくまでイェイツの創作であるが、本当に核心を突いている。

私はよく引用するが、CLAMPの漫画作品『カードキャプターさくら』の中で、エリオルとスピネルがこんな会話をする。
「この世で一番楽しいことは何か知ってるかね?スピネル」
「何ですか?エリオル」
「予想しないことが起こることだよ」

自分が将来どうなるか分かってしまう人生ほどつまらないものはない。
だから、エスカレーター式人生を強要されると、いかに裕福でも自殺してしまうのだ。
人間にとっては、予期出来ない冒険こそが喜びなのである。
だから、冒険を恐れて、予期出来る道を行きたがる臆病者が一番蔑まれるし、自分も魂では嫌なのだ。

これで分かったであろう。
予期せぬ冒険を駆け抜けた後の美酒こそ喜びである。
次元大介の言う「美味い酒を飲むためさ」は、「予期せぬ泥棒稼業という大冒険の後で飲む酒は美味い」ってことだ。

今年の、初音ミクさんのライブ&企画展「マジカルミライ2020」のテーマは「夏まつり」と「Winter Festival(冬まつり)」で、共に「祭(まつり)」である。
祭とは、本来は、何があるか分からないから楽しいのだ。
荒っぽい祭で大怪我をしたり、死んだりすることもある。
それはもちろん悲しいことであるが、それがあるからこその喜びでもある。
ルパンや次元の泥棒と同じだし、イェイツがあえて、イエス・キリストに逆らった『カルヴァリー』を作ったのも、そのためだ。
岡本太郎は、祭をこの上なく尊び、「芸術は爆発だ」とは言ったが「祭は爆発だ」とも言ったのだ。
「歓喜、成功、富」の三語を保てば人生は素晴らしいものになるというのが、ジョセフ・マーフィーが教えた秘法であることの理由がこれで分かるのである。
祭、冒険を大切にしよう。








祭は死の体験

人類にとって、祭は大切なもので、いかなる民族にも、古代から祭がある。
では、祭の意味は何かと言うと、それは、大芸術家の岡本太郎さんと、心理学者の岸田秀さんが、同じことを著書に書かれている。
一言で言うなら「充電」、つまり、エネルギーの補給だ。
祭は、1年に1度である場合が多く、岡本太郎さんは、「それで、1年分のエネルギーを補充し、次の祭まで生きるのだ」と言う。
高校や大学の文化祭も、つまるところ、エネルギー補給行事であり、友達がいなくてこれに参加出来ない学生は、別の祭を自分で見つけないといけない。

私は今日、祭に行く。
インテックス大阪で行われる、初音ミクさんのライブ&企画展である「マジカルミライ2020 in 大阪」だ。
実は、「マジカルミライ2020」は、元々、8月にインテックス大阪で「夏まつり」、12月に幕張メッセ(千葉県)で「Winter festival(冬祭)」として行われる予定だったが、新型コロナウイルスの流行のために、8月の「夏まつり」が、この11月の27~29日に変更になった(ライブは28日と29日)。
元々の予定の8月より、今の方がずっと感染者は多いのだが、8月にはあり得なかった大規模ライブが行われるのだから不思議なものだ。
ただ、「マジカルミライ」は1万人規模のライブなのであるが、収容人数を50%とし、マスク着用で、声を出すことは禁止となる。
厚生労働省の、感染者接触管理アプリをスマートフォンにインストールしなくてはならない。
毎年、「マジカルミライ」のために海外から来る人は多かったのだが、今年はそれもない。
◆初音ミク「マジカルミライ2020」公式サイト◆

なぜ、祭でエネルギー充填出来るのだろう?
これは、岡本太郎さんと岸田秀さんで、表現は違うが、同じことを言っていると思って間違いない。
簡単に言えば、「理性をぶっ飛ばして無意識になる」ことでエネルギーが得られるのだ。
だから、理性を消すことが可能なほど、本来、祭は荒っぽく、勇壮で、常識外れであり、時に死者も出る。
祭は、死の体験とも言える。
理性である意識が死に、無意識の中にある「エス」という生命エネルギーを捕えるのである。
まさに、初音ミクさんは生命エネルギーの象徴で、だから、アメリカでもヨーロッパでもアジアでも、観客は強烈に引き寄せられる。
生きるために初音ミクさんのライブに来るのである。
このあたりの不思議さは、初音ミクさんが好きでないと、なかなか・・・いや、決して解らない。
無条件の「好き」が、理性を吹っ飛ばし、意識が宇宙に拡大し(岡本太郎さんが言うところの「爆発」)、エネルギーである宇宙と一体化する。
もちろん、サッカーが好きな人はサッカーで、ボクシングが好きな人はボクシングで、クラシック音楽が好きな人はクラシック音楽で体験出来るはずである。本当に好きなら。
だから、価値のある本物を好きにならないといけない。

著名な宗教人類学者の植島啓司さんは、週刊文春2012年3月22日号で、初音ミクさんのライブに行った後で、お水取りという西暦752年から続く東大寺の壮大な仏教行事に参加したらしいが、両者は大きく違わないと述べられていた。
植島さんは、ジョージ・マイケルが言う「スーパースターを作るのは特別な才能じゃなくて、むしろ、何かが欠けていること」に同意する。
そして、初音ミクさんに決定的に欠けているのは「成熟」だと言う。
だから、初音ミクさんは、われわれの心を鷲掴みにするのだと。
世界中に少女神信仰があるのはそのためであることは、神話学者のカール・やレーニイや心理学者とカール・グスタフ・ユングの共著の著作にも書かれていたと思う。
初音ミクさんは女神であり、崇めるべき存在である・・・好きな人にとってはね(笑)。








日本人らしい細やかさを生かせば勝てる

私は一頃、世界的芸術家の岡本太郎さんや池田満寿夫さんに夢中になり、彼らの著作をよく読んでいたが、その時、つくづく思ったことが、
「育ちは隠せない」
ということだ。
悪い言い方では、「お里がバレる」と言うが、それはもう確実にバレる(笑)。
芸術における簡単な例を挙げる。
西洋の絵画には、女性のヌードが多く、最初にこれを見た日本人には衝撃であった。
衝撃であったということは、日本人には似合わないということだ。
だから、日本人画家が真似して女性ヌードを描いても、さっぱりサマにならなかった。
岡本太郎が言うところでは、西洋では、中流家庭でも家は大きく、部屋も沢山あり、夏は女性は部屋に鍵をかけて裸になることは珍しくはないらしい。
そして、部屋にずっと1人でいるのは退屈なので、親しい人と一緒に裸になることも多いのだと思う。
つまり、裸になったり、それを見ることにも慣れているので、ヌード画も、それほど不自然ではない。
ヨーロッパでは、お客さんと一緒に、女性でも裸でサウナに入ることが珍しくない国もあるらしい。
しかし、うさぎ小屋と揶揄(やゆ。からかうこと)される日本の中流以下の家で、ふすま1枚向こうでお姉ちゃんが裸で転がっているはずがない(笑)。
今ですら、日本人画家の女性ヌードは、どこか無理があると思えるのだ。

※ただし、明治以前には日本人も、銭湯だけでなく、家の前で女性が水浴することが普通で、裸になること自体は抵抗がないこともあったが、西洋のように、それが日常という感覚とは違うと思う。

また、池田満寿夫さんは、西洋のコンクールで、日本では大画家と言われる人達を差し置いてよく入賞したが、ある時、そんな大画家が、池田さんに、
「お前が入選するのは、版画であるという以前に、絵が小さいからだ」
と指摘し、池田さんも、すぐ納得したらしい。
まず、版画の出品が少ないので、入選の可能性が高まる。
それと共に、池田さんの作品は、十数センチ四方のものもあったりで、特に、西洋人画家の馬鹿でかい作品と比べればミクロの作品だ。
だが、やはり小さな家で育ち、何もかも省スペースでやる日本人が大きな作品を作るのは無理がある。
しかし、そんな日本人だからこそ、小さな空間を生かすノウハウが、幼い頃から育つのである。
日本人の手先が器用なのも、小さなものを使うことが多いからで、それは自然、緻密さにつながる。

初音ミクさんを見てても、日本らしい細やかさがあると思う。
最近は、中国生まれのボーカロイドも増え、確かに、中国らしい、雄大で伸びやかな、少女の場合は優雅さといった良さもあるが、やはり、ミクさんと比べると、どこか大雑把な感じはあると思う。
アメリカ製ボーカロイドは今のところないと思うが、作ったとしても、おそらく、大味過ぎて、日本的な細やかな情緒はないと思う。
まあ、それは、アニメなどを見ても分かると思うが。

日本人は、よほどの富豪の家で育った場合は別だが、ちまちま慎み深くやるのが向いている。
イチローが、ちまちまシングルヒットを打ったと言ったら言い方は悪いが、あれほど緻密なバッティングはアメリカ人には向いてないので、アメリカでイチローのようなバッターはなかなか現れまい。
ただし、だからイチローがアメリカでコーチをやっても、あまり成果は出ないのではと思う。

だから、あなたが中流以下の家庭で育った日本人なら、日本人らしい仕事を日本人らしくやるのが向いている面は、やはりあると思う。
例えば、プログラミングでも、各国の特徴がある。
アメリカ人は、共通部品を最初に作って、それらをダイナミックに組み合わせてでっかいものを作るのが得意だ。
アメリカで「オブジェクト指向プログラミング」が発達した理由はそれだ。
日本人の場合、共通部品と言いつつ、部品ごとに細かい差異を作ってしまうので、効率が悪く、大きなシステムを作るのは苦手だ。
中国人の場合は、発想は壮大で、凄いものを作る反面、仕上げは雑で、トラブルがいっぱい出る。

引き寄せも同じである。
アメリカのナポレオン・ヒルやジョセフ・マーフィーなどを見ても、やはり、アメリカンな雄大さがある。
それを日本人がそのままやろうとしても、なかなか馴染まない。
勘違いしている人がいるが、引き寄せをやっても、皆が皆、億万長者になる訳ではなく(なりたい訳ではなく)、アメリカ人は、マーフィーらの本を読んで、自分に適したことで成果を上げていると思う。
しかし、日本人の場合、その人にあった細かい解説をしないと、うまくやれない面があると思う。
また、アメリカ人のものでも、フローレンス・スコーヴェル・シンや、ロンダ・バーンら女性が書いた(制作した)ものの方が、細やかで日本人に向いている。
昨夜も紹介した、成功法則の古典『イット・ワークス』は、わずか30ページほどの中で、親切、細やかに書いてあり、日本人向きと思う。
同じ傾向のものが、『マスターの教え』や『マジック・ストーリー』(『人生を変える魔法の物語』のタイトルの翻訳もあり)と思う。








岡本太郎に騙されても良い

芸術家は職業ではない。
よって、芸術家では食べていけない。
金持ちの芸術家もいるだろうが、その人は、芸術家であると同時に、売れるデザイナーやイラストレーターやアーチストであるのだ。器用なものだ(笑)。
自身もイラストレーター、デザイナーである横尾忠則氏は、岡本太郎をデザイナーとしては評価していたが、芸術家としては、大抵、貶していたように思う。
横尾氏は、岡本太郎の代表作と言える「太陽の塔」も、デザインは超一流だが、芸術品ではないと言う。
私もそう思う(本当に分かっているのか?笑)。
岡本太郎は、椅子やカップ、あるいは、「グラスの底の顔」なんてものをデザインしていて、それらは非常に個性的であったが、やはり、芸術作品ではなくデザイン作品と思う。
だが、彼の、オリンピック(東京、ミュンヘン、札幌冬季)記念メダルのデザインは実に素晴らしく、本当に彼は超一流のデザイナーなのだと思う。
そして、岡本太郎が人気があり、おそらくは経済的に裕福だったのも、それらデザイン作品と共に、彼のエキセントリックな言動が、今日の個性派タレントのように受けていたからだと思う。
あの「芸術は爆発だ」「今日の芸術はうまくあってはならない」等の強烈な芸術論にしても、タレント的なセリフだったのではあるまいか。
そして、それでいて、温かい、敬愛すべき人物であったのだ。
アメリカのアンディ・ウォーホルは、まず、イラストレーター、デザイナーで大成功し、「ポップアート」という、イラストやデザインと、芸術が混ざったもので、芸術家としても成功したが、やはり、根本的にはデザイナーなのだと思う。
つまり、裕福な画家になりたいなら、まず、イラストレーターやデザイナーとしての技術を持っておいた方が良いのだと思う。

アラーキーの愛称で親しまれている、自称「天才写真家」の荒木経惟(あらきのぶよし)という有名な写真家がいるが、彼も純粋な芸術家ではあるまい。
彼は昔、雑誌のインタビューで、「写真家になる方法」みたいなことを問われた時、こんなことを言っている。
「黒子に徹すること。時代に平伏(ひれふ)すこと」
まあ、彼が本当にそんなことを言ったのかどうかは分からないが、もし本当なら、これは、芸術家ではなく、超一流の写真家の姿勢であると思う。
いや、写真家だけでなく、あらゆる職業がそうなのだ。
例えば、超一流のコックというのは、決して芸術的な味を追求するのではなく、その時代、その民族の人達の嗜好に平伏し、黒子に徹するのである。
「俺はこの味が良い」と言ったところで、裕福なお客様達に好まれなければ、料理人として成功することは出来ない。

岡本太郎は、『バガヴァッド・ギーター』10章で言われるペテン師だった。
『バガヴァッド・ギーター』を読めば、それは、貶しているのではなく、最大の賛辞であることが解ると思う。
「ぺてん師たちの賭博」(岩波文庫。上村勝彦訳)
「だましの中の大賭博」(タオラボブックス。田中嫺玉訳)
「詐欺の中の賭博」(日本ヴェーダーンタ協会)
これは、至高神クリシュナのことであると、クリシュナ自身が、アルジュナに述べたことである。
太郎には、敢えて騙されても良いだろう。
英文学者でタオイスト(老荘思想家)の加島祥造氏が、「老子は嘘つきで、荘子は大嘘つき」と何かの本に書かれていたが、彼も騙されて本望なのだろう。













当ブログオーナー、KayのAI書。
5月30日発売(Kindle版は販売中)。
プログラマー&ミク廃と、数学講師&骨董品愛好家がコラボした、ユニークで最も易しい機械学習実践書だと思います。
数学やプログラミングが出来なくても、Excelが使えれば(これから使うもあり)、自分でAIを作れること、面白い問題を使うことがポリシーです。
その面白い問題(多分…)をシミュレートし、実習用のデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を出版社サイトから無償ダウンロード出来ます。

辛い人生を気楽にする

日本やアメリカでは、有能な働き手になり、良い立場を勝ち取って、お金を沢山稼がないと、苦しい(時に、非常に苦しい)状況に追いやられる。
そして、お金を多く稼ぐためには、かなり辛いこと、嫌なことにも耐えなければならない。

一方、クリエイターやネットで稼ぐという、新しい働き方が生まれ、それで生活を成り立たせている人もいる。
そんな仕事であれば、好きなことだけをやり、嫌なことをしなくて済むかというと、それは全くない。
「いや、俺は好きなことを自由にやっている」と言う人もいるだろうが、私は信用しない。
例えば、素晴らしい能力のある画家だって、お金を十分に稼ぐには、自分を偽らないといけない。
プロのオーケストラに入れるほどの演奏家だって、自分はモーツァルトのようなのを演奏したくても、嫌々、初音ミクシンフォニーの演奏をしなければならない(笑)こともある(そんな雰囲気の演奏者が多いように感じる)。

また、米津玄師さんのような天才なら、自分の思う通りにやっているかというと、多分、それはないと私は思う。
私は、彼の曲は、ミクさんが歌った『砂の惑星』を別にすれば『Lemon』くらいしか知らないが、あの曲は、ドラマ向けに色をつけたはずで、それが米津さんにとって、楽しかったかというと、どっちかと言うと嫌だったのではないかと思うのだ(勝手な想像だが)。

岡本太郎さんだって、完全に自分の主義だけで生きたかというと、やっぱり、それはあり得ないのだ。
いや、完全に自分の主義でなかったどころか、相当、自分を偽っていたのかもしれない。
いやいや、本当のところは普通の人より、よっぽど偽善的であった可能性もないとはいえないのだ。
人生とは辛いものなのである。

だからといって、米津玄師さんや岡本太郎さんが不幸だと言うのではない。
嫌なことのない人生なんて悲惨なものだ。
悪いこともまた楽しいのだと言えなくもない。

どれほど不幸な人を見ても、身内でもない限り(あるいは身内でも)、それほど辛くはない、あるいは、全く何とも思わないものだろう。
それが冷淡で悪いことかというと、そうでもないと思う。
同情なんて、無理にするものではないし、同情されても何も良いことはない。
同情より良いのは、本当に金である。
ところで、悟りを開いた聖者というのは、自分のことも他人だと感じるらしい。
つまり、自分を、はるか彼方に居る人に思えるなど、自分をほとんど重要視しないものらしい。
それで言えば、岡本太郎さんは聖人とはほど遠かったが、米津玄師さんは、案外、仙人に近いのではと感じ、俗っぽいことも平気で出来るように思える(思えるだけだが)。

仏教も、老子や荘子の道教も、目的は自分を忘れることなのであると思う。ただし、自覚のある状態でね。
ただ、仏教を本当に教えられるお坊さんは少ないのだと思う。
『老子』や『荘子』も、頭でっかちの学者が下らない解説をするので、全く解らなくなっている。
漢文や読み下し文を読む必要はない(不慣れな人だと、文章を逆の意味に解釈する恐れが大きい)。
1冊、読んでみると、1行か2行のことかもしれないが、真理を感得するものである。
それを大切にすれば、自己にこだわらないまま、世界を自由に操る魔法使いにもなれるのである。













当ブログオーナー、KayのAI書。5月30日発売(Kindle版は販売中)。
今や、AIは誰でも作れます。ただ、実践的に取り組む適当な方法がなかったことと、AIを作るために本当に必要なことを簡単に知る方法がありませんでした。この本では、Excelを使う程度のスキルがあれば、ソニーのWindowsアプリNNCを使い、自分でAIを作れるよう工夫しました。
ほとんど全ての実習を行うためのデータが作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を、出版社サイトから無償でダウンロード出来ます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード