ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

岡本太郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

やりたいことをしないと危ない

願いさえすれば、どんな大きな願いも即座に叶う・・・いや、正しくは「既に叶っている」。
だが、すぐにキャンセルしてしまい、叶っていない状態になってしまう。
受験に合格しているのに、それもキャンセルし、不合格にしてしまう。
そんなふうに、ガッカリすることを繰り返していると、どんなふうにガッカリするかが願いになる。
1点で不合格になるか、全くお話にならない成績で不合格になるか、どっちにしようかなんてね。

なぜ、ガッカリ体験ばかり選ぶのというと、やっぱり、好きなことをしていないからだ。
自分が好きなこと、やりたいことではあく、褒められることというか、怒られないことばかりするからだ。

イタリア映画『愛のほほえみ』で、可愛い少女オルガは言う。
「あたし、やっちゃいけないって言われることは全部したいの」
彼女に、あれは駄目これも駄目と言う大人が、いつもガッカリ体験しかしていないことを、オルガは見抜いているのである。
つまり、「やれ」と言われることは全部面白くなく、「やっちゃいけない」と言われることは大抵面白いんだ(笑)。
確かに、我々だって、テレビが「やると良い」と言うものは全部「やるべきでない」とし、テレビが「駄目ですよ」と言うなら「なら良いことなのだな」と思えば、大体正解なのだが、やはり大人なら、自分が好きなこと、楽しいと思うこと、面白いと思うことを自主的に選んでやるべきである。
それが人に迷惑をかけるようなことでなければ、遠慮なくやれば良い。
そんな心構えでいれば、願ったことはどうせすぐ叶う・・・いや、叶っているのだが、それをキャンセルすることはない。

岡本太郎は「嫌われたっていい。いや、嫌われないといけない」と言ったが、人間として、好きなこと、楽しいこと、面白いことをやれば、世間の人々には嫌われることが多いからそう言ったのである。
だが、本当に好きなことをやっていたら、そのうち、嫌われなくなり、好かれるようになってくる。
実際、岡本太郎のような、超変なオッサンだってアイドル並に好かれていたじゃないか?(笑)
でも、「好かれよう」と思ったら、やっぱり鈍ってくる。
好かれる、嫌われるには無頓着で、とにかく、自分が楽しいことをするのだ。
宇宙人バシャールも、そういう意味でワクワクすることをやりなさいと言っただけで、ワクワクしてボランティアをするような者達は、まあ、本当に楽しいのかもしれないが、多くの場合は、やっぱり他者の承認を求めているだけなのだ。

こんなこともある。
強く願ったことに対し、「叶わくなくて良かった」と思う。
彼女にしたい女の子が、実はかなり性悪だったと、後で分かった場合がそうだ。
実はそれ、いったん、彼女にして、散々酷い目に遭った後で、自分で意図的にキャンセルした場合が多いのだ。
その子を彼女にした記憶がなんとなるあるようなら確実にそうである。
実際、人生なんて、ところどころ、妙に記憶が途切れていたり、2重の記憶があるものなのだ。
願った時にはもう叶っている・・・すでにある・・・を知っていれば、その謎が解け、そして、正しいことが出来るようになる。
記憶の改ざんや、デジャヴュ―(既視感)なんてのも、上で述べたようなことが原因である場合が多い。
とにもかくにも、やりたいことをやることである。








闇の勢力や偽賢者との戦い方

世界が闇の勢力に支配され、庶民は家畜化、奴隷化されているというのは陰謀論だと言われるが、もう普通に考えても、その通りであることは分かるのではないかと思う。
しかし、「現代の普通」は、「家畜の普通」、「奴隷の普通」になってしまっていて、人間らしい普通が通用しないので、そのこと(我々は既に家畜・奴隷である)に気付かない人が多い。
ジョセフ・マーフィーを有名にしたマーフィーの著書は『眠りながら成功する』という1963年の本だが、実は、それ以前の1959年にマーフィーは『あなたは不安なしに生きられる』という本を出している。
その中で、マーフィーは何度も、
「我々は何もしなければ、世間の教義や信念に飲み込まれる」
と警告しているが、これが、今、せいぜいネットの一部で話題になる、民衆の洗脳と家畜化、奴隷化のことで、このことを、マーフィーは60年以上も昔に、本で知らせていたのである。
今は、「我々は洗脳されている」とか、闇の勢力とは何かといったことをネット等で話す人もおり、その8割はいかがわしい情報だが、中には、情報としては正しいものもある。
ただ、洗脳とか闇の勢力といったところで、それらが全く隠されているわけではなく、教科書的な本ではそうではないが、真面目な歴史学者の本や、政治・経済の本には、かなり書かれているのである。
確かに、歴史や政治・経済の本にも、フェイク(嘘)の本も多いのであるが、それも、普通の頭があれば、嘘は見抜けるはずである。しかし、洗脳された頭ではそれが出来ない。

ところが、貴重な恐ろしい事実を提示しても、「ではどうすれば良いのか?」の具体的対策として示されることは非常にお寒い。
せいぜいが「騙されないようにしましょう」で、騙されないことで奴隷化、家畜化されるのを防ぎましょうだが、騙されなかったとしても、力がなくては闇の勢力に全く抵抗出来ない。
そもそも、闇の勢力のやり方というのは、庶民に対し、無力感を叩き込むことだ。それはもう完全に成功している。
そして、闇の勢力に立ち向かっているように見える英雄的な人達だって、知恵や力は自分にだけあり、やっぱり庶民は無知・無力だと思わせて、自分が庶民から巻き上げる、新・闇の勢力を目指しているに過ぎない。

我々が持てる力は引き寄せであるが、長い支配者の洗脳により、引き寄せは、馬鹿が信じるもの、怪しいもの、ただのおとぎ話、信じると恥ずかしいものと思わされており、善意の引き寄せの本も、なるべく引き寄せの本に見えないように、宗教や哲学、心理学の立場で書かれているものも多い。
しかし、もう猶予はなく、引き寄せが出来ないと、自分も親しい人も守れない。
そもそも、引き寄せが出来ないと生活が破綻しかねない状況になっている。
これに関し、「これまで普通に手に入っていたものが得られなくなる」「とんでもないことが起こる」と不安ばかり煽る者が沢山出てきたが、そんな者の多くは、自分だけは儲けて良い思いをしようとしているのである。だから、そんな偽物のヒーローにも騙されないようにしないといけないが、そんな連中はインフルエンサーと呼ばれ、愚民に支持されている。こう言って、誰のことか分からないのも問題かもしれない。

そんなわけで、脳内お花畑と蔑まれることなど構わず、引き寄せを学ばないといけないが、確かに、引き寄せを学ぶ者の中には、悪い意味で脳内お花畑の者が多い。
そんな者の特徴は、誰かに言われた簡単なことをやってさえいれば自分も得を出来ると思っており、それでうまくいくかどうかの責任は自分にはないと主張していることである。
不満や文句を言う者には引き寄せは出来ない。
不満や文句は決して言ってはならない。このことは、いくら強調してもし過ぎであることはない。
不満や文句は絶対に言ってはならない。もちろん、思ってもならない。
そして、自分がやることを決めてもらいたがる者、他者からの承認欲求が強い者・・・つまり、認めて欲しがる者も駄目なのだ。
岡本太郎が言った「嫌われてもいい。いや、嫌われないといけない」は、別に芸術家の心構えではなく、現代においては、誰にも必須の心構えである。
だが、岡本太郎は、世の中と戦うことには意欲的であったが、問題解決の具体的方法は、ほとんど提示していない。
彼は特別過ぎたのだと思う。
彼の考え方は、世間の考え方との違いが大きいので、それが世間とのコントラストの差になり、ショッキングで分かり易い。しかし、あまり引っ張られないことも必要である。
岡本太郎主義者ってのは、ほとんどが、精神的にはどこか光るものがある場合でも、無力な変人である。
彼の考え方は引き寄せの役に立つが、引き寄せそのものではない。
崇拝の対象ではないのだ。
そこを間違えなければ、彼は素晴らしい存在である。
ちなみに、闇の勢力が使うのは力業だけで、偽の正義の味方(ネットのインフルエンサー)は騙すだけである。つまり、彼らには引き寄せは出来ない。よって、引き寄せが出来れば勝てるのであるが、敵さんもそこは分かっているので「自己啓発書を読むやつは馬鹿ですよ」「自己啓発書を読んで成功した人は1人もいません」とか言うのである。
確かに、変な自己啓発書も多いが、その中でも最も変に見える引き寄せの本の中で、宣伝なしに長く生き残ったものは読んでおくと良いだろう。








偉大な人物はなぜロクデナシを見捨てないのか

岡本太郎は、なかなか面白いことを言っていると思う。
それは、こんな言葉についてだ。
「嫌われたっていいじゃないか?いや、嫌われないといけない」
「認められなくたっていいじゃないか?いや、認められてたまるか」
「売れなくてもいいじゃないか?いや、売れてたまるか」
皆、本心では、こんな言葉を爽快に感じると思う。
もちろん、世間的な考え方は、
「嫌われたくない。嫌われないようにしないといけない」
「認められたい。認められるようなことをしなくてはならない」
「売れて欲しい。どうすれば売れるだろうか」
である。
そして、岡本太郎の考え方を否定しない場合でも、
「岡本太郎のように言えるのは天才だから」
と言うのだろう。
つまり、凡人は彼のように考えてはいけないというわけである。

岡本太郎の態度は、どこか子供っぽいというか、幼児っぽい。
そして、岡本太郎は「4~5歳くらいの時に、いい絵を描く」と言う。
言い換えれば、「歳を取ると、いい絵を描けなくなる」ということだろう。
これは、別に、絵を描くことだけではない。
エマーソンは、「赤ん坊は誰にも従わない。周りが赤ん坊に従うのだ」と言う。もちろん、それが正しい態度と言うのだ。
名画の前では、人々は黙るか、せいぜい、「私には良さが分かりません」と言う。
しかし、良い悪いを決めるのは自分なのだ。
これに関してもエマーソンは言う。
「絵はあなたの評価を待っている」
いかなる名画であろうが、あなたがどんな評価の言葉を言うか待っている。あなたは評価してやらなければならないのである。

まさに、伝説で釈迦が生まれてすぐ言ったと云われている、
「天上天下唯我独尊」
つまり、「全宇宙の中で私だけが尊い」のである。
傲慢も、ここまでくれば芸術だ。
もちろん、釈迦もエマーソンも、傲慢になれなどとは言っていないし、むしろ、傲慢であってはならないと言うだろう。
つまり、冷静で慎み深い態度が、上で述べたようなものなのだ。

上で、エマーソンは、「絵はあなたの評価を待っている」と言ったが、そんなことを言われたら、我々は、
「人々が納得する、気の利いた意見を言わないといけない」
と思う。あるいは、「せめて、人に笑われない意見を言わないと」と思うのだろう。
評価の対象によっては、「皆に嫌われない意見を言わないといけない」と思うこともあるだろう。
岡本太郎もエマーソンも、それを「卑しい」と言うのだ。
ここで、最初に戻って、「嫌われる意見を言う」「認められない意見を言う」、「企業の面接で言うと、採用されない意見を言う」のが正しいのだ。
だからと言って、『モナリザ』を見て、「太ったオバサンは嫌いだ。若い子が良い」というのはエゴの意見であり、ロクなものではない。
これは、岡本太郎やエマーソンが言ったことではないが、こういうことだ。
『モナリザ』は、今、あなたが描いたのだ。
それが分かると、ちゃんとした意見が言える。
自分がどんなつもりで描いたか言えば良いのだからだ。

岡本太郎やエマーソンが間違いなく思っていたことは、自分が宇宙の所有者であるということだ。
もちろん、彼らだって、彼らのエゴは、そんなことは考えない。
しかし、岡本太郎はカラスを飼っていたらしい。
人になつかないカラスはどこかエゴに似ている。しかし、岡本太郎はカラスを飼い馴らしていた。
また、エマーソンだって、嫌々ではあるが、慈善団体の要請に応じて寄付をすることもあることを告白している。
ちょうど、偉大な人物が、たまたま縁あって身近に来たロクデナシの面倒をずっと見るように、エゴを見捨てない。
しかし、エゴに出しゃばらせることもない。

岡本太郎やエマーソンのような態度を身につけないと引き寄せは出来ない。
だが、実際のところ、彼らよりずっとうまく引き寄せが出来る者は、いくらでもいる。
彼らだって、若い人を見て恥じ入ることはあったのである。








神実現の空想

現代人は想像力を失ってしまった。
想像力がなければ魔法使いにはなれない(高度な引き寄せが出来ない)。
「20世紀最大の詩人」と言われたW.B.イェイツが「神秘を受け入れない人間には想像力がない」と言ったこととも関係する。彼は魔法結社に所属していた。

さて、子供の時に持っていた想像力を取り戻すための話をしよう。
フランスのパリ大学で、美学、民俗学を学んだ岡本太郎は、実際に行われていた、ある生贄の儀式に興味を持った。
そこでは、生贄に選ばれた男女は、1年の間、王様、女王様のような生活をし、その後、祭壇で心臓を取り出される。
王・女王の扱いを受けることで、それらの男や女は、神の心に近付くのだ。王や女王が、人間として神に最も近いのだ。
そして、それらの男や女から、神の宿る心臓を取り出すことで、それらの男や女は、神として復活する。
この話の真意を、分かり易い例で述べよう。
それが、我々の想像力を復活させる。
想像する心は神の仕事場なのである。

干ばつが続いた村で、神に雨を降らせてくれるよう願う時に、生贄の儀式を行う。
生贄には、おおよそ11歳から13歳くらいの特別な美少女が選ばれる(際立って美しい場合には、この年齢から外れることもあり得る)。
生贄の少女は、清楚な美しい衣装を着せられ、祭壇の上に手足を縛り付けられる。その様は不憫ではあるが、この世のものとも思えないほど美しい。
これを見る者、あるいは、このような光景を空想する者の中には、次のように想う者がいる。
男であれば、自分も、このような生贄を捧げられたいと思う。これは特に青年以上の男がそうだ。
女であれば、生贄の少女を痛々しいと思うと同時に、自分も、このような生贄でありたいと思う。これは主に少女が思うが、心が純粋な女ほどそう思う。
そして、それは正しい。
男であれば、この生贄の少女は自分への捧げものと思わなければならないし、女であれば、自分が生贄と思わないといけない。
生贄を受ける自分は神なのである。
そして、生贄にされる少女は神と1つになるのだから、生贄になる自分も神なのである。

この空想に集中することで、神に近付くのである。
これが、今回明かす、神実現の空想である。
そして、空想しながら、あるいは、空想の前に、あるいは、空想の後に、あるいは、その全てで、神実現の呼吸法を行うと、さらに神化が早まる。
神実現の呼吸法とは、いつも言う通り、
(1)息を静かに吐きながら「私はこれではない」と心で唱える。
(2)息を静かに吸いながら「私は誰か?」と心で唱える。
(3)息を吸いも吐きもせず「私は神である」と心で唱える。
である。








狂気なき正義は無能。芸術は狂気だ。

あなたが、うまくいかなかったのは、狂気がなかったからかもしれない。
成功して金持ちになれなかったのも、モテなかったのも、優勝出来なかったのも、絵が上手くならなかったのも、結婚出来なかったのも、プログラミングが出来るようになれなかったのも、漫画家になれなかったのも、注文を取れなかったのも、彼を落とせなかったのも・・・狂気がなかったからに違いないのだ。
室町時代の小歌の歌謡集として有名な『閑吟集(かんぎんしゅう)』の中にある1つの歌の、このフレーズを一度は聞いたことがあると思う。
「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」
(何になろうか、まじめくさって、人間の一生なんて夢でしかない。ひたすら狂え。)
昔のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で、伊達政宗の父、伊達輝宗は、19歳の政宗に言う。
「わしには天下は取れなかったが、お前ならと思う。お前には、恐ろしさ、狂おしさがある」
つまり、現代的に言えば、政宗には、狂気の極みがある・・・つまり、徹底的に狂っている、ぶっ飛んでいるといった感じだ。
まじめくさった…保身に気を使う人間に大きなことは出来ない。

まあ、上に書いたようなことは、分からないわけではないと思うのではないだろうか?
だが、「では、どうやれば狂えるか」に関し、「狂い方が書かれた教科書はどこですか?」と言う、どうしようもない者が多いのだ。
教科書を否定してこそ狂いなのに(笑)。

『涼宮ハルヒの憂鬱』(谷川流著)で、高校1年生になった美少女、涼宮ハルヒが、入学式の後の、クラスでの自己紹介で言った言葉がよく知られている。
「ただの人間には興味がありません。この中に、宇宙人、未来人、超能力者、異世界人がいたら、私のところに来なさい」
なぜ、覚えられているかというと、ハルヒがぶっ飛んでいる…つまり、狂気を持っているからだ。
狂気を持った者は魅力的で、本当は皆、こんなふうに狂いたいのだ。だが、まじめくさって、面白くない人生を送ってしまうのである。

言うまでもなく、狂気にはリスクがある。
下手な狂気の果ては刑務所か精神病院と相場が決まっている。まあ、昔のように、いきなり消されることは少ないが(笑)。
小さく狂っただけで、つまはじき者、仲間外れ、弾圧の標的だ。
それを恐れて、皆、まじめくさるのだ。
確かに、狂気に飲まれてはならない。
溢れる狂気を持つなら、自分を捨て、命を捨てないといけない。でなければ、大物か小物かの違いはあるが、本質的にはヒトラーやスターリンだ。彼らは大きな狂気を持っていたが、その狂気に飲まれてしまった。
自分を握ったまま、命を握ったまま、大きな狂気を持ったので、狂気に負け、狂気に食われてしまったのだ。
自分を握っている、命を握っているとは、欲望に憑りつかれているということだ。
政木和三さんは私に、「人を超えたければ、欲望をぽーんと捨てなさい」と言った。
より丁寧に言うなら、「欲望をぽーんと捨てて狂いなさい」だ。
欲望を捨てても、狂いがなければ幽霊だ。
狂いがあっても、欲望を握っていたら独裁者にしかなれない。
パスカルの『パンセ』の中の有名な言葉、
「カなき正義は無能であり、正義なき力は圧制である」
の「力」は「狂気」と言い換えた方が現実的である。すなわち、
「狂気なき正義は無能であり、正義なき狂気は圧制である」
とした方が、真理が明瞭になる。
力とは狂気である。
スティーヴンソンの傑作『ジキル博士とハイド氏』は、世間で言われるような二重人格の悲劇ではない。
ハイド氏が正義なき狂気、ジキル博士は狂気なき正義だ。両方、良くない・・・そんな理解がないと、何のためにスティーヴンソンがこれを書いたのか分からない。

そして、正義とは、自分を捨てること、命を捨てることであることを、口だけ達者な文化人には分からない。

芸術は爆発?
岡本太郎の、なんというセンスのなさ。
芸術とは狂気だ。
命を捨てて狂うことが芸術だ。
岡本太郎を立てるなら、命を捨てて狂うことが爆発だが・・・やっぱり、ものごとはちゃんと分かるように言わないといけない。
まあ、コロンブスの卵と同じで、後から言うのは易しいが(笑)。

『臨済録』の、「仏に逢うては仏を斬る」がぶっ飛んでいて、とても良い。こんな感じだ。
禅も、その根本の仏教も、本当は、よく狂っていて、ぶっ飛んでいるのである。
でなければ、人を殺させないし、ましてや、生かすことは出来ない・・・一休の真似だが(笑)。
狂いの師匠に弟子入りしようなんてやつは駄目だ。
自分が狂いの開祖たらねばならない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード