ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

宮沢賢治

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

自然で身体を最高の状態に育てる運動

宮沢賢治は、『雨ニモマケズ』で、理想の人間像を、

丈夫な身体を持ち
欲はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている

としているのだと思う。
斎藤一人さんは、『千回の法則』の中で、幸福になるために必要なものは、
「お金」「健康な身体」「優しくて豊かな心」
と書かれていたが、概ね、それで正しいと思う。
宮沢賢治の場合、家が裕福な古着屋だったので、一生、お金に困らなかった。
心の方は、あれだけの作品を作ったのだから、豊かではあったと思うが、当然ながらよく分からない。
しかし、身体は弱点であったらしく、病気がちで、37歳で亡くなっている。

身体が健康で丈夫でないと、なかなか楽しい人生にはならない。
これに関しては、自分ではどうにもならない運命的なものもあるのかもしれないが、普通の身体であるなら、自分の心がけ次第である。
そして、単に健康なだけでなく、身体能力は高いほど良いし、また、美しい身体でありたいと思うはずだ。
また、全般的には不健康でなくても、脚が痛い、腰が痛い等で悩みを持つ者も多い。
私は、今は、理想的な身体を持ってるが、以前は全くそうではなかった。
ちょっと昔は、健康診断をすれば深刻な欠陥がいくつも見つかったが、そういった健康診断でのことは、食の節制でほぼ解決出来る。
しかし、問題は、熱心に運動しながら、脚や腰に強い痛み、あるいは、痺れがあることだった。
だが、スポーツ選手のほとんどが、なんらかの故障があり、特に、プロスポーツ選手になると、実際は、身体がかなり壊れていて、一流ほど、引退後は普通の人以下の、時に、相当深刻な状態になる場合が少なくない。肉体エリートのはずの彼らがそうであるのは、おかしな話である。
つまり、スポーツは、必ずしも身体に良くはない。そしてそれは、スポーツのためのトレーニングが、実は、身体に良いものではないということである。
私は、引きこもり気質ということもあり、特に、部屋の中で出来る腕立て伏せやスクワットを熱心にやっていた。
プリズナートレーニングといって、囚人が独房の中ででも身体を鍛えられる方法を本に書いた元囚人が、スポーツのトレーニングは身体を壊すと、その本で述べているが、私には、プリズナートレーニングも、ややマシ程度にしか思えない。
プリズナートレーングでも、腕立て伏せやスクワットは重視されているが、この運動には問題がある。
そもそも、両腕、両脚を揃って曲げ伸ばしすることなど、日常や自然の中での仕事で行うことは、まずないと言って良いほどであり、人間の身体は、そんなふうに動くようには出来ていない。
腕や脚は、右と左で交互に別の動きをするのが自然である。
スポーツだって、競技ではほとんどそうなのだが、トレーニングではなぜか、両脚や両腕を同時に伸ばすスクワットや腕立て伏せ、あるいは、バーベル運動を行うのである。
また、トレーングでも試合でも、両脚同時に使ってジャンプするバレーボール選手の腰痛持ちの度合いは非常に多いと聞く。
スクワットは、動きそのものが不自然かもしれない。
ハーフスクワットはともかく、踵と尻が着きそうなほど曲げてから伸ばすなど、普通、ありえない。
私は過去、数百回のフルスクワット、200回以上の腕立て伏せ、やはり数百回の腹筋運動をしていたのは、身体を虐待していたようなもので、実際、ひどい状態だった。
過去の横綱がとっくに引退している34歳の今でも最強の白鵬や、40歳を過ぎても高い実力を保ったイチローらは、筋トレを一切しないと言う。
白鵬は、四股、鉄砲、摺り足を称賛していたと思うが、これらも、左右別々に行う運動である。

私は、大東流合気柔術の四股が、最も良い運動と思う。
昨年6月からこれを始め、初めは1日100回、やがて、300回、500回と増やしていき、11月からは、毎日1000回を欠かさない。
四股1000回といったら大変に思えるかもしれないが、相撲の、特に公開でやる派手なデモンストレーション用の四股と違い、軽い運動とも言え、慣れれば連続100回や200回は楽である。それを、私は1日の中で何回かに分けて、トータルで1200~1700回くらい行っている。
いや、疲れてきたら、ゆっくりとした動作でやれば良く、それでも十分に効果がある、よく出来た運動だ。
やってて楽しく、身体が恐ろしく軽く、自由自在に動くようになり、おそらく、美容効果も高いと思う。
もう1つ、私がやっている運動は、腕振り運動で、こちらは確かに両腕揃えてやるが、負荷が小さいので問題はない。
大東流合気柔術式の四股は、『大東流合気武術 佐川幸義 神業の合気』に、写真入りで解説されているので、良ければ参照して欲しい。








改革者達の人生を変えた一冊

人生を変える一冊の本なんてものがあるらしい。
偉人ではないが、こんな話があった。
ある男が刑務所に入っている時、法華経(庭野日敬著『法華経の新しい解釈』)を読んで感涙し、出所後には真面目に働き、大きな会社ではないというが専務にまでなったという。
宮沢賢治も、人生を決定付けたのは『法華経』だったらしいが、それが18歳の時だったという。

宮沢賢治の没80年の日(2013年9月21日)に、私は、大阪のオリックス劇場に、当時80歳の冨田勲さん制作の『イーハトーヴ交響曲』コンサートを観劇した。
『イーハトーヴ交響曲』は、もちろん、宮沢賢治の世界を描いたもので、その中で、宮沢賢治作詞作曲の楽曲『星めぐりの歌』も演奏された。
主演はもちろん、我らが天使、初音ミクさんで、クラシックコンサートでありながら、小中学生の女の子の観客も多かった。
その日が宮沢賢治没80年の日であることは、公演後、壇上に登場した冨田勲さんから聞いた。
私も何冊か法華経を読んでみたが、読み方が浅いということもあり、いまひとつである。

「岡田式静坐法」で一世を風靡した、明治・大正の偉人、岡田虎二郎の人生を変えたのは、彼が小学生の時に読んだ、ルソーの『エミール』の序文である。
ルソーは『エミール』を、実際、序文だけを書くつもりが、長い小説になってしまったらしい。

神道家で形成外科(整形外科ではない)の名医でもあった葉室頼昭さんは、大阪大学医学部時代、自分で歩けないほどの重病で、板に乗せられて乗った新幹線の中である本を読み、病気が治ってしまったという。書名は明記していなかったが、おそらく、谷口雅春の『生命の実相』と思って間違いないだろう。

『「思考」のすごい力』で知られる著名な生物学者ブルース・リプトンは、たまたま買った、ハインズ・R・バージェルの『量子の世界』を仕方なく読んだことが、人生の、そして、生物学者としての大きな転機になった。
大事業家のイーロン・マスクは、少年時代に、ダグラス・アダムスの有名なSF『銀河ヒッチハイク・ガイド』を読んで大いに感銘を受け、世界や人類の運命に責任を持つ覚悟を決める・・・まあ、ある意味、中二病でずっと生きていると言えるのではないかと思う。いや、決して悪い意味ではない。

人生を変える一冊・・・それは、たまたま見つけるもののようだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

デモシカ仏陀

成功したかったら、結局のところ、好きなことを思い存分やる以外にない。
まあ、そう言ったら、今の時代、「じゃあ、ゲームをとことんやります」と言われても、「まあ、お好きなように」と言ってやるしかないが、ゲームで成功した者も確かにいるし、色事にかまけて芸術みたいなもので成功した者もいる。
ただ、初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之さんが講演で言われていたが、好きなことが出来るシステム・・・まあ、場所や設備や時間、それに、経済的なことも含めた環境全般なのだろうが、それは自分で作らないといけない。
通算出塁率のメジャー記録を持ち、イチローも成し得なかった打率4割を達成した、現在、最期の4割打者であるテッド・ウィリアムズは、子供の時からバッティングが大好きで、起きている時間の全てをバッティングに注ぎ込もうとしていた。
それほどまでにバッティングが好きで野球選手になれないことがあるのかどうかは私には分からないが、いずれにしろ、それほど好きなものがあることは幸せなことだろう。多分・・・

誰かが、「成功したかったら、自分の好きなことは何か、じっくり心ゆくまで考えろ」と言ったが、いろんな意味で、それは難しいと思う。
また、ミクパパの伊藤博之さんは、確かに音楽が好きだが、ミュージシャンになろうとはせず、電子音楽に徹底的にのめり込んだのは、運が良かっただけかもしれない。
彼は、北海道に生まれ、会社も北海道で作り、ずっと北海道で事業をしているが、ミュージシャンになるために東京に行って、失敗して帰って来た人達を見ていたらしいが、それも良かったのだろう。
ビル・ゲイツだって、高校生の時にプログラミングにのめり込んだが、一(いち)プログラマーにこだわっていたら、果たして成功出来たかどうかは分からない。
彼の、プログラマーとしての業績は、本人も言う通り、8080CPU用のBASIC言語しかないが、それも、大半はポール・アレン(友人でマイクロソフト共同創業者)が作ったという話もある。
ゲイツが天才プログラマーだというのは、いまひとつ信憑性はないが、それでも彼は、人類の中で、ほとんど誰よりも成功したのだ。

宮沢賢治なんて、運の悪い例かもしれない。
彼は多分、文章を書くことが好きだったのだろうが、教師をやったり、音楽をやったり、サラリーマンもやったし、農業指導者もやった。
そして、文学で稼いだ金は生涯で5円(今の10万円くらいか)だけだ。
彼の場合、案外に、家が大金持ちだったことが、災いしたのかもしれないが、それは何とも言えない。
ゴッホも、家が金持ちだったわけではないが、弟のテオが経済面の一切の面倒を見てくれたことが、果たして良かったのか悪かったのかは分からない。

いずれにしろ、自分が本当に好きなことを見つけ、それに邁進出来た者は、そうでない者より幸せだし、特に今の時代なら、ほぼ確実に成功出来ると思う。
だが、自分でそれを見つけることが出来る者は、きっと少ないのだ。
あなたもその1人と思う。
だから、「自分探し」なんてものが流行るのだが、それで首尾よく見つけることが出来る者も、やはり、滅多にいないのだ。
では、片っ端から試していけば・・・いや、やっぱり、見つからないまま人生を終えてしまう。
世界ってのは、それほど多くの偉人を求めてはいないのかもしれない。
だったら、悟りを開くとか、仙人やマスター(大師)を目指すよりないかもしれない。
「ブッダにでもなるか」「キリストにしかなれない」
案外に、釈迦やイエスはデモシカだったのかもしれない。
不遜かもしれないが、私は少し、そう思っている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

無努力

潜在意識による成功法則や引き寄せの法則では、「努力が不要」ということがよく主張される。
しかし、それらの教えを愛好する人達すら、それを、直接的か間接的に、あるいは、露骨にか遠回しに否定することが多い。
イエスだって、全ては神の思し召しとは言いながら、モーセの十戒を守れと言うが、それは大変な努力や忍耐を要する。

その中で、本当に、一切の努力は不要とブレずに言い続けたのが法然と親鸞だ。
努力とは、善きことをすることと言って良いだろう。
そして、親鸞は、善きことをしなくて良いと言ったばかりか、善きことをしてはいけない・・・いやいや、善きことをしようと思ってすらいけないと教えていたのである。
ところが、親鸞の孫弟子とか、その後の弟子になると、実質、いろんな努力をしろと言ったり、そもそも、本人が凄い努力家だったりするのである。

ところで、厳密に言えば、法然は、念仏を称えることだけは努力しろと教えた。
親鸞も、それ自体は否定していないが、実際は、それ(念仏を称えること)すら、努力しなくていいよと教えていたのだと思う。
ではいったい、親鸞はどうしろと言ったのかと言うと、仏様(阿弥陀如来)を信じなさいと言ったのだ。

法然、親鸞の教えは、確かに、いろんな人達に嫌われた。
嫌った人達の中で、私がすぐに思いつくのは、日蓮と宮沢賢治だ。
両方共、大変な努力家だったのだろう。

納得しない人も多いだろうが、努力というのは、百パーセント、欲望から生じる。
物質面での欲望を持っていないように見せても、名誉欲が大きい場合が多い。
宮沢賢治の『雨にも負けず』が、その典型のように思える。
確かに、物質面の欲望を持っていない・・・と言うより否定している。
しかし、その最後の、「そういうものに私はなりたい」という言葉に、私は、深い名誉欲を感じるのである。
そもそも、宮沢賢治は父親が金持ちで、経済的には生涯豊かであり、賢治も一時期は粗食をしていたが、それはすぐにやめて、ウナギを好むグルメだった。
だから賢治は、物質面で努力する必要はなく、その分、名誉欲に傾注したのだと私は思うのだ。だが、そんなこと、本人も認めておらず隠すのだが、それで生じた歪みが独特の芸術になったのかもしれないと思う。

現代の我々が、阿弥陀如来という特定の仏を信じるといいうのは無理があるかもしれない。
だが、阿弥陀如来というのは、実際は固有の仏ではなく、人間には認識も理解も不可能な何かの象徴なのである。
きっと、ジョセフ・マーフィーが、現代的に、宇宙の活力と呼んだ、万能の知恵と力を有する不可知な存在である。

今月初めの、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」に行く前は、私は心身の鍛錬に努力していた。
しかし、終わってからやっているスクワットや腕立て伏せは、単に好きでやっているだけである。
今回のマジカルミライは、その日が近付くにつれ、不運、災難、トラブルが積み重なり、散々だったのは、努力・・・その裏返しの欲望があったからかもしれない。
終わったら、「もう死んでいいや」と思ったから、欲望もなければ努力もない。
無為とは無努力のことと分かり、無為の心にミクさんの歌は染み入るのである。
無努力がかくも難しいとは、よくよく業が深いのだろう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

夢があるなら断ち物を

このところ、このブログでは、「強い欲望を断つ」ことで神、あるいは、宇宙の加護を得る「断ち物」をテーマにしている。
ところで、争いは良くないが、この世には実際に争いはある。
他の条件がさして変わらないなら、争った場合、食を慎んでいる方、厳しい修行を欠かさない方・・・つまり、断ち物をしている方が必ず勝つ。
言い換えれば、放埓(勝ってきまま。わがまま)さの少ない方が勝つのである。

ただ、仕事は大きな修行であり、その中には、「断ち物」の要素も少なくは無い。
よって、仕事に励んでいる者は、まっとうな仕事である限り強い。
このあたりは、ニートはまるで相手にならない。

とはいえ、神を敬い、朝廷に礼を尽くし、家臣達を大切にしながらも、女を断つという厳しい断ち物をした上杉謙信が戦で無敵であったように、また、牢屋敷(今の刑務所だが、入ると生きて出られないほど過酷と言われる)に入れられるほどの悪漢でありながら、食を厳しく慎んだ水野南北が大長者になり、貴族にまで叙せられたように、食と性の断ち物の威力は大きいのだと思う。
だから、特に、野望あるニートであれば、是非、食、あるいは、性、あるいは、その両方を厳しく制限し、力を蓄えるべきである。

ところで、何の困難もない、のんべんだらりとした怠惰な生活を送っている者が、断ち物をすることはないし、しようとしても出来ない。
また、特に志もないなら、断ち物(あるいは、修行と言った方が良い場合も多い)は、数日から、せいぜい2、3ヶ月続くだけで、すぐにやめてしまうものである。
一方、強い願いがあったり、困難を抱えている者であれば、断ち物はし易い。
そのために、神は人に困難、試練を与えるものである。

食、あるいは、性の欲望を必要な限り断つ「断ち物」は最強である。
不必要な、極端な断ち物は考え物だが、それも目指すものが高く、それに到達する想いが強ければ、上杉謙信や水野南北のような、超人的な断ち物もありだろう。
宮沢賢治は、一頃は菜食主義で、また、お金持ちでありながら女性関係を持たなかったといわれるが、やがて、美食家になってウナギを好み、一説ではあるが春画(今でいうエロ本)の収集に盛んであったという話がある。
彼は、生活こそ、親の財産で安楽であったが、生涯病弱で、仕事もあまりうまくいったとは言えず、著作の方も、生前は1冊しか出せず(報酬は5円。今の5万円程度と思う)、全く無名のまま、37歳の若さで亡くなった。
彼の例から学び、やはり、美食、大食、色欲は、ほどほどにしなければならないと思うし、夢があるなら、厳しく慎むべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード