ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

宮沢賢治

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

8時間睡眠

本当に久し振りに8時間寝た。
まあ、単に寝過ごしただけなのだが。
「初音ミクシンフォニー」で、初音ミクさんが東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で歌った、Mitchie Mさんの作品『ビバハピ』の、「クタクタ 睡眠は8時間」を思い出す。
16歳のミクさんは、やはり8時間眠った方が良い。
そして、私も時には8時間睡眠は悪くない。気分がとても良い。
普段の私の睡眠時間は4時間半で、本来、これは1年365日、全く変わらない。
夢の中で、「○○と△△は違うのよ」と、何度も少女が言ったのだが、○○と△△を見事に忘れている。
果たして思い出せるだろうか?(多分、無理だ)。

身体は、甘やかしてはならないが、慈しまなければならない。
少なくとも、いじめ過ぎてはならない。
私は、一頃、超少食を実践していたが、それで良い面もあったが、結局、低体温になってしまった。
冬は寒いし、肌が乾燥し易くなった。
宮沢賢治は、元々、病弱であったが、37歳で病死したのは、やはり一頃、無理な食の節制をしたからではないかという説がある。
賢治は、後にはグルメ・・・というほどではないだろうが、ウナギを好んで食べていたというが、ほどほどであれば良いのだと思う。

肉体の鍛錬も、少年漫画のスポ根もののように無理をすれば、実際は身体を痛める。
大昔の『タイガーマスク』のアニメで、「虎の穴」と呼ばれる、プロレスラー養成の秘密組織ですら、タイガーマスクが卒業した数年後には、「しごきなど時代遅れ。今は科学的に訓練する時代である」などと言われていたことをご存知だろうか。
食に関しては、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」ことが大切だが、それ以上は必要ない。
まあ、食も仕事も鍛錬も、一度、極端を経験するのも良いところはあるが、取り返しのつかないことにもなりかねない。
徳川家康が言ったように「ほどほどに」が大切である。
孔子も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と言ったらしいが、大切なことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

食事について考える

報道によれば、五日前の5月5日に亡くなられた偉大な音楽家、冨田勲さんが最後に食されたのはウナギ料理のようだ。
私が子供の頃に読んだ書籍では、ウナギの生態には謎の部分が多いと書かれてあったが、実際、養殖が難しい魚で、そう数も多くはないのに、美味で栄養豊富ということで、今でもウナギ料理は高級というイメージがある。
冨田さんはウナギは好物であったらしいが、冨田さんが子供の頃からファンであった宮沢賢治も、ある店のものらしいが、ウナギをこよなく好んだのであるらしい。
宮沢賢治は、長く菜食主義だったと思うが、晩年(と言っても30代だが)は、ちょっとしたグルメであったようだ。
漫画原作者としては日本一で、今も多くの日本の男性の思想に影響を与えている作家の梶原一騎さんは、ウナギとステーキを同時に食べるという、極めて贅沢な食べ方が好きであったらしいが、それを食している最中に倒れ、病院に搬送され、手術中には、一度は医者もさじを投げるほどであったという。
梶原一騎さんは、相当な美食家で、酒も大好き。それでいながら、節制をせず、金もあったので、グルメ三昧であったことが、身体を壊した原因であったのだと思う。

ところで、私はウナギ料理・・・といっても、うな丼かうな重くらいしか知らないが、子供の時から、あまり好きでなかった。
あのこってりとした感じがシンドく感じるのだと思う。
とはいえ、嫌いというのでもなく、食べればやはり美味しいと思う。
以前、付き合いのあった社長さんに誘われて、昼から高級なうな重を食べに行ったことがあるが、美味とは思いつつ、「贅沢だなあ」と率直に思った覚えがある。
私はもう何年も、うな丼やうな重は食べていない。

ウナギはもちろん、素晴らしい栄養食であり、節度を守って食べる分には良いものであると思う。
岡田虎二郎も、深刻な病人を、イエス並の力で回復させると、一緒にうな丼かうな重を食べたらしいが、回復途上にある病人にも良いのだろうと思う。
ただ、このように、ウナギ、ウナギと書いているだけで、私は、相変わらず常に空腹でありながらも、何だかムカつきを覚えるくらいだから、個人的には好ましく思っていないのだなあと思う。

11月に、もし、冨田さんの新作交響曲『ドクター・コッペリウス』が予定通り上演されることになったら、関西在住の私は劇場の近くのそれなりのホテルに泊まるつもりだが、いつも高級ホテルでは食事に少し困る。
土地勘がない場所でホテルの外で食事をするのも面倒なので、ホテル内のレストランで夕食をとろうとしたら、そんな高級ホテルのレストランでは、少食粗食が常の私には贅沢過ぎるのである。
いや、そもそも、上級のレストランの空気自体が私には合わない。
そこらは、見栄を張るつもりもなく、私は「ど」がつくほどの庶民であるが、今は、私のような一般人も、良いレストランで堂々食事をするし、高級レストランの方も、金持ちばかり相手にしている訳にもいかないのだろう。
しかし、私は、後ろめたいというか、ちょっと滑稽とは思いつつ、コンビニで買ってきたものを部屋で食べたりするのである。
そういえば、9月の、初音ミクさんの幕張メッセでのコンサート「マジカルミライ2016」でも、私は良いホテルに泊まるのだが、ルームサービスですら、かなりの料理である。

ただ、私は、9月にマジカルミライ2016に行くと決めてから、多少は食生活を改善しようと思った。
私の場合の食生活の改善とは、「少しは良いものを食べる」ことである。
最近ずっと、毎晩、夕食はカップヌードルだったのだが、栄養がどうという問題ではなく、食というものに、少しは工夫をしないと、身体ではなく、心にあまり良くないのではと思うのだ。
身体の栄養に関しては、例えば、トウモロコシしか食べないとか、一種類の芋しか食べなくても、健康で長寿の民族があり、世間の栄養神話は全く信じていないが、食事というものには、心の面で大切な意味があるのだと思う。
確かに、あまりに粗食をすることで、心が貧しくなっているのかもしれないと感じている。
たまには、本当に心のこもった料理を出す名店に行くのも良いと思う。
だけど、初音ミクさんには、食事をしているイメージが全くない。
あんなふうになりたいとは思うが、とりあえず、私は生身の人間である。残念なことにね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「人間は考える葦である」の本当の意味

偉大な行いは、熟考と、大きな決断によるものだと我々は思う。
一方、極悪非道の行いは、衝動的なものと思われているだろう。
だが、本当は、両者に違いはないのかもしれない。
英雄的なことをしようと思えば、かえって害悪になる。
「世のため、人のため」と考えている者が、一番、世の中を乱すのである。
親鸞は、「あなたが人を殺せないのは、心が善いからではなく、縁がないからだ。心が悪くなくても、縁があれば千人だって殺す」と言ったらしいが、そうかもしれない。

パスカルは、「人間は考える葦である」と言ったらしい。
この意味は、故事ことわざ辞典によれば、「人間は自然の中でもっとも弱い一本の葦みたいなものだが、それは考えるという能力をもった存在だということ。」という意味らしい。
これは一般に、「考えることは偉大であるから、人間は生物としては弱いが偉大である」と、考えられている。
しかし、別にシニカル(冷笑的)になる気はないが、「人間は、僅かの知性はあるが、葦に過ぎない」と思った方が良い。
ソクラテスが「汝自身を知れ」という言葉を重要視したのは、そんなことを強く感じていたからだと思う。
人間である我々は、最低レベルのことを考えることが出来るに過ぎない無能な生物なのだ。身の程を知らねばならない。

『銀河鉄道の夜』で、蠍は、生きるために沢山の命を奪ったが、いざ、自分がイタチに食われそうになったら必死に逃げて、挙句、自分もイタチも井戸に落ちて、両方が死ぬことになった時に、激しく後悔した。
なんで、黙ってイタチに、この身体をくれてやらなかったのだろう。そうしていれば、イタチは1日生きられたのに・・・と(私は、単に痛いのが嫌だからだと思うが)。
そして、神に、「今度生まれてきたら、この身を、他の者達を幸せにするために使って欲しい」と願った。
美しい話ではあるが、次の生があったとしても、そこでは、沢山の者を不幸にしたり、殺したりするかもしれない。
宮沢賢治だって、『春と修羅』で、

わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です

と書き、それ以下も、私(人間)は現象に過ぎないということを延々と書き、結局は、人間は無力な存在と分かっていたのだと思う。

それならば、アインシュタインが言った、「神は老獪である。だが、悪意はない」ということを信じる以外にはない。
信じて、まかせるしかないし、それは、あらゆることを、なりゆきにまかせるしかないということだ。
荘子の考えも、その通りであると思う。
「南無阿弥陀仏」という念仏は、それを、分かり易い1つの形にしただけのものである。
よって、これほど論理的なものはなく、僅かの知性しかない人間が持つ知恵としては、これ以上はないかもしれない。
宮沢賢治は、念仏を説く浄土仏教は嫌いだったらしいが、それもなりゆきである。よって、良いことである。
私も、宗教としての浄土仏教は好きではない。

私は葦である。
多少のことは考えられるので、そのために、悩んだり、苦しんだりするが、葦に過ぎないと自覚すれば、自分を笑うことが出来るだろう。
ナポレオンは、ちょっと川上に生えていたというだけで、自分が御大層なものであると思い込んでしまったのだ。
私は、辺鄙な、淀んだ場所にぽつんと生えてしまったのかもしれない。
それで、自分を憐れんでいるのだから滑稽であるが、滑稽さを持つこともまた、なりゆきであり、自分の力で持ったものではない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

仙人になる、とてもシンプルな方法

私だって、仙人のような存在になる修行方法を持っている。
しかし、それを教えると困ったことになるかもしれない(とはいえ、教えるが)。

それは、例えば、こんな理由だ。
ITの世界で注目されるビッグデータというものがある。
教育の現場で、ベテラン教師が、あらゆる根拠と自分の経験から、「この子は医学部が良い」と判断したとする。
ところが、ビッグデータ分析では、その子は医学部には全く向いておらず、別の道を提示する。
しかし、ビッグデータでは、その根拠は何も示されない。
当然、その教師は反発するだろう。
だけど、正しいのは、圧倒的にビッグデータの方なのだ。

私の教える仙人になる方もそんなもので、何の根拠もない上、正しいかどうかも、やってみない限り分からないのだ。
それと、こんな話もしておこう。
梶原一騎氏が原作の漫画にあったのだが、あるヤクザのボスが重傷を負った時、庭に人が何人か入れるような穴を掘らせ、そこに汚物を流し込ませると、そのボスは裸になってそこに飛び込む。
そして、こう言う。
「わしも理屈は分からんが、経験上、こうすれば確実に治りが早い」
梶原一騎氏は、悪評もあるのだが、こういったところは異様な鋭さがある。
実際、中国のある村で、怪我をしたら、その部位に汚物を貼り付けるという、とんでもない治療をするのだが、それで本当に治ってしまうのである。

私は汚物は貼らないが、私の仙人になる法も、それと同じようなものだ。
しかし、考えてみれば、それほど無茶ではないかもしれない。
それで、結局は教えてしまうのだが、それは、なるべく微かな呼吸をする・・・というよりは、なるべく呼吸をしないことだ。
私は、子供の時に、仙人(尸解仙だろう)のおじさんを知っていたが、そのおじさんが亀を飼っていた。
私は、亀が大好きだったので、その亀をじっと見ていたら、ひどくゆっくり呼吸しているかと思うと、呼吸をやめてしまうことがあった。
また、池の底でじっとしている亀もいた。亀が肺呼吸をしていることは何となく知っていたが、まるでアワビかハマグリのように水の中で呼吸しているかのようである。
亀というのは、非常に呼吸量が少ないのである。
はっきりとは覚えていないが、そのおじさんは、亀に習って仙人になったといったことを言っていたような気がする。
また、相当な年寄りのおばあさんが居たのだが、そのおばあさんが、この仙人(30代に見えた)を「お父さん」と確かに呼んでいたので、その仙人は少なくとも、90歳以上だったのだと思う。
高藤総一郎さんの本に書かれていたが、何年間も土塀に閉じ込められていた少女が、何も食べずに生きていたのだが、やはり、亀の呼吸を真似していたらしい。

仙人には、1日に数度しか呼吸しない者がいるようだ。
呼吸をしないことで、別の未知なエネルギーが取り込まれるのだろう。
そして、その未知のエネルギーこそが、人間の本当のエネルギーなのかもしれない。
言ってみれば、現在の人間は、本来、ガソリンで動かすべき機械に灯油を入れて動かしているようなものかもしれないのだ。
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』で、カンパネルラの家には、アルコールランプのアルコールで動かす汽車のおもちゃがあったが、アルコールがなかったので、代わりに灯油を入れて、罐(かま)がすっかりすすけたなんて話をジョバンニがするところがあるが、罐(人間で言えば仙骨か)がすすけたのが、今の人間という訳だ。仙骨が仙人になるためのポイントであるのに、そこがすすけてはいけない。
なるべく呼吸をしないでいれば、仙人になれるかもしれないし、少なくとも、老化を遅れさせたり、若返ることはあるだろう。
私の肉体も18歳に戻ったきりであるが、当時よりは筋肉が付いている。しかし、体重は同じなのである。
ただし、これをやるには、ある程度、バランスの取れた考え方が出来る人でなければならない。
少食と言ったら、すぐに断食のことを言うような極端な人では駄目なのだ。
そんな人は、無理に呼吸を止めたり、何か勘違いして腹式呼吸をやろうとするかもしれないが、そんなやり方ではうまくいかない。
また、なるべく呼吸しないやり方を、人にあれこれ尋ねる人も、まだこれを行うレベルに達していないと思っていただきたい。
だが、たとえ最初はうまくいかなくても、自分で熱心に、そして、慎重に考えて工夫をする人なら、きっとうまくいくと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

お金を稼ぐ芸術家達

芸術的絵画とイラスト画は何が違うのだろう?
絵としては何も変わらない。
違いはただ1つで、値段がつくかどうか・・・早い話が、金のために描いたかどうかだけの違いだ。

ゴッホは生前、絵が1枚も売れなかったし、宮沢賢治も短編の童話に対して1回だけ僅かな原稿料をもらった以外は、文章でお金を稼いだことはない。
それを知ると、随分、この2人が気の毒に思えるのだが、しかし、それが当たり前なのだ。
彼らは、芸術家として作品を創ったのだから。
芸術家でも、ピカソやウォーホールは金持ちだったが、ピカソはたまたま、金が有り余ったパトロンがいただけだし、ウォーホールが金を稼いだのは、あくまで、商業デザインによってだ。

音楽においても、冨田勲さんは、アニメ音楽や映画音楽を一生懸命創ったのだし、坂本龍一さんもポップミュージックで成功したから金持ちなのだ。
芸術そのものが金になった人は、やはり、ピカソのような特殊な例外と見るべきだ。
ビートたけしさんなんて、実は世界的画家なんだが、本人は絵を売る気はさらさらないらしい。そんな気があったら、作品なんて創れないと本人も分かっているのだ。
一方、絵を描いてはいても、生涯、絵で1円ももらうつもりがなければ、堂々、芸術家を名乗れば良いと思う。

もちろん、芸術家が貧乏でいなければならない訳ではない。
それどころか、本物の芸術家ならお金儲けも出来るはずなのだ。
ウォーホールや横尾忠則さんらのように、商業デザインやイラストができるなら、そんな仕事を、芸術としてではなく、ビジネスとして取り組まなければならない。
冨田勲さんのように(あるいはそこまででなくても)、優れた作曲能力があるなら、商業音楽で成功できる可能性もあるだろう。
しかし、芸術家であることにこだわったら、お金は稼げない。
そんな芸術家は沢山いると思う。

我々は、芸術や、あるいは、宗教を、自己の内面の力を引き出すために使うべきなのである。
どんな天才といえども、その能力とは内的衝動なのだ。
それを起こせるのは、芸術と宗教以外にはない。
芸術というのは、宗教の下僕として生まれたという話もあるが、それはある程度正しいだろう。
例えば、宗教儀式に必要な音楽、装飾が芸術になったようなものだ。
宗教と芸術は近いところにあり、いずれも、正しく取り組めば、力を得ることができる。
つまり、芸術や宗教は、人を深いに意識に導き、誰の内部にも在る、より強い、より賢い自己と一致させるのである。
しかし、権威化、形骸化した伝統的な宗教や芸術に、そんな力はない。

ところが、芸術というものは、本当は、単に自己主張に過ぎないのだ。
本当の自己主張を持ち、それを伝えることができれば、それが芸術である。
「俺の芸術は高度だから凡人には分からない」
と言うなら、それでも良いし、実際、そうなのかもしれない。
しかし、本当は、高度な芸術ほど分かり易いのである。
だから、一番良い絵は、線一本で、永遠や神や宇宙を描いたようなものなのである。
線一本で自己主張できる芸術家は、信じられないほど多くの線をつないだ者なのだ。
ビートたけしさんも、お笑いを磨く中で、強烈な自己主張を持ったのだと思う。
我々も、何かを熱心にやれば、やがて優れた自己主張を持つが、続けるには好きなことでなければならない。
ビートたけしさんだって、お笑いが好きだったのだろう。
我々も、好きなことをしなければならないのであるが、そのための工夫は自分でしなければならないし、やはり、根気も必要なのだろう。
だが、心配無用だ。
それもまた、微かな心の声の呪文で速やかに得られるのである。
微かな心の声の呪文によって出てくるものは、自らもまた現れることを望んでいる。そのための加護は当然与えられるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ