ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

宮沢賢治

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

無努力

潜在意識による成功法則や引き寄せの法則では、「努力が不要」ということがよく主張される。
しかし、それらの教えを愛好する人達すら、それを、直接的か間接的に、あるいは、露骨にか遠回しに否定することが多い。
イエスだって、全ては神の思し召しとは言いながら、モーセの十戒を守れと言うが、それは大変な努力や忍耐を要する。

その中で、本当に、一切の努力は不要とブレずに言い続けたのが法然と親鸞だ。
努力とは、善きことをすることと言って良いだろう。
そして、親鸞は、善きことをしなくて良いと言ったばかりか、善きことをしてはいけない・・・いやいや、善きことをしようと思ってすらいけないと教えていたのである。
ところが、親鸞の孫弟子とか、その後の弟子になると、実質、いろんな努力をしろと言ったり、そもそも、本人が凄い努力家だったりするのである。

ところで、厳密に言えば、法然は、念仏を称えることだけは努力しろと教えた。
親鸞も、それ自体は否定していないが、実際は、それ(念仏を称えること)すら、努力しなくていいよと教えていたのだと思う。
ではいったい、親鸞はどうしろと言ったのかと言うと、仏様(阿弥陀如来)を信じなさいと言ったのだ。

法然、親鸞の教えは、確かに、いろんな人達に嫌われた。
嫌った人達の中で、私がすぐに思いつくのは、日蓮と宮沢賢治だ。
両方共、大変な努力家だったのだろう。

納得しない人も多いだろうが、努力というのは、百パーセント、欲望から生じる。
物質面での欲望を持っていないように見せても、名誉欲が大きい場合が多い。
宮沢賢治の『雨にも負けず』が、その典型のように思える。
確かに、物質面の欲望を持っていない・・・と言うより否定している。
しかし、その最後の、「そういうものに私はなりたい」という言葉に、私は、深い名誉欲を感じるのである。
そもそも、宮沢賢治は父親が金持ちで、経済的には生涯豊かであり、賢治も一時期は粗食をしていたが、それはすぐにやめて、ウナギを好むグルメだった。
だから賢治は、物質面で努力する必要はなく、その分、名誉欲に傾注したのだと私は思うのだ。だが、そんなこと、本人も認めておらず隠すのだが、それで生じた歪みが独特の芸術になったのかもしれないと思う。

現代の我々が、阿弥陀如来という特定の仏を信じるといいうのは無理があるかもしれない。
だが、阿弥陀如来というのは、実際は固有の仏ではなく、人間には認識も理解も不可能な何かの象徴なのである。
きっと、ジョセフ・マーフィーが、現代的に、宇宙の活力と呼んだ、万能の知恵と力を有する不可知な存在である。

今月初めの、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」に行く前は、私は心身の鍛錬に努力していた。
しかし、終わってからやっているスクワットや腕立て伏せは、単に好きでやっているだけである。
今回のマジカルミライは、その日が近付くにつれ、不運、災難、トラブルが積み重なり、散々だったのは、努力・・・その裏返しの欲望があったからかもしれない。
終わったら、「もう死んでいいや」と思ったから、欲望もなければ努力もない。
無為とは無努力のことと分かり、無為の心にミクさんの歌は染み入るのである。
無努力がかくも難しいとは、よくよく業が深いのだろう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

夢があるなら断ち物を

このところ、このブログでは、「強い欲望を断つ」ことで神、あるいは、宇宙の加護を得る「断ち物」をテーマにしている。
ところで、争いは良くないが、この世には実際に争いはある。
他の条件がさして変わらないなら、争った場合、食を慎んでいる方、厳しい修行を欠かさない方・・・つまり、断ち物をしている方が必ず勝つ。
言い換えれば、放埓(勝ってきまま。わがまま)さの少ない方が勝つのである。

ただ、仕事は大きな修行であり、その中には、「断ち物」の要素も少なくは無い。
よって、仕事に励んでいる者は、まっとうな仕事である限り強い。
このあたりは、ニートはまるで相手にならない。

とはいえ、神を敬い、朝廷に礼を尽くし、家臣達を大切にしながらも、女を断つという厳しい断ち物をした上杉謙信が戦で無敵であったように、また、牢屋敷(今の刑務所だが、入ると生きて出られないほど過酷と言われる)に入れられるほどの悪漢でありながら、食を厳しく慎んだ水野南北が大長者になり、貴族にまで叙せられたように、食と性の断ち物の威力は大きいのだと思う。
だから、特に、野望あるニートであれば、是非、食、あるいは、性、あるいは、その両方を厳しく制限し、力を蓄えるべきである。

ところで、何の困難もない、のんべんだらりとした怠惰な生活を送っている者が、断ち物をすることはないし、しようとしても出来ない。
また、特に志もないなら、断ち物(あるいは、修行と言った方が良い場合も多い)は、数日から、せいぜい2、3ヶ月続くだけで、すぐにやめてしまうものである。
一方、強い願いがあったり、困難を抱えている者であれば、断ち物はし易い。
そのために、神は人に困難、試練を与えるものである。

食、あるいは、性の欲望を必要な限り断つ「断ち物」は最強である。
不必要な、極端な断ち物は考え物だが、それも目指すものが高く、それに到達する想いが強ければ、上杉謙信や水野南北のような、超人的な断ち物もありだろう。
宮沢賢治は、一頃は菜食主義で、また、お金持ちでありながら女性関係を持たなかったといわれるが、やがて、美食家になってウナギを好み、一説ではあるが春画(今でいうエロ本)の収集に盛んであったという話がある。
彼は、生活こそ、親の財産で安楽であったが、生涯病弱で、仕事もあまりうまくいったとは言えず、著作の方も、生前は1冊しか出せず(報酬は5円。今の5万円程度と思う)、全く無名のまま、37歳の若さで亡くなった。
彼の例から学び、やはり、美食、大食、色欲は、ほどほどにしなければならないと思うし、夢があるなら、厳しく慎むべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

8時間睡眠

本当に久し振りに8時間寝た。
まあ、単に寝過ごしただけなのだが。
「初音ミクシンフォニー」で、初音ミクさんが東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で歌った、Mitchie Mさんの作品『ビバハピ』の、「クタクタ 睡眠は8時間」を思い出す。
16歳のミクさんは、やはり8時間眠った方が良い。
そして、私も時には8時間睡眠は悪くない。気分がとても良い。
普段の私の睡眠時間は4時間半で、本来、これは1年365日、全く変わらない。
夢の中で、「○○と△△は違うのよ」と、何度も少女が言ったのだが、○○と△△を見事に忘れている。
果たして思い出せるだろうか?(多分、無理だ)。

身体は、甘やかしてはならないが、慈しまなければならない。
少なくとも、いじめ過ぎてはならない。
私は、一頃、超少食を実践していたが、それで良い面もあったが、結局、低体温になってしまった。
冬は寒いし、肌が乾燥し易くなった。
宮沢賢治は、元々、病弱であったが、37歳で病死したのは、やはり一頃、無理な食の節制をしたからではないかという説がある。
賢治は、後にはグルメ・・・というほどではないだろうが、ウナギを好んで食べていたというが、ほどほどであれば良いのだと思う。

肉体の鍛錬も、少年漫画のスポ根もののように無理をすれば、実際は身体を痛める。
大昔の『タイガーマスク』のアニメで、「虎の穴」と呼ばれる、プロレスラー養成の秘密組織ですら、タイガーマスクが卒業した数年後には、「しごきなど時代遅れ。今は科学的に訓練する時代である」などと言われていたことをご存知だろうか。
食に関しては、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」ことが大切だが、それ以上は必要ない。
まあ、食も仕事も鍛錬も、一度、極端を経験するのも良いところはあるが、取り返しのつかないことにもなりかねない。
徳川家康が言ったように「ほどほどに」が大切である。
孔子も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と言ったらしいが、大切なことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

食事について考える

報道によれば、五日前の5月5日に亡くなられた偉大な音楽家、冨田勲さんが最後に食されたのはウナギ料理のようだ。
私が子供の頃に読んだ書籍では、ウナギの生態には謎の部分が多いと書かれてあったが、実際、養殖が難しい魚で、そう数も多くはないのに、美味で栄養豊富ということで、今でもウナギ料理は高級というイメージがある。
冨田さんはウナギは好物であったらしいが、冨田さんが子供の頃からファンであった宮沢賢治も、ある店のものらしいが、ウナギをこよなく好んだのであるらしい。
宮沢賢治は、長く菜食主義だったと思うが、晩年(と言っても30代だが)は、ちょっとしたグルメであったようだ。
漫画原作者としては日本一で、今も多くの日本の男性の思想に影響を与えている作家の梶原一騎さんは、ウナギとステーキを同時に食べるという、極めて贅沢な食べ方が好きであったらしいが、それを食している最中に倒れ、病院に搬送され、手術中には、一度は医者もさじを投げるほどであったという。
梶原一騎さんは、相当な美食家で、酒も大好き。それでいながら、節制をせず、金もあったので、グルメ三昧であったことが、身体を壊した原因であったのだと思う。

ところで、私はウナギ料理・・・といっても、うな丼かうな重くらいしか知らないが、子供の時から、あまり好きでなかった。
あのこってりとした感じがシンドく感じるのだと思う。
とはいえ、嫌いというのでもなく、食べればやはり美味しいと思う。
以前、付き合いのあった社長さんに誘われて、昼から高級なうな重を食べに行ったことがあるが、美味とは思いつつ、「贅沢だなあ」と率直に思った覚えがある。
私はもう何年も、うな丼やうな重は食べていない。

ウナギはもちろん、素晴らしい栄養食であり、節度を守って食べる分には良いものであると思う。
岡田虎二郎も、深刻な病人を、イエス並の力で回復させると、一緒にうな丼かうな重を食べたらしいが、回復途上にある病人にも良いのだろうと思う。
ただ、このように、ウナギ、ウナギと書いているだけで、私は、相変わらず常に空腹でありながらも、何だかムカつきを覚えるくらいだから、個人的には好ましく思っていないのだなあと思う。

11月に、もし、冨田さんの新作交響曲『ドクター・コッペリウス』が予定通り上演されることになったら、関西在住の私は劇場の近くのそれなりのホテルに泊まるつもりだが、いつも高級ホテルでは食事に少し困る。
土地勘がない場所でホテルの外で食事をするのも面倒なので、ホテル内のレストランで夕食をとろうとしたら、そんな高級ホテルのレストランでは、少食粗食が常の私には贅沢過ぎるのである。
いや、そもそも、上級のレストランの空気自体が私には合わない。
そこらは、見栄を張るつもりもなく、私は「ど」がつくほどの庶民であるが、今は、私のような一般人も、良いレストランで堂々食事をするし、高級レストランの方も、金持ちばかり相手にしている訳にもいかないのだろう。
しかし、私は、後ろめたいというか、ちょっと滑稽とは思いつつ、コンビニで買ってきたものを部屋で食べたりするのである。
そういえば、9月の、初音ミクさんの幕張メッセでのコンサート「マジカルミライ2016」でも、私は良いホテルに泊まるのだが、ルームサービスですら、かなりの料理である。

ただ、私は、9月にマジカルミライ2016に行くと決めてから、多少は食生活を改善しようと思った。
私の場合の食生活の改善とは、「少しは良いものを食べる」ことである。
最近ずっと、毎晩、夕食はカップヌードルだったのだが、栄養がどうという問題ではなく、食というものに、少しは工夫をしないと、身体ではなく、心にあまり良くないのではと思うのだ。
身体の栄養に関しては、例えば、トウモロコシしか食べないとか、一種類の芋しか食べなくても、健康で長寿の民族があり、世間の栄養神話は全く信じていないが、食事というものには、心の面で大切な意味があるのだと思う。
確かに、あまりに粗食をすることで、心が貧しくなっているのかもしれないと感じている。
たまには、本当に心のこもった料理を出す名店に行くのも良いと思う。
だけど、初音ミクさんには、食事をしているイメージが全くない。
あんなふうになりたいとは思うが、とりあえず、私は生身の人間である。残念なことにね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「人間は考える葦である」の本当の意味

偉大な行いは、熟考と、大きな決断によるものだと我々は思う。
一方、極悪非道の行いは、衝動的なものと思われているだろう。
だが、本当は、両者に違いはないのかもしれない。
英雄的なことをしようと思えば、かえって害悪になる。
「世のため、人のため」と考えている者が、一番、世の中を乱すのである。
親鸞は、「あなたが人を殺せないのは、心が善いからではなく、縁がないからだ。心が悪くなくても、縁があれば千人だって殺す」と言ったらしいが、そうかもしれない。

パスカルは、「人間は考える葦である」と言ったらしい。
この意味は、故事ことわざ辞典によれば、「人間は自然の中でもっとも弱い一本の葦みたいなものだが、それは考えるという能力をもった存在だということ。」という意味らしい。
これは一般に、「考えることは偉大であるから、人間は生物としては弱いが偉大である」と、考えられている。
しかし、別にシニカル(冷笑的)になる気はないが、「人間は、僅かの知性はあるが、葦に過ぎない」と思った方が良い。
ソクラテスが「汝自身を知れ」という言葉を重要視したのは、そんなことを強く感じていたからだと思う。
人間である我々は、最低レベルのことを考えることが出来るに過ぎない無能な生物なのだ。身の程を知らねばならない。

『銀河鉄道の夜』で、蠍は、生きるために沢山の命を奪ったが、いざ、自分がイタチに食われそうになったら必死に逃げて、挙句、自分もイタチも井戸に落ちて、両方が死ぬことになった時に、激しく後悔した。
なんで、黙ってイタチに、この身体をくれてやらなかったのだろう。そうしていれば、イタチは1日生きられたのに・・・と(私は、単に痛いのが嫌だからだと思うが)。
そして、神に、「今度生まれてきたら、この身を、他の者達を幸せにするために使って欲しい」と願った。
美しい話ではあるが、次の生があったとしても、そこでは、沢山の者を不幸にしたり、殺したりするかもしれない。
宮沢賢治だって、『春と修羅』で、

わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です

と書き、それ以下も、私(人間)は現象に過ぎないということを延々と書き、結局は、人間は無力な存在と分かっていたのだと思う。

それならば、アインシュタインが言った、「神は老獪である。だが、悪意はない」ということを信じる以外にはない。
信じて、まかせるしかないし、それは、あらゆることを、なりゆきにまかせるしかないということだ。
荘子の考えも、その通りであると思う。
「南無阿弥陀仏」という念仏は、それを、分かり易い1つの形にしただけのものである。
よって、これほど論理的なものはなく、僅かの知性しかない人間が持つ知恵としては、これ以上はないかもしれない。
宮沢賢治は、念仏を説く浄土仏教は嫌いだったらしいが、それもなりゆきである。よって、良いことである。
私も、宗教としての浄土仏教は好きではない。

私は葦である。
多少のことは考えられるので、そのために、悩んだり、苦しんだりするが、葦に過ぎないと自覚すれば、自分を笑うことが出来るだろう。
ナポレオンは、ちょっと川上に生えていたというだけで、自分が御大層なものであると思い込んでしまったのだ。
私は、辺鄙な、淀んだ場所にぽつんと生えてしまったのかもしれない。
それで、自分を憐れんでいるのだから滑稽であるが、滑稽さを持つこともまた、なりゆきであり、自分の力で持ったものではない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ