ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

宮本武蔵

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

文句を言うな

世の中に対して文句を言う者に、金持ちや成功した人はいないと思う。
総理大臣に対して文句を言う者も、たとえ名がある政治家や元政治家でも、微妙な人が多いように思う。
会社の中で社長に対する文句を言う者も、それが役員であったとしても、いなくても良い人の場合が多いと思う。
学校で、教師に対する文句を言う生徒には、あまり見所のある者はいないと思う。
上位の思想家に対して文句を言う思想家にロクなのはいないし、人気作家に対して文句を言う作家は人気が出ない。
人気YouTuberに対して文句を言うYouTuberはアクセスが増えない。

とにかく、何と言うか、文句を言うと、ツキが逃げていくのだ。
だから、ライバルが自分の文句を言っていたら、「シメシメ勝った」と思って間違いない。

宮本武蔵は、決闘にいつも遅刻したことになっている。
これは創作だろうが、そんな話を作った者は、良いポイントを突いている。
武蔵と佐々木小次郎の「巌流島の決闘」も、事実はどうだったか分からないはずだが、お話では、武蔵は大幅に遅刻したことになっている。
武蔵は、小次郎が武蔵への文句をタラタラ言っていることを期待していたのだろう。
小次郎が武蔵への文句を言えば、小次郎から勝負運が逃げていく。
幸運の女神は、文句を言う者が嫌いなのだと思う。

ホリエモン(堀江貴文氏)とひろゆき(西村博之氏)が喧嘩別れしたらしい。
ちょっとYouTubeで見てみたら、ホリエモンはひろゆきへの文句を少し言っていたが、ひろゆきはホリエモンへの文句を全く言わない。
ただ、ホリエモンも、ほんの少しだし、聞かれない限り自主的には言わないので、今後もツキが落ちることはないだろう。
ひろゆきは、(少なくとも動画では)文句を全く言わない人なので、今後も躍進は続くだろう。
ホリエモンは、時に文句を言うので、それをやめると、さらに良いだろう。

1997年のNHK大河ドラマ『毛利元就』で、尼子経久(あまごつねひさ)は、元就に、
「策多ければ勝ち、少なければ負ける」
と教え、その教えに従った元就は破竹の勝利を重ねるが、もっと良い教えは、
「文句少なければ勝ち、多ければ負ける」
だ。
滅多にはいないが、一言も文句を言わない者は無敵である。








人間最大の罪

最近、夢の中に、昔、勤めていた会社の同僚が出て来て、彼らに苦しめられている(笑)。
苦しめると言っても、向こうが悪いのではなく、彼らが、私の行いを正当に非難するのだが、私がそれに対抗出来ないのである。
まあ、夢の中だから、他愛もないことばかりだが、例えば、こんなことである。
私が、昔、勤めていた会社の中にいると、よく見知っている2人の女子社員が、「その靴、いけないんだ」と言う。
この会社の中では、まるで学校のように、上履きに履き替えないといけないのだと言う。
いや、私はそんなこと、全然知らないぞ・・・と思いながら、他の同僚を見ると、彼らは気まずそうな顔で黙っている。
つまり、誰も教えてくれなかったのだ。
しかし、それは、同僚とほとんど会話をしなかった私の問題であるということになる。
そして、夢の中だけでなく、実際に、私には、そんな問題があったのだと思う。

あるいは、やはり、夢の中で、昔、勤めていた会社にいると、大勢の男達がやって来て部屋を占領してしまい、私は、部屋の隅どころか、ドアの外に追いやられる。
やって来た男達のリーダーらしい、アクが強そうで貫禄ある男が、私に、「おや、君は場違いなようだ」と嘲るように言う。
すると、私の上司が、女子社員に耳打ちしているのが見えたが、何を言っているかは見当がついた。
その女子社員が私のところに来て、「今日は、好きな所に行くことを許可します」と言う。
夢でなく、実際に、私は、いつでも勝手に好きなところに行っていたのだった。

なんだか、私の弾劾裁判のような夢である(笑)。
『マジック・ストーリー』(翻訳:『人生を変える魔法の物語』等)という短編小説の形の自己啓発書で、主人公の男は、自分の分身が、自分の昔の勤め先を毎日訪れるのに付いていったが、分身がそこに入って行っても自分は入って行くことが出来ず、見ているだけだったという話があるが、それに少し似ていなくもない。入って行けないのは、入って行けないような後ろめたい理由があるからだ。
また、映画『パピヨン』で、主人公のパピヨンが、夢の中で、砂漠の中の裁判所で、自分が裁判を受けているという場面を思い出す。
裁判官はパピヨンに「お前は有罪だ」と言うが、パピヨンは「俺は殺していない」と言い返す。
すると、裁判官は「その罪ではない」と言う。
パピヨンが訝(いぶか)って、「では、何の罪だ?」と問うと、裁判官は、「人生を無駄にした罪だ」と言う。
それを聞き、パピヨンはうなだれる。
「確かに有罪だ・・・認めるよ・・・」

『マジック・ストーリー』の主人公の男は、夢から覚めた時、実際に目覚めて人生をやり直す。
『パピヨン』のパピヨンは、脱獄して自由を手に入れると、自分の戦いを始め、伝説の人物になった。

「人生に意味などない」とか「人に価値などない」と言う者がいるが、人生にも人間にも、値打ちがある。
しかし、時間は限られており、その中で、その値打ちを生かさなければならない。
要は、生き様が大事なのだ。
宮本武蔵が、「吾、ことにおいて後悔せず」と言ったのは、「どんな結果になろうと後悔しない」という意味ではなく、「私は後悔しないよう全力を尽くす」という意味でもないかもしれない。
ひょっとしたら、「もっと後悔しないようにやっておけば良かったなあ」という後悔の言葉かもしれない。
彼だって、心残りみたいなものは、いっぱいあったのだと思う。
それで、後の時代の人に、「後悔しないようにやれ」と言いたかったのかもしれないが、そう言われて、「はい、後悔しないようにやります」なんて思う者はいない。
結局のところ、皆、後悔する。
それで、「吾、ことにおいて後悔せず」という理想のみを掲げたのだろう。

自我主体、左脳主体、理屈主体で行くと、後悔する。
天主体、右脳主体、勘主体で行くと、それほど後悔しない。
それなら、今の日本人の人生は、最後に後悔する場合が多いに違いない。
つまり、やりたいことはやっておかないと後悔するということだ。
やりたいことをしないことを、「人生を無駄にする」と言うのだと思う。
それは罪なのである。








宮本武蔵を反面教師に楽に生きる

日本人の間では、No.1の剣豪は宮本武蔵という認識が圧倒的と思う。
これは、吉川英治の小説『宮本武蔵』のイメージから来ている。
この小説は、吉川英治という天才作家の創作であり、面白くて素晴らしい作品ではあるが、宮本武蔵の実像を描いたものではない。
本当の宮本武蔵は、決して、超一流の剣豪ではなく、当時の一流の剣豪と試合をした記録もない。
小説『宮本武蔵』では、吉岡一門との決闘はハイライトの1つであるが、実際には、そんなことは行われていない。
しかし、吉岡道場があった地方では、宮本武蔵が吉岡道場の当主と試合をした記録があるらしい。
『宮本武蔵』では、武蔵は、まず、当主の清十郎を肩の骨を砕く一撃で勝利し、弟の伝七郎とも戦って、これを殺して勝利したことになっているが、実際は、清十郎も伝七郎も、健康で長生きしているようだ。
武蔵の清十郎(直綱)との戦いは、「引き分け」とした記録もあるらしいが、本当のことは分からないのだと思う。

ただ、武蔵が、剣豪とは言えないまでも、強い武芸者であったことは確かと思う。
それは、スポンサーや弟子もいたほどの強さで、武蔵は、働かずに生活出来ていたようで、そこは素晴らしいと思う。
何かの特技を持っているのに、それで食べていけず、生活のために好きでない仕事やアルバイトをしているというのは、どうかと思う。
絵画作品が超高額で取引されるゴッホも、存命中は、弟のテオに経済面の一切の面倒を見てもらっており、生きている間は、絵は1枚も売れなかった(1枚、予約はあったらしいが)。
ゴッホが不運だったというのもあるかもしれないが、やはり、ゴッホに何か問題があったと考えた方が良いと私は思う。

ところで、当然ながら、武蔵も、歳を取ると、剣の腕だけでやっていくのは大変になる。
スポンサーや弟子を抱えるためには、常に強さを示さねばならないが、そんなことが出来るのは若い間だけだ。
そこで、40歳を超える頃には、士官先、つまり、就職先を探していたが、これがなかなか難航したようだ。
武蔵は、腕は立つし、見るべきところももちろんあるが、人間性に問題ありと見なされたのだ。つまり、士官させたら、他の者達とトラブルを起こすに違いないと推測されたのだろう。そして、その見立ては正しい。
実際、士官先では、武蔵は若い頃の自慢話を沢山し、また、持論を押し付けたりで、周囲から嫌われていたらしい。
それで、士官出来ても、出世は望めず、50歳を過ぎても、戦闘要員みたいなことをしていたらしい。
そんな武蔵は、結婚はしなかたったが、男子の養子はもらって育てていたようだ。
そして、養子の息子には剣の修行をさせず、学問を積ませ、幸い、息子は出世したようである。
武蔵は、自分の失敗を教訓にしたのだろう。
元々、武蔵は、優れた書(『五輪書』もその1つ)や絵を残す優秀な人間だったのだが、剣の腕の生かし方を間違えたのだと思う。

現代の話に戻る。
学校というものは、労働者というロボットを作るところで、ロボットになれば、一生生活していける・・・はずだった。
だが、現代は、ロボットになっても食べていけるかどうか分からなくなっていて、余分な人間は処分されようとしているという陰謀論をよく見るようになったが、あながち空想とも思えない。
それなら、ロボットになるのではなく、自分の力でやっていくとしたら、何か特技を持たないといけないが、食べていける特技を持つのは大変で、「1万時間の法則」の通り、一万時間修行する必要があると思う。
また、「十年の法則」とでも言うべきものもあり、十年しっかりやれば、それでやっていける力が得られる。
だが、武蔵ほどであっても、人間性に問題があればうまくいかないので、人間関係をうまくこなせる程度の人間性を養わねばならない。

これまでは、駄目な人間も、なんとか救われていたが、国全体が豊かでなくなると、食べていけない者も多くなる。
本当に、人口削減なんてことも必要になってしまうかもしれない。
昔なら、そんな時は戦争が起き、うまく人口が調整されたらしい。
しかし、昔とは違う意味の戦争は、とっくに起きているという話もあり、それは本当かもしれない。
だが、たとえそうであっても、心配無用だ。
このブログでいつも述べている通り、言葉の力(真言の力、アファーメーションの力)を知り、それを実践すれば良いのである。
どんな時代であろうが、心が世界を創ることに変わりはないからだ。
ただ、上に挙げた、宮本武蔵の教訓を無視して良い訳ではない。
心の神秘の力を使いつつ、物質世界もうまくこなす賢さがあってこそ、楽に生きられるのである。








天才、吉川英治が宮本武蔵にやらせた超成功法

成功法則のテクニックの中には、凄くピンと来ると感じ、しかもそれが、複数の大物教師達の間で共通に語られていることであり、また、直接言ってはいなくても、信頼ある教師達が同じことを示唆しているのだと思わせるものがある。
それが、「願いが叶った時のための準備をする」だ。

私が最初に、そのテクニックを見たのは、中国出身の女性作家で世界的な自己啓発指導者のチン・ニンチュウの著書『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』の中だったが、実は、私は、その本を読むより先に、知り合いの国際ビジネスコンサルタントに、「この本にこんなことが書いてある」と教えてもらっていた。
こんな話である。
ハリウッドの大俳優バート・レイノルズが駆け出しの頃、既に大スターだったクリント・イーストウッドに、「成功するまでの間、何をしていたか?」と尋ねたら、イーストウッドは「成功するための準備をしていた」と答えたのだった。
それを聞いて、レイノルズは成功への階段を駆け上ることが出来たという。
しかし、ニンチュウの本では、これだけで、何かは感じるが、ちょっと不親切というものだろう。

だが、最近、度々取り上げる『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』の著者である、女性占星術師で神秘家のトーシャ・シルバーが崇拝する、女性画家で自己啓発分野でも極めて著名なフローレンス・スコーヴェル・シンは、このやり方を重視しており、それを、簡単な、分かり易い例で説明している。
例えば、海外旅行に行きたいがお金がない男性がいた。
シンは彼に、旅行カバンを買うことを勧めた。それが、願いが叶った時のための準備になるのは明らかだ。
男が、シンのアドバイス通り、素晴らしい旅行カバンを買うと、その後、彼は、不思議な流れで大金を掴み、実際に旅行に行くことが出来た。
シンは、いつも、このような単純な実例で示してくれるのでありがたい。
そして、シンは、このやり方は、新約聖書の「マタイによる福音書」に書かれていることであると言う。
イエスは、「良いことに備えている者」が願いを叶えると言っていると述べる。
よく知られている、イエスの願いの叶え方は、「既に叶ったと思え」である。
しかし、普通の人は、なかなか「既に叶った」とは思い難い。
けれども、叶った時の準備をするということは、願いが叶ったと思うことを示すに他ならない。
イエスの話は「5人の賢い乙女」の話として知られている。
十人の乙女が花婿を待っていたが、花婿の到着が遅くなり、乙女達が持っているランプの油が切れたが、そのうちの5人は予備の油を持っていたので大丈夫だった。
しかし、残りの5人の愚かな乙女達が油を買いに行っている間に花婿が到着し、賢い5人の乙女達だけが花嫁に迎えられた。
賢い5人の乙女達は、良いことのための準備をし、愚かな乙女達は、その準備を怠ったのである。

吉川英治の創作ではあるが、巌流島で宮本武蔵を迎え撃った佐々木小次郎は、長剣の鞘を投げ捨てた。
その時、武蔵は、
「小次郎破れたり。勝って帰る者が鞘を捨てたりはしない」
と言った。
これは、一般には、武蔵が小次郎を動揺させる作戦と思われているが、それよりも、吉川英治の天才的発想であったから、これほど有名なのだ。
つまり、小次郎は、勝った時の準備を放棄してしまったのである。
一方の武蔵はどうであろう?
小次郎を倒しても、小次郎の仲間がすんなり帰してくれないことを予測し、船を待たせ、勝った後に、その船に乗り込んで引き上げた。
つまり、勝った時の準備が万全であった。
吉川英治、さすが天才である。








武術、魔法、芸術に共通する単純な超秘法

元々、魔法使いのようなものだった私が、より魔法を使い易い方法を思いついたら、つれづれに書こうと思う。
スピリチュアルな力の発動方法にだって、向き不向きとか好みといったものがある。
宮本武蔵は木刀を好み、ハンドルに穴を開けてストラップを通し、手首につないでいた・・・英語を混ぜて書くと、なんだか武蔵が可愛く感じるが(笑)。
しかし、武蔵が戦った相手には、槍使い、長刀使い、鎖釜使い、兜割2本使いなど、いろいろいたらしいが、武器の選び方だって、向き不向きや好みがある。
魔法にだって、あって当たり前だ。

そこで、とっておきのものを見つけたのでご紹介する。
それは、「薄目(うすめ)」だ。
薄目になるだけで、魔法の発動条件が整う。
やってみれば納得出来ると思うが、余計な思考が起こらず、ぼーっとしてくる。
思考を消してぼーっとすることこそ、魔法発動の奥義と言って差し支えないが、それがこんなに簡単に整うのである。
実際、いかなる分野でも、出来るやつとか達人は、薄目をする癖があることが分かるはずだ。

何で聞いたのか憶えていないが、中国人の真似をするには、薄目をすれば良いらしい。
なんとなく、分かる気もするが、実際は、特に、今の中国人は薄目をしない。
だが、中国人に薄目のイメージがあるのは、我々には、中国人と言えば少林寺拳法の達人のイメージがあり、少林寺に限らず、中国の武術の達人が薄目をしているのだと思う。
日本でも、宮本武蔵が半眼、すなわち、薄目を重要視していたことはよく知られている。
薄目、半眼には、何やら得体の知れない強さの秘密があることは疑いない。
また、日本のコケシは、目を開いていないが、閉じているという感じでもない。
そうだ、コケシは薄目をしているのだ(最近は、ぱっちりと目を開いたコケシも作られているが)。
精神分析学者の岸田秀氏の本に、コケシが薄目をしているのは、日本人が世間の目を恐れることからきていると書かれていたが、おそらく違う。
コケシは、一体でぽつんとしていても、揺るぎない強さを感じる。その理由が薄目であることだ。
薄目になれば、超越意識に秘められた力が発動されることが、コケシに暗に現わされているのである・・・なんて、こちらの方が荒唐無稽だと言われそうだが、こちらが真実と思う。
また、仏像の大半が半眼なのであり、目を閉じているわけではないことを見ても、そうすることに尋常ならざる秘密があることが分かる。
薄目・・・これだけを憶えておいても良いくらいである

私は、ムンクの『病める子』という絵が好きだ。
ベッドで座っている、おそらくは不治の病の少女の近くで、その母親が絶望するようにうな垂れている。
だが、この絵には、不思議な力の輝きがある。少女の美しい横顔は神々しいほどである。
そして、ムンクは、この絵を薄目で描いたのである。睫毛が視界に及ぼす効果をそのまま絵にしたのだ。その意味は、この絵を見ることはもちろん、あらゆるものを薄目で見ることをお試しいただくと分かると思う。
アドヴァルド・ムンク『病める子』~MUSEYサイト~








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード