ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

宮本武蔵

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ひきこもりは勝ったも同然である

宮本武蔵は、道場で剣を学んだことはあったのだろうが、戦や決闘といった実戦で強くなったのは疑いない。
彼が、ずっと道場で修業していられる身分だったら、さしたる剣士にはならなかっただろう。
『荘子』にも、ある特別な人間がいて、「なぜそのようになれたのか?」と聞いたら、「まずは本を読んだ」と言う。何度も繰り返し読んだと。
しかし、それを実戦で試したと言う。

力士がデビュー戦でいきなり横綱、大関と対戦したりしないように、人間の人生における戦いの場でも、何者かが(神か神の配下)ちゃんとマネージメントしていて、力量に見合った相手しか現れないものである。
たとえ桁外れに強く見えても、戦いを避けられないなら、勝てる相手なのだろう。
ひきこもってゲームばかりしていても、ゲームから戦い方を学んだはずである。
それを社会の実戦の場で試せば良いだけだ。
よくは分からないが、ドワンゴの川上量生会長(カドカワの社長)も、ゲームが経営に役に立ったといったことはよく言われていると思う。
もっとも、彼の場合、デジタルゲームとボードゲーム(将棋やチェスなど)の両方から学んだようだ。

ロバート・フルガムの『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』という有名な本があるが、タイトルから見る限り(私は読んでいない)、幼稚園の砂場で何か人生の秘訣のようなものを学んだのだろうが、やはりそれを社会で試したので、力を得たのだろう。
もちろん、学び方はいろいろで、人それぞれであり、誰もが幼稚園の砂場で学ぶ必要はない。
ひきこもりはゲームや本(たとえラノベや漫画でも)などから学ぶだろう。

初めて車を買ったら、用がなくても運転したくて仕方がないものだ。
また、喩えは悪いが、光線銃を持てば、戦いたくて仕方がなくなるだろう。
幼稚園の砂場や、ゲームや本、その他、自分が手に入れた知恵という光線銃を持って戦いの場に赴かなくてはならない。
その意味、どんな積極的、外交的な人間でも、ひきこもって学ぶ期間は必要である。
だから、ひきこもりは、最初から勝ったようなものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

処刑は荘厳に行え

私も以前は、プロ野球やプロテニス等のスポーツの試合をテレビでよく観た。
野球で、劇的な逆転サヨナラホームランを放ち、打った選手、チームメイト、そして、ファンが歓喜するのを見ると、打たれた投手に想いが行くことがあった。
その投手は、悔しいだけでなく、それで自信を失くして駄目になったり、クビになって、それがわびしい人生につながるかもしれない。

また、これはたまたま見たのだが、オリンピックの柔道の決勝で、勝った日本人選手が、相手選手の目の前でこれ見よがしにガッツポーズを繰り返したり、あるいは、プロボクシングの世界タイトルマッチで、相手をKOした日本人ボクサーが、倒れた相手ボクサーを、その目の前で卑しめるようなポーズを取るのを見て、私は本当に悲しかった。

もちろん、私のようなことを言うのは、甘ったるいと言う人達もいて、それは正しいのかもしれない。
人間は、特に男は勝たねばならないという面があるのは確かだ。
だが、敗者を悼んではならないということはない。

戦争でも、戦う運命であれば勝つために命を賭けなければならないだろう。
だが、こう考えるべきなのだ。
「処刑は荘厳に行え。子供は殺すな」

私の人生はいろんなことで、負けの多い人生だ。実力で勝ったことは、ほとんどない。
しかし、勝ちより、負けから学ぶことの方が多い。
これもまた、甘ったるい考え方なのかもしれないが、こんな話がある。
ある有名なプロ棋士は、若い頃、負けて家に帰り、悔しい想いをしていると、母親が、
「相手さんの家族が喜んでいる」
と言ったのだそうだ。
彼は、勝てるようになっても、それを覚えていたのだそうだ。

昨日、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」のチケットの抽選発表があって、発表サイトを見ると、「落選」の文字が並んでいた。
私には人生最高の目標なので、これは敗北の感覚である。
だが、このコンサートに一番行って欲しいのは、小学生や中学生の女の子達である。
私が落選した分が、彼女達に回れば、それが何よりである。
転売屋のことは何も言うまい。止めて欲しいのは確かだが、そんな者達は必ずいるのが現実だ。
だからこそ、小さな女の子達のためには、私のような者の落選は1つでも多い方が良いのだろう。
私は、何よりも願いながら、チケットの獲得を祈ったことは一度もない。
いや、そもそも、どんな勝利も祈ったことはないのだ。
宮本武蔵は、吉岡道場一門との決闘を前に、神社に祈願をしようと思ったが、止めたらしい。
これについて武蔵は、「神仏は尊し。されど頼まず」と言ったが、「神仏にまかせる」という意味もあったのだろうかと思う。

チケット獲得のチャンスは、明日から申し込みが始まる2次抽選と、後は、8月の普通の販売の時だが、こちらは一瞬で売り切れるだろうから、獲得は難しいに違いない。
しかし、運を天にまかせて、楽しくトライしよう。
駄目で元々、当ればラッキーである。
美空ひばりさんの『柔』の作詞者、関沢新一さんは、モスラ・ゴジラシリーズの映画や『ウルトラマン』等の脚本を書いた多才な人だが、『柔』は武道家との交流から生まれたものであるという話がある。
「勝つと思うな 思えば負けよ」「負けてもともと」
勝つことの重要さを十分に知った上で、こう悟ることが出来れば幸いである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

宮本武蔵はなぜ29歳で引退したか?

宮本武蔵は、巌流島で佐々木小次郎を倒して以来、何をやっていたか分からないらしいし、剣の勝負をした様子もないという。
巌流島の決闘の時、武蔵は29歳だった。
今のスポーツ的な考え方からすれば、体力が下り坂になる年齢で、特に、当時なら、相当「いい年」だったかもしれない。
しかし、昔の剣の達人というのは、30代、40代で衰えることはなく、60代でピークということも珍しくはなかった。
昔の剣術の面影の強い、明治時代の剣道全日本大会では、上位進出者は40代以上ばかりで、60代が珍しくはなかったと聞く。
ある年は、決勝が42歳と60歳の剣士の対戦であったらしい。

武蔵は、13歳で初めての勝負をし、小次郎に至るまでに、数多くの勝負をし、そして、戦で戦った。
また、名門、吉岡道場の道場主を倒した後、吉岡道場の門下の剣士全員との決闘となり、そのうちのかなりを討ち取ったと云われる。
武蔵の勝負は全て、命のやり取りであり、武蔵は無敗であったのだから、全ての相手の命を奪ったことになる。
そのため、武蔵は良心の咎めに苦しみ、勝負を止め、書や絵を描いて、心の安らぎを求めた・・・なんて話をよく見た。
しかし、武蔵はサイコパスだろう。武蔵に良心なんてものはない。
では、武蔵はなぜ勝負をやめたか?
決まっている。
勝負で勝って殺すことで、多くの人々の恨みを買うことを実感したからだ。
しかも、自分を恨む人達の数は、勝負を重ねる度に増えていく。
それでは、命がいくつあっても足りないと、恐ろしくなったのだろう。
武蔵は、木刀を常に肌身離さず、そして、木刀の柄に穴を開けてヒモを通し、その紐を手首に巻き、木刀が手から離れないようにしていた。
いつ襲われるか分からないし、敵が多い場合、刀ではすぐに血糊で切れなくなるので、木刀が必要だったのである。
そして、万が一にでも木刀を落としたら、それが死を意味した。
また、武蔵が決して入浴しなかったのも、入浴中に襲われたら圧倒的に不利だからだ。

この世で一番恐ろしいものは、人の恨みである。
まして、殺したり、絶望を与えて恨みを受けると、決してタダでは済まない。
人間の怨念、憎しみ、恨みを、夢々、甘く見てはならない。
どんな虫けらのような相手であっても、恨みを買うと、何があるか分からない。
武蔵が相手ですらそうであるが、人を殺すなど、割と容易い。
特に、サイコパスは、何も考えずに、あるいは、むしろ喜んで人を傷付けることがよくあり、その時は快感を感じても、すぐに破滅する。
成功するサイコパスは、自分が被害を与えた人達の恨みに耐える力を持っていたが、それとて、いつかは限界が来る。
サイコパスであろうがなかろうが、人の恨みは、なるべく買わないことだ。
自分が気に入らない人をいじめたり、苦しめることは、サイコパスでなくても快感であるし、サイコパスであれば、それがエスカレートし、破滅や絶望を与え、殺すこともある。
だが、そんなことをすれば、どんな形にせよ、必ず、やったことに相応しいだけの報いを受けるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

宮本武蔵は哀れなサイコパス

昔(ことによっては太古)から、百人に1人はいると言われるサイコパスは良心を持たない人間である。
サイコパスの特徴は、過剰な自尊心と退屈し易いことだ。
また、サイコパスの他の特徴として、他人を支配したがるとか、他人に共感しないとかがあるらしいが、これらはちょっと難しい。
しかし、異常なプライドの高さと根気のなさは、分かり易いサイコパスの特徴だ。
谷川流さんの人気小説『涼宮ハルヒ』シリーズのヒロイン涼宮ハルヒが典型的なサイコパスと言えると思う。

IQが高いサイコパスは改革者として英雄になり、IQが低いサイコパスは、たとえ犯罪者にならないまでも、始末に負えない人間として、水に沈められて殺されてきた。
涼宮ハルヒは、IQが高いらしく成績は抜群で、さらに、何をやらせても他人に秀でるが、やっていることを見ると意外と平凡だ。
高校生までのハルヒは、美少女ということで大目に見てもらえるが、将来、ハルヒは、偉大な人間になるか、あるいは、誰にも相手にされずに、つまはじき者、あるいは、引きこもりになるだろう。

しかし、考えてみれば、小説の主人公なんて、全員サイコパスだ。
そりゃ、小説の主人公になるのは、かなり変わった人間でなければならないに決まっているし、サイコパスというのは、一見、ヒーロー、ヒロイン向きだ。
マーガレット・ミッチェルの歴史的ベストセラー『風と共に去りぬ』のヒロイン、ケイティ・スカーレット・オハラなどは、まさに、見るからにサイコパスだ。
ハルヒとスカーレットは、サイコパスの見本として標本にしておきたいと思うほどである。

筒井康隆さんの、既に日本の国民的小説と言っても差し支えない『時をかける少女』のヒロイン芳山和子は、その平凡な名の通り、ごく平凡な中学3年生だ。
しかし、平凡さは表向きであり、彼女も、小説の主人公に相応しく、明らかにサイコパスだ。
なんだかんだ言っても、男の子達をアゴで使い、刺激を求めて、怖いものも見たがり知りたがる。
なるほど、未来人の少年すら虜にした訳である。
いや、そもそも、あの物語は、サイコパス芳山和子の妄想であったというのも成り立つのである。
小説は、和子のこんな想いで終わっている。
「いつか、だれかすばらしい人物が、わたしの前にあらわれるような気がする」
これが、過剰な自尊心を持つサイコパスの典型的な妄想であろう。

サイコパスは努力しないので、戦場の実戦で強くなる。
宮本武蔵のように。
だが、将軍家指南役の柳生新陰流の頭首はサイコパスでは務まらない。
柳生家頭首は、道場で根気よく修業に励む者でなければならない。
だから、柳生家では、剣の実力のみで頭首を決めず、人間性を重んじた。
武蔵は柳生宗矩との決戦を望んだが、宗矩は相手にならなかったと云われる。
あるいは、武蔵が実際に宗矩のところに行き、圧倒したが、武蔵は宗矩に、「わしに勝ったら、お前は生きてこの屋敷を出られない。柳生家の名誉のため、門弟全員でお前を始末するからな」と言われ、虚しく引き上げたという話がある。風説かもしれないが、ありそうな話だ。
武蔵は、腕は立っても報いのない人生を送った哀れな存在であったに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人を勝利させるものはこれである

私は、小学5年生の時、他の子よりずっと腕力が強くて驚かれていた。
見かけはひょろっとしているし、さしてスポーツ好きでもないので、誰もが意外だったろう。
まあ、私の腕力が知られた時というのは、たまたま取っ組み合いの喧嘩をしたら、強そうな相手でも、あまりに簡単にやっつけてしまったからなのだが。
その秘密はこうである。
私は、4年生の時、大学でレスリングをやっている従兄に腕立て伏せのやり方を教わったのだが、その従兄は素晴らしい筋肉質の身体を持っていて格好良かったので、私は彼に憧れて、それなりに熱心に腕立て伏せをやっていたのである。
腕立て伏せをやれば強くなるというのは、小学5年生くらいの子供にとっては秘法のようなものだ。
私は、その秘法をやっていたので、腕力が強かったが、他の子達は、秘法を知らないので、私が強いことが不思議だったのだ。

そして、事情は大人でも変わらない。
毎日、少しずつでも、腕立て伏せやスクワットを欠かさずやれば、普通の人よりははるかに強くなる。
だが、ほとんどの人は、そんな簡単なことを、理屈では分かっているつもりでも、本当は分からないのだ。
それで、多くの人は、お金と時間をかけて、たまにスポーツジムに行って、無理な運動を不定期にやるので、少しも身体が強くならないばかりか、むしろ、身体を痛めてしまうのである。
彼らは、スポーツジムへ行けば、効果のある運動が出来る、あるいは、そんな所にでも行かなければ、ちゃんとした運動なんて出来ないという観念を持ってしまっているのだ。

サラリーマンの多くが、何だかんだ言っても、会社に滅私奉公すれば、仕事が出来るようになり、厚遇されるのだと思っている。
しかし、熱心なサラリーマンであることと、仕事や会社での成功は、何の関係もないばかりか、大抵の場合は、逆になる。
会社でうまくやれる者は、全然別の方法でそれをやっているのだが、普通のサラリーマンからすれば、それは秘法のようなものだ。
だがその方法は、上に挙げた私の腕立て伏せよりは多少難しいが、ごく簡単なことなのだ。
だが、そんなもの(会社の中だけでうまくやれる者)になる必要はないし、その方法は私の主義に著しく反するので言わないが、うまくやっている人を観察すれば分かるし、本当につまらないものだ。
そして、そんな方法に頼ると、人生を台無しにしてしまうだけだ。
そんなものより、はるかに良いことについてお話しよう。

人間を勝たせる万能の力は「目力(めぢから)」だ。
目から発する圧力、あるいは、気とでもいう奇妙なものだが、これが強い人には敵わない。
スポーツでも、武道でも、自分の実力が上でも、相手に目力があれば負けてしまう。
イチローさんの目力は大したものだが、錦織圭さんの目力は、グランドスラムで勝つ選手と比べ、全く劣る。
イチローさんだって、目力がない時は打てないし、錦織さんは全米で準優勝した時は、決勝以外は目力が強かった。
プロテニスで長期間世界ランクトップでいたのに、なぜかイギリスのセンターコートでは目力が出てこず、全英オープン(ウインブルドン)だけは優勝出来なかった選手が結構いるのである。
あの競技場は独特の場で、その空気や地磁気に合わない人がいるのだ。

目力が一番強かったのは、宮本武蔵である。
彼についての真実は、彼が自ら著した『五輪書』だけである。
そこに、目の使い方が書かれている。
実際、真剣勝負をした剣士ほど、目力の重要さを知っていた者はあるまい。
勝負は、向き合った刹那決まり、実際、超一流同士なら、目を合わせたら、剣を抜かず、帰ってしまう。
剣豪って馬鹿じゃない。無駄な戦いはしないものなのだ。
武蔵の『五輪書』を参考に、後は自分で工夫をするしかない。
「目力をつける方法を教えて」なんて言う馬鹿に見込みはない。
ただ、目力の話にピンときて、自主的に取り組めば確実にうまくいくのである。
以下に、役に立つ書物を挙げるが、いずれも、あくまで参考である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ