ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

宮本武蔵

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

天才、吉川英治が宮本武蔵にやらせた超成功法

成功法則のテクニックの中には、凄くピンと来ると感じ、しかもそれが、複数の大物教師達の間で共通に語られていることであり、また、直接言ってはいなくても、信頼ある教師達が同じことを示唆しているのだと思わせるものがある。
それが、「願いが叶った時のための準備をする」だ。

私が最初に、そのテクニックを見たのは、中国出身の女性作家で世界的な自己啓発指導者のチン・ニンチュウの著書『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』の中だったが、実は、私は、その本を読むより先に、知り合いの国際ビジネスコンサルタントに、「この本にこんなことが書いてある」と教えてもらっていた。
こんな話である。
ハリウッドの大俳優バート・レイノルズが駆け出しの頃、既に大スターだったクリント・イーストウッドに、「成功するまでの間、何をしていたか?」と尋ねたら、イーストウッドは「成功するための準備をしていた」と答えたのだった。
それを聞いて、レイノルズは成功への階段を駆け上ることが出来たという。
しかし、ニンチュウの本では、これだけで、何かは感じるが、ちょっと不親切というものだろう。

だが、最近、度々取り上げる『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』の著者である、女性占星術師で神秘家のトーシャ・シルバーが崇拝する、女性画家で自己啓発分野でも極めて著名なフローレンス・スコーヴェル・シンは、このやり方を重視しており、それを、簡単な、分かり易い例で説明している。
例えば、海外旅行に行きたいがお金がない男性がいた。
シンは彼に、旅行カバンを買うことを勧めた。それが、願いが叶った時のための準備になるのは明らかだ。
男が、シンのアドバイス通り、素晴らしい旅行カバンを買うと、その後、彼は、不思議な流れで大金を掴み、実際に旅行に行くことが出来た。
シンは、いつも、このような単純な実例で示してくれるのでありがたい。
そして、シンは、このやり方は、新約聖書の「マタイによる福音書」に書かれていることであると言う。
イエスは、「良いことに備えている者」が願いを叶えると言っていると述べる。
よく知られている、イエスの願いの叶え方は、「既に叶ったと思え」である。
しかし、普通の人は、なかなか「既に叶った」とは思い難い。
けれども、叶った時の準備をするということは、願いが叶ったと思うことを示すに他ならない。
イエスの話は「5人の賢い乙女」の話として知られている。
十人の乙女が花婿を待っていたが、花婿の到着が遅くなり、乙女達が持っているランプの油が切れたが、そのうちの5人は予備の油を持っていたので大丈夫だった。
しかし、残りの5人の愚かな乙女達が油を買いに行っている間に花婿が到着し、賢い5人の乙女達だけが花嫁に迎えられた。
賢い5人の乙女達は、良いことのための準備をし、愚かな乙女達は、その準備を怠ったのである。

吉川英治の創作ではあるが、巌流島で宮本武蔵を迎え撃った佐々木小次郎は、長剣の鞘を投げ捨てた。
その時、武蔵は、
「小次郎破れたり。勝って帰る者が鞘を捨てたりはしない」
と言った。
これは、一般には、武蔵が小次郎を動揺させる作戦と思われているが、それよりも、吉川英治の天才的発想であったから、これほど有名なのだ。
つまり、小次郎は、勝った時の準備を放棄してしまったのである。
一方の武蔵はどうであろう?
小次郎を倒しても、小次郎の仲間がすんなり帰してくれないことを予測し、船を待たせ、勝った後に、その船に乗り込んで引き上げた。
つまり、勝った時の準備が万全であった。
吉川英治、さすが天才である。








武術、魔法、芸術に共通する単純な超秘法

元々、魔法使いのようなものだった私が、より魔法を使い易い方法を思いついたら、つれづれに書こうと思う。
スピリチュアルな力の発動方法にだって、向き不向きとか好みといったものがある。
宮本武蔵は木刀を好み、ハンドルに穴を開けてストラップを通し、手首につないでいた・・・英語を混ぜて書くと、なんだか武蔵が可愛く感じるが(笑)。
しかし、武蔵が戦った相手には、槍使い、長刀使い、鎖釜使い、兜割2本使いなど、いろいろいたらしいが、武器の選び方だって、向き不向きや好みがある。
魔法にだって、あって当たり前だ。

そこで、とっておきのものを見つけたのでご紹介する。
それは、「薄目(うすめ)」だ。
薄目になるだけで、魔法の発動条件が整う。
やってみれば納得出来ると思うが、余計な思考が起こらず、ぼーっとしてくる。
思考を消してぼーっとすることこそ、魔法発動の奥義と言って差し支えないが、それがこんなに簡単に整うのである。
実際、いかなる分野でも、出来るやつとか達人は、薄目をする癖があることが分かるはずだ。

何で聞いたのか憶えていないが、中国人の真似をするには、薄目をすれば良いらしい。
なんとなく、分かる気もするが、実際は、特に、今の中国人は薄目をしない。
だが、中国人に薄目のイメージがあるのは、我々には、中国人と言えば少林寺拳法の達人のイメージがあり、少林寺に限らず、中国の武術の達人が薄目をしているのだと思う。
日本でも、宮本武蔵が半眼、すなわち、薄目を重要視していたことはよく知られている。
薄目、半眼には、何やら得体の知れない強さの秘密があることは疑いない。
また、日本のコケシは、目を開いていないが、閉じているという感じでもない。
そうだ、コケシは薄目をしているのだ(最近は、ぱっちりと目を開いたコケシも作られているが)。
精神分析学者の岸田秀氏の本に、コケシが薄目をしているのは、日本人が世間の目を恐れることからきていると書かれていたが、おそらく違う。
コケシは、一体でぽつんとしていても、揺るぎない強さを感じる。その理由が薄目であることだ。
薄目になれば、超越意識に秘められた力が発動されることが、コケシに暗に現わされているのである・・・なんて、こちらの方が荒唐無稽だと言われそうだが、こちらが真実と思う。
また、仏像の大半が半眼なのであり、目を閉じているわけではないことを見ても、そうすることに尋常ならざる秘密があることが分かる。
薄目・・・これだけを憶えておいても良いくらいである

私は、ムンクの『病める子』という絵が好きだ。
ベッドで座っている、おそらくは不治の病の少女の近くで、その母親が絶望するようにうな垂れている。
だが、この絵には、不思議な力の輝きがある。少女の美しい横顔は神々しいほどである。
そして、ムンクは、この絵を薄目で描いたのである。睫毛が視界に及ぼす効果をそのまま絵にしたのだ。その意味は、この絵を見ることはもちろん、あらゆるものを薄目で見ることをお試しいただくと分かると思う。
アドヴァルド・ムンク『病める子』~MUSEYサイト~








後悔は本当に無駄だったと分かる話

時間を巻き戻して、過去をやり直すというのは、昔なら、『時をかける少女』のように、ラブ&ロマンスの要素はあってもSFと決まっていた。
だが、今は、『サクラダリセット』や『Re:ゼロから始める異世界生活』のような、ファンタジーではあっても、SFとは言えないようなものでも、過去に戻るという現象を扱うものがある。

あなたは、可能なら、過去をやり直したいだろうか?
宮本武蔵は、「私は過去にしたことを後悔しない」という決意表明をしたが、そりゃ、後悔したって始まらないのだから、それが正しい心構えだ。
だが、そうはいっても、人間は、後悔するものかもしれない。

ところが、本当は、後悔する気にもさせない事実があることに、普通の人は気付かない。
どういうことかというと、こういうことだ。
「あの時、ああじゃなく、こうすれば良かった」なんて後悔は、本当はないのだ。
つまり、「判断」を後悔することは、実際はないのである。
そうじゃなくて、後悔するのは、「思想」とでもいうべきものなのだ。
要するに、後悔というのは実は、
「あの時、もっと責任感があれば」
「若い頃、もっと人の立場に立って考えることが出来たら」
「もっと酒を控えていれば」
「もっと食を謹んでいたら」
といった、習慣的、継続的なことで、そんな後悔すべきことを長期に渡ってしてしまった原因は、当時のものの考え方・・・即ち、思想であるのだ。
たとえ、一瞬の判断を間違えて後悔しているように感じても、その判断は、当時の思想がそうさせたのである。
そして、思想はちょっとやそっとで変えられるものではない。

手塚治虫さんの『ザ・クレーター』という短編集の中に、こんなお話がある。
ある若い男が、将来の選択肢に悩んでいた。
2つの道があり、どちらの道でも自信があり、何より、どちらもやりたかった。
そこで、コインを投げて決めた。
そして、コインで決めた道で、彼は勝ち進み、幸福を感じた。
だが、ある時、大きな失敗で挫折し、あの時の選択を後悔した。
すると、ここがSFなのだが、過去をもう一度やり直すチャンスを得た。
そこで彼は過去に戻り、もう一方の道に選び直し、今度こそ満足出来そうだったが、何と、今度はもっとひどい失敗をし、選択の変更を後悔した。
すると、彼の身体は2つに引き裂かれ、2つの世界で半身ずつの死体となった。
これを読んだ読者は、「やっぱり、後悔なんてするものじゃないな」と思うかもしれないが、肝心なことに気付かないのだ。
つまり、この若い男の間違いは、あの時の選択ではないのだ。
そうではなく、彼の悪いところは、いずれの道を選んだとしても、結局は失敗を引き寄せる精神性・・・つまり、思想だ。
正しい思想を持っていれば、どちらを選んでもハッピーエンドになったし、仮に、見かけ上は失敗しても、本人は満足出来たのだ。

つまりね、今、ものの考え方を正しくしないと、将来、後悔することになる。
特に、死の間際にね。
その後悔は、悲惨で、本当に辛いことになりかねない。
下手をしたら、浮遊霊になって成仏出来ないほどにね。
それなら、今すぐ、考え方、つまり、思想を変えないといけない。
まずは、学校やマスコミに押し付けられた奴隷思考を捨てるのである。
ただし、それは過激な方法で出来ることではない。
過激な方法をしたがる者というのは、時間がかかることを一瞬でやりたがる愚か者だ。
例えば、すらりと痩せるには何か月もかかるのに、「わずか3日で」などという広告に騙されて、お金と健康を失うのだ。
その「怠惰なままで、欲望に満ちたままで、結果を出したい」という思想を捨てない限り、美しくなれないのである。

では、どうすれば思想を変えられるかって?
そんなことを聞きたがる思想が問題なのだが、今は、学校やマスコミの洗脳が酷過ぎて、やはり、ヒントを与えるべきだろう。
それは、「どうしたいかを考え」「それが分かれば、それをすると決意する」ことだ。
その決意は、命を賭けるような重いものであってはならないが、真面目でなくてはならない。
逆に言えば、真面目でなくてはならないが、悲壮なものであってはならず、軽く決意しなければならない。
欲しいものは何かを明確にし、それを得ることを、真面目に、しかし、軽く決意することである。








達人になる

私は達人というものが大好きだ。
どうすれば達人になれるか?
「一万時間の法則」により、1万時間をかければプロになれる。
達人はもっと上なので、10万時間くらいかければ良いのかもしれない。
10万時間かどうかはともかく、必要な時間をかければ良いのだという確信はある。
精神が大事という考え方もあろうが、科学的にも、時間とは精神的なものらしく、時間をかけることが精神を高めることなのであると思う。

一流のピアニストやヴァイオリニスト等になるには、1日5時間以上練習しなければならないとも聞くが、10時間以上の練習を長年続けた人もいるらしい。
ところが、楽器の練習のし過ぎで手を壊したという人も、少なからずいるようだ。
よくは分からないが、楽器に限らないが、執念めいた訓練は度を過ぎるといけないのではないかと思う。

ピアノやヴァイオリンは、ピラミッドの底辺が広い、つまり、演奏者の人口が多いので、頂点に近付くには、非常に沢山の人達より多く練習しなくてはならない。
それなら、(演奏人口の少ない)珍しい楽器の方が楽に頂点に行けそうだが、そういう訳でもないところがあるのだろうと思う。
中国のボーカロイド(中国ではヴァーチャルシンガーという言い方が普通のようだ)、洛天依(ルォ・テンイ)さんの動画を見ていたら、琵琶や京胡(ピンイン)といったアジア、中国の楽器の名演奏者が登場するが、その貫禄はただ者ではないと思う。
京胡と言えば、私は、中国の天才音楽家、呉汝俊(ウー・ルーチン)が名手だと記憶しているが 彼の若い時の凄い練習振りについて何かで読んだ覚えがある。
そのような達人になるのが、人間として理想であるように思うのである。

あくまで伝承であるが、柳生新陰流の創始者で達人の柳生宗矩(やぎゅうむねのり)が、子供の時の徳川家光に、1本の杭を木刀で毎日打ち続けることを指示したが、家光は気が乗らなかった。
そこで、宗矩は「常に同じところを叩くことはこの宗矩にも出来ません。しかし、それに近付けば鉄の兜も切れます」と言い、家光が「では、やって見せよ」と言うので、宗矩は実際に鉄の兜を切って見せ、家光は真面目にやるようになった。
本宮ひろ志さんの漫画『武蔵』では、修行時代の武蔵が、やはり、1本の杭を木刀で打つことを1年繰り返し、その後、敵と戦うと、敵の動きが見えるようになったという話があるが、創作だとはいえ、何やら核心を突く話と思う。
野球のバッターも、優れたバッターは誰よりも素振りをしたバッターだと思う。
我々も、自分が選んだことで、誰にも出来ない時間、回数の素振りをすれば素晴らしいことと思う。

般若心経を10万回唱えた人がただ者であるはずがないが、工学博士で発明家であった橋本健の著書に登場する、それをやった人は明らかに神通力(超能力)を得ていたようである。
江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠は、『大祓祝詞』をやはり10万回以上は唱えたと思うが、彼が、イエス・キリストに匹敵するほどの奇跡を起こした話が多く伝わっている。
山蔭神道の当主だった山蔭基央は、「アジマリカン」の呪文の威力は 『大祓祝詞』以上と言い、やはり、10万回唱えれば、自ずと神通力を得るとされるということを著書に書かれている。
法然は、1日6万回、念仏を唱えることを長年続けることで、勢至菩薩そのものになっていたように思う(法然は勢至菩薩の生まれ変わりと言われていた)。

それらのような「達人」の姿に、ロマンというか、狂気にも似た感慨を、そぞろ身に染む気がする。
※そぞろ身にしむ・・・『ローレライ』の日本語の歌詞にある言葉。何ということもなく、痛切に感じるといった意味。








『葉隠』『五輪書』のすすめ

カースト制度というものを学校で習ったことがあるかもしれないが、現在のインドにもカースト制度はちゃんとある。
ただし、カーストを理由に差別してはならないという法律が1950年に出来たらしいが、そんな法律はおそらく有名無実だろう。
カースト制度のない日本にだって、職業差別はあるし、なくなる見込みもないのだから。

ところで、カースト制度で一番上が、バラモンだということをご存じかもしれない。
バラモンは、僧侶などの宗教的な職業・・・神職と言って良いかもしれないが、まあ、生産的な人間達ではないだろう。
2番はクシャトリアで、「王族」「戦士」であるらしいので、昔の日本の、貴族や武士を合わせたものだろう。
3番がヴァイシャで「市民」。商人が多く、製造業者も指す。
一番下がスードラ(シュードラ)で、かつては「奴隷」を意味したが、今は「大衆」「労働者」だ。
日本の士農工商では、商売人が一番下だが、カースト制度では、工(職人)が一番下だ。

インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』の主人公アルジュナの身分はクシャトリアで、アルジュナは王子であると同時に武士で、特に彼は素晴らしい戦士だった。
江戸時代の日本でも、大名ともなれば王族のようなものだと思う。
そして、クシャトリアも武士も、戦うのが仕事だ。
敵が攻めてきたら、戦って国を守るし、あるいは、他の国を侵略して国を広げ、国を豊かにするのだから、それ以外の仕事・・・つまり、「卑しい」庶民の仕事はしなくて良い訳だ。
だが、日本では、江戸時代に天下泰平(てんかたいへい)の世の中になり、戦争はなくなり、争いも多くなく、そんなに多くの武士は必要なかった。
ところが、武士は特権階級を維持し、労働をせずに、普通の庶民よりずっと多くの報酬を得ていた。
それはけしからん話で、戦争がなく、治安維持の人手も余っているのなら、武士だって労働すべきというか、大半の武士は、下の身分に下がるべきであろう。
しかし、そうはならなかった。
ところがである。
そうなると、日本の素晴らしい精神性のためか、働かずに食える武士の中には、後ろめたさを感じる者も少なくはなったのだ。
無論、そうではなく、のうのうとしたり、下の身分の者に対して威張り、いじめる者もいたはずだ。
だが、真面目で、働かずに生活が保障されることを後ろめたく感じていた武士が多かったのも事実らしい。
それなら、武士の身分を捨ててすっきりすれば良いのだし、実際にそうした者もいたかもしれないが、やはり人間は弱いものであり、「良い御身分」は捨てられない。
そこで、そんな武士達は、「せめて模範になれる立派な人間になろう」と決意したのだ。
実際のところ、「そんなことに逃げず、泥にまみれ、厳しい商売をしろ」と言いたいところだが、私だって、そんな身分なら、自主的に捨てるとは全く思えない(笑)。
そして、そんな武士の「せめてもの」務め(立派な人間になるための努力)が、意外に・・・と言ってよいかどうか分からないが、優れた精神文化になったのである。
その1つが、新渡戸稲造の『武士道』であろうが、「武士道」は、決して、その1つではなく、様々なのである。
例えば、『葉隠』なんて、実際は、新渡戸の『武士道』と全然違うし、また、宮本武蔵の『五輪書』もまた独特なものだ。
ところが、いずれにせよ、『葉隠』も『五輪書』も、そして多分、『武士道』も名著なのだ。

偏見かもしれないが、新渡戸の『武士道』は、元々、西洋人向けに英語で書いたものであり、脚色も強かったので、本当に武士が考えたことかどうかは疑問だ。そもそも、新渡戸に武士道を語る資格があるかどうかも分からない。
そして、言ってはなんだが、『葉隠』や『武士道』は、武士らしく戦いの道を説いたものなのだろうが、精神性の究極を解き明かしたものであり、実は、超実用的なのである。
その点、新渡戸の『武士道』は、精神論であり、実用的でない。
いや、『葉隠』も『五輪書』も、実用と思う人は少ないだろうが、これらこそ、誰の役にも立つ実用書で、言ってみれば、引き寄せの極意でもある。
実際、日本のみならず、世界の成功者の中には、これらの価値を見抜き、愛読する者も少なくない。
三島由紀夫の場合、『葉隠』から、無限の宇宙のエネルギーを得たのであり、あれはあれで実用的に使ったのだと思う。
そして、2つとも、丁寧に現代語訳したものは、案外に読み易い。
元々が、意外に思いやりのある著者達が、究極の真理をシンプルかつ親切に語ってくれているものだからだ。
読まないのは勿体ないと私は思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード