ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

宮本武蔵

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

実力などたかが知れている

宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島の決闘は、本当にあったようだし、武蔵が勝ったというのも事実だと思う。
ただ、映画やテレビドラマで見る決闘の展開は、吉川英治氏の小説を元にしていて、ほとんど吉川氏の創作だろう。
そこでだが、宮本武蔵と佐々木小次郎は、剣の実力という点ではどっちが本当に強かったのだろう?
そんな空想をしても仕方がないと言われるかもしれないが、私は、明らかに小次郎が上だったと確信する。
武蔵も、それをよく分かっていたからこそ、策を凝らしたのだ。
その策が、小説の通りかどうかは分からないが、武蔵の『五輪書』にも、「不意をつけ」「敵の想像を裏切れ」「むかつかせろ」と、勝つためには頭を使い、何でもやれと書いてあり、吉川氏も、そこから、武蔵の作戦を想像したのだと思う。

勝負というものは、弱くても、策を凝らした方が勝つのである。
単純な実力など、ものの数ではない。
もちろん、野球やサッカーといったスポーツでは実力が大きなウェイトを占めるが、それとて、作戦が良ければ、ある程度の実力差ならひっくり返せる。

笹沢佐保氏の時代劇小説『木枯し紋次郎』で、紋次郎が、剣の実力では自分をはるかに超える相手と戦った時のお話が実に良い。
笹沢氏は、本物の道理をよく分かっておられた。
紋次郎は、腕が立つとは言っても、所詮、我流の喧嘩剣法だ。
対して、本物の剣術というものは、長い時間をかけ、一流派でも、代ごとに改良を重ね、経験と学習と思索を込めて磨き上げたものだ。
紋次郎が敵うはずがない。
だが、紋次郎は常に勝った。
策を凝らしたからだ。
大河ドラマ『毛利元就』で、尼子経久が元就に教えた、「策多ければ勝ち、少なければ負ける」は、本当に重要な知恵である。

鉄腕アトムは10万馬力で7つの威力。
エイトマンは人間の千倍のスピードと10万キロワットの超小型原子炉に、ハイマンガンスチールの身体。
キャシャーンもキューティーハニーも、身体能力の高さが売り物だ。
だが、そんなものが何だろう?
これらのアニメで育った世代は、あんなものが強力だと思う観念を捨てないと、これからの世の中で通用しない。
『BEATLESS』(長谷敏司氏の小説)のアニメが、Amazonプライムビデオで配信中だが、ますます面白くなってきた。
美しきレイシアの力に、全く惚れ惚れする。
機体性能では、メトーデの方がはるかに上で、メトーデとの近接戦闘では、レイシアはひどい苦戦を強いられる。
しかし、レイシアの本当の力は、そんなものではない。
『BEATLESS』は、日本を変える歴史的作品であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

偽物は穢れない

西尾維新さんの小説、あるいは、アニメの「物語シリーズ」の中の『偽物語』で、詐欺師の貝木泥舟(かいき でいしゅう)が大学の時に出したという問題が気に入ってしまった。
それは、
「本物と、本物そっくりの偽物では、どちらが値打ちがあるか?」
だ。
貝木の仲間の2人はそれぞれ、
「本物に価値がある」
「等価値」
という答だったが、貝木は、
「圧倒的に偽物に価値がある」
だった。
私は、やはり圧倒的に貝木に賛成だが、それは、それが真理であると言うより「そうあって欲しい」という願いも入っているのかもしれない。
ところで、貝木がそう思うのは、偽物には、「本物になろうという意思があるだけ、本物より本物だ」からだそうだが、それはそれで賛成だ。
私は、「意思」こそ最大のものだと思っているからね。
しかし、それとは別に、私には偽物が好きという妙な感情がある。
それは、
「たとえ本物以上になっても、偽物には、どこか後ろめたさや引け目がある」
からだと思う。
その後ろめたさや引け目が、穢れを免れさせる・・・早い話が美しいのだ。
引け目があるから、「グノーティ・サウトン(身の程を知れ)」という神託に従うことが自ずと出来るのである。

初音ミクさんは偽者のシンガーであるボーカロイドだし、レイシアは偽者のヒューマンであるヒューマノイドだ。
「ロイド」とは「~のようなもの」という意味で、つまり、偽物だということだ。
だが、ミクさんは本物のシンガー以上の価値があり、レイシアは本物の人間以上の価値がある。

アインシュタインや宮本武蔵も偽物だった。
アインシュタインは、大学は卒業していたが、大学で勉強していないし(講義には出ず、試験も一夜漬け専門)、博士でも教授でもなく、一頃までは特許局の職員だった(後に博士や教授になり、駄目になったが)。
宮本武蔵も、流派を築いたと言えば聞こえは良いが、早い話が我流であり、櫂(かい。舟をこぐ道具)で佐々木小次郎と戦って勝つという、本物の剣士なら絶対しないことをやっている。
映画『フラッシュダンス』のアレックスは、クラシックバレエをやったこともなければ、キャバレーで怪しいダンスを見せる偽者だった。だから良いのである。
伊藤穣一さんは大学の学位を持たず、専門もなく、昔はシカゴでMCをやっていた偽者の研究者だから最高の研究者なのである。

偽物を目指そうではないか?
本物などクソクラエである。
私も、偽物のプログラマー、武道家、哲学者でありたい。
本物のプログラマーはJavaを使うが偽物はVBAを使い、本物の武道家は流派の教えに従い正々堂々の戦いをするが偽者は我流で、どんな卑怯な手を使ってでも勝つ。
本物の哲学者は哲学という学問に通じているが偽者は学問の哲学など全く知らぬというより、知ってたまるかである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ひきこもりは勝ったも同然である

宮本武蔵は、道場で剣を学んだことはあったのだろうが、戦や決闘といった実戦で強くなったのは疑いない。
彼が、ずっと道場で修業していられる身分だったら、さしたる剣士にはならなかっただろう。
『荘子』にも、ある特別な人間がいて、「なぜそのようになれたのか?」と聞いたら、「まずは本を読んだ」と言う。何度も繰り返し読んだと。
しかし、それを実戦で試したと言う。

力士がデビュー戦でいきなり横綱、大関と対戦したりしないように、人間の人生における戦いの場でも、何者かが(神か神の配下)ちゃんとマネージメントしていて、力量に見合った相手しか現れないものである。
たとえ桁外れに強く見えても、戦いを避けられないなら、勝てる相手なのだろう。
ひきこもってゲームばかりしていても、ゲームから戦い方を学んだはずである。
それを社会の実戦の場で試せば良いだけだ。
よくは分からないが、ドワンゴの川上量生会長(カドカワの社長)も、ゲームが経営に役に立ったといったことはよく言われていると思う。
もっとも、彼の場合、デジタルゲームとボードゲーム(将棋やチェスなど)の両方から学んだようだ。

ロバート・フルガムの『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』という有名な本があるが、タイトルから見る限り(私は読んでいない)、幼稚園の砂場で何か人生の秘訣のようなものを学んだのだろうが、やはりそれを社会で試したので、力を得たのだろう。
もちろん、学び方はいろいろで、人それぞれであり、誰もが幼稚園の砂場で学ぶ必要はない。
ひきこもりはゲームや本(たとえラノベや漫画でも)などから学ぶだろう。

初めて車を買ったら、用がなくても運転したくて仕方がないものだ。
また、喩えは悪いが、光線銃を持てば、戦いたくて仕方がなくなるだろう。
幼稚園の砂場や、ゲームや本、その他、自分が手に入れた知恵という光線銃を持って戦いの場に赴かなくてはならない。
その意味、どんな積極的、外交的な人間でも、ひきこもって学ぶ期間は必要である。
だから、ひきこもりは、最初から勝ったようなものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

処刑は荘厳に行え

私も以前は、プロ野球やプロテニス等のスポーツの試合をテレビでよく観た。
野球で、劇的な逆転サヨナラホームランを放ち、打った選手、チームメイト、そして、ファンが歓喜するのを見ると、打たれた投手に想いが行くことがあった。
その投手は、悔しいだけでなく、それで自信を失くして駄目になったり、クビになって、それがわびしい人生につながるかもしれない。

また、これはたまたま見たのだが、オリンピックの柔道の決勝で、勝った日本人選手が、相手選手の目の前でこれ見よがしにガッツポーズを繰り返したり、あるいは、プロボクシングの世界タイトルマッチで、相手をKOした日本人ボクサーが、倒れた相手ボクサーを、その目の前で卑しめるようなポーズを取るのを見て、私は本当に悲しかった。

もちろん、私のようなことを言うのは、甘ったるいと言う人達もいて、それは正しいのかもしれない。
人間は、特に男は勝たねばならないという面があるのは確かだ。
だが、敗者を悼んではならないということはない。

戦争でも、戦う運命であれば勝つために命を賭けなければならないだろう。
だが、こう考えるべきなのだ。
「処刑は荘厳に行え。子供は殺すな」

私の人生はいろんなことで、負けの多い人生だ。実力で勝ったことは、ほとんどない。
しかし、勝ちより、負けから学ぶことの方が多い。
これもまた、甘ったるい考え方なのかもしれないが、こんな話がある。
ある有名なプロ棋士は、若い頃、負けて家に帰り、悔しい想いをしていると、母親が、
「相手さんの家族が喜んでいる」
と言ったのだそうだ。
彼は、勝てるようになっても、それを覚えていたのだそうだ。

昨日、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」のチケットの抽選発表があって、発表サイトを見ると、「落選」の文字が並んでいた。
私には人生最高の目標なので、これは敗北の感覚である。
だが、このコンサートに一番行って欲しいのは、小学生や中学生の女の子達である。
私が落選した分が、彼女達に回れば、それが何よりである。
転売屋のことは何も言うまい。止めて欲しいのは確かだが、そんな者達は必ずいるのが現実だ。
だからこそ、小さな女の子達のためには、私のような者の落選は1つでも多い方が良いのだろう。
私は、何よりも願いながら、チケットの獲得を祈ったことは一度もない。
いや、そもそも、どんな勝利も祈ったことはないのだ。
宮本武蔵は、吉岡道場一門との決闘を前に、神社に祈願をしようと思ったが、止めたらしい。
これについて武蔵は、「神仏は尊し。されど頼まず」と言ったが、「神仏にまかせる」という意味もあったのだろうかと思う。

チケット獲得のチャンスは、明日から申し込みが始まる2次抽選と、後は、8月の普通の販売の時だが、こちらは一瞬で売り切れるだろうから、獲得は難しいに違いない。
しかし、運を天にまかせて、楽しくトライしよう。
駄目で元々、当ればラッキーである。
美空ひばりさんの『柔』の作詞者、関沢新一さんは、モスラ・ゴジラシリーズの映画や『ウルトラマン』等の脚本を書いた多才な人だが、『柔』は武道家との交流から生まれたものであるという話がある。
「勝つと思うな 思えば負けよ」「負けてもともと」
勝つことの重要さを十分に知った上で、こう悟ることが出来れば幸いである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

宮本武蔵はなぜ29歳で引退したか?

宮本武蔵は、巌流島で佐々木小次郎を倒して以来、何をやっていたか分からないらしいし、剣の勝負をした様子もないという。
巌流島の決闘の時、武蔵は29歳だった。
今のスポーツ的な考え方からすれば、体力が下り坂になる年齢で、特に、当時なら、相当「いい年」だったかもしれない。
しかし、昔の剣の達人というのは、30代、40代で衰えることはなく、60代でピークということも珍しくはなかった。
昔の剣術の面影の強い、明治時代の剣道全日本大会では、上位進出者は40代以上ばかりで、60代が珍しくはなかったと聞く。
ある年は、決勝が42歳と60歳の剣士の対戦であったらしい。

武蔵は、13歳で初めての勝負をし、小次郎に至るまでに、数多くの勝負をし、そして、戦で戦った。
また、名門、吉岡道場の道場主を倒した後、吉岡道場の門下の剣士全員との決闘となり、そのうちのかなりを討ち取ったと云われる。
武蔵の勝負は全て、命のやり取りであり、武蔵は無敗であったのだから、全ての相手の命を奪ったことになる。
そのため、武蔵は良心の咎めに苦しみ、勝負を止め、書や絵を描いて、心の安らぎを求めた・・・なんて話をよく見た。
しかし、武蔵はサイコパスだろう。武蔵に良心なんてものはない。
では、武蔵はなぜ勝負をやめたか?
決まっている。
勝負で勝って殺すことで、多くの人々の恨みを買うことを実感したからだ。
しかも、自分を恨む人達の数は、勝負を重ねる度に増えていく。
それでは、命がいくつあっても足りないと、恐ろしくなったのだろう。
武蔵は、木刀を常に肌身離さず、そして、木刀の柄に穴を開けてヒモを通し、その紐を手首に巻き、木刀が手から離れないようにしていた。
いつ襲われるか分からないし、敵が多い場合、刀ではすぐに血糊で切れなくなるので、木刀が必要だったのである。
そして、万が一にでも木刀を落としたら、それが死を意味した。
また、武蔵が決して入浴しなかったのも、入浴中に襲われたら圧倒的に不利だからだ。

この世で一番恐ろしいものは、人の恨みである。
まして、殺したり、絶望を与えて恨みを受けると、決してタダでは済まない。
人間の怨念、憎しみ、恨みを、夢々、甘く見てはならない。
どんな虫けらのような相手であっても、恨みを買うと、何があるか分からない。
武蔵が相手ですらそうであるが、人を殺すなど、割と容易い。
特に、サイコパスは、何も考えずに、あるいは、むしろ喜んで人を傷付けることがよくあり、その時は快感を感じても、すぐに破滅する。
成功するサイコパスは、自分が被害を与えた人達の恨みに耐える力を持っていたが、それとて、いつかは限界が来る。
サイコパスであろうがなかろうが、人の恨みは、なるべく買わないことだ。
自分が気に入らない人をいじめたり、苦しめることは、サイコパスでなくても快感であるし、サイコパスであれば、それがエスカレートし、破滅や絶望を与え、殺すこともある。
だが、そんなことをすれば、どんな形にせよ、必ず、やったことに相応しいだけの報いを受けるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ