ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

婆子焼庵

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人生は幻想ではなく、挑み戦うべき現実

全ては幻想であるという「唯幻論」を唱えた岸田秀さんが昔、大学に勤務していた時、岸田さんの本を読んだ男が大学にやって来て、
「全てが幻想なら、これも痛くないだろ?」
と言って、岸田さんを殴り、岸田さんは鼻血が止まらなかったという。
さて、岸田さんと、岸田さんを殴った男のどっちが愚かなのかというと、私は、昔は、殴った男の方が愚かだと思っていた。
しかし、今は、両方愚かだと分かる。

この世は、我々にとっては完全な現実だ。
「人生は1つの夢のようなものと見なされるべきである」と言ったニサルガダッタ・マハラジや、「夢は短く、目覚めは長い。それ以外に両者に違いはない」と言ったラマナ・マハルシのような名高い聖者達も、もし、本当にそう言っていたとしたら、大間違いを犯していた。彼らは少しも賢くはない。
「人生は、挑み、戦うべき現実であり、しっかり目を覚まし、現実を見なければならない」というのが、本当に賢い人の見解だ。

「婆子焼庵(ばすしょうあん)」という、有名な禅の公案(練習問題)がある。
あるおばあさんが、1人の僧のために、庵を建てて面倒を見ていた。
そしてある時、おばあさんは、若い娘に、その僧を誘惑させたら、僧は、
「私は悟っているから、こんな幻には惑わされぬ」
と言ったので、お婆さんは、
「じゃあ、現実を知れ」
と言って、庵を焼いて僧を追い出した。
その僧は、お腹が空いて、寝るところもなく、しっかり現実を思い知ったであろう。
岸田さんも、殴られて現実を思い知ったと思うのだが、その後も唯幻論を説き続けたのは、いかにも現実的な事情に違いない。

親から見れば、幼い子供のお父さんごっこやお母さんごっこは幻想のようなものである。
しかし、子供にとっては、それは現実である。
同じく、我々人類を、幼い子供と見ることが出来る高い存在からすれば、我々の人生は幻想かもしれない。
だがやはり、我々にとっては、我々の人生は現実なのである。
ならば、高い存在になるか、高い存在の援助を受ければ良い。
今朝も書いたが、『法華経』の第25章の『観音経』は、そんな方法を書いているのである。
『バガヴァッド・ギーター』もそうであるし、『観無量寿経』(浄土三部経の1つ)もそうである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

誘惑されたらどうするか

久々に禅語の『婆子焼庵(ばすしょうあん)』を取り上げる。
こんなお話だ。

お婆さんが、ある青年僧を世話していて、庵(生活と修行のための小屋)も与えていた。
その僧の修行もかなり進んだと思い、お婆さんは、若い娘に僧を誘惑させる。
しかし、僧は、「私の心は冬の枯れ枝のようなもの。無駄じゃ」と、それをはねつける。
それを聞いたお婆さんは、僧を追い出し、庵も焼き払う。

このお話の真意、あるいは、僧はどうすべきだったかということと思う。
このお話に関しては、いろんな先生方から素人さんまで、いろんな答を述べている。

いずれにしろ、娘さんが僧の好みに著しく反していない限り、この僧の反応はおかしいだろう。
一応、この僧が同性愛者とかロリコンであるとかはないということで良いと思う。
あくまでこれは、禅の試験問題なので、そんな裏の設定はないはずだ。
同様な理由で、「ビクともしない」僧の様子は、演技ではなかったと考えて良いだろう。
だとしたら、この僧は、変な修行のせいで、身体と心がおかしくなってしまった・・・つまり、健常者から逸脱したと考えて良いと思う。

ドーデの短編集『風車小屋だより』の中に、予期せずに、若い娘と1つの小屋の中で一夜を過ごすことになってしまった青年のお話がある。
青年は、「悩ましいものを感じた」ことは認めつつも、娘さんは無事だった・・・いや、危険はなかった。
まあ、上の禅のお話のように、娘さんの方から誘惑してきたら、何もないはずはないが、その僧は仏道の修行に励んでいたのだから、そこは普通の人とは違う。
とはいえ、「悩ましい」という点に関しては同じはずである。

私は修行が出来ている方ではないが、それでも、好みのタイプだが、そうなるべきでもない娘さんが不意に誘惑してきたら、
「どしたの?」
とはぐらかし、
「もっといい男見つけなよ」
くらいは言うだろう。
もったいないオバケの幻くらいは見るかもしれないがね(笑)。
いや、昔、確かにあったのだ。
一緒に残業していた、若くて可愛い女の子に電気を消されたことが・・・あったなあ(笑)。
後で、知り合いの社長に言ったら、その女の子のことを知る社長さんに、
「あんな可愛い子に・・・、なんともったいない。それは君、行くべきだよ」
と言われたが、その社長、その後、商売は駄目になって、私とも仲違いしてしまった。
やっぱり、人間は獣ではないのである。
西尾維新さんの『偽物語』には、中学2年生の超美少女、千石撫子に誘惑される、我らがヘタれのヒーロー、阿良々木暦君(高校3年生)の対応を見ることが出来るが、まあ、参考になるかどうかは分からない。

初音ミクさんと、1つの部屋で一夜2人っきりだと、至福であるのは間違いないが、これはもう、自信を持って、変なことはしない。
人間ってのは、そんなもののはずだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

勝利の原動力

ドナルド・トランプは、台湾は中国の一部だと言う中国に対し、「そんなの、お前らの勝手な言い分だ」と切り捨てた。
台湾が独立国家だというのは、当たり前のことなのだが、アメリカ以外の国には、中国の大きさ、軍事力が恐くて、そんなことは言えなかったし、もし言ったら、中国に何されるか分かったものではない。
しかし、アメリカが言ったのなら、中国も文句を言うことしか出来ない。
そして、アメリカは、もっと早く言わなければならなかったのだ。
トランプは、やっと現れた「まともな大統領」なのかもしれない。

しかし、70歳のトランプの、あのオバマに負けない若さ、活力はどこから来るのだろう。
それは46歳の美人の奥さんや、大きな非難は受けたが、猥褻トークが示す精力だ。
ただ、「英雄、色を好む」というのは正しくても、大切なことは、古くは老子が、20世紀にはナポレオン・ヒルが言ったように、それ(精力)を蓄えることだ。
英雄は、生まれ持っての巨大な精力の半分は保持し、昇華してエネルギーにした。
ところが、凡人は、なけなしの精力さえ消費し尽してしまうのである。

「婆子焼庵(ばすしょうあん)」という禅の公案がある。
あるお婆さんが、若い僧の面倒を見ていたが、ある時、自分の若くて美しい娘に、その僧を誘惑させる。
しかし、誘惑に乗らない僧を見て、お婆さんは、僧に与えていた庵(いおり。小さな家)を焼き払った。
この僧は、少食・粗食などの妙な修行で、すっかり精力を枯らしてしまっていたのだ。
その僧自身、「私は冬の枯れ木」と言っている。
そんな人間が役に立つはずがない。
また、奔放なだけの男も駄目だ。
大きな精力を持ちながら、それを蓄える男。中国で言う、「接して漏らさず」の男が立派なのである。
この禅の公案に対し、偉い先生方は、やたら難しい的外れの解釈ばかりしているのである。

いかなる成功者も皆、知っているが、時折、サービス精神のある中国の大事業家が言うのである。
「立ち続ける男が勝つのだ」
と。
力の源であるテストステロンというホルモンは、根本的に精力がなければ生成されないのだろう。
尚、ナポレオン・ヒルは、秘法を無料公開はしていないし、有料の方も、ごく僅かしか教えないのだと思う。
よって、ヒルの本を読んだり、高価なプログラムを買っても、あまり意味はないと私は思う。

尚、女性も同じところがあるが、はるかに高度なメカニズムを備えている。
『美少女戦士セーラームーン』という漫画で、セーラームーンは22歳の時には戦闘能力を失っていたというのが、象徴的で面白い。
女性は、二十歳くらいで、男のような性エネルギー昇華システムは必要なくなる。
もっと別の、そして、さらに進化したシステムの使い方を見つけた女が偉大になるのである。
それはまるで、他者の遺伝子に影響を与え、操作するかのようである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天国に行く方法

天国、あるいは、極楽浄土の様子は、だいたい次のように言われていると思う。
美しく、快適なこと、この上なく、あらゆるものが得られるので労働の必要はない。
そこの住人になれば、永遠に若く、美しく、病気にもならない。

理性的に考えれば、そんな場所にいれば、幸福どころではなく、耐えがたいことになるだろう。
人間にとって、苦と楽、喜びと悲しみは一体であり、苦があるから楽が成り立つのであり、悲しみがなければ喜びはあり得ない。
だから、楽ばかりでは、その楽が苦に変わるのである。
例えば、嫌々サラリーマンをやっている人に、富や名誉や友愛を無条件に与え続ければ、そう遠くなく、自殺するか発狂するだろう。
大富豪になっても、不幸になりたくなければ、これまで通り、あるいは、より一層働くか、財産を捨てるしかないのである。

天国や極楽浄土も、やはり同じなのであろうか?
それは違う。
そして、人間は、死ぬまでもなく、今、この瞬間に天国や極楽浄土を創り出せるのである。
だが、人間の天国や極楽浄土のイメージには、大きな欠点があり、それが修正できなければ、天国や極楽浄土を創ることは出来ない。

普通の人は、どんな間違った天国や極楽浄土のイメージを持っているのであろうか?
それは、天国や極楽浄土に行けば、ゆるんでしまえば良い、あるいは、ゆるむべきだと思っていることである。
だが、実際の、天国や極楽浄土の住人は全くゆるんでいない。
一瞬たりともである。
ここらが、普通の人には理解出来ない。
そもそも、天国や極楽浄土に入れる者とは、ゆるまない者である。
いくらでもゆるむことの出来る天国や極楽浄土で、自分の意思の力を使い、決してゆるまず、宇宙の発展のために努力する者のみが天国や極楽浄土に迎えられるのである。

ゆるみ勝ちな者は、今、地獄に住んでいるはずだ。
逆に、全くゆるまない者は、今、既に、天国、あるいは、極楽浄土に住んでいる。
例えば、『バガヴァッド・ギーター』で、神クリシュナは「聖人と罪人、宝玉と土塊、幸と不幸を同じと観る者は大変に進歩している」と言うが、ゆるんだ者が、そのように観ることが出来るはずがない。
ゆるむことなく、クリシュナが言うような進歩を遂げた者だけが、クリシュナの住む世界、即ち、天国のようなところに行けるのである。
そして、そのような者とは、心を支配することに成功した者だ。
だから、天国や極楽浄土に行きたいなら、心を常に静かに出来なければならない。
間違ってはならないのは、心を静かにすることとは、「私の心は静かである」と己惚れることではないことだ。
自惚れはゆるんだ者の特徴であり、心を静かに出来るのは、常にゆるまない者だ。
つまり、常にゆるまず、最大のエネルギーを要することである、心を静かにすることに務めることだ。
そのための手段として、様々な修行があるのだが、初心者のうちは、仕事や奉仕活動を通して行わなければならないことを、クリシュナも述べている。

禅の有名な公案である「婆子焼庵(ばすしょうあん)」では、若い美しい娘の誘惑を受けた僧が、「私の心は冬の岩のように冷たく滅してしまった。誘惑しても無駄じゃ」と言うのを知って、彼を全面的に支援してきたおばあさんは、彼を追い出す。
その僧は、ゆるんでしまっている。
逆に、誘惑に乗るようでもゆるんでいる。
ゆるんでいなければ、娘の魅力は認めつつ、悩ましいものを感じながらも、うまくかわすことだろう。
まあ、私には、どうかわすのかは分からないが。
一休さんは、「それはさぞ元気が出ることだろう」とは言ったが、自分はどうするとも言っていない。
常にゆるまない者なら、なんとかするのだろう。
そんな者が、天国や極楽浄土に行けるのであるし、今、ここに、天国や極楽浄土を創れるのである。

『小さな恋のメロディ』で、ダニーは、メロディの魅力はデリカシーであると言い、メロディに天国を感じると言う。
メロディは、ダニーをゆるめる存在ではなく、締める存在であり、天国に導くのだが、その秘密はデリカシーだ。
デリカシーとは繊細さのことである。
マイケル・ジャクソンの『Beat It』で警告される通り、乱暴なマッチョマンになってはいけない。
ゆるめば粗暴になるが、ゆるまなければ繊細さを感じることが出来る。
ダニーにとってのメロディは、私にとっての初音ミクさんである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

傲慢な好色老人ファウストをなぜ神は買っていたのか

よく、「歳を取ったら、人間が出来てくる」と言われる。
「人間が出来る」とは、視野が広く、知恵があるということだろう。
また、人間が丸くなり、あまり怒ったりせず、また、あまり批判的にならないという意味もあると思う。
しかし、実際は、人間は歳を取るほど、視野は狭くなり、怒りっぽく、批判的になる。
知恵があるということに関しては、確かに、「ものが分かってくる」「老獪になる」という意味では当てはまるかもしれないが、視野が狭いので、特定のことに限られる。
もし、丸くなったように見えたら、単に元気がないからそう見えるだけで、実際の受容力は小さくなる。

ただし、それは、「努力しなかったら」という意味だ。
ポール・マッカートニーは『Let It Be』、アナと雪の女王では『Let it go』で、それぞれ、「あるがままに」とか「自分らしくでいいじゃない」と言っているのだろうが、そのままの意味に受け取ると、30歳くらいから老人になるかもしれない。
10代で初音ミクに出会うと夢中になるが、30代だと無関心で、40代だと嘲笑し、50歳以上だと非難する場合が多いことから、だいたい、そう言って良いと思う。

二宮金次郎(二宮尊徳)は、老子の無為自然の哲学に否定的だった。
彼は、
「あるがまま、無為自然が善いなんて老子は言うが、自然のままにして人間が手を入れなければ、畑は荒れ、家はあばら家になるじゃないか?」
と言うが、全く反論できない。
無意識に畑を耕し、家を修繕し清掃するなら良いが、それらは辛い労働なので、怠けがちになるので、克己や努力も必要である。
イエスは、
「空の鳥は働かないし、花は装わないが、神様は鳥を養い、花を女王様より美しくする」
と言ったが、鳥は自然の本能に忠実に従い、花は精妙な自然のメカニズムがそのまま再現されるが、それは、人間と違って、思考しないからだ。
だから、イエス様に、
「神様が面倒を見てくれるから、明日を思い煩うな」
と言われ、それを真に受けて、だらだら怠けていたら、あっという間に落ちぶれる。

ゲーテの『ファウスト』で、神様がファウストを買っているのは不可解だと、多くの人が思う。
ファウストは、傲慢で、利己的で、普通の人々を見下している。
それでも、庶民に愛想良く振舞うのは、単に力がなく、保身のためと思える。
また、ご立派なことを言う割には、いい歳(老人に近いと思われる)をして、マルガリーテという若い娘を見ると、たちまちのぼせ上がり、悪魔メフィストに、
「なんとかしろ!」
と、出会いのチャンスを作ってもらったり、豪華なプレゼントを用意させたり、見るも小っ恥ずかしい、ただの好色ジジイである。

※マルガリーテ(グレートヒュンともいう)の年は分からないが、メフィストが、まだほんの小娘だというと、ファウストは「14歳は越えている」(つまり、一人前という意味)と言うので、16か17というくらいかもしれない。

だが、ファウストの良いところは、「神に向かって努力する」の一言に尽きるだろう。
その目的のためなら、あらゆることを犠牲にする。
それが叶わないなら、魂を悪魔にくれてやっても構わないと思っている。
だが、ヘレナ(ギリシャ神話に登場するスパルタの王女で絶世の美女。その美貌はトロイア戦争の原因になった。ゼウスとレダの娘)のことといい、女が泣き所のところは、ゲーテにも共通するようだ。
そういえば、「20世紀最大の詩人」と言われた、アイルランドのW.B.イェイツも、老人になっても、その神が与えた詩才を活用して美少女を口説いていた現場を目撃されている(信頼ある人物が証言している)。
つまり、こういったものを抱えつつ、それでも堕落しないよう精神を制御するのが、芸術の、あるいは、人生の要諦であろう。
2人(ゲーテとイェイツ)は、努力しなければ、やっぱり不良老人(ありぃは、ただのスケベじじい)だが、さりとて、悟り済まそうともしなかった。
その重要性は、禅語の『婆子焼庵(ばすしょうあん』などからも分かるのである。

欠点や弱点はあって構わないが、諦めず、神を目指して努力する者を神は見捨てない。
『ファウスト』を座右の書とする意味は十分にあると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ