ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

奇跡

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

こうして奇跡は起こった

夢の中で、決まった時刻にどこかに着かないといけない時には、ほぼ間違いく、そこにたどり着けないものだ。
そこでは負の連鎖が起こって、時間は迫っているのにスタートすら出来ないということが多い。例えば、服がない、靴がない、いつものカバンがないといった感じだ。

私は、現実世界では、人との待ち合わせなど、時間を守ることが大切な場合は、決められた時刻の1時間も前に行ってしまう。
宗教家の五井昌久さんが、著書に、自分がそうだと書いているのを見て、「同じだ。やはり誠実な人間は時間を守るものなんだ」と思って喜んだが、私や五井さんのように、それが極端な者は、発達障害だったか何だったか忘れたが、一種の精神疾患だという話を見て、「そうかもしれない」と思った。確かに、考えてみると、まともじゃない。
五井さんがまともじゃないと言ったら、とんでもない話だが、優れた点が大きい人には、普通の人にはない欠点もあるものだ。
とすると、私にも何か優れたところが・・・あったらいいなあ(笑)。

ところで私は、現実世界で、厳守しなければならない時刻に、なかなかたどり着けずに焦った思い出が何度もある。
大抵は、道に迷った場合だ。私はかなりの方向音痴である(笑)。
道に迷い、時間に遅れるどころか、到着のメドすら全くつかなかったことも、何度かあった。
そんな時は、予定時刻に到着出来るなど、夢のまた夢。奇跡でも起こらない限り不可能と思え、「もう駄目だな」と諦めてしまうことが多かったと思う。
ところが、私が記憶する限り、実際に遅れたことは一度もない。
焦りに焦った末、いつも、案外に、常識的には丁度良い時刻に到着するのである。
そこでは、神の助けがあったのだと思えるのだ。
どんな時に神の助けがあるのかというと、諦めた時・・・もっと正確には、自力で到着することを諦めた時だった。
そんな時には、なりふり構わなくなる。
普段、私は、人に道を尋ねるようなことは決してしないのに、適切であるとは思えないような人にまで積極的に尋ねる。すると、あっさりと「あっちですよ」と道を教えてくれて、簡単に行き着く・・・といった流れになる。人に聞くというのは大切なことだ。

ところで、私は、どういうわけか、人によく道を尋ねられる。
しかし、方向音痴の私に道を尋ねるとはいい度胸だと思うほど(笑)、私がうまく答えられたことは、まずない。
それで、いつも気まずい思いをしたものだが、大抵は、「何とか役に立とう」と思って努力はしたものだった。まあ、それでもうまくいかないのだが(笑)。
結局、最後は、「お役に立てなくて申し訳ありません」と謝り、相手は、感謝はしているようだが失望もしている・・・そんな複雑な表情をする。そんな顔を見るのは辛く、相手に対し、「君が声をかけた相手が悪かったんだよ」と思いながら、さらに気が沈む。
しかし、やっぱり、私に対して、本当に感謝している感じの人はいるものだ。そして、そんな人は、私の気まずい想いも察知し、「気にしないで。私は嬉しいのだ」と言っているような笑顔をする。
人間とは良いものだ。
私はきっと、相手を失望されるための役割を神に割り当てられたのだろう。相手が私を選んだのは必然だったというわけだ。

そういったことの決定版のようなことが、詐欺で逮捕された男性宗教家の本に書かれていた。
その宗教家は昔、その日の銀行閉店時刻までに、300万円を入金しなければならなかった。そうでないと、不渡りを起こしてしまう。そうなれば、自分が経営する会社も倒産しかねない。
だが、彼に金を得る当ては全くなかった。
いろいろ手を尽くしたが、成果のないまま、銀行の閉店時間が迫って来る。
そんな時、彼は、質屋の看板が目に入った。だが、高価な質草など持っていない。
ところが彼は、その質屋に入って行き、店にいたお婆さんに、いきなり土下座をして「300万円貸して下さい」と頼んだ。
すると、なんと、そのお婆さんは、あっさり貸してくれたのである。
彼は、その金を持って、既に閉店時刻を過ぎてシャッターが閉まっている銀行に入り、入金を頼んだら、これも、あっさり引き受けてもらえた。
まあ、あくまで、大規模詐欺で逮捕された宗教家の話で、どこまで本当か(あるいは全く嘘か)は分からないが、今、考えても、あり得そうに思えるのである。
つまり、人間は、なりふり構わない状況になり、そんな中で、気持ちをわずかでも前に向ければ奇跡は起こる。
諦めてしまっても良いのだ。
だが、顔を上げることである。
顔を上げることが何より大切なのだ。
そんな気持ちになるためには、神仏の名を心で唱えるナーマスマラナを行ってみると良い。うつむいた神仏はいないのだから。
アメリカ映画『宇宙戦争』(1953)も、万策尽きた時に奇跡が起こったのだが、人々は神の名を想い、顔を上げていたのだと思う。

お役に立てるか 全然わからないけど まずは顔あげな
~『Let’s go!』(作詞・作曲・編曲:あルカP。唄:初音ミク)より~

顔上げて微笑めば 笑顔取り戻す魔法になる
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M。唄:初音ミク)より~








観音経の奇跡を起こす

『法華経』の25章である『観音経』を読むと、観世音菩薩の名を唱えると奇跡が起こるということが書かれている。
その奇跡が、あまりに荒唐無稽なので、信仰深い人でも、「あれは、あくまでたとえ話ですよ」と言ったり、私も大好きな漫画家の桑田二郎(桑田次郎)さんは神秘家であるはずが、「あれは霊界での話。現実にあんなことが起こるわけがない」と著書に書かれていた。
しかし、敢えて言えば、『観音経』に書かれている通りに受け取って良い。
例えば、『観音経』では、手かせ足かせをはめられ、刀で切りつけられようとも、観世音菩薩の名を唱えれば、手かせ足かせは壊れ、刀は折れて被害はないと書かれているが、そのようなことは、現実によく起こっている。
ジョセフ・マーフィーの本を見ても、ある刑事は、独特な祈りをすることで、至近距離で撃たれるなどのピンチを何度も無傷で切り抜けている話があるが、観世音菩薩を信仰する者にも、そのようなことは、やはりよく起こっているのである。
いろいろ理由があって、あまり一般的に知られていないが、『観音経』だけでなく、念仏の行者や、あるいは、密教の行者の中には、神通力とか法力とか呼ばれる、まあ、言ってみれば超能力なのだが、そんな力の持ち主は、かなりいたのである。
神通力の使い手として、特に有名で凄かったのが役小角(えんのおづぬ)という修験者であるが、かなりの神通力を使う修験者は他にもかなりいた。
役小角は、多くの真言を使っていたが、ほとんどの修験者が使う真言は、般若心経、あるいは、般若心経の呪文であった。

私の知り合いにも、神通力の使い手はいたし、地味なものであれば、私も子供の時から度々使っている。
突拍子もないような面白い奇跡話なら、私が大嫌いな保江邦夫氏の本でも読めば沢山出てくる。例えば、名刀で皇室の邪気払いをしていた剣の達人の神通力で、皇居を爆破に来たB29(第二次世界大戦の時のアメリカの戦闘機)を消し去ったとかである。アホらしいと思うかもしれないが、それをやった人のことを書いた本があるので、下に、一冊目に紹介しておく。

そこで、私は地味目な実例を挙げておくが、政木和三さんのものが良いかもしれない。
もちろん、私が直接見たものである。
私が、岡山の林原生物化学研究所にあった、政木さんの研究所に初めて行った時のことだ。
政木さんの研究所は、林原生物化学研究所の門の近くにあり、その門を出ると、近くにアークホテルがあって、政木さんと、そこに昼食に行った。
ホテル内のレストランに入り、席に着いたが、なぜか注文を取りに来ない。
そこで政木さんが説明する。
「私は初めから、注文をしたことは一度もありません。来たら、いつも良い席が空ていて、そこに座れば、お店の方で適当にみつくろって持って来てくれます」
実は、その時も、私を含め、来客は3人だったが、政木さんと4人、ゆったり出来る場所が空いていて、楽しく会話しながら食事をしたのだった。
政木さんに関わる奇跡話は他にも沢山あるが、何度か書いたと思うし、今回はこれだけにする。
とにかく、力が大きくなれば、ものごとは勝手にうまく回り、自分は何もしなくて良くなるのである。言い換えれば、やるべきこと、やりたいことだけをやれば良くなるのである。

江戸末期の神道家、黒住宗忠や、やはり江戸末期の浄土宗の僧、山崎弁栄、あるいは、明治・大正の啓蒙家、岡田虎二郎らは、特に強調されないが、キリスト級の奇跡は日常的に起こしていたらしい。さすがに、私は伝聞でしか知らないが、特に不思議とは思わない。
彼らの教えを簡単に言えば、黒住宗忠は、天照大神に全てまかせることで、山崎弁栄は、難しい話もしたらしいが、根本的には念仏の行者であり、法然の教えと基本的に同じで、一心に念仏を唱えることを勧めた。
岡田虎二郎は、岡田式静坐法を教えたが、静坐は1日中やるものであり、具体的には、常に腹に力を込めよと言った。
尚、岡田虎二郎は、何も静坐だけが方法とは言っておらず、念仏も良いと認めていたのである。

そして、観音経の教えは、ただ、観世音菩薩の名を唱えることであると言って良いと思う。
呼び方は、「南無観世音菩薩」「観世音菩薩」「観音様」「オン、アロリキャ、ソワカ」などが考えられるが、どれでも良いと思う。
これは、真言である。
この真言を、常に唱えるよう心がけることが大切である。
私は、真言は、心の中で丁寧に唱えれば良いと考えている。
観世音菩薩にしろ、阿弥陀如来や大日如来、普賢菩薩、勢至菩薩、不動明王等は、皆、大きな力があり、その名や、それらの仏の真言を唱えれば確実に恵が得られる(名自体が真言と言えると思う)。数多く唱えるほど良いのである。

真言を唱え続ければ、全ての問題が解決し、救われ、たゆまず続ければ、神通力のようなものも出てくるかもしれない。
また、望まずとも幸運に恵まれ、楽になっていくと思う。
そのようになれる方法は、真言以外にも沢山あるとは思うが、我々凡人に出来る・・・というか、続けられるのは、おそらく、真言だけであると思う。
この点は、釈迦も、念仏だけが残ると予言したという話があるが、その通りであると思う。








魔法は簡単に使える

呪文、真言、念仏、マントラ、祓詞・・・などについて、不意に思いついた。
実は、これらの言葉は、何ら特殊なものではないということだ。
念仏の「南無阿弥陀仏」は、普段使わない言葉ではあるが、単に、「阿弥陀如来に帰依(きえ)します」という意味だ。
祓詞の「とおかみえみため」は、「とほかみよ、微笑んで下さい」という意味のようだ。
観音真言の「オン、アロリキャ、ソワカ」も、単に、古いインドの言葉で、おそらく、観音様(アヴァローキテーシュヴァラ)を褒め称える言葉なのだろう。
「大祓祝詞」は、葉室頼明氏によれば、神の言葉であって意味はないというが、確かに、深い意味においてはそうかもしれないが、やはり、言葉としての意味はある。

確かに、優れた真言や呪文は、美しい高貴な言葉が使われているに違いないが、過度に高邁な言葉という訳ではなく、むしろシンプルな言葉なのだと思う。
例えば、和歌で使われるような言葉だ。
実際、万葉集の中にある美しい歌には、神秘的な力があるということはよく言われているように思う。
インドの聖音「オーム」や、ラピュタの滅びの呪文「バルス」だって、言葉としての意味があるのかもしれない。

優れた呪文や真言には、強大な力があると言われ、かなりの実証確認やエビデンス(根拠)もあるのかもしれない。
だが、やはり、その多くは、普通の言葉なのだ。

だから、我々も、言葉の力で奇跡を起こしたい時は、普通の言葉を使えば良いのではないだろうか?
もちろん、軽薄な言葉、ましてや、汚い言葉では駄目であると思う。
なんと言っても、「言葉は神」なのだから(新約聖書、ヨハネ福音書)。
美しい言葉、高貴な言葉であるに越したことはないが、悪意のない、丁寧で素直な言葉であれば、普通の言葉にだって力はあるのだと思う。
これについては、私は経験的に確証がある。
何度も書いたことがあるが、私は7歳くらいの時、住んでいた団地の前の車道の交通量が多く、車道の向こうに行くには、遠くの信号まで歩かなければならなかったが、それが面倒で嫌だった。
それで、皆さんは決して真似してはならないが、私は、目をつぶって車道に飛び込んで渡っていた。これは、後に姉が、この私の愚行を証言している。
私は、車道に飛び込む前に「目をつぶって飛び込めば車は来ない」と唱えていた。
それで、私は、奇跡的に、一度も車に跳ねられることも、接触することさえなかった。
また、初めて天体望遠鏡を手に入れた小学4年生の時、天文の知識はゼロだったが、土星を見たいと思い、「土星を見れる」と唱えれば、やはり、適当に選んだ星が土星になった。
また、ある日、学校帰りに、いつもと違う、知らない道を歩きながら、「〇〇ちゃん(学年一の美少女)に会う」と唱えたら、その〇〇ちゃんが向こうから歩いてきた。
尚、唱えると言っても、意気込んだり、必死の思いで唱えた訳ではなく、さらっと唱えたのだと思う。
「言葉は神なりき」である。
コツは、無邪気に、軽く、しかし、凛と唱えることだ。
言霊とでも言うべきものだが、これについて、大野靖志氏の著書に非常に上手く書かれているので、最近よく読んでいる。








3つの奇跡話(その3)

「神様の奇跡を起こし続けるホームレス」、「末期癌が消え、なおかつ、引き寄せマスターになった女性」と、奇跡話が続き、今回が最終回の、3つ目の奇跡である。
これは、以前、ご紹介した、スーパーセールスマン、夏目志郎さんのお話を再度、取り上げようと思う。
多くの人の役に立つと思うので、改めてポイントを押さえようと思う。

(以下は、かなり昔に読んだ本の内容の記憶なので、憶え間違いもあるかもしれないが、大筋では合っているはずである)
夏目さんは、戦後、ビジネスで一旗揚げようという熱意を持って日本にやってきた中国人青年だった。
豊かな家庭の出身で、豊富な資金と、日本に一台しかないような高級外車を持ち、恵まれたスタートを切った。
だが、詐欺に遭い、無一文どころか、多額の借金を背負ってしまう。
失意の中、キリスト教に改宗し、英語が出来たので、アメリカ人神父の通訳などで布教活動のボランティアを行う。
ところが、交通事故に遭い、脚を折って入院する。
そんな散々な人生の中、夏目さんは神に祈った。
「神様、これまでの人生の失敗の責任は私にあります。でも、これからの人生の責任は、あなたに取って欲しいのです。私ももう35歳です。これはという仕事を下さい」
翌日、百科事典を販売する外資系企業の人が、夏目さんをセールスマンとしてスカウトに来て、夏目さんは、まだ怪我が治りきっていないに関わらず、「明日から働ける」と応じた。
夏目さんは、そのスカウトが、神の使いであると言う・・・つまり、奇跡が起こったのだ。
そこから、夏目さんの成功人生が始まったのだった。

なぜ、夏目さんの「神様の奇跡」は起きたのだろう。
それはもちろん、上の、夏目さんの「祈り」にある。
この祈りが奇妙に思えた人もいると思う・・・というより、現代人では、奇妙だと思うのが普通だろう。
「これまでの人生が失敗だったのは自分の責任」
これは分かるだろう。
しかし、
「これからの人生の責任は神様が取って下さい」
というのは変と思うはずだ。
普通は、これからの人生の責任も自分で取らなくてはならないと思うはずである。
だが、夏目さんは、これまでは、自分の小さな力で成功しようとしたのだが、これからは、神の大きな力で成功させてもらおうとしたのだ。

トランプ大統領も愛読する、ノーマン・ヴィンセント・ピールの世界的ベストセラー『積極的考え方の力』の最後は、
「なぜ神の力を求めないのか」
と書かれている。
そして、昨日のこのブログの2つの奇跡話の主も、無意識的にかもしれないが、神の力を求めたのだ。
「神様の奇跡が起こる」と唱えたホームレスは、自分は何もせず、神にまかせ、結果、大変な奇跡が起こった。
1憶円が2回と、ローマ法王への謁見・・・そんなこと、そのホームレスが、どれだけがんばろうが、全く無理だろう。
しかし、イエスは、こう言っている。
「神に出来ないことはない」
あのホームレスは、無意識にだろうが、この最高の牧師や、それに、イエス・キリストの教えに従った。
2つ目の奇跡の、癌を消し、完全な引き寄せの力を得た女性も同じだ。
自分で癌を治そうとはせず、ただ、死ぬ準備をしただけだった。
何も求めず、もう最後なのだから、自分らしく、安らかでいようとしたのだ。
そこには、自分のちっぽけな力を頼ろうとする気持ちは全くなく、それどころか、欲望の自我としての自分をすっかり失くしてしまったのだ。
鎌倉時代の禅僧、道元が言った「仏道とは自分を忘れることだ」を、仏教徒でもない彼女が実践していたのである。

これら3つの奇跡話を味わうことで、奇跡のシンプルな原理が分かり、我々も簡単に奇跡を起こせるのだと分かるはずだ。
尚、夏目さんの上記の話は、どの本に載っていたか、私はもう憶えていないが、夏目さんの本はどれも素晴らしいと思うので、以下にいくつかご紹介しておく。
ただし、夏目さんの本は、古書でも高価なものが多い。








奇跡の原理

今回は、とっても嬉しい「あの奇跡」について、仕組みをうまく説明しようと思う。
「あの奇跡」とは、私が最近、たびたび取り上げる、奇跡のつぶやき「神様の奇跡が起こる」だ。
再度、奇跡の内容を簡単に述べる。
世界的な教育学者、七田眞氏(教育学博士)の著書『奇跡の超「右脳」開運法』にある話で、七田氏は、「正真正銘の実話」と保証している。
こんな話だ。
あるホームレスの男が、「神様の奇跡が起こる」という言葉を唱えることを始めた。彼は、神様を信じていたし、暇だったこともあって、本当に1日中唱えていた。
すると、1週間か2週間ほどしたら、頭に数字が浮かんだ。そして、歩いていたら、たまたま宝くじ売り場が見えたので、その数字でロト6を買ったら、1億円当たった。
その後、また、「神様の奇跡が起こる」を唱えていたら、また1憶円当たった。

これは、このホームレスの男が、予知能力という超能力を発揮したとも考えられる。
そんなことが出来るのだろうか?
私は、なんとなく、敬愛する、著名な大発明家であった工学博士、橋本健氏の『四次元宇宙の神秘』(1966)を読んでいたら、見事にヒントが書かれていた。
私は昔、ネット上ではあったが、橋本博士と交流してソフト(ESP判定アプリ)を作ったことがある。
橋本博士は、実に分かり易く語ってくれている。
彼は、半世紀以上も前に、現代のAIやシミュレーション仮説を軽く理解していたように思う。大天才なのだ。
こんなふうに書かれてる。
我々は、映画館で映画を見ている観客のようなものだ。
そして、ただの映画を現実だと思い込んでいるのである。
では、未来を知りたければどうすればいいか?
映写室に行き、フィルムの先の方(今なら、動画データの先の方となろうか?)を見せてもらえば良いだけである。
それに相当することをする能力が人間にはあるのだ。
さらに言えば、未来を変えることも出来る。
動画担当者に頼んで、先の動画を変更してもらえば良いのである。
もちろん、実際は、世界はもっと巧妙な仕組みで出来ているのだろうが、根本的には、このようなものなのだ。
そして、人間は、この世界という動画の製作・管理担当者に、未来を見せてもらったり、未来の内容を変えるよう依頼する力(あるいは権限)があるのである。
その力を解放する1つの方法が、「神様の奇跡が起こる」のような言葉を唱えることである。

このような言葉・・・自己暗示、つぶやき、呪文、祈り、あるいは、アファーメーション(肯定的断言)と呼んでも良いが、これには恐ろしい力がある。
今朝の記事で書いたように、「富」、「成功」、あるいは「富、成功」という言葉を繰り返すだけで、世界という動画を書き換えることが出来るのだ。
それなら、アファーメーションをしないのは、超もったいないことである。
もったいなくて、もったいないオバケが出るくらいだ。

ところで、橋本健博士といい、関英男博士といい、世間ではオカルト博士、トンデモ博士と、まるでトランプ大統領のように偏見の目で見られていたが、いずれも、実際は超優秀なスーパー人類である。
だが、岡本太郎も言ったではないか。
「誤解されてもいい。いや、誤解されないといけない」

先程も述べた通り、橋本博士のその1966年の本は、今読んでも古くないし、むしろ、博士のAIの考え方は(当時、AIは黎明期で、知っている人はほぼいなかった)、今より進んでいるかもしれない。
また、関博士は、1950年代に液晶大型テレビやスマートフォンをさらりと予言していた。天才にもほどがある。
関博士が毎日行い、人々にも薦めていた腕振り運動の効果には、関博士の科学的な論証もあり、ますます熱心にやろうという気になる。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード