ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

天才

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

最大の才能とは

豊かな収入を得るためには、スキルが必要だ。
スキルとは、一番多くの時間をかけたことと一致する。
プログラミングを一週間とか一ヶ月でマスターしたとか言う者がいるかもしれない。
しかし、私は、3年で「少し」出来るようになり、10年でなんとか一人前に出来るようになったが、これは、他のどんなスキルでもだいたい同じと思う。
インターネット完結型高校であるN高等学校(学校法人角川ドワンゴ学園)では、PHH(プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール)に参加することが出来るが、月曜から金曜まで通学し、朝8時半から夕方5時過ぎまで、全てプログラミング関連の授業で、高校の勉強は、そこから夜の8時過ぎまででやるようになっているらしい。
しかも、そこでは、最高に合理的で効果的な学習を行うのだろうが、それなら、1年でかなりのレベルになれるかもしれない。
インターンシップは、ドワンゴ、チームラボ、LINEなどで持てるという、何とも羨ましいもので、これなら、165万円という学費に十分に見合う・・・というか安いと思う。

スキルの中には、なかなかお金にならないものもある。
例えば、楽器をかなりの腕前で演奏して作曲も出来たり、普通の人が見たらビックリするほど上手い絵が描けても、それがお金に結び付くことは「まれ」と言って良いと思う。
野球やサッカーだって、学校などでは「天才」と言われているような選手も、プロになれることは、やはり「まれ」だ。
地元では「可愛い」とちやほやされた女の子だって、芸能界にでも入ったら、せいぜい「普通」だ。
しかし、それでも、1日中、長年、諦めずにやっていれば、モノになるものかもしれない。
以前、テレビで、いまだスターになることを諦めていない40代~60代の歌手というのを取り上げていたことがあったが、顔つきを見ていたら、1日中やっている人間の顔ではなかったように思う。
つまり、やっぱり緩んでいるのだ。
もちろん、1日中歌っていなければならない訳ではないが、やっていることの全てが歌のためであれば、成功しないはずがない。
成功には才能が必要だが、1日やれる、1日そのことを考え続けることが出来る以上の才能はない。

ブッシュ大統領の下で国務長官を務めた政治学者コンドリーザ・ライスは、大学生の頃、ピアニストを目指していたらしい。実際、かなりのピアニストになれたのだが、彼女が目指したのは、あくまで世界一だった。
彼女がそれを諦めたのは、自分が1年かかることを1時間でやってしまえる11歳の天才少年を見たためのようだ。
SF作家の平井和正さんも、元々漫画家を目指していたが、石森章太郎(石ノ森章太郎)さんに出会い、「こんな天才にかなうはずがない」と思って、漫画家を諦め、作家になったという話がある。
だが、天才だって、沢山の時間をかけなければ才能は輝かないし、もし、ライスや平井和正さんが、それら天才以上の時間をかけていれば、いつか追い抜けていたかもしれない。
思想家で著述家の吉本隆明さんは、モノ書きになりたければ10年、1日も欠かさず書き続ければ必ずモノになると著書に書いておられた。

まあ、何事も、「1日中」、「1年中」を長年やり続けて、ついに駄目だったとしても、それで笑って死ねるし、思いもしなかったことで上手くいくかもしれない。

そんな 才能じゃダメだねと(Wow Wo Wow Wo)
冷たい言葉にも背を向け
どんなノイズだらけでも(Wow Wo Wow Wo)
彼女のソウルは汚せはしない
~『アイドルを咲かせ』(作詞・作曲・編曲:Mitchie M、歌唱:初音ミク)より~









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

後天的に天才になるには

偉大なことは、天才にしか出来ない。
しかし、「天才などいない」と断言したのがソクラテスだ。
偉大なことが達成されるのは、ただ神性が現れたのであり、人間の力ではない。

では、どんな人間に神性が現れるのか?
2つ考えられる。
1つは、簡単に言えば、脳の性能が高いこと。それはIQの高さとほぼ一致する。
もう1つは、自分を消せること、即ち、無我、没我、忘我になることだ。

脳の性能、つまり、IQは、ビタミンCの多量摂取でかなり改善されるが、生まれ持ったキャパシティにより限度がある。
自分を消す方に関しては、誰でも時々は経験する。
例えば、風邪をひいて熱が続き自分が消えると、恐ろしいまでに高度なことを考えるのだが、熱が醒めた時、つまり、自分が戻った時には、ほとんど忘れている。
深く眠っている時も自分は消えている。だから、眠りながら話す能力がある人は、天才にしか言えないことを言うが、無論、そんな人は滅多にいない。
一方、浅く眠っている時は、自分がかなり残っている。
酒を飲んでも、自分が残る人と消える人がある。
エドガー・アラン・ポーは「きれいに」消える人で、彼は飲めば天才になった。
だが、そんな人も、ほとんどいない。
もし、自分を消す方法を持てば、後天的に天才になれるかもしれない。

結局、自分を消せることも、生まれながらの才能かもしれない。
いや、自分を消せることが、生まれながらの才能である。
確かに、単純なことを淡々と繰り返せば、自分が消える。
あるいは、難しいことをずっと考え続けても、自分が消える。
だが、そんなことを出来る人はほとんどいないので、天才は少ないのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

全てを諦める

自己開発や成功のためのセミナーや教材、あるいは、書籍では、受講者等に、まず、目標を持たせようとする。
それも、大きな目標をね。
それで、受講者や読者達は、自分の目標を考える。
しかし、目標を考えなければならない時点で、もう完全にアウトなのだ。

少し言い方が悪かったかもしれないが、自己開発や成功にお金と時間を投資しようという人に対しては、やっぱり正しいことなのである。
つまり、目標を考えなければならないなら、特別な才能を持っていないということなのだ。
突出した人物の中に、「じっくり考えて、この道を選びました」なんて人がいるはずがない。
特別な成功者は、考えるまでもなく、それをしようという衝動があったか、あるいは、自然ななりゆきでそれを始めたのである。
例外はゼロだ。

特別な才能に恵まれない者が大きな目標を考えると、とっても残念な「痛い」目標を立ててしまう。
女優になるとか、プロの芸術家になるとかね。
そんな「目標」を聴いて、セミナー講師も、心では笑いながら、営業用の真剣な顔で、「必ず達成出来ます」とか言うのかもしれない。

もし、三度のメシやエッチなことよりずっと好きな目標がないなら、自分は凡人で、天才ではなく、大きな才能はないと認識しなければならない。
まあ、99.9%はそうなのだから、がっかりすることはない。
1つの学校で有名人になれるのは、その学校に数万人の卒業生がいても、多くてせいぜい数十人なのだ。

凡人なら、現実的な目標ならすぐ分かるはずである。もし、それが分からないなら、かなり問題だ。
ニートなら、目標は働くことであって、聖者になることではない。
もし、聖者になれる才能があれば、今、そんなところにいるはずがない。
サラリーマンなら、Excelをマスターするとか(Excelの資格を取ることではない)、営業成績を上げるとか、業務改善をするとか、いくらでもあるはずだ。もし、それがないなら、会社にとって不要な人間である。

だけどね、どうしても、常識的な、「普通」の目標が持てない、困った人もいる。
人並のことも出来ないのに、物凄く高度な目標を持ちたがる哀れな者だ。
例えば、まるで駄目男君(私の職場にいる30歳過ぎの人生の落伍者。派遣の雑用係)のように、何も出来ないのに、「将来、やりたい仕事は?」と聞けば、「高尚な仕事がいいですねえ」と答える、どうしようもなく痛いヤツがそうだ。
それは目標でも何でもない、幼児の夢だ。
そして、それは、決して具体的でなく、まるで駄目男君が言うように「高尚な仕事」といった感じだ。
ところで、これは内緒だが(笑)、どれほど妄想的でも、もし、具体性があれば、それに賭けるという手もある。
もちろん、99.99999%、その目標は叶わないだろう。
それどころか、恥辱にまみれた、あらゆる意味で最悪の未来が待っているだろう。
それを、本当に受け入れ、揺るぎの無い覚悟が出来れば・・・何が起こるか分からない。
そんな奇跡を決して願わなければね。
五島勉氏の『ノストラダムスの超法則死活の書』に、ヒントになることが載っている。
天才には決して敵わない。だが、願った通りの結末にはならないかもしれないが、凡人の逆転の魔法が確かにあると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

欠陥・障害が天才を作る

極端に優れた能力は平穏な状態からは生まれない。
ある7歳の少女は、絵を習ったこともないのに、レオナルド・ダ・ヴィンチばりのデッサンを描いたが、彼女は脳の言語中枢に障害があり、うまく話せなかった。しかし、年齢と共に、脳の発達によって障害が消えると、天才的な絵の能力も失ってしまった。
アインシュタインも5歳位まで、あまり話すことが出来なかったし、その後も、性格的な傾向から見て、自閉症などの精神的な欠陥(障害とまで言えるかどうかは分からないが)は持っていたのだと思うのだ。
何らかの精神的な欠点は、多くの天才に見られるのではないかと思う。

スポーツの世界でも、超人的な短距離走者のウサイン・ボルトは、先天的な背骨の障害を持っているらしいが、そのために、別の部分の発達を促していたのではないかと思うのだ。
彼に限らず、スポーツの名選手には、普通の人にも劣るほどの致命的な欠陥を隠し持っている人はよくいるのだと思う。

あまりに並外れた能力というものは、ある種の障害の補完として生じるのではないかと思う。
以下は、空想的に思えるかもしれないが、私のことである。
私は7歳くらいの時、住んでいた団地の前の、交通量の多い車道に、目をつぶって飛び込む「趣味」があった。そうやれば(見ずに飛び込めば)、絶対に車が来ないいう、妙な信念があったのだ。
これもまた、空想癖のある幼い子供の命を守るために、特殊な勘や、超感覚的知覚、あるいは、現実空間を改変する能力が与えられていたのかもしれない。

つまりね、人間にとって、最も重要なことは、生きることであり、それを妨げるものがあれば、それに対抗する能力のDNAのスイッチが入るのではないかと思う。
上の、天才的な絵の能力を発揮した7歳の少女の場合、喋れないことは生きるために不都合なので、絵で表現する能力が与えられたのかもしれない。

そして、誰にでも、障害とまでは言えないかもしれないが、何らかの明確な欠陥はあるのだと思う。
たとえば、人間には、フィルタリング能力という、周囲の雑音や光景をカットして、今やっていることに集中する能力があるが、その能力に乏しい人がいて、外部情報に惑わされて、集中することが非常に困難な人がいる。
ところが、心理学者の調査の結果、フィルタリング能力に欠ける人の方が、創造的な目標を達成していたという。

あなたは、自分が持っている欠陥を大切にしなければならないかもしれない。
もし、思い当たらなければ、意図的に自分に障害を課しても良いのである。
そして、それが、天才的な能力を開発する、極めて重要なコツである。
例えば、以前、よく書いていたが、出来るだけ数かな呼吸をして、呼吸に障害でもあるように振舞えば、少ない労力で最大の効果を発揮出来るよう、IQが高くなったり、超感覚的知覚が覚醒する可能性があると思う。
あるいは、右利きの人であれば、なるべく右手を使わず、左手でやるようにすれば、面白い能力が出てくるかもしれないが、そうなった人が、私の知り合いに実際にいるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人は見かけでほとんど分かる

学歴をハナにかける者って、普通より少しは優秀かもしれないが、せいぜいその程度であり、それほど優秀ではない。
そんな者が、本当に優秀な人達の中に入ると、惨めなほど凡人だろう。
茂木健一郎氏が、話の流れの中でだが、「東大生はIQが高い凡人」と言ったことがあったが、IQが高ければ凡人ではない。
そうではなく、東大生は、普通よりは少しはIQが高いという程度の、大したことない者が多いというだけのことだ。
また、IQが高い人が、「俺はIQが高い」と言うことはない。
つまり、本当に頭が良い人というのは、自分の優秀さについて何の権威付けも必要としないし、むしろ、権威付けするのも、されるのも嫌うものなのだ。
なぜなら、本当に頭の良い人というのは、権威とは、無能さの防御壁として作られたものだということを、よく知っているからだ。
それが分からないなら、あまり優秀ということはない。
今思えば、舛添要一氏も、自分は東大卒だから優秀だと言っておられたが、優秀だとしても、さほどでもなかったのかもしれない。

人間、見かけが全てと、よく言われる。
その通りだが、これは美醜の問題、あるいは、プロポーションの優劣の問題ではない。
ノースイースタン大学だったと思うが、こんな実験が行われたらしい。
学生達が会話する様子を映像に撮り、それを被験者に1分間見せる。
被験者に学生達のIQや学業成績のリストを見せ、それぞれが、どの学生のものか推測させる。
すると、被験者は、音声のない映像ですら、正しく選択出来たという。
優秀さは、表情や振る舞いに表れるのである。

頭脳が本当に優秀な人は、控え目で、感じが良く、落ち着いていて、明朗(明るくほがらか)であり、相手の目を見て話す特徴がある。
人間の感覚というものは、そんなものを敏感に感じ取ることが出来る。
学歴やIQを頭上に掲げなくても・・・いや、掲げても、本当の優秀さは見抜かれる。
エマーソンだって、その人がどんな人間か、一目見れば、誰にだって分かると述べていたと思う。

そして、これは当っているかどうか分からないが、本当に優秀な人のフリをすれば優秀になれるかもしれない。
人間といいうのは、本当に真似をした対象に一致していく、ほとんど神秘的な能力があると思う。
だから、心から敬服している人の側にいると、敬服している人は、敬服されている人に驚くほど似て来るものなのだ。
ただ、優秀さは、あくまで生まれつきのものである。
けれども、人間は、ほとんどの脳は使われておらず、ほとんどのDNAの機能は覚醒していない。
昔、旧ソ連の実験で、子供に劣る絵しか描けない労働者に、「お前は天才画家だ」とうまく暗示を与えることに成功したら、その者は本当に超一流の画家になってしまったというものがある。
もちろん、実験の詳しい状況が不明で、その結果も特例なのかもしれないが、誰でも天才画家のDNAを持っているのだと思う。
ある言語中枢の発達が遅れていた7歳の少女が、絵を習ったこともないのに、レオナルド・ダ・ヴィンチばりのデッサンを描いて驚かせたが、言語中枢が発達したら、その絵の能力は消えてしまった。言語中枢の発達が、必然的な理由で、絵の能力を発揮するDNAのスイッチを切ってしまったのかもしれない。
人間の能力というものは、複雑で神秘的である。

ノーベル賞を受賞した山中伸弥氏なんて、見事なまでに優秀な人間の特徴を備えていると思う。
あの人の映像なら簡単に見つかるだろから、あの控え目で気遣いに満ちた態度を真似すれば、ひょっとしたら少しは優秀になるかもしれない。
詐欺的に優秀な人の真似をしても、本当に真似が出来れば、結局は優秀になってしまうのだと思う。
昔のひろさちや氏の本にあったが、彼は徒然草を冗談ぽく引用して、
「狂人の真似をすれば狂人、人殺しの真似をすれば人殺し、仏陀の真似をすれば仏陀」
と述べ、空海というのは、仏陀の真似をうまくやった人なのだと言う。
その本『空海入門』を読めば、本質を突いた納得出来る話だと分かるかもしれない。
もしそうなら、天才のフリをすれば天才だ。
ただし、演技というものは、うまくやるものだということをお忘れなく。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ