ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

天使

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

身体を持った神と出会うには

自分の世界を創り出すためには、想像力と情熱が必要だ。
だが、理性も必要なのだ。
理性がないと、神秘的なことばかり言ったり考えたり、快楽的なことばかり求めるようになる。
生きるための方向性を持ったり、精神的に成熟するためには理性が必要になる。
では、どんな理性が必要なのだろう?
あなたには、外の世界に顕現した神のような何かを必要とするかもしれない。
それは、武道や音楽の師であるかもしれないし、女神のような少女かもしれない。
かたじけなくも、あなたのために、身体を持つ存在として現れた神に対して、敬ったり、崇めたりするための理性である。
理性的な敬いがなければ、その仮初めの姿の神と良い関係性を築くことができない。
和らぐことができないなら、あなたは師や天使をすぐに失うことになる。

敬うことのできる、慎ましい心を持っているなら、あなたは外部の神と出会うことになる。
そのためには、あなたは理性を導かなければならない。
それができれば、天使にも必ず会えるだろう。

そして、導かれるままでいれば、あなたはやがて、形をとって現れた神と自分が異なるものではないことが分かるだろう。
彼女は、自己自身に他ならないのである。
それが分かれば、あなたは、真の自己と手を取り合って、新しい世界を創り出すのだ。
創造があなたの本性である。
だから、それは限りなく楽しく、それは、あなたが幸福になったということである。

理性を導くための最良のテキストはデカルトの方法序説である。
彼は、それを12歳の子供にも分かるように書いた。
ただ、当時の12歳は、かなり賢かった。
だから、方法序説を軽く考えてはならない。
だが、難しいものではないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天使の出現に気付かない人たち

天使に逢えたら誰もが感激するだろうか?
甚(はなは)だ疑問である。

「天使は何人分のプレゼントを用意しているのですか?」
「天使というからには、剛力彩芽さんより可愛いんでしょう?」
「男の天使って、凄いイケメンですよね?ね!?」
「今はFacebookチェックしてるので、出てくるのはちょっと待ってくれよ。後でちゃんと逢ってやるから」

一般の人では、だいたい、こんな感じではないかと思う。
例えば、電車の中で、天使が現れたとする。
乗客はみんな感動して恍惚となっているかと思って周囲を見ると・・・
50代の男性は、隣の人の迷惑も省みず、脚をおっぴろげてふんぞり返って寝ている。
30代の女性も、なにやら難しい顔で目を閉じて寝ているような様子をしている。
こっちの若い男性はスマートフォンの画面を目を皿のようにして見ながら、そこに指をせわしなく這わせている。
向こうの若い女性は、パンにパクつくのに夢中だ。
また、あっちの若い男性は、反り返るほど頭を上げて寝ている。

その中で、天使は極めて重要なことを言って去る。
そのことを教えてあげると、彼らは、
「それ、聞いてないと損なことだったの?」
「いいこと言ったの?だったら、誰かツイートしてくれてるわよね?拡散してないなら、面白くなかったってことじゃないの?」
「登場曲、決めといてくれよな」
「そんな大事なこと言うなら、最初に『大事なことを言うから注目!』って言えよな」
「電車は上司が来ない場所なんだから起きてないよ」
と言うのだろう。

天使はいつ出現するか分からない。
イエスは言っている。
「いつも目を覚ましていなさい。天の御使いがいつ来てもいいように」

オーソン・ウェルズが24歳の時に制作し、脚本を書き監督と主演を務めた傑作映画『市民ケーン』の中で、ある老人がこんなことを言う。
「私が学生だったある日、白いパラソルを持った少女を見たんだ。一瞬のことだ。ところが、別に何でもないそのことを、どういうわけか忘れずに今も憶えているのだよ」
老人の表面的な意識には自覚はないが、その出来事は彼にとって非常に重要なことだった。
その時、彼の精神は目覚めていて、その重大さに気付いていたのだ。
それは、天使の出現の瞬間と言って良い。
彼はそれに気付いたが、それは、彼が、いつも眠らずに目覚めていたからだ。
その時、何かが彼に決定的で重大な影響を与えた。そうでなければ、彼の人生は全く異なるものに変わっていたし、それは、彼の死や、それからのことにすら特別な変化をもたらしたのだ。
そして、重要なことは、我々だって天使に逢っているってことだ。
だが、イエスの忠告も虚しく、我々は眠りこけ、それに気付かずに過ぎてしまった。
眠ってはいけない。睡眠中でも目覚めていることだ。
心が欲望に満ちていると、眠っている時も欲がその者を覆う。
心が清らかだと、眠りは精神を害わない。そんな精神は天使を認め、受け入れることができる。
イエスは「祈っていなさい」と言った。
それは、願うことでも、何かの言葉を繰り返すことでもない。
意識を機敏にしていなさいということだ。
眠らずに、気付いていなさいと命じたのだ。
周囲の出来事だって、それを認識するのは心だ。
だから、自分の心に油断なく、敏感に気付いていなければならない。
そうすれば、天使に出逢えるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

愛する人を失った時にどうするか?

テレビは1日中、アルジェリアでテロリストの人質になって亡くなった方々の家族や親しい人達の様子を見せる。
放っておいてやって欲しいと思う。

ただ、あの人達の、死んだ愛しい人に対する態度は、間違っているというのではないが、私とはまるで違う。
ずっと前、私は親友(私が勝手にそう思っている)を事故で亡くした。
最後に逢ったのは、その1週間ほど前だっただろうか?
不意に、彼が死んだことが知らされたのだ。
私は、把握に時間がかかり、やがて意識が遠のくのを感じた。
だが、やがて、不思議と落ち着いてきて、心は静かになった。
遠くから、火の精サラマンダーの声が響いた。
「神の意思を受け入れることが人を強くする。だが、人はそれを知らない」
そして、上の方から、天使の澄んだ声が私を貫いた。
「彼は死んだのではない。今までは死んでいたのが、本当に生きることを始めたのだ」
私はもう悲しくはなかった。
むしろ、彼への祝福を感じ、楽しくすらあったのだ。

その日、夜7時頃まで仕事をし、会社を出て、帰りの電車に乗ったのだが、電車がなぜか動かなくなった。
天気が悪いとかではなく、事故が起こった様子でもない。
電車や線路の機関か、信号のトラブルだったのだろうか?
憶えていないのは、やはりまだ、いくらかの動揺はあったのかもしれない。
私は、何となくだが、帰るのが面倒になり、電車を降りて駅を出ると、手近なホテルに部屋を取った。
まともな食事をするのもまた面倒で、パン・・・いや、お団子のようなものを買ってホテルの部屋で食べたように思う。これもやはり憶えていない。
だが、ホテルに備え付けてあった仏典を適当に開いて読むと、生涯、忘れられないようなお話を読んだ。
だいたい、こんなお話だ。
森が大火事になった時、一羽のオウムが、何度も池に飛び込んでは大火の上で羽ばたき、火を消そうとする。
それを見た神は、
「オウムよ、お前の行いはけなげではあるが、それしきの水でこの大火を消せようか?」
とオウムに言った。
するとオウムは、
「長年、棲みかを与えてくれた森への報恩の気持ちで行うことが成らぬはずがない。私は、何度生まれ変わってでもやり抜く」
と答え、感動した神は、オウムと共に火を消した。
これもまた、天使と妖精の導きであったのだろうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

巡音ルカの髪はなぜピンクか

妖精のような生き方をしていると、妖精たちも親しく近寄って来る。そうなれば、人生は彩り豊かな楽しいものになる。
では、妖精のような生き方とは何だろう?
昨夜も書いたが、それは、自分が苦労して、愛しい、そして、哀しい思いをしながら集めたものを捧げるという生き方だ。

さて、昨夜は、緑色の髪の初音ミクが水の妖精であることを述べた。
今夜は、巡音(めぐりね)ルカのことについて述べよう。ただ、別に、ルカのことを知らなくても構わない。
巡音ルカは、初音ミクより1年半ほど後で生まれたボーカロイドソフトであり、ミクと同じくKEIさんに姿を与えられたボーカロイド(仮想の歌い手)だ。
ミクより少しお姉さんの20歳で、ミクより少し背が高く、脚も長い、クール&ビューティーな歌姫として知られている。

では、ミクが水の精なら、ルカは何だろう?
ルカのピンクの髪と、真っ白は肌は、空気の精を思わせる。その訳は、少しずつ説明する。
ルカは、その白い肌と表情の少ないところが生命力を感じさせないのだが、その歌は、内に秘めた情熱を表している。そんなところがまさに空気の精らしいところなのだ。
空気の精は、自然なことに感じると思うが、鳥が大好きなのだ。
鳥の羽音を聴くと、喜びながら、楽しそうに近寄っていき、鳥に力を与え、渡り鳥には飛ぶ方向を教える。
餌の場所を示すこともある。
あなたがもし、鳥と一体化すれば、なぜか餌の場所が分かるのを感じるだろう。
そうやって、空気の精は、鳥を愛しながら生きている。
ルカの歌を創る人達も、鳥が好きなはずだ。
一方、ミクの歌を創る人達は、魚やイルカなどが好きな人が多いに違いない。
そして、水の精と同じように、空気の精も死に憧れている。

空気の精は、普段は青い色に見える。それは、ルカの青い瞳のようである。
愛する鳥が死ぬ時、空気の精は、鳥から大切なアストラル体(幽体)を受け取る。
その時、空気の精は、赤い閃光になる。
それは、歌を歌う時に揺れるルカの髪のようだ。
空気の精は、鳥のアストラル体を抱いて高く高く飛び、天使に出逢うと、憧れを持って、自分ごと鳥のアストラル体を天使に捧げるのだ。
それは荘厳な光景だ。
鳥のアストラル体と共に、水の精は天使の中で永遠に生きるのである。
空気の精は、巡音ルカの名のように、鳥達のアストラル体を、地上から天使達の世界に巡らせる役割を果たすのである。
ルカの歌は、それと同じように巡り伝わる。
そもそも、ルカという名の「ル」は流れ(流はルと読む)であり、「カ」は、歌や香りが空気の中を伝わるという意味であることは明かされている。
それならば、ルカはまさに空気の精そのものであることが分かる。

秘密を明かすなら、水の精は、天使の技を考えるよう人間に願い、空気の精は、創造の力が人間を照らすことを教えようとしている。
それを胸に、我々は妖精のように生きるのである。
そうすれば、彼女達は親しく我々に寄り添い、天使達も見守ってくれることだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

名曲をCMに使う企業のエゴイズム

クラシックの名曲等、古くから伝わるよく知られている曲が、テレビCM等に使われることがある。
それは出来ればやらない方が良いのであるが、もし、そんなことをする時には、絶対に守るべきことがある。
それは、その曲への敬意を決して忘れないことと、その曲に対して、美しいものを感じている人々の心情にくれぐれも配慮しなければならないことだ。
それには、曲を創った人への尊敬の気持ちや、その曲と共にあった民族の伝統に対する畏敬を忘れてはならない。

だが、ずっと昔から今でも、そのようなものの全くない、浅ましく醜悪なテレビCMが平然と放映されている。
面白ければいい、売れさえすればいいという企業のエゴイズムで、名曲を、その作者を、それを愛好する民族を汚すものが、躊躇もなく公然と、子供達にまで見せられ、聴かされている。
クラシックの名曲を下品な替え歌にしたり、逆に、演奏や歌は崇高なままで、決して使うべきでないような下劣な場面に流し、その曲に対して敬虔な気持ちを持っている人々の心を平気で踏みにじっているのだ。
こんなことが行われている国がまともであるはずがなく、無事で済むはずもないだろう。

では、これらの企業は、なぜこれほどに愚かな真似が出来るのだろうか?
これも、私が普段から繰り返し述べていることが原因である。
それは、目に見えるもの以外は存在しないという幻想に陥ってしまっているということだ。
そして、そんな幻想をとり込まれた人々もまた、それらのCMを見て、「これのどこが悪いのだ。古い曲には著作権は無いから問題はないし、効果的な宣伝でよろしいじゃないか?何より面白い。誰にも文句を言われる筋合いはないね」と言うのである。
それが、目に見えるものしか存在しないという幻想に生きる者の愚かな理屈である。

この世界の半分は、目で見えたり、あるいは、視力や聴力などを拡張した観測機器により、その動きを捉えることが出来るのかもしれない。
しかし、残りの半分は、どんな手段で見ても見えず、聴いても聴こえず、触れても感じない。
人間の感覚で分かることなど、世界のほんの一部でしかない。
そして、それしか存在しないと思い込んでいる者達が世界を悲惨に陥れてきたのだ。
我々日本人は、昔から、「お天道様が見ているから悪いことは出来ない」と思ってきた。
他の国の人達にも、同じようなものがあるに違いない。
お天道様とは、目に見えるもので言えば太陽である。
「太陽光線があるからといって何なのだ?権力や金のある者が見ていないなら、何をやっても構わないのだし、見られても、私は金で解決できる」
目に見えるものしか存在しないと思い込んでいる者はこのように言うだろう。
だが、昔から、そして、霊的感覚を持つ人は今でも、お天道様を物質的な太陽としてだけではなく、それを神仏と感じており、それを畏怖し、また、尊敬し愛するからこそ、人が見ていなくても良心に反する行為を思いとどまるのだ。そして、見えないものを信じるなら、たとえ日の光がなくても、神仏はどこにでもおられるのだから、完全ではなくても、行いを律し、慎もうとするのである。
そして、霊的感覚が開け、天使や妖精のようなものの存在を感じるなら、物質主義者達が平気で行うことの多くを、単に宗教的観念のようなものではなく、自然な感覚として、決して出来なくなるのである。

はじめに挙げたようなCMを作っているのが食品関係の企業であれば、健康を害したくなければ、そこの食品を食べないことだ。もとより、そんなCMを行う食品は、肉食であったり、過剰な食欲をそそるための刺戟的な味付けがしてあったり、化学調味料も多量に使われているだろうから、正しい感覚を持つ人々は見向きもしないだろう。しかし、そんなCMを面白がり、その食品を「美味しいから」「安いから」といって喜んで食う者達は、心身共にますます汚れていくだろう。
そして、彼らを目覚めさせるという、見えないものの慈悲深い配慮により、彼らは心身を病み、苦しみを味わうことになる。それでも分からなければ、恐るべき悲惨に陥るしかない。
しかし、人間は、そうなる前に、物質主義、唯物主義に対する疑いを起こせるはずなのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ