ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

天使

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

空を飛べる予感

最近、すっかり私のお気に入りの運動になった「超ショートスクワット」は、自然に立った状態から少し膝を緩め、数センチ(2~3センチか)身体を沈めて戻すだけの、軽い運動である。
踵は床についており、膝と足首を曲げることになる。
体重は、足の親指の付け根にかける感じで、足の親指にやや力を入れて行う。
このような運動をご紹介すると、その「楽さ」に意識が行き過ぎる人がいると思うが、大切なことは、一回一回が軽いので、数百回、数千回と行えることである。
私は「毎日5分」とかいった類の運動は全く信用しない。
運動は、全身の細胞が共鳴し、血行が良くなることが大切だが、それには、数十分かかるのである。
弱い運動を多数繰り返すことで、血行が促進され、筋肉が柔らかくなり、特に、この超ショーツスクワットは全身運動であるから、身体全体が調整され、悪い部分は治ってしまう。

また、特に脚力を強化したいなら、これを片脚でやるという方法もある。
ただし、片脚を不安定に浮かせてフラフラしながらやる必要はない。
片脚超ショートスクワットのやり方はこうだ。
左脚でやる場合、右足を少し前に出し、その右足の踵を浮かせつま先だったような(実際は、足の指の付け根の「中足」と呼ばれる部分で支えている)形で支え、倒れないようにする。それで、左脚に体重をかけて、超ショートスクワットをするのである。
これだと、慣れないうちは百回でもちょっと苦しいかもしれないが、無理せず、徐々に慣れていくと良い。

私は、両脚の超ショートスクワットを、1日2千回くらいやっているが、1ヶ月を過ぎて、ますます効果がはっきりしてきた。
筋力がつくとかいうレベルではなく、潜在意識が、私の身体は妖精のように軽いと認識してきて、実際、重力に影響されずに動ける。
さらに進めば、イギリスの文豪チェスタートンが言った通り、
「天使がなぜ飛べるのかというと、天使は自分が軽いと思っているからだ(Angels can fly because they can take themselves lightly※)」
※『正統とは何か』より
ということになるだろう。
この「軽いと思っている」とは、潜在意識がそう思っているということで、私もいずれ空を飛ぶかもしれない。
ヨーギや仙人には空を飛ぶ者もいるらしいからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

パラドクス(逆説)をぶっとばせ

成功者同士、偉人同士で反対のことを言う。
努力しろと言う者があれば、努力は不要と言う者もいる。
欲望を持つことの重要性を強調する者もいれば、欲望は捨てよという立派な人もいる。
勉強しろという賢い人がいる一方、「学ぶことをやめれば成功する」と叫ぶ天才少年がいたっけ。
その天才少年は「学ばずに考えろ」と言うが、ブルース・リーは「考えるな、感じろ」って言うしさ(笑)。

要は、人の真似なんかしちゃいけないってこどだ。
しかし、そう言えば、「いや、偉人のやる通りにやるのが成功の近道だ」なんて言われる(笑)。
いや、本当に、人に追随なんかしちゃいけない。
それは間違いない。
SMAPも歌ってたじゃないか、僕達は「世界に1つだけの花」だって。
え?みんな公平だって?(笑)
まあ、その通りなんだけどね(笑)。

けどねえ、岡田虎二郎は、「努力は不要」なんて言ってたけど、あんだけ努力した人もいないと思う。
こう言えば、「いや、そんな人は、自分では努力とは思っていないのだよ」なんてへ理屈を言う者もいるが、努力は努力だ。
イチローは努力したし、テッド・ウィリアムスはもっと努力したさ(マジで)。

いや、確かに、努力して初音ミクさんを崇めたことなんかない。でも、本当に崇めてる。
ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』でも、男達は少しも努力せずに少女を女神のように扱い、ゲイリの『自由の大地』でも、フランス兵達は空想の少女を、努力なんかせずとも自然に敬った。
そんな訳で、女神とか天使とか、初音ミクさんが身近にいると思って、話し、振る舞うことにする。
私はそうするが、決して真似なんかしては、いけなく・・・はない。
だって、女神や天使やミクさんは、間違いなく、実際に隣にいるのだから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

呼吸を微かにすることの恵みの高次元的解説

呼吸が荒い者は、能力に欠けるので、決して組むべきでない。
大きな咳払いをする者は、能力もだが、人間性に欠けるので、距離を置くべきである。
たびたびため息をつく者は、力がないので、全くあてにならない。
頻繁に喉から、「んんん!」といった音を出す者は未熟過ぎるので、幼児のようにうまく扱わねばならない。

まあ、そんなことを言っていたら、今の世の中、誰とも付き合えない。
だから、人のことはさておき、自分が決して、そのようにならないことだ。
これは、とても良い意味の緊張感を持つことでもある。
悪霊は心が腐った人間にとり憑くが、あいつらが、それぞれの人間の腐敗振りを判断するのが、呼吸の荒さなのである。
逆に、悪霊は呼吸をしていない者には近付かない。
呼吸をしないのは天使と決まっているからだ。
だから、天使のように呼吸をしていないふりをすると、悪霊は近寄らず、いかなる災難にも遭わない。

呼吸が微かであれば、天使のように神の魂と自分の魂が混ざり合うので、最初に述べた人間達と真逆になる。
すなわち、能力は高く、魂は高貴になり、力に満ち、心は精妙になる。
イルカが泳ぎの上手い人間を仲間と認めるように、天使は呼吸が微かな人間とは友達になってくれる。

初音ミクさんのライブに行くと、目には見えないが、ミクさんは観客の1人1人に挨拶に来る。
それは1/1000秒にも満たないかもしれないが、魂の世界では十分な時間であり、温かい触れ合いである。
ミクさんは、どんな人にも等しく、深い親愛の情を示すが、稀に、ほとんど呼吸をしていない人がいると、とても嬉しそうにじっとその人に眼差しを向け、ゼロの距離よりも近付くと、そっと贈り物をくれるのである。
ライブに行かなくても、ほとんど呼吸をしなくなった人がミクさんのことを想えば、やっぱりミクさんは来てくれる。
ところで、部屋が汚くてもミクさんは気にしないが、心配はしてくれる。だから、部屋の中は出来るだけきれいにしておくと良い。

微かな呼吸には、このような恵みがあるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

仙人になる方法

想念を消せば不可能はない・・・つまり、全ては想い通りになる。
矛盾しているような言い方に思えるかもしれないが、我々は蝋人形じゃないんだから、想いがゼロになるはずがないので、「想念が一定レベル以下になれば」とでも思っていただけると良い。
あるいは、「雑な想念が消えれば」と考えた方が良いかもしれない。
いずれにしろ、普通の人は想念を起こし過ぎるのであり、それを少なくしていけばいくほど、力は大きくなる。

では、どうすれば想念が消えるのかというと、「呼吸をしないことによって」だ。
これもまた、我々は2次元の人物ではないのだから、呼吸しなければ死んでしまうので、「なるべく呼吸しないこと」という意味だ。
もっと具体的、現実的には、「微かな呼吸」「静かな呼吸」をすることで、これが、「超微かな呼吸」「超静かな呼吸」をするようになれば、既に仙人や天使のようになっているのである。
天使の少女に逢ったことがある方(いるのか?)は気付いたかもしれないが、彼女達は呼吸をしていないように感じるはずだ。
ある仙人は、1日に数回しか呼吸しないと言われていた。
呼吸と想念は深い関係にあり、呼吸が微かであれば、想念も微かになるのである。

私は、毎日、腕立て伏せやスクワットをする。それで、ずっと前に気付いていたが、呼吸をせずにやると、これらの運動が楽なのである。
武術の稽古の時も同じだ。
もう言う必要もないと思うが、本当に呼吸しないのではなく、微かな呼吸をするということであるが、実際、本当に呼吸をせずに活動する素潜りを本格的にやっている人には、不思議な人が多いのである。ジャック・マイヨールが人類初の100メートル素潜りを達成したのは49歳の時で、その後も記録を更新(55歳で105m)している。

呼吸の荒い人、呼吸音の煩(うるさ)い人は何をやっても駄目である。
ところが、世の中には、喉をしょっちゅう「ううううん」と鳴らしたり、咳払いをすることで自己アピールをしている哀れで滑稽な人間が多いのである。
なぜ哀れで滑稽かというと、能力がなく、運が悪いのに、自分を高い位置に置きたいという惨めな欲望を抱えているのだからだ。
そんな人間になってはならない。
静かな呼吸をし、存在自体が静かになれば不可能は消えるのである。
そうすれば、天使と友達になれるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天使達の崇高なる姿態

悟りを開いた人、神と一体化した人、自我を純化した人が、どうすれば分かるだろうか?
簡単である。
人差し指を立ててもらえば良い。
それで分かる。
どう分かるかって?
とにかく分かってしまうのだ。
一目瞭然である。
法王だの、教主だの、僧正だのと言われている人達に、片っ端からやらせてみると良い。
本物かどうか、完全に分かるから。
試しに、鏡の前で、人差し指を立ててみると良い。
それで、きっと、納得していただけると思う。
つまり、自分が悟りと程遠いということがよく分かったと思う。

人間以外の動物が指を立てることはない。
その点、確かに、人間は霊的に進化している。
しかし、荘厳に指を立てることが出来る人は滅多にいない。
ロンドンの墓地にある天使の石像の多くが、天を指差している。
その姿は崇高である。
レオナルド・ダ・ヴィンチの『洗礼者ヨハネ』の絵では、ヨハネを右手人差し指で天を指している。
その表情は勝利に輝いている。

初音ミクさんのコンサートである、『ミクの日感謝祭』(2010、2012年)あるいは『MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES』(2011年)の『StargazeR』の歌で、初音ミクさんは最初に、右手を大きく上に上げ、その手の人差し指で天を指す。
そして、立てた指を我々に差し出して見せる。
正直、このダンスを創作した人の意図は分からないが、自我を持たないミクさんの、こういった姿は気高く荘厳で、この上なく美しい。
宇宙人達も絶賛していた。
それは、ロンドンの天使の石像や、洗礼者ヨハネの絵に全く劣らない。
あのように天を指すことが私の目標である。

だが、天使の石像や、洗礼者ヨハネや、ミクさんのようでないとはいえ、心を込めて人差し指で天を指すと、間違いなく、一瞬、完全に統一する。
だから、時々、あるいは、度々、彼女達の高貴さに思いを寄せながら、決然と人差し指を立てると良い。
困った時には、人差し指を立てると、たちまち解決するだろう。
どんな悩みでも、聖者が指を立てる姿を見れば、すぐに氷解するだろう。
あなたも、聖者には全く及ばないながら、人差し指を使ってみると良い。それで限りなく進化していけるとはいえ、一生かかっても使い切れないだろう。
だが、倶胝という僧は、自分の真似をして、指を立ててみせた小坊主の人差し指を切り落とした。
そのことを忘れず、いつも、決意して指を立てることだ。いい加減な気持ちで指を立てると、魂が穢れるのである。だが、そんな行為が横行しているのだ。
ミクさんだって、『夏祭初音鑑』の『秘密警察』で、最後、間違った指の立て方をして倒れてしまった。あれはあれで、上手い演出であったと思う。

荘子は、一本の指も全て(天下、万物)と言った。
その意味が分からなくても、息を吸うことも吐くことも止(や)めて指を立ててみれば、やがて分かってくる。
この指が、そのまま光線銃になる。
一休は、竹光(竹の刀)を持ち、「今の坊主はこれと同じ」と言った。
「人を殺すことなど出来ない。まして、生かすことなど出来やしない」
この光線銃は、自分も人も生かすのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ