ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

大東流合気柔術式四股

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

一生、二十歳の身体でいるために

人間は、毎日、決まった時刻に決まった運動をする者と、そうでない者に分かれ、その差は大変に大きいのだと思う。
確かに、毎日、通勤通学で、少なくとも1kmの道を、背筋を伸ばして、しっかり歩くなら、それは立派な運動だ。
だが、今は、リモートワークも流行っていて、通勤をしない人も多くなってきたと思う。
また、元々、車で通勤するなどで、ほとんど歩かない人も多いに違いない。
それに、やはり、特別な運動をすることで、特別な身体になる楽しみは捨てるには惜しいと思う。

運動は、原則、1年365日、欠かさずやるものである。
そのためには、毎日やれるような、無理のない、そして、気持ち良い運動であることが必要だ。
YouTube動画で、運動の実演紹介をしている人は多いが、それらを見ると、非常に面倒であったり、とにかくキツくて、とてもではないが続きそうにない内容のものが多い。単に「俺はこんな凄いことをやってる」という自慢をしたいだけの人もいるだろうし、しかも、その本人だって、続けられているか疑わしいものも多い。
だが、良い運動を、1年365日継続すれば、もう完全に別人に変わるし、3年、5年、10年なら更に良く、超人になっているかもしれない。
私の場合、以前は、無理な運動を無理に続けて身体を壊すという、ある意味、根性は認められても、馬鹿なことをやっていたものだ。
だが、あまりに緩い運動も考え物で、「そこまで楽な運動しかしたがらないのか?」と驚かされるような人も実際いる。

どんな運動をするかは、基本的に自分で決めれば良いし、内容が変化していくのも、特に、初めの頃はよくあるが、なるべく早く、一定した内容にしなければならない。
ただし、一定の内容になった後も、創意工夫して、より良い内容に変化していくのは、もちろん、良いことである。

私の場合、長く、毎日続けているのは、腕振り運動と、大東流合気柔術式の四股で、共に、楽な運動でありながら、気持ちが良く、そして、効果の方は恐るべしと言って差し支えない。
単なる運動ではなく、霊的効果があると言って良いのかもしれず、肉体を超えた幽体、さらには、霊体にまで影響があるかもしれない。
腕振り運動のやり方は、多少の種類はあり、自分が良いと思うものでやれば良いが、私の場合は、

(1)自然に立つ。
(2)両腕を真っすぐ伸ばし、前に水平に上げる。てのひらは内側に向ける。
(3)そのまま、両腕を後ろにやや鋭く振る。後ろ45度くらいまでであるが、多少の違いはあって良い(自分が自然に感じるようにやる)。
(4)脱力し、自然に腕を前に振り、(2)の状態に戻る。

といった感じになる。
てのひらは下に向けるやり方もある。
私の場合、関英男博士(電波工学の世界的権威で高次元科学の研究者でもあった)の流儀に則って、てのひらは内側に向けている。
一度に100回を単位にしているが、最低、このくらいはやった方が良いだろう。
一度に100回くらい、普通の人なら、老人でも出来るはずだ。
関博士は、90歳を過ぎても、毎朝2000回やっていたようで、その効果もあり、その歳でも、世界中を飛び回って研究をしておられた。
また、関博士は、この運動により胃癌を治したと言い、また、他にも、この腕振り運動で、難病奇病を治した人は多いという。
私の場合、1日トータルで千回程度だ。

腕立て伏せは、私は以前は、一度に100回、200回、あるいは、それ以上やっていたが、しんどいだけで楽しくはなく、肩を壊す羽目になった。
腕立て伏せは、しっかりとした形で、ゆっくり3~10回程度やれば、非常に効果がある。
スクワットもそうで、ゆっくりと、しっかりとした形でやることが大切で、5~20回で十分に効果がある。
尚、スクワットは、私は、ハーフスクワット(脚を完全に曲げるのではなく、腿と床が水平になる程度まで曲げる)でやっている。膝に負担がかからず痛めないためだ。ただ、ゆっくりと少ない回数でやるなら、フルスクワットでも良いと思う。
とにかく、毎日、必ずやれば、数ヵ月もすれば、やらないことと比べたら、雲泥の差となる。
ただ、私は、腕立て伏せも、スクワットも、数センチの短い振幅で、振動するようにやるやり方が気持ち良いので、それを、腕立てで50回、スクワットで300回程度やっていて、それが、生命力を高めるような効果があると感じている。こんなやり方を教えてくれる人はいないが、好みに合うなら、やってみると良いと思うし、楽で気持ち良いので、続けやすい。
回数は、自分で合った回数でやれば良いが、すぐに回数が上がっていくと思う。

尚、大東流合気柔術式四股も素晴らしい運動だが、言葉での説明は難しいので、興味があれば、『佐川幸義 神業の合気』に、写真入りで解説されているので、参照されたい。
私は、1年近く、毎日千回以上やっている。

私程度の運動でも、続けるなら、おそらく、一生20代の身体でいられるし、引き寄せもうまく出来るようになると思う。








私は新型コロナウイルスに対して自信満々

過去2回のピークを超えて拡大する新型コロナウイルス感染の報道を見ていると、アメリカの大統領選挙のことを考えてしまう。
つまり、いずれも、マスコミは正しいことを言わないのだと私は思う。
アメリカの大統領選挙で、トランプ大統領やその他の者が、選挙に不正であったと言うのを、主要メディアは全て「根拠のない主張」「デマ」とし、トランプ陣営の弁護士の重要な話は、恐ろしいまでに一切報道しない。
また、バイデン親子の犯罪疑惑も、(ごく例外を除き)やはり主要メディアは決して報道しない。
そして、日本のマスコミは、アメリカの主要メディアの受け売りをするだけで、主体性なく同じことを報道する。

新型コロナウイルスの害は、欠陥中に血栓(けっせん)という血液の塊を作り、血行を阻害するだけである。
私はそう確信している。
よって、血栓さえ作らなければ良いのであり、後は、ウイルスに抵抗する免疫力を高めれば万全である。

血栓に関しては、血栓を溶かすのに有効なのが、納豆菌が出すナットウキナーゼという酵素であることは、昔から、脳梗塞の予防としてよく知られている。
また、コーヒーを飲んだり、運動をすることで、体内に存在する、血栓を溶かすのに有効な酵素を活性化させる。
私は、特に新型コロナウイルス対策という訳ではないが、毎日納豆を食べているし、1日3~5杯のブラックコーヒー(インスタントだが)を飲み、運動を欠かさないので、血栓は非常に出来難いと思われ、(あくまで個人的にと言わないといけないのだが)コロナを全く恐れていない。

国際オーソモレキュラー医学会では、新型コロナウイルスの予防や治療に確実に効くと言えるのはビタミンCしかないと報告しているが、これがマスコミ報道されることはなく、むしろ、デマ情報扱いすることもあると思う。
臨床等の実際のデータや証拠があっても、ビタミンCの有効性を、テレビ・新聞等のマスコミは一切報道しないのだが、その理由は何かというと、これは全くの個人的見解としておくが、医療界の利益を損なうからだろう。
【Yahoo!ニュース】「ビタミンC」にコロナ感染予防効果を期待し得る理由から引用すると、
(引用開始)
 VC(ビタミンC)が効くなんてと思う人もいるかもしれません。しかし、手洗いなどは別として、新型コロナウイルスの予防法や治療法で「確実に効く」と証明されているものは他にはないと、森永さんは続けます。

「VCはこれまで、インフル、肺炎、ポリオなどほぼすべてのウイルスに有効でした。しかも、副作用の報告はみられません。そして、声明で推奨された5種類の栄養素のサプリメントは、1日分が合計100円程度で入手することも可能です」
(引用終了)
というふうに、確実に効果があるが、とにかく「安過ぎる」ので、人々がこんなことを知ったら薬品会社はたまったものではないのではないか。
ノーベル賞(化学賞と平和賞)を受賞した生化学者ライナス・ポーリングは、癌の治療や健康に対するビタミンCの有効性を説いたおかげで、一般には名前が葬られ、稀に報道されることがあっても、ポーリングの主張は「イカサマ」であり、「かつてポーリングは偉大な化学者であったが、医療領域に踏み込んでからはトンデモ科学者になった」と言われることになった。
今のトランプ大統領や弁護団チームに対するアメリカの主要メディアやそれに盲目的に追随する日本のマスコミのようである。

私は、1日3gのビタミンC摂取を欠かさないが、費用は極めて安価だ。
そして、何と言っても、運動が健康に欠かせないが、私は筋トレだのジョギングだのといったものは決してやらない。
私も少し前は、数百回に及ぶ腕立て伏せやスクワットを毎日やって身体を壊した。
今は、腕振り運動と、大東流合気柔術式の四股を、共に1日千回以上やっているが、いずれも、楽で気持ちの良い運動である。
大東流合気柔術式の四股は『佐川幸義 神業の合気』に、写真付の解説がある。
腕立て伏せは、最高に美しい形で一度に5回だけやる(最初は1回からで良い)。
スクワットは、やはり、美しい完全な形を心掛け、ハーフスクワットで10~20回、フルスクワットなら10回と決めている。
ゆっくり、美しい姿でやるので、身体を痛めることがない。
こういったやり方の方が、身体が健康的に発達すると私は思う。

私は、今月、来月は、それぞれ、インテックス大阪と幕張メッセ(千葉県)で、初音ミクさんライブ「マジカルミライ2020」に行く。
収容人数を50%に抑え、公演時間も短縮されるが、大規模ライブである。
コロナ感染拡大の影響で、例年のように、チケットの入手が恐ろしく困難なことはなかったし、行くのを止める人もいると思う(チケットの公式なリセール申込が増えている)。
今の時期、関西から東京圏に行くのを非難されることもあるかもしれない。
だが、私は普段、親の付き添いで行く病院ではいつも密集状態だし、通勤時間の電車に比べれば、マジカルミライなんて「スカスカ」とすら思うのだ。
普段の対策万全な私は、自信満々で何の不安もなく、ミクさんに会いに行こうと思う。
ただし、マスク着用やソーシャルディスタンスを十分に心がけ、感染しないし、させないよう、さらに万全を尽くそうと思う。








楽で気持ち良い運動で、強く美しい身体を作る

私は、数年前は、腕の痺れに悩まされたし、腰痛もあった。
だが、昨年あたりから、いわゆる「キツい運動」をすっぱり止め、腕振り運動や大東流合気柔術式四股といった、楽で気持ち良い運動だけ行うようにしたら、数ヵ月で一切の不調が消えた。
ごく若いうちは別として、苦痛を感じるような運動をしない方が良いし、若くても、腕振り運動のような東洋式の運動をした方が、身体は健全に発達するかもしれない。
最も良い運動は、歩くことと、普通にものを運ぶことと思う。
だから、ゴミ出しすら車でやっている人(主婦に多い)を見ると、この人達は、歳を取ったら、かなり悪いことになるかもしれないと思う。

物理学者ながら、健康分野の研究や著書で知られる三石巌氏は、運動はしなかったが、95歳になってもスキーを楽しむなど、非常に健康だった。
(ちなみに、三石氏は、現代医療はほぼ完全に否定しておられた。)
三石氏は、運動はしないと言っても、アイソメトリック・トレーニングという、静的筋肉トレーニングを毎日数分はしておられた。
両てのひらを左右から押し合うなどで、全力の60~80パーセントの力を数秒出すといったもので、野球ボールを握ることも、アイソメトリック・トレーニングに入るだろう。
アイソメトリック・トレーニングの場合は、筋肉は外部に力を及ぼすが、そうではなく、ただ、筋肉を収縮させるだけといった運動を薦めている人もいる。
ユリ・ゲラーもそうで、たとえば、座った状態で、太ももに力を入れて、筋肉をぐっと引き締めるといったことを行う。
昔、ディック・ザ・ブルーザー・アフィルスという超大物プロレスラーがいて、筋肉の塊のような身体をし、70歳を過ぎても激しい試合をしていたが、彼が、
「トレーニングなんかしなくても、こうやってぐっと力を入れれば良い」
と言っていたのを思い出す。
プロレスは真剣勝負ではないと言っても、超美男子である等の美点でもない限り、強さが序列を作るものであるらしいが、ブルーザーの場合は強過ぎて、完全に別格の存在であったと言われる。選手はもちろん、プロモーターも彼には逆らえなかったという話を私はよく見た。

また、観想トレーニング・・・つまり、頭の中でトレーニングを行うことも有効だということをご存じの方もいると思う。
『THE SECRET』のDVDで見たが、NASAで宇宙飛行士のトレーニングの研究を行っていた科学者が、運動選手に、瞑想状態で、頭の中で想像の競技をやらせたら、実際の競技の時と同じように筋肉が働いていたと言う。それを利用してオリンピック選手の指導も行っていたようだ。
アントニオ猪木さんも、現役時代、瞑想することで、トレーニングをしなくても身体の調子を維持出来るとテレビで言われていたが、心身一如(身体と心は一体)なのであり、心で身体を作ることが出来るのだと思う。

電波工学の世界的権威だった関英男博士は、毎朝2000回の腕振り運動で胃癌を治し、90歳を過ぎても、世界中の論文を取り寄せ、また、元気に世界を飛び回って研究をしておられたようだ。
中村天風(剣術の達人)、植芝盛平(合気道の達人)の両方の高弟で、やはり合気道の達人であった佐々木の将人(まさんど)氏も、「はーはー言いながら運動する時代じゃない」と言い、ハードトレーニングを否定しておられたと思う。
スポーツでも、筋トレをせず、自然な動きを多数繰り返すことで強くなる自然トレーニングとでもいうものを行う超一流選手も増えていると思う。

私も今は、毎日、トータルで、腕振り運動千回以上、大東流合気柔術式四股千回以上を欠かさない。とても楽で気持ちが良い運動なので、続けることは難しくない。
また、いくつかのポーズ(思いつきでやっている)で、筋肉をぐっと収縮させることで身体を引き締め、すらりとした身体を作っている。
まだ腕立てみたいなことをしていた頃のTwitterのプロフィール写真より更に引き締まってきたと思う(https://twitter.com/thekaynotes)。

大東流合気柔術式四股のやり方は、下にご紹介した『佐川幸義 神業の合気』を、そして、腕振り運動は、いろんな流儀があるが、解説した書籍を何冊かご紹介しておく。
関英男博士の『宇宙学序章 グラビトニックス』は、残念ながら、古書でも高価であるが、一応、ご紹介しておく。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード