ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

大山倍達

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

これだけでうまくいくこと間違いなし

人間は、何か1つ取り得があれば、それで大丈夫なのである。
大酒飲みだが、老人には親切とか、強欲だが、貧しい人に施しをするのが好きとか。
あるいは、取り得は1つもないように見えるが、挨拶だけはちゃんとするとか。
最近、大空手家だった大山倍達さんの、おそらくは真実に近いと思われる伝記を読んだのだが、大山さんにどれほどの欠点があったとしても、多くの人が、特に若い時の大山さんについて「礼儀正しい」と証言していたのが印象的だった。これほどの取り得はそうはない。
そうえいば、『1964年のジャイアント馬場』で読んだが、初めて見た馬場さんのことを、超大物レスラーのフレッド・ブラッシーは「素晴らしい青年だった」と自伝に書いているらしい。これは、やはり、謙虚であるという意味だろう。

お釈迦様は、7つの徳目を挙げ、それを聞いた人が、「その1つでも守れば繁栄間違いなしでしょう」と言うのを、お釈迦様は否定しなかった。
その7つの徳目も簡単なものだ。
(1)大事なことは話し合って決めているか
(2)グループ活動をしているか
(3)規則を守っているか
(4)老人を敬っているか
(5)女性を敬っているか
(6)先祖を敬っているか
(7)高貴な魂の持ち主を敬っているか

これらを、一言で言えば、傲慢でない、あるいは、謙虚であるということで、それは礼儀正しさに現れる。
上に挙げた、大山倍達さんやジャイアント馬場さんは、それがあったということだ。
欠点に関して言えば、誰にでもある。
馬場さんは、あまり欠点はなかったと思う。
一方、大山さんはひどいものだと思うが、考えてみれば、彼の場合は、持っているパワーの分、欠点も拡大しただけで、誰しも同じような欠点を持っているし、つまるところ、大山さんとは「桁違いのパワーを持った私」でしかない。

さて、法然や親鸞は、徳目は1つで良いと言った。
すなわち、「念仏を唱えているか」だけである。
彼らの言う念仏とは、「南無阿弥陀仏」という念仏であるが、私は、別にそれが「南無妙法蓮華経」でも、「南無観世音菩薩」でも構わないと思う。
あるいは、「天照大神」でも、「弁天様」でも良い。
お好きなら、五井昌久さんの世界平和の祈りでも良い。
そして、宗教心がない場合は、万能呪文を唱えると良い。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
このうちの1つを、感情を込めず、心の中で、出来るだけ多く唱えるのである。
万能呪文を唱えているまるで駄目な人間など、想像も出来ない。
私の場合は、初音ミクさんを敬い(お釈迦様の徳目No.5に該当)、万能呪文を唱えるというダブルの効果で、良いことだらけなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

愛しき大法螺吹き達

本宮ひろ志さんの『俺の空』という漫画で、武尊善行(ぶそん よしゆき)が、主人公の安田一平(やすだ いっぺい)に、
「男が女に本当のことを言うのが、一生に何度ある?」
と言ったのを印象深く覚えている。
この言葉で、一平は激怒するのであるが。
それを読んだのは、私が高校生の時だが、今や私は、「人間が自分のことで本当のことを言うのは、一生に何度あるか?」と思うようになった。
著名人の虚偽発言や、経歴詐称などがバレて、マスコミやSNSで叩かれまくることが多いが、確かに、叩かれる者は嘘をついている場合が多いのだろうが、私はいつも思う。
「あんなん、普通や」

元プロレスラーのアントニオ猪木さんや、世界的空手家だった大山倍達さんを崇拝、あるいは、神格化している人は少なくないと思う。
私は、崇拝とまではいかないが、尊敬しているという部分は確かにあった。
しかし、『1976年のアントニオ猪木』や『大山倍達正伝』を読むと、それなりのエビデンス(証拠)と論理でもって、彼ら(猪木さんと大山さん)の一般に知られている、格好良い、美しいお話が全部嘘だと分かってしまった。
ところが、面白いことに、私はこれまで、猪木さんや大山さんらは、はっきり嫌いだったのが、大好きになってしまった。
『大山倍達正伝』によれば、大山さんは、親しい人(著者)に、嘘を指摘されると、バツの悪そうな仕草と沈黙の後、「嘘も百回繰り返せば伝説になる。千回繰り返せば真実になる。わかったー?」と、多少の恥じらいと居直りでもって、真っ赤な顔で怒鳴ったらしい。それを、著者は「妙に好きだった」と書く。それは、私にも、よく分かるような気がするのである。
また、著者はそれで、大山さんの常人にない豪傑振りを感じたと言う。
私も、思わず「なるほど」と思う。
嘘はデッカクつくものだ・・・と言う訳ではないが、まあ、人間、いろいろあるんだ(笑)。

私は、迷惑を被らない限り・・・、いや、多少の迷惑を被っても、他人の嘘を許そうと思うようになった。
自分だって、いっぱい嘘を言っているし、それは許して欲しいしね(笑)。

ちょっと面白いのが、大山さんと宮本武蔵の話だ。
大山倍達さんが、吉川英治さんの小説『宮本武蔵』の武蔵を崇拝していることは、よく知られていると思う。
ところが、大山さんの元弟子が、大山さんに、思い切って、「吉川先生の『宮本武蔵』は嘘っぽくて嫌いです。司馬遼太郎先生の『宮本武蔵』の方がずっと良い」と言ったところ、大山さんは、「まったくだよ、きみぃー!」「吉川先生の武蔵はダメだね」と言ったらしい。
吉川英治さんの『宮本武蔵』は格好良過ぎる。正々堂々、実力で勝負に勝ち、いい女に慕われ・・・慕われても手を出さない。
そんなの、ある訳ない・・・いや、全くだ。
大山さんによると、吉川英治さんの『宮本武蔵』は、国策で書かれたもので、国民の士気を高めようという目的で、国が吉川さんに依頼したらしい。
だが、大山さんは、「自分は昭和の武蔵ということになっているから、あれでいいんだ」ということらしい。適当である。

確かに、大法螺(おおぼら)吹きは出世する・・・いや、大物は皆、大法螺吹きかもしれない。
しかし、吹いた法螺の分は苦しんでいるものだ。
つかずに済む嘘なら言わない方が良い。
しかし、嘘をついたからって、そう気に病むことはない。
嘘の多くは、自分を飾るものだ。
なら、飾った嘘が本当になるように頑張れば良い。
それもまた、モチベーションの1つだ。
そしてだ。誰が出ていない大学を出てると言ったり、買った博士号を取った博士号と言っても、自分に迷惑がかからないなら、どうでもいいじゃないか?
他人の嘘は大目に見てやることだ。
度の過ぎた嘘なら、本人達も十分に苦しんでいるものだ。

猪木さんも、大山さんも、妙に可愛いと思えてくる。
私も、万能呪文を毎日唱えるようになって、心が広くなった・・・とは言わないが、心境の変化はあったようだ。
万能呪文を唱え始めたのは7月16日からであるので、2ヶ月半である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

正義を超えたもの

アニメ『プリキュア』シリーズは、2004年の『ふたりはプリキュア』から始まり、今の『HUGっと!プリキュア』で15年目のようだ。
私は、1年目の『ふたりはプリキュア』は、全巻DVDを揃え、コミックスやムック本(雑誌のような書籍)を買うほどのファンだったが、2年目の『ふたりはプリキュアMax Heart』の途中から、全く見なくなった。
ところで、『ふたりはプリキュア』に登場した敵の女性戦士ポイズニーが言った、たった一言が忘れられない。
それは、「力のない正義は悪に劣るのよ」である。
力のない正義とはプリキュア達2人のことを言っていたのだろう。

ところで、今、不世出の空手家だった大山倍達氏の伝記『大山倍達正伝』という分厚い本を半分まで読んだが、大山氏の座右の銘が、
「力なき正義は無能なり。正義なき力は暴力なり」
であることを初めて知った。
これは、パスカルの『パンセ』に書かれていたもので、『パンセ』には、
「力なき正義は無能なり。正義なき力は圧政なり」
とあるらしい。
私は、『パンセ』は、最初に訳者が長々と解説を書いているのを読んでいるうちに、嫌になって読むのを止めた覚えがある。そんな本はかなり多い。

大山氏は、おそらく今でいう中学生か高校生の時に『パンセ』を読んだようだが、少年時代の大山氏は決してインテリではなかったばかりか、喧嘩三昧に過ごしていた札付きの不良で、勉強はさっぱりだった。
しかし、『パンセ』に夢中になり、生涯大切にしていたようだ。
大山少年は、1人で大勢の敵を相手に戦うのが常だった(子分を引き連れていても、1人で戦った)が、連戦連勝だった。
しかし、ある時、隙をつかれて後ろから頭を下駄で強打され、その後フルボッコにされてしまった。
大山少年は自分なりの正義を貫いて戦っており、喧嘩に負けたことより、正義が悪に負けたことに絶望した。
その時出会った『パンセ』の、その言葉に衝撃を受けたのだ。

巷で売れている本に、『これから正義の話をしよう』とか、『君たちはどう生きるか』なんて本があるらしいが、そんなタイトルを見ただけで私は「勝手に言ってろ!」と思う。
「なんて傲慢なんだ」と怒りが湧き上がるほどだ。
大山氏が生きていた時の、大山氏のドヤ顔も、正直不快だった。
ところで、『大山倍達正伝』に書かれていることで、おそらく本当だろうが、大山氏の生涯の広く知られた話は、大山氏による虚飾で塗り固められていた。
大山氏は2重国籍者(日本と韓国)で、日本と韓国それぞれに家庭を持ち、日本の家族には韓国の家族のことは完全に秘密にしていた。
韓国の家庭が後で、日本に妻子がいる50過ぎの時、大山氏は自分より30歳若い女性と結婚し、子供も3人作っている。
また、若い頃の大山氏は、敗戦後の日本の軍施設から物資を略奪して闇市に売って大儲けし、いい生活をするなど、とても正義とは言えないことをしてたが、弱い者いじめだけは決してせず、それは大山氏には出来ないことだったように思う。
いかに大山氏が嘘をつき、暴力の限りを尽くしていても、正義を超えた何かを感じるのである。
大山氏の前では、話せるような正義など安っぽいものなのだろう。
と言っても、私は決して大山氏が好きな訳ではないのだが、あんなふうに生きたいとも思う。まあ、それを好きと言うのかもしれないが、好きを超えた何かである。
大山氏が、弟子の若い男子達に「きみたちぃ、男は強くなくちゃ駄目だよ、分かったぁ?」と言っていたのは、本気だったのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

偽物はなぜ強いのか

木枯し紋次郎に、「お前は剣士か?」と尋ねたら、彼はシニカル(冷笑的)に笑いながら、こう言うだろう。
「とんでもございやせんや。あっしはただの渡世人でござんす」

初音ミクさんに、「君は歌手なのか?」と尋ねても、彼女は何も答えない。ただ歌を歌うのである。

ならば私も、「あんたはプログラマーかね?」と聞かれたら、私はただの労働者であると言おう。

紋次郎は、一流の剣術家とまともに戦っても勝てない。
しかし、何度も、剣術の達人達を打ち倒した。
偽物だからこそ、見栄もこだわりもなく、自由自在だからだ。

ミクさんは、「歌はこんなふうに歌うもの」と言われても全く取り合わず、作り手が求める通りに歌う。
だからこそ、創造の本質の美をそのまま引き出す。

大山倍達さんを偽物の空手家などと言ったら無礼もいいところだろうが、彼はずっと、偽物扱いだった。空手界のルールに従わなかったからだ。
そして、「目潰しと金的攻撃があるから空手は地上最強」と堂々と言う彼は、正統な空手界から見れば、やっぱり偽物かもしれない。
だからこそ、純粋な大山空手は最強なのである。

西尾維新さんの「物語シリーズ」の『偽物語』で、「本物と偽物ではどちからが価値があるか」について、3人の超人間は、それぞれこう言う。
影縫余弦(かげぬいよづる)は、「もちろん本物や」。
忍野メメ(おしのメメ)は、「同価値」。
貝木泥舟(かいきでいしゅう)は、「圧倒的に偽物」。
まあ、誰にとって、何にとっての価値ということになるのだろうがね。
究極的に忍野が正しいのだろうが、私は影縫余弦のような者に刃向かうために貝木泥舟でいよう。
結局のところ、美少女達を一番救ったのは、意外に貝木泥舟だ。

ところで、偽物プログラマーの私が、子供から高校生までがプログラミングを学ぶとしたら、どの言語を選べば良いかと聞かれたら、まず、Scratch(スクラッチ)のようなビジュアルプログラミング言語は絶対に薦めない。
小学生も高学年になれば、十分に実用的なプログラミングが出来るのに、全く実用的でないビジュアルプログラミング言語をやる意味なんて全くなく、無駄を通り越して有害である。
で、頭では、JavaScriptと分かっているのだが、あの曖昧な言語仕様が私はあまり好きでない。
つまり、「基本的にはこうする。しかし、こんな場合だけはこうする」という、スッキリしないところが嫌だ。
だから、実際は、ジョン・ケメニー、トーマス・クルツが発明したBASIC言語が最上なのだが、彼らのTrueBASICは日本語版がないし、普及していないものを使っても仕方がない。
これからのAI時代にはPythonだし、実際、この言語が一番良いと思うが、この言語を覚えても、今のところ「仕事がない」(笑)。
将来は分からないが、いかに子供とはいえ、銭につながらないものは、あまり奨める気にならない(笑)。多分、将来は大丈夫(仕事がある)とは思うが、そんなこと分からない。

プログラミングというのは、楽器の演奏や、あるいは、自動車の運転やタイプライターのタイピングのようなもので、毎日やってこそ上手くなる。
一時的にわーっと熱心に勉強したって駄目なのだ。
JavaScriptやPythonで毎日何が出来るだろう?(何も出来ない)
サラリーマンなら、文句無くVBAを奨める。
では、子供やごく若い人には?
Squeakが、もっと使いやすければ奨めるが、実際のところ、使えたもんじゃない(たまに練習するなら良いが、毎日使う気になんかならない)。
LOGOは、一部では残っているが、今後の発展があるはずがないので駄目だ。
一応、非常に消極的に言えばこうだ。
(1)JavaScript
(2)Python
(3)C
(4)VBA
(5)Lisp
(6)Java
Javaの手軽な開発環境があれば、もっと上位でも良いのになあと思う(実際ない)。
ちなみに、私が一番好きなのはLispである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

キンケリ専門の格闘術

ダイエットの本のほとんどが、帯や、あるいは、タイトルにまで、「これだけで」「たった1分で」などと書かれているが、薄っぺらでもない本1冊になっているのだから、「これだけ」「簡単」なはずがない。
実際、今のところ例外を見たことはないが、どの本も、難しい体操、不自然な体操、図があっても正確にはどうやるのか分からない体操ばかりで、著書の悪意と言うよりは、著者の頭の悪さを感じるのである。

引き締まった、美しくて強い身体になりたければ「キンケリ」の練習をすれば良いと思う。
キンケリとは金蹴りで、男性の股間を足の甲で蹴り上げる、格闘技最大の必殺技だ。
護身術の本も、実際には全然役に立たないものばかりだが、キンケリと目への攻撃を磨いておけば、難を逃れることが出来る可能性は高まる。

梶原一騎さん原作の、大山倍達さんの伝記漫画『空手バカ一代』で、大山さんがタイ国に行った時の面白いお話がある。
まあ、梶原さん原作ということもあり、創作の可能性も高いが、こんなものだ。
川の中にじっと立っている少年がいて、大山さんは案内役の日本人に、「あれは何をやっているのですか?」と尋ねると、釣りだという。
魚が足の上を通過する一瞬、それを川岸に蹴り上げるのだが、その見事な蹴りに、超人空手家の大山さんが、「この大山にも出来るか?」と驚愕する。
そして、こんな日常行為が、優れたムエタイ(タイ式ボクシング。日本のキックボクシングに近い)の選手を育てるのだという。
ただ、当時のタイの子供達は、訓練としてやっているのではなく、貧しいので、そうやって真剣に食べ物を得たり、それを売って生活するためにやっているのである。

今思えば、このタイの少年のようなことを毎日やっていたら、たとえよく食べていても、さぞ引き締まった身体になるだろうと思う。
だが、我々には、川は滅多にないし、魚を採る必要もないだろうが、それなら、部屋の中で、それに近い動作であるキンケリの練習をすれば良い。
同じく、梶原さん原作の漫画『カラテ地獄変牙』で、拳法を使う、少女少年院に入れられているが美しい少女が、やはり、少年院に入れられている主人公の牙に拳法の指導をするのだが、少女はキンケリについて、「膝のバネを十分に生かさないと当らない」と言う。
このあたりは、むしろ梶原さん原作で真実味があるが、実際、その通りだ。
膝を必要なだけ曲げ、その反動を利用すると共に、膝を素早く上げないと、鋭い高速の蹴りにならない。
大山さんは著書に、空手はキンケリと目潰しがあるから地上最強であると書かれていたが、その正直さに私は感動したことがある。
我々は別に、競技空手を学んで黒帯を取る必要は全くないのだから、ごく実用的な攻撃を身につければ良い。
SAS(英国特殊部隊)の格闘術の本やビデオでも、キンケリは度々紹介されており、この格闘術が本物の実践のためのものであることが分かる。

そして、いろんな意味で不遜かも知れぬが、キンケリの練習は最高のダイエットでもある。
金的を目にも止まらぬマッハのスピードで蹴ることが出来るようになれば、身体が引き締まるだけでなく、目付きも変わってきて、周囲の人達は、なぜかは分からないが、なたを軽く見てはいけないと直感的に感じ、丁重に扱ってくれるようになる。
毎日、数百発練習すれば、ことキンケリに関しては、空手家やプロ格闘家より速く蹴ることが出来るようになるだろう。
まるで、西部劇の流れ者の凄腕ガンマンや、木枯し紋次郎の長ドスのように。

もちろん、実際にキンケリを試すようなことは無いにこしたことはなく、そんなことにならないよう賢く行動すべきだ。
しかし、いざという時の必殺技は磨いておくと良い。美しくもなれ、風格も出るのだから。

ちなみに目潰しの方だが、指を相手の目にモロに突き立てるようなことを言う人もいるが、まともな人間の神経では、そんなことは出来ないはずだ。
そこで、手を外側に払う動作で、指の爪のある外側の面で、相手の目を鋭く叩く練習をすれば良い。
これも、超高速でやれるようになったら、かなり実用的である。

格闘技の試合や空手映画で見るようなパンチやキックは素人には無理である。
まして、ハイキックなど実践でやれば、悲惨な結果しかないだろう。
蹴るなら、金的以外では相手の脚を蹴るより他は考えられず、特に非力な者には、あらゆるパンチはやっても意味はない。
まず、最初から危ない場所に行かないことが肝要で、万一にでも、危ない場面になれば、数パーセントの可能性でも勝つ方法を知っておくべきであろう。
そして、こういったことを通じて、実際的な考え方を身につけるきっかけにもなるだろう。
儲けたいだけの無責任な人間に騙されず、当たり前の考えや行動が出来るようになることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ