ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

大山倍達

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

最高の超一発芸を持て

高度な一発芸を1つ持っていると人生が変わるかもしれない。
ただし、検索して出てくるような一発芸、例えば、「芸能人の真似」「スーパーマリオのジャンプ音を声で」「手を使わず眼鏡を外す」など、単に面白いだけで、「凄さ」を感じさせないものでは、「その場限り」で終わるどころか、自分のイメージも立場も下げてしまう。
あくまで、畏怖される・・・とまでは難しいかもしれないが、「ただ者じゃない」「すごい」と印象付けられるものでなければ駄目だ。

漫画・アニメの『忍風カムイ外伝』で、大雨で十人ほどの人間が1つの建物に避難している中、薪を動かしたら隠れていたマムシが浪人に飛び掛かってきたが、その浪人は、見事な居合でマムシを切り捨て、カムイすら、その腕を認めた。
我々が持つべきは、そのようなパフォーマンスだ。
世界で名を知られた空手家だった大山倍達氏は、ガラス製のビール瓶の首を空手チョップ(手刀打ち)で切断したり、硬貨(日本では十円硬貨)を指で折り曲げたりのパフォーマンスで、人々に自分の強さをしっかり印象付けた。大山氏と親しかった梶原一騎氏が原作の漫画では、ヒーローの空手家が、よく、これらの技を披露した。
ユリ・ゲラーのスプーン曲げ、プロレスラーのダニー・ホッジやフリッツ・フォン・エリックのリンゴ握り潰し(力士でも得意にしている者がいるようだ)など、他人には出来ないデモンストレーションを有効活用して成功した人は多い。
ここまでのものは、さすがに我々には無理でも、自分にしか出来ないパフォーマンスは身に付けられる。

私は、ごく若い頃から、そういったパフォーマンスが好きで、いろいろマスターした。
それらの技は、引きこもりで、何の取り柄もない私が、大袈裟に言えば、世の中を渡ってこれた武器の1つになったと思う。
高校生の時にマスターしたのが、ハリウッド俳優で、私が一番格好良い男と思っているジュリアーノ・ジェンマが映画の中でよく見せたネック・スプリングだ。
これは、仰向けに寝た状態から、膝を上に上げながら身体を丸め、首を支点に、一気に身体を伸ばして跳ね、ぱっと立つというもので、元体操選手だったジェンマは、これを楽々やれた。
私は、かなり練習した後、出来るようになった。手で補助すれば、割と簡単と思う。
まあ、普段、一瞬でも、地面や床に寝転ぶことはほとんどないので、披露する機会はあまりなかったが・・・
他にも、名刺による割り箸切り、スプーン曲げなど、いろいろマスターしたものだ。
女の子相手専用のものとしては、立った女の子の頭の上を、自分の踵を通過させる(回し蹴りに似ている)ことも得意だったが、こんなことをやっていたので、大学生の頃、小学生の女の子が沢山遊びに来るようになってしまったのかもしれない。つまり、せいぜいが小学生向けってことか(笑)。

昔の、BASIC標準装備のパソコンなら、数分で見事なグラフィックを表示するプログラムを作って驚かせることも出来たが、今、JavaScriptでそんなことをやろうとしたら、やや時間がかかってしまう。
私の場合、ついでに、タイピングの速さで驚かせたことがある(ただし、2本指タイピングだが 笑)。

適切な場であれば、聖書の詩編23や91を暗唱してみせれば、かなり心を引くことが出来る。
残念ながら私ではないが、ある(ちっとも格好良くない)男が、これで超美少女となんごろになったという、非常に忌まわしい思い出がある(笑)。
一方で、数学や物理学の大学や大学院を出た者が、すぐに、数学ネタ、物理学ネタを出してスベるのもよく見た(笑)。解り難いという理由より、「教科書に書いてあることしか知らないんだ」「空気読めないんだ」という呆れと哀れみの方が大きくて、まあ、さっぱりモテないようだ。
ただし、数学、物理学ネタも、適切な内容とタイミングであれば、必ず素晴らしい効果があるが、それには、センスや頭の良さが必要になる。数学や物理のテストの点が良い者が頭が良いなんてのは大誤解だ。

あなたも、是非1つ、素晴らしいパフォーマンスを身に付けると良い。
わかり易く、短時間で出来、そっとやそっとでは誰にも出来ない、能力の高さが解る・・・そして、鮮明なものが良い。
そして、そんな技を磨くことで、実際に能力も高くなるのである。

ところで、一番素晴らしいパフォーマンスは引き寄せだ。
映画『ザ・シークレット: デア・トゥー・ドリーム』で、大学教授にして引き寄せマスター、ブレイ・ジョンソンは、驚くべき引き寄せパフォーマンスを何度か見せた。
ミランダの3人の子供達に、「今、欲しいものは」と聞くと、子供達は「ピザ」と答え、「どんなピザ?」と重ねて尋ねると、子供達が詳しく説明する。
すると、突然、ドアをノックする音がし、ドアを開けると、ピザ配達人が、その通りのピザを持ってきていた。
こういったことだって、実際に出来るのである。








気分が良い時は心は静かである

日本航空の社長や日本銀行(にっぽんぎんこう)の副総裁を務めた柳田誠二郎氏(1893-1993)は、学生の時に、「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎(1873-1920)の弟子になり、生涯、岡田式静坐法を続け、また、岡田虎二郎に関する書籍を何冊か書いている。
そのどれかの本だったが、岡田虎二郎にある男性が、自分は金に困っていると言ったところ、岡田は確か、「金?腹に力がつけば、金はいくらでも出来ますよ」と応えたようである。
「腹に力がつく」とは、何とも分かり難いのであるが、岡田式静坐法では、腹に力を込めて静坐するのであるが、岡田は、静坐とは、実際に座っている間だけでなく、1日中やるものであり、常に腹に力を入れていなければならないと教えたらしい。
これは、なかなか難しい。
中村天風は、1日中、肛門を引き締めよと教えたことが、中村天風の講演録にも書かれているが、これと似たものと思う。
しかし、こう断言して良いだろう。
そんなの、両方、不可能だ。
ある有名な気功家は、1日トータルで1時間、肛門を引き締めよと本に書いているが、これすら非常に難しい。
私もやってみたが、1日10分でも続かないと思う。
だが、中村天風は、それをやらないといけないと譲らない。

中村天風の高弟の1人で、神道の神官でもあった佐々木の将人(まさんど)氏は、そこまで無茶は言わなかったようだ。
彼は、武道において、人差し指が「師匠預けの指」として、使ってはならないこと、即ち、人差し指を開き、小指に力を入れることを教えたが、そうすると、肛門は自然に引き締まる。
だが、それとて、木刀を持っているような間のことで、普通の人は木刀を持つ機会はないし、カラオケでマイクを握る時は、小指を立てることすらあるくらいである。
一方、中村天風の別の高弟であった、藤平光一氏は、中村天風の教えを否定し(中村天風自身が、自分の教えは忘れろ、これからは藤平に聞けと言ったと、藤平氏の著書に書かれている)、藤平氏は、『氣の威力』などで、腹に力を入れてはいけないとも書いている。
もう、こうなると、我々は弄ばれているようで、何が何やら分からない(笑)。
私も、散々、困惑させられたが、ニサルガダッタ・マハラジによれば、そういった、困惑させる人は必要だし、困惑させられることも必要なのらしい。

だが私は、腹に力を入れるとか、肛門を引き締めるということの真意を理解するに至った。
無論、私なりの解釈であるが、それは、「気分を良くする」である。
気分が良い時、霊的な腹に力があり、肛門に位置する霊的機関のエネルギーは高まる。
そこで、最初の、岡田虎二党の教えを正しく言い直すと、こうなる。
「金?気分が良ければ、金はいくらでも出来ますよ」
偶然というよりは必然であろうが、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』の神髄が、まさにこれである。
気分が良いとは、愉悦にあること、喜びに満ちていることである。
しかし、勘違いされることが多いが、それは、ハイであるといった、騒がしい状態ではない。
どちらかというと、非常に静かな状態、あるいは、徹底的に静かな状態なのだと思う。

「嘘も千回言えば真実になる」と言ったらしい人の言うことだから、どこまで信用して良いか分からないが、世界的な空手家であった、大山倍達氏の話が参考になる。
実際、以下は多分、作り話だとは思うが、似た体験はあったと思われるリアルさは感じるのだ。
大山氏が、真剣を持った剣の達人と素手で決闘した時のことだ。
大山氏は、死を完全に覚悟し、手足の1本でも残っていれば、相打ちに持ち込もうとだけ思い、突進していった後の記憶がないと言うが、気がついたら、剣の達人は伸びていて、自分は無傷だったという。
似たこんな話がある。
ボクシング世界タイトルの防衛回数で日本記録を持つ具志堅用高氏は、グスマンという世界チャンピオンを倒して世界チャンピオンになったのだが、グスマンのスパーリングを初めて見た時、そのあまりの強さに恐ろしくなり、緊張のあまり、試合の時、ゴングが鳴った後のことは覚えていないが、気がついたらグスマンは伸びていたという。まあ、これも、当時のマスコミが作っただけの話かもしれないが。
恐怖を持ったまま、心が揺れているままでは負けるが、それを飛び越えて無になった時に、無限の力を発揮するということと思う。

そして、気分が良いというのも、心がとても静かな状態なのだ。
だが、それを、今まで言われていたような、難行苦行の末に得るものと思ってはならない。
普通に気分が良ければ、心は静かになるのだ。
好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べた時に、ごく自然に得られる状態なのである。
ただ、音楽を聴いて馬鹿騒ぎをしたり、刺激的な食物を「がっつく」ような状態とは程遠い。
とはいえ、実に簡単なことである。
>








偉大なる嘘つき達

大物かどうかは関係なく、愉快な人生を送っているのは、状況を作り出す能力を持った者だ。
では、それはどんな者だろう?
それが、『8マン・インフィニティ』(講談社)5巻に書かれている。

その世界の戦いを決するのは“速さ”でも“火力”でもない!!!
勝利するのは・・・自ら状況を生み出す者!!!
より強い意思を持つ者だ!!!

尚、「その世界」とは、マシナリー(スーパーロボット)同士の戦いで、テクノロジーの粋を極めた世界でもそうなのだから、当然、人間の世界も、そうである。
では、「より強い意思を持つ者」とは何か?
これはもうはっきり分かっている。
「豪快な嘘つき」
だ。

以前、民進党の代表だった蓮舫さんが、安倍総理のことを、
「息をするように嘘をつく」
と言い、最近では、国民民主党総合選対本部長相談役の小沢一朗さんが、Twitterで、安倍総理のことを、
「平気で嘘をつく。嘘をついても平然とできるという一つの才能。」
とボコボコにしていたが、だから安倍総理は日本人の中ではトップの大物なのだ。
それに比べ、学歴詐称のようなつまらない嘘を、コソコソ、オドオドつくものは小物で、状況を生み出すのではなく、状況に押し流されて消えていくのである。

では、大物嘘つきの指南を受けよう。
その大物とは、世界中に空手ブームを起こした大空手家である大山倍達さんである。
その大山さんの伝記『大山倍達正伝』は、ぞっとするほど恐ろしいまでの労力をかけて書かれたものだ。
今朝も、その話をしたが、私の記憶違いもあったので、もっと正確に引用しよう。
この本の著者である、大山倍達さんのお気に入りと思われる元弟子が、大山さんの書籍間の矛盾を追及した時の話である。
大山さんの本は非常に沢山あるが、それらの本ごとに重要なことが矛盾していることは多い。
まあ、大山さん自身が本当に書いた本はなく、全てゴーストライターが書いたものだし、しかも、大山さんは、編集者に本の趣旨だけざっくり話し、「後はいままでの本を参考にして書いてくれ」と言っていたらしいが。
そして、重要なことでの矛盾について、その弟子が大山さんに問い詰めると、大山さんは真っ赤な顔で、
「そんなことはどうでもいいのよ。嘘も百回繰り返せば伝説になる。千回繰り返せば真実になるのよ。わかったー?」
と怒鳴るらしい。
しかし、元弟子は、そんな大山さんが好きだったと言う。
その、「どうでもいことだ」と言い放つ大山さんに、常人にはない豪傑振りを感じたと、元弟子は本に書かれている。

斎藤一人さんが、初期の頃の本(この頃は良い本が多かったw)『千回の法則』で、「幸せだなあ」と千回言えば状況が良くなってくるといったことを書かれている。
ところで、今、「幸せだなあ」と言うのは、大抵、嘘なのである。
しかし、大山さんが言われた通り、千回言えば真実になるのである。
会社の売上げを5倍にするなら、「5倍にするよ」と、やはり千回言えば良いとも、斎藤さんは書かれている。
これについては、私の近くでも、こんな話があった。
ある社長が「上場するよ」と言ったが、幹部も誰も信じない。しかし、その社長は「上場する」と言い続け、本当に上場したのだ。

だが、もっとミラクルな結果を求めるなら、過去完了形を使った方が良い。
これは、何度かお会いした発明家の政木和三さんがよく言われていたことだったし、ジョセフ・マーフィーも、そして、何より、イエス・キリストが、
「願い事は既に叶ったと思え。そうすれば叶う」
と言っている。
しかし、叶ったと思うことが難しいので、皆、願いを叶えられない。
しかし、人間の脳は、500回言えば信じるようになっているらしい。
それなら、姑息な心理学的テクニックみたいなものに頼らず500回言えば良く、1000回も言えば状況が変ってくるのだろう。








嘘も1万回言えば本当になる

自己暗示は、様々な目的で使われている。
身体や心の健康の増進や、病気の改善あるいは治癒。
性格の改善、能力の強化。
社会的・経済的成功。
これらを引き起こしたという事例は、その全てが事実ではないにしろ、膨大と思う。

医学的、心理学的に説明が出来る範囲のこともあれば、それらでは完全には、あるいは、全く説明出来ないような効果があったことが客観的に報告されたことも、かなりの数であると思う。
中には疑わしいものもあるだろうが、頭から否定することも出来ないものも多い。
それに、これまでは科学的、医学的、心理学的に説明出来ないことも、超心理学的、量子力学的に、かなりの程度の説明がされたり、仮説ながら、考慮に値する理論もあると思う。

その中でも、ナポレオン・ヒルが世界的に普及させた、思考が現実化するという考え方は、実績を積み重ね、今や事実と言っても差し支えないように思うが、これも、一種の自己暗示を活用するものであると思う。
また、フランスのエミール・クーエは自己暗示により、主に心身の状態を劇的に改善する手法で知られるが、その効果は社会的な成功にまで及ぶ。
クラウド・ブリステルやジョセフ・マーフィーらの、願望の現実化の手法は、時に神秘的に感じるので、全く受け入れない者もいるのだが、一方で、社会的地位や評価の高い人物の多くが、その威力を認めている。
チャンピオン・トーチェは、思考の現実化について、科学的な態度で『トーチェ氏の心の法則』を書き、好評を得たが、なぜか今では忘れられた感がある。
これらのどれも、根本的には、自己暗示が大きな役割を果たす。

自己暗示の欠点は、自分の考え方に反する暗示には反発が起こるということだ。
よく言われる例が、「私は金持ちだ」という暗示である。
この暗示により、まだ超自然的と考えられているかもしれない原因で金持ちになることが実際にあるし、そうではなくても、金持ちらしい態度が身に付いて、それが本当の金持ちになる道を開くことも考えられると思う。
しかし、現実には貧乏なのに、「私は金持ちだ」と自己暗示を行っても、心の奥から「そんなことは嘘だ」という声が上がり、そして、暗示はその心の奥の本音の方に従うので、下手したら、ますます貧乏になるとも言われる。
それに対し、エミール・クーエは、問題を特定化せず、さらには、未来のこととして表現することで、心の反発を呼び起こさない自己暗示を提示した。
それが、有名な、「毎日、あらゆる面で、私はますます向上していく」である。
この自己暗示は好評な反面、効果が出難いと考えられていると思う。
そこで、クーエのやり方を転用し、「私は金持ちになりつつある」という暗示を薦める人もいたが、実際は、成果は芳しくないはずだ。
一方、ある世界的な成功プログラムでは、「私は金持ちだ」と、現在形で断言せよと言う。
また、発明家で啓蒙家として知られた政木和三さんは、過去完了形、つまり、「私は金持ちになった」というのが良いと断言した。
しかし、いずれもあまりうまくいったという話はない。

ところが、事業家の斎藤一人さんが、核心を突くことを『千回の法則』で述べている。
それは、「千回言えばそうなる」である。
私は、1万回くらいで効果があると思う。

空手家の大山倍達さんは、確かに、恐ろしく強い空手家であったと思うが、海外でプロレスラーやプロボクサー、その他のあらゆる格闘技の強者と戦って全勝したというのは、かつては信じられたが、今は大半が創作・・・早い話が嘘だとバレているのだと思う。
しかし、『大山倍達正伝』で見たが、大山さんは、「嘘も百回言えば真実になる。千回言えば伝説になる」と言ったらしい。
冗談や言い訳に聞こえるし、本人も、そのつもりで言ったかもしれないが、妙なところで真実である。
実際に、大衆はその嘘を信じたし、何より、大山さん自身が、その嘘を信じたのだ。
その結果、彼の空手組織は世界的になり、総理大臣が組織に参加し、彼は少年達や若者を中心とした時代のヒーローになった。
良い意味でも、「嘘も百回言えば真実になる」。
だが、本当は、百回というのは少な過ぎ、千回でも少ない場合が多い。
念仏のように、子守唄のように、常に唱えれば本当になる。
ただし、感情を込めずに淡々と・・・が秘訣である。








自信は美徳

出来た!
・自信は美徳
・自信があれば実力は後からついてくる
・自信は幻想で良い

何でも良いから、自信があれば勝ちである。
引きこもりは、なぜ引きこもるのかというと自信がないからだ。ただ、それだけである。
自信は、何か1つで良い。

確かに、東大を出た(入ったで十分だが)というのは自信になる。
だが、東大出身者は、偏差値の割には成功しない。
なぜかというと、自信はツールであって商品でも売り物でもないからだ。
東大卒を自信にするのは良いことだが、それを売り物にし、それだけが売り物になり、それにすがると、必ず、売り物というのはこき下ろされるのだから、東大卒の自信がなくなるだけでなく、それがアイデンティティーになってしまっている自分に自信を失くし・・・ジ・エンドだ。哀れとしか言いようがない。

昔の『空手バカ一代』という、実在した空手家の大山倍達を主人公にした伝記漫画(ただし、創作が多くて自伝とは言い難い)に、こんな場面がある。
大山が、庭で鍛錬をしていたが、その中で、左右の親指だけを地面につけた逆立ちをする。
そして、妻に言う。
「親指だけの逆立ちが出来る間は、どんな敵が来ようが、まあ、恐れることはない」
私は、なんと美しい言葉かと思った。
しかし、「親指だけの逆立ちが出来る=無敵」の根拠などない。
それは、大山さんの自信であり、根拠のない幻想・・・言ってしまえば妄想である。
しかし、その自信が、大山さんを強く支えていたのだ。
また、別の本で(書いたのはゴーストライターだろうが)、「親指だけの腕立て伏せ百回出来れば無敵」のようなことも書かれていた。
大山さんが、指と実力との関係に確信を持ち、その指が徹底して強い自分に自信を持っていたのは本当ではないかと思う。
大山さんが、喧嘩ファイトで相当な実力があったのは確かで、その力の源は、やはり自信なのだ。

私も、こんな思い出がある。
信号無視で警察に捕まったが、当時、毎日欠かさずTM(超越瞑想)をしていた私は、「TMをやっている俺に逆らえるはずがないじゃないか」という、妙としか言えないが、そんな自信が湧き上がってきた。
もちろん、無罪放免であった。
TM自体の効用については何も言わない(私は今はやっていない)。
しかし、自信があれば、超能力で警官も支配出来ることが分かった。
その自信をつけてくれたTMを作ったマハリシ・マヘーシュ・ヨーギは大物である(実際にTMを作ったのは、彼の師であるらしいが)。

引きこもりは、何とか、1つのプログラミング言語をがっしり習得し、「プログラミングが出来る俺はイケてる」という自信を持てば、どこでも生きていける。
実は私がそうだった。
昔の話であるが、私は、BASICをマスターしただけでは自信が出来なかったので、苦労してC言語をマスターした。すると、「C言語が出来る俺って格好良い」と思うことが出来て自信がつき、後は何でもうまくいった。他愛ないものよのう(笑)。
今なら、Excelマクロ(VBAプログラミング)を十分にマスターすれば良いと思う。
いや、実際は、PHPでもJavaでも、最近流行のPythonやJavaScriptでも良い。
しかし、Excelマクロはすぐに実用になり、便利である。
今後、AIを作るのにも役に立つ。だがまあ、何でも良い。
筋トレでも良いのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード