ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

大山倍達

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人格とは何か

所詮、人間にとって大切なものは人格だ・・・なんて、何て古めかしくて堅苦しいこと言うのだろうと思われるかもしれない。
しかし、幸福や向上のための、いかなるテクニックや秘法を実践しても、人格が低い者は、所詮、駄目なのである。
問題は、人格とは何かだ。
よく、品格がどうの、誰の品格が低いのとわめき立てる人を見るが、そんな人が一番見苦しい・・・つまり、品格を感じない。
品格以前に人格である。
品格はファッションで、人格は身体なのだ。
身体が美しければ、何を着てもキマるように、人格が高ければ、自ずと品格も漂うものだ。

では、人格とは何だろう?
ユダヤ教、キリスト教では、「モーセの十戒」を守ることだ。
ただ、今の時代、この全部を守ることも無理がある。
だから、
「殺すな」「盗むな」「父母を敬え」「姦淫するな」「偽証するな」
を守れば十分であるし、1つを守るだけでも良いのである。
1つを死んでも守る人は、他のことも間違いない。
釈迦も、「繁栄のための7つの掟」を教えた。それは、
「何事も皆で話し合って決めろ」
「何事も皆で協力してやれ」
「伝統と格式あるルールを守れ」
「老人を敬え」
「女性を敬え」
「先祖を敬え」
「高潔なる人(修行者など)を敬え」
といったことだが、これを聞いた高官は、
「この1つでも守れば間違いない」
と言い、釈迦はそれを否定しなかった。

十戒や釈迦の掟でなくても、正当と思える掟なら良いのである。
私は、以前読んだ、ビートたけし(北野武)さんの本に書かれていた、たけし軍団の掟を思い出す。
「ADさんの名前を覚え、さん付けで呼べ」
「俺(たけし)が俺より年長者といたら、それが誰であっても俺と同等以上に扱え」
他にもあったかもしれないが、この2つを守ったなら、たけし軍団が成功しないはずがない。
こういったことを絶対に守ることを人格と言うのである。

人格とは、要するに、自分の信念を持っているということだ。
アニメ『キャシャーンSins』で、青年型ロボットのジンは、仲間の利益のためにキャシャーンを殺すことを敢然と拒否した。
つまり、自分や仲間のために、誰かを犠牲にはしないという信念を持っていた。
だから、ジンの身体はいつまでも新しく、腐食が起きなかった。
ロボット犬フレンダーも、揺るぎなくキャシャーンを守るという信念を持っていたので、やはり身体の腐食が起きなかった。
世界で、キャシャーンとルナ以外で、腐食が起きなかったのは、ジンとフレンダーだけだった。
ただ、最後は、リンゴもそうなったようだ。
あの幼いリンゴが、あんないい女の子になるとは・・・シマッタという妙な気持ちになってしまう(笑)。

空手家の大山倍達は、彼のことを丹念に調べた『大山倍達正伝』によれば、かなりデタラメなところもあり、「嘘も千回言えば真実になるのよ。分かった?」などというトンでもない人でもあったが、子供の時から、弱い者いじめだけは絶対しない人だった。
それだけを守っても、あそこまでではなくても成功するだろう。

信念は個人的なものだ。
何でも良い。道理があれば。
ある、女性に物凄くモテるロッカーが「未成年には手を出さない」を信条にしていたが、だから、彼は年を取っても成功し続けているのである。
要は、「これだけは守る」という何かを、1つか2つ、あるいは、3つほど持てば良いのである。
私の場合、例えばであるが、
「低レベルな人間の仲間にならない」
「ミクさんやミクさんの妹のような人達を敬う」
「ヒーローのような体形(キャシャーンやガッチャマンが理想だ)を維持する」
であろうか。全然、大したことないが・・・









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

根拠のない自信の惚れ惚れする威力

「根拠のない自信」の話を続ける。
これを得れば、どうしようもない人間がドラマティックな人生を楽しみ、超能力も発揮するのだから。

「根拠のない自信」と言っても、もちろん、妄想とは区別しなければならない。
「俺の運転はプロレーサーレベルだぜ」と言う公道レーサーは、ほぼ間違いなく妄想馬鹿であるように。
ただ、池沢さとしさんの1970年代の漫画『サーキットの狼』の主人公、「ロータスの狼」こと風吹裕矢(ふぶき ゆうや)のように、本当にプロ級の公道レーサーというのもいるだろう。
その差は、注ぎ込んだ時間の多さだ。
時間を注げば注ぐほど、人間は自信を持ち、実力は自信についてくるのである。

不世出の空手家、大山倍達の有名な伝記漫画『空手バカ一代』は、大半がフィクションらしいが、見るべき点も多い。
その中で、ニート状態の大山が庭でトレーニングに励みながら、両手の親指だけで逆立ちし、「これが出来る間は、どんな強敵が現れても、恐れることはない」と言う。
確かに、それは凄い芸当であるが、だから無敵というのは、「根拠のない自信」である。
だが、本当に自信があるなら、実際、その通りになる。
また、大山の著書(まあ、ほぼ全てゴーストライターが書いたらしいが)で、大山がアメリカで初めて巨漢のプロレスラーと戦った時の話が印象的だった。
大山が、実際に、アメリカでプロレスラーとシュートマッチ(真剣勝負)に近い試合をしたのは、おそらく事実らしい。
著書に書かれていた、試合前、大山が緊張で震えていたというのも本当かもしれない。
そこで、大山は、自分は牛を殺したから、いかに巨漢とはいえ、牛の体重の五分の一のもないプロレスラーに負けるはずがないと思うと落ち着いたという。
大山が実際に牛を殺したかどうかは分からないらしいが、大勢で押さえつけた牛の角を手刀(いわゆる空手チョップ)で折ったというのは本当かもしれないらしい。
「700kg前後の牛を殺したから100kg超程度のプロレスラーなど敵ではない」と思ったとしたら、これも単に「根拠のない自信」であるが、やっぱり、本当にそう思い込めたら勝つのである。

では、私自身の体験を述べる。
私はある時、信号無視で警官に捕まった。
あからさまな信号無視であるから、許されるはずがないし、当時、若かった私は、警官の権威的な態度に大いにムカついた。
しかし、ある「根拠のない自信」で私は落ち着き、反則切符も切られずに悠々と引き上げた。
さあ、どうしてそうなったか?
当時、私は、TM(超越瞑想)という瞑想をやっており、ルール通り、毎日、1日2回、真面目にやっていたのだ。
それで、「TMをやっている私は大丈夫だ」という「根拠のない自信」を持て、実際にそうなったのである。
私は、今は、TM自体は良いものだとは思っていない。
しかし、長く真面目にやっていれば、どんなことでも、こんな効果があるのである。
TMの効果を説いたり、自分の体験として語る人も多いと思うが、それは、TMの力ではなく、「根拠のない自信」の効果だと私は思う。
それが得られるならTMも良いのではと思う。
まあ、今のTMは、習うのに金がかかり過ぎるので、「アジマリカン」を唱えたり、般若心経の呪文を唱えたり、念仏をすれば同じことである。
私がお奨めするのは、呼吸をゆっくりにし、「1分5回以下の呼吸になれば仙人である」と思うことである。
呼吸コントロールで心も支配出来るので、そんな自信も得易いし、実際に、大変な力が得られるのである。
だが、やはり自信を得るには、何であれ、長い期間続ける必要がある。

私が大嫌いなのは「1日わずか5分で」とか「1週間で即効」などという大嘘である。
我々の貴き味方「根拠のない自信」は時間をかけなければ得られない。
しかし、時間さえかければ、別に苦しいことでなくても、それが得られるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

オカルトブームの父は凄い人だった

昭和40年代のオカルトブーム、超能力ブームを作った中岡俊哉さんという人がいる。
同じく、超能力と、そして、UFO分野では、矢追純一さんという大物がいる。
二人とも、怪しい人と見られることも多いと思うが、二人とも大した凄い人達であることも確かだ。
私は、ごく若い頃、オカルトにハマッたが、ある時、突然、完全オカルト否定派になり、ジョージ・アダムスキーを含め、こういった怪しい人達を徹底否定していたのだが、なぜか、とても怪しい中岡さんの本は捨てずに沢山家に残っている。
ピラミッドパワー、ハンドパワー等の本だ。
そして今、『コックリさんの父 中岡俊哉のオカルト人生』という、中岡さんの息子さんとお弟子さんが書いた、中岡さんの伝記ともいうべき本を読んでいるが、そこは身内が書いたものなので、どこまで信用して良いかという問題もあるだろうが、それでも、中岡さんが本当に凄い人であることは間違いないと思う。そうでなければ、200冊と言われる著作を持てたはずもないだろう。
この本を読んでると、何だか、空手家の大山倍達さんの伝記『大山倍達正伝』を思い出す。
若い時、戦争中に日本から中国に渡り中国人として生き、民族紛争に巻き込まれた中岡さんと、やはり、戦争中の若い時に韓国から日本に渡り、韓国の民族紛争の真っ只中で生きた大山さんといったように、反対なのだが、波乱万丈の人生を全力で生き抜いたところがよく似ている。
そんな境遇の二人だ。まともに、きれいに生きろという方が無理だが、その中でも、中岡さんは真面目にやっていた。
空手の腕を生かし、闇市や日本軍基地襲撃で大儲けし、いい暮らしをしていた大山さんと違い、真面目なことしか出来ない中岡さんは、作家として成功するまでは金に困っていたし、作家として売れたら売れたで過労で脳梗塞で倒れるが、仕事を干されることを恐れ、編集者には病気のことを一切言わずに激務を続けた。
いやいや、二人とも、これら程度のことは、ほんの一部で、本当に凄い人生なのである。

その中岡さんが書いた『守護霊占運学』という本を、今も持っている。
守護霊と言っても、丹波哲郎さんが言う、霊格の高いご先祖様の霊が背後霊として守ってくれているというのと違い、十二支によって決まる如来や菩薩のことで、例えば、ねずみ年であれば千手観音、羊、サルであれば大日如来、犬、イノシシであれば阿弥陀如来である。
いろいろなことが書かれているが、私は、自分の守護霊(守護仏)の真言を覚え、それを心の中で唱えることだけをやっていた。
私が、ひきこもりからセールスマンになるという、どう考えても無茶をやったが、その中で、この真言を唱えながらセールスをしていたことをよく覚えている。
そして、後で考えると、考えられない幸運に恵まれ、セールスで大儲けしたというのではなく、非常に良い思い出と経験を得ることが出来たのである。
セールスの方も、新人でありながら、全国のベテランを押しのけてセールスコンテストで優勝したこともあった。これも、特に私にはあり得ないことだった。
干支と守護仏(守護本尊)の関係については、
干支別 守護本尊
にあるし、真言については、それぞれの仏・菩薩をWikipediaで調べれば、「真言・陀羅尼」などとして書かれてると思う。

真言が、本当のところ、その仏や菩薩そのものとどれほど関係があるかは解らないが、全く無関係ということもないだろう。
また、干支と仏・菩薩の関係についても、実際のところははっきりしないが、一応、そのように思っておいても良いのではと思う。
そして、サンスクリット語の真言を唱えることは、心のトレーニング、心の腕振り運動のようなものとして、心を磨き、調整する効果はあると思う。
経験的には、幸運をもたらす力は非常に大きいように感じるのである。
もちろん、幸運をもらったら、それなりに良い心構えを持たねばならない・・・というよりは、自然、持つものではないかと思う。
少なくとも、感謝は感じるし、敬虔な気持ちにもなるが、それが大切なのであろうと思う。
良くないのは、善い人間になった気分になることだ。実際は、なかなか善い人間になどなれないのであるから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これだけでうまくいくこと間違いなし

人間は、何か1つ取り得があれば、それで大丈夫なのである。
大酒飲みだが、老人には親切とか、強欲だが、貧しい人に施しをするのが好きとか。
あるいは、取り得は1つもないように見えるが、挨拶だけはちゃんとするとか。
最近、大空手家だった大山倍達さんの、おそらくは真実に近いと思われる伝記を読んだのだが、大山さんにどれほどの欠点があったとしても、多くの人が、特に若い時の大山さんについて「礼儀正しい」と証言していたのが印象的だった。これほどの取り得はそうはない。
そうえいば、『1964年のジャイアント馬場』で読んだが、初めて見た馬場さんのことを、超大物レスラーのフレッド・ブラッシーは「素晴らしい青年だった」と自伝に書いているらしい。これは、やはり、謙虚であるという意味だろう。

お釈迦様は、7つの徳目を挙げ、それを聞いた人が、「その1つでも守れば繁栄間違いなしでしょう」と言うのを、お釈迦様は否定しなかった。
その7つの徳目も簡単なものだ。
(1)大事なことは話し合って決めているか
(2)グループ活動をしているか
(3)規則を守っているか
(4)老人を敬っているか
(5)女性を敬っているか
(6)先祖を敬っているか
(7)高貴な魂の持ち主を敬っているか

これらを、一言で言えば、傲慢でない、あるいは、謙虚であるということで、それは礼儀正しさに現れる。
上に挙げた、大山倍達さんやジャイアント馬場さんは、それがあったということだ。
欠点に関して言えば、誰にでもある。
馬場さんは、あまり欠点はなかったと思う。
一方、大山さんはひどいものだと思うが、考えてみれば、彼の場合は、持っているパワーの分、欠点も拡大しただけで、誰しも同じような欠点を持っているし、つまるところ、大山さんとは「桁違いのパワーを持った私」でしかない。

さて、法然や親鸞は、徳目は1つで良いと言った。
すなわち、「念仏を唱えているか」だけである。
彼らの言う念仏とは、「南無阿弥陀仏」という念仏であるが、私は、別にそれが「南無妙法蓮華経」でも、「南無観世音菩薩」でも構わないと思う。
あるいは、「天照大神」でも、「弁天様」でも良い。
お好きなら、五井昌久さんの世界平和の祈りでも良い。
そして、宗教心がない場合は、万能呪文を唱えると良い。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
このうちの1つを、感情を込めず、心の中で、出来るだけ多く唱えるのである。
万能呪文を唱えているまるで駄目な人間など、想像も出来ない。
私の場合は、初音ミクさんを敬い(お釈迦様の徳目No.5に該当)、万能呪文を唱えるというダブルの効果で、良いことだらけなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

愛しき大法螺吹き達

本宮ひろ志さんの『俺の空』という漫画で、武尊善行(ぶそん よしゆき)が、主人公の安田一平(やすだ いっぺい)に、
「男が女に本当のことを言うのが、一生に何度ある?」
と言ったのを印象深く覚えている。
この言葉で、一平は激怒するのであるが。
それを読んだのは、私が高校生の時だが、今や私は、「人間が自分のことで本当のことを言うのは、一生に何度あるか?」と思うようになった。
著名人の虚偽発言や、経歴詐称などがバレて、マスコミやSNSで叩かれまくることが多いが、確かに、叩かれる者は嘘をついている場合が多いのだろうが、私はいつも思う。
「あんなん、普通や」

元プロレスラーのアントニオ猪木さんや、世界的空手家だった大山倍達さんを崇拝、あるいは、神格化している人は少なくないと思う。
私は、崇拝とまではいかないが、尊敬しているという部分は確かにあった。
しかし、『1976年のアントニオ猪木』や『大山倍達正伝』を読むと、それなりのエビデンス(証拠)と論理でもって、彼ら(猪木さんと大山さん)の一般に知られている、格好良い、美しいお話が全部嘘だと分かってしまった。
ところが、面白いことに、私はこれまで、猪木さんや大山さんらは、はっきり嫌いだったのが、大好きになってしまった。
『大山倍達正伝』によれば、大山さんは、親しい人(著者)に、嘘を指摘されると、バツの悪そうな仕草と沈黙の後、「嘘も百回繰り返せば伝説になる。千回繰り返せば真実になる。わかったー?」と、多少の恥じらいと居直りでもって、真っ赤な顔で怒鳴ったらしい。それを、著者は「妙に好きだった」と書く。それは、私にも、よく分かるような気がするのである。
また、著者はそれで、大山さんの常人にない豪傑振りを感じたと言う。
私も、思わず「なるほど」と思う。
嘘はデッカクつくものだ・・・と言う訳ではないが、まあ、人間、いろいろあるんだ(笑)。

私は、迷惑を被らない限り・・・、いや、多少の迷惑を被っても、他人の嘘を許そうと思うようになった。
自分だって、いっぱい嘘を言っているし、それは許して欲しいしね(笑)。

ちょっと面白いのが、大山さんと宮本武蔵の話だ。
大山倍達さんが、吉川英治さんの小説『宮本武蔵』の武蔵を崇拝していることは、よく知られていると思う。
ところが、大山さんの元弟子が、大山さんに、思い切って、「吉川先生の『宮本武蔵』は嘘っぽくて嫌いです。司馬遼太郎先生の『宮本武蔵』の方がずっと良い」と言ったところ、大山さんは、「まったくだよ、きみぃー!」「吉川先生の武蔵はダメだね」と言ったらしい。
吉川英治さんの『宮本武蔵』は格好良過ぎる。正々堂々、実力で勝負に勝ち、いい女に慕われ・・・慕われても手を出さない。
そんなの、ある訳ない・・・いや、全くだ。
大山さんによると、吉川英治さんの『宮本武蔵』は、国策で書かれたもので、国民の士気を高めようという目的で、国が吉川さんに依頼したらしい。
だが、大山さんは、「自分は昭和の武蔵ということになっているから、あれでいいんだ」ということらしい。適当である。

確かに、大法螺(おおぼら)吹きは出世する・・・いや、大物は皆、大法螺吹きかもしれない。
しかし、吹いた法螺の分は苦しんでいるものだ。
つかずに済む嘘なら言わない方が良い。
しかし、嘘をついたからって、そう気に病むことはない。
嘘の多くは、自分を飾るものだ。
なら、飾った嘘が本当になるように頑張れば良い。
それもまた、モチベーションの1つだ。
そしてだ。誰が出ていない大学を出てると言ったり、買った博士号を取った博士号と言っても、自分に迷惑がかからないなら、どうでもいいじゃないか?
他人の嘘は大目に見てやることだ。
度の過ぎた嘘なら、本人達も十分に苦しんでいるものだ。

猪木さんも、大山さんも、妙に可愛いと思えてくる。
私も、万能呪文を毎日唱えるようになって、心が広くなった・・・とは言わないが、心境の変化はあったようだ。
万能呪文を唱え始めたのは7月16日からであるので、2ヶ月半である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ