最近、つい口ずさむフレーズがある。
“We are all right”
IAさんの歌『アメリカ~We are all right!~』の中で、このフレーズが何度も繰り返されるが、その中でも、不意にIAが静かな声で(伴奏もギターだけになり)、“We are all right”と3回売り返すところを思い浮かべながら。
この曲は、ボカロ界で米津玄師さんと並ぶ天才じん(自然の敵P)さんの曲だ。
【IA OFFICIAL】アメリカ~We are all right!~ (MUSIC VIDEO) -YouTube-
(2013年の「ROCKIN'ON KAPAN」誌の対談で、じんさんは「(米津さんが)同い年と聞いてめちゃくちゃ凹んで、」と言っていた)

“all right”は、日本語では「大丈夫」だと言って良いだろう。
他にも「いいよ」「わかった」「よろしい」などと訳されるが、全面的に肯定的な意味で、“all right”も「大丈夫」も、最も人気のある万能呪文だと思う。
また、この歌で、日本語でも「大丈夫さ」「大丈夫だ」と歌う。
英語では、大丈夫はokayと表現することもあり、「絶対、大丈夫だよ」は、
You will be fine for sure!
Everything is gonna be okay!
と言うようだ。
しかし、IAさんのように“We are all right”と歌いながら唱えるのも良いものだと思った。

アメリカの海軍特殊部隊ネイビーシールズの、あまりに過酷な入隊試験は、いかに鍛え上げた優秀な若者であっても発狂しかねないほどだ。
その中で耐え抜き合格する者は、頭の中で“All right”といった言葉をつぶやき続けているという研究報告がある。
人間は、頭の中で1分に300もの言葉をつぶやくらしいが、放っておいたらマイナスのつぶやきになりかねず、すっかりマイナスの言葉ばかりがつぶやかれるようになった人間が失敗人生を送るのかもしれない。
だから、意図的に「大丈夫」「絶好調」といった言葉をつぶやくと良いだろう。
IAさんが、明るい声で歌う、じんさんの前向きなこの『アメリカ~We are all rkght!』を聴き、常に、「大丈夫さ」「大丈夫だ」と唱えれば、全て良くなるだろう。
また、初音ミクさんもカバー(およびコラボ)したBUMP OF CHICKENの『ray』でも、何度も「大丈夫だ」とミクさんが歌ってくれる。
BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」LIVE MUSIC VIDEO YouTube-
「大丈夫」All Right(全て善し)は、神の言葉であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ