ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

夏目志郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

なりたいものに勝手になる

私は、プログラマーやシステムエンジニアになるにはどうすれば良いかといったことをよく聞かれるし、そのような相談者に対し、カウンセリングをしたこともある。
しかし、本音を言えば、
「勝手になれば」
「俺の言うことなんか聞かない方が良い」
と思うし、私以外の者の言うこととなると、偏見を植え付けられる恐れが大きいので、(私の話より)もっと聞かない方が良いと思う。
プログラマーになりたいなら、プログラミングくらい出来るはずだし、何を知っておくべきで、何をすれば良いかなんて、私より、(偏見の少ない)君達の方がよっぽど知ってるはずだと思うのである。
いまどき、プログラミングなんて、ほとんどタダでいくらでも出来るし、必要な情報は、ネットや書籍で、いくらでも手に入る。
そこそこプログラミングが出来る人なら、企業の方でいくらでも欲しがっている。
全く「勝手になれば」であるが、下で、もっと丁寧にフォローしよう。

しかし、「勝手になればいい」は、プログラマーに限らない。
アメリカの作家マイク・ハーナッキーが『成功の扉』に書いていたが、彼はよく、中年以上の人などに、
「作家とは羨ましいですね。私も、昔は作家が夢だったんですよ」
と言われることがあるらしい。
そんな時、ハーナッキーは、必ず、
「じゃあ、あなたも作家になればいいじゃないですか」
と返答するという。
別に、冗談でも冷やかしでもない。極めてマジに言っているのである。
ところが、そう言ってやると、相手は、
「でも請求書の支払いはちゃんとしなくてはいけませんし、会社の方も、後10年はクビにしないと言ってくれてますし」
と、まともに受け取らないようだ。
そんなこともあり、ハーナッキーは、出版社から、物書きで成功する方法の本を書いてくれと言われて『成功の扉』を書いたのだが、この本の原題は、
“The Ultimate Secret to Getting Absolutely Everything You Want”
で、意味は、「欲しいものを全て確実に手に入れる究極の秘法」だ。
つまり、作家になることに限定せず、あらゆる願いを叶える方法なのである。

ところが、その『成功の扉』の後で書いた本で、ハーナッキーは、
「『成功の扉』の読者から、この本を読んでも願いが叶わないという相談を沢山受けた」
ことを明かしている。
そんな相談者と話していると、そのような人達は、願いを叶えるために必要な電話の1本もしていなかった。
これは、プログラマーになりたいのに、プログラミングもしていないというのと同じである。
早い話、プログラマーになろうなんて気は、本当は無いのだ。
だが別に、プログラマーになんてならなくて良い。
格闘家の堀部正史さんが『喧嘩芸骨法』で書いていたが、
「誰でも三度のメシより好きなことがあるはずだ。私の場合は、それが喧嘩だったので、子供の時から喧嘩に励み、格闘家になった」
のであるが、これが自然なことなのである。
ただし、いくら好きでも、「美味しいものを食べる」とか「エロいことをする」など、快楽に関することは違うと思った方が良い。
(まれに、池田満寿夫さんや、団鬼六さんのように、エロいことで大成功した人達もいるが、あまり気楽に真似しないよう忠告する)
ゲームなんかは微妙だが、ゲームを命懸けでやれると感じているなら、その天性があるかもしれない。
しかし、そんなこと、自分で判断すべきであろう。

とはいえ、ここは親切に、なりたいものになる、また、天性の才能があるかどうか見分ける簡単な方法を述べる。
作家になりたいなら、
「私は作家だ」
と心で、ゆっくり丁寧に、ずっと唱えるのだ。
そうすれば、作家になれる。
しかし、唱えるのがシンドかったり、唱える習慣が出来ないなら、本当は作家になどなりたくないのだ。
そもそも、本当に作家になりたいなら、すでに、それなりに書いているはずである。
村上春樹は、修行時代、昔のことだから(ワープロもなかった時代と思う)、原稿用紙10枚をノルマに毎日書いていた。
おそらく、盆暮れ正月例外なく書いたはずだ。
イチローだって、自分は毎日練習していることについて、
「どうして練習を休まないといけないのか理解出来ない」
と言っていたと思う。
ただし、村上春樹は、原稿用紙10枚以上は書かなかったそうだ。
一方、確かに、イチローの練習時間が長かったことは知られている。取材した記者によると、「イチローの練習は永遠に続く」のだそうだ。
しかし、イチローは練習を楽しんでいたのだし、実際、「毎日やりたいですね」と言っていたのだ。
村上春樹も、楽しく書けるのが10枚だったのだろう。
ただし、イチローも村上春樹も、それを、地球が爆発しても続けたのだ。

ところが、「自分は何が向いているか分からない」「夢がない」なんて言う者が多い。
それは、あなたが奴隷の仕事しか選べないようになるために、学校とテレビに思想統制されたからだから、まあ、仕方がないかもしれない。
だが大丈夫。
これに関しては、何度も書いたが、世界的セールスマンだった、夏目志郎さんの話が参考になる。
失敗ばかりのまるで駄目男人生をばく進していた夏目さんは、神様にこう祈った。
「これまでの人生の失敗は私の責任です。しかし、これからの人生については、神様、あなたに責任を取って欲しいのです。まずは、これはという仕事を下さい」
すると、夏目さんが言うには、奇跡が起こり、翌日、百科事典販売会社からスカウトが来たのだ。
まあ、そんなに難しいことをしなくても、
「神よ、与えたまえ」
と心で言えば良いのである。
イエスも言ったではないか。
「欲しいものは何でも神に求めよ。全部、与えられるだろう」
(マタイ福音書より)








「神」という言葉の力

イエス・キリストは、こんなことを言っている。
「丈夫な人に医者は必要ない。医者を必要とするのは病人だ。同じく、立派な人に私は必要ない。私は罪人のために来た」
「迷える子羊」という言葉を聞いたことがあるだろうが、その意味を知らない人が多い。
イエスは、こんなふうに言ったのだ。
「良い羊飼いは、百匹の羊の群れは放っておいて、一匹の迷える羊を探しに行くのだ」

つまり、イエスは、立派な人や、社会で皆と仲良くやっている順調な人ではなく、ロクデナシや、はぐれ者、つまはじき者を救いに来たのである。
同じと言っては不遜だが、私も、興味があるのは、落ちこぼれ、引きこもり、まるで駄目なヤツ、無用者、ガラクタで、私自身も含め、そんな者達を確実に救済する方法を探してきたのである。
そして、イエスが教える、ロクデナシ脱出法は、実は簡単なのだが、難しく解釈されてしまった。
丁度、仏教の教えというものが、本来、法然や親鸞が言うように、念仏を唱えれば救われるというような簡単なものなのに、難しいものにされてしまったようなものだ。
イエスは、駄目なやつは、神様に頼れと言っただけである。
そして、神様に頼るとは、神様と呼べば良いだけである。

ちょっと例を上げる。
私は、セールスマンとして社会人のスタートを切ったが、その時の私のスターは、世界的セールスマンだった夏目志郎さんだった。
だが、夏目さんも、本来は、まるで駄目男だった。
元々、中国の富豪の息子で、戦後まもなく、大金を懐に、アメリカの高級車と共にやって来た。
やって来た・・・はいいが、事業で一旗揚げるつもりが、あっという間に詐欺に遭い、一文無しどころか、多額の借金を背負い、早くもツミだった。
典型的な、駄目なボンボンだったのだ。
ところが、膨大な借金を抱えて終わるはずが、彼はクリスチャンになり、イエスの教えを上手くつかんだ。
彼は、神様に、こう祈った。
「私のこれまでの人生の失敗は私の責任です。けど神様、私のこれからの人生の責任はあなたに取って欲しい。まず、いい仕事下さい!」
翌日、良い仕事が来て、彼は成功一直線になった。
つまり、彼は、「神よ、与えよ」と言っただけである。
そして、「責任はあなたが取って」と神様に下駄を預けた、つまり、全ておまかせしたのである。
もう丸投げである(笑)。
イエスは言ったのだ。
「何でも欲しいものは神に求めよ。全部与えられるだろう」
ポイントは、必ず、「神よ」「神様」と、「神」と言うこと(思うこと)。
後はもう、ご自由に。
「神」という言葉に、強い力があるのである。
これについては、最近、たびたび言うように、「ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻」で、イエスが力強く説明している。

「神」という言葉は強力である。最高のヴァイブレーション(波動)を発し、全てを変える。
それに関する例として、2つの話を取り上げる。

今も映画が作られる『美少女戦士セーラームーン』という歴史的アニメがある。
2018年、パリで行われた、日仏友好160周年記念イベント「ジャポニスム2018」では、初音ミクさんがコンサートを行ったが、セーラームーンはミュージカルを行った。世界的人気を誇る、2人の金色と緑のツインテールの少女達がパリを熱狂させたのだ。
ところで、セーラームーン放映当時、セーラームーンに負けないくらいの人気があったアニメ『怪盗セイント・テール』があった。
『怪盗セイント・テール』は、漫画の連載が数回で終わる予定(漫画雑誌の穴埋め作品だったのかもしれない)が、人気が出て、長編になり、さらに、アニメになり、堂々、女王セーラームーンと張り合うほどの人気作品になった。
確かに『怪盗セイント・テール』は良い作品だったが、ヒロインの羽丘芽美は、セーラームーンこと月野うさぎと同じ14歳で、モロに競合するし、セーラームーン側は、個性的な女の子キャラクターがいっぱいだったのに、セイント・テールは、芽美と、芽美の親友でシスターの聖良(せいら)の2人だけだった(聖良も、水野亜美と被ったところがあったと思う)。
全体に、セイント・テールが、セーラームーンに対抗出来るとは思えず、セーラームーンに吹っ飛ばされるのが当然だった。
だが、『怪盗セイント・テール』は、漫画の中でも「神」という言葉が多く出て来た。
そして、アニメ予告編で、それぞれ、セーラームーンとセイント・テールが言う最後の言葉は、
「月の光は愛のメッセージ」(美少女戦士セーラームーン)
「あなたに神のご加護がありますように」(怪盗セイント・テール)
だった。
セイント・テールは、魂のある作品だっただけでなく、この神という言葉の力で、異例のヒットをし、今だ人気は衰えない。私はそう思う。

また、『勇者ライディーン』という1975年のアニメがあり、正直、意外と思われるヒットをし、歴史にも残った。
この作品では、毎回のように、イメージソング『神と悪魔』という曲が流れ、その中で、子門真人氏の素晴らしい歌声で「神の力」という言葉が使われた。
そして、YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)が、このアニメのタイトル『ライディーン』を、ほとんどロクに考えずに、彼らの世界的名曲『ライディーン』のタイトルに採用してしまった。
これも、神という語の力であると私は思う。








真似をすれば何にでもなれる

『徒然草』の第八十五段が素晴らしい。
一応、原文を挙げておくが、読むのが嫌なら、下の現代語訳を見ていただきたい。

 狂人の真似まねとて大路おほちを走らば、即ち狂人なり。悪人の真似まねとて人を殺さば、悪人なり。驥きを学ぶは驥の類たぐひ、舜しゆんを学ぶは舜の徒ともがらなり。偽りても賢を学ばんを、賢といふべし。

簡単に訳せば、

狂人の真似をして(狂人のように)走れば狂人と変わらないし、悪人の真似をして人殺しをすれば、全く悪人だ。
同じように、優れた才能のある者の真似をすれば才人と変わらず、神話に登場する聖人、舜(しゅん)の真似をすれば聖人の仲間だ。
嘘でも賢人に学べば賢人なのである。

仏教学者のひろさちや氏は、『空海入門』で、『徒然草』のこの部分を引用し、
「人殺しの真似をすれば人殺し、仏陀の真似をすれば仏陀」
と述べ、空海は仏陀の真似をした人であり、空海が伝えた真言密教もまた、仏陀の真似をして仏陀になる教えと書かれていた。
馬鹿馬鹿しい感じはあるが、重要なことである。
空海は、遣隋使の一員として、危険一杯の中国行きの船に乗ったが、空海は、気分は仏陀である。
「仏陀である私が乗る船が沈むはずがない。これが済んだら、今度はインドにでも行くか」と余裕綽々であった(笑)。

このブログで度々取り上げる世界的セールスマン、夏目志郎氏は、超一流セールスマンのポール.J.マイヤーを心から尊敬していた。
そこで、自分の執務室を、マイヤーのものと全く同じにし、マイヤーのような服を着て、マイヤーのようなネクタイをし、マイヤーのように振舞った。
マイヤーをよく知っている人に、「マイヤーがいるのかと思った」と言わせたほどだった。
それで、夏目氏もマイヤーのような超大物セールスマンになったのである。

事業家で宗教家の村田正雄氏の『七仙人の物語』を読むと、凄い超能力を備えた仙人が登場するが、仙人は、常に呪文を唱えている。
呪文は真言と言って良いだろう。
ならば、我々も、この一流の仙人の真似をして、常に真言を唱えていれば仙人なのである。
私はそう思っているし、今のところ、「常に」とまではいかないが、真言を唱えているので、奇しい(くすしい。神秘的な)力が度々発揮される。
もはや、仙人の仲間と思って良いと思う。

人間は、真似るもの・・・つまり、そのように振る舞うものになる。
内面ではなく、外面の振る舞いに魔力的な力があることは、カート・ヴォネガットの『母なる夜』にも書かれている。
ナチスに潜入したスパイが、ナチスらしく振る舞っていたら、自分で気付かないうちに、超優秀なナチス党員になってしまうのだ。

このようにして、あなたは何にでもなれる。
超色男の真似をして美女を侍らせるもよし、小悪魔な女の真似をして男に貢がせるもよし。
だが、真言を唱え、魔法使いになるのが一番お得と思う。

PS
素晴らしいコメントが多く、感謝感激である。
あまり返信せず恐縮だが、熱心に読んでるし、ありがたく思っている。
皆さんにも、コメントもチェックしていただきたいと思う。








状況より重要な態度の魔力

わが敬愛するスーパーセールスマン、夏目志郎さんの著書のお話の中でもトップクラスの印象があり、ここでも何度か取り上げたお話だが、面白いし、私も、ますます理解が深まってきたので、また述べたい。
これは、非常に有益なもので、誰にとっても役に立つものだと思う。

夏目さんがどこか外国に居た時、その地で有名なナイトショーが行われることになっていて、夏目さんは行きたいとは思ったが、招待状がなかった。
現地に住む有名な一流セールスマンの友人に、そのことを話すと、友人は、「では行こう」と言い、わけが分からないまま、夏目さんは付いていった。
VIP用のショーで警備も厳重だったが、友人は警備員にニッコリ笑いかけて素通りし(半世紀ほど前の話ではあるが)、受付でも手を振って軽く挨拶するだけで、遠慮なく中に入って行った。
ショー会場に入ると、夏目さんの友人は、支配人らしき人を見つけて手招きして呼び付け、「テーブル・ツー」と命じた。
すると、支配人は、フロアマネージャーに「テーブル・ツー」と命じ、命令は、会場責任者、スタッフ、そして、ボーイへと渡り、ボーイは物置からテーブルを運んできて、それに豪華なテーブルクロスをかけて、なんとか見栄えを整え、夏目さんと友人は、ゆったりショーを楽しんだ。

夏目さんは、この出来事で何か大きなことを学んだので、この話を書いたのだが、この話のポイントを一言で言えば、「状況より態度が重要」ということだ。
これは、あらゆることに通じる。
お金がなくても、金持ちの態度を取れれば家だって買えるし、ホームランを打つ態度でバッターボックスに入れば、即ち、ホームランだ。
素晴らしい人にプロポーズされるという態度でいれば、やはりそうなって結婚することになるだろう。
では、夏目さんの友人は、この力をどうやって手に入れたのか?
それは、やはり、素振りの回数とでも言うものだ。
野球のバッターの実力は素振りの回数で決まるが、セールスマンも似たところがある。
そして、専門能力を高くしていけば、汎用能力になる。もう魔法使いのようなものだ。
では、セールスマンの素振りとは何か?
これについては、夏目さんの著作にあった、こんな話が参考になる。
夏目さんは、ある時、19歳の女子大生を助手にしていた。
毎日、セールスに同行させていたが、ある時、その女子大生が、夏目さんが可哀そうだと泣き出したという。
どういうことかというと、夏目さんが、朝から晩まで、同じことを言ってセールスしていたからだ。
これについて夏目さんは、
「売れるセールスマンは常に同じトークを使う。トークは繰り返せば繰り返すほど力を増す。売れないセールスマンはすぐトークを変える」
と述べている。
なるほど、一流のお笑い芸人だって、毎回使うのに、必ず観客や視聴者を笑わせるネタがあるのもうなづける。
そのネタは、最初から受けていたのではなく、小さな会場で素振りのごとく繰り返すことで力を増したのだ。

プログラミングだって、案外に、毎回同じようなことを書くものである。
もちろん、書かずに済ように出来ることは、なるべくそうするが、お決まりながら、微妙に異なるので毎回書くしかないことがあるが、その回数が多いほど優秀なプログラマーになるのである。
初心者のうちは、優秀な人が書いたコードをそのままタイプするという、純粋な素振りをすれば良い。
アメリカの大作家には、ヘミングウェイやスタイベックらの作品を、そのままひたすらタイプした人もいるのである。

では、最も優れた素振りとは何か?
それは、もちろん、真言である。
上に挙げた「テーブル・ツー」の奇跡を起こすのは、釈迦やイエスには容易いが、その能力は真言を繰り返すことで得られる。
真言は、優れたものであれば何でも良いが、心で丁寧に、数多く繰り返さないといけない。
もちろん、「南無阿弥陀仏」の念仏も、「南無妙法蓮華経」の題目も真言である。
どの真言が上であるとか、どれが優れているなどというものは一切ない。自分の好きなものを唱えると良い。
チベットでは、観世音菩薩の六文字真言「オーン・マニ・ペーメ・フーン」を子供でも知っているらしい。
しかし、チベットにも、願わずとも幸運が来る人もいれば、苦しむ人もいる。
確かに、その人の持っている運命もあるだろうが、根本的には、真言を唱えた数の差だけである。
荒唐無稽に感じるかもしれないが、それが事実と思う。
釈迦自身は難しいことを繰り返して悟りを開いたが、「真言しか有効でなくなる」と教えたという話がある。
それを受け継いだのが、日本では、法然や親鸞だが、案外に、他の仏教のスーパースター達も、ほとんどそう言っているのではないかと思う。
とはいえ、特に仏教に限るものではない。
自分が好む真言を選び、それを心で、静かに、丁寧に、出来るだけ数多く繰り返すことで全てを得ると思う。

尚、夏目志郎さんの著作は、ことごとに廃版になっており、古書も高いので、今では入手は難しいと思う。








謙虚でなくても大丈夫

私は、社会人になって最初の仕事がセールスマンだったこともあり、世界的セールスマンで事業家であった夏目志郎氏の本をよく読んだが、それは、セールスだけでなく、その後のあらゆる仕事に役に立ったと思う。
私は、夏目氏を崇拝するとかいうのではないが、彼の考え方にはロマンを感じて好きだった。
彼の著書は全て廃版で、古書は大抵高価という理由で、あまりお勧め出来ず、残念である。
その夏目さんが、セールス業界で伸びる人とそうでない人について、印象深いことを書かれていたが、それは、プログラマーやシステムエンジニアでも、そして、おそらく、あらゆる職業、さらには、スピリチュアルなことに関してすらあてはまると思う。

ごく簡単に言えば、己惚れの強い者は駄目で、謙虚な者が良いということになるのだが、これは難しい問題である。
例えば、夏目氏が書かれていたことで、こんな話があった。
新しく入社したセールスマンで、既に別の会社でいくらかセールスの経験がある者は、新しい会社でのセールスの教育や、先輩から指導を受けると、「もっと良い方法がありますよ」と言う者がよくいて、そんな者は、あまり伸びないのである。
夏目氏ほどの実力者であってすら、会社を変わったら、新しい会社のやり方に完全に従うと言う。
実力者になる者というのは、そういう者なのである。

私も、会社でプログラマーの後輩を持った時、その後輩が、学校を卒業したばかりの新入社員でも、学生の頃、趣味や大学の授業等でかなりプログラミングをやっていたり、あるいは、他社でプログラミングの経験を積んでいる場合には、いかにも自信満々で、私の指導を真面目に受け入れない者が多かった。
まあ、確かに、プログラミングが出来る者には自信家の傾向があるのは確かだし、その自信満々な態度通りに実力を発揮してくれれば私も楽だったのだが、実際は、そういった者で、使いものになった者は1人もいなかった。
中には、プログラミングが好きで、かなりやってたと思わせる者もいたが、そんな者は、無駄にマニアックなことばかりして、それを仕事でやられては困るので、指導しようとしても、「なんで駄目なんですか?」という態度をされると、こっちも面倒になり、相手にしなくなった。
あるいは、一見、謙虚なのだが、肝心なところで、自分のやり方を押し通したがる者もいて、こういった者もやはり使いものにならなかった。
ところが、優良なIT企業の若いプログラマーを指導した時には、謙虚な者がたまにいたが、本当に優秀な者ほど身の程を知っているのかもしれない。

このブログでも、読者の方がコメントを書いて下さるのは有難いが、やはり、「私のやり方の方がいいですよ」とか「こうすれば上手くいきます」といったことを書く方がいるが、そんな人は、自分はあまり良い思いをしていないと思う。
これは、セミナーで自己開発の指導をした時も同じなのである。
少し有名な先生の弟子がセミナーに参加した時、その者が、セミナー中、講師に敬意を払って真面目に指導を受けているなら、その者は有望である。
しかし、セミナーの間中、憮然とした態度で、尊大さを見せてしまっている者というのは、もう下り坂なのであると思う。

とはいえ、考えてみれば、謙虚な人間は滅多におらず、幸いにしてそんな性質を持っていることは幸運なことなのだろう。
人間の自我とは己惚れを持つことを避けられない。
もし、自分が傲慢なことに悩むくらいなら、それで合格としなければならない。
だが、心配は無用だ。
いかに傲慢で己惚れていても、真言を数多く唱えさえすれば、能力も運も獲得出来、本当の自信を得た時に、上には上がいると知り、謙虚になるのである。
むしろ、聖人にでもなりたいという身の程を知らない下心で謙虚なフリをしている者よりは、「俺は傲慢だ」という自覚がある方が良い。
尚、己惚れ屋は『歎異抄』を読むと良いと思う。
つまり、全ての者に『歎異抄』をお勧めするのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード