ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

夏目志郎

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

3つの奇跡話(その3)

「神様の奇跡を起こし続けるホームレス」、「末期癌が消え、なおかつ、引き寄せマスターになった女性」と、奇跡話が続き、今回が最終回の、3つ目の奇跡である。
これは、以前、ご紹介した、スーパーセールスマン、夏目志郎さんのお話を再度、取り上げようと思う。
多くの人の役に立つと思うので、改めてポイントを押さえようと思う。

(以下は、かなり昔に読んだ本の内容の記憶なので、憶え間違いもあるかもしれないが、大筋では合っているはずである)
夏目さんは、戦後、ビジネスで一旗揚げようという熱意を持って日本にやってきた中国人青年だった。
豊かな家庭の出身で、豊富な資金と、日本に一台しかないような高級外車を持ち、恵まれたスタートを切った。
だが、詐欺に遭い、無一文どころか、多額の借金を背負ってしまう。
失意の中、キリスト教に改宗し、英語が出来たので、アメリカ人神父の通訳などで布教活動のボランティアを行う。
ところが、交通事故に遭い、脚を折って入院する。
そんな散々な人生の中、夏目さんは神に祈った。
「神様、これまでの人生の失敗の責任は私にあります。でも、これからの人生の責任は、あなたに取って欲しいのです。私ももう35歳です。これはという仕事を下さい」
翌日、百科事典を販売する外資系企業の人が、夏目さんをセールスマンとしてスカウトに来て、夏目さんは、まだ怪我が治りきっていないに関わらず、「明日から働ける」と応じた。
夏目さんは、そのスカウトが、神の使いであると言う・・・つまり、奇跡が起こったのだ。
そこから、夏目さんの成功人生が始まったのだった。

なぜ、夏目さんの「神様の奇跡」は起きたのだろう。
それはもちろん、上の、夏目さんの「祈り」にある。
この祈りが奇妙に思えた人もいると思う・・・というより、現代人では、奇妙だと思うのが普通だろう。
「これまでの人生が失敗だったのは自分の責任」
これは分かるだろう。
しかし、
「これからの人生の責任は神様が取って下さい」
というのは変と思うはずだ。
普通は、これからの人生の責任も自分で取らなくてはならないと思うはずである。
だが、夏目さんは、これまでは、自分の小さな力で成功しようとしたのだが、これからは、神の大きな力で成功させてもらおうとしたのだ。

トランプ大統領も愛読する、ノーマン・ヴィンセント・ピールの世界的ベストセラー『積極的考え方の力』の最後は、
「なぜ神の力を求めないのか」
と書かれている。
そして、昨日のこのブログの2つの奇跡話の主も、無意識的にかもしれないが、神の力を求めたのだ。
「神様の奇跡が起こる」と唱えたホームレスは、自分は何もせず、神にまかせ、結果、大変な奇跡が起こった。
1憶円が2回と、ローマ法王への謁見・・・そんなこと、そのホームレスが、どれだけがんばろうが、全く無理だろう。
しかし、イエスは、こう言っている。
「神に出来ないことはない」
あのホームレスは、無意識にだろうが、この最高の牧師や、それに、イエス・キリストの教えに従った。
2つ目の奇跡の、癌を消し、完全な引き寄せの力を得た女性も同じだ。
自分で癌を治そうとはせず、ただ、死ぬ準備をしただけだった。
何も求めず、もう最後なのだから、自分らしく、安らかでいようとしたのだ。
そこには、自分のちっぽけな力を頼ろうとする気持ちは全くなく、それどころか、欲望の自我としての自分をすっかり失くしてしまったのだ。
鎌倉時代の禅僧、道元が言った「仏道とは自分を忘れることだ」を、仏教徒でもない彼女が実践していたのである。

これら3つの奇跡話を味わうことで、奇跡のシンプルな原理が分かり、我々も簡単に奇跡を起こせるのだと分かるはずだ。
尚、夏目さんの上記の話は、どの本に載っていたか、私はもう憶えていないが、夏目さんの本はどれも素晴らしいと思うので、以下にいくつかご紹介しておく。
ただし、夏目さんの本は、古書でも高価なものが多い。








これまでの人生が駄目だった人に

これまでの人生がうまくいかなかったという人の場合、夏目志郎さんの祈り方が参考になるのではと思う。
夏目さんも、その祈りをするまでは、散々な人生だった。
夏目さんのことを簡単にご説明する。
夏目さんは元々、中国人で、戦後間もない頃、ビジネスで一旗揚げる野望を持って日本にやって来た。
ただし、懐には大金と、アメリカの高級車を持っての来日で、おそらく、家が相当な金持ちだったのだと思われる。
だが、ビジネス詐欺に遭い、一文無しどころか多額の借金を背負ってしまう。
金持ちのボンボンだったところから、全てを無くした転落人生へ超特急という訳だ。
そんな中、夏目さんは心を入れ替え、クリスチャン(キリスト教徒)になり、キリスト教の布教に来ていたアメリカ人神父をボランティアで手伝ったりしていたが、交通事故に遭い、脚を折る。
全くツキに見放され、もう散々だった・・・
既に35歳。頭も薄くなりかけていた(その後、ツルツルになった)。
そんな時に、夏目さんが行った祈りが実に印象的だ。
それは、私が憶えている限りでは、こんな感じだった。
「神様、これまでの私の人生の失敗は私の責任です。でも、これからの人生については、あなたに責任を取って欲しい」
そして、夏目さんは、これはという仕事を神様に要求した。
すると、翌日、百科事典販売会社のマネージャーがスカウトに来て、脚は治っていなかったが、セールスマンになり、やがて、超一流のセールスマン、そして、自己啓発分野で成功する。

「これからの人生は、あなた(神)に責任を取って欲しい」
普通、ビックリするような言い分かもしれない。
しかし、これが全く正しいのであると私は思う。
それまでは、夏目さんは、自分の人生に、自分で責任を取ろうとしたから失敗したのだ。
つまり、自分のちっぽけな力を頼り、神様の偉大な無限の力を無視していたのだ。
トランプ大統領も愛読する、ノーマン・ヴィンセント・ピールの名著『積極的考え方の力』の最後に、こう書いてある。
「なぜ、神の力を求めないのか?」

南無阿弥陀仏・・・阿弥陀仏に全てまかせれば、全部うまくやってくれる。
黒住宗忠も、神様にまるごとまかせれば、何の心配もなく安らかであると言った。
だが、夏目さんについて、こんな話を付け加えておく。
夏目さんは、セールスマンとして頭角を現しながらも、詐欺に遭って抱え込んだ借金は重くのしかかっていた。
そんな中、祖国中国の姉から手紙が来る。
姉の夫は大会社の経営者で、途方もなく豊かだった。
まず、手紙には、「外国で苦労するのはやめて帰ってきなさい。借金のことは心配いりません」と書かれていた。
弟の男の面子を気遣い、遠回しに、「借金は私が返してあげます」と言っているのだった。
さらに、帰り易いように、こうも書いてあった。
「あなたが住むのに丁度良い邸宅があったので買っておきました。車と運転手もつけます」
「夫の会社の重役のポストを用意しています」
これほど恵まれた人は滅多にいるまい。
しかし、夏目さんは、この心優しい姉の申し出を、感謝しつつも断った。
もちろん、苦労は半端でなかったので、受けたかった。
だが、夏目さんが頼ると決めたのは、超金持ちの姉ではなく神様だったのだ。
夏目さんは神に試されたのかもしれない。
荒れ野で試されたイエス・キリストのように。別に、姉が悪魔なのではないが・・・
そして、合格したので、その後の人生は良い方向に行ったのだ。
あなたも、悪魔の誘惑に負けてはならない。
私は負けそうで、少し不安があるが・・・(笑)








自分を見限ったら責任を神様に押し付けろ

自分を見限る(自分に見切りをつける)って言葉がある。
それで私が思い出すのは、ネットで見た、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長のインタビューだ。
伊藤さんは北海道の人だが、北海道の若者が沢山、ミュージシャンを目指して東京に行ったが、(多分ほぼ全員が)モノにならずに30歳くらいで戻ってくるが、その歳ではつぶしも効かない。
だから何って話だったか忘れたが(笑)、ひょっとしたら、夢に人生を賭けちゃいけないって話だったかもしれない(違ってたら申し訳ない)。
ところが、ある有名なボカロPは、学生時代に音楽を熱心にやっていたが、卒業する頃には「自分にプロは無理」と見切りをつけ、普通のサラリーマンになったが、初音ミクさんが発売されたことをきっかけに再び音楽をやり、今度は成功してしまった。
他にも、プロサッカー選手や野球選手を目指して、若いうちは夢を持って頑張っていたが、歳を取るごとに、だんだん現実が見えてきて、ほとんどの者が自分に見切りをつけてしまう。
もっとありふれた例では、物理学者を目指して、そこそこの大学に入り、大学院も出たが、そこまで行けば、自分の能力が見えてしまい、そこで未練がましく博士を目指せば、将来真っ暗だから止めたって人を知っている。

ところが、こんな話がある。
ある女子大学院生が、ハーバード大学の世界的心理学者である教授の元で研究をしていたが、その教授が、その大学院生に見込みはないと判断し、彼女を研究生から外し、彼女は大学を辞める。
だが、彼女は単独で研究を続け、30年後、優れた研究を発表し、自分を捨てた教授の名を冠した賞を受賞した。
それで彼女が幸せを感じたかどうかは知らないが。
彼女は自分に見切りをつけなかったのかもしれないが、そうしたからといって、彼女のようにうまくいくとは限らないし、むしろ、うまくいかない場合が多いだろう。彼女が成功したのもたまたまと思う。

やりたかったことに見切りをつけ、別のことをやって成功した人は少なくない。
それも、最初に何かを強い熱意を持ってやっていたが、それが駄目になって、さほどの意欲もなく何の気なしにやり始めたことで成功したなんて話もよく聞く。
おそらく、成功した人には、たまたまやったことでうまくいったという人が案外に多いのだと思う。
だから、いろんなことを気楽にやれって話もある。
最初の、ミュージシャン志望の若者のように、1つの道に絞ってしまわない方が良い。よほど自信がある場合は別かもしれないが、人間って、自己採点は甘いものだ。だから、「自分なら出来る」って思ってしまうし、「叶わない夢なんてない」って、無責任なことを言う者も多いしね(笑)。

では、いよいよ自分に見切りをつけざるを得なくなったら、どうすれば良いだろう?
全ての望みが消えてしまった場合だ。
たまたま上手くいった人が成功するのだとして、不幸なことに、その「たまたま」が訪れてくれない・・・あまり幸運の女神に好かれていないと分かった場合だ。
もう、悟りでも開くしかない(笑)。
悟りを開ければ、いかなる成功よりも至福に包まれるだろうし、失敗して死んでも元々だ。もし、そう思えないなら、現実でもう一度やってみると良い。

アメリカの精神科医デヴィッド・R・ホーキンズは1939年という印象的な年に(いや、単にミク年という意味だが)、多分彼は少年だったと思うが、真冬のウィスコンシン州で新聞配達をしていた時、氷点下20度の中で猛吹雪で動けなくなり死にかけた。その時、意識が覚醒した・・・まあ、悟りの状態に近い体験をしたのだろう。
何とか命拾いをした彼は、その後、精神科医として成功したが、ストレスのため病気になり、死期が迫った。
その時、今度は本格的に悟りを開いてしまう。
それで、病気がたちまち治っただけでなく、老眼まで一瞬で治ってしまった。さらに、精神科医として、以前と桁外れに成功し、大病院をいくつも建てることになってしまう。
彼自身は成功したいとは全く思っていないのに、そうなってしまったようだ。
彼の著書『パワーか、フォースか』、『<わたし>』は、やや怪しい感じも受けたが、彼が、1973年にライナス・ポーリングと共著で『正常生体分子の精神医学』を書いたというので、一応信用した。

もう本当に駄目だと思ったら、悟りでも開くと良い。
その方法だが、私が昔崇拝していた世界的セールスマンだった夏目志郎さんの話が参考になるかもしれない。
彼は、中国から日本に来て(彼は中国人で、後に日本に帰化)、いろんなビジネスをやって大失敗し、膨大な借金を抱え込んだ。
それで自分に見切りをつけた・・・かどうかは分からないが、35歳の時、クリスチャンになっていた彼は、神様に、「今後の私の人生は、あなたが責任取って」と祈った。
つまり、これまでのどうしようもない人生の責任は自分にあるが、今後の責任は、神よ、あなたにあると言った訳だ。
すると、翌日に奇跡が起こった。そして、彼は成功への階段を昇っていく。
よく似た話に、『僕は、死なない。』という、末期癌が20日で消えた人の話がある。
彼は、医療では癌を治せないと分かったので、神様に降参してしまった。「もう全部まかせる」と。そしたら、治ってしまった。
全面降伏、人生の明け渡しが、一番簡単な悟りの方法だと私は思う。













当ブログオーナー、KayのAI書。
紙の本とKIndle版で販売中。
学術的、理論的な説明は必要最低限に、そして、厳密さより、解り易さを優先しました。
数学もプログラミングも出来なくても、実際にAIを作れるようになることを目的としたからです。
Excelくらいは出来ないと、AIに学習させるデータを作れませんが、逆に言えば、それが出来ればAIは作れます。
ほとんどの実習のためのデータを作ることが出来るExcelマクロを、出版社サイトから無料ダウンロード出来ます。

人とゆるくつながる

先日、パーティーに出席した時、面白いことに気付いた。
受付で、出席者の名簿の紙を渡されたのだが、私は、それを持っていこうとしなくて、呼び止められた。
出席者は、経営者が多く、地元の有力者や議員なども何人か含まれていたと思う。
こんな場所では、名刺交換に励み、人脈を作ろうとする人、あるいは、人脈の結び付きを強くするよう心掛ける人も多いと思うのだが、私はそういったことにさっぱり関心がない。
じゃあ、なんでそんなパーティーに行ったのかというと、行かないよりは行った方が面白いことがあるかもしれないし、日常とは違うことはやった方が良いという理由だった。
今年の初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2019」で、ミクさんが1曲目に歌った、私も大好きな歌の『テオ』で、

もっと
クラクラクラ クラクラさせてよ
ユラユラユラ ゆらぎを見せてよ
キラキラキラ きらめいていてよ
~『テオ』(作詞・作曲・編曲:Omoi。唄:初音ミク)より~

という印象的なフレーズがあるが、揺らぐためには、いろんな変わったことをしないといけない。
東浩紀さんは、『弱いつながり』で、「弱いつながり」を持つことを薦め、その中でも、旅をすることを推薦していたように思うが、それも全く賛成である。

パーティーの話に戻るが、私は、その出席者名簿など、さっさとしまおうと思ったが、テーブルに居る人達は、やけにそれを熱心に見ている。
私のテーブルには、特に有力な人達が多く、年齢もそれなりに年配だったが、それでも、出席者に興味があるようだ。
それで、私も名簿は出しっぱなしにしていたが、パーティーが進んだ時に、一番最初に言った「面白いこと」に気付いたのだ。
それは、A4一枚の紙とはいえ、そのままでは面積を取って邪魔になるので、二つ折りにするのだが、私は、書かれている方を内側にしていたが、彼らは皆、外側にして折っていた。つまり、それほど、出席者に興味があるのだろう。

人とのつながりの大切さは、私も非常に強く感じている。
楽しい人生を送っている人というのは、良い人に巡り会い、そんな人達から良い影響を受けたり、つながり続けている人達である。
一方、不遇で辛い人生を送っている人というのは、人との出会いに恵まれなかったのであり、それは、ある程度、本人の責任なのである。
ひきこもりが悪いとは思っていないが、ひきこもりがその点で、極めて不利であることは否めない。
今は、ネットで人と出会う時代であり、さきほど取り上げた東浩紀さんも、「弱いつながり」である、Facebookなどでのつながりも肯定的に書かれていたと思う。
パーティーで出会った人達も、千人以上のFacebookのフレンドがいる人が多かった。
私など、Facebookは、今年の8月に数年振りに書き込み、フレンドは20人もいない。
まあ、プロフィールを変更するたびに、フレンド中に「○○さんが写真を変更しました」なんてこっ恥ずかしいメッセージが回るFacebookには抵抗があるが・・・
とはいえ、それでも、Facebookは、東さんが言われる通り、弱いつながりに過ぎない。いちいち余計なメッセージが回っても、あまり気にするようなことではないのだろう。ただ、Facebook等、SNSにも良い点はあるだろうが、やはり、リアルなつながりも必要なのである。
ところで、東さんは学者、批評家で、東大を大学院まで最短で出て、28歳で学術博士号を取得しているのだが、三島由紀夫賞を受賞したかなりの作家でもある。
それで、音楽家の渋谷慶一郎さんに嵌められたのだろうと勝手に推測しているが、初音ミクさんが歌う『イニシエーション』という歌を作詞していて、それが超高度だし素晴らしい。
出だしが、

腕を伸ばして空しく あの手を掴んだときから
あなたは止まった鼓動を抱えて彷徨う
奇跡の詰まった最後の交信求めて
あなたはわたしの最初のイニシエーション
~『イニシエーション』(作詞:東浩紀、作曲・編曲:渋谷慶一郎。唄:初音ミク)より~

であるが、その通り、虚しくても、腕を伸ばさなければならない。
鼓動が止まっていても、彷徨わねばならない(現実には無理だが、この鼓動は、心とか感情と思って良いだろう)。

世界的セールスマンだった夏目志郎さんが、百科事典セールスマンだった時、顧客とのつながりを継続出来なかったことを後悔したことを本に書かれていたのを思い出す。
夏目さんは、顧客とのつながりは一生であれば良かったと言っていたと思う。
そんな気持ちでセールスをしたので、成功したのだろう。








恐ろしい自信の力

私は時々、超一流セールスマンで事業家だった夏目志郎さんの話を書くが、もう随分前から、夏目さんの本は絶版になっていて、夏目さんは、もう亡くなっておられるのかもしれないと思う。
夏目さんは若い時、散々な目に遭ってきた・・・元々、中国のお金持ちの子息だったのだが、昭和30年代に、大金と高級車を持って来日し、事業を始めたが、詐欺に遭い、多額の借金を抱えてしまった。
絶望の中、キリスト教徒になり、ボランティアで布教発動を手伝うも、交通事故で脚を折ってしまう。
弱り目に祟り目(不運が重なること)の見本のような人生のまま、30代も半ばにさしかかる。
その時の、夏目さんのお祈りが忘れられない。
だいたいで、こんなものだ。
「神様、これまでの私の人生の責任は私にあります。でも、これからの人生の責任はあなたに取って欲しい。いい仕事下さい」
すると、翌日、スカウトが来たって訳だ。
これって、仏教でいう「他力」、つまり、自分の力でがんばるのではなく、神様仏様の力に頼るというものと同じだ。
他力の代表が、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えれば、死後、極楽浄土に行けるという、浄土仏教の教えで、法然が布教し、親鸞や一遍が受け継いだ。
『法華経』の第25章の「観音経」でも、「南無観世音菩薩」と唱えれば、観世音菩薩のスーパーミラクルパワーで万事OKとある。

もう1つ、夏目さんの話で覚えているのが、「テーブルツー」と覚えているものだ。
外国で、夏目さんが、ある男性に、その夜開催されるナイトショーの話をすると、その男性が「じゃあ行こう」と言う。
いや、招待券無いし・・・と言ったが、その男性は気にせず(アホじゃないのか?)、会場の中に平気で入って行き、マネージャーを捕まえると、偉そうに、「2人分のテーブルだ(テーブルツー)」と命ずる。
マネージャーは近くの部下に「テーブルツー」と言い、部下もその部下に・・・といった感じで、最後に「テーブルツー」と、命じられたボーイが、どっかからテーブルを運んできて、テーブルクロスをかけてテーブルが出来上がり、夏目さん達はショーを楽しみましたとさ・・・と、なかなか迷惑な話である(笑)。
まあ、「気合が大事」ってことだろうか?

いや、この気合ってのは、なかなか役に立つし、私もかなり無茶やってきたと思う。
言い換えれば、「態度が大事」ってことだ。
エマーソンだって、「なんでみんな、自分が公爵だって態度をしない」と人々に文句言っている。
自分は、世界の所有者、プラトンの頭脳、シーザーの手腕、シェイクスピアの詩の能力の所有者だと言ってね。
もう、完全な妄想狂だが、彼は、誰もが認めるアメリカ1の賢者で、人々にも「英雄の話を読む時、それは自分の話だと思え」と、妄想仲間に引き込もうとする。
じゃあ、仲間になってやろうじゃないか?
私は最近、『天動のシンギュラリティ』という漫画に夢中だが、主人公の天童カイト君がまさに、エマーソンの教えを実践してるかのような厨二(中二病)で、「さすが俺」のセリフがよく似合う。
もうカイト君にならずにいられない(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード