ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

因幡の源左

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

雄大な心を持つ人達

あまり知られていないが、江戸末期に、黒住宗忠(くろずみむねただ。1780-1850)という偉大な神道家がいた。
あくまで伝説であるが、キリスト並に、人々の病気を神秘力で治し、嵐も静めたという。
私は、彼の伝聞を見ると、おそらく、彼は本物であったと思う。

黒住宗忠の、こんな話があるが、それは、ほぼ同時代の農民で、妙好人(徳の高い浄土系仏教の一般の信者)として知られる因幡の源左(いなばのげんざ。1842-1930)にも、よく似た話がある。
因幡の源左の話を先にすると、こんな話だ。
源左の畑で、芋が掘り起こされて盗られていた。
それを見た源左は、畑に鍬を置くようになった。
その理由は、「手で掘って怪我をしたらいけないから」であった。
黒住宗忠の方はこうである。
ある夜、宗忠が寂しい道を歩いてると、追い剥ぎに遭い、刃物を突きつけられて、「十両出せ」と脅された。
すると、宗忠は、「済まぬが五両しかない。残りは近日中に必ず」と約束した。
宗忠は、ちゃんと金を借りて、約束の場所に金を埋めた。
それを得た追い剥ぎは後悔し、宗忠に金を返しに行き、宗忠の門下に入った。

黒住宗忠も、山蔭神道のように、何か特別な呪文でも残してくれたら良かったのであるが、それはない。
それはないが、なくもない。
宗忠は、ハンセン氏病(かつての「らい病」)に罹った武士に、一日一万回「ありがたい」と唱えることを指示し、武士がそれを真摯に実行すると、有り得ないことだが、一週間で完治した。
宗忠本人も、常々「ありがたい」を口にしていたと言われる。
因幡の源左は、浄土仏教の信者であり、学はないが、一時期、熱心に僧の教えを受け、当然、「南無阿弥陀仏」の念仏を常に唱えていた。
ついでに言うと、源左も追い剥ぎに遭っている。源左が集金した金を持って歩いていると、それを狙って追い剥ぎが付いてきた。源左はそれに気付いていて、良い頃合で追い剥ぎに近付くと「金がいるならやるよ。だがまあ、ついてきなさい」と言って家に招き、食事を振る舞った。追い剥ぎは反省し、謝罪した。
「南無阿弥陀仏」でも「ありがたい」でも「アジマリカン」でも、好きなものを、毎日、数多く唱えると良い。
期待を裏切ることはないだろう。








超他力本願主義

人生をうまく生きるために覚えておくべき3つのことと言えば、私なら、次のことを思い浮かべる。
1つは、江戸末期から昭和初期の農民であった因幡の源左(いなばのげんざ)という人物の話だ。
草刈りに行き、牛に刈った草の3束を乗せたが、彼は牛を可愛がっていたので、自分も1束担いで帰路についた。
ところが、担いだ草が重くて耐えられなくなり、牛に「すまん」と謝って自分の分も担がせたが、牛は全く平気だった。
これで源左は悟りを開いた。
全て仏様(阿弥陀如来)にまかせてしまえば良い。自分が赤ん坊とすれば、仏様は逞しく賢い大人のようなもので、仏様は、源左である自分の問題など、あまりに容易く解決してしまえるのだ。
これは、イエスが「重荷のあるものは私に預けよ」と言ったのと同じだ。
ラマナ・マハルシも、「電車に乗ってまで、自分の荷物を抱えて苦労する必要はない。神はいかなる重荷にも耐える。荷物を降ろして安心しなさい」と言ったようだ。
余談を言うと、源左の畑の、大根だったか芋だったか忘れたが、泥棒に掘り起こされて盗まれたことがあった。すると、源左は畑に鍬を置いておくようになった。
泥棒が手で掘って手を怪我したらいけないと思ったからだそうだ。

2つ目は、ラメッシ・バルセカールが講和の中で引用した、スーフィーの格言だ。
「神を信用しろ。だがラクダはつないでおけ」
自分で出来る簡単なことは自分でしなければならない。だが、それだけやれば、後は神様にまかせておけば良い。
そもそも、人間に出来ることは、たかが知れている。
実験で確認されているらしいが、簡単な算数の問題を解いている時は脳全体が活性化するのに、高度な数学問題を考えている時は、脳のごく一部しか活性化しないらしい。
つまり、人間が考えるべきことは易しい算数程度なのだ。だが、そんな算数はしっかりやらないといけないのだ。

3つ目は、雑誌に書かれていた、敬愛するUFO研究家、矢追純一さんへのインタビュー記事にあった、矢追さんの言葉だ。
それは、「僕は頭が悪いので、考えることを諦めた」だ。
彼はきっと、算数程度のことはしっかり考えたが、後は、大きな力にまかせたのだろう。だから、高度な数学問題を解決するレベルの仕事が出来たのだろう。

そう 気がついたの 私の悩みは
星達より ずっとずっと ちいさいのにね
なぜこんなに 苦しかったのだろう
身をまかせて 空を見上げ 時を待とう
~『Shooting Star』(作詞・作曲:KURIS・YUICHI NAKASE、編曲:TeddyLoid。唄:IA)より~
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO)







エリナー・リグビーにならないために

ビートルズの『エリナー・リグビー』と『ひとりぼっちのあいつ(Nowhereman)』は、私にとっては不安をかき立てる歌だった。
老婆になっても王子様を待ち続けるエリナー・リグビー。
誰も説教を聴きに来ないマッケンジー神父。
そして、自分だけの世界に住み、誰の役にも立たない計画を考えるだけの「ひとりぼっちのあいつ」。
今でなら、彼らのことを、ひきこもりとか、社会不適合者と言うのだろう。
全く私のことだったが、『ひとりぼっちのあいつ』では、そのひとりぼっちのあいつのことを、歌い手が聴き手に語るように、「君や僕のようなやつなのさ」と歌うのが、なんだか、少し救われた気になっていた。「皆、そうなのかな?」って思えてね。

この3人とも、人付き合いが苦手なことは解る。
社会でうまくやれない理由は、それしかない。
「人付き合いが苦手で」なんて言う人がいるが、それは「私は社会不適合者だ」と言っているのと同じであり、どこにも居場所がないと宣言しているようなものだ。
子供がいるなら、絶対に、人付き合いが出来ない人間にしてはならない。
よほど特別な人間であれば、人付き合いが出来なくてもやっていく道はあるかもしれないが、あなたや、あなたの子供がそれほど特別である可能性は限りなくゼロだ。

思想家の吉本隆明が、「ひきこもりは、他人と接することなしに出来る仕事を見つけるしかない」といったことを著書に書いていたが、そんな仕事はない。
インターネットのいかなる仕事も、人付き合いのスキルのない者では、儲けることは出来ない。
リアル、バーチャルに限らず、駄目なやつに共通するのは、人付き合いが出来ないことだ。

『ひとりぼっちのあいつ』の結論は、「誰かが助けてくれるのを待て」だった。
しかし、孤独者を、少ない、あるいは、ゼロの見返りで助けてくれる者などいない。
ただ、この歌では、きっと誰かが助けてくれるから、あせるな、落ち着け、心配するなと言う。
一言で言えば、「大丈夫だと思え」ということだ。
そうだ。
大丈夫だと思うことが出来れば、本当に誰かが助けてくれる。
それが出来るようになる、極めて稀な教えを言ったのは、因幡の源左という妙好人(救われた念仏者)の父だ。
源左が19歳の時に亡くなった父は、源左に「これからは親様を頼れ」と言い残した。
親様とは、阿弥陀如来のことで、浄土仏教的には、それは、念仏を唱えろという意味になる。
浄土仏教の教えは、念仏を唱えれば、死後、極楽浄土に行けるというものだが、源左の父は、念仏は現世でも力を持つことを知っていたのだ。
今の時代に相応しい言い方をするなら、自分で世界を無理矢理動かそうとせず、絶対的な力にまかせろということだ。
それは、見かけ上は、「平気でなりゆきにまかせる」と言うことになる。
意外なことに、エリナー・リグビーも、マッケンジー神父も、ひとりぼっちのあいつも、自分で世界を動かそうとしていたのだ。
だが、無力感にとり憑かれ、エネルギーを失ってしまったのだ。
悪いことなんか起こるはずがないと信じ、なりゆきにまかせることが出来れば、うまくいく・・・古代から、賢者達はそう教えてきたのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

子供がなぜ死ぬのか

小学4年生女児の虐待死について思うと、私は、スウェーデン映画『処女の泉』を思い出さざるを得ない。
この映画では、熱心なキリスト教信者で、世間的にも立派な農場経営者の男が溺愛する15歳くらいの娘が浮浪者の3人兄弟にレイプされた上、撲殺される。
肉体的にも逞しい父親は、犯人を見つけると、3人を正面から、まさに叩き殺した(兄弟の1人はまだ子供だった)。
そして、娘の遺体を見つけた父親が神に対して言ったことが、私が、あの小4女児に対して思ったことと同じだ。
「神よ、あなたは見ていたはずだ」
この父親の場合は、自分が正しい信仰者であることも含めてだろうが、なぜ娘を助けず、悲惨な目に遭わせたのかと、初めて神を非難したくなり、宗教心が揺らいだのだろう。
だが、父親が信仰を捨てず、娘の遺体がある場所に、自分の手で教会を建てることを誓うと、娘が横たわったところから泉が湧き出る。
この映画の正確な意味は分からないが、1つ言えることは、この父親の宗教心は、世俗的には正しいが、実際は正しくなかったことは分かる。
娘を溺愛するあまり、常に娘のことを一番に考え、他の者・・・妻でさえ、ぞんざいに扱うことも多かった。
そして、自分を立派な宗教者であると考え、知力体力に優れ、社会的にも成功していることから、世界を自分が動かしていると思っていたのだろう。
だが、イエスは、「神よ、私は戒律を守っています。献金もしています」と言う者ではなく、「神よ罪人である我を哀れみたまえ」と祈る者を高く評価した。

神・・・と言うかどかはともかく、この世界では、宇宙の運行に身をまかせれば幸福でいられる。
ちなみに、冷静に考えると、私自身は神を信じてはいないかもしれない。
ただし、世界を動かす何らかの意思とか仕組みというものがあるのは間違いなく、それを神と呼ぶなら、私はそれを信じていると言える。
そして、あの父親の娘は、やはり父親同様、自分の考え方を優先して生きていた。
とはいえ、娘はまだ若いので、本来は大目に見られるはずであるが、父親のエゴの分が合わさってしまい、悲惨が身に降り注いだ。
もちろん、それは父親も同じである。
そして、あの小4の女児の場合はどうかというと、社会全体・・・つまるところ、我々のエゴを引き受けてしまったのだ。
特に、児童相談所に必要な金が回らないほど、税金を不当に自分の給与にしてしまった沢山の者達(働きもせずに大企業の重役並の給与を受け取っている者は少なくない)はじめ、税金の無駄使いを平気でやっている者達の罪は大きいが、我々も無罪ではないのだ。

因幡の源左(いなばのげんざ)という、江戸末期の農民は、19歳で父親が亡くなる時、父親に、「これからは親様を頼れ」と遺言される。
親様とは、仏様・・・具体的に、阿弥陀如来であると思う。
源左は、初めはどうしていいか分からなかったが、草運びをしている時、牛を可愛がっている源左は、牛に草を担がせると共に、自分も一束担いだ。
しかし、どうにも身体が持たなくなり、「すまない」と言って、自分が担いでいた草も牛に担がせると、牛は全く平気である。
それを見て、源左は、自分の荷は阿弥陀如来に任せれば良いという、キリスト教の教えと同じものに行き当たる。
インドの聖者ラマナ・マハルシも「列車に乗ってまで、自分の荷物を頭に乗せて苦労する必要がどこにあろうか。同じように、全てを神に任せて安心しなさい」と教えた。
我々も、それを学ぶべきである。
ただし、スーフィーの格言にある、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
を忘れてはならない。
草は牛が運ぶが、草を刈るくらいのことはしなければならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

死ぬまで成功する

『アラビアンナイト』のお話の1つ、『アラジンと魔法のランプ』は、こすれば魔物が現れて願いを叶えてくれる魔法のランプのお話である。
日本には、『一寸法師』の中で、元々、鬼が所有していた「打ち出の小槌(うちでのこづち)」というものを一寸法師が手に入れるが、これは、振ればどんな願いも叶う。
どこの国にでもあるのだと思うが、日本でも、他に、仙人や導師のような存在が、竹の棒や小刀といった、ちょっとした道具をくれて、それを振るとかすれば、どんな願いも叶うといったお話がよくある。

注意していただきたいのは、それらの道具自体に何か特別な力があるのではなく、力自体は人間の中にあり、それを、儀式めいたことで引き出しているだけである。
人間は、儀式や呪文といった形にすることで、力を発揮し易いのである。

中国の倶胝(ぐてい)というお坊さんは、何を聞かれても、指を1本立てるだけであったという。
そして、死ぬ時、「先生に教わった一本指の禅を、一生で使い切れなかった」と言う。
これも、単に、指を一本立てれば、何もかもうまくいくという信念があれば、実際にそうなるというだけのことで、偉い仏教の先生方が解説する難しい意味など何もない。
そして、指を一本立てるという形にすれば、人間は容易く万能の力を発揮出来るのである。
私は、いったいどこで覚えたのかは分からないが、幼い時、右手の中指と人差し指の2本を立て、「エイ!」と言えば、何でも思い通りになるという想いを持っていたが、実際、それは奇跡の力を発揮した。その威力は、今思えば、夢のようであるが、裏切られたことはない。
だが、大人になれば、荘厳であったり、高貴であったりする形や儀式が必要になる。
しかし、逆に言えば、それだけあれば良い。
他のことは、人間は、どうせ続けられない。
お釈迦様も、それが分かっていたから、念仏という簡単なものだけを残した・・・というのが、浄土仏教の教えで、他宗の仏教では反発もあろうが、一休や良寛は、他宗の僧侶でありながら、それを認め、念仏に転向した。

現代の我々の魔法のランプ、打ち出の小槌は、アファーメーション(心を鼓舞する言葉)で、これは、呪文、宣言、確言、自己暗示、唱え言葉、何と呼んでも構わない。
別に、好みであれば、倶胝のように、指を1本立てても良いし、念仏を唱えても、もちろん良い。
江戸時代の農民であった、因幡の源左(いなばのげんざ)という男は、18歳の時、父が亡くなる直前に、「これからは親様(阿弥陀如来のこと)」を頼れと言い、源左はそれを守った。
源左が念仏を唱えたという話はあまり聞かないが、彼の口癖は「ようこそようこそ さてもさても」で、それさえ唱えていれば、何でもうまくいったのだろう。もちろん、苦労はあったが、彼にとっては、それも面白いだけのものであったのだろう。
アファーメーションは、1つでなければ続かない。
その、たった1つの言葉を、常に忘れずに使えば、全てはうまくいき、しかも、使えば使うほど強力になることは、『アラジンの魔法のランプ』や『一寸法師』の、魔法のランプや打ち出の小槌がそうであることは、後日談であるため伝わっていない。
あるいは、ひょっとしたら、アラジンや一寸法師は、魔法のランプや打ち出の小槌のことを忘れて、落ちぶれてしまったかもしれない。
倶胝だって、もし、一本指の禅を忘れてしまったら、やっぱり駄目になっていたが、彼の場合は、そうではなく、一生楽しくやれたようだ。

初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』の中の「奇跡は起こる」という言葉も、素晴らしいアファーメーションだ。
マイケル・ジャクソンだって、『Black Or White』の中で、「僕は奇跡を信じる」「今夜、奇跡は起こった」と歌っているが、彼が最後、あまり幸福でなかったのは、あまりに才能があって、アファーメーションを沢山持ち過ぎたからだ。
釈迦、法然、親鸞がよく知っていたように、人間に使えるのは1つだけなのである。
私も、自分のお気に入りの言葉をたった1つ選び、それを常に使っている。使う度に力を増しているので、すぐに無敵になるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。






最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
【広告】 Udemy
IT学習
タグクラウド
QRコード
QRコード