ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

四股

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

若さ、美しさ、強さは望み通り

望む美しさ、若さ、強さを得るには、今朝も述べた通り、腕振り運動をしながら、「これによってそうなる」と思えばそうなる。
実を言えば、腕振り運動や佐川流四股でなくても、何でも良いと言えば何でも良い。
ただ、条件として、数多い繰り返しを快適に行えることが必要で、それで言えば、腕振り運動や佐川流四股に優るものは、そうはないと思う。
腕振り運動は、達磨太師(達磨さんとして知られる仏教の僧)が考案したという説もあるが、肩甲骨をほぐして血行を良くし、仙骨を中心に全身の骨や筋肉を調整する至高の運動だ。
佐川流四股も、元々、佐川幸義が指導した大東流合気柔術にあったものではなく、佐川幸義が工夫に工夫を重ねて考案したもので、熱心に取り組めば超人的になると言われている。

だが、他の運動が好ましく感じる場合、それでやっても良いと思う。
例えば、『エメラルドタブレット』の著者と言われるドリール博士は『星化学分析』で、さそり座生まれの者に対してだが、腰を前後、左右に振る運動を勧めていた。別にさそり座に限らず、良い運動だから、私も、1日一度くらいは、それぞれ100回ずつくらい行っている。

一時、巷で流行したことがある腰回し運動は、私は、あまり長時間は続けられないと思うのだが、好みに合えば、ゆっくりで良いから5~10分行えば良いと思う。
この運動は、特にウエストを細くすることに絶大な効果があると言われるが、「これをやればウエストが細くなる」と思いながらやれば、当然そうなる。しかし、それは、他の運動でも同じなのである。
また、腰回し運動で運が良くなるとも言われることがあるが、これも、腕振り運動でも、佐川流四股でも、腰振りでも、そう思いながらやれば、やはりそうなる。

軽い運動を、熱心に数多く繰り返すと、余計な思考が消え、「ウエストが細くなる」とか「きれいになる」と唱えながらやらなくても、そう願っていればそうなる。
そのためには、やはり、数多く繰り返せる軽い運動であることが必要だ。

ところで、西洋の魔術師の中に、特に好んで行う者が多いのが、両手を上に上げる・・・つまり、バンザイをする運動で、これには非常に優れているところがあると思う。
あまり厳格に、「ピシ―っと」手を真っすぐ上に上げる必要はなく、「すっと」上に上げれば良い。
最初は、50回もやれば、ややシンドいと思うかもしれないが、その分、体力増進効果があり、カロリー消費も高くダイエットにも向いている。
そして、何より、思考を空にする効果が高いので、引き寄せ効果、魔法効果が大きいのが特徴だ。
続けていれば、数百回はやれるようになるが、この運動は、若干負荷が大きい分、少ない回数でも効果がある。
欠点・・・というのではないが、あえて不利な点を上げれば、やはり、負荷が大きくシンドいので、続かない恐れがあるということだ。
ところが、私は、この運動が好きなわけがある。
初音ミクさんが、『Ten Thausand Stars』(英語の歌)という曲を歌う時、

and I'll finally see ten-thousand others just like me
Filling up the night sky, we'll never be lonely

そして やっと一万の仲間と出会い
夜空を覆えば 私たちが孤独になることはない

の、最後の“we'll never be lonely”のところで、ミクさんがすっと両手を上げる姿が、あまりに美しく見とれてしまうが、あのポーズが、この西洋魔法トレーニングのものと同じに思える。
すっと、手のひらを前に向けて、両手を上げ、静かに下ろす。その時、背中は美しく伸びていて、僅かに湾曲している。
美しいダンスは、秘教の儀式から来ている場合も多く、これも、その一種と思う。
残念ながら、公式の映像は全くないが、YouTubeに、この動画が多くある。
YouTube の 「Miku Expo 2016 in China」での動画のリンクは次である。
【YouTube】Ten Thousand Stars┃Miku Expo 2016 in China

両手を上に上げる運動については、安藤一男氏の『無意識の魔力』の中で、「手振り運動」として取り上げられている。ところで、この運動を行っているというお坊様は、非常に「ビシっと」やるようであるが、私は、そこまででなく、多くの回数が出来るよう、リラックスしてやれば良いと思う。








腕振り運動で、なぜ若く美しくなるのか

健康・美容に関する引き寄せは、普通はとても易しい。
ただ、私のアレルギーもだが、先天的だったり、幼い時からのものなどは、仕組みは分からないが、それが基本的設定のようなものになっていて、治すことが難しい場合もある。
とはいえ、私のアレルギー(皮膚病)は、ほぼ日常生活に不都合がない程度には改善されている。

健康で、若く、美しくあるために、実際は、運動をしたり、食事を制限したりする必要はない。
運動もせず、好きなものを好きなだけ食べているが、肥満せず健康であるというパラレルワールド(並列宇宙)に波長を合わせれば(そんな世界に居ることが楽しいと感じれば)、そんな世界に移行することが出来る。
だが、多くの人の場合、運動しなければ良い身体になれないという思い込みがあるので、筋トレをしたりジョギングをしたりするのだが、それが続かない場合には、肥満したり、健康を失ったりする。
そこで、腕振り運動や、佐川幸義流四股をやることをお勧めする。
ともに、非常に楽な運動で、何もしないより快適で、続け易いからである。
腕振り運動は、両腕を後ろに振るだけだし、佐川流四股は、言ってしまえば、腕を振らず、膝を高く上げない足踏みである。
その効果は、一般的に言えば、
◆腕振り運動・・・すらりとした健康な美しい身体になる。若返る。
◆佐川流四股・・・強靭な引き締まった美しい身体になる。若返る。
であるが、これは一応、こうであると言うだけのことだ。
腕振り運動は万能で、あらゆる効果があり、病気も治る。
佐川流四股は、超人的な身体になることも出来る。
つまり、腕振り運動をやればやるほど、若返り、美しくなるし、佐川流四股を踏めば踏むほど超人化する。
だが、実際のところ、どんな効果があるかを自分で設定することが出来る。
しかし、言い換えれば、やっても何の効果もないという設定も、やろうと思えばやれるのである。

つまり、そうなると思うからそうなる・・・というだけの話なのであるが、何もしないより、腕振り運動や佐川流四股をやった方が、良い状況になると思い易い。
私は、昨年くらいまでは、腕立て伏せやスクワットのような筋トレもかなり取り入れていたが、毎年、徐々に、そんな運動を減らしていて、今は、気分転換にやる程度だ。
それで、毎年、(初音ミクさんのライブのため)関東に行くごとに自分の写真を撮るが、以前は、今より食事量が少なくて、筋トレをしていたが、身体がふっくらしていたり、昨年は、貧弱さが残る身体だったが、今年あたりはかなり良くなってきた。来年はもっと良い思い込みをすることで、より理想的な身体になっていると思う。とはいえ、達成に時間がかかるわけではなく、それこそ一晩で変身してしまうような人もいる。
私の写真はツイッターで時々公開しているが、これは確認のためで、冗談交じりに、徐々に変化しているのを楽しんでいるだけだ。
【リンク】Kay ツイッターホーム

引き寄せが上手い人になれば、今の世間的には非常識なほど、外見を大幅に変えてしまえるらしい。
筒井康隆さんの『果てしなき多元宇宙』(角川文庫『時をかける少女』に収録)で、主人公の暢子は、一重の瞼が一晩で二重になり、元々、美少女であったのが、人を圧倒するほど美しくなったりするが、パラレルワールドを移動すれば科学的に可能性のあることである(今は科学的には仮説なので、科学的にと言うなら「可能性がある」と控え目に言うが、実際ば確実と思う)。
しかし、元々美少女どころか、ブス、デブと言われ続けてきた人が、誰もがちやほやする美女、美少女になってしまったということもあるらしい。これに関しては、実際に確認したわけではないが、別に不思議な話とは思わない。まあ、私は、あまり外見にこだわらないので、そんなことに取り組む意欲はあまりないが、その気になれば、誰でも出来ると思う。
とにかく、無数に存在するパラレルワールドには、いかなる世界も存在し、さらに、想像することで、新しい世界を作り出すことが出来る。
そして、想像出来るどんな世界も(非常識と思える世界も)あり、今がそんな世界であることを楽しいと思えば、そんな世界に移動するのである。
そのために、イメージングをしたり、アファーメーション(肯定的確言)をするのであり、イメージングやアファーメーション自体に力があるわけではない。
ただ、負の精神的傾向のために、なかなか望むパラレルワールドに飛べない人も多い。
ひょっとしたら、現代では、より難しくなるような精神性が作られているのかもしれない。
だが、余計な思考を消してしまえば、それが簡単になる。
そのためにも、腕振り運動や佐川流四股をやりながら、これをすることで理想の身体になると思えば、容易くそうなる。
思い込みのブロックを壊すために、腕振り運動や佐川流四股を、毎日1000~2000回、特にブロックが強い人はもっとやれば良いと思うが、心が素直な人は、数百回程度でも、かなり成果を出しているようである。








一瞬で叶える

私は、昨日も、四股(ナンバ四股。佐川流四股。コンパクトな足踏み)をトータル2時間程度踏んでいたが、まあ、四股でなくても、何でも良いと言えば何でも良いのである。
だが、この四股にしろ、腕振り運動にしろ、これらほど絶妙な運動も考え難い。
つまり、その気になれば、誰でも、何時間でも続けられ、長時間やれば、それなりに疲労を感じて充実感がある。ただ、丁寧にやらないと気力が充実せず、逆に、続かない。
また、長時間やっても、身体に余計な負荷がかからないので身体を痛めないどころか、身体の細かいところまで調整されて健康になり、生命力が増して若くなりつつ、自然に強くなる。
それが基本であるが、後は、個人的な目的によって効果は異なってくる。
相撲の四股とは違うと言っても、昔の、力士がもっと強かった時代の四股は、実は佐川流四股に近かったのではないかと言う専門家もいる。
私は、明治時代以前の相撲の四股は、おそらく、佐川流と同じだったと思う。
よって、武術的鍛練を志す者なら、佐川流四股を毎日長時間やれば、特に足腰が強くなり、武術・武道の基本は足腰であるから、この四股で達人のように強くなる。
あるいは、美しくなることが目的なら、自分の思い描くヒーローやヒロインのような、あるいは、モデルのような身体になる。
他の美容的運動の指導者もよく言うが、脚が長くなるといったことも実際に起こると思う。特に、美容運動の専門家には、イメージ通りの身体や、あるいは、顔になると断言する人もいて、そんな人の教室は流行っていて実績が出ていたりする。
そして、実は、身体を変えられるなら、世界の全てを変えられる。まあ、これについては、そんなものだ程度にしておく。

ところで、肝心なことだと思うが、どのくらいの期間で願う変化が起こるかだが、一瞬だ。
「一瞬で体形が変わるかい!」と言いたい向きもあろうが、逆に言えば、一瞬で変わらなければ困るのである。
まあ、穏やかな言い方をすれば、「変わったつもり」ということなのだろうが、それでガッカリしてはならない。
だって、本当に「変わったつもり」になれば、物質的にそうなったように気分が良いのだからだ。
これもまた、逆に言わせてもらうが、物質的にそうなったように気分が良くないと、物質的にそうならない。
そして、時間というのは幻想なのだから、なってしまえば、一瞬でなったとしか思えない。
頭の中だけで・・・つまり、イメージだけで「なったつもり」になるのは、コツを掴めば出来るのかもしれないが、そんなコツを掴むのは難しいかもしれない。
物凄い困難を経験した人や、極めて勘の良い人なら、そんなコツを掴めることがあるかもしれないが、そんな人は少ないかもしれない。
だが、四股や腕振り運動をやりながらだと、その気になり易い。
と言っても、四股や腕振り運動をしながらイメージングするわけではない。
あくまで、丁寧に四股や腕振り運動を行うのである。それで無に近付いた時には、楽々、なったつもりと言うか、なったと思うだろう。慣れてくれば、なったとしか思えないようになる。
まずは、淡々と丁寧にやれば良いのだと思う。








四股だけで全てを得る原理

私は、昨日から、時間があればふらふらとでも立ち上がり(少々疲れていることもある)、今朝も書いたナンバ四股を踏んでいる。
出来る限り、1時間でも2時間でも。
とはいえ、ナンバ四股は歩くよりも軽い運動だ。
今どきの人は、2時間も歩けば脚が棒になるといった感じと思うが、ナンバ四股なら、1時間、2時間と踏んでも「シンドいなあ」とは思うだろうが、それほどキツくはないのではないかと思う。
それに、シンドければ、意図的に楽な踏み方をしても良い。
踏んでいれば、ヒーロー体形、モデル体形に近付くし、インナーマッスルと体幹が鍛えられて動きが妖精のように軽やかになるし、足腰も強くなり、武道の達人のような身体になれるのだから、少しくらいの辛さは我慢しても良いのではないか。
そして・・・
粘って踏んでいたら、奇妙な・・・と言うべきか、不思議な精神状態になってくる。
それが、フローとかゾーンと言われるものかもしれないし、至高体験とか太洋感情というものかもしれない。
ランナーズハイと同じ、あるいは、似たものかもしれない。
ここでは、とりあえず、超越意識の状態と言っておく。
そうなると、エネルギーに満ち、身体の疲れが低減され(あるいは消え)、四股を踏むのも気持ち良くなってくる。
そんな状態を度々経験すると、これが不思議なことに、日常で何でもうまくいくようになる。願わずとも幸運に恵まれる。
これに関し、あるインドの聖者がうまいことを言っていた。
この世が海の表面だとすれば、超越意識状態とは海の深い場所だ。
海の深い場所(超越意識状態)に慣れた者にとっては、海の表面(この世)でのことはあまりに簡単なので、自分では何もしていないと思っていても、自動的にうまくいってしまうのだ。
もし、何か願いがあり、その願いは既に叶ったと思っていたら、急速にその通りになる。
あるいは、そのままの形でなくても、もっと良いようになる。例えば実例で言えば、可愛い女子高生を彼女にしていると思っていた馬鹿な男(笑)がいたが、女子高生よりずっと可愛い女子大生の彼女が出来た。賢い女子大生なので、話してて面白く、一緒にいろいろ楽しいことが出来るらしい。

まあ、とりあえず、美と健康のために、ナンバ四股、あるいは、腕振り運動を淡々と行うと、がっかりすることはないだろう。
これで、モデル体形、ヒーロー体形になると決めたらそうなるし、脚だって長くなると決めたら長くなる。
私は、これから、ナンバ四股だけを、気持ちとしては、毎日、死ぬまでやろうと思う。
まあ、上体に関しては、短刀の木刀を、左右10回ずつくらい振ろうと思う。ペンライトを振るみたいで楽しいからね(笑)。








四股は究極の運動

私は、佐川幸義流四股を毎日欠かさず、最近はトータルで1時間は踏んでおり、昨日は3時間ほど踏んでみた。
佐川流四股はテンポが速いこともあり、長時間行う時は、回数よりも、とにかく長い時間やることを重要視するようになった。
このように、数多く反復することが出来る運動の価値は、世間では、ほとんど認められていないと思うが、達人の間ではそうではない。
たとえば、イチローのような並外れたバッターであれば、一晩中でも素振りが出来ると思うし、実際にやっていたこともあると思う。
ある若いバッターは、落合博満さんに個人指導を乞うたら、せっかく連続で5時間も素振りをやらされたのに、その価値を認識出来ず、その後、長時間の素振りをやらなかったから、野球選手として成功しなかった。
佐川流四股は、ある入門者(佐川幸義の大東流合気柔術の道場への入門者)が寝食を忘れてこれに打ち込むと、道場の中で、佐川幸義以外の者が倒せなくなったという話がある。
佐川幸義は「四股を踏みながら死ねる」とまで言ったことがあるらしい。

四股でも、木刀の素振りでも、あるいは、念仏でも坐禅でも静坐でも、一晩中(時間が許す限りという意味。昼間は用事があるが、夜は寝なければ時間がある)、あるいは、寝食を忘れて、あるいは、死ぬまでやれる何かを持っている者は幸せで、人生を全う出来るか否かは、そのような何かを持っているかどうかで決まるような気もするのである。

ところで、私は、佐川流四股について何年も研究しているが、佐川流四股は、やり方がよく分っていないというか、正式に固定されたやり方はないと思う。
実際、佐川幸義の大東流合気柔術の達人達の間でも、佐川流とされる四股のやり方は異なっていると思う。
佐川流四股の今日の相撲の四股との違いは、以下のようなところである。
・深く腰を下ろさない
・大きく身体を傾けない。
・足をつま先からそっと降ろす
・テンポが速い
・外股にならず、足を平行にして行う人もいる
このように、佐川流四股は、相撲の四股とはかなり異なるが、相撲の四股も、昔は佐川流四股に近かったという説もある。

私は、ナンバ歩きやナンバ走りで知られるナンバを研究し、佐川流四股に取り入れ、完成を見たように思う。
ナンバとは、今日普通に見られるような、歩く時や走る時、右足を前に出す時に右腕を引いて身体をねじる動きをやめ、右足と右腕を同時に前に出すというほど極端ではないが、右足を上げる時、右手を上げ、右足を降ろす時に右手を下げるという動作をバランス良く行うもので、いわば相撲の四股もナンバという点では佐川流四股と同じである。
ナンバこそ、身体を効率良く使う要であるが、今日のスポーツでは真逆のことが行われている。
佐川流四股でナンバを取り入れるには、手を軽く膝に当て、脚の動きに自然に同調させれば良いのである。
ここで、佐川流四股を発展させたナンバ四股のやり方の詳細を書く。

(1)足を肩幅、あるいは、それより少し広く開いて立つ。手は膝の上、脚の付け根の下あたりに軽く添える。手は終始、自然に膝に添える。
(2)足は、並行に、つまり、つま先が前を向くようにする。ハの字(外股)や逆ハの字(内股)にならない。
(3)右足から始める場合、右足を上げる(右膝を上げるという感覚と思う)が、あまり高く上げない。自然に身体が傾く分は良いが、無理に身体を傾けない。
(4)右足をつま先からそっと降ろす。降ろした後、特に腰を落とさない。

それぞれの中で、曖昧な部分がある。
たとえば、(2)の開始時の立ち方で、腰をどのくらい落とすかは書いていない。
これは、全く落とさず、脚を真っすぐ伸ばしていることが多いが、少し腰を落としてやることもある。やっている途中で変化させる場合もある。
ただ、腰を落とす場合も、少し落とす程度である。腰を落とした方が脚の負荷が大きく、筋肉が鍛えられるが、この四股はインナーマッスルと体幹を鍛えるのが主眼で、筋力強化を目的としていない。とはいえ、長時間行えば、自ずと筋肉も鍛えられる。
また、(3)で足をどのくらい上げるかだ。「あまり上げない」とは曖昧だが、実際、曖昧で、各自、やりながら工夫する。人によっては、ほとんど踵だけ上げ、つま先が床からほとんど(あるいは全く)離れないという人もいる。ある弟子によれば、佐川幸義も、踵だけ上げ下げしていたのではないかと言っている。尚、佐川幸義が四股を踏むのを見た者はいないらしいので、本当のことは分からない。いずれにしても、この四股では、足は高く上げず、床上十数センチまでと思う。
このように、ナンバ四股では、やりながら、各自にあったやり方を工夫するのである。
ただし、極端なことはせず、何千回、何万回とやる中で、おだやかに変化させていくのである。

四股や素振りで、延々繰り返すことを修得すれば、これが大きな力になる。
たとえば、アファーメーションの効果が増し、引き寄せの力が格段に強くなるが、これはまた午後の記事で述べる。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード