ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

四股

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

秘法 無音霊気四股(保存版)

坐禅や瞑想を、何も考えず、無念無想でやることは、難しいと言うより、無理だと思う。
坐禅では、本式には、公案というものを考えながらやるらしいが、それは、専門的にやらないと難しい。
そこで、数息観といって、吐く息の数を十まで数えることを繰り返したり、マントラ(真言)を心の中で繰り返したりする。
しかし、そんなふうに、頭の中だけで、数えたり、唱えたりするのは、時間が長くなるほど苦痛でストレスになる。ストレスを取るはずの坐禅や瞑想でストレスを溜めていては仕方がないが、坐禅や瞑想をする者には、そんな者が多い・・・というか、ほとんどそうではないかと思う。
そこで、立って行う立禅(気功や太極拳ではタントウコウと言う)というものがあるが、私は、しっかりとした気功家と思える人の動画で、やり方の説明を1分見ていたら、あまりの複雑怪奇さにやる気を失った。
それで私は、腕振り運動を圧倒的に勧めるのだが、ほとんどの人は、腕振り運動を普通の運動のように考え、力が入り過ぎて、本来の腕振り運動の良さを殺してしまっている。

そこで、身体鍛錬にもなるし、なおかつ、心も統一させる効果があるものとして、四股に注目した。
四股と言っても、相撲の四股とはかなり・・・いや、全然違い、四股という言い方は止めた方が良いとすら思う。
元々、大東流合気柔術の師範であった佐川幸義氏が考案したものだが、佐川氏はやり方を正式に広めず、弟子達の間でもやり方が異なり、高弟の中には、自分のやり方も自己流と心得ているのか、一切語らない人もいると思う。
私の四股も、佐川流の中に入るのかもしれないが、全く自己流である。
しかし、やっていて面白いので、ちょっとやり方を書いてみる。

(1)足を平行にして立つ。つまり、外股(ガニ股)でも内股でもない立ち方をする。足の外側の距離(小指と小指の間の距離)が肩幅になるように開くが、もう少し開いても良い。
(2)上体を真っすぐに立てたまま、少し腰を沈める。沈め方は、かかとを床につけたまま、膝を前に出しながら、一番ゆったりと感じるところまで腰を落とす。腰が落ちる距離は、数センチから十数センチと思う。腰を落とす際、くれぐれも上体が前屈や後屈をしないように。
(3)左足をわずかに上げる。わずかとは、1ミリから2~3センチ程度で、本当にわずかである。この際、上体があまり右に傾かないように心がけるが、無理に傾けないよう力んでもいけない。また、意図的に体重を右足に移動させてはならないが、自然に移動する分は構わない。このように、左足を上げた際に、いかに自然に、わずかに右に傾き、右足に体重をわずかに移動させるかといった微妙な感覚が大切で、数をこなすうちに、しっくりしてくる。このしっくりさが、この四股の要諦(肝心なところ)である。
(4)左足をつま先からそっと床に降ろす。かかとまで降ろし終わるまで、あくまでそっと行う。
(5)両足で真っすぐ立った状態で静止せず、すぐ、今度は右足を上げ、同じように行う。

慣れないと、脚がかなり疲れるかもしれない。
その場合、両脚で真っすぐ立った状態で少し静止するが、止まっているように見えても、1秒に1ミクロンでも動いているというくらい、極めてゆっくり動いていると思えば問題ない。
この四股で、肉体、精神だけでなく、霊も磨くことが出来る。
おそらく、精神エネルギー(これが気である)を使えるようになり、病気も治るし、引き寄せも出来るようになると思う。

四股や、その他の鍛錬の仕方など全く書いていないが、司馬遼太郎の『真説 宮本武蔵』や、『天狗芸術論・猫の妙術』が、非常に参考になった。
あるいは、宮本武蔵の『五輪書』や『荘子』に秘中の秘があると感じた。








自分が偉い人に劣ると思わない

もし、私が悟りを開いたら、初音ミクファンじゃなくなるだろうし、腕振り運動も四股もやらなくなると思う。
まあ、悟りを開く可能性は、当面はごく低いだろうが(笑)。

何度か書いているが、私は、腕振り運動(スワイショウ)や、佐川流四股の正しいやり方を、何年も求めてきた。
それで、いろいろな文献を漁り、動画を見、Webサイトを調べながら、自分で実践してみた。
だが、それらに関する、達人や、それなりの立場にある人の間でも、言うことが全然違うことも珍しくない。
気功の権威ある専門家と思われる人達でも、腕振り運動のやり方は、それぞれ、かなり異なる。
佐川幸義(大東流合気柔術の師範で佐川流四股を開発したと言われる)の直弟子や、それに準ずる人達でも、佐川流四股のやり方が異なる。
それで気付いたのだ。
腕振り運動も、佐川流四股も、正しいやり方などというものはないのだと。
そもそも、佐川幸義が四股を踏むのを見た者は誰もいないらしい。

腕振り運動や四股だけではない。
おそらく、武道や武術の達人・名人と言われる人達というのは、彼らを達人・名人と思う人にとって、達人・名人であるに過ぎない。
彼らを嘘つきと思っている人から見れば、やはり嘘つきなのだ。

だから、腕振り運動や四股や、その他の評判の高い鍛錬方法にしたって、やりたければやれば良いが、それらでなくても、別に何でも良いのである。
例えば、私は、マジカルミライのコンサートに行った後は、身体の調子が非常に良くなるが、それは気分的な問題だけではなく、コンサート中の身体の動きが良いのである。
ペンライトを振る動き、膝や腰のリズミカルな動きなどだ。
それで得られるものは、腕振り運動や四股と比べ、優りも劣りもしない。

実際、世の中には、腕振り運動や四股ではない別のこと・・・例えば、木刀の素振りや、バットの素振りで、高い身体能力や精神の力を引き出している人が沢山いる。
他にも、無限の種類があるだろう。
そして、鍛錬方法は、研究を続ければ、自分に合ったものを自分で作れるのである。
そう言えば、当然であるが、佐川流四股だって、佐川幸義が自分で開発したものだ。
彼に出来て、我々に出来ないと考えるのは正しいことだろうか?
もちろん、既に存在する、いろいろな鍛錬法を研究するのは良いことだし、必要とも言える。しかし、研究し過ぎても弊害があるはずだ。
そして、誰にも教わらず、自分に合った優れた鍛錬法を考案し、それで優れた成果を得た者は、沢山いるはずで、むしろ、それが望ましいものなのである。

と言っても、別に、腕振り運動や佐川流四股を軽んじるつもりはないし、これらのやり方のうち、気に入ったものは、今後も実践するつもりだ。
しかし、自分に合った、もっと良いものも、やはり思いつくべきだし、実際に思いついたのである。
そして、心身の鍛錬だけでなく、高度な精神や霊性の開発、あるいは、科学技術に関しても同じことが言えるのである。
もちろん、デタラメや過ぎた我流が良くないことも確かだろう。また、良いか悪いか、自分で判断出来ない場合もあるだろう。
だが、特に学識のない者が、テクノロジーの分野で優れた発明をするという話は珍しくもない。
我々は、もっと、思い込み、偏見、固定観念、権威を壊し、捨てても良いのである。








かけた時間だけの問題

プログラミングがマスター出来なかったという人がいるが、それは、プログラミングの訓練にかけた時間が足りなかっただけと思う。
TOEICで思うような成績が取れないのも同じと思う。
別に、訓練にかけた時間が足りないから、その人は根性がなくて駄目というのではなく、十分な時間、やる気にならないなら、向いていないのかもしれない。実際、私はTOEICをやる気はない。
ただ、時間をかけずに出来ると思っているなら、それは甘いと言うしかないと思う。

私は、社会人になって初めてやった仕事がセールスマンで、2人の凄腕セールスマンであるセールスマネージャーが私の上司だった。彼らはマネージャーの仕事をしながら、時々、自らセールスしていた。
何度か書いたが、私は駆け出しの時に、いきなりセールスコンテストで優勝したことがあるが、それ以降は不振だった。
その時、その両方のセールスマネージャーに同じことを言われた。
「俺とお前の違いは、訪問件数だけだ」
どんな下手なセールスマンでも、訪問件数さえ稼げば売れるのである。
2人のうち1人のセールスマネージャーは天才型で、彼が1セールスマンだった時、やはり凄い売上げ成績を上げていたが、どうしても勝てないセールスマンがいたと言う。そのセールスマンというのが、とんでもなく下手なセールスマンであったらしい。しかし、そのセールスマンの訪問件数には、全く勝てなかったと言う。
セールスの仕事の成果も、かけた時間に比例するのである。
ただ、そのNo.1セールスマンは、客先訪問が苦にならないタイプだったのである。
客先訪問が苦手というなら、やはり、セールスマンには向いていない。
まあ、若いうちに、向いてない仕事をするのも良い経験であるが、やはり、自分の向き不向きは考えた方が良い。
しかし、たとえ向いていても、時間をかけずに成果を出そうという考えが甘いことだけは、ちゃんと理解しないといけない。

身体を鍛える運動では、重い負荷の筋トレを長時間やると、身体が壊れる。
自重のみ使う腕立て伏せでも、連続で100回、200回とやるのは苦しく、マゾでもない限り続かないし、それを毎日やれば、やはり、身体を壊す。
膝をついてやる腕立て伏せでも、やはり、回数が多いと苦しいものだ。
私は、一頃、腕立て伏せを毎日(連続で)200回以上やっていたが、辛くてやるのが嫌だったのに、根性でやっていた。それで、腕や肩が壊れたが、やめられるように壊れてくれたのかもしれないと思う。
別にスポーツ選手になるわけでもないなら、腕立て伏せは、例えば、椅子とか、机に手をついて、負荷を十分に弱くして、苦しくないようにやれば良い。
さらに、壁に手をついてやる(身体は壁から数十センチ離れる)形なら、非力な人でも出来ると思う。
ただし、負荷を軽くした分、回数は、数百回とか数千回行わないといけない。とはいえ、負荷が弱ければ簡単と思う。
私は、腕振り運動や佐川(佐川幸義)流四股をやっているが、これらは、1回1回は極めて楽だ。しかし、やはり、連続でなくて良いから、1日トータルで、少なくとも数百回、出来れば数千回やりたいものである。
佐川幸義は、毎日数千回、多い時で数万回やったという。
そして、十分な回数をやれば、誰でも驚くほどの成果が出る。
私は、腕振り運動は1日3~5千回、四股は2千~3千回行っており、もっとやりたいと思う。楽だし、面白いからね。
イチローだって、好んで行っていた超長時間のストレッチに関し、「毎日やりたいですね」と言っていたらしいが、気持ちがよく分るのである。

引き寄せも同じである。
引き寄せが出来ないと言う人は、単に、引き寄せのための時間が足りないだけだと思う。
方法は、よく知られているものなら何でも効果がある。後は時間だけだ。
時間もかけずに成果を出そうなんてのが甘いだけだと思う。
例えば「ありがとう」と唱えれば幸運が来るという話がある。
間違いなく本当と思う。
ただし、1回や2回、また、1日数十回唱えただけで「成果が出ない」と言うのがおかしいのである。
江戸末期の神道家、黒住宗忠は、らい病(ハンセン氏病)にかかった武士に、1日1万回「ありがたい」と言うよう指示し、その武士が真面目にそれをやったところ、1週間で完治した。
宗忠は、最初は口先だけでいいから「ありがたい」と唱えるよう、誰にも勧めたが、天の恵みがあるのは、数多く唱えた者だけである。
ただし、苦しみながら、頑張って唱えてはいけない。あくまで気楽に、努力なく、出来れば、楽しく唱えることである。
引き寄せに努力は不要とは、そういう意味である。








なぜ言葉の魔法が効かなくなったか

芸能人の自殺のニュースが続いているらしいが、元々、日本は異常なほどの自殺大国だ。
自殺の原因なんて、恨みとか絶望と思われるかもしれないが、結局のところは、無力感から来る不安だ。
本来、不安なんてものは、一休さんの遺言ではないが「心配するな、なんとかなる」と思ったり、「大丈夫」と口にすれば消えるものであるが、今の日本ではそうではない。
その理由は2つで、1つは、日本人の心が弱くなったこと、そして、もう1つは、日本人の判断力が狂っていることだ。
なぜそうなったかというと、学校やテレビによって、日本人がモラルを失ってしまったことに因る。
モラルがないと、誤った判断しか出来ず、心が弱くなるのである。
そもそも、モラルとは、「放埓(勝手気まま)に振る舞いたいと思う気持ちに制約を加えること」だ。
あくまで「制約を加える」ということで、全て抑えるわけではない。しかし、理性ある人間として必要な分は抑えなければならない。
そして、個人的欲望に制限をかけずに生きている者は、正しい判断が出来ず、しかも、心が弱いのである。

なら、心を強くする方法は簡単で、それは、モラルを持つことだ。
分かり易い言い方をすれば、「個人的欲望に加えた制約の倍の力を神はその者に与え、世界を闊歩させる」だと考えて良いと思う。

尚、断ち物(特定の欲望を完全に断つ)のような極端なやり方は勧めない。
断ち物で有名なのは、幼少だった徳川家光の重病からの回復を願い、春日局(かすがのつぼね)が、生涯、薬を飲まないと誓ったり、上杉謙信が、戦の勝利を願って、生涯、女を抱かないと誓ったりしたものである。
それで、家光は治り、謙信は戦で無敗だった。そして、彼らは誓いを実際に、生涯に渡って守った。
だが、願いが高貴でない場合は、必ず破滅が訪れる。
これも、分かり易い譬えで言えば、個人的欲望で断ち物をすれば、悪霊や動物霊の力を借りることになり、一時的にうまくいって喜ぶが、すぐに悲惨な目に遭うのである。
願いがまごうことなき高貴な場合は、やることを止めはしないが、もし、誓いを破ったら、どうなるか分からない。

モラルを高める・・・つまり、自己制約の力を高める楽な方法には、腕振り運動や四股(佐川式に準じる)を数多く行うことがある。
それにより、無意識のエネルギーを多量に味方に出来るからだ(気功や合気武術では、気を蓄えるといった言い方をする)。
そうなれば、自分の心を支配し易く、「大丈夫」と口にすれば、容易く大丈夫と思える。
そして、大丈夫と思えば大丈夫になるし、なんとかなると思えばなんとかなるのである。

「ありがとう」「ツイてる」などといった魔法の言葉と言われるものがあるが、モラルのない、心が弱い人間には、あまり効力はない。
ただ、心が弱い者でも、思い切り苦労したり、温かい人の情けに触れたりして、心が純粋になると、そんな言葉が有効になることはよくある。
だが、そうでないなら、モラル、すなわち、自己制約の力が必要であるのに、このことを言う者がほとんどいない。まあ、これを言うと、本が売れないのかもしれないが(笑)。








腕振り運動、四股と引き寄せ

私が、腕振り運動と四股の真の価値が分かってきたのは、本当に最近だ。
ややこしい話を避けるため、単純な表現をすれば、この2つの効果は、健康というだけでなく、普通の人からすれば、神秘的とも言える超越した身体を楽に作れ、引き寄せが可能になる。
元々、私は、このブログで何度も書いたように、馬鹿げているとも言える奇跡を、主に子供の時に頻繁に起こしたが、同じようなことが出来てしまうのである。
もちろん、そういったことを可能にするものは別に、腕振り運動と四股に限らない。
おそらく、何でも良いのだと思う。
だが、分かり易く手軽、そして、これは少し理解し難いかもしれないが、ある程度の評判が出来ているところに利点がある。
つまり、腕振り運動や四股は、一般から見れば、確かに、珍しいものだが、それでも、珍しいに過ぎず、奇異というほどではないので、気楽にやれる。この意味は案外に大きい。
いくら良くて効果もあっても、魔法結社の儀式では、いろんな意味で、ちょっと拙(まず)いのである。

さて、腕振り運動も四股も、はっきりと決まったやり方はないと思う。
それぞれの専門家や達人の間ですら、やり方がかなり違うことは珍しくない。
だが、やる人が、一晩中やれるほど楽で、そして、自分で納得出来れば、それで絶対間違いない。
良い書籍や動画も沢山ある。
後は、自分で工夫して、好きなようにやれば良い。

ところで、腕振り運動と四股は、世の中では、どうも2通りの説明がされている。
初めに言っておくと、どちらの説明も正しい。
まず、腕振り運動では、1つは「血流が良くなる」、もう1つが、「気が巡る、あるいは、蓄えられる」。
四股では、1つは、「インナーマッスル(深層筋)が鍛えられる」、もう1つが、「気が巡る、あるいは、蓄えられる」。
気のことをメインに訴える気功家や武術家が多いかもしれないが、気は見えないし、気の実在が科学的に確認されていないという難点がある(多分、永遠に確認出来ない)。
実際に、気があるかどうかは、本当は誰にも分からない。
だが、私は、気は、無意識のエネルギーだと思っている。
ところで、無意識だって、目に見えないし、実在を科学的に確認出来る訳ではない。ただ、無意識があることを示唆することは出来るし、十分に出来ている。
気だって、「合気上げ」といった特殊な現象によって、存在することを示唆する者がいるが、理屈に強い者が本気になれば、ごく普通に説明してしまうと思う。
ただ、理屈の説明では、どこか一部に、ちょっと曖昧な部分を残してしまうのだが、そこには、無意識のエネルギーが関与している。
別に、気が無意識のエネルギーだからといって、気功や気を活用する武術を貶めるつもりは全くなく、むしろ、気の達人であれば、普通に納得すると思うし、それで、気功や気を活用する武術の価値が下がるわけではない。
どちらも見えないのだから、気と言っても無意識のエネルギーと言っても良く、そして、両者は同じなのである。
そして、無意識のエネルギーなのだから、これをちゃんと扱えれば、引き寄せも簡単なのである。
引き寄せを、瞑想や、イメージ法や、あるいは、祈りや言葉でやろうとするのは、心だけ、あるいは、脳だけで行おうとすることで、それは非常に難しい。
確かに、最終的には、心や脳が引き寄せのための万能装置(のようなもの)を使うのだが、普通の人は、その万能装置のメンテナンスが十分でなかったり、充電出来ていないのだ。
だが、腕振り運動や四股をやれば、それが出来る。
もちろん、腕振り運動や四股には、血行を良くし、インナーマッスルを鍛えたり、他にも、実際的な効果がある。
しかし、本当に重要な力は、俗な言い方であるとは思うが、やはり引き寄せで、もっと重々しい言い方をすれば、現実創造の力なのである。
ちなみに、腕振り運動と四股の両方をやる必要はなく、いずれかで良い。
とはいえ、両方やるメリットも大きいし、両方やれば、相互に良い影響を与えるのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード