ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

呼吸法

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

引き寄せには運動か深呼吸が必要な理由

人間も運動をしないといけない。
運動は、筋肉や心肺の発達や機能の維持と言うより、血行の促進のためで、それは、酸素の循環のためという面が大きい。
人間の脳が多量の酸素を消費するということもあるが、酸素をしっかり取り入れ、脳や全身を巡るようにしないと、肉体はもちろん、精神の健康を損なう。
特に人間においては、心身という言葉の通り、心と身体は一体なのである。
そして、運動をしないと、引き寄せがうまく出来ない。
引き寄せには、脳を始め、全身の神経の健康が必要であるからだ。
だが、どうしても運動をしたくなければ、あるいは、諸所の事情で運動が出来ないなら、簡単な呼吸法だけでもやった方が良い。
呼吸法なんて言うと難しそうだが、深呼吸も立派な呼吸法の1つだ。
そして、実を言うと、呼吸法だけでほとんど十分な運動になる。
なぜなら、最初に述べたように、運動の目的は酸素の循環なのであるから、むしろ、下手な運動より、良い呼吸法の方が効果が高かったりする。
とはいえ、ある程度の筋肉や心肺の発達のメリットは大きいので、軽い運動で良いから毎日やった方が良い(腕振り運動や足踏み四股は特にお奨めだ)。
引き寄せ能力が高い人は軽い運動を習慣にしている者が多く、運動はしないが、深呼吸だけは朝晩欠かさずやっているという引き寄せ名人もいるようだ。深呼吸も、そんなに長時間ではなく、朝晩30秒ほどという話を聞いたことがある。
政木和三さんのように、小学生の時に腹式呼吸の練習をして、引き寄せにおいても超人的になった人もいる。
政木さんの場合は、毎日30分ほど腹式呼吸を練習し、1分で1回の呼吸が出来るまでになったらしい。魔法使い的な力を得たければトライしてみると良い。

私は、暇があれば、腕振り運動や四股をやっている。
腕振り運動は、元気一杯にやるのではなく、力を抜いて丁寧に、割と小さな動きで、出来るだけ数多くやることを心掛けている。
四股は、四股と言っても、ほとんど足踏みで、一般的な足踏みとの違いは、足を肩幅に開いて平行にすること、手は膝に当てること、つま先はほとんど床から離さず(数センチ浮かす程度)、踵の上げ下げがメインで、下ろす時はつま先からそっと下ろすことだ。
歌舞伎の歩き方にもちょっと似た所があると思う。
これは、佐川幸義流四股の1つと考えて良いと思うが、特に軽やかで女性にもお奨め出来るものだ。

引き寄せでは、実際には、願った時・・・と言うより「設定した時」に、瞬時に叶っている。
つまり、「私は金持ちだ」と決めたら、瞬時に金持ちになっているし、「私は美少女だ」と決めたら、やはり、瞬時に美少女になっている。
ただ、エゴが「そんなはずがない」と邪魔をして、また瞬時にキャンセルされることが多いだけだ。
「(憧れの)あの子が恋人だ」と心で言えば気分が良いのは、実は、それが自然で正常なことだからで、それが実現しないと不快なのは、それが不自然で異常だからだ。
だが、エゴは、自然で正常なことではなく、現状維持に固執する性質があるのだ。
そこで、引き寄せのテクニックで、なんとかエゴを黙らせようとするのだが、エゴは押さえ込もうとすればするほど勢力を盛り返してくる。
徹底的なアファーメーションでエゴに勝つという方法もあるが、一番確実なのは、思考を消すことだ。何と言っても、エゴは思考なのだからだ。
思考を消す、最も強力な方法は、「今を意識する」ことで、これは「今今メソッド」と呼ばれている。
他にも、自分の意識が存在していることを自覚する方法があり、これが究極と言われることもある。
どちらも、単に、「今、今、今、・・・」と心で言ったり、「私は在る」と心で言っても効果があり、いずれ、思考は消える。そうなれば、引き寄せ自在である。
一般的にやりやすいのが、設定(願いが叶ったと決めること)をめげずに何度も繰り返すことで、なぜやり易いのかと言うと、これが、人間が成長する普通の方法だからだ。
「私は金持ちだ」と思い、現実がそうならなくても、そんなのどうでも良いとばかりに、いちいち気落ちせず、何度もやってみるのだ。
それは丁度、赤ん坊が、何度転んでも、歩くことを諦めず、ついには歩けるようになることと同じで、人間にとって、一番基本的な方法なのである。








引き寄せ力を上げる呼吸法

今を意識するほど、エゴは粗暴で不埒(ふらち。不届き)な厄介者から、身の程をわきまえた下僕になり、あなたが7つの偉大な力を揮う(ふるう。発揮すること)邪魔をしなくなる。
だが、アダムとイヴの時代からエゴは放置され、過去の後悔や未来の不安を絶えず持ち出して、我々に今を意識させないようにした。
しかし、ひとたび、今を意識し、今を生きるようになれば、エゴは退き、あなたは万能の力の保護を受ける。

今回は、今を意識する呼吸編である。
呼吸を制御すれば、容易く今を意識出来、簡単にエゴを退かせ、すぐに引き寄せの力を発揮することも珍しくない。
だが、やはり、即効ではなく、エゴをよくしつけられた状態にし、引き寄せが出来ることが当然の状態になるべきである。

2つの方法を紹介するので、なるべく多く実践したら、効果は早く、大きくなる。
1つはこうである。
心で「ナ」と唱えながら、短く(1~3秒)息を吸い、「ダーム」と唱えながら、無理のない範囲で、なるべく細く長く(少しずつ)息を吐く。
これを繰り返すだけである。
息を吸った後、ほんの少し(1~3秒)、息の流れを止めると、さらに効果が上がる場合が多い。
これを、「今やっている」と思いながらやれば、自然に、今を意識するようになる。

もう1つは、「数息観(すうそくかん)」と呼ばれる仏教の易しい修行だ。
やや大きく息を吸った後、「ひとーつ」と心で唱えながら、無理のない範囲で、なるべく細く長く(少しずつ)息を吐く。
そして、またやや大きく息を吸い、「ふたーつ」と心で唱えながら、同じように吐く。
これを「とお(十)」までの10回繰り返し、10回が終わったら、次はまた1に戻って「ひとーつ」から繰り返す。
数息観の優れているところは、数を数えることで、呼吸に集中出来ることだが、それでも、邪念が起こり、うっかり数を20とか30まで数えることがよくある。
そこで、やはり、「今、これ(数息観)をやっている」と思いながらやれば、さらに呼吸に集中し、自然に、そして、しっかり今を意識する。

いずれでも好きな方をやれば(両方でも良い)、容易く意識を今に留めることが出来るようになる。
思い出す度にやり、1日トータル30分でもやれば、1~2カ月後には、かなりの引き寄せの力がつくだろう。わずか数日で大きな引き寄せを行った例も少なくはないが、欲張らないことである。








呼吸法で引き寄せを行う(朝の記事の補足)

悟りを開くと、物事の区別くらいはするかもしれないが、優劣はつけない。
その区別もしているかどうか分からないほどで、例えば、自分の親や子と他人とを、それほど区別せず、同じように見ている。
必要な買い物くらいはするが、見せびらかすためや満悦するために買うことはないので、一切の広告宣伝に全く影響されない。
だから、実際は、どんな引き寄せでも出来るが、大金を持ったり、豪邸や高級車を得ようとはしない。
不幸な人に寄りそうことはしても、必ずしも救わない。
イエスは、人々を目覚めさせ、人類を救うために、あえて神のような力を見せたが、その目的を果たすために死ぬことになっていた。

ラマナ・マハルシは、悟りを開くには、心を滅ぼす必要があると言った。
呼吸の制御で、一時的に悟りに近付いても(心が希薄になっても)、呼吸が元に戻れば、心は戻って来る。
だが、悟りを開き、心を完全に消したら、上に述べたような状態になるのであるが、それは、俗人的には楽しいことではない。
だから、ラマナ・マハルシは、呼吸の制御の価値をやや低く述べたが、引き寄せ自在になって、俗人的な意味で人生を楽しむためには、呼吸の制御は有益なのである。
今朝も言った通り、呼吸数を減らすことで、心をクリアにし、引き寄せ自在になる。
それには、ある程度の訓練をして、必要な時間、呼吸数をかなり少なくすることが必要だ。
だが、呼吸が元に戻れば、やはり凡人である。

あの政木和三さんだって、確かに、小学生の時、1分で1回の呼吸が出来るようになり、ほとんど超人化したが、性格は悪かったと自分で言われていた。
政木さんは、一時的に心が消えた状態の時は、大発明をしたり、予言をしたり、その他にも、様々な超能力を発揮したが、普段は我の強い、レベルの低い人間だったという。
また、こんな話もある。
ラマナ・マハルシと同時代の聖者として知られるニサルガダッタ・マハラジの弟子、ラメッシ・バルセカールは、師のマハラジは明らかに心(自我)があったし、それは、ラマナ・マハルシも同じであると言ったらしい。
そして、私も、政木和三さんとは、何度もゆっくり話したが、微かながら、やはり、政木さんにも心はあったと思う。
だから、普通の人と比べれば、全く控え目なのだが、自慢もすれば、エッチな話もするのである。

だから、我々は、マハルシのように、呼吸の制御を軽く見ず、これに励んで、引き寄せの力を高め、人生を楽しむと良いと思う。
そうすれば、後で、悟りにも近付き易くなると思う。
呼吸制御の方法に関しては、朝の記事の該当部分を引用すると、

----- 引用開始 -----
呼吸数を減らすコツは、やや多めに息を吸い、細く長く吐くことである。
訓練という意味では、心の中で「ナ」と言って息を吸い、「ダーーーーーム」で細く長く息を吐くと良い。
また、様々な加速学習の研究では、息を吸っていったん止めると、記憶力などの能力が向上することが分かっているという。
それも取り入れると良いかもしれない。
----- 引用終了 -----

となる。
他に、W.E.バトラーの『魔法入門』や『魔法修行』には、「4の呼吸」といって、4つ数えながら息を吸い、2つ数える間止め、4つで吐き、また、2つの間止めるというものがある。
加速学習関連では、4つ数えながら吸い、4つ止め、4つで吐くとか(吐いた後では息を止めない)、同じことを6つでやるというものもあったが、手元に本がない。
しかし、これらは、ゆっくり静かに呼吸し、呼吸数を減らすことをし易くするための工夫であるというだけのことだ。
私の場合は、最初は、上に書いた「ナ・ダーム」の呼吸をしていたが、今は、少し多く吸って、細く長く吐くということを、いつでもどこでもやっている。








政木和三さんは深い呼吸で超人になった

もう一度、政木和三さんの話をさせていただく。
政木さんはピアノが弾けた。しかも、かなりの腕前であり、講演会でもよく演奏しておられたし、自ら作曲・演奏したピアノソロ演奏のCDも出している。
ところが、政木さんは、ピアノの練習をしたことは一度もないと言う。
常識的に考えれば、とんでもない馬鹿話である。
政木さんの本にも書かれているが、政木さんがピアノを弾けるようになったのは小学生(多分、高学年)の時で、こんな経緯である。
政木さんは、当時(子供の時)、吃音(きつおん。どもり。言葉をスムーズに発声できない障害)に悩まされていて、それを治すのに効くと言われ、腹式呼吸の練習をしたらしい。
ところで、私は腹式呼吸なんて微妙というか、いい加減な言葉だと思う。
よく、「お腹に息を入れて」なんて言う人がいるが、息は肺にしか入らず、お腹に入るわけがない。
要は、腹式呼吸とは、腹を意識しながら呼吸をすることで、通常、息を吸う時に下腹を膨らませていき、息を吐く時に下腹を凹(へこ)ませていく。
結果、呼吸で重要な役割を果たしている横隔膜を動かし、呼吸し易いようにするのだと思うが、横隔膜は勝手に良いように動くのだから、特に意識しなくて良いし、しない方が良いと思う。

政木さんがやったのは、単に、深くゆっくりとした呼吸をしたのだ。
吸う時は、ただ、たっぷり吸うことを心掛ければ良く、特に、速いか遅いかは気にしなくて良いと思う。
しかし、吐く時に、出来る限り(ただし度を過ぎないよう)ゆっくり吐くのだ。
政木さんは、毎日、熱心にやっているうちに、1か月ほどで、1分で1回の呼吸が出来るようになったが、その時、「変化」が起こった。
母親がお経を上げるのを聴いていたら、政木さんはお経のことなんて何も知らないのに、そのお経の意味が分かってしまい、母親にそれを説明してやると、母親は納得して喜んだ。
その頃に、急にピアノが弾けるようになったのである。
おそらく、その他にも、常人を超えた能力を得ていて、当時はそんな言葉はなかっただろうが、引き寄せも自在になっていたはずだ。

何のことはない。引き寄せ自在になりたければ、政木さんのように深い呼吸をやれば良い。
ただし、いつも言うように、「本気」で「一所懸命」にやらないといけない。とはいえ、力まず、リラックスしてね、野球の素振りと同じだ。
政木さんの場合、吃音を治したいという切実な想いがあったので、それが出来たのだ。
何ごとも、単に良い想いをしたいと思っているだけでは、一所懸命になれないのである。

ところが、政木さんは、パラメモリという装置を発明し、これを使えば、腹式呼吸の練習をしなくても、すぐに、腹式呼吸の修行を長期間やったのと同じ状態になれると言っていた。
しかし、はっきり言って、私はそうだとは思えない。
私は、かなりパラメモリや、その後継機のアルファシータ、さらには、バイオソニックを使ったが、全く変化は感じなかった(気付かない変化は多少はあったとは思う)。
ただし、パラメモリも、本当に、長い期間、毎日、長時間使って成果を上げた人はいるので、やはり、パラメモリを使った場合も、「心を込めて」使うことが必要なのだと思う。
当然ながら、今は、パラメモリやその後継機は入手不能である。
私は、深い呼吸をやれば良いと思う。
単に、大きく吸って、ゆっくり吐く呼吸である。
私は昔から「微かな呼吸」と呼んでいる。吐く時に微かなのである。
過呼吸になってはいけないが、細く、かつ、しっかり吐くよう心掛ければ良いと思う。








アンダーグラウンド化する本物の引き寄せ

古代から、実践的な効力を持つ宗教や密教、その他の様々な組織・集団では、入会する者を覚醒させ、普通の人から見れば超人のような存在にするところが一定数ある。
だが、伝統的宗教も新興宗教も、効果的な修行法(メソッド)を研究し教えることより、単に、信者の数を増やし、そこからもたらされる利益(献金など)ばかり目的にするところが多く、それが宗教のイメージを悪くしているのだと思う。
だが、個人としての人間に高い力を持たせる(実際は、本来持っている力を覚醒させるだけだが)ことは、いろいろ問題があるようで、本当にそんなことが出来る教団はアンダーグラウンド化し、表の世界から消えてしまう。その理由を探るのも面白いのだが、ここでは余計なことなので省く。
ただ、重要なことは、特に、これまでの世界では、そして、おそらく現代でも、この事情はあまり変わらず、超人化したら大人しくしていた方が良いのである。
2ちゃんねるとか5ちゃんねるといった、最初からアンダーグラウンド化しているSNSでは、割とマジな超人がいたりするが、彼らは、メジャーなSNSでは、鳴りを潜め(大人しくすること)たり、差し障りのない適当なことを書いているようである。

それはともかく、本物のメソッドには同じ目的がある。それは、精神を「とある状態」にすることだ。
それは、昨夜も少し書いたが、現在形の言葉だけを使う状態にすること・・・すなわち、精神を「今」に戻すことで、それは、過去や未来といった幻想から心をあるべき場所に引き戻すことである。
その最も簡単なこととしては、歩いている時に「歩いている、歩いている」と心で言ったり、食事をしている時にも、やはり、「食べている、食べている」と心で言うことがある。
2400年前の中国の荘周(荘子)が書いた『荘子』では、「視線を自然にし、思慮分別・是非好悪を捨て、あるがままに見ろ」と書かれているが、これも、精神を今に引き戻す単純だが強力な秘法で、これだけでも十分な教えなのである。
禅では、呼吸を10まで数えることを繰り返す数息観というものがあるが、これは、うっかり、40とか50まで、あるいは、もっと多くまで数えてしまうことが多く、しっかり10まで数えるサイクルを繰り返せるようになれば、心は過去や未来である「記憶が作る幻想」にさ迷うことがなくなり、今に存在するようになるのである。
実は、それだけ出来れば、引き寄せが出来る立派な超人になるのに、教団維持のための余計な教えが多いので、修行者はいつまでも凡人なのである。
呼吸に関しては、実に様々な工夫がされている。
これは、修行者の個性に合わせたバリエーションという意味でもあるのだろう。
たとえば、自分の呼吸を観察するだけというもの、あるいは、極めて微かに呼吸するというものがある。
また、「1から10まで数える」より「10から1まで数える」方が効果がずっと高いことは、密教の世界では普通に知られている(効果があり過ぎる弊害もある)。
5ちゃんねる掲示板では、数年前から「今今メソッド」というのが人気があるらしく、やり方は単に、「今、今、今、・・・」と唱えるのであるが、これは、私が4つの時にやっていた方法に似ていて、やれば、驚くべき現象を起こせる。
ただ、私のやり方では、自我が消えてしまうスリルが味わえるのだから、やり過ぎれば本当に自我が消えてしまうので、私はあまりやっていない(教えるには、ちょっと多い記述が必要なので、ここでは書かないが、そのうち書くかもしれない)。
ただし、「今、今、・・・」と唱えるだけなら、引き寄せが出来るようになるだけで済むので(変な言い方だが)、問題はないと思う。

朝、目が覚めたばかりで、頭に思考というか記憶が戻ってこないうちは、精神は「今」の状態にある。
そんな時に言葉にしたことは現実化する。
逆に言えば、朝目覚めた時の状態を思い出せば、「今」の状態に戻れる。
引き寄せが出来ないと、いろいろヤバい時代なので(笑)、そして、引き寄せは簡単なので、ちょっと工夫してみてはと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード