ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

呼吸法

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

神秘の呼吸法

あまり学校で行われることはないが、ヨーガや仙道、あるいは、ヨーロッパの魔術的な関係の修行・訓練の中では、呼吸の訓練が行われることが多い。
おそらく、それらのものを研究したブルガリアの教育研究者が、それらの呼吸訓練を取り入れた高度な記憶力を引き出す学習法を考案し、それを、スーパーラーニングという名で公表したのだと思う。そして、その後の経緯はよく知らないのだが、そこから、現在、よく知られているような、特殊な高速学習法が派生したのだと思われる。

能力を高めるという呼吸法は沢山あり、どれが最も良いのか分からないが、シンプルな基本形を1つ知っておくと良いと思う。
いざという時、落ち着いて冷静になり易いし、記憶力や運動機能が向上するかもしれない。
しかし、あまりに大量に空気を吸い、過酸酸素状態になるようなものは避けるべきだ。
上記のスーパーラーニングでの呼吸法の鍵は、「吸って、いったん息を止めると、記憶力が向上する」だ。
よって、例えば、「1、2、3、4、5」と数えながら(当然心の中で)吸い、「1、2、3、4、5」で止め、「1、2、3、4、5」で吐くというふうにやる。

だが、様々な呼吸法を調査すると、安定して、最も効果が高くなるポイントは、「ゆっくり吐く」だけである。
吸った後で息を止めるのは良いかもしれないが、1つ難がある。
それは、「息を止めろ」と言われたら、普通の人は、喉の筋肉で気管を圧迫し、気道を塞いでしまうのだ。
水に潜って息を止める時に、そのようになるので、それをやってしまうのだが、イギリスのW.E.バトラーは、権威ある魔法入門書で、これは筋肉の緊張を起こす、とて拙い方法であると述べているが、私もそれに賛成だ。
息を止める時は、バトラーが言うように、息を吸うことで上がった肋骨の位置を維持することで行わなければならないが、なぜか、これを理解出来る人が少ない。
単に、「喉の気管を塞がずに、空気の流れを止める」と言っても良いのだが、とにかく、これが理解出来ないらしいのだ。

そこで、「息を止める」ことを省略し、「ゆっくり吐く」ことに専念すれば良いのだと思う。
「ナ・ダーム」の呼吸を覚えておくと良い。
この言葉に何の意味もない。
「ナ」で吸い、「ダーム」で吐く(当然、言葉は心の中で)。
吸う時は、普通の呼吸の時よりやや多目に吸うのだが、無理に多く吸ってはならない。
吸った後、息を止めようとしなくて良いが、自然に、一時、止息した状態になると思う。しかし、そこは、意識しなくて良い。
そして、「ダーム」と(心で)言いながら、ゆっくり、細く吐く。
なるべく長い時間をかけて吐くが、無理に長くしなくて良い。
落ち着いてやれば、少なくとも、数回続けると、呼吸の長さは一定になるはずである。
しばらく続けると、心が落ち着き、無我状態に近付く。
毎日やっていると、健康が向上し、人格に良い影響が見られ、知的能力の向上が期待され、さらには、直観も増す可能性がある。
劇的な治癒効果が見られたという事例もあると言われる。
もしかしたらだが、超能力に属するような能力も開発されるかもしれない。

「ナ・ダーム」の呼吸は、深呼吸の一種と言えなくもないが、体操的な深呼吸は呼吸が大きく雑で、せいぜい数回しか出来ないし、やるべきでない。
この「ナ・ダーム」の呼吸であれば、10分くらいは続けられ、それで気分が良くなる。
尚、「ナ・ダーム」の代わりに、「ア・ウーン(阿吽)」と唱えても良い。
インドの聖者、ラマナ・マハルシが教えた、こんな呼吸法もある。やや上級である。
「私はこれではない(吐息)」
「私は誰か(吸息)」
「私は彼である(止息)」
「彼」とは「神」のことで、昔のインドでは「神」と直接言うことを避けるので、このように言うのだと思う。
よって、別に「私は神である」と唱えても良いのではないかと私は思う。
この呼吸法で超能力が得られるそうだ。













当ブログ著者が執筆したAI書。
誰でも、AIを理解し、自分でAIを作れるようになることを目的に書きました。
数学、プログラミング、AI理論等は不要です。
エンジンの仕組みや熱力学を知らなくても自動車が運転出来るように、マイクロ波の科学が解らなくても電子レンジが使えるように、一般的な知識でAIを作れるよう、日常的な言葉で、普通に理解出来るテーマで、AIの作り方を説明します。
そして、入門編以降は、面白いテーマにAIで挑みます。

超簡単な補助行

幸せになるために必要なことは、1つの口癖、あるいは、呪文をいつも唱えることだけだ。
以下のものの1つで十分である。

◆神という言葉に抵抗がなければ
・神様の奇跡が起こる。
・神の行いは巧みで、神の手法は確実。
・神は道なきところに道を作られる。
・奇(くす)しき御業もて神はなしたまえり。
・予期しない御業もて神はなしたまえり。
・神の御手は巧みで、神の御業は過ちがない。

◆神という言葉に抵抗がある、あるいは、神と直接言いたくなければ
・私は目の前で起きることを驚嘆の目で見る。
・予期せぬことが起こり、道が開ける。
・奇跡は起きる。

だが、世の中には「行動第一」として、
「棚からボタモチ」
を、
「棚がなければボタモチ落ちず」
と言い換え、「棚くらいは自分で作れ」と言っていた人がいたが、私は、それはそれで好きである。
実際、一生懸命、棚を作ると、なぜか、隣のお姉さんが、「ボタモチいらない?」って持って来てくれる。
しかし、「神の奇跡が起こる」と唱えていると、予期せぬ恐ろしく良いものがやって来る。

よって、呪文以外には特に必要はないのだが、役に立つかもしれないことを述べる。
それは、生命力を増強する呼吸で、私はこれで何度も命を救われた。
私は、10代の頃から狭心症の気があったように思われ、時々、胸が苦しくなったり、また、原因不明の強烈な目眩に襲われることがあった。
悪霊の仕業かもしれない(笑)・・・いや、マジなのであるが。
そんなことも含め、危機的状況の時は、生命力を高めなければならない。
死にそうになるたびに実験を重ねることで修得したもので、何かの本に書いてあるというものではない。
ひどく簡単だ。
それはそうで、緊急事態で役に立つには、超単純でなくては駄目だ。

単に、胸いっぱいに息を吸うのである。
そんなに無理に吸わなくて良いが、肺が一杯になったところで吸うのをやめるが、吐かない。
吐かないが、喉の筋肉を締めて息を止めることはしない。
単に、息の流れを止めるのである。
そうしている時、ろっ骨を持ち上げたままになっているはずだ。
だが、息の流れを止めても、息は自然に、ごく静かにゆっくりと漏れていく。
時間が経ち、十分に息が出て行ったら、力を抜き、肋骨を下ろす(胸を下す感じと思う)。この時、さらに少し息が出ると思う。
これを繰り返せば、経験上、生命力は強化され、気分が良くなる。
また、心が静まり、不動心になる。
大抵の病気もこれで快方に向かうと思う。
もし、上記の手順でも面倒なら、単に、胸一杯に息を吸い、ゆっくり吐くことさえ覚えておけば良い。
大勝負の前とか、緊張している時にやると良いだろう。
それに、息を吸い、呼吸が止まっている時に想い描いたことは、現世に現れ易いのである。これは、ある大作詞家が活用していた方法である。











生命エネルギーを取り込む様々な方法

子供の時、スキップをした時のことを私はよく覚えている。
歩いたり、走ったりする時には感じないが、スキップは実に気分が良く、移動手段として好きだった。
まるで、見えない天馬にでも乗っているようで、自分の脚で動いている気がせず、スキップなら、どこまでも行けそうだった。

普通の子供は身軽なものだが、なぜだろう?
それほど筋肉が強い訳ではなくても、筋肉も筋(すじ)も柔軟で、かつ、体重が少ないからで、さらに、炭水化物をエネルギーに変換する効率も高いのかもしれない。
だから、「子供は元気だ」という印象があるのだろう。
では、身体を鍛えている大人なら、子供のように身軽かというと、そうではない。
私も、一頃、毎日、数百回に及ぶスクワット、腕立て伏せ、腹筋運動をしていたが、むしろ、疲労の蓄積を感じることがあったし、そもそも、子供の時は、特に運動をしていなかった。

もし今、子供の時の身体に戻ったら、どう感じるだろう。
アニメ『キャシャーンSins』で、スーパーアンドロイドながら身体が朽ちつつあった女性型ロボットのレダが、ルナ(見かけ11歳位の美少女)の癒し(スーパー再生術)を受けた後、親愛なる男性型スーパーアンドロイドのディオに言った言葉が印象的だった。
「あの頃(作られたばかりの頃)のように身体が羽のようだわ」
きっと、我々も、子供の時の身体に急に戻ったら、そう感じるに違いない。
そして、その感じは、筋トレで取り戻すことは不可能だし、むしろ、余計な筋肉は、重いし、動きを邪魔することもある。
以下に、あなたもルナの癒しを受けたようになれるであろう方法を記す。

1つの仮説だが、筋肉や血管中の「気(あるいは氣)」というものの量が、生命力(その発現が軽快で自由自在な動き)に深く関係すると言われる。
電波工学の世界的権威だった関英男博士は、この気や、それと同等と思われるプラーナ(ヨーガで言う精妙なエネルギー)は、GTP(グラヴィトン粒子)であると考え、ここでは省くが、その構造も推測していた。
このGTPの量は、生まれた時が最大で、後は、減っていくだけというから、なるほどと合点もいく。
では、それを体内に取り込む方法があるのかというと、ある。
もちろん、気功やヨーガでは、GTPと同じと思える気やプラーナを取り込む方法は教えられているが、普通の人には、なかなか出来ない。
関博士は、もっぱら、毎朝2千回の腕振り運動で、GTPを補給し、それは生命エネルギーでもあるのだから、関博士は若返り、90歳を過ぎても世界中を飛び回って研究を行い、自分の胃癌も治してしまった。
腕振り運動は、自然に立って、てのひらを内側に向け、肘を伸ばした両腕を平行に保って前後に振るだけの簡単な運動で、後ろに振る時に力を入れ、前に振る時は力を抜いて惰性で振る。
ただ、スワイソウとか、せい手とも呼ばれるこの運動には、様々なやり方があり、一度、自分で調べてみると良いだろう。私は4種類のやり方を採用している。
※関博士のやり方の詳細は『宇宙学序章 グラビトニックス 』にイラスト入りで書かれているが、絶版で古書は高価な場合が多い。

別のGTPを取り込む方法として呼吸法がある、「スーパーラーニング」という超記憶学習法や、カバラーの魔法修行、その他、多くのもので共通する部分が多い呼吸法だが、「自然に吸って、しばらく止め、ゆっくり長く息を吐く」
という呼吸の仕方も、GTPを体内に蓄積すると関博士は言われていた。
尚、常に、鼻で呼吸することが必要だ。
タイミングは様々であるが、私が気に入っているのは、
・2つ数えながら、やや大目に息を吸う
・4つ数える間息を止める。ただし、筋肉の力で喉を塞ぐのではなく、肋骨の動きを止め、呼吸の流れだけを止める。
・8つ数えながら吐く
これを、数回から数十回繰り返す。
数える数は、上の通りでなく、やり易いようにやれば良いと思う。
また、数息観と言われるやり方では、息を吸って止め、吐く時に「ひとーつ」と数えることを、「とおー」まで(つまり、10まで)続け、また「ひとーつ」に戻るという、仏教系のものもある。この時も、細く、長く吐くことが大切だ。

また、私が毎日必ず千回以上行っている大東流合気柔術式の四股は、非常に効率よく気、プラーナ、あるいは、GTPを取り込めるように感じている。
最初にスキップの話を書いたが、スキップは、歩いたり、走ったりするのとは違い、リズムがある。そのリズムも、GTPの増大に関係するのではないかと思うが、大東流合気柔術式四股には、そのリズムがあるように感じるのである。
ご興味があれば、『佐川幸義 神業の合気』に、写真でやり方が説明されているので、参考にしていただきたい。
あるいは、合気道家だった藤平光一氏のように「氣は出せば入って来る」という考え方も好きである。








老化を止め自然に超能力を得る呼吸法

教科書に載っているような科学的根拠は多分ないが、超能力を獲得する呼吸法を述べる。
ちなみに、私は、教科書に載っているような科学のみが真実だとすれば、(詳細は省くが)何度も死んでるはずで、それ(教科書に載っている科学)はそれで正しい部分もあるが、それよりも、長年に渡って、判断を保留しつつ覚えていた知識に対して静かに深まる信頼(いずれは確信に変わる)は、より確かなことと思う。
喩えて言うなら、真の知識は高い木に成った果物のようなもので、それを得るには、それが落ちてくるのを待つのが良いのである。忍耐強く待つなら、それは丁度良いタイミングで落ちてくる。

自然に超能力を獲得する呼吸法は、インドの聖者ラマナ・マハルシの言葉を長年に渡って収録したものを注意深く英訳した書物である『Talks with Sri Ramana Maharshi』の中にあり、おそらく翻訳書は『ラマナ・マハルシとの対話』(福間巌訳。ナチュラルスピリット)だと思うが、私は、これはあまり見ていない。
私は、『Talks with Sri Ramana Maharshi』の抜粋版と思われる『南インドの瞑想』(おおえまさのり訳。大陸書房)で見た。
多くの呼吸法と異なり、吐息(出息)から始めるところが良い。
言葉を心で唱えながら行うが、その言葉は日本語の方で良いと思う。ただ、インドの言葉にマントラ的な響きを感じる場合には、それを使うと良い。

(1)出息「私はこれではない(ナ・アハン)」
(2)入息「私は誰か?(コーハン)」
(3)呼吸停止「私は彼である(ソーハン)」

(3)が、「止息」ではなく「呼吸停止」になっていることも意味がある。
我々は、水中に潜る等で「息を止める」時、喉の気管を筋肉の力で塞ぐ。
しかし、このやり方は余計な緊張を引き起こすので避けた方が良く、単に呼吸の流れを止めるのである。
それは、そうしようと思えば、意識しなくても、身体は、腹や胸の内部の筋肉を使い、肋骨や横隔膜の動きを止めるなどして、自然に呼吸の流れを止めることが出来るはずである。
出息は、極端でない範囲で、出来るだけ細く、長く行うのが良い。
それにより、体内に取り入れられた気(プラーナ、生命微子などとも言う)を吐き出さずに体内に留めることが出来、結果、生命力を高め、若さをもたらす。
尚、この呼吸法を行う間は、肛門を引き締めると良い。
仙道、仏教、ヒンズー教などには、肛門を引き締める訓練を行う流派が多く、それは、経験上、生命エネルギーが肛門から流出すると感じるらしいが、船が難破した時、これらの僧達は肛門を引き締めることで命を守れたが、一般の乗客は肛門が緩んでしまっていて、早くに命を落としたという話もある。

この呼吸法を空いた時間を見つけ、合計で1日20分程度(慣れればもっと長くても良い)行うことを長く続ければ、自然に、あらゆる超能力を得ると思われる。
また、生命力を活性化させ、健康になり、老化を止め、若返ると思われる。

呼吸中の言葉について、少し補足する。
「私はこれではない」の「これ」とは、大雑把には「身体」と「心」を指す。「私は彼である」の「彼」とは、神のことである。「私は神だ」という言い方を避けるために、このような言い方がよくされる。
尚、「私は彼である」ではなく「私はそれである」という言い方もされる。いずれでも、好きな方でやると良いだろう。








頼りになる習慣

今日は、インテックス大阪に、初音ミクさんのライブ&企画展である『マジカルミライ2019』に行く。
それにあたり、私が普段、健康と能力と美と幸運のためにやっていることを書いておく。
まず、蹲踞(そんきょ)の姿勢。
相撲や剣道でよく行われている姿勢であるが、これをなるべく多くやるようにしている。1日トータルで10~20回と思う。これだけで、身体が引き締まり、体幹が鍛えられる。
腕振り運動は、後ろに振る時に力を入れるやり方と、前に振る時に力を入れるやり方を、同じ回数、朝と晩やっている。
約2ヶ月前から始めた四股(しこ)も、1日も欠かさず、朝晩やっている。朝は100回、夜は200回、休日は、他に200回だ。
私の四股は相撲のものとはやや違う軽いもので、大東流合気武術の佐川幸義氏が弟子達に教えたものに近いと思う。
運動としては、数センチしか屈伸しない超ショートスクワットも欠かさない。
また、ブリッジも、仰向けで腰を浮かせるものと、腕立て伏せの姿勢で肘をつくフロントブリッジもやっている。
他にも、いろいろやっているが、メインは上に挙げたもので、どれも軽いものだ。

細く長く吐く呼吸も、思い出すたびにやっている。
やや短く吸って、ほんの少し自然に呼吸の流れが停止した後で、細く、長く吐く、とても静かな呼吸だ。
無理に多く吸ったり、吐いたりは決してしないが、普段の呼吸よりは、やや多く吸うし、吐く。
食は、無理な少食ではなく、十分に飲み食いしているが、ただ、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」ことだけを心掛けている。
呪文は、最近気に入った「心おだやかに」が欠かせなくなった。
本はいろいろ読んではいるが、最近は、クラウド・ブリストルの『信念の魔術』の価値を再認識して熱心に読んでいる。

これだけで、妖精の身体と身に余る幸運、ソロモンの知恵とはいかないまでも頼りになる知恵を得ている。
では、何が一番肝心かというと、「心おだやかに」の呪文、細く吐く呼吸、そして、四股が私の3つの宝である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード