ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

呼吸法

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

アンダーグラウンド化する本物の引き寄せ

古代から、実践的な効力を持つ宗教や密教、その他の様々な組織・集団では、入会する者を覚醒させ、普通の人から見れば超人のような存在にするところが一定数ある。
だが、伝統的宗教も新興宗教も、効果的な修行法(メソッド)を研究し教えることより、単に、信者の数を増やし、そこからもたらされる利益(献金など)ばかり目的にするところが多く、それが宗教のイメージを悪くしているのだと思う。
だが、個人としての人間に高い力を持たせる(実際は、本来持っている力を覚醒させるだけだが)ことは、いろいろ問題があるようで、本当にそんなことが出来る教団はアンダーグラウンド化し、表の世界から消えてしまう。その理由を探るのも面白いのだが、ここでは余計なことなので省く。
ただ、重要なことは、特に、これまでの世界では、そして、おそらく現代でも、この事情はあまり変わらず、超人化したら大人しくしていた方が良いのである。
2ちゃんねるとか5ちゃんねるといった、最初からアンダーグラウンド化しているSNSでは、割とマジな超人がいたりするが、彼らは、メジャーなSNSでは、鳴りを潜め(大人しくすること)たり、差し障りのない適当なことを書いているようである。

それはともかく、本物のメソッドには同じ目的がある。それは、精神を「とある状態」にすることだ。
それは、昨夜も少し書いたが、現在形の言葉だけを使う状態にすること・・・すなわち、精神を「今」に戻すことで、それは、過去や未来といった幻想から心をあるべき場所に引き戻すことである。
その最も簡単なこととしては、歩いている時に「歩いている、歩いている」と心で言ったり、食事をしている時にも、やはり、「食べている、食べている」と心で言うことがある。
2400年前の中国の荘周(荘子)が書いた『荘子』では、「視線を自然にし、思慮分別・是非好悪を捨て、あるがままに見ろ」と書かれているが、これも、精神を今に引き戻す単純だが強力な秘法で、これだけでも十分な教えなのである。
禅では、呼吸を10まで数えることを繰り返す数息観というものがあるが、これは、うっかり、40とか50まで、あるいは、もっと多くまで数えてしまうことが多く、しっかり10まで数えるサイクルを繰り返せるようになれば、心は過去や未来である「記憶が作る幻想」にさ迷うことがなくなり、今に存在するようになるのである。
実は、それだけ出来れば、引き寄せが出来る立派な超人になるのに、教団維持のための余計な教えが多いので、修行者はいつまでも凡人なのである。
呼吸に関しては、実に様々な工夫がされている。
これは、修行者の個性に合わせたバリエーションという意味でもあるのだろう。
たとえば、自分の呼吸を観察するだけというもの、あるいは、極めて微かに呼吸するというものがある。
また、「1から10まで数える」より「10から1まで数える」方が効果がずっと高いことは、密教の世界では普通に知られている(効果があり過ぎる弊害もある)。
5ちゃんねる掲示板では、数年前から「今今メソッド」というのが人気があるらしく、やり方は単に、「今、今、今、・・・」と唱えるのであるが、これは、私が4つの時にやっていた方法に似ていて、やれば、驚くべき現象を起こせる。
ただ、私のやり方では、自我が消えてしまうスリルが味わえるのだから、やり過ぎれば本当に自我が消えてしまうので、私はあまりやっていない(教えるには、ちょっと多い記述が必要なので、ここでは書かないが、そのうち書くかもしれない)。
ただし、「今、今、・・・」と唱えるだけなら、引き寄せが出来るようになるだけで済むので(変な言い方だが)、問題はないと思う。

朝、目が覚めたばかりで、頭に思考というか記憶が戻ってこないうちは、精神は「今」の状態にある。
そんな時に言葉にしたことは現実化する。
逆に言えば、朝目覚めた時の状態を思い出せば、「今」の状態に戻れる。
引き寄せが出来ないと、いろいろヤバい時代なので(笑)、そして、引き寄せは簡単なので、ちょっと工夫してみてはと思う。








地獄の世界でやむを得ず持つべき力

ラマナ・マハルシが、「神実現の呼吸法」を語ったのは、1936年2月5日のようだ。
尚、「神実現の呼吸法」は私の命名で、マハルシ自身は「知恵の呼吸」と呼んでいた。
この呼吸法が日本に紹介されたのは、1983年出版の、おおえまさのり訳編『南インドの瞑想』で、私はこっちで知っていたが、この本は原書のいくらかを抜き出して訳したもので、マハルシが、なぜ、このような、とんでもないことを教えたのか謎だった。
しかし、ナチュラルスピリット社から、完全な翻訳が2018年(電子版。紙の本もある)に出て、謎が解けた。
マハルシは、非常に優秀な青年からの質問に答える形で教えたのだった。
ひょっとしたら、個人的に教えただけかもしれない。
だが、この質疑は歴史的な出来事であると私は思う。
この素晴らしい青年がマハルシを訪ねなければ、また、そんな質問をしなければ、我々はそれを知ることが出来なかったのだからだ。

マハルシは、この呼吸法により、超能力(シッディ)がもたらされることも示している。
マハルシは、イエス・キリストの力もシッディであったと、別のところで述べている。
もちろん、マハルシの目的は、人に超能力を与えることではなく、場合によっては、超能力で道を踏み外す者もいるかもしれない。
しかし、今の時代、超能力を持っていた方が良いと思われ、後のことは自己責任ということで仕方がない。
メタバースの権威的な研究者であるアヴィ・ローブ博士はごく論理的な意味で、地球人類が「下の世界」に堕落する可能性を示したが、それが近い、あるいは、既にそうなっているような気がするからだ。

神実現の呼吸の翻訳を抜粋する。

「ナ・アハン(私はこれではない)」=出息
「コーハン(私は誰か?」=入息
「ソーハン(私は彼である)」=呼吸停止
~『南インドの瞑想』より~

Naham「ナーハム」私はこれではない=呼気
Koham「コーハム」私は誰か?=吸気
Soham「ソーハム」私は彼だ=呼吸保持
~『ラマナ・マハルシとの対話1巻』より~

「私はこれではない」とは、自分とは、身体でも心でもないという意味だ。
最後の「私は彼である」は、「私は神である」という意味で、我々日本人は「私は神である」と唱えるべきと思う。
インドでは、神は非常に畏れ多い存在なので、直接「神」とは言わず、「彼」「それ」などと表現する。
しかし、日本人にとって、神は親であり、祖先であり、自然であり、非常に親しいので、「神」で差し支えないと思う。
そこで、やり易いように書くと、次のようになる。

(1)息を静かに吐きながら「私はこれではない」と心で唱える。
(2)息を静かに吸いながら「私は誰か?」と心で唱える。
(3)息を吸いも吐きもせず「私は神である」と心で唱える。

この呼吸法を行っていくと、高次元の自己との同調が起こり、この世界での自分が希薄になるのを感じる。
あまり一気にやると、自我が消失してしまい、ことによっては肉体ごと消えることもあり得ると思う。
高次元に飛んでしまって、自我が消失した有名な例としては、フリードリヒ・ニーチェがいる。
だが、ニーチェの高次元の神体と肉体との関係は完全に消失したわけではなく、霊覚者であるルドルフ・シュタイナーは、ニーチェに会った時、ニーチェの神体を感じ、その知性に畏怖したのである。

行う場合は、自己責任で、適度に行うことをお勧めする。








自分に向いたやり方で人間を超える

人間は、真言、アファーメーションで、世界を思うように創造出来る。
その仕組みは、ほぼ明らかだ。
他にも、世界を望み通りに創造するのは、呼吸法、ある種の運動、瞑想によっても可能だが、仕組みは共通している。

ただ、仕組みや方法は、2系統だと考えられる。
1つは、トランス(変性意識。通常とは異なる意識)に入ること。
もう1つは、脳の自動的なつぶやきを肯定的にする(さらには消す)ことだ。
ただ、トランスでは、脳の自動的なつぶやきは消えるし、脳の自動的なつぶやきを肯定的にすればトランスに入るといったように、両者は違うものではない。

だから、自分の好みの方法でやれば良い。
あらゆる方法を全部やる必要など全くないし、複数を組み合わせてやっても構わない。組み合わせた方が効果が高くなる人もいる。

昔、「スーパーラーニング」という学習法があり、これが、後の加速学習や、同種の学習法に取り入れられていったのだと思う。その原理は、上に述べたものと同じだが、やや曖昧なテクニックだったと思う。
だから、1日で外国語を修得するほどの効果を上げることもあったが、うまくいかない人もいた。
「スーパーラーニング」は、呼吸法、音楽を主に利用したが、やはり、目的は、トランスだった。
呼吸法では、吸った後にいったん止めることに効果があるとして利用したが、なぜ、効果があるのかは分からなかった。
音楽の効果は、真言と同じで、単調な繰り返し音楽(例えばバロック音楽)が使われた。
つまり、単調な繰り返しの中でも、真言のリズムや、バロック音楽が、特に、トランスに導き易いのである。

だが、全ての原理が明らかになってみれば、何をやれば良いかの選択肢が増えるが、どれを選べば良いか迷うことにもなる。
しかし、根本的には、好きなものをやれば良い。
真言を唱えることが好きなら、真言を唱えれば良い。
アファーメーションを唱えるのが好きなら、アファーメーションを唱えれば良い。
呼吸法が好きなら、呼吸法をやれば良い。
他にも、いろいろな方法があるのだ。
名高い優れた指導者達は、その中の1つを特に取り上げ、商品になりやすいように形を整え、宣伝したが、どれも同じなのである。

ただ、1つ、忘れてはならないことがある。
これらは、1日20分といったふうにやるものではない。
脳の自動的なつぶやきを消すと言っても、1日20分だけ止めても、少しは効果があるが、24時間の中のたった20分だ。
そして、多くの指導者は、たったそれだけのことをやれと言ったのだ。
よくあるじゃないか?
「1日たったの10分」
「1日たったの2分」
時間は、短ければ短いほど、受けが良い。
しかし、時間は、短ければ短いほど、効果は少ない。

だが、自分に合ったものであれば気持ち良いのであるから、長時間でも何ともない。
出来れば、起きている時間、全部やるのが良いのである。
とはいえ、「気持ち良い」を世俗的に誤解する人も多いだろう。
世俗的な気持ちが良いとは、美味しいものを食べたり、馬鹿騒ぎしたり、性的快感を感じるなど、自我を喜ばせるものだ。
だが、ここで言う、真に気持ち良いとは、自我を消すことなのである。

とにかく、マインドフルネスも、TMも、自己啓発も、坐禅も、静坐も、念仏も、気功も、ヨーガも1つの方法に過ぎない。
どれも、合う人もいれば、合わない人もいる。
どの手法も、ボスや運営組織は、自分のやり方を全人類にやらせようとするが、それは間違いなのである。
これらの手法を編み出した人は、それを作ったことでは、有能だったし、偉大である場合もあるが、合わない者がいることを認めないところが愚かなのである。

「自分に合っているもの」を探すよりは、「自分に合わないもの」を排除する方が易しい。
例えば、念仏と言ったら、絶対、合わない人はいるだろう。
一方、念仏に抵抗を感じなければ、とりあえず、念仏をやれば良い。
「神様の奇跡が起こる」という言葉に抵抗を感じるなら、このアファーメーション、あるいは、自己暗示は避ければ良い。
だが、「良い」と思ったり、抵抗を感じないなら、これをずっと唱えていれば、利益は極もない(無限だ)。
「大丈夫」「安らかだ」「のどかだ」「静かだ」など、好きな言葉を、心の中で、しずかに、ゆっくり繰り返すことだけでも、向いている人がやれば、すぐに世界を改変出来るようになれる(最初は小規模かもしれないが)。
「ナ」で短く息を吸い、「ダーム」で細くゆっくり息を吐く「ナ・ダーム」の呼吸をやっているうちに、神の領域に近付く人もいれば、「私は神と一体だ」という言葉を心の中で繰り返すことで、そうなる人もいる。

どれが向いているかは、育ちもあるし、若いうちなら、どれをやっても馴染むのが速いので、若い時にたまたまやったことが良い場合もある。
例えば、子供の時に、良いやり方で念仏を唱えさせられたら、念仏が非常に向いている可能性があるだろう。








呼吸で駄目チームから脱出する

世の中には本当に駄目なやつが居るし、私は、そんな駄目なやつに興味がある。
「なぜ、こいつらは駄目なままなんだろう?」という興味であるが、決して、上から目線で見ている訳ではない。
私が立派だと言うつもりは毛頭ないが、「不思議なことに」駄目チームに入ることだけは免れたと思うが、なぜそうなったかは、まさに謎だ。
なぜ、私が駄目チームに入っていないのかというと、いつも良い思いをしてきたからだ。
別に、あらゆることで良い思いをしている訳ではないが、社会でおよそ苦労をしたことはない。
一例を挙げると、無役で何も出来ない若手社員の頃から専用の部屋を与えられ(隔離されていたという説もあるが 笑)、可愛い女の子のアシスタントが複数付くこともあった。

では、駄目なやつと私の違いは何かというと、私が12歳の時、「4つの息」という呼吸法を知ったからだと思う。
この「4つの息」は、最近よくご紹介している、超能力を得るため、あるいは、引き寄せの力を高めるための呼吸と同じだが、最も単純なものだ。
単純だから、賢くない子供だった私でも覚えられたのである。
それが載っていたのは、今は絶版で、古書も高価な場合が多い、ウォルター・アーネスト・バトラーの『魔法入門』だ。
ただし、同著者の『魔法修行』の方は、入手がし易いと思うが、おそらくだが、こちらにも載っていたと思う。はっきりとしないが、ただ、あまり詳しくは書かれていなかったような気もする。
『魔法入門』で、「4つの息」が書かれた5行を引用する。

先ず修行者はくつろいだ条件の中で座るか横になるかして次のような方法で息をする。
1 ゆっくりと吸い込み、心の中で一、二、三、四とかぞえる。そこで息を止め、一、二とかぞえる。
2 同じスピードで息をはき、ふたたび一、二、三、四とかぞえる。次に肺を動かさずに止めて一、二とかぞえる。

ただし、この文章の前に、「呼吸を止める」方法について、細かい説明が書いてあることを白状する。
簡単に言えば、喉や鼻の通路を意思の力で止めることをしてはならないということだ。
呼吸法の本は多いが、この点を注意しているものを見たことがない。

だが、息を吸っていったん止め、ゆっくり吐くことを覚えておけば、一応効果はある。
大切な仕組みはこうだ。
息を吸えば、空気中の気(プラーナ、サイ粒子、幽子、GTP)が一緒に入って来るが、普通の呼吸では、息を吐く時に、気も一緒に出ていくだけである。
だが、吸った後で息を止めると、気は脳と何らかの作用を起こす。
そして、ゆっくり吐くほど、気は体内に残る。
政木和三さんも、小学生の時に、呼吸の訓練をし、1分に1回の呼吸をマスターしたようだ。
政木さんがとんでもない超能力者であるルーツはそこにあると思う。
この点、私とは比較にならないほど呼吸の練習をしたようだ。

呼吸の練習を、いつでもどこでも出来る良い方法がある。
私が大好きな翻訳家の川口正吉さんが、翻訳された『ナ・ダーム』という本のあとがきで書かれていたことだ。
確か、こんなことだった。
「右まゆの左端の付け根に意識を集中し、心の中で『ナ』と唱えながら息を十分に吸う。そして、『ダーム』と心の中で唱えながら、ゆっくり息を吐く」
「ナ・ダーム」は全く意味のない言葉であるが、研究と実験により、精神に最も影響を与えないこの言葉が作られたそうだ。
この呼吸のやり方だと、吸った後で自然に息が止まり、ゆっくり長く吐くようになる。
「ナ」で吸った後、一瞬、息が「止まり」、「ダーム」でゆっくり「息が出ていく」と、意思で無理に「やろう」とはせず、「思えば」良いのだと思う。
自然に「行われる」ようにするのだ。
これこそが、どこでも出来る有難くも便利な呼吸法と思う。
昨日(1月8日)、ご紹介した 「金の呼吸」は、部屋の中で行う最上の呼吸法だが、やらなければ意味がないので、どこでもやれる方法を知っておくのは良いことだ。

吸って、止めて、静かに吐く呼吸を熱心に練習すれば、駄目なグループから抜け出し、全ては良い方向に回り出すと思う。








金の呼吸法

オリンピックでは、上位者に金メダル、銀メダルが贈られ、多くの競技や選抜大会でも、金賞、銀賞と言うように、最も良いのが金で、次点を銀とすることが多い。
そういう意味で、「金の呼吸」と呼べるものをご紹介しよう。
多くの人が望む超能力や引き寄せの力を高める効果も格段に高い。

早速、簡単に方法を述べる。
息を吐くところから始めるが、当然ながら、それには、息を吸っている状態が前提となる。
口は閉じ、常に鼻で呼吸する。

(1)息を細く静かに吐きながら、心の中で「私はこれではない」と唱える。「これ」は、肉体や心を指すことを知っておくと良い。
(2)息を吸いながら、心の中で「私は誰か?」と唱える。息の吸い方は、やや力強く十分に空気を取り入れる。
(3) 息を止め、心の中で「私は神である」と唱える。息の止め方は、水中に潜る時のように喉を筋肉で締めず、肋骨や横隔膜を動かさないことで、息の流れを止めるように行う。多少、息が漏れても良い。この時、通常、額に意識を置くが、胸に置くのも良い。好きな方でやり、時に変更しても良い。

(3)の「私は神である」は、インドでは「私は彼である」とか「私はそれである」と言う。
インドの昔の風習では、直接「神」という言葉を使うことを不遜と考えて避けたのだと思うが、日本人には、神を彼とかそれと呼ぶ慣習はなく、その言い方はかえって不遜と思う。
この呼吸を、出来れば時刻を決めて20分ほどやるのが良いが、空いた時間に5分程度やり、1日トータルで20分くらいやっても良い。
そうすれば、大宇宙と交信出来るようになったり、それと根本的には同じなのだが、直観が鋭くなる。
また、時が経つごとに、引き寄せの力も、数倍から数十倍に、当然のように高まると思う。
昨日述べた、サイ粒子(幽子。気やプラーナと同じと思われる)を体内に蓄積するので、生命力が高まり、健康になり、若返ると考えられ、結果、身体が痩せることが多い。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード