ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

呼吸法

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

自分に向いたやり方で人間を超える

人間は、真言、アファーメーションで、世界を思うように創造出来る。
その仕組みは、ほぼ明らかだ。
他にも、世界を望み通りに創造するのは、呼吸法、ある種の運動、瞑想によっても可能だが、仕組みは共通している。

ただ、仕組みや方法は、2系統だと考えられる。
1つは、トランス(変性意識。通常とは異なる意識)に入ること。
もう1つは、脳の自動的なつぶやきを肯定的にする(さらには消す)ことだ。
ただ、トランスでは、脳の自動的なつぶやきは消えるし、脳の自動的なつぶやきを肯定的にすればトランスに入るといったように、両者は違うものではない。

だから、自分の好みの方法でやれば良い。
あらゆる方法を全部やる必要など全くないし、複数を組み合わせてやっても構わない。組み合わせた方が効果が高くなる人もいる。

昔、「スーパーラーニング」という学習法があり、これが、後の加速学習や、同種の学習法に取り入れられていったのだと思う。その原理は、上に述べたものと同じだが、やや曖昧なテクニックだったと思う。
だから、1日で外国語を修得するほどの効果を上げることもあったが、うまくいかない人もいた。
「スーパーラーニング」は、呼吸法、音楽を主に利用したが、やはり、目的は、トランスだった。
呼吸法では、吸った後にいったん止めることに効果があるとして利用したが、なぜ、効果があるのかは分からなかった。
音楽の効果は、真言と同じで、単調な繰り返し音楽(例えばバロック音楽)が使われた。
つまり、単調な繰り返しの中でも、真言のリズムや、バロック音楽が、特に、トランスに導き易いのである。

だが、全ての原理が明らかになってみれば、何をやれば良いかの選択肢が増えるが、どれを選べば良いか迷うことにもなる。
しかし、根本的には、好きなものをやれば良い。
真言を唱えることが好きなら、真言を唱えれば良い。
アファーメーションを唱えるのが好きなら、アファーメーションを唱えれば良い。
呼吸法が好きなら、呼吸法をやれば良い。
他にも、いろいろな方法があるのだ。
名高い優れた指導者達は、その中の1つを特に取り上げ、商品になりやすいように形を整え、宣伝したが、どれも同じなのである。

ただ、1つ、忘れてはならないことがある。
これらは、1日20分といったふうにやるものではない。
脳の自動的なつぶやきを消すと言っても、1日20分だけ止めても、少しは効果があるが、24時間の中のたった20分だ。
そして、多くの指導者は、たったそれだけのことをやれと言ったのだ。
よくあるじゃないか?
「1日たったの10分」
「1日たったの2分」
時間は、短ければ短いほど、受けが良い。
しかし、時間は、短ければ短いほど、効果は少ない。

だが、自分に合ったものであれば気持ち良いのであるから、長時間でも何ともない。
出来れば、起きている時間、全部やるのが良いのである。
とはいえ、「気持ち良い」を世俗的に誤解する人も多いだろう。
世俗的な気持ちが良いとは、美味しいものを食べたり、馬鹿騒ぎしたり、性的快感を感じるなど、自我を喜ばせるものだ。
だが、ここで言う、真に気持ち良いとは、自我を消すことなのである。

とにかく、マインドフルネスも、TMも、自己啓発も、坐禅も、静坐も、念仏も、気功も、ヨーガも1つの方法に過ぎない。
どれも、合う人もいれば、合わない人もいる。
どの手法も、ボスや運営組織は、自分のやり方を全人類にやらせようとするが、それは間違いなのである。
これらの手法を編み出した人は、それを作ったことでは、有能だったし、偉大である場合もあるが、合わない者がいることを認めないところが愚かなのである。

「自分に合っているもの」を探すよりは、「自分に合わないもの」を排除する方が易しい。
例えば、念仏と言ったら、絶対、合わない人はいるだろう。
一方、念仏に抵抗を感じなければ、とりあえず、念仏をやれば良い。
「神様の奇跡が起こる」という言葉に抵抗を感じるなら、このアファーメーション、あるいは、自己暗示は避ければ良い。
だが、「良い」と思ったり、抵抗を感じないなら、これをずっと唱えていれば、利益は極もない(無限だ)。
「大丈夫」「安らかだ」「のどかだ」「静かだ」など、好きな言葉を、心の中で、しずかに、ゆっくり繰り返すことだけでも、向いている人がやれば、すぐに世界を改変出来るようになれる(最初は小規模かもしれないが)。
「ナ」で短く息を吸い、「ダーム」で細くゆっくり息を吐く「ナ・ダーム」の呼吸をやっているうちに、神の領域に近付く人もいれば、「私は神と一体だ」という言葉を心の中で繰り返すことで、そうなる人もいる。

どれが向いているかは、育ちもあるし、若いうちなら、どれをやっても馴染むのが速いので、若い時にたまたまやったことが良い場合もある。
例えば、子供の時に、良いやり方で念仏を唱えさせられたら、念仏が非常に向いている可能性があるだろう。








呼吸で駄目チームから脱出する

世の中には本当に駄目なやつが居るし、私は、そんな駄目なやつに興味がある。
「なぜ、こいつらは駄目なままなんだろう?」という興味であるが、決して、上から目線で見ている訳ではない。
私が立派だと言うつもりは毛頭ないが、「不思議なことに」駄目チームに入ることだけは免れたと思うが、なぜそうなったかは、まさに謎だ。
なぜ、私が駄目チームに入っていないのかというと、いつも良い思いをしてきたからだ。
別に、あらゆることで良い思いをしている訳ではないが、社会でおよそ苦労をしたことはない。
一例を挙げると、無役で何も出来ない若手社員の頃から専用の部屋を与えられ(隔離されていたという説もあるが 笑)、可愛い女の子のアシスタントが複数付くこともあった。

では、駄目なやつと私の違いは何かというと、私が12歳の時、「4つの息」という呼吸法を知ったからだと思う。
この「4つの息」は、最近よくご紹介している、超能力を得るため、あるいは、引き寄せの力を高めるための呼吸と同じだが、最も単純なものだ。
単純だから、賢くない子供だった私でも覚えられたのである。
それが載っていたのは、今は絶版で、古書も高価な場合が多い、ウォルター・アーネスト・バトラーの『魔法入門』だ。
ただし、同著者の『魔法修行』の方は、入手がし易いと思うが、おそらくだが、こちらにも載っていたと思う。はっきりとしないが、ただ、あまり詳しくは書かれていなかったような気もする。
『魔法入門』で、「4つの息」が書かれた5行を引用する。

先ず修行者はくつろいだ条件の中で座るか横になるかして次のような方法で息をする。
1 ゆっくりと吸い込み、心の中で一、二、三、四とかぞえる。そこで息を止め、一、二とかぞえる。
2 同じスピードで息をはき、ふたたび一、二、三、四とかぞえる。次に肺を動かさずに止めて一、二とかぞえる。

ただし、この文章の前に、「呼吸を止める」方法について、細かい説明が書いてあることを白状する。
簡単に言えば、喉や鼻の通路を意思の力で止めることをしてはならないということだ。
呼吸法の本は多いが、この点を注意しているものを見たことがない。

だが、息を吸っていったん止め、ゆっくり吐くことを覚えておけば、一応効果はある。
大切な仕組みはこうだ。
息を吸えば、空気中の気(プラーナ、サイ粒子、幽子、GTP)が一緒に入って来るが、普通の呼吸では、息を吐く時に、気も一緒に出ていくだけである。
だが、吸った後で息を止めると、気は脳と何らかの作用を起こす。
そして、ゆっくり吐くほど、気は体内に残る。
政木和三さんも、小学生の時に、呼吸の訓練をし、1分に1回の呼吸をマスターしたようだ。
政木さんがとんでもない超能力者であるルーツはそこにあると思う。
この点、私とは比較にならないほど呼吸の練習をしたようだ。

呼吸の練習を、いつでもどこでも出来る良い方法がある。
私が大好きな翻訳家の川口正吉さんが、翻訳された『ナ・ダーム』という本のあとがきで書かれていたことだ。
確か、こんなことだった。
「右まゆの左端の付け根に意識を集中し、心の中で『ナ』と唱えながら息を十分に吸う。そして、『ダーム』と心の中で唱えながら、ゆっくり息を吐く」
「ナ・ダーム」は全く意味のない言葉であるが、研究と実験により、精神に最も影響を与えないこの言葉が作られたそうだ。
この呼吸のやり方だと、吸った後で自然に息が止まり、ゆっくり長く吐くようになる。
「ナ」で吸った後、一瞬、息が「止まり」、「ダーム」でゆっくり「息が出ていく」と、意思で無理に「やろう」とはせず、「思えば」良いのだと思う。
自然に「行われる」ようにするのだ。
これこそが、どこでも出来る有難くも便利な呼吸法と思う。
昨日(1月8日)、ご紹介した 「金の呼吸」は、部屋の中で行う最上の呼吸法だが、やらなければ意味がないので、どこでもやれる方法を知っておくのは良いことだ。

吸って、止めて、静かに吐く呼吸を熱心に練習すれば、駄目なグループから抜け出し、全ては良い方向に回り出すと思う。








金の呼吸法

オリンピックでは、上位者に金メダル、銀メダルが贈られ、多くの競技や選抜大会でも、金賞、銀賞と言うように、最も良いのが金で、次点を銀とすることが多い。
そういう意味で、「金の呼吸」と呼べるものをご紹介しよう。
多くの人が望む超能力や引き寄せの力を高める効果も格段に高い。

早速、簡単に方法を述べる。
息を吐くところから始めるが、当然ながら、それには、息を吸っている状態が前提となる。
口は閉じ、常に鼻で呼吸する。

(1)息を細く静かに吐きながら、心の中で「私はこれではない」と唱える。「これ」は、肉体や心を指すことを知っておくと良い。
(2)息を吸いながら、心の中で「私は誰か?」と唱える。息の吸い方は、やや力強く十分に空気を取り入れる。
(3) 息を止め、心の中で「私は神である」と唱える。息の止め方は、水中に潜る時のように喉を筋肉で締めず、肋骨や横隔膜を動かさないことで、息の流れを止めるように行う。多少、息が漏れても良い。この時、通常、額に意識を置くが、胸に置くのも良い。好きな方でやり、時に変更しても良い。

(3)の「私は神である」は、インドでは「私は彼である」とか「私はそれである」と言う。
インドの昔の風習では、直接「神」という言葉を使うことを不遜と考えて避けたのだと思うが、日本人には、神を彼とかそれと呼ぶ慣習はなく、その言い方はかえって不遜と思う。
この呼吸を、出来れば時刻を決めて20分ほどやるのが良いが、空いた時間に5分程度やり、1日トータルで20分くらいやっても良い。
そうすれば、大宇宙と交信出来るようになったり、それと根本的には同じなのだが、直観が鋭くなる。
また、時が経つごとに、引き寄せの力も、数倍から数十倍に、当然のように高まると思う。
昨日述べた、サイ粒子(幽子。気やプラーナと同じと思われる)を体内に蓄積するので、生命力が高まり、健康になり、若返ると考えられ、結果、身体が痩せることが多い。








ポジションを上げる波動を出して自信をつける

人生は常にチャレンジであるが、そのために、新しい職場、新しい学校など、新しい場所やグループに1人で入っていくこともある。
その時に、自信を持っているかどうかが、その後に大きな影響を及ぼす。
全く自信がないところから始めて、実力と共に自信を付けていくというのもあるかもしれないが、あまりに自信がないと、実力が付き難いばなりか、挫折・脱落の恐れもある。

極真空手という世界的な空手組織を作った空手家の大山倍達氏は昔、海外に転勤するビジネスマンに、極真空手の黒帯を取っておくことを薦めていたが、これは確かに悪くない。
今も日本人は小柄な方だが、当時(1970年代)はもっとそうで(170cmが長身の部類だった)、身体が大きいだけでなく、当時の日本人から見れば、西洋人一般は超積極的に見えたのだから、その中に入っていくには、相当な自信がなければ務まらない。
しかし、身体は小さくても、当時は世界的に人気があった極真空手を身に付け、その象徴たる黒帯を持てば、それなりの自信を得られるのは当然と思う。
とはいえ、当時とは比較にならないほど、テクノロジ始め文明が進んだ現代では、空手が出来るからといっても、なかなか自信にはならないかもしれない。

では、今の時代は、どうすれば自信を持てるだろうか?
エマーソンは、『自己信頼』で、無謀なまでに自分を信頼しろと述べているが、やはり、当時と今では、あまりに環境が違う。
今は、昔と違い、エビデンス(根拠や証拠)が必要な時代であり、具体的なものを示さない限り、態度だけでは一目置かれない。

ところが、実のところ、いつの時代になっても、人間は見えないものを感じるものである。
それを、「オーラ」と言う場合があるが、その人間が発散する光、雰囲気、貫禄といったもので、それは現代においても、しっかり通用する。
肉体の力が第一のはずのライオンだって、群れのボスになるのは、必ずしも、身体が大きかったり、明らかに強そうな雄ライオンではなく、あまり強くなさそうな雄ライオンである場合がよくあるそうだ。
このように、ライオンだって何か特別なものを感じるのであるから、ましてや、人間ではさらにそうであるはずだ。
オーラの正体は、人間、ライオンの区別なく、波動である。
意思を持った素粒子の総体である人間や動物は、統合された素粒子が作る心を持つが、それぞれの個体(人間やライオン)が出す波動の周波数には違いがあり、その周波数が高い者が、強いオーラを出しているように感じる。
高い周波数、強いオーラを出している者が、肉体的という意味でなく、真に強いのである。
CLAMPの漫画・アニメ『ツバサ・クロニクル』で、浅黄笙悟(あさぎ しょうご)が、初対面の小狼(シャオラン)に言った言葉が印象的だった。
「お前、強いだろう?腕っぷしとかじゃなくて、ここ(自分の胸を拳で叩く)がよ!」

という訳で、細かい説明は省くが、自分の固有周波数を上げておけば、オーラは強くなり、一目置かれ、自信もつく。
そのためには、心を強くしなければならない。
強い心とは静かな心である。
弱い自我を沈めれば、心は強くなる。
心を静かにする方法は沢山あるが、効果的なものを1つ言うなら、呼吸法である。
最も効果的なものの1つがこれだ。
(1)息をゆっくり吐きながら、心で「私はこれではない」と唱える。
(2)息を普通に(あるいは少し速く)吸いながら、心で「私は誰か?」と唱える。
(3)息を止め、心で「私は至高の実在である」と唱える。
この呼吸法は、超能力を得るとも言われる。
毎日、少なくとも20分、可能なら、1時間以上やれば、波動はボスライオンのような高いものになり、並の人間などひれ伏すであろう。













当ブログ著者、KayのAI書。
強力なツールであるAIで、誰もが、自己、あるいは、企業の能力を拡張すべき時代に相応しい本に出来たと思います。
数学、プログラミング、難しいAI理論なしで、現代では必須と言えるExcelが使えるスキルがあれば、誰でも、自分で実用AIを作ることが出来ます。
そのために、普通の概念で分かるテーマ、興味深いテーマで、楽しく実習が出来るよう工夫しました。
本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

神秘の呼吸法

あまり学校で行われることはないが、ヨーガや仙道、あるいは、ヨーロッパの魔術的な関係の修行・訓練の中では、呼吸の訓練が行われることが多い。
おそらく、それらのものを研究したブルガリアの教育研究者が、それらの呼吸訓練を取り入れた高度な記憶力を引き出す学習法を考案し、それを、スーパーラーニングという名で公表したのだと思う。そして、その後の経緯はよく知らないのだが、そこから、現在、よく知られているような、特殊な高速学習法が派生したのだと思われる。

能力を高めるという呼吸法は沢山あり、どれが最も良いのか分からないが、シンプルな基本形を1つ知っておくと良いと思う。
いざという時、落ち着いて冷静になり易いし、記憶力や運動機能が向上するかもしれない。
しかし、あまりに大量に空気を吸い、過酸酸素状態になるようなものは避けるべきだ。
上記のスーパーラーニングでの呼吸法の鍵は、「吸って、いったん息を止めると、記憶力が向上する」だ。
よって、例えば、「1、2、3、4、5」と数えながら(当然心の中で)吸い、「1、2、3、4、5」で止め、「1、2、3、4、5」で吐くというふうにやる。

だが、様々な呼吸法を調査すると、安定して、最も効果が高くなるポイントは、「ゆっくり吐く」だけである。
吸った後で息を止めるのは良いかもしれないが、1つ難がある。
それは、「息を止めろ」と言われたら、普通の人は、喉の筋肉で気管を圧迫し、気道を塞いでしまうのだ。
水に潜って息を止める時に、そのようになるので、それをやってしまうのだが、イギリスのW.E.バトラーは、権威ある魔法入門書で、これは筋肉の緊張を起こす、とて拙い方法であると述べているが、私もそれに賛成だ。
息を止める時は、バトラーが言うように、息を吸うことで上がった肋骨の位置を維持することで行わなければならないが、なぜか、これを理解出来る人が少ない。
単に、「喉の気管を塞がずに、空気の流れを止める」と言っても良いのだが、とにかく、これが理解出来ないらしいのだ。

そこで、「息を止める」ことを省略し、「ゆっくり吐く」ことに専念すれば良いのだと思う。
「ナ・ダーム」の呼吸を覚えておくと良い。
この言葉に何の意味もない。
「ナ」で吸い、「ダーム」で吐く(当然、言葉は心の中で)。
吸う時は、普通の呼吸の時よりやや多目に吸うのだが、無理に多く吸ってはならない。
吸った後、息を止めようとしなくて良いが、自然に、一時、止息した状態になると思う。しかし、そこは、意識しなくて良い。
そして、「ダーム」と(心で)言いながら、ゆっくり、細く吐く。
なるべく長い時間をかけて吐くが、無理に長くしなくて良い。
落ち着いてやれば、少なくとも、数回続けると、呼吸の長さは一定になるはずである。
しばらく続けると、心が落ち着き、無我状態に近付く。
毎日やっていると、健康が向上し、人格に良い影響が見られ、知的能力の向上が期待され、さらには、直観も増す可能性がある。
劇的な治癒効果が見られたという事例もあると言われる。
もしかしたらだが、超能力に属するような能力も開発されるかもしれない。

「ナ・ダーム」の呼吸は、深呼吸の一種と言えなくもないが、体操的な深呼吸は呼吸が大きく雑で、せいぜい数回しか出来ないし、やるべきでない。
この「ナ・ダーム」の呼吸であれば、10分くらいは続けられ、それで気分が良くなる。
尚、「ナ・ダーム」の代わりに、「ア・ウーン(阿吽)」と唱えても良い。
インドの聖者、ラマナ・マハルシが教えた、こんな呼吸法もある。やや上級である。
「私はこれではない(吐息)」
「私は誰か(吸息)」
「私は彼である(止息)」
「彼」とは「神」のことで、昔のインドでは「神」と直接言うことを避けるので、このように言うのだと思う。
よって、別に「私は神である」と唱えても良いのではないかと私は思う。
この呼吸法で超能力が得られるそうだ。













当ブログ著者が執筆したAI書。
誰でも、AIを理解し、自分でAIを作れるようになることを目的に書きました。
数学、プログラミング、AI理論等は不要です。
エンジンの仕組みや熱力学を知らなくても自動車が運転出来るように、マイクロ波の科学が解らなくても電子レンジが使えるように、一般的な知識でAIを作れるよう、日常的な言葉で、普通に理解出来るテーマで、AIの作り方を説明します。
そして、入門編以降は、面白いテーマにAIで挑みます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード