ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人生が低下していると感じたら基本を思い出せ

仕事でもスポーツでも、あるいは、勉強やゲーム、あらゆることで不調に陥る原因は「基本を忘れる」ことだ。
人生全般がうまくいっていない時、日常が楽しくない時、苦しいことが多い時には、何か大切なことを忘れているのだが、それに気付いた時の反応は2つだ。
1つは、すぐに基本を思い出し、自分がそれを逸脱していたことを嘆くというものだ。
もう1つは、基本が何であったかを思いだせずに悩むというものだ。
基本は短いポリシーにまとめ、いつでも思い出せるようにしなければならない。
難しい規則は基本ではない。
基本とは、即行の万能薬だ。
そして、我々が人間という生物である限り、それは、脳内物質のエンドルフィンを出し、テストステロンといいうホルモンを出すものでなければならない。
「元気があれば何でも出来る」と言うが、元気を出すのはエンドルフィンとテストステロンだ。

基本の1つは、TED歴代2位の動画再生数を持つ、心理学者のエイミー・カディが勧めるパワーポーズで、日本人の我々にはガッツポーズという言い方の方が馴染みがある。
エイミー・カディがよく取り上げるのは、両腕をVの字に上げる、いわゆる、バイザイポーズと、手を腰に当てて胸をはる、いわゆる、ワンダーウーマンやスーパーマンのポーズだ。
我々には、拳を天に突き上げるガッツポーズに親しみがあると思う。
初音ミクさんも、ライブで拳を突き上げるポーズは本当によく見せる。
思い出すだけでも、『Satisfaction』、『ray』(マジカルミライ2016)、『SPiCa』(ミクの日感謝祭、MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES)の可愛いガッツポーズを思い出す。
DVD、ブルーレイでよく見るように。

次に、呪文、真言だ。
最上の呪文は「ありがたい」だ。
それをずっと称えていれば、自ずと有り難い状況になる。
『歎異抄』『選択本願念仏集』『観音経(法華経の25章)』を読めば、「南無阿弥陀仏」「南無観世音菩薩」が最強の誦文(呪文)であることが分かるだろう。

そして、マインドフルネスや運動によるエンドルフィンやテストステロンの発生がある。
代表的なものを言えば、前者が呼吸を意識すること、後者では、スクワットをすることだ。
淡々と行う腕振り運動には、それら両方を合わせたものに優る効能があるかもしれない。

人生が低下していると感じたら基本を思い出そう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本物の修行はどれも、ただ1つのことをしている

太古から伝えられてきた、悟りを得たり、潜在能力を引き出したり、超人に近付くための修行や訓練は全て、「繰り返し注意を引き戻す」の一言で言い表せる。
得られる成果は神秘であっても、修行や訓練には、何ら謎や秘密はない。
呼吸に繰り返し注意を引き戻したり、不断に呪文や念仏を称えようとしたり、常に肛門を引き締めるよう努力したりは、ただ、「繰り返し注意を引き戻す」ことをしているだけなのである。
だから、やり方は無限にあり、大事なことは、ただ純粋に、「自分がやり易いかどうか」だけだ。
全く、気が抜けてしまうような事実だが、もはや、「3000年の歴史」だの「権威ある伝統の技法」、あるいは、「特別な人間のみに伝えられた門外不出の秘法」なんて馬鹿なことを、真に受ける必要はない。
それに、せっかく修行しても、教団のやり方では熱意がもてないために成果を得られない・・・なんて者は多いはずなのだ。
その場合は、熱意が持てる別のやり方を採用すれば良いのである。

何でも良い。
「オーム(アウム)」を称えながら、額に意識を集中する訓練はとても良い。
しかし、称えるのは「オーム」でも「アウム」でも良いし、声に出して称えても、心で称えても構わない。
ただ、確かに、「オーム」「アウム」は称え易い。人間が称え易い言葉を選んだからだ。その称え易さの中には、何らかの意味はあるかもしれないが、いずれにせよ、大切なことは、称え易いということである。

念仏には欠点があるかもしれない。
「南無阿弥陀仏」と称える時、西方極楽浄土が遠いどこかにあり、阿弥陀如来はそんな遠いところにいると思えば、心が外に向き、注意が飛んで行ってしまうからだ。
それで、一休は、「極楽浄土は西にあるのではない南にある」と言ったが、この「南」とは、「皆身」であり、全ての人の内にあるのだという意味だ。
極楽浄土は自分の中にあり、純粋な心が仏であることは、経典(無量寿経)に、はっきり書かれているのである。

「しかし、注意を引き戻す訓練をしたって、実際に戦わなければ強くなれないし、仙人にもなれない」
と言うならその通りだが、注意を引き戻す訓練を続ければ、冒険のためのエネルギーを得られるし、それがなければ、戦う気にもなれないだろう。

腕振り運動は身体の機能を整える優れた効果があると共に、数を数えることが大切だ。
腕を振りながら数を数えることで、注意は効果的に引き戻される。
「あれ、今260だっけ?いや、まだ160かな」なんて言っているようではだめだ。
意識を持ってやらなければならない。
それを、自分で数を数えず、音楽をかけて、それが終わるまでやるという者もいるが、その場合は、腕を振る動作をよく意識してやらないと、心がさ迷ってしまうことになる。
自分の呼吸を意識する訓練だって、禅では、数息観と言って、呼吸を1から10まで数えることを繰り返すものがあるが、それでも、うっかり50や100まで数えてしまうことがある。
まして、数を数えないと、止め処ない想いや妄想が広がってしまうことになる。
数息観だけでも、しっかりやれば、解脱に近付いたり、超能力が身に付いたりするのである。

後は、やるかやらないかだけである。
現代的で科学的な方法を望むなら、元Googleの技術者のチャディー・メン・タンが研究開発したSIY(サーチ・インサイド・ユアセルフ)のやり方を取り入れると良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

1日トータル1時間で常人を超える

「心理学の父」ウィリアム・ジェイムズが言ったように、「さまよう注意を自発的に繰り返し引き戻す能力」を育むことが最上の教育、あるいは、修行で、これは1日中行うつもりでやれば良い。
『バガヴァッド・ギーター』にも、「亀が手足を引っ込めるように、外界に向き易い注意を内に引き戻せ」と書かれているが、そのためには、額に意識を集中したり、真言「オーム」を称えよとある。
やり方はいくらでもあり、どれも簡単であるが、それを出来るだけ長く行うことが必要になる。

我々は、注意を外に向け過ぎているのである。
外界に誘惑が多く、注意を引っ張られて、心はいつもさ迷っているからである。
常に内に注意を向けている武道の達人が、いつでも敵の攻撃に対処出来るのとは違い、心がさ迷っている未熟な者は、あっけなく殺されてしまうことだろう。

黒住宗忠は、現代医学でも治すことが難しい難病に陥った武士に、一日一万回「ありがたい」と言わせ、武士は一週間で完治した。
これも、注意をほとんど終日、引き戻した結果であるが、「ありがたい」という言葉は、内に注意を引き戻すのに非常に効果的な言葉であることも重要である。
なぜなら、「ありがたい」という感情は、胸、あるいは、心の内から起こってくるものなので、「ありがたい」と称えることで、注意は、そこ(胸、あるいは、心の内)に引き戻されるからである。
「南無阿弥陀仏」という念仏だって、親鸞が言ったように、「救ってくれてありがとう」という感謝が込められているのであるのだから、これを常に称えることの意義は極めて大きいのである。

中村天風など、ヨガでは、常に肛門を引き締めるよう教えるが、これも、普段意識することのない、肛門の筋肉をあえて意識して使うことで、効果的に注意を引き戻せるのである。
仏教の僧の中には、歩いている時に、「歩いている、歩いている」と意識し、食べている時に、「食べている、食べている」と意識するという行を行っている者がいるらしいが、これも、注意を引き戻すための効果的な修行なのである。
般若心経の呪文が、最高の呪文であるというのも、それを常に称えればということであるが、その呪文は、常に称え易いリズムある言葉で作られているのである。

やり方は無限である。
自分の好みの1つのやり方で行えば良いが、とにかく、なるべく長時間行うことである。
1日トータルで1時間も行えるようになれば、既に常人ではなくなっているだろう。
3時間なら、人間を超えるに違いない。
仙人の口元には常に呪文があり、神人の胸には乱れぬ1つの想いがいつもあるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

教育と修行の根本原理

呪文、マントラ、念仏、坐禅、静坐・・・これらは、同じことをやっているのだと思う。
それは、「注意を引き戻す」ことだ。
他にも、自分の思考に注意したり、自分が存在していることを意識するという方法もあるが、それらもやはり、「注意を引き戻す」訓練なのである。

元Googleの技術者であったチャディー・メン・タンは、SIY(サーチ・インサイド・ユアセルフ)という、マインドフルネスの訓練でEQ(心の知能指数)を高める技法を開発したが、その実習の中にも、自分の呼吸を意識するというものがある。
自分の呼吸を意識するというのは、古くから、様々な修行や心の訓練で採用されているが、その意義について、タンは、『サーチ・インサイド・ユアセルフ』の中で、アメリカの心理学者ウィリアム・ジェイムズの最適な言葉を引用している。

そして、さまよう注意を自発的に繰り返し引き戻す能力は、分別や人格、意思の根源にほかならない。それなしでは、いかなる者も自分の主とは言えない。この能力を育む教育は卓越した教育だろう。
『サーチ・インサイド・ユアセルフ』(チャディー・メン・タン著。Kindle電子書籍の25%あたり)
James,The Principles of Psychology(翻訳『心理学の根本問題』)より引用されている。

法然のように、いつでもどこでも、常に念仏を称えたり、黒住宗忠や岡田虎二郎のように常に腹に力を込めることも、これである。
ラマナ・マハルシは、常に自分に対し「私」と呼びかけよと、また、ニサルガダッタ・マハラジは、常に存在の感覚にしがみつけと教えた。
どれも良い教えだが、その原理を、ウィリアム・ジェイムズやチャディー・メン・タンがやっと示してくれたのだと思う。
そして、原理さえ分かれば、やり方は自分で自由に選べる。
どんな方法が良いかは、人それぞれだ。
子供の時に、念仏や、何かの真言に馴染んだ者には、念仏や、その真言がやり易い可能性が高い。
どれが良いか分からないなら、自分の呼吸を意識する方法が最良と思う。
呼吸をコントロールするのではない。ただ、呼吸を観察するのだ。冷徹な科学者のようにね。

ラマナ・マハルシは、「私は誰か?(私とは何か?)」という問いを、呪文にしてはならないと言ったらしいが、真面目に丁寧にやるなら、呪文のようにやって良いと思うし、マハルシ自身が、常にそう問えと言っているのであるから、やはりそうであるはずだ。
ベアード.T.スポールディングは、「神」という言葉を口や心で称えることが最上だと述べているが、やはり、これを呪文にしてはならないとも言っている。しかし、やはり、真摯に行う限り、常に行うのが良いと私は思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

効果のある呪文の称え方

ラマナ・マハルシは、常に「私は誰か?」と問えと教えたが、一方で、「私は誰か?」を呪文にしてはいけないと言ったらしい。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』の著者、ベアード.T.スポールディングは、「神(God)」という言葉を言い、想うことを強く薦めているが、それでもやはり、この言葉を呪文のように繰り返してはならないと言う。
日本の、沢山の著書があるお金持ちのある事業家は、「ツイてる」「有り難いなあ」「幸せだなあ」という言葉を千回言えば、状況が良くなると著書に書かれているが、こちらは、ただ、言えば良いと教えていた。ただし、彼はひっきりなしに本を書いていて、これはつまり、言葉の呪文だけでは効果はほとんどないということと思う。

呪文くらいしか出来ない我々凡人には、辛いことである。
そこで、正しいやり方を述べるが、それは江戸末期の神道家、黒住宗忠のやり方である。
宗忠は、現代医学でも難病である重病にかかった者に対し、「ありがたい」という言葉を、1日百回、それでだめなら、千回、それでもだめなら1万回言わせたところ、1週間で完治したという。
宗忠の注意は、「心を込めて」、「熱心に」、あるいは、「一心不乱に」だったと思う。

つまり、棒読みのように、口先だけで言ったり、よそ事に気を向けながら・・・いや、その言葉自体がよそ事のように想っても駄目である。
しかし、心の込め方を知らない人が多い。
気を入れなくても、スイッチ1つ、タッチ1つで出来てしまうことばかりやっているからだ。
料理1つ熱心にやっていても、心の込め方、気の入れ方が分かるが、せいぜいが、コンビニで買ってきたものをレンジでチンするだけの人も多い。
注意深く手紙を書かなくても、電子メールが使えるが、その電子メールも、お決まりの言葉や、簡略、粗雑な言葉しか使わないようになってる。
そんなことでは、願いを叶えることは出来ない。
そこで、例えば、私のように、普段から、初音ミクさんを心から崇めていると、自然に心を込めることが出来るのである。
他にも、絵を熱心に書いたり、楽器を演奏したり、真剣にスポーツに打ち込むことは良いことなのである。
それが、純粋に好きでやっているなら、より、熱心さ、心の込め方が分かるようになるだろう。

せめて、真剣な顔で、言葉を使うことだ。
表情は、心に強く影響を与える。
口元を引き締めながら、いい加減に言葉を使うことはない。
皆、口元が弛んでいることが災いの原因なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ