ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

最も幸福な言葉

おそらく、本物の賢者がいた太古の時代から、人間には、いかなる願いも叶える力があり、それを発動させるものは信念であることは分かっていた。
イエスも、それを知っていたから、「山に向かって、海に入れと言い、そうなると信じて疑わないなら、そうなる」と教えたのである。
ところが、どうやれば信念を得られるかは、ほとんどの人が知らないままだ。
合氣道家の藤平光一氏は、毎朝、鏡に向かって「お前は信念が強くなる」とアファーメーションしたらしいが、彼は既に十分な信念を持っていた。だから、普通の人がそれを真似したって意味はない。

不世出の空手家、大山倍達氏は、「空手に王道なし。あるのは、数千回、数万回の繰り返し」と言ったらしいが、多分、それで合っているのだろう。
ただ、空手には、合理的な訓練というものも必要だ。
しかし、信念を鍛えるには、大山氏の言うやり方しかない。
同じ言葉を、何千回、何万回と、頭の中でつぶやくだけだ。
それをやるには、無感情に、淡々とやらなくてはならない。
空手の突きは、気合を入れて打たないと師匠に怒られるだろうが、呪文の言葉は淡々と唱えるものである。
呪文の効果には、筋肉の力も、思考力も、全く関係ないのだからだ。

誰にでも合う呪文の言葉は「大丈夫」だ。
あるいは、「平気」「へっちゃら」「へいちゃら」も良い。
「平気」の場合、「平気、平気」と2回繰り返すと、リズムがあって良い。
こんな簡単なことを、本当にずっと続けられれば、信念が得られることは、おそらく、科学的に説明出来るだろう。
「大丈夫」を超える言葉として、「大安心」や「不動心」もあるが、あくまで、自分がしっくりくる言葉を選ぶのが良い。
「不動心」とか「無念無想」とか言うと、ついつい力んでしまうが、それが良くない。
あくまで、無感情に、淡々と、ただし、丁寧に唱えなければならない。
自分に正直に「富」「美の化身」「ヒーロー(のごとき姿)」でも良い。
そして、人間として最も幸福な言葉は「自由」である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

生命を清め復活させる言葉

脳科学者の中野信子氏が、『脳科学からみた「祈り」』で、「南無妙法蓮華経」を唱えることの効果に科学的な根拠がありそうだという話を述べておられる。
「妙」のマ行音、「法」のh音(ただし、中野氏はhaが良いと述べていて「法」のhoが良いとは言っていない)、「蓮」のr音は「転じる」という意味で、「妙法蓮」と続くことで、「母なるものと自分は同じである」「宿命転換していこう」という意味になるのだそうだ。
そして、「経」のk音は勢いよく足音を刻むということで、「行動で開いていく」ということになる・・・らしい。
正直、こじつけもいいところで、実際の本の説明は回りくどく、やっぱり、こじつけ、誤魔化しっぽく、「書いてる本人も嘘っぽく感じてるのでは」と思ってしまうほどだった。
とはいえ、それは研究が未熟なだけで、中野氏も、何か重要なものを感じているのかもしれない。
※いや、本当は評価の高い本で、私が思うよりずっと素晴らしい本かもしれない(多分そうだ)。

それよりも、その「ナムミョウホウレンゲキョウ」もだが、「ナムアミダブツ」「アマテラスオオミカミ」「アメノミナカヌシノカミ」「アーメン」「アウム(オーム)」といった、唱え言葉や、唱えられることの多い神の名が「AM」の発音で始まることが興味深い。
また、英語で最も神秘的な唱え言葉は、「アーメン」を別にすれば「I AM(私はある)」だが、これは「AM I」の順で唱えられることが多いらしい。
山蔭神道の山蔭基央氏は『神道の神秘』で、最も神秘な音は「ミ」であると書かれているが、それは、本当にいろいろな点から考えて、そうなのではないかと思う。
「ミ」は、3つの線で出来ているが、「3」を日本語では「ミ」と言うように、「ミ」と3は関連深く、3が神秘数であることは古代から言われ、アリストテレスはよくよく3の重要性を主張しているし、ダンテは世界的歴史的叙事詩『神曲』で、徹底的に「3」にこだわっている。
初音ミクさんの名が素晴らしいことはこれでも分かるが、さっきの中野氏も、haは「清音」で「喉が絞まらず、唇も触れず、濁らない」清らかな音であり、「母なる生命の清らかな面」をイメージさせると言うが、その点については賛成である。
つまり、初音ミクさんの名は「清らかな神秘」であるってことだ。

「南無妙法蓮華経」や「南無阿弥陀仏」の南無は、さっきも言った通り、「AM」の音から成るが、元々も「ナーマス(古代インドの言葉。深く信頼するといった意味)」で、「南無観世音菩薩」や「南無弥勒菩薩」、あるいは、「南無三」といったように、沢山の唱え言葉につき、これらは全て、力ある言葉になるのだと考えられる。

もちろん、これらに当てはまらない優れた呪文・・・「アジマリカン」「アブラカタブラ」、あるいは、般若心経の呪文などがあるが、これらもまた深い意味があり、その気になれば根拠は示せると思う。ただ、今だ不明な部分も多く、あまり解説にこだわらない方が良いかもしれない。

今は好きだから、いっそうそう思うが、実は、初音ミクさんのことを何も知らない時でも、その名には不思議な感覚を覚えたものである。
「清らかな神秘」「高貴なる命」を表す言葉であることが分かれば、なるほど、納得出来る感覚であった。

「南無妙法蓮華経」と「南無阿弥陀仏」のどちらが優れている訳でもない。
また、「南無弥勒菩薩」も、AMで始まり、「ミ」を含む良い言葉である。
だが、「南無観世音菩薩」は、「ミ」こそないが「カ」が力強さを感じさせることは、中野氏のk音の説明にもあった。
カタカナの「カ」と漢字の「力」は似ているが、関連性についてもいろいろ指摘出来ると思う。

音の意味による唱え言葉は、表面的な意味による「口癖」や「つぶやき」に優るのではないかと思う(口癖が重要でないとは言っていない)。
AMで始まり、出来れば「ミ」を含む唱え言葉を1つ持っておくと良いかもしれない。
それは、内なる宇宙と通じる言葉である。
初音ミクさんの名を想うだけでも良いのである。
生命を清め、復活させてくれる名前であるのだから。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

馬鹿だって生きている

キリスト教もそうだと思うが、仏教にも、本当にいろんな宗派があり、同じ釈迦の教えと言いながら、もう別物である。
私は、仏教の中では、念仏の教え・・・日本では、浄土宗や浄土真宗ということになるのだが、それよりも、法然や親鸞の教えというべきものが好きだ。
その理由は、「どんな馬鹿でも出来るから」である。
と言っても、法然自体は大変な学僧で、子供の時から神童だったし、親鸞も、著書を見れば、かなりのものであったことが分かる。
そして、やはり頭が良く、勉強家でもあった、一休や良寛といった有名な僧達も、最期には念仏の教えに行き着いた。
彼らは「庶民のため」ということも当然あったのだが、何より、どんな賢い人だって、念仏の教えくらい単純でないと続かないのだと思う。
宮沢賢治は、法華経が大好きで、念仏の教えは大嫌いだったらしいが、私が法華経の中で一番好きな「観音経」(法華経の第25章)には、「南無観世音菩薩」と唱えよと書かれている。

だが、今の人に、「南無阿弥陀仏」、あるは、「南無観世音菩薩」と唱えればオールオーケーだと言っても、反感や違和感を感じることが多いだろう。
今の人は、賢いとか、情報が多いからと言うより、自分の理屈に合わないことは受け入れないからだが、新興宗教ってのは、教義を、それぞれの人の「私の理屈」にうまく組み込んでしまうので、理屈屋であるはずの人達だって簡単に騙せてしまうのである。
それに、武道や芸術の教えなんて、頭では絶対に理解出来ないので(「考えるな、感じろ」のごとし)、理屈屋は、武道や芸術で全然上達しない。
(理屈を否定する気はさらさらない。私も理屈は大切と思う。狭い理屈を嫌うだけだ)
また、現実的な問題として、仏教でも宗派の違う人達や、仏教でない宗教を持つ人に「南無阿弥陀仏」は、ちょっと無理だ。
もっとも、一休や良寛は他宗派の僧であったのだが。

江戸末期の神道家、黒住宗忠は、「ありがたい」と唱えさせることで、それぞれの人にどんな奇跡だって起こさせたが、理屈屋でも、「ありがたい」に反感を持つ人は、そういないだろう。
で、私も、「ありがたい」こそ、最高の呪文と思っていた。
だが、少し前に書いたが、「大丈夫だ」が、それを超えるかもしれない。
実際、世界で、最も過酷な状況にある人達が、自分に「大丈夫だ」と言い続けることで、その困難に打ち勝っている。
ポール・マッカートニーは「レット・イット・ビー(あるがままに)」で救われたのかもしれないが、「あるがままに」では、普通はちょっと・・・いや、相当苦しいのだ。
ラマナ・マハルシは、自分に「私」と呼びかけよ、常にそうしろ、「私」は最高の真言である・・・と言ったが、私もやってみたが、はっきり言って挫けた。
馬鹿で根性なしにも出来るのは、念仏か、「ありたがい」、「大丈夫だ」であるが、私は、念仏や「ありがたい」には僅かながら違和感を感じてしまう。
だが、「大丈夫だ」では、それがなかった。
『カードキャプターさくら』のヒロイン、桜ちゃんの最強の呪文は「絶対、大丈夫だよ」だが、まあ、「だよ」は要らない(笑)。好きなら別につけても良いが。
だが、「絶対」は良いかもしれない。

最近、どんな願いであっても、それを成し遂げるためにどんなことでもするという心構えがあれば叶うと、くどいほど書いているが、それだって、いつかは試練に遭う。
そんな時には、呪文が必要になる。
「大丈夫だ」「絶対大丈夫だ」と自分に言い続ければ、そんな試練を容易く乗り越えるだろう。
とはいえ、『歎異抄』を読むと、「やっぱり念仏だ」と思うのだが、私にだって世俗の望みはある。それを叶えることも大切である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

究極最強の呪文

鼻呼吸を忘れなければ、平穏な人生が得られるし、呼吸が微かになるほど大きな力を持つ。
これだけ覚えておけば、他には何もいらない。
ただ、運動をした方が、鼻呼吸や微かな呼吸を身につけ易いということはある。

だが、1つの呪文のことを思いついたところ、人生の最初から今まで、これがいかに偉大であったか、一気に思い知ったのである。
私は、それまで、最高の呪文は、おそらく、「ありがたい」と「南無阿弥陀仏」だと思っていた。
しかし、さらに上があるのだと思い知らされたのである。
「まさかこれが」とも思ったのだが。

それは、「大丈夫」だ。
「大丈夫」という文字は少し奇妙に思えるかもしれない。
確かにこれは、元々、中国の言葉で、丈夫は成人男子で、これに大を付けることで、「立派な男」といった程度の意味らしい。
しかし、日本では、「ダイジョウブ」と呪文化していたのである。
ただ、「大きな丈夫」とは、なんとも素晴らしい言葉であるからこそ、呪文化したのだろう。
また、これの英語に当る“All Right”は、英語最大の呪文なのである。
ある特殊部隊の入隊試験は、その人権無視どころでないあまりの過酷さに、いかな選りすぐりの鍛え上げられた男でも、根を上げて脱落し、入隊が叶わないほどであるという。
ところが、奇跡的にその試練を突破した男達を調査したら、彼らは試験中、自分に、“All Right(大丈夫)”と言い聞かせていたのである。
合格者には、能力的にはやや劣る者すらいたが、この呪文の驚異的な威力で突破出来たのだ。

英語の“All Right”も、素晴らしい言葉だ。
「全て善し」なのであるから。
これが最強の呪文になるのは当然だ。
ビートルズの歌の歌詞でも、この言葉は沢山使われている。
それが、ビートルズが成功した大きな要因でもあると思う。
フランス語では“Tout va bien(全て善し)”になるのだと思う。

ところで、1996年発表の作品ながら、いまだ全く人気が衰えない漫画・アニメである『カードキャプターさくら』では、「魔法少女」さくらの最強の呪文が、「絶対、大丈夫だよ」なのである。
最後の「だよ」は、ちょっといらないと思うが、確かに、この呪文が最強であり、それを信じ、忘れずに覚えていた女の子達は、さぞ素晴らしい人生になっているだろう。
このアニメのオープニングソングはどれも素晴らしかったが、その1つである『扉をあけて』(作詞:きくこ、作曲:広瀬香美、歌唱:ANZA)の最初が、「It's all right 大丈夫 ダイジョウブ だいじょう 奇跡だって起こせる」であった。

昨年(2016年)9月、千葉県の幕張メッセで行われた、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2016」の、アンコール前のラスト曲は、BUMP OF CHICKENの『ray』だった。
2014年に東京ドームのBUMPのコンサートで、ミクさんがBUMPとコラボした時の歌だったが、それをミクさんが1人で歌ったのである。
この歌では、「大丈夫だ」という言葉が4回使われている。
ミクさんが歌い終り、光の粒子となって消えると、会場の空気が一変し、あたかも天上の風が吹いているようであった。
これが、ミクさんの歌、BUMPの曲、そして、最強の呪文の力である。
平穏なだけでなく、冒険に挑む人生を望むのなら、これを覚えておくと良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生が低下していると感じたら基本を思い出せ

仕事でもスポーツでも、あるいは、勉強やゲーム、あらゆることで不調に陥る原因は「基本を忘れる」ことだ。
人生全般がうまくいっていない時、日常が楽しくない時、苦しいことが多い時には、何か大切なことを忘れているのだが、それに気付いた時の反応は2つだ。
1つは、すぐに基本を思い出し、自分がそれを逸脱していたことを嘆くというものだ。
もう1つは、基本が何であったかを思いだせずに悩むというものだ。
基本は短いポリシーにまとめ、いつでも思い出せるようにしなければならない。
難しい規則は基本ではない。
基本とは、即行の万能薬だ。
そして、我々が人間という生物である限り、それは、脳内物質のエンドルフィンを出し、テストステロンといいうホルモンを出すものでなければならない。
「元気があれば何でも出来る」と言うが、元気を出すのはエンドルフィンとテストステロンだ。

基本の1つは、TED歴代2位の動画再生数を持つ、心理学者のエイミー・カディが勧めるパワーポーズで、日本人の我々にはガッツポーズという言い方の方が馴染みがある。
エイミー・カディがよく取り上げるのは、両腕をVの字に上げる、いわゆる、バイザイポーズと、手を腰に当てて胸をはる、いわゆる、ワンダーウーマンやスーパーマンのポーズだ。
我々には、拳を天に突き上げるガッツポーズに親しみがあると思う。
初音ミクさんも、ライブで拳を突き上げるポーズは本当によく見せる。
思い出すだけでも、『Satisfaction』、『ray』(マジカルミライ2016)、『SPiCa』(ミクの日感謝祭、MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES)の可愛いガッツポーズを思い出す。
DVD、ブルーレイでよく見るように。

次に、呪文、真言だ。
最上の呪文は「ありがたい」だ。
それをずっと称えていれば、自ずと有り難い状況になる。
『歎異抄』『選択本願念仏集』『観音経(法華経の25章)』を読めば、「南無阿弥陀仏」「南無観世音菩薩」が最強の誦文(呪文)であることが分かるだろう。

そして、マインドフルネスや運動によるエンドルフィンやテストステロンの発生がある。
代表的なものを言えば、前者が呼吸を意識すること、後者では、スクワットをすることだ。
淡々と行う腕振り運動には、それら両方を合わせたものに優る効能があるかもしれない。

人生が低下していると感じたら基本を思い出そう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ