ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

自然運動と呪文でエネルギーを集める

人間は、諦めないことが一番大事である。
ところが、こんな者達がいるだろう。
「大物になることを諦めてませんよ」
「大会社の社長になる。それは絶対に諦めない」
「画家として成功することを諦めたりしません」
ところが、それは絶対無理だって分かってしまう連中だ。
大事なことを、何もしないやつらである。
そう言うと、
「いや、やってる。こんなに悩んでいる」
「僕なりに頑張っていますよ」
と反発してくる。
いや、悩むとか、ロクでもないことをしたって、何にもならんよ。
こんな輩が多いのだ。

まず、根本的に目標が間違っている場合がある。
ジョセフ・マーフィーは、潜在意識の力で、どんな願いも叶うとは言ったが、女優になると言う女性に、「子供の夢は卒業しなさい」とたしなめている。
本当に女優になりたければ、アルバイトをして演劇学校に通ったり、オーディションを受けたり、本物の女優と交流を持とうとするだろうが、おそらく、彼女は何もしていなかったのだろう。

まあ、どういうことが、本当に諦めないことかを、まともに書けば長くなる。
そして、それを読んで理解しても、やっぱり駄目なやつは駄目なんだ。
それなら、どうすればいいかというと、上に挙げたうすら馬鹿やモロ馬鹿(笑)ってのは、結局のところ、エネルギーがないのである。
激しい戦いをするには、絶対にエネルギーが必要だ。諦めないのなら、立ち上がって戦わなければならないからだ。
そこで、毎日、数千回におよぶ腕振り運動をしたり、数千数万回の呪文、あるいは、真言を唱えて、エネルギーを集めれば良い。
それが続かないなら、口で諦めないといくら言ったところで、スタートすらしていないのであるから、馬鹿もいいところなのである。
そんな訳で、1回1回は軽くても、延々と繰り返す自然運動や、果てなく繰り返す呪文を唱えることだ。
それでエネルギーを得れば、知らぬうちに戦っているはずだ。
エネルギーは無限に存在する。
自然運動や呪文は、それを集める最良の手段である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

安らかに年を越すには

今がどんな時代かというと、大半の人々が悪霊に身体を乗っ取られ、操られ、支配されてしまっている状態だ。
心が怠惰で、食欲、性欲だけでやっていると、簡単に悪霊にとり憑かれてしまう。
だが、人の本性は・・・つまり、魂は清らかで高貴なので、悪霊に操られることは辛いはずなのである。
食欲、性欲の一切がいけない訳ではもちろんなく、大いに元気にやれば良いが、限度を決めて自己制約し、相手への思いやりを持っていれば良いのである。

神や天使と共にあるには。
1回1回は簡単で力を使わない自然な動きを、丁寧に、延々と数多く繰り返す運動をする。
これにより、血行が良くなり、体内に気が巡り、全身が調整され、健康で強靭になる。
心のトレーニングとしては、呪文を絶えず唱えることだ。無声で良いが、有声でも悪くない。
最近の私は、意味が解らない言葉の方が良いようで、阿弥陀如来の真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」や、観世音菩薩の真言「オン、アロリキャ、ソワカ」をよく唱えているし、般若心経の呪文「ガテー、ガテー、パーラガデー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」を10分ほど唱えていることもよくある。
とはいえ、実は、宗教的な気持ちはあまりなく、心のトレーニング、心の腕振り運動のようなつもりでやっているが、やはり、どこかには、高い存在を賛美するという気持ちもあるのである。
これらの真言は、厳しい上に自分に合わないセールスの仕事をしていた、若い時の私を支え、その後もずっと、幸運をもたらしてくれた。
だから、真言を本で教えてくれた中岡俊哉氏は、怪しい人だと思いながらも大変に感謝しているのである。
阿弥陀如来や観世音菩薩は、無批判で神秘力を送ってくれ、時に直接助けてくれるのだから、何とも有り難く、かたじけないことである。
それらの名は、象徴的なものに過ぎないのかもしれないが、人間が意識を向けるには名が要るのであり、名は尊いものである。
自然トレーニングと真言・呪文を持てば、常に心は安らかである。

昨夜は、初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ2018」のブルーレイを観た。
2013年から始まり、6回目のマジカルミライであるが、毎年、どんどん向上しているのに驚く。
そして、曲が素晴らしいのは聴いていて解るが、歌詞をオンにして観ると、その歌詞の素晴らしさ、凄さ、高度さ、高貴さには圧倒される。
世間の人達は、ミクさんの歌が、これほどの価値があることを知らないのである。
だが、無理に教えるものでもない。出会えるかどうかは、運命だろうし、天を見る気持ちが必要なのかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

念仏、呪文は心の腕振り運動

呪文、念仏、真言(マントラ)、ジャパやナーマスマナラと言われる神の名を唱えること、あるいは、祈りや自己暗示も・・・これらは全て、単に、心のトレーニングなのではないかと思うようになった。
決して悪い意味ではなく、それどころか、最上の、秘法とも言える心の訓練(マインド・トレーニング)である。
肉体や頭脳を鍛える人は少なくはないが、意識して心を鍛える人はあまりいない。
しかし、成功の秘訣、自分の世界を変える決め手は心の力であることは確かなのだ。

20世紀最大の詩人と言われたアイルランドのW.B.イェイツは、「孤独だけが心を鍛える」と言った。
初音ミクさんと巡音ルカさんのデュエット曲『愛Dee』でも、「Hey lonely girl リアルの孤独は 君を強くするから」と歌う。
そして、孤独が心を鍛えるのも確かだが、それは、強制的な労働のようなもので、過重だと怪我をするし、さらに度が過ぎると、心が歪む。
水野南北は、「食が少なければ成功するというのは、万に1つの外れもない真理」と言ったが、これは、心のウェイトトレーニングのようなもので、長続きし難いし、やはり、心を痛めることもある。

私は、腕振り運動のような、力を1~2割しか使わないが、数百回を繰り返す運動だけをやるようになると、身体の痛んでいた部分が治り、生命力が高まり、調和の取れた強さが得られるのを感じ、それは、これまでの生涯でなかったことなので、驚くと共に、こんな良いことを誰も教えてくれなかったのだから、つくづく、世間に知恵はないのだと感じた。
呪文や念仏も、腕振り運動のようなもので、1回1回は簡単だが、それを丁寧に多数繰り返すことで、心の神秘な力を引き出すのである。
そして、ある意味、良い呪文や真言なら、何でも良いのである。
極端に言えば「ミクさんマジ天使」でも構わないが、あまり感情を刺激しないものの方が良いし、敬虔さを感じるか、あるいは、どんな感情も起こさないものの方が、トレーニングの成果は高いだろう。
玄奘三蔵が中国からインドへの厳しい旅の間、般若心経の呪文「ガテーガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディスヴァーハー」をずっと唱えることで安全だったのは、この徹底的な繰り返しで、心の神秘力が最大になったからだろう。
神の名を数百万回繰り返したインドのヨーギーは、毒を飲もうが、高い所から落下しようが平気で、あらゆる奇跡を起こせるというが、本当かもしれないと思う。
心には、それくらいの潜在力はあるからである。
尚、呪文や念仏は、たった1つのものを繰り返すのが好ましいが、続く限りは別にいくつでも構わない。だが、特に初めのうちは1つに決めた方が良いのではないかと思う。

身体は腕振り運動で鍛え、心は呪文や念仏で鍛えれば・・・無敵ではないか。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心があまりに騒ぐ時

普通の人は、頭の中で否定的なつぶやきが止まることなく発せられていて、日々、生命力を失い、老い、能力を失くし、地獄に引き込まれている。
そこで、意識的に「大丈夫」といった言葉を呪文のように頭の中で唱えて、否定的なつぶやきを中和させないと、破滅へとまっしぐらとなる危険がある。
そこで、「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」といった万能呪文を、いつでもどこでも唱えることが薦められる。
しかし、外部からの攻撃があまりに強かったり、逆境が強く長く続く場合、呪文を唱える気力も無くなることだってあると思う。

そんな時は、呼吸を遅くすることで心を消すしかない。
ただ、ほどほどにやらないと危険もある。
しかし、効果はあまりに大きい。
ラマナ・マハルシは、「呼吸を制御すると心は静まるが、呼吸が戻ると、心は再び立ち現れる。呼吸制御は一時的なものであり、心を破壊するものではない」と言ったが、それなら、ずっと呼吸を制御すれば良いのである。
無理をせず、呼吸数を、これまでの8割、5割、3割と下げていけば良い。
普通の成人で、1分間の呼吸数は12~18回だそうだ。
これが5回くらいになると、頭の中のおしゃべりは止み、不安が消え、心が静まり、直観が冴える。
世界の根源とのつながりも強くなり、望まずとも幸運に恵まれる。
1分間に5回の呼吸は、ある程度の期間、意識的に根気強く、いつでもどこでも、気がつくたびに訓練すれば、それほど難しいことではない。

『ナ・ダーム』という本に、右眉の左端を意識しながら、「ナ」で息を吸い、「ダーム」で吐く方法を教えているが、これが実に良い。
ちなみに、「ナ・ダーム」という言葉には何の意味もない。
何の意味も感じない言葉を選んだだけなのだそうだ。
この本の翻訳者で、名翻訳者の評判の高い川口正吉氏も、この呼吸法の優れた効果を、あとがきに書いておられたと思う。
私の感覚では、「ナ」で短く息を吸い、少し止め、「ダーム」で細く長く吐く感じだ。

良い呼吸をするようになると、明らかに世界が動くのを感じる。
どんな意味でも、心が世界を作っているのであるから、澄んだ心からは、快楽的ではないが、精妙な世界が構築され、時には、緻密な因果関係が織り込まれていることに、直ぐに、あるいは、後で分かって驚くことも多いのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

学校や職場を楽しい修行の場にする

冗談で『サザエさん』を見ようと思うと重い気分になる。
これは、今だ、子供の時の「サザエさん症候群」、つまり、休日もあと僅かで、翌日から1週間、学校に行かないといけないという嘆きを思い出すからである。
今も、やっぱり月曜は好きではないが、今日から「さあ、会社で心を消す修行をするぞ」と思えば楽しくなってきた(笑)。
そうだ。
学校や職場は、心を消す修行にピッタリの場所で、そのためにあるのだと思えば、学校や職場が有り難いものに思えてくるから不思議である。

心を消せば、つまり、無になれば、不可能はなく、全てが可能になり、仙人、導師、マスター、大師の仲間入りをするということである。
もちろん、そのようなものになることへの執着は持たない方が良いのだけれども。
心を消すには、様々なやり方がある。
一番基本的なものが、心を1つの対象に縛りつけ、さ迷わせないことだ。
呪文、万能呪文を唱えたり、出来るだけゆっくり呼吸することで、それが出来る。
念仏や、般若心経の呪文でも良いと思う。自分が好きでさえあれば。
けれども、1つの方法だけ選んでやり、呪文を唱える場合でも、呪文を1つにした方が良い。

ニサルガダッタ・マハラジは「常に存在の感覚にしがみつけ」と教えた。
「私は存在する」「私は在る」という感覚であるが、いきなりそう言われても難しいかもしれない。
心の中で「私は存在する」と言った時の「感じ」を覚えておき、それを再現させても良いと思う。
あるいは、特に最初のうちは、「私は存在する」を呪文のように心の中で、繰り返せば良い。
全ての呪文のコツは、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で、数多く・・・である。
また、マハラジは、「存在の感覚」とは、朝、目覚めて、思考がやってくるまでに感じる感覚であるとも言う。
なるほど、その感覚を思い出せば良いのである。

学校での活動や、職場での仕事はどうするかというと、『バガヴァッド・ギーター』で繰り返し説かれているように、ただ義務として行うことだ。
あるいは、自分がそれをやっている行為者ではないと見なすことだ。
そうすれば、神が代わりにやってくれる。
ラマナ・マハルシは、「財務長官は重い責任を持って仕事を遂行しているように見えるが、彼は何もしていない。自分がそれをしていると思っていないので醒めている」と言う。
あるいは、「事業家が偉大な事業を成し遂げつつあるが、彼は何もしていない」とも言う。
つまり、神の道具になり切って、心ごと、身体ごと、明け渡すことだ。

心ごと体ごと 全部脱ぎ捨てたこの魂
無くしてた熱情が 指先から流れ出した
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M。歌:初音ミク)より~
ファイル:Freely Tomorrow.ogg/初音ミク『FREELY TOMORROW』
※この曲はクリエイティブ・コモンズライセンスにより自由に使える(クレジット表示さえすれば良い)。まして、ダウンロードして聴くくらいは自由である。

さあ、早く心を消し、自由になろう。
学校、職場、あるいは、嫌な家庭など、悪い状況は、心を消す喜びを味わうためにあるようなものである。
身体が不調であることも同様に考えられるが、健康である方が修行には有利であるので、毎日、腕振り運動を欠かさず、身体を鍛え調整すると良いと思う。
蹲踞(そんきょ)の姿勢を度々することもお勧め出来る。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ