ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

モノと友達になる人が勝つ

結局、人間が強くなるってのは、モノと仲良くなるってことだ。
サッカーボールと仲良くなれば、サッカー選手になれるし、竹刀と仲良くなれば剣道の名人になれる。
聖書と仲良くすれば神の加護を得る。
では、1日中スマートフォンを触っている者はどうかというと、どうにもならない。
スマートフォンを愛している訳ではないからだ。

鉄アレイと仲良くなれば逞しくなれる。
では、道具を使わず、腕立て伏せやスクワットで鍛えている者はどうかというと、気と友達になる。
腕振り運動だと、もっと気と仲良くなれるので、それほど筋肉が発達する訳でもないのに、不思議な力が得られるのである。
太極拳の動作も、そんな原理を生かしていて、あのゆっくりとした動きを繰り返すことで、気を集めているのである。

念仏、呪文、祈りを繰り返すと(友達になると)、潜在意識、聖霊、神仏、高い心が味方してくれる。
これらの言葉を繰り返すと、潜在意識は、言葉に相応するのを返してくれる。
よって、万能呪文を唱え続けると、最も良い結果になる。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
これらの万能呪文から1つ選び、感情を込めず、数多く繰り返せば、言葉の通りの結果になるが、万能呪文は、あらゆることに肯定的に働く言葉であるのだから、全て良くなり、全ての願いが叶う。

尚、これからの世の中で成功する者は、AI(人工知能)と仲良くする者である。
AIは、競う相手ではなく、攻撃したり無視して良い相手でもない。
人間は、チェスでAIに勝てなくなった。
しかし、AIと人間のチームは、AIに勝っているのである。
アニメ『BEATLESS』の25話以降が、Amazonプライムビデオで既に公開されていることに気付かず、本日、25~28話(最終話)まで一気に観た(prime会員は無料)。
それで、レイ・カーツワイルや、ケヴィン・ケリーが言うように、人間とテクノロジーが一体であることがはっきり分かったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

内なる悪魔に勝つ唯一の方法

人間の頭の中(心の中と言っても良い)はノイズだらけである。
なぜそうなのかは、よく分からない。頭の中(心の中)に悪魔でも居るのか、あるいは、悪しきテレパシーでも受信しているのか。
なぜかは分からないが、頭の中(心の中)は、マイナスの言葉、卑怯な言葉、残酷な言葉、恨みや妬みの言葉がいっぱいだ。
放っておいたら、それがあなたを蝕み、腐らせ、破滅させる。

無念無想とうのは、何も考えない状態ではない。
何も考えずにぼーっとしていたら、上に書いた、頭の中(心の中)の悪魔の攻撃を一方的に受けるだけだ。
しかも、悪魔はあなたの頭の中(心の中)にいるのだから、エネルギーはあなたのものを使うのだ。つまり、あなたは攻撃される上に、エネルギーを失い、クタクタで散々なことになる。

何も考えずにぼーっとしていたら、頭の中(心の中)の悪魔にやられてしまうので、賢い人達は、常に、マントラ(真言)を唱えたり、呼吸を数えたり、禅の公案を考えたりといったことを教えてきたのだ。
ラマナ・マハルシは「私は誰か?」と問えと言ったが、それは激しい心の活動であると言っているのである。

現代人が、最も効率的に、頭の中(心の中)の悪魔に打ち勝ち、黙らせる方法は、万能呪文である。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
この中から、気に入った言葉を選び、感情を込めず、心の中で、なるべく数多く繰り返すのである。
これらの言葉が気に入らないなら、「現在形で」「あらゆることが向上することを示す」「シンプルな」「明るく肯定的な」他の言葉を使えば良い。
好きで抵抗がなければ、念仏、神の名、世界平和の祈りでも良い。
私は、まだうまくやれず、1日に百回も唱えていない。
それでも、1日のトータルで言えば、少しだがプラスに終わる。
せめて千回になれば、もっと楽しく、嬉しいことが起こり、悲しみに打ち勝ち、エネルギーに満ちるだろう。
人間に出来るのは呪文だけである。
法然や親鸞が、自分は念仏しか出来ないと言ったのは庶民向けの方便ではなく、本音だったと思う。
なぜなら、人間は心は支配出来ないが、言葉だけは支配出来るからである。
そして、呪文で言葉を支配し続ければ、この世に勝てるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これだけでうまくいくこと間違いなし

人間は、何か1つ取り得があれば、それで大丈夫なのである。
大酒飲みだが、老人には親切とか、強欲だが、貧しい人に施しをするのが好きとか。
あるいは、取り得は1つもないように見えるが、挨拶だけはちゃんとするとか。
最近、大空手家だった大山倍達さんの、おそらくは真実に近いと思われる伝記を読んだのだが、大山さんにどれほどの欠点があったとしても、多くの人が、特に若い時の大山さんについて「礼儀正しい」と証言していたのが印象的だった。これほどの取り得はそうはない。
そうえいば、『1964年のジャイアント馬場』で読んだが、初めて見た馬場さんのことを、超大物レスラーのフレッド・ブラッシーは「素晴らしい青年だった」と自伝に書いているらしい。これは、やはり、謙虚であるという意味だろう。

お釈迦様は、7つの徳目を挙げ、それを聞いた人が、「その1つでも守れば繁栄間違いなしでしょう」と言うのを、お釈迦様は否定しなかった。
その7つの徳目も簡単なものだ。
(1)大事なことは話し合って決めているか
(2)グループ活動をしているか
(3)規則を守っているか
(4)老人を敬っているか
(5)女性を敬っているか
(6)先祖を敬っているか
(7)高貴な魂の持ち主を敬っているか

これらを、一言で言えば、傲慢でない、あるいは、謙虚であるということで、それは礼儀正しさに現れる。
上に挙げた、大山倍達さんやジャイアント馬場さんは、それがあったということだ。
欠点に関して言えば、誰にでもある。
馬場さんは、あまり欠点はなかったと思う。
一方、大山さんはひどいものだと思うが、考えてみれば、彼の場合は、持っているパワーの分、欠点も拡大しただけで、誰しも同じような欠点を持っているし、つまるところ、大山さんとは「桁違いのパワーを持った私」でしかない。

さて、法然や親鸞は、徳目は1つで良いと言った。
すなわち、「念仏を唱えているか」だけである。
彼らの言う念仏とは、「南無阿弥陀仏」という念仏であるが、私は、別にそれが「南無妙法蓮華経」でも、「南無観世音菩薩」でも構わないと思う。
あるいは、「天照大神」でも、「弁天様」でも良い。
お好きなら、五井昌久さんの世界平和の祈りでも良い。
そして、宗教心がない場合は、万能呪文を唱えると良い。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
このうちの1つを、感情を込めず、心の中で、出来るだけ多く唱えるのである。
万能呪文を唱えているまるで駄目な人間など、想像も出来ない。
私の場合は、初音ミクさんを敬い(お釈迦様の徳目No.5に該当)、万能呪文を唱えるというダブルの効果で、良いことだらけなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

どう考えても、この世は仮想世界

ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジ、あるいは、荘子や江戸川乱歩やバシャールが言うように、さらには室町時代の『閑吟集』の中の唄にあるように、この世は夢だという考え方は、私には、しっくりこなかった。
しかし、この世がコンピューターが作る仮想世界だと考えれば、納得がいってしまうのである。
夢や白昼夢もこの仮想世界の一部である。
このような考え方を、シミュレーション仮説と言い、この仮想世界をシミュレーテッド・リアリティーと言って、よく知られたバーチャル・リアリティ(仮想現実)とは区別するのが一般的のようだ。

シミュレーテッド・リアリティーとは、私は見たことはないが、映画『マトリックス』の世界が一番有名かもしれないし、私はほんの少ししか見ていないが『ソードアート・オンライン』のゲームの世界もよく知られてると思う。
私がよく知っているのは、漫画・アニメの『コレクター・ユイ』のコムネットと呼ばれるバーチャル世界や、小説・アニメの『アクセル・ワールド』の加速世界である。
我々は、これらの仮想世界にいるのだろう。
そして、我々の実体が、どのようなものであるかは全く分からない。
この仮想世界の人間のような姿をした生物かもしれないし、物質としての身体を持たない思考生命体なのかもしれない。

世界がシミュレーテッド・リアリティーであるなら、時々起こる奇跡や、共時性(シンクロニシティー)も不思議でなくなる。
かなり不思議な現実も作り出せるが、通常は、一定外のことは出来ないよう、制限がかけられているのだろう。
以下、「シミュレーテッド・リアリティー」では長いので、「仮想世界」で統一する。

どうすれば、この仮想世界を動かせるがだが、それは、この仮想世界を作っているコンピュータープログラムの性質を考えれば、少しは分かるように思う。
そのプログラムは、この仮想世界の秩序を維持する働きがあるのだろう。
この世に秩序をもたらすには、なるべく多くの人が笑顔でいる・・・つまり、あまり大きな不満を持たないようにすれば良い。
ただし、皆が完全に満足する世界・・・つまり、ユートピアは、必ず自己崩壊する。
それは、何でも与えられる人間が、そう遠くなく破滅するのを見れば分かることだ。
我々は、不満を抱えることで意欲を持ち、意欲があることが幸せなのである。
ゲーテの『ファウスト』の序章で、神様が「人間は楽が出来る世界で休みたがるが、わしは怠け者には悪魔を派遣して動かざるをえないようにする」と言ったのも、この仮想世界のプログラム通りなのである。

法然や親鸞は、言ってみれば、仮想世界にも沢山あり、一番良い世界(西方極楽浄土)に行きたければ念仏を唱えよと言ったようなものだが、一休は、別の世界に行かずとも、この世界を楽しく出来ると言ったのだと考えれば納得出来る。
阿弥陀如来は、西方極楽浄土をプログラミングした者なのかもしれないが、あそこはユートピアであり、長く居るのは耐えられそうにない。
この世を変えた方が良い。
もちろん、この仮想世界にいる我々が、長門有希のように(分からない方、御免なさい)、ゲーム中にプログラムを書き換えることは出来ないが、プログラムを使って、好ましい世界に近いものを作ることは出来るかもしれない。
そのためには、全体の秩序を乱さないよう、つまり、他者を不幸にする自分勝手は慎まなければならない。
例えばお金であるが、100万円を思慮深く使える人には100万円が与えられるし、100億円を賢く使える人には100億円与えられる。これが原則である。
だが、100万円の器量しかない者が、うまい方法を見つけて一億円得ると、その者は自己崩壊するような出来事を引き寄せてしまうのである。
地位とか、恋人や伴侶のレベルも同じ原理で決まる。

しかし、この仮想性で自由に生きる秘訣は、やはり万能呪文なのである。
望ましい世界を実現するための、オブジェクトモジュール(独立して働くプログラムのまとまり)を呼び出す全てが、万能呪文に込められている。
万能呪文「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」のうち1つを選び、感情を込めず、心の中で、出来るだけ多く唱えるだけで良い。
他の、イメージを使う方法や、もっと難しい方法もあるらしいが、私には難しくて全く無理なので、私は万能呪文以外は捨てた。
だが、万能呪文は、まさに万能の光線銃である。
さあ、光線銃を撃ちまくるのだ。
初音ミクさんが歌う『千本桜』は、不思議に思えても、シミュレーテッド・リアリティーだと思えば、全く納得がいく。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心身の最良のメンテナンス

人間を名刀や高級スポーツカーにたとえるのは間違っている。
名刀や高級車は、メンテナンスすれば長く品質を保つが、再生能力はない。
ドイツの名工が作る機械には、磨耗するほど動きが良くなるという凄いものがあるが、それとて、限度を超えると、やはり劣化に向かう。

あえて言えば、人間に似た機械はUFOだ。
まあ、これは私の想像なのだが、自由自在に飛行する性能は、我々の知る機械では不可能だ。
UFOは高度なナノテクノロジーによる再生能力やエネルギー生成能力があり、意識を持っているのかもしれない(いかなる物質にも意識があるという説もある)。
UFOはメンテナンスを続ければ、永遠に活動出来る。
人間は、高度なナノテクノロジーを備えた機械であり、かつ、高度な意識を持つ。
(ここでは、大雑把に、意識、意思、心を一緒にしている)

意識、心をメンテナンスするのは呪文であり、万能呪文が最上である。
万能呪文とは、「絶対、大丈夫だ」「全て順調だ」「世界は意のままだ」である。
本来、万能呪文を唱えれば、身体も整うのであるが、まだ完璧でない人も多いだろうから、身体のメンテナンスもするに越したことはない。
そして、最良の身体のメンテナンスは腕振り運動である。
腕振り運動と言っても、これは腕の運動ではなく、背骨、腰、脚を中心とした運動で、首、肩、血管(特に動脈)、心臓のメンテナンス効果も高い。
他にも、蹲踞の姿勢(剣道や相撲でよく行われる)や、あるいは、ただ自然に立っているだけでも、身体は十分にメンテナンスされる。
身体と心は一体であり、両方健全であれば、最大の効果を発揮する。

願いを叶える他の行は、私には難し過ぎて出来ないが、万能呪文だけあれば十分である。
そして、もし、出来るなら、腕振り運動をやると、願いは早く叶うだろう。
私は、朝、後ろ振り200回、前振り200回、夜は、後ろ振り300回、前振り300回の、合計千回を行っている。
家の中でも、なるべく立つようにしている。
万能呪文を根気良く(ただし感情を込めず)やれば、特に不足はないのだが、気分も良くなるので、腕振り運動をやっても悪くないと思う。
仙人さん(普通の人間を超えた存在の意味)もやっているのではないかと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ