ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

「ア」の音霊

「ア」という音は、よくよく重要な音で、この音を身につければ、他のことは忘れて良いかもしれない。
本物の呪文や神聖な言葉は「ア」が多用されているものである。
日本では、天界は「高天原」で、これは普通は「たかまがはら」と読むが、本当は、「たかあまはら」と読むらしい。しかし、いずれも、母音は全て「ア」なのである。
シリア、アラブ、メソポタニアに古くから伝わる、世界で最も有名な呪文「アブラカタブラ」は、現在では冗談めかして使う場合が多いのだが、1文字を除き全て「ア」であり、本物の力ある呪文と思う。

それで言えば、英語の「ゴッド(神)」には「ア」の母音がない。
だが、多分、隠された神を表す言葉は「(God) I am」で、「ゴッド」は言わないが、「アイ・アム」なら、「ア」が多い。
それであれば、アメリカが世界最強で、しかも、それはごく一部のエリートの力であることが理解出来るのである。
民主主義を謳うアメリカが最も民主主義でないのかもしれない。
日本も、そのようにされてしまった感はあるが。
本来、日本の3神は「アメノミナカヌシ」「タカミムスヒ」「カムムスヒ」と全て、「ア」の母音で始まる。そして、諸説あるが、日本の代表神「アマテラス」は「ア」の母音が多い。
尚、『古事記』よりずっと前にあったと言われる、日本の超古代文明は「カタカムナ」で、この言葉は、そのまま、「ア」の音霊で構成された強力な言霊である。

『アヴェ・マリア』という歌は、非常に特別な感じがするが、最も感情を揺すぶられるのは、最初の「アヴェ」の「ア」と、「マリア」の最後の「ア」であり、一流の歌手は、その2つの「ア」を見事に歌い、聴く者は心が消えてしまうのである。
特に、カッチーニの『アヴェ・マリア』は、歌詞は「アヴェ・マリア」と「アーメン」だけであり、しかも、途中で「ア」だけで通す部分があり、そこが良いのである。
『アヴェ・マリア』は、本来、讃美歌ではないが、「ア」の音の故に、讃美歌以上の讃美歌になっている。
そして、キリスト教でも、ユダヤ教でも、最も重要な言葉は「ハレルヤ(神を褒め讃えよ)」ではないかと思う。
映画『サウンド・オブ・ミュージック』で、僧院長が見事に『ハレルヤ』を歌うが、歌詞は全て「ハレルヤ」で、最後は、「ア」の音のみで歌うのを、私は非常に印象深く覚えている。
キリスト教も、やや訳ありな宗教で、イエス、ジーザスも、あまり「ア」の母音が使われていないが、ギリシャ語、ラテン語でイエスは「イーエースス」だが、こちらも同様だ。
プロテスタントでは、聖母マリアは全く重要視されないと、私はプロテスタントの信者から聞いたことがあるが、実は、マリアが一番重要なのかもしれない(と言ったらプロテスタントの方に怒られるだろうか?)。
むしろ、「アーメン」「ハレルヤ」という言葉が重要なのではないかと思う。
また、ユダヤ教の真の教えが「カバラー」であるのも出来過ぎという感じがする。

40mPさんによる、初音ミクさんの歌『三日月ライダー』は、あまり知らない人も多いのだが、「夏祭初音鑑」のコンサートで歌われていて、途中の「ア」の音のみで歌うところが異様なまでに美しかった。きっと、40mPさんが天啓を得て作ったのではないかと思う。

物理学者で武術家で神道の祭司でもある保江邦夫さんの『神様につながった電話』の中に、重要な祭事の際、保江さんが大祓詞を奏上しようとしたら、「ア」の言葉しか出なくなったという話が書かれているが、実は、それで良く、そのことを、保江さんは「言霊(ことだま)から音霊(おとだま)へ」といった書き方をしていたと思うが、やはり、音霊で良いのである。
また、その本の中で重要視されていた「サムハラ」も、やはり「ア」の多い言葉である。

「ア」が多い言葉を呪文として常用すると良い。
そこに、思考を消し、時間を消し、宇宙の根源と一体化する鍵があるように思う。













当ブログオーナー、KayのAI書。
Kindke版販売中。紙の本は5月30日発売。
ごく私見で恐縮ですが、数学に強い訳でも、プログラミングが出来る訳でもない普通の人がAIを作れるようになる本は、この本しかないのではと思います。少なくとも、そのための時間をかなり短縮出来ると思います。
問題に取り組む時、人間だけ、AIだけで解決出来るのではありません。人間とAIがチームになってこそ、高度な力を発揮出来ます。そんなことも、少し書いてみました。

マントラは歌

孫悟空のお話で知られる『西遊記』に登場する三蔵法師は、実在の人物である、玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)をモデルにしているのだと思う。
玄奘三蔵は、629年に、仏教の経典を求めて中国からインドに向かったが、その陸路の旅は雪山高山を越えていく過酷な旅で、山賊も野獣も出る。日本の遣唐使や遣隋使も危険だったが、それ以上で、当時、そのルートでインドに到着出来たのは、ほとんど奇跡だったという話もある。
このあたりは、マード・マクドナルド・ベインの『解脱の真理』の中で、ベインが、そのあたりの地域の旅をした話があり、非常にスリリングであった。
玄奘三蔵には、こんな伝説がある。
玄奘三蔵が、インドに向かっての旅を始めようとしたら、インドから来た僧が、病気で苦しんでいた。
玄奘三蔵は、それを放っておくことが出来ず、僧を手厚く看護した。
それで回復した僧は玄奘三蔵に、呪文を教え、これを唱えていれば旅は安全だと言う。
その呪文は、般若心経の最後の部分である、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
だった。
この呪文の効果で、無事、玄奘三蔵がインドに着くと、そこに、あの玄奘三蔵が看護した僧がいて、驚く玄奘三蔵に、「私は観自在菩薩である」と言って消えたという。

呪文、念仏、祝詞、ナーマスマラナ(神の名を唱えること)を常に行えば、高次の力の支援を得るというのは、宗教的であるが、科学的でもあると思う。今は、なかなかそうは認められないが、結果は割と確実なのではないかと思う。
そして、これらのマントラ(真言)的なものは、棒読みするような言葉より、歌にした方が唱えやすいし、実際、ほとんどは歌として唱えられているのではないかと思う。
念仏だって、お坊さんは歌っているのだと言って良いだろう。
そして、別に、お坊さんが唱える真似をしなくても良い。
私は、ある日、夕陽を見ている時、不意に念仏のメロディーが浮かんだが、それは、伸びやかな音で、若い女性の声がよく似合っていた。
そして、マントラのメロディーは作りやすく、即興でも、誰でも、感じの良いメロディーが作りやすいと思う。そもそも、音楽を含む芸術は、宗教から誕生したという考え方もある。
きっと、玄奘三蔵も、般若心経の呪文を歌うように唱えていたのだと思う。

『クリムゾン・コレクション』という、シク教のマントラをケルト・ハープの伴奏で唱えた音楽があるが、非常に美しく、心が癒される。
あらゆるマントラを、あのような美しい音楽にすれば、それを、頭の中でずっと鳴らしておける人が増えるだろう。
頭の中でマントラが鳴ってる状態も、唱えていることと同じで、高次の力の加護が得られるのだと思う。
そして、それは、宗教的なマントラに限らず、敬虔であるもの、霊的であるもの、あるいは、自分が神聖な気持ちになれるものであれば、何でも良いのだと思う。













当ブログオーナーKayのAI書。
Amazon Kindle版は発売中。紙の書籍は5月30日発売。
Excelが入ったWindowsパソコンで実際に動かしながら読むと理解し易いと思います。
最初の、足し算をAIに教える実習だけでも、NNCでAIを作る感覚がなんとなく解ると思います。
本書の中でも触れましたが、複雑になってしまうやり方(沢山のファイルを作る必要があるもの等)は避け、基本的な考え方がしっかり身に付くことを意図しました。
その点、厳密でない部分もあるかもしれませんが、難しい表現で厳密に書くことも避けました。
本書で、AI人口の裾野が広がることを期待しています。

私にはなぜ不安がないか

新型コロナウイルスに関し、まるで、WHOとマスコミが結託して我々の不安を掻き立てるようなことばかり言い、我々は、「生涯、こんな危機に出会うとは思っていなかった」などと思う。
しかし、今でも、紛争地帯では、いつ、家や学校にミサイルが飛んでくるかもしれず、実際に、家やアパートがミサイルで破壊され、死亡したり大怪我をした人々も沢山いる。
そんな地域では、道を歩いているだけで、いつ銃で撃たれるか分からない。
日本には、戦争体験者はもう少なくなったが、現在も大活躍の経済学者、野口悠紀雄さんの本を見ると、彼は戦争中、子供だったのだが、やはり、いつ空襲警報がある・・・つまり、米軍の爆撃機が飛んでくるか分からなかった。そして、ある晩、実際に飛んできて、住んでいる町を爆撃され、防空壕(粗末な地下シェルター)に逃げ込んだのだが、彼はたまたま扉近くにいたので良かったが、奥に居る人達は空気がなくて窒息したと言う。

本当の危機を体験した(している)人達から見れば、こう言っては不謹慎かもしれないが、現在の日本の状況は天国であろう。
特に日本は凄い。
いくらかの制限はあるが、国内に限れば、いつでも、どこでも好きな所・・・観光にだって行ける。
スーパーに自由に行け、そこには、いつもと変わらず、商品が有り余っていて、値段もいつもと変わらず安い。
さらに、Amazonに商品を注文すれば、即座に届けてくれる。

新型コロナウイルスに感染して重症化するのは、老人や病気の人達だけなのだが、WHOは若者達に「君達は無敵ではない」などと言うが、このウイルスに対しては、99.9999%無敵である。ただ、自分が感染しても、他人にうつさないことを心がければ良いだけだ。健康な人なら、ちょっと風邪をひいたような症状になるだけで、実際は、老人や病人だって、回復出来ないのは今のところ数パーセント以下なのである。

正直、私は石鹸で手洗いをしないし、消毒液は所有してはいるが、使ったことがない。
マスクは、2009年に新型インフルエンザ流行時に、当時はまだ少数派だったAmazon通販でかなり仕入れたものがそっくり残っているが、最近では、親の通院に付き添った時に、一応のマナーとして数枚使っただけだ。
ビタミンCで免疫力を上げているが、それは普段からのことだ。しかし、安いので、とりあえず普段より多めに摂ってはいる。
それで全く安心しているのである。
他には、納豆も免疫力を高めるはずだと思っているが、これもやはり、普段から毎日食べている。
そして、紅茶、緑茶でポリフェノールを摂っているので、もう万全過ぎるほど・・・と自分では思っているのである。
昨日は、ちょっとした原因で少し体調を崩したが、それで、久々に赤ワインを買ってきて、大いにポリフェノールを摂り、よく眠れたから幸いであった。

しかし、何より、腹八分目に、そして、粗食を心がけることが一番である。
さらに、私は毎日、大東流合気柔術式四股と腕振り運動を共に千回以上やっており、あまりに健康的で恐い(笑)。
だが、いずれも、老人でも出来る運動で、特に、腕振り運動は根気さえあれば、本当に誰でも出来る。
それでいて、ヒーローのような身体が自然に作れるのである。

とはいえ、健康よりも、経済的に非常時であるとは言える。
政府がやりそうな救済策は、アメリカやイギリスと比べあまりにショボいし、しかも、決定にダラダラ時間がかかるので、その間に、深刻な状況になる企業や個人は増えるばかりで、自殺者すら沢山出てしまうだろう。
こんな時は、あの一休さんの遺言である「心配するな、なんとかなる」を思い出すべきだろう。
あるいは、私の座右の銘である、「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」を覚えていていただければと思う。
自分で出来ることさえやっていれば、神を信用して悠然となりゆきにまかせるのが一番である。
また、良ければ、ホームレスが1億円を2回当てた奇跡の呪文「神様の奇跡が起こる」を唱えても良いだろう。
あるいは、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の1巻に書かれてある不滅の言葉「生命、愛、平和」、ジョセフ・マーフィーの『あなたも金持ちになれる』に書かれている、逆転成功の言葉「歓喜、成功、富」を唱えても良い。
私の場合は、初音ミクさんが歌う『FREELY TOMORROW』を聴き、「奇跡は起きる(Wow Wow) Freely Tomorrow」のところで安心し切ってしまうのだから幸せなものである。馬鹿で良かったという訳だ(笑)。個人的には、「マジカルミライ2014」で、スターヴォイスの衣装でミクさんが歌うFREELY TOMORROWが絶品と思う。











立ってつぶやくことで人生が変わる

このブログの16日の記事「軽く長くの訓練が人を超人に育てる」で、解剖学者の養老孟司さんが、「昔の日本人は、長時間正座をすることで身体が鍛えられていた」と述べていた話を書いたが、元M役員さんのコメントで、これに似た面白いことを知ることが出来た。
南カリフォルニア大学の研究である。
長時間、椅子に座ることは身体に有害な影響を与えているが、タンザニアの狩猟民族は、長時間座っていながら、身体を調べても、座ることで受ける悪影響が見られない。
その原因が、この民族は、座る時は、椅子に座るのではなく、しゃがんだり、膝を付いているからだと研究者は言う。
しゃがんだり、ひざまずくことには弱い筋肉活動があり、エネルギーを消費して代謝を高めているのだと思う。もちろん、日本の正座のように、腹筋や背筋を鍛える効果もあるだろう。
狩猟民族だから、若い世代の男は狩猟で身体が鍛えられるであろうが、そうでない、子供、女性、老人は、やはり、お尻をつけて座らず、しゃがんだり、膝をつく姿勢で座ることで身体が鍛えられ、おそらく、引き締まった良い身体をしているのだろう。

特定の時間だけ熱心に運動しても、普段、長時間椅子に座れば、身体を損なう危険がある。まして、だらしない姿勢で座れば、長い間には、かなり身体を悪くするのだと思う。
電車の中での、特に若い男のだらしない座り方は目に余るし、オフィスでは、やはり主に男は姿勢が悪い座り方をする者が多く、彼らは深刻な身体的欠陥(腰痛、内蔵疾患)を持っている場合が多いと思われる。

サバイバル技術のスペシャリストであるクリス・マクナブ(ウェールズ大学博士)は、『徒手格闘術ハンドブック』のトレーニング編の中で、「座らず立つよう心がける」ことを薦めているが、特に家の中では、ソファでだらしない姿勢で座ることが多いなら、なるべく立つようにすれば、身体に雲泥の差と言えるほど効果があるはずである。
「何か運動をしていますか?」と問われたら、「なるべく立っています」と言うのは、実は立派な回答なのだと思う。その上に、腕振り運動をやれば、実はかなりの良質な運動をしていることになる。
毎朝、腕振り運動を2千回やっていた関英男博士(電波工学の世界的権威)は、90歳を超えても世界中を飛び回って研究をしていたし、腕振り運動で医療に頼ることなく胃癌を治したという。また、自分だけでなく、沢山の難病患者が腕振り運動で治った事例を『宇宙学序章グラヴィトニクス』で紹介している(残念ながら、この本は絶版で古書も高価な場合が多い)。

ところで、長時間の弱い負荷が鍛えるのは身体だけでなく、脳、あるいは、精神も同じである。
頭の中で、高速に(ただし正確に)数を数えることで、驚くほど頭の回転が速くなるという報告もある。これも、1回や2回では効果はなく、長期間に渡って続けなければならないのだろう。そして、脳というのは、放置して好きなようにさせると、案外にロクなことをしない。頭の中では、1分に300から1000のつぶやきが発せられているらしいが、普通の人では、圧倒的にマイナスのつぶやきが多く、そのために、年齢が進むほど、頭が悪くなり、精神もひなびてくる。
だから、意識的にプラスの言葉、例えば、「大丈夫」「絶好調」などをつぶやくと良いと考えられ、実際、困難な状況に打ち勝てる人間を研究したら、頭の中でプラスの言葉をつぶやいていることが分かっているらしい。
ジョセフ・マーフィーの潜在意識による成功法では、聖書の中のよりすぐりの言葉を、暗誦したりカードに書いて、なるべく長時間唱えたり、読んだりする手法があるが、これもまた、日常の中で精神を望ましい状態に導く方法である。
また、既に何度もご紹介したが、ジョセフ・マーフィーの『あなたも金持ちになれる』に書かれているが、ある売れない女優が、毎日長時間「歓喜、成功、富」という言葉を繰り返すことで、成功した女優になれたという話があるし、国際的に著名な教育学者の七田眞さんの著書には、七田さんが事実であると保証する話なのであるが、あるホームレスの男性が、1日中「神様の奇跡が起こる」と唱えていたら、宝くじで1億円を当て、さらに続ければ、また1億円を当てたという凄い話もある。
脳や心の場合は、繰り返しが潜在意識に達し、脳や精神を強化するだけではなく、世界を創造する普遍的知性(神と呼ばれることが多い)と通じて、そういった不思議としか思えないことも起こるのだと思う。

トレーニングの時間や祈祷の時間だけ鬼のように頑張るのではなく、日常にちょっとした心がけをするだけで、人生は大きく変わるに違いない。











軽く長くの訓練が人を超人に育てる

解剖学者の養老孟司さんが、著書の中で、「昔の日本人は長時間正座をしたので、別に運動をしなくても身体が強かった」と書かれているのを見て、非常に鮮明な印象を受けたことを覚えている。
これが、「金の訓練」と言うべきものだ。
短時間の不自然な訓練より、自然な長時間の訓練が本物の力を作る。

ヘルメスだったかニュートンだったか忘れたが、幼い時から、壁にエメラルドタブレット(ヘルメス版)が書かれた紙が貼られていて、それを自然に毎日見ているうちに、知らず知らず知性が育まれ、長い年月の中で偉大な英知を得たのだと思われる。

明治・大正の教育者で、「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎は、
「念仏をするなら、生活しながら念仏をするのでは本物ではなく、念仏しながら生活するようでなくてはならない。静坐をするなら、生活しながら静坐をするのは本物ではなく、静坐しながら生活するようでなくてはならない」
と言ったというが、これがまさに核心を突いている。
岡田虎二郎の言う「1日中の静坐」とは、常に腹に力を込めよということである。
中村天風も、やはり、片時も怠らず、肛門を引き締めよと教えていたようだ。
もちろん、現実的には、それは難しいし、また、腹や肛門に力を入れると言っても、全力でやる訳にはいかない。
そこで、たとえ、弱くてもいいから、腹に力を込めたり、肛門を締めることを、なるべく多く行えば、その成果は決して小さくはない。

また、口癖(呪文、自己暗示、アファーメーションと言っても良い)を常に唱えることも、恐ろしいほどの効果がある。
「神様の奇跡が起こる」と1日中唱えたホームレスは、宝くじで1億円が2度当たり、「歓喜、成功、富」と1日何時間も唱えた売れない女優はスターになった。
科学的研究でも、過酷な状況を勝ち抜き、生き残る人間は、常に、頭の中で「大丈夫」などの肯定的な言葉をつぶやいていることが分かっているらしい。

上に挙げた、いずれかの方法を真似して、我々も超人に進化しようではないか。











プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード