ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

絶対に効く呪文

昔、あるお婆さんが、大日如来という仏様の真言を教えてもらい、呪文として唱えたら、これがまたよく効いた。
ただ、そのお婆さんは、その真言「アビラウンケン」を「油売らんか」だと思って、そう覚えていたらしい。
まあ、もっとも、「アビラウンケン」だって、元のサンスクリット語では「ア ヴィ ラ フーン カーン」で、「アビラウンケン」は、そのサンスクリット語の真言を中国人が勝手に・・・と言っては語弊があるが、唱え易いといった理由で改変したもので、それこそ、あのお婆さんの「油売らんか」のノリであったかもしれない。
そして、とにかく、そのお婆さんの「油売らんか」はよく効いたのである。
ところが、そのお婆さんが、ある僧から「アビラウンケンが正しい」と言われ、「アビラウンケン」と唱え始めたら、効かなくなったという。
原理は簡単だ。
お婆さんは、「油売らんか」というのが、有り難い呪文だと思って気分良く唱えたから効いたのであえる。
お婆さんは、それで、潜在意識を働かせることが出来たのだ。
しかし、お婆さんは、これまで唱えてきた呪文が間違いだと言われ、気分を悪くしたら、潜在意識を働かせることが出来なくなったのである。
言い換えれば、思い込みと気分の良さが潜在意識を働かせるのだ。
そして、良い思い込みは良い気分で作られるので、大切なものは良い気分だけである。
たとえば、自分を可愛いと思い込んでいる女の子はモテるが、彼女の思い込みは、親が、彼女を「可愛い」と言うと同時に良い気分にさせ続けたから出来たのである。
まあ、外の世界で、「いや、お前は可愛くない」と言われて、その思い込みが壊れることはよくある。
自分の気分が良くない者は、他人の気分も悪くしたがるものだからだ。

私も、子供の時、「ナムサン」という言葉を呪文として使っていた時は、実に霊験あらたかだった。
「ナムサン」は、漫画のヒーローが、ここ一番で唱えていたのだが、私は、そのヒーローに憧れていたので、そのヒーローと同じ呪文を唱えることは気分が良かったのだろう。
だが、「ナムサン」が「南無三」で、「仏、仏法、僧を崇める」という仏教の言葉だと知ると効かなくなった。思い込んでいたイメージと全然違い、気分良く唱えられなくなったからだ。

こんな話もある。
ある男子小学生が、永井豪さんの漫画『キューティーハニー』のヒロイン、ハニーこそ理想の女性と崇め、変身の時に言う言葉「ハニーフラッシュ!」を唱えたら無敵であった。
これは、大人になってからも有効であるらしい。
誰も、「ハニーフラッシュ」が彼にもたらす気分良さを壊すことがなかったからだ。

ところで、呪文、まじない、真言、祝詞・・・何と呼んでも構わないが、それがなぜ効くかは分かっているのだ。
それは、呪文を唱えることで、意識が今に引き戻されるからだ。
運が悪い、潜在意識が良い方に働かないというのは、取り越し苦労(未来への不安)か、持ち越し苦労(過去の後悔)が原因で、意識が「今」にないからだ。
だが、呪文を唱えるのは「今」しかなく、昔呪文を唱えていたとか、明日唱える呪文のことを考える者はいない。
呪文とは、今唱えるしか意味がないのである。
「初音ミクは俺の嫁」というのも、呪文とかまじないと同じである。
初音ミクが3年後に俺の嫁になるのではなく、今すでに俺の嫁ということであり、意識を今に引き戻すこの呪文は結構強力である。
「ありがたい」「しあわせだ」「うれしい」という言葉も、「今、ありがたい」、「今、しあわせだ」、「今、うれしい」と言っているのであり、やはり、意識を今に引き戻す。
古代から、聖者、賢者達が口をすっぱくして言い続けたことは、「過去を後悔するな」「未来を恐れるな」である。
呪文を唱えながら、明日の心配をするかもしれないが、ずっと唱え続けたら、今に集中するのである。
そして、気分良い呪文でないと、唱え続けられないので、せっかく「油売らんか」と気分良く唱えているのに、「それはアビラウンケンじゃ」などと余計なことを言ってはならない。
「ミクさん、マジ天使」も、ミクさんは、今、本物の天使だと認識しているのだから、今に楽々集中しており、必ず幸運を呼ぶ。
「成功」とか「富」という言葉を唱える時も、「今、成功している」「今、富を持っている」という気分で唱えることが重要で、それで気分が良くなれば、潜在意識は必ずや、それを叶えるのである。








呪文のすすめ

各自が、自分がしっくりとくる唱え言葉(呪文、神呪、真言、祓詞、言霊…等)を1つ持っていると良い、いや、この暗い世界では、持っておくべきと思う。
良い言葉で、自分が好きなものなら何でも良く、それを唱えることで潜在意識の扉が開き、宇宙エネルギーとのルートが通じるのだから、これを使わない手はない。
「ナムアミダブツ」「南無妙法蓮華経」「アマテラスオホミカミ」「トホカミエミタメ」「アジマリカン」「神様の奇跡が起こる」「アーメン」・・・自分が気に入れば何でも良い。

アメリカ人は、「オーマイガッド」とよく言うのだと思うが、これは普通「なんてこったい」みたいな意味だと思われている。
しかし、マイガッド(My God:わが神)なんて、素晴らしい真言であり、これを言うことで、確実に守られ、幸運を得ているのである。
日本にも、似た言葉に「南無三(なむさん)」がある。
私が子供の時に、度々、奇跡を起こした言葉だ。
「南無三」も、「オーマイガッド」と同じく、「なんてこったい」といった意味にとられているが、これは「南無三宝」の略で、3つの貴い宝に帰依します(頼ります)という意味だ。
3つの宝とは、一応は、仏、仏の教え、仏の教えを説く僧ということになっている。
しかし、3は世界中で神秘数とか完全数として扱われている。
3自体に意味があるのだ。
キリスト教では、「三位一体」として、「父(神)」「子(キリスト)」「聖霊」を貴いものとしている。
古代ギリシャでは、ゼウス、アテーナ、アポローン、あるいは、ゼウス、ヘーラー、アポローンの3神に祈るのだと、アリストテレスは述べられている。
ダンテの『神曲(本当のタイトルは「聖なる喜劇」)』は、神秘数3に徹底的にこだわって書かれている。序章の1歌に続き、地獄33歌、煉獄33話、天国33歌で、その全てが3行ずつで書かれている。
西洋では、初音ミクさんのミクが、日本語では39だと知ると非常に驚く。神秘数3と、これが3つ合わさった9で名前が構成されているからだ。

私は、三の意味を知らずに「南無三」と唱えたのが良かったのかもしれない。
意味を知らないということは、意味を制限せず、あらゆる意味になるからだ。
三位一体とも、ギリシアの神々とも、あるいは、阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩の3仏の意味にもなるからだ。

また、「ナム」自体に、「アーメン」や「オーム」にも通じる言葉の力があり、南無阿弥陀仏、南無妙法蓮華経、南無観世音菩薩など、どれも強い力を持つ。
ものがよく分らない子供や、無知な者が「ナムナム」とだけ唱えても効力がある。
似た響きを持つ言葉であれば、本人が気に入っている限り力がある。
大日如来真言のアビラウンケンを「油売らんか」と覚えて唱えていたお婆さんの霊験は実に灼(あら)たかであったと言われている。
そもそも「アビラウンケン」自体が、本当は「アヴィラ、フーン、カーン」だ。
神、神様、御神、仏、仏様、御仏といった、どの言葉にも大きな力がある。
本当のところ、日本語の50音全てが神であり、霊力があると言われている。
合気道家で神道家の佐々木の将人さんによれば、「あー」だけで悪霊を祓い、問題が解決するのであるようだ。

「アマテラスオホミカミ」という、十言の神呪(とことのかじり)と呼ばれる神呪(しんじゅ)は、古事記の女神の名であるだけでなく、太陽神、根本神といった意味の他に、明かされていない意味もあり、その力は計り知れないと言う。

普段、何気なく出て来る言葉は速やかに作用する。
最初は、意識的に唱える必要があるかもしれないが、馴染んでくれば、何かの時にすっと出て来て、知らない間に問題が解決しているだろう。
なぜなら、人間は気付かず、何ごとも自分の力で解決していると己惚れているが、実際は、内なる何かが力を貸しているのである。
ここらの理屈は、ソクラテスが語り、『ソクラテスの弁明』に記されているが、それは、意味が分からないからということもあるが、無視されてしまってる。
実際は、人間は何も知らないし、何も出来ない。
ソクラテスが言った「私は自分に知恵がないことを知っているがゆえに、人類で最も知恵がある人間なのである」が真理である。
人間には出来ないことでも神に出来ないことはない。
その力に速やかに委ねる言葉に馴染んでおくと良い。








どの呪文、神呪、真言、祓詞が効くか

最近、神呪、まじない、真言、言霊のことを書いているが、これらについては、こんな面倒なことがある。
「アマテラスオオミカミ」は間違いで「アマテラスオホミカミ」が正しいとか、「トホカミエミタメ」が正しく「トオカミエミタメ」と唱えてはいけないとか。
しかし、「トホカミエミタメ」を調べてみたら、これは、正しくは「トホカミヱヒタメ」だという文献もある。
あるいは、書く時は「アマテラスオホミカミ」でないといけないが、読む時は「アマテラスオオミカミ」で良いと言う人があれば、読む時も、「アマテラスオホミカミ」でないといけないと言う人もいる。
けれども、いずれも、元々はひらがなやカタカナで書かれていたわけではないので、どれが本当かは分からないと思う。
たとえば、古事記のような昔の文献は、本当はどんな発音で読まれていたかは分からないのだそうだ。

こんな話がある。
大昔、文字も読めないようなお婆さんが、大日如来真言「オビラウンケン」を「油売ろうか」と覚え、唱えていたが、霊験あらたかでよく効いた。
しかし、僧から、「アビラウンケンが正しいのだ」と正されてからは効かなくなったという。
そもそもが、「アビラウンケン」だって、サンスクリット語の「アヴィラフーンカン」を、中国人が改変したものであるのだから、「油売ろうか」と大差ないように思う。また、日本の僧にだって「アビラウンキャン」と唱えた者も多かったのである。
最近、「サムハラ」の御札の人気があり、これを神呪として唱えることもあるが、これだって、本当は「サンバラ」だとか「シャンバラ」だとも言われる。
しかし、「サムハラ」でちゃんと効果があるし、他の唱え方でも同様と思う。

私に関して言えば、十言の神呪(とことのかじり)は、文字で書く時は、一応、「アマテラスオホミカミ」とするが、唱える時は「アマテラスオオミカミ」としている。唱える際、「アマテラスオホミカミ」では、むしろ、不自然に感じるからだ。
「候ふ(ありますの意)」も、ひらがなでは「さうらふ」と書くが、まさか、そのまま「さうらふ」とは読むまい。「そうろう」と読むはずだ。

呪文、まじないは、信じて唱えるとよく効く。
私は、子供の時、どこで覚えたのか、「なむさん(南無三)」という言葉を呪文としてよく唱えたが、いつも効果抜群で、あり得ないことが起こった。
たとえば、学校帰りに、寄り道しながら、人のいない方いない方と歩き、ある四つ角に出る時「なむさん」と唱えると、そこに、憧れのあの子がいた。
その子は私を見ると、気さくに「〇〇君!」と言う。
私は、さらに、ごく小さな声で「なむさん」を唱え、遠慮勝ちに彼女に近付くと、なぜか、2人で空き地を探検し始め、密着しまくりだった(笑)。ちなみに、それまで、彼女と口を利いたことすら、ほとんどなかった。

その後も、いろんな呪文を唱えたが、自分が気に入るものなら、何でも効いたし、いまいちフィーリングが合わなければ、あまり効かなかった。
真面目に唱えれば、何でも良いのではないかと思う。








悪霊を祓う

ホラー小説、ホラー漫画、あるいは、ホラー映画はお好きだろうか?
もちろん、出来の悪いホラー作品を見て怖がる必要はないが、中には素晴らしい作品もある。
そんな優れた作品も、存分に怖がって楽しめばそれで良いのだが、それだけで終わらせるのはもったいない作品もある。
つまり、それが作者の意図であるかどうかは別にしても、怖いものを味わうことで、この世には自分をはるかに超えた力というものがあると思うことには意味があると思う。
たとえ、その、自分をはるかに超えた力というものが空想であったとしても、そんな存在があるのではないかと思うのは、案外に健康的なことだと思うのだ。
その「自分をはるかに超えた力」というのは、オリンピックの100m走の金メダリストとか、ボクシングの世界ヘビー級チャンピオンといったものとは異次元の強さだ。
その大いなる力に対抗するのは、ハエが宇宙船を止めようとするようなものだ。
このハエが宇宙船を止めるの喩えは、E.E.スミスの有名なSF『レンズマン』シリーズで、人類で最も優れた男とも言えるキニスンが、宇宙最古の生命体アリシア星人の力に対抗しようとした時に思ったことだった。長い時間をかけて精神を発達させたアリシア星人の力は、かくも大きなものだったのだ。
そこまででなくても、ホラー作品に登場する怪異には、人間の力など、全く及ばない力を持つ存在がよく出て来る。
そんな相手が悪意を持っていて、自分も攻撃されるかもしれないということを臨場感をもって感じさせてくれれば、我々は恐怖を感じる。
そんな恐ろしい存在が、現実にいると感じている人もいるだろう。
もちろん、そんな存在がいたと感じたとしても、それは錯覚である場合が多いのだと思われるが、錯覚とは思えないと感じた体験を持ってる人もいるだろう。
私など、数え切れないほどある(笑)。
錯覚だと言われれば、言い返すことは出来ないが(言い返す気もないが)、それは別に構わない。
要は、自分が本当に恐怖を感じ、世の中には、自分をはるかに超えた力があることを謙虚に認めればそれで良い。
そうなってこそ、味方になってくれる自分を超える力を求めるのである。
そして、そのような力は必ずあると思う。まあ、信じない人にとっては、やはりないのであるが、そんな人はそんな人で良いのであり、そんな人には、こんな話は無用である。

さて、そんな、自分の力をはるかに超えた力を持つ存在が、自分に恐ろしい害をなそうとしてくるのは、たとえていえば、乗っている飛行機が墜落するのと似ている。
つまり、全くお手上げであり、もう後は、神様に祈るしかない。
スティーブ・ジョブズが、インドで、想像もしたことがない猛烈なスコールに遭って大きな恐怖を感じた時、神様にこう祈ったという話がある。
「神様!助けてくれたら・・・いい人間になります」
彼を笑うことは出来ない。私も、まあ似たようなことを祈るだろう(笑)。
だが、ホラーの場合、少し違うところがある。
飛行機の墜落や、大自然の大災害であれば、結果がどうなるかは運にまかせるしかなく、神様が助けてくれるかどうかも神様しだいと思うことが多いと思う。
必ず神様が助けてくれると思うのは、よほど信心深く、なおかつ、日頃の行いの良い者だけだろう。
だが、スピリチュアルな怪異(例えば悪霊)が相手の場合、なんとか対抗出来るかもしれないと思う。
そんなものに襲われた時のために、いつもお守りを持っていたり、特別なマントラを覚え、日頃唱えていれば、それらが力になると、少しでも思えるかもしれない。
私の場合も、そのようなものの力で、最後はなんとか切り抜けたと思われたことが何度もあった。
合気道家で、神道の神官でもある佐々木の将人(まさんど)さんは、『数霊のメッセージ』の中で、悪霊の攻撃に逢った時は、「あー」や「あーん」の言霊、あるいは、「アジマリカン」の呪文を唱えれば、ほぼ確実に祓えると書いている。
一般に知られてる力ある言葉(神呪、祓詞等)には、この「アジマリカン」の他、「トホカミエミタメ」や「アマテラスオホミカミ」(十言神呪)等がある。
また、仏や菩薩の真言や念仏などもある。
どれに力があるかというと、普段、それなりに唱えていれば、どれも力があると思う。
世の中には、「これが一番。他はこれに劣る」と言う人が必ずいるが、そんな人は、あまり信用しない方が良い。
ただ、「この言葉には最上の力がある」とだけ言い、他の言葉については何も言わない人であれば信用して良いと思う。
しかし、つまるところ、自分が無になれば、いかなるものも恐れる必要はない。
最近、かなり怖いと感じる上質のホラーを見たが、もし、そのホラーの中の悪い存在が本当に現れたとしても、私は完全に怯んだりしないだろう。
そのくらいまでは無になれると思う。
その自信の強さが、引き寄せの力のレベルでもある。
私の場合、腕振り運動や四股といった動く行が自信を高めている。しかし、呪文、真言は、主だったものはどれも良いと思う。








真言で苦しい状況から抜け出す

悪い状況から抜け出すにはどうすれば良いかというと、その悪い状況について考えないことだ。
言い換えれば、悪い状況を意識しないことだ。
「じゃあ、借金のことは忘れて良いのか?」と言われたら、それはそれで、ちゃんと覚えていないといけないが、だからと言って、悪い気分になる必要はない。
借金そのものではなく、借金があって苦しいという状況を意識しないことが大切だ。
借金があって苦しいことを意識して気分が悪くなることが良くないのだ。
なぜなら、心というものは、気分通りの世界を作り出すからだ。

1984年のロサンゼルスオリンピックの女子体操で優勝したメアリー・レットンという、当時16歳の選手は、実は練習中に足首を捻挫し、競技の数日前まで歩くことも出来なかったそうだ。
しかし、競技の前日には、奇跡的に痛みを感じなくなった。
これはどういうことかというと、彼女は、自分が足首を捻挫しているという事実は知っていても、そこから意識を外してしまったから、そうなったのだ。
そういったことはスポーツではよくあることで、試合前まで、腕が痛いとか、首が痛いとかがあったのに、試合開始前になると、不思議なことに痛みが全くなくなったと言うことは、よくあり、そんな時には、大抵、試合や競技でも好結果が出ている。

現在の状況が芳しくなければ、そこから意識を外さないといけない。
そのためには、違う現実を意識すれば良い。
例えば、牢獄に閉じ込められていることに意識を合わせていると、そのままずっと牢獄の中だが、自由になった自分に意識を合わせると、そうなる。つまり、自由になった自分をイメージすれば良いのである。
だが、つまるところ、牢獄に囚われているという意識を消せば良いだけであり、「ああ、私は牢獄に閉じ込められていて辛い」と思うことをやめ、別のことを考えれば良い。例えば、故郷のこととか、好きな趣味のこととかである。

そして、そんな時こそ、真言(マントラ)の出番だ。
玄奘三蔵法師は、仏教の経典を得るために、中国からチベットを経由してインドに行こうとしたが、それは、生きて辿り着くのは奇跡と言われる危険な旅路だった。
猛獣も盗賊もうようよいるし、その山道は極めて厳しく危険だ。
だが、観世音菩薩が、インドの僧に身をやつし(姿を変え)て、玄奘三蔵の前に現れ、玄奘三蔵に般若心経の呪文を教えた。
玄奘三蔵は、それを唱えることで、不安や恐怖から意識を外したので、災いは彼に襲い掛からなかったのだ。
天才発明家で、能力開発の大家であった中山正和さんも、「考えても仕方がない問題がある時は、般若心経の呪文を唱えて気を紛らわせれば良い」といったことを著書に書かれている。
仏教の真言や呪文が、ただ、気を紛らわすためのものであると言うわけではないが、その目的のために、実に良いリズムを持っていることも確かだ。
私などは、昔から、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」を唱えることで何でもうまくいったし、観世音菩薩真言「オン、アロリキャ、ソワカ」もよく唱えたものである。
さらに、真言は、確かに、仏の加護を得る霊験もあるのだが、まずは、気を紛らす目的で使ってもバチは当たらない。唱えているうちに、仏の霊験があることが分かってくる。

今、苦しい状況にある人は、問題があることは認めつつも、問題に意識を合わせて苦しい気分になるのを止め、真言を唱えたり、あるいは、聖書の好きな詩篇を読んだり(23番と91番がお薦めだ)、好きなら、お経や祝詞を上げると良い。
そういえば、私は、2016年9月の、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2016」の時、最悪の体調だったが、ライブ開始と同時に、すっかり平気になった。
ミクさんが現れようという時に、体調のことなど構っておれず、そこから意識を外し、ライブに意識を合わせたことで治ってしまったのである。
一番良くないのは、悪い状況のことをクヨクヨ考えることだ。
中山正和さんも、「般若心経って、単に、クヨクヨしない練習なんですよ」と著書に書かれていたが、その通りである。
繰り返しになるが、仏教の真言には、問題から意識を逸らすだけでなく、霊験もあり、問題がたちどころに解決することも珍しくないのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード