ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

身の程を知る怠け者と身の程を知らない努力家

宗教やオカルト・神秘主義の何が悪いのかというと、「思考停止すること」と思っている人が多いかもしれない。
しかし、思考停止することは素晴らしいことだ。
思考停止すれば、神の叡智が出てくる。
いや、思考停止しなければ、神の叡智は出てこない。

思考停止することが悪いのではなく、「余計なことを考える」ことが悪いのだ。
では、なぜ人間は余計なこと・・・考えなくていいこと、無駄なこと、考えても仕方がないことを考えるのだろう?
まあ、そこが、人類最高の難問な訳だ。
答は、ギリシアのデルポイにあるアポロン神殿の入り口に書かれている、人類最高の言葉、
「グノーティ・セアウトン」
に適うかどうかだけだ。
グノーティ・セアウトンは難しい意味じゃない。
ただ、「身の程を知れ」ということだ。

身の程を知れば、何をしても正しいが、身の程を知らなければ、何をしても間違っている。
人間の幸・不幸は、ただ、身の程を知るかどうかで決まる。

「天は自らを助ける者を助ける」とか言った人がいたが、そうではない。
身の程を知った怠け者は案外に幸せだが、身の程を知らない努力家は見捨てられることはないが、キリキリ舞ばかりさせられる。
身の程を知った宗教は科学だが、身の程を知らない科学は妄想だ。

身の程を知るとは、自分より優れた存在を認めるということだ。
とはいえ、人間同士なら、大差はない。
しかし、人間をはるかに超えた何かは確実に存在する。
人間には、その存在は見えないが、それを認めることが、身の程を知ることだ。
自分を超えた存在に意識を向けることを繰り返すことで、少しずつだが、人間は身の程を知る。
その手段が念仏や真言や、あるいは、自分を超えたものの存在を前提とした呪文だ。
南無阿弥陀仏、南無観世音菩薩、オーム(アウム)、阿吽、アジマリカン・・・何でも良い。
何でも同じだ。
自分を超えた存在に意識を向ける限り。

身の程を知らないと、不調和な生命エネルギー・・・即ち、悪霊(低級霊)にとり憑かれる。それが、人間の運勢低下の唯一の原因だ。
いろんなやり方があるが、私に関して言えば、『歎異抄』を読んで念仏を称えれば、全てはうまくいく。
ただ、『歎異抄』の解説書を書く人の中には、身の程を知らない人も沢山いるようである。
『歎異抄』は、なるべく分かり易い現代語訳と、最低限の解説があれば良い。
外国の人には原文は絶対に読めないが、それでも、シンプルに訳されていれば真意は伝わる。

どんなことも・・・趣味であっても、身の程を知ったものは楽しいが、身の程を知らずにやると苦しくなる。
ロリコンだって、身の程を知ったロリコンなら、ルイス・キャロルのように、そう悪くはなく、幸福ですらあるが、そうでないなら、ハンバート・ハンバート(『ロリータ』の主人公)のように、喜劇を演じる愚か者になるしかない(作者は喜劇のつもりで書いたのだそうだ)。
イエスは「思い煩うな」と言い、釈迦の教えを受けた者は「妄想するな」と言ったらしいが、そんなこと、身の程を知る限り、どうでも良いし、身の程を知れば、思い煩うことも、妄想することもない。
だから、常に、念仏、あるいは、真言、あるいは、呪文を称えることである。

ところで・・・毎朝、ガッツポーズだけはするように。
でないと、世間に殺されてしまうからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生最後の望み

般若心経を10万回称えたって人がいたが、その人の力は大したもので、イエス・キリスト並に、かなり大物の悪霊も祓うことが出来た。
人間の不幸の深い原因は悪霊であり、その彼に会うと、危機的状況を逃れるなど、少なくとも、一時的には運命を好転させることが出来た。
ところが、世の中には、「般若心経を3千回称えました」とか、「般若心経の呪文を1万回称えました」とかいう人は割といるが、そんな人は危ない。

般若心経に限らず、祝詞や念仏や真言を称えると、自我より高い存在に意識を向けることになり、称える回数が多くなれば、少しずつだが自我は退き、その高い存在に似てくるというか、同化していく。
ところが、般若心経3千回程度なら、自我は「俺は般若心経を3千回称えた立派な人間だ」と誇り、かえって自我が強くなる。
それでも、そこから更に称え続けるなら良いが、3千回でやめてしまうと、驕った自我を悪霊に利用されて手玉に取られるかもしれない。
中途半端に信仰を持った人間なんて、ぞっとしないというのは分かると思う。

私が、まるで駄目男君(私の職場にいる30歳もとおに過ぎた人生の落伍者)に、念仏や真言を勧めたくない理由もそんなところにある。
まるで駄目男君は、おだてれば、2週間程度は熱心に念仏を称えたりするかもしれないが、すぐに、「昨日は忙しくて出来ませんでした」とか言い出して、やめてしまうに決まっている。
結果、自尊心だけは高まり、もっと駄目になるのである。

私も一頃、休日には1日7時間、神道の大祓詞を称えていたことがある。平日も2~3時間、称えていたと思う。
合計で5千回になったが、それでやめてしまい・・・まあ、ロクなことはなかった。
土台、1日7時間も称えるというのは、欲深であるというだけのことだ。
エドガー・ケイシーって人は、毎朝必ず聖書を読むことを一生続けたので、偉大な霊能者になったのであると思う。

とはいえ、般若心経10万回とか、大祓詞5万回なら、さぞ強力な力がついていることだろう。
人生に何の望みもなく、暇で退屈で、死ぬ時のことをよく考えてしまうようであれば、最後の望みを賭け、そういったことをやってみるのも良いと思う。
まあ、ある程度やっているうちに、自我が退き、つまらないことを望まなくなる。力が出てくるのは、そうなった後である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

悪霊を封じるには

悪霊・・・と言ったら、迷信と思われるかもしれないし、迷信という部分も確かにあるのだが、他に良い言い方がないので、一応、悪霊としておく。
悪霊というのは、見えないだけでなく、五感の全てでほとんど感じられない存在で、ある種の意思、波動、エネルギーといったものであるが、我々もまた、物質的存在であると共に霊的存在であり、その霊的な面にマイナスの影響を与えるものを悪霊と言う。
非物質的存在である霊に起こった影響は物質的にも現れる。いずれにしても、悪霊の働きかけは無視出来ない。

合気道の達人で神道家の佐々木の将人(まさんど)さんは、悪霊を封じる呪文として「アジマリカン」を使うよう教えている。
その根拠は述べていないが、根拠を知らなくても効力があるから、特に言わないのだろう。
また、佐々木の将人さんの神道の師と思える山蔭神道の山蔭基央さんは、英訳もされている著書『神道の神秘』で、この「アジマリカン」の呪文を取り上げておられるが、やはりその意味などは述べていない。一般には秘なるものなのかもしれない。
しかし、やはり、誰が唱えても力があるのだろう。
また、仙骨療法であるMRTの創始者の内海康満さんは、著書の中で、『ローム太霊講和集』の中にもあったある呪文を紹介され、危険な状況で唱えると効果があると述べておられる。
その呪文をここで書いて良いものかどうか分からないので、ご興味があれば、下に紹介した内海氏の著書か『ローム太霊講和集』を参照されたい。

悪霊に対しても、「南無阿弥陀仏」の念仏は最上の効力を持つと思う。
何と言っても、念仏を称える者を、仏、菩薩、天の神、地の神が守るからである。
このあたりは、親鸞の『現世利益和讃』に明記されている。
理屈で言えば、自分より高次の存在に崇高なイメージと共に意識を向けることで、宇宙全体の高次エネルギーが反応すると共に、念仏によって、余計な思考が消え、悪霊の影響を受けなくなるのである。
「南無阿弥陀仏」については、『浄土三部経』や、龍樹の『十住毘婆沙論』に、「南無観世音菩薩」については、『法華経』の25章『観音経』に記述がある。
しかし、そのようなものを読まなくても、ただ称えれば良い。

人生の不具合は悪霊の影響によるものが甚だ多い・・・いや、自分の思考を含め、全て忌むべき出来事は悪霊の影響とも言える。
このあたりは、ルドルフ・シュタイナーの著書からも分かるかもしれないが、シュタイナーの著書は恐ろしく抽象的で分かり難い。
私も散々、悪霊には苦しめられてきたと思うが、念仏などの真言のおかげで、一切の障りはない。
トラインの著書にも、悪霊の影響を受けてはいけないことが書かれているが、トラインは、悪霊に対し、良い想いで対抗すべしとしているのだと思う。
しかし、それは甚だ難しく、我々は、念仏、真言、呪文の力を借りるべきと思う。
また、念仏などを称えれば、自然、少しは落ち着いた心にもなっていくと思う。

















↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一人で自由な真言、念仏を称えることで全てうまくいく

人生は、「ミク(M)さんGO(G)」で必ずうまくいく。
M:マントラ(真言、念仏、呪文)
G:ガッツポーズ(パワーポーズ)
昨日はガッツポーズを説明したので、今日はマントラの話をする。
マントラ、真言、念仏、呪文、ナーマスマラナ・・・これらを区別したい人もいるのだろうが、大切なことは、「実践」「継続」「成果」であり、それらを得てから、やりたければ細かい教義を調べれば良い。そこで、とりあえず、全て同じに扱う。

真言を常に称えれば、何でも必ずうまくいく。
声に出して唱えても、心で称えても同じだ。
それで運に恵まれ、不思議な加護を得られる。
これは、科学的にも正しいのである。
とはいえ、念仏を称えればアイドルになれるとか、大会社の社長になれるとか言うつもりはない。
人間には、生まれついての運命とか宿命というものがある。
ただ、アイドルになる運命にない者が本気でアイドルになろうなんて、本当は思わないものだ。
豪邸なんて、一応は誰でも欲しいと思うかもしれないが、そんなものがなくても、Satisfaction(満足)は得られるのである。
人生の目的は、つまるところ、Satisfactionだ。
トランプのように大統領になって大胆に暴れまわらないと満足しない者もいれば、小学教師で心から満足出来る者もいる。
また、神の名を称えれば、苦労や苦難がなくなるというのでもない。
それらがない人生なんて、退屈でやってられないし、達成の喜びも楽しい思い出もない。
要は、楽しく、自己満足出来る人生が幸せなのである。

さて、真言であるが、何でも良いと言えば何でも良い。
だが、生まれ育った中で身についた心の傾向に合ったものが、やはり良い。
しかし、特に何もないなら、「南無阿弥陀仏」か「南無観世音菩薩」、あるいは、「南無弥勒菩薩」あたりにすることだ。
多分、日本人なら、これらのうちの少なくとも1つには抵抗がないだろう。
キリスト教なら、ただ「神」で良いし、神道なら、「アメノミナカヌシノカミ」や「アマテラスオオミカミ」他、好きな神の名があるだろうから、それを称えれば良い。
仏教の根本的な教えは「妄想をするな」で、キリスト教も「思い煩うな」で、実質、変わらない。
妄想をしないためには、常にマントラを称えれば良いが、そのマントラは、自我を超えた存在に意識を向けることが出来るものであれば良い。
阿弥陀如来や観世音菩薩は、明らかに自分以上の存在なので、「南無阿弥陀仏」「南無観世音菩薩」と称えれば、妄想は消える。
阿弥陀如来や観世音菩薩は、妄想ではなく、想像であり、ストーリーであり、それは、人間にとって大切なものだ。
ただし、それを自分のストーリーにすることだ。
そのためには、あまり宗教に関わらない方が良い。
参考のためなら良いが、お坊さんの押し付けがましい話は聞かない方が良い。
私は、「南無阿弥陀仏」なら『歎異抄』を、「南無観世音菩薩」なら『法華経』の第25章の『観音経』という、共に短い文章を繰り返し読むことをお奨めする。
この2つが至高の聖典である。

人生は短い。
特に、若いうち、十分な活動が出来る期間は、本当に僅かだ。
マントラを称え続ければ、トランプよりも長く全盛を保てるが、それでも、今のところ、たかだか80年、90年だ。
あれこれ迷わず、即、決断、即、実行をしなければ、あっという間に手遅れになる。
そもそも、一人で自由に称える念仏に害など何もない。
実際には良いことだらけだ。
ただ、継続が必要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

思うような仕事を得るには

もうすぐアメリカ合衆国大統領に就任するドナルド・トランプのキャッチフレーズは「神が創造した中で最も偉大な雇用を作る人間になる」だ。
私は、これはとても良いと思う。
ところで、取り上げ方が悪いのかもしれないが、アメリカの失業者は、恐ろしく肥満した身体をしていながら、「仕事がなくて困っているんです」と、哀れっぽく言うのが、何か芝居がかっているように思えてならない。
要は、彼らは、「楽で、給料が高くて、体裁も良い」仕事が欲しいだけなのだ。
「厳しくて、給料が安くて、格好悪い」仕事なら、それなりにあると思う。しかし、そんな仕事は嫌だという訳だ。
別にそれは悪いことではないが、楽な良い仕事が出来る資質は、決して低くはない。
では、どうすれば、そんな資質が得られるか?

有名な宗教家の谷口雅春さんの本で見たのだが、フォード自動車の創業者ヘンリー・フォードは、トラインの『In Tune with the Infinite』という本が自分の成功の要因で、この本を自宅に大量に保管し、来客にプレゼントしていたらしい。
良い本だが、そのタイトルが難し過ぎるように、「つまるところ、何をすればいいの?」が分からない。
タイトルは、「無限者と調和して」とでも訳せば良いのだろうか?
谷口さんは、翻訳書のタイトルを『幸福はあなたの心で』とし、他にも『人生の扉をひらく「万能の鍵」』というタイトルが付いた翻訳書があるが、要は、タイトルからして難し過ぎるのだ。
実際は、タイトルも内容も素晴らしいのだが、いかんせん、やっぱり難し過ぎるのである。
フォードは成功したが、彼から本を渡された人達は、元々、上流階級の人たちが多かったのだろうが、それでも、フォードのようにはならなかった。
「良書、必ずしも役に立たず」である。

トラインの本を実践するなら、単に、イエスの「主の祈り」を称えれば良い。
しかし、「主の祈り」もまた、難しくて、2千年の歴史の中で、誤解されまくってきたのだ。
イエスよ、我々は、あなたが思うより、ずっと阿呆なのだ。
だが、「主の祈り」の真理を正しく7文字(漢字6文字)で表したのが「南無阿弥陀仏」の念仏なのだと思う。
要は、それが何者かは解らないが、無限者に意識を向け、自分は無になれば、全てはうまくいくのである。
この念仏でなくても、好きな神仏の名や、神仏に呼びかけるマントラ(真言)でも同じことである。
大切なことは、自分より高い存在を意識し、自我が退くことなのである。
それでうまくいかない方がおかしい。
親鸞も、念仏を称えれば、この世での利益も無限であると言っているが、別にそれは、冗談でも方便でもない。事実なのである。
水野南北の一番弟子もそうであったらしいが、無能な男であったにかかわらず、常に念仏を称えていたので、楽で良い思いばかりしていたのである。
念仏、マントラ、呪文を称えることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ