ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

まずはナーマスマラナや念仏を行う

神仏の名を真言として唱えると、一切の問題が解決し救われることは、私は原理のようなものが理解出来たので(理屈でさえ)、自信を持ってお勧め出来る。
もちろん、念仏もこれに含まれる。
一方、般若心経の呪文や、大祓祝詞(おおはらえのことば)のような祝詞(のりと)、あるいは、「トホカミエミタメ」のような祓詞(はらえのことば)や「アジマリカン」のような呪文に関しては、私にも分からない部分が割とある。

神仏の名を唱えることに関しては、誰がやっても確実に効果がある。
だが、祝詞や呪文に関しては、ある程度、唱える人に条件が問われるかもしれないと思う。
例えば、伝説によれば、観世音菩薩が玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)に般若心経の呪文(あるいは般若心経そのもの)を教えたが、それは、2人が別れる時であり、玄奘三蔵が条件に適ったから、観世音菩薩はそれを教えたのだと思える。
また、大祓祝詞や「トホカミエミタメ」、あるいは、「アジマリカン」を唱えるのは天皇陛下であり、普通の人に公開しなかったのは、やはり、唱える者に条件があるのかもしれない。

それで、我々のような普通の人はまず、神仏の名を唱えたり、念仏を唱えることが勧められる。
何より、これだと、確実に利益があるからだ。
仏教の真言についても少し述べる。
仏の真言を唱えることは、真言密教から来ているが、真言密教には、かなり厳しい修行体系がある。
つまり、十分な成果を得るには、修行が必要かもしれない。
一方、神の名を唱えることは、ヒンズー教ではナーマスマラナと言い、仏教では、釈迦以来の天才と言われた龍樹が、阿弥陀仏などの仏の名を唱えることを教え、それが後に念仏になったのである。
そして、実を言えば、ナーマスマラナのような、神の名を唱える行は世界中のあらゆる宗教にあるが、どういうわけか、あまり表立って教えられない。特に、キリスト教ではそうだ。
その理由は、おそらく、支配者が宗教を利用して人民を思想統制するためには都合の良い教えではないからだが(理由は今回は省略する)、逆に言えば、我々が支配者と縁を切り、利益を受けるためには最上のやり方なのだ。
そして、重要なことは、ナーマスマラナも念仏も、玄奘三蔵や天皇といった特別な人間のためのものではなく、我々のような、どうしようもない駄目な人間のためのものであることだ。

それなら、まずは、神仏の名を唱えるのが賢いやり方であると思う。
もっとも、私自身は、ずっと、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」でうまくいってきたので、真言の力も十分に感じているが、それは、この真言が阿弥陀如来の真言であることを認識していたからだろう。まあ、普通そうだろうし、また、真言自体の言霊の力もあるので、やはり威力は強いと思う。
だが、まずは、「南無阿弥陀仏」と念仏を上げると良いかもしれない。
ただし、私の場合「阿弥陀仏」とのみ唱える。
単に、「南無阿弥陀仏」は、葬式臭くて嫌なだけだが(笑)。
それに、龍樹の『十住毘婆沙論』や、『浄土三部経』でも、やはり、阿弥陀仏の名を唱えよと書かれているのである。
とはいえ、「南無阿弥陀仏」自体が、1つの名号なのであり、本当は、これが一番良いのだと思う。
また、神仏の名を唱えることと、真言や呪文を併用するのが、より高い効果を生むと思う。
真言だけで凄い成果を得ようとしたら真言密教の厳しい修行が必要だが、念仏やナーマスマラナの補助(と言っては何だが)としてやると、効果を高めてくれるのではないかと思う。

神仏の名を唱えると、なぜ問題が解決し救われるのかというと、14世紀のインドの聖者ナームデーヴ(ナーマデーヴァ)の短い聖典『聖なる名前の哲学』に書かれた、神の名と神が等しいという真理によるが、理解するのは、少し難しいかもしれない。
しかし、名と実体が等しいように、神の名と神が等しいことが直観的に分かれば、神仏の名が何より重要であることが分かるだろう。
すぐには分からなくても、いろいろな真理を学んでいるうちに、やがて分かると思う。
だが、別に、分からなくても、神仏の名を真言として唱えれば確実に効果があるのであるから、それをすれば良く、恵を享受すれば、やがて、確信が理解になるだろう。








一緒に超能力者になろう

何かを達成するための努力とは1日中やるもので、そこまでやる気がないなら、やらない方が良いくらいだと思う。
漫画家になりたいなら、1日中、漫画を描くようでないといけない。
昨年3月、私は、あるプロの女性イラストレーターの個展に行ったが、会場にはご本人のイラストレーターがおられ、まだ非常に若くて可愛いことに驚いた。
そこで私は彼女に、「どのくらい絵を描いていましたか?」と尋ねると、やはり彼女は「子供の時から、1日中描いていました」と力強く答えられた。
そうでなければ、プロにはなれない。
野球メジャーリーグの最後の4割バッター(現時点)で、生涯出塁率はメジャー歴代1位、三冠王2回(2人のみ)のテッド・ウィリアムズは、少年時代から、起きている時間の全てをバッティングの練習に捧げ、夜は親が無理矢理ベッドに押し込まないと素振りをやめなかったという。

私の場合、ほんの数ヵ月だったし、1日中には程遠かったが、少しでも暇があればプログラミングに関することばかりやり、それで、ゼロからプログラマーになれたのである。

ある有名なミュージシャンは、「ハーモニカを吹いてさえいれば満足出来るやつじゃないと、ミュージシャンになんかなれない」と言っていたが、これもつまり、1日中、音楽をやれるやつじゃなきゃ、ミュージシャンになんかなろうとするなと言うことだろう。
私は、アニメ『ルパン三世』で、次元大介や石川五右衛門が、時間があればすぐに立って、射撃や素振りをやるシーンがないことが残念である。実際の達人とは、そのようなものなのだから。
村田正雄氏の『七仙人の物語』には、大変な術(神通力)を使う仙人らが登場するが、仙人は常に呪文を唱えているのである。この呪文が、仙人の力の秘密である。

どうしても叶えたい目標、あるいは、なりたいものがあるなら、1日中やるのが当たり前である。
それが出来るか自問自答し、とてもそんな気になれないなら、やめておいて、別の目標を探した方が良い。

ただし、強制してやらされたり、苦しみながらやるのでは駄目である。
武道家の堀辺正史は、「誰でも三度の飯より好きなものがあるはず」と言ったが、彼の場合は、喧嘩がそれで、子供の時から喧嘩に明け暮れ、ついに親が教師に呼び出される破目になったが、彼の母親は、息子がこれほど没頭しているものを、止めることはなかった。さりとて、応援せずとも、息子は勝手にやってくれる。

さて、自分には、取り立てて好きなものが思い当たらなかったり、何を始めるにも年齢は関係ないが、とはいえ、プロになるには遅いと思われる場合、私と一緒に、真言を唱えることで超能力者を目指そうではないか?
真言には、仏・菩薩の真言、般若心経の呪文、「南無阿弥陀仏」や「南無観世音菩薩」などの念仏、十言神呪(とことのかじり)という、「アマテラスオホミカミ」と唱えるもの等がある。インドでは神の名(「クリシュナ」や「ラーマ」等)を唱えることを「ナーマスマラナ」と言うが、これも真言である。
真言をたゆまず唱えることで、超能力を得た者が、実際に、かなりいるが、誰でもそうなるのである。
ここでは分かり易く「超能力」と言ったが、それは、世界を自動的に思った通りにする力である。その過程はさりげなく自然で、うんうん唸って念じたり、必死でイメージする必要などはない。
元々、心の力は偉大なのであり、余計な努力の必要はない。心そのものが神、あるいは、仏だからである。
一休は、火打石を撃てば火花を出すように、念仏を唱えると仏の力が現れると言ったが、そのためには、常に念仏を唱えようと思えば良いのである。もちろん、実際に唱えれば唱えるほど良いのだが、1日24時間唱えようと思っていると、深い心は自動的にいつも念仏を唱えるようになるのである。
そのためには、まず、なるべく多く唱えることである。
もう、これに人生を賭けるしかない者は、後悔を先に立て、すぐに真言に励むべきであると思う。








あらゆるものの背後にある力の原理を容易く使う

私は子供の時、学校の図書館で、西洋の剣の達人の話を集めた本を見たことがある。
その中の話で、ある一人の大変な達人がいたが、その達人が、見知っている若い剣士と練習用の剣で立ち会うことになった。
その若い剣士は、それほどの腕前ではないので、練習をつけてやるつもりだったのだろう。
ところが、いざ立ち会うと、達人は、若い剣士の剣の鋭さに驚いた。
尋常な鋭さではなく、悪魔のようだった。
多分、勝負自体は達人が勝ったと思うが、この達人をそれほど慌てさせれば大したものだった。
達人が、若い騎士に、どんな訓練をしたのかと尋ねたら、毎日、何時間もひたすら素振りをしたと言う。

日本の相撲やモンゴルのモンゴル相撲だけでなく、インドにも、インドの相撲と呼ばれるクシュティー(コシティー)というものがあり、伝説的なプロレスラーのグレート・ガマがこれの選手で、ガマの親戚で、アントニオ猪木さんとガチで戦ったパキスタンの英雄的プロレスラー、アクラム・ペールワンもクシュティーの選手だった(試合は猪木さんがペールワンの腕を折って勝利)。
映画『ルーツ』でも、クンタ・キンテの一族に、相撲に似た格闘技があった。
相撲的な格闘技の選手同士では、戦わずとも、組み合えば、相手の力量が分かるらしく、プロレスラーでも、達人的選手には、そんなことを言う者がよくいると思う。
つまり、強い選手は、組み合った時、大地に根が生えたように動かないそうだ。
そして、そんな強さは、四股を踏む数の多さが作るのではないかと思う。
日本の、超人的な強さを持っていたある柔術家も、四股(相撲のものとはかなり違ってシンプル)を重視し、毎日、千回、二千回とやっていたようだ。
四股もまた、世界中の相撲やレスリングの素振りのようなものであると思う。

メジャー・リーグ・ベースボールの最後の4割打者であった名選手、テッド・ウィリアムズは、少年時代から、起きている時間の全てを、自主的にバッティングの練習に捧げていた。
夜は、両親が無理矢理ベッドに押し込まないと、素振りを続けたほどらしい。守備の練習は好きではなかったようだが、プロになってからは守備も鉄壁だったと言われている。
イチローも、高校時代から、素振りの数が圧倒的だったと言われている。
その他の逸話とも合わせ、やはり、野球のバッターの実力は素振りの数で決まるのだと思う。

そして、これが本題になる。
伝承によれば、日本の仙人や導師、あるいは、天狗は、いついかなる時も呪文を唱えていたという。
それを映画で描くような場合は、分かり易いように、声に出して呪文を唱えるが、実際は、無言で、心で唱えていたと思う。
超人的な修験者の姿が、仙人や天狗の噂になることもあったと思うが、実際、昔の修験者には、超人的な能力を持った者がいたらしい。
彼らが唱えたのは、もっぱら、般若心経だった。
般若心経の最後の呪文の部分は、般若心経の中でも「最上の呪文」「並ぶもののない呪文」と保証している。
これら、力ある呪文は、むしろ、真言と言った方が良いと思う。

そして、結論である。
我々も、真言を数多く唱えることで、超自然的と言って良いと思うが、霊妙な神秘の力を得ることが出来る。
これは、剣士の素振りや力士の四股、仙人の呪文と同じ原理に基づいて確実なことであると思う。
詳しい解明が出来たわけではないが、宇宙全体、そして、人間の肉体というよりは霊的な仕組みが、そのように出来ているのである。
しかし、このことを誰も知らないか、ひょっとしたら隠されているのかもしれない。
それで、「ザ・シークレット」がそうかもしれないが、曖昧で、実際の効果がないものが宣伝され、凡民は不自由なままでいる。
だが、「知る者は語らず」(老子)で、真言の力を知っていた者達は、それを人に語らなかったか、語ることが出来ない理由でもあったのかもしれない。
しかし、それはともかく、あなたは、例えば、般若心経の呪文や、仏や菩薩の真言、あるいは、念仏を、ひたすら、心の中で丁寧に唱えることで、仙人めいたものになれるはずである。








真言の威力が凄過ぎて取り調べられた

インドの聖者ラマナ・マハルシは、28の質問に答えた短い小冊子『私は誰か』の18番目の質問への回答の中で、こう述べている。

どんな重荷を負わされようと、神はそれに耐える。
神の至高の力がすべてのものごとを動かしているというのに、なぜわれわれはその力に身をまかせず、何をどうすべきか、どうすべきではないかと思い悩むのだろうか?
われわれは列車がすべての荷物を運んでくれることを知っている。
列車に乗ってまでも、自分の小さな荷物を頭にのせて苦労する必要がどこにあろう。荷物をおろして安心しなさい。

つまり、我々は何もしなくても良い。
アメリカの世界的作家で大事業家であるチン・ニンチュウ(女性)は、ある日、自分が神様の羊になる夢を見て、
「私がすべきことは、神様にしっかり面倒を見てもらうことだけだった」
と気付いて、大安心を得て感激したという。

しかし、人間は、放っておくと、ロクでもないことをし、ロクでもないことを言い、ロクでもないことを思い、罪と業(カルマ)を作り、自滅し、永遠に苦しむ。
それで、親鸞は、
「私達は念仏以外にすべきことはない。念仏以上の善はないし、念仏の力を無効にするような悪もない」
と言って、ただ念仏を唱えるよう教えた。

我々は、真言(念仏もその1つ)を唱えさえすれば良い。
ところで、「南無阿弥陀仏」という言葉は日本語かというと、やや微妙だ。
南無は、サンスクリット語「ナモ」を中国語に音写したもので、日本では「ナム」と読むが「ナモ」と読むこともある。
「阿弥陀」は、「アミターバ」という仏の名が、やはり、中国語に音写され、それが「アミダ」という日本語になったのだろう。
だが、もう日本語として馴染んでいるので、「ナムアミダブツ」として、立派な真言になっている。

ところで、阿弥陀如来の真言としては、サンスクリット語のままの、
「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」
というものも唱えられている。
昔は、これは、庶民が覚えるのは難しいなどの理由で、僧侶や修行者のような人が唱え、現在でも、「南無阿弥陀仏」に比べ、唱えられていない。
ところで、この「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」も、中国語に音写されたものが日本に来たもので、元々のサンスクリット語は、やや異なる。
元のサンスクリット語の真言は、
「オーン、アムリタ、テージェー、ハラ、フーン」
である。
日本で唱えられている真言でも、
「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」
「オン、アミリタ、テイゼイ、カラウン」
の2通りがあるが、元のサンスクリット語からいえば、「テイゼイ」の方が近いのだろう。

観世音菩薩の真言も、日本では、
「オン、アロリキャ、ソワカ」
だが、サンスクリット語では、
「オーン、アーローリク、スヴァーハー」
である。
ちなみに、「観世音菩薩」という菩薩の名は、中国語の意訳で、サンスクリット語では、「アヴァローキテーシュヴァラ」と、やや難しい。
「アヴァローキテーシュヴァラ」には、「音を観る者」という意味があったので、中国の僧が、観世音菩薩と訳したのだそうだ。
尚、やはり、観世音菩薩の真言、あるいは、念仏と言えるかもしれないが、一般的には、「南無観世音菩薩」と唱える。

私は、般若心経の呪文を、元々、サンスクリット語で覚えていた。
当時は超大物の仏教学者だとは知らなかったが、紀野一義氏の『「般若心経」を読む』の中で、この呪文の部分がサンスクリット語で紹介されていたので、なんとなく覚え、よく唱えていたのである。
この呪文は、一般的に知られる中国語の音写では、
「ぎゃてい、ぎゃてい、はらぎゃてい、はらそうぎゃてい、ぼじ、そわか」
だが、サンスクリット語では、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
である。
それ以前に、(やはり超大物だと知らなかった)中岡俊哉氏の本で、阿弥陀如来真言「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」を覚えて唱えていた。
また、(やはり超大物の僧侶と知らなかった)織田隆弘氏の本で、観世音菩薩の真言「オン、アロリキャ、ソワカ」を覚えて、やはり、唱えていた。
主に唱えたのは、「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」だったが、そのおかげと確信しているが、私はいつも幸運だった。
褒められたことは何もしないが、常に安楽で、いい想いばかりしている。
ニート明けにブラックな職場に勤めても悠々としていたし(面白いことばかりだった)、そこからなぜか、優良企業や一部上場企業に入ったが、実を言えば、仕事をしたことは、ほとんどなかった。
つまり、ずっと窓際族であるが、竹村健一氏が著書で度々力説されていたが、欧米では、「会社によほどの貢献をしたので、窓際族の立場を獲得した」と考えられるらしいが、確かに、仕事をせず、好きなことをして快適に過ごせるのだから、そう考えるのが当然である。
ただし、やはり、人間には意地というものもあるので(あるのが良いかどうかは分からないが)、私も、不思議ななりゆきで、会社を救う活躍をしたりで、決して、鬱々とした窓際族ではなかった。
若くして、大きな部屋1つもらう窓際族だったこともある。あまりに待遇が良いので、怪しんだ国税局の役人に調査されたこともある。
「あなた、何者なのですか?」
ってね(笑)。

真言は、上にいくつか挙げたので、日本語(念仏など)、中国語(「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」など)、サンスクリット語(「オーン、アムリタ、テージェー、ハラ、フーン」など)のいずれでも良いので、何か唱えていただければと思う。
それで、成功したい人は成功し、楽をしたい人は楽をしていただければと思う。








仙人になる方法

事業家で宗教家の村田正雄さんが書かれた『七仙人の物語』という本がある。
ご自分で7人の仙人に会われた時の話で、それが実話か空想かは分からないが、とても面白いお話だった。
ちなみに、村田さんは、宇宙人のUFOにも乗せてもらっていて、月や金星に行かれており、そのことも本にして出されている。
村田さんは、明治39(1906)年生まれで、平成6年(1994)年に亡くなられている。

それで、仙人とはどんな人なのかというと、人間を超えているが神には至らないといった者らしく、それぞれの得意の分野で不可思議な力を発揮するようである。
では、どうすれば、彼らのようになれるのかというと、そのヒントは、村田さんの仙人に関する描写にヒントがある。
仙人は、常に、呪文を唱えている。
そして、他の仙人の本等と合わせて考えるに、自分の好きなことに全ての時間をつぎ込んで没頭する性質があるのだと思う。
だから、仙人は、単独で居る場合が多いようで、それが好きなのだろう。
そのため、仲間を持たないし、人々の救済に励むようなことのない仙人が多いかもしれない。
理想的な引きこもり状態である(笑)。
もちろん、全ての仙人がそうではないだろうが、そんな傾向があるのかもしれない。
一方、仙人と似た導師という存在は、チーム活動をし、救済活動にも熱心なのであると言われている。
他にも、日本には、天狗という存在のことが知られているが、術に関しては天狗が最も強いという話がある。
尚、仙人、導師、天狗は、元々は人間なのであるが、精霊や妖精はそうではないようである。
天使に関しては、基本的には人間が天使になることはないと思うが、元は人間だったという天使の話もある。

仙人に気に入られて力を授けられた人もいて、そんな人がゆくゆくは仙人になるのかもしれない。
しかし、『七仙人の物語』を見れば、やはり、常に呪文を唱えることで仙人に近付くことが出来るように思えるのである。
村田さんは、かなり大物の仙人に対峙した際、あちらが座って呪文を唱え出したので、村田さんはそれに対抗するかのように、彼が信仰する宗教(白光会)の祈りである「世界平和の祈り」を唱えるが、力では仙人の方がはるかに優るはずであるが、五分に渡り合っているように思えた。
呪文も、祈りも、真言も、あるいは、念仏も同じなのであると思う。

そして、おそらく、仙人というのは、何か目的を持って呪文を唱えているというよりは、義務のように淡々と呪文を唱えているのだと思える。
我々も、そのようにすると、仙人に近付くのではないかと思う。
ちなみに、仙人になるための呼吸法がある。
これは、気が澄んでいる午前中にやるべきものである。
息を腹にいっぱいに吸い、息を止め、息を毛穴から出すのである。もちろん、出来ないだろが、出そうとするのである。
興味があるなら、行ってみると良いだろう。
今は、仙人や導師になり易くなっていると思う。
そんな時代なのである。
だが、いじけた根性で仙人になりたがるのが最も良くないだろう。
努力や克己や忍耐の問題ではないが、仙人は人間以上なのであるから、少なくとも、鷹揚(鷹が飛ぶようにゆったりとした様子)な心を持たなければならないと思う。
だが、それも、常に、呪文や真言を唱えることで自然に身に付くのであると思う。
また、仙人には腕振り運動(スワイソウ、せい手)が似合うように思う。
毎日励むと、やはり、仙人に近付くのではないかと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード