ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

悪者が最高の教えを伝えた

私は、駄目なやつを見ると、腹が立って仕方がない(笑)。
なぜなら、そいつらが本当に駄目な訳ではなく、単に、彼らは心の中で、いつも、
「僕は駄目だ」
「俺にはロクなことが出来ない」
と言っているに違いなく、全く自信がないだけなのだ。
そのくせ、彼らはいつも見栄を張り、周囲の人達の自分に対する扱いに不満があるようなのだ。

コリン・ウィルソンの『超意識の探求』という本に、どうにも駄目な、劣等感に取りつかれた青年の話がある。
彼が、いつも心の中でつぶやいている、
「僕はなんて駄目なんだ」
をつい、声に出してしまったが、その時、そばにいた誰か(多分、賢い人だ)が、
「君はちっとも駄目じゃない。自分でそう思っているだけさ」
と言った。
それを聞き、駄目な青年は何かを感じ、その言葉について考え続けた。
そして、彼は生まれ変わり、誰からも一目置かれるようになった。

彼の心の中で何が起こったかは、考えなくて良い。
いや、分かり切っているからなのだが。
つまり、自分は駄目だと思わなくなったのだ。
肝心なのは、なぜ、自分は駄目ではないと思うようになったかだ。
それは、いつも心の中で言っている「僕は何て駄目なんだ」を別の言葉に変えたからに決まっている。
どんな言葉に変えたかは、その本には載っていなかった。
いなかったが、別に何でも良いのだ。
ポジティブでさえあれば。

言ったのは悪者であるヨーゼフ・ゲッペルス(ヒトラー配下のナチスの宣伝大臣)だったが、一面の大きな真理を含んだこんな言葉がある。
「嘘も百回言えば真実になる」
しかし、ある信念を、逆の信念に変えるには千回言う必要がある。
「僕は何て駄目なんだ」
と頭の中でつぶやいていたなら、例えば、
「僕はどんなことでも出来る」
と言わなければならない。

人間は、無自覚に何かを頭の中でつぶやいている。
精神科学の研究によれば、1分に300回もつぶやいているという説もある。
それなら、1日中、肯定的な言葉をつぶやくほどでないといけないかもしれない。
世界的教育学者、七田眞氏の本にも、あるホームレスの(おそらくは全く駄目な)男は、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱え続け、2週間ほどして宝くじを買ったら1憶円当たり、その後、またやったら、また1憶円当たった(七田氏は、誓って事実と言う)。
一説では、お釈迦様も、「念仏以外は全部効果がなくなるよ」と言ったと伝えられているし、サイババも、「今は、神の名を唱えるしか効果のある方法はない」と本に書いていた。
つまり、つぶやき、呪文だけが効果があるということだろう。
私も賛成である。
肯定的なつぶやきの一番の達人は、おそらく、フロレーンス・スコーヴェル・シンと思う。
彼女本には、参考になる良いつぶやきが多いと思う。








神になる方法は最も簡単である

混じりけがなければ神である。
個性のことをカラーと言うことがあるが、どんな人間にも、なんらかのカラーがある。
個性が強いことは、良いこともあるが、度が過ぎると悪くなる。
個性のない人間が蔑まれることがあるが、個性のない人間などおらず、むしろ、個性のなさが欠点とされる者は、どこか好ましくない個性を持っているのだ。
もし、本当に個性のない人間がいれば・・・いや、絶対にいないのだが、それに近ければ、畏怖するほどの神聖さがあるに違いない。

イチローという野球選手は、どこが一番凄かったのかというと、トータルバランスで、ある意味、非常に無個性な選手だった。
脚が速いとか、レーザービームと言われる遠投が凄かったと言われるが、特に筋力が強い訳ではなく、むしろ、脚の速さを阻害する個性、遠投を阻害する個性がなかったのだと思う。

ソクラテスが、人気哲学者のヒッピアスに、「美とは何か?」と尋ねたことがある。
ヒッピアスが「美しい少女だ」と答えると、ソクラテスは、「いかに美しい人間の少女でも、女神の中に入れば美しくはない」と言い、ヒッピアスも、それはそうだと同意した。
なぜ少女が美しいのかというと、大人の女性に比べて個性がないからだ。
そして、特に少女と言わなくても、究極の美女の顔というのは、全ての女性の顔を平均化した顔で、全くの無個性が最も美しいことが、デジタル技術で実証出来る。

無個性は純粋であり、純粋であれば、神がそのまま出てくるので無敵であり、最も美しい。
美の女神ヴィーナスの絵は多いが、どれも、画家の個性が出ていて、実は醜い。
画家が個性を消せば消すほど、本物の美の女神に近付く。
そして、本物の美の女神は、全くの無色透明だ。

人間の個性は自我が作る。
よって、自我を消せば神になる。
つまり、無になれば不可能はなくなる。

では、純粋になるにはどうすれば良いだろう?
ここが核心である。
キリスト教では、3が神秘数と言われているが、実を言えば、キリスト教以前から・・・つまり、ギリシャ神話の時代からそうだった。
アリストテレスは、「2は両方とは言うが、全部とは言わない。3つで全部と言う」と、3の完全性を説明した。
あらゆる色がRGB(赤、緑、青)の混合で作れるようなものだ。
そして、人間存在というのは、身口意(身体、言葉、精神)の3つで成り立っている。
仏教では、純粋な存在である仏になるために、そのどれかを停止させることで、3つ全て停止させるというのがカラクリだ。
座ることで身を止め、お経を唱えることで口を定常化させ、仏や仏国土を観想することで精神を定常化させる。
しかし、仏教以前のヒンズー教の時代から、マントラ(真言)を唱えれば、身口意の全てが純粋になることが分かっていた。
だが、この簡単なことが隠されたか、退屈に思えるので嫌われたのである。
よって、呪文、マントラ、念仏、真言、ナーマスマラナ・・・何と呼んでも構わないが、呪文のようなものをずっと唱え続ければ純粋になる。
つまり、神(あるいは仏)に近付くのである。
尚、ラマナ・マハルシが指摘したのは、最も効率よく純粋になる言葉は「私」である。
ずっと「私」と唱えると、悟りを開くということもあるが、超人化するのである。ただ、本人にそれを誇る気がないので分からないのである。








呪文に敵なし

神仏の助けを得て強くなるには、イエス・キリストは「明日を思い煩うな」と言い、釈迦は「妄想するな」と教えた。
これは、共に、「無駄なことを考えるな」ということと言って良いと思う。
発明家・啓蒙家の中山正和氏は、これを、「頭の無駄遣いをするな」と上手く言い、もっと一般的には、「クヨクヨするな」だと言った。
中山氏は、脳の働きの徹底的な研究から、そう考えたのである。
さらに具体的に言うなら、
「嘘の情報を頭に入れて、頭のイメージを乱すな」
「呪文を唱えて、頭のイメージを整えよ」
といったことを薦めた。

例えば、オバケという、存在もしないもののイメージを頭に入れれば、頭のイメージが狂って馬鹿になり、直観も鈍り、引き寄せも出来なくなる。
「いや、オバケは存在する」と言っても、実際に見た訳ではないだろうし、百歩譲って見たことがあるとしても、はっきりとは見なかったはずだ。
そういった嘘の情報は、人間の能力を駄目にする。
彼が浮気したという証拠がある訳でもないのに、彼の浮気場面を妄想しても、やっぱり馬鹿になる。
頭が悪い人の特徴は、
「ひょっとしたら、こうじゃないだろうか?」
と思ったら、すぐに、
「きっとそうだ」
と思ってしまうことだ。
頭の良い人は、実際に見て、確かめるまでは、判断を保留する。
とびきり頭が良いルネ・デカルトは、
「嘘か本当か分からないなら嘘とする」
だけでなく、
「単に、本当らしいという程度のことは嘘とする」
「疑いようもなく正しいこと以外は全部嘘とする」
と、超徹底していた。
まさに、頭が悪い人の真逆だ。
是非、見習いたいものだと思う。
実際、見習っていた時には、私ですら、頭が良い人のようなことをしていたのである(笑)。

そして、何と、中山正和さんは、「妄想しない」「嘘を信じない」「よって、馬鹿にならない」ための妙法が呪文と言ったのだ。
そりゃそうだ。
呪文を繰り返していたら、妄想は出来ず、嘘のイメージを保てないからだ。
中山さんは、般若心経の呪文がお気に入りだった。
そりゃ、あれ唱えている間、妄想なんて出来るはずがない(笑)。
ちなみに、般若心経の呪文は、中国語では、
「ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はらそうぎゃてい ぼじそわか」
で、サンスクリット語では、
「ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディスヴァーハー」
である。
細かい部分は、まあ、良いのではと思う(笑)。
例えば、中国語の最後を、「ぼじそわか」ではなく「ぼうじそわか」と書く人もいるが、まあ、別にどっちでも(笑)。
玄奘三蔵法師が、中国からチベット経由でのインドという、当時は絶望的に難しかった旅行を難なく出来たのは、この呪文をずっと唱え、超能力を発揮し、神仏に守られたからだという伝説があるが、あながち嘘でもないと思う。
もちろん、「南無阿弥陀仏」でも「南無妙法蓮華経」でも「アジマリカン」でも良いのである。
仙人の特徴は、常に呪文を唱えていることだと聞くが、逆に言えば、常に呪文を唱えているから仙人になったのかもしれない。
キリスト教徒なら、詩編91を唱えるかもしれない。
詩編には意味があるが、肯定的な固定した言葉は、妄想を起こさず、頭のイメージを整然とさせ、しかも、生命力を高める可能性があるので、非常に良いのではと思う。








会社や学校や政党等のスローガンは全部完全に捨てる

Excel VBAを勉強している上(もちろん、他のことでも良いが)、念仏や「アジマリカン」の呪文を唱えているのに、思うようにいかない人がいるが、それはなぜだろう?
私もとても疑問だった。
うまくいかない理由は運がないからだが、呪文を唱えれば運が良くなるはずである。
表面的には、経験が足りないとか、コミュニケーション能力がないということだろうが、そんなもの、最初は誰にもない。しかし、うまくいく人はうまくいく。
マイケル・J・フォックスの主演映画『摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に』で、カンザス州から成功を夢見てニューヨークにやって来た若者ブラントリーは、ある会社に行き、「働かせてくれ」と言うが、即座に断られる。
ブラントリーが、なぜ駄目なのか尋ねると、「経験がないから」と言われる。
そこで、「働かないと経験出来ないでしょう」と食い下がると、相手は、「経験積ませると辞めちゃうので雇わない」と言う。
そんな中で、経験のないブラントリーに道が開けたのは、前向きな姿勢があったからだ。
前向きであれば、運も開ける。

だが、人間というのは、無理に前向きにならなくても、元々、前向きなものだし、そうであれば、運を掴める。
そうでないのは、余計なことを考えるからだ。
呪文を唱えていれば、余計な思考が消え、本来の状態になる。
そうすれば、嫌でも良いことが起こる。

早い話が、うまくいかないのは、呪文が足りないのだ。
嘘みたいだが本当だ。
呪文が足りない人は、余計なことを考えて思考が乱れている。
脳科学の研究によれば、人間は、1分に300もの言葉を頭の中でつぶやいている。
なら、呪文(「大丈夫」程度の言葉でも良い)で統御しなければ、思考が乱れて当たり前だ。
だが、嫌々呪文を唱えても長続きしない。
「何か楽しい」って思えないことは続かない。
では、どんなことが楽しいのかというと、どこかロマンを感じることだ。
キリスト教徒なら、聖書の中に、ロマンを感じる言葉の10や20はすぐに見つかる。
彼らは、単に、それを真面目に唱えれば、必ずうまくいく。
かつてのアメリカ人は、それでうまくいっていたのだ。

日本人の庶民の多くが幸せが薄いのは、会社や学校のスローガンはよく覚えているのだが、そんなものにロマンを感じないので、心が前向きにならないからだ。
そこで、会社や学校、あるいは、何であれ、組織のスローガンは、全部、きれいさっぱり忘れ、絶対に唱えないことだ。
そして、自分がロマンを感じる言葉を選び、唱えることだ。
くれぐれも言う。
会社のスローガンも、学校のスローガンも、地域のスローガンも、政党のスローガンも、アイドルのスローガンも、家庭のスローガンも、人気者のスローガンも、宗教団体のスローガンも、ボランティア組織のスローガンも、何かの宣伝の中のスローガンも、アニメのスローガンも、インフルエンサーのスローガンも、とにかく、押し付けられたもの(押し付けてきていると感じるもの)は、例外なく拒否しなければならない。
うまくいかない人は、何かしらの、組織や他人のスローガンを受け入れているのだ。
自分で選んだものでさえあれば、他人と同じものでも、同じものを唱えている人が沢山いても構わない。
しかし、自分で選ぶことだ。

例えば、「初音ミクは俺の嫁」はどうかというと、この言葉で本当にロマンを感じる人は少ないのだ。
ただ、「ミク」だけなら、案外にうまくいく。
あるいは、「愛」とか「調和」といった言葉(あるいは、そのいくつかの繰り返し)は、選びやすい。
だが、とにかく、言葉は何度変えても良いが、自分で選ぶか作ること。
そして、言葉が決まれば、ひたすら唱えれば、運に恵まれることは間違いない。








心安らかに

「心配するな」「心安らかに」「落ち着け」
こういった言葉は、薄っぺらに言えば空虚だが、言う人によっては、本当に、安心させ、心を静めてくれることがある。

作り話かもしれないが、一休さんが亡くなる時、弟子達に封書を1つ渡し、
「本当に困った時に開けよ」
と言い残した。
一休の遺言である。
そして月日が流れ、弟子達に深刻なピンチが訪れた時、遂に、一休の遺言を明けることとした。
そこには、
「心配するな。なんとかなる」
と書かれていたという。
その後のことは分からないが、本当に、なんとかなったと思えてならない。

以前もご紹介したことがあるが、ベルベル・モーアの著書『その望みは宇宙がかなえてくれる』の中に、こんな話がある。
10歳の女の子が、いつも嫌がらせをしてくる男の子のことで悩んでいた。
そこで、著者(だったか?)が彼女に、そんな時は、心の中で「心安らかに」と唱えることを薦めた。
しかし、それをやっても、なかなか彼女の心は安らかにならず、ある時、その男の子に、「アンタのことで困ってるから、『心安らかに』と唱えている」と教えた。
すると、しばらくしたら、その男の子が、彼女に、自分も、その呪文を使っていると言い、あまりいじめてこなくなった。
そして、その呪文は、他の子達の間にも流行していったという。

あえば浩明氏という政治評論家がいる。
私は、今月のアメリカ大統領選挙で、トランプ大統領がバイデン候補に得票で後れを取って以来、ネットの情報を調べているうちに、この人を知った。
幸福の科学の信者さんということで、ちょっと偏見を持ったが、非常に感じの良い聡明な方と思う。
彼のYouTubeの動画を欠かさず見ている。
その中で、トランプが主要メディアの袋叩きに遭い(主要メディアはほぼ全てトランプを敵視している)、変人も敗北者扱いされている中で、あえば氏は、トランプ陣営の様子を伝えてくれた。彼らは、支持者にこう言ったそうだ。
「我々は全く落ち着いている。何の心配もしていない」
最近の動画、
【LIVE】生配信!クラーケン、発動か!!【アメリカ大統領選2020】
では、あえば氏は、トランプ支持者の人に対し、
「トランプさんは必ず勝ちます。どうか心安らかでいて下さい」
と言われたが、その雰囲気が素晴らしく、本当に、見ている人を心安らかにしてくれるものだったと私は思った。
幸福の科学、いいかも・・・と思ってしまった(笑)。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード