ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

呪文

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

学校や職場を楽しい修行の場にする

冗談で『サザエさん』を見ようと思うと重い気分になる。
これは、今だ、子供の時の「サザエさん症候群」、つまり、休日もあと僅かで、翌日から1週間、学校に行かないといけないという嘆きを思い出すからである。
今も、やっぱり月曜は好きではないが、今日から「さあ、会社で心を消す修行をするぞ」と思えば楽しくなってきた(笑)。
そうだ。
学校や職場は、心を消す修行にピッタリの場所で、そのためにあるのだと思えば、学校や職場が有り難いものに思えてくるから不思議である。

心を消せば、つまり、無になれば、不可能はなく、全てが可能になり、仙人、導師、マスター、大師の仲間入りをするということである。
もちろん、そのようなものになることへの執着は持たない方が良いのだけれども。
心を消すには、様々なやり方がある。
一番基本的なものが、心を1つの対象に縛りつけ、さ迷わせないことだ。
呪文、万能呪文を唱えたり、出来るだけゆっくり呼吸することで、それが出来る。
念仏や、般若心経の呪文でも良いと思う。自分が好きでさえあれば。
けれども、1つの方法だけ選んでやり、呪文を唱える場合でも、呪文を1つにした方が良い。

ニサルガダッタ・マハラジは「常に存在の感覚にしがみつけ」と教えた。
「私は存在する」「私は在る」という感覚であるが、いきなりそう言われても難しいかもしれない。
心の中で「私は存在する」と言った時の「感じ」を覚えておき、それを再現させても良いと思う。
あるいは、特に最初のうちは、「私は存在する」を呪文のように心の中で、繰り返せば良い。
全ての呪文のコツは、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で、数多く・・・である。
また、マハラジは、「存在の感覚」とは、朝、目覚めて、思考がやってくるまでに感じる感覚であるとも言う。
なるほど、その感覚を思い出せば良いのである。

学校での活動や、職場での仕事はどうするかというと、『バガヴァッド・ギーター』で繰り返し説かれているように、ただ義務として行うことだ。
あるいは、自分がそれをやっている行為者ではないと見なすことだ。
そうすれば、神が代わりにやってくれる。
ラマナ・マハルシは、「財務長官は重い責任を持って仕事を遂行しているように見えるが、彼は何もしていない。自分がそれをしていると思っていないので醒めている」と言う。
あるいは、「事業家が偉大な事業を成し遂げつつあるが、彼は何もしていない」とも言う。
つまり、神の道具になり切って、心ごと、身体ごと、明け渡すことだ。

心ごと体ごと 全部脱ぎ捨てたこの魂
無くしてた熱情が 指先から流れ出した
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M。歌:初音ミク)より~
ファイル:Freely Tomorrow.ogg/初音ミク『FREELY TOMORROW』
※この曲はクリエイティブ・コモンズライセンスにより自由に使える(クレジット表示さえすれば良い)。まして、ダウンロードして聴くくらいは自由である。

さあ、早く心を消し、自由になろう。
学校、職場、あるいは、嫌な家庭など、悪い状況は、心を消す喜びを味わうためにあるようなものである。
身体が不調であることも同様に考えられるが、健康である方が修行には有利であるので、毎日、腕振り運動を欠かさず、身体を鍛え調整すると良いと思う。
蹲踞(そんきょ)の姿勢を度々することもお勧め出来る。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

本物の能力開発は商売になり得ない

息を吸ってしばらく呼吸を止めると記憶力が向上する・・・それも異常なほど向上することを、ヨーロッパで誰かが気付き、それが、スーパーラーニング、加速学習みたいなものになったと思うのだが、これらがさっぱり発展していかないのは、余計なことを付け加えたせいだと思う。
単に、息を吸って止めるだけで良いのであり、他には何もいらない。
だから、商売になどならない。
誰でも、無料で自由に活用すれば良いだけである。
中村天風という、とても偉い人は、肛門を締めよと教えたのは良かったが、やっぱり余計なことを言ったのだと思う。
天風が「肩の力を抜け」なんて言ったという話も聞くが、肩の力を抜くなんて難しいことをサラリと言うなんて、いかがなものかと思う。
肛門を締めるだけで良いのであり、やっぱり商売も教団もやれないのである。
藤平光一氏は、中村天風の一番弟子だったが、天風が偉人であったことは完全に認めながら、教えの全ては間違いだったとバラしてしまった。
その藤平氏の教えも、私には抽象的でさっぱり分からないか、矛盾を感じるかである。
中でも、藤平氏は、天風の言った「腹に力を込めよ」はいけないと言うし、確かに、意図的に腹に力を入れるべきでないとは思うが、肛門を締めれば、自然、腹や、さらには、臀部や脚(太腿や脹脛)にまで力は入るし、それは気持ちいいことなのだから、間違いではない。
やってみれば分かるが、上記を全てまとめ、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止めると、心が澄み、身体に力がみなぎる。

念仏と呪文は、原理は同じで、親鸞自身、念仏を誦文(じゅもん)と言ったこともあるが、誦文と呪文は同じである。
親鸞も、その師、法然も、念仏だけを薦めたが、人間には、言葉が向いている人もいれば、身体で行うことが向いている人もいる。
大抵の人は、それが適度に交じり合っているのであるが、強さの度合いは違うのである。
やはり原理は念仏と同じだが、現代人に合うものとして、万能呪文がある。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
他にも、好きな言葉なら何でも良いが、たった1つの言葉を、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で数多く繰り返せば、人間を滅ぼす、頭の中のつぶやきに打ち勝てる。
だが、身体を使うのが好きな人は、肛門を締めながら息を吸い、肛門を締めたまま息を止める方法が向いていることが分かった。
これを、1日20回ほどやれば、目覚しい効果があるが、数に制限はなく、多い方が良い。だが、数は徐々に増やしていくのが良い。
とはいえ、少なくとも、1日10回、志あるなら、20回以上やるべきである。
この肛門を締め、息を止めることは、続ければ超人になってしまう。
だから、謙虚さを要求されるところが、やや難しいところである。
傲慢な超人は必ず滅ぶからである。

だが、一番強い方法は、心からの願いがある場合だけだが、それを1日中でも祈ることである。
そんな願いがある者は幸いであるように見えるが、状況としては不幸である場合が多い。
どういうことかと言うと、「この辛い病気が治りますように」「いじめっ子と会わずにいられますように」といった、厳しいマイナスを解消する希望が、強い願いになるのだからだ。
普通に「彼女が欲しい」というのは、あまり強い願いにならないが、全ての女の子に厳しく見下される日々を過ごす者にとっては、強烈な願いになることがある。
逆境にある者専用の方法だが、実は、これが最強なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

健康、美容、若返りに必要なことは2つだけ

書店で、ダイエット、若返り、健康に関する本のコーナーに行ったら、もうとんでもない数の本がある。
その中には、ヨガの本も沢山あった。
これでは、どの本が良いかなんて全然分からない。
中には、良さそうな本もあったが、読むべきはせいぜい数行で、余計なことがたっぷり書かれているので、読んでも利益はないだろう。

ダイエット、若返り、健康、身体と頭脳の強化のために行うべきことは2つだけである。
それは、肛門を引き締めることと、息を吸って止めることだ。
思い出した時に、いつでも、肛門を数秒引き締めたり、息を吸って数秒止めれば良い。
合わせてやると便利なので書くと、こんな感じだ。
(1)肛門を引き締めながら息を吸う。
(2)肛門を締めたまま、息を数秒止める。息を止める時、喉の気管を閉じるのではなく、胸や腹の筋肉を止めることで、息の流れを止めるのである。
(3)数秒、息を止めた後、ゆっくり履く。
これで、健康、若さ、美しさ、能力、エネルギー等を得ることが出来る。
さらに、息を止めている間、願望を言葉にしたり、イメージすれば叶う。
あるいは、万能呪文を唱えると、円滑現象が起こり、何もかもうまくいく。

万能呪文の1つと考えて良いが、合氣道家の藤平光一氏は、よく「重みは下にある」という言葉を薦めていた。
そのように、自然で当たり前の言葉を言うと、氣が出て、何でもうまくいくのである。
しかし、それで言えば、ニサルガダッタ・マハラジの「私は存在する」の方が、もっと当たり前だ。
マハラジ自身も、これが最高のマントラ(真言)と言っており、これも万能呪文と言って良い。
だが、次の言葉の方が絶対に良い。
それは、「私は時空を超えている」である。
これは、真理であり、超真理であるので、この言葉により、あなたの全潜在力が発揮出来るようになる。
心の中で、感情を込めず、されど、丁寧に唱えて欲しい。
あるいは、「私はアポローンである」「私はアルテミスである」「私はアマテラスである」「私は阿弥陀如来である」「私は弥勒菩薩である」も、感情を込めずに唱える限りは、不遜でも傲慢でもなく、事実、その通りであることが分かるであろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

我々は本当は何を求めているか

人間の頭の中には悪魔でも棲んでいるのか、放置していれば、1日中、否定的な言葉が発せられ、それがその人を滅ぼす。
その「悪魔の独り言」を消すとか、無になるとか言う人もいるが、その試みは、人類のほとんど誰も成功しない。
だから、我々には、プラスのつぶやき・・・常に唱える呪文が必要になる。
仙人、導師、マスター、大師・・・人を超越した存在は、常に心に呪文がある。
大師と凡人を分けるもの・・・それが呪文の有無だ。
しかし、呪文を何にするか考えると、難しい問題に突き当たる。
というのは、人間は自分が何を本当に求めているか、ほとんど誰も知らないからだ。
『新世紀エヴァンゲリオン』で、シンジの幻想の中で、ミサトがレイがアスカが「何を求めるの?」「何を願うの?」と尋ねるところが印象的だったが、あの様子ではエロいことだと言っているようなものだったが(笑)。
だから、自分の真の願いが分からなくても、悪魔に打ち勝つ呪文である、万能呪文が存在する。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
だが、真の自分が目覚めかけると、万能呪文に飽き足らなくなるかもしれない。

凡人は安楽を求める。
働かなくても、かなり豊かであることが一番良い・・・という妄想を持つ。
だが、人間の真の望みは、武内直子さんの『美少女戦士セーラームーン』で、凡庸な誘いに堕落しかけた火野レイことセーラーマーズが言った「全身の血が燃えるような感覚」なのである。
スティーブ・マックイーン主演の映画『パピヨン』で、囚人パピヨンが夢の中で悟った「人生最大の罪」は「人生を無駄にすること」だったように、人間は熱く生きなければならない。
では、真の人間の呪文とは何か?

『サイボーグ009』の最初の作品である劇場版『サイボーグ009』のパンフレットに、ヒーローである009の説明に、実に印象的なことが書かれている。
「あらゆることのできるスーパーマン」
009の特別な能力は加速装置で、これは、9人のサイボーグ戦士達の中で最強のものではあるが、009は006のように火を吹ける訳でも、002のように飛べる訳でもない。
しかし、「あらゆることができるスーパーマン」なのである。
そして、人間は誰でも本来、「あらゆることができるスーパーマン」だ。
「私はあらゆることができる」
「私はあらゆることができるスーパーマンだ」
このような呪文は、磐石の勇気と力を奮い起こす。
そして、そんな力を持つ者のことを英雄と言う。
大胆に、「私は英雄だ」と宣言することである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間が本当に信じられるのは欲望だけ

おしんと呼ばれた女性にはモデルがいるらしいが、そのことには触れない。
私が、おしんの言葉で覚えているのは、「大根飯を腹いっぱい食いてえ」である。
おしんのように苦難の中にあった女の子は、特にあの時代、沢山いたはずだが、彼女が異常な頑張りで成功したのは、この強烈な食への渇望であったのだと私は勝手に思っている。
前にも書いたが、戦争中、日本の軍船が連合軍の魚雷で沈没させられたことがよくあり、大海原に投げ出された者達は、大抵、一晩持たずに死ぬが、5回も撃沈されながら生き残った男がいた。
彼は、フカがうようよいる、果てない海で板にしがみ付きながら(フカに食いつかれる前に手足を引っ込めながら)考えていたのは、岡に上がって大好きな酒を飲むことだけだったという。とにかく彼は酒が大好きで、生活が安定してからは、毎晩、まずビール5、6本、次に日本酒5合で気分が良くなると、そこからメインの焼酎をじっくり・・・というほどだった。
そんな彼の、「岡に上がって酒を」という渇望の強さは、太陽のように強烈なものだったに違いない。
そんなものがあれば、世界は彼を殺すことなんて出来ないのだ。

人間が信じられるのは欲望だけだ。
ケチな欲望なんて持つな。
盗みや強盗で金を得るやつってのは、それほど金が好きじゃないんだ。
レイプするやつってのも、本当の女の良さを全然分かっていない。
金や女が本当に好きなら、そんなものは、黙っていても、いくらでも出来ることだろう。
確かに今の時代、極貧の反動から金持ちになったなんて者はいないように思える。
しかし、そんな金持ちだって、何かの渇望がエネルギーになったのは間違いない。
ただ、それが何か、本人が話さない限り、誰にも分からないだけだ。
スティーブ・ジョブズの胸に空いた穴は大きかったに違いない。彼は、それを必死に埋めようとしてたのだ。
イーロン・マスクは、世界の悲惨は自分の責任だと思っているのだから、その飢えは計り知れず、電気自動車の電気を無料にしたり、火星に人類を移住させることだって出来るエネルギーがあるだろう。

あなたも、死ぬほど欲しいものを持たなければならない。
しかし、闇雲に求めても自爆するだけだ。
金が要るなら「私は金持ちになれる」の呪文を、感情を込めず、されど丁寧に、心の中で出来るだけ多く唱えることだ。
「大丈夫、絶対、私は金持ちになれる」
ジョセフ・マーフィーもそう唱えよと書いていたと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ