ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

向上心

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

まずは基本スペック

人間には、「基本スペック」とでも言える大切な能力がある。
スポーツ選手の場合、主に体力になる。一流選手でも、特に体力が高い訳ではないことも多いが、ある程度の体力のない良い選手はいない。
科学者の場合は、専門知識やIQで、立派な研究者が、これらが特に凄いとは限らないながら、やはり、常人ということはない。

いかなる職業や立場であっても、基本スペックを高める意思のない者が成功することはない。
つまり、ある程度は、常に鍛錬することが必要である。
日本で、サラリーマンのイメージが低いのは、会社勤めをしている者の鍛錬の度合いが低過ぎ、基本スペックに欠けるからだ。
早い話が、勉強しないし、身体のコンディションを整えない・・・節制がなく、心身を鍛えていない場合が多いのである。

いかに、潜在意識の力や引き寄せの法則を活用しようとしても、基本スペックがあまりに低いとどうにもならない。
別に、昔、アメリカに信じ込まされたような二宮尊徳(にのみやたかのり。二宮金次郎の名でも知られる)のような、克己精進の権化である必要はないが、恥ずかしいレベルの大人が多過ぎると思われる。
根性論を言う気はサラサラないが、あまりに弛みきっている者は、どうしようと駄目なのだ。
引きこもりをどう救済しましょうと言っても、毎日深夜までゲームをしたりテレビを見て、昼近くまで寝ているというなら、もう手の施しようがない。
まずは、1年365日、6時までに起きるようにすれば、それでほとんど問題は解決する。
そして、その程度、厳しくも何ともない。

生まれつきの基本スペックというものもあるし、育ちによる基本スペックも、実際にはある。
だが、元々の基本スペックが高い者ほど、向上心がないと、落ち込みがひどく、普通の人以下になるのも早くて、なまじ、かつての栄光があったら悲惨なのである。
日本の政治家の基本スペックは非常に低いように思える。
政治家本来の仕事と違う部分にばかり労力を注ぎ、勉強していないので、若い時に覚えたことしか知らない。
だが、そのような者達は、実生活は悲惨だし、政治家としても非常に辛いはずだ。

だから、何をおいても、まずは基本スペックを高めなければならない。
私は、70歳も過ぎているのに、テクノロジーを含め、現代事情に非常に通じた人を知っているが、「なんでそんなに何でも知っているのですか?」と尋ねたら、「普通に本を読めば分かることだ」と言う。
そんな訳で、普通に本を読むことが大切である(笑)。
だが、学校でやったことしか知らない者が、今は多いのではないかと思う。
例えば、物理学で大学院まで出ている者の中には、会話の中で、他の人に分かるはずのない物理用語を持ち出し、本人は優越感を感じているのだろうが、そういうのはただの馬鹿だし、実際、社会の中で力がなく、学校や予備校の先生という以外に何の取り得もないという場合が多い。そんな者に限って、自分より物理の実力がある者と交わらないし、新しい物理の勉強をしていない。

早起きをし、暴飲暴食を慎み、勉強し、運動をし、多少の羞恥心を持って自分を省みる。(仕事などの立場上、早起きが出来ない者がいるのは当たり前で、そこらは常識的に考えれば良い)
そんなことが難しいはずがないが、国民の多くが、これが出来なくなれば、その国は終わるのであると思う。そして、既に日本は終りかけているのだと思われる。













当ブログ著者、KayのAI書。
これからの時代の強力な武器でありつつ、実は必須でもあるAIを実用的に使えるようになるための本です。
求められるのは、Excelが使える程度のスキルで、数学、プログラミング、AI理論は必要ありません(あれば無論、良いですが)。
常識的に解るテーマを選び、普通の言葉で語り、実習形式で進みます。
入門編以降は、なるべく面白いテーマを選びました。それらの実習(本書のほぼ全て)のためのデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無料ダウンロード出来ます。

まるで駄目でも見込みのある者と、そうでない者との違い

結局、人間に大切なものは向上心である。
向上心とは、自分が理想とする人物像に近付こうとする意思である。
これがない人間は、もうどうしようもない。

たとえどんな人間であろうが、向上心を持っている限り、私は嫌いではない。
つまり、自分の理想像を持っている者であれば、嫌う理由はない。
しかし、まるで駄目男(私が知っている人生の落伍者)については、私は彼の姿がわずかでも目に触れるのも嫌なのは、彼には向上心が全くないからだ。

そして、人間の向上の鍵は、アファーメーション、自己暗示であるが、向上心や理想像がなければ、決して、アファーメーションは出来ない。
どんなに駄目でも、アファーメーションの言葉を、根気良く、常に唱えれば、確実にうまくいく。
「大丈夫」とか「絶好調」で良いのである。
とはいえ、正しいやり方が必要である。
正しいやり方とは、
1.たった1つの言葉を
2.感情を込めず、淡々と
3.丁寧に
4.出来るだけ多く
唱えることである。

「自分は出来ると信じることが大切だ」
「自分は出来ると自分を騙せ」
などと言う者がいる。
だが、人間は、自分の意志で何かを信じることは出来ない。
人間は、心を支配出来ないからだ。
また、騙したって、潜在意識には嘘が分かっている。だから、嘘を信じると、意思と潜在意識の調和が破れ、次々とトラブルが起こり、苦しむことになる。
人間は心を支配出来ないが、言葉は支配出来る。
「大丈夫。絶対うまくいく」
は嘘ではない。潜在意識にまかせれば、うまくいくに決まっている。
うまくいくのが正常な姿なのだ。それが嘘のはずがない。
病気であっても、「私は健康だ」というには、嘘ではない。
潜在意識が健康にしてくれれば、間違いではなくなるからだ。
「A子さんは私が好きだ」は嘘だ。
そんな自己暗示ではいけない。
あくまで、自分についてアファーメーションするのだ。
だって、アファーメーション、自己暗示って、自分が向上するため、理想の自分に近付くために行うものなのだからだ。
A子さんなんて他人のことは放っておけ。
アファーメーションで向上すれば、A子さんだって好きになってくれるし、普通は、もっと素晴らしい彼女が出来る。
だから、「A子さんとエッチする」などというアファーメーションを発想する者には見込みはない。
そこに何の向上心も見られないからだ。
同じく、「宝くじに当る」も同じであることが分かる。

「金持ちになる」も「美しくなる」、あるいは、「たくましくなる」も、全てひっくるめて「全て」「全部」と言うのが、賢いやり方だ。
つまり、「全てうまくいく」とアファーメーションすれば、望む全てが得られる。
このあたりは、エミール・クーエを参考にすれば良いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード