ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

名人伝

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

バカが勝つ

政治家でも、スポーツ選手でも、プログラマーでも、セールスマンでも、ミュージシャンでも、どんな職業でも、抜きん出た人がいる。
そんな抜きん出た人というのは、特別な才能があるとか、環境に恵まれていたとか、あるいは、運が良かったとか、いろいろ考えられると思う。
しかし、抜きん出た一番の要因は、時間をかけたことだ。
政治家であれば、趣味や、家族との対話や、レジャーや、グルメ等に使う時間を少なくし、より多くの時間を政治活動に注ぎ込んだのだ。
だが、もう一段、高い観点で言えば、仕事について、長い時間、考え続けたのだ。
この、「考え続けた」は、理屈や言葉で考えることも、もちろん含まれるが、とにかく、意識を向け続けたのだ。
いつでも、そのことが「心にあった」「頭から離れなかった」「心の目で見つめ続けた」ということだと思う。
「方時も忘れなかった」という言い方がぴったりするかもしれない。

なぜこんなに、心や思考や意識についてしつこく述べるかというと、やはり、心(あるいは精神)には力があるからだ。
いや、心や精神以外に力はないと言えるかもしれない。
つまり、世界そのものが、心・精神が作り出したものなのである。
だから、考え続けた者が勝つのは当たり前なのだ。

具体的な日常レベルの話になると、抜きん出る人は、雑談をしない。
雑談は時間がかかるので、雑談好きな人は、大切なことを考える時間が少なくなってしまうのだ。
私は、本で読んだ、こんな話をよく憶えている。
有名なプロレスラーだったジャイアント馬場さんが、アメリカにいた若い時のことだ。
プロレスラー達は、大勢で一緒に電車等で移動することが多かった。
電車の中で、多くのレスラー達は、雑談したり、ゲームをしたりする。
ところで、馬場さんには、バディ・ロジャースという憧れのレスラーがいて、一緒に移動する時は、ロジャースをじっと見ていたそうだ。
ロジャースは、トップレスラーで、人気は一番、世界チャンピオンでもあったが、何よりも、客を呼べるレスラーで、特に、女性客の集客力が凄かったらしい。
ロジャースが出れば客が入るとなれば、プロモーターからは大事にされ、当然、ギャラも物凄く高かった。
そして、プロなんだから、仲間のレスラーからも敬われていたし、実際、素晴らしいレスラーなので、馬場さんのように、憧れる者も多い。
そのロジャースは、雑談もゲームもしなかった。
馬場さんには、ロジャースが1人で、ずっと考えているように見えた。
試合やコスチュームのこと、どんな登場の仕方をすれば受けるか等、いろいろ考えていたのだろうが、とにかく、心を向け続けたのだ。
そこが、他のレスラーとの違いだ。
ある意味、プロレスしか分からない「プロレスバカ」だったのだろう。

それで言えば、やはり、抜きん出る人は皆、「〇〇バカ」なのだ。
イチローは間違いなく野球バカだったはずだし、エジソンは電気機器バカだった。
勝手なことを言えば、私は、浅田真央さんより、キム・ヨナさんの方がフィギュアスケートバカだったから、金メダルが取れたのだと思う。
そして、練習や実験の時間が長いというのは結果で、根本的には、心を向ける時間の差だと思える。
私も、セールスコンテストで優勝したとか、周囲のプログラマーやシステムエンジニアよりマシだった時には、セールスしてたとか、プログラミングしてたというよりは、セールスのことやプログラミングのことを思い続けていた時間が長かったのだ。
極端に言えば、実際に何をするかはどうでも良いのかもしれない。
あくまで、心が世界を作るのであるからだ。
実際、達人になると、何もしなくなるらしい。
『名人伝』においては、天下一の弓の名人は、名人になる過程で弓を射ず、名人になってからは弓を取らず、遂には、弓を見て「これは何だ?」と言う。
名人は、弓よりも上位のことに精神を向け続けていたのだろう。

で、何度も取り上げるが、教育学者の七田眞氏の著書『奇跡の超「右脳」開運法』の中で、ホームレスの男性が、1日中「神様の奇跡が起こる」と唱えて、宝くじで1憶円を2回当てたのも、この男が、ずっと神様の奇跡に意識を向け続けた結果であると思う。
彼には、他にやることも、雑談する仲間もいなかったので、本当に1日中、唱え続けた。
ある意味、バカであるが、奇跡を起こせるのはバカだけなのである。








手本は我が胸の内に

道徳や正義というものは、言葉だけで教えられるものではない。
言葉だけで、上から目線で偉そうに教えたら、それはもう正義ではなくなる。
権威ぶって道徳を語れば、いろいろ余計なものが混入し、本当の道徳と正反対のものになる。
それで、「人間には、本当は道徳や正義はいらないのだ」と、一見、賢そうなことを言う者もいるが、まさか、そんなことはあるまい。
そりゃ、『荘子』や『列子』、それに、『列子』を、基に書かれた中島敦の『名人伝』では、道徳を卑小なものと書いているようにも見える。
例えば、『名人伝』の主人公が、究極の弓の名人になり、神人の境地に至るが、その名人が、「我と彼との別、是と非の分を知らぬ」と言い、「全ては等しい」という悟りの境地を語るが、どっこい、我々凡人は、是と非の区別はつかないといけない(笑)。

キリスト教には、イエス・キリストという手本がいるが、これはなかなか高度過ぎて、時に理解不能に思えるのは、単に、ギリシャ語の福音書を訳す時に誤訳をしたという説もある。
それでも、ギリシャ神話や古事記、あるいは、コーランの神に比べれば、まともかもしれない。
まあ、古事記の中でも、大国主神(おおくにぬしのかみ)は善良でファンも多いかもしれないが、あまり賢くも強くもないように思える。
人によっては、宮本武蔵を尊敬し、彼が著した『五輪書』を指針にしているらしいが、「昭和の武蔵」と言われた空手家の大山倍達氏によれば、「武蔵は山師。勝てる相手としか戦わなかった」であるらしく、実は、あまり良い手本ではないかもしれない。
親や教師は反面教師にはなるが(笑)、まずは、反面ではなく、模範が欲しいところだ。

宮沢賢治は、『雨にもまけず』に、理想の人間像を描写し、そこに描かれた人物は、私も個人的には好きだが、あれでは生きられぬ。あれは、家がお金持ちで、生活の心配のなかった宮沢賢治ならではの理想だろう。

つまり、外部に本当の手本などいない。
手本は、心の内にあり・・・だ。
だが、心の奥の手本を無視し続けると、それとどんどん遠ざかる。
仏教では、その心の中にある真の手本を仏性と言い、それこそが仏であるのだと言う。
だが、現代人は、仏である内なる声を無視し、時には否定し、全く見えなくなってしまっている。
しかし、一休によると、「南無阿弥陀仏」の念仏は、内なる仏を引き出す力があるらしい。
その根拠は割と単純で、阿弥陀仏というのは、あちら(インド)の言葉で、無限の光のことで、つまり、内なる仏のことだ。
南無阿弥陀仏とは、その内なる仏を信用するといった意味で、別に、言葉は何でも良い。
それこそ「内なる英知を信じる」と言うのが、現代的な念仏だと思う。
だから、何でも好きな言葉で言えば良い。
そこに意識を向けていれば、説明が面倒なので省くが(出来なくはない)、あらゆる願いが叶うだろう。













当ブログオーナー、KayのAI書。
「AIなんて難しいに決まっている。自分には関係ない」と思わないで下さい。今やAIは誰でも作れます。
この本では、Excelが使えるスキルがある人なら、ソニーのWindws8.1/10アプリNNCを使って、本物のAIを作れるようになることを目指しました。
回帰、勾配降下法、サポートベクタマシンなどという言葉は使いません。普段使う言葉で、面白いテーマを使って、楽しくAIを作れるようになることが目的です。
専門用語は、AI作れるようになってから必要に応じて勉強して下さい。

真の正義はある

「この世に絶対的正義や絶対的悪はない」と言えば非常に格好良いし、何やら真理のようにも思えるが果たしてそうだろうか?
荘子も、「正義といい、悪といっても、それは1つの立場からの見方に過ぎない」と述べている。なにやら賢者っぽい(笑)。
中島敦の『名人伝』の最後で、悟りを開いたような弓の名人も、その境地を表現したのだろうが、「善と悪の違いが分からない」と言う。

そうではない。
簡単に言えば、「運が良くなる生き方、考え方が正義で、運が悪くなる生き方、考え方が悪」だ。
運が悪くて良い、幸運はいらないと言うなら、正義を捨てれば良いが、私は御免である。

フロイトは、人間の精神の中には、自我とは別に超自我というものがあり、悪い事をしようとすると、超自我から、「そんなことをしてはいけない」という警告が来ると述べた。
そして、超自我は、伝統や風習で作られており、民族によって異なると言ったのだと思う。
つまり、正義といい、悪といっても、民族の決まりごとに過ぎないというわけである。
だが、ユングは、倫理観や道徳観は、民族の風習を超えたものである証拠を示し、フロイトも後にはそれを認めたと述べていると思う。
ユングによれば、正義や悪は、もっと深い、人類や万物をつなぐ意識から来ており、動物にすら、何らかの道徳観が見られると言う。

脳科学者の中野信子氏の『脳科学からみた「祈り」』の中に、興味深い記述がある。
簡単に言うと、人間の脳には、善悪を判断する機能があり、それを「社会脳」と呼ぶらしい。
社会脳と言うだけあって、社会性を持った行動が善で、反社会的な行動が悪である。
以下、少し引用する。

誰かに対して怒り・妬み・恐れ・不安といったネガティブな感情を持つと、それが社会的には「あまりよくないこと」であるとされているのを自分の脳はわかっていて、「ストレス物質」であるコルチゾールという物質が分泌されます。
~『脳科学からみた「祈り」』より引用~

コルチゾールが過剰になると、脳内の海馬が萎縮し、記憶力が低下する。

簡単に言えば、社会的であることが善であり、反社会的であることが悪である。
ただ、この「社会的」が、狭い範囲の社会の「社会的」に摩り替えられるのは問題であるし、人間がやり易い間違いがそれなのだ。
その間違いにより、ある社会にとっては善であることが、別の社会にとっては悪になってしまう。
自動車が普及した国、あるいは、自動車会社といった社会では、自動車は善であるが、自動車がない国の一部や、自動車を嫌う人々の社会では、自動車は人間を堕落させ、命も奪う悪ということになるかもしれない。
しかし、自動車は単なる道具であり、使う人によって、良い用途や悪い用途が出来るに過ぎない。
大昔のアニメ『鉄人28号』の主題歌に、
「あるときは正義の味方、あるときは悪魔の手先、いいもわるいもリモコンしだい」
という、何とも当を得た歌詞がある。
鉄人28号という、強力な巨大ロボット自体は、良いも悪いもない、ただの道具だ。
現在のSF小説・アニメの『BEATLESS』で、美少女アンドロイド、レイシアは繰り返し言っていたではないか。
「私は道具です。道具である私には責任は取れません」
「道具である私を、あなたは何に使いますか?」

では、本当の社会性とは何だろう?
難しいことは言うまい。
漫画・アニメ『まちカドまぞく』で、15歳の新米魔族、優子が、初めて魔力を出した時に叫んだ言葉がそれである。
それを聞き、さしもの魔法少女、千代田桃も、心に深い何かを感じた。
その言葉は、「みんなが仲良くなれますように」だった。
そういえば、『BEATLESS』で、アラト(17歳男子)がレイシアに指令した到達すべき未来は、「みんなが信じられる世界」だった。
そこらに、真の正義の鍵があるのだと思う。








貴族の特性

中島敦の『名人伝』の最後で、弓の名人は、「是と非の分を知らぬ」と言った。
善と悪の区別を知らないということだろう。
だが、美しいか美しくないかの区別がつかないとは言わなかった。

普遍的な善や悪はない。
それを決めるのは個人の観念だ。
美と醜も同じかもしれない。
しかし、善と悪は個人としても難しいが、美と醜は個人としてはシンプルだ。
だから、ものごとを善いか悪いかで判断するより、美しいか美しくないかで(あるいは、可愛いか可愛くないかで)判断する者の方が優れたことが出来るのである。

正しくなろうと思わない方が良い。
美しくなろうと思うことだ。
悪になるまいと思わない方が良い。
醜くはなるまいと思うことだ。

そして、ものの価値を決めるのは自分である。
自分が良いと言えば、それが普遍的な価値になる。
それが分かれば、世界の所有者と言え、世界の王であり、支配者であり、世界を自由に作り変えるだろう。
それには、まず、美の価値を知ることである。







↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

忘れることの不思議な力

最近の私は、ヒンズースクワットとヒンズープッシュアップに夢中だ。
※ヒンズースクワット、ヒンズープッシュアップは、プロレスラーが行うスクワット、腕立て伏せで、昔、来日した、インドの強豪レスラーだったダラ・シンが力道山に教え、今に至るもプロレス界に連綿と受け継がれている、究極のトレーニング。

毎晩、これをやることが楽しみでならない。
ヒンズースクワットは、連続で150回、あまり歩かなかった日は200回、休日は250回・・・と控え目に行うことで、必ず毎日出来るようにしている。
ヒンズープッシュアップは連続で30回で、これももっとやれるが、毎日続けるとなると、このくらいが私には丁度良い。
だが、体力の向上と共に、回数は増えていく。

ところで、ヒンズースクワット等は、かなり苦しい運動である。
しかも、部屋の中で一人、黙々と繰り返すのであるから、普通は、精神的にもやや辛いかもしれない。
だが、非常に良いところがある。
それは、やっている運動以外のことは全て忘れることが出来ることだ。
あなたは、忘れたいことがないだろうか?(あるに決まっている)

忘れることほど、人間にとって楽しいことはない。
ルイス・キャロルが、少女への手紙で、こんなことを書いていた。
「忘れるレッスンに通い始めました。仕事や自分の名前も忘れました。先生は、『月謝を払うのだけは忘れないで下さい』と言われましたが、先生のレッスンがあまりに素晴らしいので、それも忘れました。忘れることは楽しいことです」
とても面白い冗談ではあるが、きっと、キャロルの本音でもあるのだろう。

忘れることは、楽しいだけでなく、素晴らしいことだ。
中島敦の『名人伝』で、究極の弓の名人は、ある時、家の中で、ある道具を見て、「これは何だろう?見たことがある気はするが・・・」と思った。
なんと、それは弓だった。
弓の名人が弓のことを忘れたのだ。
それが、万有と一体化した、解脱した人間の在り様であると思う。

私の場合、腕振り運動では、余計なことを考えてしまう。
だが、ヒンズースクワットであれば、少し苦しいということもあり、運動に集中して、よそ事を考えずに済むのである。
腕振り運動で何も考えずに済むようになれば、これだけで良いのかもしれない。
だが、私にはまだ、ヒンズースクワットやヒンズープッシュアップが必要である。
もちろん、体力向上著しく、また、身体を活性化し、若返らせることが出来る。

尚、運動以外のことは忘れても、運動のことまで忘れてはならない。
小説・アニメの『灼眼のシャナ』で、悠二への想いに心乱れるシャナは、
「戦いが起こればいい。何も考えなくても済む戦いが」
と思い、実際に、マージョ・リー・ドーとの戦いになった。
しかし、シャナと一体化した魔神アラストールは驚く。
「(シャナは)常の戦い方を忘れている」
そして、シャナは敗北する。
彼女は、まだ、戦いを忘れても戦えるような進歩した段階・・・弓の名人が弓を忘れるような究極の達人ではない。
ピアノの真の達人は、ピアノを演奏することを忘れて、究極の演奏をする。
しかし、それまでは、ピアノ以外のことは忘れて、ピアノに熱中する必要がある。
ヒンズースクワットやヒンズープッシュアップだって、ちゃんと考えながら行い、よりよくやれるよう工夫しなければならない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード