ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

右脳

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

しゃんとした自我を持つ人を神は助ける

この世界は夢と同じ・・・と言うよりは、おそらく、VR(仮想現実)なので、どんなことが起きても不思議はない。
この仮想世界は、物理法則は厳しく適用されるように設定が行われていると思われるが、出来事の因果に関しては割と緩い・・・つまり、願いは叶い易いのだと思う。
いわゆる、引き寄せの法則は、少なくとも、そこそこに作用し、かなりうまく使える人もいるのだと思う。
そこに、神秘的な意味はない。
あくまで、科学技術的な問題と思う。

では、思う通りの状況に世界を変化させるのはどうすれば良いのかというと、細かいことはさておき、確実なことがある。
それは、心の力とか、意思の強さと言われているものだ。
それなしに大きな成果を上げた者はいない。
ただ、心の強さとか言っても、「弱い犬ほどよく吠える」の喩え通り、やる気アピールの強過ぎる者は、実際は弱いのである。
内に強い闘志を秘めた者は、表向き静かなものだ。
とはいえ、煩くはないが、緩んでぼーっとしてる者は、やはり心が弱く、何も出来ないのだ。

そこで、こんな話が参考になる。
英国の作家コリン・ウィルソンの、少年時代の思い出話だ。
彼と弟は、森に遊びに行って、道に迷ってしまった。
なんとか森を脱出しようとして、長い時間歩き続けたが上手くいかず、疲労と不安で身も心も疲れていたところに雨が降り出し、身体が冷え、とても辛かった。
弟は泣きわめき、すっかり駄々をこねている。
コリンもそうしたかったのだが、兄の自覚を奮い起こし、顔を引き締め、弟を一喝した。
この時、状況が変わったと言う。
人間の内部には無限の力があり、それを使えば、大抵の状況は打破出来る。
しかし、そのためには、「私」が「しゃんと」しなければならないのだ。
人間の右脳に秘められた偉大な力のことは、よく知られている。
しかし、右脳に働いてもらうためには、左脳が、しっかりと指揮を取らないといけない。
左脳と右脳の働きは、顕在意識と潜在意識、あるいは、人間と神と言っても良いかもしれない。
「神は自らを助ける者を助ける」
同じものを示す、左脳、顕在意識、自我、人、私・・・がグダグダでは、やはり同じものを指す、右脳、潜在意識、大我、天、神は助けてくれないのである。

まずは、自分がしっかりしないといけないという、大変に古典的な結論に落ち着いた(笑)。
しかし、真理は単純であり、大切にすべきことは「当たり前」である。
それが、現実正解と言われるVR世界(「シミュレーテッド・リアリティ」と呼ばれる)でも有効な設定であることは間違いないだろう。
そこで、『ソードアート・オンライン』のヒーロー、キリト君を見習うと良いと思う。彼はとても心が強く、だから負けないのだと思う。
私の場合、『サクラダリセット』の主人公、浅井ケイのようでありたい。春埼美空に「ケイ」と呼び捨てにされたいものだ(最近、かなり春埼萌えである(^^ゞ  )。












当ブログ著者、KayのAI書。
自動車の運転をするために覚えるべきことは、機械工学や熱力学ではなく、アクセルやブレーキやシフトレバーの使い方です。
同じように、AIを作るために覚えるべきことは、数学やプログラミングやAI理論ではなく、問題を推測問題に捉え直し、データを適切に整え、AIのパターンを選ぶことです。
技術者でもない人が、的外れな努力をしても、AIを作り、使えるようにはなりません。
この本では、AIの作り方を、普通の言葉で普通に理解出来る方法で身に付け、楽しい実習で応用出来るよう工夫しました。

Never give up(決して屈するな)

残念ながら私には狩猟民族の知り合いはいないのだが、狩猟中の彼らと一緒にいたら、特異な能力に驚かされるのではないかと思う。
合気道の創始者、植芝盛平は、拳銃の名手6人を相手に、至近距離で、素手と拳銃の決闘をし、6人が銃を撃ったはずが、彼らを次々に投げ飛ばしたという、「いかにも作り話っぽい」話があるが、(あまり嘘をつきそうにないと思う)弟子の塩田剛三によれば、それは事実であると言う。
植芝盛平は、日頃から、「わしに弾は当たらん」と言っていたらしいが、ある狩猟家にもそんなことを言い、その狩猟家が「当たる」と言うので試すことになったが、狩猟家が撃つ直前になって、「お前のは当たる」と言って引いたという話を何かで読んだ。
大自然の中で命がけで生きる者には、文明人の想像外の特別な能力があるのだと思う。

一方、学校で、「勉強も運動も出来て友達いっぱい」という者が特異能力を発揮することはない。
そんなものがなくても快適に過ごせるからだ。特異能力とは所詮、必要が・・・それも、切羽詰った必要がなければ発現しない。
大成功する人間というのは、言葉で表現することが難しい特別な能力を持っていなければならない。学校で優等生の立場に甘んじていた者は、世の中でも、そこそこにはうまくやれるだろう。特に日本での場合でいうと、サラリーマンとして安泰で、しかも、ある程度は出世する可能性が高いが、特異な能力がないので、それ以上のことは出来ないのである。
学校に適応出来なかった者が皆、大成功する訳ではないが、目立たない存在ながら、密かに特異な能力を発揮している場合は多い。
そして私は、社会不適合者は、特異な能力を使って生き抜いて欲しいと思うのだ。特異な能力での戦い方は、まともなやり方ではないかもしれない。だが、かといって、不法、不道徳なやり方ではいけない。特に親愛なる引きこもり達は、その力を行使し、悠々と生きてもらいたいものである。
そして、社会不適合者の中には、学校時代から、特異能力を身に付け、実際に使用していた者もいると思う。その力は、魔法、超能力のようなものかもしれない、この世界を書き換える力である。
苦難の中にあっても、挫けず、勝利への執念を燃やせば、その力は発現する。

「南無三(なむさん)」という言葉がある。
私は、どこで覚えたのかよく分からないが、子供の時、いざという時は、この言葉を唱えて難を切り抜けた。
後で調べると、「南無三」の「三」は、「仏」「仏法」「僧」のことらしい。
だから、「南無三」とは、その3つに「帰依する」、つまり、完全に頼り切るという意味だ。
尚、この僧とは、お寺にいる普通のお坊さんとかでなく、高僧のことである。
また、3は、キリスト教でもだが、それよりずっと以前の、アリストテレスの時代からの神秘数、完全数だ。
もっと簡単に言えば、キリスト教では、最も貴い3つのもの、即ち、「父(神)」「子(キリスト)」「聖霊(純粋な魂)」のことで、ギリシャ哲学では「完全」を意味する。
しかし、それは、どうでも良いと言うのではないが、「三」が最高に力あるものを指すことが分かれば良く、「南無三」が、「完全なる力を信頼して頼る」ための言葉と思うなら、その力が味方してくれるのである。

少しでも科学的に言えば、その特異な力は、右脳によるものだ。
コリン・ウィルソンは、『右脳の冒険』で、彼の子供の時の体験から、右脳の力を発揮するには、左脳、つまり、理性が「しゃんと」しなければならないと述べている。
さっきも言ったが、それは、苦しい状況の中で弱音を吐かず、屈せずに、諦めないことである。
そのために、「三」の神秘で無敵な力に守られていると思い込むことが助けになると思う。
尚、1960年代から1970年代のキックボクシングの王者、沢村忠さんの伝記漫画『キック魂(ガッツ)』で、沢村さんが気合いを入れる時に「南無三」と唱える場面があって面白かった。
あんな凄い人だって神仏に頼るのである。
まあ、話の半分以上は梶原一騎さん創作のスポ根漫画であるが、嘘の中にも真理はあるものだ。








子供でも出来る超簡単な成功法

2冊の本の話をしたいが、以下の話を読めば、もう本の方は読まなくても良くなるかもしれない。
2冊の本とは、

『あなたも金持ちになれる』
ジョセフ・マーフィー著、和田次郎訳
産業能率大学出版部

『奇跡の超「右脳」開運法』
七田眞著
三笠書房
※絶版

である。
いずれも、潜在意識の力を使って願いを叶える方法が書かれているのだが、ちょっと面白い共通点がある。
それは、これらの本の、それぞれのある数ページを読めば、他の部分を読む必要がなく、即座に実行出来る。それは、最低限の知性しかなくても・・・子供でも出来ることだ。
ただ、それは人によるだろうし、他の部分にも良いことが書かれているので、手元に置いておくのも悪くないだろう。

『あなたも金持ちになれる』の第8章『富をつくる』の『富を生む三つのことば』では、ある女優の全てうまくいく秘法が明かされている。
それは、「歓喜・成功・富」の三語を頻繁にとなえることだ。
これは、マーフィーが彼女に教えたことではなく、彼女がどこで知ったのかは分からない。しかし、マーフィーはこの三語を、「これはまさに彼女の勝利の歌。これはあなたの生活をも勝利に導く歌」と述べている。

『奇跡の超「右脳」開運法』の『その3「金運」が不思議なほどよくなる』の『くじで一億円引き当てた「口癖」の魔力』には、こんな話がある。
失業中で住むところもない男が、七田氏の本を読んで、そこに書かれていた口癖の力を信じ、暇だったこともあり、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱えた。すると、1週間か2週間の後、明け方に、頭に数字が浮かび、その数字でロト6を買うと1億円当たった。その後、非常に感動的な話があるが、それを経て、さらに、この言葉を唱えると、また1億円当たる。
七田氏は、これは正真正銘の実話であると言う。

上の2つのお話は、よく似ているが、それらの本の中で、他の部分から独立したような内容であることもよく似ている。
つまり、他の部分は特に読まなくても、実行出来るし、それで何か不都合もない。
そして、再度言うが、およそどんな馬鹿でも簡単に出来る。
大切なことはただ1つ。出来るだけ頻繁に唱えること、そして、毎日続けることだ。
まあ、それがなかなか出来ないのかもしれないが、覚えていて、いずれやる気が出たらやれば良いのかもしれない。
その時のために、これらの本を手元に置き、しおりでも挟んで置くと良いだろう。








ほとんど勉強せずに良い成績を取れた人達

試験で楽に良い成績を取った2つの例から、頭脳の働きを考えよう。
1つは、矢追純一さんの著書『ヤオイズム』にあったものだ。
矢追さんは中央大学法学部(法学部では日本屈指の名門)時代、大学には試験の時だけ行き、授業はほとんど出ず、勉強もしなかったという。
しかし、試験ではいつも良い成績を取り、ちゃんと卒業した。
テキストは高いから買わず(1冊だけ記念に買ったらしい)、代わりにその金で飲んだそうだ。
それで、試験の直前だけ友達に教科書を借りたらしい。ノートも貸してやると言われたが、それは断ったという。
教科書だけで一夜漬けして試験を受けるのだが、それでちゃんと良い成績を収めるのだから凄い。
では、矢追さんは頭が良いのかというと、矢追さんはあちこちで、「自分は頭が悪いので考えることを諦めている」と言っている。いや、そもそも、考えない主義のようだ。

それで思い出す話がある。
ある大学生が、遊びで旅行に行って帰ってきたら、知らなかったか忘れていたか、明日、試験があると言われて慌てた。
いまさら勉強してもどうにもならないが、政木和三さんが開発したパラメモリという記憶力増強装置を付け、教科書をパラパラと見ただけで試験を受けたが、全部出来たという。

いずれも、頭を使わなかったことが良かったのだと思う。
つまり、左脳を使わず、右脳に任せたら、右脳が驚異の力を発揮したのだ。
右脳を働かせるコツは左脳に介入させないことだ。
ただし、指揮官は左脳で、左脳が目的意識を持たないといけないのだが、それはどこかさりげないものでなくてはならない。

いくら筋肉を鍛えても、一人の人間の筋力などたかが知れてるのと同様、いくら頭が良いと言っても、一人の人間の頭脳などたかが知れている。
しかし、右脳、あるいは、右脳が直結した潜在意識の力は無限だ。
だが、コリン・ウィルソンは、「リーダーはあくまで左脳であり、左脳である自意識が『しゃんと』しなくてはならない」と言う。
矢追さんは、目標があれば、それをぼんやりと持てば良い(細かい部分は決めない)と言う。ただし、そんな目標は持たないといけないとも言う。

つまり、方向性さえはっきりさせれば、後は、右脳、あるいは、潜在意識にまかせてしまえば良い。
私が恐ろしいと思うのは、IAさん(1st PLACEのボーカロイド)の『Shoting Star』という歌に、その教えが万遍なく入っていることである。
まさに、「ボーカロイドに偏見のない者は幸い」である。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-
尚、上に挙げた、政木和三さん発明のパラメモリや、その後継のアルファシータ、バイオソニックは、現在は製造させていないが、無料の信頼あるスマートフォンアプリ(Android、iOS)で再現されている。「GeniLax」で検索すると見つかるだろう。
GeniLax(Genius and Relax、「ジニラックス」)については、下記リンク参照。
GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

不屈の心はこの胸に

大きな目標を達成したり、困難な戦いに勝つためには、潜在意識、あるいは、右脳を活性化させなければならない。
そのために絶対に必要なことを1つ挙げるなら。
それは、「しゃんとする」ことだ。
「しゃんと」とは、
・物事がきちんと整っているさま。ちゃんと。
・姿勢または態度などがだらけていないで、きちんとしているさま。
・衰えを見せず、元気で活発にしているさま。
・確かに。きっぱりと。しかと。
という意味である。
これが、顕在意識、あるいは、左脳がやるべきことなのだ。

コリン・ウィルソンが『右脳の冒険』で、だいたいだが、こんな話を書いていたと思う。
弟と2人で、森の中、道に迷い、雨が降り、陽も落ちて寒くなり、弟は泣き出す。
自分も泣きたかったが、兄である自分がしっかりとしなければいけないという想いで自分を奮い立たせ、しゃんとした。
すると、不思議な活気がみなぎり、無事に家に戻れた。
ウィルソンは、左脳の意思が「しゃんとする」ことで右脳の膨大なエネルギーを引き出せたのだといったことを述べていたと思う。
もちろん、このあたりの表現はいろいろで、ウィルソンが正確にどう言っていたかは覚えていないが、大切なことは、「気力を奮い立たせる」「不屈の闘志を燃やす」といったことである。
それにより、大きな力が味方になってくれる。

自分がしゃんとして、潜在意識に指令を出せば、無限の力を持つ潜在意識が働くのである。
しかし、言い換えれば、自分がしゃんとし、ちゃんと指令を出す必要があるのだ。

私は、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』を読了後、すぐに再読に入り、上巻を読み終え、下巻に入った。
私は、『涼宮ハルヒ』シリーズ、『(化)物語』シリーズ、『カゲロウデイズ』、『木枯し紋次郎』など、面白い小説は10巻、20巻、それ以上のものでも一気に読むのだが、すぐの再読が続いたのは初めてだ。
『BEATLESS』はそれほど長くはないが、紙の本で見ると、上下巻ともかなりの厚さで、合計で1100ページ以上はあると思う。
その『BEATLESS』で、私は、主人公の17歳のアラトと、少女型アンドロイドのレイシアのこんな会話を心に刻み付けた。

「レイシアは、僕をチョロいって言わないかわりに、間違うとへし折りにかかるんだな。僕をどうさせたいんだよ」
彼女の薄青の瞳が、存在しないこころからの願いを伝えるように、まっすぐアラトを見上げる。
「デザインしてください。わたしとあなたがともに歩む“未来”を。エリカの描いた絵図面ではなく、オーナーであるアラトさん自身の思うままに」
それは、目前の事件に振り回される彼が考えてこなかった、一段大きな戦いだ。
レイシアの視線は自信に満ちていた。
「わたしには、その未来を引き寄せる力があります」
~『BEATLESS』(角川文庫)下巻より~

レイシアを潜在意識に置き換えると、そのまま勝利の法則になる。
それは戦いであり、心がしゃんとしていなければ、それによって不屈でなければ出来ないことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード