ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

右脳

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

運命の女神を振り向かせるには

私は、高校野球を好んで見たことは一度もなく、いろんな意味で好きではないが、昔はどうしても目にすることがあった。
その中で、こんな場面を何回か見たように思うが、多くの人も同じではないだろうか。
試合の終盤、大差をつけられて負けているチームの選手が、明らに気落ちした顔をし、監督ですら、そうであったりする。
そして、負けて悔し泣きする選手達。さすがに監督が泣いているのを見た記憶はないが。
あるいは、勝敗につながる重要な場面でエラーをした野手や、あるいは、大チャンスで凡退(さらにはゲッツーを取られたり)した選手が、一瞬ガックリするのは仕方がないが、いつまでも落ち込んだ様子でいる。
教育の一貫としての高校野球と言うなら、これは非常に良くなく、由々しき事であると思う。

たとえ決勝戦であろうが、勝とうが負けようが、それ自体は大したことではないのである。
オリンピックで、金メダルを賭けた決勝も同じだ。
負けて、いつまでもメソメソする選手は、その後の人生は期待出来ない。
一方、特にオリンピック柔道や、プロボクシングで見た覚えがあるが、決勝やタイトルマッチで勝った日本人選手が、負けた相手の目の前で、狂喜し、相手を見下すかのようで全く敬意を持たずに、派手なガッツポーズを繰り返し、それをマスコミも称賛する。そんなことをした選手は、後にロクなことにはなっていない。

大切なことは、勝とうが負けようが、嬉しかろうが悲しかろうが、いつでもシャンとすることだ。
およそ、スポーツの効用というのは、それだけだ。
いつでもシャンと出来るようになれば、もう競技スポーツをやる必要などない。

シャンとすれば、人間に備えられた力を使いこなすことが出来るのである。
スポーツにおいては、勝敗は時の運だ。
実力は劣っても、シャンとした方が、時に奇跡の勝利を得ることがあるが、やはり、勝利が最終目標ではなく、せっかくシャンとして奇跡的勝利を収めても、そこでシャンとするのをやめて、次の勝てそうな試合を落とし、さらには、人間的に弱くなり、その後の人生が楽しいものでなくなるというパターンは、特に日本人には多いのではないだろうか。
戦争でもビジネスでも、劣勢の時にシャンとすれば、致命傷にならず、盛り返すことも可能である。

別に、野球や柔道や戦争をしなくても、誰だって日常で、大差のないことをやっているのである。
つまり、上手くいって気が緩み、負けて落ち込むようなことは、どこにでもある。
一瞬、有頂天になったり、うな垂れるのは仕方がないが、すぐにシャンとするかどうかが、人間の力を決定する。
競技スポーツは、せいぜいが、その練習である。
そのことに失敗するようなスポーツなら、やる意味など何もない。

アニメ映画『アキハバラ電脳組 2011年の夏休み』(1999)で、中学3年生の花小金井ひばりが、中学2年生の大鳥居つばめに、「あれ、つばめちゃん、今、いい顔してたね」と言い、つばめが照れて「そう・・・?」と返す場面がある。
つばめは深い喜びを感じて、「いい顔」になったのだが、我々は、そんな顔を意識的に出来るようにしないといけない。それが運命の女神を振り向かせるコツであると思う。








個人の潜在意識で奇跡を起こす

物理学者で、沢山の自己啓発書を書かれている謝世輝(しゃせいき)氏(理学博士)が、昔の本で、ある重要なことを述べておられた。
潜在意識には、「個人の潜在意識」と「共通の潜在意識(宇宙の心)」の2つがあり、その2つが接続されているということだ。

大きな願いであれば、個人の潜在意識を通じて、共通の潜在意識に伝えなければ叶わないが、その通信がうまくいかない場合があることは、チャールズ・ハアネルの『ザ・マスター・キー』にも書かれている。
そこで、ハアネルもだが、なんとか、個人の潜在意識を、共通の潜在意識に結びつける方法を教えようとするのだが、それは、普通の人にはハードルが高く、なかなかうまくいかない。
それなら、そんな無理なことはせず、個人の潜在意識の範囲で願いを叶えれば良いのではないかと思う。
当然、叶う願いの規模は小さくなるが、それでも、奇跡と思えるようなことだって出来る。
尚、個人の潜在意識の範囲と言っても、少しは共通の潜在意識につながっているものであり、個人の潜在意識の範囲で願いを叶えるうちに、個人の潜在意識と共通の潜在意識の扉がぱっと開くこともある。
ニサルガダッタ・マハラジは「私は誰か?」と問い続ければ、個人の潜在意識と共通の潜在意識の扉が開くと言ったと思う。そうなのかもしれないが、それが出来るまで待つことは出来ないかもしれない。今日の米代がないとかね(笑)。

個人の潜在意識の範囲と言っても、それは右脳を使うことであり、ほとんど左脳しか使わない普通の人には不可能なことが出来る。
どうやれば、右脳を働かせることが出来るかというと、コリン・ウィルソンが言った通り左脳のペースを落とせば良く、ウィルソン自身が、それが出来るようになったきっかけは、ウイスキーを飲んでクラシック音楽を聴きながら文学を読むことだった。
アメリカの大作家エドガー・アラン・ポーだって、普段は凡人(実際は凡人以下で全くの甲斐性なし)なのだが、酒が入ると、美しい言葉がとめどなく溢れて来たのである。
もちろん、皆さんにアル中になることを勧める気はない(笑)。
目的はあくまで、左脳のペースを落とすことだ。
だが、実際は、誰でも、1日に1度は、そんな時間を持っている。
朝、目が覚めて、思考がやってくるまでの間だ。
その時は、左脳はまだ眠っていて、右脳が世界を捉えている。
だから、ベッドの上の天上に願い事を書いた紙を貼って置き、左脳が眠っている間にそれを見ると、叶ってしまうのである。
世界的ベストセラー『こころのチキンスープ』を書いたジャック・キャンフィールドは、この方法で1万ドル(約百万円)もなかった年収を10万ドル(約一千万円)にし、次は100万ドル(約一億円)にしたのである。
彼は、天井などに、「10万ドル札」とか「100万ドル札」の絵を貼ったのだ。

別に、天井に貼らなくても、左脳のペースを落とす方法さえ分かれば、願望をカードに書いて携帯し、時々眺めれば、願いは叶う。
ただし、個人の潜在意識の範囲で叶うことなら。
だから、年収300万円の人が、いきなり「年収5000万円」なんて書いてはいけない。
年収5000万円なんてのは、共通の潜在意識との通信が良好でなければ無理だろう。

そして、左脳のペースを落とすだけなら、息を吸って止めれば良い。
その時に、願望を単語にして心でゆっくり唱えたり、紙に書いたものを見ると良いだろう。
まずは、個人の潜在意識と親しむと良いと思う。それが一生出来ない人も少なくはない。
だから、せめて、個人の潜在意識は活用出来るようにしたいものである。








自分は天才かも

誰でも一度くらいは、「人間の脳は数パーセントしか使われていない」という話を見聞きしたことがあると思う。
この表現は科学的には正しくないのかもしれないが、人間の脳が極めて大きな能力を秘めていることを、一般に分かり易いよう、そんな言い方をしたのだと思う。
解剖学的に、優秀な脳と劣等な脳に明らかな違いがあるのかというと、そうだと主張する研究者もいると思うが、微妙と思う。
アインシュタインの死後、彼の家族の了解を得て、アインシュタインの頭を解剖し、脳を検査したらしいが、重さに関しては標準であったようだ。
また、神経科学者のジェームス・ファロンは、サイコパス(程度の差はあるが良心を持たない人間)の脳には特徴があり、彼自身が、まさに、サイコパスの脳の持ち主だというが、彼はIQ150超の優秀な知的能力を持っている。
そして、非常に混乱させられるのは、脳自体がほとんどない無脳症でありながら、IQは120で、大学の数学科を優秀な成績で卒業した人がいたということだ。

いずれにしろ、人間が潜在的に持っている知的能力が発揮されれば、誰でも天才になれる可能性はあるのかもしれない。
とはいえ、特に成人してから、凡人だったのが天才になったという話は、全く聞かないのではと思う。
いや、実は、そんなことは、かなり頻繁にあるのかもしれないが、注目されないだけであるかもしれない。
つまり、天才の能力の中で、分かり易いタイプのものはごく一部で、ほとんどの天才の能力は、分かり難かったり、実利的でないという理由で無視されてしまうのである。
そもそも、天才的な頭脳の持ち主自体が案外に、どこにでもいるものらしいが、天才であっても、学校の勉強に興味がなくて成績が悪く、働いても、周囲の凡人達と調子が合わず、むしろ、馬鹿扱い、無能扱いされる場合も多いらしい。
あなたも本当は天才かもしれない・・・なんてことは、まあ、そうそうはないと思うが(笑)、絶対ないとも言い切れない。

ベティ・エドワーズの、定期的に改訂される超ロングセラー『脳の右側で描け』は、純粋な美術の本ではなく、絵を描くことを通して右脳を発達させるもので、それによって、極めて優秀な人間に生まれ変わった例は多いという。
ただ、その割には実践者が多いとは言えないのは、訓練が分かり難いのか、あるいは、絵を描くこと自体に、苦手意識を持った人が多いからだろう。
そもそもが、絵が上手いからといって、必ずしも優秀というわけではない。
山下清は、絵は天才であったが、知的障害であったくらいだ。

英国の作家コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』には、一応、右脳の力を解放することによって…という言い方をしているが、凡人から天才になった人の話がある。
ある者は、古代の賢者を彷彿とさせる、まさに天才であったが、世間やマスコミは、天才であろうがなかろうが、注目するのは儲かることにつながる者だけであり、人類の進歩や世界平和に貢献出来る可能性など、知ったことではないのである。
そして、本物の天才は、金儲けに興味を持っていない場合が多い。

とはいえ、常識を持ち、健康的な精神を持っていれば、やはり、優秀であれば必要なお金は楽々稼ぐものである。
これは、別に天才でなくても、そこそこに優秀であればよく、その程度であれば誰でもなれる。
そのためには、新たな何かを得るのではなく、余計なものを捨てれば良いだけである。
だが、多くの人が、沢山の不要な(精神的な)ガラクタを後生大事に抱えている。
不要なものを不要なものとして捨てることが出来るかどうかが運命の分かれ道だ。

かといって、初音ミクさんの熱烈なファンが、初音ミクさんを捨てる必要はない。
ただ、初音ミクさんを貶されても、何とも思わなければ良いのである。
世の中には、ひいきの野球チームやサッカーチームを貶されると激怒したり、トランプ大統領の崇拝者がトランプを否定されると攻撃的になったりすることが多いが、そんな性質が、せっかくの自分の能力に足枷をかけてしまっているのだと気付かないといけない。
天才は心静かだ。
激情家に見える天才もいるが、それは単にポーズであったり、本当に激情家であったとしても、怒った直後に御機嫌になっている。
心が乱れた時は、息を吸って止めることだ。
あるいは、「神様の奇跡が起こる」と唱えても良い。
または、最近よく話題にする、西田文郎氏の『かもの法則』の通り、「私は天才かも」「儲かるかも」「成功するかも」「〇〇になれるかも」と思うと良い。
下らないことに心を向けている暇があったら、こういうことをすれば良い。
これらは、優秀になるためのエビデンスのある方法なのだからだ。








一瞬のイメージしか叶わない

願いが叶った状態がイメージ出来れば願いは叶う。
だが、叶わない人が多いのはなぜかというと、「イメージしようとする」からだ。

イメージは、イメージ脳である右脳で行うものだ。だが、言語脳である左脳が出張ってくると、右脳の活動が停止し、イメージが崩れる。
つまり、願いが叶った状況を、具体的に細かくイメージしようとしたら、「あそこはこんな色で、こんな形で、大きさは・・・」と左脳で考えてしまい、それによって、右脳は活動を止めるのである。
では、どうすれば良いかと言うと、「一瞬でイメージする」ことである。
それには、どうすれば良いかと言うと、「1つの短い言葉」を使う。
例えば、大金が欲しければ、「富」とだけ心で言い、「イメージしよう」とせずに、心に「イメージさせる」のである。
「富」と言ったら、自然にイメージが浮かぶのである。
イメージは一瞬で良い、いや、一瞬でないといけない。
右脳に時間間隔はなく、長時間イメ―ジしようと思ったら、時間感覚のある左脳が優勢となり、それで純粋なイメージは消えるのである。
一瞬なので、意識出来ないが、あなたの右脳は間違いなく優秀なので、ちゃんとイメージしているのである。

サンマーク出版に、『星からの宅急便』『その望みは宇宙がかなえてくれる』という2つの本があるが、どちらも、ベルベル・モーアの同じ本を、同じ翻訳者が、別の時期に訳した本で、なぜ、そんなことをしたのか分からない。前の翻訳が悪かったと思ったのか、読者から「翻訳が悪い」とクレームがついたのか・・・まあ、分からない。
(『星からの宅急便』は2004年、『その望みは宇宙がかなえてくれる』は2008年に翻訳が出版されている)
それはともかく、この本の著者の女性は、たとえば、
「年収1000万円で、身長182cmで、30歳の恋人ちょうだい。期限は2022年2月28日」
と宇宙に「注文」すれば、Amzonに注文した時のような確かさで、望んだものが得られるようである。
だが、普通の人がやると、「身長182cm」というところで、具体的にそれを想像し、左脳を使ってしまうので、右脳のイメージが崩れてしまう。
だから、上のように、願いの内容を決めたら、具体的にあれこれ考えてはいけない。
このことを、著者は、「願ったら忘れること」と表現しているが、この言い方が誤解されるのだと思う。

大作詞家だった阿久悠さんは、息を吸って、自分が作詞した曲がヒットした様子をイメージし、息を吐いたら忘れることで、実現する(実際にヒットする)と言ったようだ。
これもまた、イメージは、右脳に勝手にイメージさせているのであり、自分で細々考えるのではない。
例えば、「ヒット」と一言心で言えば、右脳が勝手にイメージしてくれる。
右脳にイメージさせるのであり、左脳がイメージを作ろうとしてはならない。
「ヒット」と心で言えば、後は、何もしてはならないのである。
心配しなくても、あなたの右脳も超優秀であり、必ずイメージしてくれるのである。
例えば、ガールフレンドが欲しければ、紙に「18歳。158cm。すらりとした美人。優しい」と書けば、それをさらっと見るだけにし、左脳や意思が余計な介入をしなければ、あなたの超優秀な右脳は、すぐに最適なイメージを作り、そのイメージは潜在意識、あるいは、宇宙に送られ、その通りのガールフレンドが出来るのである。








悪夢を恐れる必要はない

おかしな世の中になってしまった。
オリンピックなどやっている場合ではないのに、IOCはじめ、権力と結びついた利権団体の力で、無理矢理開催される。
また、アメリカ人の7割が、昨年の大統領選挙に不正があったと思っている(「知っている」と言っていいかもしれない)のに、マスコミはそれを決して報道しない。
日本のマスコミも、「トランプ前大統領は選挙に不正があったと主張した」と言えば(書けば)良いところを、「トランプ前大統領は選挙に不正があったという、何の根拠もない主張をした」と、「何の根拠もない」という言葉を必ずつける。
仮にも4年間大統領を務め、経済政策で大成功し、ノーベル賞に値する歴史的な中東和平を実現した前大統領の言葉にそのような言葉をつけるのは異常なことであるが、それが堂々まかり通っている。
新型コロナウイルスワクチンとして使用されているmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンが、安全なものかどかは、誰にも絶対に分からないが、マスコミはそれを決して言わない。
また、新たに出現し、今後も数多く出現する、新型コロナウイルスの変異種には、ワクチンは効果がないことが分かっているのに、それもマスコミは報道しない。
さらに、大村智博士が開発した、安価な飲み薬であるイベルメクチンは、変異種も含む新型コロナの予防および治療に完全な効果を発揮しているのに、これもマスコミは報じない。

これらだけではなく、あらゆることで、一般の人々の権利も生命も軽視され、もしかしたら、一般人を排除しようとしていることも疑われるほどである。
気付かないうちに・・・という言い方が正しくはないのかもしれないが、とにかく、すでに、世界はおかしなものになっている。
いや、そもそも、第一次、第二次の世界大戦が起き、現在でも、毎年一千万人近くが餓死(または飢餓による栄養失調などで死亡)しているという異常な状態である。

インドの聖者ラマナ・マハルシは、「あなたが世界平和のために出来ることは?」と尋ねられると、「真我の実現です」と答えた。真我の実現とは、人間が、本当の自分になるということだ。
「自分が自分自身である」という言葉は抽象的に感じてしまうが、それは、本当は簡単なことだ。しかし、思考では分からない・・・つまり、それは理屈ではないことなのだ。
だが、我々は、ちっぽけな頭脳で考えることが出来る理屈だけが全てであると思い、目に見えるものだけを重要視するよう、教育、洗脳されているのである。
思考、つまり、左脳には力がなく、それは、限定的に有益に使うべきものであるはずが、それが自分の全てにされてしまったのだから、一般人には力がないはずである。
しかし、自分が本当の自分になれば当たり前に使える、右脳にある本当の力は無限である。
まあ、このままいけば、一般人は、その右脳も強制的に停止させられる(あるいは除去される)かもしれない。

右脳を使う方法について、難しいことが沢山書かれてきたし、せいぜいが、美術教師のベティ・エドワーズが絵を描くことでそれをする方法を考えて注目されたが、そんなことに取り組める人は、ほとんどいない。
しかし、右脳を使いたければ、真言を唱えれば良いだけである。
世界最高の数学者だった岡潔博士が熱心に念仏を唱えたようにである。
ただし、誰もが岡博士のように、自宅に念仏堂を創ったり、毎朝1時間、念仏を唱えられるわけではないし、そんなことをする必要もない。
また、あえて言えば、念仏である必要もない(もちろん、念仏でも良い)。
常に、心の中で真言を唱えようと思い、出来るだけ多く真言を唱えれば良いのである。
親鸞の真意はそこであったと思う。
それだけが、一般人に楽に出来る、右脳を使い、自分自身になり、無限の力を取り戻す方法である。
とはいえ、学校やマスコミに教育、洗脳された頭には、そんなことを信じられず、決して取り組もうとはしないだろう。
だが、それをやった者だけがうまくいくのである。
我々には、悪夢が襲い掛かっている。
だが、恐れることは何もない。
真言を唱える限り。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード