ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

古神道

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

「心の微(かす)かな声の呪文」という新しい行法

私は子供の時、夜、寝床に入った後で、今日見たアニメの主題歌を頭の中で再生させたところ、完璧にそれが出来るのに驚いた。
そして、眠ってしまうまで、その歌を存分に楽しんだのである。
もちろん、これは誰でも出来ることだが、あまりに当たり前であるために、それに注意したり、まして、驚いたりはしない。
しかし、これをやっているのが脳だとすれば、脳の力は恐るべきもので、しかも、それは脳が持つ力のほんの1つに過ぎない。
脳の使い方をマスターすれば、間違いなく、誰もが天才になれるだろう。
NLP(神経言語プログラミング)は、やはり脳の力の大幅な活用を目指しているのだろうが、難し過ぎて、実際のところ、誰も上手くやれない。
エミール・クーエの自己暗示でも、ほとんど上手くやれない。あれでうまくいくなら、世界中の人がやっているはずである。

脳の持つ神秘な力の1つが、心を無意識領域に導くことだ。
無意識に関しては、実際はまだ、ほとんどが謎だ。
しかし、自分で、つまり、心で入って行けば、理屈では分からないが、体験的に知ることが出来る。
TM(超越瞑想)では、それをさせようとするのだが、これも、実際のところは、もしTMで無意識に入るのが可能だとしても、極めて長い年月続けて、ようやく無意識の浅い層に到達できるというのが本当のところだと思う。ただ、ある種の特性を持った児童の場合は、速やかにうまくいくと思う。その特性は、豊かな家庭で育った児童でなければ備わらないと思う。
ラマナ・マハルシは、「私は誰か?」と問えと言い、結局のところ、これが最良の方法と思うが、これですら、絶望的に難しいのだ。実際、ほとんど誰も成功していない。

だが、複雑な音楽すら完璧に再現できる脳の心的な音を作り出す力を使えば、容易く無意識の、好きなだけ深い層に潜りこめる。
それには、何かの言葉を心の中で言い、その心の中の声を、どんどん小さくしていけば良い。
例えば、心の中で「愛」と繰り返して言いながら、その心の声の音量をどんどん小さくしていき、最後には、ほとんど聴こえないまでにするのである。
その時、すでに、心は無意識の中に入っており、それを示すこととしては、呼吸がほとんど停止している。心が無意識に入るにつれ、呼吸は微(かす)かになるのである。

ただ、我々は、心の中の音を小さくするということに、あまり慣れていないので、それをやり難いということがあるようだ。
その場合は、口で言う言葉を使えば良い。
実際、古神道の呪文は、口で唱えるのだが、非常に小さな声で唱え、すぐ近くに人がいても聴こえないほどだという。
「アジマリカン」や「アウン」といった強力な呪文もあるが、「愛」「神」といった、意味の分かる言葉を使うのも良いと思う。
これらの言葉を、小さな声で唱え、その声をどんどん小さくしていき、実際にはもう声を発していない状態になる。
その「声が小さい」という意識を持ったまま、その言葉を、すっと心の中に引き取るのである。
そして、声を小さくしていく要領をそのまま、心の声にも適用し、さらにどんどん微かにしていくというのは、容易いことである。

「富」という言葉を、心の微かな声で唱えると、すぐに富が集まり始める(ただし、集めようと思うな。集まるにまかせよ)。
自己暗示のような、マイナスの反作用は起こらない。
なぜなら、心の声が非常に微かであれば、それは精妙な無意識に入っているので、粗雑な心がそれに作用することは出来ないからだ。
では、「憎しみ」などの悪い言葉を唱えた場合はどうだろう?
そんなこと、やる気も無いし、このやり方では、うっかりやってしまうことも決してない。
よって、そんなこと、考えなくて良い(どんな場合も頭の無駄使いは避けるべきだ)。
ただ、もしやったとしても、「憎しみ」という言葉の深い意味に到達するだけで、そこに善いも悪いも無い。
無意識の中に悪いものが存在するとしても、無意識自体は聖霊であり、至高の善だ。だから、「憎しみ」と唱えたところで、憎しみが集まることは無い。

心の微かな声で、肯定的な言葉を唱えると、例えば、「富」、「成功」、「歓喜」などなら、冒険に誘われることになる。
勇気を持って、その冒険に挑めば、富や成功や歓喜に至るのである。
これは、恋人や特殊技能を得るような場合も同じである。
この世のことは、あくまで神(無意識)と人(心)の共同作業なのである。
そして、それを速やかに行える、この「心の微かな声の呪文」は、誰でも無料で簡単に行えるのである。
ただ、訓練・・・と言うのもおかしいが、よりうまくやりたいと思うなら、美しい小さな音を沢山使った、良い音楽を楽しんで聴くことだ。クラシックの名曲なら、ほとんど全てそうである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

医療費がひどく高くなってきたようだ

私の家族が入院していて、あまり興味はないが、医療費が物凄く高くなっていると思う。
それでも、政府は、「日本の医療費は諸外国と比べると非常に安い」と宣伝しているようだ。
その比較とは、主にアメリカとのことを言っているのだろう。
アメリカの医療費は信じられないくらい高いと聞くが、実際のところがどうなのか私は知らない(ネットの情報はどうも曖昧でよく分からない)。
だが、カナダ、イギリス、オーストラリアといった、医療費が無料、あるいは、ほぼ無料の国も沢山あり、その分税金が高いのかというと、そういう場合もあるが、必ずしもそうではないらしい。
キューバだったか、医療費が無料であるだけでなく、外国人でも誰でも無料で治療を受けられ、しかも、医学レベルは世界屈指の高さのようだ。それで、日本やアメリカではとても払えない高額医療を受けにキューバに行くなんて話もあるが、同時に、現実はそんなに甘くない、裏があるんだって話もある。
ただ、私の場合は、それほど興味がないので、究明しようという気がない。
私は金持ちではないが、少しも困っていないし、ずっと困らないと思う。
この確信に満ちた楽観は、以下のような強い裏付けがあり、決して揺るがない。
あなたもそうであればと思う。

私は7年ほど前になるが、メニエール病らしきもので倒れて、数回病院に行ったが、治療を途中でやめて放っておいた。
メニエール病は、決して自然治癒しないと聞くが、その後、1日1食の菜食、粗食にしたら、完全に治ってしまったようだ。
ただ、そこまでやらなくても、普通に腹八分目を実践しさえすれば、治ったと思う。
肉食だって構わないはずだ。
確かに、私の場合は、極端な少食・粗食で、一気に体質を変え、即座に治ってしまったということはあるかもしれない。
私は、今は、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」を掟としているだけで、医者には全く縁がなく、年に一度、会社に健康診断に行かされるが、常にオールAの超健康という結果しか出ない。
また、会社には、インフルエンザ予防接種を強制されているが、断固、断っている。

運命によって、避けられない病気になる人もいると思う。
私の場合は幼い頃から重度の皮膚病(アトピーか乾癬か分からない)だが、これは一生治らないし、治す気もない。
これがあるから、その他のことは、何をやってもうまくいくのだから、この程度で済むなら天国だ。
私の人間性から考えれば、かなり悲惨な状況になっても全然おかしくないのに、「いつも完全に平和そのものだよ」と笑っていられるのだから、皮膚病は宝として大切にしたいと思う。
また、世の中には、女(男)と一生縁がないために、安楽で平和という人は案外にいるのだと思う。
ルイス・キャロルやアイザック・ニュートンがそうだった。
やはり生涯、女性に縁がなかった宮沢賢治の場合は、37歳の短命だったから、ちょっと悲劇的な感じはあるが、当時の平均寿命としてはそんなものだったし、実家が金持ちで、ロクに働かなくても、趣味とグルメに明け暮れていたらしいから、決して不幸だったとは言えないと思う。

私には、腕振り運動という肉体強化の秘法があり、単に健康であるだけでなく、実際に超人的なのである。
さらに、最近は、手振りという、腕振り運動以上のものも手に入れてしまったので、いずれ仙人になるのではないかと思う。
もちろん、それは、適度な食の慎みがあればこそであるが、辛い苦行的な少食など、全く必要ない。
上にも述べた通り、単に、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」だけである。
また、私は少しも「良いもの」を食べようとは思っていない。この「良いもの」とは、贅沢とか美味しいという意味だけでなく、品質が高いという意味も含めてであり、そんな食べ物に私は興味がない。
毎日、コンビニの同じサンドイッチばかりだが、それで十分に美味しいのである。
そして、最近、休日の夕食は決まってカップヌードルなのだが、これは、本当に御馳走と思っている。
ただ、日本のカップラーメンの品質は素晴らしく、メジャーリーグのホームラン記録を持つバリー・ボンズは、毎日5個は食べていたらしく、ひょっとしたら、私は安価に高品質の食べ物を摂っていることになっているのかもしれない。

そして、内的な確信があるが、心の微かな声で唱える呪文は、少なくとも、この世のこと程度であれば、よほど欲深でない限り、何でも叶えてしまう・・・いや、現実を創造してしまうのだと思う。
私が、心の中の微かな微かな声で唱える呪文は、「私(わたし)」「神(かみ)」「愛(あい)」「ミク」といったものだ。
崇拝する対象に、おごそかに呼びかけるように唱えれば良い。
私が「ミク」と唱えると、それは、確かに、微かな心の声の練習にもなったが、そもそも、「ミク」という言葉は、古神道的にも聖なる名なのである。
「ミ」は、古神道において、最も聖なる言葉なのだ。
「ミ」は、完全な数である「三」であり、美であり微であり実であり、そして、未である。
初音ミクさんの名がミクであるのは偶然などではない。何万年も、あるいは、それ以上前から決まっていたことなのである。
無論、「神」、「アメノミナカヌシ」、「アミダ(アミタ)」の名も極めて強い高貴な輝きに満ちている。
私は、微かな呪文の力を、日本が世界に誇る音楽グループであった、イエロー・マジック・オーケストラのバラードの名曲『LOTUS LOVE』を初音ミクさんが歌うのを聴いて、一瞬で悟った。
世界一のラッキーマンとは私のことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

お金と財産の違い

お金を欲しがる人にお金は出来ない。
単にお金を沢山もっているだけの人は、その金をやがて(ほとんどすぐに)失う。
お金とは、来ては去っていく、つまり、流れるものだ。
お金は一種のエネルギーだと言った人がいたが、その通りかもしれない。

ジョセフ・マーフィーの本に、夜眠る際に、「富」とか「富裕」の言葉を繰り返せば豊かになると書かれているが、やはり、「金」「貯金」なんて言葉を繰り返せとは書かれていない。
だが、もっと良い言葉は「財産」だ。
お金を欲しがるのは軽薄だが、財産を欲しがるのは高貴な心構えだ。
神様に、「お金が得られますように」と祈っても、神様は相手にしてくれず、代わりに悪魔が寄って来て、「よろしい、ではその代わりに・・・」という契約となる。
多くの金持ちは、悪魔とか動物霊と契約したのであり、一瞬は良い思いをするが、すぐに悲惨な末路が待っている。
だが、神様に、「財産を持てますように」と祈ったら、神様は、「うむ、感心なやつだ」となるのである。
あなたも、今晩から、眠りながら、「財産」という言葉を、真摯(真面目に誠実に)に繰り返すと良い。

財産(ざいさん)という言葉は、音読みの漢語、つまり、中国語が元になった言葉だ。
日本語では、財産を身代(みのしろ)と言う。
身代も、やはり、音読みで、「しんだい」と言うことが多く、今では、せいぜい、「みのしろきん」で使われるのを聴く程度だ。
本来は、日本語の訓読みを意識すれば良いのだが、普通に使われている音読みの言葉も今は立派な日本語なので、こだわる必要はない。
ところで、財産とか身代という言葉はなかなか面白く、覚えておくと、さらに幸福になれることがある。
それを、以下に説明する。

数字の3は、中国語に倣って「さん」と読むのが普通だが、日本語では「み」という。
3が、神の数字だということは、世界で共通している。
3は、世界中で、神秘数、完全数と呼ばれる。
アリストテレスも、「2は両方と言うが、全部とは言わない。3で初めて全部と言う」と、3の完全性を表現していた。
老子は、「1が2を生み、2が3を生み、3が全てを生む」と言った。やはり、3で完全なのだ。
古代ギリシャでは、神に祈る時は、ゼウス、アテーナー、アポローンの3神に祈る。
日本では、最初に現れた神は、アメノミナカヌシ、タカミムスビ、カミムスビの3神であるが、これらの神名は、「ミ」を含み、この「ミ」が中心なのだ。
由緒ある古神道において、「ミ」は最も神聖な言葉であると教えている。
だが、今は、「さん」も、神が宿るようになっており、「さん」がつく言葉には神がいる。
高い山は、富士山のように「さん」と言うが、やはり、大きな山には神様がいる。
神的閃きは、必ず散歩の時に得られると言った高名な哲学者がいたが、散歩にも神が伴う。
お産も、神の業だ。
このように、「さん」がつく言葉には、確かに神様がおられる。
そして、やはり、財産というものには神がおられるのである。
財産とは、お金だけのことではなく、能力、経験、信用、人格などの、善きものの合算である。
そして、財産は、「ア」の母音で始まり、「ン」で終わる強い言霊で、この言葉に思念を集中すると、待った無く財産が押し寄せる。
だから、準備不足で称えると、大変なことになる。
一千万円の小切手を切ってから、その調達に四苦八苦するようなものだ。
財産の名において求めたのなら、それも解決し、その後で大成功するのだが、どうせなら、もう少し穏かにやっても良いと思う(スリル好きな人はお好きなように)。
賛同、賞賛、参画なども、本来、神がおられるのであるから、それに相応しい心構えでやらねばならない。
一方、身代(みのしろ)と言った場合も、神の言葉「ミ」がつくのであるから、神がおられるのであり、そのことを忘れなければ、必ず幸福な財産家になるのである。
ところで、悲惨の「惨」は、あくまで、「ざん」であり、濁っている。神を濁った心で求めると悲惨になるということである。

数字の3は完全数で、3や美を示すミは、最も神聖な言葉だ。
「ミ」と「三」が似ているのは偶然ではない。
そして、「さん」の言葉には神様はおられる。
よって、今や、世界中の人が、初音ミクさんを日本語で「ミクさん」と呼ぶのは、必然的に起こった素晴らしいことで、世界が平和になる可能性を示している。
女の子は、「ミクさん」と心で想うと必ずきれいになるのだし、男は「ミクさん」と想うと立派になるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最も神聖な言葉

古神道において、最も神聖な言葉は「ミ」であるようだ。
それで、私は納得したことがある。
それは、『古事記』で、最初に現れた神の名は、天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、高御産巣日神(タカミムスビノカミ)、神産巣日神(カミムスビノカミ)であるが、私はこれらの名前を覚えられなかった・・・というよりは、思い出し難かった。
それは、たとえば、これらの神の名前を「ミ」の音の後で切り、「ミ」をあまり重要視せずに覚えていたからであると思う。
しかし、これらの神の名前の中心が「ミ」であると想い、そこにアクセントを置くと、これらの名前がすっと入ってくる。
尚、神産巣日神をカムムスビノカミと表記することも多いが、正しくは、カミムスビノカミ、あるいは、カムミムスビノカミである。

真言、呪文といった称え言葉では、アの母音で始まるものが良い作用があり、これらの神の名も、この原理に適い、真言として強力なものであると思うが、その中に最も神聖な「ミ」が含まれ、ますます良いものであると思う。
また、阿弥陀仏、アミターバ(阿弥陀仏の原語)、南無阿弥陀仏も、アの母音で始まり、ミの音を持つ優れた真言である。
旧約聖書の神は、ヘブライ語でヤーウェで、ヤー、ヤでも神の意味になる。
やはり母音アで始まるが、ヤーウェというのは、あまりに畏れ多いので、みだりに口にしてはならないとされている(心で想うのは良いのだろうと思う)。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』で、著者のベアード.T.スポールディングは、最も力ある言葉は神であると述べているが、原書を調べたら、この神は英語のGODであった。
これは母音のアで始まらないが、英語圏の人々の無意識の中にあるGODという象徴に強い力があるのだろう(別の意味があるのかもしれないが)。

日本語の神という言葉は、比較的新しい言い方であるらしいが、何とも良い言葉である。
アの母音で始まり、神性なミで終わるのだから。
スポールディングが言った、「神という言葉の力」に関しては、まさに、日本語の神が最も適していると思えるから面白いものである。
ついでだから言っておくと初音ミクさんのミクが神聖な名前であることも、これで示せたことになる。

このようにしろということではなく、あくまで参考であるが、真言として、次のような称え方が考えられる。
口で言う時は、「アジマリカン」が良いと思う。
この言葉1つで、大祓詞より強力であるとすら言う優れた神道家もいる。
この言葉は、小さな控え目な声で(それが古来よりの日本の善い流儀、伝統である)、ただし、一言一言、丁寧に正確に称える。
ただ、心で称えることももちろん良いと思う。
また、心の中では「神」と称える。
インドの聖者ラマナ・マハルシは、最も優れたマントラは「私」であると言ったが、それは、サンスクリット語の「アハン」を意味するのだと思う。
アハンは、母音のアで始まり、ンで終わり、また、サンスクリットのアルファベットの最初と最後の言葉であることにも意味がある。
マハルシが使ったタミル語では、私は「ナン」であり、こちらも良い言葉である。
しかし、日本人が真言として使う場合は「私」で良いと思う。
インドで最も聖なる言葉は「アウム(一般にオーム)」であり、発音すれば、「アウン」で、仏教の真言である「阿吽(あうん)」と同じである。これも、極めて力ある言葉である。
これは、口で称えても、心で称えても良いと思う。
もちろん、大切なことは心正しくあることであるが、弱い人間は、言葉の神秘な作用をもっと活用すれば良いと思う。
しかし、現代的な考え方では、こういったことは笑止(ばかばかしいこと)であり、それをしようとしない。
だが、選ぶのは各自である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ