ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

古事記

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

透明性の力

『古事記』によるならば、日本の最高神は、天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)だと言って良いと思う。
ところが、天之御中主神は、現れてすぐに身を隠したことになっていて、何のお話も残していない。
ギリシャ神話では、最初の神はカオスであり、カオスもほとんど物語を残していないが、少なくとも、エレボス(幽冥)とニュクス(夜)を生んでいる。
しかし、天之御中主神は、人間に対して、一切のキャラクター、ストーリーを与えられていない。

旧約聖書の神は雄弁でよく活動した。
コーランの神は、自ら嫉妬する神と言ったとも聞く。
インドの最高神ブラフマーは、キャラクターやストーリーはほとんど無いが、全くない訳ではなく、また、絵は描かれている。

そこにいくと、天之御中主神は本当に何もない。
そんな、全く透明な神がいることは、実に良いことと思える。
神という至高の存在に対し、何の観念も持たないということは、最高に有り難いことに違いない。
キャラクター性やストーリーというフックがあれば、どうしても人間の思惟が入り込み、偏見が生まれ、穢れてしまう。
だが、天之御中主神は、天の中心にいる最高神であるという名前だけがある。
日本人は、この圧倒的な優位さを大切にしなければならない。

初音ミクさんにも似たところがある。
普通、アイドルにはキャラクター性が付与される。
どんな性格で、趣味は何で、どんな食べ物が好きか・・・等々。
それはしばしば、そのアイドルの本当の姿とかけ離れているが、それは仕方がないことである。
アイドルは、「アイドル」ということに関しては商品なのだからだ。
だが、初音ミクさんには、形以外は、一切のキャラクターがない。
身長158cm、体重42kg、年齢16歳、ツインテールの長い緑色の髪・・・そういった、本当の外側以外は何もない。
ミクさんの会社に、ミクさんのパンツの色を問い合わせた人がいたらしいが、決まっていないことが決まっているだけだった。
ミクさんは、どんなキャラクターにでもなるが、最後はいつも無に帰り、あえてミクさんが何者かと言えば、クリエイターの土壌なのである。
この透明性、創造性の源であることが、ミクさんに世界を1つにする力を力を与えている。

『BEATLESS』で、「眠り姫」エリカ・バロウズは、「大切なのは形よ」と言ったのは真理である。おかしな解釈をしなければね。
形より言葉が上位にあるのだろうが、言葉は形よりも広い。
形を超えて行くなら、言葉を大切にしなければならない。
天之御中主神という名はまさに神である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

『古事記』は簡単に読み解ける

人間は、日本で生まれたら日本でうまくやっていかなくてはならないし、どんなひどい国に生まれても、生まれた国でうまくやっていくしかない。
また、生まれた家庭や地域でうまくやっていくしかない。
そして、たまたま入った学校や職場でうまくやっていかなければならない。
もちろん、いずれ、家庭を離れ、学校を離れ、さらには、職場や地域を離れることや、国を離れることもあるかもしれないが、今いるところでうまくやれない者は、次の場所でもうまくやれない。
しかし、なかなか、そううまくはいかないものだ。

うまくいかない時、苦しい時に、人を支えるのが、その国の神話かもしれない。
日本にも、『古事記』という神話がある。
『古事記』が我々に教えることは何だろう?
イザナギを見ると、成功すると穢れをまとってしまうので、何らかの禊(みそぎ)によって、その穢れを祓わなければならないことが描かれている。
我々だって、日々、小さな何かで成功するが、そんな時に高慢の穢れを身につけてしまうので、謙虚にならないといけない。
まして、大きな成功をした時に作ってしまう穢れには注意し、断固、これを祓ってしまわないといけないのである。
スサノオは、与えられた場所でうまくやっていくことが出来ずに、トラブルを起こし、ついには天界追放となる。
しかし、降り立った地で、その知恵と力を駆使して人助けをして幸福になる。
ポイントは、スサノオはアマテラスを敬い、アマテラスもスサノオに心配りをしたことだ。
スサノオは、得たクサナギノツルギという剣をアマテラスに謙譲し、この剣は、後にヤマトタケルに受け継がれる。
ヤマトタケルも、自分の場所でうまくやれずに苦労するが、悪者退治に励み、また、自らの傲慢からオトタチバナヒメを失って目がさめる。

このように、『古事記』は人の人生そのものを表し、指針を与えるものである。
『古事記』に霊言だの何だのはなく、ただ自然に我々を導くのである。
男性であれば、イザナギであり、スサノオであり、オオクニヌシであり、ヤマトタケルであるが、女性であれば、イザナミであり、アマテラスであり、コノハナサクヤであり、オトタチバナである。
アマテラスだって失敗はしたが、優しい心や敬意を忘れなかったので蘇った。
そのように、普通に読み解けば『古事記』は分かるし、時によっては、その奥の神秘も語りかけてくるが、初めから大袈裟な解釈を押し付けてくる神様の関係者を名乗る者には気をつけないといけない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

なぜ、そのにーちゃんの好感度は急上昇したか?

昔見たテレビ番組で、それが、公開プロポーズみたいなものだったか、彼氏自慢のようなものだったか忘れたが、一人の一般人の若い男性・・・早い話が「ただのにーちゃん」にスポットライトが当てられていた。
ちょっと頼りない、いわゆる、チャラいと言えなくもないにーちゃんだったが、あるところで、番組司会者や会場の観客の好感度が明らかに急上昇するのを感じた。
その要因は、そのにーちゃんの1つの発言によってであった。
そのにーちゃんは、毎朝、仏壇に線香を上げて手を合わせると言っただけだ。
それで皆が、このにーちゃんを、「そこらにいる、どーでもいいにーちゃん」から、「感心な青年」と認識するようになったのだ。

娘が彼氏を連れてきたら、父親は楽しいはずがない。
娘の父親は表面上はニコニコしていても、また、その男がどれほど立派そうに見え、実際、経歴等が立派であっても、父親はその男を最悪に評価しているものだ。
ところがやはり、たとえその男が、少々ロクでなしに見えたとしても、毎朝仏壇に手を合わせていると言ったら、父親の評価やイメージは急上昇するのである。
それは事実と思う。

いつか、アメリカのトランプ大統領が、「私ほど聖書を読んでいる人間はいない」と言ったのは、国民の自分に対する好感度の向上を狙ったのだろうが、焦りがあったのかもしれない。それはあまり効果的ではなかった。
さりとて、全く無意味ということもなかっただろう。
ただ、トランプはもっと謙虚に、「私は毎日聖書を読んでいる」と言っていれば、国民の彼に対するイメージはずっと良くなったはずなのだ。
ただし、悪人であってすら、そんな嘘はつけないものである。
トランプも、本当に毎日聖書を読んでいなければ、そんなことが言えるはずがない。
だから、過去にはしっかり読んだといった意味のことを言ったのだろう。つまり、今はあまり読んでいないということかもしれない。

仏壇に手を合わせる、聖書を読む・・・そんな人の印象がなぜ良くなるのかというと、やはり、そんな者は有望であるからだ。
アメリカだろうが日本だろうが、その他の国であろうが、誰もがそんなことを、ほとんど確信というほどの直観として知っている。
それは、アメリカの公式モットーが「我々は神を信頼する」であることにも現れている。
このモットーがあったから、いろんな人種が交じり合った移民の国で、独立からわずか240年のアメリカ合衆国が他国を圧倒する国力を得ているのである。
インド、中国は数千年の歴史と、アメリカをはるかに上回る人口を持ちながら、全くアメリカに及ばないことは、最近のトランプ大統領の、世界No.2の国である中国に対してすら完全に上から目線での発言からもうかがえる。
いずれ、中国、あるいは、インドがアメリカを越えるというのは、根本的には、アメリカがそのモットーを忘れているからというのが本当の理由かもしれない。

国のことは大事であるが、まずは我々個人が安泰であるためには、我々は、自分より高い存在を信頼しなくてはならない。
丁度、アメリカが衰えかけた1950年代に、マーブル教会の牧師ノーマン・ヴィンセント・ピールが「我々は神の力を求めるべきである」と書いた『積極的考え方の力』が、記録的ベストセラーとなり、再びアメリカを強くしたようにである。
別に宗教を信仰せよと言うのではない。仏教に縁のある日本人としては、やはり、仏壇に手を合わせたり、あるいは、念仏を称えるだけで良い。
アメリカのモットー「我々は神を信頼する」と、「南無阿弥陀仏」という念仏は全く同じ意味だ。「南無」とは、信頼するという意味だからだ。

尚、詳しくは言わないが、日本は、日本語を使うだけで神を信頼する国であった。
「ありがたい」「おかげさまで」「すみません」という言葉に中には、神の存在が隠れている。
だが、日本語をきちんと使わなくなったから、日本は衰退している。
鈴木三重吉の『古事記物語』を読み、格調高い日本語を学ぶと良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間という小宇宙解明マニュアル

インドには、人間は小宇宙であるという古くからの思想があることがはっきりしているが、実際は、他の多くの国でもそうだと思う。
ギリシャ神話、旧約聖書、古事記には、天地創造のお話があるが、これを大宇宙の生成のお話とすると矛盾もあるが、これらのお話は、小宇宙としての個人のお話であると考えると、面白く感じるのである。
そして、実際は、旧約聖書全体、ギリシャ神話全体、古事記全体が、個人に起こることを象徴的に語っているのであると思う。
旧約聖書で、神様は、太陽に昼を、月に夜を支配させたとあるのも、1人の人間の昼が象徴する何かを太陽が象徴する何かが、夜が象徴する何かを月が象徴する何かが支配するのだろう。
古事記にあるように、人間の何かは、初めは、クラゲのようにふわふわ漂っていたが、それが凝り固まるのだろう。
その象徴するものが何かは、やがて分かってくるだろうし、直感的には分かっているのだろう。
自分が納得する答を見つければ良いのであり、他の人の意見は、参考にするのは良いが、鵜呑みにしてはならない。

旧約聖書で、モーセが海に向かって手を上げると、海が裂けて海底が現れ、モーセとその一行は、歩いて進むことが出来たというのも、荒唐無稽な奇跡話ではなく、個人の精神の中で起こる物語で、具体的にどんな意味かは分からなくても、自分のお話だと思えば、とても興味深く感じるのである。

アマテラスオオミカミが天(アメ)の岩戸に閉じこもって世界が暗くなり、アメノウズメが踊って、アマテラスが出てくると世界はまた明るくなったというのは、説明されなくても、よく分かると思うのである。
「いや、分からん。具体的に説明しろ」
と言うのは、心が狭く、頭が固い人だと思う。
少なくとも、
「ああ、これは俺の話だなあ。面白いなあ」
と思えば、お話が自分の内面に作用し、エネルギーを得たり、精神が進歩するのだと思う。

大乗仏教の経典も全て、個人のお話であると思えば、極めて美しく、納得出来るように思うのである。
自分のことが分かれば、自分が本来持っている力も取り戻せる。
それを続けていけば、神仏に近付いていくのだと思う。
仏教の極楽浄土には、美しいもの、楽しいこと、気持ちの良いことしかないと書かれているが、もし本当にそんな世界があったら、そこに住む者は退屈して死んでしまうだろう。
しかし、精神の中には、そんな何かがあり、そこは常に光に満ちた状態であるのだとすれば、そんな何かはあるに違いないと思うのである。
そして、現に自分のことであるのだから、自分に分からないはずがない。
日本人なら、聖書より仏典や古事記が分かり易いかもしれないが、必ずしもそうではないかもしれない。
自分が面白いと思うものを、自分のお話として見れば、自分を知り、自分の力を取り戻すのである。
ただ、実際は、子供のように素直に読めば良いのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

IQの高め方の核心

人間の能力はIQが全てである。
いや、有体に言えば、人間はIQが全てである。
精神論、道徳論には、ほとんど意味はない。
そういったことも含め、道理を理解出来るかどうかは、全てIQで決まるのだからだ。
スポーツ選手や芸術家だって、IQが低ければ、成功することはない。
ものごとはIQが高くあってこそ意味があり、話はそれからなのである。
それが、この世の不都合な真実であるのだから仕方がない。

だが、IQは生まれつきのものであり、後天的に高めることは出来ない。
だが、後天的にIQを下げることはいくらでも出来る。
洗脳され、偏見を持てば、思考範囲は狭まるのだから、IQはストンと落ちる。
過度の飲酒や、僅かであっても喫煙は、脳細胞や脳の血管を損傷・悪化させるのだから、これらもIQを確実に低下させる。
また、怠惰は、脳に対して「働くな」と強要しているのだし、強い怒りや恨み、妬み、さらには、悲しみは、心を硬化させる。それらは、精神全体を鈍くし、当然ながらIQも下がる。
つまり、まずは、IQを向上させる以前に、IQを低下させないようにしなければならない。
これまで、社会では、飲酒、喫煙、修養を、人格や、せいぜいが健康の問題として扱ってきたが、とんでもないことで、これらはIQの問題なのである。

上記のような、基本的なことが駄目でIQを伸ばすも何もない。
そして、次に、いよいよ、IQを向上させることに取り組むのだが、よく言われるような、パズルやクイズのような訓練など、何の効果もない。
ゲーム機を使った脳トレのようなものは、むしろ、やり過ぎると、思考のパターン化を生じ、かえってIQを落とす。
IQは、精神の自在性と勢いがなければ向上しない。
精神の自在性のためには、純粋性と調和が、勢いのためには、目的が必要である。

だが、細かいことを言ってたらキリがない。
人類で、最もIQが高い者は誰だろう?
まあ、それが分かったところで、「その人」が本当はどんな人かは、ほとんど知ることは出来ないという認識は持たなければならない。
様々なメディアを通して伝えられている、それらの人の情報は、全く不正確で、実像とほど遠い。
あなたが有名人になっても、後の世に伝えられるあなたの情報が正確なはずがないというのは、何となく分かるのではないだろうか?
よって、「世間でIQが高いと言われている人」のことは参考にならない。

歴史的なものではないかもしれないが、最も優秀なIQの持ち主は、『バガヴァッド・ギーター』のクリシュナと、『ラーマーヤナ』のラーマである。
クリシュナは神であり、ラーマはヴィシュヌ神が人間に転生した者である。
彼らが優秀であることは、それらを読めばすぐに分かる。
そして、クリシュナの教えを受けるアルジュナが、わずかな間に、どんどん優秀になっていくことが分かる。
アルジュナは、最も難しい理を見事に理解出来るようになるのだが、そのために必要なことも、『バガヴァッド・ギーター』に詳しく述べられている。
ラーマは、人間として転生したからには、愚かさを持っていたが、数々の冒険や試練で磨かれ、限りなく優秀になっていく。
ラーマが磨いたのは人格だと見なされ勝ちだが、まずは基本的なIQを高めたと考えた方が良い。
その方法は、神話らしく、象徴的に描かれてはいるが、割と分かり易いと思う。

ところが、日本の『古事記』では、イザナギ、アマテラスオオミカミ、そして、スサノウが、愚昧な状態から、急速に「神化」する様子を、わざわざ演じて見せてくれている。
こちらは、非常に難しいが、理屈で理解するのではなく、無心で読めば、DNAに作用して覚醒させ、自然に向上するだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ