ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

口癖

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

3つの奇跡話

引き寄せの法則は、この言葉が流行る前から、牽引(けんいん。引き寄せること)の法則とか親和の法則などと呼ばれ、また、引力や磁力に喩えられることもあった。
要は、思考が期待する現実を引き寄せるのである。
だが、引き寄せの本を読んでも、長過ぎて、ぼんやりとしたことしか分からないのではと思う。
そこで、うまくやるには、単純で解り易い1つか2つの事例を憶え、その成功例の通りのことを行えば良いのである。
それであれば、イメージが湧き易く、自信や勇気を持って出来るのである。
その成功事例も、引き寄せか単に本人の才能や努力の成果なのか分からないものではなく、明らかに引き寄せであるものが良いだろう。
つまり、明らかに本人の実力を超える成果を得たとか、それどころか、本人には手も足も出ないはずのことが上手くいった・・・早い話が、明白に奇跡であることである。
そこで、このブログでは何度も取り上げた3つの事例を、ポイントを上げながら改めて取り上げる。

1つは、皆大好きな、1憶円当てたホームレスさんの話である(まあ、私が好きなのだが)。
ホームレスと言うからには、人生の落伍者であり、これまで何をやってもうまくいかなかった人である。
ただ、この人は、神様は信じていたらしい。
それもあってか、あくせくせず、暇を持て余していたようだ。
それほど暇だったので、教育学者の七田眞氏の本を読んだのだと思う。
私も以前、段ボール箱の中で寝ているホームレスさんを見たことがあるが、ある男性ホームレスさんが、胸の上に文庫本を乗せて寝ていたのが印象的だった。
暇だから読書をするホームレスさんも多いのだと思う。本は、古書を買ったり、回し読みをするなどすれば、実に安い暇つぶしになるからね。
私にも、以前、ホームレスをやっていた知り合いがいて、聞いたことがあるが、ホームレス同士は仲が良い場合が多く、本の貸し借りはし易いのだと思う。
で、そのホームレスさんは、読んだ七田氏の本に「口癖が現実になる」と書いてあったことを憶えていた。
重要なポイントを押さえる、実に賢明なホームレスさんだ。
何より、それを信じる素直さがあった。
そして、最初に述べた通り、このホームレスさんは、神様を信じていた。
そこで、「神様の奇跡が起こる」という言葉を自然に作り、それをずっと唱えることに決めたのだが、とにかく、暇はたっぷりあったので、本当に1日中、唱えていた。
すると、1週間か2週間したら、頭の中に数字が浮かび、たまたまそこに宝くじの売り場があったので、その数字でロト6という宝くじを買ったら、1憶円が当たった。
ホームレスさんは、七田氏の会社に電話し、「こんな使い方をして良いのか?」と尋ねたら、全然良いと言われ、納得してさらに「神様の奇跡が起こる」と唱えることを続けたら、ローマ法王に会うことになってしまった。
そして、さらに続けたら・・・また1憶円当たった(笑)。
「神様の奇跡が起こる」の口癖、おそるべしである。
また、このブログのコメントでいただいたが、「奇跡は簡単に起こる」を口癖にしている社長さんもいるようだし、初音ミクさんの『Freely Tomorrow』の歌詞にある「奇跡は起きる」という言葉を口癖にしても良いと思う。「神様」という言葉に抵抗がある人には良いかもしれない。
※このホームレスさんの話は、七田眞著『奇跡の超「右脳」開運法』にある。
※七田氏は、口癖については、佐藤富雄氏の『運命は口ぐせで決まる』を紹介している。

長くなったので、2つ目は夕方の記事にする。








良い嘘と悪い正直

「この世に神も仏もないのか」という言葉を、自分で言ったことがある人は、多分、そんなに多くはない・・・と信じたい。
なぜなら、この世には、神も仏もいるのだからだ。
今回のアメリカ大統領選挙で、このままバイデンが大統領になるようなことになれば、少し、そんなことを言いたい気もするが、まあ、そんなことはないだろうし、そうなったらそうなったで、何か大きなことが起こるだろう。
たとえば、人類の滅びとかね(笑・・・いごとじゃないが)。

ところで、この「神も仏もいない」を、良い意味で言うのを、本で見たことがある。
ホームラン世界記録を持つ王貞治さん(記録は、メジャーでは非公認だが)が、まだ、巨人軍に入団したての頃(1959年)の話と思うが、王さんをコーチした人が言ったらしい。
「これほど努力する青年が成功しないのなら、この世に神も仏もいない」
私には全く縁のない言葉であるが(笑)、もちろん、この世には神も仏もいるので、王さんは大成功した。

今は、王貞治、長嶋茂雄といった、かつては国民的英雄であった、これらの名を知らない人が普通になっていると思う。
イチローがこよなく尊敬しているのが、王貞治さんだ。
人気の点では王さんを上回っていた(というより日本一の人気者だった)長嶋茂雄さんは、長嶋一茂さんのお父さんだ。
お父さんがあまりに偉大なため、長嶋一茂さんは、普通に「一茂さん」と呼ばれているのである。

王さんと長嶋さんが、巨人軍の現役選手だったある時、巨人軍の試合内容が悪いことが続いた。
そこで、巨人の監督が選手達を全員集めて、長い話をした。
話の後、監督は、今の話の感想を書いて自分に出すよう、選手達に命じた。
真面目な王さんは、何枚も長い観想を書いて出した。
ところが、長嶋さんは、たった一言、「よくわかりました」と書いて出したと言われている。
まさか本当にそんなことはあるまいと、テレビ局がインタビューしたら、長嶋さんは「はい、本当です。監督のお話はオールオーケーということです」と、テレビカメラの前で答えていた。
こんな答も、本来有りなのだと思う。
しかし、それで納得しない上司や親や教師が多いことだろう。
いや、そもそも、話で何かを解らせるのは非常に難しい。
けれども、「よくわかりました」とシンプルに書いた長嶋さんだけが、本当に解っていたのかもしれない。
まあ、面倒だっただけかもしれないが(笑)。

その長嶋さんが、やはり、本当に言ったことで、誰にも有益と思うものがある。
長嶋さんが巨人の監督だった時、まだ若い選手だった中畑清さんは、なかなか調子が上がらずに悩んでいた。
そんな中畑さんに、長嶋監督が、「調子はどうだ?」と尋ね、中畑さんは困って、「はい、まあまあです」と答えたところ、長嶋監督は激怒し、
「まあまあとは何だ!こんな時は、嘘でも絶好調だと言え!」
と激を飛ばし、中畑さんは慌てて、
「はい!絶好調です」
と言い直した。
中畑さんの口癖が「絶好調」であることはよく知られていた。
我々も、嘘でも「絶好調」だと言えば、必ず絶好調になるのである。
だが、駄目なやつは、「もう駄目だ」「どうしようもない」「どうせ俺には無理だ」と言い、同情を誘いたくて、落ち込んで見せる。
落ち込んでいるのが16歳の美少女なら、同情を超えて暖かく接しようとも思うが、誰がキモいオッサンに同情するかい(笑)・・・である。
『FREELY TOMORROW』(Mitchie M feat.初音ミク)で、ミクさんが「顔を上げて微笑めば 笑顔取り戻す魔法になる」と歌っていた通りであることを覚えておくべきであろう。
アメリカの心理学の父、ウィリアム・ジェイムズも言ったのだ。
「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せになるのだ」
この世には、神も仏もいるので、それを信頼して微笑めば奇跡も起こるだろう。








ウイルス感染と旦那の浮気は同じ

本日、午前0時時点で、日本で新型コロナウイルスに感染している率は、0.00176パーセントだ。旦那が浮気している確率より超少ない(笑)。
実際に旦那が彼女を作っているという場合は少ないが、それでも、100人の旦那がいれば、いかに少なく見積もっても、1人くらいは彼女を作っているので、確率1パーセント以上だ。
心の浮気となると、していない方が少ないが、特定の好きな人がいる場合でも半分以上だから、確率50パーセント以上である。
それなら、コロナウイルスより旦那の浮気を心配した方が良いかというと、人間は心配していることを引き寄せるので、旦那の浮気を心配し続けると、本当に浮気する。
ただし、1度や2度心配したら、ただちにそうなるというのではなく、千回くらい心配したら、本当に旦那は彼女を作ることになる。

ウイルスの場合も同様で、心配していると感染し易くなる。
だから、政治家やWHO等は、あくまで注意喚起のつもりとしても、あまり不安を煽る言い方をしてはいけないし、まして、マスコミは不安を煽った方が売れるのだから、それを見ていると、どんどん不安になる。
そりゃ、あまりにウイルスに無関心で、平気で外出して人混みに積極的に入り込む若者には困ったものだが、そんな者というのは、たとえ感染しても自分は何ともないのである。

また浮気の話に戻るが(笑)、極めて僅かなのであるが、旦那や奥さんの浮気を心配すれば、その旦那や奥さんの体重が少ないほど浮気し易い。
これは、見た目の問題ではなく、質料の問題だ。
ただし、1億分の1以下の確率の差ではあるのだが(笑)。
そして、ウイルスの重さはあまりに少ないので、心の影響は大きく、平均での感染率が上で挙げたように0.00176パーセントなら、ひょっとしたら、0.002パーセントくらいになってしまうかもしれない。まあ、これは全然不正確な計算であるが。

だから、新型コロナウイルスの感染増加を事実として認識し、感染を広めないためには、他人と濃厚接触(この言い方イヤラしく聞こえてならないが)しなければ良い、早い話が群れなければ良い。
それなら、オリンピック中止は当然で、廃止はもっと良い。
しかし、そんな理性的な行動をしているなら、心配はしないことだ。
初音ミクさんコンサートの「マジカルミライ」は、大阪、千葉のそれぞれの公演で、1回か、せめて、2回の参加で満足すべきで、私のように全公演に行きたいなどと思わない方が良い(笑)。そうすれば、より沢山の人が天使に逢えるのである。
そんな崇高な精神を持つなら、やはり、心配しない方が良い。

だが、人間は「心配するな」と言われても、心配をやめることは出来ない。
人間は、自分の心もコントロール出来ないのだ。
しかし、心はコントロール出来なくても、言葉は自在にコントロール出来るし、心は言葉でコントロール出来る。
困難な状況に立ち向かい、勝利する者は、皆、言葉で心を支配しているのである。
科学的調査によっても、並外れた勝利を得る者は、頭の中で、「大丈夫」などの、肯定的な言葉を常につぶやいていることが分かっているらしい。
だから、我々は、「大丈夫」「絶好調」「うまくいく」など、自分のお気に入りの前向きの言葉を、常に、言葉や心でつぶやかなければならない。
それは奇跡だって起こす。
もう何度も取り上げたが、世界的教育者、七田眞氏が、正真正銘の事実として著書に書かれていた、ホームレスの男性が、ずっと「神様の奇跡が起こる」と唱え続け、宝くじで1億円を2回当てたようにである。
あなたも、この言葉を、淡々と(欲望ギラギラは駄目だ)唱え続ければ、何かが起こるだろう。
あるいは、期待を込めて「何かが起こる」と唱えたり、あるいは、「予期せぬことが起こり道が開ける」と唱えても良いのである。







マスコミの洗脳を受けるな

テレビの新型コロナウイルスを扱う番組は、「暗い」「悲惨」「後ろ向き」なものがやたら多い。そんなものが視聴率が取れるからだ。
平成不況(1991-2002)、リーマン・ショック(2008)の時も同じだったと思う。

現在、経済活動が停滞する中で、今日、明日にでも、政府が援助をしてくれないと破綻しかねない人にばかりスポットが当てられる。
確かに、そんな人達もいて、迅速な救済策は絶対に必要である。
だが、同時に、それが決して多数派ではなく、本当は、コロナウイルスとは関係なく、是正しなければならない別の問題があるのだ。
実際、大部分の日本人は、かなり豊かなのである。
日本は、食料の半分以上が廃棄されている、途方もなく豊かな国なのだ。

アメリカやイギリスでは、日本政府が検討している額よりかなり多い給付金を国民に給付しようとしているが、そうしないと、餓死者が出るとかでなく、殺してでも金や食料を奪おうとする者達がいくらでもいるからだ。

既に、ヨーロッパやアメリカの多くの国や州では、食料品を買うのも大変で、長時間並んでも、品物がない場合もよくある。
しかし、日本では、コンビニやスーパーでは商品が溢れ帰り、お客さんは好きな時に車でのんびりやって来て、店員さんと「最近冷えるわねえ」とかお喋りしながら、カゴにいっぱいの商品を詰め込んで買っていく。
欧米では、レストランも閉鎖される中、日本では美味しいハンバーグ料理のお店で人々が長蛇の列を作っている。

悪い部分や不幸な人達がいることは確かに認めた上で、マスコミのマイナス情報に洗脳されないよう注意しないといけない。
潜在意識の法則によれば、マイナス思考を植え付けられて貧困なマインドを持ってしまうと、次は、自分が悲惨な状況になってしまうのである。
下層にいる人達の多くが、何らかの理由でマイナス思考を持ってしまった結果、そのような状況になったのだと私は思っている。

世界は心が作り出した幻想のようなものであり、潜在意識に繰り返し刻み込まれた思考パターンが、各自の世界を作っていると考えて良いと思う。
だから、あなたに暗いイメージを植え付けて洗脳してしまうようなテレビはすぐに消して、明るく肯定的な考え方をしなければならない。
と言って、無理に心を明るく積極的にすることは出来ない。
だが、人間は、心はコントロール出来なくても、言葉は自由自在にコントロール出来る。
そして、言葉が心を変えるのである。
だから、言葉を前向きで肯定的なものにしなければならない。
一昨日の記事「儲かってしゃーない商売人の口癖」で書いた、お金持ちの社長さんのように、「儲かってしゃーない」「金があるからな」と言えば、その通りになる。
そんな言葉を言ったり、思ったりする際には、ヘソのあたりに力を入れると、否定的な感情が起こり難い。
とにかく、暗いテレビ番組を見て、「日本はもう駄目だなあ」だの「私も明日は食べ物が買えなくなるかもしれない」とか思ったりしてはならない。

こんな時こそ、世界的な教育者、七田眞氏の本にあった、七田氏が事実であると保証するお話が参考になる。
あるホームレスが、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱え、宝くじで1億円を、それも、2回も当てた話である。

恐れずに求めれば それは未来を変えるRevolution
こころKnock Knock Knock
不思議Trick Trick Trick
奇跡は起きる(Wow Wow)
Freely Tomorrow
~『FREELY TOMORROW』(作詞:Mitchie M・ЯIRE、作曲・編曲:Mitchie M。唄:初音ミク)より~
【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』【公式PV】- YouTube -








儲かってしゃーない商売人の口癖

あくまでテレビ報道を見た範囲であるが、新型コロナウイルスに関することで言えば、日本は凄い国である。
イタリアは極端だが、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン等、ヨーロッパでは、正常な生活を送れない人が多く、アメリカでも、外出すら出来ない地域が増えている。
しかし、日本では、相変わらずサラリーマンは混んだ電車に乗って会社に行き、スーパーでは、不足している商品は全くなく、いつも通りに買い物が出来る。
自粛の要請があり、万全の体制を取ったとはいえ、格闘技の大会に6000人も集まった。
学校の休学も決して強制ではなく、実際、登校も始まっているし、遊園地の営業も再開され始めた。
比較的平穏なアジア圏から見ても、日本は別世界ではあるまいか?
私は、ひょっとしたら、天皇陛下のお力ではないかと思ったりもする。そうとでも考えるしかないからなのだが。

もちろん、決して多くはないとはいえ、新型コロナウイルスで健康に深刻な影響が出ている人もいるのだが、日本で一般的に大きな問題は、お金がない人が増えているのではないかということだ。
スーパーで何でも売っていても、収入が途切れ、蓄えも豊かでなければ、いつかは生活のためのお金がなくなるという不安を持っている人も多いだろうし、実際に、お金に困っている人もいるだろう。
これに関しては、政府は対策を考えてるとは言うが、検討しているだけで、具体案が出てこない。また、その「検討」の内容が、あまりにショボい。

私の知り合いに、6000人以上の犠牲者を出した1995年の阪神・淡路大震災の時に会社社長だった人がいて、その時、その社長は、会社の金を出来る限り現金化し、お金を必要としている社員に無条件でばら撒いたと言う。
その会社は、その後も好調な業績を上げたが、やがて、社長の独断でそんなことが出来ない世の中になると、どんどん業績は下がり、その社長も会社を去った。
ところで、その元社長と話をすると、学生時代に起業し、成功し続けたその元社長の口癖が大変に良いことに気付く。
これまでも、人生は口癖で決まると何度も書いたが、この元社長こそ、私が知っている、口癖の威力を明白に体現している1人だ。
では、その口癖をご披露しよう。
彼と話をしていると、とにかく、「金があるからな」とよく言うのである。
また、「金を稼ぐのなんか簡単なんや(関西の人である)」ともよく言う。
最近会った時は、「儲かってしゃーない」と何度も言われていた。
ジョセフ・マーフィーや、フローレンス・スコーヴェル・シンらの本に、高尚な良い言葉が沢山書かれていて、もちろん、それらは素晴らしいのであるが、育ちの違いからか(笑)、私にはイマイチしっくりこない。この元社長(と言っても、今も別の会社の社長であるが)は、生まれた家は裕福であったらしいが、祖父の代から商売人で、そんな家系のためか気取ったところがなく、彼の口癖の方が私には合うようである。
「金があるからな」
「金ならあるでー」
「金ならあるしなー」
「ま、金ならあるし」
などといつも言っていれば、まあ、間違いない。
何とかなるぜ、世の中は・・・である。







プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード