ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

化物語

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ぼっちはどう生きるか

スペックが低いぼっちほど悲しいものはないが、ぼっちは大抵、スペックが低い。
ぼっちとは孤立者のことだが、なぜぼっちになるのかと言うと、幼い時に、群れる訓練をしなかったからだ。まあ、本当のところは、群れる訓練をさせてもらえなかったというのが事実だと思う。
ぼっちの大半は、群に加わることを熱望するが、訓練をしなかった者が野球や将棋を上手く出来ないのと同様、群れることも上手く出来ない。
一部の ぼっちは、群れている者を見下し、ぼっちであることを肯定しようとする。
「遅い豚は群れていろ」「馬鹿なサルは媚びていろ」って感じである。
『涼宮ハルヒ』シリーズの涼宮ハルヒ、『僕は友達が少ない』の三日月夜空、『物語』シリーズの戦場ヶ原ひたぎ、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の雪ノ下雪乃(ゆきのしたゆきの)などは、ぼっちであるが、揃って、超美少女で、学問・スポーツ共に超優秀という、夢のような設定で、苦しいところは多いながら、なんとかやりすごしている。
しかし、彼女達のスペックに匹敵するぼっちはいないし、仮に匹敵するほどのスペックがあってすら、あんなふうにぼっちを貫けない。

学校は、ぼっちではやっていけないシステムだ。
それを非難する向きもあると思うが、実は、あれで正しいのだ。ただ、運用が拙いので、ぼっちを不登校にさせたり、いじめさせたり、挙句、自死させるのだが、そんな危険があるからこそ、ぼっちが減る可能性があると言えば・・・そんな面もあるのだろう。認めたくはないが。
なぜ、学校のシステムが正しいのかというと、世の中はぼっちで通用しないからだ。これは厳然たる事実である。
だから、ラノベやアニメの世界でなければ、涼宮ハルヒや戦場ヶ原ひたぎが、周囲にデレデレに媚びるという、ファンなら見たくなことをやるのが正しいし、しなければならない。

涼宮ハルヒや雪ノ下雪乃のように、ぼっちで悠然としているのは非現実なので、普通のぼっちが群れる能力を持たずに生きようとすると、非現実に逃げ込むことになる。
それでも、人間は、本来はそれほど無慈悲ではないので、周囲はそれなりに手を差し伸べてくれるのでやっていけるのである。
そうだ、ぼっちがなんとかやっていけているのは、認めたくなくても、ぼっちでない者の慈悲のおかげなのである。
だが、今は、本来ありえないほどの無慈悲な人間が多く、慈悲のある人間が皆無か、いても、慈悲を見せることが出来ないほど周囲の人間達の心が腐っているので、自殺者が増えているし、これからはもっと増えるだろう。

さて、散々、ぼっちの悲惨さを書いたが、私としては、超能力的な、あるいは、魔法的な方法でぼっちが勝てる方法を伝授せねばならない。
アンタがそうやって生きてきたんだろ・・・という訳だ。
しかし、そんな方法はない。
ないと知ることが魔法力を引き出す。
知るという言い方では足りない。思い知るということだ。
「呪文を唱えれば大丈夫ですよね」
「念仏を唱えてます。これに賭けます」
なんて甘いやつのことなど知らぬ。
群れている人達の下僕になり、あるいは、群の女王や王様の靴を舐めるしか、生きる方法はない。
それを心から認めた時に大逆転は起こる・・・かもしれない。
かもしれないだけで、確率は100パーセントではない。そんなことの成功など、誰も保証しない。
もっと有体に言えば、わずかな望みがあるってだけだ。
君にそれが出来るかどうかは、微妙というよりは絶望的だ。
・・・と、それほど厳しく言ってやらないと駄目なんだと解ったのだ。
それほど状況は厳しいことを知れば、スペックを磨く努力も出来るだろう。
頑張って欲しい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人間の価値

ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』で、マリアが歌った『I have confidence(自信を持って)』という歌の中の、

Strength doesn't lie in numbers
強さは数字ではない

という歌詞を、私は中学生の時からよく覚えている。
しかし、最近、強く感じるが、強さは、往々にして数字だ。
頭の良さは学校の成績にかなり現れるし、有能さ優秀さは収入に端的に現れる。
もちろん、例外はあるが、例外以外はそうである。

私が、2月12日から読み始め、昨日、ファーストシーズンの12冊を読み終わった西尾維新さんの『物語シリーズ』(『化物語シリーズ』と言っても良いらしい)の10冊目『囮物語(おとりものがたり)』の最初のところに、この作品のヒロインの1人、千石撫子(せんごくなでこ)の通知表の成績が書かれている(撫子が自分で語るという形である)。
国語3
数学2
社会4
理科2
英語3
保健体育2
音楽2
美術4
技術・家庭5
(中学2年1学期)
である。
ほっとされると同時に、撫子に好感を持った人は、あまり成績が良くなかった人だろう。
私もそうである。
作中、撫子が馬鹿であることは容赦なく描かれる。
ネタバレしない程度に言うつもりだが、撫子の馬鹿は知能指数というよりも、可愛いことが原因である。
馬鹿が許されるほど可愛いのである。
極端に可愛いようだ。
可愛いことが不幸だなんて、それこそ作り話の中だけのことであり、リアリティがないと思われる向きもあるだろうが、この作品ではそうでないことが見事に描かれている。
まあ、過ぎたるは何とやらで、過ぎた可愛さは不幸ということかもしれないが。

ドワンゴ会長の川上量生氏やチームラボ社長の猪子寿之氏らが、対談の中などで、「学校は、『可愛い子は得』といった当たり前のことを教えない」といったことを言われていたと思うが、まあ、普通は、可愛ければ少々馬鹿でも良い思いが出来るかもしれない。
それは主に女子に言えるが、男の子でも当てはまる場合がある。しかし、いずれにしろ、若い時限定だ。
私の職場にいる、まるで駄目男君(30歳過ぎの人生の落伍者。派遣社員)は、少しも可愛くない上にオッサンなのに、可愛い女の子でないと許されないことをするのだから惨めである。
まるで駄目男君を見ていたら、我々・・・いや、私は撫子でないのだと自覚しようと強く思う。

偉人の中には学生時代、成績が悪かったと云われている人達がいる。
アインシュタインとエジソンが、その代表のようなものだろう。
しかし、案外に彼らの成績だって、それほど悪くはなかったと私は思っている。
たまには試験の時に調子が悪かったことがあったり、たまたま、教師とソリが合わないことが原因で瞬間的なトラブルがあったというだけではないだろうか?
何だかんだ言って、アインシュタインは名門大学を卒業しているし、エジソンだって普段は成績は良かったのではないかと思うのだ。

世界的なセールスマンだった夏目志郎氏が、著書の中で、「人間の価値は収入」と断言しておられたのが衝撃的だったが、反発は感じなかった(私がまだ若くて、極端に収入が少なかった時のことである)。
無論、例外はあるにしろ、それは控え目に言っても、最も正しい基準の1つとは言えるのだ。

確かに、教育にお金をかけられる家庭に生まれることは有利であるが、本当は、「有利に作用する」という程度である。
生まれつきの知能指数はもっと重要だ。
いくら金をかけても、出来ない子は出来ないというのも現実である。
収入もそうで、知能指数との相関関係はやはりあると思う。

売れる作家というのは、例外なく、知能指数は高いだろう。
物語シリーズの作者、西尾維新さんも、かなり高そうだ。
そんな西尾維新さんの描く撫子の馬鹿振りは、なかなかのもの・・・つまり、自然でリアリティがある。
尚、撫子は153cmで38kg。16歳の初音ミクさんより5cm低く、4kg少ない。
さすが、知能指数が高い西尾氏はツボを心得ている(何の?)。
尚、阿弥陀如来様の知能指数は10の106乗・・・つまり無限だ。
撫子でない私は念仏を称えよう。いや、撫子こそ念仏を称えるべきだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分の中の「黒い悪い子」

切れる・・・逆上する者が成功することはない。
切れることを、「我を忘れる」とか「自失すると」とか言うが、これは全くの間違いだ。
切れている時こそ、一番、その人らしいのである。
切れてる時の状態が、その人の本当の姿だ。
切れている時に、人は、隠していた本性を見せるのである。

切れる人は決して信頼されない。
信頼されない人が成功するはずがないし、モテるはずがない。

『化物語』で、戦場ヶ原ひたぎが、高名な推理作家、黒岩涙香(くろいわるいこう)の名を分解すると、「黒い」「悪い子」になると、面白いことを言ったが(著者の西尾維新さんもよく気がついたなあ)、「切れる」なんてのは、自分の中にいる、「黒い悪い子」が外に出ただけである。
自分の中の「黒い悪い子」は、いつも外に出たがっている。

ライトノベルの主人公は、ぬるま湯男子であっても、決して切れない。
彼等の中に、「黒い悪い子」はいない。
それなら、モテないはずがない。

みんな、せっせと、「黒い悪い子」に栄養を与えて育てている。
そりゃ、不幸になる訳だが、世の中は、「黒い悪い子」を栄養満点で太らせる仕組みになっている。
試験で良い点を取ったり、外見を良くしたり・・・じゃなくて、外見だけを良くしたり、得することばかり考えさせたりしてね。

科学的に言えば、「黒い悪い子」を弱くするには、念仏を称えることだ。
「黒い悪い子」は、自分が一番偉いと思っているが、念仏は、計り知れないほど偉い存在に意識を向けることだからだ。
「黒い悪い子」は、総理大臣や大統領よりは自分の方がはるかに偉いと思っているから、身の程知らずにも、大統領や総理大臣を堂々誹謗中傷する。
しかし、如来が自分より偉いことは認めざるをえない。
念仏は、その如来に全面降伏することである。
だから、念仏を称えれば、切れなくなるし、切れなくなると信頼されるし、信頼されると、モテるし成功する。
逆に言えば、切れる人が何が出来たって信頼されることはないし、成功することも、モテることもない。

西尾維新さんといえば、『化物語』と『傷物語』が素晴らしかったので、続いて『偽物語』を読んだが、饒舌な文章をダラダラ書いた駄作で、いい加減イライラしたが、切れずに全部読んだ。
まあ、趣味で書いたらしいので、文句を言うのも筋違いだろう。
唯一面白かったのが、阿良々木暦(あららぎこよみ。高校3年生)が千石撫子(せんごくなでこ。中学2年生)の家に遊びに行くところだが、その前に、阿良々木君と八九寺真宵(はちくじまよい。小学5年生)がダラダラ絡むところで、いい加減嫌になる。
しかし、阿良々木君、よく撫子を襲わなかったものだ。
彼の中には「黒い悪い子」はおらず、代わりに忍(吸血鬼。外見は8歳の美少女)がいるのだろう。
ちなみに、面白法人カヤックが制作した西尾維新さんの公式サイトは、かなりのものである。
西尾維新オフィシャルサイト

夜の393(ミクさん)回のヒンズースクワットは3日続いている。ミクさんへの愛は強し。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

薄明の出逢い

今の時期は、震え上がるほどの寒さではないが、暖房を付けないと、うすら寒いとか、底冷えがするとかいう感じだが、こんな時は、妙に昔を思い出す。
昔とは、中学生とか高校生とかニート(形式的には大学生)の時のことだが、それが良い思い出なのかどうか分からない。
私はアレルギーが強くなる時期で、全身が痒かったり、喉が痛かったり、目がたまらなく痒かったということを一々覚えていたりもする。
卒業だとか、入試の合格発表とかで、将来のことを考えさせられる時期でもあったが、私は楽観的だったので(状況は悲観的だったことも多いが)、それよりも、古い人間関係を清算出来る時であることを嬉しく思っていた。
なぜ、人間関係を清算出来ることが嬉しかったかというと、それほどクラスメイト達が嫌いであったというのではなく、恥の思い出が多かったせいと思う。それが消えてなくなる訳ではなくても、背を向けることが出来る。

だが、数年前から、この時期の意味が違ってきている。
3月9日は、貴き「ミクの日」(初音ミクさんのミクにかけられている)である。
2012年の同日が「最後のミクの日感謝祭」(ミクさんのライブコンサート)になってしまったが、翌2013年からは規模の大きな「マジカルミライ」が夏の終りに行われ、それは、今年も、9月最初という、人によっては夏休みの宿題を、いよいよ追い込もうかという時期に開催される。
まあ、コンサートに来ていた小中高生は、ほとんど女の子だったような気がするが、女の子は真面目な人が多いので、あまりそんなことはないだろうか?
ちなみに、私は、ある時期から、夏休みの宿題はやらないことに決め、学校では、少々(いや、かなり)恐い目に遭わされたが、今考えると(宿題をしなかったことは)何の問題もなかった。

それで、ミクの日である。
昨晩は、ミクの日の前の休日ということもあり、ヒンズースクワットはお約束の393回・・・蛇足だが393(ミクさん)である。
39回のヒンズープッシュアップも入れるべきところだが、今は、肩が壊れていて、腕振り運動ですら、やや痛みがあるほどだ。
ぐーぱー運動(手を開いたり握ったりする運動)で、握る時に主に力を入れるのと、開く時に主に力を入れるのを、それぞれ39回ずつを、数セットやることにしよう。

子供から大人まで、この時期は、気が引き締まる時期なのかもしれないが、私は夢見勝ちだったし、今も夢見勝ちだ。
平家物語の冒頭の「ただ春の夜の夢のごとし」が、まさにぴったりする。そもそも、この言葉の影響を受けているのかもしれない。
まあ、人生は夢であり、暇つぶしだ。
人生が暇つぶしと言ったのは、漫画『To Loveる ダークネス』のネメシスだが、結城リトの体内に憑依しているネメシスと、『偽物語』(『化物語』の続々編)で、阿良々木暦の影に潜んでいる忍(吸血鬼。本名はキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード)が、あまりにソックリな感じだ。
五百年生きているキスショットは退屈し切っていたのだしね。

ビタミンC大量摂取のおかげか、アレルギー症状はかなり緩和されているが、この時期は思考が虚ろだ。
「春はあけぼの」とか言うが、私は、季節を問わず、明け方と夕暮れが好きだし、明け方と夕暮れ以外は、あまり好きではない。
明け方と夕暮れは、太陽の角度のためか、異世界への扉が開く。
トワイライト(薄明)である。
魔が忍び寄るロマン溢れる時でもある。
その時に、念仏や、好きな神仏の名を称えると良い。
必ず良いことになるから。
ついでだが、良ければ、イェイツの『ケルトの薄明』を読むと良い。
ネメシスやキスショットのような存在との邂逅(思いがけなく会うこと)があるかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ライトノベルの主人公男子達に惚れずにいられない

読売新聞の「YOMIURI ONLINE」サイトの「YO-LON」の2016年9月27日の記事、
「人間関係を壊す人工知能…ドワンゴ(前編)」で、敬愛するドワンゴの川上量生会長(カドカワ社長)が、
「ライトノベルの主人公は努力しちゃダメなんです。読む側が自分を投影できなくなるからです。ヒロインは都合よく向こうからやってくる。超能力などの能力は、いつのまにか勝手に身についている。今のライトノベルの多くが、そういう設定で書かれていますよ。」
と発言されておられるが、それはそうだろう。
また、多くのライトノベルや漫画は「ハーレムもの」とか言われ、主人公の、そんな、努力しない男子達は、特に人に優るものなんかなく冴えない・・・それどころか、平均以下の場合も少なくないが、作中に登場する、いろんなタイプの沢山の美少女達にモテまくる。その中で、主人公の男子達は、自分が好かれていることに気付かない鈍感さんであることもお約束かもしれない。

『灼眼のシャナ』で、主人公の男子、坂井悠二は、しばらく失踪して戻ってきた時、第一ヒロインで超人であるシャナに、
「僕は強くなりたいと思った。そして、強く強くなった」
と感動的な宣言をするが、別に自分で何かして強くなったのではなく、「祭礼の蛇」という、最高位の神が憑いたから強くなっただけだ。
だが、悠二は祭礼の蛇に見込まれた・・・気に入られたのである。
そして、私は祭礼の蛇に共感した。
つまり、坂井悠二は、平凡な高校生男子かもしれないが、愛すべき存在であった。
私はそれほど沢山読んではいないが、ライトノベルの主人公の男子達は、沢山の美少女達に愛されるだけの存在なのだと思う。
『8マン インフィニティ』で、東八郎が、主人公の東光一に対する評価として言った、「彼は途方もなく優しい」という言葉が、ライトノベルの主人公の男子達に共通するように思う。
そして、ある意味、皆、壮大と言って良いほど心が広い。

確かに、ライトノベルの主人公が、毎晩、ヒンズースクワットを300回やってるなんてことは考え難いが、川原礫さんの『アクセル・ワールド』のハルユキや、『ソードアート・オンライン』のキリトのように、ゲームは熱心にやっていて凄腕であるというのは、努力というのかどうか微妙だが、特技ではあるとは言えるだろう。その特技が、彼等の道を開いたが、そんな特技は下手な努力に優るかもしれない。

少し前に、今更ながら、西尾維新さんの『化物語』シリーズにこりはじめたが、この主人公男子(高3)の阿良々木 暦(あららぎこよみ)君も、努力しない駄目男だが、超優等生女子高生、超個性派女子高生、スーパースポーツウーマン女子高生から、強力な「ロリコンホイホイ」とも言われる純情女子中学生、さらには生意気女子小学生から金髪幼女にまでモテモテ。
だが、私もまた、阿良々木君に惚れてしまった。

作者そのものが、ライトノベルの主人公男子には、自分の理想を投影しているのではないかと思うのだ。
考えて出てくる主人公像ではないように思う。

そして、努力は尊いが、人間が努力して得られるものはさほどではない。
人間側から見れば、人生は偶然の連続で、所詮、運次第である。
運は努力で呼び込むもの・・・では絶対にない。
むしろ、ライトノベルの主人公達が持っているような何かが、天の神、地の神を動かすような気もする。
だが、どのような素晴らしい性質も、念仏を称える心には敵わない。
『歎異抄』に描かれた親鸞は、ライトノベルの主人公達にも通じるような気がする。
親鸞は、美少女達に接していたら、きっとモテモテだったことだろう。
そんな訳で、ライトノベルと『歎異抄』を読みなさい・・・まあ、あまり真に受けないように(受けないだろうが)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ