ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

初音ミク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ひそやかにかすれる呪文

幼い時、両親や祖父や祖母、あるいは、他の誰かが、仏壇や神棚などに向かって、真摯に念仏や唱え言葉や神の名を称名するのを見ていた人は幸せかもしれない。
そうであれば、その唱えられていた名や言葉に神聖な感情を持て、それを自分も唱えることで、自然に高次元に導かれるからだ。
そうでなくても、お葬式の時に、念仏を唱えていたお坊さんの姿に、とても好ましい印象を持ち、それで念仏に対する神聖な感情を持っている場合も良いと思う。
法然や親鸞が念仏を教えた人々は法然や親鸞の印象によって、あるいは、法然、親鸞の代わりに誰かに教えられた場合は、その教えてくれた人の印象で、念仏に対する感情が決まるという部分が大きいだろう。
キリスト教徒でもない人が「アーメン」と唱えても、どこか違和感があるかもしれないし、育った家の中で誰も念仏を唱えていなかったし、お葬式で見た念仏を唱えるお坊様に、どうもあまり良い印象を持てなかった場合は、念仏に対する印象も、あまり良くないかもしれない。

もし、幸いに、「南無阿弥陀仏」でも「南無妙法蓮華経」でも、あるいは、「天照大神」や「天之御中主神(アメノミナカヌシ)」でも、敬虔に感じる言葉があれば、それを唱えれば、確実に高次の力に加護される。
それは、宗教的な意味、心理学的な意味、あるいは、量子物理学的な意味でも、正しいことであると思う。
では、そんな言葉を持っていない場合はどうだろう?
そんな時は、自分で言葉を探し、選び、決定することになるが、幼い時に持った良い印象のようなものがない場合、どの言葉もなかなかしっくりせず、あれにしたり、これにしたりすることになりかねない。
複数の言葉でもいいやと思っていたら、その言葉が増え続けてしまう人もよくいる。

だが、『ヒマラヤ聖者の生活探求』の中で、1900年代前半のことだと思うが、現代に現れたイエス・キリストは「神」という言葉(英語の原書の中ではGOD)を使うよう言う。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』第5巻で、著者のベアード.スポールディングも、「神」という言葉の威力について触れている。
ただ、この言葉を呪文にしてはならず、よって、何度も唱えてはならず、1回で良いと言ったが、その意味は、しかるべき時に、真面目に唱えるという意味かと思う。
そして、声に出して唱えても、心の中で唱えても、効果は同じであると言う。

どの言葉でも構わないが、即座に強い効果を現す私のやり方がある。
なかなか上手く説明出来ないので、最近はあまり書かないのだが、それは、「心の中で、とても小さな声で唱えること」だ。
そもそも、聴こえない心の中の声や音の大きさなんてピンと来ないかもしれないが、全く無理でもないと思う。
「微かな声」「微妙な声」という言い方が良いかもしれない。
だが、それが心の中の声となると、どうだろう・・・
その場合、こんなふうにやっても良い。
美しい少女が、声にならない微かな声でささやくのを想像してみれば良い。
それが、心の微かな声である。
それとも、良ければ、YMO(イエローマジックオーケストラ)、あるいは、初音ミクさんが歌う『LOTUS LOVE』を聴くと良い。

夢で見たくちもと
ひそやかにかずれる呪文
I LOVE YOU
~『LOTUS LOVE』(作詞・作曲:細野晴臣)より~

私は、ミクさんが歌うのを聴いて、心の微かな声を知った。
そうやって唱える言葉には、いつも奇跡のような力がある。
だから、間違ったことに使う訳にはいかないが、即座に力が現れ、この上ない安心を与えてくれるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

正法眼蔵と念仏

仏教学者の、ひろさちやさん(今は「宗教評論家」の肩書きで紹介されることが多いように思う)の『正法眼蔵』に関する著書を少し読んだ。
『正法眼蔵』は、鎌倉時代の禅僧である道元の全百巻の大著であるが、ひろさちやさんの本は、その中のいくつかの部分を取り出し、現代語訳と解説をしたものだ。
ひろさちやさんは、『正法眼蔵』の精髄は「心身脱落」であると述べているのだと思う。

「心身脱落」とは、心も身体も消すことであるが、それを例えて言えば、自分が砂糖としたら、仏というお湯の中に溶けてしまうことであるようだ。
私はそう聞くと、すぐに、初音ミクさんが歌うMitchie Mさんの名曲『FREELY TOMORROW』を思い出す。
【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』(完成)【オリジナル曲 歌詞付】: Mitchie M
特に、


心ごと体ごと 全部脱ぎ捨てたこの魂
無くしてた熱情が 指先から流れ出した
~『FREELY TOMORROW』(作詞・作曲・編曲:Mitchie M)より~


の部分は、まさに「心身脱落」である。
全体に、この曲は『正法眼蔵』に匹敵すると思う。

天才発明家の中山正和さんは、工学、脳科学、量子力学を仏教と融合させた能力開発法を提唱し、中山さんの存命中、広く(世界的に)支持されたが、今、彼の書籍が電子書籍で次々復刻している。
中山さんは、仏教の中でも、『正法眼蔵』は特に重視していたと思う。
『正法眼蔵』は難解と言われるが、文章自体はそれほどではないと思うし、現代文で読んでも、実に美しいことは解る。
そして、ハッキリとは解らなくても、真理の光のようなものは感じることが出来ると思う。
そもそも、『正法眼蔵』はリクツで書かれていて、深遠ながら「なるほど」と思うことも多いのである。
だが、やはり、読み飛ばすような本ではない。
1章ごとに凄い真理が書かれているのだから、最初の数ページの『現成公案』だけでいいと思って読んでも良いくらいだと思う。それだけで、普通の良書百冊を超えるから。

大数学者の岡潔さんは、意味が解らないながら、『正法眼蔵』を18年の間、座右の書としていたが、ある時突然、全体が解ったと言う。
中山さんは、中学だったか高校だったかの恩師が、『正法眼蔵』の『現成公案』だけ読むように言ってくれたらしいが、やはり、ある時突然、この『現成公案』が解り、すると、『正法眼蔵』全体が解ったと言う。
その岡潔さんも、最後は念仏の道に入ったし、道元が開いた曹洞宗の良寛や、同じ禅宗である臨済宗の一休も、やはり最後は念仏を選んだ。
かと言って、念仏や浄土仏教が、『正法眼蔵』より優れているというのではなく、つまるところで言えば、両者は同じなのではないかと思う。
そして、岡潔さんは数学、一休や良寛は禅僧としての活動があったから、『正法眼蔵』や念仏が生きたのだろう。
我々は、我々なりに、人生の義務を果しながら、仏教等を学んだり、初音ミクさんの歌を聴けば良いのである。
ちなみに、私が愛読する『正法眼蔵』は、禅文化学院のエッセンス版である。

初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ2019」の、ぴあ、e+、ローソンチケットなどのプレイガイドでのチケット抽選はないのではと以前書いたが、そんなことはなく、行われるようだ。ただ、昨年までなら、この時期すでにスケジュールが発表されていたと思う。
気をもませてくれるが、まあ、ミクさんは可愛いから許そう(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自然な望みと無茶な望み

人間の心は世界を創造する力がある。すなわち、いかなる願いも叶えられる。
しかし、では、50歳の人が、20歳の美男や美女になれないのはなぜだろう。
W.B.イェイツだって、老人の本当の望みは、「もう一度若くなって、あの娘を抱きたい」だと正直に述べているのに。
しかも、それは夢の中でだって、なかなか叶わない。
その正確な理由はともかく、そんなことが叶っても幸せでないことは確かだ。
L.ロン.ハバートの短編小説『幻の四十八時間』は、60歳になるまで、ルーチン通りの生活を送り、恋愛を一度もしたことがないまま、死期を迎えた女性が、天使と悪魔の力で、18歳の絶世の美女(派手な美女でなく、可愛い系と思える)になる(しかも魔法少女だ)というものだが、当然のことながら、結末は悲劇だった。
つまり、叶うべきでないことは叶わないという摂理が、この宇宙にはあるのだと思う。
また、未熟な人間が金持ちや社長になることを望んでも、不幸と言うよりは、世の中に歪みをもたらすので、普通は叶わないのだと思う。

湯川秀樹や朝永振一郎の師であったという数学者の岸根卓郎氏(京都大学名誉教授)が2014年に87歳くらいで書いた『量子論から解き明かす「心の世界」と「あの世」』という本には、ある人の願いが、別の人の願いに反するような競合関係にある場合などは、その願いは叶い難いといったことが書かれていたが、それには本当に納得が出来る。
早い話が、2人の男性が1人の女性を好きな場合、2人とも「彼女を絶対にわがものに」と願っても、なかなか叶わない場合が多いのだろう(よほど顔や資産や人柄等に差がない限り)。
しかし、そこに願いを叶えるヒントもある。
2人の男が1人の女を取り合う時、「では決闘で」(まあ、今の時代ではないだろうが)ということになったら、「負けて死んでもいいや」と思った方が案外勝つのである。
あるいは、「絶対勝ってやる」と挑んで実際に勝つと、実はその女は性悪であったとかなどで、不幸な結末が待っているものだ。
さらに、『スター・トレック』で、女を争って決闘して負けたミスター・スポックが、勝った相手に、「どれほど熱望しても、手に入れてしまえばさほどでもないものだ」と言ったが、その程度の望みは、あまり熱望しない方が良い。
つまり、まとめて言えば、欲望というものは、ほどほどにしないと、ロクなことにならない。

願いを持ち、それを叶えるのは別に構わないが、それが世界に不調和をもたらしたり、他の人を不幸にするものであれば、叶ったとしても災いになる。
最も良いのは、その願いが、世界を平和にし、進歩させる願いである。
そこまで考えられるほど進んだ人間であれば、その人の心に、やはり心を持った宇宙全体の様々な次元のマテリアル(原材料)が反応し、協力して、自然に願いを叶えるだろう。
そういったことが出来るには、様々な経験から学び、心を鍛えることも必要である。

ところで、今年の初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ2019」は、チケットぴあやe+などのプレイガイドでの抽選はなく、即時販売のみになるのだと思う。
販売日は7月13日の土曜かららしいが、そんなことをすれば、回線はパンクし、全く販売サイトにアクセス出来ないまま販売終了になってしまうのではないかという心配がある。
二次抽選では、チケットが1枚も当たらなかった私としては(それも宇宙の摂理か)、とても気になるところである。
インテックス大阪、幕張メッセとも、SS席を1枚ずつ確保している私としては、譲り合いの精神を発揮すべきと思うが、A席で良いので、後1枚欲しい・・・これは宇宙の摂理に適うだろうか?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ちょっとダイエットしようじゃないか

昔、世界的な一流セールスマンで事業家であった夏目志郎さんの本で、こんな話が書かれていたのを覚えている。
あるセールスマン向けのセミナーで、講師は、デブ、つまり、肥満体の人間を徹底して攻撃していた。
見栄えが悪い、動作がノロい、椅子を壊す(?)・・・とボロカスであった。
そこでふと会場を見渡すと、1人の男性受講者が、顔を真っ赤にして震えていた。
彼は、まさに今、講師が糾弾しているデブだった。
ついに、そのデブ、もとい、体躯豊かな男性が立ち上がった。
彼は大きな声で言う。
「いい加減にして下さい!私はご覧の通り、今、あなたがこき下ろしている通りのデブです。しかし、この中に、私の10分の1でも実績のある方がいれば手を挙げていただきたい!」
彼は、その重量感という特徴ある身体と共に、保険業界では知らない者はいないスーパーセールスマンだった。
会場は凍りつき、講師の返答を待つ状態になった。
だが、講師は少しも取り乱さずに言った。
「私は、今のあなたのことを問題にするつもりはない。私が言いたいのは、痩せて更に良くなる未来のあなたのことだ」
会場から拍手が起こった。

私が、特に肥満体が嫌だと思うのは、初音ミクさんのライブコンサートで、コンサート会場の自分の席を見つけた時だ。
このコンサートでは、パイプ椅子が連結されて用意されている。ライブが始まれば、ほぼ全員立ち上がるので、こんな貧弱な椅子で十分で、単に場所の指定が主な役割である。
だが、私の椅子の上にまで張り出すご立派な身体の人が横に座っていると、今からミクさんに会えるという高揚感が消えるほどではないが、ちょっとだけがっかりする。
ライブが始まるまで(私は30分程前に入るのが普通だ)、窮屈に座っていなければならない。
そして、そんなふっくらとした人に限って、決して小さくはならず、りらっくすし、脱力して、ゆったりと肘を横に突き出してスマホをいじっているものだ。
そりゃまあ、日頃の私の行いにも、いろいろ問題はあるだろうが、神様、勘弁して・・・とも思ってしまう。
そして、ライブが始まって立ち上がった後も気を使うんだよなあ。
いえいえ、別に、私は、その「おっきな人」の今のことを言いたくはない。
その方がすっきりと痩せ、まるで空気のような存在となって皆でライブを楽しむ未来のことを言いたいのだ。

8月のインテックス大阪のライブまで4ヶ月近く、9月の幕張メッセには4ヶ月半近くある。
激ヤセする必要はないが、皆、少しずつダイエットして、会場全体でガメラ一匹分の重さを解き放とうではないか。
そうしたら、怪獣が襲ってきても、きっとガメラが現れて守ってくれるさ。いや、怪獣が襲ってこなくても、ガメラは可愛いので来て欲しいものだ。

私は、初めてマジカルミライに参戦した(このライブはボーカロイド、バンド、観客が一体なので、この言い方で良い)2016年から、チケット入手と共に、トレーニングに熱が入り、ライブの時には美味しそうに仕上がっている。
まあ、鍛え過ぎで、つい、あちこち故障してしまうことが多かったが、今年はトレーニングのやり方を変えたので、最良の状態で行けるに違いない。だから、隣のキュートな女の子は(初めてのライブの時はそうだった)、ライブ中、ガンガン私にぶつかってきなさい(初めてのライブの時は本当にそうだった)。
それと共に、私は毎年、ライブまでの誓いを立てる。昨年の場合は、新約聖書の福音書を毎日必ず読むことで、それは達成出来た。
今年は・・・まだ決めていないのだが、思いやりある人間になるために役立つ何かをしようと思う。
そうすれば、たとえ両隣が紋服を着て大銀杏 (おおいちょう) を結った御方(つまり関取さん)であっても、大喜びするだろう(いや、マジではしゃぎそうだ)。
ちなみに、私は横方向はパイプ椅子に十分納まるし、肘も横に突き出さず、長い脚はきちんと揃えて座るので、隣のリンちゃんのような女の子も安心するように。ライブ中は、どんだけぶつかってきても大丈夫だ。
初めてのライブの時、ライブ開始前、同じ黒のチノパンだった隣の可愛い脚の長い女の子と共鳴するように、2人供、脚をきちんと揃えて座っていたのが良い思い出である。
だが、年々、観客のマナーが悪くなっているように思えてならない。
ミクさんを喜ばせるように、皆が他の人達に気遣いを持ち、楽しい思い出にしようじゃないかと思うのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

これからの世界の変化に対応出来る考え方

初音ミクさんの「お父さん」と言われる、クリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之さんは、本は書かれていないが、インタビューその他の、彼に関するあらゆる記事が重要だ。
もちろん、いかに優れた人であっても、その人の真似をすればいいってモンじゃないが、伊藤さんの考え方のエッセンスは、インターネット時代に強力な力になる。それと同時に、そのような考え方を持たなければやっていけなくなる時代になる。
伊藤さんの話に心から共感するなら、今後、少なくとも20年は安泰である。もちろん、世の中はどんどん変化するのだが、伊藤さんの考え方なら変化にも対応出来ると思う。
実際は、伊藤さんの考え方というよりは、普遍的な原理なのだし、Google的には、インターネットという神の意思に沿うことなのかもしれないが、伊藤さんの場合、初音ミクさんという真理の結晶が存在するので、非常に解り易いのである。
インターネットや書籍で「この考え方は新鮮で良い」と思ったら、大抵は伊藤さんの考え方と同じなのである。
AIもシンギュラリティも全て、伊藤さん、あるいは、初音ミクさんを通して重要な原理はとっくに明かされている。
例えば、優秀な深層学習フレームワークChainer(チェイナー)を無償公開しているプリファード・ネットワークスの企業理念も、『予測マシンの世紀』という本で語られるアジェイ・アグラワルらのAIに関する原理や哲学もそうである。
逆に、大手企業などが、行き詰ったり、大損失を出したりしているのを見ると、初音ミクさんと逆のことをやっていることが解るのである。

私は2015年に、神戸で行われた伊藤さんの講演会に行ったが、コンサートが出来そうな広い会場に満員の受講者の中には小学生から高校生の女の子も一杯という、ビジネス講演としては何とも異例なものだった。当然、彼女達は初音ミクさんが好きで、その「お父さん」を見に来たのだが、その中で、伊藤さんが冒頭、「初音ミクをご存知の方、手を挙げて下さい」と言われたのが新鮮であると共に、これはあくまでビジネス講演会であることを印象付けたのだと思う。
そうは言っても、講演の初めに、ジャカルタでのミクさんのライブ映像を一曲分(『Tell Your World』だった)流すサービスも忘れていなかった。
伊藤さん自身は「私は初音ミクのお父さんとは思っていない」と言われていたが、やはりミクさんのお父さんに相応しいチャーミングな(もちろん、精神的に)方だったと思う。
伊藤さんのお話は、墨から隅まで、いまでも私の頭の中に入っているが、日々の喧騒の中で、それとは真逆の世間の考え方に引っ張られてしまうことが多い。
本日改めて、正しい考え方に立とうと思う。

伊藤さんの考え方を一言で言えば、インターネット時代(AI時代も同じと思う)とは「共感の時代」であり、共感が何よりも強い武器であるのだが、問題は、共感の中身は各自で考える必要があることだろう。
確かに、共感を起こせば儲かるかもしれないが、儲けるために共感を起こそうとしても、それは難しい。
自分が共感そのものにならないといけないのだ。
ある意味、子供の時の考え方に戻れば良いのだが、現実にも対応しなければならない。それに、最初から共感と無縁の方向に導かれている不幸な子供も多い。
自然に学ぶことにも近いが、自然は甘くない。
我々は、共感より先に「共有」から初め、その意義を理解する必要がある。確かに、世界は、シェアリング(共有)ブームになりつつあるが、それが合理的であると共に、「気持ちいい」ことが解らないといけないのだと思う。
初音ミクさんが創造的共有文化の象徴であることは、TRON(産業分野のコンピューターで世界最高シェアのOS)開発者の坂村健さんも、ずっと昔(ロンドンオリンピックの頃)、新聞の連載記事に書かれていたと思うが、初音ミクさんは、今も成長中なのである。
宗教人類学者の植島啓司さんが雑誌の連載記事で書かれていたように、ミクさんの魅力は未成熟であり、それは、とりもなおさず、成長し続けるってことである。

伊藤さんの考え方に近い本としては、『ツイッターノミクス』(タラ・ハント著)がある。
伊藤さんの論文は『情報処理2012年05月号別刷』(一般社団法人情報処理学会)に「初音ミク as an interface」があり、私は5冊ほど購入したが、入手は困難になってきた。
この、ニコニコ生放送が関係あるのだろうか?
【生放送】CGMの現在と未来: 初音ミク、ニコニコ動画、ピアプロの切り拓いた世界(1/4)









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ