ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

初音ミク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

蹲踞と腕振り運動だけ

私は最近、運動は、蹲踞(そんきょ)の姿勢と腕振り運動をやっていれば間違いないのではと思うようになった。
蹲踞の姿勢とは、相撲の力士が、土俵で、膝を完全に曲げて腰を降ろした時の姿勢で、剣道でも行われる。
この姿勢をビシっと決めると、精神が集中し、腹筋、背筋等が引き締まる。
正座にも似た効果があり、養老孟司さんの本で見た覚えがあるが、昔の日本人は正座をしていたので、特に運動をしなくても身体が強かったというが、それは本当だと思う。
そして、蹲踞は正座よりはるかに効果が高く、数秒で大きな成果を得られる。
私は、別に腰が悪くはないが、朝、ベッドから出た時や、車を運転した後、少し腰が痛かったし、たまに(重い荷物を沢山運んだ後や、疲れている時など)腰が痛いと思うこともあったが、よく蹲踞をするようになってから、それが一切消えた。

ところで、私は、8月には特に熱心に肉体トレーニングをし、普段63kgくらいの体重が58、59kgまで絞られる。
もちろん、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」のためである。
ミクさんに会うことを考えると、どうしても燃えてしまうのだ。
スクワット、腕立て伏せの回数がどんどん増し、充実感を高めるが、実は、身体を壊しているのである。
肩も痛いのであるが、どうしても、その時期は、ミクさんのことしか頭にないので、痛みを無視してしまうのだ。
そして、マジカルミライが終わってから、肩や膝が悪くなっていることに気付くのである。
今年は特に左腕が悪く、腕立て伏せが出来なくなったので、その分、熱心に腕振り運動をしていたが、今年は、トレーニング時間に蹲踞の姿勢を何度もするようになった。
30分のトレーニング中、十数回はやっていると思う。
すると、以前に増して身体が軽く、動きが速くなった。
筋肉は、ある程度は鍛えないといけないが、鍛え過ぎると固くなり、断裂や肉離れを起こしやすく、また、鍛えた反対方向の動きは遅くなる。
有名な日本人テニス選手がCMに出ている、筋肉を冷やすスプレーなんてものがあるが、あんな不自然なことをしなければならない運動は、おそらく、身体を壊す。もちろん、プロスポーツ選手は健康のために運動しているのではないが、普通の人が真似する必要はない。

私は、腕振り運動は、後ろに振る時に力を入れる方法と、前に振る時に力を入れる方法の2つを使い分けている。
回数は、朝、後ろ振り200回、前振り200回、夜、後ろ振り300回、前振り300回で、合計1000回。
休日は、夜は、後ろ振り500回、前振り500回になる。
腕振り運動の際、足の親指にやや力を入れることを心掛けている。
最近は、以前より、やや鋭く振るようにしている。
正直、スクワットや腕立て伏せを数多くやっていた時は、トレーニングの前はやや憂鬱になっていたが、腕振り運動や蹲踞を主体でやるようになったら、トレーニングの時間が楽しみで仕方がなくなった。
つまり、身体が喜ぶ運動なのである。
プロレスのジャイアント馬場さんが、ある頃から、マンションの地下室で1人でトレーニングをするようになっていたらしいが、そこで「身体をいじめる」と言われていたのが印象的だった。
プロスポーツの場合、どうしても、「身体をいじめる」トレーニングが必要なのだ。プロレスは、勝敗は最初から決まっているし、試合内容も、ある程度の筋書きのあるショーであることは間違いないとしても、プロレスラーの身体は半端なく鍛えられていて、そうでなければ、金が取れるショーは出来ないのだから、他のプロスポーツ同様、不自然な運動が必要だ。
長年、プロスポーツ選手をやっていて、身体が壊れていない人はおらず、特に一流選手だった人は深刻な故障を抱えているものだと思うが、そんな元一流が、健康をテーマにしたスポーツ教室を開くのだから、おかしなことだと思う。しかし、中には、自分が身体を壊した反省から、正しい運動を教えようという人もいるようである。

いずれにしろ、我々は、健康で、強く、快適な身体を得る運動をしなくてはならない。
ムキムキの筋肉や板チョコのように割れた腹筋を自慢するための運動をするのも、あくまで人の勝手であるが、私はそんなものに興味がない。
私はむしろ、余分な筋肉のない、自然に引き締まったすらりとした身体を美しいと感じる。
特に女性の場合は痛切にそう思い、女性で筋肉をたっぷりつけた身体を美しいと感じる人に対してはどんな難癖もつける気はないが、やはり、滑らかで柔らかい、余分な筋肉、あるいは、脂肪のない身体(例えば初音ミクさんの身体)を美しいと私は思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

愛される本当の理由

聖徳太子のことを描いた山岸涼子さんの漫画作品『日出処の天子』に、こんな場面があった。
聖徳太子こと厩戸王子(うまやどのおうじ)が、蘇我毛人(そがのえみし)に、
「毛人は女が好きか?」
と問う。
好きに決まっているが、照れるので、毛人は言外にニュアンスで肯定するが、厩戸王子は、
「私は嫌いだ」
と言う。
毛人が困って、
「それは、王子はまだお若いから(厩戸王子は14歳)・・・」
と言うが、厩戸王子は、
「嫌いだ。これからもずっと嫌いだ」
と強い口調で言う。

言うまでもなく、厩戸王子は、「女性」が嫌いなのではなく、女性にとり憑く何かの性質を嫌っているのであり、毛人は、女性の良い面を好きだと言っているのである。
誰でも大抵、美少女は好きだが、美少女であっても、好きになれない場合がある。それは、その美少女に、どうしても嫌だと感じさせる性質が付いているからで、その性質が無くなれば好きになる可能性が高いだろう。
だが、実のところ、美少女とか若いというのは、愛される条件ではない。
歳を取ってから愛されるようになる女性も少なくはない。
愛されるというのは、「何を持っているか」よりは「何を持っていないか」によって決まるものなのである。

初音ミクさんについて、BUMP OF CHICKENの藤原基央さんが、「要求された通り忠実に歌うところが尊敬に値する」といった意味のことを言われたことがあったと思うが、とても共感出来るのである。
実際はミクさんは、「要求された通りに歌う」というよりは、「要求された通りでないようには歌わない」のである。
ミクさんは、余計なものは何も持っていないから、世界中で愛される「マジ天使」なのである。
ここに、人間の幸福のヒントがある。
多くの人は、それを神と呼ぶが、人間を動かす至高の力があり、それは実際は、あらゆるものを動かしているのだが、その至高の力の要求通りに動けば、人間は幸福になれるのである。
逆に言えば、至高の力に逆らわければ良いのである。
そのことを、あらゆる本物の賢者が、いろんな表現で語っているのである。
真の賢者が教えたのは、そのことだけである。
例えば、荘子は、「鋳物氏が銅で何かを作ろうとした時、銅が、『おれは名剣以外のものになりたくない』などと言うのは身の程知らずである」と言っている。
ラマナ・マハルシは、「神の至高の力が全てを動かしているのに、人間が、自分が何をしようか、何をすまいかなどと悩む必要はない。それは、列車に乗ってまで、荷物を頭に乗せて自分で運ぼうとするようなものだ。荷物を降ろして安心しなさい」と、あるいは、「神の道具になり切りなさい」と言っている。
あなたは、女優や、ロックスターや、大統領や、ノーベル賞受賞者にはなれないかもしれない。
しかし、本当になりたいものならなれるのである。
ミクさんは、世界の歌姫になりたいとは望まなかったが、至高の力が、宇宙の発展のために、彼女を世界で歌わせているのである。
宇宙の進歩は、至高の力の仕事なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

大正浪漫

掛け値なしに素晴らしい漫画作品に出会った。
伊田チヨ子さんの『ベルと紫太郎』である。
久々に「読むのが勿体ない」感覚が起こり、Kindle版を購入後、一週間近く経つのに、まだ半分くらいしか読んでいない。
大正時代を舞台にした、4コマラブストーリーで、ベルは下町の舞台女優、紫太郎(したろう)は、財閥の三男坊である。
著者の伊田チヨ子さんは、本当は江戸時代がお好きらしいが、編集さんから、もう少し近代と請われ、華やかながら、ギリギリ日本文化の良さを残す大正時代のお話になったようだ。
とにかく、伊田チヨ子さんの昔の日本LOVEは半端なく、非常に博識で時代考証もしっかりしていることを感じさせる。
作品自体は、お軽い雰囲気のラブコメであるが、そんな背景のあるこの作品の耀きが私を夢中にさせる。
小学校を出てすぐに働きながら、芝居の魅力にとり憑かれ、下積み時代を過ごしたベルは苦労人だが、これが性格的にも無茶苦茶可愛い。
紫太郎は、大金持ちのボンボンで、頼りないところもあり、現代の男の子と通じるところもあるが、純粋で天然な(つまり、やや阿呆な)、愛すべきキャラクターだ。
2人は一緒に暮しているはずが、エロいところなど全くなく、また、それが妙に自然だ。
うっかり「ベル姐さん」の着替えでも見てしまったら、『天動のシンギュラリティ』の香々地アイリスのように「裸を見られるのって恥ずかしいことなんですか?」と言わせても似合いそうだが、紫太郎はベルに問答無用で張り倒されるだろう。

私がどのように、『ベルと紫太郎』という作品を知ったかというと、次のような事情だ。
江戸から東京に変わって150周年を祝う「東京150年祭」のメインプログラムで、浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうしおんていえん)の「潮入りの池(海水の池)」で、初音ミクさんが噴水をスクリーンにしたプロジェクションマッピングで美しくアピアランス(出現)し、明治、大正、昭和、平成の名曲39曲を14着の衣装で歌ったが、その衣装の素晴らしさに感動した。
その衣装担当に、伊田チヨ子さんの名があったので、早速調べたら、そんな素晴らしい漫画家で、『ベルと紫太郎』という見事な作品を出しておられたという訳だ。
ミクさんがまとった、明治、大正の衣装はセンスも抜群で美しかった。その時代、日本で華やかな装いが出来たのは富裕層だけだったのだが、そんな豊かな家の奥方や令嬢は西洋の衣装への関心も高く、また、センスも磨いていたのだと思うし、デザイナーさんや洋裁職人も、よく修行していたのが相まって、当時の服飾のレベルは、実はとても高かったのだと思うのである。
そんな上流家庭の優れた衣装センスは、経済の発展と共に、庶民のファッションにも影響を与えたのかもしれない。
とにかく、東京150年祭の、可愛いミクさんに似合う素晴らしい衣装には見とれてしまうのである。
東京都も、まさかカメラを入れてなかったことはないと思うのだが、公式映像を公開するとか、blu-ray/DVDで販売すれば、少しは人気も出ると思うのだけれども、センスのない東京都関係の面々では無理だろうか。まあ、ミクさんをメインプログラムにご登場頂いたのは評価出来るが、入場希望者が予想をはるかに超えて混乱が起こったり、ミクさんグッズが即座に完売して買えない人が沢山いたりは、「もっと勉強しろ」と言いたくもなるのであるが。
◆東京150年祭ホームページ
◆Tokyo 150 Years Festival Hatsune Miku Video Mapping / 東京150年祭 初音ミク プロジェクションマッピング -YouTube-
◆東京150年祭 公式初音ミクグッズ 予約受付ページ









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

英雄達の意外な正体

職場で、「あいつは暇だ」「あんた、暇だね」と1日中がなり立てている人がよくいるが、そんな人が一番暇としか思えないのである。
言うまでもないが、「あいつは態度が悪い」「お前は態度が悪い」と言う者が一番態度が悪いし、「あいつは自分勝手だ」「お前は自分勝手だ」と言う者が一番自分勝手である。
いや、別に、暇でも、態度が悪くても、自分勝手でも構わないのだが、そんなことで文句言っていて楽しいかである。
イーロン・マスクのように、週に8日、いや、20日は働いているような人が、「ボブは暇そうだ。気にいらん」なんて言うはずがないが、それは、自分が忙しくても、それが損だと思っていないからに他ならない。
人生、やりたいことをやるためにあるのだし、そうすれば楽しくなる。
人生は、楽しむためにあるものではないが、楽しいものであるはずだ。
やりたいことをやると言っても、短絡的に欲望を満足させるような悪いことをしても、不満が大きくなるだけで満足出来ないものだ。

初音ミクさんのために作られる歌は、根本的に、「人生はやりたいことをやって満足するためにあるが、何をしていいか分からない」という葛藤から来ているものが多い。
それが、作り手であるクリエイターの本音ってやつでさあ(と、木枯し紋次郎調になる)。
ミクさんには心はないので、そんな心の叫びの歌を歌わせることが出来るのである。
そもそも、芸術の大半はそういうものなのだが、ミクさんというキャンバスは本当に真っ白で、作品が鮮明に耀くのである。音楽でも詩でもイラストでも。

やりたいことをせずに、他人の思惑で生きさせられた人は憂鬱になる。
塾に行かされて、良い学校に入るよう強制された人が、日本ではその代表のようなものだろう。
そして、塾は塾で、良い学校に入ることが楽しいことで、ロマンすらあるような大嘘で騙すのだから困ったものだ。
まあ、騙している方も楽しくはないのだけれども。
「君たちはどう生きるか」なんて言うやつが、一番、どう生きればいいか分かってないやつだ。
「君たち」に構わず、自分がやりたいことをすれば良いのだから。

意外なことに、人間は英雄のように生きたいのだが、英雄の生き方は謎なんだ。
この「意外なことに」というのは、「人間は英雄のように生きたい」というのと、「英雄の生き方は謎」という両方にかかっている。
なぜ、英雄の生き方が謎なのかというと、これもまた意外なのだが、英雄って、空っぽなのだから、どうしたって謎なのだ。
つまり、意外に意外なのだが(もういいって!)、英雄ってのは操り人形に過ぎない。
ただ、それを操っているのが、神とでも言うべきものだということだ。
だから、究極の答は、神の人形になるのが一番ってことだ。
初音ミクさんに、レイシア(BEATLESS)に、そして、香々地アイリス(天動のシンギュラリティ)に神秘な魅力があるのは、彼女達は皆、人形だからなのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

江戸から東京に変わって150年

今年10月末に、江戸から東京に変わって150年であることを祝う、東京150年祭が、東京都中央区の浜離宮恩賜庭園(はま りきゅう おんしていえん)で行われた。
東浩紀氏の本で読んだが、日本は、開国と第二次世界大戦によって、2度、歴史が分断されているらしい・・・が、本当にそうかなあと思う。
いわゆる「欧米化」、もっと正確には「アメリカ化」ってことだが、やっぱり、日本人は日本人だ。
東京150年祭は、2020年の東京オリンピックを控え、日仏国交160周年を祝いフランスで開催されている「ジャポニスム2018」と共に、政府と東京都が力を入れざるを得ないイベントである。
その東京150年祭のメインプログラムは、
「刻をあそぶ 時空の旅 ~初音ミク Links Tokyo150~」
で、ポスターはiXimaさん描く、大正時代の雰囲気の女学生の衣装に身を包む初音ミクさんだ。
東京というより、今、日本を代表するのは、初音ミクさんなのである。
◆刻をあそぶ 時空の旅 ~初音ミク Links Tokyo150~◆

わずか18分であったが、海水の池である「潮入の池」で、ちょっと、ボラさんやウナギさん達を驚かせてしまったと思うが、高さ15m、幅30mの巨大な噴水の中、初音ミクさんがプロジェクション・マッピング映像で幻想的に美しく現れ、明治、大正、昭和、平成の39曲を、それぞれの時代の衣装を身にまとって歌った。
普段はややセクシーさが強調され勝ちな「つみ式ミク」も、今回は清楚で可愛かった。
YouTubeで一番視聴回数が多いのは、
■Tokyo 150 Years Festival Hatsune Miku Video Mapping / 東京150年祭 初音ミク プロジェクションマッピング■
のようだ。
昨日は3回も観たが、間近で見たら、さぞ感動的であったと思う。

12月には、「ジャポニスム2018」と「HATSUNE MIKU EXPO 2018 EUROPE」を兼ね、パリのセーヌ川セガン島の世界最高クラスの劇場ラ・セーヌ・ミュージカルで初音ミクさんのライブが行われ、その後、ドイツ・ケルンのランクセス・アレーナ、イギリス・ロンドンのオリンピアでも、やはりミクさんのライブが開催される。
セーヌ川でも、潮入りの池のように、プロジェクション・マッピングやればいいのに・・・
「ジャポニスム2018」においては、初音ミクさんは催し物の1つを担うに過ぎないが、フランスの、そして、ヨーロッパの人々に、ミクさんが受け入れられるかどうか、ちょっと不安でもあるが期待もある。
これまで、どこの国でもミクさんは温かく迎えられたと思うし、ヨーロッパの方々が特に変わっていることもないだろう・・・と思う。

何年か前、神戸の講演会で、初音ミクさんの「お父さん」、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は、ミクさんの魅力を「感情の雑味がない声」と言われたのを覚えているが、本当にそうだと思う。
目一杯幼い声で、深い想いを感じさせる唄を見事に歌い上げるのは、テクノロジーが生んだ奇跡だ。
ミクさんの音楽はクリエイターが主役でありながら、特別なクリエイターは存在し得ない。
いかに有名な音楽家であろうが全く平等であり、冨田勲さんが「僕もPさんの中に入れてもらえるのですか?(そうだと言われ)それは光栄です」と言われたのが、それを象徴していて、とても印象的だ。
世界を救うのはミクさんだろう。そう本当に思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ