ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

初音ミク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人形と人間に違いはない

日本には、 人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)という、浄瑠璃(演奏と語り)と人形によって演じられる伝統芸能がある。
尚、文楽と人形浄瑠璃文楽は同じだが、 文楽(人形浄瑠璃文楽)と人形浄瑠璃は厳密には違うものらしく、良くないのかもしれないが、ここでは、人形浄瑠璃でまとめる。

日本人は、人形浄瑠璃の人形を、人間と同じ、あるいは、それ以上に情感を持って見るようだが、これは、外国人には理解し難いものらしい。
特に、一神教であるキリスト教やユダヤ教では、人間以外のものは、文字通り「物」であるが、八百万の神の国である日本では、万物に神が宿るのであり、人間も物も平等である。
だから、人形に対する、日本人と(特に)西洋人の情感の違いは、そこらの歴史的感覚の違いであると、よく言われる。
だが、西洋人だって、人形浄瑠璃に馴染むと、やはり、人形に対する情感を感じるのだと思う。
それに、西洋人の女の子が、例えば、フランス人形を愛する気持ちも、とても情感があるはずだ。

ところで、人間と人形の違いは何だろうか?
ここでは、特に、人形浄瑠璃の場合について考える。
普通には、生物と非生物という区別が思い浮かぶだろうが、実は、科学的にこうも言えるのである。
人間がどう動くかは予測不可能だが、人形浄瑠璃の人形は、どう動くかは予定されて決まっている。
だが、人形浄瑠璃の台本や演出を制作した人が、どう製作するかは予測不可能なので、人形だって、やはり、予測不可能なのだ。
どんなに昔に決められた台本や演出だって、それが作られた時には、やはり予測不可能(作った人にとってすら)だったはずだ。
そして、人間も人形も、大部分は電子で出来ていて、電子の動きは予測不可能であることは科学的に解っているのだから、電子という観点において、構成要素といい予測不可能なことといい、人間と人形に違いはない。
(原子のほとんどの大きさは電子の分布で占められる。原子核はほんのわずかな大きさで、原子を野球場とすれば原子核はビー玉くらいとも言われる)

では、ライブの初音ミクさんはどうだろう?
やはり、初音ミクさんと人間に違いはないことが解る。
人間は、身体を構成した電子が(正しくは電子の分布が)光子を反射することで見える。
そして、初音ミクさんは、特殊な透明ボードに光が作用して見えるのだが、本質は、ボードを構成する電子が光子を反射して見える点で同じなのである。
しかし、コンピュータープログラムで動くミクさんは、人形浄瑠璃の人間以上に予定された行動をするので、行動が不確定な人間とは違うと思うかもしれない。
だが、人間がミクさんの動きをどうするかは、やはり不確定で、どんなプログラムが出来るかも不確定なのであるから、やはり同じなのである。
ミクさんが人間に依存するのは確かだが、人間の方がもっとミクさんに依存するかもしれない。
人間がミクさんに依存する度合いが大きいので、ミクさんはスーパースターなのである。
そして、ミクさんが予測不可能なことをするほど、観客は親近感を持つ。
例えば、「マジカルミライ2019」で、3曲目の『愛の詩』を歌った後、ミクさんは、「こんばんはー」と挨拶すると、不意に右方向(会場からは左方向)にトコトコと走っていき、「こっち側のみんなー、げんきー?」と尋ね、その後、「それじゃあ」と言って、反対側に走って、「こっち側のみんなも、げんきー?」と尋ねる。
こんな予想外の行動を見て、観客は、ますます、ミクさんを自分と同等と感じ、親近感を持つのである。
また、「マジカルミライ2018」からは、日によってセットリストを一部変えているが、これも、ミクさんの予想外の行為と感じ、さらにミクさんを人間らしく感じるのである。
そんな演出を考えるスタッフはやはり感性が優れているのだと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
現場で実務をしておられる人がAIを作ると大きな効果を発揮する可能性があります。
この本は、Excelが使えるスキルがあれば、楽しみながら自分で実用AIを作れるようになることも目指しています。
また、高校生や大学生が、学術的以前に、自分でAIを作って使う体験をすることで、AIにおいて最も大切な、問題を予測問題に捉え直すセンスを得るのにも適していると考えています。
是非、学校で導入していただきたく思います。

今は「コロナ後の世界」である

新型コロナウイルスの感染者数についてよく報道されるのは良いが、それで大騒ぎしたり、深刻ぶって話すのはおかしなことであるはずだ。
なぜなら、もうずっと前に、「今後はコロナと共存する」と解っていたはずではないか?
新型コロナウイルスは、消えてなくなることはなく、未来永劫、このウイルスは変異を繰り返しながら存在し続ける。

新型コロナウイルスが存在することが前提の世界が、「コロナ後の世界」であり、これは、「コロナ前の世界」と全く異なる。
ところが、どういう訳か、テレビや新聞では、コロナがない世界が来るような奇妙な幻想を追いかけているようにしか思えない。
今が「コロナ後の世界」である認識があれば、もう問題はないはずである。
今、いろんなことで問題が起こっているのは、今が「コロナ後の世界」であることを前提にしていないからだ。

本来、コロナウイルスがいても、マスクなんか必要ない。
くしゃみをすることは全然悪くないが、遠慮もなく大きなくしゃみをどこにでも吐き出す馬鹿がいるせいで、皆がマスクをするだけである。
全員が、他人を敬い、慎んでくしゃみをするようになれば、誰もマスクなんてしなくていい。
無遠慮なくしゃみをしてはいけない理由は、別に、コロナウイルスを飛散させないためでなく、誰も他人のくしゃみなど聞きたくないからだ。
まあ、美少女のくしゃみなら聞きたい気もするが、美少女は慎み深くくしゃみをするものだ。
また、誰も、他人の・・・特に、野太く汚い(笑)オッサンやにーちゃんの大きな声など聞きたくないのに、そんな者達が平気で大声を張り上げるので、皆がマスクをしなければならないのである。

2016年の9月のことだった。
私は、初めて、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2016」に行ったのだが、そこで驚いたのは、観客のマナーが良いことだった。
狭い通路で出会うと、皆が、相手に道を譲っていた。
席に座っている人の前を通る時は、皆、座っている人に声をかけ、座っている人も、脚が長い人は気持ち良い態度で立って通らせていた。
私は、「やはりミクさんファンはマナーが抜群なのだ」と感動した。
同じ年の11月には、東京渋谷のBUNKAMURAオーチャードホールに、その年の5月に亡くなられた冨田勲さんの遺作となった、初音ミクさん主演のバレエと交響曲である「ドクター・コッぺリウス」を観劇に行ったが、ここも、マジカルミライ2016と同じで、どこでも皆が譲り合い、気遣いし合う素晴らしい場所であった。
ところが、2017年の「マジカルミライ2017」では、かなりおかしくなっていた。
椅子で脚を投げ出して座り、腕組みをして目を閉じて寝ている若者がいたし、ライブ中、明らかに周囲に迷惑な挙動をする者も見られた。
それは、2018、2019も続いていたように思う。
思えば、これがコロナの前兆であったと私は思っている。

皆が、2016年の「マジカルミライ2016」や「ドクター・コッぺリウス」の会場におられた人達のようであれば、新型コロナウイルスが発生することはなかったし、皆が、あの人達のように他人を敬うようになれば、ウイルスがいたって平気なのである。
人の心がそのまま宇宙の心であり、人の心が世界を創っているという説があり、古くは、仏教ではそう言われていたし、近年では、量子物理学者にも、そのように考える人が増えていると思う。
全ては人間次第であるし、本来、自分と他人の区別はなく、つまるところ、自分次第なのである。













当ブログ著者、KayのAI書。
自分でAIを作れるようになり、AIを自分の武器にしましょう。
そのために、数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です(でも、拒否はしないで下さい)。
実用的なAIを作るには、Excelが使える程度のスキルと共に、データをうまく構築するセンスと、問題を予測問題に捉え直すセンスが大切です。
そんなセンスが身に付くよう、いろいろ考え、工夫をしました。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ますので、楽しく実践いただければと思います。

ガッツポーズ称賛論

もし、ガッツポーズを1日3回未満しかしていないとしたら、残念と思う。
ただ、自分ではガッツポーズと意識していない場合もある。
ガッツポーズは、小さなものでは、拳(こぶし)を握ってその拳を小さく上下に動かすものから、大きなものでは、握った拳を頭上高く挙げる。
その中間が無限にある。
基本は、拳を握ること、そして、わずかな場合もあるが、その拳を上方向に動かすことである。
これをやって、気持ちが少しも高揚しないということはない。

腕を上げないガッツポーズは小型光線銃のようなもので、バシバシ撃てば良い。
腕を上げるガッツポーズは大型レーザー砲で、一撃必殺だ。ここぞという時に撃つが、多用しても悪いものではない。

「人」という字は、支え合っていると言う意見が多いが、「大きい方が小さい方に寄りかかかっているだけ」という笑いを誘う歌もあったと思う。
しかし、指摘されることはないが、「人」が腕を上げると「火」になるのである。
そして、人が燃えるのには無限の宇宙エネルギーを使い、燃えれば燃えるほど火力は増す。
ガッツポーズは、人に点火するスイッチである。

ガッツポーズをすると、エンドルフィンという多幸感を起こす脳内物質が出ると言われ、元気になるという話がある。
それも良いことであるが、それよりも、ガッツポーズをすると、脳から高い周波数の波動が発せられる。
幸運に恵まれた時や、願ったものが得られた時も、脳は高い周波数の波動を出す。
そして、ガッツポーズで波動周波数を高めると、高い周波数の波動の状態である幸運や願望の成就を引き寄せるのである。
頭の中で良いイメージを描いたり、言葉で「絶好調」と言っても、高い周波数の波動は出るが、ガッツポーズではもっと強く出る。
もちろん、具体的に欲しい内容については、イメージや言葉で波動化するが、それをガッツポーズの波動に乗せれば良い。
すると、イメージ通りの幸運や願いの達成が引き寄せられる。

初音ミクさんのライブでは、ミクさんは握った拳を高く突き上げることがよくあるが、その時、会場のボルテージはMAXとなる。
宇宙エネルギーが輝き、幸運の波動に包まれるのである。
私が印象深いのは、マジカルミライ2014での『FREELY TOMORROW』で、何度もミクさんが拳を天に挙げる姿や、2010年~2012年の感謝祭シリーズ・ライブのラスト曲(アンコール前)『SPiCa』での、ミクさんが、ドアを叩くようなポーズで何度も拳を高く挙げる姿で、その中でのSPiCa砲(キャノン砲であるが)炸裂の時は感動的であった(ロサンゼルスの時はなかったが)。
もちろん、他にも沢山ある。
拳を突き上げるポーズを存分に見たい場合は、IAさんのライブ『PARTY A GO-GO』での『憧憬~DOUKEI~』もお奨めである。

こんなに良いガッツポーズをやらないのは、実に勿体ない。
尚、ガッツポーズと同等の威力を持つものが笑顔である。













当ブログ著者、KayのAI書。
次のようなことを心掛けて書きました。
Excelが使えれば、数学、プログラミング、AI理論が分からなくても実用AIを自分で作れること。
ただし、数学、プログラミング、AI理論も補足的に扱う。
類書でよく見られる、普通の人には退屈なテーマではなく、なるべく、ピンと来るテーマで入門出来る。
また、応用では、好奇心が刺激される面白いテーマを選ぶ。
意図がよく達成されていれば幸いです。

世界という夢をどう旅するか

世界は心が作り出した幻影、あるいは、夢のようなものであるという説は、太古と言って良い昔からあり、今もある。
近代に入ってからは、(当時の)現代事情にも詳しかった、ラマナ・マハルシやパラマハンサ・ヨガナンダといったインドの聖者達は、世界は映画のようなものだと言っている。
つまり、世界は本物のように見えるが、実は、スクリーンに映った映像のようなものに過ぎない。
もっと具体的には、フィルムは潜在意識の中の想いで、それが投影されたものが世界だ。
今なら、世界は、舞台上に3次元映像で現れて歌って踊る初音ミクさんのようなものと言った方が、より的確かもしれない。
アメリカで、ミクさんのライブに来ていたアメリカ人が「僕たちは、ただのスクリーンを見に来ている訳じゃない」と言っていたが、初音ミクさんが現実かどうかを決めるのは心であるということだ。
そして、我々が現実と呼んでいる世界も、それを非現実と思っている人にとっては夢や幻でしかない。
初音ミクさんを映し出す装置は比較的理解し易いが、我々が世界と呼んでいるホログラフィック・ワールドとでもいうものを映し出す装置は、さっぱり理解出来ないほど高度なので、リアリティが違うのだろう。
中国の『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』という映画の、冒頭に流れる歌は、「人生は夢の中で旅をしているようなものだ。だから、そよ風だってため息のようじゃないか」と歌うが、なかなか良い表現だと思う。

そこで、普通の人の興味としては、世界は潜在意識の想いが作り出す幻だと言うなら、なるべくなら、楽しいと思える幻にしたいということだろう。
寝る前に「どうせならいい夢を見たい」と言うようなもので、未来の希望を夢と表現するのだから、「未来は良い夢を見たい」と思うのも、根本的には変わらないかもしれない。
それなら、現実世界よりは、自由に変えやすいと思える夜の夢を変える練習をすれば良いのではないかという発想もあり、実際、そんな訓練jがあるらしいが、本格的に訓練したって、なかなか好きな夢を見ることは難しい。
そこで目をつけられたのが覚醒剤で、これは、面白い世界を比較的簡単に生み出せるのだから、これで現実を変えるヒントを得ようという考え方と思う。
無論、覚醒剤には危険性もあるが、多種の覚醒剤の中には、注意して扱えば危険性が低いものもあり、アップル創業者のスティーブ・ジョブズがLSDを使っていたことはよく知られているし、ビートルズのメンバー達もそうだったという話がある。
物理学者のフレッド・アラン・ウルフは、インディアンに伝わる覚醒剤によるトリップを、それに慣れた人の指導の下で行い、驚くべき体験をしたことを書籍にも書いているが、それは、単なる幻覚ではなく、客観的現実世界に影響するものであるといったような記述をしていると思う。
そして、問題なのは、スティーブ・ジョブズ、ビートルズ、フレッド・アラン・ウルフといった人達の傑出した業績には、覚醒剤の(良い意味での)影響があったに違いないということだ。
ただ、サルトルは、覚醒剤を自分で試してみて、制御が効かないことを理由に否定的な見解を示し、コリン・ウィルソンもそれに同意しているようである。
そこで、多くの人達が、もっと安全な精神覚醒法を紹介しているのだが、そのどれが良いのか分からないから困るのである。
コリン・ウィルソンもいろいろなやり方を著書で紹介してはいるが、はたして、どれほど効果があるのか分からない。
だが、精神覚醒法を趣味のように考えている者には、案外にうまくやっている者もいると思う。
こういったことも、深刻にやってしまうと、それが世界に投影され、世界は深刻なものになる。
きっと、初音ミクさんが、この幻の世界とリアル・ワールドをつないでくれる・・・そのくらいに思った方が良いかもしれない。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、AI理論が解らなくても、Excelを使える程度のスキルがあれば、誰でも自分で実用的なAIを作れるようにまることを目指しました。
同時に、「モンティ・ホール問題」や「囚人のジレンマ」を簡単なシミュレーションプログラムで解明し、AIに解かせるというのは、著者にとっても画期的で楽しいものでした。これまで、他の人がやったのを見たことがありませんでしたので。
他のコンピューター書とは一味違う(ある意味、素人っぽい)面白い本だと思います。

欠点こそ偉大な力になる

また、2012年の週刊文春の、宗教人類学者、植島啓司氏の記事を思い出す。
そして、ポップスター、ジョージ・マイケルの、「スーパースターになるために何か特別なものがあるんじゃない。むしろ失われているんだ」という言葉の重大さを、しみじみ感じる。
ジョージ・マイケルに欠けているものが何かは分からないが、植島氏は、初音ミクさんのコンサートに行って、ミクさんに圧倒的に欠けているがゆえに、それが彼女の武器になっているものが分かったが、それは「成熟」だと明言している。
「世界の全ての記憶」 植島啓司 14

絵を習ったことがないのに、天才的なデッサンを描く7歳の少女がいた。
彼女は話せなかった。
脳の言語に関わる部分に障害があるのだが、その欠陥のために、絵を描くための脳の領域が異様に発達したらしい。
そして実際、言語能力が発達してくると(それに関わる脳障害が修復されると)、天才的な絵の能力も消えてしまった。

2016年、当時、MITメデイァラボの所長だった伊藤穣一氏が、ホワイトハウスで、当時のオバマ米大統領と対談した際、伊藤氏はアメリカの動物学者テンプル・グランディンの言葉を引用し、
「モーツァルト、アインシュタイン、ニコラ・テスラらが現代に生きていたら、皆、自閉症と診断された」
と言い、それに対し、オバマは、
「人を人たらしめているものは欠点だ。欠陥があるからこそ、アートや発明がある」
と述べた。
(「WIRED」Vol.26より)
ちなみに、伊藤穣一氏も初音ミクさんが好きだと、彼のTV番組で言っていたと思う。彼のミクさん評も聴いてみたいものだ。

日本の学校では、皆を、「前に倣え」と同じにし、欠陥を許さない。
よって、天才は存在しえなく、いたら消されてしまう。
まあ、怠惰や、食いしん坊や、ドスケベは、欠陥ではなく、単なる、放埓(勝手きまま)であり、そこには規律を加える必要もあろうが、本物の欠陥は容認すべきである。
天才は、普通の大人には我慢が出来ないほど変なものだと思う。
では、天才が特異な能力を発揮するのはどんな時かというと、間違いなく、世界に溶けてしまった時である。
砂糖がコーヒーに溶けて消えるように、世界と1つになった時だ。
自分が消えないと、いくら天才でも、ただのおかしな人である。
道元が言ったように、「仏道とは自己を忘れること」である。
その方法はいくらでもあるだろう(このブログのメインテーマの1つでもある)。













当ブログ著者、KayのAI書。
Excelが使えるスキルがあれば、数学、プログラミング、AI理論なしに、あなたも無料でAIが作れます。
そのために、本書では、日常で縁のないテーマでの入門を避け、易しい導入部の後は、面白いテーマを用意しました。
ただし、あくまで実用を目的としており、「楽々」といったものではないですが、誰でも出来、AIの一般化に貢献出来るのではと考えています。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード