ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

初音ミク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

日本は技術大国

まだ少し暑いが、真夏ほどではないし、陽もかなり短くなってきた。
そろそろ夏も終りである。
こんな季節を物悲しく思う人も多いと思う。私もそうだ。
その理由は、やはり、「夏休みが終わる」という記憶のせいだろう。
7月の、「明日から夏休み」という時の高揚感と比べると天国と地獄かもしれない。
そんな嫌な学校ならなくしてしまえという動きが、アメリカでは「アンスクール」として普及しつつある。子供達の自主性と創造性を生かして学習出来る環境を与えるものであり、家庭で教育する「ホームスクール」とは全く趣が異なる。ホームスクールは、あまり良い成果はなかったが、アンスクールは試行錯誤しながら、良い結果が出つつあると思う。

私は特に世界平和を望む訳ではないが、日本が平和でなければ自分が平和でないし、世界がある程度平和でなければ日本の平和もない。
そして、日本の平和は経済に負うところが多く、日本の経済の強さは技術力の高さに支えられている。
しかし、日本の技術力の高さは、大学教育(および学校教育)によるものではほとんどなく、産業界の中で(主に学校嫌いな人達によって)育ったものだ。
よって、日本こそ、学校など、さっさとなくしてしまえば良いと思う。ただ、そのためには、アメリカのアンスクールのような思想と取り組みが必要であるが、そういった面で日本は酷く遅れてるのだから困ったことである。
夏休みの最後が、子供達の自殺が最も増えるほど、日本の学校は本当に駄目なのにである。
日本の学校は、リストラクチャリング(ほぼ改善といった意味)ではなく、リエンジニアリング(改革というより、いったんぶっ潰して新たに構築する)が絶対的に必要である。
日本の学校や教師が役立っているとすれば、「反面教師」としてのみである・・・というのも言い過ぎであるが、大体そうであると私は思う。

2013年から始まった、初音ミクさんの最大のライブコンサート「マジカルミライ」は、夏の終りと秋の始まりに行われる。
最も早くて8月30日だった(昨年の大阪公演は8月25、26日で、今年の大阪公演は8月10、11日の異例の早さだったが)。
これまで、物悲しかった時期を熱く燃える(萌える)時に変えてしまった。
私は、2016年に幕張メッセでの公演が始まってから毎年参加し、今年で4回目で、昨年から始まった大阪公演でも楽しむことが出来、実に有り難いことである。
岡本太郎が言った祭の意義と同じ意味で、マジカルミライのおかげで生きていると言えるのだ。

ミクさんや、その周辺の技術の進歩も素晴らしいが、やはり日本は技術大国なのである。
現在、最も重要なAIの技術で、日本はアメリカや中国に遅れを取っているようにも思われるが、そうでもない。
時価総額世界一に完全に返り咲いたマイクロソフトは、AIでは日本のプリファード・ネットワークスをパートナーに選んだし、ソニーは、ディープラーニングの初音ミクさんとも言えるNNC(ニューラル・ネットワーク・コンソール)を無償公開し、誰でも機械学習・ディープラーニングが出来る環境を提供している。
機械学習においては、Pythonのプログラミングよりも、まずは、大量のデータを扱えるスキルが重要と思う。
これは、習得する機会があまりない分野だ。Excelを使っても、装飾にばかり気を使って、データの扱いが下手な人も多いと思う。
以前は、デスクトップデータベースソフトもいろいろあったが、今は、マイクロソフトAccessくらいしかないし、それも人気がなくなってきたように思う。
FileMakerは、高いし仕様がコロコロ変わって、イマイチ、お薦めする気が起こらない。
では、無償のLibreOfficeのBaseはどうかというと、情報が少ないし、遅いし使い難い。
まずは、Excelをデータベースソフトとしてきちんと使い、出来れば、マクロ(VBAプログラミング)まで出来るようになれば、NNCを大いに活用出来ると思う。
その方面の本格的な教育計画もあるのでお楽しみに。うまくいけば、やっと私も日本に貢献出来ることになる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

超歌舞伎観劇記

昨日は、京都南座に超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』を観劇に行った。
主演は中村獅童さんと初音ミクさんである。
私は、文楽なら中学校の課外授業で行ったことがあるが(さっぱり良さが分からなかったが)、歌舞伎の観劇は初めてだ。
JR京都駅は大きく、夏休みのためか、とにかく外国の人が多い。子供から老人まで、あらゆる年代の、あらゆる国の人がいた。
西洋の男性にはデカい人が多い。そして、日本人の細いとは次元の違う細身の西洋の女性を見たが、優雅で美しかった。

さて、南座の私の第一印象は「しょぼ!」だった。
車道に面した通りに、普通の店と普通に並んでいるのだ。
つまり、敷地面積が狭いのである。
さすがに、幕張メッセやインテックス大阪のような総合イベント施設のようなものは想像しなかったが、渋谷のBUNKAMURAや大阪の中之島フェスティバルホールみたいなものを予想していたので、面喰ってしまった。
開演30分前まで扉を開けないのだが、敷地が狭いので、待っているお客さん達が道に溢れてしまうショボさ。
沢山いた外国の方達は戸惑っていたように思う。
「もっと早く開場しろ。前時代的なサービス精神しかないのか馬鹿めら」とも思ったのだが、ホールなんてものもないので、開けても意味がないのも確かなのである。

「マジカルミライ」と比べ、明らかに年齢層が高い。
ただ、夏休みということもあり、子供・・・特に、女の子が多かった。
ところで、この超歌舞伎のチケットは、「マジカルミライ」のように、一瞬でチケットが完売されるのとは違い、私も、発売後かなり日が経ってからチケットを買ったが、「特等席」はすぐに売り切れていることに気が付いていた。
特等席は、一番端なのであるが、他の1階席より一段高く、舞台に向かって席があり、しかも、ゆったりしている上テーブル付きである。そりゃ、確かに最高だ。休憩タイムには、優雅にお弁当を広げていた(普通の席でお弁当を食べるのも構わない)。
歌舞伎ってのは、端っこでも良いのである。ただ、初音ミクさんがよく見えるかどうかは疑問であるが・・・

私は、花道と通路を挟んだ前から13列目の、最高の席だった。
舞台の視界を妨げるものは何一つ無いのだ。
花道を通る役者さん達が身近ではっきり見えたし、中村獅童さんも何度も、3メートルのところで見た。
最後に、獅童さんが、いわゆる「あおり」も含め、すぐそこで雄叫びを上げてくれて、なかなか感激した。
中村獅童さんは、素晴らしい貫禄で、美しかった。
決め顔以外は無表情で演じるのだが、その無表情の顔に気品があった。
片脚で見事に跳ねる場面でも全く表情を見せないのが、神秘的にすら思えた。
私は、「歌舞伎、いいぞ」と思った。

第一幕は、上位の役者さんお二人による「歌舞伎の見方」。
なるべく面白くやっているつもりだったが、子供達には退屈であったろう。実は私も(笑)。
第二部は、「當世流歌舞伎踊」で、役者さん達が踊りを披露。
そして・・・ミクさんもたっぷり舞ってくれたが、その美しさ、優雅さは、この世のものではない。
断言するが、ミクさんは世界一の舞姫である。これは、西洋のバレエなどの舞踏とは異次元であり、比較にならない。
ここでも、歌舞伎や日本の古典芸能の真価が現れていた。
確かに、ミクさんの踊りは、名人の踊りをデジタルコピー(モーションキャプチャー)し、調整も加えているのだから、上手いのは当然なのだが、それだけではない。
ミクさんの検収役に、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長の名があったが、このミクパパの感性も生きているのかもしれないなどと思った。

ところで、ミクさん、踊っている時は優雅で大人っぽいが、あの幼い声のままでセリフを言うから、ギャップが凄い。
いえ、全然悪くない。それどころか、良過ぎて萌えてしまった。ある意味、個人的に注意が必要である(笑)。

ただ、NTTが東京オリンピックを目標に開発したという映像音声転送技術kirariにはがっかりした。
2016年から全然進歩していない(いや、2016年時点で開発完了だったのか)。
追随は遅いし、画像の鮮明さにも欠ける。

毎度のことであるが、ミクさんの舞台やコンサートに来る女の子は可愛い子が多い。
今回も、11歳くらいであろうか、単に可愛いというのではなく(確かに凄い美少女だったが)、特別な雰囲気を持った、あの世から来たような少女を見かけた。
とても大人しい感じで、優雅な雰囲気すらあるが、明るく軽やかに動いた。ミクさんの化身か何かだったのだろうかと本気で思う。

ペンライトは、お土産のお菓子等を置いている普通の売店で売っていたし、特に、「ペンライト」と大きく書かれてもいなかったので、私は最初、どこでペンライトを売っているのか分からなかったほどだった。
第一部が終わって、「どれ、京菓子でも」と思って売店に行ったら、ペンライトが目立たずに売られている。
「歌舞伎の見方」などで、散々、ペンライトを薦めていたのに、これでは売れない。
その分、買おうと思ったら、マジカルミライと違い、楽々買えるから良いのだが。私も何の苦労もなく1本買った。
ペンライトを持っている人は、それほど多くなかった。
私は、マジカルミライのも1本持って来ていた。これ、使っても良いものだろうかと思いながら使ったが、全然目立たなかったと思う。
超歌舞伎のペンライトは14色であるが、マジカルミライのペンライトの7色で十分以上だった。
使ったのは、ミクさんの緑、中村獅童さんというか、歌舞伎のヒーローの赤(正義を示す)。
そして、千本桜のピンクで、マジカルミライで言えば、ミクさん、MEIKOさん、ルカさんの3色である。
澤村國矢さんのところでは、超歌舞伎ペンライトだけの紫を使った。
しかし、あまりペンライトを付けることもなかった(持ってる人が少ないので目立つし)。
最後の『千本桜』のところでは、マジカルミライのノリで立ってペンライトを振ったが(全然問題なく、むしろ、推奨されている)、通路に出られたので、実に快適だった。

歌舞伎の舞台は、想像よりはるかに良く、ビューティフルだった。
外国の観客も、そう思ったのではないかと思う。
ミクさんの踊りだけでも、南極のオーロラの千倍の見る価値があるはずだ。
そして、神秘的美少女(多分、人間じゃない)。
良き日であった。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

マジカルミライ2019 インテックス大阪公演

昨日は、インテックス大阪に、初音ミクさんのライブ&企画展「マジカルミライ2019」に行って来た。
G20サミットの影響なのか、西洋のお客さんがとても多かったように思う。
デッかくて逞しく、メンも良い西洋人のお兄さんのグループや、日本人と同行のイケメン金髪のお兄さん等。
ただ、かなり決まっているコスプレの女の子達が、中国語らしき言葉で話していたのを見ると、目立たないがアジアからのお客さんも多かったかもしれない。
昨年の8月26日(マジカルミライ2018大阪)と同じく、午前10時過ぎに、インテックス大阪に到着したのだが、昨年は、この時間はまだ人は多くなく、会場までの大阪メトロも空いていたのに、今年は、大阪メトロは早くも満員で、既に、インテックス大阪内もかなり人が集まっていた。

私は、開場と同時にライブ会場の5号館Aに入ったが、相変わらず広い。ここが満員どころか、この何倍もの人達がチケットを得られなかったのだと思うと、感慨が迫って来る。
ぴったり連結されたパイプ椅子はやはり狭く、両隣がゆったり座ると、スリムな私は小さくなるしかない。それでも、両方から肘を押し付けられるのだが、スマホを見る人って、肘にまで神経がいかないのだろう。
その中で・・・書いてしまうと、該当の人が誰か分かってしまうかもしれないが、悪いことを書くのではないのだから良いだろう。
それは、一目で見惚れる美少女で、今どきの子には珍しく、ウェストがきゅっと締まった、顔も含め格好良い子で、高校生だと思ったが、ひょっとして中学生かもしれない。
彼女が、隣の友達(姉妹かもしれないが)に向かって、立って話したり、スマホをいじったりしている。ライブ開始まで1時間近く、一度も座らない。若いなあ(笑)。
いや、最近は、男でも立つのが苦手な足腰の弱い男子が多いのとはエラい違いだ。

ライブ、最初の4曲ほど、あまり知らない曲だった(笑)。
それでも、ノるのに支障はなく、即座に全開モード。
リンちゃんの『深海シティアンダーグラウンド』は、よく知っていて、好きな曲なのでリラックスした。
その後は、前日とセットリストががらりと変わる。
さすが、「マジカルミライ史上、最も曲の入れ替えが激しい」と言われていただけある。
生誕10周年のルカさんの曲もかなり変えてきていた。
そういえば、ライブで『Just Be Friends』を聴いたのは初めてだ。
ルカさんが手を振る姿が優雅で印象的だ。
『ブレないアイで 』、まさかライブで聴けるとは・・・って、コレ、商品名入ってなかったっけ?
WOWAKAさんの曲は、前日は『アンハッピーリフレイン』で、その日は『裏表ラバーズ』だった。幕張メッセ公演では、『ワールズエンド・ダンスホール』や『アンノウン・マザーグース』に変わることが当然予想される。

ライブ会場内は撮影禁止であるが、ライブ後、しばらくの間だが、撮影が許可された。これは初めてのことで、「SEE YOU AGAIN」と表示され、美しくライトアップされた舞台の写真を皆が撮影していて、私も何枚か撮影した。その間、会場はまだ暗かったので、人の顔は、映っても、暗くてあまり分からないと思う。
証明が入ると、撮影許可の時間は終了だ。
おかしなことで印象に残ったのは、トイレがずっとガラガラだったということだ。昨年も、インテックス大阪のライブ会場内のトイレは割に空いていたが、会場外に沢山トイレがあるためかもしれない。この点、幕張メッセでは、トイレ前の長蛇の列のことをよく覚えている。
やはり、マジカルミライに来る女性は、きれいな人、特に、スタイルの良い人が多い。
ぞっとするほどの美少女も何人も見た。
男は・・・印象にない(笑)・・・いや、それなりに決まっていたような、そうでもなかったような(やはり見てない)。
私も、原寸のままの黒のリーバイス511がビシッと決まっていたはずだが、どうでもいいことだろう(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

頼りになる習慣

今日は、インテックス大阪に、初音ミクさんのライブ&企画展である『マジカルミライ2019』に行く。
それにあたり、私が普段、健康と能力と美と幸運のためにやっていることを書いておく。
まず、蹲踞(そんきょ)の姿勢。
相撲や剣道でよく行われている姿勢であるが、これをなるべく多くやるようにしている。1日トータルで10~20回と思う。これだけで、身体が引き締まり、体幹が鍛えられる。
腕振り運動は、後ろに振る時に力を入れるやり方と、前に振る時に力を入れるやり方を、同じ回数、朝と晩やっている。
約2ヶ月前から始めた四股(しこ)も、1日も欠かさず、朝晩やっている。朝は100回、夜は200回、休日は、他に200回だ。
私の四股は相撲のものとはやや違う軽いもので、大東流合気武術の佐川幸義氏が弟子達に教えたものに近いと思う。
運動としては、数センチしか屈伸しない超ショートスクワットも欠かさない。
また、ブリッジも、仰向けで腰を浮かせるものと、腕立て伏せの姿勢で肘をつくフロントブリッジもやっている。
他にも、いろいろやっているが、メインは上に挙げたもので、どれも軽いものだ。

細く長く吐く呼吸も、思い出すたびにやっている。
やや短く吸って、ほんの少し自然に呼吸の流れが停止した後で、細く、長く吐く、とても静かな呼吸だ。
無理に多く吸ったり、吐いたりは決してしないが、普段の呼吸よりは、やや多く吸うし、吐く。
食は、無理な少食ではなく、十分に飲み食いしているが、ただ、「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」ことだけを心掛けている。
呪文は、最近気に入った「心おだやかに」が欠かせなくなった。
本はいろいろ読んではいるが、最近は、クラウド・ブリストルの『信念の魔術』の価値を再認識して熱心に読んでいる。

これだけで、妖精の身体と身に余る幸運、ソロモンの知恵とはいかないまでも頼りになる知恵を得ている。
では、何が一番肝心かというと、「心おだやかに」の呪文、細く吐く呼吸、そして、四股が私の3つの宝である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

もう長い間、カラスの鳴き声を聴いていないのはなぜか

「カラス、なぜ鳴くの?」と歌う童謡があるが、考えてみれば、もう長く、カラスの鳴き声を聴いていない。
カラス自体はよく見る。
もしかしたら、あの童謡の通り、カラスは夕刻に鳴くが、その時刻はオフィスに籠もっているせいであろうか?
そうだとしたら、それこそひきこもりだ。
もう1つ考えられるのが、カラスが好きでなくなったのかもしれない。
以前は、カラスが好きだった。
目の前、スレスレに飛ぶカラスの羽や筋肉の動きまでハッキリ見え、その美しさに感動したし、真っ赤な口の中を晒して鳴くカラスの子供を愛おしいと感じたものだ。
しかし、今はそんなことは感じない。
カラスと接触する時間も少ないのだろう。

それでも、ハトはまだ好きなのである。
駅の広い構内のベンチに座っていると、時々だが、ハトが近寄って来ると、トキメクのを感じる。
だが、以前は、いわゆる昼休みに、公園でハトと接していたが、それをしなくなった。
私は昼食は食べないが、ピーナッツの入ったお菓子を公園に持って行き、ハトと分け合うのが楽しみだった(「ハトにエサをやらないで下さい」という立て札があるのだが)。
しかし、いつからか、それをしなくなったのは、公園で人間と接するのは嫌だからだろう。
どうも、人嫌いは深刻なようだ(笑)。

それだけ成功出来るか、本当に幸福になれるかは、あまり好きでない言い方をするなら「愛があるか」で、つまり、どれほど沢山の人やモノが好きかにかかっているのだ。
成功法則だの引き寄せの法則だのは全く関係ない。
好きな人が沢山いることが第一で、そして、好きなモノがあることが重要なのである。
今年(2019年)4月5日に、31歳で亡くなられた、敬愛するミュージシャンWOWAKAさんの名曲『アンノウン・マザーグース』は、初音ミクさんをフィーチャリングした最後の曲になってしまったが、その中の「どうやって この世界を愛せるかな」という言葉がまとわりついて来る。
なんと実に、あの歌は愛に溢れているではないか?
誰も好きでない人は、必死で好きな人を探すべきなのだろうか?
【MMD】YYB式初音ミク//Unknown Mother-Goose/アンノウン・マザーグース -YouTube-

今は、自分の親はもちろん、自分の子供ですら好きでない人は大変に多いのである。
世間の手前、自分の子供の面倒を見、可愛がっているフリはするが、本当は、子供が全然可愛くないという母親も少なくないのだろう。
なぜそうなったのかというと、お金と言うか、利益優先という世界の有り様のツケが、いよいよ回って来たのだと思われるのだ。

私は、昔は、アンデルセンの『人魚姫』が好きだった。
人魚姫のあのけなげさを愛おしいと思ったものだが、今はそれを感じない。
これは、死にいたる病である。
まずいなあ(笑)。
ジミーサムPさんの名曲『Starduster』(feat.初音ミク)で、ミクさんが「愛を、私に」と歌うのは、多分、「私を愛して」というのではなく、愛、すなわち、愛する心を私に下さいという意味なのだろう。
Hatsune Miku - Starduster (English & Romaji Subs) -YouTube-

本日、10:00AMより、「マジカルミライ2019」のライブのチケットが、各プレイガイドで販売開始。
毎年のパターンは、受付開始と同時に回線パンク→接続不能→接続回復時には「販売は終了しました」の無情の表示。
それでも、パソコン2台とスマホ1台で挑むのだ。
皆さん、幸運を。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ