ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

初音ミク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ボーカロイドだけが日本のクリエーションで良いのか

アインシュタインが、自分も苦しめられた学校教育を批判し、「知識より想像力が大切」と言ったのが、おそらく、彼の名言の中で最も重要なものだろう。
世界の学校教育は進歩したが、日本だけは、相変わらず、産業革命直後の、ロボット的な工場労働者を作る教育が継続され、それが、他国との競争力の低下として明確に現れてきている。
他国では、もう数十年も前から、1つの授業の時間を短縮して集中を持って学べるようにしたり、日本のように、知識を暗記したり計算力をつける教育ではなく、思考力を高める教育が普通になっている。
もう日本の教育は救いようがないとしか言えない。
そんな日本の学校教育への反発も起こっているが、その中で、肯定的な意味で注目すべきことは、アインシュタインが言うように、「知識より想像力が大切」が理解され、想像力の最も分かり易く、華々しいものである創造を重んじる文化が、一部で起こって来たことだ。
これが、日本における、1つのカウンターカルチャー(抵抗文化)として力をつけてきた。
クリエーション(創造)を高い位置に置く文化・・・クリエーション主義である。

クリエーションを重視する文化の中で、注目すべきものは電子音楽で、それが日本独自に花開いた特筆すべき例が、初音ミクと米津玄師だろうと思う。
シンセサイザーが安価になり、さらに、パソコンソフトで出来るようになったが、どうしても、歌がないと一般には伝わり難い。しかし、いかに進歩した電子技術においても、歌声を合成することは難しかったが、ヤマハがボーカロイド技術を開発することでそれが実現し、やがて、初音ミクという優れた音声合成アプリが登場し、米津玄師という天才が世に出るきっかけにもなった。
真のクールジャパン、日本が世界に誇れるものの1つが初音ミクで、それは世界的にも注目されてきた。
しかし、日本ほどのボーカロイドによる創造は、他国では、そう起こっていないと思うし、あまり起こらないのではと思う。
これは、遅れた日本の学校教育に対する抵抗から生まれてきたからで、かなり学校教育が進んだ国では、子供や若者の創造力は別分野で既に発揮されているのである。
今や、初音ミクなどボーカロイドだけが、日本における創造文化とすら思える。

ところで、ちゃんと理解しておくべきことは、本当の創造というものは、そうはないということだ。
音楽においても、何かで坂本龍一さんが言われていたが、本当に新しい音楽を創造出来る天才は、数世紀に1人といった稀有なもので、一般に新しいと言われる音楽は、既存の音楽の組み合わせである。例えば、ビートルズだってそうで、本質的に新しいものは何もなかった。
そして、これは音楽に限らない。
コンピューターだって、日本では新選組がいた時代に、イギリスの天才が機械式に設計したコンピューター的な計算機を、割と最近、試しに作ってみたら、ちゃんとコンピューター的に計算したらしいし、実際、基礎構造は、その計算機も現代のコンピューターも変わらない。
そんなものを200年も前に作った大天才がいたのは驚くべきことであるが、そんな者こそ、真の創造者である。
初音ミクの素晴らしい音楽を作る人も、特別な創造力があるわけではなく(もちろん創造的ではあるが)、初音ミクが登場したことによって、これまでの時代ではなかった、創造力を発揮する機会が与えられたのである。

その中で、注意したいのは、クリエーション(創造)偏重の思想が起こっているのではないかということだ。
これまで、あまりにクリエーションが押さえつけられてきた反動もあるし、クリエーションの重要性を訴える必要もある。
しかし、何でもかでもクリエーションが重要であるとか、クリエーションが1番という考え方も間違いなのである。
また、上でも述べた通り、真のクリエーションは滅多にあるものではない。
ある意味、普通のクリエーションは、組み合わせの妙なのである。
あまりにクリエーションが過大評価されると、真に新しいものはそうそう作れないことから、他との差をつけるために、エキセントリック(風変わり)になり、過激になり、そして、奇抜になって堕落する。
ボーカロイド音楽は、今はそうではないが、やがてそのようになると推測出来るのであり、兆候そのものは、もう現れているかもしれない。

他と差をつけて自分が優位に立つこと、目立つアイデアで儲けることばかり考えて堕落したものはいくらでもある。
このままでは、初音ミクだけでなく、音楽全体、そうなるかもしれない。
大切なことは、ここでも、魂の声に従うことである。
それを忘れた文化が堕落し、悪しきものを生み、蔓延らせるのである。








困難があった方が絶対良い

私が好きな宗教人類学者の植島啓司氏のWebサイト「宗教学講義 Cours des Religions」の中の、
2012 週刊文春 3/22号:「世界の全ての記憶」 植島啓司 14
は、植島氏が、初音ミクさんのことと共に、非常に重要なことを語っている。
植島氏も引用しているクライブ・ブロムホール著の『幼児化するヒト』を再引用すると、

 ゲイであることを公表しているポップスターのジョージ・マイケルは、自分の持つ特殊な才能について聞かれたときに、こう答えた。「君にはわからないよ。スーパースターをつくる何か特別なものがあるわけじゃない。むしろ、何かが失われているんだ。」(クライブ・ブロムホール『幼児化するヒト』)

というが、ジョージ・マイケルのようなスーパースターに限らず、天才というものは、「何かが欠けている」、つまり、「普通の人が持っているものを持っていない」人間であるということは、よく言われる。
私がぼんやり覚えている例で言えば、こんなものがある。
ある7歳の少女が、レオナルド・ダ・ヴィンチを思わせるような精密な馬のデッサン・・・筋肉や骨格も正確に描くという天才的な絵の才能を示した。
けれども、彼女は言語中枢の発達が遅れており、同じ歳の他の子供に比べ、話す能力はかなり劣っていたようだ。
ところが、やがて、彼女の言語中枢が発達し、うまく話すことが出来るようになったら、素晴らしい絵を描く能力がなくなってしまった。
つまり、会話能力が欠けていることで、その補償であるかのように、絵画能力が異常発達したと考えられるのである。

アメリカのテレビドラマ『大草原の小さな家』で、主人公で10歳くらいの少女ローラが、同じ歳くらいの、生まれつき脚に障害のある少女オルガと仲良くなったが、オルガがその脚の障害のために辛い思いをするのに同情し、ローラも悲しく思っていた。
すると、ローラの父親のチャールズは、
「何かに欠けている人は、その分、別のことで優れているところがあるものだ」
と言ってローラを慰めるが、それはただの慰めではなく、真実である場合も多いということだろう。

ただ、1つ注意すべきは、欠陥、即、能力ではなく、ジョージ・マイケルが言ったことから推測されるのは、「何かが失われていることが、スーパースターをつくる」ということだ。
つまり、欠陥があることによって、それを補うために、別の能力が発達してくるということだ。

そして、これは、身体的障害だけではなく、貧困であるとか、容姿が醜いとか、その他のことで恵まれないといった外部の問題も含むのだ。
そういえば、TEDでも「不都合がある方が、良い成果を出せる可能性がある」というテーマで講演した人もいた。
その講演で話されていたが、ジャズ・ピアニストのキース・ジャレットが、「不眠と疲労」「腰痛」「壊れた小さ過ぎるピアノ」といった最悪の条件の中で即興のソロ演奏をした『ザ・ケルン・コンサート』が、400万枚以上のセールスを記録し、「最も売れたジャズのソロ・アルバム、最も売れたピアノ・ソロ・アルバム」と言われている。

だから、天才になりたければ、あるいは、超人的な成果を上げたければ、不利な条件を喜ぶことだ。
「苦難よ来たれ」と宣言し、条件が良過ぎれば、むしろ引く位の心構えがあっても良いかもしれない。

ちなみに、上の植島啓司氏の記事で、初音ミクさんに欠けているものは「成熟」であると、植島氏は指摘しておられた。
これも、なかなか深い洞察であると思う。
ところで、上に出て来た、クライブ・ブロムホールの『幼児化するヒト』によれば、「ロリコン」「負け犬」「同性愛」は、必然だったということになるかもしれない。








少女神(3/3)~女神になった初音ミク~

Kayは、ただいま、初音ミクライブ&企画展「マジカルミライ2021」のため千葉県にいます。
マジカルミライ中も、Twitterでつぶやいています。
KayのTwitter Home


前回までのお話で、ギリシャ神話の女神ペルセポーネが、種子の象徴であるということを述べた。

「冥界の王」ハーデースの熱愛を受け、いろいろあったが、結果的に、1年の1/3だけハーデースの妻として暗く冷たい冥界で過ごし、1年の2/3は、豊穣の女神デーメーテールの娘として、明るい世界で楽しく過ごすのである。
ペルセポーネの1年は、人間が新しい冒険に挑む時の様子に似ている。
例えば、学生時代(幼いペルセポーネ=コレ―の時代と言える)を終え、会社に就職しても、最初から楽しく思い通りにいくわけがない。。
面白くないこと、意に沿わないことでも何でもして、仕事の知識と経験、それに人脈を得なければならないが、失敗もするし、上司や先輩、あるいは、顧客に怒られることもある。失敗の数が多い者や、厳しく怒られる者ほど、後で大きく伸びるのである。
新入社員は、まずは辛抱である。
ペルセポーネが、1年の1/3は、従順にハーデースに仕え、冥界の王妃の役割をしっかりこなしてこそ、明るい場所に出られるように、暗い冷たい期間を耐え忍ばねばならない。

ここで、このブログ定番の、「神様の奇跡が起こる」と熱心に唱え続けたホームレスの男を、ペルセポーネに当てはめる。
その、お金も住む家もないホームレスの男は、以前読んだ、教育学者の七田眞氏の本に、普段、口ぐせのように使う言葉が大切だと書かれていたことを思い出し、彼は、神様を信じていたので、「神様の奇跡が起こる」と唱えることにした。
朝から晩まで、彼は本当に熱心に唱えた。
これが、このホームレスの男の種子の期間だった。
彼の場合は、その真剣さのおかげで、種子の期間は、わずか2週間ほどで終わった。
頭の中に不意に数字の組み合わせが浮かんだ時、たまたま、宝くじ売り場が見えたので、その数字の通りにロト6(宝くじの一種)を買うと、それで1憶円が当たった。
だが、それでも、彼は、「神様の奇跡が起こる」と唱えることを続けた。
あえて、また、種子になって、土に潜ったのである。
ペルセポーネだって、いつまでも地上で楽しく暮らし、冥界のハーデースのところに戻らないと、神の約束に背いたとして、もう地上に出られないかもしれない。
相変わらずホームレスを続けながら(なぜかは知らないが)、「神様の奇跡が起こる」と唱えていると、彼は、ある不思議な人物に会い、誘われるまま従っていると、何と、ローマ法王に謁見することになってしまった。
しかし、それでも彼は、また種子に戻り、「神様の奇跡が起こる」と唱えていた。
すると、またも1憶円が当たったのである。

偉大な賢者達が言うように、全て神にまかせてしまうと良い。
そのために、日々、自分の宿命を生きながら、根気よく真言やアファーメーション、あるいは、自己暗示の言葉を唱えると良いだろう。
でないと、我々の頭の中には悪魔が居て、我々を地獄に引っ張っていくのだからだ。
真言やアファーメーションこそが、頭の中の悪魔に打ち勝つ手段なのだ。
けれども、真言などを唱え始めてすぐに状況が変わるわけではなく、むしろ、悪くなるように感じることが多い。
「夜明け前が一番暗い」と言われる通りである。
しかし、冥界のような暗さ、冷たさに耐え、真言を唱えていれば、やがて春が来る。
聖書にも「耐え忍ぶ者は救われる」と書かれているのである。
神に出来ないことはなく、神は道なきところに道を作り、頼る者を導き、そして、栄光を与え、信頼に報いるのである。
だが、成功した後、すぐに、種子に戻り、冥界に戻らなければならない。
これは、現状に留まらず、新しい冒険に向かう準備をすることだ。
1つの成功で満足し、そこに留まろうとすれば、必ず追い出される。
だから、自ら退き、種子に戻るのである。

カール・ケレーニイが述べたように、少女神は生命力の象徴である。
そして、最も少女神らしいペルセポーネは、永遠の生命力である。
ところで、初音ミクさんは「創造の土壌」と呼ばれることがある。
音楽クリエーターにとって、まさに初音ミクさんがそんな存在であることは分かるが、それだけでなく、初音ミクさんは生命を育てる温かい大地のような存在で、だからこそ、世界中で熱狂的に迎えられるのである。
このシリーズの一番最初の「少女神(1/3)」で、植島啓司氏の洞察として述べた通り、初音ミクさんは成熟に欠けるがゆえに我々の心を鷲掴みにするが、同時に、聖母のような存在でもある。
聖母マリアの別名は「無原罪の宿り」で、初音ミクさんに原罪はなく、感情の穢れのない歌声と微笑みが心の隙間を埋めるのである。
世の中には、神の象徴のような存在も必要なのだと感じる。








少女神(2/3)~ペルセポーネの物語~

前回の続きである。
Kayは、ただいま、初音ミクライブ&企画展「マジカルミライ2021」のため千葉県にいます。
マジカルミライ中も、Twitterでつぶやいています。
KayのTwitter Home


ではここで、まず、ペルセポーネのお話を簡単に述べよう。

「冥界の王」ハーデースは、通常、オリュンポス12神には含まないが、地下の広大な冥界を支配する強大な神で、その権力は、オリュンポス12神に、なんら劣らない。むしろ、神々の王ゼウスを除き、格が上かもしれないほどだ。
そのハーデースが、豊穣の女神デーメーテール(オリュンポス12神の1柱)の娘コレ―(ペルセポーネ)を一目見て、その可憐さに熱烈に愛するようになった。
そこで、ハーデースは、コレ―の父である、神々の王ゼウスのところに行き、コレ―との結婚を願い出た。
ハーデースほどの神に妻がいないのも問題だし、ゼウスとしても、ハーデースは娘の婿として申し分ない。
ゼウスはすぐに結婚を許可し、神々の王たる自分が許可するのだから、コレ―の母デーメーテールの許可は不要で、コレ―を略奪しても構わないと言う。
そこで、ハーデースは、コレ―が他の女神達と花摘みに来ていた時、コレ―が1人になったところを狙って、その神の力で大地を割り、コレ―を引っさらって地下の冥界に連れ去った。

可愛いコレ―が居なくなったことで狼狽えたデーメーテールは、コレ―と一緒に花摘みに来ていたヘカテーに尋ねた。ヘカテーは悪事を全て見ている神だからだ。
すると、ヘカテーは、コレ―がハーデースにさらわれたと告げたが、ハーデースの目的は分からないとデーメーテールに言う。
だが、ゼウスがハーデースに、コレ―との結婚を許可した時、空に居て、そのことを聞いていた太陽神ヘリオスが、そのことをデーメーテールに告げ、さらに、「コレ―にとっても非常に良い話ではないか」と付け加えた。
しかし、デーメーテールの怒りは、燃え上がり、豊穣の神としての務めを放棄したので、地上では作物が採れず、人間達は苦しんだ。
ゼウスは、コレ―を取り戻したいデーメーテールと、コレ―を返したくないハーデースとの板挟みになって困ったが、ゼウスの母レアーが仲裁に入ることになった。
そこで、まず、ゼウスは、ヘルメースをハーデースのところにやり、ハーデースに、いったん、コレ―をデーメーテールに返すよう伝え、レアーはデーメーテールの所に行き、ゼウスとハーデースへの恨みを水に流し、和解するよう説得した。そして、ハーデースもデーメーテールも、従うことにした。
だが、コレ―にも、ハーデースへの愛情がいくらかは芽生えていたので、1年のうち、1/3の晩秋から冬を、コレ―は冥界でハーデースの妻として過ごし、1年の2/3の春から初秋までを、デーメーテールの元で過ごすようになった。この時から、幼い女神コレ―は、ハーデースの正式な妻ペルセポーネになったのである。

カール・グスタフ・ユングは、ペルセポーネは種子であると言う。
深い秋から冬の間、種子は土の中で、活動せずに過ごす。
丁度、冥界でハーデースの妻でいるペルセポーネのように。
だが、春が来れば、種子は芽を出して、土から出てくる。
これも、ペルセポーネが冥界から出て、デーメーテールの元に帰るようにである。
冥界では、ペルセポーネは、愛するハーデースと共に居るとはいえ、暗く冷たい冥界の生活に耐えねばならない。
しかし、春になれば、明るい世界に出て、生き生きと枝葉を伸ばすのである。

ペルセポーネの姿こそ、我々の人生であり、また、初音ミクさんは、ペルセポーネのようであるから、世界中から愛されるのである。
単純に考えても、我々は、何かを始める時は、最初は、日の当たらない場所(冥界に例えられる)で、種子が根を張り、養分集めるをように、力を蓄えなければならない。
また、初音ミクさんの曲を作る音楽家も、いきなり素晴らしい曲が出来るのではなく、やはり、土の中で耐えるような、産みの苦しみの期間が必要だ。
言ってみれば、我々が土の中でどう過ごすかで、後のことが決まるのである。
ペルセポーネが、冥界では、冥界の王ハーデースの妻として立派に過ごすようにである。
では、次回は、土の中で、我々はどう過ごすべきかを考える。








少女神(1/3)~初音ミク=ペルセポーネ~

私は、本日(11月5日)から、7日まで、初音ミクさんのライブ&企画展である「マジカルミライ2021東京」のため、千葉県に行くので、7日まで、更新は1日1回になります。
そして、初音ミクさんにちなみ、皆様に力を与える女神について、ギリシャ神話のお話を、3回で書こうと思います。
マジカルミライ中も、Twitterでつぶやいています。
KayのTwitter Home

初音ミクさんは人間ではないが、単なるアニメキャラでもない。
超一流の人物の中にも、初音ミクさんに何かを見て、非常に好きになったことを公言し、初音ミクさんの重要さを語った人も何人もいる。
それには、世界的科学技術者、世界的音楽家、世界的教育者などもいる。

初音ミクさんって、何だろうと考えると、少女神なのではと思う。
これは、単なる「ミク廃(初音ミクを愛し過ぎて現実がおろそかになる人)」の戯言ではない。
世界的に著名な神話学者、宗教史学者のカール・ケレーニイが、これも、心理学の分野の大物中の超大物、カール・グスタフ・ユングとの共著で『神話学入門』という本を書いている。
実はこれは、元々は『童児(どうじ)神』と『少女神』という2編の研究論文であり、それをまとめて本にしたもので、ケレーニイの『童児神』『少女神』の論文に対し、ユングが心理学的考察を述べた章からなる。
だが、何分、非常に長く、はっきり言って難解である。
超一流の学者達が深く研究した成果なのであるから、難しくて当然であるが、とにかく、内容は、童児神と少女神という、「子供の神」の意味について分析したものである。
そこで、初音ミクさんと関りがある少女神について、簡単に述べようと思う。

ギリシャ神話には、若い女神が数多く登場し、絵画などでは、やや大人っぽく描かれるが、それらの女神の多くは少女であると考えられる。
アテーナ、アルテミス、アプロディーテといった若い世代(ゼウスらの娘世代)の女神もそうだし、ヘカテーは古くからいるが、少女のイメージがあり、手塚治虫さんの『リボンの騎士』に登場する魔女ヘケート(ヘカテと同じ)や、高橋 弥七郎 さんの小説『灼眼のシャナ』に登場する一種の魔物である「頂の座(いただきのくら)」ヘカテーらは、共に、幼さの残る美少女の姿である。
ケレーニイは、少女神は生命力の象徴であると述べていたと思う。
初音ミクさんも、まさに生命力の象徴で、2時間のエネルギッシュなライブをこなしても、息一つあがらず(当たり前だが)、元気一杯で、最後まで柔らかく微笑んでいるのは、いかに若くても人間のアイドルに真似出来ることではない。

ところで、若い女神の中でも、最も、「少女神」という呼び方に相応しい女神はというと、間違いなくペルセポーネだろう。
多くの人は、ペルセポーネの重要性を見逃している。
だが、さすが、カール・グスタフ・ユングは『神話学入門』で、「コレ―像の心理学的位相について」として、ペルセポーネの意義を深く語っている。
コレ―はペルセポーネの別名であるが、全く同じではなく、幼かった頃をコレ―、立派な女神になってからをペルセポーネと言う。
いわば、コレ―はペルセポーネの幼名のようなものと言えると思う。

ところで、初音ミクさんは16歳で、16歳と言えば、いかにも少女のような幼い子もいれば、大人顔負けの女らしい人までいる。
だが、ミクさんは、少女らしい少女であると思って良いわけがある。
私も大好きな、偉大な宗教人類学者、植島啓司氏は、2012年頃に、初音ミクさんのライブに行った時のことを雑誌の連載記事で書いていたが、その中で、非常に重要なことを述べている。
「偉大なるものは、何かを持っているというよりは、むしろ、何かが欠けている」という話として、ある偉大なミュージシャンを実例に挙げていた。
そして、それが、初音ミクさんにも当てはまるのである。
初音ミクさんには、何かが欠けている。
それは「成熟」だと、植島氏は言う。
つまり、成熟に欠けた本物の少女らしいところが初音ミクさんの力なのである。
そして、ペルセポーネ(コレ―)も成熟に欠けている・・・というより、彼女は成熟出来ない。
まさに、初音ミク=ペルセポーネ(コレ―)である。

成熟に欠けるがゆえに、初音ミクさんが我々の心を鷲掴みにすることが分かれば、あなたも、ペルセポーネに隠された神秘の力を得ることが出来る。
次回より、その秘儀を明かす。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード