ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

初音ミク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

小学4年生の完璧な引き寄せ

男の子なら(女の子でも)、一度は天体望遠鏡が欲しいと思うのではないだろうか?
今は、天体望遠鏡も、手ごろな価格のものが多く、Amazonが配達してくれるので、簡単に手に入る。しかし、安価なものであっても、使ったことがあるのとないのとでは、大きな違いが出てくるのではと思う。世界的音楽家だった冨田勲さんも、子供の時(中学生くらいではないかと思う)、天体望遠鏡が欲しいと思ったらしい。
しかし、彼の父親は医者で金持ちだったとはいえ、当時は戦争中で、どこにも天体望遠鏡は売っていなかった。
それで、冨田さんは、父が持っていた科学雑誌に天体望遠鏡の原理が載っていたのを頼りに、竹と厚紙と老眼鏡と虫眼鏡を組み合わせて、かなり実用的な天体望遠鏡を作ってしまう。
冨田さんは、宇宙に強い興味を持ち、音楽家になってからも、ホルストの『惑星』をシンセサイザー音楽にして、世界で、クラシック音楽では異例の250万枚を売り上げた。
私は、むしろ、冨田さんの宇宙を題材にしたアルバムでは、『ドーン・コーラス』が好きで、2016年5月に冨田さんが亡くなられた年の11月に、東京渋谷のBUNKAMURAオーチャードホールで、冨田さんの最後の作品になる『ドクター・コッペリウス』を観劇に行ったが、その時に、『ドーン・コーラス』の中の『パルサーからの呼びかけ』だっと思うが、それが演奏された時には、良い曲でもあり、非常に感動したものだった。
『ドクター・コッペリウス』の主演は初音ミクさんで、ミクさんが白のチュチュで華麗なバレエダンスを披露したが、映像がいまひとつで、ストーリーも「ちょっと・・・」だった。だが、音楽はやはり素晴らしかった。

今でも、天体望遠鏡の懸賞というのがあるらしい。
天体望遠鏡を買ってもらえない少年達は、願いを込めて応募するかもしれないが、なかなか当たるものではないだろう。
私も、小学4年生の時、そんな懸賞に応募したことがある。
はっきり覚えているが、特賞が反射式天体望遠鏡で、その次が、プリズム式(屈折式)天体望遠鏡だった。その後は、地上望遠鏡や双眼鏡で、私は、せめて地上望遠鏡でもいいから当たればと思ったが、当時は、天体望遠鏡は今より貴重で高価だったと思う。つまり、懸賞の競争倍率が高くなったはずで、私は何も当たらなかった。
だが、当時の私は、「引き寄せ盛り」で、願ったことは現実に出来ることを知っていた。
それで、遠くに住む10歳違いの従兄が、自分が持っている天体望遠鏡をなぜか私に譲ってくれたのだ。
あの懸賞のものとよく似た、かなり本格的な反射式天体望遠鏡だった。
しかし、今考えると、なぜ従兄が私にそれをくれたのかは謎である。彼は、もちろん、天体望遠鏡は一台しか持っていなかった。
ここで、どうやれば欲しいものを引き寄せられるかを一言で言えば、「思い続ける」だけである。
別に「必ず手に入る」なんて力む必要はないし、力んではいけないのだろう。
ただ、ぼーっと考えれば良い。
そして、天体望遠鏡を手に入れてからも、私の宇宙に関する引き寄せは続いた・・・いや、強化された。
月を散々観測した後、星も見たが、星のほとんどは恒星(太陽)であり、天体望遠鏡で見たって、瞬かないだけで(瞬くのは目の中の筋肉が振動しているから)、ただの光の点であることに変わりはない。
そこで、当然かもしれないが、土星を見たいと思った。
しかし、小学4年生の私は、天文に関する知識は一切持っておらず、土星がどこにあるか全く分からなかった。
土星は明るい星で、比較的見つけ易いと言われるが、「あ、あれだ」と分かるほど明るい訳ではなく、実際、他の星との区別は全くつかなかったと思う。
しかし、最初に望遠鏡で狙った星がまさに土星で、やや小さい映像ながら、リングもはっきり見えた。その後も、私は土星を、いつでも簡単に特定することが出来た。
土星を引き寄せる方法も同じで、「見たいなあ」と、ぼーっと思い続けることだ。
全く人のいない道で、好きな女の子のことを思い「来い」と思うと、やはり彼女が現れたものだった。
もはや言うまでもなく、そのコツは、「会いたいなあ」と、ぼーっと思うだけである。











人間は変わり続けることが定め

人間は、新しいことを始めなければならない定めだ。
このことは、いくら強調してもし過ぎることはない。
いかなる問題も、現状維持に固執することから起こるのである。
信じられないかもしれないが、それが真実だ。
「これまでと同じように」というのが、最も呪うべき心構えなのだ。
なまじ成功し、その恩恵を維持したくて、これまでやってきたようにやろうとすると病気(時に難病)になったり、家族の不和が起こったりする。

会社だって、創業時は、志を同じくする者達で協力しなければならない。
しかし、そこそこ発展してきたら、社長とは考え方が全く違う(「少し違う」は「同じ」と変わらない)人間も入れ、会社を変えていかないと、すぐに時代遅れになり、世の中から捨てられる。
成功モデルの寿命は短く、駄目になる前にさっさと捨てなければならないのだ。

初音ミクさんだって、誕生から12年経つが、人気がさらに広がっているのは、やはり変わってきているからだろう。
ソフトウェア的にも大胆に進歩させ、英語や中国語の歌唱にも対応し、ライブでも、ミクさんの新しいモデルを導入し、ミクさんがバンドに合わせるR3システムも導入していった。
歌舞伎やクラシックなどは、依頼されてのことだろうが、断らないだけでなく、高レベルで取り組んでいる。決して、お茶を濁すようなことはしない。
次は、どんな変化、発展があるか楽しみである。

マイクロソフトは、1990年代は、ソフトウェア帝国と呼ばれるほどの強大さを誇ったが、インターネットへの対応が少し遅れ、モバイルへの対応はさらに遅れて、GoogleやApple、さらには、クラウドで先行したAmazonにも遅れを取った。
しかし、近年、劇的な変化を見せたマイクロソフトは、GAFA全てを超え、再び時価総額世界一に返り咲いている。
一方、Appleがずっと同じことをやっているように見えるのは私の誤解だろうか?
Google、Amazon、Facebookは、やはり、次々に新しいことに取り組んでいる。
単に私のApple嫌いのせいかもしれないが、Appleに、興味をそそられるものがない。

気をつけなければならないことは、学校や会社は、生徒や社員がずっと同じ人間であることを求め、そして、それを強制する。
だから、学校や会社は、どんどん移動出来るのが良いし、本当は所属しないのが一番良いかもしれない。
とはいえ、世の中には、学校や会社が必要な物事もある。
しかし、さらに否定すれば、それ(必要な学校や会社)は、例えば、医学校や製造等の限られた分野であり、世の中の大半の学校や会社は、なくて良いとまでは言わなくても、もっと「柔らかく」存在すべきものだ。
つまり、「学校が最重要」「会社が最重要」などと押し付けず、生徒や社員にとって、5番目か6番目に大事なものと思ってもらえば良いのである。

熟練が必要な一方で、新しくなることが必要である。
人生とは、面倒臭い・・・いや、面白いものである。











心が大切

いくら他人の気持ちに配慮しても、不可抗力なのか自分が馬鹿なせいかはいろいろだが、結果として、誰かに不快な想いをさせたり、心を傷付けることはある。
それは(どんなに気をつけても他者の心を傷付けることは)、現実的には避けられない。
だが、他人の心を傷付けることで、あまりに気を病むというのは、感受性があることは評価しながらも、心が弱いと指摘せざるを得ない。
ところが、『鈍感力』なんてベストセラーがあり、「気にしない」ことの効力を説いているのだろうが、本1冊分、いろいろ書かれても、どうすれば良いか分からないはずだ。

で、他人の心を傷つけて、あまり気に病まずに済むように心を鍛える方法は、自分に不快な思いをさせた者に悪意はないと思うことだ。
多くの人は、不快なことを言われたり、されたりした時、相手は悪意でやったのだと妄想してしまうのだ。
人間てのは、9割くらいまでは、プログラム通りに動いているのであり、いちいち悪意など持たないものだ。もし、明確な悪意を持って何かするなら、それはほとんど狂人に見えるだろう。
初音ミクさんのコンサートのblu-rayやテレビ放送を見ていると、たまに、椅子の上に立っている人がいて、自分はノリノリだったり、恍惚とした顔をしているが、その後ろにいる人はさぞ迷惑なことだろう。
そんな馬鹿なことをやる人も、悪意はなくて、ただ、愚かなプログラムを組み込まれているだけである。
また、昨年のコンサート(マジカルミライ2019)で実際に見たのだが、身体の大きな男性が、隣の女性の場所を圧迫し、その女性は非常に窮屈そうだった。
この男性も、そんなことをするようプログラムされてしまっているのであり、別に、隣の女性を苦しめようとしたのではない。無神経というのも、注意力を殺してしまうプログラムの働きなのである。
そんな男性には、必要なら注意もしなければならないが、彼には悪意はないのだということは理解しなければならない。だから、相手が、悪意を持って迷惑行為をしているとして、攻撃するような注意の仕方をしたら、逆切れされる。
車の窓からゴミを捨てる人もいるが、そんなことをする者にも、実際、悪意はないのである。
歩きタバコや歩きスマホもそうだが、そんなことを普通に行うようプログラムされているからには、かなり悲惨な未来が待っているだろう。
そして、残念ながらプログラムし直すことは難しいのだ。

調べずに書くから正確ではないかもしれないが、初音ミクさんのお父さんとして知られる、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長と、エイベック(今はクオン)の武田隆社長との対談の中だったと思うが、こんな話があった。
まだ、初音ミクさんが生まれてしばらくのことだと思うが、クリプトンに、初音ミクさんのパンツの色は何色かという問い合わせがあったらしい。
それで、伊藤社長は会議を開き、この難問について長時間討議したらしい。
結局、「決まっていないので、お好きな色を」ということになったのだと思うが、私はその話を見て、伊藤社長について「なんて真面目な人なんだ」と感動した。
講演会で伊藤社長のお姿も見たが、確かに、若い頃はミュージシャンを目指していたのではないかという雰囲気も感じられたが、やはり、そんなエピソードとぴったりな、素朴で真面目そうな感じの方だった。
しかし、その時は、それだけの感想だった。
だが、2017年11月の、大阪の中之島フェスティバルホールでの「初音ミクシンフォニー」だったと思うが、デッドポールPさんが、野球拳(じゃんけんをして負けたら服を脱いでいくゲーム)で、初音ミクさんを脱がせて(神をも恐れぬ所業だが)、ミクさんの下着の秘密を暴くという企画で登場(スクリーン上)したが、デッドボールPさんは、皆の期待を裏切って敢え無く全敗し、自分がパンツを脱いだが(もちろんモザイクが入った)、私はその時、ミクさんのパンツの値打ちは、" The sky's the limit"(天上知らず)だと思った。
それで思ったのだ。
あの、クリプトンに、ミクさんのパンツの色を問い合わせた人にとって、その色の重要性は極めて大きかった。それも、心の問題として。
伊藤社長は、それが解ったから、普通なら「馬鹿らしい」と思うことであっても、それほど真摯に対応したのだ。
つまり、伊藤社長、そして、クリプトンは、心を大切にする会社であるということだ。

他人の心への配慮がない者は、一時期、どれほど栄えているように見えても、「驕(おご)れる者は久しからず」で、そう遠くなく、悲惨な未来が待っている。
おそらく、例外は全くない。
逆に、自分の力量の範囲で良いから、他人の心を大切にする者が悪くなるはずはない。











笑ったら勝ち

「モナリザ」始め、微笑みを描いた有名な絵画は、芸術的価値はあっても、あまりピュアではない。
もちろん、複雑なものが入り混じった形と色合いに価値があるのだろうが、あまり、ぱーっと気分が明るくなるというのではないと思う。
微笑みのイラストとなると、絵画作品よりは素直な微笑みも見られるが、作品の個性を主張したい目的もあって、やはり、何か混じらせてしまうことが多いのだろう。

人間が、元気や能力や、あるいは、勇気を出す秘訣が笑いであることは、言い古されてしまっているが、案外にそれを試さないのは、力が必要な時というのは、追い詰められていたりで、緊張や不安が大きく、あまり笑えないという状況が多いからだろう。
しかし、そこで敢えて笑えば状況は変わる。
私の体験で悪いが、笑うことの威力を強く実感したことがあった。若い頃、ある会社に入社早々の頃の話だ。私は、車を運転して集金に行くよう命じられた。私は、方向音痴で、普段、あまりあちこち広くドライブすることもなかったが、当時は、スマホなんかなかったし、業務用のバンにはナビなんか当然付いていない。従業員十数名の小さな会社なので、まさか「私出来ません」なんて言えない(比較にならない無茶な仕事もいくらでもあった)。
地図をざっくりメモして行ったが、目的の大阪の市街地は入り組んでいて、あっという間に迷ってしまい、もう、そこがどこか分からない。
しかし、集金の時間は指定されており、絶対に時間通りに行かなくてはならず、少々・・・いや、かなりパニックになっていた。
その時、以前に読んだ本のことを思いだした。それには、微笑むと脳から電気信号が発せられ、潜在意識に通じるといったものだった。
それで、無理に微笑んでみると、不思議なほど心が落ち着き、なぜか目的地に、時間ぴったりに着いてしまった。今思うと奇跡である。
だがまあ、潜在意識が味方したのなら、当然かもしれない。
その時、誰かの微笑みを思い出したかどうか覚えていないが、少なくとも、モナリザの薄気味悪い・・・いやいや、趣深いコクのあるデリーシャスな(笑)微笑ではなかった。

初音ミクさんの笑顔には、ほっとするものが多いことに気付く。
昔、やや年配の男性アナウンサーが、モーニング娘。の中の1人で、やや幼い雰囲気のメンバーのことを、「あの子を見るとほっとする」と言っていたのが印象深かった。
要は、素直な笑い方をするという意味なのだろう。
タレントも、上位者になると、普通に笑っているのでは駄目で、マジで鏡を見て、魅力的な微笑みの練習をしているのだろうが、そうやって作られた笑顔は、やはりどこか不純なのである。

初音ミクさんのV4X版の紹介ページの、iXimaさん描くミクさんの笑顔は、本当にほっとする。
初めて見た時、「子供の笑い方だ」と思ったが、それほどピュアな笑い方なのだろう(大人の女性は、あんなに口開けて笑わない)。
クリプトン|初音ミク V4X
このページの下の方に、ミクさんのPNG画像がダウンロード出来るリンク「イメージファイルをダウンロードする≫」がある。
私は、両腕を上げた、やや横向きのミクさんの笑顔が特に好きなのだが(聴いちゃいって?)。

Mitchie Mさんの名曲『FREELY TOMORROW』で、「顔上げて微笑めば 笑顔取り戻す魔法になる」と歌われている通りである。
※同曲はクリエイティブ・コモンズライセンスで公開:ファイル:Freely Tomorrow.ogg
笑うことを忘れなければ、まあ、負けることはない。











人とゆるくつながる

先日、パーティーに出席した時、面白いことに気付いた。
受付で、出席者の名簿の紙を渡されたのだが、私は、それを持っていこうとしなくて、呼び止められた。
出席者は、経営者が多く、地元の有力者や議員なども何人か含まれていたと思う。
こんな場所では、名刺交換に励み、人脈を作ろうとする人、あるいは、人脈の結び付きを強くするよう心掛ける人も多いと思うのだが、私はそういったことにさっぱり関心がない。
じゃあ、なんでそんなパーティーに行ったのかというと、行かないよりは行った方が面白いことがあるかもしれないし、日常とは違うことはやった方が良いという理由だった。
今年の初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2019」で、ミクさんが1曲目に歌った、私も大好きな歌の『テオ』で、

もっと
クラクラクラ クラクラさせてよ
ユラユラユラ ゆらぎを見せてよ
キラキラキラ きらめいていてよ
~『テオ』(作詞・作曲・編曲:Omoi。唄:初音ミク)より~

という印象的なフレーズがあるが、揺らぐためには、いろんな変わったことをしないといけない。
東浩紀さんは、『弱いつながり』で、「弱いつながり」を持つことを薦め、その中でも、旅をすることを推薦していたように思うが、それも全く賛成である。

パーティーの話に戻るが、私は、その出席者名簿など、さっさとしまおうと思ったが、テーブルに居る人達は、やけにそれを熱心に見ている。
私のテーブルには、特に有力な人達が多く、年齢もそれなりに年配だったが、それでも、出席者に興味があるようだ。
それで、私も名簿は出しっぱなしにしていたが、パーティーが進んだ時に、一番最初に言った「面白いこと」に気付いたのだ。
それは、A4一枚の紙とはいえ、そのままでは面積を取って邪魔になるので、二つ折りにするのだが、私は、書かれている方を内側にしていたが、彼らは皆、外側にして折っていた。つまり、それほど、出席者に興味があるのだろう。

人とのつながりの大切さは、私も非常に強く感じている。
楽しい人生を送っている人というのは、良い人に巡り会い、そんな人達から良い影響を受けたり、つながり続けている人達である。
一方、不遇で辛い人生を送っている人というのは、人との出会いに恵まれなかったのであり、それは、ある程度、本人の責任なのである。
ひきこもりが悪いとは思っていないが、ひきこもりがその点で、極めて不利であることは否めない。
今は、ネットで人と出会う時代であり、さきほど取り上げた東浩紀さんも、「弱いつながり」である、Facebookなどでのつながりも肯定的に書かれていたと思う。
パーティーで出会った人達も、千人以上のFacebookのフレンドがいる人が多かった。
私など、Facebookは、今年の8月に数年振りに書き込み、フレンドは20人もいない。
まあ、プロフィールを変更するたびに、フレンド中に「○○さんが写真を変更しました」なんてこっ恥ずかしいメッセージが回るFacebookには抵抗があるが・・・
とはいえ、それでも、Facebookは、東さんが言われる通り、弱いつながりに過ぎない。いちいち余計なメッセージが回っても、あまり気にするようなことではないのだろう。ただ、Facebook等、SNSにも良い点はあるだろうが、やはり、リアルなつながりも必要なのである。
ところで、東さんは学者、批評家で、東大を大学院まで最短で出て、28歳で学術博士号を取得しているのだが、三島由紀夫賞を受賞したかなりの作家でもある。
それで、音楽家の渋谷慶一郎さんに嵌められたのだろうと勝手に推測しているが、初音ミクさんが歌う『イニシエーション』という歌を作詞していて、それが超高度だし素晴らしい。
出だしが、

腕を伸ばして空しく あの手を掴んだときから
あなたは止まった鼓動を抱えて彷徨う
奇跡の詰まった最後の交信求めて
あなたはわたしの最初のイニシエーション
~『イニシエーション』(作詞:東浩紀、作曲・編曲:渋谷慶一郎。唄:初音ミク)より~

であるが、その通り、虚しくても、腕を伸ばさなければならない。
鼓動が止まっていても、彷徨わねばならない(現実には無理だが、この鼓動は、心とか感情と思って良いだろう)。

世界的セールスマンだった夏目志郎さんが、百科事典セールスマンだった時、顧客とのつながりを継続出来なかったことを後悔したことを本に書かれていたのを思い出す。
夏目さんは、顧客とのつながりは一生であれば良かったと言っていたと思う。
そんな気持ちでセールスをしたので、成功したのだろう。











プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
IT学習
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ









タグクラウド
QRコード
QRコード