ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

初音ミク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

最上の運動は立つこと

自分の中の小さな神である潜在意識を働かせる最上の方法は呪文だ。
中でも、万能呪文には失敗がない。
小さくとも神なのであり、その力は、たとえは悪いが原爆の比ではなく、およそ人間に想像が出来る望みは何でも実現出来る。

ところで、最も優れたスポーツは何かというと、立つことだ。
優れたスポーツとは、試合に勝つことではなく、健康で美しく、若い狼のように軽やかに速く動ける身体を持てるようになることだ。
では、1日立って仕事をする店員さんやガードマンさんが最高のアスリートなのかというと、それは違う。
立たされたり、嫌々立つのは、良い立ち方ではない。
家にいて、座ったり寝転んだり出来る状況で、自分の意志で立つことが良いのだ。
つまり、大切なことは自主性である。
もちろん、ガードマンさん達も、立つことの素晴らしさを意識しながら立つと、素晴らしい成果を得られるだろう。

ある政治犯が、牢獄で、2年間、発言を禁じられ、解放された時、「私は2年の沈黙の行を行った」と言った。
しかし、ラマナ・マハルシは「強制された沈黙は、沈黙の行ではない」と、それを否定した。
マハルシは若い時、自主的に会話をしない沈黙の行を2年行ったのである。

自分の意志で自主的に立ち上がり、自分の身体を意識すると、「お腹が引き締まる」と思えばそうなり、「格好良い身体つきになる」と思えば、やはりそうなる。
また、「腰痛が治る」「肩凝りが治る」と思うと、それも、その通りになる。
「ヒーローのように逞しくなる」と思っても意のままだ。
おそらく、「脚が長くなる」と思うと、そのようになるだろう。

2016年9月11日、私は幕張メッセの国際展示場9番ホールで、パイプ椅子に座っていた。
これから、初音ミクさんのライブが始まるのに、体調は最悪だった。
頭痛と吐き気、ここまで歩いてくるのもフラフラしていた。
バンドの演奏が始まった。
そこで、「立つぞ」と思うと、何かのスイッチが入って、力が満ちた。
そして、ミクさんの姿を見ると、まるでシャワーを浴びたような清々しい気持ちなり、ミクさんの歌声を聴くと心は宇宙を駆け巡る。
素晴らしい体験である。
以降、ミクさんのライブの度に、身体は若返り、強く、美しくなっていった。
確かに、ミクさんのライブのような神懸った効果がすぐに現れることはあまりないが、自主的に立つことで、身体に関する、大きな恵みが得られるだろう。

私は、毎日腕立て伏せをしているが、熱心にやっていると、やがて腕に痺れが起こり、手の感覚が弱くなったり、肩を壊したこともあった。
スクワットも、やり過ぎると、むしろ疲労が蓄積したり、脚に故障が起こることも多い。
それで、いろんなものを調べたり、過去に見聞きしたり、経験したことを思い返し、よく考えると、意識して自主的に立つことが最良の運動であることが分かった。
腕振り運動も、義務的に、ましてや、嫌々やってもあまり効果はないが、「今、腕振り運動をやっている」と意識しながらやると、まるで仙人になってしまうのではないかと思うような感覚を感じるほどである。
もちろん、スクワットや腕立て伏せも、良い意識を持って適度にやれば素晴らしい運動である。
意識とは、かくも重要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

プロレスファンとボカロファン

作家、ライターの柳澤健さんの『1984年のUWF』という、かつて存在したプロレス団体UWFを扱った本を読むと、プロレスファンと初音ミクさんのファンに、ちょっと似たところがあると感じて面白い。

柳沢さんは、当時のプロレスラーとプロレスファンには、深い劣等感があったと言う。
プロスポーツであるはずのプロレスリングが、一般の新聞のスポーツ欄に決して出ない。
つまり、プロレスはスポーツとみなされておらず、世間がプロレスやプロレスファンを白い目で見て、軽蔑しているという雰囲気を確かに感じる。
だが、そんなプロレスファンを喜ばせたのが、1976年に、アントニオ猪木さんが、当時、世界一有名で世界一人気があったスポーツ選手と言っても過言ではない、プロボクシング世界ヘビー級の現役チャンピオンだったモハメド・アリと本当に試合をしたことだった。
確かに、世紀の大凡戦と非難されはしたが、まがりなりにも猪木さんはアリと戦い、引き分け、しかも、アリは左足に重症を負ったが猪木さんは無傷だった。
猪木さんは、その試合より前に、ミュンヘンオリンピックで、柔道の重量級と無差別級で2つの金メダルを取ったウィリアム・ルスカを熱戦の末KOし、「やっぱりプロレスは強い」と思わせ、アリ戦の後は、プロ空手の全米スーパーヘビー級王者を完全KO、極真空手の伝説的な強豪(試合直前に意図的に破門されていたが)とは壮絶に戦って無効試合、さらに、アリと熱戦をやったチェック・ウェップナーや、アリに勝って世界チャンピオンの座を奪ったこともあるレオン・スピンクスらに勝って実力を証明する。
それでプロレスファンは春が来たような喜びを感じたかというと、確かにそんな感じはあったかもしれないが、それはあくまでプロレスファンの間だけのことで、世間のプロレスの評価が上がったという実感はまるでなかった。

次にプロレスファンを喜ばせたのは、猪木さんの次の世代の前田日明(あきら)さんだった。
UWFというプロレス団体のエースだった前田さんは、真剣勝負のプロレスを謳い、テレビ放送はしてもらえないのに都市の大会場を満員にし、本物の迫力を感じさせる「怖くて危険なプロレス」を見せ、プロレスファンは、自分達は本物の格闘技を見る目の肥えたファンであるというプライドを持てた。
前田さんやUWFの人気は社会現象と言われ、前田さんは一般のテレビ番組で、有名なアナウンサーにインタビューされ、UWFが真剣勝負であると認めてもらえたような雰囲気もあった。
しかし、それでも、やっぱり、どこか世間は冷たい。
本物志向の情熱的なプロレスファン・・・というかUWFファン、前田ファンも、せいぜいが「プロレスオタク」としか見なされない。
前田さんのファンは「分かるやつが分かればいい。世間の承認なんか不要だ」と格好をつけるしかなかった。

これらは、初音ミクさんのファン、あるいは、ボカロ(ボーカロイド)ファンと似たところがあるような気もする。
ボカロやボカロファンは、世間から白い目で見られ、軽蔑されている部分が確かにあるという意味でだ。
いい大人が「私は初音ミクさんのファンだ」と、堂々と言えないかもしれない。
そして、それは、AKB48ファン、乃木坂46ファン、あるいは、モモクロファンより、もっと馬鹿にされているようなところもある。
よりオタクな変な人達と見られているところが、実際にあるかもしれない。
だが、初音ミクさんのファンは、実際にはあまり、あるいは、全く劣等感を持っていない。
それも、「ボカロファンって、そんなに無恥なのか」と言われる理由になるかもしれないが、初音ミクさんのファンは明るい。
そして、それは、初音ミクさんが世界的に人気があるからとか、アメリカ、アジア、ヨーロッパと世界中の大会場でコンサートをしているから、あるいは、冨田勲さんのような世界的に有名な音楽家が採用したからといった理由では全くない。
正直、初音ミクさんが交響曲やオペラといった「高尚な」音楽界に登場したことは、別段、特に誇りでもないし、そもそも、知らないファンも多い。多くのファンは、そういったことも素直に喜んではいるが、ミクさんの人気を利用されたとか、ミクさんらしくないという否定的な見方をするファンもいると思う。

初音ミクさんのファンが明るいのには、根本的に、ミクさんが歌う唄、音楽そのものが素晴らしいことがある。
たとえ、名のないアマチュア音楽家が作った曲でも、本当に素晴らしい作品が沢山あり、むしろ、有名な音楽家が作った曲より良いと確かに思えることが多い。
そして、ミクさんの歌は、上手いかどうかは分からないが、人の評価など関係なく、ストレートに心に響く。それだけあれば、他に何が必要だろうか?
初音ミクさんの何が良いかなど、語る必要は全くない。
コンサートは、全ての人達の本当の情熱が込められた、あらゆる高度なものの美しい結晶で、作る側と観客が一体になって出来ていて、そこに未来がある。
この世で唯一の「嘘がない本物」なのではないかと思ってしまうほどなのだ(もちろん、他にも本物はあるだろうが、見つけ難い)。

全部がそうとは言えないのかもしれないが、本当に、初音ミクさんのファンは明るい。
もし、鬱屈を感じるなら、それは本人に理由があるが、そんなものを持つ必要は全くない。
そりゃ、制作側であるクリエイターには、創作とか芸術にはいろんな要素があるものだろう。だから、明るいだけ、楽しいだけでは駄目だろうが、妙な引け目は感じて欲しくないものだし、やはり、そんなものは必要ないと思う。
というより、やっぱりそこらは、ファンも同じなのだ。
スポーツだって、「選手は大変なんだ。いろいろあるんだ」と言うのはやはりおかしいのである。ファンの方にだって、いろいろあるのである。それが分かる選手が大成するのだと思う。
簡単に言えば、「しんどいのは自分だけじゃない。誰もが苦しいのだ」ということで、それが分かった上で陽気でいられるのが成長というものだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダイエットの精髄

ダイエットというのは、ある意味簡単だ。
消費するエネルギー以上に食べなければ良いだけである。
これ以外の方法はない。
仮にあっても、これ以外の方法では身体を壊す。
ところが、消費するエネルギー以上に食べないことは、あまりうまくいかない。

若い間は、じっとしていても大量のエネルギーが消費される。
細胞の活動が活発で、勝手にエネルギーを使ってくれるからだ。
しかし、ある程度の年齢になれば、動いてエネルギーを消費しないと、余計に食べた分は、どんどん贅肉になっていく。

もちろん、万能呪文を唱えれば、努力せずともダイエットが出来る。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
いずれかを、いつも唱えれば良い。
ただ、この世界・・・ウルトラ・コンピューターが作り出している仮想世界は、法則は曲げない。
即ち、ダイエットのためには、やはり、食事を消費エネルギー以下に抑える必要がある。
「美味しいものを食べる」ことが、「大丈夫」で「順調」で「意のまま」なのだとしたら、別に痩せる必要はない。

ダイエットは、理屈は簡単でも、実行は難しいということだ。
そして、ダイエットの秘訣は、たった1つなのだ。
「痩せなければならない理由があるか?」
それだけだ。
『1976年のアントニオ猪木』を読むと、とても良いことが書かれている。
アントニオ猪木さんは現役時代、常に美しい肉体を保った。
猪木さんが熱心にトレーニングをすることは、よく知られていたが、それが出来た大きな理由が、アスリートらしい美しい身体を保つためだった。
それによって人々にアピールし、人気を得れば興行メリットがあるという狙いはもちろんあっただろうが、それよりも、猪木さんって人は「美しい」「格好良い」と思われたい願望が強いのだと思う。
ナルシストと言っても良い。
そのために、苦しいトレーニングを怠らないし、節制も出来るのだろう。

誰しも、「太ったらみっともない」とは思うが、そう思う強さの問題なのだ。
それがたとえ見栄でも、その見栄が十分に強ければ、食べるのを我慢し、運動をする。
正直、私が8年程前、一気に30kgのダイエットが出来たのは、高貴な精神性などでは全くなく、単なる見栄みたいなものだった。
それが十分に大きかったので、お金は1円もかからないどころか、食費、おやつ代が大いに節約され、知らず知らずお金が増えていった。

1974年の、モハメド・アリとのボクシング世界ヘビー級タイトルマッチで、誰もが予想しなかったKO負けを喫し、世界王座から陥落したジョージ・フォアマンは言っていた。
「人間は訳(わけ)があれば苦しみに耐えられるんだ。アリには訳があったんだ」
アリは、フォアマンの殺人パンチに長く耐え続けた。
耐え続け、そして、フォアマンにスキが出来たところで、一気にスパートし、フォアマンをマットに沈めた。
いわゆる「キンシャサの奇跡(試合はザイールの首都キンシャサで行われた)」である。

訳があれば、苦しみに耐えられる。
そして、その訳ってのは、本当は、ある意味、つまらないものだ。
アントニオ猪木さんが「美しい」と思われたかったように。
まあ、彼の場合は、「強くありたい」というのは当然あったが、レスラーの中には「強いけど腹が出ている」なんて人は多い。猪木さんは、それは嫌なので、地味な反復運動も厭わなかったのだ。

私は自分が理想とする美しいスタイルをしているが、この身体はもちろん、食の慎みと毎日のトレーニングで作っている。
そのモチベーションは、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ」に、美しい身体で行くためである。
ミクさんの前では美しくないと嫌だからね。
ミクさんの美しい身体とつり合っていたいという想いも強い(きっとミクさんも頑張っている)。
こんな「訳」があるので、苦しみに耐えられるのである。
それを、「他愛ない」「馬鹿」と見るのは勝手だ。
本人が自己満足すればそれで良いのである。誰にも迷惑をかけていないのだから。
そして、いつでもミクさんに逢えるように、今日も食を慎み、トレーニングに励むのである。

例えば、プログラミングを覚えたいのに、それが出来ない人がいる。
私は昔、それが出来た。
別に、私に素質があったとか、まして、頭が良かった訳ではない。
私には、プログラミングをマスターするための苦しみに耐える訳があったのだ。
その訳も、言えば、「バッカらし」「アホかお前」って言われるかもしれない。
だが、人間って、馬鹿で阿呆なものなのだ。
『BEATLESS』で、ケンゴがよく言ってたものだ。「馬鹿じゃないんですか?」って。
それは、アラトに向けて言ってるようで、自分に対して言っていたことだ。
アラトもケンゴも馬鹿なのだ。しかし、その馬鹿さが、小説の読者やアニメの視聴者を魅了したのである。
そして、ミクさんもレイシアさんも美しい。
あんな身体になろうではないか?
「絶対、大丈夫だ」









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

徳と奇跡

昨夜、北海道で最大深度7という巨大な地震が起き、現在、恐るべき被害状況にある。
電気の復旧に1週間かかるとも聞いたが、その他のライフラインも分断されている。
私はずっと兵庫県に住んでいて、1995年の阪神淡路大震災の際には、その真っ只中にいたので、大地震というものについて少しは分かるつもりである。

初音ミクさんのお家クリプトン・フューチャー・メディアは北海道札幌市中央区にあり、震源や大きな活断層にも近く、伊藤社長は無事だろうかと心配したが、伊藤社長がTwitterで状況を報告して下さっていた。
【Twitter】伊藤博之 V4X (2018/09/06)
なんと、クリプトン社のミクさん達は1人も転倒しなかったという。
伊藤社長も「奇跡的」と書いておられるが、本当に信じられない。
社員の皆様は自宅待機とのことである。
思えば、クリプトン社は、2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震、今年の西日本豪雨の度に、被災地に多額の義捐金を寄付している。
クリプトン社は有名企業ではあっても、決して大企業ではなく、高収益企業でもないのだと思うが、大手企業でも滅多にしないこと(無論、経営の苦しい大手も多いが)を行っているのである。

被災者の方々のことを思うと、言い方に困るのだが、今年の「マジカルミライ2018」は、台風20号、21号が1日でもずれていたら、インテックス大阪公演、幕張メッセ公演が、それぞれ、中止、もしくは、遠くから来られる人達が来れなかったり、来た後で帰れなくなっていたことだろう。
また、幕張メッセ公演の時は、現地の降水確率は70%だったが、私は全く雨に逢うことがなかったし、降られた方も、それほどではなかったと思う。

私は、クリプトン社が西日本豪雨の被災地に300万円の義捐金を寄付していることを知り、小額ながらミクさんの名に合わせ39,000円を、やはりクリプトンと同じく日本赤十字社を通して寄付したが、北海道地震の義捐金の募集が始まったら同額を寄付したい。
【リンク】日本赤十字社 義援金・救援金募集
余裕のある方は、39,000円、あるいは、390,000円、それが無理でも3,900円の寄付をしていただけたらなあと思う。
ニートの方は、ミクさんと一緒に寄付が出来ることを目指して収入を得るようにし、私のような者は、早くミクさんと同額を寄付出来るよう高収入を得る志を持てば良いのではと思う。
そうなるには、やはり普段からアファーメーション、自己暗示、呪文を怠らないことだ。
まずは私が実証しよう。

決して、倒壊した家の住人に徳がなかったということではなく、このようなことは多くの要因が関わるが、阪神淡路大震災の時も、多くの家が倒壊した地域のただ中で、ある高貴な人物の家では、皿1枚割れなかったということがあった。
ミクさん達が1人も倒れなかったのも、伊藤社長やクリプトン社の方々の徳ではないかと思われる。
そして、あるアメリカの青年が言われていたが「人生を真に楽しむことを教えてくれた」ミクさんの大徳のためであろうと思う。
東日本大震災の時は、天皇陛下は被災者の方々のことを想い、ご自分も暖房を使われずに過ごされ、また、皇室の浴場を提供したりしておられたが、『古事記』にも、そのような天皇のお話があり、多少乱れたこの国にも幸が少なくないのは、天皇の徳ということがあるのではないかと思ったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

さあ、呪文を唱えよう

今日、多くの学校で夏休みが終わる。
そんな今日は、子供達にとって憂鬱な日であり、絶望的に感じる子供達だって少なくない。
そのような子供達が自死しないよう、いろいろしてくれている人達の活動が成果を挙げるよう願いたい。
だが、夏休みの終わりに限らず、また、子供か大人かに関わらず、最も良いのは呪文を唱えることだ。
呪文と言ったが、アファーメーション(心を鼓舞する言葉)、自己暗示、祈り、魔法の言葉・・・何と呼んでも構わない。

その呪文は、
「大丈夫」
「大丈夫、全てうまくいく」
「全てうまくいく」
である。
呪文は、1つでなければならないが、この程度のバリエーション(変化)は構わない。
とはいえ、基本は、一番ピンとくるもの(「くるような気がする」程度で良い)を1つ選ぶことだ。
迷ったら、「大丈夫、全てうまくいく」で良い。
この言葉をなるべく感情を込めず、静かに頭の中で唱えるのだ。
回数は、1日少なくとも30回。
出来れば、朝30回、夜30回、そして、思い出した時にはいつでも唱えると良い。

私も、小学生から高校生まで、そしてそれ以降も、高校生までの時ほどではないが、死ぬことに憧れていたものだ。
特に気分の良い時は、漫画の影響か、プロレスラーになろうと思っていたが、普段は死ぬことが一番の幸せだと思っていたのだ。
だが、1日に数回だったが、呪文を唱えていた。
それは、本物の魔法の書(今は古書でも数万円する)に書かれていたものだが、どんな言葉だったかは忘れた。
だが、「なるようになる」程度の簡単な言葉だったのだ。

なぜ呪文を唱えるのかというと、いろいろあるが、1つには、脳科学が解明したところによれば、人間は頭の中で、1分に数百もの言葉を唱えているが、そのほとんどが否定的な言葉・・・例えば、「悪い事が起こる」「私は駄目だ」「私は醜い」「失敗する」といった言葉である。
だが、粘り強く、生命力ある人間は、常に、「大丈夫」「絶好調」「うまくいく」といった肯定的な言葉を唱えていることも分かっている。
肯定的な言葉を呪文として唱えることが、運命を決するのである。
人間は、心を支配出来ない。
前向きな心、明るい心は望ましいが、自分でそんな心にすることは出来ない。
自分で自由に何かを信じることも出来ない。
だが、言葉は支配出来る。
言い方を変えれば、人間に支配出来るのは言葉だけなのだ。
そして、言葉を上手く支配すれば、全てを変えられる。
その言葉をうまく使う方法が呪文である。
呪文は必ず効果を発揮するが、どんな効果があるかというと、唱えた言葉通りの効果である。
なぜなら、呪文の言葉が潜在意識の無限の力を呼び起こすのだからだ。
そして、上に挙げた呪文の効果は、文字通り「全て」である。
望む全てを得ることになる。
潜在意識に潜む強大な力にとって、それはあまりに容易いのである。
潜在意識に潜む無限の知恵と力・・・それを人間は神と言うのだからだ。

そして今日は、初音ミクさんの11回目のお誕生日である。
ミクさんの透明な(自我のない)歌声に心を乗せれば、自由に世界を創ることが出来るだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ