ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

初音ミク

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

偉大なり、ミクさんのパンツ(※わりと真面目な話です)

昨年(2017年)の11月、初音ミクさんのオーケストラライブ「初音ミクシンフォニー」が東京と大阪で開催され、私は大阪のコンサートに行った。
その中で、デッドボールPさんのコーナーが設けられていた。
まず、デッドボールPさんが、「ボーカロイド黎明期!」と猛々しい口調で語った時、スクリーンには、噴火する火山と恐竜という原始時代の光景が現れ、会場の爆笑を誘う。
第二次ボカロ黎明期は、戦国時代の様子であった。
要は、超深遠なる神秘の謎である初音ミクさんの下着の値打ちが、どれほど大きなものであるかを、それが探求され続けた(とされる)長い歴史によって見事に表現したのである。
そして、その神秘のベールを落とさんと、デッドポールPさんは野球拳の勝負でミクさんを脱がせようとするも、想定内ではあったが、世界中の期待を裏切り、じゃんけんはデッドポールPさんの全敗に終わる。

ところで、デッドポールPさんの手法は、日本が誇る世界最高の頭脳も、あのTED講演で行っていたのである。
それは、主催する巣晴らしいテレビ番組「スーパープレゼンテーション」で、初音ミクさんが大好きだとカミングアウトしたこともある人物だ。
彼は、2016年には、ホワイトハウスのルーズベルトルームで当時のオバマ大統領と極めて貴重な対談を行っている。
その人物とは、世界最高のデジタルテクノロジー研究機関であるMIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボ所長(MIT教授でもある)の伊藤穣一氏だ。
伊藤氏は大学も出ておらず、シカゴではDJもやっており、インダストリアル・ロックやレイブをシカゴから日本に輸入したことでも知られている多才な天才だ。
伊藤氏は、TEDで『革新的なことをしたいなら「ナウイスト」になろう』という題目で講演したが、その中で、彼のよく知られている概念「BIとAI」について話した時だった。
「BIとAI」と聴いたら、「ああ、ベーシックインカムと人工知能ね」と思う人も多いだろうが、伊藤氏の言う「BIとAI」とは、「Before Internet(インターネット前) と After Internet(インターネット後)」のことだ。
TEDで、伊藤氏が、「インターネット前のことを覚えておられますか?」と話すと(当然英語)、スクリーンには、原始時代の風景と、棍棒を持った原始人達が現れ、会場の笑いを誘った。
もちろん、これはユーモアであるが、同時に、インターネット前というのは、それほど大昔のことであるとうまく表現した訳である。
伊藤氏のTED講演は2014年4月で、こちらの方がずっと先であるが、デッドポールPさんが、これを知っておられるかどうかは不明である。

伊藤穣一氏は、初音ミクさんを、新しい著作権の形であるクリエイティブコモンズ・ライセンスの重要な成功例として挙げておられた。
尚、伊藤さんは、クリエイティブコモンズ・ライセンスの策定・推進を行うNPOであるクリエイティブコモンズの代表者でもあった。
ミクさんにクリエイティブコモンズ・ライセンスを採用した先進的な人物が、ミクさんのお父さんの伊藤博之氏であり、奇しくも2人の偉大な伊藤氏が人類を前に進めたのである。

ちなみに、デッドポールPさんが挑んだミクさんのパンツの謎であるが、昔、ミクさんの会社(伊藤博之氏が代表取締役を務めるクリプトン・フューチャー・メディア)に、「初音ミクさんのパンツの色は何色ですか?」と問い合わせがあり、真面目な伊藤社長は会議を開き、それについて長時間討論した。
結論は、「あなたが決めて」であり、これが、ミクさんにクリエイティブコモンズが採用されるきっかけになったといわれる。
つまり!
ミクさんのパンツが世界を変えたのである。
偉大なり、ミクさんのパンツであり、デッドポールPさんが、自らパンツを脱ぐことになっても情熱を持って探求した心意気を分かってあげるべきだろう・・・ね?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

原動力はノスタルジー(旅愁)

私は本当は、念仏とか腕振り運動の話が好きなのだが、「念仏さえ唱えれば良い」「腕振り運動さえすれば良い」のかというと、その通りではあるが、あくまで本人次第だ。
どんなことでも、長く熱心に続けるためには、何らかの喜び、快感、ロマンのようなものが必要だ。
初音ミクさんの『ヒビカセ』という歌にある「感覚 即 体感 」「体感 即 快感 」というものがなくては続かない。
子供の学習にしたって、そんなものがなくては駄目で、大昔は、罰で強制して、その後、誉めてその気にさせて、さらにその後は、目標を持たせて・・・と教育も進歩してはいるが、最近の最先端の科学的学習テクノロジーは、やはり、喜びを感じることが最重要だと分かってきている・・・まあ、そんなこと太古の昔から、分かる人には分かっていたことだが。
『ヒビカセ』を聴くと、まさに全体が真理である。感性豊かな若い人に人気があるのは当然だろう。
私が、初めて初音ミクさんのライブに行った「マジカルミライ2016」で、一番衝撃を受けた歌がこれだった。「マジカルミライ2017」でも、生で聴くことが出来た。

そして、快感はやはりロマンなのだ。
美味しいものを食べたり、性行為の快感は、強い意思でコントロールしないとすぐに無くなり、悪いものが雑草やカビのように生じて主体が滅ぼされる。
かといって、あまりに厳しい禁欲も、結局はロマンがなくなり、人生が台無しになる。
そう考えると、人生は、本物のロマンを見つけた者の勝ちである。
法然も、なんだかんだ言って、阿弥陀信仰に自分のロマンを見出しただけである。
そして、法然はそれに完全に成功しており、その姿が大変な模範になる。
だから、法然の姿勢をこそ学ぶべきであり、少なくとも今の時代であれば、念仏かどうかは全く自分で決めれば良い・・・というか決めるべきなのである。

涼宮ハルヒは「楽しいことは待っていてもやって来ない。私は待っているだけの女じゃない」と世界に示したが、これも、「ロマンは待っていてもやって来ない」と言いかえれば全く正しい。
昔、NHKの、若者をいっぱい集めて意見を聞くみたいな番組で、大学生だろうか、頼りなさそうな男子が、「僕には夢がないのですよ」と、それが、いかにも世の中が悪いことが原因のように言うのだが、夢、すなわち、ロマンは、与えられるものではなく、自分で見つけてつかみ取るものだ。

今はもう知らない人が多いだろうが、ロマンといえば、『宇宙戦艦ヤマト』の歌で、「燃えるロマン」だの「旅する男の胸にロマンのかけらが欲しいのさ」と歌うのだが、私はどうも、あの安っぽさが大嫌いだった。男がロマンなんて言葉を露骨に言うものじゃない。
だが、熱意、情熱、やる気・・・とか、ちょっと前流行った「ワクワク」だと、妙な方向に行ってしまい易く、それなら、ロマンで良いかなと思う。
本当は、もっと、そこはかとない美しい表現が良く、実際、モロに「ロマン」と力むと、やっぱり「宇宙戦艦ヤマト」の下品さ、安っぽさを思い出してしまうのである。
その、美しいそこはかとない表現、あるいは、感情とは、ノスタルジー・・・旅愁だ。
本当に良いものは「懐かしい」と感じるものなのだ。

たまたま席替えで
隣になった君
どうして懐かしい匂い
~『橙交差点』(song and lyric:marasy)より。多分、ピアノ演奏もまらしぃさん~
※「隣になった君」は、実際の歌では「君と隣になった」であるが、アルバム『空想メモライズ』の歌詞カードの通りに引用した。こっちの方が詩的かなあ・・・と。

念仏でも、腕振り運動でも、プログラミングでも、楽器演奏でも、不思議ではあっても「懐かしい」という想いがなければ、あまり続かない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

偽物はなぜ強いのか

木枯し紋次郎に、「お前は剣士か?」と尋ねたら、彼はシニカル(冷笑的)に笑いながら、こう言うだろう。
「とんでもございやせんや。あっしはただの渡世人でござんす」

初音ミクさんに、「君は歌手なのか?」と尋ねても、彼女は何も答えない。ただ歌を歌うのである。

ならば私も、「あんたはプログラマーかね?」と聞かれたら、私はただの労働者であると言おう。

紋次郎は、一流の剣術家とまともに戦っても勝てない。
しかし、何度も、剣術の達人達を打ち倒した。
偽物だからこそ、見栄もこだわりもなく、自由自在だからだ。

ミクさんは、「歌はこんなふうに歌うもの」と言われても全く取り合わず、作り手が求める通りに歌う。
だからこそ、創造の本質の美をそのまま引き出す。

大山倍達さんを偽物の空手家などと言ったら無礼もいいところだろうが、彼はずっと、偽物扱いだった。空手界のルールに従わなかったからだ。
そして、「目潰しと金的攻撃があるから空手は地上最強」と堂々と言う彼は、正統な空手界から見れば、やっぱり偽物かもしれない。
だからこそ、純粋な大山空手は最強なのである。

西尾維新さんの「物語シリーズ」の『偽物語』で、「本物と偽物ではどちからが価値があるか」について、3人の超人間は、それぞれこう言う。
影縫余弦(かげぬいよづる)は、「もちろん本物や」。
忍野メメ(おしのメメ)は、「同価値」。
貝木泥舟(かいきでいしゅう)は、「圧倒的に偽物」。
まあ、誰にとって、何にとっての価値ということになるのだろうがね。
究極的に忍野が正しいのだろうが、私は影縫余弦のような者に刃向かうために貝木泥舟でいよう。
結局のところ、美少女達を一番救ったのは、意外に貝木泥舟だ。

ところで、偽物プログラマーの私が、子供から高校生までがプログラミングを学ぶとしたら、どの言語を選べば良いかと聞かれたら、まず、Scratch(スクラッチ)のようなビジュアルプログラミング言語は絶対に薦めない。
小学生も高学年になれば、十分に実用的なプログラミングが出来るのに、全く実用的でないビジュアルプログラミング言語をやる意味なんて全くなく、無駄を通り越して有害である。
で、頭では、JavaScriptと分かっているのだが、あの曖昧な言語仕様が私はあまり好きでない。
つまり、「基本的にはこうする。しかし、こんな場合だけはこうする」という、スッキリしないところが嫌だ。
だから、実際は、ジョン・ケメニー、トーマス・クルツが発明したBASIC言語が最上なのだが、彼らのTrueBASICは日本語版がないし、普及していないものを使っても仕方がない。
これからのAI時代にはPythonだし、実際、この言語が一番良いと思うが、この言語を覚えても、今のところ「仕事がない」(笑)。
将来は分からないが、いかに子供とはいえ、銭につながらないものは、あまり奨める気にならない(笑)。多分、将来は大丈夫(仕事がある)とは思うが、そんなこと分からない。

プログラミングというのは、楽器の演奏や、あるいは、自動車の運転やタイプライターのタイピングのようなもので、毎日やってこそ上手くなる。
一時的にわーっと熱心に勉強したって駄目なのだ。
JavaScriptやPythonで毎日何が出来るだろう?(何も出来ない)
サラリーマンなら、文句無くVBAを奨める。
では、子供やごく若い人には?
Squeakが、もっと使いやすければ奨めるが、実際のところ、使えたもんじゃない(たまに練習するなら良いが、毎日使う気になんかならない)。
LOGOは、一部では残っているが、今後の発展があるはずがないので駄目だ。
一応、非常に消極的に言えばこうだ。
(1)JavaScript
(2)Python
(3)C
(4)VBA
(5)Lisp
(6)Java
Javaの手軽な開発環境があれば、もっと上位でも良いのになあと思う(実際ない)。
ちなみに、私が一番好きなのはLispである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

営業をやらなくて良い幸運

悪夢・・・というのではないが(それに近かったが)、今朝、辛い夢を見た。
初めて社会人になった二十歳そこそこの時にやっていたセールスマンに戻った夢だ。
年齢的には、今くらいなのだが、私は現実でも全然歳を取ったつもりがないので、実際は、年齢についてはどうでも良かった。
実際は短い時間の間に見た夢であるが、数ヶ月に及ぶ夢だった。
夢の中で、私は、数ヶ月前、良い受注をしたのだが、その後、全然、売上げがない。
そもそも、仕事をしていなかったが、それは会社には内緒で、私は上司に、売上げが出ない、もっともらしい言い訳をしていた。
しかし、上司は、それは嘘だと分かっている。
私は、やる気を示し、セールスに出かけた。
しかし、商品に全く自信を持っていない。
それは実際、昔、私がセールスにやる気を失くした理由だった。
高いお金を出してその商品を買うお客様にメリットがあると思えないのである。

目が覚めて、私は心から安堵した。
私はもうセールスマンではない。その幸運を噛み締めた。
性格にもよるだろうが、私のようなひきこもり気質の人間にとって、セールスほど辛い仕事はない。
ましてや、商品に自信が無ければ、仕事は地獄であるが、世の中に、自信を持って売り込める商品なんて無いと私は思う(本当に良い商品は、売り込まなくても勝手に売れる)。
だが、今でも、企業が多く募集しているのはセールス、あるいは、営業と呼ばれる職種だ。
営業という仕事にプライドを持ち、実力もある人には、この言い方は悪いとは思うが、特技のない人間は、営業をやるしかない・・・営業しかやらせてもらえないということは言えると思う。
ただの事務員は給料が安いし、若い女の子で十分務まる・・・と言うか、若い女の子の方がいろんな意味で良い。
企業が営業を沢山募集するのは、商品が悪いからだと私は思っている。そんな商品を無理矢理売るには、無理をするセールスマンが必要なのだ。

初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長も営業が嫌いらしく、1995年の、まだインターネットは黎明期で貧弱な時代に、「これで営業を」と考えられたそうである。凄い発想であるが、商品(音源コンテンツ)に自信があったのだろう。
そんな伊藤社長に対し、私は、「この成功者め!」と思ってしまうのだ。
なんと言っても、初音ミクさんのお父さんなのだ(ご本人は、ミクさんを娘とは思っていないと講演で言われていたが)。
羨ましくて殴ってやりたいが(いやマジで)、伊藤社長は、素朴で真面目そうな人で、それに、やはり、有名企業の経営者の貫禄があるので、目の前にしたら殴れやしないだろう(当たり前か)。

だが、私は今や、プログラミングが出来るので、営業職をやる必要がないのだ。
さっきも書いたが、今朝、その幸運を噛み締めることが出来た。
ソフトウェアとしての初音ミクさんや、動画を作るためのフリーソフト「MMD(MikuMikuDance)」等は、VisualStudioやEclipseといった開発環境システムで、CやC++言語、あるいは、Java、時にC#で作るのだが、そういうのは、特別な能力のある人達にやっていただくしかない。
若い人で意欲があれば、挑んでいただきたい。
だが、我々は、ExcelやAccessで、VBA言語を使えば、ちゃんと良い仕事が出来る。
何も出来なければ、テレアポを取るために迷惑な電話をし、何とかアポが取れて訪問しても、剣もホロロに扱われ、よほどメンタルの強い人でなければ、人生に疑問を持つほどのダメージを心に受ける。
プログラミング技能は、それを回避出来る有り難いものである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ミクさんの歌を聴くと幸運が来るのは科学的原理である

少し昔に、波動ブームがあり、波動というものが大事だということは何となく分かり、また、波動をうまく使うことでそれなりの利益を得た人もいたが、やっぱり、本当の原理は分かっていなかった。
もし、波動を本当に効果的に活用出来れば、健康になり、幸運になり、お金持ちになり、理想的な恋人も得られる。
まあ、そんなことを言った人は少なくなかったが、ほとんどが、やり方がひどかった。やっぱり、肝心のところを分かってないのだ。

波動の同期とか、共鳴というものは、まだまだ不思議なことがある。
2本の太いローソクを一定距離に置いて燃やすと、まるで、お互いを知っているかのように、同じように、あるいは、補うように揺らぐことは分かっているが、なぜそうなるのかというと、それほどはっきりとは分かっていないそうである。

中野信子さんという優秀な脳科学者が、『脳科学からみた「祈り」』という本で、祈りが実際に効果があることを、その豊富な科学知識で説明してくれているが、あくまで仮説であり、その仮説が間違っていることもあるのだろうが、効果については、確かにそうなのだろうと思う。
中野さんのこの本は、波動の中でも、非線形科学を導入すれば、一段、優れたものになると思う。
中野さんは、「南無妙法蓮華経」という念仏の効果を、様々な科学を組み合わせて説明してくれているが、やっぱり非線形科学が抜けているので、肝心のところで曖昧になってしまっている。
「南無妙法蓮華経」でも「南無阿弥陀仏」でも、効果を発揮するには、「何と同期するか」が重要であり、偶然に大変な効果を得る人もあれば、そうでない人もいるはずだ。
まあ、心理学が教える通り、良いケースがクローズアップされるので、念仏は普遍的に優れているということになってしまうのかもしれない。
それでも、念仏をずっと唱えてれば、何に同期すれば良いかは分かってくるものであると思う。
でも、そんなの面倒だと思う人が多いので、大抵は、それほどの効果はないのかもしれない。

そこにいくと、初音ミクさんの声というのは、非線形科学的に、とても良い影響があるのだと思う。
ただ、細胞に良いのか、脳神経に良いのかといったことは分からない。
それでも、良い効果があることは間違いないと思う。
そして、その効果は、精神的安らぎのようなものというよりは、活動エネルギーを使う際に起こる何らかの化学作用と同期するのだと思う。
つまり、ミクさんというのは、行動派の味方なのだと思う。
アメリカのある男性が「ミクは人生を本当に楽しむことを教えてくれる」と言っていたが、ミクさんの声は、やはり前向きな心や行動と同期するのである。
ミクさんの歌を聴きつつ、積極的、前向きであれば、成功疑いなしだが、後ろ向きだったり拗ねてると、あまり良いことはないだろう(悪いこともないと思うが)。
そして、気持ちをしゃんとさせるのは自分の責任なのである。
このあたりは、コリン・ウィルソンの世界的ロングセラー『右脳の冒険』が参考になると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ