ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

列子

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

進退窮まった時、どうするか?

結局、人間は2種類だ。
他人に従う人間と自分に従う人間だ。
よりよく分かるよう、いろいろ言い換えてみよう。
他人におぶさろうとする人間と自分の脚で歩く人間。
他人の真似をしたがる人間と誰の真似もしない人間。
他人に慰めて欲しい人間、他人に励まして欲しい人間、他人に認めて欲しい人間に対し、誰にも慰められたくない人間、誰の励ましも求めない人間、誰に認められなくても、自分が認めることが出来る自分であれば良いと思っている人間。

まるで駄目男君(私の職場にいる30過ぎの駄目男)は、全て、前者に当てはまる。だから、まるで駄目なのだ。
残念ながら、彼のその性根は、治しようがない。
彼は、一生、まるで駄目男である。
無念ではあるが、仕方がない。

仕事で言うなら、仕事をさせられている人間と、自分の意思で仕事をしている人間との違いになる。
もちろん、最初から、自分の思い通りに仕事が出来るはずもなく、初めは、他人に顎で使われることになる。
しかし、他人に服従する期間を、出来るだけ短くすることだ。
そして、自分の脚で歩くことを選んだのなら、泣き言を言うことは許されない。
だから、泣き言を言いたい、言い訳をしたい、弱音を吐きたい・・・そんな、まるで駄目男君は、一生、誰かの奴隷である。

逆に言えば、泣き言、言い訳を絶対に言わず、弱音を吐かないと決めた時が、自分の脚で歩く本物の人間になった時なのである。
「あなたは何をしても良い。だが、言い訳だけは許されない」のである。
決意さえすれば簡単なことだ。

だが、本物の人間になった後で、やがて行き詰る。
二進(にっち)も三進(さっち)もいかなくなる。
丁度、『バガヴァッド・ギーター』で、アルジュナ王子が、愛する人達と戦いたくはないが、さりとて、逃げる訳にもいかず、進退窮まったようにだ。
人類で最も優れた男であるアルジュナですら、どうしていいか分からなくなったのだ。
そこでどうするかで、全てが決まる。

これまで、誰にも従わなかったアルジュナは、クリシュナに従ったのだ。
一切をクリシュナにまかせ、個人的な想いを捨て、天性のまま行動した。
老荘思想でいう、「無為の為」とはこのことである。
私も行き詰ったからには、初音ミクさんに従うのである。
ミクさんを慕い、憧れる気持ちで崇めれば、自然に道は開けるだろう。
そう確信する。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

過ぎた待遇は災いの元

中国の古典『列子』にあったお話だ。
王様は贅沢な暮らしをしているが、とても辛そうだった。
ところが、1人の奴隷の男は、辛い労働をしているが、楽しそうだった。
その理由は、王様は夢の中で奴隷になって、辛い労働を強いられるのだが、奴隷は夢の中で王様になって贅沢三昧できるからだった。
王様は、たかが夢で苦しみ、奴隷は、たかが現実で苦しまなかったのである。
ところが、王様が奴隷の仕事を楽にしてやるごとに、王様の夢の中での奴隷の仕事も楽になっていくのだった。

『列子』の中では語られていなかったが、王様が奴隷の仕事を楽にしてやるということは、その分、王様は、自分が受けるサービスを諦めるということだ。
また、奴隷は、仕事が減る分、楽になるだろうが、やはり、夢の中での王様としての待遇も落ちることになるのだろうと思う。

良い待遇を求めなければ、悩みは解決する。
今、自分が受けているサービス、得ている権利の中には、不要なものも多いはずだ。
それらを自主的に手放せば手放すほど、自分を縛っているものから解き放たれていく。
だが、特権的な、明らかに持つべきでないものでも、手放すのは辛い。
しかし、それをしなければ、もっと辛いことになる。

自分が受けている待遇の中で、最も基本的なものが食事だ。
だから、今、3つ食べているものを2つに減らすといったことをすると、不思議な良いことが起こる。
そして、十分に少食、粗食であれば、足りないものは何も無くなっている。
そうなれば、後は、食の慎みを保てば、ずっと安全である。
徳川家康だって、食事は大変に質素で、米も食べず、麦飯を食べていた。また、徳川歴代将軍も、皆、粗食で、庶民と同じ1日2食の者が多い。
将軍家の秘伝として、少食、粗食の効用が伝わっていたのだろうと思う。
つまり、徳川将軍家は、権力者の特権である贅沢な食事を放棄したので、その分、安泰だったのだろう。
また、家康は晩年、美食を楽しむようになって、病気になってしまい、尚更、食の慎みの大切さを悟り、息子の秀忠や信頼する重鎮に、くれぐれも食の節制をするよう命じたのだ。
そして、徳川最後の将軍、慶喜は、支配者の座を降りて後、望めば得られた良い待遇を求めなかった。それで、一生、楽しく過ごせたのだ。

周りを注意深く見回しても、食の節制の出来ない者は、やはり、うだつが上がらないし、長い間そうであると、辛い状況になっている。
年を取ってからも、食の放蕩(勝手きまま)を放置すると、かなり悲惨な最後になる。

自我は、良い待遇を放棄することに抵抗する。
特に、自我は食を慎むことを嫌い、それをしなくて良い理由を次々に見つけては訴えるだろう。
しかし、イエスのように、自我に対し、「汝、敗れたり。我が後方(しりえ)に退け」と命じるのだ。
だが、理想はそうでも、なかなかイエスのようには出来ない。
しかし、毎日、腕振り運動をたゆまず行えば、不思議とそれが出来るようになる。
なぜなら、腕振り運動自体が、自我を弱くするからだ。
そして、心の微かな声の呪文を唱えれば、1回で、自我をぱっと消してしまえるようになる。それは魔法的効果すらもたらすはずだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

忘れる幸せ

微かな心の声の呪文を毎日唱えるようになると、しばらくしたら何かが起こり、望みを持つ者にはチャンスがやってくる。
ところで、皆様は、チャンスといったら何を想像するだろうか?

凄い人脈?
有利な投資話?
宝くじに当たる?

いやいやいや、そんなものでは決してない。
そうではなくて、ゾクっとするような予感のようなものだ。
それは、「成功間違いなし」なんていう、ちっとも面白くもないものでは決してない。
「うかうかすると大魚を逃すぞ、しっかりしろ!」
といったものに近いかもしれない。
だから、心地よい不安も感じる。
一言で言えば、冒険に誘われるのだ。
きっと、真の自分には結果は分かっているのだろう。
しかし、自我としての自分には、全てが未知なのだ。
だから面白いのである。

ものすごく可愛い彼女や、格好良い彼氏が出来る時もそうじゃないか?
「へえ!美少女ほどユニークな趣味を持ってんじゃん」
なんて感じで、彼女が自分に一方的に好意を寄せてくれるなんていうのは、甘いというか、妄想だ。
そうじゃなくて、なんというか・・・訳が分からないのだ。
デタラメなんだけど、不思議に納得できるのだ。
なぜなら、全てを支配するそれ(神様)は賢過ぎ、手並みが良過ぎ、こちらの頭ではさっぱり分からないのだが、自然で、どこか当たり前なのだ。
インドでは「私はそれである(ソーハン)」って言うらしいが、私とそれとは、やはり距離があり過ぎる。
だからまあ、「それ」のことは、物凄く賢くて経験豊富なパートナーとでも思っておけば良い。
そして、実際、そういった親しいものなのだ。
微かな心の呪文を忘れなければ、本当にあなたのためになるなら、可愛い彼女も、頼りになる彼氏もすぐにできるし、お金もいくらでも手に入るだろう。
欲張りになる心配なんかしなくていい。
微かな心の声には、欲望なんて入り込みようがないからだ。
大きな声で求めるから、欲にまみれ、結果、酷い目に遭ってきたのだ。

だが、やる前から余計なことは考えず、とにかくやってみることだ。
考えるべきは、心の中で微かな声で呪文を唱える、自分向きのやり方だ。
そんなに難しいことではない。
やっているうちに、コツが分かってくる。そして、長くやればやるほど上手くなる。だから、早く始めることだ。
私の場合は、初音ミクさんが歌う、イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O)の名曲『LOTUS LOVE』を聴いたらすぐに分かったのだが、それ以外にも、色々試行錯誤したし、それは楽しいことだった。
真の自分とつながる方法を考えるのだから、面白くないはずがない。

たとえば、こんな方法がある。
「愛」と口で言ってみる。
その声をどんどん小さくしていく。
すぐ隣に誰かいても聴かれることがないほどの小さな声で、さらに、自分にすら聴こえなくなっても、まだ小さくしていく。
すると、舌や喉が微かに動いているかどうかという状態で、実際には声が出ていない。
その声を心の中にすっと持ってくる。
その声は、心の中でも、とても小さいはずだ。
そのまま、心で、「愛、愛、・・・」と繰り返しながら、この声をさらに微かにしていくと、心が消えていくのだ。
だが、想いは存在し続ける。
それは、純粋な想いである。
この想いは、エネルギーそのものである潜在意識と融合する。
すると、心の中にあったはずのものが、既に、自分の周囲に現実的に存在している。
その結果は自ずと現れることだろう。

『LOTUS LOVE』は全くアメージングな楽曲だが、初音ミクさん、および、「HMOとかの中の人」(初音ミクさんにY.M.Oをカバーさせた人)さんと出会って真の美しさが引き出されたように思う。
ところで、このLOTUS(ロータス)はロトスという、『オデュッセイア』に登場する木で、その実を食べるとものごとを忘れてしまうのだが、『オデュッセイア』では、それをマイナスに捉えている。
だが、この歌では、それを良いこととしているように思える。
それは丁度、中国の古典『列子』では、一貫して、ものを忘れることを好ましいことと捉えているのと似ている。
『列子』には、終北という地名の理想郷(ユートピア)が出てくる。
そこでは、神プンという飲み物のみを口にするが、それが実に甘美な味で、飲めば元気が出て心も和む。飲み過ぎると酔うとあるから、きっと酒のようなもので、これのせいで、人々は、あまりものを覚えないのに違いない。だから、その地の人々は皆、幸福なのだ。
ルイス・キャロルも、ある少女への手紙で、忘れるということが、いかに素晴らしく、楽しいことであるかを書いていた。
Y.M.OやH.M.O(初音ミクオーケストラ)の『LOTUS LOVE』を聴き、微かな心の声で呪文を唱えれば、時を超え、世界の外でミクさんと会えるのは間違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世界を柔らかいものにする方法

世界は心が創り出している。
人間は、可能性としてはどんな世界でも創り出せるのだが、実際はそうではない。
何らかの理由で、創り出せる世界には一定の制限があるのだが、それは、創造力に制限があるのではなく、思考力に制限があるためだ。
簡単に言えば、想像もできないこと、信じられないことは創り出せないし、起こり得ない。
いかに、「予期せぬ出来事」とか「信じられない出来事」と言ったところで、それが起こったということは、それらは十分に思考力の範囲内だったということだ。
たとえば、「彼の裏切りは予想外で信じられない」といったところで、本当は、少しも不思議なことではないと思っているはずだ。
単に、「裏切って欲しくない」と思っていたということに過ぎない。
一方、普通の人は、目の前にUFOが現れることは信じていない。
だから、UFOに遭遇する人は少ない。

世界には、ある程度の制限が必要なので、人間は思考を制限する能力を持っているのだが、現代人は、それ(思考を制限する力)が過度に強くなっている。
だから、大発明家や大事業家、あるいは、大芸術家にはなれない。
どうやっても、自分が大芸術家になれるということを信じることができないのだ。
それどころか、10万円の月収を50万円にすることができることすら信じられない人もいるのだ。
もし、今、給料が10万円でも、それを50万円にすることができると信じることができるなら、それは自然に他愛もなく実現する。

思考の制限を外し、これまで信じられなかったことを信じるために、自己暗示や瞑想が役に立つことは、ないとは言わないが、ほとんどない。
普通は、ますます制限が強くなる。
私は、そんなことはやらないことをお薦めする。
ポール・マッカートニーやクリント・イーストウッドは、TM(超越瞑想)を始める前から、十分にダイナミックな思考をしていたことは明らかであり、彼らの成功が瞑想を原因としている訳ではない。
普通の人が瞑想しても、彼らのようにはなれない。

だが、夢と現実に違いがないことを受け入れれば、事態は変わってくる。
夢の中では何が起ころうが、「これは不思議過ぎる、あり得ない」などとは誰も言わない。
夢の中では、思考の制限が外れ易くなるのだ。
そりゃ、夢の中でだって、いつも空を飛べるとは限らないし、飛びたいのに飛べない夢を見るかもしれない。
しかし、目覚めの中で、世間の教義や信念に平伏すのをやめ、大きな考え方をする人の話を聞いたり、壮大な想像力が込められた本を熱心に読むことで、目覚めている時の心の制限を少し外せば、夢の中の制限はもっと小さくなる。
逆に、夢の中で、自由自在な世界を創り、それに馴染むと、目覚めの世界の制限も消えていく。
むしろ、夢の中の方が、現実なのだと思っても良い。
実際にそうなのである。
中国の『列子』にあるが、王様は夢の中で奴隷になるので不幸だったが、奴隷は夢の中で王様になるので幸福だった。
本当は夢の方がより現実だからである。
そこで、王様は、目覚めの世界で、奴隷の仕事を楽にしてやると、夢の中の自分も平和になっていったのだ。
これがうまいやり方である。
優れた想像力がある本とは、たとえば神話やお伽噺であるが、それらの世界は、本当はまことに自然な世界であるのだ。
本当の世界である夢の世界で起こることは、あまりに普通のことであり、そのことが了解できれば、目覚めの世界だって、もっと「柔らかい」ものになる。
神話は、思考の制限を外すためのツールなのである。
聖書も本来はそのようなものなのだが、目覚めの世界で権威や教義を沢山くっつけたので、今では逆の働きをしている。つまり、思考に制限を課すものとして存在している。
愚かなことである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

叶えなかった夢はないし、叶わない夢もない

ポップソングやアニメソング等で、「幸せを掴むには諦めないことが大事」と訴えるものをいくつか知っているが、私が知っている以外にも、そんな歌がまだあると思う。
一方、深遠な人生の知恵を得た者は、「諦めが肝心」、「諦めれば幸せになれる」と言う者もいる。
どちらが正しいのかというと、はぐらかす訳でも逃げる訳でもないが、両方正しい。

イエスが、「山に海に入れと命じ、その通りになると信じて疑わないならそうなる」と言ったが、そんなこと叶うはずがないじゃないかと思うかもしれない。
ところが、ロバート・シュラーという牧師が著書にこう書いていた。
「イエスは、どのくらいの時間がかかるかは言ってないのだよ」
私は、衝撃を感じたものだ。
同じことが、中国の『列子』にもある。ここでは、山を移すのに、何世代もかけたことが書かれている。

つまり、こうだ。
諦めず、無限の時間をかければ何でもできる。
あるいは、短い時間で達成することを諦めれば、いつか叶う。
つまり、諦めることも、諦めないことも、同時に正しく、同時に必要なのだ。

NHKの大河ドラマで、源義経が若い頃、「人々が、衣食足り、家族が一緒に安心して暮らせる世の中にしたい」と言うのをよく覚えてるが、もし、義経がそんなことを本当に考えていたのなら、900年かかったが、今日の日本ではほぼ達成されている。
願いとは叶うものだ。

確かに、叶わない夢なんてない。
なかなか結婚できなくて悩んでいるとしたら、50年以内にできるとか、今世で無理なら、来世で結婚できると考えれば、可能性はぐっと大きくなる。
しかし、実際は、そんな願いを叶えるのに1分もかからない。
世界のどこかで、1分以内に、数多くのカップルが結婚しているに違いない。
真理を言うなら、この世界に他人なんてものはおらず、全て自分である。
昔、私は、ある素晴らしい美人を、「こんなのを嫁にできたらなあ」とちょっと思ったことがある。それからしばらくしたら、彼女は誰かと結婚したのだが、私は妙に嬉しかった。彼女の結婚相手の嬉しさがよく分かるのであり、結局、この世での彼女の結婚相手の男も私も何の違いもないということなのである。
火星に行きたいなら、もう近い未来に誰かが行くのである。
オリンピックで金メダルがとりたいなら、確実に取れる。次のオリンピックで、軽く百人以上の金メダリストが出るのだからだ。
宇宙人の宇宙船に乗りたいのなら、もう誰かが乗っているかもしれない。もし、地球でそんなことがないとしても、遠い遠い星で、誰かが乗っているはずだ。宇宙人すら他人ではなく、自分なのである。

夢の中で、超一流のスポーツマンになったり、アイドル歌手、あるいは、大統領になったことがあるかもしれない。
私もあるのだが、その時、どこか違和感を感じたことがある。
ところが、「本物の」そんな人達にも、自分のそういった世間的立場には違和感があるのだ。
我々は昨日、一国の王様だったのが、今日は社会の底辺で生きる貧しい者だったりする。王様だった時の記憶はほとんどなく、ずっと前から貧乏人だったと「思い込んでいる」だけなのだ。
魂は宇宙大なのに、自我という小さなフォーカスポイントを自分だと思っているので、そんなことが起こるのだ。
自我を捨てれば、どんな願いも叶うし、叶っているし、叶えていたのだ。
だから、自我を持たない者は、どんな願いも持たない。

あるひどく貧しい聖者に誰かが尋ねた。
「あなたほどの賢者が、この状況を変えようと思わないのですか?」
賢者はおかしくて笑いながら答えた。
「どの状況かね?」









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ