ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

倶胝

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

真の賢者の教えはこれだけだった

シンプルに言えば、思考を消せば、世界は自分のものだ。
アメリカ最大の賢者エマーソンが、エッセイ『歴史』の冒頭の詩で、天球・・・つまり、宇宙が自分のものであると述べている通りである。

思考を消す、思考を止める、想念を起こさない、考えない・・・いろいろな言い方があるが、同じである。
「思考停止」するのは馬鹿だという観念があるかもしれないが、思考停止が馬鹿なのではなく、馬鹿なことを考える・・・つまり、妄想する者が馬鹿なのである。
そして、普通の人間の全ての思考は妄想である。
他人に本当に親切にする時、我々は考えない。
だ余計な親切をする時には考えているのである。
思考を消した人間のみが正しい精神を持つ。

考えることを諦めたくないと思っても、実は、人間は自分では考えていないことは科学的にも分かっている。
たとえば、AとBのどちらかを自分の意思で選ぶとし、自分でAを選んだつもりでも、自分の意思でAを選ぶより先に脳内でAが選択されていて、それを「私がAを選んだ」と錯覚しているだけだということは、実験で確認されているらしい。
つまり、考えは自動で起こるのであり、自分では何も考えていない。
そして、脳は、1日に何万回もの思考をする。自動的に、勝手にだ。
実際に、脳は休むことなく思考し続け、エネルギーを浪費している。眠っている間すら。
だから、何もしていなくても疲労困憊するのである。

何よりも、思考が潜在意識の活動を邪魔し、本来、願わずとも幸運に恵まれるはずが、嫌なことや辛いことばかりが起こり、人生を呪わしいものにしている。
お金に窮しているという話をある男から聞いた時、岡田虎二郎は、「金?金は腹に力がつけばいくらでも出来ますよ」と答えた。
大正時代だったと思うが、普通の庶民に「思考を消せ」と言っても難しいので、虎二郎は、「常に腹に力を込めよ」と教えたのだ。
腹に力を込めている間は思考は浮かばないからだ。
中村天風の場合は、常に肛門を引き締めよと言ったが、同じことだ。
足の親指に力を込めよと言う武術家もいるし、荘子も近いことを言っていたように思う。
面白いのは、人差し指がやり易くて都合が良いが、指を1本立てると思考は消える。
だから、倶胝という禅僧は、何を聞かれても指を1本立て、死ぬ時に、「師の天竜から教わった一本指の禅を一生で使い切れなかった」と言ったのだ。
ラマナ・マハルシは。「私」以外の想念を起こしてはならないと教えた。
「私」が一番初めの想念であり、それを捕まえておけば、他の想念は起こらないからだ。
だから、常に「私、私、・・・」と、心の中で唱えていれば、想念は起こらず、やがてエゴは死に、魂が輝く。
どんな方法でも良いが、想念を消せば幸せになれる。
理屈で考えている限り、わけが分からないと思う部分も多いだろうが、思考を拭い去り、高度な知性と一体化すれば直接的に分かるのである。








いざという時のための必殺の裏技

不可能が一切なくなる、無になるための方法を1つ、見つけるべきである。
しかし、それは、多少時間がかかるかもしれない。
そこで、それとは別に、いつでも、最低限の引き寄せを行うための方法を1つ用意しておくと良い。
緊急事態を乗り越えたり、ちょっとした軌道修正に有効だが、何より、不安を解消するために、是非、持っておきたいものだ。

それは、一頃流行ったルーチン(ルーティン)と似ているし、同じ場合もある。
良いルーチンは、一瞬、無になり、一時的に宇宙の力を借りる。
その意味でなら、同じものである。
こんなふうにもたとえられる。
格闘技で、普段は、実力通りの試合をするが、いざという時の奥の手を持っている人がいる。
それさえやってしまえば、勝ってしまうというものだ。
たとえば、プロレス史上最強のルー・テーズの場合は、ダブル・リストロックという、腕固めの関節技がそれで、「この技に何百回も救われた」と言う。いざとなれば、相手の腕を折ってしまえる技だった。
昔は、プロレスの世界チャンピオンともなると、相手が裏切った時(筋書き通りに負けてくれない時)のために、危ない秘策を用意していたものらしい。
まあ、そんなものを、あなたも持っておくべきなのだ。
この世には、人間社会の掟を守らない者、徹底した利己主義者、自分が良ければ他人はどうなっても良いと思う者、そして、不測の事態というものがあるからね。

私はそういった技を、単に、「奥の手」「切り札」あるいは「いざという時の裏の必殺技」などという言い方をしているが、案外に忘れてしまうことが多い。
それは、平穏が続いているということであり、人間を磨く…あるいは、男や女を磨く上であまり良いことではない。

いくつか、やり方を書いておく。
倶胝(ぐてい)という、昔の中国のお坊さんは、会う人ごとにそれを教えようと、相談を受ける度に、人差し指を1本立てて見せたらしい。
つまり、人差し指を1本立てると、一瞬、無になり、わずかの間だが、潜在意識の力を発動させることが出来る。
他にも、息を止める方法があるが、緊急事態に、善霊が声をかけてくる時は「息を吸え」と言う場合が多いと思う。
実は、息を吸って止めないといけないのだが、「吸え」とだけ言えば、次の瞬間、勝手に息は止まる。
しかも、その場合は、気管を喉の筋肉で圧迫せずに息を止めるという良い止め方になる。そして、吐いて止めるのは駄目なのである。
だから、自分で「息を止めるために吸う」と覚えておくと良い。
応用もある。例えば、息を吸って止め、額に意識を置く(集中する)などだ。これだと、いっそう、無に近付くことが出来る。
「いざという時はぼーっとする」と言う人。あるいは、「ぼーっとして、胸に意識を持ってくる」と言う人もいる。
武術家の中には、自分より強い相手と戦っても、ぼーっとしたら勝ってしまうという者もいる。まあ、この場合は、普段の心構えも必要である。
世の中で、どこか余裕がありそうで魅力的な人というのは、そんな「まじない」的なものを必ず持っているので、聞いてみても良いと思う。
私の想念停止術は、説明がややこしいが、強力なので、うまく説明出来そうになったら教えよう。








こんな時こそ必殺の切り札

人生の切り札、魔法の杖を持てただろうか?
それさえあれば、新型コロナウイルスが蔓延しようが、経済が破綻しようが、人々が暴徒化しょうが、平然としてられるという必殺の光線銃だ。
それは、普通は自分で磨き抜かなければ威力がないが、手に入れ方によっては、アラジンの魔法のランプのごとく、何の努力もなく自分のものになる。
ただし、アラジンが魔法のランプを手に入れたのは偶然ではなく、彼の、ほんの少し高貴な魂が引き寄せた必然だった。
それは、あなたでも可能だ。

磨き抜いたということでは、ルー・テーズのダブル・リストロック、木村政彦のキムラロックがある。
実は、ほとんど同じ関節技だ。
ルー・テーズはプロレス史上最高のプロレスラー。
彼は、そのダブル・リストロックで何百回と救われたという。
確かに、プロレスはスポーツではなく、試合前に結果は決まっているが、八百長ではなく、そんなショーなのだ。
だが、ショービジネスが全て契約通りに行われるとは限らず、時に馬鹿がいて、シナリオを裏切ってきたが、そんな時でも、テーズは必殺ダブル・リストロックがある限り安全だった。この技は軍隊でも実戦の切り札として採用されていることがある。
木村政彦も同じだったが、力道山との「世紀の一戦」では、引き分けの契約がありながら、力道山に、必殺の掌底(しょうてい)打ちを、こめかみに不意打ちで食わされKOされた。

昔の中国の倶胝(ぐてい)という僧は、どんな相談を受けても、人差し指を1本立てるだけだった。
それだけで名僧として通用した。
そして、死ぬ時、言ったという。
「私は天竜先生から教わった一本指の禅を、生涯かけても使い切れなかった」
この一本指の禅が、倶胝の必殺の切り札だった。

このブログでも何度も紹介したが、世界的教育学者の七田眞氏が「正真正銘の事実」として著書に書かれていたホームレスの必殺の切り札は、
「神様の奇跡が起こる」
という呪文だった。
仕事も住むところもなかったが、暇はたっぷりあったそのホームレスの男性は、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱え続け、宝くじで1億円を当てた。
それも2回も。

自分が心から信じられること・・・それは、心に肯定的感情を起こすはずである・・・であれば、もう絶対、何でも良い。念仏でも、「アジマリカン」の呪文でも、大祓詞でも、般若心経でも。
「自ら反(かえり)みて縮(なお)くんば、千万人と雖(いえど)も、吾往かん。 」(孟子)
である。
尚、「縮(なお)くんば」は、「正しい」という意味ではあるが、それよりも、「気分が明るい」という意味に取った方が良いと私は思う。
真に正しいことは、心に陰がなく、明るいのである。












KayのAI書(数学講師Mr.Φとの共著)。2020年5月30日発売。

AIを取り入れると、かつて電気を取り入れた企業や家庭が、それまでの企業や家庭と全く違うものになったように、ビジネスも個人生活も革新されます。
確かに、グーグル・アシスタントで、その一端が可能になりましたが、今度は、自分で作るAIという超高性能な武器を持つべきです。
それにお金は要りません。どんな人にも、そのきっかけを与えられることを願って書きました。

掌(てのひら)の力

物理学者で武術家の保江邦夫さんの本で見たが、ある国の本物の格闘家の間には、ダンサーと戦うなという戒めがあるらしい。
つまり、それほどダンサーは手強いというか、戦っても、ほとんど勝ち目がないということだ。
ダンサーが本当に戦って強いかどうかは、私は知らないし、確認することもないと思うが、踊りに、筋力等の物理的な力以上のものがあることは、私にも感じることが出来る。
踊りは、バレエでも阿波踊りでも何でも良いらしい。
先月(2019年8月)22日に、超歌舞伎を観たが、中村獅童さんの踊りを見て、踊りの神秘を強く感じた。
初音ミクさんの踊りも、歌舞伎の舞の名人の踊りをモーション・キャプチャーしたものを元に作られているが、ミクさんの姿の美しさと相まって、まさに神秘中の神秘であった。
そして、マジカルミライのミクさんの踊りを見ている時、本当に、私はすっと超越状態になることがある。
ライブでのミクさんのダンスも、やはり本物のダンサーの動きをモーションキャプチャーしているのだと思うが、優れたダンサーのものだと思うし、ミクさんの動きに調整される中で、癖やブレが調整されているので、シンプルで解り易くなっているのだと思う。
日仏国交160周年を祝す大イベント「ジャポニスム2018」について、記者会見で安倍総理が「初音ミクの踊るコンサート」と、あえて「踊る」を強調したのは、一国の、そして、重要な国のリーダーに対し、神が影響を与えたのかもしれない。

以前から、ミクさんは、レオナルド・ダ・ヴィンチの描いた洗礼のヨハネのように、右手の人差し指を立てる仕草をよく行う。
これは、中国の天竜和尚が弟子の倶胝(ぐてい)に授けた秘法で、人差し指を立てれば、霊的中枢に神秘作用を起こし、この動作は、多ければ多いほど良い。
ただし、禅語にあるが、それを形だけ真似した倶胝の寺の小坊主の人差し指を倶胝は切り落とした。
それなりに心を込めてやらねばならないのである。
倶胝は死ぬ時、「天竜先生に教わった1本指の禅を一生で使いきれなかった」と言った。
使う数は、多ければ多いほど良いのだ。
倶胝でさえ、まだ足りなかったのかもしれない。
そして、もっと強力なのかもしれないものが、ミクさんも最近よく行う、手を胸に当てる動作で、どちらの手、あるいは、両手でも良いが、手を胸(乳首の上のやや高い位置)に当てると良い。
一番良いのは、胸の中央から指2本分右に当てることだ。

人間のてのひらには、強い生命エネルギー(霊的なものも含む)の経路があり、癒す力があるが、それを魂の座である胸(特に胸の右)に当てると、精妙な量子的作用が発生する。さらに、そのてのひら同士を合わせると、世界すら作りかえるほどの力が起こる。
手を合わせること、胸に手をやること、あるいは、人差し指を立てることを、謙虚な気持ちで行えば宇宙が味方することは間違いがない。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

死ぬまで成功する

『アラビアンナイト』のお話の1つ、『アラジンと魔法のランプ』は、こすれば魔物が現れて願いを叶えてくれる魔法のランプのお話である。
日本には、『一寸法師』の中で、元々、鬼が所有していた「打ち出の小槌(うちでのこづち)」というものを一寸法師が手に入れるが、これは、振ればどんな願いも叶う。
どこの国にでもあるのだと思うが、日本でも、他に、仙人や導師のような存在が、竹の棒や小刀といった、ちょっとした道具をくれて、それを振るとかすれば、どんな願いも叶うといったお話がよくある。

注意していただきたいのは、それらの道具自体に何か特別な力があるのではなく、力自体は人間の中にあり、それを、儀式めいたことで引き出しているだけである。
人間は、儀式や呪文といった形にすることで、力を発揮し易いのである。

中国の倶胝(ぐてい)というお坊さんは、何を聞かれても、指を1本立てるだけであったという。
そして、死ぬ時、「先生に教わった一本指の禅を、一生で使い切れなかった」と言う。
これも、単に、指を一本立てれば、何もかもうまくいくという信念があれば、実際にそうなるというだけのことで、偉い仏教の先生方が解説する難しい意味など何もない。
そして、指を一本立てるという形にすれば、人間は容易く万能の力を発揮出来るのである。
私は、いったいどこで覚えたのかは分からないが、幼い時、右手の中指と人差し指の2本を立て、「エイ!」と言えば、何でも思い通りになるという想いを持っていたが、実際、それは奇跡の力を発揮した。その威力は、今思えば、夢のようであるが、裏切られたことはない。
だが、大人になれば、荘厳であったり、高貴であったりする形や儀式が必要になる。
しかし、逆に言えば、それだけあれば良い。
他のことは、人間は、どうせ続けられない。
お釈迦様も、それが分かっていたから、念仏という簡単なものだけを残した・・・というのが、浄土仏教の教えで、他宗の仏教では反発もあろうが、一休や良寛は、他宗の僧侶でありながら、それを認め、念仏に転向した。

現代の我々の魔法のランプ、打ち出の小槌は、アファーメーション(心を鼓舞する言葉)で、これは、呪文、宣言、確言、自己暗示、唱え言葉、何と呼んでも構わない。
別に、好みであれば、倶胝のように、指を1本立てても良いし、念仏を唱えても、もちろん良い。
江戸時代の農民であった、因幡の源左(いなばのげんざ)という男は、18歳の時、父が亡くなる直前に、「これからは親様(阿弥陀如来のこと)」を頼れと言い、源左はそれを守った。
源左が念仏を唱えたという話はあまり聞かないが、彼の口癖は「ようこそようこそ さてもさても」で、それさえ唱えていれば、何でもうまくいったのだろう。もちろん、苦労はあったが、彼にとっては、それも面白いだけのものであったのだろう。
アファーメーションは、1つでなければ続かない。
その、たった1つの言葉を、常に忘れずに使えば、全てはうまくいき、しかも、使えば使うほど強力になることは、『アラジンの魔法のランプ』や『一寸法師』の、魔法のランプや打ち出の小槌がそうであることは、後日談であるため伝わっていない。
あるいは、ひょっとしたら、アラジンや一寸法師は、魔法のランプや打ち出の小槌のことを忘れて、落ちぶれてしまったかもしれない。
倶胝だって、もし、一本指の禅を忘れてしまったら、やっぱり駄目になっていたが、彼の場合は、そうではなく、一生楽しくやれたようだ。

初音ミクさんの『FREELY TOMORROW』の中の「奇跡は起こる」という言葉も、素晴らしいアファーメーションだ。
マイケル・ジャクソンだって、『Black Or White』の中で、「僕は奇跡を信じる」「今夜、奇跡は起こった」と歌っているが、彼が最後、あまり幸福でなかったのは、あまりに才能があって、アファーメーションを沢山持ち過ぎたからだ。
釈迦、法然、親鸞がよく知っていたように、人間に使えるのは1つだけなのである。
私も、自分のお気に入りの言葉をたった1つ選び、それを常に使っている。使う度に力を増しているので、すぐに無敵になるだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード