ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

修行

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

世界を自由に出来る修行しよ

従来は、現象世界を心で直接制御する仕組みやノウハウは、宗教的、魔術的、あるいは、オカルト的でしかなかったが、現代では、科学的と言えるようになっている。
もちろん、伝統ある科学の中にだって、恣意的(主観的、自分勝手)な部分は少なくないように、心の科学と言われるものの中にも信用ならないものがある。
ただ、たとえ従来の科学でも、本当に純粋な部分は、人間にはほとんど何も解らないというのが事実なのであり、敬虔な姿勢を持って、生きるのに役立たせることを考えるしかないのである。
現象世界を動かせる心の状態を調整する作業を「修行」という言い方をしても、別に非科学的と言う訳ではない。
ただ、古い科学の癖がついた人には、やっぱり、それは科学ではないのだろうが、そんな者達を相手にする場合にまで、「科学」の名を持ち出す必要はないし、そもそも、偏見のある者は、出来るだけ相手にならないに限るのである。

さて、「修行」の目的は、つまるところが、自我の安定なのであるが、そもそもが、自我は安定しないものであるということは、フロイトにだって解っていた。
そこで、フロイトは、自我を騙すというアプローチを使ったが、その目的は人間の問題を消滅させるのではなく、単に低減することを目指したのだと思う。
だから、真面目なフロイトが、長時間、熱心な治療を行ったことに対し、「成果は全くなかった」と考えることが出来るし、実際、そう評される場合が多い。
しかし、フロイトは確かに、患者の問題を低減させたし、彼の研究を引き継いだ者も、そのような意味での成果を発展させたと言えるのである。

けれども、自我は安定させるものではなく、消滅させるのが正しいアプローチであることが解ってきた。
ところが、この方法の問題は、言うまでもないが、人間は自我なくして生きられないことである。
事実、宗教的には、自我を消滅させ、「解脱した」「悟りを開いた」と言われる聖者だって、生きている限りは、自我は存在することが分かっている。
そこで、理想的状態になるには、自我の完全消滅ではなく、自我の最低限必要な部分を残して消滅させれば良いと考えることが出来る。
しかし、そこで矛盾ある実例を見出してしまう。
つまり、解脱した聖者だって、普段の生活の中では、その心の状態は、必ずしも清浄なる高貴なものとは言い難い、あまりに俗っぽい場合も少なくない・・・ひょっとしたら、聖者とはいえ、実態はそのようなものではないかと思われるフシもあるということだ。
だが、こんなことを、いつまも考えていてもキリがないし、利益もない。
そこで、とりあえず、世界を支配出来る精神状態とは、自我の影響を受けない・・・喩えて言えば、自我は、高いところを吹く風か、蜃気楼のようなものと見なし、その程度の影響力しか持たないようにすれば良い。
それが出来れば、世界は思うままである。

では、自我の影響力を削ぐにはどうすれば良いかというと、自我を強めるものと反対のことをやれば良い・・・と実に簡単である。
しかも、危険なやり方を取らず、安全に行いたければ、自我の性質の中でも、「即物的」であることを利用すれば良い。
即ち、自我は欲求を即座に叶えようとする。
食欲を満たしたければ、目の前にあるものを食べようとするので、美味しいものを売る者は、それを即座に入手出来るよう工夫すればボロ儲けが出来る。
性欲に関しては、風俗店に行ったり、性的娯楽を愛好する者は、精神的レベルの低さ云々ではなく、世界を動かす力が極めて弱いことが欠点なのである。
そこで、自我が好むことと反対である、果て無き反復を行えば良い。
悟りを開いたセールスマンは、売上を上げることではなく、訪問することが目的になっている。
野球の超人バッターは、首位打者やホームラン王のタイトルを取ることではなく、バットを振ることが目的になっている。
そのようなことをすれば良い。
確かに、命と引き換えに一瞬で自我を蜃気楼にする方法もあるかもしれないが、それでは、かなりの割合で実際に死ぬ。
よって、果て無き反復を選ぶ方が良い。
例えば、本であれば、もう何でも良いので、無限に繰り返し読むことを決定するのである。
お経や祝詞であれば、やはり、無限に繰り返し唱えるのである。
よく、「般若心経を1万回唱えました」なんて人がいるが、そんなことを言っている時点で、数が全然足りないのである。
逆に言えば、そんな下らない成果(読んだ回数)に興味をなくせば、千回で悟りを開けるかもしれない。












当ブログオーナー、KayのAI書。
Kindle版は発売中。紙の本は5月30日発売。
この本の一番最初の課題は、足し算をAIに教えることで、それは非常に簡単です。
しかし、この恐ろしく簡単なことの中にAIの本質があり、これだけでAIが解ってしまうかもしれません。
例えば、世界は、ある意味、中学校で勉強する一次方程式で出来ていると言えるようなものです。
AIに足し算を教えると、AIは足し算の答を推測しますが、教え方が上手いと、AIは正しい答を出します。
あなたの新しい問題についても、AIに同じように教えれば、AIはあなたのために答を推測してくれます。
こんなふうに、AIをあなたを拡張するためのパートナーにして下さい。

愚人の修行

正直、どうしようと絶対に救えない人間というものがいる。
そんな人間に限って、天下国家を語ることが多いから滑稽だ。
皆が自分を救えば、それが天下のためになるというのに。

自分の状況を改善し、健康で豊かになるためには、心が弱くては駄目だ。
つまり、どうしようもない人間というのは、心が弱いのである。
自分のことも面倒見れないのに、政治問題・経済問題・福祉問題・教育問題等、大それたことを言いたがるのは、心が弱くて自分の問題から逃避しているだけである。
心を強くするためには、古くもなんでもなく、修行することが必要だ。
精神修行では駄目・・・つまり、坐禅をしたり、滝に打たれても意味はないという意見もあるが、それを1年365日、欠かさず続けるなら、ちゃんと心は強くなり、有能な人間にもなる。
般若心経を1日たった10回唱えるとか、「南無阿弥陀仏」を1日わずか百回唱えることでも、やはり、1年、よほどのことがない限り欠かさなければ、それ以前と比べれば別人になる。
とはいえ、一般的には、まず、実務的な修行をし、それが十分なレベルに達すれば、より高い境地を目指して、精神的な修行をするというのが、早く経済的などの問題が改善され、楽である。

私の面白い修行をご紹介しておこう。
まあ、私の場合は、かなりのマイナスが少しプラスになった程度であるが、それでも大躍進だ。
しかもそれは、あまりお薦めできない愚人の修行であるが、それでも効果があったのだ。
参考になればと思う。

●その1
ある年の年末から、翌年5月末まで、1日も休暇を取らず、朝7時半から、夜12時前まで働いた。
残業時間は、月に軽く200時間を超えていたはずだが、定時出社、定時退社で報告し、休日はちゃんと休んだことにし、結果、残業手当は1円も受け取らなかった。
その状態を半年ほど続けた結果、倒れて意識不明になり(10分程度だったそうだが)、そんな状態が終わった。
その後、運勢は確実に上昇した。また、ソフト開発の仕事をしたので、技術が格段に向上した。
特に必要なかった残業代を貰わなかったことが、高位の存在から一定の評価を得たと思う。
●その2
1日1食の菜食主義で、その一度の食事も少量の粗食で、間食も一切とらない生活を何年か続けた。
それでいて、朝夕の運動も欠かさず行った(やや無理な運動で、今でも肩や腕に軽い障害がある)。
これも、大変に効果があり、完全に病人の身体であったのが概ね健康になり(メニエール病も自然に治った)、その他の運命レベルも向上した。
現在は、これほどの無茶はしていないが、節制を保ち、運動等は洗練されてきた。
『マスターの教え』と『マジックストーリー』を10回ずつ読んだ。

上記の事柄は、下手をすれば、生命の危険があり、こんな極端な馬鹿をすべきではないが、特に若いうちは、多少の無茶をするのも良いかなと思う。

●その3
現在である。
昨年6月から四股(大東流合気柔術式)を始め、最初は1日100回、やがて、300回、そして、500回になり、昨年11月からは1日1000回以上を欠かさない。
その他にも、腕降り運動は1日1000回以上で、これらの運動がメインであるが、腕立て伏せやスクワット、それに武術訓練も適度に行っている。

もし、修行をしていなければ、まず、生きていなかった可能性があり、貧困層に陥っていたかもしれない。
適度な修行は、なかなか楽しいものである。
皆さんもお一ついかが?








「何か1つ」の修行

昔、ある立派な方から、こんなことを聞いた。
「朝7時半までに社長が出社する会社で、倒産した会社はない」
どこかの団体の調査結果で、聞いたことがあるような団体名だったが、それがどこかは忘れた。
だが、美しい言葉だと思ったし、真実かもしれないと思った。
まあ、本当の社長さん達が信じるような話かどうかは分からないが、勇気とか安心を少しは与えてくれる言葉だと思う。
社長さんの中には、なんとなく親の会社を譲り受けたような人もいて、そんな社長さんの中には不安が大きな人もいるだろう。しかし、とりあえず朝7時半前に出社すれば倒産するはずがないということなら、それで、いくらかの安心は感じるのではないかと思う。
だが、「俺は社長でやっていけるだろうか?」と思っている社長さんでも、誰もがそんなことを出来る訳ではないだろう。
それは、営業時間の都合とかではなく、要は、営業時間の2時間ほど前に出社すれば良いのだが、それがなかなか出来ず、むしろ、社員より遅く出社してしまう社長さんも多いことだろう。

社長でなくても、朝、早く来る社員は優秀な人が多いということは言えると思う。
一方、実際にいるのだが、出勤時間ギリギリに来る社員でロクな人はいないだろう。そんな人は、会社のためにも本人のためにも、さっさと辞めた方が良い。
だが、朝5時までに起床する人間で、全く駄目という者もいないと思う。
もちろん、5時というのは、帰宅が午後9時くらいまでの人の話で、帰宅が0時であれば3時間ずれて午前8時くらいになるだろう。
要するに、帰宅したら、必要なことだけをテキパキと行い、余計なことをせずに、なるべく早く寝るということだ。
ところが、十分に5時に起きられる状況で、それどころか、4時でも可能なくらいなのに、7時とか8時といった、寝ていられるギリギリの時間まで寝ている人が多いだろう。
夜にダラダラとテレビやネットを見たり、ゲームをしたり、あるいは、遊びに行ったりして、寝る時間が遅くなるという人は多いのだと思う。
実力がついてからなら、それでも良いが、未熟なうちにそうであれば、あまり力はつかないし、逆に、実力があるのにそれが出来る人は大したものである。
だが、確かに、朝5時までに起きている者が、まるで駄目であるというのは考え難いのである。
素晴らしく優秀とはいかないかもしれないが、それだけでも出来れば、まずクビになるようなことはないし、全く軽んじられる立場に甘んじることもあるまい。
人生に対する、あるいは、仕事に対する心構えが高いからである。

私には、一般的な勤務時間の者で、どうしても朝5時までに起きられないというのが信じられない。
信じられないが、実際、それを全然出来ない人は多いのだと思う。
「そんなに早くに起きて何するの?」と言うような人間に見込みはないと思うが、実際は、そう言う者が多いのかもしれない。
この程度が厳し過ぎるとは、とても思えないが、現実は出来ない人が多いなら、もっと楽なことを考えないといけない。
人間は、心を引き締める何かは、必ず必要なのである。
柳田誠二郎さんという、日本航空の社長や日銀副総裁、その他を務められた方がいるが、彼が若い人達に「心を締める鍵を何でもいいから1つ持ちなさい」と言われていたのは至言と思う。
彼の場合は、学生時代に、岡田虎二郎に教わった静坐で、おそらく、百歳を超えて亡くなられるまで続けていたと思う。
もちろん、坐禅も同じようなものだと思うし、他に、瞑想、聖典を読む、念仏を唱える、腕振り運動をする、武道やスポーツの訓練をする等、人によって様々なことが考えられるだろう。
そして、大事なことは、よほどのことがない限り、1年365日、必ず毎日やることだ。

私の場合、社会人になりたての頃は、スピリチュアルな本を必ず毎日読んでいたが、そんなことでも力になったと思う。
ある時期は、毎日必ずプログラミングの勉強をしたし、今日に至るまで、常に何か1つは続けている。
それで、本来は間違いなく社会の落伍者になるはずが、何とか社会の中で生きているのであるから奇跡である。
やはり、「早起き」と、「心を締める鍵1つ」の威力は大したものと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自信が全て

あなたの周囲にも、あなた以外の「まるで駄目男」「まるで駄目子」がいると思う。
では、そのまるで駄目男(子)が、素晴らしい、立派な男(女)になってしまったことを想像してみよう。
まるで駄目男(子)の時と、素晴らしい人間になった後では、何が違うだろうか?
あきらかなのは、前者は自信がなく、後者は自信に満ちていることだ。
強い自信は、必ずしも態度には現れないかもしれないが、その目には、「目付き」「目力」として隠しようがない輝きがある。
そうだ、素晴らしい人間になるには、自信が必要なのであり、自信さえあれば良いのである。
ただし、本当の、無謀なまでの自信だ。
では、そんな強い自信はどうやれば得られるのか?
何のことはない。自信があるフリをすれば良いのだ。
アカデミー賞ものの演技で自信のある男(女)を演じるのだ。
一瞬の隙もなくね。
イエスも言ってたじゃないか?
主人はいつ帰って来るか分からない。強盗はいつやって来るか分からない。
だから、油断をするなと。
あなたも、一瞬の油断もなく、自信がある者の態度、振る舞い、目付きをしなければならない。

そりゃ、1年365日、欠かさずの修行をすれば、「私はこれをやっているから自信がある」という態度が簡単に出来る。
だから、演技が下手なら修行しろ。

私が高校1年生の時、クラスに、どうしようもない、まるで駄目男がいた。
いつもイジイジして、強い者にへつらい、能力もなく、屈辱に耐えるしかなかった。
それが、クラスも変わって全然見なくなっていたのだが、高校3年生の秋に再び見た時に驚愕した。
堂々たる素晴らしい男になっていたのだ。
私は目を見張った。
彼は自信に満ちていた。
彼は自分の意志で武道の道場に入門し、毎日、練習に励んだのだ。
大切なことは、自分の意志でやったことであり、彼の親が「この子は気が弱いから武道をやれば少しはマシになる」と考えて、彼を道場に「行かせた」のではないということだ。
あなたは別に道場に行く必要はないが、自分の意志で何かを始め、1年365日、欠かさずやることだ。
すると自信があるフリがし易くなり、やがて、その自信は本物になる。
まあ、アカデミー賞とまではいかなくても、『ガラスの仮面』を読んで演技の極意を掴めば良いのかもしれないがね。
それに、あの本を熱心に繰り返し読むことも立派な修行である。
ちなみに、私は3巻くらいまでしか読んでいないが・・・いや、「3巻くらいまでは読んだ」と言うべきだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一流打者は毎日夜中に素振りする

本当のところは、ダイエットをするのに、運動をする必要もなければ、食事制限をする必要もない。
ただ、すらりと痩せた自分をイメージすれば良い。
だが、実際はなかなかそうはならないのは、意思の力が弱いからである。
意思の力が弱いので、満足なイメージが出来ないのだ。

純粋な子供の願いが叶わないのも、子供は意思の力が弱いからだ。
だが、子供が何かのきっかけで、強烈な願いを持てば奇跡が起こる。大人のように心の中にガラクタの山がないので、思いつめたりしたら強い意思を働かせることが出来るのである。
イエスが「幼子のようになれ」と言ったのは、余計な偏見や固定観念を捨てろと言ったのであり、甘ったれた意思の弱い馬鹿な子供の真似をしろと言ったのではない。

人間は、どんな願いでも叶える力を秘めている。
イエスは「すでに叶ったと思え。そうすれば叶う」と言い、それは本当なのだが、意思の力が弱いと、叶ったと思うことが出来ない。
意思とは、つまるところ、自分を支配する力だ。
だから、意思が強ければ、自分を簡単にコントロール出来る。
早朝、もっと寝ていたいが、起きることが出来るのは意思が強く、自分をコントロール出来るからで、意思が弱いと、そのまま寝てしまう。
だから、必ず早朝に起きることが出来る者は成功する。別に、早起きそのものに何か効用がある訳ではない。意思が強いから成功するのだ。
逆に、「朝5時に必ず起きるぞ」と決意し、それを必ず実行すれば意思が強くなり、やはり成功する。

そして、意思を鍛え強くするために、一番シンプルで確実な方法は、やはり修行なのだ。
エゴガー・ケイシーのように、9歳の時から、毎朝必ず、それなりの時間聖書を読めば、そりゃ、超能力者にだってなれる。
数学者の岡潔氏のように、毎朝1時間念仏を上げれば、思想の方でも名を上げることも出来るのである。
聖書を読むとか、念仏を上げるなら誰でも出来る。
しかし、それを1年365日、1日も欠かさず、それなりの時間行うとなれば、続けようとする人はほとんどいない。
そして、普通の人にとって、最もやり易く、続けやすいのは、やはり身体で行う運動なのだと思う。
スクワットとか、腕立て伏せとか、腹筋運動とか。あるいは、数千回に及ぶ腕振り運動などである。
ただ、スポーツ選手の場合は、コーチなどの指導でやらされているトレーニングは、自分の意志でないので、やって普通である。
コーチの指示以外に、自分の意志で何かをやっている選手が成功するのだし、それがない選手は決して成功しない。
プロでもアマでも、突出した野球選手は、他の選手が酒を飲んだり、遊んでいる時に、たとえば、素振りのようなことを必ずやっている。これは、バッティングを磨くという面もあるが、それよりも、自分をコントロールすることで意思を鍛えているのである。
だから、あなたも、スクワットでも腕立て伏せでも良いし、野球のバットや木刀の素振り、それなりにしんどいだけのジョギングやウォーキング、空手の練習・・・何でも良いからやることをお奨めする。
よほどのことがない限り、1年365日、1日も欠かさず。
それで意思が強くなり、願いが叶うなら安いものだと思う。
ああそれと、マスターベーションがなぜ悪いかというと、意思を極端に弱くするからだ。
なぜなら、マスターベーションは自分の意志でするのではなく、身体にコントロールされてするのだからだが、習慣になると、簡単に自分の支配権を奪われ、自分の意志を使うことが出来なくなる。
マスターベーションをやめたら、ようやく普通になれるのであり、それ以上ではない。だから、禁欲程度でいばっているやつはキモいだろう?
修行すれば、そんなもの、簡単にやめられるはずである。
まあ、実際は、マスターベーションをやめるにもそれなりの意思が要るが、やはり、修行をしなければそれほどの意思の力は持てず、大したことは出来ないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード