ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

修行

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

自信が全て

あなたの周囲にも、あなた以外の「まるで駄目男」「まるで駄目子」がいると思う。
では、そのまるで駄目男(子)が、素晴らしい、立派な男(女)になってしまったことを想像してみよう。
まるで駄目男(子)の時と、素晴らしい人間になった後では、何が違うだろうか?
あきらかなのは、前者は自信がなく、後者は自信に満ちていることだ。
強い自信は、必ずしも態度には現れないかもしれないが、その目には、「目付き」「目力」として隠しようがない輝きがある。
そうだ、素晴らしい人間になるには、自信が必要なのであり、自信さえあれば良いのである。
ただし、本当の、無謀なまでの自信だ。
では、そんな強い自信はどうやれば得られるのか?
何のことはない。自信があるフリをすれば良いのだ。
アカデミー賞ものの演技で自信のある男(女)を演じるのだ。
一瞬の隙もなくね。
イエスも言ってたじゃないか?
主人はいつ帰って来るか分からない。強盗はいつやって来るか分からない。
だから、油断をするなと。
あなたも、一瞬の油断もなく、自信がある者の態度、振る舞い、目付きをしなければならない。

そりゃ、1年365日、欠かさずの修行をすれば、「私はこれをやっているから自信がある」という態度が簡単に出来る。
だから、演技が下手なら修行しろ。

私が高校1年生の時、クラスに、どうしようもない、まるで駄目男がいた。
いつもイジイジして、強い者にへつらい、能力もなく、屈辱に耐えるしかなかった。
それが、クラスも変わって全然見なくなっていたのだが、高校3年生の秋に再び見た時に驚愕した。
堂々たる素晴らしい男になっていたのだ。
私は目を見張った。
彼は自信に満ちていた。
彼は自分の意志で武道の道場に入門し、毎日、練習に励んだのだ。
大切なことは、自分の意志でやったことであり、彼の親が「この子は気が弱いから武道をやれば少しはマシになる」と考えて、彼を道場に「行かせた」のではないということだ。
あなたは別に道場に行く必要はないが、自分の意志で何かを始め、1年365日、欠かさずやることだ。
すると自信があるフリがし易くなり、やがて、その自信は本物になる。
まあ、アカデミー賞とまではいかなくても、『ガラスの仮面』を読んで演技の極意を掴めば良いのかもしれないがね。
それに、あの本を熱心に繰り返し読むことも立派な修行である。
ちなみに、私は3巻くらいまでしか読んでいないが・・・いや、「3巻くらいまでは読んだ」と言うべきだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一流打者は毎日夜中に素振りする

本当のところは、ダイエットをするのに、運動をする必要もなければ、食事制限をする必要もない。
ただ、すらりと痩せた自分をイメージすれば良い。
だが、実際はなかなかそうはならないのは、意思の力が弱いからである。
意思の力が弱いので、満足なイメージが出来ないのだ。

純粋な子供の願いが叶わないのも、子供は意思の力が弱いからだ。
だが、子供が何かのきっかけで、強烈な願いを持てば奇跡が起こる。大人のように心の中にガラクタの山がないので、思いつめたりしたら強い意思を働かせることが出来るのである。
イエスが「幼子のようになれ」と言ったのは、余計な偏見や固定観念を捨てろと言ったのであり、甘ったれた意思の弱い馬鹿な子供の真似をしろと言ったのではない。

人間は、どんな願いでも叶える力を秘めている。
イエスは「すでに叶ったと思え。そうすれば叶う」と言い、それは本当なのだが、意思の力が弱いと、叶ったと思うことが出来ない。
意思とは、つまるところ、自分を支配する力だ。
だから、意思が強ければ、自分を簡単にコントロール出来る。
早朝、もっと寝ていたいが、起きることが出来るのは意思が強く、自分をコントロール出来るからで、意思が弱いと、そのまま寝てしまう。
だから、必ず早朝に起きることが出来る者は成功する。別に、早起きそのものに何か効用がある訳ではない。意思が強いから成功するのだ。
逆に、「朝5時に必ず起きるぞ」と決意し、それを必ず実行すれば意思が強くなり、やはり成功する。

そして、意思を鍛え強くするために、一番シンプルで確実な方法は、やはり修行なのだ。
エゴガー・ケイシーのように、9歳の時から、毎朝必ず、それなりの時間聖書を読めば、そりゃ、超能力者にだってなれる。
数学者の岡潔氏のように、毎朝1時間念仏を上げれば、思想の方でも名を上げることも出来るのである。
聖書を読むとか、念仏を上げるなら誰でも出来る。
しかし、それを1年365日、1日も欠かさず、それなりの時間行うとなれば、続けようとする人はほとんどいない。
そして、普通の人にとって、最もやり易く、続けやすいのは、やはり身体で行う運動なのだと思う。
スクワットとか、腕立て伏せとか、腹筋運動とか。あるいは、数千回に及ぶ腕振り運動などである。
ただ、スポーツ選手の場合は、コーチなどの指導でやらされているトレーニングは、自分の意志でないので、やって普通である。
コーチの指示以外に、自分の意志で何かをやっている選手が成功するのだし、それがない選手は決して成功しない。
プロでもアマでも、突出した野球選手は、他の選手が酒を飲んだり、遊んでいる時に、たとえば、素振りのようなことを必ずやっている。これは、バッティングを磨くという面もあるが、それよりも、自分をコントロールすることで意思を鍛えているのである。
だから、あなたも、スクワットでも腕立て伏せでも良いし、野球のバットや木刀の素振り、それなりにしんどいだけのジョギングやウォーキング、空手の練習・・・何でも良いからやることをお奨めする。
よほどのことがない限り、1年365日、1日も欠かさず。
それで意思が強くなり、願いが叶うなら安いものだと思う。
ああそれと、マスターベーションがなぜ悪いかというと、意思を極端に弱くするからだ。
なぜなら、マスターベーションは自分の意志でするのではなく、身体にコントロールされてするのだからだが、習慣になると、簡単に自分の支配権を奪われ、自分の意志を使うことが出来なくなる。
マスターベーションをやめたら、ようやく普通になれるのであり、それ以上ではない。だから、禁欲程度でいばっているやつはキモいだろう?
修行すれば、そんなもの、簡単にやめられるはずである。
まあ、実際は、マスターベーションをやめるにもそれなりの意思が要るが、やはり、修行をしなければそれほどの意思の力は持てず、大したことは出来ないだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世界の王になる

世界は想念で出来ているなどという、ぼやかした、曖昧な、小奇麗な言い方では、はっきりと分からない。
ちゃんと分かり易く言うなら、世界は思い込みで出来ているのである。
そして、個人の思い込みと、集団の思い込みがあるのだが、それに関する重要なことを覚えておいて欲しい。
それは、個人の中にもいろんな思い込みがあり、集団の思い込みは、その総体なのであるから、バラバラであまり強くないということだ。
1人の人間が、統一された強い思い込みを持てば、集団はそれに従うのである。
だから、この世の王になりたければ、統一された強い思い込みを持つことだ。
そのためには、まず何より、強い意思を持たなければならない。
狂信者の思い込みなんて実に脆い。意思の力が弱いからだ。だから、連中が口先で言う世界なんて全く実現しないのだ。
そして、意思は使うことで強くなる。
では、どうやって意思を使うかだが、難しくはない。
例えば、ケーキが3つある時、意志を使わなければ3つとも食べてしまうが、1つ残すために意思を使う・・・というふうにやるのである。
毎晩、スクワットをやると決め、1年365日、本当に欠かさずに続ければ、かなり強い意思が持て、支配力が高まる。
そして、同じくらいの体力の3人が、1人はスクワット20回、1人は100回、もう1人が200回なら、日が経つにつれ、全員、意思の力が高まるとはいえ、その強さには大きな差が出る。
20回が続かない者が、まるで駄目男として、惨めな人生を送る。

それなりの修行を、1年365日欠かさず続けていれば、やがて、「私はこれをやっているから大丈夫だ」という自信が出来、実際、何でも大丈夫になる。
意思が強くなっていけば、それにつれて、世界の支配力が高まり、人生は思うがままになっていく。
世の中を自由自在に闊歩している人間というのは、隠れたところでかもしれないが、必ず、何かの修行を毎日やっているのである。
意思の弱い者が何かを念じたって実現しない。そもそも、念じることが続けられない。
だが、意思の強い者が、その意思を向ければただちに現象界に現れるのである。
だから、修行をすることだ。
どんな修行をするかは、何でもいいけれども、必ず自分で決めることだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

修行の鉄則は「自分の意志でやる」こと

勤めている会社に行くのが嫌で、辞めたいと言う人に、近しい人が、
「修行だと思って頑張れ」
と言った。
会社とか学校というのは、「行かされるもの」という部分が大きく、普通は、修行にはならない。
なぜなら、修行とは、「自分の意志で行う」ものだからだ。
だから、本当の意味では、例えば、寺の息子が「やらされて」仏道の勤めを行っても、修行にはならない。
しかし、自分が本当に修行のつもりで、会社や学校や、あるいは、お寺の中で、自分の意志で「立派でいよう」「自分を磨こう」とするなら、どんなことでも立派な修行になるのである。

武士は特権階級であったが、その身分にあぐらをかいている武士は修行をしておらず、本物の武士ではない。
しかし、特権階級であることと引き換えに「せめて立派な人間でいよう」と決心し、そのための行いが修行となり、これが武士道となったのである。

昔、ある新興宗教教団が、信者に録音テープで「修行するぞ!修行するぞ!」という教祖の声を聞かせて修行させていたが、これの間違いは、信者は修行をしたのではなく、「修行のようなもの」を「やらされていた」だけだとうことだ。
信者自ら、そんな変なテープなど聞かず、自分の意志で「修行するぞ」と思うなら、本当の修行なのである。
そして、教団から強要される修行のようなものをするのではなく、自分で選び取った修行をすれば良いのである。
それが出来ないし、させないのが、悪い宗教の共通点である。

ニートやひきこもりが修行して意味があるかというと、大いにある。
ただし、あくまで、自分の意志でやる本当の修行の場合だけだ。
くどいが、自分の意志でやるなら、どんなことも修行になる。
運動でも、読書でも、掃除でも、念仏でも。
それらを、自分の意志で十分に行えば、修行の最大の成果である「意思の力」を得る。
そうすれば、ひきこもりであったのが、働こうと思えば働けるのである。
私も、ひきこもっていた時、運動をしたり、読書したりを、自主的に、それなりの時間と熱意で行い、1年もすれば、「働け」と言われ、「そうだなあ」と思ったら、すぐに働けたのである。修行のおかげで、それなりの意思の力を持てたからだ。
無論、自分が楽しいことをするのに意思の力はいらないので、そんなものは修行にならない。
ゲームとか、アニメを見るなどがそうで、これらは勉強になることはあるが、修行にならず、修行にならなければ、意思の力を得られず、何も出来るようにならない。

私は、手遅れになる前に、しっかり修行することに決めた。
自分の意志の力で行うことなら、何でも同じである。
学校の勉強ですら、やれと言われないことを自分の意志で余分にやるのは修行であり、続ければ立派になる。まあ、私はやらなかったが・・・
寺の息子でもない限り、念仏を唱えろとは言われないだろうから、自分の意志で念仏を唱えれば、それは修行であり、十分な時間を長く続ければ、確かな力を得ることが出来る。
要は、それなりに大変なことを、毎日、確実にやるのが修行である。
それをやれば、天はその者に必ず力を与える。
そして、力があれば勝てるのである。
腕立て伏せの最大の成果は腕力ではない。
それを自分の意志でやることで、意思が強くなることが最大の成果なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

偉大になるには

運命を切り開いていくには、修行が有効だ。
修行とは、1年365日、1日も欠かさずやるものである。
そう言うと、「私はこれをやります」「こんなことをやっています」と言う人がいるが、その内容が、あまりに軽いことに呆れることがある。
なにごとも、払った分しか得られない。
あまりに厳しい修行では、普通の人は続かないが、それは、普通の人は凄い業績を上げないことを示しているに過ぎない。
大きなことをやろうと思うなら、修行も厳しくて当たり前である。
小さな成果で満足するなら、修行もそこそこで良いが、その場合は、得られたものに対し、少な過ぎると不満を持ってはならない。対価通りに与えられただけであるのだから。

修行は、厳し過ぎてもいけないが、ぎりぎりでも、自分には出来そうにないと思う程度のものが良い。
自分に出来そうもない修業を続けることが出来れば、自分には得られそうにないものが得られるのだからだ。
日々の糧を得るだけで良いなら、モーセの十戒くらいのことを守れば良いが、人に抜きん出るためには、他人には出来ない修行をしなければならない。

ところで、修行とは、誰に言われなくても、自主的にやる、善いこと、高貴なこと、鍛錬である。
(修行を他人に決めてもらいたがる者がオウムに入る)
そういったことをやるためには、意思の力が必要になる。
そして、運命を動かすのは、人間の意志なのである。
毎日、力仕事をすれば力が強くなるし、毎日、計算をすれな計算力が強くなる。
それと同じように、毎日、意志の力を使って修行すれば、意思の力が強くなる。
それであれば、大きな意思の力を必要とする修行であるほど、運命を大きく動かせるのは、当たり前なのである。

私が朝晩やっている身体トレーニングは、普通の人ではなかなか出来ないものだが、さりとて、偉大というほどでもない。
だから、私は、並の人間を超えてはいるが、偉大ではない。
だが、これからは偉大になろうと思う。
そんな仲間がいればと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ