ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

信念

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

狂信の魔力

思い込みの力は全くあなどれない。
思い込みの力について、よく知られているのは、プラシーボ(偽薬効果)で、砂糖も薬と信じて飲むと病気を治してしまうことがある。
あるいは、重症だが「大したことない」と言われたら、実際、すぐ治ったり、逆に、医者が「絶対治らない」と言っても、治ると信じたら治ったという話は少なくない。

明治時代の霊能力者、長南年恵は、当時としては平均的な寿命の44歳で亡くなるまで、少女のような容姿だったと言われるが、これも、本人が、自分はずっと少女だと思っていたからだと思う。
ところで、逆の思い込みというものもある。
例えば、ある未開の部族では、脚が折れても元気に走り回るのだそうだが、彼らには「脚が折れたら走れない」という思い込みがないのだ!
(『トーチェ氏の心の法則』より)

カップラーメンが身体に悪いと思って食べたら、実際に体調が悪くなるが、メジャーリーグのホームラン記録保持者バリー・ボンズは、日本のカップラーメンは身体に良いと信じ、毎日5~6個食べ、それで、ホームランを打ちまくっていた。
また、きっと彼は「俺は誰よりもホームランを打てる」と思い込んでいたのだろう。

狂信的信仰は、実際に奇跡を起こすこともある。
決して多いとは言えないが、フランスのルルドの泉水の水を飲んだり、水浴することで奇跡的治癒が起こることが、確実にあるらしい。
これも、患者本人の狂信的・・・と言ったら失礼だが、とにかく、極めて強い信念や思い込みがあったから、奇跡が起こったのだと思う。

新約聖書の福音書にこんな話がある。
イエスの弟子ペテロが、湖の沖に浮かぶ船に乗っていた時、イエスが水の上を歩いて近付いて来るのを見て感激したペテロが、
「先生!あなたが来いと命じて下さったら私にも出来ます。どうか命じて下さい」
と言うと、イエスは、応えて、
「私は命じる。来い!」
と言った。
すると、ペテロは水の上に下りて、イエスのところまで歩いて行った。
イエスが「来い」と言ったことで、ペテロは揺るぎない信念を持つことが出来たのだろう。
方やイエスは、自分には、こんなこと、出来て当たり前だと思っているに違いない。

これが信念の力である。
それなら、あなたも、好ましいことを「狂信」すれば良い。
やり方については、リチャード・バンドラーの『神経言語プログラミング』に書いてあることが参考になる。
即ち、自分が信じていることを、人に言わない・・・というより、人に納得させようなどと、決して思わないことだ。
大抵の人は、自分が信じることについて、他人に同調して欲しがるが、それが大間違いなのである。
例えば、自分はキリストの愛人だと言い張って精神病院に入れられている女性がいた。
この女性の間違いは何だろう?
自分がキリストの愛人だと思っていることか?
そうではないのだ。
「思うのは勝手」だ。
彼女の間違いは、他人に、それを認めさせようとしたこと・・・そもそも、自分がキリストの愛人だと人に言ったことだ。
ちなみに、初音ミクさんは私の嫁だが、決して誰にも言わないさ(笑)。

さて、その上で、もっと強力な方法がある。
マントラ(真言)を唱えれば、レベル5の信念を持てる。
つまり、誰かに出来ると思えることなら、自分にも出来ると信じられるのである。
そして、ナーマスマラナ(神仏の名を心で唱えること。念仏もその1つ)を唱えれば、レベル3以上の信念を持てる。
これは、誰にも出来ないことでも、自分には出来ると信じられるレベルである。
レベル1になれば、800歳でも17歳でいられるが、かなり励まないといけない。
ちなみに、言う必要はないが、レベル4は、悪魔に出来ることが出来ると信じられることである。












子供の時に持っていた無敵の能力を取り戻す

出来ると思えば出来る。
上手くいくと思えば上手くいく。
手に入ると思えば手に入る。
この宇宙は、そんな信念の法則で出来ている。
そりゃ、すぐには出来ないこともある。
例えば、綱渡りをする人を見た子供が、「そんなの僕にも出来るさ」と思ってやってみたら、さっぱり出来ない。
だが、出来るようになりたいと思い、諦めなければ出来るようになる。
そして、その時、大切なことは、「僕は出来るようになる」という信念だ。
ただ、その信念に何か根拠がある訳ではない。
ここが肝心なところだ。
つまり、「出来る」と「決めつける」ことが大切なのだ。

人間の能力は「決めつける能力」だけだ。
何ともシンプルなものである。
「出来ると思えば出来る」
は、丁寧に言えば、
「出来ると信じることが出来れば出来る」
ということだが、これではちょっと曖昧だ。
だから、これは、
「出来ると決めつければ出来る」
と言った方が良いと思う。
この「決めつける能力」を持つか持たないかで全てが決まるのである。

人間は、元々、決めつける能力を持っている。
郊外の旅行に出かける前の子供が楽しそうなのは、「その旅行が楽しいと決めつけている」からだ。
クリスマスの朝、子供達が嬉しそうなのは、「今日は楽しいと決めつけている」からだ。
そして、その通りになる。
だが、そう決めつけるはずの気持ちに「魔が入り込んだ」時、旅行やクリスマスが悲しいものに変わる。

小学生だった時の、「明日から夏休み」という気持ちを思い出せるかもしれない。
人によって違いはあるだろうが、私にとっては、うっとりとするような至福であったことを、今でも熱く思い出す。
学校が大嫌いだったからだ。
私は、夏休みは楽しいと決めつけていたし、その通りに楽しかった。
まあ、主に前半だけかもしれないが、少なくとも前半は天国だったのだ。
でも、夏休みが楽しいなんて根拠は本当はないのだ。
しかし、我々は、そう決めつけることが出来、実際、夏休みは(少なくとも前半は)楽しかったのだ。

決めつける能力を取り戻せば勝ちなのである。
それには、普遍的事実と思えることを利用するという手もある。
例えば、インドの聖者ラマナ・マハルシは、重要な真理を述べる時、「朝、太陽が昇るように」などと言った。
太陽が昇らない日はないからだ。
山岸凉子さんの、1980年代の傑作漫画『日出処の天子』で、聖徳太子こと厩戸皇子(うまやどのおうじ)が、蘇我蝦夷(そがのえみし)に、人間には超能力があることを、こんな譬えで言う場面があった。
「水が高いところから低いところに流れるように、それは誰にでも出来ることなのだ」

あなたには、成し遂げたい目標があるかもしれない。
叶って欲しい願いがあるかもしれない。
それは「決めつければ」叶う。
それだけのことなのだ。
ならば、
「小学生の時、夏休みが楽しいのが当たり前だったように」
「太陽が毎朝必ず昇るように」
「水が高いところから低いところに流れるように」
「初音ミクさんが可愛いのが当たり前なように」
願いが叶うと決めつければ叶う。
そのためには、「当たり前と感じる時の気」をまず出すのだ。
例えば、あなたが、絶対的に当たり前だと感じられることが、「放り上げたものが必ず地面に落ちて来ること」だとすれば、まず、
「放り上げたものは必ず地面に落ちて来る」
と言えば、「当たり前と感じる気」が出る。
つまり、自然な精神状態になるのである。
その時に、願い事を思い浮かべ、「うまくいく」「大丈夫」「いける」「やれる」と言えば叶う。
合氣道家の藤平光一氏は、「重みは下にある」という言葉を使う例を著書に書き、この言葉で「氣」が出る実験についても書かれていた。
そんな、当たり前の言葉を・・・あまりに当たり前と思えるシンプルな言葉を用意し、いつも使えば良いと思う。
1975年に連載が開始され、2007年に連載が再開、いまだ、終了したかどうか分からない、池田悦子原作、あしべゆうほ作画の漫画『悪魔の花嫁』で、主人公の絶世の美少女、美奈子(自分が美少女だということを鼻にかけたことは一度もない)が、こう言うのをよく憶えている。
「生まれいずる命は美しい。何もまして美しい」
こう言って、美奈子は晴れやかな顔で悪魔の誘惑を断ち切った。
このような美しい言葉を自分のものにしている者は幸いである。








山の動かし方

大きな願いを叶えることについて、イエス・キリストは、
「山に向かって、歩いて海に入れと命じ、そうなると信じて疑わないならそうなる」
と言い、人間が隠し持つ力の大きさを示した。
だが、「信じて疑わない」ことが難しい。
引き寄せの法則の本にも、よく、「絶対叶うと固く信じて下さい」などと無責任なこと(笑)を書く人がいるが(年配の著者に多い)、これは、「叶わなかったとしても、俺の教えが悪いのではなく、お前の信念が足りないからだ」という逃げを最初に打っているのだろうか。
信念を強くする方法に関しては、合気道家の藤平光一氏が、毎朝、鏡の中の自分に向かって、「お前は信念が強くなる」と言っていたという話があるが、あれほどの人物でも、そんなことをしないといけないなら、我々凡人には、信念の獲得はあまりに遠い道かもしれない。

もし、簡単に信じることが出来るなら、どうなるだろう?
映画『トワイライトゾーン 超次元の体験』の中の12歳くらいの少年のように、どんな奇跡でも起こせるが、それでは、とてもまずい状態になる。
しかし、実際は、そうはならない。
疑いというものは、必要だから起こるもので、少しも悪いものではない。
もし、疑いを起こす能力がないなら、「俺は宇宙の帝王だ」とか「私はキリストの愛人だ」などと言って、隔離されることになるだろう。

では、結論に入る(笑)。
山を動かすというのは、しかるべき理由があって難しいのだが、水の上や、草の上を歩く程度であれば、信じることが出来れば可能だ。
もっと易しいものなら、『トーチェ氏の心の法則』に書かれている話が参考になる。
トナカイの肉しか食べないエスキモーが完全に健康であったり、また、ある未開民族では、脚の骨が折れて元気に走り回る。
これは別に、「トナカイの肉だけ食べてても栄養失調にならないという信念を持っている」とか、「脚の骨が折れても走れるという信念を持っている」のではない。
「トナカイの肉しか食べないと栄養失調で病気になる」ことや「脚の骨が折れたら走れない」ことを「知らない」のである。
M.マクドナルド.ベインの『解脱の真理』だったと思うが、草の上を歩く少女の話があるが、彼女は、普通の人のように「草の上を歩けない」ことを知らないのだ。
ただし、無知は問題でもある。
そこで、こんなやり方がある。
高藤総一郎さんの著書(今は古書も高価だ)に登場するある僧は、超人ハルクのような怪力の持ち主だが、元々はそうではなかったし、修行もほとんどしないという。
ただ、瞑想しながら、大岩を持ち上げたり、大木を引っこ抜いたりすることを想像すると、やがて、それが出来るようになったようだ。
その後は、山を持ち上げる想像をしているらしい。
そんなふうに、少しずつ、心を慣らしていくのである。
今後は、ますますVR(仮想現実)が進歩してくるので、これを利用した魔法力開発訓練も作れるようになるが、これは、別の問題も引き起こす。
つまり、現実で超人にならなくても、VR世界で万能であれば良いと感じ、現実に興味を失くすのである。
そこで、現実を夢とみなすことだ。
夢は、数限りなく見ているので、VRとは年季が違う。
夢の中でだって、物理法則は働くし、道徳が制限を加えてくれる。
つまり、夢だって甘くないのだ。
しかし、確かに、変革を起こし易い。
だが、夢も現実も、実は大した違いはない。
夢の中でも、高貴さ敬虔さを忘れなければ、つまり、立派な人であることを諦めなければ、世界は思い通りになるのである。








願望の成就に必要な信念を簡単に持てる方法

願いを高次の力で叶える「引き寄せ」について、昔から疑問に思っていたことがある。
引き寄せでは、いかなる願いも叶うはずであるが、叶うべきでない願いもあると思える。
たとえば、無責任で自己中心的で、自己を律することなど全く考えないだらしない22歳くらいの若者がいたとする。
そんな者が、「楽して月百万円くらいもらえる」という引き寄せをしたらどうなるか?
ベルベル・モーアやピエール・フランクらの方法であれば、宇宙に向かって、「楽に月百万円の収入お願いします」で終わりである。

宇宙に願い事をするのに、別に条件はないのだが、ただ、信頼が必要なのである。
それは、願いを叶えてくれる力に対する信頼である。
まず、その力を何と呼ぶかは、人によって様々である。
たとえば、神、仏、宇宙、潜在意識、至高の存在、宇宙の活力、真の自己・・・などである。
自分は神を信じていないのに、本に書いてある通り、「神を信頼する」と言っても抵抗があるだろうし、抵抗があるということは信頼に欠けているのである。
ただ、そんな人の場合、人間が作った神の概念を信用していないだけであるが、無限の力の存在は認める必要があると思う。
なぜなら、それは確かに存在するし、願いを叶えるのは「それ」であるのだからだ。

ミクロの世界(原子や素粒子の世界)から、マクロの世界(宇宙規模の世界)まで、しっかりと見れば、あらゆるものが、人知をはるかに超え、あまりに見事であり、これが偶然に出来るとはとても思えないはずなのだ。
1966年の『ミクロの決死圏』という映画では、ミクロサイズに縮小された医療チームと治療装置、それらを乗せた潜航艇を、重症を負った人間の体内に入れ、治療を行うのだが、人間の体内に入った科学者のうちの1人は、人間の生体活動のあまりの見事さに「神の業だ」と感動するが、別の科学者は「ただの偶然だ」と言う。
それは人の考え方であり、ケチをつけるべきでないのかもしれないが、それが偶然だと言うのは、まるで、チンパンジーが紙にインクをなすり付けたら小説になることもあると言うようなものだと思えるのだ。つまり、確率的にはゼロでないとしても、やはり、あり得ないことなのである。
別に、あくまで偶然と言い張るのは構わないが、そのような人間に引き寄せは行えないであろう。

つまり、引き寄せを行おうとしても、それを叶える偉大な力の存在を信じ、それに対する信頼を持たなければ、うまくいかないのである。
その点、最初に挙げた軽薄な若者の場合は、全く無理であることが解る。
幼い子供の場合は、奇跡のような願いを叶えることもあるが、何らかの理由で、偉大なる力の存在を疑ったり、それに対する信頼が揺らぐと、やはり叶わない。
この点は、むしろ、心をコントロールする強さがある大人の方が有利な面があるのだと思う。

だが、そう難しいことではないと思う。
信念を持つために役に立つツールが、笑顔とガッツポーズだ。
笑顔やガッツポーズをしてまで疑うことは出来ない。
だから、アメリカの心理学の父、ウイリアム・ジェームズは「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」と言ったのである。
ガッツポーズをすると、肯定的な感情(多幸感などという)を起こす脳内物質であるエンドルフィオンが出て、自然に偉大な力への信頼を持てる。
辛い時でも、無理にでも笑顔を作れる者、無理にでもガッツポーズをとれる大人が願いを叶える。
あと一つ言えば、舌を思いっきり出すポーズにはさらに強力な効果がある。
最初に挙げた、チャンランポランな若者(別に若者に限らないが)は、辛い時に自主的に笑顔やガッツポーズが出来ない。そんな者には、やはり、引き寄せは行えないのである。
戦場でも笑える強さを持つ者が勝つのであることを忘れてはならない。








永遠に新しくあるには

人間の値打ちと力を決めるのは、やはり信念かもしれない。

スターウォーズの一番最初の映画だったと思うが、オビ・ワンが、ルークの前で下っ端の兵士をフォースで簡単に操って、こう言ったと思う。
「信念のない者は簡単に操れる」
ところが、パラマハンサ・ヨガナンダの自伝『あるヨギの自叙伝』で、若かった時のヨガナンダの前で、師のスリ・ユクテスワが、やはり同じことをやり、同じことを教えたと思う。
信念のない者は弱く、他人の言いなりだ。

私は今、アニメ『キャシャーンSins』に夢中になっているが、今日「第11話 己の使命のもとに 」を観た。
なぜか、ロボット達のボディーがどんどん腐敗し、滅んでいく世界で、ジンという名の青年型ロボットが全く腐敗しない。
キャシャーンは特別で、腐敗どころか、常に新しくなるし、ロボット犬フレンダーもなぜか腐敗が始まらない。
ところが、キャシャーンが弱っているように見えた時、ジンの仲間達は、キャシャーンを殺すことで、永遠の命を手に入れようとジンに願う。ジンには、その力があると思えたからだ。
だが、ジンは「誰かを犠牲にして助かろうとは思わない」と、それを敢然と拒否した。
その時、1人のロボットが「なぜジンに滅びが始まらない(腐敗しない)のかが解った気がする」と言った。
そうだ、信念のある者に滅びは寄りつかないのだ。
そして、それはフレンダーも同じであると、そのロボットは言った。

信念とは、絶対的に正しいと自分が思う何かを持っていることだ。
確かに、この世に絶対的善などというものは存在しないかもしれない。
だが、善か悪かなど関係なく、絶対に正しいと思う何かは持てるのである。
例えば、「従業員とその家族の生活を保証するのが俺の役目」という絶対的信念を持っている社長が実際にいて、彼が社長を務めている会社は絶対に業績が上がるのである。
我々も、自らの正義を持ち、それを貫かねばならない。そうすれば、永遠に新しい。
もしかしたら、それは古い考えのように思われるかもしれないが、それは太古の昔から、そして、未来永劫変わらぬ生命の法則である。
ただ、その信念は、ゆるい目にした方が良い。
例えば、西洋の騎士であれば女性を敬うだろうが、制限なく敬うことは出来ない。
だから、ある程度ゆるい目に、「女性に対して、すべきこと、すべきでないこと」を決めているのである。
例えば、女性に対して失礼な言動はいけないが、イエス様には悪いが、表情に表れない範囲でエッチなことを考えるのは良いとか・・・(苦笑)。
食に関しても、あまりに厳しい少食粗食の掟はストレスになり、あまり良い結果を生まない。
ちなみに、私の食に関する今の掟は「満腹するまで食べて自分を甘やかさない」だけであり、しかも、「ただし、親しい人との会食の際はこの限りにあらず」との例外つきだ。

自分が絶対に正しいと思うことを掟にすれば良い。
それを守る限り繁栄することは、釈迦も保証している。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード